青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蝶~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

蛇~ ~蛙 蛙~ 蛾~ 蜂~ 蜘蛛~ 蝉~ ~蝋燭 蝋燭~ ~蝶
蝶~
蟹~ 蟻~ 蠅~ ~血 血~ ~衆 衆~ ~行 行~ ~行う

「蝶~」 3231, 35ppm, 3355位

▼ 蝶~ (801, 24.8%)

36 ように 16 ような 11 やうに 7 姿は 5 ことを, 姿が, 影は, 翅の 4 ありかを, 一匹の, 姿を, 手を, 方を, 舞うよう, 舞を

3 [24件] そばへ, やうな, ゆくえを, 一件を, 名を, 家へ, 形に, 彫青, 影を, 手は, 方が, 方は, 方へ, 死骸に, 死骸を, 羽の, 翅に, 翅にも, 翼を, 肩を, 胸は, 話を, 顔を, 飛んで

2 [72件] あとを, かげを, かごは, かごを, ことが, ためなら, ために, むつみや, むれ, やつを, 一件は, 三十五日の, 中に, 体を, 何に, 出て, 双つ, 声が, 多い島, 如く悦び, 姿と, 姿も, 婿に, 家の, 寝顔を, 形を, 影が, 影の, 影も, 役に, 心は, 手から, 方だろう, 来て, 死は, 死因が, 死後一ヵ月あまりの, 死骸は, 盃が, 目が, 秘密を, 籠を, 縁談が, 美しい彫, 美しさ, 群が, 群れが, 羽が, 羽に, 羽を, 羽根の, 羽根を, 羽袖の, 翅ひらき, 翅を, 翼に, 翼の, 胸の, 腕を, 舞, 舞うて, 艶な, 行方を, 行李の, 行状を, 袖を, 身ぞ, 身悶えに, 霞, 顔は, 魂は, 鱗粉の

1 [467件] あの美しい, あやつり人形, ある種類, あわた, いい加減な, いひぬ風, いろ, うちの, うめきやら, うわさを, お京, かごが, かごの, かごへ, かごをの, かずかず秋冬, かたちに, くずれるよう, けいこを, こと, ことで, ことなんぞを, ことに, ことばは, こと日本左衛門の, このごろ小さし, ごときものさ, ごとくかわしながら, ごとくその, ごとくひらめきつつ, ごとく彼方此方, ごとく跳びかわした咲耶子, ささやきし花野, したふや, すくんで, その一匹, その実は, ちょうど笑窪, つういと, つばさに, とまったよう, なきがら, なさけやさし, に使, ひそかに, ひとみが, ひとみは, ひとみも, ひとみを, ひどい偽, ひらひらが, ひらめくに, ひるがえるを, ふところへ, ふわ, まうよう, ましろき, まつくろ, まつくろい, まぶしさ, みづいろ, むくろ, むくろそ, むつるる, もつれて, やうないろ, やつが, ゆくへ, ようだ, ような羽ばたき, ような頼りきった, よう燈火の, わきに, わびしげ, スンナリした, ヒカゲキマダラカラスの, ボストンに, 一つを, 一件が, 一件について, 一対の, 下絵を, 不浄駕が, 不運そして, 両腕, 中雄, 主人の, 乗って, 事あり, 事お, 事に, 二人の, 云ったあの, 五本の, 亡骸を, 仔虫を, 仕事に, 仮面の, 仰向いて, 体が, 体は, 体へ, 作った花見, 信用を, 傍には, 先途を, 入れ札を, 写生図と, 凍えきッ, 処へ, 出た裏, 出づるなり, 出帆, 前で, 前では, 前に, 前後を, 劇界珍話と, 勤めて, 化身と, 印を, 危険が, 取巻くこと, 口から, 口書を, 口答えは, 句は, 名が, 名だけは, 吭を, 周囲に, 唯かり, 噂が, 噂は, 噂を, 噛み合う歯, 四條河原夕凉の, 在家を, 墓なども, 声, 声で, 声とも, 声は, 変形は, 夜具を, 夜目にも, 夢, 夢といふ, 夢には, 夢の, 夢は, 夢を, 大きな翅, 夫君が, 奴に, 奴益々, 好奇心は, 好奇心も, 如くうつくしい, 如く雨の, 姉の, 姉は, 姿に, 姿にも, 姿ひとつも, 姿をこそ, 娘ヤスであります, 嬌笑が, 子供は, 安心とが, 宮殿だ, 家で, 家を, 容貌好し, 宿れる形, 宿を, 寝息も, 小き, 小さく物, 小さな斑紋, 居場所を, 島で, 工場で, 工場の, 工場へ, 左の, 巧妙な, 己が, 希望を, 帰ろうと, 年も, 引続きである, 弟大沢正である, 形が, 形し, 形は, 形ひらひら, 影さす, 影で, 影などが, 影にも, 往来にも, 後から, 後を, 御定紋, 心が, 心に, 心にも, 心を, 思い切った濃, 思案は, 性質を, 怪異は, 悲鳴でも, 情夫であった, 感覚の, 態で, 態度を, 懐剣を, 戯るる, 手が, 手に, 手へ, 手懸りが, 打擲を, 扶原支配人は, 折り様, 抱擁を, 持って, 持つ仮面, 指から, 指に, 指の, 指物した, 挙動, 挙動に, 振舞に, 探索に, 探索については, 敏感な, 教えた方角, 数その, 数見る, 数雲の, 斑紋が, 斑紋だ, 斑紋では, 斑紋を, 斷れた, 方から, 方だ, 方で, 方はや, 方へばかし, 日に, 旦那が, 旦那で, 曲ったの, 書置きは, 書置は, 最も出盛った, 月, 朝の, 朝寝かな, 林に, 栞は, 根気も, 様な, 標本を, 模様である, 模様の, 樣子を, 歌, 正体を, 歩く星, 歪みを, 死も, 死顏を, 死骸かの, 死骸が, 死骸の, 母子にも, 母親が, 気分は, 決心に, 沈み込んだ, 泣くよう, 浅藍色, 浴衣を, 涙には, 濃艶, 濡れたそれ, 父の, 特徴の, 狂いを, 狂うが, 猶その, 玩具を, 生の, 生命を, 生殺, 生活は, 申出に対して, 画に, 番, 疫病でも, 白い形, 白い影, 白い手の甲, 白い指, 白い風, 白き花, 白き鞠, 白刃潜りという, 皮肉と, 目からも, 目ざめるよう, 目には, 目元唇元襟元の, 眉が, 眉高, 真昼の, 真白い山々, 眼ざし, 眼を, 神経は, 空, 筆致に, 粉の, 粉を, 精神か, 紋が, 紋所花の, 絢爛も, 締めて, 繍ひ, 羞恥では, 群がる大道, 群れて, 群れに, 群れは, 群れも, 群れ飛んでる, 群居である, 群居は, 群左の, 群斉く, 羽には, 羽ばたき木の葉, 羽根が, 羽翼の, 羽風が, 羽風に, 翅, 翅が, 翅たたき藤豆の, 翅も, 翼か, 翼で, 翼などさえも, 翼にも, 耀きてくづれまた舞, 耳にも, 耳へも, 胸に, 腕が, 腕に, 腕にも, 腕へ, 自殺という, 自滅という, 舌, 舌ゼンマイに, 舞いぶり, 舞い出る日, 舞い型, 舞うの, 舞うばかり, 舞う人, 舞う様, 舞ひ現れ, 舞ふ如く, 色, 艶の, 花櫛を, 若旦那の, 落ちた先, 蔭から, 行くえ, 行く姿, 行動にこそ, 行動や, 行動を, 行方に, 行末だけは, 行李から, 袂へ, 裾, 襟が, 襟や, 見事な, 親, 親は, 親元からも, 親許が, 触角を, 言ったの, 詮議などは, 詮議は, 話に, 話によって, 語れる, 謎も, 豊麗な, 貝を, 貞操の, 足が, 足は, 足を, 足元へ, 跡を, 身が, 身がら受収り, 身がわりに, 身です, 身に, 身には, 身の上について, 身装とは, 身装を, 追跡は, 逃げたこと, 通るの, 道づれだ, 道づれだろう, 邪法を, 酒器は, 銀の, 長柄を, 長閑さを, 隠れる番, 青春の, 頬が, 頬を, 頭は, 顔から, 顔色も, 風に, 飛びたわむれて, 飛びては, 飛び交, 飛び来りて, 飛び立つよう, 飛ぶの, 飛ぶやう, 飛ぶよう, 飛ぶらめ, 飛ぶ姿, 飛ぶ春, 飢えるたび, 養女お, 駕の, 駕は, 驚きを, 髪の毛を, 黒焼みたいな, 齎したそれ

▼ 蝶~ (480, 14.9%)

6 自分の 4 彼の 3 あわてて, ひらひらと, 人の, 外に, 弁信の, 花に

2 [30件] お筆, この頃, さすがに, それを, とんで, どうしても生きなかった, なんの, ぶるぶるッ, まだ十七, むぐらにとばかり鼻かむ, われと, ニッコと, 一通の, 乱心し, 体の, 何か, 処女の, 勿論あ, 彼女と, 息を, 手を, 死ぬお, 水を, 無言で, 眉を, 眼を, 繭を, 羽を, 雄蝶, 龍平の

1 [392件] あそこへ, あのかご, あまりの, あれだけ, いい気持, いい重宝, いかにも無邪気そう, いきなりそれ, いくつか, いったいどこ, いったいどんな, いったん明けかけた, いつもの, いつも神妙, いない, いないん, いふたので, いぶかしさ, いまだに, いよいよ身, いよいよ酔わされた, うたい出した, うたへ, うるんだ目, おかしさ, おどりたちました, おれ独りで, お客の, お角, かく嘆, かの女, きつと, きまり悪, こ, こう云っ, こう言っ, このごろ達者かな, この前, この家, この山屋敷, ころびばてれんの娘じゃ, ころびばてれんを父と, さう, さっきから, しばらく立ち竦みました, すこしじれだしました, すこしも, すつと, すばやく返した, そうし, そう恐怖, そこで, そこらの, そのものとして, その三つ四つ, その仕事, その利口, その方, その時, その晩, その生垣, その種子, その繭, その花粉, その衣, その話, その青春, その頃, その馬鹿丁寧, それから, それが, それでにわかに, それでも他人, それに, それのみ, それも, そろそろ這い出し, そんなに弱い, そんなふう, そんな気, ぞっとした, たしかに戯れ, たしかに洞白, ただおびえ, ただ窮屈そう, たちまちその, たぢろ, たとへば影, ちゃんと来, つぶれただよ, とても安, どうかと, どうした, どうだろう, どうなさいました, どう考え, どこへか, どんな用事, なお飛ん, なにを, にわかに何物, はかないふう, はっと立ちすくむ, ぱっと高く, ひっきりなしに見られた, ひとりに, ひとりの, ひとり語の, ひょッ, ひら, ふとこの, ふとそこ, ぶるぶると, へらへらする, ほっとした, ほっとする, ほっと息, ぼんやりと, ぼんやり帰っ, まぎらすよう, また一刻, また再び, また疑った, また笑った, まだいつ, まだかわかぬ, まだまだ油断, まだ源六, もうその, もう半分, もう寝, もう泣い, もし発覚, もちろんその, もとより夙, もんしろて, やはり動かない, やはり夢中, やはり眠られなかった, ようやく着物, よく覚え, よそから, わが睡眠, ゾッとして, ヒラヒラ, プイと, ヨハンの, ワラでも, ヴアネスサ・イオと, 一年とは, 一晩も, 一生の, 三ツに, 三十分が, 三四間距れた, 上品な, 下野の, 不審に, 主人に, 二つを, 二三人の, 二羽とも, 云いよどんだが, 互に茫然, 五月の, 人工的の, 今から, 今では, 他では, 仮面と, 佐野と, 何べ, 何を, 何事も, 信仰の, 倒れます, 傍で, 僅に, 先に, 其の嘴, 其の蝶, 其角に, 再びその, 凝つと, 出帆する, 刃を, 初めてお, 初めてほっとしました, 初めてホッと, 初めて山, 初めて意識的, 別に, 前に, 前の, 前後の, 剣を, 勿論ためらいました, 去りぬ, 又言った, 可哀そうだ, 合格した, 吻ツと, 嘲笑うよう, 四辺を, 土蔵の, 城下の, 変ったその, 多分今夜あたり, 多寡を, 夜もすがらこの, 好く働く, 如何にも彼, 妙な, 始めて, 嬉しさうに笑つて云, 実に無, 家の, 宿に, 寒い風, 寒さ, 寝衣, 寧ろ自分, 小三, 小間物屋へ, 居ないが, 屋根の, 帯の, 帰って, 庭下駄を, 後を, 微笑した, 心もち顔を, 必死でした, 忘れて, 忽ちその, 怖いもの, 思はず笑, 思わず, 思わずうつ向かせられました, 急に, 恋人を, 惣身の, 慄え, 慌てて, 憲政芸妓として, 懸崖の, 手に, 打つ真似, 承知し, 抽齋の, 掴んで, 斯う, 昆虫類の, 春虫は, 昼が, 時々かご, 暗に生きる, 暗示的に, 暫く立ちすくみました, 暫く黙し, 最前下の, 最後に, 朝来て, 朱い, 権妻上り, 横を, 樽野の, 橋の, 欄干へ, 次の, 死ぬの, 死んで, 死者の, 母と共に, 毎晩ここらに, 毛虫から, 気に, 気転よく, 永らく渇い, 江戸へ, 決して醜い, 派手に, 浮浪の, 湯島の, 澄みきッ, 炬燵向うへ, 点頭いた, 点頭いたの, 無意識に, 父二官の, 狂って, 狐が, 男にも, 男装の, 畳んだ蚊屋, 白い翅, 百姓家の, 皆んなに, 盗まれて, 目隠しを, 相州津久井県の, 真ッ赤, 眼で, 眼瞼を, 矢張り, 知覚の, 石牢の, 研究する, 確かに, 私の, 突き飛ばすよう, 立ち止まって, 糸に, 綺麗で, 繭から, 美しい猛獣, 群れ来りて, 翅の, 考えて, 耳の, 肝を, 肩を, 胸が, 胸に, 脱ごうと, 自分が, 自分で, 舌を, 舞ふ, 舞台に, 花野の, 落着いた, 蒔絵の, 蒲団の, 薊の, 蚊屋を, 蚊帳の, 蜜を, 衰弱し, 袂を, 覆面の, 見えんよう, 親に, 親の, 言わせるだけ, 言葉を, 話したり, 誰が, 貝の, 起き上がって, 超ゆ, 足の, 足を, 踊が, 踊れ駒, 身の上については, 身ぶるいし, 身ゆるぎ, 軽く, 迷惑が, 逃げも, 逃げ出した, 遂にその, 遂に拒めない, 重なり合ったまま, 長い喇叭, 長い派手, 長い紅い総, 間が, 隠居の, 雌蝶かも, 雌蝶と, 離れませぬ, 雪の, 青いの, 静かに, 面倒くさ, 革鞄に, 頭から, 頷いて, 額に, 顔を, 飛び退いたが, 飛んで, 驚いて, 髪切虫の, 鶴の, 黄花の, 黒く雌蝶, 黒人と, 黙つて, 黙りこみました

▼ 蝶~ (359, 11.1%)

11 飛んで 5 来て 4 ひらひらと, 来る 3 蝶がと

2 [20件] いるの, とどこおりなし, なぜ死んだ, ひたと高須, ひとり娘である, むらがって, 不意に, 乱心し, 出て, 簇がり, 群れ飛ん, 翅を, 翼を, 花に, 薬局の, 蜜を, 蝶が, 身を, 闇夜に, 風に

1 [292件] あつた, あの蝶, あの高蔵尼, あまりに少ない, あれを, あんな姿, いくつも, いけなければ, いそがしそう, いちはやく訪れ, いて, いぶかしそう, いやがらない程度, おりますやら, おれの, お給仕, きつく突き飛ばす, きて, きてよ, くる, こがれて, ここへ, ここ半月ほどは, この内, この昆虫館, こッちの岸から, さっきから, じっとし, そうし, そこに, その怪物, その火, それくらいの, たすきを, たとい何事, たわむれるよう, ちらほらとしか, つれに, ときどきに, とびまわって, とぶ, とぶとんぼ, とまり, とまりました, とまると, とんで, どうして笑っ, どこからか, ないこと, なぜか, ねむくなる, ひとりで, ひどくお上さん, ひら, ひらひらひら, ひらひら飛ん, ひらりひらりと, ふはり, まじって, まじつてゐる, ませぶり, まだ息, まつ白な, みえないの, みえなくなると, めッきり減ッて, もつれたりは, もつれる虫, もつれ合いながら, もつれ合って, ものめずらしそう, ゆうべ戻っ, ゆつくり, わるびれも, ゐたな, ゐて, ゐる, グルグルと, トタンに, ヨーロッパへ, 一つご, 一つと, 一つ低く, 一つ羽と, 一つ花に, 一つ見えない, 一つ黒に, 一ぴき砂の, 一ツひら, 一匹ヒラヒラ, 一匹枯れつくした, 一歩うしろへ, 一番先に, 一羽, 一羽ひらめい, 一羽夕顔が, 下りる, 不安そうに, 乱心者と, 二つあの, 二つか, 二つの, 二つもつれ合う, 二つ海の, 二つ高く低く, 二人の, 二羽飛び過ぎました, 云つた, 五六羽蜂が, 休らって, 低く舞っ, 低く飛びこう, 低雄蕊高花柱, 何だ, 何と, 何んの, 來ず, 傍から, 其の翅, 再びひら, 出ました, 切に願う, 動いて, 千枝松の, 危険を, 卵を, 又ひらひら, 可哀そうだ, 合計二十匹ほども, 向うに, 嘲弄し, 噛み合いながら, 坊主頭を, 境内を, 外の, 夜に, 夜明けの, 大変少ない, 天地大に, 奇蹟の, 姿を, 嫉妬を, 宙を, 宵に, 家を, 寂光院の, 小腰を, 居るか, 峠の, 嶽其他多くの, 川の, 左衞門河岸の, 幾つも, 幾羽も, 座敷の, 廊下の, 引っかかろうと, 強い風, 忌がる, 忍び入, 急いで, 急に, 意外な, 持ち歩いて, 持って, 散りしく葉桜, 散る花, 数限りも, 敷いて, 新橋演舞場の, 春風しゆう, 晴れて, 来たらどういう, 来たら起こして, 来た水の上, 来てと, 来ましたね, 来やが, 来るかも, 東京に, 棲んで, 極彩色の, 横合いから, 欄間の, 欲しいの, 止って, 此ま, 歩廊の, 死ぬナニ死, 死んだこと, 死んだら債権者, 死骸を, 歿した, 殺されたの, 永代の, 沢山飛ん, 消えた例, 渋色の, 無造作に, 牀の, 物狂わしく, 物蔭から, 狂うて, 狭い横丁, 現在の, 生んだ卵, 留まって, 番に, 疲れたよう, 発信し, 真に迫っ, 眠つてゐる, 知ッて, 石墻の, 秋まで, 窓の, 立って, 笑ったよう, 網に, 緑を, 線路を, 縁側の, 群がって, 群れて, 群を, 羽ばたきしなくなると, 羽ばたくよう, 羽繕いを, 翩, 脱け, 自分から, 自力で, 自筆で, 舞いはじめる, 舞いめぐって, 舞い雲雀, 舞うの, 舞って, 舞つてゐた, 花のうへ, 若い娘たち, 茶を, 草に, 草の, 草を, 菜のはを, 落ちて, 行交う歩行ぶり, 街路を, 見ると, 見初めて, 親の, 親よりも, 訪れ蜜, 謎めいた飛び, 越前屋の, 足を, 跡を, 身の, 逃げたという, 逃げ廻ったり, 透通るよう, 連れだって, 部屋の, 酔ったよう, 野を, 金色の, 針に, 鍛冶小屋に, 鍵盤の, 長閑に, 闇の, 隅の, 隙を, 障子の, 雄シベ, 面白そう, 音を, 顔も, 飛びあるく, 飛び出した, 飛ぶか, 飛ぶの, 飛出すこと, 飛出すには, 飜然と, 食い合って, 骨董店の, 鶴に, 鷲の, 黄ろい, 黙然と坐っ

▼ 蝶~ (248, 7.7%)

6 見て 5 夢む 4 手に 3 女房に, 持って, 捉へ, 追うよう

2 [14件] あざむいたの, のせて, 友之助に, 探して, 目がけて, 矢田の, 見あげぬ, 見る, 輿入れさせる, 追ひかけ, 追ひかける, 追ふ, 連れて, 遠ざけて

1 [193件] いじくったり, いたむ主観, いれた籠, うけ取り, お前は, お手, お探し, お盗まれ, お聞きなさろう, かいた鎧直垂, かごの, さいなむやう, さいなむよう, さえ握って, さがして, さしてお姫様, じっと凝視, そこへ, そのままに, その道, そんな事, たしかにお, たずねて, つかまえて, つかんで, つくり両方, つけた物, つれて, とったり, どんなに可愛らしく, ながめたが, ながめて, なくしたこと, なくして, なだめ賺すよう, にらんで, ねらったり, ひッ, ほっと息づかせ, またその後, もたらし, フッと, 一式氏が, 一生奉公に, 乗せた苫, 今日見つけ, 他人に, 何とも思っ, 利用すべく, 刺繍した, 刺繍った, 包んで, 取られたより, 取り返すの, 取り返そうと, 受け取りに, 可愛がって, 吉次を, 呑むいわな, 呼び, 呼びました, 呼び起させて, 執拗に, 夜も, 夢に, 夢の, 失うこと, 奪おうため, 奪おうと, 娶った, 尋ねて, 導いて, 山かごに, 山へ, 幻覚させた, 弁信は, 弄んだりの, 引き渡せと, 引受け度いと, 引渡して, 後ろに, 得たばかりに, 思い出した, 思はせる娘, 怪しむもの, 愛して, 懐中に, 所持し, 手放させようと, 折った形, 折檻する, 招き入れて, 振りかえって, 振り返つた, 捉えようとして, 捕えようと, 捕って, 捕まえて, 捕虫網で, 採り夜, 探し出さねば, 探す筈, 掻乱し, 揶揄った, 支えて, 断念させよう, 斯ん, 春霧を, 本丸から, 案じるよう, 横取りされた, 殺さなかったろうか, 殺した下手人, 殺した後, 殺しては, 殺すの, 殺すばかりに, 殺す隙, 殺そうという, 気づよくした, 海の, 点出し, 生かして, 白けさせたり, 盗まれるよう, 盗み出した貴殿, 盗もうと, 目付ける, 相手に, 眺めた, 知らないの, 籠もろとも, 縫い花, 育てて, 脅かした手紙, 舞は, 船底に, 花を, 花環の, 荒しと, 表して, 袂にでも, 見うしない次に, 見た彼女, 見た紋白蝶一羽, 見つけた, 見つけて, 見つけました, 見つけ出した, 見つめ出して, 見ると, 見るほどの, 見るよう, 見上げて, 訪ねよう, 訪れて, 誘い出すよう, 誘拐した, 語って, 語り済まし, 語る鶴賀なにがし, 買った狒々隠居, 近寄らせない爲, 追い昼顔, 追い越して, 追い過すと, 追うて, 追っかけた, 追った, 追って, 追って行った, 追つかけ, 追つかけ始めました, 追つて, 追ひはじめた, 追ひはじめる, 追ひ廻した講中ぢ, 逃がした, 逃がし大川, 透すやう, 逐おうと, 造らんとて, 連れ神妙, 遠い国許, 離別し, 颯とひらめかし, 飛ばしたの, 飛ばして, 飛ばすなどと, 飛ばす役, 飛ばせて, 験めようか, 鳥と

▼ 蝶~ (124, 3.8%)

5 なって 3 なるの, 似て, 向って, 限って 2 なりたいと, 何かの, 化して, 恋を, 移したの, 逢って

1 [95件] あり, うるさい騒音, うるさく言, おいらが, お輝, からみついて, きくと, くるまれて, ことばを, さそわれたり, さながらの, すこし俯向, そっくりだ, たずねました, ちがいありません家, つけての, なったか, なったとは, なったよう, なつた, なぶられてるジャノー, ならないの, ならなかった, なりつつ, なり蝶, なる, なるごとくに, なると, なるべき, なるん, なる毛虫, なれ, むすんで, やつて, 一枚の, 云ひつけられた, 伝へたつもり, 似た身軽さ, 作って, 出逢いましたそう, 力を, 化しあるは, 化したるかと, 化す, 同情し, 告げおくこと, 呼びかけた, 壽樂と, 変ったこと, 変り蝶, 変るの, 少しどうかし, 心が, 心を, 悔いの, 情夫が, 憑かれたよう, 投げ打てば, 拾って, 春の, 来て, 殺された, 毒が, 油断が, 油斷させ, 注意する, 甘い言葉, 由つて自分は, 目を, 相違なかっ, 眠気を, 着物を, 見え障子, 触らうと, 誘われて, 象徴する, 負けないほど, 走るより, 身を, 軽く乗った, 逍遥する, 逢いこれから, 逢いに, 逢つた, 遇つた, 過ぎなかったであろう, 適す, 酌を, 針さす, 非難を, 飛ばして, 飜って, 首尾よく, 髪を, 黄ろい

▼ 蝶~ (123, 3.8%)

6 友之助との 3 お輝, 化して

2 [11件] おなじ劇薬, お光, なり尊公, 仲よくし, 友之助とを, 同じやう, 名告, 御縁, 蜘蛛, 見紛, 関係の

1 [89件] いうには, いえば, いって, うまれしここ春, その二つ, その老母, なつて, ならねば, なりけり糸すすき, なりこの, なりて, なり慕えば, なれる吾, まり獅子の, ヨハンとの, 一しょに, 一つに, 一つ舟で, 一所に, 云って, 云ふ, 云われて, 仲のよ, 仲間の, 傾く絹紐, 出遇, 口を, 同じよう, 名乗って, 名乗り寄席の, 呼ばせて, 呼ぶもの, 夙に別れ, 夜光の, 小三, 弁信を, 成つて消え, 斉しく, 日本左衛門とが, 日本左衛門とに, 日本左衛門の, 昆虫館とに, 晴景とは, 曽我廼家気分で, 来たらあれ, 来ては, 植木屋の, 率八が, 生れか, 申します幇間, 病蝶とを, 白い蝶, 百合子が, 相交わっ, 約束した, 細りて, 老いたりと, 自分との, 舞ひ, 花とが, 花との, 芸者達と, 蓙を, 蛾とが, 蜜蜂が, 見しは, 見たの, 見て, 見れば, 覚えて, 親しくなつた, 言ったその, 言ったっけ, 逢った, 雄蝶が, 雄蝶との, 雌蝶とは, 風, 飛び, 飛び去って, 飛び猪, 鳥だ, 鳥の, 鳥を, 鷲との, 黄な, 黒い蝶, 龍平あたかも, 龍平であったでしょう

▼ 蝶さん~ (117, 3.6%)

5 の家 43 という方, は 2 がふだん, ていう娘, と二人, の精神異常, を連れ

1 [92件] あぶないから, うつくしい人, お蝶さん, から何, から便り, がお父さん, がかわいそう, がたまたま, がまだ, がやって来る, が入る, が出た, が殺され, が殺された, が白, が肺病, ずっと火鉢, そりゃほんと, だツ, ちょうどいい, ちょっと待っ, で, でしたね, ですね, という権妻, とやらが殺された, と出, と同じ, と白, と離れず, どうした, には極度, に喰, に暴行, に眼, に私逐, に袂, に言, に食物, のお, のかたき, のこと, のよう, の一生, の子守唄, の心, の悲歎, の手厚い, の方, の為, の熱心, の白, の美しかっ, の胎盤, の血管, の許, の身, の身の上, の身体, の迷つたの, はいい, はこんな, はそれ, はとうとう, はろくに, はツーちやん, はピンカートン, は人間, は十八, は妊娠, は定めし, は彼等, は文字通り無一物, は癩病, は白, は相, は鄙, は野菜小屋, は頑固, も云つて, も早く, も赤子, や, や早く, より一, をパンパン, を傷つけない, を彼等, を殺した, を虐げる, 今ほか, 坐らないか

▼ 蝶~ (86, 2.7%)

3 何も 2 ひどくお, みにくい, 同じよう, 日本左衛門も, 死ぬよう

1 [73件] あたりに, あたりの, あったもん, あぶも, いつかしら両端, うまれむ, うららな, お妙, こういう所, この家, この時, さすがに, すすり泣きを, そこで娘, その中, その気, その返事, それと, それを, とばない, とびふるさと人, とんでる, ふッ, またわれと, また錠前, やがて飛び出し, やはりさう, よんどころ無しに, ジッと, チラと, 一緒に, 万太郎も, 久しく飛ばね, 今は, 何の, 俳人や, 出て, 出演した, 同じ時刻, 外へ, 夜に, 天馬空を, 奇異な, 宗祖樣ことの, 寄りつくこと, 思わずわが身, 急に, 悠々と, 意外に, 拙者には, 日本で, 来て, 気がついて, 沢山ゐた, 牛の, 皆なと, 眠って, 笑いながら, 笑ひ, 純真純情な, 縺るる, 色かせぐ, 草の, 蝉も, 見て, 近頃は, 酔わされたよう, 雄蝶, 頓興な, 飛ぶ季節, 鳥も, 鶯も, 黒き髪

▼ 蝶ちゃん~ (71, 2.2%)

3 のおっかさん 2 によってその, のおとうさん, のそれ, は僕, や

1 [58件] がその, がそんな, が勝手, が旅, が既に, が歩き疲れ, だけはそれ, でしょう, でなければ, という原子, との交際, なぞの思い, なぞ察し, ならいつか, ならたとえ, ならどんな, にいま僕, にとって万更, にはそれ, にはなか, には少し, に対する自分, に聴い, に話した, に需め, のいのち, のおばさん, のおふくろ, のお父さん, のは何, のへたくそ, のみならず, の女, の性格, の核心, の正気, の炊事, の現代娘, の肉体, の身の上, はい, はいい, はしな, は後, は忘れない, は普通, は窮屈, は魚, ほどの娘, や物事, をも永遠, を他, を成立たせない, を押し付けよう, を驚かす, 怠けるの, 聞いて, 行こうか

▼ 蝶~ (69, 2.1%)

4 蛾が 3 黄色い蝶 2 むらさきの, 水色の, 白い蝶, 蛾の, 蛾は, 鳥の, 黒い蝶

1 [48件] お力などから, ばつたを, トンボを, ルリタテハ蝶などの, 今迄, 其角は, 其角を, 大きな蠅, 太陽虫などは, 小さいかなぶん, 小蟻, 小鳥には, 小鳥も, 散った花, 数千数万の, 數千數萬の, 桔梗という, 桜の, 漆黒うすれ, 甲虫などの, 甲虫類の, 石に, 美しい鳥, 花が, 花どう, 虫を, 虻などは, 蛾に, 蛾や, 蜂が, 蜂などが, 蜂の, 蜂は, 蜜蜂を, 蜻蛉である, 蜻蛉の, 蜻蛉も, 蜻蛉や, 蜻蛉を, 蝉の, 蟻でも, 赤い蜻蛉, 農鳥は, 還城楽, 雲霧を, 鳥のを, 鳥みたいに, 鳥や

▼ 蝶という~ (36, 1.1%)

2 のが, ものを, 娘の, 娘も, 娘を

1 [26件] あわれな混血児, ことが, その女, のは, ものな, ような, んです, 仕掛け怪談話が, 切支丹屋敷の, 十四に, 型が, 夜鷹の, 女, 女が, 女だ, 女だった, 女の, 女は, 女も, 奴だ, 妓も, 娘まで, 子を, 男だった, 遺伝の, 額に

▼ 蝶~ (30, 0.9%)

3 の主 2 の老

1 [25件] からは稀, から採れる, だけ今, であった, でも随分, といっ, といわれ, のえせ, の巨大, の採取, の未だ, の模様, の無数, の無限, の群生地帯, は真珠, は真珠貝科, も多かっ, やアコヤ貝, や金銀, を取っ, を採っ, を知らない, を鏤め, ヲ鏤メタ鼈甲

▼ 蝶~ (23, 0.7%)

2 とすれ, 蝶だ

1 [19件] ああ光った, から私, か区別, が, がこれ, そうで, と思う, な, なてめえ, なんて娘達, のが, もう私, よ, よまあ, よ阿, ッ, ツ, 切支丹屋敷の, 最早四辺

▼ 蝶には~ (20, 0.6%)

2 両親という, 何でも

1 [16件] あなたが, あまり魅力, それが, だんだんお, 他の, 他愛なく見えました, 何が, 何の, 千里も, 大和魂を, 安心な, 意味の, 手紙も, 聞きとれなかつた, 金の, 面白そう

▼ 蝶ネクタイ~ (18, 0.6%)

3 をし 2 を固く, を結んだ

1 [11件] が氣, で止め, で落ち着いた, というきちんと, と背広, もルパシュカ, をつけ, をむすん, を左手, を結び, を解き

▼ 蝶~ (17, 0.5%)

2 の水夫

1 [15件] が大, だと, だという, で沖, という船, なら安心, にて参り, のこと, の者, の舳先, は町, は罐詰, も霧, を調べた, ニ乗かへ

▼ 蝶~ (17, 0.5%)

9 の翼 2 の刺繍, を染めたる 1 にでもなれ, の几帳, の模様, の遊ぶ

▼ 蝶~ (14, 0.4%)

6 花よと 2 花に 1 いましのみ, お駒, ひとりなる, 今日は, 花よ, 花よは

▼ 蝶との~ (11, 0.3%)

2 関係が 1 二つが, 二つでありました, 二つの, 五人が, 交尾行動, 同棲は, 競争で, 話に, 関係にわたり

▼ 蝶~ (10, 0.3%)

2 何かの 1 どつちで, よく来た, 何かに, 千鳥かと, 千鳥の, 死んだ蝶, 蝙蝠かと, 非ず

▼ 蝶にも~ (9, 0.3%)

1 あるまじけれど, わかることば, 旅の, 父親だけは, 睡魔に, 血の, 見える, 青春が, 龍平にも

▼ 蝶~ (9, 0.3%)

1 かよい出した, やつた, 乗って, 云うの, 体当を, 出入りを, 手渡された羊皮, 指さし教えた手懸り, 野槍を

▼ 蝶夫人~ (9, 0.3%)

1 が, がシッポク, が歌手, といふ艶麗, の問, の恰好, の貸し, はなむけする, は気

▼ 蝶さま~ (8, 0.2%)

1 お蝶さま, ですよ, のお, の御, はい鯔, はご, 早く上っ, 見て

▼ 蝶つがい~ (8, 0.2%)

1 がはずれ, がひそん, が錆び, が離れた, で出来た, の当然, ははずれ, をきしらせ

▼ 蝶とは~ (8, 0.2%)

1 まるで別人, まるで異う, わたしの, 上に, 年甲斐も, 殆ど話という, 親友であった, 調子が

▼ 蝶合戦~ (8, 0.2%)

1 があった, が何, が起った, ですが, などというの, について一つ, のあった, のこと

▼ 蝶~ (8, 0.2%)

1 ご一緒, さ教えましょう, だけをこの, は, ゆるして, をあちら, をむかえ, 聞くこと

▼ 蝶花楼馬楽~ (8, 0.2%)

1 が引き抜き, が現, が谷中浄名院, なぞはこの, になっ, の会, の名声, や大庭

▼ 蝶~ (8, 0.2%)

1 が隣室, だつたが, と一処, の仕, の前, の苦笑, はき, を集め

▼ 蝶~ (7, 0.2%)

3 あつた 1 あらう, せう, その勢蝶, それが

▼ 蝶~ (7, 0.2%)

2 の一座, の一行 1 の手品, や独楽, を座長

▼ 蝶~ (7, 0.2%)

3 の騷擾 2 が飛ん 1 がその, や甲虫類

▼ 蝶~ (6, 0.2%)

2 蝶, 蝶お 1 蝶と, 輝の

▼ 蝶ちゃんあんた~ (6, 0.2%)

1 と同じ, に対する自分, の気持, はあんた, はあんた自身, を一方

▼ 蝶とかいう~ (6, 0.2%)

1 のが, ものを, 不思議な, 女で, 女に, 娘が

▼ 蝶~ (6, 0.2%)

1 から抜け, に結び, のピン, の一方, の的, を引い

▼ 蝶では~ (5, 0.2%)

2 如何な 1 ございませんのに, ないのよ, なくて

▼ 蝶とか~ (5, 0.2%)

1 其の他, 子供の, 扇蝶とか, 海外漂泊の, 言って

▼ 蝶とも~ (5, 0.2%)

2 なれば 1 言わない, 謂ひつべ, 雄蝶とも

▼ 蝶と共に~ (5, 0.2%)

1 奥の, 懷しく, 狂ひまはる, 連れて, 遊ぶや

▼ 蝶~ (5, 0.2%)

1 に粘す, の刺繍, の愛親, の離れぬ, を綺麗

▼ 蝶がと~ (4, 0.1%)

3 言ひか 1 申すか

▼ 蝶ちゃんと~ (4, 0.1%)

1 よばれた可愛い, 一緒に, 共住み, 言いますよ

▼ 蝶でも~ (4, 0.1%)

1 なくそれにまた, 又出ました, 虻でも, 訪ねて

▼ 蝶といふ~ (4, 0.1%)

1 二人の, 女と, 女の, 娘は

▼ 蝶とが~ (4, 0.1%)

2 上林吉之助に 1 さっきから, 連れ立って

▼ 蝶~ (4, 0.1%)

1 のだ, のである, のでございましょう, のです

▼ 蝶ガ岳~ (4, 0.1%)

1 が雪, の崩れ, の白蝶, 常念

▼ 蝶殺し~ (4, 0.1%)

2 の疑ひ 1 の下手人, の繪

▼ 蝶菊文等~ (4, 0.1%)

4 の語

▼ 蝶だの~ (3, 0.1%)

1 大粒の, 蛾だ, 蟻蜘蛛蝉筍夕焼けなどは

▼ 蝶です~ (3, 0.1%)

1 か, が戻っ, どうでも

▼ 蝶とを~ (3, 0.1%)

1 うける代価, 対比する, 招く俳優協会

▼ 蝶どの~ (3, 0.1%)

1 という方, の身の上, をすぐ

▼ 蝶なら~ (3, 0.1%)

1 ば蝶, びてわたりこしかな, 好かろう

▼ 蝶むすび~ (3, 0.1%)

1 に束ね, に絞っ, の早

▼ 蝶よりも~ (3, 0.1%)

1 あさっぽい気, 今日の, 蠅が

▼ 蝶らしい~ (3, 0.1%)

1 女を, 物の, 者の

▼ 蝶一匹~ (3, 0.1%)

1 すら飛ん, を一ツ橋家, を手

▼ 蝶~ (3, 0.1%)

1 助が, 助という, 助水芸の

▼ 蝶~ (3, 0.1%)

1 が何, が忌, も好い

▼ 蝶女蝶~ (3, 0.1%)

2 の盃 1 の子供

▼ 蝶~ (3, 0.1%)

1 が勤めた, の善六, の茶坊主

▼ 蝶~ (3, 0.1%)

2 ひ鳥歌 1 ふ紛々

▼ 蝶花形~ (3, 0.1%)

1 が現われ, といっ, なら無類

▼ 蝶~ (3, 0.1%)

1 がわたくし, の身分, は利発

▼ 蝶雄蝶~ (3, 0.1%)

1 だ, の酒器, の長柄

▼ 蝶驚き~ (3, 0.1%)

2 て立て 1 て立ち

▼ 蝶ある~ (2, 0.1%)

2

▼ 蝶おまえ~ (2, 0.1%)

1 はまだ, も行かない

▼ 蝶かも~ (2, 0.1%)

1 しれん, 知れない

▼ 蝶から~ (2, 0.1%)

1 だろうね, 眼を

▼ 蝶さんこれ~ (2, 0.1%)

1 を着, 飲まない

▼ 蝶さん方~ (2, 0.1%)

1 がパンパン, は糸川

▼ 蝶じゃ~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ 蝶そのもの~ (2, 0.1%)

1 の美しい, はどう

▼ 蝶ちゃん僕~ (2, 0.1%)

1 は滅びたくない, もこの

▼ 蝶っていう~ (2, 0.1%)

1 奴は, 娘じゃ

▼ 蝶~ (2, 0.1%)

2 がひ

▼ 蝶であり~ (2, 0.1%)

1 それが, 雄蝶

▼ 蝶である~ (2, 0.1%)

1 がまことに, ことは

▼ 蝶であろう~ (2, 0.1%)

1 とそんな, と雌蝶

▼ 蝶でございます~ (2, 0.1%)

1 からな, が

▼ 蝶など~ (2, 0.1%)

1 ある筈, どうでも

▼ 蝶などが~ (2, 0.1%)

1 あり木曾駒, きたり

▼ 蝶などの~ (2, 0.1%)

1 如くひら, 数々が

▼ 蝶なんか~ (2, 0.1%)

1 たくさんとっ, 見えませんよ

▼ 蝶なんぞは~ (2, 0.1%)

2 飲べ

▼ 蝶にとっては~ (2, 0.1%)

1 いちいち今日, 気楽でした

▼ 蝶にな~ (2, 0.1%)

1 つて枝にも, ッて

▼ 蝶に対して~ (2, 0.1%)

2 彼女が

▼ 蝶のち~ (2, 0.1%)

2 ひさ

▼ 蝶ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなくおじさん, では

▼ 蝶ばかりは~ (2, 0.1%)

1 どうしても影, 薄氣味

▼ 蝶ひとつや~ (2, 0.1%)

1 すらひ, すらふ

▼ 蝶また~ (2, 0.1%)

1 折を, 鶴の

▼ 蝶より~ (2, 0.1%)

1 いくらか, 先き

▼ 蝶二つ~ (2, 0.1%)

1 飛びたつさま, 飛ぶを

▼ 蝶二つ一途~ (2, 0.1%)

2 に飛ばん

▼ 蝶~ (2, 0.1%)

1 は一団, を長

▼ 蝶~ (2, 0.1%)

2 と小

▼ 蝶吉さん~ (2, 0.1%)

2 は未だ

▼ 蝶~ (2, 0.1%)

2 短い蜉蝣

▼ 蝶散らし~ (2, 0.1%)

1 の染浴衣, を描いた

▼ 蝶~ (2, 0.1%)

1 のオホムラサキ, の標本

▼ 蝶~ (2, 0.1%)

1 の一角, の毒粉

▼ 蝶自身~ (2, 0.1%)

1 の乳, はヒラリ

▼ 蝶~ (2, 0.1%)

1 の群衆, は形

▼ 蝶貝入り~ (2, 0.1%)

1 の書棚, の朝鮮小箪笥

▼ 蝶貝黒蝶貝~ (2, 0.1%)

1 の無数, の老

▼ 蝶~ (2, 0.1%)

1 のそう, の膳

▼ 蝶飛ぶ~ (2, 0.1%)

1 花園に, 頃多くの

▼ 蝶飛ん~ (2, 0.1%)

1 で, で乾く

▼ 蝶飛虫~ (2, 0.1%)

2 にでもなれ

▼ 蝶飛蟲~ (2, 0.1%)

2 にでもなれ

▼ 蝶黄翅~ (2, 0.1%)

2 せせりの

▼ 蝶黄色~ (2, 0.1%)

1 が白, な蝶

▼1* [216件]

あかい蝶々も, 蝶ありて, 蝶あわてとびまどひをり草刈女, 蝶づち指すら, 蝶いい加減に, 蝶いう別嬪おま, 蝶いやでは, 蝶かといたいけな, 蝶かの如くに, 蝶がへえって, 蝶がも一度呼ん, 蝶くろい蝶あかい, 蝶こそ恩人である, 蝶へ渇望, 蝶さえ渡したら文句, 蝶さつきにも黒い, 蝶さまあなたの身, 蝶さまそれは羅馬, 蝶さま夜光の短刀, 蝶さんお前さんにはあの, 蝶さんそれは心配, 蝶さんどこへ行く, 蝶さん俺らはお礼, 蝶さん僕は急, 蝶さん月見のお客樣, 蝶さん此処へ置い, 蝶さん的趣味に追随, 蝶さん舟へ舟, 蝶さん見張りを頼む, 蝶さん話がある, 蝶しか寄せ付けないが, 蝶しづかにとぶ, 蝶しばらくだったなあ, 蝶そう怖がること, 蝶そこに生れけり, 蝶その一匹が, 蝶それをさっき, 蝶それからそのわれわれ蠅族, 蝶いま息たゆる, 蝶だけはハッキリと, 蝶だけをそのままに, 蝶だって観念し, 蝶だつたりした, 蝶だろうか, 蝶ちがいがゆるんだ, 蝶ちゃんあんた自身には知れない, 蝶ちゃんおまえさんがふった, 蝶ちゃんお待ちッてば, 蝶ちゃんお襁褓の世話, 蝶ちゃんこれを架空, 蝶ちゃんそれは地, 蝶ちゃん一人で食べ, 蝶ちゃん一個の女, 蝶ちゃん先生はあんた, 蝶ちゃん池上さんが退屈, 蝶ちゃん油断しては, 蝶ちゃん蕪村の句, 蝶やない, 蝶つきかねてめぐりけり, 蝶であって他, 蝶でありまして昨夜以来, 蝶でございました揚羽の, 蝶とかが添えて, 蝶とかを新種として, 蝶としてはしおらしい, 蝶とそも馴れ, 蝶とても父の, 蝶とともに漾へ, 蝶どころぢやない, 蝶などといかなる, 蝶などに臨むとき, 蝶などより妙に, 蝶ならぬ幸内の, 蝶にでもそれから夜更け, 蝶によって生きて, 蝶に対しては色と, 蝶に対する何らの, 蝶のねにこし, 蝶はじやのめ, 蝶ばかりに心を, 蝶らら居る, 蝶ひかりひかりわたしは昏, 蝶ふと舞ひあがる, 蝶への大飛躍, 蝶へは山吹襲を, 蝶ほど怕い, 蝶まだおめ, 蝶みたいにそれ, 蝶むすびがつったっている, 蝶それでも血, 蝶め其でも血, 蝶もう一名は, 蝶もはや眠りかけて, 蝶に, 蝶シンの奴, 蝶ッお前というやつ, 蝶ッわしはもう, 蝶ッ顔を上げろ, 蝶ネクタイいやしからぬ好, 蝶ネクタイとわが見つる, 蝶バルブや外部, 蝶ヒラヒラと毒粉, 蝶見ル, 蝶一つたよ, 蝶一つ二つ翅重げに飛べり, 蝶一つ舞へりこ, 蝶一人でどこ, 蝶一双縦横上下に逐いつ, 蝶三人の者, 蝶には暗き, 蝶丸さんがこない, 蝶丸爺さんのあざらし, 蝶丹次郎お染久松, 蝶九郎らの曾我廼家一座並び, 蝶となす, 蝶二つ浪子の袖, 蝶五郎が来た, 蝶の金具, 蝶交いから離れ, 蝶今にも蜘蛛の, 蝶な形, 蝶でも選り嫌い, 蝶何んのこういう, 蝶先代猫八はみんな二, 蝶もみんな笑つた, 蝶兵衛にしろ, 蝶を違えず, 蝶及び宗, 蝶合唱とバレー, 蝶吉はんがやすみ, 蝶合ひすがる, 蝶に結び付けられ, 蝶墜ちて大, 蝶夏草はしげる, 蝶の夢, 蝶の, 蝶夢和尚もあります, 蝶夢和尚文集を読みつ, 蝶夢嘯山暁台樗良白雄これ等はみな蕪村, 蝶大小群集す人之, 蝶大形鹿子新蝶流形, 蝶太郎新加入, 蝶太郎明蝶と曽我廼家気分, 蝶夫婦のよう, 蝶子孫北方に多し, 蝶富菊などは三都歌妓, 蝶徳們凡四十有余名アリ, 蝶から丘, 蝶平形じれった結び, 蝶形花冠が旅人, 蝶形襟飾と白襯衣, 蝶影片々たる閑庭異様, 蝶待てッ, 蝶揃いも揃っ, 蝶蝶大形鹿子新, 蝶族蜂族などをさそいあわし, 蝶時代の三期, 蝶来たか, 蝶来るなり昼, 蝶と号す, 蝶様あなたは天童谷, 蝶様ここへお, 蝶模様の羽織, 蝶母子が家, 蝶民部に角蝶, 蝶河床は草, 蝶流形新蝶平形, 蝶浅葱の蝶, 蝶漆黒の翅, 蝶漸く情疎, 蝶烏賊蛸を眼下, 蝶の模様, 蝶男蝶の一対, 蝶白い蝶夏草は, 蝶白馬これらが信甲駿, 蝶目明しの釘勘, 蝶睡る草の, 蝶がキラキラ, 蝶米友の三人とも, 蝶紅き羽, 蝶紋白蝶なども採集, 蝶のネキタイ, 蝶縫ひ, 蝶には金, 蝶の上, 蝶舞い虫飛ぶ, 蝶蘭二流クラスはガルディニア, 蝶蚊虻蟻そして人間, 蝶のごとき, 蝶がどんな, 蝶蜂蟻などの物語, 蝶蜘蛛芋虫白樺の虫, 蝶蜻蛉蜂蜘蛛それから雀, 蝶蜻蛉蟻蚯蚓目を遮る, 蝶の翼, 蝶そして私, 蝶などと一つ, 蝶親方が舞台がかり, 蝶にだって盗む, 蝶貝蒔繪の中指, 蝶貝象嵌の手筥, 蝶躍る珍しきさま, 蝶の金具, 蝶ふ, 蝶連れ子のヤス, 蝶逸れつつ月, 蝶重囲にかこまれた, 蝶金糸銀糸や消え, 蝶雌蝶だなんて, 蝶雙上雙下亂晴野之虹, 蝶ならば, 蝶青白い蝶黄色な, 蝶音羽かね子が雌蝶, 蝶香楼国貞筆勝頼に扮, 蝶は寒し, 蝶魂冷澹秋花を抱く