青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蝋燭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

蚊帳~ ~蛇 蛇~ ~蛙 蛙~ 蛾~ 蜂~ 蜘蛛~ 蝉~ ~蝋燭
蝋燭~
~蝶 蝶~ 蟹~ 蟻~ 蠅~ ~血 血~ ~衆 衆~ ~行

「蝋燭~」 2331, 25ppm, 4627位

▼ 蝋燭~ (807, 34.6%)

48 火を 39 火が 26 光が, 光で 25 光の, 灯が 20 光を, 火に 19 灯の 18 光に, 灯に 17 火は 16 灯を 15 ように 12 火で 11 心を 10 やうに, 火の 9 燃えさしを 8 ような, 光りの 7 光は, 灯影に 6 灯で, 焔が, 焔を, 芯を 5 あかりで, 一本を 4 光りに, 火も, 焔に, 燈が

3 [12件] あかりを, 下で, 光りが, 光りを, 明りが, 火と, 火影の, 灯は, 灯も, 炎の, 炎を, 燈の

2 [33件] あかりに, ひかりが, やうな, シンを, 一件は, 代りに, 光と, 光も, 光りでちらちら, 光りは, 屑など, 形に, 形を, 数は, 明りで, 様に, 淡い光, 淡い灯, 滴下起り, 火, 火かげで, 火影が, 灯, 灯と, 灯りで, 炎は, 焔は, 箱を, 蝋の, 蝋を, 覚束ない, 長さ, 香を

1 [241件] あかりの, あがった多く, ある所, いぶりが, うすぐらい灯, うす暗い光, おしまいだ, かがやきと, かぼそい光影, きらめきに, ことなどを, ことも, ごときもの, しんの, しんを, その涙, それも, たって, ために, たれが, ちらくら, ちろちろ火, ついたま, ついたまま, ついた行燈, つけ残りが, ところまで, ともって, ともつてゐる, とろとろ燃える, ない夕, ない燭台, にぶい光, はためきを, ひかりの, ひかりを, ほか何も, またたくにつれて, まわりと, まわりを, もうつ, ものらしく, ゆらぎが, ゆらめく光, クローズアップ, バランスを, 一件が, 一件だ, 一本と, 一種, 上から, 上に, 上部及中央部附近に, 下に, 下にて, 下を, 不安定な, 中から, 中に, 事でございます, 事ばかり, 二ツの, 五色の, 仄な, 他は, 代に, 代りと, 代りを, 代わりに, 代価を, 似合いそう, 余光で, 使ひ, 俄に, 倹約までは, 側へ, 傍に, 傍を, 光かすかに, 光から, 光では, 光でも, 光によって, 光りでそれ, 光りで照らされて, 光眼を, 入って, 出所も, 切れっ, 列に, 列の, 剰り物, 匂が, 半分ほどに, 命数が, 問題である, 嘘を, 土産て, 夜風に, 大理石よりも, 太いの, 如き勇気, 如く, 如くなりき, 如く赤い, 存在状態の, 尻を, 屑が, 弱い光, 彩色を, 影に, 後を, 微かな, 心と, 心の, 心へ, 揺らぎと, 揺れる灯, 数を, 日中に, 明かりが, 明と, 星が, 時よりも, 暗い火, 最後の, 束が, 様な, 横っ腹へ, 横曇りした, 油煙とで, 流れぬばかり, 流れを, 涙を, 涙白く, 減りやう, 減り加減, 滓が, 火か, 火かげの, 火ざし, 火だけを, 火だった, 火である, 火でも, 火や, 火アーヴィングの, 火影を, 灯あかあか, 灯かげには, 灯かなんかを, 灯かなんぞを, 灯では, 灯にも, 灯によって, 灯までが, 灯や, 灯らしい, 灯りを, 灯影が, 灯火を, 灯読経の, 炎がの, 点った行燈, 烟が, 焔と, 焔の, 焔ほどの, 煙を, 煮えます時, 煮え込まざれば, 熱が, 燃えさしと, 燃えさしに, 燃えさし欠けた, 燃えた匂い, 燃えつきかけてるの, 燃えつきるの, 燃えつくるごとく, 燃えて, 燃える微か, 燃る, 燈に, 燭台が, 燭台と, 燭台を, 燭火を, 生理と, 用意が, 用意は, 用意も, 由来, 痕だの, 発する佗びしい, 白い斑点, 盡きる, 瞬きが, 科学, 立ち連んだ, 立って, 立つ事, 立てて, 立てられて, 笠が, 細い光, 絵が, 絵は, 絵を, 綺麗な, 美しさ, 群れが, 脂を, 自から, 芯の, 芯は, 芯切りを, 蒼い光, 薄暗い光, 蝋が, 蝋涙だつた, 融けて, 血色の, 行灯みた, 裸火に, 裸火を, 譬明らかならず, 貧しげ, 赤いかげ, 赤い火, 近くに, 部屋新しい, 銀の, 長い蝋垂れ, 長く延びた, 青い光, 面の, 香が, 香の, 香りが, 鬼火である, 黄色い焔

▼ 蝋燭~ (671, 28.8%)

34 持って 30 つけて 19 ともして 15 手に 13 点して, 立てて 8 取って, 吹き消した, 消して 7 もって, 片手に, 買って 6 ともした, 点けて 5 持つて, 買いに 4 かかえて, とぼして, 取つて, 吹き消して 3 かざして, つけた, 一本立て, 倹約する, 入れて, 出して, 取り上げて, 点ける

2 [37件] あげて, あげる, かざしながら, つける, つけると, ともしたの, ともしながら, ともしテーブル, ともすの, ふき消した私, 一本ずつ, 一本だけ, 小さい白木, 差出すと, 持たせられるの, 捧げて, 消した, 消すため, 添えて, 渡した, 火の, 灯して, 点けた, 点したの, 点したり, 照し, 燃やして, 用意させ, 穴の, 立てたの, 立てたよう, 継ぎ足した様, 裸火で, 貰って, 造って, 造る娘, 點し

1 [366件] △△△△に, あかりとして, あげたり, あげれば, あずかって, いた, うんとつけ, おくれ, かえして, かかげ懐中電灯, かして, くれて, くんねえか, こしらえるの, ささげて, さした燭臺, さし付けて, さし換, じいっと見つめ, すかして, その焔, それに, た, ただで, たった一本, たてその, たてた硝子, たてて, たてると, たて呂宋兵衛, たよりに, ちらちら片手, つかみ蝋, つぎ足して, つくりまた, つけかける手, つけず夜, つけたと, つけたの, つけたもん, つけたり, つけぱなしにしておいた, つけぱなしにして置いた, つけました, つけろとか, つけクーリエ・フランセー紙, つけ連ねた, つけ鳥, てんでに点し, てんでに點, とって, とぼした, とぼしなさい, とぼし聖書, ともさうか, ともさせて, ともしお, ともしたやう, ともしたよう, ともしたり, ともしなど, ともしました, ともしまた, ともし右, ともし手早く, ともし挨拶, ともし眼鏡, ともし跪坐, ともし身, とりあげる, とりおろして, とりかえそれから, とり上げた, とり男, なんとか処分, はたはたと, ひとつひとつ消しはじめた, ひとつ点し, ふんで, みよやが, みんな引っ, むき出しに, もちロパーヒン, もつて, もやすこと, カリカリと, ドーソクと, レーニが, 一つずつ, 一つ一つに, 一つ占領し, 一抱へ, 一挺に, 一挺抜く, 一挺持っ, 一挺燃えさしのに, 一本上げ, 一本手に, 一本暖炉の, 一本渡し, 一束買ったらしく, 丁寧に, 三本立て, 上げますから, 下げ, 下に, 中心に, 二つまで, 二丁買っ, 二三本焚い, 二挺までと, 二本だけ, 二本に, 二本ばかり, 二本持っ, 二本灯を, 二本点け, 二本買った, 二梃も, 五丁棺の, 今すぐ, 今継ぎ足し, 仕入れ羽織, 代え暫く, 作ったよ, 作ろうと, 使うなどという, 使って, 使わないよう, 使用し, 便りに, 倒したばかりに, 僕の, 入れた, 入れた時, 入れながら, 入れ部屋, 入口の, 入念に, 其の手燭, 其中へ, 再びともし, 再び点し, 出す奴, 分捕する方, 前に, 十二本も, 取った, 取りて, 取り上げた, 取り上げました, 取り上げると, 取り出した, 取り出して, 取り出し白紙, 取り出そうと, 取り巻いたまま, 取り落しそして, 取り落とし意識, 取ろうと, 取上げて, 取代えたの, 取出して, 受け取って, 受け取つた, 受け取つて, 台から, 吹き消したの, 吹き消した後, 吹き消した途端, 吹き消し外套, 吹き消し着物, 吹消さず, 吹消し, 呉れの, 啄もうとして, 商って, 四本と, 固めて, 執つて一段下, 増せ, 売って, 売るばあさん, 夜間用の, 大事に, 大道商人に, 奉り香, 小さな本箱兼見台, 山の上の, 岩の, 差して, 差し出す父, 差出した, 差出す父, 幾つと, 庇いながら, 床に, 床の, 床へ, 弄ぶ宿場女郎, 引けば, 彼の, 後生大事に, 惜し気, 惜し氣, 手で, 把って, 把り, 折角きれい, 抱いて, 拾いました, 拾ひ集めたる, 持たないので, 持ちその, 持ち出して, 持ち右, 持ち檻, 持ち聞き耳, 持ち腰, 持ち込む積り, 持った一人, 持った人, 持つた葬, 持出したり, 振つて, 振りながら, 振り照, 振り照らして, 挿したよう, 捜し出して, 捧げながら, 捧げ侍坐, 捨てずそこ, 捨てました, 探さしました, 探し当てた, 掲げ眼, 掻き集めんとの, 提灯に, 揚げて, 握り坊主, 携えて, 整ふる如く, 木の, 束ねて, 棒から, 樹てる, 残したまま, 沢山に, 消したら真暗, 消してから, 消しません, 消し暗がり, 消すこと, 消すの, 消せば, 消そうとも, 火縄に, 灯け, 灯けた, 灯しながら, 灯すに, 点けた大, 点けねば, 点けよう, 点け燦然, 点させて, 点しつらねたやう, 点しつらねたよう, 点し時計, 点し立てたかの, 点し箱, 点し行人, 点じて, 点じてもか, 点じ捧げて, 点すと, 焚いて, 照らして, 燃したの, 燃やし酒饌, 燃やす, 燈し, 燈したる, 燭す, 燭台に, 燭台の, 特にこの, 生命ある, 用い暗夜, 用意し, 発射し, 百本立て, 盗んで, 盛んに, 真黒な, 短く切っ, 祓ひ, 禁じたの, 積み立てたよう, 突き付けたまま, 突刺して, 立て, 立てさせて, 立てたやう, 立てたマリア聖月, 立てた卓子, 立てた手燭, 立てつらねそれ, 立てつらねて, 立てまん中, 立てるの, 立て向い合いて, 立て増して, 立て猟士, 立て連ねたよう, 継いで, 翳すと, 聖い, 自分の, 舌の, 舞台へ, 花火だ, 落さないよう, 落した, 葉子の, 袖で, 裸に, 見せられた時, 見ただけでも, 見て, 見ること, 見る丈, 見れば, 覗きました, 買い調えて, 買うだろうと, 買う金, 買った, 買つ, 買つた野郎も, 買ひ, 買わない, 買入れるといふ, 贈ったなぞという, 載せて, 輝かせながら, 退けると, 造りますと, 進上する, 配るの, 酒樽の, 重そう, 釘箱の, 鉄芯の, 門番の, 露出させ, 頂いて, 頂くと, 風呂敷に, 食って, 高く, 高くさしかざし, 高く持て, 點けた大燭臺が, 點じ

▼ 蝋燭~ (249, 10.7%)

9 燃えて 7 ともって 5 物を 4 ともされて, 消えて 3 点って

2 [12件] あるから, ともして, なくなって, 一度に, 一本立っ, 十三本赤い, 幾本と, 火の, 点いて, 燃え盡, 盡き, 突然大きな

1 [193件] あか, あった方, あって, ありますが, あるか, あるだらうから, あると, あるん, ある百年前, あんまり重い, かすかに, さしてある, じいじいと, じり, すこし長, すっかりともされ, その使命, その広い, その影, その間に, それでは, たった一本テーブル, ちらちらし, ちらちらする, ちらちらと, ついて, ともされてるの, ともされる, ともってるその, ともりそれ, ともりオペラ役者, ともれ, どのぐらいの, どれ程, ないと, なくては, はたはたと, ばね仕掛で, ひらひらする, ぷつ, ほしくなる, ぽっかりともってる, またはずみ, またぽう, また幽か, まだ附かぬ, まばゆい程, よく釘, わからねえ, テーブルの, フッと, ユラユラと, 一つ, 一つ残らず, 一つ粗末と, 一と, 一挺, 一挺あったら, 一本か, 一本たっ, 一本と, 一本ともし, 一本とろとろ, 一本は, 一本幽かに, 一本点い, 一本立つ, 上りました, 二つも, 二十本ぐらい, 二挺灯っ, 二本ともされ, 二本共消え, 二本点い, 二本裸で, 五六本, 仆れ, 今にも消え, 今にも消えん, 今まで, 何の, 何本も, 借りられた, 入れて, 六本に, 刺って, 半分ほど, 各室に, 同じよう, 吹き消されると, 四方浮き上がっ, 地上に, 地下の, 売れない, 売れるので, 失くなると, 娘たちに, 少し點つた, 尽きさうに, 尽きたため, 尽きた時, 尽きて, 尽きないうち, 山の, 差込まれ, 彼らに, 微かに, 怪談染みた, 慈悲深い, 手に, 掛け連ら, 揺れ影, 敷蒲団の, 斜にな, 斜めに, 早や, 明るくともっ, 晝の, 月の桂の, 柔かくなる, 次郎吉の, 段々に, 沢山ある, 流れて, 消えその, 消えたと, 消えたらそれ, 消えても, 消された時, 消たず, 滑, 火災の, 灯を, 点された, 点して, 点ぜられると, 点つてゐた, 点りました, 点火し, 焔を, 無いかね, 無いの, 無けりゃア三ツ, 無けりゃ三ツ, 煌々と, 煮えまして, 燃え出し鎖, 燃え切ったので, 燃え切ろうと, 燃え尽きるまでの, 燃え残り床, 燃え縮まり掻, 燃え縮みますと, 燐寸の, 特に気, 猶光つて, 現われ半白, 白く浮き出, 白晝の, 百合の, 真直に, 眩しいので, 瞬いて, 立ったよう, 立って, 立てられこれ, 立てられて, 立て連ねられ黒色, 筆の, 細うございます, 聴衆の, 自由に, 良雄の, 見つかった, 見事であります, 見当らぬので, 赤黄色く, 赫く, 近くに, 遠い銀色, 重くなる, 銅製の, 附いてから, 雪で, 静かにと, 順序よく並ん, 風に, 首尾よく, 馬鹿に, 駕の, 黒いマホガニー, 點された, 鼻の

▼ 蝋燭~ (118, 5.1%)

48 火を 12 灯を 3 火が 2 いやらしいその, 火の

1 [51件] ありつく望み, いくらかの, かわる明るい, したの, して, しろお, せき立てられるので, そつくりである, たとえたもの, はりつけるくらいの, ゆっくりと, ホヤを, 一心を, 亂れた, 任せては, 作って, 作り換えたもの, 光を, 再び燐寸, 及びます, 因って, 囲まれたまんなか, 変える力, 左右から, 替はる明るい, 水晶体凝視を, 溜った芯, 溜つた芯を, 灯が, 照らされたその, 照らされたテーブル, 照らされて, 照らされてるジョンドレット, 燈明の, 用うる, 目を, 眼が, 移して, 絡んだ一種, 絵を, 線香を, 致しました, 落ちた, 近く歩み寄った, 近寄った, 静まりか, 飾られた祭壇, 飾られ読経, 魚や, 點しました, 點じ

▼ 蝋燭~ (114, 4.9%)

3 燃え盡 2 すでに三度, つけて, どうした, ない, 数限りない

1 [101件] あかつきの, いくたび, お点し下さいません, さすがに, そのまま卓子, その笑い声, そんなわけ, たちまち高座, つけられた, どこかへ, どの板, なくなっても, ひとりで, ふッ, ほとんど燃え尽き, ぽんとも, まだ六分の寿命, みんなに, もうほとんど燃え尽き, やがてその, バタリと, 一つ一つふき消され, 一本百匁以上も, 三分ほど, 上から, 上方に, 下に, 下水の, 不吉という, 不思議に, 主に, 久し振りで, 二つ共に, 二十五本も, 二本ぐらい, 人間の, 仁王門を, 今より, 他の, 以前お寺で, 何処かの, 僅に, 分ったで, 卓子の, 危くその, 壁板に, 夜で, 大分短く, 大根の, 女の, 幸い座敷, 引っ越さねえと, 彼が, 彼女から, 御遠慮, 心が, 戴かねど, 手のうちに, 手元が, 投出された時, 拾八世紀の, 持って, 攻撃に, 新しいの, 普通の, 暖炉の, 暗き室, 最後の, 机だの, 植物蝋で, 殆ど燃え尽き, 毎晩居間へ, 沖の, 沢山ある, 流れ畢, 消えたので, 消えて, 消され, 消された, 漸次に, 燃えつきて, 燃え尽きて, 燃え尽き鶴嘴, 燃え残って, 燭台の, 短いね, 絶えて, 絶やさぬやう, 絶やされないよう, 置いて, 美しく上, 翌る, 自分が, 舟で, 落ちて, 虚無の, 蝋燭と, 被害者自身が, 變です, 離せない, 黄疸病み

▼ 蝋燭~ (35, 1.5%)

2 線香も

1 [33件] あります, ありますから, お線香, かなたこなた, この際, その方面, とぼさずに, またたいた, もう燃え倒れよう, もらって, 一つの, 三分一が, 世に, 写っては, 半打の, 取つて, 同断です, 同様に, 寿命が, 惜んで, 懐中電灯も, 拔か, 早や, 暁の, 沢山つけ, 流れては, 消えた, 燃えつきようと, 燐寸も, 田舎に, 芯は, 見事な, 電池も

▼ 蝋燭~ (27, 1.2%)

2 岩に, 照らして

1 [23件] あつた, いた所, いっせいに煌きわ, お過しでした, すまして, よ銭勘定, コーヒーを, 明るみながら, 暖を, 有名であります, 洟でも, 焼き殺して, 煖ま, 照した, 照らされてるばかり, 照らした, 照らしたよう, 照らした箱, 男の, 結構用が, 自分の, 自分を, 間に

▼ 蝋燭~ (27, 1.2%)

1 [27件] いって, おなじこと, なって, なり数多い, なり消えた蝋燭, なる, カナ錆で, バラバラの, ペンや, マッチと, マッチを, マッチ本と, マツチと, ワラ刷毛を, 一冊の, 右と, 呼ばれるもの, 宝石との, 庖丁とを, 思う小さな, 懐中付木とを, 消えた蝋燭, 煖炉との, 線香とを, 言いたいの, 錺屋そこに, 顔とを

▼ 蝋燭~ (21, 0.9%)

2 教覚速善居士の

1 [19件] あるいはまたじめじめ, その他の, その他種々なる, なア, カンテラで, ランプで, 六地蔵, 婦人連の, 家賃は, 提灯で, 泥棒の, 焚き物, 燈明の, 燈蓋の, 種油などの, 線香で, 線香の, 線香ばかり, 線香を

▼ 蝋燭~ (15, 0.6%)

2 の裏

1 [13件] が裏門, では絵, と金銀細工, などもみな穢多, のお, のところ, の年, の歌公, の看板, へお, へ行っ, や葉茶屋, をやめ

▼ 蝋燭~ (15, 0.6%)

1 [15件] かなんかのよう, がマントルピース, が二本, と見た, などが納つて, にふとい, に蝋燭, のうしろ, のまん中, もい, や紳士用, をながめ, を二つ許, を見, を長持

▼ 蝋燭~ (12, 0.5%)

5 火を 2 灯を 1 手を, 点火した, 移して, 集って, 集つて来た

▼ 蝋燭から~ (11, 0.5%)

1 [11件] ズボンに, ランプに, 他の, 光を, 手燭の, 来て, 消えた蝋燭, 灯を, 白い煙, 縁を, 見て

▼ 蝋燭立て~ (9, 0.4%)

1 から一本, が並ん, とソッケット, へ戻し得た, や輪燈, や香炉, をテーブル, を伝っ, を造りかえた

▼ 蝋燭でも~ (8, 0.3%)

1 ともしたいよう, 持って, 炭団でも, 立てて, 買いに, 金の, 風吹きの場処に, 風陰に

▼ 蝋燭~ (6, 0.3%)

1 か大概, と云ってる, の, のいう, よ, 旦那

▼ 蝋燭には~ (5, 0.2%)

2 炎が 1 一々向き, 二つの, 限りが

▼ 蝋燭にも~ (5, 0.2%)

1 一盞の, 使えそう, 及ぶまいと, 恥かしい, 目を

▼ 蝋燭~ (5, 0.2%)

2 などを遣り 1 ではありません, を別に, を貰っ

▼ 蝋燭~ (4, 0.2%)

1 から洗面器, もいろいろ, やらお, を飾る

▼ 蝋燭問屋~ (4, 0.2%)

2 ですが 1 がある, の万屋

▼ 蝋燭~ (4, 0.2%)

1 の傍, へ紙火屋, ほどになりました, ほどになります

▼ 蝋燭製造~ (4, 0.2%)

4 の件

▼ 蝋燭~ (3, 0.1%)

1 またはルイ十六世時代, 小菊紙十帖ほど, 火縄で

▼ 蝋燭では~ (3, 0.1%)

1 いけない, かなり暗かっ, 風に

▼ 蝋燭とか~ (3, 0.1%)

2 象徴を 1 消えた蝋燭

▼ 蝋燭とを~ (3, 0.1%)

1 くらべて, 持って, 持つて

▼ 蝋燭などを~ (3, 0.1%)

1 もらい一夜, 持って, 購つて樂しまれ

▼ 蝋燭に対する~ (3, 0.1%)

1 大蝋燭, 租税と, 租税によって

▼ 蝋燭一本~ (3, 0.1%)

1 さえも聖像, で話, を立て

▼ 蝋燭その~ (2, 0.1%)

1 光りを, 灯に

▼ 蝋燭だの~ (2, 0.1%)

1 提灯だ, 燈芯の

▼ 蝋燭ででも~ (2, 0.1%)

1 焼いて, 焼いては

▼ 蝋燭で御座い~ (2, 0.1%)

2 かな

▼ 蝋燭という~ (2, 0.1%)

1 たよう, 戯語から

▼ 蝋燭なし~ (2, 0.1%)

1 には梯子, 亭坊の

▼ 蝋燭など~ (2, 0.1%)

1 思い切った寄進, 点したり

▼ 蝋燭なら~ (2, 0.1%)

1 ここに, ば坊主

▼ 蝋燭ぬすむまい~ (2, 0.1%)

2 正太さん番を

▼ 蝋燭やに~ (2, 0.1%)

2 奉公し

▼ 蝋燭より~ (2, 0.1%)

1 前に, 緋の

▼ 蝋燭らしい~ (2, 0.1%)

1 ものが, 火を

▼ 蝋燭をと~ (2, 0.1%)

1 いうと, もしつらねた

▼ 蝋燭~ (2, 0.1%)

1 の大き, は一煽り

▼ 蝋燭~ (2, 0.1%)

1 が毎晩, との不可分

▼ 蝋燭幾本~ (2, 0.1%)

1 か束ねたる, の火光

▼ 蝋燭~ (2, 0.1%)

2 は電球

▼ 蝋燭点し~ (2, 0.1%)

1 て見る, 通夜仕事する

▼ 蝋燭~ (2, 0.1%)

1 という根津, らしい

▼ 蝋燭~ (2, 0.1%)

1 がのっ, に至る

▼ 蝋燭経幡馬蹄銀~ (2, 0.1%)

2 の形

▼ 蝋燭製造業者~ (2, 0.1%)

1 が彼ら, はその

▼1* [90件]

蝋燭あかりを寄せ, 蝋燭あって燭台, 蝋燭ぢつて其が, 蝋燭いじってそれ, 蝋燭うつけてぢ, 蝋燭かの反映の, 蝋燭からはこれと, 蝋燭くさいのを, 蝋燭んご, 蝋燭へ点つて, 蝋燭さえ使えそう, 蝋燭そういうのが, 蝋燭そして監視人たちは, 蝋燭それを受取つた平次, 蝋燭たてにともった, 蝋燭だけでは, 蝋燭であってその, 蝋燭でござれ獣脂でござれ, 蝋燭でさえあれば, 蝋燭とかいうのは, 蝋燭とが燃えて, 蝋燭との関係を, 蝋燭とは離れた光, 蝋燭とも言はず真裸で, 蝋燭どうしなはつたん, 蝋燭んです, 蝋燭などが目に, 蝋燭なんか置いて, 蝋燭なんぞには眼を, 蝋燭なんぞを売る家, 蝋燭なんていう物, 蝋燭なんど點火して, 蝋燭について半七, 蝋燭については次の, 蝋燭ほどの月あかりの, 蝋燭もってした, 蝋燭もろともそこ, 蝋燭やら物差やら, 蝋燭やらを壁だの, 蝋燭よりもつと立派, 蝋燭をば今取り出し, 蝋燭をも持って, 蝋燭インク壺ペンおよび訴訟文書, 蝋燭バサミと黒塗り, 蝋燭一つ點し一, 蝋燭一挺買てぢ, 蝋燭一挺買つてネ直ぐ, 蝋燭一梃を貰い受け, 蝋燭三本を支給, 蝋燭二十梃わき本陣様, 蝋燭二本の薄暗い, 蝋燭代りにともす, 蝋燭以外に飛び出し, 蝋燭伏して見る, 蝋燭半紙などをみみ, 蝋燭及び電燈の, 蝋燭四ツ目の提灯, 蝋燭四本の物, 蝋燭屋一蝶という仕掛け怪談話, 蝋燭工場と製油所, 蝋燭持ちの役, 蝋燭数本を床, 蝋燭既に燃尽せしか, 蝋燭点けて歩, 蝋燭片手にふらふら, 蝋燭だと, 蝋燭白木綿など手, 蝋燭硝子瓶護謨毬各種の縫針, 蝋燭程の土の, 蝋燭立たぬは年期, 蝋燭立てぬ猫も, 蝋燭立とがなまなましい, 蝋燭立トスベシ第五ハ, 蝋燭米穀蔬菜罐詰の類, 蝋燭を賣る, 蝋燭切る高座, 蝋燭茶砂糖塩等々のごとき, 蝋燭茶砂糖等は社会, 蝋燭という名, 蝋燭薄暗さと, 蝋燭薪炭茶砂糖衣服等の何ら, 蝋燭行列をなし, 蝋燭裸火を煽らし立てた, 蝋燭見せてやれ, 蝋燭見たいに次第に, 蝋燭の谷底, 蝋燭のとろり, 蝋燭賣りの小僧, 蝋燭などを主人, 蝋燭鞣革塩等の如き