青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蜂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~虫 虫~ 虹~ 蚊~ 蚊帳~ ~蛇 蛇~ ~蛙 蛙~ 蛾~
蜂~
蜘蛛~ 蝉~ ~蝋燭 蝋燭~ ~蝶 蝶~ 蟹~ 蟻~ 蠅~ ~血

「蜂~」 1467, 16ppm, 7116位

▼ 蜂~ (323, 22.0%)

11 子の, 子を 10 ように 9 やうに 7 ような 4 子が, 群が 3 子は, 室へ, 群は

2 [20件] うなるよう, ために, 上に, 中に, 中へ, 体の, 前へ, 匍ふ, 姿を, 子, 子と, 子や, 子供の, 居ない時, 方が, 社会に, 群れが, 腹の, 荒, 頭引く

1 [218件] あがいて, あたま, うなりに, うなりの, うなりを, おかしさ, お話を, かたちな, かたまりは, かぶと, ことを, このよう, ごと, ごときは種属, ごとき動物, ごとき昆虫類, ごとくその, ごとく長安, すか海綿の, すの, すを, ためには, ついた白, つややかな, なくよう, ひとつは, ひれ, ひれを, びろうど, ふところ手, ふるひ, ふるひのせは, ぶんぶん唸つ, むれたらん, やうだ, やうな, をる, ブーンと, マジナイなりとて, 一匹でも, 一匹一匹に, 一挙一動を, 一群が, 世界にも, 中の, 事は, 二番目三番目が, 仔のか, 仕事がちやん, 仕事は, 代りに, 仲間が, 作業は, 來る, 光点が, 出入する, 出入口に, 分封を, 剣の, 剣は, 動作は, 動作を, 勤勉どれも, 半分も, 卵である, 口で, 名残かな, 唸, 唸りが, 唸りの, 唸り声が, 唸声, 問題を, 営舎にも, 営養物として, 団体では, 国下埃及の, 場合と, 場合にも, 声が, 声と, 大きな巣, 女王が, 奴らやっぱり, 好目標, 如き状態, 如く戦禍, 姿は, 子それに, 子で, 子みたいに, 子めし, 子も, 子ろ月, 子供には, 子捕り, 子通だ, 子飯, 子鮭の, 室と, 害が, 寄るなる温泉, 富を, 尻袋とは, 幻影が, 幼虫が, 幼虫を, 建築術の, 影が, 後へ, 愛国心或は, 房の, 捜索に, 教育は, 散歩し, 数を, 方で, 方は, 智恵, 最後だ, 有無を, 槍が, 槍に, 様な, 死骸と, 毒, 毒が, 毒に, 毒の, 毒は, 毒を, 比礼を, 水を, 為めの, 王様みたいに, 王様も, 生活, 百花の, 目さめる, 眞劍さが, 真似を, 眼に, 社会では, 社会には, 社会にも, 種類も, 穴が, 細い螫毛, 群, 群とが, 群みたいに, 群れ, 群れの, 群奮然として, 群衆った, 群音たて, 羽と, 羽や, 羽音であった, 羽音どこやらに, 羽音よ, 羽音風の, 羽音香の, 羽鳴りが, 翅の, 翅や, 翅音には, 翅音の, 翅音も, 胃を, 胃袋の, 腰の, 腰竜の, 腹は, 血を, 行動を, 行方を, 行衛を, 被害は, 親は, 親を, 親切, 話じゃ, 話を, 足が, 透明な, 重荷で, 針の, 陣立ていかんと, 陣立てから, 陣立てを, 雀と, 雄の, 集団の, 青い空, 音は, 音を, 領巾を, 頭だ, 頭でも, 頭も, 類が, 颯爽たる, 飛び行く跡, 飛び込んだ芒原, 飛ぶ音, 飛揚力以上であった, 飮水場, 養生, 養生という, 首と, 首もとへ, 騒音などを, 體につつ, 體の, 體を, 鳴くやう, 鳴くよう

▼ 蜂~ (172, 11.7%)

5 巣を 3 とんで, 飛んで 2 きて, ぶんと, 出て, 彼の, 眼を, 花から, 金色の, 飛ぶよう

1 [145件] あって, ある, あれあれ私, あんなにも, いつぴき, いるん, うなるよう, かぎつけて, かくれて, きては, きても, きんぎよさうのところに来る, くる閑寂, くわえた肉, このよう, ごらんさっきから, さしたぶん, さわいでると, しきりに鳴い, その大きな百日鬘, その本能, それを, そんな不思議, たからないと, たくさん花房の, だん, だんだんふえ, ちょくちょく訪ね, ついて, てふてふが, とび, とび廻り地, とんぼが, どうしてゐる, どうする, どこから, なく虫, なり養育係, にぎやかな, ねむたげな, はいったよう, ぱっと飛ん, ひょろひょろし, ひよつくり飛んで, ぶんぶん, ぶんぶんと, また一疋, やどって, ゐる, ブンブン言っ, モーンと, 一ぴき飛ん, 一匹とん, 一匹まひ, 一匹働い, 一匹飛ん, 一時に, 一生懸命に, 一疋歩い, 一緒に, 不注意から, 亀の甲を, 二疋ほど, 二種類金亀子の, 人間の, 今現に, 仲間を, 何を, 何処へ, 何匹も, 來て, 働きだしたの, 全人口, 其処に, 刺しませんから, 刺す, 前以, 古い如露, 吐き出した本当, 唸って, 喘ぎながら, 大いなる巣, 大きな巣, 大きな毛虫, 女王蜂の, 女王蜂を, 子を, 密を, 小石を, 居た, 巣から, 巣箱には, 幼虫の, 庭なぞへ, 当然甘い, 怒つて, 悉く眼, 持つて, 捕つたの, 既に孵つた, 日の, 時折母子の, 来て, 枕もとを, 柔らかい若芽, 根気よく, 棲んで, 止つて切りと, 此の, 湧き立つて, 火の, 甘く醸す, 穴へ, 突然ほとんど何, 立つて, 終りの, 経験を, 羽ばたく音, 羽音を, 習うこと, 自分の, 舞い立った途端, 舞つてゐる, 花を, 花粉だらけにな, 華と, 蜘蛛を, 蜜へ, 蝶々が, 螫そうが, 見つけ出すの, 訪れて, 足もとまで, 跋扈し, 身を, 通りぬける, 還つて, 醉ひ, 雨に, 音を, 音楽を, 飛び回って, 飛び廻って, 飛び立った, 騒々しく花

▼ 蜂~ (171, 11.7%)

3 その蜜蝋, それを, 蜜を

2 [14件] くろぼく, 一つの, 交尾を, 巣に, 巣の, 悲しむ暇, 此の, 真理を, 竇の, 翅を, 花冠の, 蜂で, 蜜蝋を, 螫毛を

1 [134件] あわてて, いくらも, うまく飛べない, かなり長く, からだごと土の, この事, さも満足気, さらにしっかりと, ずいぶん乱暴, その例, その原, その必要, その時, その武器, その肉, それぞれちがった, それにと, それ等の, そんなに沢山, ただ他, だん, どういふ風, どうしてそれ等, ひどく力, びつくりし, ぶんと, まさしくラグビー模様, また飛び去, まだその, まだ巣, みんな針を, もうどこ, もう一疋, やがてこの, やがてほつ, やがて穴, やがて頭, よく, コップの, ブンブン舞い立った, ブンブン蝶, 一かたまり, 一インチ位の, 一度羽根, 丁寧な, 事実闘志に, 今度は, 仕事場の, 仰けに, 何かを, 何を, 何処へ, 來なかつた, 全身の, 其処に, 其処を, 其途端に, 前日と, 労働者の, 勤勉だ, 勿論蜜, 卵を, 又自ら, 口笛が, 古い土塀, 古い巣箱, 吾, 場所が, 大事な, 大変独特の, 女王を, 尊敬を, 小虫, 少しづつ, 少ないの, 尺取虫に, 巣が, 巣を, 帰って, 庭に, 引つか, 形を, 彼の, 彼女の, 必死に, 戸外へ, 攻撃の, 斜に, 明に, 暫く穴, 最初蜘の, 樹幹中に, 次から, 死んだの, 水がめの, 汚いもの, 深い幾何学者, 熱いまぶた, 特別な, 生き残って, 疲れた容子, 直ぐ肉, 真綿と共に, 窓から, 紅い庚申薔薇, 絶えず三人, 総体として, 締められて, 肢で, 背後から, 自分の, 自分達の, 花粉の, 若い, 蛇の, 蜂仲間から, 蜂蜜を, 蜜と, 蜜蝋つくりの, 蟻の, 表の, 見えなかった, 誰よりも, 軒先の, 這, 野原に, 閑さへ, 間もなく翅, 随分速い, 震えます, 面白が, 飛び出して, 餌を, 鷓鴣ぐらいの

▼ 蜂~ (159, 10.8%)

4 はその 3 はおどろい, はこの, は博士, は検事

2 [11件] のところ, の方, の目, の頭, の顔, はそれ, はポケット, は穴, は立ちあがっ, は首, もその

1 [121件] からとどいた, から教えられた, がうながした, がおい, がさけんだ, がその, がふりかえっ, がまじめくさっ, が一行, が体, が掘っ, が最大, が検事, が気がついた, が油断, が田山課長, が皮肉, が追いかけ, と室内, と約束, にあいさつ, におどりかかった, につたえた, には見たく, にもとめた, に何, に教え, に用, に話しかける, のいった, のうしろ, のお, のことば, のこの, のそば, のたい, のたすけ, のつけた, のほう, のほお, の仕事, の名, の家, の忠告, の想像, の書斎, の眼, の耳, の背すじ, の胸, の話, は, はあ, はあと, はいう, はいす, はいつ, はいよいよ, はいわれる, はうしろ, はうすく, はうなずい, はうなずき, はうまく, はうれし, はおどろき, はかいつまん, はかるく, はかれ, はことば, はこぶし, はこんな, はすぐ, はすこぶる, はずいぶん, はそう, はそれから, はそんな, はたずねた, はつづける, はとち, はとびこん, はどきんと, はどしどし, はにやにや, ははじめ, はひらり, はふたり, はふらふら, はほんとう, はまっさお, はようやく, はドライバー, は中, は二度目, は大, は怒り, は思わず, は怪しい, は息, は椅子, は気絶, は煙草, は玄関, は目, は知らん顔, は笑った, は自信, は若, は苦笑, は部屋, もおどろい, も長戸, をおびやかし, をからかう, をにらみかえした, をふりかえっ, をもてあまし, を一つぎゅっとしぼってやるのだ, を笑おう, 大探偵

▼ 蜂矢探偵~ (84, 5.7%)

2 のこと, の姿, の顔, はこの, は検事

1 [74件] があの, があまり, がじろじろ, がひろいあげた, が一時, が勝った, が大きな, が想像, が持ちこんだ, が書斎, が検事, が穴, でしたね, と呼ばれた, と川北先生, ならずとも, に, に会わせ, に協力, に肩がわり, に違い, に面会, のきょう, のこの, の意見, の手, の方, の決心, の登場, の目, の考え, の質問, の頭上, はあえてもう一度, はあきれはて, はいよいよ, はかならず, はからだ, はきょう, はぎくりと, はしずか, はすぐ, はそう, はそこ, はだんだん, はな, はにが笑い, はにやにや, はまっさお, はめったに, はようやく, はわが身, は一生けんめい, は先, は壁ぎわをはなれて, は少年, は念入り, は思いだした, は思わず, は持ちまえ, は果して, は椅子, は血色, は軽く, は長戸, への信義, もまじっ, も心, も手, をこの, を前, を壁, を講師, を追いつめ

▼ 蜂~ (77, 5.2%)

2 感じて, 掴んで

1 [73件] いぢめ, お作りに, そつと, そのまま口, つかんで, つつきまくる, どれも, まはし, むしつて, コップの, 一緒に, 上手に, 不注意に, 争いながら, 住はせる, 使って, 入れ鋲, 取つたり, 受け渡し最後の, 叩き潰して, 呼んで, 噛み殺したほとんど, 失つた代りに, 引きずって, 形づくるの, 怒らせて, 怖れた, 抱へ, 捕へよと, 捜す方, 捜す段, 握って, 撃退し, 擁護し, 放ったよう, 数群分け, 止まらせて, 残して, 殺したカマキリ, 殺して, 殺すよう, 熊ン蜂と, 発見した, 穀つぶしだ, 結びつける, 絡めた, 罰すべきか, 舞ひ込め, 落して, 蛇の, 螫します, 見た, 見たこと, 見つけること, 見てたりや, 見ました, 見よ, 見ると, 見付けると, 誘うたとは, 追ひかけ, 追ひはらう, 逐ひ出す隠, 逐払ふ, 集めて, 飛ばせたけれど, 食って, 食ひ, 飼い出した昔, 飼え鶏, 飼って, 飼つたら, 餓死させ

▼ 蜂~ (63, 4.3%)

4 螫され 3 さされて, なって 2 さされたこと, とつて, 螫された

1 [47件] あてはめた言葉, いけぞんざいな, いろんな名, おそはれて, くらべると, さ, ささるること, さされた, さされたぐらい, さされたよう, さされないよう, さされました, さされるかも, なるやう, めつかつ, 与えそんな, 入り用な, 刺されたそれ, 刺されたの, 刺されたよう, 刺された痕, 刺されると, 刺される光栄, 千里眼の, 千里眼的な, 吸い枯らされること, 命じる, 手を, 斜酣は, 栗, 殺されたん, 殺されなかつたか, 毒が, 気を, 真綿で, 瞼を, 神経を, 螫されたら, 螫されない, 螫される, 螫殺され, 追はれ, 顔を, 飛びついた, 食はれ, 食われた瞼, 食われた脳味噌

▼ 蜂~ (41, 2.8%)

2 を見る

1 [39件] ありがとうよ, かが弟, がいつ, がいます, がたった今, がもう, がガラス, がブルルルブルッ, が又, が渺望, が銀, さえまるでぼんやり, そのペムペル, です, といふ風, に云いました, に夏, のついた, の真似, の真実, の細い, の群, はいよいよ, はさえずる, はじょうず, はそう, はちょっと, はまた, はやっぱりじっと, はよく, は俄, は細い細い, は話しました, は語りはじめました, もあんな, も嘴, も知らないらしく, を麻雀, 話して

▼ 蜂~ (30, 2.0%)

2 蟻の

1 [28件] いが栗や, その他の, わ, 卵なども, 大地を, 大黄蜂と, 女王蜂には, 小鳥や, 手水鉢, 毛虫や, 燕が, 胡蝶が, 虻などに, 蛇を, 蛙なぞが, 蜜蝋蜂が, 蜻蛉が, 蜻蛉の, 蝶の, 蟋蟀や, 蟻が, 蟻である, 蟻と, 蟻など, 蠅の, 蠅や, 野良犬の, 鳥類の

▼ 蜂~ (27, 1.8%)

2 こっちへ, 虻も

1 [23件] あがれり, あるもの, いそがしい野苺, する, てふてふも, とんぼも, ねえや, のけものに, はこべと, ぶんぶん鳴い, やつぱりさうですか, やはりさうだ, カマキリも, 人のけ, 卵を, 同様だ, 天人である, 巣毎に, 無制限に, 甲虫も, 蜜蜂も, 蝶々も, 顫へる

▼ 蜂~ (22, 1.5%)

1 [22件] おなじやう, よぶ尻, 世子, 働蜂とを, 全くおなじ, 化って, 同じやう, 地蜂です, 昆布と, 栗と, 栗は, 称して, 翠巒濛々たる, 臼ぢや, 虻と, 蜘蛛と, 蝶, 蟻と, 蟻との, 雌蜂とだけが, 風とが, 風とは

▼ 蜂~ (18, 1.2%)

2 がその

1 [16件] がどんなに, にはもうこれから, に丁度よく, に適した, の為め, はその, はよそ, は今, は何処, は働き, は女王, は嵐, は巣箱, は時として, は胃, は非常

▼ 蜂矢十六~ (14, 1.0%)

2 はこの

1 [12件] です, という人, という者, に捜査, の若々しい, はそういう, はそれ, は検事, は舞台, も一瞬, を睨みすえた, を認め

▼ 蜂~ (12, 0.8%)

21 か, かそんな, ぞッ, ぞ熊ン蜂, ぞ蜂, つたのだ, つておんなじ, といふ, といふ風, なあ

▼ 蜂には~ (11, 0.7%)

2 毒が 1 人間にも, 先天的に, 吾, 巣が, 悲しみの, 火の, 花が, 若い蜂, 螫されない

▼ 蜂~ (11, 0.7%)

1 [11件] があたり五メートル四方, がピストル, の姿, の手, はそう, はそれ, はもう, は壁, は替っ, は気, を睨んだ

▼ 蜂とらず~ (9, 0.6%)

2 になる, に終る 1 じゃええ, に終, の丸損役, の歎, の骨折り損

▼ 蜂ヶ峰~ (7, 0.5%)

1 とは反対, とも方角, の使い, の原, は鉢ヶ峰, へも各, へ向った

▼ 蜂との~ (6, 0.4%)

2 室に 1 室屋に, 室屋は, 書かれた蜂印葡萄酒, 模様の

▼ 蜂退治~ (6, 0.4%)

1 だと, なんかしちゃいません, のはなし, の妙薬, の秘伝, をし

▼ 蜂飼い~ (6, 0.4%)

1 が三日, とも彼, に教えられ, の僧, の大臣, 大臣

▼ 蜂~ (5, 0.3%)

1 一々巣, 一度高く, 正午前後の, 熊ン蜂の, 由兵衛は

▼ 蜂という~ (5, 0.3%)

1 のは, ものは, 文句通りに, 蜂は, 長い針

▼ 蜂取らず~ (5, 0.3%)

1 に成る, の大, の無頼漢, 智慧の, 知恵の

▼ 蜂~ (4, 0.3%)

1 どうか, 何か, 巣ごもる, 蚊だ

▼ 蜂矢君~ (4, 0.3%)

1 でしたね, のいうだ, のところ, もし幽霊

▼ 蜂である~ (3, 0.2%)

1 からという, が自分たち, が顔

▼ 蜂でも~ (3, 0.2%)

1 あったの, 山犬でも, 雀でも

▼ 蜂とも~ (3, 0.2%)

1 いう, 知らず何, 言って

▼ 蜂などが~ (3, 0.2%)

1 あつて, 一団と, 飛び廻って

▼ 蜂にでも~ (3, 0.2%)

1 さされたみたい, 刺されたかと, 螫された

▼ 蜂~ (3, 0.2%)

1 な, 逃げた, 飛んで

▼ 蜂ハイキング~ (3, 0.2%)

2 というの 1 がよかろ

▼ 蜂矢さん~ (3, 0.2%)

1 が手帳, はあんた, をお呼び

▼ 蜂~ (3, 0.2%)

21 睡る草

▼ 蜂~ (3, 0.2%)

1 というの, は九百六, を拾った

▼ 蜂から~ (2, 0.1%)

1 一つ螫される, 喰いつかれたらしい傷跡

▼ 蜂すずめ~ (2, 0.1%)

1 の兄さん, は花

▼ 蜂って~ (2, 0.1%)

1 わけでし, 奴は

▼ 蜂です~ (2, 0.1%)

2

▼ 蜂といふ~ (2, 0.1%)

1 のだ, ものが

▼ 蜂ども~ (2, 0.1%)

1 が眼, を棒

▼ 蜂について~ (2, 0.1%)

1 従来知られ, 特別の

▼ 蜂までが~ (2, 0.1%)

1 おれを, 飛びこんで

▼ 蜂ヶ峰方面~ (2, 0.1%)

1 から駈け下っ, の新

▼ 蜂小屋~ (2, 0.1%)

1 に住ん, の近く

▼ 蜂岡寺~ (2, 0.1%)

1 などを建立, の丑

▼ 蜂~ (2, 0.1%)

1 へ西条氏, へ近衛文隆

▼ 蜂~ (2, 0.1%)

2 のごとき

▼ 蜂~ (2, 0.1%)

1 の群がる, は朽木

▼ 蜂~ (2, 0.1%)

1 などの物語, の行

▼ 蜂~ (2, 0.1%)

1 がほとんど, にかなっ

▼ 蜂雀通り~ (2, 0.1%)

1 の扮装, の順序

▼ 蜂~ (2, 0.1%)

1 がもてはやされ, の採集

▼ 蜂~ (2, 0.1%)

1 に飲む, へ行く

▼1* [107件]

あたたかに見なさるる, 蜂ありていたく, 蜂がかへつてき, 蜂がてふちよが, 蜂がはいつて, 蜂がまゐりました, 蜂さそふ細工蜂, 蜂さん果物食べて, 蜂そんな退嬰的だ, 蜂だけが知つてゐる, 蜂だけにはなりたくございません, 蜂だけは蜘を, 蜂だつたか, 蜂であった場合には, 蜂ではこりて, 蜂とか蟻とかいふ, 蜂とかに螫され, 蜂とがたたかふ, 蜂とだけが残ります, 蜂とに特別な, 蜂とらずな訳である, 蜂とんぼにした, 蜂どもうたはせる, 蜂のだ, 蜂など気まぐれにも, 蜂ならぼくは, 蜂なるものが, 蜂にとってはあまり都合, 蜂によつて十分に, 蜂はな蜂は螫毛, 蜂ばかりだった, 蜂へも両手を, 蜂ほど多い武芸者, 蜂ほどに完結した, 蜂みたいなだん, 蜂むらがるを恐れ, 蜂までみな, 蜂より蜜を, 蜂よりか蚊の, 蜂よりは大きく女王, 蜂らしかつた, 蜂をよけるため, 蜂スポーツに対する結論, 蜂ブドウ酒とを携, 蜂ヶ峰道の敵別動隊, 蜂ヶ峰附近に一部, 蜂一匹だってふところ, 蜂仲間から考えたら, 蜂してるの, 蜂の白ペンキ, 蜂の如き, 蜂印葡萄酒の絵, 蜂と共に怨敵, 蜂卵等の共犯, 蜂又訝, 蜂を殺した, 蜂にやや, 蜂大きな蜂や, 蜂大黄蜂はな蜂は螫毛, 蜂娘子と綽名, 蜂の王子, 蜂子王子の御, 蜂徒百万を僅か, 蜂などをさそいあわし, 蜂本瓦や与那国, 蜂たり集まる, 蜂を重んずる, 蜂油虫夜は名, 蜂を挙げる, 蜂の都, 蜂矢はつぎのこと, 蜂矢十六探偵の顔, 蜂矢十六氏のこと, 蜂矢君君が幽霊, 蜂矢探偵どのか, 蜂矢氏はすこし, 蜂の方, 蜂の特派員, 蜂の大, 蜂群れ飛ぶ秋の, 蜂に綴る, 蜂自身の体, 蜂の成りし, 蜂英菖葉映窓紗, 蜂葉十六は不満, 蜂葉十六十六だから, 蜂葉青年はちょっと, 蜂蛞蝓蝶蚊虻蟻そして人間, 蜂蛭オウムなどあらゆる, 蜂大きな蜂, 蜂蜘蛛それから雀, 蜂蜘蛛等が夥しく, 蜂蜻蛉蝉蜘蛛蝗芋虫ミミズ蝶何でも選り嫌い, 蜂蝉鈴虫きりぎりす赤蜻蛉蝶々バッタなどです, 蜂蝶花に粘す, 蜂蟻庵をめぐつ, 蜂蠅かまきりきりぎりすそしてあぶら虫, 蜂蠅といつてもよから, 蜂衙蟻楼より高等, 蜂の追撃隊, 蜂道等に比すれ, 蜂が飛びかゝつて, 蜂除けの面紗, 蜂雀談して, 蜂飛び来って爺, 蜂飛惑ふ花園, 蜂香しき蝶に