青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「背後~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

肯定~ 肱~ 肴~ 胃~ 胆~ ~背 背~ ~背中 背中~ ~背後
背後~
~背景 背景~ ~背負っ 背負っ~ 胴~ ~胸 胸~ ~能 能~ ~能力

「背後~」 4716, 49ppm, 2380位

▼ 背後~ (1512, 32.1%)

51 して 32 立って 17 隠れて 14 控えて 13 迫って 12 あって 11 立つて 10 聞いて 8 身を 7 人の, 来て, 隠して 6 いて, 廻して, 持って, 於て 5 あつた, あるもの, なった, 附いて

4 [17件] あった, かくされて, かくれて, した聖衆, ついて, よろめいた, 佇んで, 出た, 向って, 山を, 廻って, 感じながら, 立った, 聞えた, 聽い, 近づいて, 隠れるよう

3 [18件] あったの, なって, ひかえて, まわって, 何か, 何物が, 坐って, 尾い, 彼の, 従えて, 打ち続く伝統, 潜んで, 目が, 組んで, 続いて, 聞き流して, 聳えて, 隱れ

2 [67件] あつて, ある, あるか, あるから, あるが, あるの, ある個人, ある思想, いるの, おほらかに, きいて, ききながら, くっついて, した, じっと眼, せまり傘, ならんで, ひそんで, ひっそり立っ, ぴたりと, まわると, ゐるの, スッスッと, ヒタと, ピッタリと, 両手を, 並んで, 之を, 低い山々, 何が, 倒れたの, 倒れました, 元老の, 凭れながら, 別に何物, 寄つて無言で, 居る女優髷, 幾千の, 廻った, 影の, 影を, 従って, 怖ろ, 息を, 扉が, 控へて, 横わっ, 残って, 海が, 突立っ, 立ちて, 立つ二つ, 糸を, 組んだまま, 聞いたと, 背後にと, 背負って, 跫音が, 蹲んだ, 近い電車, 逃げ込みました, 隠されて, 隠れた, 隨い, 離れて, 顔を, 黒幕が

1 [1023件 抜粋] あったもう, あまりに直接, あらぬ空, あります, あるあらゆる, あると, あるより, あるホック, ある主観, ある俗, ある勢力, ある団体独特, ある大学, ある大物, ある室, ある幾つ, ある或, ある所謂抗日人民戦線, ある旅行会, ある時, ある書棚, ある本質空間, ある気味, ある真, ある私, ある絶壁, ある老人, ある色好み, ある配電函, ある集団, ある音楽, あれば, いかなる本尊さま, いたの, いた三十二, いた人物, いた学士, いた水夫, いつも大勢, いなくとも, いらっしゃると, いるそれら, いるもの, いる佐吉, いる千鶴子, いる張飛, いる父親, うけここ, えがかれた武者絵, おしやられそこで, おりデリケート, お米, お銀様, お關, かかる法則, かくれるため, かの白, かばって, がさ, きき流して, くつつく, こういう裏打, これは, こんな世界, さらに悠久, しずかにつき, したこと, したので, した仄白, した物置小屋, した菊花, しては, しながら, しゃがんで, しゅっしゅっと, しドッカ, し岩石ヶ城, し頬, じっと立っ, すさまじい響, すっくと立った, ずっと背丈, せまる大, そういうお, そうした根本的, そっと近, その十八, その女の子, その擴がり, その精神的意味, そよそよ冷たい, たたずんで, たれて, ちかづいた, つきて, つづく同志, つめかけて, どっしりと, どんな計画, なぞへに, なった丘上, なつて, なる, ぬいと, のこって, はたはたと, はらりと肩, ひかえる正丸峠, ひきつづいて, ひそむ或, ひたと隱, ひつそり隠れる, ひと塊, ひろがる人類, ぴったり寄り添っ, ふたりの, ふりかえると, ぼんやり立っ, まとまった工場地帯, まわさせた, まわり機関銃, みてとること, みんな妖しい, むつくりと, もう寝台, もつた町, やりながら, よりかかり永い, よろめきそう, ゐた, ゐた本多, ゐる向井清吉, エンジンの, サッと引, ソアーニュの, ニューヨークの, ピストルの, ブルヂヨア生活等の, ペチャクチャと, モウ一人職工姿の, 一つの, 一を, 一叢の, 一本の, 一流の, 一種の, 七個軍団を, 三木特有な, 三畳くらいの, 上杉家の, 下段八双構えたままで, 丘の, 並べられた人像彫刻, 中世哲学的な, 久慈の, 乱れ飛んで, 二人の, 二十人ばかりの, 人ある, 人のけはい, 人心の, 人気を, 今まで, 介在する, 伏在する, 佇んだ菅谷半之丞, 位し, 住んでる作者, 何にか, 何物をも, 余念も, 例えば慈悲光, 俗に, 俯伏し, 倒れて, 傾いた夕日, 入って, 六七間も, 再び現われ, 冬子が, 出で, 出でん, 出ると, 刻まれて, 労働価値とか, 友田の, 反りかえて, 受けて, 古井戸, 合わせながら, 同じ調子, 向けて, 回して, 回らんと, 囲って, 土を, 在つて, 在るを, 在る内陣, 在る大きな, 在る畠境い, 在る美沢, 坐つて守つて, 坐れる満枝, 垂れた長い, 墜ちます, 壁の, 声を, 大いに頼む, 大きな悲劇, 大な, 大井川の, 大樹の, 大藪が, 太いロップ, 太郎さんの, 夫人の, 女の, 女房の, 如何なる庶民, 姿を, 孔子の, 宇井伯寿博士が, 実在する, 実際上直観, 寄せ掛けて, 寄り添って, 察せざる, 対陣する, 小丘, 小歌が, 少女たちの, 居たお, 居た女優髷, 居ました, 居る奴, 屋台も, 展開する, 山積し, 屹と, 岩石の, 巌流の, 布を, 平青眼, 庇うて, 座敷が, 廻した両手, 廻しながら, 廻ったよう, 廻つたが, 廻つて腰から, 廻りポケット, 廻り一気に, 廻ると, 廻ろうと, 引き返さすには, 引つ付いた, 引返すより, 当たって, 当るが, 当年尊攘正統派の, 影法師の, 彳む, 待機し, 従え公園, 従え玄関先, 御簾を, 心を, 忍びよって, 忍び寄り持って, 忍んで, 怯れた, 恐ろしい悪魔, 悉皆隠れた, 悲鳴が, 感じさせるやう, 感じたので, 成つた, 扉を, 手を, 投げ, 投げたが, 抜けました, 押しやって, 押し並ばせたおの, 拡がって, 持った私自身, 持つ大きな, 振り上げました, 捨てて, 据え付けて, 掛けた竹の子笠, 控えたは, 控えた国民, 控える厳, 控ゆる, 撞着倒退三千里せし, 敬, 断続し, 新たな, 於いては, 於ける態度, 日が, 日本が, 昼を, 曲って, 曳き摺つて, 本当の, 村里松並木畷も, 東アジアの, 格子の, 桐の, 梯隊を, 榮えた, 様子を, 横たわって, 横たわる或, 横に, 此方を, 歩いて, 残して, 母親の, 気忙しい小刻み, 水を, 求むべきでない, 沈む夕日, 没して, 活路を, 流れる時代, 浅葱の, 浴びせる亭主はじめ女房, 浴びながら, 海鼠壁が, 深い溜息, 添えて, 湯川が, 潜みて, 潜む小さい, 潜む至情, 炎を, 無限の, 照子の, 片手を, 物の, 物音が, 現れて, 現われた, 現実的根拠を, 生活という, 男と, 畏った, 畏つて手持, 痛い視線, 白塔が, 直接ひかえ, 眞實には, 真赤に, 眼でも, 睨みあった, 石は, 石垣を, 確乎たる, 社会主義者が, 神像の, 私立の, 積重ねて, 空間自体, 突っ立っ, 突如と, 突然起った, 突立った, 立たせ二人, 立ち塞がって, 立ち弁護士, 立ち藤吉, 立ったの, 立ったまま, 立った僧, 立った按摩, 立ってるなあ, 立つ, 立つ神, 立て直された, 立添った前, 竦んで, 笑ふ, 笑聲が, 第三, 箱根の, 粛然として, 組み転ばぬよう, 組んだまま莞爾, 経験が, 結んだ中背, 続くの, 続く男, 緑林帯の, 縛の, 繪看板に, 罪悪を, 置いた場合, 置かれると, 聞いた帆村, 聞きなし, 聞き流しながら, 聞こえる, 聳える宝満山, 聴いて, 肱掛窓に, 背負った花笠, 自分が, 自然が, 芳秋蘭の, 若い女たち, 英蘭銀行を, 落ちた余, 落ちる, 蔚然たる, 虚無を, 行くと, 行なわれてる無言, 衝いて, 裏を, 覆ひ被さつて, 見せて, 見はれ来る, 見られるべきもの, 見られる一種, 視線を, 語りかけた, 誰か金を, 豆州侯が, 負いズラリ, 負って, 資本家の, 起こったと, 起った, 起るあり, 跟いた, 蹌踉いた, 蹲つた, 蹲まつ, 躍った稀代, 躱れ, 軍卒多勢抜剣を, 転じて, 軽い絹, 輿論の, 迂回しよう, 近く立っ, 近づき, 近づく高城伍長, 近寄つて, 迫った, 迫つてゐる, 迫つて自分を, 迫り来ったの, 迫る, 迫る人, 追いすがった, 追い逼, 退いて, 退る, 逃げた, 通じて, 連らなり, 進め敵, 遙か, 遠く残し, 遠く薄暗がり, 適当な, 酒壜の, 重たさうに引き, 銃声が, 鋭い声, 鎖されて, 閉ざされた, 阿波あり, 附添い, 附纏う, 陸の, 隠うと, 隠したの, 隠しもった彼, 隠れあるいは, 隠れた影響, 隠れようと, 隠れ胸, 雅楽頭の, 集まつて來, 雑木林を, 雷が, 静子の, 順番を, 飛びついた, 飛び降りた心意気, 駈け寄つて陥穽, 騎士姿の, 高いの, 高く振りかざされた

▼ 背後から~ (895, 19.0%)

29 声を 7 一と, 不意に, 手を 6 背中を 5 肩を 4 一人の, 二人の, 彼を, 私の, 首を

3 [14件] 出て, 呼ぶ声, 声が, 大きな声, 大勢の, 帯に, 抱いて, 組みついて, 聞こえた, 聞こえて, 聲を, 肩へ, 見ると, 跟い

2 [59件] お光, お吉, したたかに, そつと, ついて, のぞいて, もう一人, やられる自害, シッカリと, パッと, 一ツ背中を, 両手で, 低い声, 刺したの, 又は横合, 呼びかけた, 呼びかける声, 呼びとめられた, 呼ぶので, 呼ぶ者, 呼んで, 問うた, 女の, 婦人の, 巡警, 庖丁の, 彼の, 心臓を, 抱えた, 抱きかかえるよう, 抱き付いて, 押しあげて, 押して, 拳銃を, 来て, 母様が, 水を, 浮いて, 深々と, 白い巨大, 突かれたよう, 組みついた, 肩に, 肩越しに, 若い武士, 袈裟掛に, 襟首を, 親仁が, 近づいて, 迫って, 追い迫って, 追掛けて, 鉄の, 鋭利な, 障子越しに, 静かに, 顔も, 顔を, 馬の足音が

1 [654件 抜粋] あやめの, ある者, いそがしそう, いちじ, うけたかたち, おえいの, おしおが, おしてくる, お前さん道の, お孃さん, お才, お浦, お節に, お糸坊, お葉, かけたの, かぶさるよう, かぶりついたら振り, がらがらと, きらめく長, ぐいぐいと, ぐつと, この時, さして, さす鈍い, ざわざわと, した, しっかりと, しっかり組みついた, しつかり抱き締めた, しのび寄って, しわがれた左膳, すつぽ, すばやくおどりかかった, そう云った, そっと往, そのお客, そのもう, その両足, その人, その壮漢, それぞれ刑事たちを, それと, それを, ちょうど橋, ちょこちょこと, ぢだ, ぢつと, つきとばした, てんでに翠蓋, でも, とびついて, どすぐろい叫び, どんと突かれ, のぞきこんだでやすが, のぞくと, はさも, ばらばらと, ぴッたり, ふうわりと, ぺこぺこお辞儀, むずと組み附い, ものも, やって来ました, ゆらりゆらりと姿, よびとめるもの, アダリーを, オーイオーイと, カルクマンの, ガッキと, ギギイと, クルリと, グサと, グサリと, ケタタマシイ爆音が, ザックリ斬り付けた, ジリジリと, スツと, ゼーロンを, トラックが, ドキドキする, ドッと, ドンと, ヌキ足さし, ピカリと, ピストルを, フワリと, ポカポカと, ライオンの, ルクサンブールの, 一人跟けて, 一刀に, 一刀の, 一台の, 一喝を, 一条が, 一生懸命力を, 一艘二艘, 一間ばかりも, 一隊の, 三人の, 三人娘は, 下肢へ, 不意の, 不意を, 不意打しよう, 与え合う剣撃, 両手を, 両足で, 久美子も, 九郎右衛門の, 二三人を, 二刀三刀追, 二本の, 云いました, 云い争うよう, 人々に, 人々を, 人に, 人間を, 今まで, 今一人鳥打帽を, 今出た, 今川方の, 他の, 付いて, 伸ばして, 伸び上つて覗く, 何か, 何の, 何ほど, 何ものかの, 何者かに, 何者かの, 余を, 使嗾する, 來た, 例の, 傍に, 働いた藤本喜八郎, 優いが張の, 兄は, 兇行を, 先生を, 光一の, 兵士の, 冷水を, 凭れるやう, 出すを, 刃物で, 切ったと, 切りと, 切り込んで, 切火を, 刑事が, 刺されて, 刺し殺されたもの, 刺し殺したの, 刺し貫いた, 割って, 力まかせに, 加害者, 加藤に, 匂って, 午後の, 危く支えた, 卷いて, 厨川君が, 厳顔の, 參る, 友達を, 双手突に, 反射的に, 受けて, 古繩, 只一刀, 叫び立て, 叫んだ声, 右側の, 合わせる, 同じ人影, 名を, 吐きかけるの, 含み声で, 呻き声, 呼ばれたから, 呼ばれて, 呼び掛けられた, 呼び止めた, 呼び止めました, 呼び留められた, 呼び留められて, 呼ぶ, 呼ぶ優しい, 咳を, 咽喉を, 咽喉部へ, 喉笛を, 喊声が, 喚くと, 嘲り悪評, 嘲笑を, 噛着く, 図抜けて, 土手っ腹を, 圧迫し, 塚へ, 声も, 大きい手, 大声で, 夫人の, 女中が, 妹に, 始めて呼び留めた, 嬰児の, 子供の, 寄せて, 寄って, 寝ぼけ眼を, 射貫かれて, 小森君と, 小次郎が, 小突いたり, 少女たちは, 尾を, 巡査が, 左肩胛骨の, 左肺の, 左近の, 差掛けて, 差覗い, 巻いて, 市平は, 幅広く押しよせ, 店, 延びて, 引掴む, 引留める者, 強く彼, 彼らを, 彼女に, 彼女の, 従いて, 従った, 心の, 心臓に, 心配そうに, 忍び寄て, 忍んで, 怖, 怖る, 急に, 怪光線を, 恐ろしい大きな, 恐ろしく肥つた油, 我が大君, 戸を, 扉を, 手に, 抑へた, 投げかけて, 投げつけられた, 抱, 抱いたまま, 抱えて, 抱きしめると, 抱きすくめて, 抱きついた, 抱きつきおる, 抱き付くやう, 抱き止めた人, 抱き止めて, 抱き縮めたが, 抱き起した時, 抱擁し, 押されて, 押したかの, 押しては, 押し込まれたよう, 押出され, 押被さっ, 指図し, 捉えた, 揚る雲雀, 撃たれて, 撃って, 支持し, 攻めて, 斬られたの, 斬られて, 斬り下げられたやう, 斬り仆す者, 昆布の, 曲者の, 木刀を, 杏丸が, 束に, 束髮の, 来たし三平, 来る, 来る敵, 松尾軍曹の, 椅子を, 検事が, 横顔を, 樫棒で, 橙色の, 正木博士が, 此の, 武者之, 武装した, 氷の, 汚え, 流行唄の, 滅多突きに, 濁みた底力, 無意味な, 煽ぎ参らせよと, 煽ぐ, 煽って, 片手を, 牛の, 物の, 物も, 狙い寄って, 猿臂を, 猿轡を, 玄能か, 玄関へは, 現われたの, 生温かい, 男が, 男の, 白布の, 皮を, 皺くち, 盛子は, 相当な, 眺めると, 着せかけていう, 着せて, 矢や, 矢代は, 短刀を, 短銃で, 石ツブテを, 確かに, 私たちを, 私と, 私に, 突いたの, 突いて, 突きかかった時, 突き刺した凄まじい, 突き刺す男, 突き落す, 突刺したもの, 突如急襲, 突殺された, 突然に, 突然非常, 突飛ばした, 窃と, 立ち襲っ, 竹槍で, 笑う声, 筆者の, 節子が, 範覚が, 紫色に, 細野君が, 組みついたところ, 組みつかれたさうですが, 組み付いて, 組付いた, 絞つて, 統制し, 絶叫し, 続いて, 美しい笑顔, 美しい顏, 美しい顔, 羽交責に, 羽織らせた紋着, 翁が, 聴えた, 肩胛骨の, 胸へ, 脅かさしめた, 脅かした, 脇差で, 脇差などで, 腕が, 腕を, 腕車が, 自動車が, 自転車で, 興がり噺, 芦名兵三郎の, 花嫁の, 若林博士が, 菜ッ葉服の, 落ちて, 蔽われかかって, 蔽覆さる, 藪を, 虎の, 蟒蛇が, 衝かれるよう, 袂を, 袖で, 襲いかかって, 襲う, 襲うという, 襲った怪人, 襲撃し, 西宮の, 西行の, 見える樣, 見え隠れこれも, 見たり, 見ても, 見ながら, 見られて, 見る運転手, 見憶えの, 視め, 覗き込む, 覗き込ん, 触るるばかりに, 言つた, 訓導が, 謹んで, 警戒の, 變に, 貝殻骨の, 負さったよう, 走つて, 走るより, 起つて, 足台を, 足音が, 跫音を, 躍りかかった, 軍費や, 転げ転げ逃げ降りたもの, 軽く半蔵, 近づいた, 近付いて, 迫りつつ, 追い越した, 追い追い立て約, 追い逼, 追っかけて, 追って来た, 追ひ, 追付いて, 追跡け, 追迫つて, 追附い, 通るよう, 進み出た記者, 逼って, 遠藤の, 酔眼朦朧たる, 重なり合って, 金博士が, 鉞で, 錆びたずんぐりした声で, 鍔もと深く, 長い刀, 閃き落ちる白刃, 陶器の, 隠れるよう, 集五郎は, 雙刄の, 露台に, 非常な, 靠掛る, 鞭撻しはじめた, 音も, 響く斯, 頓野老人が, 頸を, 風の, 颯と一刀, 飛びかかった, 飛びついて, 飛びつきざま, 飛蒐つた, 首へ, 首筋のばし, 駆けついて, 駆けよって, 駆り立てられるみたい, 駈けつけた私服, 駈け出して, 高谷千代子が, 魚群に, 黒い布

▼ 背後~ (704, 14.9%)

35 方から 19 方へ 16 方で 12 方に 10 扉が 8 扉を, 方を 7 ほうへ 6 壁に 5 方の 4 ほうから, 力を 3 ドアを, 勢力は, 壁の, 壁へ, 山は, 山へ, 扉に, 見られて

2 [50件] あたりに, それそれらの, はるか彼方に, ほうで, 丘を, 人々が, 人に, 入口から, 勢力を, 圃中に, 壁は, 大光, 富士を, 山に, 山の, 山の上に, 岩に, 岩壁を, 席で, 幾多の, 床, 床の間の, 座席に, 影が, 扉の, 押入れの, 方からも, 方も, 机の, 板壁に, 板戸を, 梢の, 森の, 母とは, 海の, 灌木の, 男の, 硝子戸の, 空から, 篠懸の, 者の, 船を, 花火すれち, 藪の, 襖を, 野川の, 闇を, 障子が, 障子を, 雨戸と

1 [446件] あたりしきりに, あたりを, いきさつを, いましがた, いろ, お手伝い, ことをも, その少女, その気勢, その石, それが, ところで, ところは, ところを, ほうの, ほうを, ほかの, ものが, ものの, ものを, もの子供の, も寝る, カーテンが, ガラス窓から, クラ暗, サナトリウムの, ドアに, バンコに, フイナンシャーであった, ブランコの, リッジへ, 一丘を, 一列の, 一国三河との, 一山から, 一点に, 一般的な, 三本の, 三畳へ, 三疊へ, 上り框に, 上杉に, 下枝は, 不安な, 不安は, 世界観と, 世界観とは, 世界観にまで, 世界観の, 丘つまり, 丘とを, 丘の, 丘へ, 中の間で, 中門の, 主動力, 主體的存在者, 久慈に, 二すじの, 二つ峯の, 二間ばかりの, 二階へ, 交戦国民との, 人と, 人の, 人気の, 人秀吉の, 仄暗い, 仕切りの, 低い処, 低い緞子, 佐伯に, 体育室の, 何かへ, 何物かの, 作者の, 供が, 便所を, 傍聴人の, 僧院に, 僧院にを, 光屏などにおいては, 光輝が, 兵士に, 兵舎の, 冬子が, 処が, 力すなわち, 力と, 力という, 力として, 力は, 力へ, 力も, 労働者階級と, 勢力が, 千浪を, 卓子で, 南へ, 危険が, 危険を, 受信機の, 古襖, 古襖左右, 古道からも, 和尚を, 土地は, 土堤の, 土間じゃ, 圧力を, 圧迫の, 地たる, 地へ, 地袋を, 地面から, 城山に, 塀にあたって, 塁を, 墓に, 壁には, 壁にも, 壁を, 壁際に, 壇上に, 声は, 夕暗に, 大きな蘭, 大学生たちは, 大學生たち, 大暖炉, 大森林, 大次郎を, 大碧巌, 大碧巖, 大鏡, 天井裏から, 天空に, 夫に, 奥ふかい, 奥を, 女は, 女を, 女神彫像と, 妻女山を, 宇津に, 安全地帯に, 安心が, 宝台山を, 室には, 家の, 密林に, 寝台に, 寝台の, 寢臺から, 小丼, 小暗い庭, 小高いところ, 小高い丘, 屏風としか, 屏風の, 屏風巌を, 山々を, 山が, 山といふ, 山の下で, 山への, 山まで, 山や, 山を, 山地の, 山岳地帯が, 山懐に, 山手で, 山脈である, 山蔭に, 山野に, 山頂に, 山鼻から, 岡と, 岡には, 岡を, 岸を, 峰の, 巌陰に, 工兵隊を, 巨大な, 席に, 帯の, 帳へ, 帳場机の, 帷を, 帷幄でも, 帷幕に, 帷幕の, 幇間を, 平地から, 座敷には, 庫裡の, 廊下お, 廊下から, 廊下の, 廊下を, 建物と, 廻転椅子に, 弱点を, 強大な, 影を, 徐ろに, 御書院番頭脇坂山城守, 念仏堂に, 憂いが, 憂いさえ, 戸を, 戸棚に, 戸棚の, 扉から, 手を, 押入の, 指揮官卓での, 指揮者と, 支配霊達が, 敵こいつは, 敵の, 敵勢が, 斜檣帆は, 方, 方だ, 方でした, 方にあたって, 方にて, 方より, 時代は, 時代や, 時代的転換を, 時計を, 景色と, 暗い路, 暗示が, 暗闇から, 曲者を, 書架から, 書物棚から, 月の, 木かげへ, 木立の, 本城山, 本棚の, 杉の, 村には, 杜の, 松の, 松前の, 板を, 枕木の, 柱に, 柱時計が, 栗野博士を, 根本に, 桟敷から, 棚に, 棚の, 棚件の, 森に, 森には, 森林には, 椅子に, 椅子の, 検事が, 椿の, 楯と, 槍ヶ岳も, 横木に, 樹木に, 樹立に, 樹間の, 樺の, 橋の, 檣も, 武器製造会社の, 武者絵などで, 死骸の, 殿堂を, 気がかりに, 気は, 沢へ, 河原に, 波間に, 波間には, 浅黄幕の, 海に, 溜池を, 漠々たる, 濃い雲, 灌木林に, 灰色の, 煖炉わきの, 物が, 物蔭に, 物象を, 犬も, 現実生活の, 生垣の, 生徒が, 男が, 男に, 男は, 男を, 畝を, 畳に, 白い壁, 白幕に, 監督に対して, 目として, 相反する, 真暗から, 矢立を, 破目板, 硝子窓に, 磁瓶に, 社会的な, 社会関係や, 祝詞文に, 私に, 私立学校で, 程遠からぬ, 空に, 空は, 空地の, 空隙なんかへ, 窓から, 窓を, 窓下の, 窟から, 窪地に, 立て物を, 竹藪の, 箪笥でも, 米国を, 納戸へ, 紐は, 細道より, 絵を, 絶壁は, 絶壁を, 線路を, 緩衝地帯を, 縁側から, 繁った葉, 美人画と, 群衆が, 羽目板にも, 者を, 聲が, 肩の, 肱掛窓を, 脇桟敷から, 腕車で, 腰かけに, 腰掛に, 自然が, 自然に, 自然の, 自然描写の, 船室は, 芝生に, 花子を, 苗代の, 若い武士, 若侍, 若者たちには, 若者へ, 茶店に, 草の, 草履の, 華奢な, 蓙の, 蔦とともに, 蔵から, 薄暗がりで, 虎に, 装飾として, 襖が, 襖の, 見せ易く, 見透しが, 認識論の, 誰かに, 謀主たる, 谷へ, 賑やかな, 足弱が, 足跡は, 跫音に, 跫音を, 路を, 車道の, 軍が, 辺りに, 辻堂の, 連山は, 運動場へ, 部下は, 重さ, 野を, 野原さ出, 野原には, 金屏風に, 金庫へ, 錯綜に, 長押を, 開放し, 間では, 闇に, 闇の, 闇黒を, 闥を, 附立が, 隅の, 障子の, 隣室の, 雑木林が, 雰囲気, 雰囲気は, 雲を, 電柱の, 霊を, 青年が, 青白い光線, 青銅像が, 音波に, 領内伊勢にも, 顔が, 食卓に, 食堂から, 飾り棚に, 馬の, 駕籠へ, 高い窓, 高城に, 高城を, 高山は, 鴨居には, 麦畑が, 黒幕を, 黒板を, 鼻の

▼ 背後~ (363, 7.7%)

21 振り返って 13 向いて 8 ふりかえって 6 向いた, 振り返った, 振り返つて, 見た 5 見ると 4 振り向いて, 振り返ったが, 振返つた, 振返りながら, 見せて, 通って 3 指さした, 振りかえった, 振り向いた, 振り返りながら, 歩いて, 気に, 通り抜けようと, 顧みた, 顧みて

2 [21件] ふりかえってから, ふりかえると, ふりかへ, ふり向きますと, ふり返った, 向きながら, 向くと, 向けて, 指した, 指し示した, 振りかえって, 振り返つた, 振り返り, 振返った, 振返って, 振返つて, 描き出したころ, 脅威する, 見せるとは, 見ては, 青森行の

1 [199件] いうよう, うかがう東海道筋, おびやかさせるため, おびやかす四国, かいて, かえりみて, くるくる廻った, これも, しめる, すっと通ろう, すりぬけた, すり抜ける出合, ちょこちょこ走り, つかせつねに, つくか, つくでも, つく手段, つく約束, つけて, ぬすみ見た, のぞき込みながら, のぞめば, ひと回りし, ふりか, ふりかえり痩せ細った手首, ふりむいて, ふりむいてから, ふり向いたの, ふり向き牙, ふり帰ると, ふり返る者, また二重三重, みかえると, ものの, スリ抜け, スーッと, ピッタリと, 一めん唐紅に, 一人の, 上りやがて, 何気なく振り返る, 何物にか, 傷つけんが, 切りに, 刺したの, 劃して, 劃って, 参る, 取り巻いたので, 右継嗣又, 向かせて, 向かなかった, 向かぬかも, 向きさ, 向き今上, 向き来た時, 向き社務所, 向こうか, 吹かれ送られ近づいて, 囲つた若草の, 囲みながら, 圧した, 堂の, 守らせて, 少しの, 差覗く, 庄屋の, 廻って, 彷徨し, 御覧あそばせ, 忍び足で, 意識し, 憂慮う, 成す新, 払うと, 扼したと, 拡げて, 指さして, 振かえって, 振りかえり, 振り向いた途端, 振り向きながら, 振り向く, 振り返ったり, 振り返った岡引, 振り返った時, 振り返った視線, 振り返らずに, 振り返りしこと, 振り返り床の間, 振り返り手, 振り返り振り返り叔父, 振り返ると, 振向いた, 振向いても, 振向き, 振返りも, 振返る, 振返ッ, 掠めて, 探りに, 揮り向いた, 揮り返る, 揮返って, 撃たんと, 攻撃する, 敲く, 敵に, 斜に, 断たれては, 断って, 旭岳に, 次の, 洞に, 照せり, 熊笹で, 用心深く見廻, 目掛けて, 眺めたの, 突かれるという, 突くか, 突くかたち, 突くにも, 突くべく兵五百, 突こうと, 窺うの, 窺おうと, 窺って, 窺わしめその, 縫つて稲妻型に, 繞らし, 背後をと, 背高い, 脅かさしめん, 脅かさん, 脅かして, 脅かしとうとう, 脅かし織田軍, 脅かすと, 自らの, 衝いて, 衝かしめられては, 衝かしめん, 衝かせて, 衝く, 衝くの, 衝くよう, 衝く冒険, 衝こうと, 襲うよう, 襲う者, 襲って, 襲わしめん, 覆うて, 見い見い, 見かえった, 見する敵, 見せないという, 見せなかったが, 見せられぬもの, 見せるが, 見せると, 見せるな, 見せるよう, 見せる俺, 見たいから, 見た八五郎, 見た時, 見た釜, 見れば, 見上げるとかの, 見廻わ, 見返ったが, 見返り, 見返れば, 見送ったであろうこと, 見送るよう, 覗いて, 覘わ, 豊富な, 走って, 轟々たる音響, 追いかけたが, 透して, 通つて山門から, 通りかかった見知らぬ, 通り抜けそして, 通り過ぎたらしいので, 通り過ぎて, 通り過ぎようと, 通ろうと, 過るとて, 閉めた, 障子で, 鞭で, 顧みつ, 顧みると, 飛沫い, 驚かせまた

▼ 背後~ (328, 7.0%)

13 廻って 6 まわって, 手を 4 来て, 行って 3 下がった, 廻る, 廻ると, 引いて, 迫って, 隠れた

2 [24件] かくれたと, こぼれるの, よろめいたが, 入って, 反らせて, 反り返った, 回って, 声を, 寄り掛って, 廻して, 廻った, 廻ったと, 廻りました, 引いた, 引こうと, 背後へと, 身を, 近づいて, 退った, 通じて, 隠して, 隠れて, 飛んだ, 高々と

1 [229件] いつの間にか近づい, うごきを, お出でに, かくして, かくすよう, かけて, かなぐり捨てた, くっつけて, こそこそと, さがった, さがり身, さばき右腕, しゃがんだ, すでに近々と迫っ, そうっと出, そうっと忍び寄っ, そう答え, そっと寄っ, そつくりか, それが, ちょいと, ついて, なびかせこれ, なびかせたまま, なびきそれ, ぬっと鼠, のけぞったの, ひかるる跡, ひかれるよう, ひっくりかえった, ひょいと投げた, ひろげた, ふりかえった, ぶっ倒れた, また下がった, まわった, まわったから, まわった小高い, まわりて, まわりなされ, まわるや, やったと, やって, やって来たそう, やつて, よいと, よろめいた, よろめいて, よろよろと, シタシタと, ジリジリと, ズルズルと, ソロリと, ドウと, ドシリと, 一足引くで, 上りそこ, 下がったが, 下がって, 下がり隙, 下がる, 下った, 両手で, 両足で, 付いて, 伸ばして, 体を, 來て, 倒した, 倒れかかったらしくそこ, 倒れかかると, 倒れそう, 倒れて, 倒れるだろうと, 入交って, 凭れか, 出たり, 出ようという, 刎ね, 刎出し, 匿し, 卑しい視線, 反った, 反った拍子, 反らしましたが, 右手の, 向くと, 向けた, 向けて, 吹きなびかせて, 呼びかけたつもり, 回したまま, 囲いながら, 囲い有尾人猿の, 垂らしそうして, 垂らして, 天降る, 寄せ一本差, 寄せ掛けて, 寄り添った, 密と, 小さく隠れた, 就中翁の, 巡らすと, 巨大な, 庇おうと, 庇って, 廻した, 廻しながら, 廻しましてな, 廻し左, 廻った一人, 廻つた味噌摺用人奴小笠原流で, 廻つても, 廻つて手に, 廻つて眼を, 廻られては, 廻りや, 廻り背, 廻れめった, 廻わし元の, 引いたが, 引かれる, 引きずられたので, 引き下がったが, 引き倒して, 引く, 引っ込んで, 往った, 従えると, 忍び寄つて, 思うさま引いた, 急に, 憎念, 手繰り下ろし, 打つたの, 投げる事, 投げ棄てましょう, 投った, 抛げ, 抜けた, 押し倒して, 押し返されグルグル, 拡げた両手, 持明院の, 振り向いた, 振り向いて, 掻い遣りメフィストフェレス, 掻き上げて, 撥ねた, 撥ねたので, 撥ねた裾前, 撥ねて, 朦朧と, 松茸を, 歩み寄つた, 流れ込むよう, 海の, 消えて, 深く廻っ, 滑つて逃げる, 火鉢を, 燃えて, 片づけてから, 町へ, 畝つて切出した, 真黒な, 穴を, 突き出で, 突き拔けた脇差を, 突き拔ける, 窺ひ寄つた, 立って, 竹丸が, 縮緬の, 置いた佩刀, 聲でも, 芍薬が, 草書を, 落ちたの, 落ちる事, 蜿って, 行き隙, 行った時, 衝き飛ばした, 襲って, 覆被, 見すてて, 走って, 走り二つ, 越させるだけの, 越した処, 足袋の, 踏み引かれ踵, 蹌踉ける, 軍鶏を, 転がるところ, 迂回し, 近づき, 近づき低い, 近づくの, 近寄った, 近寄りささやくよう, 迫るもの, 追いつくや, 追い逼, 追縋っ, 退いた, 退き粗壁, 逃げる毎, 通り越す心持, 通る, 連れて, 隠しその, 隠れたが, 隱れる, 雉四郎は, 雪の, 靜かな, 飛び返りふたたび, 飛び返ると, 飛び退いたが, 飛び退いて, 飛び退くと, 飛び退さった, 飛び退った, 飛び退ったが, 飛んだ時, 飛んで

▼ 背後には~ (271, 5.7%)

2 [13件] めだかよりも, よき結合, 一怪物の, 何が, 十分に, 多くの, 必ずや全身, 特殊な, 腐れた象, 豊臣家が, 躑躅の, 長き年月, 鬱々と

1 [245件] あの人殺しども, ある捕え, いつも哲学, いつも道徳, いなかった, お供の, きっと義務, くらげの, このジョアン, これに, さっきから, したがって私, すでにこれ, その商品, その頭, たくさんの, ただ他, ただ大きな, だからカント, とりわけ個性, どういうこと, どれほどの, なんらかの意味, はやこの, ひとつの, また成上がり者, まだ半, もうネメシス, もう誰, もっともっと怖, もっと大きな, もっと深い怖, もつと, やはり人間関係の, やはり空間, ジャーナリズムへの, スフィンクスが, チチアノの, バルナバスが, ファッシスト的社会, フィリップ殿下が, ムク犬が, 一の, 一万名の, 一人の, 一体どういう, 一大財閥が, 一種の, 一羽の, 一般に, 万能の, 三本の, 三河殿, 不可思議の, 両者の, 中学びいきの, 井村が, 人の, 人声が, 人家の, 人間共存の, 人類全体の, 仁科六郎一人しか, 今一つの, 今夜の, 他日自分の, 低い丘, 何か, 何かが, 何の, 何んの, 何一つ現実的, 何物も, 作者の, 例の, 俗に, 保守党首領の, 僧は, 光の, 全く放心, 六人の, 兵器を, 内廷における, 冷かに, 凡ての, 前述の, 剣を, 力強い精神的要求, 勿論編集, 勿論選擧民, 十間を, 千騎あまり, 午後の, 卑近な, 南方の, 南蛮国の, 厭くこと, 友田喜造が, 古ぼけた七ツ下り, 古墳らしい, 同じ王, 噴水が, 四五人の, 四季絶えず, 回教風を, 国家自身の, 国民精神作興とか, 在鮮五十万, 執拗な, 夏萩が, 外國の, 多少の, 大いなる水盤, 大きな袋, 大変深い, 大抵拙劣, 大日本史, 天台本山の, 如何にも蕪村, 姉歯なにがしという, 季節に, 実は一定, 宮中の, 宿つぎの, 将軍の, 将軍家が, 小さい子供たち, 小さい帷, 小姓が, 屈強な, 川を, 差入れを, 常に俺, 常に偉大, 常磐木を, 幾千万の, 幾千幾萬の, 康寧殿や, 張繍劉表の, 強国北条が, 彼と, 後白河法皇, 得てしてかうした, 得てしてこうした, 微妙な, 心と, 必ずいろいろ, 必ずそれだけの, 必ず勢力争い, 必ず反動者, 必ず名, 必ず哲学者, 必ず指導者, 必ず生活, 必ず統一的, 志賀氏の, 恐ろしい火の手, 恰度心臓部に, 慶北全, 我家を, 或る, 揚幕の, 摩耶霧島榛名比叡が, 擽ゆし繪艸紙, 放免, 数多の, 數限りも, 日本の, 日本人にとって, 明かに, 明瞭な, 明石を, 昨夜から, 普通なら, 暗い影, 曾つてこの, 有力なる, 未知の, 東栄が, 某大国, 柳沢吉保が, 桜台と, 樫の, 正装した, 死蝋が, 母親が, 毛利家の, 油断なく, 海を, 灌漑の, 牛乳屋との, 牡丹桜が, 物売りが, 猶一段と熱烈, 生温い田川, 目附の, 直観的な, 真に価値, 知事が, 砲兵が, 碇泊所や, 神殿が, 秀吉の, 私という, 秋の, 秦檜の, 空しき座布團, 空気が, 竹内式部が, 粟屋次官が, 結合せられた, 絶えざる食慾不振, 絶対的なある, 縄付きが, 繊弱き, 美学や, 美麗な, 美麗なる, 背中一ぱいある, 自然法が, 色々の, 薔薇を, 血し, 襤褸着たる, 見事に, 親であり, 親の, 言葉の, 許多の, 誰か, 誰も, 重そう, 金刀羅山大岳山御岳山の, 鋭い短剣, 鏡台が, 闃寂たる, 雪に, 雲を, 青塗の, 青空を, 食堂の, 館が, 高札が, 黒幕が, 黒樺の

▼ 背後~ (174, 3.7%)

3 女房は 2 何か, 俺が, 声を, 大きな声, 糸を, 結んで, 起った

1 [157件] お豊, かうした声, きこえ民子, ぐるぐる廻り出した, けたたましい呼び声, さういふ, しっかりと, しゃがれた声, する人, せめて身, そう言っ, そんな声, ためらうよう, ちょっと相手, つく息, つく息ぢ, なにを, はたらいては, ひざまずくよう, ひどく咳き入っ, ほとんど無, やっと泣く, ゆがんだ微笑, わあっと, ガチャガチャと, ガチヤンと, ガッタン, ガラガラと, ガーンという, チラ, ノックの, プップウッと, ヘッセ侯の, ワザと, 一つに, 下駄の, 不貞な, 云はせる, 何を, 何物かが, 何者かの, 余り際立たない, 例の, 優しく呼ぶ, 六遍巻い, 内証で, 円く切った, 冬の, 割れるよう, 動きとまった, 又あと, 呼んだ, 咳拂ひがした, 喃々私語し, 喊声を, 団扇車って, 声が, 多勢の, 大きく結ぶ, 大層親密, 大聲, 太い濁声, 太い銅間声, 始業の, 娘は, 小さい叫び, 少女たちが, 尻尾を, 島は, 工場主が, 左右に, 床の間ふき, 床の間を, 彼らが, 彼らに, 彼女が, 微かな, 微に, 微笑んでるクリストフ, 悲鳴が, 應へ, 戸を, 扉を, 打ち合せを, 把手を, 揺れた, 支店長代理の, 散兵線, 時計が, 景氣の, 束ね繻珍, 柔和な, 様子を, 止まつた, 此の, 気に, 水車の, 浅猿, 深い息, 満場の, 熱心に, 燃えて, 爛々たる, 父が, 男女の, 異様な, 異様な嗄れ, 病人の, 痼疾に, 発せられた妻, 百合子が, 眺めて, 空気を, 突然ガランガランガランガラン, 笑い声を, 笑声を, 組み合せるやう, 組んで, 絲を, 線香花火を, 老女中, 聞えた, 聞き耳を, 聞こえたかと, 背かれた, 自動車の, 舌打を, 船長, 荒っぽく草, 荷物が, 虚飾と, 衣摺れ, 見て, 見張るよう, 親父の, 言い出しかけた, 言い合って, 言うの, 誰か, 誰だ, 赤犬が, 起ったこと, 踏み止まって, 身仕度を, 轟々と音, 農夫たちの, 鋏を, 鏘然たる, 閉ざされて, 閉まると, 間違って, 階段の, 雨戸を, 顔を, 馬の, 馬鹿野郎と, 高城の

▼ 背後~ (56, 1.2%)

2 一帯の, 絶壁である

1 [52件] いつでも, ことごとく築地, すぐ山, すぐ磽, すでにいったんわが, どうだろう, キケロの, ベンチで, 一帯に, 一面の, 丘を, 傾斜地に, 六尺程の, 北にあたり, 取らん一学, 向いた, 向かなかった, 墓地でも, 大丈夫で, 大川で, 大川引く, 大薮それに, 大藪逃げる, 屏風の, 山つづき, 山左は, 岩畳を, 峰で, 嶮山左右は, 廊下に, 日陰向, 暗室, 暗室に, 東側が, 森で, 水で, 池の, 海で, 海である, 畑で, 直ぐに, 直ぐ深い, 突抜けの, 突拔けの, 絶壁下りる, 襲いかかる様, 見ないで, 谷が, 険しい絶壁, 雑木林前は, 青々した, 高足の

▼ 背後より~ (40, 0.8%)

1 [40件] あらはれ出でて, さし覗きし, ぬき足さし足, のそ, 下せる一撃, 人を, 傘さしかけつ, 加えられし, 取縋り抱緊め, 吹く風, 呼留められ, 声をか, 大弥太, 山県内閣に, 山縣内閣に, 彼れ, 我を, 扶起せ, 抜足差足密に, 抱付きて, 拳銃を, 撃たれたので, 斬りつけるとは, 楠木どのの, 渠を, 現る, 立ち出づ, 立来り, 箱崎と, 組み付かれぬ, 肩を, 襲いかかる悪寒, 跫音忙しく, 跳りか, 迫って, 追ひ縋り, 長き鞭, 風に, 颯と肩, 馬上の

▼ 背後姿~ (38, 0.8%)

3 だが 2 ではあった, を見, を見せ

1 [29件] があった, がすぐ, がひどく, がぼーっと, が曲がっ, が見え, が見えた, しか見えなかった, に眼, は世にも, へ眼, も好かっ, をし, をじっと, をなお, をチラリ, を主税, を凝視め, を区長, を壇上, を扉, を消しかけた, を眺め, を睨み, を見つめた, を見詰め, を見送っ, を見送った, を見送る

▼ 背後にも~ (32, 0.7%)

2 またその同じ, 物珍らし

1 [28件] あるといふ, あれば, せまって, たえず鳴り響く, たれか, どれほど複雑, まだまだ沢山, まだ幾人, 一人つ, 何等実証的, 前に, 前にも, 右にも, 左右にも, 幾多の, 張飛の, 数人の, 敵いでたる, 敵が, 横田系即ち, 油断を, 油斷を, 率直と, 目に, 眼を, 精神病院の, 血が, 見えて

▼ 背後向き~ (27, 0.6%)

4 になっ, になった

1 [19件] でね, にすっと, にちょっきり, になり, になる, にまだ, にソロソロ, に入るらしい, に双六巌, に坐, に引き, に日和下駄, に机, に横, に火鉢, に肩, に見物, に転がった, のまま

▼ 背後~ (26, 0.6%)

2 気に

1 [24件] ずらりと垣根, ふくらんで, やはり樹木, 一面の, 何の, 厨子形の, 壁でない, 安全だった, 平八郎の, 恐ろしくなり, 明るくなる, 暗くなり, 直ぐ山, 磐石の, 社交的に, 私であった, 突抜けに, 縦に, 藪山である, 襖の, 遽かに, 青く暗くて, 非常に, 頻りに顧みられる

▼ 背後まで~ (13, 0.3%)

2 来ると, 迫って 1 こっそり行っ, 崩れ込んで, 来た, 来てから, 濃く動い, 見通して, 辿り着いたとき, 追い付いて, 長く続い

▼ 背後からは~ (11, 0.2%)

1 [11件] この都会, たかれて, 与吉待てえ, 円い麦稈帽, 名越尾張守の, 土人が, 夕映えの, 忠一を, 恐ろしい血潮, 懊悩が, 清子と

▼ 背後ざま~ (11, 0.2%)

1 [11件] に仰向い, に地, に巨, に弾, に手, に斬り, に机, に組みついた, に縁, に落とし差した, に隠され

▼ 背後にあたって~ (11, 0.2%)

1 [11件] すなわち蹴放された, ゾッとする, ドッと, 十数人の, 大きな棚, 威厳の, 火元の, 物の, 異様な, 聞こえたが, 響き渡った

▼ 背後むき~ (11, 0.2%)

3 に蹲んだ 1 で丁寧, で姿見, にかしッ, にその, になっ, に戸棚, に踵, に鼠

▼ 背後では~ (10, 0.2%)

1 またにぎやか, もう悲鳴, フランスの, 三つの, 何一つ変化, 又し, 大きな嘆き, 幽霊の, 彼の, 鎖国の

▼ 背後なる~ (8, 0.2%)

2 木納屋に 1 大部屋は, 妻は, 山王台に, 岨道を, 我を, 板の間に

▼ 背後~ (8, 0.2%)

1 上から, 下を, 例の, 側面を, 内奥に, 周圍に, 横側で, 裏面を

▼ 背後~ (8, 0.2%)

3 になっ 1 になつた, に倚, に坐った, に成つた, のその

▼ 背後~ (7, 0.1%)

1 両わきには, 側面とに対して, 周囲と, 周囲とに, 思われる辺り, 正面には, 腹部の

▼ 背後にまで~ (4, 0.1%)

1 手疵を, 近づき始めて, 近よ, 通り抜けた処

▼ 背後へと~ (4, 0.1%)

1 まわらんと, 尾い, 廻って, 逃げた

▼ 背後からも~ (3, 0.1%)

1 われわれの, 二人の, 這い寄る敵

▼ 背後などに~ (3, 0.1%)

1 ある浅草, いたため, 隠せば

▼ 背後~ (3, 0.1%)

1 人で, 向かず自若, 向かなかった

▼ 背後北左~ (3, 0.1%)

3 は東

▼ 背後~ (3, 0.1%)

1 に境い, に縛られ, に縛られた

▼ 背後~ (3, 0.1%)

1 がある, の人間, は少しく

▼ 背後~ (3, 0.1%)

1 なもの, な深, な自然物

▼ 背後関係~ (3, 0.1%)

1 つまり生活環境, を割引, を失っ

▼ 背後あたり~ (2, 0.0%)

1 をチラリ, を見

▼ 背後~ (2, 0.0%)

1 がたに, がたを

▼ 背後だった~ (2, 0.0%)

1 のでそれほど, 形と

▼ 背後とに~ (2, 0.0%)

1 あり舞台, 壮大な

▼ 背後における~ (2, 0.0%)

1 一人物ウィリアム, 詩人その

▼ 背後にしか~ (2, 0.0%)

2 おれない

▼ 背後にぞ~ (2, 0.0%)

1 この古跡, 居れ

▼ 背後について~ (2, 0.0%)

1 長襦袢するする, 階壇を

▼ 背後にて~ (2, 0.0%)

1 我等二人は, 頓死いたしまし

▼ 背後にと~ (2, 0.0%)

2 画架を

▼ 背後により~ (2, 0.0%)

1 大きい資本, 添うて

▼ 背後~ (2, 0.0%)

2 にはほ

▼ 背後下がり~ (2, 0.0%)

1 に退いた, の刻み足

▼ 背後暗い~ (2, 0.0%)

1 ことが, 弁解け

▼ 背後~ (2, 0.0%)

1 にお, に広野

▼ 背後立て~ (2, 0.0%)

1 があります, が大家久兵衛

▼ 背後袈裟~ (2, 0.0%)

1 に切った, に右肩

▼1* [86件]

背後からがあんと, 背後からとか兎に, 背後からの圧力を, 背後さがりに退いた, 背後したがって評議室や, 背後めに, 背後やなく, 背後である余の, 背後での時間と, 背後ではわッと, 背後でも断たれたらどう, 背後とからは我々や, 背後とには深い暗黒, 背後んだ, 背後などから飛び附いたり, 背後などで起った事件, 背後にあたりそれこそ, 背後において急いで, 背後にかけてそこに, 背後にさえ恐るべき力, 背後にだけ硬い白髪, 背後についても幾多警戒, 背後につき纒って, 背後にでも躱れ, 背後になつて仕舞つても, 背後にのつて彼等は, 背後にばたんと閉める, 背後によって仮りに, 背後にわこれらの, 背後にわたる花崗岩地が, 背後のみ見返られて, 背後はといえば, 背後はるかな峯, 背後へは極めて進歩, 背後へも来て, 背後たい事, 背後めがけて覘, 背後よりも少し下った, 背後をと首を, 背後をのさの, 背後ニアル心霊科学ト握手シ同ジ目的ニ, 背後ニ不快ナ峡江, 背後ニ傷ツケル糧ヲ曝シテ, 背後ニ廻シ多クノ下小屋, 背後ニ迫レル露軍ノ爲メニ巴里占領, 背後ノダンダラナ茨ノ中, 背後一二丁のところ, 背後一段高い墓地, 背後一面の竹藪, 背後世間の裏, 背後位牌堂の暗い, 背後などにて妨, 背後八方から火の手, 背後劇場の入口, 背後によるもの, 背後又は根柢には, 背後の方, 背後向踵を逆, 背後城外の洪山, 背後誰謂大, 背後天井に近く, 背後客人の間, 背後家並の軒, 背後の向う, 背後左右にはすでに, 背後を凝, 背後にへたばったなら, 背後或いは根柢から, 背後方丈に通, 背後えな, 背後書院の一間床, 背後の大木, 背後に髪, 背後演壇の端, 背後物怯して, 背後懸けて, 背後竹藪の中, 背後肩胛骨の下, 背後蒲田川の谿谷, 背後装飾戸棚暖炉横の洋琴, 背後近くで撃て, 背後連絡線を遮断, 背後かには奥日光, 背後間近に鳴りひびく, 背後の届かない, 背後高き防火壁を