青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蛇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~處 處~ 虚~ 虚偽~ ~虫 虫~ 虹~ 蚊~ 蚊帳~ ~蛇
蛇~
~蛙 蛙~ 蛾~ 蜂~ 蜘蛛~ 蝉~ ~蝋燭 蝋燭~ ~蝶 蝶~

「蛇~」 5107, 55ppm, 2104位

▼ 蛇~ (1384, 27.1%)

175 ように 60 ような 39 やうに 32 道は 18 頭を 14 やうな 10 様に, 舌の 8 腹の, 頭が, 鱗の 7 卵を, 皮を, 話を, 髪を 6 文身の, 様な, 皮の, 眼の, 首を 5 ごとく慧, 尾を, 方へ, 生き血を, 肉を, 頭に 4 とぐろの, 卵の, 形に, 形を, 文身を, 死体を, 死骸を, 頭の

3 [19件] ぬけがら, ようで, 二の, 匂ひ, 口を, 如し, 姿を, 樣に, 死骸に, 生殺しの, 眼と, 眼を, 箱を, 肉の, 話, 踊りが, 頭だった, 類が, 首の

2 [78件] いること, おそれ, ことである, こゑもせなく, ために, とぐろを, やうにも, ようにの, ポロテージ行進が, 一件です, 下半身が, 中で, 事, 事は, 体を, 刺青が, 化身で, 半殺しで, 口から, 口に, 噂が, 変化, 如き眼光, 如き細き長き, 如く何やら, 如く佞奸邪智, 如く慧, 如く絡みついて, 害を, 形は, 怖るる, 怨霊が, 拔け, 捕物の, 文身, 文身が, 方を, 旨煮か, 橋も, 死体が, 毒と, 毛の, 毛は, 皮が, 眼が, 眼は, 穴を, 精だ, 結果に, 肌を, 脱殻が, 脱殻を, 腹を, 舌に, 舌を, 舌華魁の, 蛙を, 血に, 親類な, 話も, 足を, 透明な, 通有性として, 進行を, 道だ, 鎌首の, 長競べ, 領巾を, 頭と, 頭は, 頭へ, 頭痛療法を, 首が, 首に, 騒ぎが, 魅力, 鱗を, 黒焼が

1 [669件 抜粋] あたま, あつまって, あまたを, ある地, いい伝え, いたところ, いづれか, いる室, うねりが, うねりせる列, うわさが, おなじ場所, お腹を, お話が, かはり, かま首の, からだの, かわりに, きもと蕎麦粉の, くねりの, ことが, ことについては, ことは, ごとき慧, ごとき銀色, ごとく, ごとくここ, ごとくその, ごとくなりて, ごとく奔, ごとく女, ごとく市街, ごとく空, ごとく竜, ごとく美しく, ごとし室宿, ごと眠ら, ざーざーいう, すがた, すずしい眼, そばへ, それぞれその, それの, それよりも, たたりの, たとえの, ところを, なかへ, ねどこに, のたうち回るの, のたうち廻つたやう, のたくって, は, はいつた, ひれ, ほうは, ほか本邦に, まだら, まわりには, むれ, むれの, もっとも原始, やうなあそび, やうな捕, やや大きい, ゆくえを, ようだ, ようなる, ような光る, ようにも, カラ, シッポが, トグロ巻きみた, 一件だけは, 一件で, 一件の, 一件を, 一条を, 一種の, 三ツだけは, 下齶, 不具です, 中でも, 中でもが, 中に, 中にも, 中へ, 串ばかり, 主の, 事なる, 事なるべし, 事を, 事件が, 事全島に, 二三匹に, 云う通, 交はれる, 付焼きでは, 住みし穴, 体は, 何かと, 何物たるを, 使いかたを, 光りが, 光を, 八つの, 冬ごもりの, 処へ, 出そう, 出たこと, 出た時, 出るところ, 出る筈, 切れ口から, 刺青, 刺青を, 前に, 前路, 創口を, 力で, 動きにも, 動作を, 動作鈍き, 匍ふ, 化けたる, 化けるところ, 化石を, 化身では, 化身と, 半襟で, 半身が, 危害を, 卵, 卵が, 卵である, 卵でない, 卵は, 卵見, 口は, 口へ, 名が, 名を, 名称差支なかるべし, 向うは, 呪いなどで, 呪いの, 味噌漬を, 命長く, 咬んだの, 喉に, 喉元を, 喉首を, 噛める疵, 団堆, 図を, 執着を, 塊と, 声が, 声に, 変化と, 変生だろう, 多い所, 夢を, 大きさ, 大団堆, 大嫌ひなの, 大親分, 太さ, 奔る, 女房にでも, 奴が, 如き呪い, 如き欲求, 如き焔, 如き誘惑, 如く, 如くうねって, 如くくねくね, 如くこれ, 如く動きて, 如く午前三時半頃, 如く弁髪, 如く忍び足, 如く怜, 如く悧, 如く素早く, 如く縫う, 如く身, 妖情を, 妖術もしくは, 姿が, 姿私は, 婚姻に, 婿は, 嫌ひな者が, 子では, 子に, 子孫, 子孫という, 存在を, 室, 室屋は, 害に, 尊称らしき, 小さき, 尸灰を, 尻尾から, 尻尾が, 尻尾でも, 尾とで, 尾の上に, 尾は, 居ると, 居る處, 屍で, 屍を, 属である, 属と, 島では, 巣でも, 巣と, 巨大な, 差別や, 巻いた渦巻, 幻の, 幽霊と, 幽霊を, 形で, 形にな, 形や, 役目だ, 征伐は, 後半部には, 心, 心あり, 心に, 怒と, 怒りに, 性や, 怪が, 怪物は, 息より, 感化か, 我を, 所業の, 手足なき, 抜殻のく, 持ち上げた鎌首, 故事に, 教えし如く, 方で, 方に, 方の, 日本刀を, 旧い記憶, 昔ばなしが, 最も大, 最大なる, 条テンネント, 枕, 枕と, 枕青森県の, 格天井が, 棄て場所, 棲み家, 棲家であった, 様だ, 様子を, 樣な, 次に嫌ひなん, 正体が, 死体で, 死体までが, 死骸が, 死骸でも, 死骸は, 残酷な, 母そを, 毒あるで, 毒で, 毒は, 毒を, 毒気に, 毒牙の, 毒質と, 比礼を, 気が, 池, 池などでも, 油を, 泳ぐよう, 活動を, 混戦が, 温か味が, 滝をも, 牙から, 牙は, 牙を, 特質, 特質は, 狡猾さで, 玉子を, 玩具だ, 玩具と, 甚だしく成長, 生えた頭, 生き血に, 生殺しに, 生殺しは, 生殺しみたいで, 生贄に, 申子で, 申子と, 画の, 画もて, 画を, 畝る, 白馬, 白骨の, 皮であった, 皮と, 皮や, 皮魚の, 目玉の, 相当な, 眞中へ, 眷族三百三十三匹が, 眼です, 眼玉の, 眼球とを, 矢倉と, 矢倉を, 知慧は, 神が, 祟りが, 祟りと, 祟りによって, 種類も, 穴, 穴と, 穴の, 穴へ, 節廻し, 籠を, 精か, 精でも, 精の, 精を, 紋章, 結果を, 絡んだ俤, 絵を, 絵カードを, 縛めを, 群ありき, 群の, 群れに, 群れを, 義, 肉に, 肉片手に, 肌に, 肌の, 背の, 背を, 背紋の, 胴の, 胴中を, 胴体を, 脇腹の, 脱ぎ衣, 脱け, 脱皮であった, 脳を, 腹からは, 腹に, 腹は, 腹へ, 膚を, 膨れたる頭, 臥せるに, 臭が, 舌, 舌が, 舌と, 舌叉を, 舌娼妓末社が, 色ならず, 色も, 茂兵衛という, 萎びた死骸, 薬を, 蛙に, 蜿った, 蜿り出た, 蜿蜒も, 蝮かと, 血は, 行くに, 行動を, 衣とも, 衣に, 衣を, 袋を, 襲撃に, 観世物が, 観世物その, 角だ, 角を, 言葉の, 記載が, 話が, 話しは, 話などを, 話に, 話は, 誘惑に, 赤さ, 赫耀たる, 足, 足が, 足とは, 足は, 足をも, 路は, 身が, 身に, 身ほそく, 躯が, 転生で, 輪を, 逃げる音, 逃げ出したこと, 逃所が, 這う様, 這えるが, 這って, 這廻り, 速やかに, 逶, 運動を, 過ぎ去つた暗い, 道, 道でなく, 道はへ, 道へびでも, 道ゃ蛇さ, 道を, 酒精漬けなど, 重なりたる中, 鎌頸状を, 鎌首ばかり, 長さ, 長さ彼, 間に, 闘法は, 集り下る, 雌雄と, 霊なる, 霊異なる, 面だらけに, 革の, 頭ある, 頭だ, 頭へは, 頭も, 頭上に, 頭五つに, 頭痛は, 頭膨れたる, 頸を, 顏に, 顔に, 類に, 類の, 飛ぶに, 食う苺, 食べ物が, 餌餝て, 首, 首です, 首とが, 首は, 首みたいな, 香よ, 騒ぎは, 騒ぎを, 骨を, 骨抜きです, 髪が, 髪も, 魂なりき, 魅力というは, 魅力は, 鱗だ, 鱗で, 鱗へ, 鱗ソックリに, 黒焼きと, 黒焼を

▼ 蛇~ (603, 11.8%)

13 蛙を 12 出るか 11 出て 10 とぐろを 5 死んで 4 いる, まきついて, わたしの, 来て

3 [12件] いた, トグロを, 他の, 出る狐, 棲むか, 穴に, 穴を, 竜に, 蛇が, 蛸に, 鎌首を, 首を

2 [46件] いたと, いて, うず高く, からみ合って, そこに, にょろにょろと, のたうち廻ると, まき付いて, むやみに, ゐる, ゐるんで, スイスイと, 一匹頸から, 人に, 人を, 伏蔵を, 住んで, 入って, 可恐い, 多いので, 多く居りました, 女に, 好きで, 宝石の, 居て, 居る, 巻きついて, 棲んで, 横に, 水を, 池と, 物を, 私に, 立って, 竜と, 腹に, 苺を, 蛙に, 蠢いて, 見えた, 赤い舌, 身體の, 這いだして, 這ひ出した, 頭を, 食うの

1 [408件] あがるやうぢ, あつて, あの蛙, あらかた三平, ありました, あんまり本物みたい, いそう, いたち, いっぱいに, いつの間にかその, いなくなるから, いましょう, いやしますまい, いるでしょう, いるという, いるなら茂ちゃん, いろんな目的, いッせい, うねって, おくれて, おなじよう, おるの, お嫌い, お絹, かくれる穴, からまり合って, からみついて, からみつくよう, からめば, ぎりぎりと, こうと, ここに, このナイフ, この悲しみ, こわいと, こわいとか, こんな処, こんな新築, さうするところ, ざざーつと, しきりにうごめい, しゅっしゅっという, すぐにに, すっかりこの, すむか, するすると, ずうッ, ずるずると, そとから, その孔, その杖, その磧一面, その累々, その髪の毛, その鬱陶しい, そろそろ穴, ぞろぞろと, たくさんに, たべれば, たまたま水, だらんとのび, だんだんに, だんだん寒, ちよつと, つかわしめじゃと, つながって, でるか, とおるゴウッ, とびだした私, どうした, どうして走り行く, どう差, どこからも, どっさりこの, なんぼにも, にげぬ時, によろ, ぬうー, ぬつと, ぬらぬらと, ぬるぬると, のたうって, のたくったの, のたくつて, のびるよう, のぼって, のろ, はいって, ぱツと, ひきだし台の下, ひとを, ひなた, ぶらさ, まがりくねって, まきついたとて, またゆっくりと, また二三寸ぷつりと, まっさおに, まるで影, みるみる池, やはり一, ゆっくりゆっくり這っ, ゆるやかに, よく出ました, わたしが, わだかまって, ゐたといふ, ゐたらどう, ゐてよ, ゐは, ゐるなどと, ゐるもん, イヴを, ウジャ, カラガキの, グル, ピシリバタリと, ポツリと, ローマ軍の, 一しよ, 一つに, 一つ呑みおわり, 一匹はいり込ん, 一匹入っ, 一匹現われました, 一匹這い出し, 一条彼岸過, 一疋の, 三尺あまりの, 下りて, 乗って, 乳を, 乾いた砂, 二匹, 井戸端の, 交わりて, 人間の, 今そだつ, 今は, 今夜ここへ, 伝うと, 住む穴, 何か, 何やら喰べたところ, 何処から, 何処からか, 來た, 修役を, 僕の, 入つて, 写る, 冬眠を, 出た, 出たと, 出たとか, 出たの, 出たり, 出たん, 出ても, 出ました, 出や, 出るかと, 出るので, 動き出して, 勝手に, 匍いまわっ, 匐い上がっ, 匐い出し, 匿れた, 千六百余種あり, 口から, 呼ばれましたが, 啖い着くです, 喉を, 四五匹ぶらりと, 四十二フィートまで, 土と, 塀ぎはの, 塀の, 墓石の, 売れ盛るって, 外皮を, 外道降伏の, 多いそう, 多いの, 多いやう, 夜なかに, 大いに耕作, 大きい眼, 大きなとぐろ, 大好きな, 大嫌いとか, 天井に, 奪いに, 女児三人孕ませ, 如意宝珠を, 始終身, 嫌いらしい, 嫌ひだもので, 実在する, 家に, 宿ったの, 寄って, 寝て, 寸断に, 寺の, 小屋の, 少なくとも本邦, 尚元, 尾を, 居たの, 居たので, 居たら心臓, 居たり, 居ない為, 居なくなりましたから, 居よう, 居るか, 居れば, 届いた, 屋根から, 巣くって, 巻き付いて, 巻く今, 庭園の, 彼の, 往来稀ならぬ, 後者だ, 忍び寄って, 忽ち一丈あまり, 怖るる, 恁うとい, 恐しい勢, 悪いか, 成長するなら, 我々蛙を, 打てたので, 捲いたなり, 数多見えだした, 敵に, 断れて, 日向ぼっこを, 日本に, 旧暦五月白い, 星月宵に, 時あ, 曲線を, 更にその, 月光の, 有益なる, 有足, 朝の, 木の, 木へ, 本人間, 机の, 杖に, 来たらおまえ後生, 来たら私, 来たり, 林の, 染八の, 梁から, 梁木を, 棲むより, 横たわって, 横ばいを, 横行する, 樹に, 樹の, 樹下に, 殺されるの, 殺したかは, 殺したん, 殻を, 毎年処女を, 毒蛇どもを, 水游ぐ, 池には, 池へ, 沢山住ん, 沢山樹の, 沼で, 泉を, 消えて, 涼しすぎる, 淫蕩な, 渡る, 渦き立つ, 片目という, 特異の, 狙つていかぬ, 現はれた, 現れる, 現われるかと, 現存する, 生きて, 甲良を, 白い歯型, 白っぽい腹, 百も, 皿を, 直立すれ, 相変らずうごめい, 眼を以て, 知って, 石垣の, 祀って, 神さまの, 神経の, 祟って, 秋の, 穴から, 穴には, 穴中に, 空から, 紐の, 絞め付けるよう, 纏い付き, 置き鞍, 美留藻の, 美紅姫の, 羽たく, 育つたので, 脱皮する, 腹一ぱいに, 自分でも, 自分の, 自分を, 自分化けるでなく, 自然に, 舌嘗ずりし, 船に, 船舷に, 苺の, 草と, 草叢から, 荒れ狂って, 莫大の, 落ちこんで, 落ちて, 著しく人, 虎の, 虫を, 蚊を, 蛇自身の, 蛙の, 蛻ぐごとに若く, 蜂の, 蜥蜴に, 蜿くっ, 蝦蟆を, 蟠を, 衣を, 裁判役を, 見えそろ, 見えたが, 見えたは, 見えなくなった, 見たいから, 見付かれば, 親類だ, 諸動物, 財宝を, 走つて, 路傍で, 踊る, 身体中を, 輪を, 迎いに, 逃げるよう, 這いいる場面, 這いだした, 這い込んで, 這い降りようと, 這うよう, 這った足跡, 重なり合って, 金冠を, 長い首, 長くなっ, 長すぎる, 長屋へ, 閃いたかと, 閉塞し, 附いて, 降って, 降るところ, 除けるからと, 難産を, 非常に, 面を, 顕われた, 飛びだして, 飛び出しそれ以来空俵, 飛び出すかも, 飛び出た時, 飛んぢ, 飛出し, 飛出して, 食おうと, 食は, 首の, 馬に, 鱧という, 鶏と, 黒, 鼠を

▼ 蛇~ (576, 11.3%)

8 殺して 6 持って, 見て 5 見れば 4 とって, 見た 3 つかまえて, つかんで, 打つ, 掴んで, 族霊と, 退治し

2 [38件] とった, ふみつけると, まきつけて, まき付けて, もって, 一匹ずつ, 使って, 出すよう, 地面に, 奔らせ, 好んで, 常食と, 得て, 悪魔と, 憎むと, 打つ小家, 投げ付けたの, 捕へ, 斬る, 族霊として, 殺すと, 神と, 種に, 竜と, 竜の, 裂き殺して, 見せるだろうと, 見たと, 見たとき, 見ると, 見付けると, 踏んだよう, 踏んで, 退治した, 連れて, 頸に, 食う, 食べますから

1 [449件] あがめおそれるつまり, あまた殺し行く, いかほど打ち拗, いただきて, いつか食い殺し, うち殺し, うって, うむ, うんときつく, おそれた, おそれて, おもわせる, お持ち, かじって, かりくらし, きらうの, きらって, くらった, こすりつけて, ことごとく呪, こはが, ころすには, こわがらない, さいたり, さく馴れた, しかけても, しっかりと, して, しまって, たくさん飼っ, たずさえて, つかまえさせたり, つかまえに, つかまえるという, つかむの, つかめり其蛇, つかんだよう, つっかけて, つめた壺, つめて, とったが, とても恐れ, とりひッ, とり出します, とること, どうかし, なが, ながめて, なげつけた男, なぶり殺しに, なんとも思っ, ねじこんで, のけると, のせて, ひきずって, びんの, ふせがんためマリア, ふた, ふみつけた, ほうったという, ほうり付けられたこと, ほうり込んだ奴, まきつかせたり, まき付ける, まだ一度, みんな裂い, むぞうさに, やっと追, よびました, アポローが, アルコールや, クルクルふりまわし始めた, タタキ殺す, ミヅチすなわち, 一ぴきつかまえ, 一匹ひねりだせ, 一匹盗ん, 一匹盗んだ, 一口に, 一度に, 一疋ずつ, 一疋見つけ, 一閃させた, 下げた男の子, 与えんや, 両手に, 乗せた太陽円盤, 人間の, 代用する, 伴って, 住ませて, 何匹でも, 使いながら, 使うこと, 信ぜし女, 兇物として, 兇物とばかり, 入れたが, 入れたそして, 入れた箱, 入れて, 写したもの, 出しその, 出したかな, 出したじゃあ, 出したぞ, 出したて, 出したと, 出したといふや, 出して, 出す様, 函の, 刀箱に, 切つたのである, 切られては, 切りたま, 切り散りた, 切り裂いて, 制するよう, 制せしめたと, 制御した, 刺止めん, 卓子の, 取って, 取りましょうか, 取出して, 取寄せて, 受けこの, 受取って, 叱りて, 吊して, 呑む, 呑んだ袋, 呼ぶに, 咋い殺した, 咋い殺す, 啣え, 喙から, 喰うと, 喰う犬, 噛んだ, 嚥んだ, 四寸ばかり, 四寸ばかりずつに, 土堤の, 地に, 地上において, 埋めて, 壜の, 売って, 夢に, 大地へ, 大好きな, 天井に, 天井へ, 女の, 始め諸, 嫌うの, 嫌う権理, 子どもと, 宇賀神など, 家の, 対手に, 射る, 尋ねて, 山酸漿といった, 川に, 巻きつかせて, 巻きつけたに, 巻きつけた蛇使い, 帶と, 平気で, 引かば, 引き出し払い去る, 引き出すを, 引き放しましたため, 彫ったの, 彫って, 御かかと, 御覧なされ, 忌み嫌い而, 忍びこませて, 怖がる人, 怖れぬ, 怖れる, 思う最初, 思えば, 思ひ出すと, 恐がる男, 恐る, 恐れず杉籬, 恐れたの, 恐れない, 恐れぬ, 恐れぬ動物, 恐れる, 恐れるの, 恐れる如く彼, 悪むの余り, 愍み, 意味する, 意識した, 愛養し, 憑神に, 懐中に, 截って, 截つて, 戴き荘厳, 戴くわが, 手に, 打った時, 打った話, 打って, 打てば, 払いのけた, 抄い上げきゃっと, 投げかけようと, 投げたこと, 投げた所, 投げつけた, 投げ付けたこと, 投げ付けたと, 投げ付けた者, 投げ入れて, 投げ込んだ者, 投込む, 投込んだ, 抱いて, 招致し, 拝んだり, 持ってるお客さん, 持つて, 指したと, 指す号, 振り回しては, 捉まえ, 捉まえる, 捕えその, 捕えたの, 捕え明り障子, 捕え頭, 捕らえるもの, 捕る, 捕るまで, 捕る薬, 捨てる, 掌の, 掘り出して, 掴みて, 掴んだあと, 描いて, 握り其, 撲った, 擲つて, 支配する, 放したの, 放したら案の定, 斬った, 斬りつ, 暗示する, 杖の, 棄てて, 死活せし, 死骸の, 殺した, 殺したと, 殺したまま, 殺した人間, 殺した祟りとでも, 殺しました, 殺しましたが, 殺しません, 殺し地, 殺し山, 殺し木, 殺し象牙, 殺すごとく, 殺すじゃ, 殺すという, 殺すどころか, 殺すには, 殺す事, 殿上に, 毒するもの, 水の, 江西の, 浸けた酒, 混同し, 火に, 火を, 焚き殺しますそれ, 焼かんと, 煮出して, 爼上の, 牀上に, 献じ払林, 瓶の, 甕中に, 生かして, 生き裂きに, 生ぜぬという, 生で食べてる, 生ませて, 産せぬ, 産み落としたの, 画いた者, 画くただし, 畏敬する, 畚に, 畫けり, 目がけて, 目撃せし, 眺めて, 眺めながら, 眼懸け, 瞋恚の, 知らざる者, 祀ること, 神虫として, 神視し, 私の, 称して, 竹の, 竹籠の, 箱に, 結い付けて, 絡わし牙ある, 緊めた, 美紅姫の, 聯想させる, 脅かしたので, 自分たちの, 苛めたり, 草野の, 薬用の, 蛇は, 表へ, 裂いて, 見, 見しかば, 見しとき, 見せた時, 見たかと, 見たこと, 見たの, 見たので, 見たり, 見たるもの, 見たれども, 見た者, 見つけた刹那, 見つけ踏む, 見つけ飛びかかって, 見つめて, 見てから, 見てさえも, 見なかったらそんな, 見なかつた, 見ませんでしたが, 見られたくなかった, 見る, 見るごと, 見るばかり, 見るよう, 見るより, 見付けたらば, 見付けた処, 見付けて, 見出したり, 見分けるには, 見護った, 見附けた, 見附けなすった時, 観察した, 記して, 記載した, 証拠に, 説いて, 貰ったところ, 走らすが, 走らすなど, 走らす体, 趁わ, 跨いで, 踊らせます, 踊らせるの, 踏みつぶすだけの, 踏み殺した, 踏んだの, 踏分けて, 蹈んで, 身の, 載す, 追いこして, 追いたてた, 追いはらって, 追いやって, 追い去って, 追うため, 追ふ, 追払って, 退散させる, 連れ来り衆人, 連れ込んで, 選んで, 選立し, 銭の, 錦ま, 闇に, 隠し込むの, 集めて, 霊怪, 霊怪視した, 霊物視する, 預った, 頸の, 食いお, 食いその, 食うて, 食うという, 食うもの, 食う処, 食う山国, 食う民, 食う者, 食う西国人, 食えば, 食す年々池辺, 食ったこと, 食ったとか, 食ったむくいでね, 食べた人能, 食べた猪, 食べるそう, 食べる動物, 食わせ知らぬが, 食物と, 飼い日々食, 飼うの, 飼う婦, 飼って, 飼つ, 飼ひ馴らした, 養い胆, 首に, 首へ, 馴らして, 魚虫より, 麦酒瓶に

▼ 蛇~ (367, 7.2%)

19 なって 10 なる 6 なった 5 似て, 魅入られた蛙 4 見込まれた蛙 3 なったり, なった話, なる話, 化けて, 怯じず, 覘わ

2 [26件] おじざるもの, おじず, おぢ, かまれて, からだを, なるかも, なると, なろうと, みこまれたと, みこまれた蛙, 似たその, 呑まれて, 咬まれたの, 噛まれるよりも, 変って, 巻かれて, 巻き殺された, 怖じずという, 怖じずとは, 欺かれて, 殺されたと, 王種あり, 睥まれて, 見える, 見こまれた蛙, 随って

1 [248件] いちばんふさは, いろ, うずめられて, うなされた, おじずであった, おじず風, おじぬ態度, おじぬ文化人, おそわれたよう, おどろき群, おなりなすった, かまれたん, からまれた時, されたと, したしみ, しては, しても, しめつけられたよう, しめつけられて, するつもり, その印紋, つかれて, でくわさない, どこか, なったあゝ, なったぞ, なったという, なったの, なったもっとも, なった例, なった女, なった恰好, なった程, なっても, なつた, なつたら, なつて, ならないよう, なりました, なります, なりよるら, なるから, なるからね, なるぜ, なるという, なるには, なるの, なるので, なるばかりか, なるよう, なる天馬, なる恐れ, なる法, なれ, なれ蛇, にらまれた蛙, にらまれた蛙同様, にらまれた蛙同然, ねらわれて, のまれたよう, ぶつからないので, ほかならぬから, まき付かれた石, まき付かれて, まつわらるる栗鼠, みこまれたが, みこまれた小鳥, みこまれて, よこぎられる, よりて, 三事あり, 乗っちゃ, 乗って, 乗りうつっ, 乗り憑, 人間の, 似たから, 似たもの, 似たり, 似たるが, 似た事日本, 似た執念深, 似た河, 似た物, 似た狡猾, 似るとて, 似る腹蜃, 似四足, 体を, 優れる者, 出逢った, 出逢ったの, 出逢った話, 勝れる由, 化けた山神, 化けるに, 化りたる, 化る, 取られる, 向い汝, 向かって, 向わずまた, 呑ませ円く, 呑まれかけた蛙, 呑まれようと, 呑まれる前, 呑まれる蛙, 呪われた娘, 咬まるるは, 咬まるる例, 咬まれたと, 咬まれた人, 咬まれた創, 咬まれた後讎, 咬まれた時これ, 咬まれて, 咬まれなすったか, 咬まれぬよう皮, 咬まれるとか, 喉を, 喰殺され, 噛ませて, 噛まれた, 噛まれた者, 噛まれて, 噛まれ全身腫れ, 噛まれ肉, 執われ啖, 変じぬ, 変った, 変へられ, 女を, 好かれる子, 始まり天使, 嫌悪を, 少しの, 属す形蛇, 巻かれたの, 巻かれるよう, 巻きつかれながら, 巻き殺されたなんて, 巻き殺されたんで, 巻付かれぬ, 怖じず, 怖じずの, 怖じずバカ, 怖じない盲人, 怖じない風, 怯ぢずで, 恐じざる者, 恐れるの, 悩まさるる熱, 憑かれたら困りますね, 憑かれた怪談, 憤りを, 懇請され, 懸れば, 成つてするする, 成らうも, 成ッて, 手を, 掘られたであろうと, 根拠した, 欺され, 段々と, 殺されたとて, 殺されたん, 殺されるという, 比したかと, 比して, 比べて, 水草木土四種あり, 注意し, 狙われた兎, 狙われど, 相違ない, 相違なく, 睥まれた, 睨まれたよう, 睨まれた蟇, 祟られたとかいう, 祟られたの, 祟られて, 祟られるという, 私一人で, 移すの, 約し汝巨鷲, 終ったため, 縁故が, 纏は, 肖た蛸, 脅かされたり, 自在に, 螫され, 血を, 襲われた人間, 襲われ上着, 見えた, 見えたの, 見えたり, 見え稲, 見こまれたと, 見こまれたよう, 見こまれた小鳥, 見事に, 見舞われて, 見込まれたとか, 見込まれたの, 見込まれた蛙さ, 誘はれて, 變じ, 負けぬほど, 走り懸り, 近いので, 近くなっ, 近づきて, 近づき来りもしくは, 近づけて, 追われて, 追われるに, 這い出されては, 逢いて, 逢いながら, 逢うも, 逢ったという, 逢わぬ, 過ぎたもの, 邂逅せ, 邪視あり, 邪魔されず, 酷似いる, 銜えられた鳥, 銜えられて, 非る, 頸を, 類せず宛転, 食い付かれたる時, 食い附かれたって, 食わせば, 食われて, 食われること, 驚かされて, 驚く狼狽者, 魅こまれる, 魅せられるから, 魅まれた, 魅入られたよう, 黠智を

▼ 蛇~ (365, 7.1%)

4 寸に, 進んで 3 しずかに, どこへ, 二度目の, 木に, 蛙を

2 [22件] おとなしく首, すぐに, その儘部屋, その尾, どうしました, どこに, ひそみぬ, ひそむととろほろと眼, ホンの, 一寸に, 不意を, 人を, 出て, 吊り下げられながらも, 悉く首, 本当に動い, 毛糸を, 穴に, 自分の, 見えなくなり暑, 頭を, 首を

1 [298件] あっちでも, あまり居ない, あんまり好かなかった, いきなり頭, いちばんおなかを, いつの, いない熱く, いまでも, いよいよ来るでしょう, いよいよ長大, いるの, うなづきて, おちつき払って, おどろきと, おなかが, おまえ達に, おもしろいぞ, およそ六十種, おろかわが, お嫌い, かしらを, かように, きれいなはね, くやしくって, こちらに, このやかましい, この事, この国, この家, この族, これを, さっとアタック, さておき私, さとい眼, すこぶる年寄り, すっかり目, すでに逃げ出し, そこへ, そのまま体, そのまま捨て, そのまま立ち去った, その上, その匂い, その口, その夜, その新, その時, その時こちら, その燃, その辺, それぎり行く, そんなに強い, ただ小屋, たちまちしつ, たちまちに, たちまち突入, ちっとも動かない, ちゃんと帰っ, てんで出, でなくなつ, とうとう客, ともかくも, どうした, どこへか, どこまでも, どれも, どんなに傷, どんなに追っ, なめらかな, ぬうと, ぬる火, はっきり私, ふいに, ほんとにこの, まずその, また, また元, まだ天井裏, まだ死なねえ, まるで犬, みんなの, みんな非常に, もう懲りた, もう死んだ, もう羽, もたれ気, やっとからだ, やっぱり目, よくその, よしな, よろめくよう, わが友, わが身に, わが髪, わざわいを, わずかに, わたしが, アラビヤ人が, イスパハンに, ギアナで, グロテスクで, ナガすなわち, マレムマの, ミラーノの, 一ぴきも, 一丈ほどの, 一切の, 一斉に, 一般の, 一通りの, 上へ, 下町には, 不思議に, 両眼, 主として尾, 之を, 乳の, 二つに, 二人の, 二筋電の, 互いに毒, 互に毒, 井にも, 人に, 人間の, 人間よりも, 人間を, 今も, 今夜きっと, 今日と, 以前よりも, 体を, 何んにも, 何処に, 余り大きく, 依然としてだらりと, 傷ついて, 全く足, 六匹いる, 其頭を, 出ぬもの, 力士その, 動く棒切れ, 動こうと, 動物園にでも, 勢よく, 勿論いる, 半年土の, 南の, 卵を, 又一面, 口より, 可厭, 吾, 咽喉を, 土藏の, 在インド, 地上に, 執念が, 執念ぶ, 執念深いと, 多く卵, 多けれど, 多嗔恚, 大そう, 大吉が, 大嫌いさそんなに, 大抵水辺, 大樹の, 大蛇に, 太い柱, 奇妙に, 女と, 娘の, 嫉妬山羊は, 嫌いで, 嫌えだから, 嫌だ, 字が, 実際ない, 実際に, 実際もう少しで, 實際もう少し, 寸断に, 小さくなっ, 小さな首, 尻尾の, 尾が, 屋通しという, 山の, 山中石岩の, 岡本の, 常に沾, 庭を, 弁天様の, 彼を, 彼等の, 征矢の, 御符, 忍剣の, 忽ちを, 忽ち鎌首, 恐らく虫, 悧巧で, 散じて, 文夫さんの, 日本に, 時々皮蛻ぎ, 時と, 智慧者です, 暫く凝然, 有脊髄動物中, 本邦にも, 栗鼠を, 格闘を, 椽の, 楓の, 樹上より, 死んでも, 残した殻, 殘した, 毎も, 毎度頭を, 毒蛇だった, 池の, 決して悪, 海原を, 無形の, 無数の, 無限, 熱地に, 物に, 特に好物, 犬の, 狂い疲れて, 猪の, 猶且棺臺, 生きて, 生きながらに, 生き生きした, 痛いから, 白い腹, 皆足あり炙れ, 益々増, 目を, 眼の, 箪笥とか, 簣に, 紐を, 絶えて, 縄を, 胎生だ, 脅迫の, 脱皮する, 自由に, 舟を, 苦しいから, 苦しがっ, 虫にく, 蚯蚓鰻等より, 蛇の, 蛙の, 蜜を, 蝮の, 螫さない, 螫す, 衣冠を, 表座敷の, 袖を, 褄の, 見ごとに, 親戚の, 評判だけでも, 誘惑なり, 誰でも, 貴方方四人, 走る力, 足なき, 足元に, 躍って, 身体中宝石で, 遂に首, 遠慮なくもぐりこん, 邪視を, 銀杏の, 鎌首に, 長さ一, 長五尺, 陸にも, 隠れ去り神輿, 隠居し, 雲と, 青いの, 音楽ずき, 頭で, 髪を, 鱗に, 黄金の

▼ 蛇~ (156, 3.1%)

16 なって 3 呼ぶ, 蛙の, 蛙を

2 [11件] あたしと, し畏敬, なったは, なる, なると, なれるも, 聞くと, 魚を, 鰐と, 鳩, 鷲の

1 [109件] いうにも, いうのに, いうほど, いおうか, いって, いろんな問答, かわって, この三つ, し居る, その向う, であった, なった, なった前夜, なつたる, なつて, なめくじと, なりその, なりて, なり姫驚き叫び, なり水滴, なり種々, なるとも, なる恐, なれり, なれる人, なれる者, まつわる縄, イナゴの, ガラガラ蛇との, チェラスタ, 一緒に, 云うの, 云えば, 交わり産ん, 人間と, 作る両, 切髪の, 別つ, 化って, 南瓜畑の, 原始人類との, 原子爆弾の, 吊るされて, 同じ, 同じだった, 同字, 同様未練も, 同義の, 同色の, 名づく, 呼ばれて, 呼んだと, 囃し立てて, 大海を, 契つた, 女郎ぐもとくさった柿が, 小娘と, 幽霊とに, 心得て, 思い只今, 怪竜と, 怪談とは, 成って, 戦ふに, 方術, 木兎とが, 梅の, 流れたところ, 為る竜, 犬と, 狼との, 猫を, 獅子と, 異なれど, 白蟻の, 直覚した, 私の, 称う, 等しく女人, 耳木兎とが, 聞いて, 蛙が, 蛙と, 蛞蝓と, 蜘蛛と, 蜥蜴が, 蟇の, 見えて, 見て, 見るもの, 見立てたが, 見違い, 言うだね, 言うて, 言つた不, 言は, 訛伝した, 話が, 誤るも, 誤認した, 財宝, 遊ぶの, 邪視の, 間違えて, 関係が, 闘うに, 陸上の, 騙され易い, 鼬を

▼ 蛇~ (89, 1.7%)

3 蛙も 2 なく, やはり姿, 我々蛙の, 毛虫も, 皆嬢様, 穴を

1 [74件] いそう, いたよう, いなかったそう, うごかない, うつくしい肌, お絹, ぐにゃぐにゃした, こいしげに, です, またメヅサ, また二つ, また人祖堕落, また大嫌い, また竜, また魔法, みんなデラポールトに, めずらしくない, やはり眠っ, ゐれば, ガルルーラの, バエイエ人が, 一しょで, 二筋落合うた, 交むか, 交る, 亦チ, 今宵がくらい, 住んで, 何かの, 兄弟です, 光る, 出さうで難儀, 出たん, 出まい, 出るだらうと, 切れ口の, 動く春, 同様で, 堪ま, 多瞋多恨, 妖怪も, 嫌いである, 居んの, 居心地が, 幸福である, 思いあたるよう, 恐ろしい, 我々の, 昼寝するであろう, 時に地獄悪人, 棲まん夫人, 棲んで, 検べたんです, 殺されず私達, 毒虫も, 法王シルヴェストル一世の, 火を, 物別れに, 発見されました, 私と, 等しく眠つて頭, 米国産で, 能く, 自分の, 菩提に, 蛇使いも, 蛇使ひも消え, 蟹には, 袋に, 踊るや, 這出そう, 閃きぬ蜥蜴, 隠れて, 食い野鼠

▼ 蛇~ (79, 1.5%)

4 蛙を 3 蛙の, 魚や 2 蛙が, 蛟の, 蜥蜴や, 蝮は, 鳥の

1 [59件] あらゆる悪食, いたずらっ, なにか変った, キリギリスは, クモの, 仔鼠を, 古い古い蛇, 地球上の, 幽霊や, 幽霊を, 毒虫の, 毛虫なぞに, 濠州地方の, 烏である, 烏は, 熊の, 猫あるいは, 猫なんかは, 猫や, 竜と, 虎を, 虫の, 虫や, 蚯蚓などを, 蚯蚓は, 蛙とでも, 蛙や, 蛙やなどの, 蛙其の, 蛟が, 蛭の, 蜂や, 蜘蛛なんぞの, 蜘蛛は, 蜥蜴それから, 蜥蜴に, 蜥蜴の, 蜥蜴やの, 蜥蜴を, 蜥蜴類が, 蜥蝪の, 蝦蟇や, 蝮でさえ, 蝮を, 蝮蛇より, 蝮蛇を, 蟹の, 蟾蜍が, 蟾蜍など, 蟾蜍の, 見ゆらん鳴く蛙, 角喇蜴などの, 豹を, 鏡も, 青蛇, 響尾蛇は, 魚などの, 鰐や, 鱗蛇を

▼ 蛇~ (52, 1.0%)

2 のす, の方

1 [48件] が云ってる, が催促, が蛇, が退治, たるところ, ですか, でも何, で先代, という名, という男, にたずねる, に言い聞かせる, の元気, の存在, の家, の手腕, の斧, の来た, の母, の蛇吉, の野郎, はうなずいた, はうなる, はここ, はひどく, は二つ返事, は人間, は先度, は呶, は大いに, は戸板, は手斧, は断った, は用意, は自分, は蛇, もあくまで, も勿論, も容易, も正気, も猶予, も顔, よ, をもっ, を介抱, を畏敬, を説得, を頼ん

▼ 蛇~ (43, 0.8%)

2 頭を

1 [41件] あつた, あらう, あらうたそがれ, いいおれ, いつかこの, うなじの, かう扱きおろすん, こすれば, この船, ござんし, その蛇, でも, とうより, まっしぐらに, わたしの, アテネと, 上半身は, 人を, 何を, 其の蛇, 占う事, 周囲の, 嚇か, 多くの, 大砲を, 孑孑また, 実は烏賊, 家を, 手先等は, 手足と, 支倉の, 日向ぼこ, 梁にでも, 次が, 死んで, 江戸には, 眉唾ものだ, 脚がけだ, 身長六フィート周囲六インチに, 通って, 顔円く

▼ 蛇~ (43, 0.8%)

2 と女性, の像, の名代, の祟り, の血統

1 [33件] が体, である, というの, という怖, としての恐る, となり, とは其性質, と云わず, と人間, と異, と稍, なり, なり神婚神話, に相違, のこと, のやう, の伝説, の名, の呪い, の執念, の女, の妻, の子, の珍, の血, の譚, の類, は盖, ほとんど吾人, も其父, も江戸, も箱根, を見

▼ 蛇~ (41, 0.8%)

3 とも思ふ, のが 2 からである, つて何だ, と思った

1 [29件] あなお前が, かそれ, から早く, から飛, か人間, か知っ, か知らない, か鳥, が好ん, ぜこれ, という思い, とかいろいろ, とか申す, とか蜥蜴, とか隼, と云うで, と思, と思っ, と思つて, と感心, と棒, と知った, と見え, なと気がつい, ね, のを, よ, 蛇だ, 蛇の

▼ 蛇でも~ (36, 0.7%)

2 鳥でも

1 [34件] あきらめて, いもりでも, おそれ, お孃さん, かまわないよ, きらいだ, ございませんが, ない, ないやっぱり, なんでも, のたくりそう, ぶつけられたん, よいこっち, 何の, 出たか, 出たの, 叩きつけるやう, 居たの, 平気で, 急所を, 投げつけられたよう, 来い, 棲んで, 構ア事アねえ, 毛蟲でも, 渡すかの, 親子だ, 赤ん坊を, 踏んだもの, 這って, 這出しさうな, 這出しそう, 這出して, 飛びつくが

▼ 蛇~ (33, 0.6%)

9 の連中 3 の豹吉 2 が自首, の一党

1 [17件] が一人, だす, とはゆかり, と留置場, にはいった, に御馳走, のペペ公, の一員, の仲間, の刺青, の正体, の秘密, はみんな, も引きあげかけた, も随分, をかばいたかった, を見送った

▼ 蛇使い~ (31, 0.6%)

5 の婆さん 3 のお 2 の女, の男

1 [19件] お絹, か花園, が使う, こんなもの, だという, であろうか, ですよ, ではありません, ではない, にも鼻, のお婆さん, のお金さん, のよう, の一味, の大道芸人, の恐い恐い, も消え, を見, を見せたら

▼ 蛇~ (27, 0.5%)

2 を横

1 [25件] で一太刀, と画桿, などが嬉しく, にはなお, には当るべく, に斬り捨てられる, はやや, は呂布, は周善, は彼, をたずさえ, をふるっ, をもっ, を抜きはらい, を按じ, を握っ, を揮っ, を携, を支え, を斜, を横たえ, を突っ立て, を舞わし, を鍛, 長槍

▼ 蛇~ (23, 0.5%)

2 を受けた

1 [21件] かのよう, から兜率天, という文字, という言葉, になっ, になる, に伸び, に誘はれ, に関係, のよう, の女, の形, の所々, の神, の頸飾り, を愧ぢ, を捲いた, を破る, を細く, を脱, 之神

▼ 蛇では~ (20, 0.4%)

3 ない 2 ないはばかりながら, なくて

1 [13件] ある, あるまいか, あるまいかと, いけないん, こんな芸当, どっちへ, ないかと, ない千倍万倍, ない竜, なく駕籠, 御座らぬ, 無い是, 無くて

▼ 蛇~ (20, 0.4%)

7 の参籠堂

1 [13件] から, でございます, で馴染んだ, という, となる, に籠る, のお, の上, の参籠, の水, の蛇, へ参籠, へ帰らない

▼ 蛇~ (18, 0.4%)

2 に対する評価

1 [16件] ではない, と云う, には注意, に敬意, に甚だ, の句, の名, の名前, の影響, は悪口, を忘れ, を褒めた, を褒めはじめた, を見かけた, を認めた, を賞讃

▼ 蛇あり~ (17, 0.3%)

1 [17件] てうごめき, てとある, て常, と信ずる, と記せ, と載せ居る, 一犢子を, 前後次第し, 大きさ柱, 大毒, 容易に, 桴に, 犢の, 肥遺, 虹に, 長七八寸より, 首尾相類う

▼ 蛇いちご~ (15, 0.3%)

2 を喰, を食べ

1 [11件] がもう, が利きすぎた, が四つ五つ, が生, みかけは, もきかない, をさし, をたべ, をもつ, を神主さん, を集め

▼ 蛇~ (15, 0.3%)

2 何かの, 孔雀の

1 [11件] なんかが, もしくは一つ目小僧, 何とも, 山椒の, 知つて知らぬ, 蛇が, 蛙の, 蛸の, 蜥蝪の, 鎖か, 鬼じ

▼ 蛇つかい~ (14, 0.3%)

3 のお, の女 1 に馴染み, の二人連れ, の兄弟, の小屋, の足, の顔, もおりました, を御新造

▼ 蛇とは~ (14, 0.3%)

2 一つ餌食を, 霧の 1 いっしょだ, 仲が, 似た物, 別にこれ, 異民族, 私にとっては, 肛門より, 誰も, 近付, 面白いな

▼ 蛇~ (14, 0.3%)

2 の陣

1 [12件] でも鳥雲, で翼, となり, なりと, になっ, の列, の単物, の細い, の者, の行軍, の黄金, を示し

▼ 蛇~ (13, 0.3%)

2 です, の図 1 と名づけた, と呼ばれ, について同, の事, の由来, の記, や, や心, ヲ以テ此種

▼ 蛇~ (13, 0.3%)

1 [13件] が上, ついにその, で昏倒, にやられ, の研究所, はハルク, は廻る, をうけ, を以, を以て他, を制す, を吸い出す, を消す

▼ 蛇~ (13, 0.3%)

2 にし, のメデウサ 1 する面振り君, に両角, に大地, の真赤, はその, は男子, や黒い, を戴きおります, を見ざる

▼ 蛇という~ (12, 0.2%)

2 のが, のは 1 ことを, ものが, ものは, ような, わけで, 余これを, 味方が, 小形で

▼ 蛇より~ (11, 0.2%)

1 [11件] ほか何にも, もっとお前心持, もっと面白い, もつと, 兄が, 出たろうて, 出て, 強いもの, 数層むつかしく, 生ずると, 蚯蚓が

▼ 蛇とも~ (10, 0.2%)

2 言ひ 1 いいよう, いふべきもの, なりつれなく憎く, なり口, 判断が, 妖怪とも, 言うべし天理人情, 魚とも

▼ 蛇にでも~ (10, 0.2%)

1 なったの, なったよう, なって, 卷きつかれたやう, 噛み付かれたやう, 夜叉にでも, 襲はれた, 襲われたもの, 覘われた, 触ったよう

▼ 蛇です~ (9, 0.2%)

42 蛇です 1 からね, から血, 三疋

▼ 蛇には~ (9, 0.2%)

1 この虫, それを, もう懲りました, 四つの, 壁蝨が, 妙に, 敵わ, 親しめないによりと, 足が

▼ 蛇にも~ (9, 0.2%)

2 なる 1 あらずこと, その他ありとあらゆる, なって, 咬まれたが, 女の, 思われる, 手などを

▼ 蛇~ (8, 0.2%)

1 の腹帯, の靴, を取っ, を巻いた, を張った, を脱ぐ, を頤, 堅くし

▼ 蛇~ (8, 0.2%)

1 ですか, のおそれ, の最も, の癩病, は好ん, は建築物, は比較的, を馴らし弄んだ

▼ 蛇から~ (7, 0.1%)

1 できて, どうかしなく, 出たの, 受けた毒氣, 生じた迷信, 脱れ, 飛び出た赤児

▼ 蛇つかひ~ (7, 0.1%)

2 の吹く 1 たちは, の女, はいづれ, はそれ, はまた

▼ 蛇など~ (7, 0.1%)

2 もさうでございますが 1 出でけるを, 前にも, 好んで, 甚だ結構, 蛇が

▼ 蛇また~ (7, 0.1%)

1 前陰, 巨蟒安, 竜が, 竜を, 蚯蚓の, 蟾蜍が, 鰻に

▼ 蛇多き~ (7, 0.1%)

2 を平らげん, 草中に 1 山を, 所は, 時は

▼ 蛇嫌い~ (7, 0.1%)

1 だったと, である時家, な帆村, の人, の士, の彼, は我等人間

▼ 蛇責め~ (7, 0.1%)

1 にあった, にし, にしよう, に逢うた, に逢っ, に逢った, のむごい

▼ 蛇である~ (6, 0.1%)

1 からおそらく, から東京行, が角, と心, と決められ, と申し

▼ 蛇との~ (6, 0.1%)

1 二つの, 交渉が, 大奮鬪, 如き二, 恋で, 間の

▼ 蛇~ (6, 0.1%)

1 のかしら, のである, のです, のね, のやら, ん極

▼ 蛇などを~ (6, 0.1%)

1 いじるもの, みて, わざわざ手みやげ, 持ち込んで, 持って, 見つけては

▼ 蛇なら~ (6, 0.1%)

2 捉れる 1 いい人, ば蛇, よけて通る, 宜い

▼ 蛇みたい~ (6, 0.1%)

1 だよ, なたいへん, な眼エ, にあっし, にビクビク, に動き回った

▼ 蛇~ (6, 0.1%)

3 そなた 2 蝮の 1 あゝ死の

▼ 蛇~ (6, 0.1%)

1 が居なくなっ, のご, のショウ, の身内, は笑っ, も洋装

▼ 蛇子型~ (6, 0.1%)

2 の民譚 1 が我が国, の加工, の父方, の物語

▼ 蛇崇拝~ (6, 0.1%)

1 と混合, の余波, の条等, の民族, の跡, を論じ

▼ 蛇~ (6, 0.1%)

1 に入った, に少し, へ放し, を出, を出る, ヲ出ル

▼ 蛇~ (6, 0.1%)

1 である, と眼, と罵り立てる, に帰, の危害, の名

▼ 蛇退治~ (6, 0.1%)

1 のため琉球, の物語, の顛末, をし, を見物, を遣った

▼ 蛇すなわち~ (5, 0.1%)

2 死す 1 この鬼, ピゾン・レチクラツスたる, 老蚯蚓

▼ 蛇その~ (5, 0.1%)

2 ひとりの 1 人を, 匂ひ, 音を

▼ 蛇だの~ (5, 0.1%)

1 両頭の, 水底の, 籠を, 蛙の, 鸚鵡だ

▼ 蛇よりも~ (5, 0.1%)

1 もっと有害, 嫌な, 早くするする, 目前の, 蝶の

▼ 蛇剌馬~ (5, 0.1%)

1 で方, に辛苦, の酋長, の黄昏, の黄色

▼ 蛇多く~ (5, 0.1%)

1 守ると, 屋根に, 棲み祭日, 棲むも, 集まり重

▼ 蛇~ (5, 0.1%)

21 はそんな, も苦し, も餓死

▼ 蛇~ (5, 0.1%)

1 が焼けた, が貯えた, で売ります, に蛇, の前

▼ 蛇笏君~ (5, 0.1%)

1 などから鞭撻, に献上, の憫笑, の手紙, の書

▼ 蛇~ (5, 0.1%)

1 といふの, と水銀剤, に昂奮, の空瓶, を調合

▼ 蛇~ (5, 0.1%)

1 てえ, でも炊い, は乙, を召し上がらん, を食い過ぎた

▼ 蛇ある~ (4, 0.1%)

1 なり蜈蚣蛇, の地, を聞かず, 由トンとは

▼ 蛇じゃ~ (4, 0.1%)

1 ありませんか, ないぞ, 段々その, 見込まれたが

▼ 蛇だって~ (4, 0.1%)

1 そんなにいや, まき加減, 構いません踏みつぶして, 狼だって

▼ 蛇~ (4, 0.1%)

2 やない 1 やなく, やねえ

▼ 蛇とか~ (4, 0.1%)

1 毛虫とか, 言はれ, 言われながら, 象とか

▼ 蛇ども~ (4, 0.1%)

1 がこの, が乳, で和漢, の集会

▼ 蛇なんか~ (4, 0.1%)

1 何でも, 幾匹押し掛け, 澤山ゐる, 見るの

▼ 蛇ほど~ (4, 0.1%)

1 尊きもの, 普通人に, 速く逃げ去らぬ, 長きもの

▼ 蛇よりは~ (4, 0.1%)

1 弱いの, 心地よや, 欧亜諸, 竜夥の

▼ 蛇らしい~ (4, 0.1%)

1 ものが, ものを, 何かを, 物の

▼ 蛇会料理~ (4, 0.1%)

2 というの, と言

▼ 蛇~ (4, 0.1%)

1 となり, のごとき, は女性的, は男性的

▼ 蛇~ (4, 0.1%)

2 の戴, の男

▼ 蛇~ (4, 0.1%)

1 でもない, の勢い, は更に, は立派

▼ 蛇~ (4, 0.1%)

2 も皆雨 1 を洗う, を編ん

▼ 蛇~ (4, 0.1%)

1 には小屋, のお, の御, の神札

▼ 蛇除け~ (4, 0.1%)

1 の御, の紺, の贋いもの, 伊右衛門とて

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

3 ふ雉子

▼ 蛇だけは~ (3, 0.1%)

1 ことごとく片目, だまつてこの, 夢に

▼ 蛇だった~ (3, 0.1%)

1 の, のです, んだ

▼ 蛇であった~ (3, 0.1%)

1 かも知れません, ということ, ように

▼ 蛇でなく~ (3, 0.1%)

1 ても, 印度産の, 妖精が

▼ 蛇とでも~ (3, 0.1%)

2 恨を 1 寝た方

▼ 蛇などの~ (3, 0.1%)

1 スリルを, 動物の, 間を

▼ 蛇なり~ (3, 0.1%)

1 すなわち見, 蛙なりの, 螂蛆喜ん

▼ 蛇なんて~ (3, 0.1%)

2 こは 1 迷信だ

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

1 かかった, ふりかけました, 食いついた

▼ 蛇よけの~ (3, 0.1%)

1 呪文という, 呪文を, 草などが

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

1 にも貴族, の王, 蛇おろちの

▼ 蛇使~ (3, 0.1%)

1 で顔, と言つて蛇, はそんな

▼ 蛇味線~ (3, 0.1%)

1 の音楽, を合奏, を撥

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

1 の毒, を療, を療ずる呪

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

1 で四人組, といつ, の上

▼ 蛇形陣~ (3, 0.1%)

1 が嵐, の腹背, はふたたび

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

1 でもこ, の女, をあらわす

▼ 蛇捕り~ (3, 0.1%)

1 とかいう一種, を商売, を探し出しました

▼ 蛇毒研究所~ (3, 0.1%)

1 の若い, の金庫, へ持っ

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

1 すなわち海蛇, に入っ, より来り

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

3 に怖じず

▼ 蛇状蜥蜴~ (3, 0.1%)

1 はすべて三種, を硝子蛇, を蛇

▼ 蛇王様~ (3, 0.1%)

1 はなで, は皹, へ詣っ

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

1 が化けた, が新米寡婦方, 多く人

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

2 来り攻 1 を分けた

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

1 ではグロ, の一塊, を抓む

▼ 蛇自身~ (3, 0.1%)

1 の体, の目, の眼

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

1 てアイギス, て人, て鳴く

▼ 蛇~ (3, 0.1%)

2 の釜 1 こそ恐しかりけり

▼ 蛇身人首~ (3, 0.1%)

1 であ, であつ, の神

▼ 蛇骨湯~ (3, 0.1%)

1 という湯屋, の話, へ一緒

▼ 蛇骨長屋~ (3, 0.1%)

1 のそば, の屋根, へ言葉少な

▼ 蛇あるいは~ (2, 0.0%)

1 竜を, 蜥蜴あるいは

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 びたゞしく棲めれ, ほく住める寺

▼ 蛇かも~ (2, 0.0%)

1 知れないとは, 知れない人

▼ 蛇がと~ (2, 0.0%)

1 聞いただけで, 遁惑うた

▼ 蛇がは~ (2, 0.0%)

1 ひ出して, まつたら生き還つて這

▼ 蛇これ~ (2, 0.0%)

1 に加勢, を繞

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 へ溶ける, 出ようと

▼ 蛇さまざま~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ 蛇ずき~ (2, 0.0%)

1 のツボ平さん, の悪戯

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 さわたる, 走りゆく

▼ 蛇たち~ (2, 0.0%)

1 のさつ, は同じ

▼ 蛇たる~ (2, 0.0%)

1 の際, 事疑いを

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 ふ緑色, ふ観念

▼ 蛇であり~ (2, 0.0%)

1 じっと静か, 八咫烏は

▼ 蛇でさえ~ (2, 0.0%)

1 くぐれぬよう, 彼等の

▼ 蛇とり~ (2, 0.0%)

1 にこの, に行っ

▼ 蛇とを~ (2, 0.0%)

1 かねし如くみえ, 突きつけられて

▼ 蛇と共に~ (2, 0.0%)

1 女の, 御嶽の

▼ 蛇なき~ (2, 0.0%)

1 を以て名高く, を以て聞えた

▼ 蛇なりと~ (2, 0.0%)

1 いう, 解するとき

▼ 蛇なる~ (2, 0.0%)

1 か, かとただ

▼ 蛇なんぞ~ (2, 0.0%)

1 持って, 棲んで

▼ 蛇に関する~ (2, 0.0%)

1 一種の, 民俗と

▼ 蛇のう~ (2, 0.0%)

1 すぎぬ価, ねつて

▼ 蛇のみ~ (2, 0.0%)

1 厭う者, 能く

▼ 蛇はま~ (2, 0.0%)

2 とはん

▼ 蛇ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく人形, 捜して

▼ 蛇ばかりが~ (2, 0.0%)

1 いた時代, 出た

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 が這いよっ, をずたずた

▼ 蛇をも~ (2, 0.0%)

1 捕って, 襲わんと

▼ 蛇ヶ池~ (2, 0.0%)

1 の公達, の辺

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 の短刀, の短剣

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 で去りし, で脚

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 という, の事若州

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 を挙げたる, を知らず

▼ 蛇咬む~ (2, 0.0%)

1 をさ, を感ずる

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 に婬, の灰

▼ 蛇姫様~ (2, 0.0%)

1 のお告げ, を殺した祟りで

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 な南日君, ひの

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 と言うごとく, の本身

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 の中, や河童

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 のなか, の五九六二一番

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 て乳, て児

▼ 蛇来っ~ (2, 0.0%)

1 てノア, て約束通り人

▼ 蛇来り~ (2, 0.0%)

1 て夜ごと, 尾で

▼ 蛇来る~ (2, 0.0%)

1 を留むる呪, 地の

▼ 蛇火花~ (2, 0.0%)

2 をちらす

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 の子, の魚

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 を体内, を炙り

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 が七年目ごと, が追い去る

▼ 蛇皆力~ (2, 0.0%)

1 なしこの, を失う

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 が赤坊寝台, でも沢崎キン

▼ 蛇窪村~ (2, 0.0%)

1 の方, の踏切

▼ 蛇胆気粗~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

2 く人

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 にかの女王, に女王

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

2 に兎

▼ 蛇自ら~ (2, 0.0%)

1 その尾, 呑んで

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 の如く絡み合った, を吐い

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 なめくぢ, を啣

▼ 蛇蜥蜴~ (2, 0.0%)

1 などを誇張, を離

▼ 蛇蟲けら~ (2, 0.0%)

1 を掻, を焼

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 を呑む, を食い

▼ 蛇逃げ~ (2, 0.0%)

1 さりぬ, て我

▼ 蛇露誠実~ (2, 0.0%)

2 なき狐

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 の藝, ひばなし

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 が何万マイル先, と獅子首

▼ 蛇骨川~ (2, 0.0%)

2 の橋

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 と眉, やて

▼ 蛇~ (2, 0.0%)

1 のよう, を具えいた

▼1* [398件]

あっぱれ道庵に武勇, 蛇あの第三紀ごろ, 蛇あらはれて, 蛇あり游ぎ来り蘆梢に, 蛇いずれも長, 蛇いわくそれそこにある, 蛇いわく僕も頭痛持ち, 蛇おのづから靜まり, 蛇おろちの類, 蛇お化けでないこと, 蛇かと思って, 蛇かとばかり我家の, 蛇がにょろ, 蛇がによこりと, 蛇がのさばつて大きい, 蛇がのたりと寐て, 蛇がらみが投げ出された, 蛇きらい見るのも, 蛇ぎらいというよりは蛇をあがめ, 蛇ぎらいにさせたのは事実であった, 蛇くちなはも, 蛇ぐさ人参草嫁菜大なずな, 蛇ぐらいはあべこべに, 蛇ふの, 蛇などなん, 蛇こしきとかいっ, 蛇この上に, 蛇これ神なるも, 蛇さえ居なかったならと, 蛇さまを拝み, 蛇さわぎに出逢う, 蛇さんずいぶんのろま, 蛇じゃあねえ切禿の, 蛇じゃが神様じゃから, 蛇すら能く, 蛇そっくりである, 蛇その他蛇の画符, 蛇それが昔, 蛇それからくらげふぐで, 蛇ぞろぞろと嘔吐, 蛇たちまち見えなくなると, 蛇ために長, 蛇だろうとお, 蛇だ知らぬほど強い, 蛇ちょっと触れば, 蛇っていびきを, 蛇つきである, 蛇つていふ奴は此方, 蛇であれむす子の, 蛇でございと云う, 蛇でございますな, 蛇でしたが今度, 蛇でなければならない, 蛇といった不気味な, 蛇といふなり遠, 蛇といふばかりなるをぞ, 蛇とうねくる, 蛇とが行き会っても, 蛇とぐろを巻く, 蛇としか見えなかつたの, 蛇として西海に, 蛇とって来た, 蛇とやら云って, 蛇ども怒り嘯き口, 蛇ども皆その方, 蛇ないらしい, 蛇なお活きいたと, 蛇なく他の, 蛇なぞと言はれ, 蛇なぞは人を, 蛇などが紫水晶で, 蛇などと申して, 蛇などには馴れて, 蛇などは神代より, 蛇ならくふ男, 蛇なりかれが性, 蛇なんぞの多いところ, 蛇なんぞは作り話だ, 蛇なんぞをびくびくする, 蛇について種々取り調べた, 蛇についての諸国の, 蛇については一言も, 蛇にてぞましましける, 蛇にとっては亀は, 蛇にとり返されるの, 蛇になつて渡らう, 蛇になーれ, 蛇にのまる, 蛇にのみ心ひかれ, 蛇によって象徴された, 蛇に対してまず第一線, 蛇のばす一つ首首より, 蛇はおまいの袋なぞ, 蛇はしり郵便箱に, 蛇はとつくに, 蛇ははふむしであるから, 蛇ばかりか蜥蜴でも, 蛇ばかりから生じたよう, 蛇ばかりじゃないん, 蛇ばらかごですから, 蛇ふたりの天使, 蛇ほどの巻鬚が, 蛇または水中の, 蛇まで使う必要, 蛇までが皆片目, 蛇までも何故斯様, 蛇てえ, 蛇めらが箱, 蛇もつとも狡猾し, 蛇もをります, 蛇よかはづ, 蛇よぎる戦に, 蛇よけ呪文という, 蛇らしくも魚, 蛇らしくないのでふっと, 蛇わたる山の, 蛇たりこ, 蛇をな買って, 蛇をのんだ, 蛇をよびつゞけました, 蛇を以て巳に, 蛇アダムの妻エヴァ, 蛇イチゴコケモモゴゼンタチバナヤマオダマキなどが陰森, 蛇ゾロッとそいつ, 蛇チェラスタ髮に代り, 蛇デルフィの大蛇, 蛇フップ・スネークを産す, 蛇ヨルムンガンド大地を囲める, 蛇ヶ沼の信行寺, 蛇ヶ窪の非常汽笛, 蛇ヶ谷を経, 蛇一匹すらもその, 蛇一名片蛇雲南の大侯禦夷州, 蛇一猿と共に皮袋, 蛇一疋ずつは主, 蛇三味線を入れる, 蛇蟄以存身也, 蛇亂踏心膽悸怪影走石, 蛇二頭を他, 蛇互いに纏うた処, 蛇交むを見る, 蛇に取られた, 蛇以上に自分, 蛇以外の動物, 蛇はわたし, 蛇佐渡に最, 蛇使ひであらうか, 蛇使ひも消えて, 蛇ちおり女巫, 蛇を産まず, 蛇穴まだ, 蛇入りしと, 蛇八つ手の葉, 蛇を鎮め, 蛇出羽にてトンヘビ, 蛇切れたら切片が, 蛇があった, 蛇努力して, 蛇し蠢動, 蛇動いて勇士, 蛇の陣, 蛇からは白い, 蛇かりしこと, 蛇即ち竜神を, 蛇や蛇脂, 蛇五百余里中間あまねき, 蛇又は水中の, 蛇及び一種の, 蛇及皮線に城内, 蛇吉ひとりである, 蛇同様ただ蛇, 蛇同様霊異な事, 蛇君等が処得貌, 蛇呑みこむ月のか, 蛇呼吸と燃える, 蛇を全う, 蛇はむとせば, 蛇和名倍美蝮和名波美とあれ, 蛇喰い犬とを, 蛇四ひきを三十ピアスター, 蛇因って呑み食う, 蛇団対隼団の緊迫, 蛇土名コン・トランその脂, 蛇に遂, 蛇地蟲はさみ蟲冬の住家, 蛇に投げられ, 蛇堀川といふ沙河, 蛇の形, 蛇夜これを取り出し, 蛇夥しく聚まる, 蛇にし, 蛇大好きなの, 蛇夫人とよばれた, 蛇る裏堀, 蛇好きマアーうれしい, 蛇の国々, 蛇婿入譚, 蛇嫌えだとさ, 蛇存すという, 蛇室中の蛇, 蛇を免れた, 蛇に入る, 蛇寝床に潜る, 蛇小さい蛇中, 蛇少し弱った体, 蛇を撃て, 蛇居たとかつて, 蛇屋敷と云い出し, 蛇としたらしく, 蛇岩窟に棲み, 蛇崇拝徒二万五千人もあった, 蛇嶺南に生ず, 蛇左右の脇, 蛇常に薄雲, 蛇へ出る, 蛇の夢中遊行, 蛇引き離れ去ったから, 蛇弱りて蛙, 蛇形池の中, 蛇に驚き, 蛇往還必ず一途, 蛇頸に, 蛇怖いけれど怖い, 蛇恨んで出会う, 蛇の醸成, 蛇憑きの類ならん, 蛇我が頸に, 蛇我弟を殺さん, 蛇を螫, 蛇に公, 蛇打ち寄せられ津々に, 蛇打捧を, 蛇として彼, 蛇持ちともいう, 蛇支那人が二人掛り, 蛇あり支那, 蛇教えのまま, 蛇数疋を伴, 蛇料理がどう, 蛇断れた時艾の, 蛇族全部を退治, 蛇に数百万広野, 蛇木杖という微塵, 蛇来つてこの, 蛇柳原稿図も添え, 蛇梅雨時章魚に化す, 蛇で好んで, 蛇から樹, 蛇樹上の栗鼠, 蛇樹下に臥し, 蛇の伝説, 蛇歯型が消えない, 蛇して, 蛇殺されている, 蛇と称する, 蛇毒予防の効, 蛇毒消散して, 蛇毒試験の報告出, 蛇毛虫の如く, 蛇水中にて人, 蛇江戸近処, 蛇河内という地名, 蛇洪水息んで, 蛇活きてはおる, 蛇の上, 蛇烏蛇樟脳虎胆の七種, 蛇の自然石, 蛇煙草汁を忌む, 蛇父母なりまた, 蛇狐天狗生霊などを拝, 蛇狼鹿その他の諸物, 蛇を画い, 蛇猾智に富む, 蛇獣婚姻の関係伝説, 蛇珠口にあり, 蛇はれて, 蛇の話, 蛇畠町の先浜町, 蛇は大した, 蛇病院へ持っ, 蛇皮張りの三味線, 蛇皮肝鼠の毛, 蛇となる, 蛇も生じたがる, 蛇相搏つ妖, 蛇をすえ, 蛇眼石の釘みたい, 蛇矛横にふるっ, 蛇矛黒鹿毛の逸足, 蛇あり南北蛇, 蛇神それは昔, 蛇神トウビョウも蛇, 蛇神信仰或は龍神信仰, 蛇神大崇拝のごとき, 蛇神夫妻の女, 蛇神崇拝の形跡, 蛇神復讐女神に代っ, 蛇神退治の古く, 蛇祭りというの, 蛇禽獣とて一概に, 蛇窪無産者託児所と白地, 蛇笏天郎白峯等の諸家, 蛇等有害動物の名, 蛇答えて彼, 蛇精亀血を啜りまし, 蛇を読め, 蛇を讀め, 蛇の眼, 蛇縄麻の三つ, 蛇ふ, 蛇群中に割り込む, 蛇い来ると, 蛇が老女, 蛇の黒焼, 蛇腐るに随, 蛇には蜥蜴, 蛇自ら静りし, 蛇自分より大きな, 蛇自殺する事, 蛇を踊る, 蛇は地, 蛇茯苓南天の實, 蛇にかくれ, 蛇菰科のシノモリウム・コクネシウム, 蛇萬人に嫌, 蛇の婿, 蛇蘭語で云う, 蛇之霊発菩提也, 蛇蚊蛙すくなく, 蛇の毛髪, 蛇蛙共に死したる, 蛇蛙毛虫の類, 蛇蛙蝶それからその, 蛇にのびちぢみ, 蛇に化, 蛇蛻劫風の将, 蛇蛻蝉殼となつ, 蛇に螫, 蛇蜂蛞蝓蝶蚊虻蟻そして人間, 蛇蜈蚣が登るべき, 蛇蜥蜴壁虎蟆犬猫狐狸鼬鼠貂のたぐい, 蛇蜥蜴甲虫などに与え, 蛇を憂, 蛇蝮蛇の毒, 蛇螺旋状に木, 蛇とか, 蛇のごとく嫌われ, 蛇見せてあげる, 蛇見たいにな, 蛇角二本長一寸余り慶長九年閏八月十九日羽州秋田常栄院尊竜, 蛇だといった, 蛇谷村字安達ヶ原へ集る, 蛇と黒, 蛇赤い蛇, 蛇赤くて斑紋, 蛇起請も行われ, 蛇へ幾つ, 蛇踊りその間を, 蛇躍るが如し, 蛇身長に比し, 蛇と別, 蛇近く走り行くの, 蛇躡余りに, 蛇逃がしの笛, 蛇逃げ去るという云々, 蛇這い去るというた, 蛇遣いが種々, 蛇遣い星座の第, 蛇遣ひが雪崩れ, 蛇酒屋から掠奪, 蛇野蛟は野蛇, 蛇であること, 蛇錦文とある, 蛇を舐り, 蛇長二十五フィート胴の厚, 蛇除伊右衛門とて毒蛇, 蛇と交わり, 蛇雲南の大侯禦夷州, 蛇響尾蛇蝮蛇の毒, 蛇頭上に揮, 蛇頭天に属す, 蛇飛び行き頸と, 蛇食い又は蛇使い, 蛇食べて治, 蛇驚いて正当防禦, 蛇驚き萬斛の, 蛇のよう, 蛇骨峠を一つ, 蛇骨湯右は清正公, 蛇髪女鬼九頭大蛇等諸怪, 蛇髪復讐女神に護衛, 蛇鬼神までも両, 蛇魅師の一行, 蛇を喰い, 蛇鰐亀の類人間, 蛇麻草の蔓, 蛇は闘わず, 蛇などの要素