青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「虚偽~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

藪~ 藻~ 蘆~ 蘭~ 蘭軒~ ~虎 虎~ ~處 處~ 虚~
虚偽~
~虫 虫~ 虹~ 蚊~ 蚊帳~ ~蛇 蛇~ ~蛙 蛙~ 蛾~

「虚偽~」 1001, 11ppm, 9989位

▼ 虚偽~ (194, 19.4%)

8 自白を 4 上に 3 うちに, ように, 報告を, 申立を 2 ために, 一定形態を, 原因を, 大本営発表で, 感激に, 泪を, 源泉は, 生活である, 生活に, 自白である

1 [150件] ことが, ない全く, ほうを, もので, ものなるべし, ものを, やうに, わざとらしい線, 一つ一つの, 一定形態とが, 上には, 世界から, 世界であっ, 中から, 中においてのみ, 中にのみ, 事さえも, 事を, 事実が, 他では, 代表的虚偽形態であるだろう, 代表者は, 仮面を, 何らの, 作である, 作品のみ, 価値関係は, 侵略戦争であった, 保証人となり弁護者と, 側に, 光栄とを, 克服の, 入れ札を, 凡てでは, 分子の, 分子不健全の, 副作用の, 創造である, 勝敗を, 化身だ, 可能性の, 可能性を, 名こそ, 名誉にとり, 問題が, 問題に, 因襲に, 地獄を, 基である, 基礎の, 報告に, 報道に, 壁で, 大本営発表によって, 嫌疑を, 学術研究でも, 学術研究を, 届出である, 幸福を, 幽霊を, 形にしか, 影法師で, 役割を以て, 御辞儀, 恋かが, 情味を, 意識, 愛情で, 感じ, 感情との, 憎悪者ヘンリツク・イブセンは, 手本を, 手紙を, 技法より, 故に, 教とを, 教へと, 方法で, 暗号電報を, 書面に, 本性も, 根拠が, 根拠の, 歴史が, 歴史を, 決定者だった, 法則が, 流行と, 淵から, 源泉を, 為めに, 父亡す者敵大なる, 物語だ, 甘言に, 生を, 生活か, 生活だ, 生活の, 生活幻影を, 生活瞞着し, 生涯で, 申し立てなどは, 申立てなし, 申立てを, 申立は, 疑ひを, 真実よりも, 笑いは, 策略で, 結婚だ, 結婚とは, 編成と, 美しさ, 聖書を, 膜が, 自白だ, 自白とは, 芸術でない, 英雄主義の, 行いである, 行為と, 衣に, 表現のみに, 表現は, 表現を, 言動と, 言葉で, 記事を, 記述が, 証明を, 詭弁的代用品にしか, 説明が, 談である, 論理である, 論理と, 論理の, 諸公式, 財宝を以て, 通信と, 道から, 関係が, 陰影の, 陳述に, 陳述を, 雲が, 響きを, 響らしく聞こえた, 響を, 頭目である, 飾りとして

▼ 虚偽~ (125, 12.5%)

3 もって, 必要と 2 して, 事と, 吐かせるもの, 含んで, 意と, 無邪気に, 虚偽として

1 [105件] うちやぶること, かぎわける, では, にくまぬわけ, にくむ心, にくめば, ばらされる屈辱, ひき起こさないでは, ゆるさないさむ, クリストフに, パンと共に, 一般に排斥, 与えること自身, 並べたもの, 事実眼に, 云い表わすの, 交えない事実, 交ぜても, 人々は, 人民に, 伝うる者, 伝えるかする傾向, 信じたかったので, 克服しよう, 内に, 創造する, 加う, 原則的に, 去り真実, 去り矯飾, 取り扱い得たわけ, 取除こうが, 否定し, 含まない筈, 増すよう, 外国に, 多少発見, 強ひ, 強要し, 心に, 忘れしめるから, 恐れること, 悟って, 悟れと, 意識する, 感じたの, 感ずる人間, 憎む, 憎悪した, 指す名, 捨てて, 排すること, 排する主義, 排斥する, 明らかに, 暴露せしめ得る, 最も強烈, 有った奴, 本と, 標榜し, 民族に, 洗えと, 洗ひ清めず, 洞察する, 為しつつ, 無理に, 犯し同時に, 犯し誤謬, 犯す者, 生むべき感情, 生む社会関係, 生んだ, 申しましょう, 申すな, 発かれようと, 真実ならしめ, 真理と, 破壊する, 確実に, 移し合つて, 突き正しい, 結果する, 絶対に, 自分の, 自分は, 苦しむところ, 苦しんで, 蔑みながら, 虚偽よりも, 装って, 装ってるの, 見た, 見て, 見のがす事, 見何, 見出して, 解明してやろう, 責めるよりも, 蹂躙する, 軽蔑しよう, 述べつつ, 追ひ出し, 造る, 重ねた日本人, 重ねて

▼ 虚偽~ (80, 8.0%)

2 すること, なること, 真実を

1 [74件] し狂愚, するの, であった, なったの, なったり, ならねば, なるであろう, なるとか, 不健康とを, 不合理に対して, 不名誉を, 不誠実との, 付和と, 停滞とに, 偽善との, 偽善とを, 偽善を, 冷酷と, 名づく, 名づけられるの, 堕落とに, 変つてし, 安逸と, 対立し, 心労とを, 忽ちそして, 思うか, 悪徳とを, 悪徳に, 惰眠とに対して, 愚行で, 我慾と, 戦おうと, 戦って, 政策の, 欺瞞と, 残虐とが, 浅薄と, 浮薄が, 為る, 現実的に, 痴愚との, 真実, 真実であります, 真実とを, 真理との, 矛盾とに対して, 知らぬ虚偽, 神の, 穢れによって, 空威張りと, 空虚とを, 繁雑とに, 罪悪に, 罪過との, 羨望とを, 考えられて, 臆病を, 自偽, 虚栄と, 見たの, 詐欺を, 誤謬とは, 誤謬とも, 誤謬とを, 諂諛の, 譎詐と, 遊惰とは, 邪悪との, 醜悪を, 醜陋, 阿諛に, 非行を, 顰蹙するであろう

▼ 虚偽~ (56, 5.6%)

3 ある, ない, 潜んで 2 今では, 組織的に

1 [43件] あったでしょう, あつたら, あるかね, あるかも, あると, あるの, ある事, この上, こんなにほんとう, さらに新た, できて, ほんとと, もてはやされる, 一切を, 世界秩序に, 今の, 匂った, 単なる誤謬, 原理的, 含まれて, 含まれては, 堅められ, 多いの, 好き好きな, 実際問題, 少いこと, 必要な, 惹き起こされる外, 感情に, 成り立つの, 横たわって, 横たわる, 混って, 無意識的である, 現われるの, 組織的で, 自らを, 蟠居, 観念の, 起ったの, 這入る余地, 集まって, 響き出る

▼ 虚偽~ (45, 4.5%)

2 すぎないこと, 帰着する, 甘んじなければ

1 [39件] あらずして, いらだった, おどろきを, しても, すぎぬもの, する, ぞくする, たえられなくなりいっそ, 反発する, 固執する, 基くか, 変えること, 変りゆく真理, 外ならない, 宿年の, 対応する, 就いて, 就いての, 就いても, 属する全, 彼が, 彼は, 慣れて, 於て, 流れざるを, 満ちた言葉, 満ちて, 生活してる, 申し立てて, 立って, 罪悪に, 置きたくない, 荒らされた土地, 虚偽を, 誤られた, 近い努力, 過ぎないこと, 陥ること, 駆り立てずには

▼ 虚偽である~ (44, 4.4%)

4 ことが 3 ことを 2 場合が

1 [35件] か, かがイデオロギー, かが未定, かそういう, かということ, かの二つ, かの価値, かも知れない, からだ, からである, から虚偽, ことだった, ことは, ということ, というの, という理由, とかいう勝手, としか思えなかった, とは考えない, と云う, と直言, と考えた, と考えられ, にしろ, に相違, のだ, のは, ものと, 事が, 以上それは, 処の, 外は, 夢想である, 所以である, 至誠は

▼ 虚偽~ (44, 4.4%)

2 あっても, 真理の

1 [40件] あくまで真理, おそらく弱者, その発生, それが, ただ判断, であるから, もちろん虚偽, アルコオルと, アンティ・テーゼから, 云わば, 人々の, 何か, 反価値, 各民族, 哲学上の, 如何に, 存在し, 実に容易, 少くとも, 少しも, 形式主義と, 形式論理学に, 心理から, 心理に, 意識を, 所謂良心に, 本来存する, 正に現実, 深ければ, 男子の, 真理よりも, 社会の, 組織的であり, 良心の, 良心を, 虚偽である, 虚偽として, 虚偽な, 虚偽なりに, 虚偽者自身を

▼ 虚偽~ (33, 3.3%)

5 のである 2 或る

1 [26件] ことは, ところが, のだ, ものだ, ものである, ものに, ものの, ものは, イデオロギー, 主張, 人生上面ばかり, 価値観念を, 処が, 告白などに, 性格との, 意見は, 意識を, 態度は, 生活を, 生活中に, 社交的生活を, 社会意識の, 自白を, 色彩の, 親戚らが, 解決と

▼ 虚偽形態~ (28, 2.8%)

4 として反映 2 との関係

1 [22件] から独立, が必要, であった, であるから, であるだろう, として理解, と論理的真理形態, に就い, に統一, に陥る, の代表, の擒, はその, は却って最も, は必ずしも, をである, をも真理形態, を吾, を有, を犯さず, を発生, を組織的

▼ 虚偽意識~ (23, 2.3%)

3 を意味 2 ではなく, としてのイデオロギー

1 [16件] がイデオロギー, が主として, であった場合, である, としての, としては意識, として之, となる, とのこの, との二つ, と見, などではない, なの, に外, に対比, を真理

▼ 虚偽との~ (21, 2.1%)

2 一定形態の

1 [19件] あの弁証関係, このディアレクティク, わなに, 中から, 価値関係, 価値関係の, 区別が, 原因を, 対立が, 展覧会の, 或る, 標準が, 論理的価値対立にまで, 連関を, 量に, 間に, 関係が, 関係を, 関係或いは

▼ 虚偽~ (20, 2.0%)

3 誤謬は

1 [17件] あらゆる努力, それらの, 不釣合が, 世俗の, 作為の, 利己心や, 捏造や, 空想の, 策略や, 罪悪に対する, 虚栄は, 虚礼である, 虚飾や, 誇張を, 誘惑が, 誤謬と, 誤謬を

▼ 虚偽として~ (17, 1.7%)

1 [17件] であって, では, 事実反映し, 人間相そのまま, 反映されるであろう, 否定, 意識させる, 意識し, 排斥される, 現実を, 自己を, 自覚されない, 自覚される, 自覚する, 見出され後, 認識する, 露顕する

▼ 虚偽~ (16, 1.6%)

1 [16件] これを, そうだ, できない, なし得ない, まじらぬお話, キリストの, 一つの, 亦動機, 亦同じく, 作為も, 出来ない, 含まれて, 夫, 発見せず, 皆跡方, 真実も

▼ 虚偽では~ (14, 1.4%)

2 ない

1 [12件] ないか, ないかとの, ないが, ないそれ, ないだろうか, ないと, ないの, なかった, なかろうか, なくして, 出来ぬ優し, 無いだけに

▼ 虚偽~ (12, 1.2%)

21 つたのだ, つて言ふ, ということ, とさ, と云う, と云われる, と思っ, と思われます, と教え, と言つて

▼ 虚偽であり~ (12, 1.2%)

2 ながら真実 1 偽善である, 卑賤である, 又はより, 彼の, 悪である, 或いは夫, 法律は, 真実なる, 而も, 非行だ

▼ 虚偽という~ (12, 1.2%)

1 [12件] ことが, ものが, ものに, ものは, 仮面を, 利子を, 奴だ, 形態を, 概念と, 要するに論理的, 言葉が, 言葉の

▼ 虚偽~ (9, 0.9%)

2 として反映, を有 1 を, を批判, を指摘, を暴露, を証明

▼ 虚偽でも~ (8, 0.8%)

1 ある, ない, ない形式論理学, なければ, よいから, 上部さえ, 幻覚でも, 浮気でも

▼ 虚偽とを~ (8, 0.8%)

1 享楽するらしい, 判別する, 区別し, 区別する, 直感する, 見それ, 蹂躙し, 露出する

▼ 虚偽から~ (7, 0.7%)

1 その方法, 独立に, 理性を, 絶対的に, 自由である, 解放され得る, 離れて

▼ 虚偽とは~ (7, 0.7%)

1 彼の, 意識し, 意識せず, 意識に, 理論的領域における, 相互に, 過去の

▼ 虚偽~ (6, 0.6%)

1 だけは性格的虚偽, でなければ, ではない, に外, に於, 乃至誤謬論

▼ 虚偽に対する~ (5, 0.5%)

2 あらゆる憎悪 1 危険なる, 悪しみ, 私の

▼ 虚偽をも~ (5, 0.5%)

1 とらえるもの, 加えず我我, 加へ, 意識する, 真実をも

▼ 虚偽~ (4, 0.4%)

1 あつた, いっぱいな, とりかこみそれ, もとに

▼ 虚偽なる~ (4, 0.4%)

1 宗教伝道者と, 思想の, 意識即ち, 旨恐る

▼ 虚偽~ (4, 0.4%)

2 なもの 1 なほど, な様子

▼ 虚偽~ (3, 0.3%)

1 あるいは精神, 少くとも, 本気か

▼ 虚偽であっ~ (3, 0.3%)

1 たり又は, てもこの, てもその

▼ 虚偽であった~ (3, 0.3%)

1 ことを, とわかった, のを

▼ 虚偽でなく~ (3, 0.3%)

1 てなん, てはならない, てはならぬ

▼ 虚偽とが~ (3, 0.3%)

1 ありました, とかく離れ, 深と

▼ 虚偽への~ (3, 0.3%)

1 偏向を, 反抗であった, 歴史的な

▼ 虚偽を以て~ (3, 0.3%)

1 これまた, これ亦, 真実を

▼ 虚偽乃至~ (3, 0.3%)

2 誤謬の 1 誤謬に関する

▼ 虚偽内容~ (3, 0.3%)

1 から独立, との形態的関係, との連帯

▼ 虚偽迷妄~ (3, 0.3%)

2 な説 1 な知識

▼ 虚偽かと~ (2, 0.2%)

1 云うの, 云う事

▼ 虚偽からの~ (2, 0.2%)

2 解放

▼ 虚偽すら~ (2, 0.2%)

2 犯して

▼ 虚偽それ自体~ (2, 0.2%)

1 というもの, というよう

▼ 虚偽たらしめる~ (2, 0.2%)

1 ものそれは, 処の

▼ 虚偽だらけ~ (2, 0.2%)

1 なじぶん, の自分

▼ 虚偽であるなら~ (2, 0.2%)

1 ば, ば吾

▼ 虚偽でない~ (2, 0.2%)

1 からとかいうだけで賛成, という証拠

▼ 虚偽でなけれ~ (2, 0.2%)

2 ばならない

▼ 虚偽とも~ (2, 0.2%)

1 なること, 真理とも

▼ 虚偽ないし~ (2, 0.2%)

1 虚偽者を, 誤謬の

▼ 虚偽にたいして~ (2, 0.2%)

1 なされた, 征途に

▼ 虚偽にも~ (2, 0.2%)

1 せよ男子, 類した行為

▼ 虚偽によって~ (2, 0.2%)

1 生ずるもの, 目前の

▼ 虚偽ばかり~ (2, 0.2%)

2 でも

▼ 虚偽よりも~ (2, 0.2%)

1 むしろ虚勢, 磊落な

▼ 虚偽罪悪~ (2, 0.2%)

1 などいう, に対して彼

▼1* [74件]

虚偽かというような, 虚偽こそ真に大きな, 虚偽しかないと, 虚偽すなわち形相的虚偽は, 虚偽そういうものも, 虚偽そのものが真理, 虚偽それを今検出, 虚偽だけが未だ如何, 虚偽でありますが無意識的, 虚偽であれ何であれ, 虚偽でなかつたのかも, 虚偽とかいう奴は, 虚偽とで身を, 虚偽とに充たされて, 虚偽なきを保すべからず, 虚偽なく詠歎した, 虚偽などに彼は, 虚偽などを申しては, 虚偽ならざるものの, 虚偽なりとなし悪心, 虚偽なりにわれわれの, 虚偽なんぞを出すよりは, 虚偽にぞありける, 虚偽にてまことは, 虚偽にても其妻が, 虚偽には満足する, 虚偽に対して炎ゆる, 虚偽に対しては憤懣を以て, 虚偽に関する問題は, 虚偽らしきものを, 虚偽らしく自分の, 虚偽をすら敢て, 虚偽ガアルカ否カハ自然明ラカニナルデアロウ, 虚偽若し其, 虚偽不信非情卑劣をかぞえあげ, 虚偽不公平私情などに対して正義, 虚偽以上の自然, 虚偽以外の何もの, 虚偽偽善な言, 虚偽公式が当て嵌, 虚偽刻薄と為る, 虚偽卑劣を描き, 虚偽即ち否定的な, 虚偽告発と云, 虚偽りを, 虚偽命題の歴史的社会的必然性, 虚偽だと, 虚偽国家の争奪, 虚偽宣伝のこと, 虚偽対真実の世界, 虚偽強請濫用暴行不正暗黒などの巨大, 虚偽の反抗心, 虚偽彼らのつまらない, 虚偽心理の原因, 虚偽思想を私, 虚偽怠惰暴行などのあらゆる, 虚偽暗黒に陥らしむ, 虚偽暴戻背信そして飽く, 虚偽残酷にあきれ, 虚偽浅薄空虚な侮辱, 虚偽矯飾の申しわけ, 虚偽の欺瞞, 虚偽窮乏あらゆる悪, 虚偽粉飾の生温い, 虚偽結婚の欺瞞, 虚偽と無罪, 虚偽を拒否, 虚偽者自身を欺く, 虚偽自身に飽い, 虚偽虚偽としてで, 虚偽虚偽それ自体というもの, 虚偽虚構に出, 虚偽したり, 虚偽階級的虚偽であるから