青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「處~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

藤吉郎~ 藩~ 藪~ 藻~ 蘆~ 蘭~ 蘭軒~ ~虎 虎~ ~處
處~
虚~ 虚偽~ ~虫 虫~ 虹~ 蚊~ 蚊帳~ ~蛇 蛇~ ~蛙

「處~」 7306, 79ppm, 1426位

▼ 處~ (1286, 17.6%)

30 あつた 29 居たん 23 居るん 18 隱し 13 ある, 居たか 12 あるん 11 あるか 10 住んで, 居る, 立つて, 置いて 9 よると, 居るの 8 して, 居るか 7 ありて, いらつし, ゐたん, 居た, 居なすつた 6 ありました, いたりて, よれば, 何を, 來て 5 あるの, 居たの, 於て 4 あり, ありや, いたり, いたれり, よりて, ゐるの, 寢て, 寢る, 行つても, 隱した

3 [18件] あるかと, あると, あるやう, いたれば, そんなもの, ゐて, ゐる, ゐるん, 一軒の, 何う, 到る, 在つた, 家を, 居なすつたん, 居ました, 於いて, 於ても, 行つた

2 [74件] あらう, ありと, あるかも, あるぞ, あるといふ, あるので, あるもの, あるやを, いたるまで, うつしませうとて, おいでに, お出ででした, お出といつ, からくりの, ならうとは, まだ石城, むかへり, むら, ゐても, 一人の, 二度づゝ其外週り, 人間の, 仕掛けが, 他の, 伴れ, 住へば, 何が, 來た, 來る, 出して, 出た, 出て, 初めて山越し像, 參つた氣が, 在り, 在る, 坐して, 坐つて, 居たといふ, 居て, 居ますの, 居るだらう, 居ると, 居るんで, 川なり, 引取つて貰ひまする, 彼の, 心を, 惡い, 敵が, 書いた歌, 有之, 此處に, 歸り, 牡丹もち團子と, 留らず遊歴, 當つて居た, 着けり, 立てり, 繋けて, 落ちついた奈良, 藏前へ, 行く氣, 行つ, 行つたつ, 行つてる, 見えて, 見えるの, 見つけ出した嬉し, 見ゆ, 迎ひ, 遊んで, 道は, 長居する

1 [741件 抜粋] あつたか, あつて, あらざるならむ, あらむ, ありき詩人左, ありしなり, ありとお, あります, あり得よう, あるえい, あるが, あること, あるだらう, あるつて, あるでせうと, あるでせう親分さん, あるも, あるやとの, あるんで, ある何處, ある樣, ある源, ある癩, あれば, いたらば, いたる, いたるダンテ, いたれ, いたれりその, いたれる時, いたれる時西方地果, いま一の, うごめき哂, おいでにな, おかれ又, おちいるや, おなじ提灯, お一人きり, お住みです, お在, お心, お爺さんと, お留まり, お集り, かきまぜたる茄子大根, かけるの, かたまつ, くだり後, くると, こんな池, こんな美しい, さ, さがつた, しるしを, しツきり, すわつて, その入口, その名, その基礎, その尾, その本部, その聞, ちやんと, ぢゃ, つけて, つながつて, てか獲つる, てか見, とどまりきされば, とられき我等, どうして居ります, どう云, なきがら, なく成しとあら, なりますか, なるので, はきまつて, ひとつ取柄の, ぽつりぽつり明星, みちびきこ, むかふを, むけたま, もさうい, やれと, ゆかうと, ゆきその, ゆき我, ゆくは, よく石器, ゐた, ゐたから, ゐたつて, ゐたの, ゐたり, ゐてさ, ゐるか, ゐるも, アンテオを, ゴロ, チョオクの, ヅエラの, フランシスよりは, ロミオや, 一ツ好い, 一人坊主で, 一國一城の, 一團互に, 一日といふ, 一本の, 一群詩吟する, 一週間と, 上陸し, 下, 下げて, 下るなり, 下腹の, 不老不死の, 中つて, 之れあるなり, 乘せ, 事を, 二つの, 五日此處に, 五行論を, 人生を, 人間が, 伏勢が, 休むん, 住みて, 住む氣, 佐渡の, 何うし, 來しいづこ, 來ては, 係る里程, 保ちかつ, 借家し, 停まつた儘, 僑郡又は, 僕は, 優しい力, 充ちぬ, 充滿にな, 光政卿軈て, 兎も, 入らんとして, 入りしもの, 入る蛇萬人, 入る身, 兩三度も, 兵主神社が, 其の數, 凝然と, 出でじ, 出でたり, 出來, 出入する, 別に又, 到りて, 到りまして, 到るべし, 到れば, 到達する, 刺し塞ぎて, 刻まれもの, 力點を, 千歳久しき, 占領地を, 厄介に, 及ばしむ, 及ベり, 反覆された, 古び果てた部落, 同じもの, 同性質, 同郷人を, 向かはうと, 向くべき調べられなば, 否定を, 呉國の, 唱道され, 唾液腺が, 嘗て支那, 因縁を, 土つけろ, 土俗猫石と, 在らつし, 在りて, 在るか, 在るかは, 在るを, 在る状態, 坐し居たり, 坐し皇妃, 坐つた, 坐れば, 坐臥し, 埋められたか, 塊つて了つた樣で, 大きい煉瓦造り, 大石級あり, 天の, 天刑病者の, 如何し, 如何なること, 存せねば, 存在する, 安普請の, 安置したる, 宗教が, 定められたる觀音三十三所, 家が, 家の, 寢刄を, 實て, 尋ぬ, 導いて, 導き聖ピエートロ, 導くべきかを, 小ピラミッド, 小屋がけが, 小規模な, 就いた, 就いて, 居たらあれ位, 居た人, 居つたとい, 居なさるん, 居なすつたか, 居ますから, 居られる, 居りたければ, 居るかつて, 居るとも, 居るね, 居るやら, 居る何, 居る其の, 居る教, 居る見付けて, 居候間の, 居据つて, 山名宗全が, 岩あり, 崇徳上皇を, 巡遊し, 巧みなる, 差し出す, 席を, 常よりも, 干して, 底が, 座を, 弓月嵩といふ, 引き入れられあぶあぶやつ, 彷徨つてゐた, 彼を, 往かしめるため, 往き止る處, 往くべきぞと, 往くべし, 往く可, 往く往き已, 待給へ, 後の, 得て, 得べき, 從へば, 微妙なる, 忍ばせたか, 志す庵, 怎使つて了ふ, 悄然として, 惡評を, 感じた體, 我が遊蹤, 我の, 我れ, 我身を, 或人, 抑められき, 投げ入れられ, 押し進めても, 押し進め自分, 拘泥する, 持ち上げようとして, 掘たるも, 掛けてるので, 掛茶屋あり, 採掘事業を, 插込みを, 播かしむイアソン, 支那の, 故墳, 散見し, 文學の, 新しい處, 新機軸, 斷たる, 於ける印度思想, 昇る事, 昇之, 星の, 是を, 有つた, 有らう, 有るかも, 本當, 村が, 柳の, 根ざして, 棺に, 植ゑてある葵が, 植ゑ置かん, 極く小さい, 歎く, 止まつてはがや, 止りて, 此の, 歳時の, 歸つて來た, 歸ります, 歸れり, 死にきかく, 死の, 殘る, 殿の, 民族的精神を, 水車を, 求むべきであるか, 求めやう, 池の, 決して長く, 沈むとも, 泊つてる, 泊つて居る, 法師温泉は, 泡鳴らしい, 注げども, 流に, 海軍の, 消えしかの, 深光寺, 湧き出でたれば, 潜つて居た, 潜みしか, 潜り込んで, 濃緑色の, 瀬戸内, 灰色に, 現はる, 現はれ, 現る, 現存した, 生活し, 生活内容を, 産屋を, 用ゐたる, 當つてゐる, 當る, 病人は, 病氣が, 登つて西の, 發生する, 發見せられます, 白服の, 百日紅の, 相會, 相違が, 眼鼻が, 着いた, 知りてか, 石の, 示せるが, 示せる里程, 祕めて, 神仙と, 秦の, 移され良人, 移る心, 移轉した, 空虚の, 突兀として, 立ち手簿, 立つてる貴女, 立戻つ, 築き起したるもの, 精神生活の, 結ばれたる, 緑燈紅燈の, 繁昌す, 繋がれて, 缺陷が, 罪なはれたる, 置いたらよい, 置いたん, 置かれたので, 置きて, 置けるは, 義務と, 耶蘇教信者はと, 聚めた, 聳えし陸, 脱簡, 臥さしめ姑, 臥床あり, 自己に, 自然の, 至らぬもの, 至りぬ, 航海を, 色が, 芭蕉翁の, 花片と, 落ちて, 落ち合, 落着いた, 葡萄の, 蓊鬱として, 蛇居た, 蜆を, 蟲よりも, 行いて, 行かうと, 行かじ, 行かん, 行きしか, 行き到りました時, 行き指錠, 行くか, 行くこと, 行くの, 行つたせゐ, 行つたつて思ふ, 行つたのだ, 行つて, 行つてゐた, 行はれる, 街の, 表はれ, 襲はれた, 見ゆる白色巡洋艦, 見られるが, 見出される, 見知らぬ人, 視線を, 觸れた, 記せる里程, 設立せられ, 詣らんも, 話し聲, 詳しく耳, 誤が, 讀書し, 貯へて, 貴族趣味が, 賣り安い, 赴いて, 起りし出來事, 趣味が, 足をと, 躍動し, 軟かな, 轉が, 退きて, 途方も, 造り出して, 逢ふ, 遊ばれるやう返事, 過ぎない, 達するさ, 達するを, 遣つて, 遷り, 那樣論理が, 金山と, 鎭守させた, 長居を, 開いた, 附いて, 附け加, 限らず愼, 隙が, 隨うて, 隱され, 隱し持つ, 隱る, 集まるか, 集めて, 雪の, 雷の, 青山あり, 非ずや, 響き渡らすべし汝, 風呂場の, 馘られる, 馴れ生活, 體を, 魂の, 鼈甲の

▼ 處~ (750, 10.3%)

76 行つた 41 行くん 23 行つても 19 行くの 13 やつた 10 隱した 9 行くんで 8 來た 7 行つたのだ 6 來る, 行かうと, 行きなさるんで 5 いらつし, 持つて, 行く, 行つ 4 出て, 歸る, 行きますの, 行くか, 行つたと, 行つてゐた, 逃げたか, 連れて 3 つれて, なりとも, ゆけば, 來て, 潜つた, 行きなすつたの, 行つたで, 行つたのか, 遊びに

2 [50件] おろされては, お出遊ばす, お客樣に, もつて, ゆく, ゆく何處, ゆく逃げては, 伴れ, 何處へも, 來たんだ, 來ようと, 俺を, 入れば, 出かけて, 出して, 出しても, 出ると, 座つて新聞見, 往くので, 手を, 押流された, 捨てた, 泊るん, 消えたん, 着くと, 置いて, 落ちて, 行かうとして, 行かれるであらうつまらぬくだらぬ面白く, 行くかといふ, 行くつもり, 行くと, 行くとて, 行くとも, 行くに, 行く當, 行つたのかと, 行つたのだらう, 行つたら, 行つては, 行つて何んな, 行つて來たんだ, 行つて居た, 行つて横に, 被行, 訴へ, 逃げたの, 逃げたん, 金を, 隱れた

1 [347件] あなたは, いたの, いつて, いつても, いまし出, いや, いらつしつたん, おいでなさる, おきまり, おしめカヴアーを, おろされたやう, お出掛け, お前は, お泊り, かおなりと, かかすめとり又, かじりついた, しまひ, しや, すツ, その岩見銀山, だつて, つて言つて聞いた, つなぐ所, づかと, どうした, どう歩いた, どんな具合, なだれ懸つた, なりと, なり行きますと, ばた, ぶつ切大, もつれて, やつたでせう, やらぬ樣, やりました, やりますこと, ゆくにも, ゆくの, ゆく斯, よそゆきから, カタ, チクリと, ニヤーと, ハリダースの, ベツタリ絡みつく, 一人の, 一通の, 一面に, 丁度その, 三十恰好の, 三百が, 三藏が, 不足が, 五本此處へ, 人の, 付け込んだもの, 何う, 何が, 何故行かなく, 何遍も, 來ちやツたんだらう, 來ては, 健次さんが, 働きに, 先づ足駄を, 入つたん, 入つて, 入りました, 入夫にな, 入違, 兩手で, 其醫者の, 再び湯, 出かく金鼓, 出かけるの, 出た, 出たつて申開き, 出たやう, 出ても, 出でつ見れば, 出られるかと, 出るといふ, 出るにも, 到着しよう, 匍ふてゆく, 匿した, 十歳ばかりの, 千種はぎ, 南の, 去つたの, 又妙, 又通り, 向く思へば, 向つたのである, 吸はれ, 噛み付くか, 坐つたらいい, 坐つて, 夫が, 失せやがる, 如何に, 姿を, 嫁に, 季節の, 家を, 寂と, 寢る, 小笠原某, 小肥りだ, 就職の, 居候に, 居坐り寄るよう, 屆け, 廻つたらうな, 引き摺られて, 引つけて, 引つ掛つた, 引つ越したか, 引移つて行く, 引越したとも, 彷徨ふ, 彼様糸を, 往かなければ, 往くにか, 往けば, 往來し, 徃こ, 徃つてお, 徃つては, 御新造お, 忠一を, 忽ち門外, 慌た, 憚かり, 戻つて來, 戻つて足, 手焙を, 打つたので, 打つ込んで, 抛つたか, 押出しても, 押流され, 拔け, 持出せば, 持去られた, 指しての, 振り落した, 散つたか, 散歩に, 散逸する, 更に雨, 机を, 村の, 杯を, 松公は, 案内し, 棹が, 此樣な, 歩いて, 母が, 母君が, 水戸領田伏の, 水車を, 汝しのび, 泊つたか, 泊つたものやら, 泊つて何處へ, 泊るかと, 泣いて, 泣きついて, 泥を, 注定, 活けて, 消えたか, 消えて, 湯が, 溜めて, 潜つて居た, 潜り込んだか, 潜り込んだんで, 澄まして, 無駄骨折らう, 然るべき家, 片付いて, 片付いても, 現はれよう, 現はれる, 用た, 用ゐる, 申出ました併, 畫鋲で, 登つたら肥前の, 着く筈, 知らぬ振り, 神の, 移して, 移らうと, 突出された, 突當つて行處は, 立退いたかといふ, 納まるか, 細君でも, 細君は, 置いた, 置いたん, 置いても, 置かれたので, 置きなさるん, 置き度, 置き直し二度目, 置くすると, 置くの, 置くん, 職を, 職業を, 胡粉で, 腰を, 與吉は, 舍人孫四郎野本與次郎の, 荷を, 荷車が, 落して, 落ちついたの, 薦, 行かう, 行かうかしら, 行かうといふ, 行かうなどと, 行かないやう, 行かねえでよ, 行かは, 行かはつ, 行かる, 行かれたので, 行かれては, 行かんか, 行かんと, 行きたくなつ, 行きな, 行きなさる, 行きなさるつもり, 行きなすつた, 行きなすつたんで, 行きはるん, 行きますか, 行きますからね, 行きませう, 行きやう, 行くかと, 行くだらう, 行くところ, 行くにも, 行くね, 行くまで, 行くも, 行く女, 行く時, 行く群集, 行けばよ, 行けるもの, 行けん忘れぬ姫, 行たか筆やへも, 行っても, 行つたかつて, 行つたかや, 行つたが, 行つたつ, 行つたつて人つ, 行つたつて有る, 行つたつて構は, 行つたとも, 行つたのさあ, 行つたのである, 行つたやら, 行つたらう, 行つた切り外へは, 行つた此處へ, 行つてし, 行つてどうして, 行つてらしつた, 行つてゐる, 行つて三兩許り, 行つて來やが, 行つて大口開い, 行つて居なすつた, 行つて居る, 行つて幾何の, 行つて思ふ, 行つて手早く, 行つて散々ツぱら姉の, 行つて斯んな, 行つて板藏の, 行つて泊つたんだ, 行つて泊つても, 行つて浪つて來たんだ, 行つて焚木を, 行つて聞く, 行つて見た, 行つて見やう, 行つて見よう, 行つて言葉を, 行つて誰を, 行つて谿間の, 行ツて, 行合せ其子を, 見えなかつたぢ, 見に, 訴出た, 話を, 赤ん坊を, 轉が, 辷つたん, 送る風, 逃げた, 逃げたさあ, 逃げたで, 逃げても, 逃げるか, 逃げる積り, 通ふ, 連て, 連れ出したこと, 進み寄つて, 運動會では, 遣つたい, 遣つちやつた, 醉狂な, 重しが, 隱くし, 隱された, 隱し, 隱し置い, 隱すかそれを, 隱せる, 隱れ, 集るの, 響いて, 顏向けの, 風早學士が, 飛びながら, 飛び込むね, 飛ぶか, 飛んだか, 飛んで, 駈けつけて

▼ 處~ (475, 6.5%)

14 國でも 7 家でも 6 誰が 5 世界に, 國の 4 家にも, 誰だ 3 ものを以て, 國に, 國民でも, 家からも, 御藩中, 村落にも, 船だ

2 [36件] あるは, あるやう, ある女, お勝手にも, かお邸へ, か伯父さん, ことで, さまを, だ, 不明な, 何と, 何某から, 何某の, 國にも, 國を, 子供に, 家で, 家へも, 店にも, 新造に, 木の下に, 林でも, 港へ, 港を, 湖水にでも, 猫の, 生れだ, 生れで, 町にも, 空に, 藩の, 蟹, 裏には, 近くに, 隅にも, 隔たるさま

1 [337件] あつた, あの球, あの美しい, ありとは, あるの, ある大きな, おん婆さんだ, お乳母さん, お倉, お姫樣, お婆さんか, お家だ, お寺にも, お寺へ, お方に, お方や, お菓子も, か店, がんこだ, が特に, ことかと, ことを, これに, ごとくなるべしまた, さまに, そばで, だい, どいつか, どの事件, どんな女, ないでも, ないの, ない他人同志, ない女, なんといふ, はてまで, ほかには, ものが, ものです, ものとも, ものに, ものは, ものを, も何時の, やうな, を見, ゴミ箱の, シナリオに, スクリインの, ネルモの, パイレートを, ビルヂングの, ペルガモス聖地に, ポケツトへ, ラアネフスカヤを, 一で, 一時に, 一部に, 一隅で, 三者汝の, 中には, 中央に, 中央へ, 中心らしい, 乳牛が, 二番目の, 人々には, 人か, 人かも, 人だ, 人では, 人な, 人の, 人は, 人や, 人民を, 人間だ, 今更に, 仕立物を, 何なる, 何んといふ, 何奴だ, 何奴で御座います, 何某が, 停車場で, 停車場にも, 側へ, 兒でございませう, 入口に, 入學試驗, 分らぬ教, 判斷では, 勢ひか, 化物さ, 化猫だ, 十七娘へ, 句は, 司教の, 名とは, 商人も, 商業其ものに, 喩眼耳鼻舌身意色聲香味觸法の, 嚢より, 國は, 國へ, 國道沿ひ, 圖兩者の, 土も, 土地へ, 土地も, 地と, 地に, 地所は, 塒に, 壁に, 壁にも, 多い人, 多い山, 大で, 大家にでも, 大洋の, 天子と, 女客, 奴だ, 奴國を, 如く厚き, 如何なる人, 姉樣から, 娘が, 娘さん, 娘さんだ, 娘さんです, 娘だ, 娘とも, 娘な, 婚禮にも, 嬉しさ, 子か, 子が, 子です, 子供を, 子供等が, 子供衆も, 子供見付け, 學校が, 學校でも, 學校にも, 學校へ, 學校や, 學校騷動に, 宗教で, 室の, 宮はんへ, 家の, 家も, 家中とも, 家來だ, 宿でも, 寂寥たる, 富家の, 寒戸, 寺にも, 寺僧が, 小僧どん雪中の, 屋敷でも, 屋根でも, 屯倉, 屯倉は, 山でも, 山水を, 山犬とも, 岡つ, 岩石の, 岩陰からも, 岸に, 島も, 差によ, 平次だ, 年寄りだ, 幸な, 床屋へ, 底に, 店ざらし, 店にか, 御出身, 御藩, 御贔屓, 性の, 怪異の, 愈る, 意, 意識の, 戸を, 所だつた, 文化も, 文字とも, 新造が, 新造を, 方が, 方です, 方面へと, 旅舍にも, 旦那だ, 書を, 書庫に, 會席は, 有る人間, 有る禪僧, 木は, 木立で, 末弟の, 村, 村にも, 梢も, 森で, 樣子や, 横幅は, 樹からと, 此の, 歸りか高髷おとなしやかに, 歸りだ, 死氣即ち, 殘つてゐる, 殿樣だ, 水で, 水菓子屋を, 法を, 海上へ, 涯に, 淵此所の, 温泉場でも, 湯に, 湯治場でも, 溝から, 無き身, 營舍を, 爲ならず, 物語と, 犯罪や, 狐が, 玉突屋へ, 王大臣にも, 甘藷も, 産みの, 田の, 田畔ガラ見れ, 田舍では, 田舍でも, 田舍武士かと, 町を, 町内にも, 町内も, 番臺で, 異なるにつれ, 異船, 病院に, 登山口にでも, 白堊光裡に, 研屋も, 社でも, 社會部長に, 祕密の, 神社へ, 穴へでも, 空氣あしき, 窓も, 竹圍, 竹木花果と, 第一義と, 精靈, 純なる, 細紋が, 織物が, 羊なり, 義, 習として, 者ぢや, 者で, 背後にぞ, 航海にも, 船室にも, 良い男, 色で, 色は, 芝居に, 花ぞ, 若旦那が, 華族樣にも, 著述であります, 蓙は, 藩が, 藩に, 藩中か, 藩中だつた, 血の, 見物と, 親にも, 親も, 親類で, 誰か, 誰とも, 誰な, 誰に, 誰の, 誰れなる, 賤の, 赤ん, 路地から, 辻に, 部分を, 部屋だ, 部屋へ, 酋長に, 酒屋でも, 醫者の, 野山は, 野郎だ, 銀行かて, 銅物屋大釜の, 錢湯に, 阿魔, 隅々から, 隅からも, 隅つこ, 隅でも, 隆起せる, 雜誌に, 雨乞から, 青二歳だ, 顏師古の, 風とも, 餡コロ餅屋だ, 馬の骨だ, 馬の骨とも, 馬は, 騷ぎぢやない, 鮨を

▼ 處~ (424, 5.8%)

10 歩いて 7 何う 5 見ると 4 どう歩いた, 見たり, 見て 3 探しても, 搜し, 見ても, 變ふる

2 [27件] お目, かいて, こ, たしかにし, ところをと, 一人ゆく, 一番奧に, 占めた寺庭, 守ること, 御覽, 照し, 異にし, 異にする, 知る人, 移らずに, 聞かして, 聞かば, 見た, 見たつて, 見れば, 覗く, 話して, 通つて來る, 通るの, 造れ疾く, 過ぎて, 風が

1 [324件] あげて, あたりあひに, あちら樣から, あてとも, あらため石碑, いくらか, いづるをえてわがさまをみしを喜びとなすなからんため, いで, いでぬ再び, うま, うんといふ, えしやを, えらぶなり, えらべるもの, え地上, お通り, かこみめぐる二重, からりと, きめて, ぐいと, ぐるりと, こちらの, これに, さぐらば, さして, じつと, すり拔けて, それとなく豫想, それとも見別け, た, たづねても小波ひとつ, とつて, どうしてこの, どう廻つた, どう掻き破, どう歩い, どう突い, どう通る, なす可, なめて, はかりこれ, はかり翼, はなれつ, はなれミコル, はなれ歸思衷, ば打忘る, ば知らじ, ひよい, ほつき, ほつつ, みそなはし, むやみに, めざすや, もつと, やられたん, ゆけりその, わが家と, わけて, ウミと, カブラ埼と, スツ, 一つ一つ赤染衞門に, 一體搜し廻つた, 上つて行く, 上る, 以つてせんには, 何うし, 何區と, 何等の, 余と, 來なすつた, 例の, 便つては, 保ち中央, 保持し, 借りたほど, 備へ, 傳ひ, 僞り, 償ふ, 先の, 兩人し, 其處が, 再び茲, 出かけると, 出して, 出で, 出雲の, 切つた, 列擧すれ, 刺しのち身, 剃る時使, 削つた紀, 力任せに, 助かつ, 北に, 占むれ, 占める, 占め大局, 原稿紙の, 厭味に, 去りつ, 去れりわが, 取つて來, 受納し, 叩くん, 右に, 同じうし, 同じうせる, 同時に兩方, 向いたつて, 向いても, 君達それ見よ, 否定する, 吸つて滓を, 吹いて, 奴等の, 好機會逸す, 妹の, 嫁を, 嫌ふ, 定めずその, 實現せる, 實行さへ, 寫さう偉, 尋ねても, 尋ねるかと, 少し下りる, 崇拜する, 己れ, 平氣, 廣告に, 引つ捉, 引張つて, 引張つて來, 引用し, 弟は, 弱, 彷徨いて, 後から, 得さ, 得ざる種, 得しやを, 得ず, 得たやう, 得て, 得ないもの, 得ない玉作, 志して, 忘れ一心, 怖じ畏れたこと, 思へば, 恁う, 惣領が, 想像し, 成すの, 我に, 或人, 截つても, 打ち壞, 承知する, 押したから, 押せば, 拔け, 拔ける, 持つて, 持ては, 指さして, 指して, 指し示せり, 捕まへる事, 探し, 探したつて構, 探りしかば, 探りましたら衣, 探る, 掻きませうと, 描いて, 描くこと, 描寫し, 換ゆべき, 搜す, 摘みこの, 摩擦する, 教えられん事, 教へ, 既徹と, 明けさせたの, 書くの, 望けて, 望氣の, 棄つ, 極力文字, 樂しむ, 此の, 此處だ, 武斷的に, 歩いたの, 段匹庫と, 求むるならば, 求める方, 汝が, 泊めて, 流れて, 清めるの, 渠は, 滿すに, 潛つて, 狙つて十杯ばかり, 班昭に, 疾く奔, 發揮せずし, 白紙で, 白雪に, 百頁讀ん, 知つた, 知らざら, 知らず, 知らずお, 知らずに, 知らずまた, 知らない敵, 知らぬ力, 知らんといふ, 知り得て, 知り得ない教, 矯めむとすれど, 研究し, 示したもの, 私などは, 稟けたものは, 細に, 紹介し, 紹介したい, 絶つが, 經て, 經る, 經驗する, 縫ひつけた, 耳に, 聞くと, 聽け, 脱れ, 膽と, 船頭に, 行く廂髮, 衝いた者, 襲つて損害を, 見しならむ, 見ずんば, 見せて, 見たこと, 見たつて一樣, 見たて, 見つけて, 見ては, 見てるだらう此人, 見ますと, 見よ, 見られると, 見るとも, 見るに, 見るやう, 見出し得なかつたの, 見出し難い, 見守つた, 見懸けた村, 見澄まして, 見脱されて, 見遣つて, 言へば, 記録せる, 詮索し, 認めしめないの, 誤る氣味, 説明しよう, 調べて, 識者に, 議したる末, 護る人, 讀み氣, 讀んで, 讃美し, 變へしかの, 豆ランプに, 豆ランプの, 賣ること, 赤い舌, 赤く塗つた人, 起され家, 越えて, 越して, 踰えて, 辛うじて切拔, 辯護する, 述べて, 逃げ出す, 通つた, 通つた時海から, 通つて自分の, 通る, 通ると, 通拔けねば, 通過せなけれ, 過ぎると, 過ぎんと, 過ぎ行くさま, 過ぐとてかの, 過ぐること, 遣られたに, 適切に, 選びたれば, 選ぶつもり, 選りに, 遺る, 避けて, 避けること, 郷屋敷田畝と, 野島崎と, 開墾し, 開鑿し, 離れ己, 雪道の, 黒く抽

▼ 處~ (376, 5.1%)

19 あつた 6 あらう 4 何を, 誰が 3 あつて, それを, 何うし, 手に, 此の, 聞いたか

2 [16件] あらうと, くすねて, せう, そんな事, 出會, 宿つたのか, 會つた, 私は, 空前の, 聞いて, 聽い, 見ても, 見付けたん, 親分は, 誰から, 逢つた

1 [293件] あつしは, あらうし, いつだつた, いま修禪寺奧の, うたふ, お前は, お拾, お暮らし, お濕, お目, がさ, ぎつしりと括る, この召誥, この百太夫, これまでにも, さう, さう容易, すつかり, するの, ずゐぶん, せうかしら, せう親分, そつちで, そのお, そのよき, その金, その鐵棒, それは, それらの, そんなこと, そんなに騷ぐに, そんな探索, そんな縁起, だ, だらりと, どうして, どうして居た, どうして殺され, どうと, どうにか凌ぎ, どう仕, どう暮らし, どう金, どんなもの, どんな爆發的悲劇, ねあの, のつ, はじめ女中に, ひよい, ぶつ倒れる, まことに四空蒼茫, また小さい, まだ歸つて來, まつと, もぐるつと, もさういふ例, もむツちり, やつたかよう覺え, やりました, やるん, ゆつくり, よしと扉を, よろしいです, わづかな, カフエーを, ガスボデイン, ゴウゴウと, 一切の, 一寸手間, 一時間も, 一番先に, 一緒に, 一軒の, 一錢たりとも, 一體歌よみは, 三十錢か, 三脚を, 不思議は, 乘換へ, 云つた通りである, 五色人は, 井戸を, 人形操を, 人肉食用の, 人間は, 人間を, 今は, 今日の, 仕入れて, 他の, 住所を, 何の, 何も, 何時使ふか解らない, 何種族が, 何處に, 俥を, 俺によ, 働きたいん, 全く思ひ, 其の奉じ, 其の少年, 其外は, 其鬱憤を, 冷かな, 凡てが, 切つても, 別にたいした, 到底かの, 勘次の, 危險な, 又嘗て, 同時に手, 向うも, 向ふ, 君たちは, 呑んで, 周三が, 咽喉に, 噂を, 四十二三です, 固定旅櫃の, 坐上, 多數, 夜が, 大いにもてるでやせう, 大地と, 大學, 大變, 天に, 夫れ, 女の, 始まつた廓内, 姫糊を, 子供等が, 宋の, 宵の, 寢て, 實際問題としては, 小室と, 年は, 年配の, 庖丁で, 廂だの, 廣い, 彼は, 彼等と共に, 往生を, 待ち合せば, 御隱, 徹男が, 怨みを, 惡少と, 戰爭を, 投げられても, 拭くか, 拾つたか, 拾つた石鏃は, 振返つて, 捕まへ, 捕獲する, 採つたの, 採つた花, 採つて來, 探偵小説の, 搗きせえ, 摘んだか, 摺り換へ, 救つて遣, 教育を, 敵に, 新を, 明日一日凌げ, 曲りくねつた道路, 更めて, 月に, 有つた, 木乃伊や, 染めたか, 柳を, 棄てられたか, 榮養とか, 横道から, 歌を, 正しくは, 此二つの, 此出來事に, 此女房が, 歸るべき, 死なれたか, 死ぬか, 死んで, 殺されたとも, 殺られたか, 汽船は, 汽船アレクサンダア二世號が, 沙門成道の, 泥土に, 渡された順番札, 溜り水だ, 炬燵に, 焚かれた, 無益, 無論少年, 片倉を, 片品川を, 生れて, 生れましたそれ丈, 生殺で, 申したこと, 男が, 男女の, 留守に, 當人の, 發頭人の, 白髮の, 盜まれた, 盜んで, 目に, 目を, 眼を, 知合にな, 石油が, 碁なら, 私が, 私たちの, 私も, 穴が, 立止まる, 第四期, 紛失なすつた, 細工は, 練習した, 翌朝にな, 考へました所, 考へられぬ事, 聖典を, 聞くの, 聲を, 聽いた, 聽かれた, 聽きました, 腹が, 自分の, 芝居を, 英人の, 落さんもの, 落つこと, 落合ふ, 藝術家として, 行は, 行先は, 裏打を, 見て, 見ては, 見られない一種, 見るん, 見付かつ, 見付けて, 見懸けた, 見物した, 見附けたん, 觀測せられた, 言つて見る, 誰と, 誰に, 講演いたした, 講演など, 豐かな, 買つた, 買ひます, 買へ, 足踏みし, 身を, 車を, 軒下の, 近所の, 送つたの, 過して, 那, 鉛筆の, 鉢合せを, 門の, 阿片なども, 降ろされるかも, 集めたん, 雪に, 靜かに, 飛んでも, 飮まされた, 飼はせ, 馬の, 鳴くとも

▼ 處から~ (296, 4.1%)

20 來た 9 出て, 持つて 7 出した 5 見ても 4 來る, 出たか 3 入つた, 入つて, 出したん, 手を, 現はれた, 生れて, 聽いた, 飛んで

2 [19件] そんなもの, でも, 何うし, 何處へ, 何處まで, 來て, 入つた金, 入るん, 出したそれ, 出るかと, 取つたの, 手に, 持出したか, 持出したん, 聞いて, 落ちて, 見て, 逃げたか, 飛出したか

1 [176件] あの安, ある處, あんな火, お使, くるか, これを, こんなに水, こんなに澤山, こんな激しい, さう感じたの, して, そしるの, その, そろつと, そんな品, たすけ出すこと, だに, つい面倒, では, どういふ, どうして入, どう御, ぶらんこし, ぼつと, まあよくねえ, みても, むツと, や, やむを得ず再度自動車, よく方々, ゐなくなつたん, ラクダルの, 一歩入る, 一直線の, 一般人民の, 下へ, 中央政府迄, 乘合せた, 乘組んだ, 人が, 代々持ち, 何の, 何時の間に, 何時の間には, 何處までが, 何處までと, 何處までも, 何處を, 何處迄丹念に, 何處迄野呂さんに, 來たんだ, 來なすつた, 來なすつたえ, 入つたの, 入つたん, 入つて來, 全集の, 其心持が, 其處へ, 再び猛然, 出さうと, 出したか, 出した博奕, 出した誰, 出した金, 出す氣, 出す積り, 出た, 出たの, 出たん, 出た品, 出た浴衣, 出た金, 出る, 出るの, 出るので, 勘定し, 參内の, 受取つたとか, 呼んだ, 嗅ぎつけたん, 固より, 大學中, 始まつて, 始めたらいい, 宥めたが, 家主との, 小ギポン, 少し勢, 山は, 岩の, 工面した, 左に, 左の, 引いたか, 引かれたので, 彼の, 得來つたといふ, 怎歩いた, 怨を, 持ち出したんで, 持出されたか, 推して, 推斷された, 推斷し, 搜した, 搜し出した, 撃つたか, 撃つたん, 支那研究と, 教員は, 散つたか, 新室の, 旅を, 時流を, 書き初め墨は, 枝である, 楊雄と, 槍が, 武家の, 歩を, 歸つたのか, 歸つて來た, 歸つて來たんだ, 流れて, 流れ落ちて, 湧くやう, 潜つて來あ, 潜り出て, 無敵に, 現れた何, 生じて, 生れるの, 白刄が, 盜み, 眺望を, 立つもん, 立論すれ, 紛れ込んだ親分, 聞いたか, 聞いたん, 聞えて, 聞き込んだもの, 聞知た, 聽えて, 船橋の, 色ツぽく, 蜘蛛が, 行くの, 見るのに, 覺えて, 計畫, 誰が, 誰に, 讀み始めて, 買つた, 買つて來る, 赤い前垂, 起つて, 迷ひ込ん, 迷込んだ, 逃げたん, 逃げたんで, 逃げて, 逃げ出したか, 逃出した, 這ひ出した, 通ふ, 鐵砲が, 雪と, 響いたので, 響いて, 飛ばしたん, 馬車に, 體格も, 高座までは

▼ 處~ (277, 3.8%)

19 ある 9 あつた 7 あつて 4 あると 3 あるから, 惡い, 無い, 面白い

2 [16件] あの當麻, あります, ありますが, あるの, あろう少し, え, ない, なかつた, 中だるみに, 何と, 出來, 分つたとて, 味噌こし, 多い, 好い言, 氣に

1 [194件] あらう, ありこの, ありこれら, ありその, ありますからね, ありますよ, あるかと, あるが, あるだらう, あるといふ, あるには, あるもの, あるもん, あるん, ある位, ある其の, ある是, ある私, ある筈, あれば, かつて病院, がらり變ツ, ここに, この義太夫節淨瑠璃, これと, これは, こんなに似, しつかと, その崇高偉大, その着, それだけ新しい, それである, そんなに好い, たえした挨拶, だあ, どうした, どす, ないから, ないこと, ないすらり, ないので, ない事, なくやう, なく映, なく靜肅, はじまると, また妙, まだまだ幾個所, やがて女, ようべ, よろしね, わい, わかつたわね, ゐなかつたその, ゼシュイット派以外に, ピュローンや, フト事業熱に, 一坂辷らう, 一夜あけ, 一番多, 一番美しか, 一番賑やかな, 一週間ばかり, 三月號三一頁に, 不可ない, 不幸に, 不快の, 中山の, 中心也, 乃ち全く, 二人で, 亡くなつて, 京都帝國大, 今の, 今日に, 今日宿の, 他に, 似て, 何う, 何と拍子, 何處かしら, 何處だ, 俄に, 僕が, 先に, 先人の, 先生は, 其です, 其の體, 其子供が, 出て, 初めは, 副艦長, 十三口あります, 十二の, 印度には, 即ち一種, 却つて敵を, 取れ切らないやう, 同じで, 同邊, 向, 向うも, 君女の, 基督の, 大島には, 大師の, 大違ひなん, 奇妙な, 女の, 女は, 好い者, 好きか, 嬉しい, 子孫の, 容易に, 少い御新造, 少くないだらう, 尠く, 川の, 工合ものにて, 左に, 巨人の, 幾らも, 廁の, 彼が, 御座いましたら, 御座いました私, 必要な, 惡いでなく, 惡いと, 慶喜公を, 或日, 折々次, 搖れて, 支那の, 明治三十年前後の, 昔から, 最近にな, 有つた, 東京に, 柊社が, 極めて意味深長, 極端だ, 此アルゼリヤ國の, 殘つてゐる, 無い位, 無かつ, 無性に悲しい, 燒け, 燒けたので, 特別保護建築物である, 王安石の, 理窟なし, 琉球に, 痛いん, 相踵, 確まつた, 社前の, 神聖なる, 私には, 私の, 私は, 私部領内の, 章學誠の, 箱根山彙中の, 粹なんだか, 總て, 美いとも, 肝心要めの, 自分の, 良いか, 表れて, 見えたら我々, 見える, 見たかつたん, 見ゆるやら, 見るから, 記されて, 變れ, 谷中村に, 輾ばない, 違うか, 違ふか支那人と, 違ふんだ, 遺されて, 鄭濂は, 鎭守だ, 長慶天皇が, 間もなく私, 間違つても, 非常に, 驚くかと, 高い場所

▼ 處~ (227, 3.1%)

3 似て, 怪我を, 恁う, 斯う 2 人の, 小意氣, 爺さんの, 農家らしい, 違つてゐる

1 [205件] お侠な, お前達に, お大名, お峰, お惡くつ, お父さんの, お體, かう小鬢, かう親切, ぎろりとした所が, このくら, この鑄掛屋, これあらん, その底, でから, でまた, とろんとした, どうでも, のんびりと, ぱつとしたところで遊んだ, へぬ園, ぽー, まだ惡, もう叶, やつぱり一皮隔てた, やられたに, よいところ, よその, イラ, ガランと, ジメ, ナポレオンの, モオリアックの, ヤタ一でも, 一つ所を, 一ヶ所雨戸の, 一克で, 一分一ツ貸し, 一味の, 一癖あり, 一箇所明い, 一處に, 一週間ばかり, 一部分だけが, 下水へでも, 不思議な, 並でない, 乏しい先例, 事業家とでも, 五十嵐に, 人を, 人好きの, 人懷こい, 仇ツぽい, 他に, 他の, 似た所, 何んとかいふ, 俤の, 優しいところ, 其處らの, 其處等へ, 其邊に, 凄さ, 分らないところ, 分らぬの, 切りは, 別の, 加減が, 却つて背後の, 厭味の, 反撥的な, 固拗, 埃つ, 夢を, 大商店, 大店, 大阪の, 奈良の, 妻君じみた, 姿の, 子供つ, 子供みたいな, 安並さんの, 宗教の, 室の, 容易に, 宿屋の, 宿屋へ, 小悧巧, 年寄り染みた, 底寒, 弱つて, 影も, 徃つてよ, 微かに, 心にも, 心の, 心當り, 忍び込む道, 思ひ出して, 想像が, 愚鈍らし, 愛嬌の, 感じに, 慇懃無, 我儘で, 戸は, 戸棚の, 戸締りを, 押し潰されたやう, 拔け, 拔けた處の, 拔目が, 擧動が, 散歩からでも, 斬られなかつたで, 昔の, 映畫, 春の, 普通でない, 枝振りの, 柔かさ, 椿岳氏と, 横着らしい, 此の, 此れ, 此處か, 氣に, 氣性の, 氣脱の, 水, 江戸の, 泣き出しさうな, 海か, 浸つて, 淋しい聲, 深い山, 清潔で, 温泉にでも, 湖畔の, 漠然として, 無愛相, 無骨で, 爽かな, 狡い賢さ, 獨逸的な, 瑞西あたりらしく見える, 甘いところ, 異状が, 病氣でも, 病身らしい, 病身らしく, 百姓染み, 知らから, 知らない國, 知ら脱, 確りした, 笑顏に, 紺碧の, 絶えずおど, 線の, 聖書の, 自分の, 致命的な, 色つ, 花袋氏の, 若さ, 荒つ, 落ちついて, 落付かぬ, 落着ぬ, 融通の, 行くとこ, 言ひたい, 訣らぬ, 調子が, 調子がを, 變つて居なかつたらう, 變な, 變態的な, 賢こい, 身體に, 身體にも, 軟かな, 近くから, 逃げ道は, 違つた所の, 違ふ, 違ふたる, 遠いところ, 遠い所, 遠い處, 遠くで, 遠くの, 遠くへでも, 遠方へ, 部屋は, 長崎あたりへ, 開いて, 間が, 間の, 隙だらけの, 隙間から, 頼りある

▼ 處~ (221, 3.0%)

7 ない 2 あるまいと, 一か, 實に, 殘り, 稻魂の, 馬で

1 [202件] あつた, あなれ, あまり現, あらざるべしとて, ありますまい, いくらも, いと強く, おほ, こ, これだ, これだけにて, さう, さつき瀑へ, しみつたれな, そんな大きい, た, ともに美しき, どうしてもただ, どうです, ないか, ないで, ないと, ないので, ない此處, ない程, なくなつ, まだ聞かない, サン・ダミヤノの, マントヴァ市の, 一圓差上げる, 一見私, 一道の, 三度とも, 三度梳く, 上官に, 之を, 乙が, 九年畑とて, 人の, 人形だい, 人物の, 人間唯髯の, 今しがた大根畑から, 今の, 今税關, 他に, 何う, 何でも, 何といふ, 何の, 何んと, 何處だ, 余の, 例へば實業家的立場, 保等登藝須發行所人は, 僅かに, 僕自身の, 入唐の, 全山, 兵營に, 其の收, 其の跡, 其處では, 凝乎, 分らぬがといふ, 切り取つて, 前いつた, 千丈の, 即ちこの, 即ちその, 即ち牢井, 却て, 取餌, 周季に, 唯だ, 唯此, 單に, 四月の, 圓くそ, 多少支那的, 大概知れ, 大理石の, 天下幾ん, 好かつたね, 如何でした, 如何なり, 如何に, 如何にも物凄く, 如何にも琉球的, 如何にも繪, 妙に, 妬し, 家長の, 實際だ, 寧ろ國際法學, 寧ろ大和畫, 寧ろ思想家自身, 小川流れ水田あり, 少くも, 市振の, 廣く, 彼之を, 彼樣直せ, 御座いません, 御館の, 心の, 心臟なり, 恐らくは自己, 恐らく佐渡, 悉く大和朝廷, 患者が, 惡人の, 愛日精廬と, 慥かに, 或は此無限, 或者これ, 所謂, 挺身倒に, 斯う, 日に日に自ら善, 早や, 明くる, 昔から, 是れ, 暑い處, 暗い道, 曠原遠く, 最初の, 未だ皆氷つて, 本所南割下水に, 松葉が, 樂しからざる, 樓臺亭館重, 模倣に, 此の, 死である, 毎日唯, 氣の, 水干てから, 氷の, 決して無い, 沖繩でも, 泥水が, 海外に, 渡の, 滅多に, 漁夫どもの, 漸く少く, 火花を, 無い, 無いかしらと, 無いの, 無く字句, 無し, 無論異邦, 燒芋屋としては, 狹く, 狹し, 王の, 生れながらの, 甲斐の, 異れ, 目で, 眞正の, 矢張此の, 知つてる, 知りませんあんまり, 知りませんがね, 石川村の, 神も, 私の, 第一, 羅馬附近の, 老人の, 自ら變つて來る, 自分で, 自分を, 芝居と, 花の, 茫然漠然たる, 荒野である, 落武者が, 藝芸書舍という, 街道の, 表よりは, 見ゆめ, 變つて居る, 變れ, 趣味に, 近くは, 迚も, 遠淺, 酷い奴ぢ, 陽王其の, 雜木林也, 風の, 風儀が, 風情の, 飛ばして, 餘り, 高くなつ, 龍華寺の

▼ 處にも~ (144, 2.0%)

4 見當ら 3 見えません

2 [12件] ありは, ありません, あるといふ, お目, ないの, なかつた, ほつと, 姿を, 存しない, 見えない, 見えなかつた, 見えなかつたの

1 [113件] あつて, あらざりき, ありませんでした, ありませんね, あるから, あるが, あるまい, ある半開, ある此處, これに, こんな桃源, その姿, それは, ないね, ない夜叉, なかつたぜ, なかつた新, なくなるであらう, ゐないでは, ゐないもしくは, カツキリと, 一つ温泉が, 二重道徳を, 亦一人, 似付, 俄に, 傷が, 傷は, 傷らしい, 具象と, 出は, 刄物を, 勤めずに, 取ツ, 品切で, 土地珍しき, 女房や, 存在しなかつたら, 存在すべき, 存在の, 寛容の, 實行と, 少しは, 居ないし, 居ねえ, 居ません, 引いて, 強ひ, 彼處にも, 怪しい物, 感じない微風, 戀の, 持つて, 指定され, 擴が, 昔の, 晴衣の, 書いて, 書いてない唯, 書かれる男, 歌を, 此處にも, 水死人らしい, 活, 溺れて, 無い, 無いのでが, 無く唯, 猶必然性, 瓔珞を, 生えて, 生命が, 疵は, 發見する, 碌な, 空いた食卓, 立つて, 絶えず繰返され, 縁づかずに, 興味が, 草だら, 蟲の, 血の, 行かぬこと, 行かれないといふ, 被行ら, 見えずトロイア平原, 見えず彌, 見えて, 見えなかつたので, 見えなく成る, 見えぬ, 見えぬからとて, 見えぬので, 見えませんよ, 見付かりません, 見出されなかつた, 見出されること, 見出せぬ, 見出だされなかつたこと, 見附から, 覗ひ知る, 詩は, 詳説した, 説明らしい, 變つた, 貴重がらる, 走らしめないやう, 踏臺らしい, 金錢の, 隨分御無沙汰し, 隱匿される, 黥の

▼ 處かへ~ (141, 1.9%)

7 飛んで 6 行つ 4 行つてし, 隱した 3 やつて, 姿を, 消えて 2 出かけて, 出て, 忘れて, 持つて, 振り落した, 逃げて, 連れて, 隱し, 隱れ

1 [93件] あの可愛らしい, お伴申さむ, お使, かなぐり捨てて, くれて, どやどやと, ゆかれるかと, ゆかれると, ドライヴ, 一寸飮, 入つた, 入つたの, 入られるだらうが, 出かけたの, 出かけたやう, 出かけた後, 出かけた相, 出かけませんか, 出かけるの, 出かけ度, 出たので, 出なかつたか, 出るに, 出掛けた事, 出掛け度い, 匿れた, 去つて了, 取捨てる暇, 吸ひこまれる, 坐つて, 奉公させ, 嫁に, 宿を, 寄せて, 小遣の, 廻して, 廻つたこと, 廻つたので, 拂ひ落した, 振舞酒にでも, 捨て, 捨てたと, 捨てたに, 捨てるか, 散歩の, 旅立つた時, 旅行した, 案内したい, 棄てて, 泊まり明日東京, 泊りに, 消えるとでも, 滑つて行つて仕舞ふ, 潜り込んだに, 當つた樣子です, 移すやう, 絲を, 置き忘れでも, 置くこと, 落して, 藏ひ込んでしまつた, 蜂が, 血が, 行かうと, 行きたくつて, 行きましたよ, 行き度, 行く, 行くが, 行くと, 行くね, 行くの, 行くん, 行つた樣子で, 行つてゐました, 行つて一生歸つて來んけりやい, 行つて了ひたい樣な, 行つて仕舞つた, 行つて仕舞つたので, 行つて又, 行つて居た, 行つて歸りました, 試しに, 買出に, 逃げたよ, 逃げ出して, 逐電し, 連れ去つて了つたの, 運んだ樣子, 間借りを, 集めて, 飛び出して, 飛んだきり

▼ 處までも~ (137, 1.9%)

3 我々の, 行きますよ 2 奇麗にて, 恁うし, 私が, 自己に, 見え出した

1 [121件] あの日, おくると, おどけて, お前の, お品さん, さばけたる人, ずうと, それぞれの, それによ, そんな調子, ついて行くと, つける氣, つまり皮, ガラツ八の, ズツト伸ばす, トルストイを, 一と, 一書生の, 一派の, 下手に, 世界史的使命を, 乾たいひやうである, 事實を, 人間の, 他の, 他を, 何處まで, 何處までも, 佛蘭西的な, 保護する, 信じ切つて, 偃うて, 先生を, 公明正大なる, 其長處を, 内なる, 出掛けるが, 勝利者である, 十八世紀の, 厄介極まる, 參ります, 各自に, 同じやう, 大儀相な, 奮鬪せね, 女らしい身, 嬉しく思, 小川に, 小説の, 常識的でした, 彼自身である, 徒らに, 心で, 心理解剖で, 忠實に, 恐ろしく庭掃除そこそこ, 惜しきに, 惡いもので, 惡るいさお前の, 愼ましい, 慘苦です, 懶まし, 我儘らしき, 我儘通し, 我國體の, 掩はれ, 提携しなけれ, 日本人らしい, 日蔭者で, 昇つて行く, 景色と, 末頼母しい, 机の, 棘が, 横穴である, 權利を, 民族と, 氣の, 浮世ぞ, 海邊に, 深く, 深く國體, 無數, 生ずるに, 田舍書生の, 癒ん, 發見せられない, 眞ツ暗, 矛盾し, 知らぬ容子, 知的で, 粘り強さ, 紅の, 續い, 續き, 置いて, 聽える, 自己の, 若い積り, 茶かし氣味な, 茶に, 茶化し氣味, 行くぞ, 行つ, 行儀よく, 見所は, 詮め切れず, 調和と, 謎の, 超越的なる, 跟い, 追つかける, 追ひつめる, 追ひます, 遊んで, 酒と, 鎌倉の, 降りられる處, 陳べて, 高く踏ん, 黒き中

▼ 處かに~ (136, 1.9%)

10 隱し 3 あつた, 持つて, 殘る 2 あるには, どうやら法喜, 姿を, 影を, 御案内, 隱され

1 [105件] あるに, あるやう, お靜, こんな繪, さう云, ひどく頭, ゐるに, 三人の, 不安の, 世の中に, 亡し, 人知れず隱, 何かを, 偉さ, 共通した, 其の天才, 凄味を, 出かけたあと, 出つ張, 出掛けて, 動いて, 匂ひます, 又善良, 向つて, 品位が, 埋めて, 壯大な, 大きな借金, 女の, 女性的な, 娘らし, 存するの, 安いところ, 安くて, 寄附を, 密偵が, 導かむ, 就職し, 強靱な, 彫つて, 待ち伏せして, 忘れたる如し, 性根の, 怨んでる者, 恐ろしいやう, 悲慘の, 或物, 押し隱, 捨鉢を, 摺り換へた九百八十八兩の, 旅行を, 有つたら知らぬ, 棄てたに, 殘つてゐる, 殘つて居, 殘つて居つ, 活きて, 滴るやう, 火事が, 灰だけでも, 物寂しい影, 狎れ難い, 現存した, 生きて, 生れついて, 瘻れた, 確かり溜め, 確りした, 空洞の, 緊め括り, 置いて, 自分を, 良いところ, 良い後家, 若さ, 菅笠を, 落ちて, 血を, 行きでも, 行つてし, 行つて了つて隅の, 見えたと, 見出されるで, 設け充分, 説教を, 變な, 變形し, 赤いもの, 赭土の, 身を, 遁げ場を, 遺つて, 酒宴でも, 金を, 鈴を, 閉ぢこめられ, 閉ぢ籠められ, 隱した, 隱し込ん, 隱れ, 集まつて飮む, 集まつて飮む時, 音樂の, 頽廢の, 飮み

▼ 處~ (120, 1.6%)

5 いつて

2 [13件] なくそわ, なく冴, なく懷かしく, なく漂, なつた, なつて, なりて, はなしに, 何處だ, 客は, 見えて, 言ふ, 逼り詰め

1 [89件] いうて, いひ此處, かおも, さだかには, さんざ苦勞, その中, なくさま, なくもう, なく一味, なく一種, なく下等, なく不安, なく不安定, なく人懷, なく侠, なく卑しい感じ, なく小, なく底冷, なく底冷え, なく感じられ, なく拍子, なく春, なく智的, なく氣乘, なく沈ん, なく濕, なく物, なく猫, なく祭, なく秘密, なく立派, なく籬, なく締り, なく艶, なく苦々しいと, なく衰, なく語調, なく變つた點, なく金, なく頼り, なし, なしその, なしに, なし無, なりぬ, なる筈, ページを, 一致し, 三つの, 三者均しく宜しき, 云つて厭な, 云つて或, 云つて指し, 云つて訪ねる, 云はば, 云ふ, 人目を, 他の, 何處つて穴つ, 何處で, 信じ由つて新た, 傳へらる, 再び合, 合しかの, 合すといふは, 同樣, 定まつた, 尋ぬる, 尋ねなければ, 後には, 思ひも, 我問へば, 打見やれば, 時, 時と, 時との, 母上の, 氣の, 照ちやんの, 目的も, 知つた, 考へて, 考へられた時代, 聞き流さん, 言つて美しい, 記せるが, 許りで, 違つてどうしても, 都會人の

▼ 處まで~ (101, 1.4%)

9 行つても 4 持つて 3 行くか, 行くの 2 いつても, 來る, 信じて, 盛り續, 行つて呉れ, 話が, 走つて, 馳せ

1 [66件] お出ですか, この話, たちわられし者, ちかづいて, つ, ついて, つづくか, のんびりと, また七八町, もいは, もさう信じて, もつれなき横笛, もと追ひすがります, やるさ, ゆくか, ゆくべしされど, ゆくらん, よく出, 一樣に, 主從, 乘りこたへられる, 來た, 入りしこと, 全然沒了, 出ては, 嘗めたやう, 彼の, 惜しまる, 教へて, 晝も, 曳き來, 本氣, 根を, 根性がね, 此父を, 猜疑心の, 發展する, 直徑, 眞氣で, 知らる, 續い, 聽いた, 脱線する, 落着い, 行かうと, 行かるべきされば, 行きその, 行くこと, 行くんで, 行けるかも, 行つ, 行つた, 行つたつて矢張青い, 行つたつて迷兒になんか, 行つたといふ, 行つたの, 行つたら, 行つてゐない, 行つて話した, 見きはめて, 逃げたん, 連れて, 進んで, 達したの, 避けても, 電話を

▼ 處~ (100, 1.4%)

4 ある 3 あるが, なければ 2 あつたり, あつて, あれば, かしこも, ない, ない昔代, 何とも無い, 小石川の

1 [74件] あつた, あつたらしい, あらざるべし, ありまして, あります, あり僕, あり瑪瑙, あり軍, あるかも, あるし, ある此土, ある駁雜不純, かもガラス戸で, かも眞つ, かも緑です, こ, さだめぬ, さびしかつ, ないから, ないこと, ない些事, ない唯, ない生活, なく何しろ, なく悲しくさ, なく涙, なく話, なく駈つて, まだ, みな鬱蒼たる, 似て, 何さま早い, 出て, 十分取入れる, 即ち此, 同じ樣, 同一で, 嗜き, 封じられて, 少しは, 彼處も, 御座いますから, 怪しき事, 怪我は, 惡か, 戸締りに, 損じちや, 曲筆も, 有るので, 有んだから, 有んのに, 構はずに, 此處も, 歩きやしません投げ節, 決してない, 無かつ, 無きやう, 無く申上, 眞黒にな, 知らぬ有, 知るよしも, 石を, 祭りは, 結目を, 缺けて, 處墓も, 行かうとは, 見え過ぎて, 見ゆ, 起きては, 道理だ, 開けられさ, 雪が, 靜か

▼ 處かの~ (99, 1.4%)

2 家に, 赤い鳥居, 部屋へ

1 [93件] うるは, お大名, お玉とか, お社, ドイツ語の, 一角に, 三河萬歳で, 世界に, 中學, 人, 人に, 人の, 代官の, 令孃の, 修業寺, 内儀さんが, 古猫, 命令航路の, 商人がは, 問屋場に, 坊さん學校へ, 城を, 城下町の, 壯士芝居で, 外交官の, 大名屋敷で, 大學, 奇人ででも, 女學校の, 學校へ, 家で, 家へ, 宿場で, 小僧が, 小僧さんが, 小僧です, 小格子, 山や, 山奧に, 岡つ, 岡場所から, 工場のである, 帰りで, 座敷に, 役所の, 御寺, 手習師匠で, 抽出へでも, 新聞社に, 新造つ, 昔の, 會社か, 會社の, 木の, 本屋の, 杉か, 校長にでもな, 森で, 水邊で, 海岸で, 海港に, 海港の, 海邊へ, 温泉場にでも, 煙突から, 物蔭から, 町角の, 番傘を, 知らない小父さん, 石置場か, 級の, 縁の, 羽目を, 船着場で, 芝居の, 蜘蛛の, 豫言者が, 賭場へ, 賭場へでも, 部分が, 部屋で, 部屋に, 酌婦でなけれ, 野良犬かなんかを, 野良犬が, 釣堀からでも, 鐘の, 隅なりと, 雪の, 青年が, 領事館らしい, 飼ひ, 鰻を

▼ 處~ (95, 1.3%)

104 といふ 3 と思ふ, ね 2 といへ, と聞く, と言, よ, 何處だ

1 [65件] えそれ, か, からあなた, からボズさん, から丁度, から其, から國際法上, から土地ツ子, から學科, から此, から此種, から珊瑚, かんな, か分らない, か知らぬ, か私, か解らぬ, か路, が, がかけ, がむしろ, が三太郎, が己等, が忙し, が我々中年, けれども折々, ぜ畜生, それは, そんなもの, ぞ, つけ, つたが, つたの, つた云々, つた高熱往來の, つてそんな, つて同, つて松茸は, とお, とは自分, とも思へない, と云, と云つた位, と云つて, と人, と思つたの, と思つて, と思はれた, と思ひます, と昔, と聞, な, べ, ようお, よこんぢ, んべ, ツしやろちう, ネ, 大佐閣下だつ, 方角は, 案内し, 母ちやんには, 生憎婆さん, 私が, 約束した

▼ 處かで~ (92, 1.3%)

4 見たこと 3 見た事 2 聞いたこと

1 [83件] お話を, さうし, すこしづつ喰, そつと, それを, だよ, ちらと, ひゆうひゆうと, ひよい, やつた, ガチヤリ, ニイチェが, ヒイと, 一と, 一杯と, 三味線の, 下司の, 久六は, 二つ三つ手拍子が, 人間の, 休むやう, 何時も, 借りても, 僕を, 六千兩は, 凍てた土, 半身を, 叩かれて, 喧嘩が, 嗅いだこと, 夏と, 寢て, 寢呆けた, 小錢, 小鳥が, 尻尾を, 居眠りし, 山鳩が, 嵬が, 年貢を, 幽に, 引かけて, 思つてゐた, 打ち, 拾つて來て, 擁護し, 時島の, 會が, 梟が, 樂しまれ, 次第に増し, 此樣な, 氣を, 熱い茶, 狐でも, 眞物か, 神代の, 祭の, 窓を, 窓硝子が, 糸操りの, 終局に, 考へはじめたん, 聞いた記憶, 聽い, 腐つて, 自分の, 自分は, 自轉車, 見たいと, 見たやう, 見た日, 見た顏, 見られる姿, 貰つて來た, 赤い舌, 身なりを, 逢ひます, 遊んで, 開かれて, 食らうか, 鳴つて, 鳴る初午

▼ 處からとも~ (66, 0.9%)

5 なく飛ん 3 なく現, なく響い

1 [55件] なく, なくこいつ, なくす, なくちぎれちぎれ, なくとても, なくびつくり, なくスルリ, なくユラリ, なく一匹, なく不安, なく二十五六, なく云, なく人, なく他, なく入る光線, なく匂, なく匂つて來, なく吹きまくつて來, なく吹矢, なく夏祭, なく子供等, なく射した, なく床しい鈴, なく徐々に, なく微か, なく忍び込み, なく恐ろしい音, なく散り殘, なく明り, なく松, なく此, なく江戸, なく河岸, なく洩れ, なく流れ, なく海草, なく漂浪, なく爪彈きの音, なく物好き, なく現れた, なく白羽, なく矢, なく知れる, なく突き出された, なく聞える, なく聲, なく胸, なく若い男, なく蛙, なく込み上げ, なく闇, なく飛出し, なく飼鶯, わかりません, 無く射し

▼ 處でも~ (66, 0.9%)

2 いいから, ない, 宜い, 賣つて

1 [58件] あるので, い, いいわ, いぢ, いらつし, かまはずに, これが, ちつとも, つかつて, なかつた, なきを, よい最近, よろしわ, 一杯に, 三日と, 中の, 之に, 他の, 先づこ, 兎に, 八つ口でも, 其の身, 出來, 初め學術的に, 半年と, 厭うた, 可い, 可えじ, 君達で, 囃し立てるやう, 好いけれど, 岬の, 市中の橋際には, 忙しい麥扱, 拵へて, 敗けて, 新しいのに, 本當, 構は, 此處でも, 歩いて, 氣樂に, 水を, 泣かなくつて, 活動自在だ, 熱い甘藷, 皆な, 眞白だ, 能く, 茶受に, 草木の, 行きますが, 見た方, 通れる警察官, 長い航海, 隨い, 雪の, 飛つく

▼ 處へも~ (65, 0.9%)

2 いらつし, 一處に, 出ずに, 出ちや, 出ません, 行きやしません, 行つた樣子は

1 [51件] お出掛け, ツて, 不義理ばかり, 入らずに, 出かけませんよ, 出かける氣力, 出ず, 出ないだらうな, 出ないの, 出ないのに, 出なかつたと, 出なかつたね, 出なかつた筈, 出なさりは, 出は, 出やしませんか, 出られないやう, 出られなかつたん, 出る筈, 出掛けなかつた筈, 出掛けません, 到達しない, 參りません, 大野や, 寄り道しない, 小作の, 山本山が, 往かざりき, 持つて, 改めては, 珍らしい, 笛村の, 行かずに, 行かず神妙, 行かないし, 行かないやう, 行かなかつたわけ, 行かねえつて言つたけが, 行きどころ, 行きやう, 行きやしねえ, 行きやしませんよ, 行く所, 行けしまへん, 行けません, 行や, 訪ねて, 逃れやう筈, 通ひし, 頼みやう, 香奠返しの

▼ 處では~ (64, 0.9%)

7 ない 3 なかつた 2 代りの, 無いけれど

1 [50件] ありますまい, かういふ崖, その方面, そんな事, どうし, ないが, ないらし, ない必ず, ない或は, ない頭, よいが, 一切は, 之が, 井戸に, 何が, 佛國が, 例へば田舍, 兔に, 兩方の, 出版に, 勉強しなく, 半道ほど, 古今東西の, 可なり苦勞, 多少の, 女は, 層を, 彼は, 所謂表現派の, 有限性は, 柔和しい, 檢事豫審判事は, 次の, 此の, 死期の, 無かつ, 無くな, 現代肯定宗の, 盛んな怒, 石灰の, 秋だらう, 自分の, 自分は, 自己實現を, 藁を, 藝術家の, 誰方も, 退院の, 長明の, 雨が

▼ 處からか~ (62, 0.8%)

3 出て 2 吹きこんだ朝山颪, 斯う, 歸つて來た, 起る一番鷄, 鴛鴦の

1 [49件] いくつも, それを, たくさん集つて來た, ひたひたと, ひとりでに出, ヒヨツクリ出, フラリと, 供へられた, 光を, 冷たい風, 出して, 分らないボソ, 合槌を, 射してを, 引越して, 強い甘い匂, 微かな, 恐ろしい復讐, 拾つてき, 持つて, 救ひ, 曉角が, 歌加留多の, 歸つて來て, 湧いて, 灯が, 煙管と, 物を, 犬が, 白つ, 精悍な, 聞いて, 聞えて, 聞える, 聞えるやう, 聞き出して, 聽い, 胡粉を, 蠅を, 見つけて, 赤犬が, 起つて, 軋る物音, 迷ひ出し, 通つて來て, 連れて, 都會の, 飛んで, 飼ひ

▼ 處より~ (60, 0.8%)

2 して, 落ついて, 論ずれば, 起つて

1 [52件] あたかも善行, いづ, いづる力, いでいまや, いでて, くだり彼, しのびやか, そのいと, た, はからぬ事, ほかに, ゆくこと, 一そう白, 一の, 一本道の, 上りて, 人家兩側に, 仰ぎ見ること, 來しかの, 來る, 來れり, 來れる, 傳へたりとも, 力降り, 北に, 取り出され陸, 外に, 大約二百ヤード許離れた, 姑の, 寧ろかの, 小名木川に, 己を, 引返し一, 得來りたる, 我を, 折ふし飛べる, 杉は, 深山の, 玉川上水分派し, 生きて, 發明し, 目を, 相考居候儀, 神を, 落ちたり, 落ちるところ, 蘆薈, 觀れ, 言を, 閃きいづ, 風は, 餘程遠

▼ 處には~ (58, 0.8%)

2 すさまじいと, 一切の

1 [54件] あり餘つて, あんな憐れ, いかならん好き處, それ自身の, ちつとも, ない, ないといふ, また, また必ず, まだ何, まだ空しく, もう我慢, よい國, ゐない, 一が, 一ツの, 一人の, 二人の, 今牧牛, 今筏, 他も, 何百人といふ, 來て, 到る處, 地を, 大きな土管, 大きな岩石, 大木の, 定に, 寄着は, 小さな碑亭, 小さな轆轤, 少し古びた, 常に笑聲, 幸福なる, 必ず現在, 我よく, 數軒の, 時間性も, 晴れたる空, 榮光神に, 水を, 漁人の, 猶エズヰオ, 生の, 生も, 目的論的論證は, 破れといふ, 立つて, 舟, 菫花の, 許多の, 過去ばかり, 魚が

▼ 處とも~ (57, 0.8%)

5 なく飛ん 4 なく姿 3 なく立去つた 2 なく出, なく逃げ, なく響い, なしに

1 [37件] ない波, ない笑聲, なき青葉, なくつれ, なくトン, なく一發, なく彷徨, なく微か, なく旅, なく消え, なく漂泊, なく睨み据ゑるのです, なく睨む, なく立去つた後, なく聽, なく茫然, なく行, なく見, なく見詰むる, なく見詰め, なく轟々, なく逃げうせる, なく鼕, わからず異, 分らず其儘, 無く姿, 知らざれば, 知らず染みたる思ひは, 知らせぬ濱千鳥, 知らないが, 知れず, 知れず姿, 知れず飛び去ります, 知れない工場, 知れぬ處, 確乎とは, 言ひ

▼ 處する~ (54, 0.7%)

5 のであります 4 と云, のである 2 ことにな, に當, に當つて, のは, をいふ, 彼の, 道を

1 [27件] がこ, が夫, が特別, ことに, ことを, だけの準備, といふ, といふやう, といふ布令, と高札, には外形, に巧詐, に常に, のが, のみならず, の途, や一, や恰も, 個々の, 前に, 力が, 又七出, 心の, 所以の, 最善の, 村人の, 點に

▼ 處~ (40, 0.5%)

2 て凡人, て行く, 物に

1 [34件] その邸宅, それを, たりする, て, ていい, てかく, ても宜いと, て一方, て之, て亂, て國法, て如何, て完全, て居る, て巧み, て慍ら, て我, て曾, て無, て然, て煩, て爭はず, て猶且つ, て生き, て能, て行かね, て靜, 且つ之, 即ち北海道, 夫妻を, 未だ曾, 相隔離すべからず, 若くは, 萬一犯罪者が

▼ 處へでも~ (38, 0.5%)

3 連れて 2 伴れ, 行きますよ

1 [31件] い, べたりと坐る, 人知れず拔, 他へ, 來て, 來る, 入らつし, 勤めようと, 取り返しに, 可い, 喜んで, 噛みつくの, 小屋を, 早速飛び出し, 歸れ, 焔を, 自分の, 自由に, 自由自在に, 行きますわ, 行くが, 行くこと, 行くに, 行くよ, 行けませうと, 訴へて, 鍬や, 隨い, 隱せた, 隱せる, 飛出したくて

▼ 處にか~ (32, 0.4%)

5 畏あらん 2 ある, 在る

1 [23件] ある噫, 他に, 似通つた韻律, 光を, 其の勢, 前と, 取り得たる, 容れら, 恁う, 惡魔の, 根を, 植ゑてまし, 求むべき, 汝が, 潜伏し, 潜伏んで, 破れが, 移り香を, 胸に, 行かむ, 行きさる, 行き給, 軟かな

▼ 處なる~ (31, 0.4%)

1 [31件] が正しく, この下界, この天, この太陽, にあらずや, に殊, やと問, を, をこれ, アウソーニアの, アンタンドロと, シミフォンテに, チェペラン, ナツァレッテに, 中心に, 光を, 北半球, 地獄より, 寢處を, 山の, 岸見えぬ, 弓門の, 最初の, 枯井の, 深處, 火の, 目を, 眞をば, 至高者を, 雙兒宮は, 高き園

▼ 處~ (29, 0.4%)

11 んだ 2 のだ, んです

1 [14件] と好, の, のさ, のであつ, のである, のです, のでそこ, のでもう, ので一房, ので坐, ので雨, んだい, んぢや, んでせう

▼ 處にて~ (27, 0.4%)

2 これを, 彼に

1 [23件] あへ, あやしきこと, かの目, この區, この處, これと, ほ, わが顏, スラヴィーニ・ディ・マルコと, フィレンツェ人により, ベアトリーチェを, 之を, 人思ひ誤る, 愛と, 我は, 我を, 汝に, 焔その, 燃ゆと, 爲す, 生れき, 禮を, 門内に

▼ 處です~ (22, 0.3%)

5 親分 2

1 [15件] からどうぞ, から一先づ, から何, か知りません, がお, が栗, し近郷, それは, な, ね, もの, わね, 先は, 彼處永丘, 親分追

▼ 處にでも~ (21, 0.3%)

1 [21件] あります, ありますが, ある, あるぢ, あるといふ, ある三つ, ある小菊二三枚, ある平凡, ある譯, お食事, めぐり何處, 出會, 同じやう, 地球の, 奉納し, 澤山ゐる, 置いて, 腰を, 身を, 連れて, 隱れ

▼ 處へか~ (21, 0.3%)

2 參りました, 行かう行かうと, 行くので

1 [15件] 二人で, 入院させなけれ, 出た, 出去つた後, 出掛けやう, 吹きわたり, 失奔し, 拵えたか, 持つてつちや, 格子を, 消えて, 行つてし, 逃げて, 通ずる道, 通つて行く

▼ 處せられ~ (18, 0.2%)

4 て居る

1 [14件] お仙は, お國, その上離縁, その相棒, てゐる, て其流, 且つ上, 主犯人の, 其離縁は, 又親, 地方官は, 地方長官も, 官憲の, 更らに

▼ 處~ (18, 0.2%)

4 やない 3 やね, やねえ 1 やが, やがあせん, やどう, やねえや, やまだ, やもう, や村落, や體裁

▼ 處へは~ (18, 0.2%)

1 [18件] まだ一度, 出づべしといふ, 出んな, 吾等だつ, 嚊ばかり, 屹と, 引越して, 日日毎日ついてる, 棄てないで, 母君の, 猫も, 着けられなく成つて, 芝居でも, 行かないから, 送つて, 連れて, 閾が, 雲雀は

▼ 處からでも~ (17, 0.2%)

2 入れますが, 鬼神に

1 [13件] お歸, 入れたわけ, 入れる, 入れるのに, 大抵は, 屹度此の, 忍び込めるよ, 明瞭と, 蔓を, 見えるやう, 見えるん, 見透しだから, 逃げられたこと

▼ 處にては~ (16, 0.2%)

1 [16件] これを, その状, たえず微風, はや夕, 井の頭池三寶寺池などにも, 侶と, 前便申上候脚本の, 夜は, 失せし星, 打つこと, 折々面白き, 最強き光, 木々の, 祈り神, 自然の, 距離

▼ 處やら~ (16, 0.2%)

2 寢顏に

1 [14件] ちよつと, で, まだ坊, 冷く, 分らへん, 得意の, 我が心, 洒落て, 物悲しく感傷的, 物足りない, 異な, 痩せが, 苦がく愁らかるべし, 釋と

▼ 處からも~ (15, 0.2%)

1 [15件] あの三角帽, 來る, 入りやう, 出て, 出ては, 封じられること, 尻の, 扶持も, 扶持を, 拔け, 文句は, 槍は, 行けないやう, 見えまいと, 見られ秩父

▼ 處せられた~ (15, 0.2%)

2 者は, 者も

1 [11件] ことお, すべての, と云, のであらう, 時でも, 時市民は, 罪人を以て, 者が, 者に, 遠い昔, 點が

▼ 處せられる~ (15, 0.2%)

2 のであります, のです

1 [11件] ことなぞは, ことに, ことは, といふ, といふ點, ものが, やうな, 事にな, 位であります, 又其半面, 筈でした

▼ 處なれ~ (15, 0.2%)

1 [15件] ども左, ど一羽, ど鮨, ば, ばかしこ, ばこの, ばしるす, ばなり, ば三, ば也, ば今, ば我, ば盜, ば草, ば速

▼ 處~ (14, 0.2%)

2 へあつ, へ見定められぬ 1 か行, か行ぐべア, でもけつ, へある, へなき, へ無く, へ見, 引張られて, 行くべと, 行くん

▼ 處である~ (13, 0.2%)

1 [13件] かと言, からた, から之, がこれ, が今, が唯, が恁, が當處, が私, と云, と考へ, と聞かされた, 而し

▼ 處といふ~ (12, 0.2%)

2 ことなく, ことなし 1 あて無しに, ことが, ことは, 事も, 的も, 目的も, 處に, 行くべき的

▼ 處あり~ (11, 0.2%)

21 てほどよく, て掘りおこし, て歴代帝后, とも凡人, と知ら, や出し, トレントブレシヤヴェロナの, 目に, 苛責の

▼ 處ある~ (11, 0.2%)

2 ことなし 1 か, が爲, と見え, に因り, に感服, は却, ものは, も西方鹿兒島市附近, 可き

▼ 處なき~ (11, 0.2%)

2 にしも 1 が如き, ところに, にあらず, までに零落れさせ, まで己, を呟く, 地球人としての, 肯定によ, 身なれ

▼ 處なく~ (10, 0.1%)

1 た, 大に, 天低く, 少欲なる, 或る, 時なし, 極めて硬固, 粉飾する, 食ひ遊ぶ, 餘儀なく

▼ 處進退~ (10, 0.1%)

2 を見る 1 には自ら兩樣, にも讓ら, に兩樣, に巧み, に注意, に視る, の巧み, 亦巧みならず

▼ 處かしら~ (9, 0.1%)

1 ない遠い山脈, モリエェルの, 東京附近に, 死んだ九鬼, 若々しいところ, 苦痛を, 話が, 遁路を, 非常に

▼ 處へと~ (9, 0.1%)

1 いふあても, いふこと, 問ふた事も, 引込まれて, 方向を, 私が, 聞いても, 行く途中, 賣られて

▼ 處女子~ (9, 0.1%)

421 の胸肉, の藍染衣, は年毎

▼ 處にのみ~ (8, 0.1%)

1 むけしめき, 不死性の, 寄する, 歴史は, 生の, 行けり, 見られる, 見るべし

▼ 處やらの~ (8, 0.1%)

1 お人, 人が, 割前を, 地上から, 工場の, 工塲の, 御店に, 骨董店の

▼ 處よりも~ (8, 0.1%)

1 おつぎ, その運行, なほ北方に, まだ餘程田舍, 光暗し, 噴煙を, 多くの, 進歩の

▼ 處ぞへ~ (7, 0.1%)

1 勤めて, 奉公したい, 宿を, 寄つて來て, 泊らんなり, 行かうか, 行きな

▼ 處として~ (7, 0.1%)

1 供養せられざる, 居たで, 心地よく住んだ, 指し示すところ, 然らざる, 造られたり, 餘り

▼ 處とは~ (7, 0.1%)

1 光の, 同じ點, 思はないし, 自ら違うた, 處が, 道學先生が, 限らなかつた

▼ 處へとも~ (7, 0.1%)

3 なく姿 1 なくていねい, なく別れた, なく編輯局, なく逃げ隱

▼ 處やらに~ (7, 0.1%)

1 それらの, まだ明るい, 凜と, 出來, 大きな蜿, 小光, 魚族奴等が

▼ 處よりか~ (7, 0.1%)

1 その大記實法, 來し, 得ん, 採りて, 此大歸納力を, 生ぜし, 盜み

▼ 處した~ (6, 0.1%)

1 が宜しい, ことが, ことも, のであります, のは, 時にも

▼ 處~ (6, 0.1%)

1 怨なく, 慍らず, 痛なく, 痛まず極めて, 貪らずして, 貪らず極めて

▼ 處なし~ (6, 0.1%)

1 こ, されど政かしこ, されど望み, しかしてこれ, といふ有, 亦汝

▼ 處女らしい~ (6, 0.1%)

1 乳房腫物の, 垢ぬけしない, 子供らし, 色香は, 花やかな, 血色の

▼ 處かと~ (5, 0.1%)

1 いふに, 云ふと, 思つたら, 言はれます, 言へば

▼ 處かを~ (5, 0.1%)

1 掻きむしつたこと, 擽ぐつてでもゐさうな顏, 漁つて歩いたらしい, 蝕みつ, 記述する

▼ 處だつた~ (5, 0.1%)

1 かと氣, がとに角一週間, が近年, ぞ, ので直ぐ

▼ 處とて~ (5, 0.1%)

1 半さしたる, 塀越しに, 小都會, 感慨無量なるべし, 日蓮宗の

▼ 處なり~ (5, 0.1%)

2 行つて貰は 1 ブーティ, 詩人等こ, 鬼チェルベロ雨雪と共に

▼ 處において~ (5, 0.1%)

1 では, 社會の, 社會的および, 萬國の, 賃銀を

▼ 處までが~ (5, 0.1%)

1 夢であり, 御用に, 愛だ, 憎だ, 本當

▼ 處やらで~ (5, 0.1%)

1 單調な, 蕎麥を, 見掛けたさ, 調子は, 馬の

▼ 處~ (5, 0.1%)

1 え, か歩い, に零れた, まで切め, 善く成つ

▼ 處即ち~ (5, 0.1%)

1 ドミニクス派の, 加藤洲也, 河内と, 第五圈, 芝居で

▼ 處女性~ (5, 0.1%)

1 から, といつた, の海, を持ち, を破らう

▼ 處からと~ (4, 0.1%)

1 なく疾走, なく聞い, なく聞え, 無く腥いやう

▼ 處~ (4, 0.1%)

2 とある 1 と云, と宣言

▼ 處たる~ (4, 0.1%)

1 を漏れない, 怪しき洞窟, 標として, 草木各自の

▼ 處だい~ (4, 0.1%)

21 お美乃さん, 御苦勞

▼ 處でない~ (4, 0.1%)

1 から其調理法, から禹, さうだ, と思ふ

▼ 處にても~ (4, 0.1%)

1 よし其處, 一戰の, 伴ひ行き, 顯はる不

▼ 處あれ~ (3, 0.0%)

1 ど後半, ばなり, ば氏

▼ 處かでは~ (3, 0.0%)

1 信吾が, 固パン, 富江の

▼ 處この~ (3, 0.0%)

1 時この, 附近に, 馬に

▼ 處すべき~ (3, 0.0%)

1 にさき, ものであります, ものを

▼ 處すべし~ (3, 0.0%)

1 といふ嚴, といふ意見, との命令

▼ 處すれ~ (3, 0.0%)

1 ども夫妻, ばよき, ば宇宙

▼ 處せらるる~ (3, 0.0%)

1 が普通, ことも, 上に

▼ 處せられし~ (3, 0.0%)

1 時は, 罪人が, 者註或ひ

▼ 處その~ (3, 0.0%)

1 患者は, 温泉の, 要を

▼ 處~ (3, 0.0%)

1 や, 善かるべき, 空いた教場

▼ 處でした~ (3, 0.0%)

1 え, と幾度, よ

▼ 處とかの~ (3, 0.0%)

1 女學校に, 新地に, 田舍で

▼ 處ながら~ (3, 0.0%)

2 聞いても 1 直通り

▼ 處なけれ~ (3, 0.0%)

1 ばなり, ばわれ身, ば暫時

▼ 處にな~ (3, 0.0%)

1 つてし, つて作者が, つて走

▼ 處にまで~ (3, 0.0%)

1 氣を, 無闇に, 音が

▼ 處にや~ (3, 0.0%)

1 戻つちや, 支障ねえ, 昔し

▼ 處へやら~ (3, 0.0%)

1 消え去りました, 火桶に, 驚愕と

▼ 處~ (3, 0.0%)

1 その他すべての, 木々を, 鼻や

▼ 處やらにて~ (3, 0.0%)

2 表札を 1 伯勞鳴く

▼ 處よりとも~ (3, 0.0%)

1 なくやがて, なく我が, なく拳

▼ 處わが~ (3, 0.0%)

1 向ふ, 栖家, 目守る

▼ 處をと~ (3, 0.0%)

1 つて見, 寺の, 思つて歩い

▼ 處をば~ (3, 0.0%)

2 變ふる 1 教へる

▼ 處其處~ (3, 0.0%)

1 に今や, に嚴重, に大佐

▼ 處女らしく~ (3, 0.0%)

1 たど, 初めて眞, 顏を

▼ 處~ (3, 0.0%)

2 良人がい 1 承知も

▼ 處着手~ (3, 0.0%)

3 の處

▼ 處~ (3, 0.0%)

1 はその, は今, は遁げ

▼ 處あらん~ (2, 0.0%)

1 と兼, と期する

▼ 處ありし~ (2, 0.0%)

1 が如く, によるなり

▼ 處いづ~ (2, 0.0%)

1 こにか, こ夕顏の

▼ 處~ (2, 0.0%)

1 て, ばかし置かねえで干せ

▼ 處お前がた~ (2, 0.0%)

2 に指

▼ 處かから~ (2, 0.0%)

1 お持ち, 一人位は

▼ 處かが~ (2, 0.0%)

1 つしり, 怖くて

▼ 處かく~ (2, 0.0%)

1 ね, 大いなる邪惡

▼ 處かには~ (2, 0.0%)

1 さまつて, 何か

▼ 處からは~ (2, 0.0%)

1 村の, 目障

▼ 處がを~ (2, 0.0%)

2 かしくも

▼ 處~ (2, 0.0%)

2 と成ら

▼ 處される~ (2, 0.0%)

1 と云, 程の

▼ 處さ行~ (2, 0.0%)

1 つたか, つてる

▼ 處せられます~ (2, 0.0%)

1 がこれ, がそれ

▼ 處せん~ (2, 0.0%)

1 ことを, とするなら

▼ 處そこ~ (2, 0.0%)

1 に殘, へ行け

▼ 處ぞが~ (2, 0.0%)

1 ひどくやられ, 不具や

▼ 處だらう~ (2, 0.0%)

1 と考へる, 何處へ

▼ 處であり~ (2, 0.0%)

1 その頃, 所謂蓼喰ふ

▼ 處であります~ (2, 0.0%)

1 から邦人, が私

▼ 處でございます~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ 處でござんせう~ (2, 0.0%)

2 お醫者樣

▼ 處ででも~ (2, 0.0%)

1 みんなさ, 歌つた

▼ 處でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば歸ら

▼ 處とかへ~ (2, 0.0%)

1 お茶漬, 行けと

▼ 處とては~ (2, 0.0%)

2 ありませぬ何

▼ 處とやらに~ (2, 0.0%)

1 恁う, 眺望を

▼ 處とを~ (2, 0.0%)

1 區別した, 我に

▼ 處ながらは~ (2, 0.0%)

2 慕は

▼ 處などは~ (2, 0.0%)

1 丁度朝鮮平壤, 凄い腕

▼ 處なら~ (2, 0.0%)

1 ば川魚, 大丈夫の

▼ 處なりし~ (2, 0.0%)

1 ぞ, をエスティ

▼ 處なるべし~ (2, 0.0%)

1 されどオテルロ, とかや近く

▼ 處においては~ (2, 0.0%)

1 それの, 存在以外には

▼ 處ばかり~ (2, 0.0%)

1 では, 背向

▼ 處または~ (2, 0.0%)

1 名を, 御殿女中の

▼ 處まででも~ (2, 0.0%)

1 行かうよ, 附き合

▼ 處までとは~ (2, 0.0%)

2 言ひませぬ

▼ 處やらへ~ (2, 0.0%)

1 行かはる, 行かはるの

▼ 處ゆゑ~ (2, 0.0%)

2 まう一度

▼ 處~ (2, 0.0%)

1 ては王者, ても身

▼ 處をも~ (2, 0.0%)

1 平らかな, 望むもの

▼ 處今や~ (2, 0.0%)

1 徳川の, 砲兵工廠と

▼ 處~ (2, 0.0%)

1 も墓, も規則正しく

▼ 處女神~ (2, 0.0%)

1 が最も, なり

▼ 處如何~ (2, 0.0%)

1 にもさつ, に深く

▼ 處~ (2, 0.0%)

1 杜の, 賊皆

▼ 處明らか~ (2, 0.0%)

1 ならず, ならず註釋者

▼ 處汽車~ (2, 0.0%)

1 が動い, の中

▼ 處義公~ (2, 0.0%)

1 の住みし, の居間

▼1* [356件]

あきらかならず, 處あたりから習, 處あなたのみならず, 處あやしく暗かりき, 處あらずといふ, 處あらねど巧, 處ありてにや本, 處ある如くはれぼつたい, 處らで, 處いたづらに, 處いづれなり奸女, 處いとめづらかに, 處いはば捨鐘也, 處いま花はひからび, 處いらだらうなあと私, 處い行くんだ, 處ひたちし處, 處おそろしき水牛皆其筆に, 處おなじ樹に, 處かさういふ噺には, 處かな我こそ, 處かに人知れぬ涙, 處からが洒落か, 處からといふことなく, 處からのみ仰ぐ富士山, 處くたに下, 處ば自, 處これは又, 處こんなに長い時間こ, 處さえも知ぬ, 處ささう云つて來る, 處さわし等も洪水, 處さ作つたんで, 處さ泊つてるん, 處さ行ぐつちとおとつゝあ怒んださ, 處さ行げや, 處しかたも有る, 處しかも主體, 處したるのみ, 處してやらうといふ, 處し得て錯, 處し得るだらうかをおそらくは, 處すべきで有らうか, 處すべての時, 處すべて新なる苛責新, 處せし眞の, 處せしめば或は, 處せぬが強盜, 處せらるべきこと申す, 處せられず是れ, 處せられたる新田融新村善兵衞の, 處せられねばならぬ, 處せられんことを, 處せられ食べられて仕舞, 處そのうち某君は, 處それにて詩, 處ぞで死んで, 處ぞの温泉場へでも, 處だい國は, 處だけ有れば, 處だけがつくりと, 處だけは大目に, 處だけを利用する, 處ださうでしてその, 處ださうですね, 處だの色々不便, 處つちつたつて行き, 處つてあてなんかない, 處つて穴つ子, 處つて苦惱の生涯, 處でありまして最も, 處でありません貴女と, 處でして青野峠附近, 處ですつたんだ, 處でと伴なはれ, 處でない掲げて以, 處でなくつちや盲目だ, 處でのたるか, 處でもと姉, 處で御座いますが第一線, 處といふだけは解ツて, 處といふのみにて戲曲といふ, 處とか思へる, 處とかいふ事で, 處とかから途方も, 處となせるは, 處とに應じ, 處との間の, 處とのみ思ひしは, 處とばかり思つてゐた, 處とやら丸山か, 處とわたり歩い, 處どうでもよかん, 處どうして衣食する, 處ない宛て字なる, 處なからんため, 處なく男らしき公正を, 處などもしこれ, 處などから石鹸泡の, 處などもあるが, 處などを眺めて, 處なのせお内儀さんあれ, 處なのせえお内儀さん, 處ならでは知るあた, 處ならではと此一トもと, 處なら持つてく, 處なんぞよりやえ, 處においてのみ永遠性の, 處にぞ國見, 處についてゐるの, 處にてか上陸郷土へ, 處にての事とも, 處にとぢ込められ, 處によつては, 處により土地に, 處のみ僅に, 處はからずも右等之, 處はよ閻魔樣の, 處ひろまつて, 處へぞお姿, 處へぞと勘藏が, 處へでもつれて, 處へといふ確かな, 處へなんぞ來ない, 處へばかり來る, 處へまでわれから, 處へまでもわざ, 處ぺろりとなめた, 處またなく美しく出, 處までからかひ面, 處までとその周圍, 處までともなく奧, 處までの浮世なれ, 處までは遣り通さなければ, 處みなまた斯, 處むぐつた時や夜横, 處もみゆ勝手元には七輪, 處やらが水子にて, 處やらをとなしく見ゆるもの, 處よしず張り, 處よりのお方が, 處よろしからず, 處らしく自分獨り, 處のが, 處て降る, 處が今, 處ろか出處さえも知, 處ろ誰も其人, 處をずつと行けば, 處をとの誂へ, 處をや騎り行く, 處をよぢ上り始めた, 處ををしへ, 處とこや, 處アルガイ族はすでに, 處ウーリュンポスの頂, 處ウ徘徊くだべえ, 處カルナーロ灣はアドリアティコ海, 處でも行, 處シエリイのは, 處ドメニカが子, 處ナレドモ第一年ハ現存者, 處ナレハ偏鄙偏屈ナリトイヘトモ潔キ意地アツテ恥ヲ知, 處ニ教育セザル道理ノ一ツモ, 處ニ立ツヲ要, 處フォーケース族率ゐたる, 處マタロスの類, 處ヨリ取レル明證アリ, 處一たび定まれば, 處一切の時皆神, 處一宇の廢祠, 處一座の中, 處一日見ぬも, 處一日隣人に勸め, 處一齊に突, 處も枝, 處不動の氣, 處並びに本書第, 處主人留守にて分り, 處を心, 處乘船間際にあいにく, 處執暦, 處二三の飮食店, 處の居ない, 處人足の者共申合問屋雄介宅, 處人間の住まない, 處報ふ, 處今日支那の社會, 處は地, 處他人に見られたら, 處以上に一歩, 處の大晦日, 處何人も, 處何人間なりとて容赦, 處は多年之, 處俗塵を超脱, 處ふこれ勿來關址, 處先づ勤めて, 處先生を訪, 處先頃來健康勝れず臥床勝, 處兎角はきち, 處兩人共墨夷を畏, 處八幡宮多し, 處六歳の, 處其冷靜にし, 處其動もすれ, 處其奧底に父, 處其時に懷良親王, 處出立は明後日, 處分明といふ, 處努力の堆積二篇, 處たる散歩, 處勤向も相分, 處は樺太北海道, 處十六島は今ひとつ, 處卑怯な臆病, 處其日蓮が, 處受話器を耳, 處古人が殘, 處右手の深い, 處同時にないの, 處同氏は一通り内容, 處同行の小場君, 處の御, 處呑んででもしまひ, 處會同男女無, 處四個の房閣, 處多きも事實, 處多摩川の此方, 處大小三箇の石鏃, 處天子致書日沒處天子無恙, 處奇態だな, 處女らしい美しさです, 處女波男波の雪, 處如何なる國の, 處姿は凛々し, 處寂しさに, 處小社の企て, 處少年の僧, 處幽に, 處山桃がある, 處平凡なる如くなれども, 處平常の部屋, 處の頃十八九, 處の女, 處座生沼に臨める, 處彷徨へばとある, 處心して必ず之を, 處必ず一時ばかりの, 處忽ち雨に, 處恐らくば風靡, 處を殺し, 處以御壯剛奉, 處我が爲めには, 處打ち覘ふ, 處敵船微塵に碎け, 處文太郎に對, 處新たに到る, 處新任挨拶の爲め, 處日出雄さんの樣, 處日盛りも蛙, 處早速賛成せられた, 處も豪傑, 處の, 處暗きより明き, 處暗んじたりし, 處書きぶりも, 處書き直さなければならない, 處最も特別な, 處朔方は北方, 處木立の繁み, 處事件に, 處東征毛人五十五國西服衆夷六十六國渡平海北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 處あり, 處は朱槍, 處がこんもり, 處正しくば愛せ, 處歩けるもんぢや, 處殆ど之なく, 處殆ど尠く彼, 處殊に一五節以下二七節以下四五節參看, 處水中に草木, 處決して濟むものであるならば其悲慘は, 處泉豐かのイデー中, 處海岸に近く家, 處涼風の面, 處滑稽にし, 處漁父の歌, 處烈公の住みし, 處無く一文章を, 處が涕, 處牡丹もと紫今は白紅, 處狩獵の術, 處玉稿に依り, 處はれて, 處船渡來之節は, 處疾く申せとある, 處痛烈なる化物思想, 處白砂に上つて, 處皆彼れが, 處眞面目なる處, 處矢注分明也更難遁其咎之旨, 處知らず六疊か, 處に添, 處砂糖氣もしめり, 處磯良は遂に, 處禁止令で圖案, 處秩父の連山孱顏, 處突然眼前に, 處立匠作之鎧草摺之間, 處紫陽花咲けりと, 處絶代の工事, 處義理ある弟, 處聖なるケーピソスの, 處肩並胸抔之痛も少く, 處腐敗して, 處自滅シ終ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ再, 處自滅シ終ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ再鏤スルノ勞, 處臺巣堂洞龕館莊室齋閣樓などがある, 處舊遊の澱, 處荒れた藪の, 處莊重なる處, 處薄暗く隈どる, 處藤田東湖の住みし, 處蘆荻しげれり, 處處書載云叛逆, 處衆軍聞きて, 處行きだと, 處表紙のそれ, 處請取置同, 處見られつちやつたな, 處見る限り行く, 處許可せられたので, 處か歌, 處でも描き得る, 處隊を, 處谷茶の村人, 處貫井辨天の小高く, 處軍勢を, 處軍艦には不, 處迎春歸鞦韆影裏紅杏肥濛濛花氣濕人面東風吹冷輕羅衣などといふ句, 處近頃神田で, 處に潮來, 處遠く從つて淡路には, 處は沸, 處長橋波に俯, 處暗き伊吹, 處陷然として一物, 處隨分巨大な島, 處青山之極, 處非常にうま, 處頗る多く侯, 處飛ぶ處へ, 處驚いた判官樣は, 處古なる, 處鯉幟の事