青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「虎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

藤~ 藤原~ 藤吉郎~ 藩~ 藪~ 藻~ 蘆~ 蘭~ 蘭軒~ ~虎
虎~
~處 處~ 虚~ 虚偽~ ~虫 虫~ 虹~ 蚊~ 蚊帳~ ~蛇

「虎~」 3698, 40ppm, 2914位

▼ 虎~ (766, 20.7%)

44 ように 29 門の 26 威を 23 皮の 21 ような 15 皮を 11 やうに 6 やうな, 牙 5 ようだ, 如くに, 皮が, 話を, 門まで 4 お話を, ために, 皮と, 穴へ, 門から, 門で, 門に

3 [13件] 中に, 名を, 役を, 檻の, 皮に, 背中に, 背後へ, 話が, 門へ, 門を, 頭を, 顔を, 鳴き声を

2 [46件] ごとき眼, ゆえに, 一身に, 事は, 体の, 供を, 児を, 前に, 口へ, 口を, 吼声が, 啼き声, 嘯くと, 声は, 如し, 字を, 居る室, 方が, 方を, 檻は, 檻も, 死骸を, 毛皮の, 毛皮や, 爪を, 牙に, 皮も, 皮や, 目を, 眼を, 絵が, 絵を, 耳を, 背で, 衣装を, 話, 話は, 足跡を, 門公園の, 門第, 門金毘羅の, 雄文一世を, 音に, 頭に, 顔は, 魂が

1 [401件] あいだに, あとを, ある所, いる山, えじきに, お尻, お終, お話が, かたち, からだに, けんかは, ことを, ごときたけ, ごとき唸を, ごとき容貌魁偉, ごとくして, ごとくひとたび, ごとく云いつけた, ごとく余勇, ごとく奮發, ごとく敏活, ごとく新教, ごとく歩みたまひき, ごとく爪, ごとく猛, ごとく猛然, ごとしと, ごとしなどと, じッ, そばに, そばへ, たぐいが, ところへ, ところを, はいった檻, ひとりである, へばり付いた壁, ほうで, ほうでも, ほうへ, まねを, まわりに, まわりを, まん中へは, もう一つ, やうだ, ゆくえの, ようだった, ゐる山, タンテイ眼では, ビロードの, ホーコーを, 一件だ, 一役だ, 中から, 主ポヤン, 乳で, 争いを, 事で, 事も, 二字を, 二軍が, 二隊だった, 二階で, 人となりや, 今はい, 仕込みの, 伏所なる, 使い物一疋常住附きいる, 例でも, 例を, 傍まで, 元祖だった, 児, 全身に, 内にも, 写生に, 写生を, 処へ, 出さうな, 出て, 出るわけ, 前肢の, 前足を, 動き様, 動作のみを, 化けたの, 化身みたいな, 千里走る, 半身を, 卷に, 双幅を, 口から, 口に, 口元へ, 句に, 叫び声が, 名に, 吠えッこ, 咆哮が, 唄を, 唸るやう, 唸るよう, 唸声, 嘯いて, 四肢を, 在処を, 声が, 声を, 夢から, 大将軍すでに, 夫と, 奴めユーラリユーラリ首を, 奴を, 如きは, 如きもの, 如き動物, 如き木獣, 如き猛獣, 如き音声, 如く再び, 如く勇敢, 如く奮起した, 如く恐れ給う, 如く柳ヶ瀬, 如く飜, 如しその, 如し全く, 妹篠と, 姿だけでも, 姿に, 姿は, 姿を, 姿勢を, 威光と, 娘を, 子供の, 子供を, 子孫で, 子孫でございます, 字も, 実態を, 家は, 將軍今いづ, 小説に, 小説を, 少からざる, 尸の, 尸もしくは, 居るのに, 居るを, 居る事, 居る所, 居処知れ討ち取らるる, 属性と, 山に, 岩あなへ, 左の, 左眼を, 帰りを, 帳面を, 店へ, 店を, 弔辭が, 彫りそれから, 影, 影が, 御門そとの, 心まで, 怒るが, 怒を, 怖るべき, 性は, 性殊に, 怪多き, 怪談は, 恐ろしい事, 恐ろしい顔, 恣な, 情その, 意味で, 憎々しい面, 懼るべき, 戸棚探し, 手に, 手中の, 手綱を, 手足を, 掛け物に, 描ける烏帽子武者人物, 斑を, 斑形を, 料理は, 方は, 方ばっかり, 方へ, 日の, 月に, 木彫を, 本性に, 朱印, 杉山が, 条紋に, 栄官について, 業とは, 様に, 様子を, 模様一式で, 模樣一式で, 横を, 檻が, 檻なんか, 檻なんて, 檻に, 檻へ, 檻を, 正体は, 歯がたです, 歯の, 歯牙を, 死がいが, 死であった, 死に方, 死を, 死んで, 毛で, 毛に, 毛皮も, 気合, 気持が, 気持ちを, 気持に, 決断を, 浅毛, 溺れて, 為に, 爪あり, 爪とを, 爪牙を, 牙で, 牙も, 物語で, 猛勢, 獰猛であっ, 玩具で, 現われるよう, 生活が, 産地には, 産地は, 画には, 画を, 番人が, 異名多く, 皮, 皮だ, 皮で, 皮でない, 皮とかいう, 皮には, 皮のうへに, 皮のうへの, 皮のだ, 皮は, 皮三枚豹の, 皮代用の, 皮決して, 皮羽織虎の, 目つきを, 目の, 目へ, 目玉を, 眼が, 眼そっくり, 眼と, 眼に, 瞳も, 穴を, 章条と, 組には, 絵の, 絵は, 縫ぐるみを, 置き物であった, 美しい毛並み, 群れは, 義から, 考えて, 耳, 耳付の, 肉などを, 肉体を, 肝臓, 肢態を, 肩に, 背なかは, 背に, 背の, 背中から, 背後に, 背後の, 膝掛けを, 自選を, 興行場へ, 蒸苦しい, 血と, 装を, 襲撃であり, 見世物が, 親類の, 記載を, 記載概略, 詮議が, 話から, 話ぢや, 話と, 話ばかり, 譬へ, 貌啖ひ飽きたるさまし, 足あとを, 足跡も, 跡を, 蹲まっ, 身が, 身体に, 身体を, 身内の, 躯が, 軸でも, 軸や, 迷信が, 這入って, 逢いて, 運より, 遠吠, 遺物を, 部屋に, 酒だ, 野郎が, 鋭い叫び, 長さ, 長男頼母助為基が, 門, 門そとから, 門では, 門と, 門や, 門よ, 門より, 門事件と, 門事件なる, 門出の, 門出身の, 門外なる, 門外に, 門外科病院へ, 門女学校を, 門女学館なぞに, 門女学館に, 門方面に, 門晩翠軒西条軍之, 門桜田本郷町へ, 門琴平さまの, 門田村町を, 門際の, 門青山明治神宮の, 闘争が, 陽物翹然口に, 隨一で, 雄姿と, 難産, 面, 革の, 頬と, 頭が, 頭の, 頭はが, 頭や, 頸を, 顋から, 顋に, 顎が, 顔が, 顔と, 顔にも, 顔も, 類が, 飛びかかるとき, 餌と, 首です, 首に, 首には, 首の, 駛く, 驍悍勁, 髑髏を, 鬚に, 魂でなく, 鰻都寿司福本の, 鳴き声は, 鼻は, 鼻梁は

▼ 虎~ (273, 7.4%)

5 トテムと, 見て 4 射殺し 3 殺した者, 畫い, 見た, 見れば, 野へ

2 [11件] 射るに, 怖れ, 指して, 描いて, 殺すと, 画いて, 相手に, 祖先と, 見たいん, 見に, 野に

1 [222件] あてがわれても, うまくやつ, お手, かって, かぶって, かぶっても, けしかけ虎, こさえる工場, こっちの, して, じっと見つめ, そこに, その中, だまらせる力, つかまえる所, つれて, どうする, ねじって, はじめ動物の, ぶら下げて, ほうり出して, みれば, コンベオと, ローマ人が, 三匹持つ, 三十五匹殺した, 不思議と, 伴れ, 伴れた, 何ともなくなるだろう, 使い物と, 使うて, 倒しました, 傍に, 入れた滑稽談, 内に, 出して, 出すその, 出そうとも, 制するに, 制する事, 制する呪, 刺し殺したこと, 刺殺し秀吉, 動かすには, 勤めさせ自分, 勤める奴, 勤める役者, 十七疋まで, 印号と, 厭し, 叱ると, 名と, 呼びよせて, 呼んで, 嘲り, 困しむる野犬, 外叔父と, 多く畜, 威すの, 字体で, 存し, 実際見ず, 客観的価値の, 害う, 射した加藤清正, 射て, 射なん, 射に, 射るさま, 射る場合, 射留めて, 尋ねあぐんで, 山へ, 山猫と, 山猫という, 市に, 幾らかその, 張り殺した, 彫って, 役して, 従えて, 得たるに, 復び深山に, 恐る, 恐れずとか, 恐れて, 悪ん, 愛するはず, 愛養し, 慰め悼む詞, 懸けること, 手のひらに, 手取りに, 手擒に, 打ちとってから, 打ち汝, 打つ鞭, 打とうと, 打捕え, 扶けて, 持って, 捕えた者, 捕える位, 捕え得る底, 探ぐる係, 描いた衝立, 描いても, 描かうと, 描けと, 描けとか, 搏ちそこね, 搏に, 撃たんと, 放したも, 放して, 放し飼, 放つよう, 敬せぬ, 斬った時, 於菟という, 早速やつ, 暴, 李耳と, 格殺し, 格殺した, 案内する, 正当防衛で, 殺さば, 殺したら大損, 殺した怪我, 殺して, 殺し次に, 殺すこと, 殺すは, 殺す如何, 毒殺した, 汚して, 滑らして, 演れる, 狩りて, 狩るには, 狩るよう, 狩る法, 猫とともに, 猫とは, 獅と, 獣君という, 獲た, 獲た者, 獲った, 獲ること, 獲るに, 産ししたがって, 産せぬが, 用いて, 眠らせたの, 眺めて, 神に, 神また, 祭りて, 突飛ばした, 立ち會, 第五, 縛るに, 繍した, 置いて, 聞く黄山, 育て上げる餌, 背負つてゐる, 自然生活の, 自由の, 蔑して, 見せられても, 見たと, 見た人, 見なければ, 見るくらい, 見るたび, 見る毎, 見次第直ぐ, 見附けました, 視るに, 討たぬ欧人, 討った大磯, 記号徽章し, 訪れ前, 躍らす, 軽々と押えつけ, 載す全く, 迎うる, 迎えた, 迎えて, 追う虎, 追わしめた, 追跡し, 追蹤, 退治し, 退治した, 退治する, 退治の, 退治る, 逃れし心地, 造って, 造る, 逸した, 銃殺した, 門に, 防いで, 防ぐよりも, 除いた故事, 離れる事, 顧みて, 飼いながら, 飼うこの, 飼って, 飼ふ, 養うは, 養うもの, 養つた人である, 養つた人間を, 馴らして

▼ 虎~ (245, 6.6%)

8 なって 7 翼を 5 似て 4 なつた 3 くわれて, 出逢って, 匪ず, 向いて, 食われて, 騎って

2 [14件] しちゃ, しては, なつて, なりたがるの, 喫われた, 喰われて, 扮する一役, 期待し, 近づいて, 還らねば, 食わると, 餌を, 騎った, 騎り

1 [175件] あって, あんなすぐれた, かまれた, きまって, くい殺されるの, くわせて, くわせる, さつさと, しろ獅子, じや, そんな能力, たとうれば, ちがいありません, ちがいない, ちっとも変らず, つきまとわれて, なぞらえた近衛兵二万五千, なった, なったと, なったところ, なったの, なったよう, なった哀れ, なった夢, なった覚え, なりおった時, なりそこ, なりたがる山頭火, なりながらも, なり損, なり橋, なるか, なるといふ, なるやも, なる役者, のり, のるべき益荒夫, ばけた事情, ひとしい大, ひらあやまり勘当, またがった花田少年, またがって, よく似, より以上, 三品あり, 中り潰れ虎, 丸呑みに, 乗って, 代うる, 似るなり, 作りかえて, 係る俗信, 出会した, 出合ってさえ, 勝ち得ると, 勝った勇士, 勝った史話, 勝る猛獣, 化けた故, 化けるの, 化ける猴, 及ばずか, 取られ行く事六, 同情し, 同意を, 向うと, 向かい, 向かって, 向ったまま, 向って, 向て, 告げる体, 命中せしめ, 咬みつかれる様, 啖い殺された, 啖わる, 啖われかの, 啖われる, 啗わさんと, 啣え, 喫われ, 喰い殺された, 喰い殺された時, 噛ませ爾, 噛まる十四, 噛まれたつて構, 噛まれようと, 変じた, 変じ駈け来たりて, 変ずと, 変ずるの, 変ずる例, 変っても, 導かれ故郷, 就いて, 当り左, 従うとかいうは, 従う猿, 托る, 扮すること, 扮するの, 振るの, 接近した, 搏たる, 搏たれし, 搏たれ逃げ来た, 撃たれぬ符, 擬えた, 攫まれ上, 教えること, 施した太子, 施す前, 条紋なかっ, 殺された当場, 殺された者, 殺され損, 注意し, 深い怨み, 清正仁田に, 移ると, 粘き狂う, 組みつき剣, 組み伏せられて, 縁近き, 翼有難き, 老人が, 至るまで, 興味を, 苦しめら, 血を, 襲われた朝鮮人, 襲われて, 見つかったの, 語る, 賢れり, 近くいる, 近づいたので, 近づき大きく, 迫って, 追い付いて, 通う音, 逢い戦うて, 逢い考えたは, 逢うと, 逢う虎, 遇うと, 遇えば, 遣られて, 遭うの, 邂逅せた, 関係した, 附き添い人, 随うて, 食はせ, 食はれ, 食わす, 食わるるは, 食われたの, 食われたまいしと, 食われた人, 食われた年老, 食われた弟子天, 食われた梵志, 食われた者, 食われた足, 食われぬ法, 食われるかも, 食われる事, 食われ善心, 食われ長者, 騎つ, 騎つた豐干は, 騎つて歸つて參られた, 魅まれた, 黠智と

▼ 虎~ (239, 6.5%)

5 人を, 出て 3 いるの, 来た, 盆筵の 2 きた, 一匹忽然と, 乗って, 偶, 来て, 自分の, 草の

1 [206件] あらわれる, あらわれるという, ある, いいところ, いさ, いたなんて, いっぱいいる, いるから, いるん, ううと, うずくまって, うで, かいイヌの, かじったよう, きくでは, きちきち鳴く, きて, こっちへ, この山, こわいん, ごき, すがた, そう言っ, そう言った, そこへ, そのイス, その地, その夕森, たちまち魏王, とってを, とび出してき, どうしても私, どこかの, ないから, なくなって, ぬけ出したとか, のんびりと, ふもとへ, ほんとうに, またそう言った, また易, まるでネコ, もう十メートル, やうやく, やってくる, ドアを, ノコノコはいっ, バナナの, フウと, 一たび人を, 一匹やっぱり, 一匹尻つ, 一匹歩い, 一匹走り出した, 一吼し, 一片の, 三人の, 三匹枕を, 三十八頭豹が, 上野の, 乳呑ませ居る, 二声吠えた, 二本の, 云った, 亡父の, 人に, 人間の, 仙人や, 代って, 伸びする, 何処からとも, 倒れて, 倒れました, 兎を, 全力を, 出ちゃ, 出るだろうか, 初め尼子義久に, 判らない, 去ったと, 参って, 參つて吼え, 口を, 吠えるかの, 吠えるカムデン島, 吼えるやう, 吼ゆる, 咄, 唄うた滑稽謡, 嘴に, 圏中で, 城内に, 夜の, 女陰, 威を, 威勢よく, 孔子を, 孝子を, 家畜とは, 密と, 寝そべって, 寺内へ, 少しの, 少しも, 少しわからねえ, 居た場合, 居て, 屈托気に, 岡なる, 崖から, 巣から, 己の, 怒り狂って, 怒り狂つて哮つ, 思うにさ, 性質敏捷勢力最, 恩を, 悟って, 抜け出したと, 指圖し, 据ゑてあつたそれから, 放ち去った里人輩感心, 昼間水牛を, 東京の, 棲まないため, 棲むは, 檻の, 檻を, 檻一杯に, 此の, 死んだという, 殺された時, 毒矢に, 気候的には, 水を, 沢山住ん, 消え失せたここち, 激しく睨みあっ, 爪を, 牙を, 犯人である, 狗を, 猫に, 猫の, 猶予し, 猿に, 獅と, 現われる鈴江, 番を, 百八人を, 目を, 神仏冥理の, 穴居し, 窟を, 立ち去る気, 立上っ, 笑つたやうな, 笑つた顔と, 紛れ込んで, 結局己の, 網に, 置かれて, 罰を, 耳を, 肉を, 自然に, 舌を, 舞台に, 花田君を, 藪の, 虎固有の, 蝟に, 行者に, 見物人を, 見知らぬ明智, 見詰め居る内, 親類江御, 言う, 豹から, 負けない気, 貴方へ, 起き上がらないので, 躍りでて, 躍り出すこと, 追, 追っかけて, 逃げたと, 通るに, 通る様子, 酔人を, 金座の, 開いて, 防ぎくれるから, 集まって, 難産に, 雨とか, 頭を, 食ひ兼ねる, 飼って, 餌を, 餌獣を, 首ッ玉に, 鰐を, 鳴くの, 鳴くん, 鳴く夜鳥

▼ 虎~ (190, 5.1%)

83 介は 25 介が 24 介の 12 介を 118 介に 6 介も 5 介であった 4 介と 2 介から 1 丞阿部栄太郎久保田勇吉内蔵豊蔵の, 介お, 介だ, 介だけ, 介で, 介である, 介ならびに, 介には, 介はぶッと, 介タチバナの

▼ 虎~ (184, 5.0%)

3 人を 2 そんなこと, どうした, 既に白く, 早や, 然う, 顔を, 餌を

1 [167件] あとから, あと足で, あはや, あれど, あわや袁, あんな牙, いい気, いかにと, いきなり身, いったん長屋, いっぺんにとびかかっ, いつか三匹の, いつか猫に, いつのまにかいなくなり, いつもの, いつも夜, いつも日暮, いる, おけしょうや, おろか象でも, お駒, かく人畜, かならず人, かわいい少年, くさいぞ, ぐったりと, ここで, ことごとく謹ん, こは, そのまま大きく, その声, その自動車, その隙, それを, た, ただちに吠える, たった一突き, つつがなく三頭, どうだ, どこに, どこへ, なかなか占い, なかなか承知, のそ, ほんもので, ぼくに, ぼくの, ますます猛威, まず猛獣中, また, また元, むこうに, もうすぐ目, もう一度もと, もう眼, やがて大通り, やはりお, やはり人間以下, ゆったりクッション, よほど弱腰, アル島に, ノッソリと, プレ神の, ポケット小僧に, 一層狂暴, 一度に, 一晩中廊下を, 一発勝負だ, 三人の, 三十三歳で, 亀戸みやげの, 二ないし, 二ひき虎らしく動い, 云いつつ, 五蓋中の, 亡き父, 人氣者です, 人間改造機の, 仆れ, 今の, 仲, 何だって, 何処だ, 何処に, 何喰わぬ, 再び元, 再び彼女, 前肢を, 動物であり, 十一フィートに, 又先, 古杭, 吃驚し, 君が, 吠える犬, 嘸泳ぎ, 四つ足を, 墺国の, 夜でなけれ, 大そう, 大嫌ひなん, 奥さんの, 安南語, 家財を, 専ら牛鹿野猪孔雀, 居りませぬが, 屋根より, 山獣の, 巧みに, 平次の, 彼に, 彼の, 往きに, 後ろです, 必ず牝牡一双, 怖れ, 急に, 性欲の, 息苦しそう, 我より, 打たなかつたの, 捕方に, 文字通りに, 朝鮮でも, 柵の, 死して, 死んで, 比較的愚, 毛短く, 水音凄まじく, 洞へと, 漸の, 父親では, 狩れない, 猛吼, 猛然本性を, 猟師の, 猫の, 男が, 痛いの, 登れないこと, 皆逃げ, 皆驚い, 目的の, 直に虎, 真底から, 碁を, 禪宗と, 米屋へ, 罠に, 羊の, 老虎, 考えたの, 自ら転り, 自分の, 華手に, 虎の, 虎の子の, 蝸牛を, 見た, 責めるわけ, 退ぞ, 逝いた, 道士を, 雄よりも, 非常に, 飼い犬の

▼ 虎~ (103, 2.8%)

4 蛇とは, 見て 3 なって, 人間の

2 [12件] いわれて, なつて, 云うもの, 云ふも, 人の, 化けた, 呼ぶは, 心得て, 成り果てた今, 猫とは, 秀子との, 闘わば

1 [65件] いう, いえば, いえる事, お浪, かけっこした, するの, である, なつたり, ならんや, なりこれ, なる, なるらんあけ, なれば, はんたい, もうすこし遊ん, よばれた決闘好き, 一しょに, 一しよ, 一騎討ち, 争ひたら, 云うもん, 云う神, 云って, 人や, 人間では, 人間とは, 伝承し, 併せて, 俗称す, 初めから, 取っ組んだり, 同じだった, 同じに, 同じ事, 同じ心持, 同一視する, 同様で, 同樣, 名ける, 噛み合うて, 大蛇との, 思い射て, 抱き合って, 楽, 為し弓, 為ると, 狐は, 狐を, 申しますが, 申す者, 申せば, 睨み合って, 称せられたる小山足利, 組むよう, 綽名の, 縁あれ, 花田少年とは, 蛇の, 蛇は, 蛇薬の, 訳したが, 遊んで, 間違えて, 関係あり, 顔を

▼ 虎井夫人~ (78, 2.1%)

4 の室 3 の声 2 の彼

1 [69件] かが之, から余り, が何, が引き受け, が此, が狐猿, が病気, が着た, が竊, が遣っ, が鉄板, が附い, が非常, さえも居らぬ, だ勿論, だ念, だ虎井夫人, であろう爾, です私, でも居, でも着た, で有った, とが争っ, とが折々, とに逢い, との名, と偽名, と共に早朝, と同じ, と意見, と懇意, と申します, と秀子, にサ, に向い, に対する余, に渡した, に目配せ, に逢った, に頼まれ, の事, の十分の一, の居ぬ, の怪我, の手, の手紙, の方, の書いた, の母, の為, の罪, の言った, の言葉, の許, の連れ, は, は余, は兄, は其の, は到底, は又, は怪しむ, は秀子, は見え, は貴女, も此, を憎み, を振り捨て, を振り放し

▼ 虎船長~ (74, 2.0%)

2 がさけんだ

1 [72件] からじきじき, からとわれ, からはっきり, があらわれた, がまだ, が椅子, が船員, が質問, つまり虎松, です, とやら, とノルマン, にとりなす, にはこっぴどく, にははら立たしくひびく, にもう一度, に具申, に用, のこし, のこと, のことば, のところ, のはなし, のほか, のもと, の両脚, の命令, の感激, の手, の決心, の眼, の裁断, の説得, の返事, の長, の顔, は, はあっけ, はいっ, はいま, はうむとうなっ, はかつがれ, はきっぱり, はこえ, はさすが, はすぐさま, はそう, はそこで, はそれ, はついに, はなるべく, ははっと, はノーマ号, はフラン紙幣, は一揖, は不自由, は事務長, は制し, は大きな, は明日積荷, は本船, は深刻, は無念, は目, は若い, は若者たち, は身体, もさすが, や竹見水夫, をはじめ, をはじめ余人, を見ろやい

▼ 虎~ (59, 1.6%)

2 獅も, 豹も

1 [55件] いる, いるもの, えらいが, かけだして, このたび, この例, この馬, さすがに, ずいぶん乱暴, その爪, その陰茎, だいぶ他, なかなかよく動いた, ねむつ, ばかやつら, ひねりつぶされないよう, また両, まるでかいイヌ, インドが, 一隊を, 両掌, 傷つく, 僧徒と, 全く同一, 出ますが, 剣を, 動かなかつた, 勝の, 勝負に, 四疋生みながら, 大分増長した, 容易に, 後から, 応諾し, 手伝った, 按摩の, 捨てて, 昼寝する, 樹の, 此所は, 汝極, 清貧に, 熊も, 牛も, 犀も, 狼も, 猪の, 猫の, 獅子が, 直ちに一挙粉砕, 蛇も, 見たが, 見わけられないから, 起き出て, 釜焚き

▼ 虎~ (55, 1.5%)

4 豹の 3 狼の 2 牡丹や, 獅子の, 白蛇と, 菜園子張青の, 豹が, 豹や

1 [36件] から明治, その他の, ライオンが, ライオンだったら困る, ライオンの, 三人衆を, 大蛇アナコンダが, 横町といふ, 熊が, 熊や, 熊を, 犀を, 狼が, 狼こわくは, 狼とでも, 狼などが, 狼に, 狼にも, 狼ばかり, 猛獣の, 猩々や, 獅に, 獅や, 獅子と, 獅子などを, 獅子も, 獅子や, 獅子を, 眼なし, 福島の, 褐色の, 象や, 豹は, 起きあがり法師, 野牛が, 野蛮人と

▼ 虎井博士~ (49, 1.3%)

2 もふたり

1 [47件] から明智探偵事務所, がいきなり, がからだ, がささやき声, がその, がとなり, がふたり, が一歩, が怪人二十面相, だったの, だなあと, というの, とならん, と宇宙怪人, にあった, にも明智さん, に電話, のうち, のこと, のほねおり, のまえ, の四十面相, の奇妙, の広い, の怪人四十面相, の手, の操縦, の顔, はあの, はえらい, はこういう, はそんな, はなんと, はタジタジ, はロボット, は助手, は小林君, は潜航艇, は電話口, は顔いっぱい, もそこ, もつかれきっ, もまじっ, もイス, も息づかい, をさらっ, をねらっ

▼ 虎さん~ (45, 1.2%)

2 ですもの, の二階

1 [41件] から先生, が, がそう, がヅネエわけ, がボオル, が一人, が帰っ, が持っ, が爪, が語る, が風来坊, じゃネ, である, というの, とぼく, とまったく, と共にクルウ, と色男, と食っ, などはどこ, などもその, なんかが乗っ, にかみころされ, のお, のところ, のオカミサン, の直球, の血, の遺言, の長男, は, はヅネエ, は今日俺, は南海, は君, は広い, は棒, は赤城風雨先生, もだいぶん, も助平, や水泳

▼ 虎~ (43, 1.2%)

1 [43件] がおや, がひょいと, がヒソヒソ, が久し振り, が人, が今日, が北海道, が奥庭, が生れ, とある, とて背, と云います, と云う, のこうした, の全, の型, の強盗時代, の眼, の縄, の袖, はその, はそのまま, はやがて, はやっと, はよろけた, はイヨイヨ静か, はジリジリ, はブルッ, はモウ一度, は一箇月, は仄か, は倒れた, は全身, は又, は寒い寒い, は深夜, は眼, は自分, は面, もやがて, も自覚, わが供, を切った

▼ 虎列剌~ (39, 1.1%)

1 [39件] かとも思いました, かペスト, がこの節, が一所, が出た, が流行, が流行っ, だったらトテモ重大, だまぎれは, ですは, でも何, で死, で死んだ, で鶏, とかその他, とか赤痢, とはまったく, と似, と判定, と寸分, と症状, と胡麻化, と診断, なら阿波屋一軒, に罹った, に違い, の予防注射, の伝染系統, の出る, の大, の方, の時, の流行, の特徴, の虎, の虫, はその, や黒死病, を怖

▼ 虎~ (34, 0.9%)

5 の話 2 の場

1 [27件] から二年, が今や, して, せしを, だ, だの類人猿, といっ, などということ, などという危険, に働い, に出る, に出掛けた, に来, に行きたくない, に行く, に連れ, の唐人ども, の画, の虎, は後廻し, へは殆ど, もある, や楼門, や熱帯魚, をし, をする, をひい

▼ 虎~ (29, 0.8%)

4 の一刀 2 と信じ, 故にや

1 [21件] がずばり, が好き, が欲しい, だと, だよ, でないと, でないまでも, とせがまれる, となる, にし, に限る, は元, は猫, は血, もその, もまた, も古い, も清麿, をこしらえ, をさし, を載せ

▼ 虎ヶ窟~ (27, 0.7%)

4 の前 2

1 [21件] から虎口, で聞いた, で見付けた, というの, という岩穴, なること, なるもの, に於, に棲む, に棲める, に移り棲む, の下, の中, の入口, の壁, の方, は其昔, を中心, を探り, を探ろう, を検査

▼ 虎~ (25, 0.7%)

32 か人間

1 [20件] かの皮, から台辞, から虎, か与一, し袁術, ぞ, つたのだ, と, とかくちばし, とか親, とはいうまい, と云い切る, と言い張っ, な, よ広, わ, ッ, 狼だ, 虎だ, 虎だっ

▼ 虎列拉~ (24, 0.6%)

2 といい, を病ん, 避けの

1 [18件] かも知れない, たること, だ, であったそう, との事, になった, になるなる, には三種, に侵された, に冒された, に死した, に相違, の如き, の真盛り, は止む, は江戸市中, らしい気持, 病める農人

▼ 虎~ (22, 0.6%)

3 の中 2 を逆

1 [17件] がもじゃもじゃ, が逆立ち, の不断, の四十男, の暴王, の武将, の生えた, はぬ, もマバラ, も張飛, をさかだて, を口惜しげ, を海風, を生, を逆立て, 撫で下ろして, 逆立って

▼ 虎という~ (20, 0.5%)

5 字を 2 のは

1 [13件] のが, のを, ものである, ような, 人は, 女だけは, 店で, 手の, 獣に, 獣の, 語の, 野心家の, 飯焚き

▼ 虎~ (18, 0.5%)

1 [18件] あって, が林沢, その幽, と関係, と闘わせよう, なく羊, に乗り, の勇, の皮, の皮上, の群, は獣, も遠く, を使うた, を君子, を駆使, 幽に, 或は豺狼

▼ 虎~ (15, 0.4%)

3 あつた

1 [12件] おどかしたけれども, お駒, かたちは, こいつは, さへが, しんは, 人を, 我々三人が, 有ったが, 村落近く, 来り馬鹿, 腕試しした

▼ 虎五郎~ (15, 0.4%)

1 [15件] が息, だ, の不慮, の側, の家, の容体, の枕元, の胴巻, の鈍い, の顔, はドンヨリ, はホッ, は私, 後に俊八, 苦しい息

▼ 虎御前~ (15, 0.4%)

1 [15件] が届けたであろう, といふの, と云, と考へたらしい, などは此類, にしろ, に引きずり廻され, の大, の太刀, の家, の腕, の話, の転身, は祝い酒, を見つけ

▼ 虎牢関~ (13, 0.4%)

2 の戦い

1 [11件] でよく, に向う, の三戦, の内, の前衛軍, の固め, の大敗以来, の守り, の方面, の関, へ引き退いた

▼ 虎耳草~ (13, 0.4%)

2 の花

1 [11件] が一パイ, その葉かげ, だと, であること, といふ, など一つ, に似, の一杯, の美しい, はない, 猶花

▼ 虎~ (12, 0.3%)

12 満十

▼ 虎~ (12, 0.3%)

1 [12件] がどんな, で臀, にこれ, の一件, の匂, の厄介, へしなせえ, を得ず, を棄て, を生ま, を生んだ, を盗み出し

▼ 虎髯大尉~ (12, 0.3%)

1 [12件] と一寸, と艦長, に向, の大, の腕押, は二人, は忽ち, は歡び, は此時, は武村兵曹, は身, よりの報告

▼ 虎あり~ (11, 0.3%)

1 [11件] いかにし, たちまち口, コレバルーとは, 以前と, 師を, 新たに, 晋安王来り, 疾く走る, 称に従って, 端正無双諸, 難産中で

▼ 虎~ (11, 0.3%)

2 の家 1 が偶然, という独り者, とが変死, との関係, と争っ, の住み, の酔, は煎餅蒲団, を詮議

▼ 虎~ (11, 0.3%)

1 [11件] があるなら, がいつか, が羊羹, といふ名代, と云っ, なればこそ, なんて旅籠屋, には虎屋, のもの, は, を真似たなら

▼ 虎でも~ (10, 0.3%)

1 くぐれそう, ない動きかた, なくかと, なくて, なければ, 一切の, 同じよう, 犬でも, 蛇でも, 見て

▼ 虎~ (10, 0.3%)

4 を得ず 1 をつかむ, を取り逃がし, を得ずだ, を獲ず, を獲る, ヲ得

▼ 虎狩り~ (10, 0.3%)

1 が有名, にゆく, に出かけ, に山奥, の名人, の用意, や戦争, をした, をやっ, を弾きました

▼ 虎とも~ (9, 0.2%)

1 つかない何, つかぬ動物, つかぬ獣, ならであけ, なり詩化, に傷つけ, 判らない顔, 呼ばれ, 鬼とも

▼ 虎には~ (9, 0.2%)

1 ふたいろある, やれやしねえやな, ゾッコン参った, チヨットわかるまい, 五本の, 似合いの, 及ばないが, 牙の, 見やぶられたが

▼ 虎~ (9, 0.2%)

5 と鮫六 4 に鮫六

▼ 虎~ (9, 0.2%)

1 が手もと, にし, に坐す, に坐する, の前, は恥也, をかぶり, を焼い, を馬

▼ 虎退治~ (9, 0.2%)

1 があろう, とゆこう, に出かける, の人形, の御, の話, らしい装立, をやりだした, を出す

▼ 虎これ~ (8, 0.2%)

1 は聖人君子弁人, もなる, も松蔵, を害せず, を殺し食う, を獅, を見, を食う

▼ 虎では~ (8, 0.2%)

2 ない 1 ありません, ありません悪漢, ない野良猫, なかった, なくて, なく豺

▼ 虎より~ (8, 0.2%)

1 アバタを, 受くる, 忍術を, 恐ろしいもの, 猛なり, 獅獅より, 苦も, 迥かに

▼ 虎よりも~ (8, 0.2%)

1 まづ狐, 優秀だ, 強い, 恐ろしいの, 猛し, 荒々しい声, 風邪の, 鰐の

▼ 虎列刺~ (8, 0.2%)

1 が流行, が猖獗, で主人, で死んだ, に因る, に襲われた, の犠牲者, よりも甚だしく

▼ 虎みたい~ (7, 0.2%)

1 なその, な勢, に, にのそのそ, に室, に重, に首

▼ 虎挾み~ (7, 0.2%)

2 といふ罠 1 で絞め殺された, などといふ飛ん, に首, の齒, を造らせ

▼ 虎~ (7, 0.2%)

1 が, だ, といっ, なり, に万一, の綽名, も虎痴

▼ 虎~ (7, 0.2%)

1 がいかに, がのぼっ, が将棋, が幾百頭幾千頭, が血の気, の反射度, の条件反射

▼ 虎とか~ (6, 0.2%)

1 そういうもの, ウワバミという, ワニとか, 浪に, 羅漢とか, 豹と

▼ 虎にな~ (6, 0.2%)

2 つて居りました 1 つて居た, つて居ります, つて往來の, つて戻つ

▼ 虎にも~ (6, 0.2%)

1 かように, たじろがぬ朝之助, ならないが, 殺生罪を, 獅子にも, 蛇にも

▼ 虎~ (6, 0.2%)

1 が経営, とかいや, と共同, と称する, の持っ, もぐったり

▼ 虎とは~ (5, 0.1%)

1 作の, 再び元, 紅を, 縁が, 言えないが

▼ 虎に関する~ (5, 0.1%)

1 伝説と, 伝説や, 信念, 民俗, 話は

▼ 虎井先生~ (5, 0.1%)

1 から電話, にお目にかかりたい, の少年助手, の顔, はいったい

▼ 虎大将軍~ (5, 0.1%)

1 となす, とは何, の一人, の職制, の首席関羽

▼ 虎御前山~ (5, 0.1%)

2 の陣地 1 にとりで, の陣所, の高所

▼ 虎~ (5, 0.1%)

1 が, とやくざ, と小, にやくざ, の家

▼ 虎間先生~ (5, 0.1%)

1 が何, の前, はやっと, を奏任待遇, を突飛ばし

▼ 虎~ (5, 0.1%)

1 とかの神, を持つ, を捉え, を料り, を鐫

▼ 虎から~ (4, 0.1%)

1 おりて, がいに, 伝え聞いて, 急に

▼ 虎だった~ (4, 0.1%)

1 という, のだ, のでしょう, ようにも

▼ 虎だの~ (4, 0.1%)

1 檻の, 犀だ, 獅子や, 麒麟だ

▼ 虎です~ (4, 0.1%)

1 から人間, から柔道, よ, 五月の

▼ 虎とが~ (4, 0.1%)

1 嘯きあッ, 太い格子造り, 戦うかの, 船腹で

▼ 虎としての~ (4, 0.1%)

2 己の, 最初の

▼ 虎とを~ (4, 0.1%)

1 手荒に, 有せざる, 相手に, 買ひ

▼ 虎やんま~ (4, 0.1%)

1 に似, の出る, は往来, もいた

▼ 虎一役~ (4, 0.1%)

2 が名誉 1 で大, はうまく

▼ 虎井博士邸~ (4, 0.1%)

1 から帰った, にいそぎました, にいそぐ, へなに

▼ 虎先生~ (4, 0.1%)

1 が中心, が調べました, は河内, は雲の上

▼ 虎後門~ (4, 0.1%)

3 の狼 1 には狼

▼ 虎河豚~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 で漁, になつて純情

▼ 虎~ (4, 0.1%)

1 に逃げ帰った, の景勝, を見た, を訪

▼ 虎烈剌~ (4, 0.1%)

1 か何, が流行っ, に罹らぬ, を畏れ

▼ 虎~ (4, 0.1%)

1 が勃発, が大, が流行, で死んだ

▼ 虎~ (4, 0.1%)

1 う, うらく, うらくわれ貯え, う身

▼ 虎~ (4, 0.1%)

1 丸, 小虎, 弥六彦一岩藤九小, 藤九郎弥六小熊彦一などが

▼ 虎~ (4, 0.1%)

1 がサッと, その怪鳥, は左, は庭師

▼ 虎間女教諭~ (4, 0.1%)

2 の縊死 1 と逃亡, もその

▼ 虎鮫ども~ (4, 0.1%)

1 が一汗, にはそれ, はかじる, への信号

▼ 虎~ (4, 0.1%)

1 のたぐい, の多, の鉢, を絶壁

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 ライオンが, 人か, 豹に

▼ 虎こ山の下~ (3, 0.1%)

3 まで行っ

▼ 虎ごぜ~ (3, 0.1%)

1 といふ人, と同じく, の

▼ 虎その~ (3, 0.1%)

1 廬に, 柱を, 針を

▼ 虎ちゃん~ (3, 0.1%)

1 が, が戯れ, ともども偲ぶ

▼ 虎であり~ (3, 0.1%)

1 はあった, 人間でない, 蜥蜴は

▼ 虎である~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことについては, のも

▼ 虎でなく~ (3, 0.1%)

1 て狼, て苔, ッちゃ

▼ 虎などに~ (3, 0.1%)

1 なったかと, なつた, 襲われるよう

▼ 虎なら~ (3, 0.1%)

2 虎を 1 虎の

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 引っ張られて, 当り戦うこと三十余合, 行って

▼ 虎ほど~ (3, 0.1%)

1 強い, 強いと, 目に

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 が上機嫌, が何, に喰

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 に踏みこもう, の剣, の太刀風

▼ 虎二氏~ (3, 0.1%)

1 の, の説, の講義

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 拉が流行, 拉が流行つて, 拉が流行り出した為め大阪名物

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 によるところ, をおかす, を窺う

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 に其本據, に移つた, の厩戸論

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 ですから, という, の女

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 が朦朧, で来る, をする

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 があすこ, の家, の弟

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 がこの間, の方, の条

▼ 虎競食~ (3, 0.1%)

3 の計

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 五怨, 五怨は, 五怨を

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 はインド人, を食う, を食った

▼ 虎~ (3, 0.1%)

2 して 1 しおったの

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 に当っ, の外, より帆

▼ 虎陳生~ (3, 0.1%)

1 という者, の両, の首

▼ 虎隊長~ (3, 0.1%)

1 のこと, のところ, は朱盆

▼ 虎~ (3, 0.1%)

1 が産婦, に克つ, はかつて

▼ 虎いかに~ (2, 0.1%)

1 なくとも, 鳴くとも

▼ 虎かと~ (2, 0.1%)

1 思ったらアジア南部産, 思つた

▼ 虎ごと~ (2, 0.1%)

1 にあるでなく, に章条

▼ 虎そっくり~ (2, 0.1%)

1 と来, に見える

▼ 虎それ~ (2, 0.1%)

1 は汝, よりも強い

▼ 虎だって~ (2, 0.1%)

1 ただかむ, 画で

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 のは, ふ女

▼ 虎といふ~ (2, 0.1%)

1 名の, 詰らぬ人

▼ 虎として~ (2, 0.1%)

1 狂い廻り, 狂ひ廻り

▼ 虎と共に~ (2, 0.1%)

1 宿場らしい, 生きんと

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 のである, のでございました

▼ 虎などと~ (2, 0.1%)

1 同様, 連想した

▼ 虎などという~ (2, 0.1%)

1 代物が, 名称を

▼ 虎などの~ (2, 0.1%)

1 型を, 諸将

▼ 虎なんて~ (2, 0.1%)

1 箸にも, 飛んでも

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 げまっかな, げを

▼ 虎まで~ (2, 0.1%)

1 来い, 蒼く成った

▼ 虎めいた~ (2, 0.1%)

1 勇ましい人物, 空っぽな

▼ 虎よりは~ (2, 0.1%)

1 むしろそば, 見物人の

▼ 虎一声馬鹿め~ (2, 0.1%)

2 と叫ぶ

▼ 虎五采~ (2, 0.1%)

1 の氣, を爲

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 に化け, を苦しめぬ

▼ 虎伏す~ (2, 0.1%)

1 野に, 野辺まで

▼ 虎入り~ (2, 0.1%)

1 て人, 恐れて

▼ 虎公園~ (2, 0.1%)

1 というそう, の名

▼ 虎切剣~ (2, 0.1%)

1 であった, のとどかぬ

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 せざりしとき, を聞き

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 に駭, を聞く

▼ 虎多く~ (2, 0.1%)

1 その民, は老い

▼ 虎大いに~ (2, 0.1%)

1 閉口し, 驚き吼え走って

▼ 虎太夫~ (2, 0.1%)

1 と申しまし, は中気

▼ 虎婆さん~ (2, 0.1%)

1 がそこ, も上

▼ 虎婆ア~ (2, 0.1%)

1 は先刻, は無闇

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 といえる, の姓名

▼ 虎少将~ (2, 0.1%)

1 が尼, の廻国

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 どんなに恐し, 振りかざす手

▼ 虎尾剣~ (2, 0.1%)

1 だ, で突きやった

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 の獣, らしい

▼ 虎崇拝~ (2, 0.1%)

1 のただ, は野民諸族

▼ 虎御前こと丘田~ (2, 0.1%)

2 お照

▼ 虎手八百~ (2, 0.1%)

1 で躓いた, の代り

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 の科白, は甲山

▼ 虎~ (2, 0.1%)

2 に連ね

▼ 虎殺し~ (2, 0.1%)

1 がなく, の一条

▼ 虎母子~ (2, 0.1%)

1 を抱い, を抱き

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 まさに知るべし, 暫く待て

▼ 虎溪橋~ (2, 0.1%)

1 に向つた石段, の袂

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 などの猛獣, もはじめて

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 を好み, を食

▼ 虎狩人~ (2, 0.1%)

1 の直話, 何とか討ち留め

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 などいう, の類

▼ 虎眉豹身~ (2, 0.1%)

1 の気, の美丈夫

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 ありインド, だビル人

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 を佩び皐比, を用いた

▼ 虎答え~ (2, 0.1%)

1 ていわく, て曰く

▼ 虎~ (2, 0.1%)

2 に龍

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 は狗噛瘡, は皮

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 など言, を登つた

▼ 虎蔵君~ (2, 0.1%)

1 と並ん, より男振り

▼ 虎豹鶴鷺~ (2, 0.1%)

2 と勝

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 などいう, の軍隊三十余万

▼ 虎賁中郎将~ (2, 0.1%)

1 の李粛, の職

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 の象, 竜蟠

▼ 虎間トラ子女史~ (2, 0.1%)

1 によって発見, は同

▼ 虎関夢窓~ (2, 0.1%)

2 中巌

▼ 虎関禅師~ (2, 0.1%)

1 の開基, は出

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 の方, は手端

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 ありて, 甚だ異なり

▼ 虎~ (2, 0.1%)

1 に戦, を生した

▼1* [394件]

あたりの横浜紅毛館洋妾, 虎あらんがごとし, 虎あれも何処, 虎いわば同じ巣, 虎うそぶいて谷これ, 虎がくの, 虎軽は, 虎かなと言ったそう, 虎からも言解き, 虎かを見て, 虎がのそりと, 虎ぐらいがと跳ね返して, 虎こと大米虎市, 虎さては野干, 虎さんそれにぼく, 虎しばしば圏を, 虎ゃあるめえしべら棒め濡れ, 虎じゃないか, 虎すなわち大いに怒り, 虎たおれるものは, 虎たちまち人に, 虎たつの類ひも神, 虎だけである, 虎だけがかなしそう, 虎だっ千里行っ, 虎だろうと目星, 虎だ助けてくれ, 虎やなし, 虎ついにあえて動かず, 虎てえいけない奴で, 虎であったが隻方, 虎であろうとビク, 虎でないとでもいう, 虎でなきア何だ, 虎といえり虎, 虎とさえ呼ばば, 虎としては何んの, 虎とで引挟み, 虎とのけんかも, 虎ともに飢えて, 虎どもは闘うべし, 虎などあまり見た, 虎などが居るから, 虎などはいかにも田舎者, 虎なども寅年生まれだった, 虎などを感嘆する, 虎なりその夢, 虎なるを忘, 虎なんかと渡りあったん, 虎なんかよりよほど始末, 虎なんぞにおびえて, 虎にとってはまことに悲しい, 虎にとり組んで, 虎に対して荒神様の, 虎のでけえの, 虎ばかりでなく豹, 虎ばかりにあるこれ, 虎ほどには自分の, 虎ほどの鼻の, 虎またの名を白雲斎, 虎までも少し呆気, 虎もとより一向, 虎やの赤い色, 虎やらの眼に, 虎らしいものの, 虎らしく跳躍すべき, 虎らしく動いてゐた, 虎も熊, 虎われ怎麼に猟, 虎をさえ出すこと, 虎を以て友として, 虎ガススメデ香取カシマ参詣ヲスルト云ウカラ四月初メニ松平内記, 虎ガ兄弟ガ江戸ヘキタカラ毎日毎日行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 虎ガ出テ袴ヲハイテ座敷ヘ通シ, 虎似テ二尺ニ足ラズ, 虎ニ随ッテ奸雄一旦ニ休マン, 虎ネコの毛なみ, 虎ハ敵をバ, 虎ヒゲの男, 虎ヒゲ面を近々と, 虎云ウニハ今日ハ始メテ参ッタカラ何ゾ土産ニテモ持ッテト存ジタガ御好, 虎得タリ, 虎ヶ岡へ案内, 虎一たび人を食う, 虎一人が二人, 虎一声高く吠え, 虎一度はこれ, 虎一役ぢや遣り切れません, 虎一生一乳乳必双虎と, 虎一疋が一八六九年中, 虎一羊を争, 虎一郎氏の望み, 虎一郎翁であつ, 虎一頭あり村, 虎三つ振りだとも, 虎三十一を斃, 虎三月三日において浴澡, 虎三郎は名前, 虎三郎氏の妹, 虎にも小, 虎丘図巻や山居図巻, 虎両雄の三度目, 虎の仙人比丘, 虎之進という死んだ, 虎などのごとく, 虎事件では泰軒, 虎二疋の魂, 虎五六頭鰐魚六頭を畜, 虎五指のを人虎, 虎五郎娘女賊見返りお, 虎井さんこれはお, 虎井博士こちらへいらっしゃい, 虎井博士ふしぎなこと, 虎井博士ぼくの証人たち, 虎井工学博士から電話, 虎人肉の味, 虎に猫, 虎以上にし, 虎伝授の甲賀流忍術, 虎とが京都, 虎伯虎將軍ナドミナ豪イ人ノ代名詞デス, 虎住みその狐虎, 虎体狼腰豹頭猿臂まことに稀代, 虎ともいう, 虎侯皆見たか, 虎侯虎伯虎將軍ナドミナ豪イ人ノ代名詞デス, 虎俊氏に会, 虎信玄に近々と, 虎を以て答え, 虎を拝す, 虎八幡と呼ん, 虎は田所, 虎は一時間, 虎其方は犬, 虎其物が懶, 虎で巴人, 虎列剌事件を, 虎列剌毒に触れ, 虎列剌病が流行, 虎列剌病博士とか腸窒扶斯博士, 虎列剌菌なし, 虎列拉患者は恐ろし, 虎列拉病が両, 虎列拉菌の培養液, 虎初めて人を, 虎別君子豹別弁人狸別狸変ずれば, 虎刺拉は止む, 虎刺拉患者は恐ろし, 虎加藤清正公が手, 虎を成, 虎の二人, 虎千代は七歳, 虎博士も強く, 虎去れば後門, 虎子一疋伴れ, 虎同様熊が短き, 虎君ポインタァ君, 虎吼えて, 虎呑狼の計, 虎哮えるありさまややしばらく, 虎唐音フウ虎がフウ, 虎嘯き一吸竜躍る, 虎嘯くを聞い, 虎嘯けば風, 虎は依然として, 虎四郎君であった, 虎四郡を経すべて千二百人, 虎回れば後, 虎固有の謡, 虎の中, 虎に拠り, 虎壁裏の蝙蝠, 虎多しといえ, 虎象黒豹狼など, 虎大明神といふ事, 虎だ, 虎は毎度獅, 虎始めて嘯く, 虎威将軍の号, 虎威将軍朱然を, 虎婆め常磐津もろくに, 虎といった, 虎子頭上七点あるを, 虎子饅頭の外, 虎は今, 虎が支那, 虎のみに伝わる, 虎寿丸もたれ, 虎将軍の一人, 虎將軍ナドミナ豪イ人ノ代名詞デス, 虎小児を食わず, 虎小走り一直線に大学, 虎少く住まり待て, 虎尾蘭の類, 虎山水豹とともに朱沙鼠, 虎山田三十郎山本主殿助, 虎山翁が幼い, 虎に帰っ, 虎師子に向っ, 虎常時の食, 虎幽霊に柳, 虎当路者と称する, 虎形虎形で来る, 虎に匹敵, 虎御前型である, 虎御門の一刀, 虎徹ここにあり, 虎徹中原富三郎は助広, 虎徹以上の刀, 虎徹水心子それから近頃, 虎徹虎徹とせがまれる, 虎心中に猪, 虎怒りて, 虎いわゆる威, 虎我と闘わんと, 虎の旧式火繩銃, 虎手八千名をもっ, 虎挟みといったよう, 虎捕らんとておとし, 虎支那僧密林師犬養翁また私, 虎なく村, 虎を獻, 虎にハ部下, 虎暴非常と, 虎曰く共に闘うべし, 虎曾根少佐西山教頭馬田そうした人たち, 虎月毛を賜う, 虎あること花驢, 虎つて此説法を, 虎来こと淡島虎造でござんす, 虎来り泰を, 虎来り近づき居り牧を, 虎来るすなわち戒, 虎の登っ, 虎松孟執である, 虎より出る, 虎梅竹玉堂富貴ナソレ牡丹に芍藥, 虎梵名ヴィヤグラ今のインド語, 虎棲む国の, 虎極めて気長く, 虎楽進の子楽, 虎止って坐り逡巡耳, 虎此時は早, 虎したまい日角天, 虎にし, 虎と名づけた, 虎殺すと直ぐ, 虎殺せば鬚, 虎殿あり, 虎その子, 虎も我生処種姓形色力勢皆師子, 虎いよいよ近寄っ, 虎汝四足あり我, 虎沙魚衣沙魚ダボ沙魚も名, 虎河豚名古屋河豚世間では金河豚, 虎河豚黄金河豚銀河豚北枕篭目河豚などが普通, 虎となり, 虎に立ち, 虎清工藤虎豊内藤虎資四人ながら手, 虎溪三笑その素晴らしい, 虎滅多に人, 虎灘途上の山の手, 虎大きを, 虎照玉と共に旗上げ, 虎熊孔雀兎鶴等々には好感, 虎この神天, 虎を惜しん, 虎を食う, 虎の児, 虎犬猫の如き, 虎狩豹狩の話なぞ, 虎などが集まっ, 虎狒等いづれ, 虎に洩れた, 虎猟師を駆集めた, 虎猪君が專ら動物試驗, 虎獅子熊などのごとき, 虎獅等の大きな, 虎白くて, 虎王族を詈, 虎のもの, 虎疫薬を入れた, 虎んできっと, 虎病患者死せし頃, 虎白和尚の禅機, 虎白草だ, 虎百貫の熊, 虎皮上で竜虎采戦, 虎皮下と八分体, 虎皮同様の条紋, 虎皮草を見, 虎直次が來, 虎の猛者, 虎石橋を守り吼え, 虎砲十二磅砲というよう, 虎神これを拒んだ, 虎の属, 虎し去らんいかん, 虎紀伊家附安藤帶刀直次並に瀧口豐後守, 虎を成し, 虎は傍, 虎龍が, 虎耳草富貴の家, 虎耳草秋海棠齒朶など, 虎聞キ候テ可討留物ヲ残リ, 虎を食わん, 虎の七種, 虎く人気, 虎に葬られた, 虎膚天鵞絨の羽織, 虎臥山竹垣城といふ所, 虎自身が触れ動かし, 虎船長はじめ公室の一同, 虎船長以下ははからずも, 虎船長以下竹見も丸本, 虎船長大の御, 虎芥川の河童, 虎芳年芳幾らこれにつげり, 虎若干ありて, 虎英語でウィヤーマン, 虎という水戸浪人, 虎蔵懲役場改心の幕, 虎蔵福助の息女, 虎藪蕎麦牛肉屋の古川, 虎追ふて走, 虎虎年ですから, 虎蟆犬猫狐狸鼬鼠貂のたぐい, 虎の焦げる, 虎行きて狐, 虎衛軍と名づけ, 虎衛軍五万の教練, 虎衛軍五万槍騎隊三千儀仗一千戦車石砲弩弓手鼓手螺手干戈隊鉄弓隊など四団八列, 虎に入り, 虎記樣もやくざ, 虎變君子豹變といふ辭, 虎豊内藤虎資四人ながら手, 虎豹毒蛇悪蝎, 虎豹狸に比べた, 虎豹狼などをもその, 虎豹獅米獅等の輩, 虎豹羊鵲なし, 虎豹羊鵲兵用矛楯木弓木弓短下長上竹箭或鐵鏃, 虎豹蛟竜銅鉄を食う, 虎豹豺狼毒蛇悪蝎, 虎貞山県虎清工藤虎豊内藤虎資四人ながら手, 虎賁中郎に封じ, 虎賁文武效功白刃交前亦所, 虎資四人ながら手, 虎り出, 虎踞して謀士勇将, 虎しその, 虎とか虎頭, 虎身九尾人面虎爪この神天, 虎猛気凛々たる者, 虎ふて走しる, 虎這う森の, 虎遂に檻へ, 虎道傍にあっ, 虎長広照玉と堂々, 虎間デブ子先生にバッタリ, 虎間トラ子先生に言いふくめ, 虎間トラ子教諭が訪問, 虎間太郎を当時江戸派, 虎間女史に宛てたる, 虎の作, 虎関和尚はこの, 虎の壮観, 虎防主池蔵太について大和, 虎陳生らは血眼, 虎陽炎の虎, 虎だとかいう, 虎青蜘蛛とすごく, 虎音羽の石千代, 虎短くて, 虎頭燕頷の羅漢, 虎その身牛, 虎辛氏の, 虎をなびかせ, 虎髯光は百錬, 虎髯大尉本名は轟大尉, 虎髯大尉本名轟大尉であつ, 虎髯大尉武村兵曹一人は右鬢, 虎髯大尉轟鐵夫君濱島武文春枝夫人及び二百餘人, 虎髯将軍屑屋に払ったら, 虎髯逆立ち眦裂けて, 虎と名, 虎鮫七千頭をひきつれ, 虎鮫隊はどこ, 虎鯊能く虎, 虎鰒北枕ナンチいうもの, 虎鹿豕鰐の体, 虎の如し, 虎鼻大口両耳参, 虎龍嵐魚鶴などと大体凧