青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「肖像~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~職業 職業~ ~聽 聽~ ~肉 肉~ ~肉体 肉体~ ~肌 肌~
肖像~
肚~ 股~ ~肩 肩~ ~肯定 肯定~ 肱~ 肴~ 胃~ 胆~

「肖像~」 1048, 11ppm, 9951位

▼ 肖像~ (261, 24.9%)

5 の前, の方 4 のよう, の下 3 だった, の額, を描い

2 [23件] がある, が何枚, が壁, が掲げ, が秋, である, でも満足, というもの, のかかった, の人物, の出来栄, の成功, の注文, はどこ, は口, も売る, やその他, や写真, を掲げ, を描かせる, を描く, を見た, を見つけ

1 [188件] か, からこの方, からレオナルド, から一篇, から一編, から目, が, があらわれた, があり, があれ, がおも, がかかげられた, がたくさん, がない, がはっ, がもったいらしく, が一二枚, が一対, が一枚, が二三, が二枚, が唯一個, が変化, が妬ましい, が懸つ, が掛つて, が掲げられ, が描けない, が架けられ, が欲し, が気味, が生れ, が立てかけ, が順序, が飾っ, さ, だけは長く, だつた, だという, であった, であって, であると, でした, です, でないまでも, でイダーリア, で見る, といっ, といふの, といふわけ, としか見えませんでした, として注文, として顔, とつり合い, となつ, との関係以上, とはち, とを思ひ合せ, とメダル, と云う, と同じ, などを見, などを頼まれる, なの, なるものがち, なんかかきたくない, なんか実物, なんてあり得るでしょう, にかかれ, になる, にも当たる, にも認められる, によれ, に一番, に並ん, に向, に手, に捨て, に新しい, に未練, に着手, に肖, に見, に見る, に見入っ, に賛, に遠近法, に鬚, のいい, のうえ, のこと, のほとんど, のみが廃棄焼却, のみを陳べた, の一つ, の一方, の主, の主人公, の作者, の依頼者, の全貌, の収入, の名人, の地色, の容貌, の店, の当人, の後, の後ろ, の懸っ, の新, の歪んだ, の比, の油絵, の由来, の目, の真物, の肩, の行, の顔, の類, は, はあすこ, はもと私, は僕, は元, は彼, は明らか, は本人, は無い, は肖像, は見たであろう, は記録, ばかりで, ふたたび, へ目, もあつ, もまた, も万一そう, も元本, も懸け, や諸国名勝, らしかった, をお, をかい, をかけ, をこんな, をばかり探し求めてる, をひとつ, をも置いた, を久保, を五姓田芳梅画伯, を以て醜, を依頼, を出した, を口絵, を善く, を売っ, を常に, を懸ける, を掲げた, を描かせ, を描かせたい, を描きし, を改版, を書く, を朝夕, を注文, を濡れた, を眺めつづけ, を破っ, を破棄, を私, を裏, を見, を見あげました, を見せ, を見たかった, を見るなら, を見上げ, を買, を買う, を贈呈, を間, を階上, を頼まれた, を額縁, を風呂敷

▼ 肖像~ (207, 19.8%)

5 描いて 4 かいて, 眺めた 3 掲げて, 見て 2 ここに, 寫して, 手に, 描くには, 描く場合, 自分の, 見ると, 見れば, 見上げた

1 [170件] あなたが, あまり作っ, いつまでも, うやうやしく自ら, かいたこと, かいと, かかげ開かれざる書筺, かきあげて, かきました, かくとか, かく意志, かこうと, こね出したスーザン, さしこんだ, そういう方々, そんな枯淡, だいたい似, ついぞ拝, つくったの, つくること, つけて, とりおろしても, どんな高い, なかなかうまく, ながめそれ, ながめた, ならべて, のせ, のせようと, もって, やったの, アンナに, ベートーヴェンに, 一組に, 三十枚の, 並べて, 仕上げた, 仰いだが, 仰がずには, 作ったの, 作って, 作らせて, 作らせる風潮, 作らなかった, 作る機会, 傳ふる, 入れた, 入れたほど, 入れたまま仏壇, 入れた石版刷, 入れるに際して, 写すこと, 写す不思議, 写生する, 冷淡に, 出品した, 切りぬいて, 切手に, 卸しまして, 參照する, 取つて, 取り出して, 呈し奉るは, 善くす, 好んで, 嵌めた印籠, 巻頭に, 希望した, 床の間に, 建てツァー, 建置せざる, 建設する, 引受けて, 彫って, 彫りますが, 彼は, 往来で, 忠實に, 思い出した, 懸ける場所, 打ち込めるか, 抹殺した, 拵えるの, 持たないこと, 持ち來, 挿入せり, 掛けた一室, 接吻し, 掲げ, 掲げその, 掲げた書斎, 掲げましょうけれど, 描いたの, 描いては, 描かせるつもり, 描かせると, 描かせる風習, 描かせろ胸像, 描きたいこと, 描きたいと, 描きだして, 描き上げたらお上さん, 描き出す上, 描き得るため, 描き版摺り, 描き魚, 描くこと, 描くだろう, 描くに, 描くの, 描く一緒, 描く段, 描けと, 撮って, 既に描き, 是非吉野さん, 是非吉野様, 暖炉棚の, 木下君に, 未完成, 本の, 染めたる旗, 楼門の, 正さんと, 正面に, 武家の, 殘せりと, 活かしに, 濃厚な, 熟視しおられし, 画いたこと, 画いたの, 画かしめなかつたので, 画かせた, 看板として, 石版に, 示して, 祀った, 祭る, 私が, 私に, 私の, 私は, 絵に, 編纂されしならん, 置かして, 茫然と, 見い出して, 見せて, 見た, 見ちやつたん, 見るが, 見るにも, 見るも, 見上げて, 見守った, 認めること, 請い受けて, 贈りあるいは, 贈呈する, 選びだす自由, 鋏の, 鏡に, 長き間凝視, 集む, 集めしもの, 頂戴し, 頭の, 頼む事, 飾って

▼ 肖像~ (132, 12.6%)

7 の全盛期 2 が日本, に於, の中, の代表的, の傳來, の如き, の現存, の風, も亦, を見

1 [105件] ありしを, か, があつ, がけし, がどこ, がガクブチ, が何時頃, が出来た, が多く, が大層, が悲し, が掛け, が盛, が衰, が高く, だ, である, である事, といふこと, といふべき, としての精神, としては高野山普門院, との優劣, との混雜, との間, との關係, とは其風格, と手紙, と禪宗, と聖徳太子像, などにし, なり, にし, について多く用, には非, にも南畫, に影響, に描く, に精采, に肖, に興味, に見る, の一つ, の上, の事, の仕事, の優れたる, の入りし, の實物, の數, の新, の日本, の最も, の標本, の歴史, の殘, の流行, の用, の發達, の綾さん, の編纂, の衰, の覆, の變遷, の進歩, の遺風, の重み, の隆盛期, の高潮期, は其の, は唐, は徳川文化, は日本特有, は概して, は獨立, は男性, は畫, は益, は衰退期, は輝勝, は進歩, は遂に, も古い, も多分, も新刊書, も日本獨得, も殆, より全く, を取上げた, を多, を寫し, を專門, を思ひ浮べ, を戸棚, を批評, を掛くる, を殘, を漸, を熟, を片, を發見, を眺めた, を知る, を購取ツ, を隅ツ

▼ 肖像~ (77, 7.3%)

4 かかって, 出て 3 打ち出されて 2 かけて, その貨幣, ついて, 描かれて

1 [58件] あった, あったの, ある, あるだらうかと, ある二十フラン金貨, このオーデトリアム, すっきりと, その室, その家, それぞれ異, それらの, づらり, ならべて, まるでフランス流, よかった, 一つあった, 一つ花束の, 久助君の, 互に似, 作られた, 出る, 出品された, 卓の, 在るだろうか, 壁に, 壁の, 多数複製せられ, 寝台の, 左側の, 後の, 得られるだろう, 必然的に, 思われた, 手際よく, 押しつけられそう, 掛けて, 掛つてゐる, 掛つて居り, 掲げて, 掲げられて, 數枚載つ, 昭和三年九月発行の, 有って, 欲しければ, 此の, 父の, 現に神護寺, 生まなま, 画かれて, 異っ, 発見されました, 眼に, 眼の, 私的な, 見たかつた, 附いて, 額に, 飾って

▼ 肖像~ (58, 5.5%)

5 下に 2 間に

1 [51件] うしろに, かかって, ことを, ごときは, したで, ための, ついて, はいった勲章, やうに, ようだ, ような, デッサンとして, バックを, 一つである, 一城の, 三色版が, 上半身だけを, 下部に, 中に, 人か, 体勢が, 前に, 原型を, 台石に, 右肩に, 如きも, 如き坊主頭, 如く盛, 如く言われたが, 婦人ほどは, 完成に, 戦いと, 手本として, 掲げてないの, 方が, 横に, 焼き付けを, 特色を, 真実性を, 神品と, 笑へる, 自賛文に, 表情の, 表現に, 顋の, 額が, 額の, 額壁に, 額縁に, 額面が, 髯の

▼ 肖像~ (38, 3.6%)

1 [38件] いつも描かれた, ことごとくヴォラプチュアス, この彩色, その依頼者, その眼, それよりも, ちゃんと出来あがる, とても怖い, どれも, ばかに, ほかにも, まだ嘗つて世, やや中年, 一枚も, 世界に, 世界の, 他の, 似て, 例に, 依然として懸, 僕の, 單に, 堂々たる構え, 奇中の, 小説で, 屹然として, 平清盛であり, 幼い娘, 彩色を, 彼の, 残って, 當時の, 素直に, 結局できあがる, 表装まで, 門人浦無窮が, 阿部家の, 黒く煤け

▼ 肖像~ (37, 3.5%)

4 似て 2 して, 向って, 寸分違ひ, 相違なかっ

1 [25件] あるよう, いたっては, お話しかけ, かかりはじめて, かくと, とりかかって, どこか, 並べて, 似たり, 似た誠実, 充ち溢れて, 再び不潔, 同情し, 向かいダンス, 小さい索引, 於ては, 比較し, 眼を, 行きつきあッ, 行き渡って, 見るやう, 話して, 過ぎない, 酷似した, 關係せる

▼ 肖像~ (27, 2.6%)

2 私とを

1 [25件] いうと, いへば, そっくりである, ちがって, どれだけ, なるから, カレンダーが, 一しよ, 一番最初の, 並べて見た, 事蹟とは, 人間の, 他の, 小代さんの, 左手の, 換へ, 比べて, 瓜二つ, 男の, 直方で, 相対した, 覚しきもの, 言つてよい, 言ふ, 記念碑

▼ 肖像~ (19, 1.8%)

2 無残にも

1 [17件] あつた, ありました, あり面白い, ある, お描き, それらある, どうでも, まったくオランダあたり, もとナトルプ教授, 一つ描い, 両つ, 僕には, 愚鈍の, 懸かって, 無数に, 煤けたまま梁, 載つて

▼ 肖像彫刻~ (14, 1.3%)

1 [14件] が随所, にも東大寺開山堂, に趣, のすばらしい, の一目, の中, の事, はまことに, は彼等, は思った, は未だ, を作る, を得意, を考える

▼ 肖像~ (11, 1.0%)

2 あつた 1 いくらか, その僧房, その少女, 一番印象に, 報酬を, 殆ん, 見た通り, 豊国が, 錦絵としては

▼ 肖像画家~ (10, 1.0%)

1 がいみじくも, が大槻氏, であったら徳田球一氏, である, とか伸子, としての私, なりとの事, のエッセイ集, の手, は名士

▼ 肖像~ (7, 0.7%)

1 ラファエロの, 伝記は, 器具や, 書物だ, 画では, 神社などを, 蒼白い真面目

▼ 肖像でも~ (6, 0.6%)

1 かかれましたか, かくかね, なく民衆, 描かうと, 描こうと, 満足が

▼ 肖像である~ (5, 0.5%)

1 か判別, ことは, ことを, やうに, よりもその

▼ 肖像~ (4, 0.4%)

1 から買つた, そうです, といっ, とか郊外風景

▼ 肖像では~ (4, 0.4%)

1 ありませぬ大師, ないが, なきかと, なくして

▼ 肖像として~ (4, 0.4%)

1 こんなに確か, たくさん作っ, 畫きしものならん, 見たい

▼ 肖像などが~ (4, 0.4%)

1 家から, 家に, 映り出ると, 載せられて

▼ 肖像について~ (4, 0.4%)

1 どれが, 何が, 例えばフローベル, 恩地は

▼ 肖像写真~ (4, 0.4%)

1 から眼, が出, の左側, も気

▼ 肖像だった~ (3, 0.3%)

1 からである, がその, のである

▼ 肖像なら~ (3, 0.3%)

2 んとは 1 やつぱり部屋の

▼ 肖像には~ (3, 0.3%)

1 摂津築島寺の, 私の, 黄色の

▼ 肖像入り~ (3, 0.3%)

1 で主, の額面, の飾り

▼ 肖像畫みたい~ (3, 0.3%)

2 になつ 1 なの

▼ 肖像~ (3, 0.3%)

1 にし, の抹殺破棄, を浮世絵末期的手法

▼ 肖像~ (2, 0.2%)

2 分らぬ

▼ 肖像こそ~ (2, 0.2%)

1 およそ愚劣, 彼等と

▼ 肖像だの~ (2, 0.2%)

1 ライオンだ, 河港に

▼ 肖像です~ (2, 0.2%)

1 か, よ

▼ 肖像という~ (2, 0.2%)

2 ものを

▼ 肖像とは~ (2, 0.2%)

2 一見まるで比べ

▼ 肖像とも~ (2, 0.2%)

1 いふべきもの, 森野は

▼ 肖像なども~ (2, 0.2%)

1 正面向きの, 父の

▼ 肖像などを~ (2, 0.2%)

1 画きたる者, 見た

▼ 肖像~ (2, 0.2%)

1 向い足取り, 向って

▼1* [77件]

肖像あの野心的情熱に, 肖像あるいは高潔で, 肖像かいたのは, 肖像かならず子らの, 肖像そっくりであること, 肖像それから自分らの, 肖像たとえば弘法大師日蓮上人の, 肖像だけ送る, 肖像ださうであるが一人, 肖像であったというよう, 肖像であり彼女の, 肖像でありましてこの, 肖像でなければなりません, 肖像といったものに, 肖像といふ掛軸を, 肖像とか高山彦九郎の, 肖像とが額に, 肖像としての美である, 肖像としてはどういふ, 肖像とても同様多く, 肖像とを見較べた, 肖像のです, 肖像などと部屋の, 肖像などはあれは, 肖像なりと傳へられし, 肖像なり去三十四年小田原養痾中の, 肖像なるには相違, 肖像なんぞを出して, 肖像によつて間に, 肖像によって間に合わせたり, 肖像のどてっ腹, 肖像また郵便切手などによりまして, 肖像まで入れて, 肖像よりは後期印象派以後の, 肖像よりもつきすぎて, 肖像をも壁画の, 肖像パンドラが彫刻, 肖像一枚が水際立つ, 肖像にも唐以來相傳, 肖像の黄財布, 肖像六十一を作り, 肖像寫眞以外斯うした, 肖像幻灯にはじまり, 肖像彫刻中の傑作, 肖像彫刻肖像画の類, 肖像彼女が王子, 肖像忘れられぬよさ, 肖像数冊の本, 肖像永井潔さんの蔵原さん, 肖像浮彫白色の花崗石臺石, 肖像濃厚に飾りたてた, 肖像の顔, 肖像画だらけであった, 肖像画中での傑作, 肖像画二枚と一緒, 肖像画全集も所載誌, 肖像画出版物などが陳列, 肖像画化さないで, 肖像画展覧会に於ける, 肖像画彫刻のある, 肖像画等があった, 肖像画風に所謂写真, 肖像畫一二點に過ぎない, 肖像畫中最も古く, 肖像畫卷は傳寫本, 肖像畫家あり, 肖像畫集を殘, 肖像的叙述が遺っ, 肖像的理念によって出来た, 肖像盛られた御馳走の, 肖像に彫刻, 肖像でこれ, 肖像製作又は動物画等, 肖像の煙草セット, 肖像の存在, 肖像静物の草土社創始時代, 肖像という見世物