青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蘭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

藍~ 藏~ 藝~ 藤~ 藤原~ 藤吉郎~ 藩~ 藪~ 藻~ 蘆~
蘭~
蘭軒~ ~虎 虎~ ~處 處~ 虚~ 虚偽~ ~虫 虫~ 虹~

「蘭~」 3031, 33ppm, 3585位

▼ 蘭~ (587, 19.4%)

13 花の 11 花を 8 花が 7 顔を 5 ような, 葉の, 貧民法は 4 人口は, 後から, 花, 鉢を 3 労働者の, 心を, 方の, 花は, 葉が, 顔が

2 [45件] ある地方, いうこと, ことを, ために, ように, エディンバラに, 一切の, 下照る, 他の, 名が, 吹く竹法螺, 咲いて, 商船が, 女, 如き国, 如く一人, 妨害, 姿が, 姿は, 姿を, 学に, 心に, 手を, 方は, 方を, 来たの, 求婚説話に, 潜んで, 濃き影, 着物を, 砲術を, 笑顔が, 絵を, 羊毛工業を, 美しさ, 花です, 花も, 花立ちひらく, 葉を, 身の上は, 軍艦, 農民の, 銀貨が, 錢を, 駕籠の

1 [409件] あまが, あまっ子も, あまと, ある商人, いうまま, いや澄みまさる散り, いるの, いるテーブル, おくれ毛を, からだを, が五二五・〇〇〇弗, きれいな, ことで, ことより, ごとしという, さびしい花, したかったこと, それとは, それの, それほど規則的, ところに, ところへ, にほひ, ひらいては, ほかに, まだ蕾, やうな, やつが, ゆも, アムステルダムから, アムステルダムからの, アムステルダムで, アメロンゲンの, ゲエル人の, サカブタの, サクソン諸王の, スペルリングの, チイス玉の, テーブルの, ドクトル・ヅーフと, ネス湖に, ネス湖まで, ハイランド地方で, ハイランド地方の, ハイランド地方は, ライデンに, レンブラント仏蘭西の, ロッタム島だ, 一種, 一種かしら, 一種で, 一花にでも, 一鉢であった, 三國語に, 上に, 下を, 下生えの, 下締め, 並々でない, 中の, 主たる競争者, 事だ, 二人が, 二本三本此薫の, 人全島を, 人口が, 人口増加の, 人口増加は, 人形も, 住み家, 体と, 体は, 使節も, 価格騰貴に, 便りあなた, 個性を, 側に, 傍に, 儀は, 光筆画, 全庶民階級, 全生涯, 公使を, 出世が, 出島と, 出生の, 出生超過の, 切れ上った, 制度を, 前に, 前の, 前へ, 前褄位, 労働者と, 労働者は, 労働階級に, 労賃が, 勢いの, 勲章は, 匂いにも, 北アメリカ植民地すなわち, 医書を, 医籍に, 医者が, 半ば以上を, 原書だ, 原書の, 叛乱者裁判で, 古書に, 古画と, 古酒なんど, 右に, 各年, 同じ年齢, 同じ階級, 唇から, 唇が, 商人に, 商工業は, 商業主義の, 商業階級の, 商船の, 問題は, 国から, 国債が, 国境を, 國から, 國旗を, 土地に, 土地及び, 土壌は, 地方教区では, 地理書を, 城邑さんなんかとは, 増加を, 士官に, 夏むかふ, 外交官だ, 多くの, 多数の, 大市, 大部分, 女千子が, 奴が, 奴らが, 奴を, 如きでは, 如きは, 如き久しく, 如き非常, 妨害について, 姿など, 婦人は, 媚かね, 字は, 字を, 字引の, 学問とは, 学校読本の, 學校讀本の, 実物を, 室に, 家の, 家は, 富と, 小さい鉢, 小間物を, 山奧の, 工芸品展覧会の, 幅の, 平均的状態の, 幻想から, 幽谷に, 庶民の, 影が, 彼方でも, 征服者が, 後に従って, 後片, 御忠節, 心が, 心には, 志を, 怒りに, 我が視野, 或る, 或部分, 戦艦には, 扇は, 手から, 手に, 手より, 手廻りの, 教区の, 教区税と, 文典が, 新芽の, 方が, 方です, 方と, 方へも, 方も, 旗を, 普通日傭労働の, 書を, 書物から, 書物が, 書物には, 書物にも, 最高貴族の, 本の, 本も, 本草学に, 村落では, 条参照の, 根もとには, 森林地帯に, 植えて, 植民地に, 植民地は, 楫, 機嫌を, 櫂にも, 歌, 歴史の, 死亡率が, 死骸に, 死骸は, 母親の, 氣が, 汽船じゃ, 河瀬の, 活字發明者フラウレンス・ヤンコ・コステルの, 湖に, 滅亡史を, 澄み渡った眼, 片田舎, 牧師の, 猛々しい激情, 玉の, 王様に, 瓦が, 生涯を, 甲必丹カランス殿じゃ, 甲必丹マンスダール商人シクス手代ヰッセールそれに, 画, 百姓が, 皮襖の, 眼であった, 眼は, 社会状態の, 稀覯書肆から, 種々の, 穀物市場が, 空へ, 窓が, 立枝の, 笑顔の, 笑顔を, 紅茶を, 統計報告では, 統計報告を, 絵が, 絵とから, 絵に, 絵の, 絵ハ御苑ニアル分ヲ, 総人口, 繁った階上, 羊飼どもには, 美しい泣き顔, 美形ならびなく, 耕作者が, 聞えた音楽家, 肩を, 能力は, 腕に, 腕を, 興奮した, 舶來品扱ひ, 舶来品扱ひ, 船の, 良い匂, 色合わせは, 芝居好きを, 花かな, 花さゆれ, 花ざかりである, 花などが, 花みたいに, 花よ, 花咲き, 花多に, 花束を, 花漬け芹の, 芳を, 若い海員, 茂りが, 茶掛とが, 茶掛は, 莟を, 落葉掻き集め焚く, 葉一枚描く, 葉色を, 葉陰から, 葡萄で, 蕾の, 薄紫の, 藤袴なる, 血の, 行衛を, 表では, 裔である, 言うこと, 言葉であれ, 言葉の, 言語学者, 記憶を, 記録簿は, 許に, 許へ, 訳文が, 註が, 詩二首の, 話を, 説明を, 諺に, 變種の, 讒より, 貞節に, 貧民と, 貧民は, 貧民税が, 貴族の, 赤い酒, 足が, 足も, 足音が, 路に, 身の上風聞について, 身体が, 身体を, 車が, 軽忽, 輕燒見たいな, 農民が, 農詩人たる, 逢引する, 部屋で, 部屋の, 部屋へ, 部屋まで, 部屋を, 都市では, 醫者で, 里方で, 野に, 野を, 針仕事を, 鉢が, 鉢だの, 鉢などを, 鉢の, 鉢は, 鉢ものが, 鉢植である, 鉢植に, 鉢物の, 鉢百も, 銀貨を, 錢だ, 錢は, 長い葉, 門に, 間とでも, 陣中を, 隣室で, 雑兵どもには, 雑草中に, 雑誌へ, 雨, 雨も, 青い格子縞, 革命党員ピルスウツキーという, 領地で, 領地と, 頭は, 顔の, 顔も, 類, 風景や, 風習を, 風説書によりて, 飜訳文を, 養子に, 餓鬼どもが, 首都海牙に, 香いまでが, 香に, 香の, 香ひ, 香や, 香を, 香茶の, 馬では, 駈け出す足, 鴉の, 黄色な, 鼻は

▼ 蘭~ (176, 5.8%)

3 彼に, 彼の 2 お柳, 云った, 直ぐに, 確かに, 自分で, 花の, 譚の, 黙ったまま

1 [154件] いった, いって, うっぷし, おいでと, おうせ, お好き, ぎょっとした, こう言い, こけまろびて, ここで, ここに, この谷, これが, こんなこと, こんなに考え, しばらく出, しばらく彼, すなわちフジバカマ, そこへ, その冊子, その大輪, その翌, その習慣, その面積, それでも確か, それを, そんなにいい, ただ落ちつい, ついまた, どうも戦闘力, どこかで, どこでも, なぜか, なるたけ気, びっくりし, ふと近頃人, まだこの, まだ活, ようよう駕籠, アメリカよりも, エリザベスの, ドコか, ヨオロッパの, 世の中の, 中国特産の, 云おうか, 今は, 今後百年間奨励金の, 仕事を, 他の, 何か, 何と, 何とも言えず, 依然として紛糾, 全面的に, 冷水で, 別である, 勿論彼女, 参木を, 古風な, 召し捕られた, 同じ新, 同じ欧羅巴, 呆れた, 咳き上げて, 唯はい, 四郎が, 変名で, 失望と, 好きだ, 如何という, 子供の, 家を, 富の, 寺の, 小生の, 小麦粉と, 少々訝しく, 山三郎の, 山三郎を, 巡羅, 帷子の, 常に凶作, 幽谷に, 張飛に, 彫物の, 彼と, 彼を, 後世の, 心配の, 忙しそう, 思った, 思を, 恟りし, 我儘で, 手を, 手伝って, 手飼いの, 抑も, 振り返って, 敗走した, 時々唇, 時ならぬ, 最も十分, 月を, 朗かな, 木末より, 木綿の, 本当はああいう, 枯れて, 棺の, 気絶致しました, 泥棒の, 湯に, 湯気を, 熱帯産の, 父親から, 物憂そう, 特に顕著, 現在よりも, 申しました, 男の, 疑いも, 碎けぬ露, 私が, 空すがすがし, 窓そのものに, 立ち上がった, 立っても, 素晴しい, 縁側へ, 美しい眼, 聞き咎めた, 背中を, 腹の, 自ら土手より, 自分自身を, 花うやうやし, 英蘭よりも, 蒲団の, 薙髪し, 蘇生し, 親切な, 諾わなかった, 走り出て, 踊場に, 身を, 転げるよう, 頭脳の, 顔を, 飛騨の, 香いもせぬ, 驚愕した, 黄葉乾びし

▼ 蘭~ (154, 5.1%)

32 か, に示し, に航海術, の所謂プロヒレンチヤ城, らしい名前

1 [141件] ああ何と, いえ何, からかつて, からの訴, から久しく, から仕入れた, から伝え聞いた, から伝習, から和蘭, から學ぶ, か葡萄牙人, があれ, がこれ, がさも, がもう, が一人, が二人, が何, が内外, が居り, が我国, が拾っ, が持つ, が指さし, が携, が日本, が海外, が現, が移住, が誇, が象, が通辞, が集まつ, が飜訳, だの匈牙利人, だ其波蘭人, であつ, でござれ乃至, でぴんと, で亜米利加合衆国, で充ち満ちるであろう, で前任館長カツサ, で獨逸人, といつ, となる, とは誰, と哥薩克, と支那人, どうかもう, などを相手, にくれた, について医, について蘭学, にとつて, には, にはお伽話, には体, にもぶらじり, に出, に對, に巨利, に引渡される, に彼, に持つ, に接し, に明, に訊ねさせ, に逢わ, の, のお, のとこ, のよう, のドクトル, のハトン, のハンデルホーメン, の一人, の事, の二人, の他, の伝, の創作, の口, の墓, の居留地, の常食, の恩, の書込み, の為, の獣たち, の甲必丹, の画いた, の蒙, の行動, の製, の言葉, の話, の説, の説明, の額, の飜訳, の館, はさすが, はとう, はやがて, はスラスラ, は二人, は互に, は如何, は少し, は尚, は死蘭人, は清朝, は疾く, は部屋, は面白い, へ返し, もぶらじりあん, もブラジリアン, も心安く, も来, も赤面, や南蛮女, や葡萄牙人, より伝習, をヂツ, を上席, を厚遇, を呪縛, を嫌つて, を憎み, を挫, を見つめた, を見る, を通じてごく, を隠し, を雇い, を顧み, ノ如キ, 同樣, 殊にシーボルト先生, 突然悲し

▼ 蘭さん~ (133, 4.4%)

4 という人, のよう 3 お蘭さん, がお, と出来, なるもの, はおらん, を生 2 が, だから, の分

1 [101件] あの母, お目, かえ, からこの, からのお, から特別, がずっと, が人, が人手, が兵馬, が引合い, が心變, が急, が戸, が手引, が来た, が殺され, が泊りました, が泣い, が片, が糸, が言う, が逃げ出した, さえおいで, その辺, だなあ, てえ, でかどわかされたん, でも, というの, というみず, という女, とかねて, とか云う, とがんりき, とは二三年前, とを間違え, と出来てる, と腐れ合っ, ならいい, ならイヤ, なる者, なんかいくら, なんかも運不運, にも何, に取, に届け, に泥, に違い, に養子婿, のうち, のお茶, のお金, のつれ, の代り, の可愛い, の奴, の当座, の心持, の手, の投げた, の斯, の綺麗, の行動, の言う, の計らい, の身の上, の部屋, の難儀, の顔色, はいよいよ, はお, はこうして, はこの, はすました, はどこぞ, はまだ, はまだまだ, は去年, は多少, は居ねえ, は手水, は本, は杯, は私, は若衆, ばかり恨ん, もいったい, もお, も目のかたき, やがんりき, をかどわかした, をかどわかす, をくやし, を此, を見染めた, を連れ出した, 其のまア, 少しは, 早まっては, 誠にどうも御

▼ 蘭西~ (118, 3.9%)

4 の女 3 の旅, の赤靴 2 に起つた, の為, の男, の語, 御料理

1 [98件] から島崎藤村さん, から旅, から歸, から西班牙, から起つ, か何處, がは殊に, が嚔め, が最も, が生れ出た, が邪魔だて, ではもう, では國民, では早くから, では此遊戯, で心ゆく, で最も, と戰爭, などの批評家, なる諸, には十四人, に似, に來, に戻, に樂, に行き, に遊び, のある, のため, のみに限つた問題, のもつ, のアンクチル, のオーギスト・ルボン, のギイヨオ, のクトラレフアグ, のジョフル元帥, のゼローム, のデユボアー, のブリュンチエル等, のメヨル, のモリエール, のリオン, の一般國民, の上, の人, の介類, の何處, の作家, の勲爵士, の名, の國境, の國士, の國王路易九世, の國語, の婦人, の子供たち, の學者, の學者ダートウ・ド・メロン, の宣教師スミノー, の小説, の廉タバコ, の或, の故, の斯, の方, の有名, の本, の歴, の水兵たち, の海岸, の海軍港, の田舍, の老, の若, の詩人, の詩文, の象徴派, の豫備海軍士官, の軍人, の近代, の都, の銀, の革命, の革命時代, はオメール, はブルボン王朝, は早晩獨逸, ばかりで無い, への旅, へも行つて來, やブルグンド, や独逸, を辭, を遊歴, ノ本, 大學, 大學院, 女らしいの

▼ 蘭~ (101, 3.3%)

2 刻んだ孟宗, 助けて, 描いた, 生埋, 見た, 見て, 追っかけて

1 [87件] あしらって, あしらつた, あとに, おどかして, して, たいそうお, なぜ枯らした, はじめて訪問, ひきぬいて, もって, もつて, やったときルイズ・レイナー, ゑがくにこまかき筆を, モクレンで, 三株持つ, 中心と, 九, 二尺の, 今日いう, 作りて, 写真に, 制御する, 助けたいもの, 勢よく, 圧して, 奪ったの, 女房に, 容さず, 御覧に, 思い出すの, 愛した記憶, 愛すること, 愛するよう, 愛好する, 抜かれた, 抱きかかえて, 抱きかかえると, 抱きすくめた, 捜して, 採つたり, 探す眼, 描いたが, 描いたもの, 描いては, 描き終ると, 描くバック, 書いて, 植えて, 横ぎり繁華な, 此頃愛し, 殺したなら, 殺したの, 浮彫に, 父に, 画くには, 発って, 真堀, 突然その, 経て, 苦しめた理由, 蒐集し, 襲った疫病, 見せて, 見たいと, 見たい慾望, 見ようと, 見よが, 見よチェッコ, 見ると, 見る前, 見下ろしたなら薄, 見出した, 見詰めた, 見詰めながら, 責めたもの, 贈るべし, 起点と, 迎えに, 追いも, 追い抜くと, 追うこと, 追ったあと, 通って, 連れて, 除いた英蘭, 飾った藤蔓, 馬上の

▼ 蘭~ (74, 2.4%)

2 来て

1 [72件] あって, あります, うまく描ける, おらんという, くの, こっちを, すなわち前, そこに, そのところどころ, その中, その廊下, それを, だん, ところへ, どうしておらん, はしゃぎついで, ひょいと障子, ふわりと, わりあいに, スパイの, ワクワクし, 一夜を, 一株千仭の, 不作の, 二階の, 云い出した事, 今頃サラセンで, 何とか言っ, 何者である, 依然往時, 侵略した, 全く敵対心, 内を, 出来るまでは, 別系統, 加州家奥勤めの, 多く紙一ぱい, 大豊作, 好きで, 宿下がりし, 寄生する, 後者の, 揺るがん, 断崖の, 斯う, 早くも, 枯れてるじゃ, 此の, 死ねば, 殺されるならその, 災難に, 父の, 王龍の, 生えシシウド, 画いて, 盃を, 美濃の, 聞きました, 自分から, 自害致す, 自害致そう, 花を, 花開くだらうよ, 薫りまた, 見つけて, 言って, 警察へ, 農奴として, 送り出そうと, 開國を, 駕籠の, 鮮かな

▼ 蘭~ (64, 2.1%)

2 向って

1 [62件] いたとき, いった, おくる動機, かかっちゃ, ごつごつした, して, その貨物, なった, なるん, やってきたとき, やり歩きながら, 五子四女が, 亙り, 伝六なんの, 似た黄色, 似て, 何と, 何とも面目次第, 入れ揚げた金, 取って, 可愛がられて, 叱られそれでも, 向った駱駝, 埃が, 女房を, 對し, 小卓子, 居た若島中将閣下, 帰るところ, 心の, 心を, 意見を, 愧じ, 慕われるという, 懸合, 手を, 抱かれて, 持ちました花, 於ける阿育王, 最近生じ, 気分を, 海棠の, 溺れたの, 用いて, 留学した, 立ち寄つて此話, 立ち寄られたとき, 翻訳した, 聞いたが, 航し, 莟を, 行って, 行て, 起った何らかの, 起った率, 逢いたいだけ, 逢っちゃあ, 逢って, 遇い篤と, 遇ったこと, 遥かに, 飛んで

▼ 蘭~ (57, 1.9%)

2 を教える

1 [55件] から英語, が主, が喋れる, が役に立っ, だけで, だけのこと, であらう, でいう, ではパッスル, でも何, で上首尾, で云う, で叫んだ, と章句語脈, などで訊問, などのできた, についてた, にとらはれ, によってなされた, に對, に通じた, に飜訳, に飜譯, のほか英佛語, のわかる, のハーン, のパールト, の他, の勉強, の医書, の単語, の手ほどき, の活字, の知識, の綴, の辭典みたい, は, は勿論, は最も, まじりの, も口眞, やそして, やそれぞれ, や西班牙語, を元, を学ばしめよう, を学ばしめる, を学ばず, を学ばせる, を学びたく思った, を学んだ, を心得, を解する, を譯, 少々は

▼ 蘭どの~ (47, 1.6%)

3 のお 2 という淫婦

1 [42件] が, がああなっ, がいや, がとうとう, がまた, がみえ, がわざと, がわざとらしく, が今更, が信用, が先, が姿, が引出し, が思いつい, が手, が月々三本, が白, でご, という女, にはよく, に見せ, の, のため, のらんじゅく, の前, の周章, の命, の寝込み, の当座, の御, の方, の鼻先, はうんざり, はその, はついに, はどう, はむっくり, は猿臂, もあんまり, ももう, 生一本の, 眼尻が

▼ 蘭~ (41, 1.4%)

2 一緒に, 呼んで

1 [37件] す幽, そのお, なる, ぶつかりこれ, よび二十一歳, スコットランドの, フランスとの, フランスに, フランスの, プロシャと, モクレン, 並んで, 事を, 二人だけが, 云い英, 亜弗利加と, 別れる時, 同一の, 同様の, 同程度, 名づけて, 名づけヴリウ, 呼ぶ小さな, 呼べるを, 呼んだの, 新の, 昆虫, 書いて, 書くべきでは, 申すと, 称えるの, 苔桃の, 言う芸者, 逢った建物, 雑り合い, 雷同の, 鶯と

▼ 蘭~ (30, 1.0%)

1 [30件] からも遣っ, から巴里, が, が見えます, だか, だと, でカンタリス, と云, にも岡持, のある, のかんてるく, のどういう, の二日, の公子, の其の, の国, の富豪父子, の方, の旅, の旅中, の海, の秋, の貴公子, の風景, の首府ブラッセル, の黒船, はアムステルダム, へでも渡航, へ流された, へ着いた

▼ 蘭西語~ (26, 0.9%)

2 で書いた, で書かれた

1 [22件] で愛想, で書かれ, で記され, で試みた, で話し, にて即興詩, に直す, に習熟, に譯, のあまり出來, の原本, の精神, の詩, の詩集, もうまく, も急, や英語, をならはせ, を全く, を教, を最も, を習得

▼ 蘭銀行~ (25, 0.8%)

2 の紙幣

1 [23件] から出, がお前, が所持人, が東洋, が正金支払, で得られ, にいたる, により行われる, による銀行券, に貯蔵, のちかく, のもの, の五十磅紙幣二十枚, の八本, の利下げ, の報告書, の正面, の証券型, の通貨, は引続き, へいっ, を中軸, を右手

▼ 蘭から~ (23, 0.8%)

2 掛けて

1 [21件] すてきに, その日, チャグレスへ, レムブラントなどの, 取寄せた活字, 帰って, 引張つて來, 昔し, 普魯西の, 渡った砲術, 習わせるネ, 聞いて, 舶来の, 英蘭への, 補給せね, 買入れた咸臨丸, 買入れた船, 買入れ価, 輸入し, 通詞といふ, 道は

▼ 蘭~ (22, 0.7%)

2 のよう

1 [20件] がその, が宮子, で円卓, としてその, と関係, に似た, に似たる, に対し牽強, のま, の眦, の花弁, の萼, の黒緞子, はちょい, は春蘭, を床, を拾い上げ, を挿ん, を混ぜた, を繍

▼ 蘭及び~ (21, 0.7%)

12 ウェイルズの 2 愛蘭における 1 ウェイルズでは, ウェイルズに, ウェイルズにおける, 愛蘭からの, 英蘭北部地方の, 蘇格蘭において, 蘇格蘭の

▼ 蘭という~ (20, 0.7%)

3 娘は 2 別名が, 女の

1 [13件] のは, べっぴんが, ぽっと出この, 人は, 土耳古族の, 奥さまの, 女を, 娘が, 娘の, 婦人は, 婦人を, 支那の, 者の

▼ 蘭~ (20, 0.7%)

1 [20件] あっと色, ある苔, あれで, おなじ中立国, お杉, ここへ, この日, そっちへ, そんなら往こう, なかなかの, なかなかよい, やはり老衰, 何処に, 呼ぼうか, 多い, 早く仕度, 最初置据えられた, 毎夜の, 病的な, 百姓の

▼ 蘭~ (20, 0.7%)

1 [20件] が九州豐後水道, が唐, が日本人, として同, なる黒奴, に積込まれ, のかぴたん, のほか, の帆, の甲板, の着く, の絵, はその, は沈み, へ印刷機, へ接近, も年, も長崎, を一艘, を撃つ

▼ 蘭~ (20, 0.7%)

32 の芝居

1 [15件] が帝国劇場, が得意, が日本, に, にも向かい, に次ぐ, の写真, の劇, の舞ぎぬ, の邸, の酔楊妃, や楊小楼, を, を見, を見る

▼ 蘭西人~ (19, 0.6%)

1 [19件] が問うた, が平和, が未だ, のそれ, の中, の信仰, の流派, の生活, の目, の頬髯, の首都, は何, は再び, は少しく, は最初, や英吉利人, らしい髯, を目, ノ自由ニ開放スルヤ

▼ 蘭~ (18, 0.6%)

2 あつた

1 [16件] つくられた地図, フレガットと, 一時白痴院の, 二百万フランスで, 出版された, 出版した, 感心する, 秋蘭が, 職業を, 見られるもの, 見られる如く, 見覚えが, 赤い格子縞, 配附した, 陳, 騒いで

▼ 蘭では~ (17, 0.6%)

1 [17件] おそらく産児, この全期, その最初, ない, 人口は, 人間の, 全然働かなかった, 出生の, 労働の, 周知の, 四分の一であり, 平均比率は, 犁が, 脱漏を, 英蘭と, 通常の, 馬の

▼ 蘭~ (17, 0.6%)

3 萬年青の

1 [14件] お前が, そのほか少年, スペインについては, 万年青兎や, 外国の, 岩梅が, 愛蘭で, 白耳義の, 碗豆や, 竹や, 緬甸や, 苔桃などの, 萬年青に, 萬年青を

▼ 蘭~ (16, 0.5%)

2 が女, が飛込ん, の口, はすぐ, は困つた, は大きな, を始め, を始め人々

▼ 蘭~ (16, 0.5%)

2 の家

1 [14件] と云う, に礼, に紛れなかった, に辞し, の内弟子, の薬, の顔, はその, は向井霊蘭, は快く, は甚太夫, は眉, もこの, を迎え

▼ 蘭~ (14, 0.5%)

1 [14件] が入っ, という, ということ, なん, のこと, のしびれ薬, の処方, の効め, の調, をお, を二, を容れる, を試み, を買い

▼ 蘭通詞~ (14, 0.5%)

2 の家

1 [12件] が通辯飜譯, でまた, といふもの, と蘭學, に目付, のうち, の出身, は平戸時代, も幕末, も蘭語, をもとめ, 又譯司

▼ 蘭~ (14, 0.5%)

1 [14件] に入り, の一人, の五哲, の人々, の椿庭業広, の楊庵, の清川, の渋江抽斎等, の玄亭徳瑛, の玄道, の諸子, の道秀富穀, の高足, 若くは

▼ 蘭しごき~ (13, 0.4%)

1 [13件] が一本三両, が二十本, という, という名, とはなかなか, のご, の一件, の下手人, の二十四人, の売れ行き, ばかりねらいとるた, もここ, を締め

▼ 蘭における~ (13, 0.4%)

6 人口に対する 1 下層階級の, 人口減少の, 平均寿命が, 死亡と, 結婚が, 結婚への, 結婚年齢は

▼ 蘭~ (13, 0.4%)

6 の發達 2 を通じて泰西 1 が出, で名高い, の遺志, への關心, もシーボルト

▼ 蘭~ (13, 0.4%)

3 の醫者 1 でもちょい, でも鐵砲, で聞えた, にて何ん, による築城術, のお, の医流大, の療治, の良い, らしいもの

▼ 蘭~ (13, 0.4%)

2 に出入

1 [11件] では饗宴, で活版技師インデル・モウル, においてである, にも出入, に館附醫員, の外人たち, の貴公子, への出入, を出, を前景, を巡見

▼ 蘭~ (12, 0.4%)

2 の古, の白い 1 から豚, があり, ての, という遊女, といふ長崎料理, の叙, へ支那食, をはじめ

▼ 蘭~ (12, 0.4%)

2 の風 1 から始め, などの手本, なんぞ, のおちつかない, のみだれ, の海岸づたひに田島神社, の葉, または詩, もかれ, を一幅

▼ 蘭亭さん~ (11, 0.4%)

1 [11件] がニッポン, が張さん, はこの, は不意, は又, は大変技巧的, は夫, は皮肉, は門口, も来, 申して

▼ 蘭法医~ (11, 0.4%)

1 [11件] である, でもなけれ, との間, と肩, に治療, のところ, の寺島宗英, の幕府, は社会, を任用, を公認

▼ 蘭には~ (10, 0.3%)

1 あらゆる人口稠密, これに, そんなこと, 云えず心一つ, 人口に, 密教が, 悲しかった, 能く, 自分ながら, 蘭の

▼ 蘭~ (10, 0.3%)

2 の女 1 に遊び, の僧, の共産党員, の戦債, の画家, の野原, の音楽家, の骨塚

▼ 蘭~ (10, 0.3%)

2 の書 1 が分る, でしかも, になっ, に書, に飜訳, を書け, を知らぬ, を飜訳

▼ 蘭~ (10, 0.3%)

3 の影 1 といいます, なまめかしき帳, にてらされ, のかげ, のゆらめく, の下, の間

▼ 蘭科植物~ (10, 0.3%)

1 がうつ, などが繁茂, などの薬草, に於, のくさ, の花, の葉色素研究, も生え, や羊歯, を植える

▼ 蘭學者~ (9, 0.3%)

1 ではあつ, でも政治的面, としての昌造, としては知られ, として功勞, の最も, の欄, の蘭學, は當時他

▼ 蘭渡り~ (8, 0.3%)

1 で遠く, となった, のギヤマン, の短銃, の禁制品, の赤い, の赤酒, らしい精巧

▼ 蘭~ (8, 0.3%)

3 の花 2 の植物 1 でも種類, の常緑小喬木, の方

▼ 蘭~ (8, 0.3%)

1 が宮様, が残っ, のこと, は残っ, は残念, は矢張り, も複式, を持っ

▼ 蘭陀カルタ~ (8, 0.3%)

1 で思いがけなく, にことよせ, に気, の一枚, の札一枚, の煙, をつかみつぶし, をやりはじめ

▼ 蘭との~ (7, 0.2%)

1 愛の, 昨夜の, 比較は, 相違は, 距離が, 間に, 間には

▼ 蘭商館~ (7, 0.2%)

2 の妨害 1 が平戸, にある, に關係, へ二十五万ドル, を占領

▼ 蘭屋敷~ (7, 0.2%)

2 の絵巻物 1 で, と呼ばれ, に行, の二階, へ赴く

▼ 蘭~ (7, 0.2%)

1 だつた, のうわさ, のけいこ, をお, を語っ, を語り, を語る

▼ 蘭~ (7, 0.2%)

2 の山荘 1 から神斧山, が焔, の豪族, の豪族雨龍太郎, を取り囲んだ

▼ 蘭陀風~ (7, 0.2%)

2 に装飾, の遠近法 1 で柱, で清教徒, で襟

▼ 蘭~ (6, 0.2%)

1 が書きかけ, といえ, の事, も讀めない, や形, をも認めさせ

▼ 蘭~ (6, 0.2%)

1 がある, で嘉慶中, 原文と, 國にも, 國は, 國を

▼ 蘭~ (6, 0.2%)

2 の筆 1 の描いた, の苦心, もその, も黒船騒ぎ

▼ 蘭~ (6, 0.2%)

2 のため 1 とし, の事, の藤袴, を詠じた

▼ 蘭~ (6, 0.2%)

1 とでも奢っ, の, の影, の花, はつげ, は指

▼ 蘭西風~ (6, 0.2%)

1 にスタンダール, に發音, に皆おれ, の暖簾, の見方, の軒燈

▼ 蘭~ (6, 0.2%)

2 で投身 1 で死んだ, で身, においてテレーズ, の警察当局

▼ 蘭~ (6, 0.2%)

1 がすべて, のアノムバ島, のリオ島外諸島, の某, へはいり込んだ, も米領

▼ 蘭~ (6, 0.2%)

1 と言ふか, にし, に訛つて発音, の, の刈籬, の風車

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

1 あるいはその, 何かの, 小倉か, 梅花の, 許して

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

1 かかって, かけて, 佛教を, 輸出する, 還つて往

▼ 蘭カルタ~ (5, 0.2%)

1 か, が三兩, となる, とギヤマン, の事

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

1 去リ, 握ル, 滋ウルコト九, 種ヱテ以テ神ヲ, 贄トス

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

1 だの, の石油, をとる, を日本, 旧マレイ

▼ 蘭商館長~ (5, 0.2%)

1 からこの, からの報告, がこれ, が命名, より長崎奉行宛

▼ 蘭婦人服~ (5, 0.2%)

2 を著 1 などがぎつしり, の上, をひらひら

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

1 にもなり, の侍医, の御, の薬, の長

▼ 蘭対訳~ (5, 0.2%)

4 の字書 1 の原書

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

1 とか三浦道斎, と長安, の東, を経, を通っ

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

1 の袖, や金モール, を着た, を著, を著せ

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

1 に就, の名, の救済, の治療法, の貧民税賦課制度

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

1 の忠告, の忠告書, の料地, は昔年, を兼ね

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

1 が書いた, といふ人, の關係, の集, は池田

▼ 蘭~ (5, 0.2%)

2 の酒 1 といふ地, の人, の令

▼ 蘭あたり~ (4, 0.1%)

1 で作られた, の代物, の品, の船長

▼ 蘭さ嫁~ (4, 0.1%)

1 に来, に行っ, に貰い, に貰う

▼ 蘭~ (4, 0.1%)

1 とかばら, と見られ, のが, のを

▼ 蘭ちゃん~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 が初めて, 済まないが

▼ 蘭よりも~ (4, 0.1%)

3 遥かに 1 都市や

▼ 蘭公使~ (4, 0.1%)

1 いよいよ来たる, のごとき, の前, を勤め

▼ 蘭~ (4, 0.1%)

1 の地名, の運命, 全図, 挙げて

▼ 蘭夕狐~ (4, 0.1%)

4 のくれし

▼ 蘭~ (4, 0.1%)

1 に傳へた佛教, に寄泊, のみでない, の人々

▼ 蘭~ (4, 0.1%)

2 の銃隊 1 を改めて, 大熔鉱炉

▼ 蘭~ (4, 0.1%)

1 ぐらいです, でして, の紅葵, の部落

▼ 蘭~ (4, 0.1%)

1 がいろ, でなければ, の鐵砲五梃づつ菰, を修繕

▼ 蘭~ (4, 0.1%)

1 が周馬, の紅, は剣, をいからせ

▼ 蘭~ (4, 0.1%)

1 の商館, の熱帯樹, よりは遲, よりも遲

▼ 蘭~ (4, 0.1%)

1 の見ゆる, をしめて, 処に, 比叡の

▼ 蘭~ (4, 0.1%)

1 のコルク, のコーヒー茶碗, の上等ハム, の時計

▼ 蘭陀人~ (4, 0.1%)

1 が調べた, のこころ, の調べた, も

▼ 蘭そのもの~ (3, 0.1%)

1 が問題, はけっして, をかく

▼ 蘭たけた~ (3, 0.1%)

1 上, 人に, 感じ

▼ 蘭だの~ (3, 0.1%)

1 回乞だ, 春蘭だ, 金稜辺だの

▼ 蘭にも~ (3, 0.1%)

1 コステル以前に, 自治は, 與へたが

▼ 蘭に関する~ (3, 0.1%)

1 一章とだけ, 必要な, 記述から

▼ 蘭より~ (3, 0.1%)

1 大きいもの, 申立し, 購入

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

1 助か, 助杉太郎と, 助杉太郎の

▼ 蘭人達~ (3, 0.1%)

1 と取り引き, はあまりに, は日本酒

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

3 躯内外分合圖

▼ 蘭国王~ (3, 0.1%)

1 は軍艦, へ御, より

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

1 の向, は平, は引きあげ

▼ 蘭國旗~ (3, 0.1%)

1 をかかげ, を掲げず, を放棄

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

1 に命じ, に託する, の報ずる

▼ 蘭客屋~ (3, 0.1%)

2 の奥 1 を訪ねた

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

1 で拵, の滾る, はいよいよ

▼ 蘭得火太立旅館~ (3, 0.1%)

1 がそう, という物々しい, の老

▼ 蘭時計~ (3, 0.1%)

1 で無, と同じ, を手本

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

1 じゃございません, というお, を埋めた

▼ 蘭法華~ (3, 0.1%)

1 の丘, の丘陵等, の高台

▼ 蘭活字~ (3, 0.1%)

1 とで, に雜つて明らか, の少し

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

1 のフェルメエル, のリユウバンス, 学ぶは

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

1 のよう, の火影, 暗く室

▼ 蘭生れ~ (3, 0.1%)

1 で前身, のピアノ, の男

▼ 蘭甲比丹~ (3, 0.1%)

1 から具申, の, の將軍拜謁

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

1 の書物, の法式, を描き

▼ 蘭西小説~ (3, 0.1%)

2 の傳統 1 の事

▼ 蘭西文學~ (3, 0.1%)

1 に精進, の教授, の旺盛時代

▼ 蘭西近代~ (3, 0.1%)

1 の作家, の畫家, の畫家シャ

▼ 蘭西革命~ (3, 0.1%)

1 に對, の話, やルウソオ

▼ 蘭銀行券~ (3, 0.1%)

1 で支払わしめられるであろう, とのいずれ, を法貨

▼ 蘭陀画~ (3, 0.1%)

1 の影響, の感化, を模倣

▼ 蘭陀船~ (3, 0.1%)

1 が一艘碇泊, の絵, は向い風

▼ 蘭陀銅板画~ (3, 0.1%)

1 の模倣, よりヴェニス, を模倣

▼ 蘭陵王~ (3, 0.1%)

1 の着用, の面, を舞

▼ 蘭雷同~ (3, 0.1%)

2 の二将軍 1 の二将

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

1 がそれぞれ, が温室, も多く

▼ 蘭~ (3, 0.1%)

1 という名声嘖々, を焚い, を用意

▼ 蘭さんお前さん~ (2, 0.1%)

1 も迂闊, を見そめた

▼ 蘭すなわち~ (2, 0.1%)

1 蘭花と, 蘭花は

▼ 蘭である~ (2, 0.1%)

1 ことは, といわれる

▼ 蘭です~ (2, 0.1%)

1 ね六十年, よ

▼ 蘭とが~ (2, 0.1%)

1 二つ出来た, 赤貧な

▼ 蘭とは~ (2, 0.1%)

1 ちがった小川, どんなもの

▼ 蘭とも~ (2, 0.1%)

1 云ったから, 貿易を

▼ 蘭などの~ (2, 0.1%)

1 一党と, 人々だった

▼ 蘭などを~ (2, 0.1%)

1 植えるもの, 運んで

▼ 蘭においては~ (2, 0.1%)

1 結婚の, 農業に

▼ 蘭に対して~ (2, 0.1%)

1 弱味を, 秋蘭と

▼ 蘭ばかり~ (2, 0.1%)

1 描いて, 描くん

▼ 蘭ほど~ (2, 0.1%)

1 多額の, 貧民の

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 さだめて角, を愛し

▼ 蘭一人~ (2, 0.1%)

1 で沢山, の動き

▼ 蘭一派~ (2, 0.1%)

1 には幾らか, の行動

▼ 蘭人居留地~ (2, 0.1%)

1 があらわれた, へ出かけ

▼ 蘭人短命~ (2, 0.1%)

1 と云, より趣

▼ 蘭人英吉利人等~ (2, 0.1%)

1 に劣らなかった, に劣らなかつた

▼ 蘭傭船~ (2, 0.1%)

1 であつ, ではない

▼ 蘭労働者~ (2, 0.1%)

1 ではなく, と同じ

▼ 蘭印方面~ (2, 0.1%)

1 にし, へ日本雑貨

▼ 蘭商館長ヅーフ~ (2, 0.1%)

1 にとつて, の策謀

▼ 蘭四国~ (2, 0.1%)

1 の連合艦隊, を相手

▼ 蘭国境~ (2, 0.1%)

1 に向, へ直行

▼ 蘭土人~ (2, 0.1%)

1 だそう, であること

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 の水干, の直垂

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 からし, から聴いた

▼ 蘭坡和尚~ (2, 0.1%)

1 というの, という禅僧

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 通詞森山榮之, 通詞過

▼ 蘭女学校~ (2, 0.1%)

1 というの, に通学

▼ 蘭室幽香信女~ (2, 0.1%)

1 ではどう, と彫つ

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 がお上, のひらきました

▼ 蘭征戍~ (2, 0.1%)

2 の児

▼ 蘭政府~ (2, 0.1%)

1 から将軍政府, の實權

▼ 蘭文學~ (2, 0.1%)

1 に暗, への暗

▼ 蘭法医師~ (2, 0.1%)

1 ぐらいには見えるだろう, この人

▼ 蘭法醫~ (2, 0.1%)

1 などがある, の惠齋先生

▼ 蘭法附木~ (2, 0.1%)

1 で袂, の火

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 に開きたる, の浴

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 の大, の花瓶

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

2 と眺望

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 にはまだ, の渋い

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 に花, の花時

▼ 蘭老女~ (2, 0.1%)

1 が尋ね, は語った

▼ 蘭西作家~ (2, 0.1%)

1 の解決, は努力

▼ 蘭西料理~ (2, 0.1%)

1 こそ日本人, ださうだが

▼ 蘭西時刻~ (2, 0.1%)

1 の三點, は羅馬

▼ 蘭西等~ (2, 0.1%)

1 の外國語, の如く

▼ 蘭西美術~ (2, 0.1%)

1 の知識, を探

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 の書, を添え

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 などをも, を翻訳

▼ 蘭貢米~ (2, 0.1%)

1 である, の輸入

▼ 蘭~ (2, 0.1%)

1 こそ長崎出島, の大家

▼ 蘭陀加留多~ (2, 0.1%)

1 の手, の返礼

▼ 蘭陀語~ (2, 0.1%)

1 かと思った, はぺらぺら

▼ 蘭領インド~ (2, 0.1%)

1 では, の島

▼ 蘭香さん~ (2, 0.1%)

1 がおられた, は当時

▼1* [439件]

いかでかかく, 蘭うなづき承知致セし, 蘭まちと, 蘭おもと松棕櫚こんな物, 蘭かなんぞのように, 蘭からの緩慢な, 蘭くらひゐにしか, 蘭ことに野の, 蘭この五ヵ国と, 蘭が誰, 蘭さえその通商, 蘭さまばかりで, 蘭さんお前はこいつ, 蘭さん承知して, 蘭さん男はケチ, 蘭さん貴方小遣が入ります, 蘭しごきだよ, 蘭しごきでござります, 蘭しごきのくふうが, 蘭ぎごけ, 蘭そっくりだと, 蘭だったことに, 蘭だったら開墾されるだろう, 蘭だってスパイだろう, 蘭ちゃん俺らお前さんに餞別, 蘭ってそれや, 蘭であったならと思う, 蘭であれ江戸であれ, 蘭でなく竜之, 蘭といった感じが, 蘭といふ孝行息子が, 蘭とか岩山とか, 蘭とさえ逢って, 蘭とてまえは, 蘭など沢山植え, 蘭などがつくられて, 蘭ならばまさしく, 蘭なりまた瑞西, 蘭なる者が, 蘭において大いに研究, 蘭におけるよりも著しく低かった, 蘭にとって幸福な, 蘭に関し最近発表された, 蘭のみで年々四五十萬兩, 蘭ひとり吐く深山, 蘭への移住は, 蘭ほしさの改宗, 蘭め俺をここ, 蘭ものらしいので, 蘭これ蘭の, 蘭よりの移住民が, 蘭の率いる, 蘭わたりのびいどろの深き, 蘭アムステルダムの商人, 蘭インヴァネスの牧師屍光事件, 蘭エゴヨツドヽメ夏は白百合, 蘭グロジスクの町, 蘭コンシユル横浜ニ於て申立也, 蘭ダイヤエメラルド見切りて安く, 蘭トイヒ一幹数花ヲ薫トイフ, 蘭ト曰ヒ杜蘭ト曰フ皮ハ桂ニ似テ香シ, 蘭ト曰フ皮ハ桂ニ似テ香シ, 蘭在ルヤ, 蘭あむすてるだむニ, 蘭ハーレムの人コスター, 蘭ハーレム辺りの風俗, 蘭ハ林蘭ト曰ヒ杜蘭ト曰フ皮ハ桂ニ似テ香シ, 蘭ハ香シキヲ以テ, 蘭フランススウェーデンロシアプロシア及びアメリカ, 蘭ユウトラクト在なになに郡大字, 蘭ライデンの大学教授オンネス氏, 蘭ルビイ錫蘭ダイヤエメラルド見切りて安く, 蘭一州に限り, 蘭一株花の摘まれた, 蘭万年草などおし, 蘭両船へも持ち運ばれた, 蘭事務官は明年, 蘭二先生という軍人出, 蘭二流クラスはガルディニア, 蘭亜米利加貌利太尼西国民の儀, 蘭交唯有旧青山, 蘭亭さん日本語が出来ます, 蘭亭序だつて, 蘭人さへ用, 蘭人どもがわれわれ, 蘭人アウスより創る, 蘭人インデルモウルがあつ, 蘭人オットマン帝国の土耳古人, 蘭人ト為サザルベカラズコレ彼等ノ耐, 蘭人フアン・デン・ベルグ氏ノ, 蘭人フラウレンス・ヤンコ・コステルはドイツ, 蘭人フランシス・カロンの記, 蘭人ミニィル・ヴァン・デル・ヴェルドを相手, 蘭人ヤンコツクブロムホフ其國語に通ずる, 蘭人リンスコテンの, 蘭人二人の首, 蘭人伊太利人西班牙人等から成る, 蘭人屋敷で取った, 蘭人相手の商法, 蘭人等から有無, 蘭の小, 蘭任双の兵, 蘭と称する, 蘭伯爵もある, 蘭使節の軍艦, 蘭僧侶の学識, 蘭升は, 蘭全体につき計算, 蘭兩國人の接觸, 蘭共和国の今, 蘭と戦つて俘虜, 蘭出版の横文字, 蘭加奈陀諾威等の国人, 蘭化杉田玄白も耕牛, 蘭化翁長崎に往き, 蘭北部地方のある, 蘭医師高野長英が姓名, 蘭南部の労働者, 蘭印マレイから, 蘭印刷文字のかたはら, 蘭印刷界にのこる, 蘭印問題がわが国, 蘭印綿布輸出割当の件, 蘭印總督のこと, 蘭及葡萄牙人が長崎出島, 蘭古画の中, 蘭各所より近年移住, 蘭名アープ古ドイツ名アフォ等, 蘭名キンキナの転訛, 蘭名ラノンケルで通用, 蘭呉絽の帯, 蘭和対訳の二冊物, 蘭和蘭から普魯西, 蘭和蘭加奈陀諾威等の国人, 蘭和親条約は米, 蘭和辭書などと同じ, 蘭であるすなわち, 蘭商舘各一絶, 蘭商船の数, 蘭商館さへ事前, 蘭四カ国の聯合艦隊, 蘭四国公使に面接, 蘭四国連合艦隊の来襲, 蘭国公使館書記官ステッセル博士の請, 蘭國王の, 蘭土地主が所領地図, 蘭土系の詩人, 蘭土縞のワンピース, 蘭土製のアイス, 蘭在留中学び得たる航海術, 蘭にし, 蘭士大使館武官館以下西洋人の住宅, 蘭字活字買入の動機, 蘭字活版を購, 蘭字英字といえ, 蘭學事始の所傳, 蘭學事始めから百何十年, 蘭學創業の一人, 蘭學者たち杉田成卿箕作阮甫杉田玄端宇田川興齋木村軍太郎大鳥圭介松本弘庵など俊秀, 蘭學醫學數學武術としてあ, 蘭と号, 蘭察等共同樣之御答, 蘭寺院楽の諧律, 蘭対訳発音付の辞書一部二冊物, 蘭将軍雷同将軍なども加わっ, 蘭屋敷内に歐羅巴風, 蘭山上の巨木, 蘭山査子などの植木鉢, 蘭岩爪草などがポツポツ, 蘭のこと, 蘭州その他都賀庭鐘建部綾足といふやう, 蘭巡遊中で暫く, 蘭市場の変動, 蘭はとっ, 蘭広瀬から清内路, 蘭広瀬あたりから伊那, 蘭で飲んだ噴き, 蘭延命竹などとも称される, 蘭弁天がまたどう, 蘭弁天さまでも, 蘭のある, 蘭は別, 蘭したが, 蘭折衷式の城, 蘭描きの名人, 蘭摂政大臣に返復する, 蘭政府確と見究め, 蘭文典前後訳鍵二冊唐詩選掌故二冊, 蘭文字ともつかぬ, 蘭文学だか, 蘭文書を讀ん, 蘭文法書の, 蘭文飜訳は易い, 蘭というの, 蘭斎貞秀でこりゃ, 蘭斎貞秀画富士登山三枚続きの錦絵, 蘭新版の築城書, 蘭曰ク毛も長, 蘭更紗の腰巻, 蘭村柿其与川その他の木曾谷, 蘭条約による長崎, 蘭来り銀座から, 蘭東像立海牙城市中身起賤民成碩学応知翁亦一英雄, 蘭東北岸に沿い, 蘭東印度會社の根據地ジヤワ, 蘭東部に入る, 蘭という先生, 蘭栽培に劣らず, 蘭梅鉢草珍車虫取菫などが新, 蘭森力森坊の兄弟三人, 蘭様何も聞く, 蘭模様に刺繍, 蘭の外門, 蘭歴代治平の日, 蘭歴史の功勞者, 蘭殺しの下手人, 蘭殿はいい, 蘭のよう, 蘭比丘尼の詞, 蘭はそれ, 蘭氣新酌に添, 蘭氣茗氣酒氣藥氣といへ, 蘭沢山は未だ, 蘭法三徳具備高徳無双の拙, 蘭法医伊東玄朴の門人, 蘭法医小山内元洋, 蘭法医戸塚静海を藩医員, 蘭法砲術師範を置いた, 蘭法華アイヌ語の原名, 蘭法華トンネルの近く, 蘭法華高台のアフンルパ, 蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 蘭波蘭和蘭加奈陀諾威等の国人, 蘭渓上幾株の松, 蘭の赤酒, 蘭を解纜, 蘭溪上幾株松南北東西有幾峯買得住來今幾日尋常誰與坐從容, 蘭滞留中に奇談, 蘭燈仄かに点り, 蘭燈尚ほ微, 蘭燈影暗い二階座敷, 蘭燕尾香都梁香または千金草, 蘭の, 蘭版万国地図といふもの, 蘭版地図を取出し, 蘭物ぢやない, 蘭特有の利害, 蘭独逸瑞西を遊学, 蘭太人だ, 蘭獅子頭はもちろん, 蘭獨その他各國, 蘭王ウィルヘルム一世の碑, 蘭王兼阿郎月, 蘭王国は曾, 蘭王麾下の貴族たち, 蘭瑞典那威澳太利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 蘭瑞西波蘭瑞典那威澳太利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 蘭甲比丹ツンベルグはその, 蘭画幾何学的遠近法の応用, 蘭瘴烟万里同嘗艱難窓雪三冬具共研鑽, 蘭白耳義のごとき, 蘭白耳義普魯西各國, 蘭皐三番目が眞重, 蘭の, 蘭瞼細腰の羅, 蘭石松類等に奇物, 蘭科蕃茘枝科防已科などと成っ, 蘭に向っ, 蘭立山竜胆蔓苔桃麒麟草猩々袴鷺菅などがあり, 蘭竹二株の早春, 蘭竹梅菊にも各, 蘭三回は, 蘭等しく字を, 蘭簿の記入, 蘭米四ヶ国から幕府, 蘭を吸, 蘭経由で英吉利, 蘭結びを花, 蘭婦人の, 蘭に付し, 蘭舶中国海より玄海ニ出ルアリ, 蘭舶來の素晴らしい, 蘭船三艘である, 蘭船四五艘を数えた, 蘭艦一隻都合九隻の艦隊, 蘭艦隊を打倒し, 蘭艦隊打倒後でジヤワ, 蘭芝居の大, 蘭と一しょ, 蘭苔桃蔓苔桃が一面, 蘭英会話書を二冊買, 蘭英吉利の外舶, 蘭草牽牛花及瞿麦である, 蘭草花開たり, 蘭葡萄牙人顔色の青白い, 蘭薬流行であるよう, 蘭藤山吹牡丹芍薬と順々, 蘭藤武衛上乗院および肖柏等, 蘭藥草の種子, 蘭西あたりの少年, 蘭西のは其實位地, 蘭西ト露西亞ニシテ甲ノ徴兵國ガ乙, 蘭西ニ對スル愛國心ヲ, 蘭西中部地方出のシモネエ, 蘭西人さへプルウスト, 蘭西人つて奴は何, 蘭西人等に隨分競爭者, 蘭西共和國を模型, 蘭西其他の諸, 蘭西十九世紀末の頽唐派, 蘭西和蘭にも與へた, 蘭西土産には父さん, 蘭西好きな商人, 蘭西婦人は概して, 蘭西學に於ける, 蘭西學者は元, 蘭西岸の名港リバプール, 蘭西式にかならず, 蘭西式調練の小, 蘭西料理屋がある, 蘭西料理店だ, 蘭西新派の面影, 蘭西新聞には何, 蘭西新詩を以て嚆矢, 蘭西書籍十餘册を貸さる, 蘭西本や獨逸本, 蘭西機か高機, 蘭西流に演出, 蘭西浪漫派の大家バルザツク, 蘭西海岸の岩石内, 蘭西海軍ガ英國海軍ヲ, 蘭西特有の合理的, 蘭西獨逸等音に名高き, 蘭西的な方法, 蘭西窓を一ぱい, 蘭西製ノ手編ミノレース, 蘭西詩壇の新, 蘭西詩壇一部の極端派, 蘭西語英吉利語獨逸語と方々, 蘭西語譯を傍, 蘭西譯の中, 蘭西通信支社長のP氏, 蘭西革命小説經國美談三國志西遊記等の珍書, 蘭盆子紅や, 蘭の小歌, 蘭訳文を見る, 蘭誘拐の一切, 蘭語グロフグレンは粗, 蘭語ラテン語などの西洋文字, 蘭語七百余言を学び得, 蘭語以外の書物, 蘭語学に精通, 蘭語蘭文が分る, 蘭語訳付など外, 蘭語遺稿の翻訳, 蘭して, 蘭議会の承諾, 蘭護軍の韓浩, 蘭貧民法が論ぜられ, 蘭貧民法のより大, 蘭貴族よろしくの, 蘭貿易の黄金時代, 蘭貿易關係を改善, 蘭躑躅牡丹なぞは一時花, 蘭は秋, 蘭軍医メールデルホールトの指導, 蘭の知らなかつた, 蘭輪舞のよう, 蘭辞書の原書, 蘭帰ると, 蘭追加条約は嘉永六年以来, 蘭通市の便, 蘭通詞らがいかに, 蘭通詞共引受所持せるを, 蘭進献の種馬, 蘭の生活, 蘭の見なり, 蘭郁二郎氏の, 蘭醫ケンペルのこと, 蘭醫學を受け, 蘭銀蘭の花, 蘭銀蘭エゴヨツドヽメ夏は白百合, 蘭銀行その他すべての債務者, 蘭銀行三角州につき当った, 蘭銀行兌換停止中における貨幣価値, 蘭銀行支店で預金帳, 蘭銀貨が浪之進, 蘭鐵砲を賣込まれ, 蘭の尾鰭, 蘭陀げんげの匂, 蘭陀のは騒がなかつた, 蘭陀パイプを斜, 蘭陀伝来のくれ, 蘭陀佛蘭西の語, 蘭陀加留多三次たちのいかさま, 蘭陀十七世紀の絵画, 蘭陀型の靴, 蘭陀夕顔のかげ, 蘭陀天竺など南蛮諸州, 蘭陀屋敷御同心, 蘭陀山水画の感化, 蘭陀横丁の千坂桐代, 蘭陀横丁千坂桐代そう仰っし, 蘭陀毛織の抱桶, 蘭陀派及びフラマン派, 蘭陀皿の如き, 蘭陀眼鏡とかそんな, 蘭陀石竹のかげ, 蘭陀箪笥いろいろの, 蘭陀絵の影響, 蘭陀自鳴鐘取り, 蘭陀船模様の刺繍, 蘭陀茶碗南京の鉢, 蘭陀薄荷のしめり, 蘭陀開祖の心, 蘭陀青絵の鉢, 蘭陀靴はスポン, 蘭陀館の貴公子, 蘭雷同音に聞えた, 蘭領あたりの女, 蘭領アル島にほかならじ, 蘭領インドあたりの無数, 蘭領ギアナでもない, 蘭領ジャヴァの物産, 蘭領スマトラから乗船, 蘭領バタビア役員名簿英吉利日本対語ローマ字百人一首和蘭語訳付など外, 蘭領印度に運ぶ, 蘭領印度コロンビヤ比律賓アルゼンチンメキシコブラジルこれに若干, 蘭領印度地方に考, 蘭領印度軍隊の医官, 蘭類サボテン類などをはじめ, 蘭風説書を自分, 蘭と称し, 蘭館出入りの者, 蘭館宝素堂等の所蔵, 蘭館甲比丹たちから饗應, 蘭館長ヘンドリツク・ヅーフが本, 蘭馬超などがいつのまにか, 蘭の瀧登り