青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「藪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~薬 薬~ 藁~ 藍~ 藏~ 藝~ 藤~ 藤原~ 藤吉郎~ 藩~
藪~
藻~ 蘆~ 蘭~ 蘭軒~ ~虎 虎~ ~處 處~ 虚~ 虚偽~

「藪~」 3205, 35ppm, 3381位

▼ 藪~ (971, 30.3%)

100 中に 52 中へ 4442 中を 25 中から 24 中の 23 中で 1614 中には 13 ように 10 なかに, 方へ 9 間を 8 外へ, 蔭から 6 上に, 下を, 中や, 奥へ, 家へ, 竹の 5 なかへ, 中では, 前, 家では 4 ところで, なかで, 下に, 中は, 前に, 向うの, 崖に, 方から, 蔭に, 間から

3 [17件] かげから, かげに, そばの, なかから, ほうへ, 中が, 中でも, 中について, 中へは, 向うに, 奥に, 家, 方に, 間に, 間の, 陰から, 鶯この

2 [50件] あたりを, あの入口, あるの, ある所, かげで, したに, そばに, ために, ところへ, ところまで, なかの, なかへは, なかを, ような, 上にと, 上へ, 下で, 下の, 下萌, 中しつ, 中である, 中です, 中にも, 側を, 入口で, 入口に, 内, 処に, 前で, 前の, 前へ, 外には, 多い封建時代, 奥で, 小蔭の, 根が, 椿の, 白虎, 空には, 竹が, 竹を, 細道であった, 茂みの, 蔭の, 蔭は, 蔭へ, 蔭や, 蔭を, 陰に, 高い空

1 [326件] あかつき雨や, あたりで, あたりは, あちこちに, あちらこちらに, あつた, あの奥, あの奧, あること, あるところ, あるやう, あるよう, ある家, ある曲りくねった細道, ある枝, ある横丁, ある町中, ある部屋, ある門, うしろに, うちに, うちは, かげからは, かげでは, かげでも, かげの, かげを, かすかな, かたわらに, かわりにゃ, きわや, こっち側に, こんもりした, ごとくであるゆえ, ざわざわと, しづかさが, しづも, しづもり, すぐ下, すぐ向側, そとから, そばで, そばなんぞを, そばを, ただ中に, たらの木の, たらの木は, とある細道, とこぐらいに, ところどころから, ところに, なかや, なか曼珠沙華の, においを, はじの, はずれに, ひからびた繁み, ひどい所, へんで, ほとり, ほとりに, ほの暗い光り, ま, むかうまで, むこうに, やうな, やうに, ようだった, ようで, ようである, ようにも, ガサガサする, ガラスの, 一家族は, 一角が, 一部と, 一隅に, 上から, 上が, 上には, 上の, 上や, 上急斜面で, 下から, 下は, 下道, 丘を, 中からは, 中でだけ, 中と, 中とは, 中などで, 中などに, 中につき, 中にて, 中ばかり, 中へも, 中まで, 中も, 中より, 中よりは, 中をと, 中をの, 中央なら, 中或は, 中飯食い地蔵の, 中香, 他に, 側で, 側の, 側や, 傍へ, 先は, 先生それを, 光秀様と, 入口まで, 内と, 内に, 内の, 内まで, 円丘の, 写真図が, 出はずれの, 出口で, 前だの, 前など, 前にわ, 前まで, 前を, 前祠の, 匂いを, 原が, 原に, 名所だろう, 向うだす, 向うでは, 向うも, 向こうで, 向こうに, 向こうの, 向こう側から, 向も, 向側に, 向側へ, 向方の, 垣から, 域を, 壁を, 声, 外から, 外で, 外に, 外にも, 外れの, 外道とも, 多いこの小さな, 多い山, 多い崖一つ, 多い村落, 多い村里, 多い田舎道, 多い見る, 夜は, 奥から, 奥の, 奧の, 奧へ, 奧へは, 如きは, 姉様であった, 姿である, 字の, 実生以来生き, 家を, 密生で, 小すみれ, 小枝, 小路に, 小路を, 小道には, 山路に, 崖を, 崖子供飛びをり鳥の, 崖道の, 幾本目の, 底に, 底まで, 底を, 影, 影に, 彼方にも, 彼方を, 後に, 後ろに, 急斜面を, 戦ぎと, 戦ぎに, 所から, 所が, 所で, 所へ, 手入れに, 手前と, 技け, 抜け道を, 抵抗を, 持主から, 揺れて, 方が, 方で, 方を, 明ける音, 春, 景色を, 暗がりから, 暗みへ, 曲がり道, 月あかりかげる, 月夜の, 枯れ葉が, 枯凋し, 柔かい嫩枝, 根を, 梢に, 横から, 横の, 横は, 横へ, 横まで, 横を, 横町の, 横町へ, 武蔵との, 水, 池寒鮒釣の, 深いところ, 深い奥手, 深い様子, 深い闇, 湯は, 湯を, 片わき, 片端などに, 畑の, 畔へ, 白狐とやらが, 眞晝は, 真った, 真ん中が, 真ん中で, 真中に, 秀が, 穂に, 穂の, 穴から, 窪へ, 立ち思案に, 端や, 竹葉相触れ, 筍が, 細道には, 細道の, 緑に, 繁った丘, 繁みで, 繁み水面に, 繁りも, 美しさ, 美を, 背後から, 色柿紅葉芋の, 花, 茂って, 茂つてゐる, 茂みから, 茂みが, 茂みであった, 茂みに, 草の, 菎蒻菫など, 葉もれに, 蔭などから, 蔭などに, 蔭まで, 薙ぎたてるよう, 蜘蛛の, 裏に, 裏の, 裏は, 裾を, 角で, 趣きを, 跡に, 辛夷の, 辺りで, 近くに, 近所で, 迷路が, 迷路も, 迷路を, 道の, 道を, 重なり合った闇, 間々には, 間などから, 間へ, 間や, 闇, 陰で, 陰といった, 陰にも, 陰の, 陰へ, 陰や, 隅の, 隙間から, 際に, 雀の, 雪が, 雪を, 音が, 音まで, 音を, 騒, 鳥渡途絶えた世離れた, 麦と

▼ 藪~ (226, 7.1%)

11 分けて 6 出て 4 くぐって 3 かき分けて, つついて, 叩いて, 背に, 通って

2 [19件] かき分けながら, くぐつて, こいで, さまよ, ほそくと, まはっ, 分けたらばと, 切り開いて, 後に, 後ろに, 押し分けながら, 押分けて, 渉って, 漏る月夜, 眺めて, 突つい, 突切って, 見て, 見ては

1 [152件] あやしく隈, あるけば, いうこと, うしろに, かきわけて, かきわけながら, かけた集り勢, かぶった太, きり拓い, くぐりながら, くぐり木立, くぐるよう, こいだり, こんもり繁らした, ざわ, すかして, すべり下り存外, すり抜けて, そがひに, たたきつつ, なぐって, なして, ぬけて, ふみ渡る段取り, へだて折柄, まわって, むちやくちやにかきわけながらでこでこな灌木の, めぐらしまた, もちかなり, もれて, わけて, わたるあり, 一叢隔て, 一目眺めたかった, 下る時, 伏見屋へ, 伐りはらったり, 伐り林, 伝って, 伸びあがり若竹, 作つた家の, 出した形, 出でて, 出ぬ間, 出ました, 出ると, 分け遮る木立ち, 切り拓いた, 切ると, 刈って, 吹きざわめかせる季節はずれ, 回って, 回りて, 巡って, 巡りいずこ, 巡り一個, 巡り建物, 常くぐり, 廻り木立ち, 廻ると, 弓形に, 心当に, 念入りに, 想像し, 截って, 抜けながら, 抜け九品仏道, 押し倒すよう, 押し分けじめじめ, 押し分けて, 押分けたり, 押分けなければ, 押分けるよう, 押分け五時間, 押分け潜り抜けて, 拓き野菜, 拵えましたって, 指さして, 指さすの, 指した, 捜して, 探して, 掻きわけがさがさ, 掻き分けて, 掻き別け茨, 搜し, 教えて, 日向守や, 有つ, 木伝ひ, 東に, 検せし一切, 横切るの, 洩れて, 漏る蒼空, 潜って, 潜っても, 潜り抜け急峻, 潜り木立, 潜り木立ち, 潜り裏手, 潮騒の, 濳ぐる苦し, 濳って, 焼いて, 燒きし時, 白く光らせ, 百坪乃至, 目あてに, 目に, 突いて, 突き進むが, 突付い, 突切っ, 突抜けて, 背つた家の, 背戸に, 背負つて虚空を, 見ながら, 見まいと, 見まわした, 見るの, 見張らせて, 見込んだこと, 見込んで, 覗き松の, 負うて, 越えて, 越え谷, 跨ぐと, 踏みこえると, 透して, 這つ, 通ったらどんなに, 通り抜けて, 通り草むら, 通抜け, 過ぎて, 遠くから, 選べとか, 避け左門, 開いて, 開きたる跡, 隔てて, 隙か, 隙し, 離れたと, 雲の, 飛びだした, 飛び越え森, 駆けぬけて, 騒がした

▼ 藪~ (201, 6.3%)

11 なって 4 して 3 なつて 2 おつかぶされ, さら, しぶくよう, 向って, 囲まれて, 投げたり, 添って, 霰が

1 [167件] あった木, あつた, あろうが, あわて, いちに, おること, かかって, かかる頃, かくして出かけた, かこまれた藁屋根, かこまれながら, かこまれ荒廃, くっついて, さく, したり, しむ, そっくりだ, たかつて, たなびく夕靄, ちかいもの, つづいた外, つづいて, なったと, なったところ, なったり, なった広場, なつた, なりそう, なるし, はくぬぎ, ひびいて, ぶら下, スズメが, ストレーカの, ブラ下つて日の, 一千万本竹あり, 一弾が, 一本も, 並んで, 人家の, 人間や, 仕切られて, 仕掛けて, 伏勢を, 位ひした, 住み坊主, 何やら物音人, 來て, 侵入せり, 倒れて, 偏つて流る, 傾くまで, 入って, 入り込んだの, 入り込んで, 入る, 入れり, 切れ目が, 動いた, 包まれて, 化けて, 取り囲まれて, 名残の, 向かって, 吹入る, 呆れ返って, 咲く椿, 囲まれたその, 囲まれた一つ家, 囲まれた中, 囲まれた小さな, 囲まれた山里, 囲まれた空地, 囲まれ雑草, 埋まって, 埋められて, 埋もれた巨, 埋れて, 墓ばかりは, 夕日の, 夕陽が, 姿を, 寝た, 寸断され, 常に棄てた, 引っ掛って, 引つ掛つて, 引掛つてゐた, 我入りに, 戸を, 戻しな, 戻って, 投り込ん, 捨て骨, 接した芝生, 接した長, 描きながら, 散在し, 数赤き, 暮しつ, 来かかる我, 棄てられて, 永久に, 沈み樹蔭, 沿うた坂, 沿うて, 注がれて, 消えて, 添うて, 潜り込む, 潜り込んで, 澤山ある, 熊か, 熟れて, 生える蕗の薹, 突き当り急, 突き進んで, 笹鳴きの, 籠って, 続いた一方, 緑の, 老を, 育った竹, 育てて, 舞ひ, 花なぞ, 若い女, 茱萸の, 落ちそめ, 落ち込み凧絲, 蔽われて, 蚊帳を, 蝮が, 行きました, 行って, 變つてゐる, 赤み恋しき, 赴けり, 蹲む癖の, 躍蒐, 近い土藏, 近づきました, 近づきます, 迫って, 迫め騷が, 迫り遮二無二, 迷い込んで, 逃げ入りて, 逃げ込みごろつき, 逃げ込めとか, 逃げ込んだ, 這入ると, 避難し, 鄰れる住み, 降りて, 降る雨, 隠されて, 隠れた彼, 隠れた者, 隠れて, 雪の, 風の, 飛び込んだけったい, 鳴きたてて, 鳴く鶯, 鶯が, 麻布の

▼ 藪から~ (181, 5.6%)

67 棒に 19 棒の 7 出て 4 棒で 3 棒を 2 しが, しの, 伐って, 棒な, 槍を

1 [71件] うちの, おどり出ては, こそこそ這, さし出る, さらにずっと山裾, しや, すいすいした, するすると, ぬっくり, ひょいと豆絞り, ひよい, ソッと, パチパチと, 一本の, 一輪切っ, 三つ目小僧が, 上は, 並木へ, 乗り出した冬青, 二本の, 出ては, 出るな, 切って, 半身を, 声を, 大粒の, 大虎, 大蛇が, 小さなしの, 拾つた, 提灯逆上せる, 揚羽の, 数歩の, 時鳥が, 木立へ, 木虱が, 村へ, 棒が, 棒この世に, 棒だ, 棒でなく, 棒では, 棒という, 棒にか, 棒には, 棒気が, 毎年大金が, 池の, 田圃へと, 眼を, 竹の, 笠と, 藪へ, 藪へと, 蚊帳を, 蛇の, 蛇みたいな, 蟇が, 谷を, 走り出したムク, 這い出した男, 道へ, 遠くない, 野菊や, 鍋へ, 長久保宇治が, 雪の, 顔なんか, 駈けて, 鶯が, 鶯の

▼ 藪~ (178, 5.6%)

15 ある 11 あって 4 あった 3 あったり, あつて, 深いので, 繁って 2 あつた, あり水田, ざわめいて, ひどい, ひどいか, ひどいから, 一面に, 続いて, 近く蚊

1 [118件] あちこちに, あったが, あつたり, あらわに, ありました, ありまして, ありますので, ありザワザワ, あり竹藪, あり麦畑, あるだけ, あるという, あるといふ, あるので, あるばかり, あるよう, あるん, あんなに茂っ, いいぞよ, うごき石, かすかに, かぶさって, かぶさり板屋根, がさがさ鳴つ, けむりの, ございまして, さむうゆれだした, さやさやと, ざわめく, しきりにザワザワ, そこと, その上, その下, そよいで, たくさん出来, ちらつと光つた, ついそこ, つづいて, にわかにガサガサ, はげしく音, ひどいの, ひどくなる, ひどく夏道通り, ひどく尾根, カサカサと, カサカサ云ひました, ガサ, ガサと, ザワザワと, パッと, 一きわ烈しく, 一時に, 五十坪ほど, 伐り払われると, 便所の, 出現しよう, 出現する, 分譲と, 十丈の, 垣の, 多いせゐ, 多いので, 多いん, 多かつ, 多くなっ, 多くよく, 多く楽, 始まるけれども, 家の, 屏風を, 左右を, 建仁寺だ, 掩いかぶっ, 時々にが, 木立ちの薄い, 杜絶える, 枯れだしたので, 枯れるため, 深い, 深いかも, 深いもの, 深かろう, 深く茂つて, 焼けて, 物凄きまで, 現れる畑, 甚しく, 生い茂って, 生え, 疑問です, 白く光る, 百坪ばかり, 直ぐ両側, 眼前に, 空へ, 立って, 経帷子を, 美しいだろう, 茂って, 茂つてゐた, 蒼々と, 装置し, 見えた, 見えだすと, 見えるそれ, 見えるという, 見える其, 見え西, 身を, 連つてゐる, 長い手, 陰気に, 隣の, 飛び散って, 騒々しい, 高くなり, 鳴った, 鳴り騒いだ

▼ 藪~ (87, 2.7%)

4 のよう 3 の棲み 2 が出, が朝夕, に責められ, のうなり, の多い, も案外, を袖, を防ぐ

1 [64件] いまだ来らず, かな, があつ, がうなっ, がとき, がひどう, がますます, がやたら, がツーンツーン, が一, が一匹血, が人, が刺したらしい, が四方, が塀, が多い, が彼等, が来襲, が沢山, が発生, が立ち, が群棲, こそ現れ, だと, ですから, で子供, とた, と戦い, と毒虫, と油虫, にくん, にさされる, には困る, には彼, に刺され, に攻められ, に襲われる, に食われ, のお, のかゆ, のそれ, のにく, の唸り声, の唸る, の声, の多かっ, の棲家, の群, の苦しみ, の襲い来る, は, はよほど, は下, は刺す, は居ります, は素っ裸, よりは我慢, をうち, をうつ, をころし, をキズ, を叩く, を経, を追い

▼ 藪~ (74, 2.3%)

4 あった 2 一ばんの, 赤いの

1 [66件] あったか, あったから, あった換言, あつた, あつたの, あつたり, あるから, ある上, いくつ燈籠を, がらがらと, これを, ござい, さえずって, しずれる雪, そつと, その向う, その腕っ節, その落葉, やぶうぐひす, 一面に, 三角点の, 下に, 今年最初の, 住居を, 兵馬は, 唸って, 啼いて, 囲われて, 塞いで, 太竹の, 妻の, 寒いほど, 小鳥が, 形ばかりの, 悪戯を, 意外に, 捕われた鶯, 日が, 昼だに, 時折眼白が, 椿の, 機織る, 氣の, 済む, 無数の, 狐が, 狐や, 生捕った, 生捕りました, 生捕りましたる, 生木の, 竹から, 竹槍の, 筍に, 葡萄を, 見付けたんで, 赤いは, 赤い椿, 軍鶏の, 道の, 鉦たたく, 隨分酷い, 雀共が, 雪を, 鳴きはじめました, 鶲が

▼ 藪~ (60, 1.9%)

3 行って 2 はいって, 持って, 這いこんで

1 [51件] いって, かかったが, かけて, ごろすけ, つけこんでは, とびこむと, はいった, まわって, もぐり込んで, わけ入った, わけ入ったり, われより, ドサリと, 七月竹を, 三郎だの, 入って, 入ってから, 大きな眸, 小屋が, 川から, 帰されても, 帰った, 引いて, 引きずりこんで, 往った, 戻しとこ, 捨てて, 探しに, 来る風の音, 案内し, 潜り込もうと, 物, 猫みたいに, 登る壊れた石段, 立ち退いた, 落下した, 薬が, 藪から, 行こうと, 行つて首を, 身を, 逃げこんで, 逃げ込んだと, 連れて, 野獣の, 隠れるとともに, 非人小屋を, 飛びこんだな, 飛んだという, 飛んで, 駈け入った堀与次郎

▼ 藪~ (55, 1.7%)

3 古池などが, 林が 2 坂の, 木立の, 木立や, 菫さく辺の, 雑木林の

1 [39件] ありとあらゆる物, 何かも, 同心屋敷の, 小さな赤松, 小丘, 小川や, 山畑の, 庭の, 曠野や, 書物の, 木立を, 木蔭に, 木蔭や, 杉林の, 松の, 松林の, 林は, 林へ, 水に, 河原に, 灌木が, 玉蜀黍の, 田畑ばかり, 竹林や, 絶壁が, 背戸田に, 茨が, 茨の, 茶畑や, 茶畑桜や, 草原なども, 草叢が, 荒れた畑地, 葦祝町近くの, 表の, 角の, 貧乏な, 野原の, 雑木を

▼ 藪~ (55, 1.7%)

2 と申す

1 [53件] がここ, がとたんに, が一案, が出, だぞ, とあと, という奇怪, という武家, といった武家, とかいう手先, とは何者, とよび, と共に果てなく, と采女, どのもう, にすすめた, に供, に従い, に申しつけ, に采女, のあいだ, の前, の次, の顔, の馴れ合い, は, はいかにも, はすぐ, はそう, はそこ, はつと, はまた, はやわらか, は一応, は口, は心, は思うつぼ, は智者, は楽翁, は次, は祝儀, は膝, は言外, は部屋, は采女, は離室, もお, もぴたと, も懇ろ, も戯れ, も追いかけた, をすぐ, を前

▼ 藪~ (54, 1.7%)

3 ないと 2 まだ暮れ, 不相変, 何時か, 汝の, 父の, 薙ぎ倒され逃げて

1 [39件] あっても, あつて, あるが, あるけれども, お寺の, この不都合, しぐれる郵便受函, しばらくの, そこで, その鉄門, そよとの, ちと気, ひつそりとして, まさに秋風, まだ蟄伏, みなこんな, 一日々, 乱されて, 乱され格闘, 乱れて, 乱伐の, 低かった, 大きくなっ, 大変みごとだ, 少しも, 少時の間, 尽きて, 折からの, 折りからの, 有つて, 白い重荷, 約一畝歩, 自然の, 藪なりに, 間口四五間の, 陰気に, 雀の, 風が, 黒ずみ湿り棘立ちおののい

▼ 藪~ (45, 1.4%)

1 [45件] ある小綺麗, いつくしく見ゆ, いつた方, いひて, この陽気, こんがらかった灌木, さうし, すこしは, すももの, そうし, なって, なつた, なつて, なりあるいは, やぶれた竹垣, 並行に, 云うの, 仮橋の, 小径の, 山茶花と, 岩角を, 往来からは, 御堂の, 木の根を, 木立に, 杉の, 杭に, 林と, 桃畑でなければ, 槻の, 水との, 水辺の, 瀬を, 火山塊との, 牛蝨に, 知って, 芝の, 草叢と, 藪, 藪の, 赤土の, 農家の, 雑草を, 雨の, 麦畑で

▼ 藪~ (45, 1.4%)

6 畠も 2 椿も, 畑も

1 [35件] あった頃, あつた, ありません, あるには, すっかり倒し, そのままに, ない, なくなって, ぼんやりけむっ, よく見える, 一つの, 一足飛に, 亦騒い, 何も, 切り開いて, 寢た, 小庭, 少なく愉快, 少なく素敵, 川波も, 左程, 林も, 樹木も, 段々も, 気に, 溝も, 狸などは, 終りに, 耕地も, 草原も, 見渡す限り, 近来とみに, 非常に, 風に, 鳴って

▼ 藪~ (42, 1.3%)

11 になる 63 だと, の結果

1 [19件] かも知れない, じゃ見込まれた, だから, だぜ, だよ, であった, でございます, ですからね, としか見えなかつた, になった, になつ, にならない, になります, に終った, のお, の一件, の危険, の形, はよし

▼ 藪入り~ (41, 1.3%)

2 の娘, の時, の観客

1 [35件] その習慣, だから, でうろつきまわっ, では, で商売, との関聯, と奉公人出替り, なんかでもどった, なんて丸の内, にはおあ, にはかならず, に出, に固定, に在所, に子, のねる, の一条件, の丁稚, の事, の値安興行, の前, の小僧たち, の小僧ら, の少女, の少年, の日, の起り, の閻魔詣で, はある, は単なる, も上元, も過ぎた, を一つ, を歌う, を雨

▼ 藪~ (41, 1.3%)

2 から出

1 [39件] からプツーリ繰出し, から男女, から老, から飛び出し, から飛び立つた, である, で何者, で出産, で啼い, で小鳥, にお, には南瓜, にも石, に危き命, に咲き誇つ, に小さい, に消え, に淋しく, に細い, に置い, に荒筵一枚, に躍り入った, に身, のところ, の友, の砂土帯, の草, の草庵, の角, の路, へ投, へ担ぎ, へ潜り込み, へ身, や蔦, を通り墓地, を選ん, を飛出す, 安下宿

▼ 藪医者~ (40, 1.2%)

1 [40件] あがりが, が玄関, が飛ん, じゃ, だ, だった, であつ, であるの, である事, でしかも, でない医者, では, でもこの, といふ, とは何, と極, などと莫迦, ならともかく, なんか沢山, にかかっ, にだって容易, に何, に用, のよう, の名, の奴, の方, の珍斎, の真似, の薬, の青眼爺, はおふくろ, は匙, は怪しから, は気つけ, は藪医者, をやっ, を召捕れっ, を御, 然たる

▼ 藪柑子~ (40, 1.2%)

4 の實, をかい 2 がすき, はもう, は春秋, を描く

1 [24件] さては南天, だかと, で赤い, と共に, にとりつかれた, のあ, のつ, のみ精進, のやう, の姿, の実, の実に, の由來, の赤い, の輝く, は私, は色彩, ぽつ, もさびしがりやの実, を奉書, を極彩色, を添へた, 物語りに, 物語りにも

▼ 藪かげ~ (31, 1.0%)

2 に生え, の隣, ほつと

1 [25件] あた, だった, で乱闘, で椿, にあかき, にあっ, にあつ, にある, にかくれ, にそれ, に一株, に名ばかり, に夜露, に待ちかまえ, に思うさま, に足, に身, に隠れ, のこみち, の一輪, の吾が, へはいり, へ寝ころん, ほの, をのぞき込み

▼ 藪~ (31, 1.0%)

3 の声 2 も啼き

1 [26件] が, がささやか, がしきりに, がチヽ, が一羽二羽, が啼き止んだ, が木の間, が美しい, が鳴い, が鳴く, だつて三, では啼かない, でも来た, と飼った, なぞ小鳥, のよう, のホーホケキョ, の初音, の汚い, の笹啼, の雛, の音, の響, は時, も, 早くも

▼ 藪椿~ (29, 0.9%)

2 のよう, もう落ち, を活ける

1 [23件] がいよ, がもう, が多い, しかなかつた, たつた一輪, ですけれど, とは対蹠的, のうつくし, のつ, の三つ四つ, の堅き, の壺, の端正, はつい, は好き, ひらいては, ぽつ, をくれた, を一枝折, を一輪, を藪中, を見つけた, 咲いては

▼ 藪睨み~ (29, 0.9%)

3 のよう, の眼 2 ですね

1 [21件] から惚れられた, じゃア買手, だったの, でその, でどうしても, で左, で音痴, で額, な批評家, な白い, にし, には変りなかつた, のお, の当て, の怨み, の感嘆, の気味, の氣味, の涼しい, は藪睨み, らしい女房

▼ 藪~ (27, 0.8%)

3 と閻魔, の寝る 2 の句, の日

1 [17件] がある, がございます, がゲンゾ, して, で休暇, などは勿論, に新橋, に行く, のまたい, の夢, の季題, の昼寝, の田舎, や, やよそ目, や母, 姿の

▼ 藪~ (27, 0.8%)

4 の叔母 2 のすそ, の加藤, の加藤弾正, の加藤殿

1 [15件] であった, である, という丘, に住ん, のこの, のやしき, の加藤弾正どの, の加藤清忠様, の叔母さん, の叔父さん, の家, の絶壁, の裏, は永代, もつかわそう

▼ 藪~ (24, 0.7%)

3 の中 2 の方

1 [19件] からヒラリ, から出, から灯火, だの, であろうとも, で唄い出した, と渓谷, なの, に向, に残り, のおそろしい, のなか, の上, の木の間, へ届かない, へ消え, を分け, を越え, を越えた

▼ 藪~ (24, 0.7%)

2 の中, は打

1 [20件] から手下, から植込, があっ, があった, が茂っ, で, での出来事, で初夏, になっ, のよう, の上, の前, の如き, の屏風, の蔭, まで私めお送り, や森, や高, を廓, を押破つて

▼ 藪~ (19, 0.6%)

4 たみに, たみの 3 たみが 1 か林, たみと, たみな, たみザザザザッという, たみ目がけ, と思う, な, 破竹か

▼ 藪には~ (17, 0.5%)

3 いって

1 [14件] ひつて, ひる径, 今藪鶯, 土橋を, 小さな瓢箪, 山吹らしい, 朝露が, 烏瓜あまた下りたり, 男竹が, 苦しめられるが, 薄い夕日, 蟾蜍の, 赤い椿, 鶯の

▼ 藪~ (17, 0.5%)

2 にね, の黒鶫

1 [13件] からその, からまたも, から一人, から小石, から提琴, で真黒, などに顔, にて他, に憩, に蹲, のおどろ, の特等席, の路

▼ 藪さん~ (16, 0.5%)

2 が好き, はよく

1 [12件] があたし, がやつ, が来, ちへ, に会, の来, の自殺, の顔, は単純, は来, をつれ, を泊めません

▼ 藪~ (14, 0.4%)

2 に発見, の椿 1 に三足, に匿, に多き, に放り込ん, に棲み, に落ちたる, の溜り水, の石, の筍, へ埋めず

▼ 藪知らず~ (14, 0.4%)

1 [14件] だが, でどこ, でリュウマチ, で路, とか云った, にふけり没し, に迷いこんだ, のよう, の抜け道, の拔, の見世物, の際し, へ踏みこんだ, へ這入った

▼ 藪~ (9, 0.3%)

2 の方 1 なる藤豆, の側, の脇, の間, をむこう, を結いめぐらし, を躍りこえ

▼ 藪殿~ (9, 0.3%)

21 お邸, が得意, で, に相違, よいもの, を見習う, 実はな

▼ 藪蕎麦~ (9, 0.3%)

1 か, が天神さん, が近い, だよ, である, の灯火, へ誘う, もある, や向

▼ 藪にも~ (8, 0.2%)

2 畠にも 1 こうの, 涼しい虫, 無数の, 無數, 縁が, 虫の

▼ 藪医術~ (8, 0.2%)

2 にあらず 1 とは外科, と言, の本源, の犠牲, はいか, を以てし

▼ 藪紋太郎~ (8, 0.2%)

2 である 1 が化鳥, には間違い, は実, は邸, は酷く, 実は道

▼ 藪でも~ (7, 0.2%)

2 あれば 1 こちと, つきぬけられました, 山坂でも, 歩いて, 長者町の

▼ 藪~ (7, 0.2%)

1 でゴソゴソ, に潜ん, の小さな, の草, へ隠れました, や夜風, を吹きすぎ

▼ 藪~ (7, 0.2%)

2 の前 1 にはいっ, に近づい, のまえ, の中, の外

▼ 藪まで~ (6, 0.2%)

1 で後, 子供たちを, 来ないうち, 来ました, 突き通して, 見えます

▼ 藪小路~ (6, 0.2%)

4 当太郎 1 さらに花木町緑町, に突き入っ

▼ 藪~ (6, 0.2%)

1 でぶつかった, へと突き出した, をくぐり抜け, をぐんぐん, を掻き分け, を歩み

▼ 藪からは~ (5, 0.2%)

1 きれいな, 一本の, 勿論笛, 深い杉, 終日朗かな

▼ 藪しらず~ (5, 0.2%)

2 というの, のよう 1 がある

▼ 藪~ (5, 0.2%)

1 郷, 郷いったい, 郷下り松, 郷下り松の, 郷下り松一乗寺址の

▼ 藪~ (5, 0.2%)

1 という林, といふ林, に入らず, に分け入り, に適し

▼ 藪鶯氏~ (5, 0.2%)

1 から聞い, の外, は兼, は氏, よりも先

▼ 藪うぐいす~ (4, 0.1%)

1 か籠, のなく, の鳴き, も啼き

▼ 藪そば~ (4, 0.1%)

1 による, へ曲る, も古い, や梅月

▼ 藪だの~ (4, 0.1%)

1 墓だ, 松林だの, 畑だ, 露地の

▼ 藪では~ (4, 0.1%)

1 ないん, なかった, 往復二時間は, 柑子が

▼ 藪などが~ (4, 0.1%)

1 その向う, 沢山に, 生々しい緑, 見える

▼ 藪にと~ (4, 0.1%)

4 まつて

▼ 藪~ (4, 0.1%)

2 だな 1 でも相応, は殺し

▼ 藪~ (4, 0.1%)

3 の花 1 の交

▼ 藪~ (4, 0.1%)

1 して, であった, で気, の視線

▼ 藪~ (4, 0.1%)

2 の咲い 1 のひらい, の花

▼ 藪越し~ (4, 0.1%)

1 に浪, に私, に隣, はなす

▼ 藪醫者~ (4, 0.1%)

1 とも懇意, なの, になつ, に診せ

▼ 藪~ (4, 0.1%)

1 のよう, の一羽, また吹かれ還る, も軒雀

▼ 藪~ (4, 0.1%)

1 がさわがしく, にざわつき, のふきぬけ, の水仙

▼ 藪という~ (3, 0.1%)

1 旗本の, 村にも, 藪林という

▼ 藪ばかりが~ (3, 0.1%)

1 多いあの, 続いて, 黒い

▼ 藪ばかりの~ (3, 0.1%)

1 ところだ, 上に, 里に

▼ 藪より~ (3, 0.1%)

1 来たる, 猛然と, 竹切来り

▼ 藪ッ蚊~ (3, 0.1%)

1 があなた, とはこの, も出ず

▼ 藪入り連中~ (3, 0.1%)

1 ということ, をあて込み, を相手

▼ 藪~ (3, 0.1%)

1 のいぶせき, の縁, や筍月夜時鳥

▼ 藪小路ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅうりん~ (3, 0.1%)

3 丸しゅうりん

▼ 藪~ (3, 0.1%)

1 には空色, へつけた, へ着いた

▼ 藪柑子パイポパイポパイポ~ (3, 0.1%)

3 のシューリンガン

▼ 藪潜り~ (3, 0.1%)

1 にかけては魚, の困難, をし

▼ 藪畳み~ (3, 0.1%)

1 で一方, へ潜らし, 舞台前は

▼ 藪あり~ (2, 0.1%)

1 蓋し土地, 酒屋ありき

▼ 藪かげ藪蘭~ (2, 0.1%)

1 のひらい, の咲い

▼ 藪からでも~ (2, 0.1%)

1 垣からでも, 捕って

▼ 藪~ (2, 0.1%)

2

▼ 藪~ (2, 0.1%)

1 蚊か, 蚊だ

▼ 藪つづき~ (2, 0.1%)

1 から飛びだす, になっ

▼ 藪であろう~ (2, 0.1%)

1 けれども見懸け, とも雪

▼ 藪とを~ (2, 0.1%)

1 残して, 田と

▼ 藪なぞ~ (2, 0.1%)

1 が多く, はまるで

▼ 藪について~ (2, 0.1%)

1 出て, 曲る時

▼ 藪ばかり~ (2, 0.1%)

1 見えて, 見える田舎

▼ 藪へでも~ (2, 0.1%)

1 捨てて, 捨ては

▼ 藪へと~ (2, 0.1%)

1 走った, 飛び廻って

▼ 藪一つ~ (2, 0.1%)

1 隔たって, 隔たつて

▼ 藪~ (2, 0.1%)

2 りの

▼ 藪仙人~ (2, 0.1%)

1 と今一つ, も笑つて

▼ 藪入り前~ (2, 0.1%)

1 の十四日, をここ

▼ 藪~ (2, 0.1%)

1 も構わず掻きわけ, を背

▼ 藪~ (2, 0.1%)

2 は八

▼ 藪~ (2, 0.1%)

1 の風, を巡り

▼ 藪探索~ (2, 0.1%)

2 がはじまる

▼ 藪~ (2, 0.1%)

1 しの, しを

▼ 藪~ (2, 0.1%)

1 の実, の花

▼ 藪椿いつ~ (2, 0.1%)

1 までも咲き, までも咲く

▼ 藪~ (2, 0.1%)

1 で, とあっ

▼ 藪~ (2, 0.1%)

1 お下りなされ, ちょっとご覧

▼ 藪~ (2, 0.1%)

1 に宣伝, に潜める

▼ 藪~ (2, 0.1%)

2 の非

▼ 藪華曼~ (2, 0.1%)

1 の花, は紫

▼ 藪蒟蒻~ (2, 0.1%)

1 の太茎, の花かげ

▼ 藪~ (2, 0.1%)

2 に似し

▼ 藪~ (2, 0.1%)

1 をのぼり, を出はずれる

▼ 藪路それ~ (2, 0.1%)

2 を東

▼ 藪~ (2, 0.1%)

1 とかの寧ろ, にて用心

▼1* [175件]

あかるう子供も, 藪あたりに家, 藪いたちという, 藪かげ椿いちりんの, 藪かげ竹垣の下, 藪ががさりと, 藪がはびこつてゐたりして女連中の, 藪ぎはの緋桃, 藪ぎわに大きい, 藪くぐもる蟾蜍の, 藪くぐりなんぞをし, 藪こえて埃, 藪さんだつて疲れた, 藪さんぢやない, 藪さんつてほんとの藪さんぢ, 藪さん泊つてもいい, 藪しらべでもなん, 藪しわかねばい, 藪しんかんとして雀, 藪すなわち竹林が, 藪その他には何, 藪たりし事實, 藪だけにしても, 藪だったとかで, 藪だに睨み伏せる気魄, 藪だらけであった, 藪蚊は, 藪づたいにわが家の台所, 藪でがさりと, 藪でどさっと雪, 藪でなく寺の, 藪といふ藪林といふ, 藪とかまたは長い, 藪として描かれて, 藪とにとり囲まれた箇所, 藪との間の, 藪と共に風に, 藪ので右, 藪などはもうなかつた, 藪などに累々と, 藪などにも少なくない, 藪などの生い茂って, 藪なども大部分, 藪などを掻きまわして, 藪なりし, 藪なりに時々功名手柄, 藪なるが故に, 藪なんぞは目黒でなくっ, 藪にあたって戞然と, 藪にて見しは, 藪にでも入つて, 藪にとり囲まれて, 藪になつて残つてゐる, 藪によつて象徴させよう, 藪によって平野の, 藪にらみさては兎唇出歯, 藪にらみな展望に, 藪のよこの足場, 藪ふかく人の, 藪へも水は, 藪みんなうごいて, 藪めぐる樫の, 藪もなあと深い溜息, 藪よその藪みんな, 藪よりは此方が, 藪わけてたらの木の, 藪をとほして, 藪を通して淋しい日影, 藪ん中に大きな, 藪イタチまたは小, 藪一帯の暗がり, 藪の桑畑, 藪不知へ這入った, 藪不知みたいな真暗, 藪不知出口も入り口, 藪中俄に物騒がし, 藪中納言保広の落胤, 藪争いはそれ, 藪五両地所二十五両である, 藪人家思ひきり, 藪人家思いきり濃くまた, 藪以来怖気の附, 藪入り小僧たちの扇, 藪入り連を相手, 藪八こと藪田助八, 藪八ひとりで来た, 藪八一代の不覚, 藪で間, 藪医者たるに過, 藪医者はん来や, 藪医者めつまみだしたらどう, 藪向うの屋敷, 藪を下り, 藪垣まろび出で, 藪垣羊の草, 藪大きな池深い, 藪小学校のある, 藪小路等にし, 藪山裾へと視線, 藪ではむしろ, 藪忠老人の話, 藪抜けて唐藷畑, 藪なり, 藪木立を見透し, 藪枯れて春鶯, 藪柑子パイポパイポのグーリンダイ, 藪柑子匂ひの, 藪柑子君の面影, 藪柑子數本をいろ, 藪柑子畫をやめ, 藪の草葉, 藪梅みたいに訪問者, 藪椿なんぼでも咲き, 藪椿一輪を活ける, 藪椿号外のベル, 藪とで好ん, 藪樹林下あるいは芝地, 藪殿いかがでござるせっかく, 藪殿どこにおられる, 藪殿道に迷われた, 藪氏あれこそ毛利侯, 藪氏こちらへござれ, 藪氏此方へ, 藪氏藪氏お下りなされ, 藪氏藪氏こちらへござれ, 藪うつて, 藪深く一軒家の, 藪添いの手, 藪畳そこまで来る, 藪迫りつつ, 藪みが, 藪神村の桜井兼吉, 藪祭りをする, 藪にし, 藪の間, 藪系統の蕎麦, 藪紅梅がさいてる, 藪紋太郎さんよう来, 藪紋太郎殿道に迷われた, 藪続きの山科街道, 藪肉桂などの常緑濶葉樹, 藪自身が二十間, 藪茂る小梅の, 藪茗荷の花, 藪茗荷ほのかに咲け, 藪茗荷花過ぎにけり帰り, 藪に覆われた, 藪にうずもれよう, 藪華曼花紅うつけ, 藪の茶, 藪蒼々とした, 藪蔓草の花, 藪蔭朝陽に温められ, 藪蔭木立の隙間, 藪蕎麥の青天井, 藪蕎麦牛肉屋の古川, 藪藤堂伯爵の樫, 藪が出るだろう, 藪蚊昼はこの, 藪蚊藪蚊をキズ, 藪蚊藪蚊藪蚊をキズ, 藪蚊蠅は殆, 藪蛇あっぱれ道庵に武勇, 藪の菊面, 藪じて, 藪郡平田の新利根川, 藪醫者みたいになつて, 藪重あすこも, 藪の日溜り, 藪隣りのあばら家, 藪雑木春の鳴る, 藪雑木谷地の日かげ, 藪風ふきつのる窓, 藪風逢ひたうてならない, 藪にても蟇