青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「藤吉郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

薪~ 薫~ ~薬 薬~ 藁~ 藍~ 藏~ 藝~ 藤~ 藤原~
藤吉郎~
藩~ 藪~ 藻~ 蘆~ 蘭~ 蘭軒~ ~虎 虎~ ~處 處~

「藤吉郎~」 1245, 13ppm, 8236位

▼ 藤吉郎~ (505, 40.6%)

6 信長の, 黙って 5 あわてて, それを 4 彼の, 心の, 手を, 首を 3 ひそかに, 声を, 頭を

2 [24件] あいての, そういっ, そこに, そこの, それと, それらの, そんなこと, つぶやいた, つぶやいて, ひきうけて, また, またその, 万寿の, 側に, 彦右衛門の, 後に, 指さした, 杯を, 無造作に, 眼を, 笑って, 縁の, 膝を, 自分の

1 [410件] あたま, あっさり頭, あれで, あわただしく指, いう, いきなりその, いずれ充分, いそいで, いった, いつに, いなかった, うずくまって, うなずいて, うれしくも, おのずからな, お礼を, かねての, がんまく, けろりと振り向いた, こう大きく, こう彼, ここで, ここでも, ここを, この姉, この度, この若年, こん夜のみに, さしたる危険, さっき山絵図を, さっさと城外, さっそく義昭, さも落胆, さらに諭した, しかし待たなかった, しきりと, しばし部屋, じっとその, じろ, すかさず, すぐ出, すぐ彼, すぐ彼女, すぐ横, すぐ答え, すぐ首, すこしてれ, そういう, そういう人, そういわれ, そうした陰謀家, そうでない, そう云い, そう云った, そう信じた, そう思っ, そこから, そこで, そこでまたよけい, そこで長浜, そこへ, そこを, そのす, そのなか, そのまま駒, その一院, その中, その任務, その側面, その場, その夕方, その心根, その悲鳴, その記憶力, その調子, その辺, そばから, それからも, それだけで, それでもまだ, それに, それについては, それには, それも, そんな衆口, ただそう, ただひとり, たびたびじゃが, ちょっと考えこん, ちょっと語気, つぶさに説明, ていねいに, とたんに明日, なおさら真面目, なお寧子, なお残り, なお笑っ, なくても, なんと読んだ, にこにこし, ばかばかしく大きな, ひきとめた, ひとりで, ふたたび, ふたりへ, ふたりを, ふつうの, ふと横, ふと片隅, ふりむいて, べつにまた, ほとんどそういう, ぽつねんと坐っ, まごついて, まじめくさって, まずその, まず褒め, また何, また犬千代, また誰, まだかつて世の中, まだ兵, まるで無頓着, まるで遊山, むかしから, むしろその, むしろ非常, むっくり起き, むッつりと, もう一度感, もう寧子, もう常, もう旅支度, もう瞼, もう膝, もう至って虚飾, もっとくだけ, やおら立つ, やがてわが, やっと家, わざとの, わざと丁寧, わざと力む, わらいながら, われに, われも, オオと, 一しおわが, 一つうなずいた, 一つかみずつ, 一つの, 一の, 一同の, 一定の, 一尺も, 一層地, 一度すすめた, 一茎の, 一転語気を, 下役へ, 不愍を, 与力を, 両方の, 中へ, 中村の, 中間に, 主人の, 予言した, 事もなげに, 云い出した, 云い出したこと, 云い残すと, 云い続けた, 人ば, 人知れず, 今そこから, 今まで, 今日に, 他の, 伊吹神社に, 体を, 何か, 何の, 信長から, 側の, 側へ, 偽らない自分, 先ずいっ, 先に, 冷たい旅衣, 分りきって, 刎ね, 初めて信長, 初めて心から眉, 初めて答えた, 初めの, 別間に, 前進しない, 動かないの, 北近江の, 十分士礼を, 南向きの, 又右衛門の, 取り残されて, 口渋っ, 右の, 号令した, 合掌した, 名誉に, 否めなかった, 呟きながら, 周りの, 呶鳴った, 咎めなかった, 嗟嘆する, 囲いの, 囲いへ, 図に, 固く戒め, 坐り直して, 城内に, 城外の, 城外への, 城門を, 夏から, 夜具の, 大きくうなずい, 大きく後ろ, 大地へ, 大津まで, 大鍋, 天下の, 奥の, 奥へ, 姉川の, 客に対して, 家康の, 寧子が, 寧子の, 小六, 小国の, 小屋の, 小手を, 小扶持, 小熊と, 小谷の, 少しも, 居間に, 左右を, 帰るふう, 幕を, 弄んで, 弓之衆の, 引きとめて, 当然の, 彦右衛門と, 彼を, 彼女の, 往来を, 待ちかねて, 従者を, 忽ち顔じゅう, 思いやった, 思うの, 急に, 息を, 悦に入って, 慇懃に, 懐中に, 所存いたす, 扇子を, 折ふしその, 指さして, 振り向いて, 擽ったさ, 放心し, 敢えてお市の方, 敵の, 於ゆう, 日常の, 早くも, 早口で, 昼寝し, 朝まだ, 木の, 木綿陣羽織の, 本丸へ, 柴田と, 桑十にも, 横を, 横山攻めには, 歓喜に, 止めた, 此方から, 武者混み, 歩き出した, 母こそ, 母と, 母の, 母へ, 母子の, 毎日商人が, 汗の, 江州の, 洲股に, 洲股へ, 涙ぐむばかりに, 清洲の, 渋団扇を, 湯気の, 満身から, 濠を, 炉に, 炉べりへ, 痛切に, 目を, 相役の, 相手の, 眉を, 真実寧子が, 真面目くさって, 眠って, 知って, 立ちどまった, 笑う犬千代, 筆を, 素直に, 縁を, 繰り返して, 義昭の, 翌日郎党ひとりに, 考えて, 耳も, 耳を, 職人たちが, 職人たちの, 肚の, 背に, 胸に, 胸を, 腰を, 腰低く, 膝の, 自信を, 自分から, 自分が, 自分で, 自分を, 自決する, 自身先に, 至極神妙, 至極簡単, 船から, 茂助を, 茶々を, 草履を, 蜂須賀彦右衛門堀尾茂助他, 行軍中な, 衣服を, 見かけるなり, 見て, 見まわした, 見まわして, 語を, 語気を, 誰が, 誰よりも, 起ち上がった, 足の, 足を, 足拍子を, 足軽や, 身が, 身を, 軽くいう, 軽くう, 辞儀を, 返辞を, 追いすがって, 逃げるよう, 途で, 遠く一礼, 遠く道, 重ねて, 鎧や, 鏡に, 門内の, 間断なく, 陣草鞋を, 非常な, 非難反目嘲侮, 鞍の, 鞭を, 頭に, 頭へ, 頷き頷き聞いて, 顔を, 飽くまで誠意, 馬の, 馬盥の, 駒と, 駒を, 麻の, 麻畑の, 黙々と戻った, 黙々山, 黙然と帰った, 黙然と満, 黙礼し, 黙読し

▼ 藤吉郎~ (249, 20.0%)

8 顔を 5 ことばに, 前へ, 手に 4 すがた 3 ほうが

2 [13件] ことばを, ために, ほうへ, 今の, 側に, 声が, 姿を, 影を, 方を, 昔から, 胸には, 面を, 顔は

1 [193件] いいつけ, いう一言ごと, いおうと, いのちがけの, いる丘, いる巨, からだの, ことばなどを, ことを, こんどの, そうした姿, そう呼ばれる, そばへ, ところへ, はなしを, ふたりだけが, ふたりであった, ほうで, ほうを, ほかには, まえに, まずい自筆, まわりを, むかしから, むかしわしが, ような, ように, 一命などでも, 一小隊をも, 一策が, 一身は, 一隊と, 二人だけは, 人相を, 今住ん, 仕方を, 住居へ, 便りだった, 係に, 信念だった, 兵約, 出世仕事として, 出世談と, 出仕ぶりが, 分も, 列に, 制定した, 功を, 勲功が, 半も, 受ける態, 口を, 名であった, 名も, 命に, 命令一下, 命令一下を, 唇もとを, 器量を, 城門へ, 場合は, 声に, 声を, 大功は, 大真面目, 奉行に, 如きは, 妾宅や, 姿とを, 姿に, 姿には, 姿は, 姿も, 嫌いな, 存在では, 孝心は, 完全なる, 実父弥右衛門と, 家にも, 家中で, 家中竹中半兵衛重治妹の, 家庭には, 家来に, 家来竹中久作とは, 家臣では, 容子を, 帰りは, 床几の, 強引に, 影は, 心が, 心の, 心を, 心配とは, 想像は, 懐に, 手から, 手へ, 手もとと, 手もとを, 手元へ, 手勢が, 手勢は, 手勢らしい, 手勢を, 手紙には, 才か, 持って, 持論である, 指揮によって, 振る手, 提案である, 方へ, 方へも, 旨を, 時分ここへ, 書簡を, 書院の, 期待とは, 木下勢は, 木下隊であった, 木下隊と, 木下隊七百人も, 枕にと, 案内で, 歩いて, 母である, 母には, 母や, 沙汰を, 洲股城である, 淡々たる舌, 演舌に, 熱意と, 献策が, 献策で, 率いる三十人, 生みの, 生命の, 相好を, 真心が, 眼であった, 眼には, 眼にも, 眼や, 着想であり, 睫毛の, 矢矧の, 秘密を, 秘策御, 立身が, 笑顔を, 第一, 策を, 考えて, 考えを, 耳が, 耳にも, 肚にまで, 肩を, 胸に, 腹一つ切っ, 舌を, 蔭に, 観て, 言を, 設けた席, 説に, 身を, 軍三千は, 軍門へ, 近状を, 返辞に, 退って, 過去は, 配下に, 采配も, 陣だった, 陣地を, 隊を, 雄弁に, 面が, 面には, 面へ, 頃にはと, 頃を, 領土下が, 額に, 顔いろはひどく, 顔に, 顔ばかり, 顔へ, 顔も

▼ 藤吉郎~ (107, 8.6%)

3 いうと 2 ひきうけて, 炭薪奉行を

1 [100件] いった, いつのまにか今日, いるの, いるもの, おいい, おりますもの, お迎えに, かかれと, かたくいうた, ここへ, こよい, ごん, すでに知っ, その人物, その竹中半兵衛重治ひとり, それに, たいそう出世, どこか, にらまえて, ひかえて, ひきうけました, ふと見つけた, また反対, また決して, まだ日吉, もうそこ, もそっと偉きく, もどって, オヤと, テレ隱し, 一かどに, 一命に, 一命を, 一番陣を, 主人を, 云いかけた, 云い終った時, 人影の, 今あなたに, 今日余り口に, 今立話し, 代って, 何か, 何を, 余り賞めた, 例の, 先に, 初めて案出, 前へ, 口を, 呶々と, 大きな声, 大音, 奉行に, 室町幕府最後の, 寧子と, 心の, 心を, 思うには, 指揮する, 敵国の, 書けて, 書を, 望みを, 本陣に, 来て, 清洲の, 清洲築城に, 独り坐っ, 献策で, 申さんと, 称ぶ, 立ち去りかけると, 立ち寄ったしおに, 立って, 立つと, 笑うと, 笑ったので, 筑阿弥の, 自分の, 自分を, 蜂須賀村を, 裏庭で, 見えた折, 見まわすと, 言下に, 計って, 訊くと, 訊ねると, 誰よりも, 警固し, 負うべきで, 起って, 足を, 身に, 遠方から, 釜の, 雨戸を, 頭から, 駈けおった

▼ 藤吉郎~ (86, 6.9%)

2 またその, 自分の

1 [82件] いつまでも, おかしそう, おそろしく気短, かねていわれ, きょうばかりは, ここまでは, しばらく見, すこし動い, すこし胆, そこは, そのうち, その人, その家, その新妻, その桑十, それを, つくづく見, ひと通り, ふと眼, ふり向いて, また, またそう, また信長以上, また急がなかった, また改めて, また真似る, また驥尾, やや淋し, わけなく笑った, 一城の, 一度や, 上の, 丘を, 云い添えた, 今は, 今思いあわせた, 佇んだまま, 側に, 再三ならず, 出向いて, 勿論交じっ, 十年前に, 同じく, 同感で, 女にかけては, 家臣の, 密かに, 寧子の, 尾い, 居辛く, 帰れ, 彦右衛門も, 思いかけた, 思わず庭, 思わず恍惚, 恩賞の, 懐紙へ, 戦乱の, 招かれて, 持って, 日吉と, 時折遠く, 末座の, 気づいて, 気負って, 真面目そのものであった, 眼を, 笑い出して, 笑って, 粗略には, 聴けば, 腹を, 若干の, 蔭に, 行く末には, 見たこと, 賞め返し, 辛かろう, 飛び上がって, 首を, 驚いて, 鳴海笠寺の

▼ 藤吉郎~ (30, 2.4%)

2 二人で

1 [28件] いうほどの, いって, いまここには, その軍師竹中半兵衛, であった, なので, なんいう男, もうす者, よばれて, 三名の, 信長へ, 同じよう, 名乗った故事, 善性坊は, 変りの, 改めました, 於ゆう, 治郎左衛門と, 犬千代が, 申しました, 申します, 申しますあれ, 睡と, 結んで, 藤掛三河守たちの, 蜂須賀彦右衛門は, 行動を, 馬丁幸吉の

▼ 藤吉郎~ (30, 2.4%)

1 [30件] お信じ下さるなら, かしらに, その新城, つれて, ながめて, にらまえて, まずこちら, 両断する, 主人公として, 先に, 呼びたて, 呼びたてた, 呼んで, 奥の, 守将と, 家来に, 将と, 恨んで, 振り顧, 案内として, 犠牲に, 白眼視し, 置き捨てて, 見ても, 見直して, 認めること, 誘って, 鉄砲で, 頤で, 顧みて

▼ 藤吉郎~ (26, 2.1%)

3 心服し

1 [23件] いわせれば, いわれて, いわれるまま, こう洩らした, この子供, ござります, ござりまする, すこし揶揄, つづいて, とれば, 云わせれば, 仕えて, 会い各所, 促されて, 側から, 免じどうぞ, 制されて, 奪われた翌日, 御加勢, 曳かれた手, 箔を, 謁を, 頼みさえ

▼ 藤吉郎どの~ (15, 1.2%)

1 [15件] お身, がりっしん, が御, だ, という, といえ, とを媒わせ, にお, にない, にはどこ, のお, はばつぐ, は小谷, もとう, を見立てなされた

▼ 藤吉郎という~ (14, 1.1%)

1 [14件] この家, ものが, ものだ, 一青年将校の, 人間に, 人間を, 出色な, 男だった, 男の, 男眼から, 者, 者が, 者に, 足軽時代からの

▼ 藤吉郎から~ (12, 1.0%)

2 して 1 いって, である, 信長の, 信長へ, 急に, 手紙が, 授けられた策, 申し上げても, 紹介わ, 頼まれたが

▼ 藤吉郎~ (10, 0.8%)

1 お辞儀を, 同情し, 向って, 味方する, 咎めるよう, 宛てて, 後ろを, 改めて膝, 無意識に, 詫び入った

▼ 藤吉郎秀吉~ (10, 0.8%)

1 が信長, だった, というもの, と彼, と申し, にはさしたる, に命ぜられる, はまだ, は北近江, を自己

▼ 藤吉郎自身~ (8, 0.6%)

1 がいった, がよく, が敵地, が胆, でも他人, には少し, はひそか, は各

▼ 藤吉郎~ (7, 0.6%)

2 はない 1 はそれ, むしろ寧子, 二十何万石という, 彼も, 金閣寺の

▼ 藤吉郎には~ (7, 0.6%)

1 こうし, 一顧の, 何の, 小癪に, 耐えられないもの, 読めるの, 非ざる

▼ 藤吉郎とは~ (5, 0.4%)

1 ふた言三言, 云わぬ者, 思わないので, 旗本の, 深く口

▼ 藤吉郎殿~ (5, 0.4%)

1 おぬ, かと思います, とはかね, にはこの, にもお

▼ 藤吉郎そち~ (4, 0.3%)

1 はこよい, はまず, は何と, は兵法

▼ 藤吉郎にも~ (4, 0.3%)

1 もとより這般, よい考え, 常の, 炭薪の

▼ 藤吉郎その他~ (3, 0.2%)

1 のもの, の手勢, わずか三百

▼ 藤吉郎たち~ (3, 0.2%)

1 が喚いた, の影, へかかっ

▼ 藤吉郎とかいう~ (3, 0.2%)

1 そうだ, 家来は, 敵将校の

▼ 藤吉郎なる~ (3, 0.2%)

1 お名前, 者これまで, 者でござる

▼ 藤吉郎よりも~ (3, 0.2%)

1 お手前の, ずっと優れ, 二タ役の

▼ 藤吉郎こそ~ (2, 0.2%)

1 咎めらるべきだ, 稀世の

▼ 藤吉郎すら~ (2, 0.2%)

1 ふと解せなかった, 眺めた

▼ 藤吉郎です~ (2, 0.2%)

1 が, ッ

▼ 藤吉郎など~ (2, 0.2%)

1 いたが, 何者という

▼ 藤吉郎などが~ (2, 0.2%)

1 君前において, 追いついて

▼ 藤吉郎なども~ (2, 0.2%)

1 また同様, 時折信長の

▼ 藤吉郎に対して~ (2, 0.2%)

1 その智略, 彼も

▼ 藤吉郎のみ~ (2, 0.2%)

1 でなく家中一般, でなく彦右衛門

▼ 藤吉郎ひとり~ (2, 0.2%)

1 あわただしく帰っ, を数寄屋

▼ 藤吉郎へも~ (2, 0.2%)

1 席を, 詫びて

▼ 藤吉郎を通して~ (2, 0.2%)

2 信長に

▼ 藤吉郎主従~ (2, 0.2%)

1 の者, はやがて

▼ 藤吉郎~ (2, 0.2%)

1 がわざわざ, じゃ

▼1* [70件]

藤吉郎いまも信長, 藤吉郎かくのごとく, 藤吉郎からの手書が, 藤吉郎からもかくの, 藤吉郎ぐらいな階級の, 藤吉郎じゃこれに, 藤吉郎すこしも知らなかった, 藤吉郎すらもそれしか, 藤吉郎その者であった, 藤吉郎それは太閤秀吉, 藤吉郎たった一人ある, 藤吉郎たる者手に唾, 藤吉郎だけはそんな噂, 藤吉郎だけを奥へ, 藤吉郎であったので, 藤吉郎であり組み敷いた山伏の, 藤吉郎であるがきょう, 藤吉郎でも二日二晩の, 藤吉郎といやるか, 藤吉郎といふ足軽時代からの, 藤吉郎とか足軽に, 藤吉郎とが殿の, 藤吉郎としてはすこし不足, 藤吉郎とても御両家, 藤吉郎とも傍眼で, 藤吉郎とやら山路弾正は, 藤吉郎などという幕下は, 藤吉郎などとは比べものに, 藤吉郎などは常にその, 藤吉郎などへ君命が, 藤吉郎などより心得て, 藤吉郎なんぞもまだ芽生, 藤吉郎にてござる, 藤吉郎にとっては母の, 藤吉郎に対しては誰よりも, 藤吉郎のみは深く信長, 藤吉郎はにこと笑った, 藤吉郎への取次であった, 藤吉郎ほどな男, 藤吉郎まんぷく丸どのをだまし討ち, 藤吉郎のくび, 藤吉郎夕菴を, 藤吉郎よりは虎之助の, 藤吉郎は生き, 藤吉郎れんれんとふ, 藤吉郎われは果報者, 藤吉郎にも二, 藤吉郎以下の者, 藤吉郎以下蜂須賀勢の野武士二千, 藤吉郎以下行旅の列, 藤吉郎がうれしい, 藤吉郎君命によってここ, 藤吉郎を申す, 藤吉郎夫婦は退った, 藤吉郎安心いたしました, 藤吉郎実はひそかに, 藤吉郎就任の御, 藤吉郎承って殿, 藤吉郎時代には必ずしも, 藤吉郎殿横山城の御, 藤吉郎直属の城兵, 藤吉郎真に申しわけの, 藤吉郎秀吉明智十兵衛光秀等が陣, 藤吉郎秀吉様からきっと, 藤吉郎自身藤吉郎という人間, 藤吉郎言下に, 藤吉郎にかえ, 藤吉郎身仕度せい, 藤吉郎進退ここにきわまった, 藤吉郎から近年