青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「紅~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

精神~ 糞~ ~糸 糸~ 系~ 系統~ 紀~ ~約束 約束~ ~紅
紅~
紅い~ 紅葉~ 紋~ 納得~ ~紐 紐~ ~純粋 純粋~ ~紙 紙~

「紅~」 4931, 49ppm, 2372位

▼ 紅~ (897, 18.2%)

16 花が 12 色が 9 旗を, 花を 8 色を 7 光を 6 色に, 色は, 薔薇の 5 ような, 旗が, 花, 花の, 袴を, 裳を 4 扇骨木は, 色の, 花は, 衣を, 袴の, 雪の 3 ように, 光が, 八入の, 半切に, 手綱朱の, 波を, 玉を, 絹はんけちを, 花も, 血が

2 [66件] いろ, くけ紐, ついたる火吹き竹, まん中に, やうに, コートを, デコルテを, リボンの, 一点が, 上凍, 交つた眼玉の, 光, 円き燈, 単衣, 唇から, 唇も, 四ツ身を, 地に, 壺などを, 夢, 如き明治橋, 島に, 布を, 戦袍を, 扇を, 手を, 手綱に, 旗の, 旗紅の, 木の葉を, 桜の, 極彩色を, 様に, 水は, 火が, 炎を, 焔を, 牛と, 秋の, 紐で, 紐に, 結晶したる, 網を, 緒の, 舌を, 色なり, 色ほのぼの, 色まだ, 色まで, 色も, 色染め, 花と, 草履し, 葉ごとに, 蓋を, 蓮の, 薔薇を, 血潮の, 衣の, 袙を, 袴で, 裏そよぎ, 雲を, 霞に, 霞を, 麻

1 [602件 抜粋] あざやかな, あらゆる色, ある水, いのち忍ばゆ, いりまじった友禅, いろを, おほいな, お神籤, ことが, こまかい斑点, ごとく, さされた唇, さした紅茸, しごきのぞき出た餅, しごきを, しずく人の, しづく蓮, その裸身, ちらちらする, ちらめくまで, ちらら咲き, ちらら咲き繼ぐ, ついたハンカチ, ついた唇, ついた紙幣, つけ方など, つけ方に, とき汁だ, とさかと, とらす玉ゆゑ, ない唇, なかの, なまめかしいの, にほひある, にほひ興がる, はしの, びらが, ほそひも, ぼやけた絹, まじった紅粉, まじつてゐる, まだら, むっくりした, ものの, ものや, やうな, ようだ, アイスクリームちまき屋のまん, カーテンの, スカァフを, セエム革表紙の, チュウリップ母上持っ, トマト切りウヰスキイの, トマト畠を, ハンカチーフに, バラが, バラを, リボンかけし, リボンかけたる, 一いろだ, 一枚を, 一点そこで, 一線が, 一葉に, 一輪を, 丈長や, 三人で, 上紐を, 上衣を, 下の, 且つ大, 且つ媚, 中には, 中へ, 中より, 乱れた婦, 二人は, 二十日大根は, 二枚かさね, 二葉三葉, 二重圏点つきの, 仕掛と, 付いたを, 付いた色氣, 俤に, 光と, 光には, 光も, 入った黒地友染, 入りたる友禅, 全身は, 八口を, 兵船の, 内端, 円い提燈, 円い球, 円光の, 冴えた色, 切が, 切れでありました, 切を, 前に, 創口, 化けたよう, 南極星下, 口から, 口を, 口許に, 古い紙, 句, 句は, 合歓の, 名誉で, 唇は, 唇を, 唇噛ん, 唇白歯に, 嘴などは, 地図の, 坐って, 境いが額の, 夕かな, 夕焼けが, 夕陽の, 夕靄は, 大輪の, 天竺牡丹ぢつと, 天鵞絨の, 奔流と, 奥室で, 女王に, 如く盛, 姿という, 姿や, 実を, 實とぞ, 封筒が, 射したの, 小さい姿, 小さい玉, 小布をは, 小旗, 小袋に, 少しあせた, 屑で, 山茶花の, 峰は, 布ぎれを, 帆の, 帯し, 帯を, 帯紙を, 帷を, 幕の, 幻影が, 店が, 座に, 彩が, 彩色で, 影を, 御神籤, 御衣を, 微笑カラカラ, 心としては, 心は, 思われる写真, 恐るべき, 息火の, 懐中から, 我しらず, 戦慄の, 房鞦には, 扇, 扇の, 扇をば, 手は, 手綱の, 扱帯を, 括紐, 指針を, 振玉虫色, 掛け布が, 掻練を, 提灯を, 撫子は, 斑を, 斑点を, 斑理を, 斑紋とは, 方でも, 方は, 方へ, 旗みたいな, 旗や, 日が, 日や, 日影も, 日輪が, 明るい服, 星の, 星戴ける, 時は, 時期を, 暖かに, 曇つた唇上着の, 曇りが, 曙緑の, 月いで, 服の, 朧に, 木の葉も, 木の葉拾いのせしふるまい, 札の辻は, 札の辻へ, 杯に, 板, 林に, 枝が, 染む状, 根を, 桜海老紫に, 梅の, 梢が, 梢を, 槍を, 様子を, 模様の, 横雲の, 歓楽の, 母衣を, 母衣翩翻として, 毒薬は, 毛氈も, 毛氈敷かれ, 気の, 水, 泉だ, 泉を, 注した美しい, 海, 海棠は, 海邊, 海邊に, 涙, 涙の, 涙を, 淡い山茶花, 深い色, 渕に, 溢るる, 溺死体が, 滴々が, 滴り花, 漲るよう, 潮した, 濃い友禪模樣, 濃い口もと, 濃い姉, 濃い黄色い半襟, 濃か, 濃淡で, 濃淡髪の, 濡れ色に, 火焔の, 火紫の, 火花ひらめき, 灯が, 灯を, 炎の, 点滴は, 点綴が, 焔が, 無い唇, 熔岩, 燃ゆる, 燈光を, 燭こそ, 牛の, 牛も, 牛を, 牡丹が, 犬蓼や, 珠に, 珠二つ三つころ, 瑪瑙の, 瓜を, 白粉を, 直垂を, 眦を, 眩いよう, 眼の, 眼瞼を, 種子葉鶏頭の, 空の, 竜, 端に, 竹石花純白の, 筵を, 箱が, 簾が, 粉が, 粗ビロオド, 糠袋は, 糠袋を, 糸と, 糸緑の, 紐垂るる, 紙に, 素袍に, 細き滝支, 細き雲, 細糸は, 結び文は, 結び文開く, 絞りに, 絞りの, 絲を, 絹の, 絹地を, 絽繻珍の, 綱で, 綱紅の, 総に, 総絞り, 緞帳を, 練絹の, 縮緬の, 罌粟の, 羅し, 羅の, 美しい眼, 美酒に, 肉, 肉が, 肉堆し, 肉色を, 肌着の, 肩に, 胴裏を, 胸を, 腰卷が, 腹帯は, 臍を, 舌が, 舌炎を, 色あざやかに, 色さしたる, 色さしも, 色つ, 色とが, 色など, 色同時に, 色彩が, 色文だ, 色文や, 色潮すを, 色紫山吹の, 色艶や, 色薄く, 色香も, 艶から, 芍薬が, 芥子の, 芥子散りぬ, 花などが, 花なりき, 花まじり, 花咲く, 花壺の, 花小さな, 花朝, 花殻などを, 花殻を, 花氈敷く, 花花は, 若葉を, 茨の, 莟が, 莟を, 華やかな, 萩み, 落葉雨の, 葉が, 葉は, 葉も, 葉間に, 葉鶏頭や, 葉黄色の, 蕎麥の, 蕾, 薄様に, 薔薇, 薔薇色なる, 薔薇花を, 虹を, 蝶に, 蝶の, 蝶浅葱の, 螺鈿を, 血ながし, 血潮なり, 血潮に, 血衝と, 衣が, 衣服に, 衣裳の, 表紙に, 袂ぬれ, 袂は, 袍は, 袖の, 袖を, 袴が, 袴した, 袴とばかり, 袴にて, 袴また, 袴も, 袴一人, 袴白衣の, 袴重の, 裏に, 裏を, 裙が, 裙翻り, 裳夕陽が, 裳裾の, 裸体の, 裸身は, 裾も, 裾を, 裾濃に, 褄が, 褄を, 褪せを, 襞は, 襟う, 襦袢の, 襦袢は, 襯衣の, 襯衣着たり, 襯衣花やかに, 襲に, 襷の, 要素が, 足, 蹴出しを, 輝きにと, 輝きの, 輪廓から, 辻の, 透る白襟, 這入つて, 通へる, 部屋に, 酒に, 酒一巻の, 里を, 鋏を, 鎧という, 鎧紅の, 長紐, 長襦袢が, 長襦袢胸に, 閨を, 闊葉に, 陽炎の, 隙を以て, 雨の, 雫が, 雫とも, 雫の, 雫を, 雲かと, 雲限り無く, 霞が, 霞の, 霞は, 露と, 露は, 露滴り, 靄眼前に, 靄閉ざせる, 靴下の, 鞍に, 鞍紅の, 頭つて書くんで, 頭に, 顔には, 顔を, 風情だった, 飛沫は, 魚は, 鮮か, 鮮血が, 鳥の, 鶫の, 黄がちな, 鼓の, 鼻緒である

▼ 紅~ (440, 8.9%)

17 潮し 12 つけて 9 塗って 8 さして 6 さした, つけた唇 5 さしたやう, 塗ったよう, 潮した 4 呈して, 差して, 帯びて

3 [13件] さしたよう, さすの, つけたよう, つけたり, 刷い, 刷いた, 含んだ唇, 唇に, 差したやう, 流したやう, 流したよう, 流す, 見せて

2 [21件] さいて, さしたかと, さした唇, さした脣, さした頬, つけ過した, 乱して, 含んだやう, 含んだ白い, 含んで, 塗ったり, 塗る, 塗るべき天狗, 増して, 溶いて, 溶かして, 溶し, 筆に, 茶碗に, 蒸して, 薄くさした

1 [274件] あしらつた年増向の, うつしては, うめたよう, うらやむ女達, おびた上品, くっつけて, くゆらしたり, こってりと, この紙, さしぐみて, さしたかも, さしたしなやか, さしたの, さしたるさま, さした事, さした仮, さした口もと, さした様, さした爪, さした玉虫色, さした瞼, さした細長い, さした鴛鴦, さしてゐた, さして居る, さして来た, さし墨, さし来たり, さし目, さす, さす塩野, したおとなしい, したたかに, した小豆, しぼりて, しめて踏みく, しろいこそ, そそいだよう, たたえ遠く, ちらしたよう, つくる家, つけたろうなぞ, つけた虎, つけました, つけられて, つける化粧, つける女, つける女性, つけ縮緬, つけ華やか, とどめて, とどめ水, とれの, どこの, なすった懐紙, なすり七面鳥マルガリイダ婆さん, なすり家々, ぬった口々, ぬった唇, ぬった小さな, ぬりたるが, はき狂乱, ぱっと見せ, ひいて, ひとり凝視むる, ふくませたよう, ふくみ雨こまやか, ふくんだ初恋, ふくんで, ぷつりと刺し, べたべた塗る, ほんの一滴, ぼかしたうこん染, ぼかしたうこん染め, ぼかした銀色, ぼかした頬, ぼかして, ぼかし居り, またいく, みなぎらして, もっとしまった, 一度に, 三日三晩と, 上して, 亂し, 二丈六尺高く, 使ったらしい軸, 使った人, 使つ, 使つた厚い, 保護した, 催すという, 入れたらしいまで, 入れた丈, 処女の, 制しきれなかった, 刷いたら, 刷いた如く, 刷く, 包んだやう, 包んだよう, 印したる青海原, 厭うて, 取り出して, 取上げて, 右の, 吐き毫も, 含むと, 含む玉, 含んだの, 含んだよう, 含んだ可愛らしい, 含んだ小, 含んだ御, 含んだ水, 含んだ温かい, 吸上げさせた, 呈しさも, 呈し其, 呈し母親譲り, 呑んだの, 啜りハヴァナ, 噛む, 噛んだかと, 基調と, 塗ったの, 塗った顔, 塗った鷁首, 塗つ, 塗つた, 塗つたのだ, 塗つた唇を, 塗つた鷁首の, 塗つて出掛けた, 塗つて庭へ, 塗らない日, 塗られた口, 塗られた唇, 塗りながら, 塗り前, 塗ると, 売る京都, 大地に, 失す, 嫉妬し, 嫌つてゐる, 存じて, 存分こぼれさせ, 寸に, 差したお, 差したり, 差した上, 差した様, 巻いた白浪, 帯びた白色, 帯びた頸, 帯びた黄金色, 帶びた輝きは, 底深く, 引いた, 引いて, 引きましょうか, 引き上げて, 弥生に, 彩れる樓船, 思って, 慕ふ, 抜け出でて, 抹し, 拭く, 拭ひ, 持って, 捌きながら, 掛けて, 掠った, 推入れながら, 放たず, 散らしたと, 散らした娘, 散らして, 散らし紫, 散らし身悶え, 敷き短冊形, 映しかけて, 映して, 春と, 望むが, 東天に, 染めた, 染めたよう, 染めた夕やけ, 染めた智深, 染めた楓, 染めて, 染めながら, 染め出せり, 殺した, 殺して, 求め白粉, 泛べたが, 注した, 注したよう, 流さず, 流しその, 流して, 流し半月空, 流し白粉, 流すの, 浸せるが, 消たで, 添え殊, 溶かしこんだやう, 溶く, 滲ませて, 漲らしたの, 漲らせながら, 潮が, 潮したる, 潮しつ, 潮す, 潮する, 潮せし, 潮せり, 濃くし, 濃くぬった, 濃く含み, 濃く染め, 濯いで, 濺ぎ, 灌いだ, 点して, 点じたの, 点じたよう, 点じて, 点じやがて, 点ずるの, 盛つた窪坏や, 眉に, 眼縁に, 粧って, 結び文に, 綴った紅葉, 織り込む賑, 置いたよう, 耳たぶや, 脣に, 薄く塗っ, 薄く塗つて, 藍の, 裂いた, 裂いて, 見て, 解いて, 解き藍染川, 解くばかりの, 評して, 認めるのみ, 誘って, 赤, 載せて, 追えり, 連れ出し遠く, 遠波, 遠目に, 選ぶやう, 里に, 重ねた間, 闇に, 零し候, 霜囲いに, 頬へ, 飜す, 黒くし, 點した

▼ 紅~ (345, 7.0%)

45 染んで 17 して 11 なって 10 染めて 5 なつた, 染まって 4 なった 3 なりぬ, 咲いて, 染まる, 染む事無理, 燃えて, 紫に, 黄に

2 [12件] した, 且つ半ば, 変ずるの, 朱に, 染みし指, 染みたる草, 染んだま, 染んだもう, 染んだ姿, 染んだ死骸, 浅緑に, 足白し

1 [203件] おこされたこと, おこされて, お染め, かがやいて, かがやき求婚者, かがやくは, かりたる尖凍てぬ西, くくること, けおされる紅宝玉, こもれり, これを, ささべり, したこと, したと, しても, すきとおるよう, そまり人魚, ただようかた, ただれて, ちがいない, ちらちら手絡, ちらめくばかり, なすられて, なったせつな, なほ酔は, なりさ, なりそう, なりだした, なりまた, なるかと, なるので, なるやう, なれるを, ぬれぬれぬ, はた緑, はらして, ひかりさらに, ほふかんばせ, ほんのりと, ぽっと染め, また紫, みせて, やがて紫, よく合います, 且つ鮮麗, 中庭を, 乱れ咲き其中, 乳を, 人なき, 人の, 今を, 今日に, 今日も, 光あり, 入れたの, 冬は, 冴えた, 冴えて, 前岳, 功を, 匂いの, 匂へ, 匂へる, 又紫, 名の, 咲いた一輪, 咲きみだれて, 因果を, 塗った簡単, 塗られて, 変じて, 夕日に, 寂しく咲いた, 寸隙なく, 山は, 岩石の, 彩った, 彩られつと, 彩られて, 彼を, 或は黒色, 折鶴は, 抹く, 散って, 日影では, 明石の, 映ず水村山郭酒旗, 朝眼よろし, 染た, 染った萩, 染った葉, 染って, 染つた爪の, 染まった, 染まった両, 染まった耳朶, 染まった自分, 染まつた, 染まつたその, 染まりたる地平線, 染まりゆきて, 染まり月, 染まり雨, 染まる瞬間, 染み, 染みた姿, 染めしを, 染めし我等, 染めた, 染めたという, 染めてから, 染めまだ, 染められる, 染めるで, 染めるでしょう, 染めるの, 染め出, 染め尽される折, 染め花火, 染りたり, 染んだ娘, 染んだ手, 染んだ死體, 染んだ顏, 染んだ顔, 染出されたる美し, 栄えて, 梅雨柳くらき, 水の, 汚した, 沈むころ, 没薬の, 注がれて, 溶けつつ, 潮しつ, 濡れた唇, 濡れて, 無数の, 無理強いに, 照し出す, 照らしたばかり, 照りはえて, 照り初め, 照り渡る, 照れり, 照れる桜, 熱して, 燃えつく時, 燃えひらめいて, 燃える, 燃え立たせた, 燃え谷, 燃立つ, 白きを, 目は, 目を, 真白の, 移って, 移り変って, 移り次第, 移る一歩前, 竜胆の, 絶間なく, 緑に, 縹色に, 翠の, 聳えたる鶏, 腕の, 腫ぼ, 膚を, 膨れて, 色づいて, 色どっ, 色を, 色採りし, 艶, 芙蓉の, 花緑に, 茶は, 落葉松の, 葉は, 薄い黄, 薄黄, 血に, 裂いたとき, 裂きこの, 裂けて, 見えましょう, 見える, 誘われて, 身も, 輝いた空, 輝く, 逢わせて, 金文字の, 金髪を, 銀の, 銀杏は, 閉された小さい, 雨も, 霧の, 黄茸は, 默想し

▼ 紅~ (145, 2.9%)

2 俺の, 其人である, 朱文の, 知らなかった, 立ち上ったが, 羽を, 黙って

1 [131件] あこがれの, いよ, うっつぷしたまんま斯, うなずきました, おどろいて, こころの, この美くし, これから乳母, こんなこと, さう, させども, そう云われ, そっと目, そのみやびやかなね姿, そのグラス, その姿, その背景, それにも, たちまちその, たったそれだけ云った, だまって, ちょいと, つと坐, どうかし, なお気がかり, ひしと八五郎, ふいに, まだ坐っ, もしや何, やや青白く, よく伸び, キチンと, ハッと, ハンカチを, 万両南天の, 万畳の, 不知, 乳母に, 乾いた朱色, 二十三歳の, 二挺の, 云う赫, 付けないと, 住吉の, 何となく眠気, 俯向いた, 八五郎に, 千年を, 叫ぼうと, 喜悦を, 四辺を, 墓参りに, 増す神無月, 声を, 夕日の, 夢中で争っ, 大変かなしん, 大蒜磨り, 女の子を, 寂しそう, 寒の, 小山の, 思って, 手を, 打ちのめされた, 文女だ, 斯う云い, 斯う云っ, 方言夕焼の, 早くも, 早や, 林檎に, 残ってるが, 殿の, 気安そう, 泣き出した, 泣き顏, 浮く, 淡く李, 漸く涙, 瀧夜叉姫の, 燃えて, 狙われて, 珊瑚に, 男の, 病を, 盛んな, 矛盾を, 矢ッ張り, 礼を, 秋安に, 空腹を, 立ち上ろうと, 笑ましそう, 答えました, 簪を, 紅の, 細腰に, 繻珍を, 美しき血, 美人の, 色でも, 色は, 若い美しい人魚, 茶碗に, 茶碗の, 萎む萌黄, 薄らがぬ, 薄紫に, 蚯蚓が, 蛇の, 訊き返したが, 誰の, 買って, 赤く木瓜, 足元も, 鎌形の, 陶然として, 集団農場の, 青より, 静かな, 頭を, 顔を, 顔色を, 飲食を, 駈けまわる武者, 黄は, 黄を, 黒い薄, 黒く消え, 默つて頭を

▼ 紅~ (140, 2.8%)

7 の家 4 の両親, の室 3 の枕元, の身体, は思わず 2 で御座います, の声色, の寝床, の様子, の死骸, の美留藻, はお婆さん, は顔

1 [100件] からこう, から聞いた, が参ります, が天子様, が御, が怪我, が昨日旅, が来, が王宮, が自慢, である, でした, ですから, という事, という児, となっ, と思っ, と遊ばした, に乗りかけ, に出会いました, に従い, に敬礼, に獅, のお父さん, のみならず, の不思議, の他, の傍, の命令, の妹, の妹共, の容態, の寝顔, の左, の帽子, の拳固, の番, の着物, の腕, の苦しい, の血まみれ, の親切, の顔, の顔色, は, はあまりよく, はここ, はこの, はこの間, はずっと, はその, はそれ, ははじめて, はまだ, はもう, はニコニコ, はホッ, は不, は今, は今日, は何, は余程, は全く, は前後, は又もや, は吃驚, は声, は少し, は廊下, は忽ち, は思いの外, は抱き合った, は濃, は無, は真先, は膝, は鉄, は銀杏, は鋭く, は青眼先生, は頬, は馬, は馬鹿馬鹿しく, は驚い, は驚くまい, もうっかり, もすっかり, も青眼先生, や兵隊達, や美紅, を助け, を又もや, を後前, を殺し, を殺した, を殺す, を眺め, を自分, を苦しめ, を馬

▼ 紅~ (134, 2.7%)

10 白の 6 白との 4 なって 3 紫の, 黄と

2 [14件] いうと, なつて, 半襟は, 白とを, 白粉を, 筆, 紫と, 紫との, 緑の, 藍色との, 言へば, 青との, 黄に, 黄の

1 [80件] いうよりは, うす紫, しら茶の, ただ二人照し出され, なく紫, なりおしろい, なりしとき, なり其の, まじって, みどり, みどりの, むらさきと, むらさきとの, サラドの, 一変した, 三重の, 乳母に, 乳母は, 云い北国, 云う, 云う女, 云ふ, 云ふも, 入毛, 千鳥むすび, 咲き黄と, 四色の, 変り公卿, 夜顏は, 對照し, 少しばかり, 峰や, 思ふ瞼, 恨めしき鉄色, 映えて, 曰ふ, 曰へり, 朱の, 栗との, 浅黄で, 浅黄と, 淺緑とを, 珍車や, 申すくらい, 白と, 白のね, 白粉の, 白茶の, 稱へ, 紫は, 紫色の, 紫金との, 紺と, 緋色めく, 緑とが, 緑を, 耳だけを, 草鞋の, 菫いろ, 蒼白くな, 蒼白くなった, 薄黄, 見たい, 見るべきであろう, 言つて評判の, 金とを, 金に, 金を, 金小林清親の, 鉄漿とを, 青が, 青とで, 青に, 鬱金との, 黄との, 黄色の, 黄金の, 黄金を, 黒とに, 黒とは

▼ 紅~ (117, 2.4%)

4 さして 3 潮し 2 さした, ついて, つくの, ほのかに, 幾人かに, 流れて, 笹色に, 谷の

1 [94件] ある, いいました, いくらか乾い, おまへの, ご愛妾, さしたの, さしてある, さしてきた, さしてゐた, さして居る, さして目, さして眼, さして自然, さし眼, さすと, しだいに流れ, しっとり垂れ, たたえられて, ただよう, だまって, ついたハンケチ, てらてらした, どうした, なかつたら小柄, ぬって, ぬつて, ぬられて, はてなき, ひらりと, ふふみ, みごとな, もうほのか, やって来大勢, らいろや, インドへ, チラチラと, リだろ, 一分, 九つ紫が, 二階から, 交つてゐる, 交つて廻る, 何故に, 使って, 來る, 刷かれました, 勇美子の, 反対の, 唇の, 喰ひ込ん, 夜の, 布目を, 急に, 恋しくて, 招く尾花, 日に, 映って, 暗くなる, 曳かれて, 朝日に, 来て, 染まって, 染まりかけて, 染む, 極めて仄か, 欲しかった, 殺したよう, 流れたかと, 流れにじんで, 湧然, 漲って, 漲るの, 濃く塗つて, 濡れ輝く, 点じられた, 燃え立つよう, 目ざましく美しい, 真紅だった, 眼に, 筋の, 紙切れと, 紫が, 絢爛たる, 翻って高く, 落潮の, 褪せて, 見える, 足を, 透いた時, 附いたろう, 附く, 青春の, 頬に, 顔を

▼ 紅~ (98, 2.0%)

13 黄の 9 白粉を 6 紫の, 青や 4 半襟を, 白の, 紫や, 緑や 2 いろいろの, 白や, 白粉も, 黄や, 黄を

1 [38件] おしろいの, けがれの, そのまま転がったら, とのこを, ふり出づる花の, みどりの, むらさきの, むらさきや, 乳母は, 乳母以外の, 摘む, 春ふけ, 朱などの, 朱や, 浅黄の, 淡紅や, 白に, 白粉で, 白粉とは, 白粉の, 白粉や, 紫を, 絵の具を, 緑, 緑の, 緑色の, 茶褐に, 萌黄の, 薄紫の, 藤の, 赤の, 金やせ, 青の, 鶯茶の, 黄に, 黄ろが, 黄土を, 黄色の

▼ 紅~ (80, 1.6%)

5 の事 4 の死骸 3 はこの 2 の方, の死体, は不思議, は自分, を妃, を無理

1 [56件] がお前達, がお目見得, が今度, が后, が呼ん, が家, が王様, が睡っ, が顔, でした, とやらを后, と千年, と申しまし, と美留藻, に勝ち, に向っ, に話す, のお, のお母様, の可愛, の室, の容色, の寝台, の御, の無事, の美し, の胸, の身の上話, の身体, の身支度, の閑雅, の顔, は, はあまり, はお, はそんな, はまだ, はスヤスヤ, は不, は今, は呆れ, は嬉しく, は思わず, は恐ろしい, は昨夜夜通し, は暫く, は最前家, は死んだ, や家中, をお, をどこ, を他, を宮女, を抱き締め, を見る, を送り出す

▼ 紅~ (80, 1.6%)

3 の姿 2 のこと

1 [75件] がそこ, がなんで, がのこ, がわざ, が伊東伴作, が同じ, が外面, が始め, が思ひ, が改, が来た, が独身者, が答, が臆, が蕗子, が重大, だから, でないと, といふ昔馴染, にきかされ, にし, にそそのかされた, につながる, にとつて, に似た, に反撥, に対して幽か, に引越先, に当てはまる, に紛れ, のある隠された, のうろたへ様, のからくり, のほん, の内攻, の口, の執拗, の大袈裟, の奔走, の宿命的, の広く深い, の影響, の思惑, の思想, の気持, の生臭い, の知らない, の知人, の考, の莫迦, の裏面, の言葉, の訪問, の顔, はここ, はさ, はとつく, はひどく, はもう, は三十七歳, は伊東伴作, は何時, は僕, は再び, は別に, は却, は惚れた, は潜在的, は無理, は自分, は蕗子, は論ずる, は飛びあがる, も帰つたあと, を冷やかす

▼ 紅~ (71, 1.4%)

12 白粉も 3 厭やら 2 洗い落して, 洗ひ落し, 知らぬ皮膚, 紫も

1 [48件] あつた, あり黄金色, あり黒姫山, あるの, あんなに世話, うすくよどん, ここに, さしたが, さして, だいぶ遠, つけない石, なければ, なする青絵具, また夢, めんや, 上れば, 似合うもの, 使はれる, 偏え, 光って, 厭らしき, 垂り, 大袈裟な, 小汚なく見える, 感付いた, 抜きに, 拔き, 掻巻に, 散らない唇, 散留って, 昔よりも, 有る絶景, 濃くぬっ, 点さでやや, 片手を, 眺めた, 着物すらも, 知らないらしくや, 知らぬ肌, 知らぬ顔は, 知るまい, 笹色の, 美しい扮装, 肌に, 良人へ, 見え透くほどの, 見せず素膚, 附いちや

▼ 紅~ (67, 1.4%)

8 のさした 7 を帯びた 4 を帯び 3 がさし, がさした, がさして, のある 2 が潮, をさして, を含んだ, を帯びたる, を潮

1 [26件] がいつか褪, がかった眼, がかつ, が反, が少し, が浮ん, ざし小鳥, とに輝い, に染んだ見交わし, のない丸い, の入った, ばしった顔, もなく, をあら, をうかべ, をおん, をさし, をもった, をもつ, を含み, を含ん, を差し, を帶びた, を持った, を浮かべ, を見た

▼ 紅木大臣~ (59, 1.2%)

5 の家 2 の見幕, は歯噛み

1 [50件] がこの, がどんなに, が忠義, が抱き留める, でした, と一所, と紅矢, に蹴られ, のお, のこう, のよう, の位, の姉娘, の屋敷, の末娘美紅, の笑い声, の邸宅, の髪毛, はいつの間にか, はこの, はこれ, はその間, はそんな, はつかつか, はどう, は室, は心配, は昨日, は欺, は濃, は王宮, は自, は血走った, は言葉, は身体中, は身動き, は青眼先生, は静, は騎兵, へ直ぐ, もこの, もこれ, も思わず, をこんな, を初め家, を取り巻い, を呼ん, を殺させた, を見る, を追っかけ

▼ 紅~ (58, 1.2%)

3 口を, 顏を 2 のだ, ので水晶, 痣が, 花が, 血を

1 [42件] お千世, のが, のと, ものが, ブラウスに, 一滴が, 亜麻織り, 友禅模様の, 唇を, 夕やけに, 夕陽が, 夜明けの, 大きな鸚鵡, 奴が, 布が, 帆でも, 帶を, 指先を, 桃畑も, 楓の, 櫛形の, 毛氈敷いた, 水の, 火の, 火の粉が, 煉瓦色を, 白山小, 眞紅な, 粘, 緞子の, 美爪法を, 職業女を, 花の, 花を, 莟が, 血が, 赤い飾り, 造花が, 釉薬の, 顔を, 鮮血を, 鷄冠を

▼ 紅~ (52, 1.1%)

6 で書いた, の願文 2 が一本, で溶い, で願文, にした, の何とか

1 [30件] であっし, できょう, で今日, で仮名文字, で假名文字, で心, で懷紙, で書い, で蓮華散らし, とって, と番茶, などを持っ, などを持つ, など艶, にわづら, の, のよう, の戀歌, の穂, の穗, の立て, はお前, までが添, までが添え, をかん, を使った, を使つた樣子, を取りあげた, を取り上げ, を含める

▼ 紅らめ~ (51, 1.0%)

113 て, ながら 2 て立ち上がりました, ました, る, ると

1 [26件] たの, たほど, たまま, たよう, つ, てこそこそ, てしまう, てゐた, て何, て俯, て兩手, て御返事, て暖簾, て苛, て門, て雨, なかったら, ながらうしろ, ながらなにか, ながらひとまずそう, ながらも上品, ながら母たち, る和助, る年ごろ, る桜, 力んだやう

▼ 紅~ (50, 1.0%)

2 を, を持っ

1 [46件] お持ち, が, がちゃんと, がない, がまことに, がズルズルズルズル, が座中, が戸口, が真に, だが, であった, と少し, なの, に次第に, に沁む, に誘われ, に違い, のよう, の後, の祟りで, の群, の賊, の賊乱, は手, は日本, は燦然, は舞っ, は蝉, は飛ん, へ現, もやはり, も日光, を取り出した, を受け取り, を差し出した, を差し出す, を引き出した, を引っ掴んだ, を手, を波立たせ, を物, を窃, を纏っ, を肌身, を見る, 売り

▼ 紅~ (48, 1.0%)

4 うつくしくいろどられた 3 あつた

1 [41件] あつたらう, お姉様, 一向頓着, 下飾り, 五本の, 作ったチューインガム, 印刷が, 右の, 塗つた質屋の, 外が, 大きくし, 小さな線, 描いたやう, 描いたよう, 描き生, 書いた字, 書いた看板, 書いて, 染めさせて, 染めたお, 染めたやう, 染めたよう, 染めた御, 染めた紅い, 染めて, 染められた唐草模様, 濃い化粧, 濃く染めた, 玉虫色に, 現わ, 白く赤く美しかった, 真っ赤に, 縫った括猿, 美装した, 色ど, 色どっ, 色を, 詩の, 阿波の, 頸を, 顔を

▼ 紅~ (44, 0.9%)

2 の甲板, へ囁いた

1 [40件] が, がその, が後, が明石, が行く, こんなに天気, その者, その背後, っていうもの, である, でもいい, で別府, で神戸, と猪十郎, どうにも信じられないらしい, どうやら不安, にて出航, にて神戸, には, にも二度, に乗じ, に乗っ, に乗る, の声, の意見, の時代, へ囁く, また令声, も来い, も謹ん, も醜い, も頑として, やがて呼びかけた, を供, 不思議そうに, 並んで, 偉いこと, 大きに乗り気, 活き返るぜ, 続いて

▼ 紅~ (43, 0.9%)

2 して, し指, も艶

1 [37件] いた二ツ, いた口, がそのまま, が可憐, した, したらむやうに, した口, した頬, だ, だけが青春, だけを点じた, だった, だなと, であった, でありちょうど, ではなく, といったら, と泡鳴氏, などさすが, に小次郎はぶ, はこの, はどう, は普通, は漲っ, へ含ん, も, もいろいろ, もなかつた, も夕陽, よ, よりも以上, を増し, を氾濫, を色彩, を顔じゅう, ん行こう行こう, 見せて

▼ 紅なる~ (40, 0.8%)

2 が見渡す, は人, を紅赤, 額つき頬の

1 [32件] いろいろの, がめらめら, が其の, が媼, が幼児, に緋, に難, ぼけの, もの波に, を, を吐き, を吐ける, を咎むる勿, を片, 中に, 唇が, 喉吭を, 大月地平線より, 帷の, 情熱を, 桜の, 熔巖の, 篋を, 紫苑女郎花藤袴釣鐘花虎の尾鶏頭鳳仙花水引の, 良人の, 花緑なる, 華魁草水邊に, 衣を, 雲の, 靄たちの, 頬に, 頬を

▼ 紅~ (31, 0.6%)

2 の顔, はしばらく

1 [27件] がなぜ, が世にも, が急き入る, には露, に思わせた, に打ち明け, に説かれた, の凛然, の慈悲, の手, の眼, の瞼, の耳, の腕, の裾, はその, はそれ, はなおも, はフローラ, は伸び上がり伸び上がり, は凝視, は彼女, は意外, は愕然, は早く, は驚い, を前

▼ 紅~ (29, 0.6%)

3 の下, の巷

1 [23件] が消え, とやらにこの, と而, にわく, に夢, に照, に行き, の光, の影, の海上法, の濁った, の燈, は幾多, は江口, は見え, は言, や人影, をただ, を尻眼, を必ず, を打, を残し, を波

▼ 紅玉島~ (24, 0.5%)

2 の沖, へかえる

1 [20件] にかえった, には大きな, に向った, の大, の島陰, の方, の無線電信局, の近く, は, はもう, は海軍, は難攻不落, へかえって, へ向う, を出た, を出る, を出帆, を攻め, を攻撃, を砲撃

▼ 紅~ (24, 0.5%)

2 と称する, の時代

1 [20件] から抜け出た, となり, と漆絵, には早く, に見る, の中, の取り来りし, の役者, の散, の板木, の発明者, の起原, の風景, より転じ, を三色摺, を二色, を最後, を蒐集, 売りの, 現はれ

▼ 紅提灯~ (23, 0.5%)

2 が揺れ, をともし

1 [19件] がつるし, が吊るされました, が次々, ちらほらと, との調和, に景気, に景気幕, に電灯, のやう, の軒, は納涼, は震災, や虫, をさげ, をてんでに, を圧しつぶされ, を眺め, を竿, を連ね

▼ 紅~ (22, 0.4%)

2 を帯び, を帯びた

1 [18件] がかつ, がさし, がさして, がよけい, が刷, が射し, が潮, が走, て, てのぼる, の残った, の見える, をまし, を加えた, を反射, を帶びて來, を漲らし, 交る

▼ 紅~ (22, 0.4%)

5

1 [17件] ず, ずには, たまま, たる, て, てゐた, て俯向き, て如何, て学校, て客, て微笑んだ, ながら先, ながら勝手口, ながら手, ながら答えた, ながら言った, る頃

▼ 紅~ (20, 0.4%)

2 がさして, の胸毛, の色, をなんと

1 [12件] に瞳向, の童女眠気, の花, の薔薇, の衣裳, の褪せ, の郵便切手, も病める, を含んだ, を殘, 薄し, 闌干たる

▼ 紅らん~ (19, 0.4%)

2 だり力ん, だ横腹, で近所

1 [13件] だ, だ二十前後, だ白桃, だ瞼, だ莖, だ葉, だ跡, だ顔, でいる, でをり, で彼, で春, で林

▼ 紅~ (19, 0.4%)

6 友染の 3 の友仙 2 友禅か 1 に二階, のを, の友禪, の宝袋, ゆうぜんの, を何と, 友の, 友禅の

▼ 紅~ (19, 0.4%)

1 [19件] すでに城, と煤煙, にまじっ, に摩擦, のなか, の入り来たり, の多少, の巷, の日, の裡, の高く, もない, ようやく深く, を上げ, を逃れたる, を離れ, ノ中, 不染, 軽く花片

▼ 紅~ (19, 0.4%)

2 の油, は, を滴らし

1 [13件] が迸るだらう, の, ものすごし, や熱涙, を, をもて飽かす, を吐きつ, を民人, を流す, を滴らす, を通, 冷やす, 流さずに

▼ 紅矢様~ (17, 0.3%)

2 の御, を狙っ

1 [13件] が大, が御, が鉄, では, に化け, のお, の掌, の身体, の馬, は本当, は眼, は鉄, を苦しめ

▼ 紅~ (17, 0.3%)

7 の草履 1 が白い, で締めて, なん, のついた, の下駄, の塗笠, の笠べり, の菅笠, の麻裏, をわがね

▼ 紅~ (16, 0.3%)

2 らしいもの

1 [14件] が花園, でそれから, と芥子菜, のよう, の性質, の恰好, の群れ, の舌, もいる, らしきもの, を下ろし, を取扱, を捕へ, を見

▼ 紅~ (15, 0.3%)

5 緑だ 1 か白, か青, し陽, と御, のという, のを, よ, 姉さんかぶりだ, 紅だ, 青だ

▼ 紅宝石~ (15, 0.3%)

1 [15件] がし, がつい, が光つて, だもの, である径一寸, との中, とを鏤めたる, と緑柱石, のよう, の如く, もちようど夜, や緑柱石, をだい, をどう, を組んだ

▼ 紅~ (14, 0.3%)

62 の少女 1 のブリセーイス, のブリーセーイス陣營, の少年, の若き, はアガメムノーン收め, を陣

▼ 紅~ (13, 0.3%)

2 に嘱

1 [11件] か白幇, という, という秘密結社, とに断然, とは強盗, の仲間, の手, の組織内容, の頭, は青幇, を向う

▼ 紅~ (13, 0.3%)

3 の目 1 からです, で底, で白い, で端縫, で露, の相, は聞い, をふた筋, を思っ, を繋ぐ

▼ 紅薔薇~ (13, 0.3%)

4 の花 1 が露, でで, に似た, のやう, の君, の色, の花瓣, を抜き取り観客, を散らした

▼ 紅~ (13, 0.3%)

2 のマイニンゲン夫人

1 [11件] と青帽, の仙, の女人, の尼僧, の楽人たち, の洋婦人, の神, の若僧, を着, を着けたる, を著

▼ 紅宝玉~ (12, 0.2%)

2 の山, を探し 1 で造った, とで象眼, と貴, のよう, の指環, は, をたつた, をつけた

▼ 紅椿~ (12, 0.2%)

2 の花 1 かな, がグルグル, が一輪, が引, だ, のよう, の一株, の上枝, の間, 散る椿

▼ 紅~ (12, 0.2%)

1 [12件] があった, が屯, といふ文字, につつまれた, に埋ずもれ, のわたれる, の中, の紫, をただよわせ, をながめた, をひき, 漸く色

▼ 紅~ (12, 0.2%)

1 [12件] にまじ, のお, の一青年, の中年, の人, の少年, の青年, はちきれるもの, はまし, も我丹心, をとめ, を外れた

▼ 紅という~ (11, 0.2%)

2 娘は 1 もの若い, キューピー亭主が, 冬亭の, 処女は, 娘が, 娘に対して, 娘も, 御名では, 紅屋さんが

▼ 紅殿~ (10, 0.2%)

2 は自害 1 とやら申される, と有, を, をお返し, を取り返し, を奪った, を奪回, を無垢

▼ 紅~ (10, 0.2%)

4 ゆる丘 2 ゆる 1 ゆるが, ゆるに, ゆる天津日, ゆる知ってるか

▼ 紅縮緬~ (10, 0.2%)

2 で覆面, の方 1 が小太郎, に黒繻子, のやり口, の若衆, の裏, を映えさせ

▼ 紅とが~ (9, 0.2%)

1 あの茫然, とりどりで, 乳黄と, 入りまじり, 午の, 待ち受けて, 混って, 解けあったところ, 遥に

▼ 紅との~ (9, 0.2%)

2 二種あります 1 うつりも, 三枚襲で, 下から, 太い撚り, 強い対照, 色の, 芙蓉の

▼ 紅~ (9, 0.2%)

1 が三味線, で思い出す, というの, というもの, とは別, と何, と言われた, と近接, のこと

▼ 紅塵万丈~ (9, 0.2%)

2 の都門 1 として天日昏, の中, の巷, の日, の熱鬧世界, の裡, の都会

▼ 紅黒い~ (9, 0.2%)

3 顔を 1 どきどき光る, むくむくした, ガラ焼の, 大小の, 怒張した, 生真面目な

▼ 紅~ (8, 0.2%)

1 みが, みそめた木, みどこ, み出した, み口, み眼, み絶えず, めさせたこと

▼ 紅~ (8, 0.2%)

1 がのぞまれ, がひるがえり, が見える, の速, も征戎, や楯, をなびかせ, を檣頭

▼ 紅白粉~ (8, 0.2%)

2 から一切 1 が何ん, など撩乱, の粧, も好き, や香水, をさっと

▼ 紅~ (8, 0.2%)

2 の花, ひく子 1 の傘蓋, の莟, の軟簾, の金襴傘

▼ 紅~ (8, 0.2%)

2 とし 1 という, とおいらん, のはた, の蒸焼, を我, 薄樺

▼ 紅~ (8, 0.2%)

2 の袍 1 の嚢, の守り札袋, の袋, の輪索, の道服, の陣

▼ 紅頭嶼~ (8, 0.2%)

1 であつ, で千久馬, で貴様たち, とかつて, なら僕, の話, はお前, を讃美

▼ 紅がら色~ (7, 0.1%)

2 の帆, の裏木戸 1 に塗った, の出窓, の岩壁

▼ 紅でも~ (7, 0.1%)

1 あつたら借り, さしたの, ぬったよう, 二十歳の, 流したよう, 紫がかった, 黄でも

▼ 紅~ (7, 0.1%)

1 では屋台, で列, で支度, に顔, の庭, の沐浴, へ行かん

▼ 紅提燈~ (7, 0.1%)

2 がずらりと, に灯 1 が沢山, の火光, はカーテン

▼ 紅珊瑚~ (7, 0.1%)

1 が一つ, と呼ん, のよう, の爪さき, の玉, の細工, を包んだ

▼ 紅~ (7, 0.1%)

1 だったこの, だったその後熊野十津川, のじつに, の一群, の揺れ, らしいん, をふくんだ

▼ 紅~ (7, 0.1%)

1 で小, にお, に振掛け, に擁する, のあと, は丁度, を見せ

▼ 紅から~ (6, 0.1%)

1 やさしい月光, 夕映えの, 最も薄い, 水浅黄に, 煙と, 爪の

▼ 紅だの~ (6, 0.1%)

2 緑だの 1 白だの, 萌黄だの, 青だの, 黄だ

▼ 紅とを~ (6, 0.1%)

1 交ぜたこの, 取揃, 取揃えたり, 比べて, 眺めるのみ, 見る

▼ 紅~ (6, 0.1%)

2 の夕 1 とよべる, の定, の高尚最新, 第三回

▼ 紅友禅~ (6, 0.1%)

3 の長襦袢 1 の夜著, の衣, を引きはえました

▼ 紅~ (6, 0.1%)

2 を呑ん 1 に照っ, に雪, を染め, を蔽い

▼ 紅~ (6, 0.1%)

2 の棚 1 という総理大臣, と名乗る, のテエブルヘ僕, の娘

▼ 紅~ (6, 0.1%)

1 だ, で塗つて, で塗り, の毛星族, や生死殼, を塗つた

▼ 紅~ (6, 0.1%)

2 から牡丹色 1 が変, は西, やコロナ, を此

▼ 紅~ (6, 0.1%)

2 した実 1 した南瓜, した桜桃, した肉, せる美果

▼ 紅~ (6, 0.1%)

21 あるいは向日葵, の傍, は高い高い, は鮮紅

▼ 紅~ (6, 0.1%)

1 という俳優, といえ, にし, の一つ, はなかなか, を罵倒

▼ 紅~ (6, 0.1%)

1 に大将, の副, の副将, の大将, の方, は昨日

▼ 紅がら~ (5, 0.1%)

1 でこてこて, にて染めたる, の粉, を流し, を溶かし

▼ 紅つば~ (5, 0.1%)

21 きの, き咲き, き挿す

▼ 紅には~ (5, 0.1%)

1 上品に, 何一つ検出, 気がかりな, 聞こえなかった, 言葉が

▼ 紅売り~ (5, 0.1%)

2 というの 1 その人, という者, の女

▼ 紅~ (5, 0.1%)

1 かけ合いの, が日本, で同時に, に委託, の一乾児

▼ 紅~ (5, 0.1%)

1 でありましたが, と云う, に居られるなら, に滞在, を訪ねた

▼ 紅~ (5, 0.1%)

1 の捌き, へ向っ, へ挑戦, をかけてる, を外し

▼ 紅~ (5, 0.1%)

1 か紅徳, が下物, が江戸紫, のおやじ, の江戸紫

▼ 紅~ (5, 0.1%)

1 なり, の円柱, や青, 新茗, 煮新

▼ 紅~ (5, 0.1%)

1 があります, が五つ六つ, の一つ, を六つ七つ, を戴きましょう

▼ 紅~ (5, 0.1%)

1 あらゆる色, である, と綺羅, の房, の鱗

▼ 紅~ (5, 0.1%)

2 さながらに 1 に男, のごとく, を弄

▼ 紅芙蓉~ (5, 0.1%)

2 の花弁 1 が咲く, とこそ, の花

▼ 紅~ (5, 0.1%)

1 と同じ, の団十郎, を取っ, を取つ, を施したる

▼ 紅鹿の子~ (5, 0.1%)

3 の扱帶 1 の扱帯, の紐

▼ 紅~ (5, 0.1%)

1 に裳, の絹, の肌襦袢, の裾, まで下

▼ 紅いきれ~ (4, 0.1%)

1 が靡く, へ挑みかかっ, をかけた, を見せられ

▼ 紅かつ~ (4, 0.1%)

31 た頬

▼ 紅つけ~ (4, 0.1%)

1 て, てとんぼ, てをどる, よかな

▼ 紅では~ (4, 0.1%)

1 お嫁さん, ないの, なかった, なく淋しい

▼ 紅にて~ (4, 0.1%)

2 梅の 1 かざられき, 彩どりし花毛氈

▼ 紅にも~ (4, 0.1%)

1 接すること, 秋安にも, 絶えず一叢, 縁の

▼ 紅ばら~ (4, 0.1%)

2 の群 1 が獄庭, のみごと

▼ 紅~ (4, 0.1%)

3 の手巾 1 に染め

▼ 紅~ (4, 0.1%)

2 燃えつきずけり 1 凄いよう, 色で

▼ 紅ら顔~ (4, 0.1%)

2 を一層 1 して, の胡麻塩頭

▼ 紅バラ~ (4, 0.1%)

1 はお, はみるみる, を一籠, を胸

▼ 紅リボン~ (4, 0.1%)

1 がしきりに, の少女, は顔, を見つけ

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 とパイパン, ならカン, の最, の牌みたい

▼ 紅~ (4, 0.1%)

2 ふ唇 1 いこぼれて, ふ曉

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 とかいう青鞜婦人たち, などという連中, などによっておこされた, に会う

▼ 紅庵自身~ (4, 0.1%)

2 の方 1 すら気付かぬ, に直接何等

▼ 紅染め~ (4, 0.1%)

1 し夕榮, の単, の向う, の裳

▼ 紅~ (4, 0.1%)

2 を出し 1 で唇, を取っ

▼ 紅楓黄菊~ (4, 0.1%)

2 の双幅, の方

▼ 紅~ (4, 0.1%)

2 に爛酔 1 の緑酒, の興味

▼ 紅楼夢~ (4, 0.1%)

1 かも知れない, だ, だと, の中

▼ 紅~ (4, 0.1%)

2 に烟たち 1 の朝雲, の死に

▼ 紅燈緑酒~ (4, 0.1%)

2 の間 1 の夢, の有様

▼ 紅硝子~ (4, 0.1%)

1 のよう, のコップ, の切子細工, もできた

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 といふ幼推, に加はる, の同人, の同人達

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 と, とただ二人照, と映え, の魚

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 が白い, で結ッ, のよう, をつけ

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 のお, の上, をさした, を巻き

▼ 紅~ (4, 0.1%)

2 まど 1 が這い廻る, をさ

▼ 紅足馬さん~ (4, 0.1%)

1 からの贈物, から貰, がやつ, に送られ

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 が二つ, と新しい, は小じわ, を比較

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 などを見る, は渋面, も法界坊, を演じた

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 という人物, の最も, は生涯, は門

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 として挙げ, の狩衣, はら, を標品

▼ 紅青紫~ (4, 0.1%)

1 のネオン燈, の刺繍, の宝玉類, の燈火

▼ 紅~ (4, 0.1%)

1 などと云われる, の夏蒲団, の帯, の蒲団

▼ 紅~ (4, 0.1%)

2 の珠玉 1 の美しい, を取り交ぜ

▼ 紅かんさん~ (3, 0.1%)

1 なら申し分, にお, は聞い

▼ 紅さしたる~ (3, 0.1%)

2 やうにて 1 面ぞ

▼ 紅さして~ (3, 0.1%)

1 とられた手, 寝冷, 面はゆげ

▼ 紅さす~ (3, 0.1%)

3 百合の

▼ 紅だけ~ (3, 0.1%)

1 そっと取っ, 含んだ自棄, 差した片

▼ 紅とは~ (3, 0.1%)

1 崔範の, 角の, 顔を

▼ 紅など~ (3, 0.1%)

2 さして粧 1

▼ 紅なり~ (3, 0.1%)

2 喜悦の 1 これを

▼ 紅なんか~ (3, 0.1%)

1 塗つて芝居を, 塗りや, 塗りやが

▼ 紅にに~ (3, 0.1%)

2 ほへる山 1 ほひの

▼ 紅まで~ (3, 0.1%)

1 さした御, 含んで, 塗つて呑まず

▼ 紅みがかった~ (3, 0.1%)

1 光沢の, 円い頭, 西の

▼ 紅一人~ (3, 0.1%)

1 では, は持仏, は目

▼ 紅丸さん~ (3, 0.1%)

1 に猪十郎さん, や松火, 構わないから

▼ 紅入り友仙~ (3, 0.1%)

3 の雨

▼ 紅卍字会~ (3, 0.1%)

1 には相当, の母院, は現在三百万

▼ 紅卍字教~ (3, 0.1%)

2 の母院 1 の道院

▼ 紅唐紙~ (3, 0.1%)

1 でそれに, の切れ, の聯

▼ 紅~ (3, 0.1%)

1 が流行, といい, は幻術

▼ 紅~ (3, 0.1%)

1 が浮き上つて, は広, を見た

▼ 紅木公爵~ (3, 0.1%)

1 という丈, の娘, も公爵夫人

▼ 紅木瓜~ (3, 0.1%)

1 になった, になつた, の濡れ

▼ 紅木綿~ (3, 0.1%)

2 の着物 1 の襦袢

▼ 紅~ (3, 0.1%)

1 し緑葉, のゆ, を模する

▼ 紅~ (3, 0.1%)

1 の大木, の類, 蟠松

▼ 紅樹林~ (3, 0.1%)

1 の壁, の景観, の泥浜

▼ 紅~ (3, 0.1%)

1 でしょう, の広前, を圧倒

▼ 紅焼魚翅~ (3, 0.1%)

1 だ, を食いた, を食った

▼ 紅燈家~ (3, 0.1%)

1 にふ, に婦, を訪っ

▼ 紅玉島攻撃~ (3, 0.1%)

1 に急いだ, の作戦, の冒険

▼ 紅~ (3, 0.1%)

1 をとっ, を手, を持った

▼ 紅~ (3, 0.1%)

1 といちめん, の蓮, ひらひらと

▼ 紅~ (3, 0.1%)

2 のよう 1 の指輪

▼ 紅~ (3, 0.1%)

2 のよう 1 の鏑矢

▼ 紅~ (3, 0.1%)

1 の萌黄, をかざし, 映芳尊

▼ 紅~ (3, 0.1%)

1 のひとり, のひとり一歩, を着けた

▼ 紅~ (3, 0.1%)

2 を吹い 1 を見る

▼ 紅~ (3, 0.1%)

1 と並ん, の比較, は相対塁

▼ 紅高砂~ (3, 0.1%)

1 に於ける, の前, の玄関

▼ 紅黄草~ (3, 0.1%)

1 が蛮種, すなわちコウオウソウ, について

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 白粉かと, 黄か

▼ 紅かりし~ (2, 0.0%)

1 ゆゑ, 雲あせゆき

▼ 紅がち~ (2, 0.0%)

1 な縞, の更紗

▼ 紅くさい~ (2, 0.0%)

2 ところも

▼ 紅~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ 紅その~ (2, 0.0%)

1 ほかに, 乳の

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 深き, 濃き

▼ 紅だけは~ (2, 0.0%)

2 上等の

▼ 紅ちやん~ (2, 0.0%)

1 といふ娘, の困る

▼ 紅であった~ (2, 0.0%)

1 が侍女, のにいったい

▼ 紅でない~ (2, 0.0%)

1 のです, ばかりお

▼ 紅といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, 題で

▼ 紅とか~ (2, 0.0%)

1 華代子とかいう, 言わないで

▼ 紅とも~ (2, 0.0%)

1 分らないほど, 見ゆべ

▼ 紅どんす~ (2, 0.0%)

1 で張った, に桐唐草

▼ 紅にな~ (2, 0.0%)

1 つてぱらぱら, つて流れ

▼ 紅ばかり~ (2, 0.0%)

1 でない紫, 薄くつける

▼ 紅ばん~ (2, 0.0%)

1 でくる, で来た

▼ 紅ぶと~ (2, 0.0%)

2 りして

▼ 紅まじれる~ (2, 0.0%)

1 白, 白なりき

▼ 紅また~ (2, 0.0%)

1 薄紅, 金色の

▼ 紅めさせるで~ (2, 0.0%)

2 もあるまい

▼ 紅より~ (2, 0.0%)

1 淡い肉色, 濃やかであった

▼ 紅オンスコツプ~ (2, 0.0%)

2 のくちばし

▼ 紅丸介抱~ (2, 0.0%)

2

▼ 紅丸後押し~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 の命, 豈吾

▼ 紅倚翠~ (2, 0.0%)

1 の趣, を風流

▼ 紅入りメリンス~ (2, 0.0%)

2 の帯

▼ 紅勝ち~ (2, 0.0%)

1 ぬ立葵, の友ぜん模様

▼ 紅化粧~ (2, 0.0%)

1 したる天女たち, した別嬪

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 碧の, 紫を

▼ 紅味勝ち~ (2, 0.0%)

1 な紫色, な髪の毛

▼ 紅国軍部~ (2, 0.0%)

1 といえ, は税関本部

▼ 紅地金襴~ (2, 0.0%)

1 のさげ, の鮮ら

▼ 紅塩瀬~ (2, 0.0%)

2 に金泥

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 の剃髪, や老婆

▼ 紅宝玉ども~ (2, 0.0%)

2 の日光

▼ 紅宝玉坑~ (2, 0.0%)

2

▼ 紅屋さん~ (2, 0.0%)

1 があった, へ

▼ 紅山茶花~ (2, 0.0%)

1 の, を見る

▼ 紅帆船~ (2, 0.0%)

1 の影, はむこう

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 の娘, を締め

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 に案内, の注意

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 といふ小町紅, の前

▼ 紅彩色姿絵~ (2, 0.0%)

1 そのままの, と横

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 の余唾, の餘唾

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 であったが, の絵本

▼ 紅教喇嘛~ (2, 0.0%)

1 が小さい, に恨まれた

▼ 紅文字~ (2, 0.0%)

1 がヒラヒラ, の

▼ 紅月莪~ (2, 0.0%)

1 がびっくり, は指

▼ 紅林檎~ (2, 0.0%)

1 の皮, を食べ

▼ 紅~ (2, 0.0%)

2 き兎

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 に一擲, に醉倒

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 が第, を使え

▼ 紅毛氈~ (2, 0.0%)

1 の上, を店

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 がある, のかなり

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 あれば, がある

▼ 紅水仙~ (2, 0.0%)

1 をとっ, をとった

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 を打っ, を見

▼ 紅海中~ (2, 0.0%)

1 ほどのヂッダ, を北

▼ 紅淡き~ (2, 0.0%)

1 紅つけたる, 青柳町の

▼ 紅火飄~ (2, 0.0%)

2 へる思

▼ 紅熱し~ (2, 0.0%)

1 てひま, て向日葵

▼ 紅猪口~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の底

▼ 紅療治~ (2, 0.0%)

1 や気合術, や氣合術

▼ 紅百合~ (2, 0.0%)

1 としものたま, を嗅ぐ

▼ 紅矢兄様~ (2, 0.0%)

1 が王宮, は御

▼ 紅空木~ (2, 0.0%)

1 の木, の花

▼ 紅箋堂佳話~ (2, 0.0%)

1 を改作, を書きはじめたれ

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 の新妻, 来りて

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 の燈籠二, の袍

▼ 紅細く~ (2, 0.0%)

1 たな, たなびけたる

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 の慘敗, の馬車屋

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 などを片, 濃紫今を

▼ 紅絞り~ (2, 0.0%)

1 の腰当, 白に

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 の燈光, の色

▼ 紅繻子~ (2, 0.0%)

1 の帯, や緋鹿の子

▼ 紅~ (2, 0.0%)

2 のいろ

▼ 紅脂白粉~ (2, 0.0%)

1 の花, をぬる

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 があたり, に半

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 と露草, の花

▼ 紅薔薇日~ (2, 0.0%)

2 にけに花

▼ 紅蝋燭~ (2, 0.0%)

1 が火, の如く

▼ 紅赤い~ (2, 0.0%)

2 のも

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 のあ, 斯くて

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 という越後山中, もヒマ

▼ 紅釉薬~ (2, 0.0%)

1 の支那, の支那風

▼ 紅金巾~ (2, 0.0%)

1 の帷, をひらり

▼ 紅鉛筆~ (2, 0.0%)

1 で標, をステッキ

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 が棚, を流した

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 と白鼈甲, の白鼈甲

▼ 紅顏孃子~ (2, 0.0%)

1 のましら手, の間

▼ 紅高砂家~ (2, 0.0%)

1 という待合, はすぐ

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 眠り, 睡

▼ 紅~ (2, 0.0%)

1 たちまち栄え, に褪色

▼ 紅鹿の子縮緬~ (2, 0.0%)

1 の扱帯, の扱帶

▼ 紅黄世子~ (2, 0.0%)

1 かどう, だけが他

▼ 紅黄白~ (2, 0.0%)

2 などの花

▼ 紅黄白紫~ (2, 0.0%)

1 のハンケチ, の色

▼ 紅鼻緒~ (2, 0.0%)

1 に白足袋, の草履

▼1* [588件]

あさき独活の, 紅いうで卵子, 紅うす紅紫である, 紅うすく燃えつつ, 紅うつくしい小さな天女, 紅うつくしく澄める水, 紅雪は, 紅おしろいかみの, 紅おしろい草装を凝し, 紅おだまきを渡し, 紅かくるる黒髪娘は, 紅かけ花色深川鼠路考茶などが, 紅かつらの細かい, 紅かねつけたりお, 紅かんの八人芸みたい, 紅かんさんと言い出すもの, 紅がかった代赭を, 紅がら塗の豪家, 紅がら帆をお, 紅がら格子を五六軒, 紅きくづれぬ床の, 紅ば鰻, 紅こくよききぬ着ず, 紅こそ淡くかかるなれ, 紅こそはほのぐらい蝋燭, 紅この意気なれ, 紅さえさして居ました, 紅させる人衆お, 紅さまだの美さま, 紅さまざまな花, 紅さるびあの花, 紅さんが他, 紅さんそれはお, 紅さ先のぼる, 紅さ頬の蒼白, 紅ざらを見る, 紅て手, 紅した蔦の, 紅したたるばかり塵, 紅しだれていと, 紅しぼり緋むく, 紅しみ入る大空の, 紅しようが木の芽, 紅すぎてはいけない, 紅すずめはだまっ, 紅すてて夕雨, 紅すなわち海棠に, 紅する少婦, 紅するすると上っ, 紅せぬ夕ぐれを, 紅せり水漬かぬは, 紅それを甲府, 紅ちやん親方, 紅ちらめき瞶むる瞳に, 紅ちらめく袖は, 紅ちゃけた, 紅気の, 紅つくるころ桃の, 紅つけたとさ, 紅つけたる額と, 紅であるが受ける, 紅でございましょう昨夜は, 紅でなければならない, 紅とかいうだけであるが, 紅とにきらめいて, 紅とや唇に, 紅とりどりの花, 紅どのここへ, 紅ないの血潮, 紅なしどみの花, 紅なす彼の, 紅などで塗こめる, 紅ならむとする折しも, 紅なりけり月の, 紅なりとついと出, 紅なんてつけて, 紅にとっては空低く, 紅のこそめと, 紅のちしほの, 紅のにこちゃこちゃ, 紅のべの字でも, 紅のみで人, 紅のみは下唇, 紅はけこんなもの, 紅はこべその他似合わしいもの, 紅はやまつつじである, 紅ひも常の好み, 紅びろうどのいと, 紅での包み, 紅ふふみたり, 紅ふふむとりたての, 紅ぶちの硝子, 紅穴を, 紅への贈物の, 紅まゆずみだらり帯, 紅みさしつつ, 紅み見ゆ, 紅わかき女子, 紅むちむちとした円い体, 紅もて染めたらん, 紅ゆゑ水うたせけり, 紅よりっていう手紙見, 紅よりはどうもこの, 紅よりも赤で, 紅らみのさしたこと, 紅らみの中に浮き出, 紅らむのを見, 紅らむやうな, 紅らめいくらか饒舌, 紅らめさわやかな声, 紅らめそこへパーヴェル・パーヴロヴィチ, 紅らめそれを押し隠す, 紅らめ唇を噛ん, 紅らめ急に眼, 紅ゐ見るもいぶせき, 紅をさえとかして, 紅をも施さない面立ち, 紅インキで校正, 紅ウソ野スズメヨタカその他の多く, 紅オシロイまでつけ, 紅カリンの床板, 紅ガラ色に塗っ, 紅ク透キ徹ッテ見エタリスルノハ, 紅サモ白サモ実物ノ彼女ヨリハハルカニケバケバシク, 紅サンハ大ノ慾バリ, 紅サンヘ三十両瀬山サンヘモ礼ヲスル約束故ニ, 紅スジと称し, 紅ッ毛で天狗鼻, 紅ト爲リ黒ト爲リ又青, 紅ト白トノコノ対照ヲ五子, 紅ナリ霜ヲ負, 紅ホオズキのよう, 紅ホンとに君, 紅ン殻色の出格子, 紅ヶ谷なのよ, 紅一といろではあつ, 紅一滴見る見る長く, 紅一色の鍾馗, 紅一遍摺であるに, 紅ではいくら, 紅三丈の鈴, 紅三連閃光が正しい, 紅下濃の鎧, 紅中田霙果両氏と鳩首, 紅中程のが濃い, 紅丸さんモカさん達も遠慮, 紅丸さん眼を病ん, 紅丸さん紅丸さん構わないから, 紅丸め溺死人が, 紅丸傍らにある, 紅丸先に立った, 紅丸喧嘩でも吹っかけ, 紅丸声を上げた, 紅丸火で暖める, 紅丸福島の人気, 紅丸紅丸面白かった, 紅丸紅丸大風が吹く, 紅丸膏薬を出そう, 紅丸薬剤車を守り, 紅丸野宿の場合, 紅乃至赤を, 紅二十五絃では雷神, 紅二点といつた, 紅人手を一つ拾つて帰つて, 紅人手一つ拾ひて, 紅以上に上気, 紅てんだい, 紅は同じ, 紅にほこり, 紅元結で短く, 紅見われ日, 紅光って居る, 紅光紫霧の賀瑞, 紅入りの着もの, 紅入り友染の帯, 紅入り友禅の帯, 紅く飜つて, 紅刷毛があっ, 紅勘横丁へ火先, 紅勘踊りなどに転化, 紅匂う花が, 紅匂袋女物の扇子, 紅包樹と称する, 紅北風吹きまくる霜枯, 紅千点ともいう, 紅千鶴や高千穂峯子, 紅卍字会母院とよい, 紅卍字教母院の道院, 紅印度と戦い, 紅乳母と, 紅右舷に青, 紅吉さんの, 紅とは別れ, 紅君米国漫遊の別, 紅味五体はタヒチ島土人, 紅和多田玄順所贈云是立田種, 紅咲き重なった矢車草, 紅の紅, 紅公が, 紅によれ, 紅とを持つ, 紅囲粉陣更に一段, 紅の鼠, 紅国人の有名, 紅を有し, 紅土用と寒, 紅に白く, 紅地帯に住む, 紅地広東縞の羽織, 紅む夕霞, 紅の主人, 紅堤灯が吊し, 紅の浅い, 紅塩橄欖といふ果樹, 紅塵一時に鎮まり, 紅塵三千丈の都会, 紅塵十丈の裏, 紅塵千丈の市中, 紅塵埃裏に没頭, 紅塵場裏亦桃源, 紅塵富士煙などは名, 紅塵手鞠に似, 紅塵跡漸疎, 紅塵飜へる街頭, 紅売りだとおっしゃいました, 紅売りでないということ, 紅売りなるものが, 紅天地と言, 紅天鵝絨張りよく, 紅太郎といふ人, 紅夫婦をとめ, 紅は実に, 紅夷ら世には真, 紅女王様が俺, 紅姉様の身の上, 紅ひの, 紅嫌ひと言つて通人の間, 紅を飛び, 紅宝王を嵌めた, 紅宝石中には一カラット, 紅宝石十二個六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 紅宝石碧玉紫水晶などをはめ, 紅寒き血に, 紅寶玉の, 紅屋のを八郎, 紅山桜や桂, 紅崖山の深, 紅差して妙, 紅巾これこそ纐纈, 紅帆呉服船の行方, 紅帆船以前のこと, 紅帆黒風のはためき, 紅帋金箋の祭華, 紅帽子を冠つて, 紅帽青襟の少年郎, 紅幇白幇黒幇そのどれ, 紅の賊, 紅の庖厨, 紅心品紅紫八重咲品白八重咲品等種々な変わり品, 紅情纒綿たる隣座敷, 紅愛し籠より, 紅戦ぎ撫子の, 紅の掛紐, 紅所々の畦, 紅手拭を形見, 紅手綱の白駒, 紅打ちの袴, 紅拾紫鶯を鳴かし, 紅にルビー, 紅挑灯などがどんちゃん, 紅提灯松原の茶店, 紅摺りの団扇, 紅教徒を称し, 紅散乱す炭団, 紅旗幡銀をつらね, 紅旗東南風に仆, 紅旗白旗が打ち振られる, 紅旗青旗のこと, 紅日ニ隨ツテ遠ク, 紅日中天花未酔, 紅日山の端の松, 紅日書楼で句会, 紅日沈辺或呉越, 紅映したる景色ものに, 紅を付, 紅を帯びる, 紅更紗の風呂敷, 紅には白く, 紅のよう, 紅木公爵夫人がこう, 紅木大臣夫婦に今夜, 紅木槿垣に這ひま, 紅木爪が寂しく, 紅木蓮が夥しい, 紅の色, 紅朱樺の疎ら, 紅の白, 紅杏肥濛濛花氣濕人面東風吹冷輕羅衣などといふ句, 紅村村山真雄氏が, 紅の縞, 紅来り黄来り, 紅へ逆さ, 紅松葉菊の花, 紅松金油の匂, 紅柄染の薬袋紙, 紅染み晴れたる水に, 紅染屋の如き, 紅染法の発明, 紅は緑, 紅柳緑水碧山青に至る, 紅と妍, 紅桃色をした, 紅桔梗縞のるゐは, 紅の根, 紅の花, 紅椿素直に重く, 紅椿花がぬれ, 紅極まらなむ, 紅楼夢中の人, 紅をひねっ, 紅様々の光沢, 紅樓望雪ノ冬ニ於ケル四時, 紅樓醉を買, 紅模様のフカフカ, 紅樹青林見渡す森, 紅があった, 紅櫛散薬のよう, 紅殼土の針, 紅殼塗りの小屋, 紅殼色のバンガロウ, 紅殿遠慮はいりませぬ, 紅を敷ける如く, 紅水晶の色, 紅水母のよう, 紅水道といい, 紅氷蓮の咲く, 紅波白浪の美, 紅波緑波を漂, 紅流しだとか気, 紅浅葱の細い, 紅海辺は日本, 紅て垂, 紅淡くした, 紅淡紅でさし, 紅淡紅白と主, 紅淡紅白庭にも園, 紅深い紫青鈍などに, 紅深きうちに, 紅渓駿河の馬蹄, 紅の雪, 紅の膳, 紅溢れて糸, 紅漿かれの, 紅火点々とその, 紅炉上の雪, 紅炉暮鐘を愛す, 紅炎旗に, 紅であったろう, 紅点々たり, 紅無し玉樹亦凋傷, 紅焼鯉に似た, 紅添いて, 紅燈天晴天下一の色男, 紅燈星の如し, 紅燈現はれて, 紅燈甲板より二十尺以上, 紅燈紘歌の巷, 紅燈緑酒美人の膝, 紅燈街に儚い, 紅燈隱れて, 紅燈集の中, 紅燈青燈に彩られ, 紅燦爛の帶, 紅の光, 紅燭夜呼盧相逢還解有情, 紅がひらめいた, 紅の尺, 紅牡丹を叩き付けた, 紅で細長い平たい, 紅玉島砲撃である, 紅玉島要塞は日本潜水艦, 紅玉島要塞司令官ハリガン中将の, 紅玉島金剛石砲台の上, 紅玉髄柘榴石などに混, 紅玻璃燈と共にこの, 紅珊瑚粧門の下, 紅球燈の光, 紅琴女だった, 紅瑠璃に咲ける, 紅瑪瑙をのぞみ, 紅瓦色の楕円, 紅の簇, 紅白粉簪細い手, 紅白紫黄とりどりな騎手, 紅白銅レモン黄ありとあらゆる大輪, 紅百合身の潔白, 紅百合鳶尾草の花, 紅を砕い, 紅に獅子の, 紅盃船に送り, 紅に開く, 紅映ず, 紅眉墨はとけ, 紅石楠の花, 紅を尋, 紅は早く, 紅立羽だの小, 紅立羽烏羽揚羽黄と白, 紅端緒の草履, 紅筆歌かきて, 紅の度牒, 紅糸二本から解けかかっ, 紅糸綴りが出来ました, 紅系統に変え, 紅紅淡紅白庭にも園, 紅紐髷の男, 紅紙一束蝋燭一包を携え, 紅紙鋪と, 紅紫橙いろその他おの, 紅紫瑠璃色白絞り咲き, 紅紫緑の洋傘, 紅紫霄を染むる, 紅絵中には漆, 紅絵具のよう, 紅絵時代茶色の荒い, 紅絵漆絵を出せり, 紅綿を包んだ, 紅綿繃盛河北賊紫金盞酌壽王妃弄成晩歳郎當曲正是三郎快活時, 紅でない水紅, 紅緑樺橙色の名残, 紅緑紫の山, 紅緑青紫と塗られ, 紅線走り手巾持てる手, 紅緞子で頭, 紅の夏服, 紅縞唐桟の下着, 紅縮緬組の杜鵑, 紅のやう, 紅繍毬あるいは珊瑚毬, 紅織るが如く, 紅繻子等の火打, 紅の上, 紅罌粟の香, 紅羅い裙子の裳, 紅羅坊名丸のいい, 紅美しき桃の, 紅の蝶, 紅羽二重の褄, 紅耀がうすれ, 紅が棒鱈, 紅も端麗, 紅腹鷽は雪ぶり, 紅臙脂紫藍緑を主調, 紅過珊瑚海, 紅舷銀翼の小さな, 紅花京せつ子みつ子啄木の五人, 紅苜蓿や四つ葉, 紅その他である, 紅を, 紅茶こしのよう, 紅茶こし化粧品類手帳鉛筆その他文房具および装身具, 紅茶の間今日の行くべき, 紅茶器なんかの上等, 紅茶褐淡黄, 紅もつと, 紅草朱唇緑眉いずれが花, 紅草樽形の花, 紅の徽章, 紅華作ではなかつたらう, 紅みじかき茅, 紅を発いた, 紅落すな, 紅落ちて冠, 紅蓼白蘋録という, 紅蓼葉は紅葉せり, 紅蓼露草蚊帳釣草犬ぢやらし, 紅という食われない, 紅といつ, 紅黄色幻の, 紅薄紫雪の膚, 紅薄藍の如き, 紅薬巌谷小波戸川残花みんな生きのいい, 紅の派手派手, 紅藻ただ七属そのうち四属, 紅藻六属あるヒルデプランチア属, 紅藻属種の最も, 紅のはげしい, 紅蜘蛛みたいな子, 紅蜜柑を取り出し, 紅蜻蛉の羽, 紅蝙蝠のひじょうに, 紅螢石の青, 紅血地上を流れ行く, 紅血染めし屍, 紅血玉盞に滴る, 紅衣女子の幽霊, 紅を着, 紅袖翠鬟ヲ拉シ, 紅製造業紙すきなどから朝鮮貿易, 紅裾濃桃形兜に白, 紅褄帯揚の工合, 紅褌一貫で先, 紅褐色の春モミジ, 紅褪せにけり, 紅褪せしさふらんの, 紅て出, 紅見せて噛ん, 紅解けて皿, 紅豆提灯出て, 紅貝がらのよう, 紅買いに土製木彫りなんど, 紅赤色で濃, 紅赤色子は黒色, 紅赤黄緑茶というよう, 紅足馬居へ行く, 紅足馬闘牛児の二氏来訪, 紅や, 紅蹴返す白脛は, 紅躑躅二人ばつかり照らしける, 紅を飾る, 紅車荒次郎市孝英升などという達者, 紅輪沈み去り暗き, 紅追悼登山の納め, 紅の味, 紅酒青酒瑪瑙酒など七つ, 紅酒黄醸の瓶, 紅の袈裟, 紅を製し, 紅といわれる, 紅の四種, 紅錦織を三領, 紅錫包というその, 紅ヲ以テ彩ル, 紅闘二兄が送つ, 紅隈とつたし, 紅隈藍隈墨隈というよう, 紅隊ト云ヒ二ヲ緑隊, 紅雪ヤ酵草ヲ極, 紅雪柳の白い, 紅の蟠る, 紅霓雷閃の如し, 紅露わなのは取乱した, 紅のよう, 紅靄崖ヲ擁シ, 紅青いろいろの花火, 紅青紫色の燈火, 紅青黄紫のあざやか, 紅靡いたのは, 紅頭嶼万歳だ, 紅頭巾唖か聾, 紅を燭, 紅には夕映, 紅顏夕べに白骨, 紅顏徒らに褪せ, 紅顏朝日を嘲ける, 紅顏花をあざむく, 紅顱巻をかなぐっ, 紅と云, 紅饐えて蛆, 紅の青年, 紅鬟燦たる可憐, 紅鬣腰以下鱗ことごとく逆, 紅とて縁起もの, 紅鯛綺麗なり, 紅鱗瞳と競い, 紅ならぬが, 紅鳳仙花とで結び付けた, 紅鵑血は灑ぐ春城, 紅鶴等の神, 紅鷄頭黄鷄頭雁來紅の苗, 紅のやう, 紅麻艷にし, 紅黄のりぼんをひらつかせ, 紅黄ろい海, 紅黄大小かずかずの, 紅黄橙褐色青緑紺藍空色黒などまるで, 紅黄白色常盤の緑, 紅黄紫藍黒などの禁ぜられた, 紅黄草ト云紅黄草二種アル故ト云ハ, 紅黄草二種アル故ト云ハ, 紅黄葉は到底, 紅黄透絞白百合, 紅黄錦のやう, 紅黄青である, 紅黄青白の灯光, 紅黄青褐とりどりのうつくし, 紅黒くやはり膏汗, 紅黒色を呈し