青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「藤~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

薄暗い~ 薔薇~ 薪~ 薫~ ~薬 薬~ 藁~ 藍~ 藏~ 藝~
藤~
藤原~ 藤吉郎~ 藩~ 藪~ 藻~ 蘆~ 蘭~ 蘭軒~ ~虎 虎~

「藤~」 4292, 46ppm, 2525位

▼ 藤~ (641, 14.9%)

40 花が 37 花の 31 花を 2513 花に 9 ような, 花は 7 蔓を 6 花と, 葉の 5 短い花房, 花ぶさ 4 家へ, 手を, 花も, 花房が 3 うら葉, 姐御, 姿は, 定紋が, 実の, 房が, 方を, 紋の

2 [30件] つるで, ようすを, ように, 上に, 定紋ぢや, 宴に, 家で, 家に, 根に, 棚が, 棚に, 棚の, 棚檜葉垣の, 棚蔽ひあまれる, 様な, 模様の, 皮を, 紋が, 胸を, 花今を, 花蔭に, 花見といふ, 花軒ばの, 葉にと, 葉を, 蔓の, 蔓網戸の, 裏葉を, 見えけん, 顔が

1 [348件] あたま, いつまでも, うしろに, うつくしさ, おつかぶさつた, お名残り狂言, お天気, お糸, お話でございます, お銀, かくれ家, からまった高, からみついた古木, かんがえたこと, くるしみも, こころを, ことは, ころも, ごとしを, さかりでしょう, さしがねで, したなる石, しわざ, ために, ついた四角, つぶやきを, つるが, つれこむに, ところまでも, なさけも, においが, においに, はな軒にに, はらでは, ふさも, ほか村路の, ほか誰も, まむしを, もくさん, もとなる, もとへは, やつれを, ステッキは, ツルの, テーブルの, 一字を, 一房を, 一株を, 三人は, 三君来庵渋茶を, 下に, 下を, 中振袖もれ, 事でございます, 事は, 二階で, 二階に, 人たちも, 仕事か, 体は, 傀儡に, 兄為道の, 全身が, 凄艶, 凝視に, 刑部卿教賢の, 刺繍紋を, 匂いも, 口を, 古木が, 名所也, 名木四季の, 咲きかかった, 咲くかと, 咲くところ, 咲出づる頃である, 問に, 喜びよ, 喫茶店に, 噂が, 声, 声が, 声も, 夕は, 大がら, 大きな蔓, 天ぷら金田の, 女南, 奸策, 如き妙椿, 妹とは, 姉とも, 姿が, 姿またもや, 姿を, 嫩芽を, 嬌媚で, 字の, 字一つを, 存在には, 安臥椅子が, 定紋ついた, 定紋の, 定紋ゆゑに, 定紋を, 定紋打つた, 実は垂れ, 実を, 家から, 家だ, 家では, 家には, 家庭の, 家風は, 寝椅子, 實の, 局が, 局で, 局と, 局の, 局は, 居城, 屋の, 崩態に, 差しだす茶碗, 帯に, 帯の, 帰りを, 幕間で, 弓を, 影は, 後ろへ, 御壺, 心では, 心持の, 忍術を, 性でも, 怪我は, 恋は, 意気な, 懐中鉄砲によって, 懸れるが, 房に, 房の, 房は, 手足を, 投げた綱, 揃い浴衣で, 提灯に, 撃った左膳, 散る初夏頃, 散花, 料理代だけは, 方が, 方の, 方も, 方紫黄昏桂木桂木は, 旗さし物と, 旗差物と, 春花を, 朝を, 枝, 枝か, 枝が, 枝に, 枝は, 枯木から, 根にも, 根は, 根を, 案内と, 棚, 棚から, 棚と, 棚ゆすら, 棧橋, 森あたりは, 森から, 森が, 森まで, 様に, 樹も, 母親に, 比翼絞, 泣き声が, 洋杖の, 洋杖を, 浪倒に, 焼け蔓, 生ひひ, 痛みは, 登場は, 盗って, 盗んで, 盛りを, 目は, 眉が, 真似を, 眼が, 眼に, 眼は, 眼を, 短筒に, 筋向かいに, 簇った, 籠に, 紋ツてね, 紋中着緋紗綾に, 紫が, 紫の, 紫は, 紫を, 紫今日から, 紫咲きいでに, 細いは, 細長を, 絡み付いた穹窿形, 絡んだ壺, 絢爛たる, 総を, 緑廊の, 纎維で, 纏わりついた穹窿形, 纏わり付いた穹窿形, 群で, 老木あり, 耳には, 背を, 背中を, 胸に, 胸中には, 腕前は, 色も, 色を, 色濃き黄昏, 花いといと, 花か, 花かけに, 花かも, 花から, 花かをる頃, 花さえ, 花ざかり, 花ぞいチクと, 花たそがれ時の, 花だ, 花だけ, 花だけが, 花で, 花では, 花とは, 花と共に, 花などが, 花などの, 花などを, 花なれ, 花はとのみに, 花まつより, 花やっぱり, 花やはり, 花より, 花らしい, 花一片一片の, 花人の, 花及ばぬ, 花咲けり, 花心に, 花房ある, 花房に, 花房の, 花房へ, 花房までが, 花房を, 花持つ, 花松より, 花枝を, 花模様の, 花画きたれ, 花空想的仮象は, 花立て, 花立と, 花自分も, 花見る, 花輪世に, 花鮮人の, 芽と, 茶屋女房ほめ, 茶店の, 落葉の, 葉つ, 葉でした, 葉と, 葉へ, 葉も, 葉もはや, 葉や, 葬式が, 蔓, 蔓が, 蔓なら, 蔓に, 蔓にて, 蔓も, 袖屏風した, 見えなくな, 言葉に, 言葉には, 言葉の, 話そう, 足の, 足は, 跫音が, 身にとっては, 身の上を, 通りに, 造花が, 造花は, 金紋の, 長房が, 間に, 関係した, 陰に, 隠れ家, 隠れ家だ, 隠れ家だった, 隠れ家で, 隠れ家である, 隠れ家に, 隠れ家へ, 離間策であった, 雫かな, 青い房, 青葉が, 青葉を, 鞭を, 額は, 顏その, 顏は, 顔から, 顔には, 顔は, 顔へ, 香いのみが, 香が, 香りが, 駕籠の, 黄葉に, 鼻を

▼ 藤~ (443, 10.3%)

1513 の家 8 の顔 7 はその 6 の手, は自分 4 に肌, は顔 3 がいう, がこう, に挨拶, のところ, の眼, の髷, は, はそれ, は眼

2 [24件] が呟い, が睨んだ, とお, と伊集院, のほう, のよう, の前, の口, の声, の後方, の耳, の胸, の言葉, の許, はこの, はそう, は刀, は子息, は少し, は深雪, は益満, は腕組, は膝, を誘き出し

1 [305件] から申し込ん, から聞いた, から飛脚, がいった, がいわれた, がくしゃみ, がじっと, がするどい, がもう, が一足, が上手, が予算, が云った, が以前, が何, が供, が俯向, が口三味線, が周章て, が呶, が坐る, が執心, が大, が張り, が往来, が怒った, が怒鳴った, が怠け者, が惚れ, が扇, が振向い, が携え, が朱実, が次の間, が気転, が牧, が用人役, が知らん, が立っ, が笑っ, が答える, が行きかける, が訊ね, が責める, が赤く, が軽く, が逐電, が阿波通い, が頷いた, が顔, が颯然, が首, が髷, すばやくそれだけ, そっと抜け, だけでも片づく, だった, だろう, っ, って野郎, であった, ではなかっ, でもない, といいはせぬ, という小者, という者, といった, との間, とはお, とはむろん, とふたり, とを見較べ, と並ん, と仲よく, と名乗っ, と名乗った, と外記父子, と忍び合った, と歩い, と眼, と顔馴染, どうしてあの, どの唄, などのわずか, なの, ならば, なるもの, なる者, なんかた, なんかと一緒, にしてやられ, にそそのかされ, にとって士分, になっ, にはその, にむかい, にもある, に取持っ, に思い, に抱きついた, に気がつく, に深雪, に無頼漢, に聞いた, に肩, に計ろう, に返った, のいいわけ, のそういう, のそば, のやつ, の下品, の住居, の体, の体臭, の力, の告げ口, の啖呵, の奴輩, の小屋, の心, の成れの果て, の手前, の指金, の時々, の期待, の気, の真っ向, の肩, の背中, の色好み, の芝居, の若い, の誘い, の身体, の辺, の野郎, の野郎め, の頬, の飛ん, の餌, はあきらか, はあきれ, はあわて, はいう, はいかが, はいかん, はいるか, はうしろ, はうなずいた, はお, はおそく, はかえって, はくちゃくちゃ, はこう, はここ, はここら, はさっき, はしめた, はそこ, はそこで, はそち, はそば, はそれだけ, はためらった, はつとめ, はつるし, はどこ, はにやっ, はぽい, はまた, はもう, はも一人, はやがて, はやや, はゆっくり, はよろめい, はギクッ, は一人, は一体, は乱暴者, は二, は人, は今朝, は今朝結立て, は仙波小太郎, は佇ん, は何, は侠気, は冬場, は冷たい, は出, は別に, は十分, は反らした, は受取った, は口, は吉岡家, は吉岡流小太刀, は同じ, は周章て, は囮, は士言葉, は外記, は大工上り, は安心, は小癪, は峻烈, は常, は強い, は彼, は御殿泊り, は怒り, は思わず, は急, は悲鳴, は扇, は手馴れ, は振向い, は揶揄, は数日前, は旅, は木, は格子, は機, は汗, は決して, は活, は清十郎, は煙管, は狼狽, は疑惑, は百, は盛綱, は真赤, は知りません, は突き当り, は立, は立った, は絶好, は美少年, は腐りきっ, は腹, は臆面, は苦り切っ, は藩中一, は袴, は襖, は襟, は誰, は足早, は迎え, は近所, は遊蕩, は道場, は闇, は離れ, は頭, は飲ん, は駆けだした, は驚い, は黙っ, は黙った, へ一寸, へ振, へ注意, へ貸付, へ酬いた, までがいなかった, もあの, もお, もさっき, もその, もその間, もふかく, もゆうべ, もわき, も二人, も伊集院, も何処, も外記, も寝た, も思い出した, も息, も深雪, も葭簀, や植田, より二つ三つ下, をつかまえ, をのぞい, を加勢, を囮, を打ち殺した, を押し立てた, を知っ, を突き出し, を見, を迎え, を追い廻した, を連れた, を防い, を顧み, 乗って, 同じく四郎, 帰ろうか

▼ 藤夜叉~ (259, 6.0%)

6 のこと 5 の身 4 が生んだ, の姿, はすぐ, を 3 か, だ, ではない, なの, はまた

2 [15件] がまだ, が村, だった, という名, と不知哉丸, と右馬介, にはそんな, のからだ, の体, の名, の顔, はそれ, はついぞ, はまだ, や不知哉丸

1 [187件] あの大橋, があの, がお, がこれ, がその, がやがて, が一生, が口走りつづける, が子, が彼ら, が無断, が立とう, が道誉, が都, そのこと, だけはすぐ, だったと, だな, だ藤夜叉, であった, であったか, でございました, でございます, です, でなければ, ではなかっ, といい, といいまする, という女性, とか, とした, とて大いに, との梅, との秘か事, との肌, とは落ちあっ, とやらそれ, とを大, と仰っし, と告げ, と道誉, などはもう, なんかおもしろく, にお, にご, にしろ, にそっくり, にちがい, にはかたく, にはなにか, には不知哉丸, には無性に, には道誉, にもいる, にもだ, にもはや, にも同等, に身, のお, のそば, のどこ, のば, のま, のもの, の一人舞, の乙女, の乱脈, の前, の口, の叫び, の告げ, の問題, の声, の姿一つ, の左, の影, の手紙, の方, の母子, の烈しい, の生い立ち, の産んだ, の白い, の眼, の積もる, の窶れた, の筆, の縋り, の肩ごし, の胸, の舞, の行方, の裳, の語り出る, の起ち, の輿, の養父, は, はいわれる, はおれ, はこの, はささえ, はそうした, はそっと, はその, はそんな, はどう, はなみなみと, はやがて, はや帰れ, は今朝, は以後, は以来, は体じゅう, は化粧, は叫び, は女, は客, は容易, は当家, は待っ, は桃井, は消え, は狡い, は痩せ, は盲目的, は眼, は祈り, は私, は素直, は胸, は自分, は自身, は越前, は身, は道誉, は関明神, は離さじ, は顔, は食っ, へあれ, へなにか, への好, への手紙, へも腹, へ与え, へ自分, も, もあわて, もかくしぬいた, もきっと, もじ, もすくんだ, もはや, もやや, も乳, も交じっ, も今, も入っ, も共に, も口, も子持ち, も朝, も涙, も病気, も自分, も近江, も道誉, よっく胸, をこの, をさとし, をどこ, をふたたび, をみる, を仆, を力まかせ, を大庭, を尾, を屈伏, を思う, を愛し, を犯す, を知っ, を祝言, を見すまし, を見たく, 待って

▼ 藤~ (207, 4.8%)

3 自分の 2 泥と, 白い顔, 眉を, 第六天篠塚稲荷, 胸に

1 [194件] あくる朝, あっけに, あでやかに, あなたの, あれから, いたずららしい, いつもの, いま一心不乱の, いま源十郎へ, うなづきました, うれしげ, お前さんを, お君, きらりと, こういうの, こけ猿, ここで, ここに, ことし二十二歳で, この深夜, この縁側, さきごろから, さすがに, さてはッ, しかし田舍, じっと眼, じろりと冷やか, すぐおの, すっかりくさっ, せせらわらった, そう言われる, そそくさと, そのあと, そのままくるりと, その手, その梢, そばから, それでももう, それでも泣き, それでも頭, たまり兼ねた樣子, どうした, どこやら, どんよりと, なんとなく気, なんの, ほっとし, まだ五, まだ半, まだ帰らない, まだ短い, まア, もうどこ, もう五十, もう小刻み, もう水火, もう泣い, もう若葉, もとより最初乾雲丸, やおらムックリ, やはり横, ゆっくりと, よよと哭き崩れる, カズラすなわち, カヅラである, ケッケと, ソッと, ピシャッと, 一つも, 一生懸命に, 不安らしく, 与吉が, 両手の, 中国産である, 互に顏, 五十歳をもって, 今どこに, 伽羅は, 何ぐず, 何とも答えなかった, 何んな, 先妻の, 先年来十里四方お構いに, 其女の, 兼而江戸に, 助かりぬ, 努めて, 勝手は, 半信半疑で, 呼吸も, 咲きそらうては, 唐船男爵の, 喪心した, 固く思いこん, 声を, 変った事, 夕ぐれの, 大したやつれ, 大地に, 大欠伸, 奥より, 女とは, 如何にも立派, 始めて, 家の, 小浜屋の, 左膳と, 左膳の, 左膳を, 差上げる訳, 巷間の, 彼女の, 彼等が, 待たせて, 得三, 忍び音に, 思はず悲鳴, 思わず彼, 急に, 恟りし, 恩, 慕う人, 所作そのまま, 手の, 手足を, 散つたの, 数百年と, 早く咲き, 春ごとに, 春日の, 時節に, 暗い中, 更に物, 木綿の, 本当はツル, 枝から, 横に, 樹齢千年熊野の, 橋本方へ, 歩み寄って, 母親に, 気の, 浅草の, 源十郎に, 源十郎の, 無事に, 無我の, 燃える眼, 片手を, 物好きな, 物憂い眉, 番頭の, 疲れ休めに, 相当に, 真逆さま, 真青にな, 眠ったよう, 矢張り一番壺には, 砂に, 突っ伏したきり, 立上がると, 笑い出した, 素より牡丹, 紫の, 美しい顔, 翌る, 老木の, 脱兎の, 良い娘, 色白で, 蒼くなっ, 蒼白の, 藤である, 血腫れの, 見兼ねた樣子, 觀念し切つた, 誰よりも, 身も, 身体を, 軽く煙管, 逃げるも, 透き通るやう, 遊んで, 遠く粕壁, 霜枯の, 静かに, 靜かに, 頑固に, 顔を, 駕籠に, 黒襟を, 默つて捨石の, 默つて首を, 龜井戸天神

▼ 藤さん~ (204, 4.8%)

7 の船 6 の事 4 がいう 3 の家

2 [11件] が, が言, て人, とお, と云う, の方, の言, の話, はもう, は袂, を思う

1 [162件] お入り, お藤さん, から服, か氣, がおいで, がしきりに, がその, がひそか, がふと, がまた, がまだ, がもう一度, が一番, が七つ八つ, が今度, が何, が健三, が入れた, が出, が出かける, が却つてそれ, が問う, が大変味淋, が始終, が帯, が帰っ, が急, が来, が来る, が池, が潔白, が珊瑚, が田舍言葉, が盗った, が笑う, が聞く, が行っ, が貰ってる, が赤い, だって, て何処, であった, である, です, ですか, でも, で当時, といいます, というの, という名, という女, という娘, という若い, といっしょ, といつ, とおっしゃる, とかいふの, との縁, とはヘヘヘ, と二十, と十, と呼ぶ, と瀬川さん, と藤さん, ならこんな, なる給仕女, なんぞは若い, にかぎっ, についてはついに, にも逢わねえ, に向っ, に疑え, に親しい, に頼まれ, に馴れ, のした, のどこ, のに相違, のはい, のはやっぱり, のホヽヽヽ, の三味線, の名, の如き, の妹さん, の娘, の宅, の思う, の白帆, の翳す, の肉体的, の膝, の荷物, の行方, の見, の記述, の身の上, の身柄, の身辺, の連れっ子, はいつ, はこの, はさ, はずっと, はその後いつ, はそば, はそれ, はそんな, はとんとん, はどう, はどうして, はどこ, はどんな, はにわかに, はまだうろうろ, は一人, は前, は坐る, は寝, は小母さん, は少し, は平気, は張合, は微笑み, は微笑む, は想像, は指先, は旦那, は昔健三, は月, は水, は浮気者, は清水さん, は現在どこ, は真面目, は眩し, は知っ, は章坊, は笑い, は薄笑, は赤い, は近江, は鄭寧, は金, は面白, もここ, ももう, も今ここ, も小母さん, も左, も見えねえ, や米子さん, を可愛がっ, を呼びかけ, を御覧, を想像, を慕っ, を抱い, を見, を訪ね, を除け, 御当家

▼ 藤~ (199, 4.6%)

7 の家 4 に酒, の提灯 3 である, と岩根

2 [14件] がこの, というの, という奴, と言, の二人, の姿, の腕, の詮議, の身の上, はお, はその, はまだ, は提灯, 太夫様

1 [150件] がどこ, が先ず, が居眠り, が来る, が果たして, が横, が無事, が目, が饒舌, この四人, その天水桶, だから, であった, であるらしい, でございます, でした, ですよ, で女, で彼, という出船宿, という男, という者, という若者, といふ老僕, といふ鑄掛, とか孝助, とどうして, と云う, と半, と為吉, と申しまし, と言う, と黒沼, どんで, どんにも, どんの, どんも, どん行っ, にちゃんと, にちやん, にはお, には娘, にも何, に五十兩, に何, に別れ, に合圖, に戻りました, に指図, に眼, に金銭, に預け, のす, のほか, のむす, のゆくえ, のゆくえ不明, の匿, の口, の在, の声, の安否, の拵, の故郷, の横ッ面, の次に, の眼, の結髪, の耳, の胸ぐら, の襟髮, の話, は, はぎょろりと, はここ, はこの, はしずか, はそれ, はやはり, はよく, はわたくし, はアッ, はゴクリ, は一向, は一息, は一笑, は主人, は云った, は五十前後, は何, は何處, は先月以来, は全く, は再び, は冷やか, は少しく, は思ひ, は息継, は意気地, は慌てた, は杯, は沈ん, は火の番, は無じる, は無言, は生き, は直ぐ, は真顔, は細々, は縄付き, は草, は語り継いだ, は諭す, は豫, は通ひで夜, は額, は首, は黒沼伝兵衛, は黙っ, ももう, も以前, も冥途, も平次, も眉, も笑い, も近寄っ, をその, をガラツ八, を取り逃がし, を呼付ける, を惡, を指図, を捕え, を探させた, を救う, を救った, を斬る, を殺し, を見かえった, を追い立てる, を顧みました, ホクホクうなづき, 一六船利徳丸へ, 一家の, 其の方, 太夫共より, 常夢, 御主人, 爺は, 親子の

▼ 藤兵衛~ (161, 3.8%)

7 という男 3 の居間 2 である, とも云う, に叱られた, の死体, の甥, はその, は自分, を殺し, を殺す

1 [133件] から後, から放逐, がいま上方, がお, がお前, が一文銭, が前夜, が加助, が博士, が命限り根かぎり, が喋舌, が土蔵, が守将, が寝所, が師範, が林蔵, が殺されれ, が非業, が鼠, この時ズイ, さも嬉し, そのほか姫路, だが, でございます, という人, という古本屋, という町奴, という皮肉, という目明し, という者, という膂力, といった, といふ農夫, とはいわせません, と中村兵庫, と云, と今, と苦難, と連立つ, なきのち, にあずけ, には子供, には特技, にひかされ, にもさっぱり, によく, によばれ, によびよせられた, に叱られ, に土蔵, に諫め, のお, のご両人様, の乾児, の代理格, の傷, の剽軽, の口, の売っ, の好み, の妾, の子, の家, の店, の座右, の心, の流儀, の耳, の股肱, の背後, の葬式, の親分さん, の言葉, の身, の軍, の隣室, はお, はお前, はしばらく, はすでに, はまた, はシロオテ, は云っ, は器物, は土蔵, は堅く, は夜, は大, は幾度, は思いやり, は所詮, は手, は持ち, は木の間, は林蔵, は横山町, は毎朝七時, は気付いた, は気軽, は申し上げます, は考え, は脇差, は谷中, は身, は食事, へ近寄っ, またも一膝, もさすが, もそれ, もものう, も不平, も多勢, も近づい, よりはずっと, より出でた, を一突き, を乱軍, を利用, を取り巻い, を大将, を恨ん, を殺しました, を殺そう, を生かし, を訪ねました, ピンと, 云い出したもの, 今峰頼母, 召されること, 少しも, 怪しき膳部, 決して威張り, 益々殺意

▼ 藤~ (123, 2.9%)

2 三つに, 左膳の

1 [119件] あって, あつて, あるさうな, いう, おさえて, おれに, お艶, かかって, からんで, こうした変わった, ここに, このとき, ころげるよう, こんなに想っ, ささやいた, さそっても, すり寄って, そこを, そっと寄り添っ, そのあぶない, その前, それでも神妙, たしなめたが, たずねて, とぐろを, ともにこっそり盗み出し, どんなに評判, なくなったら即金, はびこって, ひとすじ血を, ひとり言を, キッと, 一ぺんに, 一株, 一面に, 三つの, 下から, 与吉の, 両側から, 今年は, 何か, 何者であろう, 例年よりも, 入れて, 初め捕われ, 匂は, 十手の, 卓上電話を, 即座に, 去りゆく舟, 咲いたね, 咲きかけて, 咲き巌膚, 咲き重, 咲く, 咲くか, 咲こう, 多い, 大きく硝子戸, 始末も, 始終お上, 姐さん被り, 姿を, 嫁に, 寝て, 小さく染め出し, 居なくなったぞ, 居なくなったと, 居なくなりました, 居なくなれば, 居る, 巻附く, 店へ, 待ちあぐんで, 後ろから, 得心の, 忍び入って, 忽然と姿, 春で, 暗く掩, 朝夕宗匠の, 木々の, 木の, 枝を, 植わつて, 止めたとき, 死んでから, 気の, 江戸に, 洩らすの, 源十郎とともに, 源十郎への, 無事に, 相当な, 知って, 笑ったとき, 紫に, 紫の, 結綿の, 絡んで, 美しくかかっ, 胆を, 舟へ, 莢に, 落ちるよう, 親類に, 言いました, 言った, 訴え出て, 調布の, 這い伸びて, 這ひ, 関与し, 頭を, 顔色を, 風に, 風の, 飛び出したこと, 驚声を

▼ 藤~ (102, 2.4%)

3 連れて

1 [99件] あちらこちらの, あの一風宗匠, えらび小袖, お艶, かえりみ, かぎつけた御用, かこんで, からませた衝立, くれた古田中さん, こよなく愛した, さし招いた, さらったわけ, さらって, じろりと見, その場, たずね兄妹久々, とりまいて, どうと, どかせて, にらみすえた, はじめ源三郎手付きの, ばいかに, まとへるさいかち, やられん, フジと, 一矢彩る, 交互に, 今宵高田に, 入れて, 助けまして, 助け出しつつ, 取りて, 句に, 呉れとは, 多く見る, 奥へ, 嫁に, 宿場へ, 小脇に, 帰しそのまま, 引き起こすと, 強て, 忍ばせ再び, 思うて, 愛する宴, 憎さげ, 打砕いて, 折って, 抱き上げて, 抱き起しいろいろ, 抱取り肩, 押しのけて, 持たない藤娘, 指して, 挿して, 捧げる, 捨てる, 掴んで, 搜し出し, 放すべきか, 救いいだし, 東に, 横に, 活けたるい, 潜りながら, 産んだ下女, 盗賊の, 眺めながら, 知って, 知りつくしたうえ, 移しもって, 移植し, 突放せば, 絞め殺したの, 編み蔦, 縁付けたいと, 縛り附け座敷, 育てる氣, 背に, 自室に, 見あげた与吉, 見しこと, 見つ, 見つけて, 見に, 見ると, 見失って, 見物し, 誘拐し, 責めて, 責め苛んで, 買つて行つた, 蹴返して, 送って, 送らせ金六, 連れまして, 進げます, 里に, 閉込め置く処

▼ 藤~ (99, 2.3%)

6 の令嬢 4 の衣, の頭巾 3 の半襟, 絞りの 2 に染め, に染んだ, の地, の緒, の表紙, の裾, の襦袢

1 [65件] か緑, が, でした, で白地, という, となり, とばかりじゃ本読み, とも紫苑, と帯, と踏んだ, と黒, なの, なる水干, にし, になっ, になり, に厚く, に染めた, に通る, の, のお, のふりそで, のよう, のカーテン, のタオル, のチマ, のミサ子, のルバン, のレターペーパー, のレター紙, の伊達巻, の八ツ口, の円柱状, の出, の包み, の厚い, の天正裃, の娘, の小袖, の手柄, の拝領羽織, の村, の桜草, の洋服, の洋装, の白銀, の着物, の紋附, の腕, の腰, の草履, の薔薇, の衣裳, の袷, の裏, の裏襟, の襟, の遠景, の長襦袢, の陣羽織, や水紅色, や臙脂, をし, をした, 乃至紅

▼ 藤~ (97, 2.3%)

2 か, が声, であった, の眼, はこび, は一人

1 [85件] がとびこん, がはいっ, がひょっこり, が入っ, が叫んだ, が怒り, が怒鳴った, が猪, が相手, が見えた, が逃げだす, じゃア, すっかり気勢, だけはまさかおめおめ, とに切っ, とは兄妹同様, と云っ, と申, と申す, どうした, なの, にとっては村, にはまた, によりそった, に会った, の, のあと, のおも, のやり方, の一生, の伜, の入っ, の声, の妙, の姿, の小父さん, の心, の敵愾心, の竿, の自首, の視野, の身の上, の運命, の野郎, は, はいくら, はいった, はお, はこの, はそう, はどうにも, はもう, はツト, は一年ごと, は世, は事件, は再度, は前, は叫んだ, は呟いた, は四辺, は大の字, は床, は怒鳴った, は急き立てた, は戸, は益, は胸, は自分, は薪割り, は見事, は走っ, は酔っ, は静か, は風, は駄目, へすぐ, まんざら知らねえ, や杉浪, をつれ, を叩いた, を囲み, を見送った, を蹴り退け, 駆け去る

▼ 藤~ (74, 1.7%)

22 の宮 7 の女御 3 の御殿, へおいで 2 である, と源氏, ノ君

1 [33件] が一杯, であって, との姦通, との恋, との情事, と言われ, などというよう, にはいつも, にばかり来, にまで屋鳴り, に通じ, に長い, に雪, のさま, のひとつ, の一室, の三条, の侍女, の御簾, の更衣, の生活, はそれ, は罪, への恋, へまいった, へ薫, へ行きたくなっ, もある, や葵, をめぐってお歌, を后, を慕った, 特に六条御息所

▼ 藤兵衞~ (72, 1.7%)

5 の家 3 といふの, のところ 2 が死ん, が自分, の娘

1 [55件] から無理, から眞物, か宜しい, が, が低い, が本, が江戸, が疊紙, が繪圖面, が自害, が隣, ですから, と一緒, と弟子, なら前, にも逢つて, に取, に姿, に愛想, に知れない, の伜夫婦, の外, の大事, の孫娘, の弟子, の手, の死んだ, の死體, の爲, の説明, の跡, の身, の遺書, はあれ, はそれ, はどこ, はまだ, は上屋敷, は今朝自害, は半歳前, は四日前, は外, は彌, は御, は自分, は蟠り, は雪舟, は面白, へ相談, へ繩, ほどの者, も楢林定一郎, やお, を疑つた, を訪ね

▼ 藤~ (62, 1.4%)

1 [62件] か聖尋, がもう, が厭世的, が答え, すらも, だった, とする, と季房, などが玉座, などもま, にあずけ, につづい, に就い, に答えた, のいる, のかなしみ, のつれ, のふたり, のまえ, の垂れ, の師垂水氏, の復命, の泊っ, の潔癖, の生涯, の画像, の語気, はあやしんだ, はあわて, はいちど, はさらに, はじつは, はすぐ, はその, はハッ, は今, は公平厳正, は北山, は吉報, は天皇, は愕, は政道, は毛穴, は胸ぐるしく, は自分, は自然, へ, へわたす, もここ, もすぐこう, もはや死, もまた, もゆうべ, も名, も坊, も季房, も知っ, をし, をその, をも, をもっ, を以て我国宋儒

▼ 藤三郎~ (58, 1.4%)

8 とお仙 3 の顔

2 [13件] と妾, と眼, に引廻, の後, の肩, の部屋, の顏, は少し, は怫然, は武家出, やお仙, を始め, を差し措い

1 [21件] が余計, が答, が答えた, が答える, が隠した, が隱, が餘計, すなわちお, という遊女屋, ともう, などの重役, の頬, はそのまま, はちょっと, は中年者乍ら槍, は懐手, は民政党, も, も説き, を使い, ガラッ八

▼ 藤~ (51, 1.2%)

3 躑躅と 2 噂の, 申します

1 [44件] いいました, いへば, お安ちゃんこ, お舟, かいて, ささやきかわして, つつじの, つづみの与吉が, チョビ安, チョビ安だけの, チョビ安を, フジ, 与吉と, 与吉は, 云う女, 云う彼, 云う酒屋, 云う隣座敷, 何かの, 俗謡にまで, 又次郎という, 名乘, 呉葉との, 変な, 山吹わけ, 左膳を, 引っかかりの, 書いて, 書くの, 松蝉, 桐との, 櫻の, 次男の, 源十郎が, 牡丹, 申しました, 申す女, 申す婦人, 申す後家, 石田も, 石長生とは, 私は, 菖蒲を, 言ってナ

▼ 藤~ (38, 0.9%)

11 御の 8 御は 5 御が 3 御に

1 [11件] 御, 御あれ, 御だ, 御だけは, 御はて, 御ほお, 御まで, 御も, 御を, 御チョビ安, 御与吉

▼ 藤~ (38, 0.9%)

3 の半襟 2 となり, の袴

1 [31件] で染め, と紅, と雪白, に光っ, に浅黄, に濃く, に白茶, に薄, のなまこ, のぼかし, のショール, の一揃, の上衣, の夏羽織, の小, の小菊, の振袖姿, の斑, の波, の空, の組紐, の羽織, の肩掛, の色, の衣裳, の被布, の調和, の雲, の鹿子切, を布地, を非常

▼ 藤~ (36, 0.8%)

2 つれられて

1 [34件] うながされて, こう念, して, しろ躑躅, すがりて, そのかくれ, ついたの, なって, ふきこまれたお, ぶつかって, よりたる夜, 下った, 今は, 手を, 持たせて, 春ゆく, 注がれた一例, 注目され, 生ず, 生ず一枝, 眼くばせし, 突き飛ばされて, 素破, 花を, 蔽われたバンガロー風, 蔽われた古風, 血の, 言はせる, 譲って, 質さなかったお, 迷って, 逢ふと, 預けて, 養子を

▼ 藤左衞門~ (34, 0.8%)

2 の心, はさすが

1 [30件] が置き忘れた, でした, とその, と二人, に訊く, の娘, の帷子, の昔, の言葉, の許, は, はさつと, はたまり兼ね, はよろ, はホツ, は一, は一應女房, は一色友衞, は分別盛り, は到頭, は口, は幾度, は本, は眉, は見詰めました, は道理, も玉江, を呼出し, を殺した, を討った

▼ 藤~ (30, 0.7%)

1 [30件] お力添え, こんなに血だらけ, すぐに, それに対して, ちょっと意外そう, なく涯, また, みでて, やはり不, グラジオラスも, チョビ安も, ポカンと, 今は, 原一面, 台所の, 咲いてるさ, 咲きかけて, 因果な, 怖気を, 懐中鉄砲の, 手を, 散りなぎさ, 朝から, 来国光, 死なずに, 相手が, 美しく見物, 老母と, 船が, 風に

▼ 藤~ (27, 0.6%)

1 [27件] か伝次, が, が嘯く, が執, が馬, であったに, で一方, と云い, と八郎太, と羽鳥八郎太, の切ッ先, の影, の眼, の耳, の行方, はいや, はきょろきょろ, はさっき, はすぐ, はどう, はどこ, はピョン, は何度, は笑っ, は色, も狼狽, も考えた

▼ 藤~ (24, 0.6%)

5 の語部 2 の長者

1 [17件] の一門, の勢力, の南家, の女あたり, の実在人物, の末, の栄華, の権力下, の氏, の氏上, の氏上相承, の盛ん, の門, は狼狽, や北野, をし, を語る

▼ 藤九郎~ (22, 0.5%)

1 [22件] そのほか, だ, でござるお, といい, という中年者, という人, と有馬源, などを問題, のほう, のエンブリ摺り一行, の卵, の女房, の悲嘆, の羽根, の顔, は一目, は伊丹屋, は夏, は快, ばかりは無考え, もこれ, を殺した

▼ 藤十郎~ (22, 0.5%)

2 の心

1 [20件] か何, に呼び止められた, に書, のお, の不, の偽り, の傾城買, の背後, の膝, の芸, ははいはい, は二人, は得意, は恋, は最初足音, は片手, は自分自身, は若, は頷い, もおし黙った

▼ 藤八猿~ (21, 0.5%)

2 であった, は独楽, を肩

1 [15件] から得た, が奥, が居る, の着, はこの, は主税, は二つ目, は来た, は眼, は築山, を下ろした, を可愛がり, を背中, を自由, を追っかける

▼ 藤~ (20, 0.5%)

2 が被

1 [18件] が出, と称する, なんてお, になり, のよう, の人形, の絵, の話, は京都, は無法, や, や可愛い, や鷹匠, をもらっ, を僕, を彫った, を彫つた, を踊った

▼ 藤~ (19, 0.4%)

1 [19件] お美津, お藤, ちょっと此処, また朝貌, んが, んには, んは, 伊助の, 刈り草, 山吹が, 山吹と, 数知れぬ, 桜の, 桜は, 牡丹や, 艶子に, 菖蒲は, 蔦の, 躑躅の

▼ 藤~ (19, 0.4%)

2 は松明, は母

1 [15件] がどこ, だった, には廻し, のこと, はいやがった, はどこぞ, はなお, は先, は店頭, は柱, は独楽, は睨みつけられた, は緒, も行きたがった, を促す

▼ 藤六さん~ (19, 0.4%)

2 はその, はまた

1 [15件] が一番, のおち, のお家, の手のひら, の村, はある, はいつも, はひく, はびん, はもう, は何と, は川原, は時時, は藤かづら, は西洋人

▼ 藤右衛門~ (18, 0.4%)

2 のほう

1 [16件] という植木屋, といふもの, と云, と云う, の四人, の方, の言った, の配下, は, は不思議, は免職, は手, は本戸, は立っ, へ落着, を討った

▼ 藤九郎盛長~ (17, 0.4%)

1 [17件] が下総, が政子, が賞め, が頼朝, とが並ん, と申します, に密書, は先, は少し, は足, は軽装, は頼朝, もそっと, も天野遠景, も帰らず, を使い, を導い

▼ 藤八郎~ (17, 0.4%)

2 と木下

1 [15件] がいる, そのほか, だったし, といい, と共に必ず, と山路将監, などのいる, の両, は主君, は小姓組, は年少, は真っ直ぐ, は逃げ, も半, をゆり起し

▼ 藤一郎~ (15, 0.3%)

1 [15件] にはわからなかった, の胸, はその, はつい, はまた, は主人, は今, は何時の間にか, は努め, は女, は絶望, は自分, は自転車, は遽, もいい

▼ 藤~ (15, 0.3%)

1 [15件] いかにも弱く軽く, が曰く, が節付け, たった一人, だけが後に, という大, と雇人達, に逢い, の口吻, の工場, の硝子, の話, はにこにこ, は思はず, は氣

▼ 藤~ (15, 0.3%)

3 の花 2 のはじける 1 いんげん, がはね, と玉蜀黍, のぶら下った, のよう, の如き, の莢, の葉蔭, を植ゑ, 小さな西瓜

▼ 藤~ (14, 0.3%)

1 [14件] いうの, が, が頼朝, です, に守られ, に小さな, の口, はすぐ, は兄, は答え, は隼, をきめこん, を初め, を呼び出す

▼ 藤~ (14, 0.3%)

1 [14件] がまるで, が店, が来てた, だから, と三人, に忠告, の一缺點, の胸, はおんつ, はそれ, はもう, も藤公, をた, 不斷

▼ 藤~ (14, 0.3%)

2 です

1 [12件] くらいのもの, といっ, とはどうしても, と死んだ, と違っ, に任せき, に器用, の前, の妹, の家, もお, も恟

▼ 藤づる~ (13, 0.3%)

2 の縄

1 [11件] に絡みつかれ, の多い, の弓矢, の着物, の籠, は這いこん, へ取, を張っ, を持っ, を攀じ, を認め

▼ 藤~ (13, 0.3%)

2 の虎狩

1 [11件] が悍馬猛虎, ではない, とを勤め, と唐人, と錦祥女, に扮, のよう, の勇気, の母, の父母, をそのまま

▼ 藤~ (13, 0.3%)

1 [13件] が或, であった, の姉, は, はいきなり, はことし十五, はその, はそれ, はぷいと, はまた, はまだ, は質子構え, を訓戒

▼ 藤夜叉さん~ (12, 0.3%)

1 [12件] から大, がお, にもいえるでしょう, のは信仰, の持つ, の方, はそれ, は何, へのお, へ書いた, も持っ, も日蔭

▼ 藤夜叉さま~ (10, 0.2%)

1 お主, では, といい, とここ, と不知哉丸君, にはまだ, にはもっと, には何より, に痣, に見えた

▼ 藤さま~ (9, 0.2%)

2 と云う 1 が女, とお, には誠に, は神, を欺, を訪ねる, を連れ出し

▼ 藤という~ (9, 0.2%)

1 のが, ものが, ものを, 下宿屋に, 他の, 別嬪は, 家へ, 屋号の, 者が

▼ 藤どの~ (9, 0.2%)

2 の身 1 おそらく行く先, でございますな, はあの, は名, は自分, をこう, を有効

▼ 藤判官~ (9, 0.2%)

5 の屋敷 1 が放免, だと, だ手, の所

▼ 藤~ (9, 0.2%)

2 の四姓 1 どの天下, の四氏, の手習い手本, の立派, の藤原, を嫌わない, を自称

▼ 藤甲軍~ (9, 0.2%)

1 でしょう, といい, というの, と呼ぶ, の士気, の現われた, の自信, は一兵, をひきい

▼ 藤~ (8, 0.2%)

1 ジロリと, 向かって, 寄って, 泊るからとの, 源十郎は, 転じてから, 返して, 遊びに

▼ 藤ダナ~ (8, 0.2%)

8 の下

▼ 藤侍従~ (8, 0.2%)

1 とつれ立っ, の所, の肩, の返事, の部屋, はつら, は自身, を訪問

▼ 藤~ (8, 0.2%)

1 が出, じゃア, だよ, と名付ける, などが雁字がらめ, にも賛成, よ, を舞わし

▼ 藤~ (7, 0.2%)

3 を訪ねる 1 から指月堂君, そして辻君, のお, へ手紙

▼ 藤~ (7, 0.2%)

2 というの, を織っ 1 が用いられ, として中, の中

▼ 藤なみ~ (6, 0.1%)

3 の花 1 の花よみ, よりもあはれ, を見る

▼ 藤房卿~ (6, 0.1%)

1 からじかに, がお上, がよろしく, のこと, の突然, までがそう

▼ 藤次様~ (6, 0.1%)

1 がお先, が約束, とどこ, のお, は御, 縛って

▼ 藤紫色~ (6, 0.1%)

2 の陰翳, をした 1 の着物, の色彩

▼ 藤から~ (5, 0.1%)

1 それを, はじまったこと, 嵐の, 本所四ツ目の, 源十郎へ

▼ 藤ちやん~ (5, 0.1%)

1 が新橋, が来る, に本, の名前, を見ろ

▼ 藤~ (5, 0.1%)

1 中に, 侍に, 編んだ細長い平たい, 織ったあらあらしい, 飾られゐた

▼ 藤といふ~ (5, 0.1%)

1 のが, のは, 娘が, 娘に, 娘は

▼ 藤どん~ (5, 0.1%)

1 がおも, というの, なる藤五郎氏, のいうこた, わっし

▼ 藤ヶ谷~ (5, 0.1%)

3 の明神山 1 という処, へ来ず

▼ 藤六どん~ (5, 0.1%)

1 で, とこの, にはてまえ, の家, の所

▼ 藤大納言~ (5, 0.1%)

1 が来た, と申し上げます, のこと, の息子, は長い

▼ 藤~ (5, 0.1%)

1 で島津, とした, にあらためた, の紋, を選んだ

▼ 藤~ (5, 0.1%)

1 の亭主, の亭主一人, の店先, の店頭, は係合

▼ 藤椅子~ (5, 0.1%)

2 の上 1 から起きあがつ, に腰, へ腰

▼ 藤氏四流~ (5, 0.1%)

5 の如き

▼ 藤~ (5, 0.1%)

2 の兵 1 の特徴, の蛮勢, を着こんで

▼ 藤~ (5, 0.1%)

1 の領地, の首, はその, は馬上, を抜擢

▼ 藤色縮緬~ (5, 0.1%)

1 の, のお, の三枚襲, の二枚着, を吹

▼ 藤裁判長殿~ (5, 0.1%)

1 の手許, はこの, はつきつけた, は神楽坂, を忌避

▼ 藤龍軒~ (5, 0.1%)

1 がこの, の兵術, の来歴, は七十歳, を師

▼ 藤いろ~ (4, 0.1%)

1 の寛衣, の小袖, の褄, 革の

▼ 藤~ (4, 0.1%)

1 ずらを, どうか, ッ, ハヽヽ藤や

▼ 藤かづら~ (4, 0.1%)

1 がありました, がまだそのまま, のわ, をきつ

▼ 藤それ~ (4, 0.1%)

1 からはその, から堀切, にも負けない, を信じ

▼ 藤との~ (4, 0.1%)

1 こころの, 最初の, 約束は, 縁が

▼ 藤にも~ (4, 0.1%)

2 百合にも 1 優るだろうと, 桜にも

▼ 藤~ (4, 0.1%)

2 と大, は閣下

▼ 藤六老爺~ (4, 0.1%)

1 が居る, が死にました, には妙, の一つ

▼ 藤兵衛牛~ (4, 0.1%)

1 と塩谷村, は全身, は妙, は漆黒

▼ 藤夜叉どの~ (4, 0.1%)

1 とも, のこと, の身, へは

▼ 藤~ (4, 0.1%)

1 と申します, にお礼, に贈りました, はふと

▼ 藤姐さん~ (4, 0.1%)

1 ぐらいに色, だ, はお, もあんまり

▼ 藤次さん~ (4, 0.1%)

1 っ, に逢いたかろう, は, わかる

▼ 藤氏族長太宰帥南家~ (4, 0.1%)

2 の豊成, の豐成

▼ 藤~ (4, 0.1%)

1 などは或いはまた, のやつれ, の窶れ, を何枚

▼ 藤裁判長~ (4, 0.1%)

1 が庄司利喜太郎, は折角, は支倉, を忌避

▼ 藤阿弥~ (4, 0.1%)

2 のところ 1 がいかにも, は在宿

▼ 藤~ (3, 0.1%)

1 引越しの, 納戸の, 納戸緋桃色水色白紅

▼ 藤きちろう~ (3, 0.1%)

1 のし, はたのもしい, はわたし

▼ 藤~ (3, 0.1%)

1 と言つて名乘つて, なの根もと, のの

▼ 藤としては~ (3, 0.1%)

1 お艶, 最初から, 腹の虫が

▼ 藤とも~ (3, 0.1%)

2 あろうもの 1 違ふ

▼ 藤には~ (3, 0.1%)

1 まだ早い, 婦女を, 相変わらずそっけ

▼ 藤を以て~ (3, 0.1%)

1 山上より, 繋ぎ合せ, 織るもの

▼ 藤三親分~ (3, 0.1%)

1 の偉力, の配下, は帆村

▼ 藤五郎氏~ (3, 0.1%)

1 が来, が背負っ, の指さす

▼ 藤作老~ (3, 0.1%)

1 と同じ, はすたこら, は煙管

▼ 藤内兵衛~ (3, 0.1%)

3 遠光

▼ 藤内左衛門~ (3, 0.1%)

1 の一勢, は数日, は阿倍野

▼ 藤吉郎~ (3, 0.1%)

1 の腹中, へ通じる, も火の手

▼ 藤夜叉そ~ (3, 0.1%)

2 なたも 1 なたが

▼ 藤~ (3, 0.1%)

1 に起き臥しした, に辛抱, へ養女

▼ 藤~ (3, 0.1%)

2 の墓地 1 の門前

▼ 藤山吹~ (3, 0.1%)

1 の花, の花かつら, を手折った

▼ 藤~ (3, 0.1%)

2 に向っ 1 は心得

▼ 藤~ (3, 0.1%)

1 といふの, の門, は恐く

▼ 藤~ (3, 0.1%)

1 はここ, はどう, を人形

▼ 藤次利武~ (3, 0.1%)

1 でさあ, と名乗っ, を十分

▼ 藤相模守~ (3, 0.1%)

1 がもうすこし, が咳払い, をはじめ

▼ 藤茶屋~ (3, 0.1%)

1 に名代, のあたり, の藤

▼ 藤貴様~ (3, 0.1%)

1 のぼせて, はなかなか, もしっかり

▼ 藤長苗~ (3, 0.1%)

1 にあて, の学名, はその

▼ 藤この~ (2, 0.0%)

1 壺さえ, 隻眼隻腕の

▼ 藤これ~ (2, 0.0%)

1 お藤どの, は安永

▼ 藤ごろ~ (2, 0.0%)

1 も, もを着た

▼ 藤さんの~ (2, 0.0%)

1 だ, だという

▼ 藤その他~ (2, 0.0%)

1 があった, の花樹

▼ 藤それから~ (2, 0.0%)

1 下草の, 野郎どもも

▼ 藤だの~ (2, 0.0%)

1 山下定包だの, 山葡萄だの

▼ 藤づるでからめ~ (2, 0.0%)

1 それで街道, それで道幅

▼ 藤であった~ (2, 0.0%)

1 からうらまれる, ので竜

▼ 藤では~ (2, 0.0%)

1 ない, 勿論叔父

▼ 藤~ (2, 0.0%)

1 のでおや, のです

▼ 藤などは~ (2, 0.0%)

1 そのずつと, 慥に

▼ 藤ばか~ (2, 0.0%)

1 ますでに, ま今

▼ 藤むらさき~ (2, 0.0%)

1 の公達袴, の袖

▼ 藤やん~ (2, 0.0%)

1 だってお前, 栗が

▼ 藤より~ (2, 0.0%)

1 紫濃く, 菖蒲杜若より

▼ 藤三郎さん~ (2, 0.0%)

1 が, が今朝

▼ 藤三郎信勝~ (2, 0.0%)

1 のふたり, は織田家

▼ 藤中納言~ (2, 0.0%)

1 のお家, は自身

▼ 藤久君~ (2, 0.0%)

1 がその, が外国

▼ 藤五郎さん~ (2, 0.0%)

1 のところ, もう証拠

▼ 藤五郎さんお前さん~ (2, 0.0%)

1 だろう, は名

▼ 藤作殿~ (2, 0.0%)

1 嚇して, 頼む澄江殿

▼ 藤~ (2, 0.0%)

1 あすぐ, の言

▼ 藤八五文~ (2, 0.0%)

1 の直, の薬売

▼ 藤六夫婦~ (2, 0.0%)

1 は相模, を始め

▼ 藤兵衞自身~ (2, 0.0%)

1 が一番都合, の外

▼ 藤典侍~ (2, 0.0%)

1 である, にできた

▼ 藤右衛門さん~ (2, 0.0%)

1 この土地, その猫眼

▼ 藤右衛門どん~ (2, 0.0%)

1 の伜又助どん, よ

▼ 藤右衞門~ (2, 0.0%)

1 と云, の処

▼ 藤夜叉これ~ (2, 0.0%)

1 へ来い, ほど男

▼ 藤大夫~ (2, 0.0%)

1 と懇意, の宅

▼ 藤小米花友待~ (2, 0.0%)

2 の空

▼ 藤~ (2, 0.0%)

1 がゐる, は或

▼ 藤弥太~ (2, 0.0%)

1 などを見た, は気

▼ 藤~ (2, 0.0%)

1 に起された, の二十七疊

▼ 藤桜山吹~ (2, 0.0%)

2 など飛

▼ 藤橘等~ (2, 0.0%)

1 の姓氏, 諸名家

▼ 藤次野郎~ (2, 0.0%)

1 の舌, も自分

▼ 藤母子~ (2, 0.0%)

1 がたまらなく羨し, の姿

▼ 藤~ (2, 0.0%)

1 というの, は此附近

▼ 藤相模守茂郷~ (2, 0.0%)

1 がそこ, は七十七歳

▼ 藤精蔵氏~ (2, 0.0%)

1 が時折参詣, 同筆者等

▼ 藤納戸色~ (2, 0.0%)

2 の着物

▼ 藤~ (2, 0.0%)

1 を私, 又棚菊是ナリ

▼ 藤野立馬~ (2, 0.0%)

1 という, と昌平塾

▼ 藤錦木~ (2, 0.0%)

2 ほそき孟宗

▼ 藤~ (2, 0.0%)

1 の天鵞絨, の着物

▼1* [421件]

あやめ菊蓮, 藤てもたっ, 藤いつのまにやら粋, 藤おちょぼ口を袖, 藤かかへ危ふき, 藤かかる杉大木の, 藤かづら芥子に恨み, 藤かねて言い聞かした, 藤かをきめるつもり, 藤きちろうと申されて, 藤きちろうどのがむかえ, 藤さん何をあわて, 藤さん子がある, 藤さん構はない, 藤じゃアねえか, 藤ぐけえってくる, 藤そっぽを向い, 藤その外高家の, 藤そも左膳を, 藤そんな事で, 藤そが, 藤たると橘たる, 藤だまって与吉, 藤ちゃんに惚れてる, 藤ちゃんはずうっと, 藤ちゃん仕方がありません, 藤ちやんあれ, 藤ちらちらと周囲, 藤ちる雨に, 藤や, 藤つつじの盛, 藤つつじあやめと咲き, 藤つづみの与吉をはじめ, 藤つるで編む, 藤づるかなにかで結びたして, 藤づるでせなかへかけ一本の松明, 藤づるで鞘が出来, 藤づるにすがってふたりの子, 藤づるにつかまって巨岩大石を足, 藤づるのおほ土瓶がかかつて, 藤づるの下をくぐりぬけ, 藤づるや道の辺り, 藤づる籠の古着, 藤エのが, 藤であるということ, 藤であるならば竹, 藤であろう汝は, 藤でなくたとえば貴人, 藤とが咲いて, 藤とて美しき二人, 藤とはまるで違っ, 藤どの委細を話せ, 藤なぞ生けて, 藤などにかかり合いが, 藤などを見て, 藤についてはふたりとも, 藤にては山三郎半, 藤に対してももはや黙っ, 藤ねえ日頃貴方の, 藤ねずみのお, 藤のみならず弥生, 藤ひそかに何事, 藤ほたるぶくろ, 藤まで食事し, 藤まるで人間に, 藤の意趣, 藤もう立ちかけて, 藤もうこうなれば, 藤やが笑うの, 藤やん来ておくれよ, 藤そんなに店, 藤よろめく足を, 藤ィ豆冬瓜ささァ, 藤イナリヘ百日夜々参詣シ又ハ王子ノイナリヘモ百日, 藤クスノキの楠, 藤チョビ安の三人, 藤ヅルのよう, 藤パンの前, 藤ヒステリカルな癇癪, 藤ヶ崎峠を越え, 藤一度左膳を, 藤一種には限っ, 藤七関口忠太郎川俣久平寺内清次島田雄三郎新井保太郎藤沼友次郎板橋六郎川島治平青木清蔵吉岡耕作天海浜吉内田卯三郎栗原喜蔵岩下喜右衛門等の百余名いずれ, 藤丈夫君が来, 藤三五年この方, 藤三国弘という小, 藤三後から曳い, 藤三行久が橋, 藤三行久伊勢与三郎などと共に一団四百七十騎, 藤三郎さんところの材木売渡し, 藤三郎ガラツ八は, 藤三郎一と通り武術, 藤三郎一通り武術の心得, 藤三郎万両分限の支配人, 藤三郎今日はご用明き, 藤三郎富田知信の両, 藤三郎当年十八歳になる, 藤三郎父親がまた, 藤三郎萬兩分限の支配人, 藤三郎長吉はことし十五, 藤与吉をちょろまかし, 藤与吉ほか二三の者, 藤介, 藤小駒, 藤九郎めを贔屓, 藤九郎め好男子だからな, 藤九郎弥六小熊彦一などが大, 藤九郎有馬源之丞, 藤九郎殿と有馬源, 藤九郎盛長どのか, 藤九郎盛長仁田天野など刎頸, 藤也君の二人きり, 藤二郎に百貫, 藤二郎それに師匠, 藤五ひとりだけが血みどろ, 藤五八郎太二人にたいする侮蔑, 藤五羽鳥八郎太の二人, 藤五郎でなければ, 藤五郎さまじゃに, 藤五郎さんあなたが吉兵衛, 藤五郎さんお前さん妙なこと, 藤五郎さんこれはお前, 藤五郎さんさっき内所で起される, 藤五郎氏たちが先, 藤五郎氏伊手市氏両人ともそれ以来ここ, 藤声に, 藤作さんに栗, 藤作といへる名高き, 藤作どんが酔ったまぎれ, 藤作どんとやらが酒, 藤作一人が途方, 藤作不承不承に立ち出でた, 藤作巫女を案内, 藤作様と小林様, 藤作爺の白痴息子, 藤作猪之松, 藤いといっ, 藤先生が佐川, 藤八山口飛騨守賀藤弥三郎の五騎, 藤八平次などの報告, 藤八得物を隠し持っ, 藤八等料理場の方, 藤八腹を立て, 藤八郎そこの硯, 藤八郎らの一類, 藤八郎山路正国などに命じ, 藤八郎徳永石見守の三人, 藤八郎木村隼人佑重茲, 藤八黒田茂吉大朏善平, 藤八黒田茂吉野村千代蔵中田善次郎小泉忠三郎福地彦蔵田名網忠助堀口源吉庭田駒吉永沼政吉麦倉亀太郎原福太郎井汲幸蔵原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 藤六どんとこへ泊る, 藤六藤六といっ, 藤六酒屋の軒先, 藤兵衛ここぞとばかり大, 藤兵衛さんの悴, 藤兵衛しんみりとなった, 藤兵衛スルスルスルスルと下った, 藤兵衛一人でございます, 藤兵衛三保松源蔵藤岡の慶助, 藤兵衛以下数百の兵, 藤兵衛大手を拡げ, 藤兵衛富田与五郎木村三蔵など十数名, 藤兵衛庭へ下り, 藤兵衛敷居際に平伏しました, 藤兵衛新案の人形町川木, 藤兵衛方へ辿りつき, 藤兵衛木村三蔵にこれ, 藤兵衛木村三蔵その他数輩は力戦, 藤兵衛村上和泉守などの人々, 藤兵衛腹切って死んだ, 藤兵衛藤井の生地, 藤兵衛長火鉢の前, 藤兵衞ぢやない, 藤兵衞棟梁のところ, 藤兵衞楢林定一郎四人相議し鉛製活字版, 藤兵衞殿と仰し, 藤内太郎藤内次郎という屈竟, 藤内次郎という屈竟, 藤初めの目算, 藤判官邦通は注進, 藤助くはへ烟管, 藤助さんよ, 藤助どのの何事, 藤助どんお願いだから, 藤助どん何うしな, 藤助どん往っておくれよ, 藤助どん此処へ出, 藤助どん金ずくで自由, 藤助伝蔵市五郎という奴, 藤助方へ預けられました, 藤助確と請合う, 藤助見かけは商売柄, 藤勇次郎測量は小野友五郎, 藤勘様越後屋の御, 藤十儀貴殿の組下, 藤十殿に鞘当て, 藤十郎一族はハリツケ, 藤千年の古木, 藤参議などという人たち, 藤及び鷲尾の, 藤友會長片岡文子さんは瓦斯ビル社長, 藤台助が入口, 藤右衛門さんそそれは確か, 藤右衛門さん今度の御, 藤右衛門どのの伜又助どん, 藤右衛門ヲ組伏セ首ヲ取, 藤右衛門伜又助なる者, 藤右衛門出しぬけに膝, 藤右衛門尉重経, 藤右衛門広瀬剛三などに取囲まれ, 藤右衛門御徒目附石坂清三郎評定所同心湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 藤右衛門白柄の薙刀, 藤右衛門馳セ懸リ, 藤吉方の格子戸, 藤君一洵君辻田君そして山頭火, 藤君和蕾の五君, 藤君居に寄つて米代返金, 藤君等々そして君ら, 藤かまく, 藤咲きゐたりけり主, 藤咲く下を, 藤四郎吉光の脇差, 藤園池辺氏が丹波, 藤坤竜に手, 藤垂れて今宵, 藤垣内の本, 藤垣内社中の一人, 藤壺辺のこと, 藤多き辺へ, 藤夜叉さん母子も三河, 藤夜叉さん自身にも何, 藤夜叉それもおまえ, 藤夜叉のはいつも, 藤夜叉卯木草心尼正成の妻, 藤夜叉後ろを閉め, 藤夜叉酌いでつかわす, 藤夜叉高時ほか傍系の人物, 藤大久保家の差物, 藤大納言実国や按察大納言父子, 藤大納言東宮大夫などという大臣, 藤太郎の嫁, 藤女郎花萩いろんな山, 藤に逃げられ, 藤は松平周防守忠弘, 藤娘お座敷を間に合わせる, 藤娘ひょうたん鯰鬼の念仏, 藤娘私は高い, 藤嫁菜は一幅, 藤に対し偏頗, 藤の僧房, 藤室夫人携ふるところ, 藤室夫人東道日本人の学校参観, 藤室夫妻と再び, 藤室夫妻東道ポツダムに赴く, 藤室夫妻等と小, 藤室益三夫妻に迎, 藤宰相などだけが外, 藤から降り出した, 藤を訪ね, 藤山吹卯の花撫子とりどりに取り散らし, 藤山吹岩躑躅などを主, 藤山吹杜若でもなし, 藤山吹牡丹芍薬と順々, 藤山吹菖蒲と数, 藤山葡萄などの蔓, 藤川口とが落合う, 藤は広西省, 藤州通善寺尼智首その他二人の尼, 藤左膳が突然, 藤左衛門が軽い, 藤左衞門それに一色友衞, 藤左衞門一家に起つた, 藤布製などの夜具, 藤意道意道昌常, 藤庄次郎と申人, 藤床上淵明の詩, 藤式部のおもと, 藤式部丞とが源氏, 藤弥三郎の五騎, 藤之丞, 藤壺の, 藤御苦労にもお, 藤思いきりよく江戸を, 藤房あたりか, 藤房そちには駸々, 藤房わしは死なぬ, 藤房像といい, 藤房季房も三日, 藤房季房二人の恐ろしい, 藤房従而受業或云, 藤房玄慧同時与交, 藤房簾を掲げよ, 藤手練手管のかぎり, 藤手飼いの尺取り虫, 藤教授の言, 藤文次郎先生等も化石採集, 藤文次郎工学博士渡辺渡医科大学教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 藤新国劇が見舞, 藤春曰ク然レバ近日幕兵一戦ニ及バヽ, 藤時代が緑雨, 藤更けて待つ, 藤最大の武器, 藤朝顔楓菊等の精, 藤木蘭躑躅牡丹なぞは一時花, 藤本然の相, 藤の前, 藤校蔵人の話, 藤校長に挨拶, 藤も散り, 藤などの四季, 藤様今仰った事, 藤横町ともいわなかった, 藤橘それから三字経, 藤次うしろの溜り, 藤次お前あの女, 藤次ずれの恥辱, 藤次どのや他, 藤次め時々わし, 藤次らが追いつい, 藤次わしは今夜, 藤次タジタジッとあと, 藤次以上梅軒は弁え, 藤次先生もう五歩こちら, 藤次利武殿の御, 藤次南保余一兵衛御池十郎左衛門小橋蔵人太田黒兵助などという古参門下, 藤次岩田郷祐範浪切右源太鬼面突骨斎荒木田五兵衛そのほか穴山, 藤次殿が参っ, 藤次笠を買え, 藤次親家の三人, 藤次貴公にゃ手頃, 藤次風情と不義, 藤次鼻の下, 藤武衛上乗院および肖柏等, 藤殿御非番, 藤氏一門の考えよう, 藤氏三代の栄耀, 藤氏全盛時代の公達, 藤氏南家の族長太宰, 藤氏専横のあいだ, 藤氏擅権の極, 藤氏等の鉱物字彙, 藤氏累代の寺, 藤治郎多藏, 藤泊めてもらう, 藤源次助真, 藤のもれる, 藤熱く焼けた長, 藤爪びきで唄いだした, 藤爺さんを下っぱ, 藤牡丹のはつ夏, 藤がすてき, 藤甲兵の全, 藤の黒く, 藤目下は江戸, 藤から泰山, 藤真っ昼間から一ぱい, 藤稻荷と呼ばれ, 藤の湯檜曾橋, 藤簍かごを掻廻, 藤渡り来ると, 藤精蔵両氏が熊本, 藤精蔵教授これが会長, 藤紀子さんと四人, 藤納戸の紋服, 藤紫地の裾模様, 藤紫肩も腕, 藤細い眉を, 藤組合せ文字を人, 藤綱さまが, 藤綱式ともいうべき, 藤綱駒をあゆませ, 藤義丞なる者, 藤義治氏の好意, 藤肉桂沈丁花なぞの実, 藤自身もゾッ, 藤舎芦寿賀なの, 藤舎芦船といった加藤某, 藤舎芦雪またなみなみ, 藤舟べりに頬杖, 藤色お召のすらり, 藤色っぽいのやはり, 藤色みたいになる, 藤色フェルトのカラア, 藤色フランス縮緬の襟飾, 藤色ラベンダアですね, 藤色模様の揃い, 藤色矢絣のお召, 藤色矢餅の着物, 藤色紋縮緬の被布, 藤なるうらみ, 藤若葉けふ, 藤菖蒲牡丹の造り花, 藤菖蒲色の調う, 藤の意味, 藤蒲公英菖蒲あるいは波, 藤の蔓, 藤青等の, 藤藤原両先生, 藤藤庄次郎と申人, 藤蛸木にのぼる, 藤衣きしは昨日, 藤製菓の工場, 藤の厚織物, 藤豆蓼茘枝唐辛所帯の足, 藤貞幹などの如く, 藤責めになる, 藤躑躅畠には青麦菜種, 藤と号, 藤の倅, 藤重孫三郎の門人, 藤野立馬久松静馬河東喜一郎が同行, 藤金格子の東海棲, 藤金線草紫茉莉の色々, 藤の長袖公卿, 藤門往年の豪華, 藤関白忠実の荘園, 藤雲夫に焼, 藤の長女, 藤馬酔木ホテルにかえる, 藤廼耐特, 藤麻呂に詔