青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「藝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~薄暗い 薄暗い~ 薔薇~ 薪~ 薫~ ~薬 薬~ 藁~ 藍~ 藏~
藝~
藤~ 藤原~ 藤吉郎~ 藩~ 藪~ 藻~ 蘆~ 蘭~ 蘭軒~ ~虎

「藝~」 4697, 51ppm, 2292位

▼ 藝~ (864, 18.4%)

21 のため 15 である 12 に對, の世界 7 であつ, の美, の製作 65 といふもの, に從事, の作品, の價値, の神 4 ではない, に關, の上, の中, の事, の力, の方, も亦, や文學, を理解

3 [16件] であると, とは何ぞ, と云, と人生, に依, に於, の主張, の如き, の權威, の爲, の見方, はその, はない, を, を愛する, を模倣

2 [85件] からの衝動, があつ, がこの世, が偉大, が如何, が存在, が現, が現れない, であった, でこれ, でなければ, といはず, となる, とは藝術, と宗教, なの, においてはそう, において人, において何, において内, にた, によって結ばね, に人, に依る, に向, に対して心から, に從, に於い, に於ける, に独特, に現れた, に飾られた, のすぐれたる, の人, の假面, の内容, の味, の士, の奧, の定義, の教養, の方面, の本質, の氣分, の獨立, の自由, は, はあり得ない, はかかる, は二つ, は其處, は再度, は創造, は現, は真に, は自然, は藝術, は長い, への尊敬, ほど愛, ほど私, または藝術, もあり, もまた, や哲学, や宗教, や思想, や或, よりもより, をし, を主張, を他, を作り出す, を保護, を再び, を味, を持つ, を産む, を私, を解し, を評價, を讃える, を通して厚い, を通じていつも, を通じて朝鮮

1 [494件] あるが, から實業, から拔, から言, か生活, か衆, か高層建築, があり, がこ, がつて得意, がどう, がどうして, がメディチ王侯, が人生, が人類, が仕, が低級, が僕, が創造, が動, が印象派風, が吾, が命, が彼自身, が成就, が成長, が最高潮, が深く, が生れ, が盛ん, が私達, が表現, が近代, じや, すること, その物, たらしめるもの, たらしめる道, だ, だけで, だつて, だと, だの何, だの實, であ, であったろうか, であって, であり問題藝術, であること, でさ, でない所, でなかつた藝術, ではなかつた, ではなく, では無, でもなけれ, でも人間, でも工藝, でも科學, で例へば, で単純さ, で言, で詩, という華美, といはれる, といふやう, といふ意味, といふ言葉, といふ語, とかいつた, とかいふやう, とかに關, とかの世界, とか哲學, とか思想, とし, としての價値, としての特權, としての目的, としての童謠, としての第一歩, としての解放, としての詩, としてもむろん, として意識, として相, となれ, とに心醉, とに求むる, との不思議, との對立, との新しい, との辨證法的統一, との間, との關係, とは一人, とは他, とは本質上, とは理想的人生, とは畢竟, とは相, とは違つて, とも呼ん, とを對立, とを探り求める, と他, と信仰, と共に完, と同, と哲學, と實行, と對抗, と思想, と此, と生活, と相, と眞, と科學, と良心, と藝術, と見, と言, と讀み, と關係, などに些, などに感じられない, などの如き, などをしよう, など出, ならずや, なりと言, なる二つ, なる文學, なん, なんて恥かしくなつ, なんて言う, な力, にあ, にあこがれ, においては文藝復興期, において藝術家, におけるディレッタンティズム, におけるディレッタント, における氣禀, にかぎらず, にさ, にさういふ, にすぎない, にする, にそうして, について知識, について語り, について語る, にてはヨハネ, にとつ, にならない, にならなけれ, になり, にはこの, には信頼, には天分, には感情, には技巧, には誤謬, にひたりき, にも一大飛躍, にやや, に一縷, に倦, に充足, に入, に入る, に即し, に參與, に嗜み, に地方色, に多大, に大, に天才, に奉仕, に子供, に対してまで無遠慮, に対すれ, に年齡, に徃, に息, に惚れこん, に感ずる, に拮抗, に敏感, に熱心, に生きる, に私たち, に精進, に縁, に縋らう, に臨める, に與, に苦心, に許す, に誤謬, に身, に身心, に通ずる, に遊ばう遊ばう, に遊ばせる, に達した, に都合がい, に関する書, に關係, に隱, に體, の, のうち, のお, のそれ, のない, のみとなる, のみに生き, のみの中, のもつ, のわざ, の一分子, の一大變遷期, の一方法, の一面, の不可解, の享樂, の仕事, の假感, の偉大, の偉大さ, の偏局, の傳, の傳統, の傾向, の價値如何, の優越, の初期, の利用, の創造者, の力以外, の功, の匂, の匂ひと色, の千古, の半面, の名, の問題, の園, の土臺工事, の堂, の場合, の境, の外, の夢, の天, の天地, の失われ, の始源, の孕む, の孤立, の專門家離れ, の尊重, の幻影郷, の底, の影, の必然, の意義, の愛, の愛好者, の愛護, の感銘, の拘束, の持つ, の新, の最も, の末期, の本道, の材料, の核, の條件, の模倣, の此, の法則, の活動, の源泉, の潮流, の無, の無我境, の爲め, の特權, の特殊性, の特質, の琉球燒, の生命, の畑, の略字, の發達, の盛行, の神聖, の神髓, の立場, の第一義, の聞人, の能力, の自然, の至上形式, の花, の芽生え, の苗床, の莊嚴, の衣, の表現, の表面, の衰えきった, の評價, の詩, の貧しい, の途, の進境, の道, の選民, の部面, の鑑賞, の面, の領域, はある, はこの, はこの世, はそれ, はそれほど, はそんな, はとかく, はどこ, はどの, はどんな, はなくなる, はなま, はふたつ, はむしろ, はわが, はわれら藝術家, は一種, は人生, は人間, は他, は他人, は何, は光, は公衆相手, は創作者, は功利, は勿論, は又, は吾等, は嘘, は固, は地上, は大, は天, は實際自分, は寫眞, は尠い, は幼稚, は形式, は彼等, は心理學上, は我等, は或, は手段, は批評, は持つまい, は支配, は此, は活用, は涸渇, は無, は特殊, は生命, は生活, は目, は社會, は私, は第, は美人揃, は自己内生, は表現, は親しみ, は選ばれたる, は鑑賞者, への信念, への理解, もある, もあれ, もこの, もたへられない, もない, も一切, も宗教, も忘れ, も感傷, も我國, も文學, も沈滯, も糞, も農工業, やが, や叡智, や実業等, や實行, や知識, や科學, よりもむしろ, よりも宗教的, よりも後者, をいささか, をすら見捨てた, をする, をとにかく, をなす, をみんな, をも感じる, をわれら, を一生, を不肖, を云, を人生, を以つて自ら, を作り, を作ろう, を作家, を侵害, を保留, を俟, を信用, を冒涜, を創り, を創出, を唯, を守る, を復活, を徹底的, を思ふ, を愛さない, を愛した, を手懸り, を手段, を招致, を捨てた, を捨てる, を採用, を掴まね, を擁護, を擯斥, を支配, を放擲ツ, を有, を棄て, を植ゑつけた, を殘, を民衆, を求める, を消極的, を清め, を無遠慮, を熱心, を熱愛, を現, を生ま, を生め, を生ん, を疑ひ, を確證, を第, を至上, を見いだした, を見た, を説明, を論ずる, を識別, を讚美, を賣, を賭博, を載せた, を輕, を都會人, を鏤める, を除い, を集大成, を馬鹿, ヲ差別セズ, 映畫, 本來

▼ 藝~ (630, 13.4%)

60 美は 42 美を 27 美が 20 美の 9 世界は 7 意義が, 意義を, 美, 道を 6 心得の, 道 5 心得も, 方が, 方は, 美に 4 ために, 無謬, 美に関する 3 命, 未来を, 花に, 諸問題, 領域に

2 [45件] たしなみの, たしなみは, たしなみも, ギルドが, 一路である, 一路は, 上に, 世界が, 世界に, 世界を, 中で, 中でも, 住家である, 前に, 協団に関する, 問題は, 基礎, 基礎が, 堕落が, 如きも, 姿では, 心である, 心得が, 意義の, 意義は, 持主でした, 方向が, 方面では, 時代を, 書に, 書にも, 本旨に, 本流である, 本質を, 本道が, 歴史を, 現状を, 発達を, 美しさ, 美に対する, 美への, 輝かしい未来, 運動を, 道が, 鏡に

1 [295件] あの偉大, ある物貰, ある男, いみじき業, お勵, お島, お紋, お蔭で, ことと, ことなど, すぐる, すたる, すべての, その峰, たしなみといふ, たしなみにも, たしなみを, どこにも, ない無骨, なさ, ほどは, ほまれ, やうな, ゆるされ, ような, タケリの, 一と, 一時代が, 一路が, 一道を, 三七郎は, 上でも, 上には, 世界で, 世界であり, 世界である, 世界でも, 世界な, 世界において, 世界には, 中にこそ, 中心問題は, 中心地に, 主流である, 主潮が, 主要な, 事などを, 二國に, 人だ, 人で, 人に, 仕事としては, 代表的な, 代表者に, 位置など, 低下甚しく困り, 作よりも, 作者である, 作自体は, 価値を, 修業の, 偉大な, 健全なる, 傳つた起源を, 傳統の, 先生が, 光榮は, 全き, 公道が, 内容に, 内面的意義が, 出來る, 分野から, 分野が, 前には, 協団と, 原理は, 名が, 命この, 命に, 命二柱に, 命天の, 命天降りま, 命笠紗の, 命脈が, 品々を, 品を, 問題が, 問題こそ, 問題な, 問題に, 問題において, 問題に対して, 問題に関して, 問題に関しては, 国界は, 園に, 地方的性質を, 城が, 域を, 基礎と, 基礎を, 外敵等そう, 大塔とも, 大通りと, 大部分, 太夫, 女, 女と, 如きは, 姿を, 存在は, 存在を, 守護者たり, 宗教を, 実現, 宣揚を, 宮島の, 宮島は, 宮島めぐれ, 宮齋殿深, 宮齋殿深く, 家に, 将来に対して, 将来は, 展観も, 工夫に, 巧拙を, 帰趣は, 平民化であります, 幻像を, 広汎な, 廃頽とは, 建築を, 御自慢, 心から, 心は, 心得は, 心得相當と, 必要, 思想を, 性質では, 性質に, 性質について, 性質を, 性質自身が, 恥辱では, 意義と, 意義に関する, 振興が, 数室を, 文化を, 方で, 方に, 方には, 方にまで, 方向を, 方面でも, 日照らす, 是非といふ, 時代が, 時代であった, 時代は, 時期である, 書のみは, 最も純, 最高頂に, 未来に, 未来は, 本旨を, 本流が, 本流は, 本流を, 本質たる, 本質たる用の, 本質は, 本質的な, 本道と, 本道に, 本道を, 根本問題である, 根本問題な, 根本問題は, 極致に, 止るべき場所, 正しい性質, 正しい歴史, 正しい生長, 正しい発達, 正史は, 正史を, 正当な, 正統の, 正道が, 武術も, 歩むべき方向, 歴史に, 歴史には, 歴史は, 歴史も, 歴史家でも, 民衆的意義は, 求める制度, 求める心, 法則が, 法則である, 法則によって, 無い事, 無い野郎, 爲に, 特殊な, 特色な, 特質と, 王国を, 理念は, 生長にとって, 目標, 目的が, 目途は, 眞最中, 真価が, 真意を, 真理を, 示す一つ, 祕密も, 祕密を, 祕訣も, 祝福せられた, 種が, 種は, 立場とは, 終りが, 綜合私たちは, 美そのものの, 美と, 美に対し, 美に対して, 美も, 美学は, 美学的研究に, 美術化と, 美術化は, 美術館と, 美術館を, 聖典が, 聲價技藝の, 自由には, 興隆が, 興隆こそは, 苫三七郎が, 藝とを, 行くべき方向, 裏づけには, 要素は, 見本に, 詩部に, 語義, 論に, 諸原理, 諸展覧会, 謂である, 謂な, 質も, 趣意である, 趣旨, 趣旨に, 追うべき目標, 運動には, 運動は, 運命が, 運命は, 道である, 道でない, 道では, 道な, 達人なら, 達人なら殺せる, 邪魔を, 部門に, 醜さ, 醜は, 重要な, 鑑賞に, 鑑賞家として, 開発に, 陳列に, 雑誌を, 面で, 領域が, 領域において, 領域は, 頼春水筑亀は, 頽廃を, 驚くべき堕落, 驚くべき領域

▼ 藝~ (211, 4.5%)

6 して 5 民衆の 4 おいて, 予期する, 論ずること 3 理解する

2 [12件] かかる旅, ぢつと, 可能ならしめる, 期待する, 演ずるの, 純粋の, 見れば, 覺えて, 語る, 論ずるに, 超え得ないの, 高めようと

1 [161件] ある時, いくつか, おぼえるのに, かかる天才, これ見よ, させて, させようとして, させるの, さへ, した, したお, しても, するやう, する太い, する白熊十七匹, そのよう, つけて, とりわけ多量, どうすべきである, どう考えたら, どれも, ひとくさり濟, まともに, やつて, やらせられた揚句, 一度親分, 中心として, 中心に, 云い現, 今の, 仕込まれると, 仕込むわけにはゆきませんからね, 仕込む面白, 仕込んで, 依存せしめない, 侵す多く, 保証する, 個人の, 個人的美術に, 偏重する, 健康な, 再建しよう, 初めて女優, 勵み, 去って, 古い本, 可能ならざる, 嗜まぬもの, 地方産業として, 売るもの, 夢みる心, 大成する, 失うこと, 守るの, 守るもの, 守護し, 実際に, 審美的に, 対象と, 尊んで, 少数の, 工藝の, 形から, 得ようと, 想う時, 意識的作物に, 愛し考え, 慨して, 托すまい, 持つて, 持寄つて, 摸したとて, 放棄した, 救い起すであろう, 救う道, 東京座の, 栄えさすため, 校べ, 棄てるよりも, 業と, 樹立せね, 歎賞したれ, 正しい方向, 正しい道, 正当な, 毒し, 毒した, 毒せる, 民衆から, 民衆的作品の, 活殺する, 浅く甘く受取っ, 演じて, 演じ女輕業師, 物を通して, 物語っては, 特殊化すべき, 生活から, 産み得るその, 産み得るという, 産むなら民衆, 産むの, 産む事, 産もうと, 直観の, 省みて, 真に想う, 破壊した, 私すべきであろう, 等閑に, 築くべきならそれ, 練り義勇, 縁に, 繼ぐことの出來ない, 美しくしない, 習いやがて, 考えるの, 背負えるの, 舞臺の, 褒めるの, 見せて, 見つめて, 見て, 見るに, 見るん, 見る時, 見る眼, 見失う事, 見失う者, 見損, 解すること, 解そうと, 解釋した, 計る者, 訪う者, 語るかの, 語る所以, 語る時, 論じついに, 論じながら, 謂ふ, 讚むるならずして先づ其色を, 負う作家, 賞めた, 身に, 進めねば, 進めること, 過去の, 遣りました, 選ぶとこそ, 選んで, 都会の, 開こうと, 除いた藝術的, 離れたという, 離れて, 非難した, 顧みると, 高めて, 高めること, 鼻にかけて

▼ 藝~ (207, 4.4%)

8 の中 7 たること 4 なの, の数々, の美 3 であった, に美しい, の大, の有, の美し, を見る 2 でした, と共通, と同じ, と呼びたい, の価値, は, は美術品, ばかりが美しい, を美しく

1 [144件] あっての, か, から吾, から私, から私達, が, があります, がいかに, がその, がもしも, が世間, が主体, が何故, が価値, が健康, が在銘品, が当然, が民器, が無数, が特に, が皆, が絶えた, が美, が美しい, が製, こそ生活, たる, たる茶器, たる運命, だから, であ, であったからこそ, であったこと, であって, である, であると, である事, でかつて, でなかったらあの, ではありません, ではなく, ではなくし, でももっと, で一番, といえるでしょう, としての美, として最も, として正しく, との義, とはいう, とはならない, ともいへよう, と同一, と呼ばれる, と呼ぶ, と呼ん, と鑑賞的, などに理解, においてもそう, においてわれ, において全, において私たち, にけばけばしい, には作為, には最初, にも大, に不, に及ぼした, に囲まれ, に多く, に対してよりも広く, に属する, に帰っ, に悪い, に愛, に来るべき, に潜む, に示され, に示される, に至っ, に見出され, に重き, に驚き, に高い, のうち, のやう, のわずか, の一特質, の多く, の如き, の存在, の形, の性質, の数, の方, の最後, の栄誉, の現状, の隆盛, の骨董, はあまりに, はあり得ない, はいかなる, はかえって, はこの, はごく, はその, は不思議, は何, は個人, は単独, は工藝史, は必要上一番健康, は民藝品, は民間, は用器中, は私, は私達, は絶大, は美, は自, は貴族品, ばかりが大切, ばかりを列べる, への信頼, への全, への眼, も協力, も目新しい, や絵画彫刻, をここ, を今, を仮に, を作り得た, を指し, を指す, を新しい, を甦らす, を見, を見出す, を賣る, を陶器, を食べる, 或は草花

▼ 藝~ (200, 4.3%)

8 のお, をし 3 の三味線, の小, を呼ん

2 [11件] だ, だと, と云, になつて, に向, に對, は何, もある, や舞妓, を總, を買

1 [153件] あり東京, お染, があつ, があらはれた, があらはれる, がにじり出し, がひとり, がわざと, がゐる, がマオカ, が中二階, が二人, が代, が何, が來, が冗談, が冴えたる, が出入, が多, が客, が横町, が歸つて, が相川, が義雄, が酌, が鎖鎌, が飮め, さね, だつたさうで凄い, だつた頃, であ, です, ではありません, でも女郎, で小さい, で小玉, で良助, で親類, といふ動物, といふ者, として世話, として呼ばれてる, とその, とのど, とは縁, とらし, と共に床, と共に電車, と名, と見, なぞもありました, などが澤山, などが矢張り, などそれ, などにもどっち, などに多く, などの中, などをし, などをまじ, ならみんな親類, なんかも隨分, にいはせる, にし, になつた事, にはまだ, にもて, にも一課, に似, に出た, に土地, に多く, に夢中, に記者, に關係, に顏, のあげ, のあと, のおりん, のさら, のとき, のやう, の一人, の下地, の何處, の個人的内幕, の喉, の妻吉, の姿, の娘, の子, の宅, の左褄, の手, の手踊り, の服裝, の来らざる, の歌謠, の生活, の目つき, の着, の立騷ぐ中, の笑, の粂吉, の置屋, の聲, の話, の集まる, の頃, の顏, の風情, は, はあたし達, はなほ彈, は一人, は三味, は別品, は娼妓, は幾人, は珍, は膳, は裾, は長唄, も一人抱, も二三名, も多く, も座敷, も腹, やお, やおいらん, やお客, やら小樽, や女郎, や娼妓, や濱町あたり, や町, や素敵, や苦勞人, らしい女, らしい藝者, をその, をつかまえ, をやめ, をよぶ, を乗せ, を受け出した, を呼ばし, を寄附, を引連れ, を抱, を揚げ, を揚げました, を連れ, ヲ二三人招キ

▼ 藝術家~ (200, 4.3%)

5 である, はその 4 の心 3 の個性

2 [13件] であること, としての彼, としての態度, に對, の世界, の中, の意識, の物, の生活, の自然, の變化, は何, は偉大

1 [157件] があり, がその, がルパシュカ, が世間, が憂鬱, が或, が最も, が相, が藝術, が製作, が身邊, が過去, が隱, たる青年, だ, だが, だつたが, だなぞと, であつ, であり批評家, であり鏡, であるが, であるといふ, であるよりは, であれば, ですな, でない, ではない, でもかう, でもない, でもなん, でも張る, でも概して, でも無い, でも花, で此, といはれる, といふもの, としての存在, としての惱, としての最も, としての氏, としての精神生活者, としての誇り, としてはその, としては頻りに, としてももつ, として伊上凡骨, として存在, として孤立, として此等, として田舍, として相, として老い込んだ, として見る, として青青, となつ, との差異, とをひつ, と云つて, と同, なの, ならば, にとつ, にのみ見られる, にも其比, にも表現派, にも適用, に作爲, に個性, に取り, に尠, に於い, に有, に相, の, のいちばん, のこと, のする, のみならず, のコンフイテオール, の一資格, の不規則, の仕事, の作, の作品, の信條, の傳記, の内, の力, の哲學, の天稟, の夫人, の姿, の孤立, の完成, の專門離れ, の意久地, の或, の才能, の持たね, の擇ん, の氣品, の特權, の生活力, の生涯, の目標, の空想, の第, の製作, の間, の關知, の頽唐的生活, は, はいかによく, はこの, はそんなに, はみんなどこ, はもの, はやつぱり仕事, は人, は何時も, は個性, は僅か, は初, は大, は妙義的, は對象, は必ず, は敗殘困憊, は本性上, は激戰, は物, は藝術, は質料, は近代畫家中, は高い, も時々, も柳, も自然, や各, らしいところ, らしい寛容さ, らしい惱, らしい素朴, をお, をその, をたくさん, をひどく, をもつ, を以て任ずる個人的作家, を差別, を指導, を私, を追放, を雇, 乃至好事者

▼ 藝~ (192, 4.1%)

6 ない 4 民衆の 3 あり得ない, 全く不可能, 大したもの, 自然の

2 [12件] かかる社会, よき労働, 伴侶であり, 個性の, 情趣の, 無銘に, 現実に, 私に, 美の, 自から, 自然が, 醜い社会

1 [146件] あの詩人ホイットマン, あの金権下, ありません, ありませんでしたが, ありませんよ, あり得ないから, いかなる社会, いかなる美, いかなる頑, かかる公道, かかる意味, かかる目標, かかる組織, かかる結合, かくしてその, このこと, この平常, この要求, これつたなけれ, これに対し, これを, さうは, さしたること, さらに地方的工藝, しばしば個人, しばしば家庭, しばしば技巧, そうで, その使命, その命脈, その存在, その本質, その絶頂, その頃日本, それを, それ自ら正しい, ないかと, まことに其域, もう見えなくなる, よき天然, よき歩調, よき社会, ギルドを, クサイと, 一つも, 一家より, 下手で, 下級な, 不可能だ, 不得手です, 主として地方工藝, 二分野に, 互に何, 今は, 今日の, 低い位置, 佛國に, 依然としてここ, 依然として民衆, 個々に, 個人的作で, 元来自作自, 兎も, 公道であっ, 公道である, 六藝と, 再び民衆, 処を, 出来るし, 可能である, 名も, 命がけの, 器物の, 国民的でなけれ, 変則な歩き, 多くは, 大したものぢ, 大衆の, 大道な, 天下の, 天然の, 完成と, 実用と, 実用の, 容易に, 工人たちの, 当時平凡極まる, 当為の, 当然産業, 彼の, 彼らの, 必然に, 忘れられ工藝, 急速に, 意識的作物では, 懶惰を, 我々が, 手踊だ, 拙くとも, 救われた特殊, 時代の, 普通の, 暫時休憩を, 更に進歩, 模倣を, 止して, 正しき社会, 正しく工藝, 民衆より, 民間に, 沈み始めた, 流離に, 消えちまうが, 激しい競争, 無きか, 無謬, 無銘な, 物心への, 特別に, 現に天下, 甦りは, 異常な, 直ちにその, 確實で, 科学的原理に, 秩序の, 空しきもの, 第一, 美を, 美術的であらね, 美術的意識から, 耐久性を, 職人たちの, 自ら愛玩せらるべき, 自力の, 要するに, 見たこと, 資本制度の, 質を, 迷路に, 道化でも, 雑器において, 雑器の, 驚くべき自由, 驚くべき進歩, 高田と

▼ 藝文志~ (146, 3.1%)

5 を見る 4 の研究 3 に至つて 2 との異同, につき論ぜる, に次ぐ, の中, は七略, は班

1 [122件] からあまりに, からである, があつ, がある, が一番, が之, が出, が古, が最も, それから揚雄, それから隋書經籍志, だけは通史, であるけれども, ではこれ, では古, では史記, では含ませ, では色々, では起居注類, でも經籍志, で班, とか或は, とか經籍志, となつ, との相違, との間, と云, と同じ, と申します, などと云, などにも明か, なりに載, にある, につき論じ, になる, にはかく, には劉向, には各部目, には天文類, には文史類, には明, には詩式, には譜牒類, には載せられ, にもその, にも中, にも校正, にも舊唐書, にも載, によつて, によれ, に五十五篇, に何, に依つ, に墨家, に大, に對, に徴, に明, に書い, に本草, に殘つて, に班, に移つて行つた樣子, に見えない, に見える, に載せ, に載せられ, に載つ, に遺る, の, の一變, の云ふところ, の作り方, の六略, の六藝略, の分け, の基礎, の大, の如く, の數術, の方, の時代, の神農二十篇, の粗略, の缺點, の行詰り, の評論, の詩賦略, の説, の頃, は今日, は北宋, は大, は心, は明史, は果して, は注, は行き, は體裁, は黄虞稷, までは七略といつて, までは文史類, までを幾らか, もこの, もこれ, もその, も崇文總目, も攻撃, も斷代史的, や王充論衡, より隋書經籍志, を作らぬ, を基礎, を讀ませた, を讀む, 並びに崇文總目, 即ち今日, 即ち別録, 即ち劉向, 若しくは經籍志, 若しくは隋書

▼ 藝~ (130, 2.8%)

3 あろうか, 出來, 成り立ち得ようか 2 何を, 民衆の, 齎らす

1 [115件] あつちや, あらうとは, ありにくく, ありますがね, あり得るであろうか, あり得るでしょうか, ある, あるさ, あるとは, あるの, あれば, いかに大切, いかに美, いかに重大, うまくて, すでに低い, すなわち民衆的工藝, その本来, ついに純, できよう, ないこと, ない所, なかった, なぜ手工, よくできた, 一度踏み入つた, 一番だ, 不得手だ, 不思議に, 中心で, 予期されよう, 今なお, 何である, 何故美しく, 保証せられた, 個性に, 個性を, 公道な, 処の, 又一とわ, 可能であろう, 堕落し, 好きといふ, 実現される, 実用を, 少し下り腹, 工藝たるべき, 工藝に, 工藝の, 常に要求, 廃れるなら工藝, 廃頽した, 徒労な, 意義を, 意識の, 成り立ち得るか, 成り立つの, 手工である, 手工より, 托されて, 救われること, 新たに, 最も美しい, 有つ, 栄えたという, 栄えたところ, 栄えたの, 栄えて, 栄えても, 栄えないとも, 残って, 民藝の, 民衆に, 活きるとさえ, 深い意味, 漢あたりから, 無いので, 特に多様, 現れようか, 現れようや, 現れ得るか, 生れし時代, 生れるであろうか, 甦ること, 用に, 痛ましくも, 発すること, 発展される, 発足する, 盛んで, 知の, 示された時代, 精神と, 細かい, 美しいわけ, 美と, 美術に, 自から, 藝術として, 衰えた時, 衰えては, 衰頽するなら, 覺えられなかつた, 誤った制度, 論ぜられねば, 貧しくなった, 起って, 軽く見られた, 達者で, 達者な, 都市よりも, 重い意義, 重大な, 非凡に, 面白いよ

▼ 藝~ (129, 2.7%)

4 對する, 美を 3 して, 達して 2 向って, 往つてゐた, 心を, 於て, 潜む不動, 詣り深く

1 [103件] いそしむこと, しても, し生かして, すぎないと, すぐれし女性, なつた, なりきって, なりきる時, なりにくい, なり得るほどに, もっと深い, 一と, 与えられた大道, 与えられる限り, 並びつとめ国, 乏しい国家, 何の, 依存し, 保証しなかった, 健全なる, 入ると, 出て, 劣る, 劣るか, 励み勉めた, 勝れたる女性七人, 勵む遑も, 包まれる真理問題, 卓越した, 呼びかけないの, 囚われて, 執する者, 外ならない, 就いて, 巧みの, 帰ること, 帰るという, 帰る所以, 平民精神といふ, 幾多の, 形而上学を, 彼の, 彼らの, 從事し, 從事する, 志す者, 惚れこんでしまつたらおしまい, 戻らないであろう, 托して, 拙い女房, 掛けては, 方向を, 於いて, 来すため, 止まっては, 止まること, 正しい出発, 正しい美, 求めようと, 求め東西, 浮身を, 潜む一つ, 潜む不可思議, 潜む共通, 潜む秘義, 潤うこの世, 潤おうこの世, 現れたすべて, 現れる変化, 當る, 秀で, 秀でたるシドーン, 秀でたる女性七人, 種を, 精進し, 結ばずして, 美が, 美学を, 至るまで, 苦勞した, 要する素材, 見えない手法, 見ら, 見られる正しい, 親しみが, 触れ得るなら民衆, 通じて, 通じる事, 連鎖は, 遊ぶと, 過ぎないの, 達したいや, 達したらん者, 達した人々, 達した劍客, 違ひ無い, 適するという, 醉つた, 醜い作, 重要な, 長じた, 関心を, 齎らさねば

▼ 藝~ (75, 1.6%)

65 は出 3 が出, である 2 がある, だが, です, の出來, をやる, を見せ

1 [46件] かどう, かの二つ, があれ, が其效果, が得意, ござ候, しか知らない, だから, だせ, だよ, で, であるのみ, ですから, ですね, でもやらなき, で大した, で平次, などをさせ, なら何, なら幾度, なんかありやしません, にし, にす, に浮身, のうち, の一つ, の無い, の番組, はあつし, はおもしろい, はお前, はどうも, はなん, はむづかしからう, はやります, は女一人, は細, もする, も出, をいたします, をさせられる, をする, を始める, を強, を行つて, を見たかつた

▼ 藝~ (72, 1.5%)

3 のやう 2 にし, によく, の名

1 [63件] あまた打連れ, か何, か何ん, が三味線, が多い, が皆んな, じみても, ぞろひだ, だつたさうで本人, だつたや, だの茶屋奉公, で, であって, でこそあれ, ですが, でせう, でなければ, でへエ, といつた, としての若, とも若い, とわかり, と一緒, と客, と爲, と驅, などが來, などが弟子, などによく, などに一脈相, なら中村吉右衞門, なんか相手, にしたてる, にする, にも落ち, に依, のよう, のポーズ, の中, の噂, の女形, の愛嬌, の白粉, の端くれ, の肩衣, の自分, の起つた, の身, の近況, の過程, も呼ばない, も暫く, も無い, や腕, らしい感じ, らしい甲声, らしくはつきり, らしく少し, を一々, を呼ん, を情夫, を此處, を總仕舞

▼ 藝~ (64, 1.4%)

5 の奴 3 をし 2 が一人, の膝

1 [52件] お駒, から寄こされた, から素, がモ一人, が一組來, が三人三味線, が匂, が對手, が居る, が振撒いた, が集まります, が青山, が黒文字ツ, たりし, だつた, だつたが, であ, であつ, であり又, であること, となつ, と馴染ん, などでさえ殆ど, になつ, には珍しく, にもならず, にもなる, に岡惚, のお, のきいちやん, の中, の侠, の十, の寫眞, の心掛, の數, の演藝會, の頭, はお, は巽巳, は醉はん, も月例會, も皆, やな, や娘たち, や舞子, をひかし, を取次, を孕ました, を殺す, を落籍し, を買つて

▼ 藝~ (55, 1.2%)

3 のよう, の設立 2 に所蔵, の仕事, の使命, はこの

1 [41件] ぐらい多忙, であること, で何, という, としては数多く, にある, に保管, に列ん, に外人, に大切, に寄贈, に来られ, に陳べ, のこと, の任務, の品, の存在, の建設, の成立, の持つ, の敷地, の材料, の浅川園絵さん, の特別, の特色, の蒐集, の陳列, はそういう, は今, は今日, は信念, は単なる, は必ずしも, は故国, は日本, は是非, は詮ずる, も合せ, をただ, を始め, を建てた

▼ 藝~ (47, 1.0%)

2 私は

1 [45件] いうべきである, いうまでに, いうよりも, いかなる関係, いかに異なる, いっても, した, する後世, その間に, どういう区別, なつて, なり得ない個人的作, 云えないだろうか, 云えるであろう, 云っても, 個人作家, 協団, 同じ樣, 呼ばねば, 呼ばれながら, 呼び得ても, 呼び得ないか, 呼び得るだろうか, 呼ぶ, 呼ぶか, 呼ぶこと, 呼ぶべきでは, 呼ぶ時, 容貌は, 心得て, 數術とに, 模様とには, 模様との, 河童ろくろ首に, 申しますの, 眺める美術, 睨み調べ, 社会, 組織, 経済, 結ばれ易い, 美術との, 美術とは, 言うもの, 貴族的工藝と

▼ 藝~ (44, 0.9%)

4 は社会美 2 ではない, はあり得ない, は材料美

1 [34件] が, が社会美, ではなく, という概念, と個性美, と誤認, においてかく, に対する私, に関する偉大, に関する思想, に関する正しい, に関する過去, の一つ, の基礎, の最も, の本質, の歴史, の法則, の特権, の特長, の秘密, の衰頽, の諸相, はかくして, は一面材料美, は漸次, は特殊美, は近代, への理解, よりすれ, より社会相, を見る, を認め, を貫く

▼ 藝術的~ (40, 0.9%)

1 [40件] であつ, であり海老名氏, である, であるかの, であると, ともいふべき, と見, などいふ, なの, なもの, な世界觀, な仕事, な傳説, な價値, な凝視, な力, な又, な同情, な實生活, な普遍さ, な民族, な演技, な神經, な良心, な陶醉, にそれぞれ, になり切らない, には全然, にもぐ, にシンクレア, に何等, に全, に力強く, に最も, に組織, に聯絡, に薫練, に觀察, の怒り, の氣分

▼ 藝~ (33, 0.7%)

4 相當 2 學問も

1 [27件] あらず貧し, ありいろ, この平易さ, さる事, ない, ないわけ, なく手, またあん, また凋落, また同じ, また美, やる貧乏臭い, 九流諸子も, 今や瀕死, 仕込み行く, 同時に激増, 大したもの, 學も, 張り合つてゐた, 按摩も, 泳ぎも, 申分ない, 皆んな春日家の, 知らず鳶頭, 肚の, 自然への, 達者だ

▼ 藝術品~ (32, 0.7%)

2 である

1 [30件] が, があつ, たり得ざる, たる面影, であるとは, であるよりも, でさえある, ではない, としての意義, としての統一, としては立派, として勝れ, として形, として立體的, として良人, になつ, になつて, にもならない, に仕上げる, に仕立てあげ, の如何なる, の影, の痛ましい, の社會的傳達, の魅力, はもはや, は客觀的, を作るで, を排斥, を選りぬき

▼ 藝術論~ (30, 0.6%)

4 の中 2 である

1 [24件] がはじまり, が完全, であるならば, と名, と題し, における種々, に於い, に於ける, の根本原理, の眞精神, の資, はかの, は凡て作爲, は如何, は彼, は自己嫌惡, もイムピリアリズム藝術論, も同じ, をする, を彼, を窺, を裏切, を解體, を貫く

▼ 藝~ (25, 0.5%)

2 は良き

1 [23件] でこの, なの, にこれら, に対して美学, に慣れた, に民藝, に豊富, のいかなる, の一部, の中, の修正増補, の未来, の菜圃, の観, の趨勢, はほとんど, はむしろ, は大概直観, は読ん, を予期, を極めて, を見, を見る

▼ 藝~ (25, 0.5%)

3 が一人 2 が二人

1 [20件] あがりの, か妾, がアタフタ, が三人, が内儀, だが, だつた, と云, と客, に任せました, に賣られました, は何處, は内儀, は徳利, も乘つて, も素人衆, や踊り子, を呼ん, を殺した, 及び舞子

▼ 藝~ (25, 0.5%)

2 として最も, の驚くべき

1 [21件] がそれら, がもつとも, が自己, だネ, ではなかっ, としての彼, として立とう, として考えられる, ならびに工藝史家, なん, になり得た, の任務, の少年, の建築, の擧げた, の美術的作品, の自重, の間, は, は用, は神経衰弱

▼ 藝には~ (22, 0.5%)

3 それぞれの 2 秩序の

1 [17件] いかなる種類, いつも協団的美, そぐわない, ならぬ, よき歩調, 二つの, 他力的意義が, 協団制度より, 希望ある, 必ずその, 早くも, 普遍の, 無益な, 結合せられた, 綜合が, 美術と, 自然への

▼ 藝とは~ (19, 0.4%)

4 何か

1 [15件] いかなる意味, なり得ずに, なり得ないであろう, なり得なかったであろう, 云うも, 全く別, 単に今後, 呼ぶの, 新しい言葉, 格が, 民器であっ, 民衆が, 民衆的工藝の, 生活に, 確固たる自己

▼ 藝において~ (19, 0.4%)

2 用の, 衆生は

1 [15件] このこと, この真理, その信念, むしろ天然, 個人の, 個人主義を, 個人作家の, 個性は, 個性美は, 日本の, 材料を, 果されねば, 罪と, 美が, 許されるであろうか

▼ 藝術上~ (19, 0.4%)

2 の煩悶, の逸品, の遊戲

1 [13件] に於ける, の仕事, の信仰, の創造, の思想, の惠まれ, の感歎, の才能, の民衆主義, の流派, の理想, の製作, の革命期

▼ 藝では~ (18, 0.4%)

5 ないか 3 なく美術 2 ない 1 あつた, ありませんが, なかった, なくお, なくして, なくほとんど, 多くの, 無い

▼ 藝への~ (17, 0.4%)

2 救いは, 訣別である

1 [13件] これ等の, 全き, 愛でなけれ, 愛は, 正しい理解, 正当な, 注意が, 理解なく, 理解に, 発展に, 発展は, 紹介に, 見方も

▼ 藝~ (16, 0.3%)

2 たること, な美し

1 [12件] だから, な, なもの, なるが, なるもの, なる故に, な性質, な所, な特徴, な簡素, に見, 美しさ

▼ 藝術的價値~ (16, 0.3%)

1 [16件] ありと, から引き, がある, が一夜, であり社會的價値, というもの, との二元論, とは二つ, とは遂に, と政治的價値, のみを問題, の如何, は彼, を從屬, を持ち得ない, を認める

▼ 藝においては~ (15, 0.3%)

2 そうで, 美も

1 [11件] いかに多く, 単純さが美の, 同時である, 多が, 民衆を, 用のみが, 用を, 用美一如です, 用美相即な, 真に用美相即, 難行道である

▼ 藝にも~ (15, 0.3%)

2 数々の

1 [13件] しばしば高い, なければ, 二つの, 人柄にも, 変化は, 渡り数多く, 疎くない, 破綻は, 示されて, 絵画が, 要求すべきである, 達し人, 適応されるであろう

▼ 藝文略~ (15, 0.3%)

2 と校讐略

1 [13件] といふもの, には朝代, の中, の出來榮, はそれほど, は一家, は古今, は校讐略, よりも十倍, を作つた, を書く, を載せ, 焦弱侯

▼ 藝時代~ (15, 0.3%)

2 であったと

1 [13件] が来る, が民衆的作品, であった事, と云え, のもの, の作, の現出, は去った, をこの, を回顧, を想う, を省みる, を見れ

▼ 藝達者~ (14, 0.3%)

2 でした

1 [12件] が揃, でお, でその, でとりわけ, では, で一人, で中, で申分, と娘太夫つばめ, の女房, の娘, を見せ

▼ 藝者屋~ (13, 0.3%)

1 [13件] か或は, が多い, が川, で内輪, と編笠茶屋, にもゐられない, の主人, の婆さん, の家, の息子, の間, へは一時, へ逃げる

▼ 藝~ (13, 0.3%)

1 [13件] ある抔, がある, であるとも, ではあります, では此, なので, には菊五郎氏, にもつたなから, に屬, のある, の世界, を有, を発達

▼ 藝~ (13, 0.3%)

1 [13件] で立つ, に影響, に打ち込み過ぎました, に達する, の名人, の執心, の家元, の廃頽, の深淵, の眞, の達人, も大事, をいそしむ

▼ 藝~ (12, 0.3%)

1 [12件] と言, にばかり打込ん, にも人一倍, に得意, に精, の上手, の話, はとかく, は大した, ばかりを勵, も出, を誇大

▼ 藝術化~ (12, 0.3%)

2 して, すること, と言 1 されて, した, したもの, したら其, せられた情緒情熱, ほど予

▼ 藝という~ (11, 0.2%)

2 のは, 言葉は 1 ことは, 事に, 大きな世界, 媒介を通して, 考えの, 観念に, 言葉の

▼ 藝における~ (11, 0.2%)

2 美の 1 個性の, 吾, 根本的約束な, 極めて多面, 正しき美, 真個の, 真理問題への, 醜は, 驚くべき一つ

▼ 藝たる~ (10, 0.2%)

2 ことを 1 こと, の性, の意義, 古作品, 意義を, 支那智識の, 時に, 本来の

▼ 藝に関する~ (10, 0.2%)

2 私の 1 いかなる批評家, 主張の, 大きな真理, 思想の, 歴史書も, 経済学的主張が, 見解は, 誰も

▼ 藝術作品~ (10, 0.2%)

3 の價値 1 から割り出せた, の全, の對社會, の政治的價値, の文體, の評價, を單

▼ 藝~ (9, 0.2%)

1 からである, から皆, ぜ, ぜ八, つたと, と呼ん, と思へる, などと説明, わね

▼ 藝である~ (9, 0.2%)

1 か, からそこ, かを美しい, か何, が後者, が道八, ことを, というの, 場合には

▼ 藝との~ (9, 0.2%)

2 間に 1 不可分離な, 交渉を, 意では, 明確な, 混同に, 混雑が, 義である

▼ 藝に対する~ (9, 0.2%)

2 私の 1 より一層美術, 在来の, 方針の, 明確な, 機械の, 経済学的基礎づけ, 興味も

▼ 藝術至上主義~ (9, 0.2%)

1 が人生, と現, に對, の背景, の藝術家, は如何なる, は現, は要するに, をこの

▼ 藝~ (8, 0.2%)

1 では一時的, に列, に咲いた, の河流, の至寶, の華やか, を出す, 新古文林

▼ 藝~ (7, 0.1%)

1 あつた, あらねば, 何でも, 姉分の, 愛嬌が, 暮して, 鍛へ

▼ 藝問題~ (7, 0.1%)

1 について多少よく, について語りあっ, に向っ, の意義, の重要性, はない, は自

▼ 藝~ (7, 0.1%)

1 が傷, と多く, における美術品, にとって最も, にとって美学界, に反省, を見る

▼ 藝當ぢ~ (7, 0.1%)

3 やない 2 やありません 1 や六, や御座いません

▼ 藝術境~ (7, 0.1%)

2 がある 1 から脱, は一層, は殆, は無い, を把持

▼ 藝術界~ (7, 0.1%)

1 には勿論, にも名, に地位, に求め, に送り出す, の空氣, を驚かす

▼ 藝術觀~ (7, 0.1%)

1 から正, に於, のみに就, の批評, の轉換, はかういふ, を論ず

▼ 藝においても~ (6, 0.1%)

1 この心, また法則, 云えない, 同じ福音, 深く体験, 道が

▼ 藝に対して~ (6, 0.1%)

2 いかなる位置 1 いかなる意味, この福音, なんらの, 美術は

▼ 藝より~ (6, 0.1%)

1 さらに美しい, 大坂, 民藝への, 純工藝, 美術への, 遥か美しい

▼ 藝~ (6, 0.1%)

1 である, で出た, とを書いた, と本名, を呼ん, を隱

▼ 藝~ (6, 0.1%)

1 と防州, には藝州, に起つた, の浪人砧右之助, は無事, を退散

▼ 藝技術~ (6, 0.1%)

3 を研究 1 に興味, の如何, ノ進歩發達等

▼ 藝術そのもの~ (6, 0.1%)

2 がそれ自身 1 に對, も始め, をで, 若しくは文學そのもの

▼ 藝術家たち~ (6, 0.1%)

1 がいよいよ, が世界, にはとかく, には木米, のあの, をも憎い

▼ 藝~ (6, 0.1%)

1 に囚われる, に対する多く, は新しく, を可能, を発足, を組み立てる

▼ 藝~ (6, 0.1%)

1 だけしか飜譯, だけを日本字, の文字, は運ん, もとり替え, を面白ろ

▼ 藝から~ (5, 0.1%)

1 何を, 繋ぎの, 色彩も, 見れば, 選んだもの

▼ 藝そのもの~ (5, 0.1%)

1 であるかを, の性質, への理解, を見失う, を離れる

▼ 藝を以て~ (5, 0.1%)

1 これを, 啻に一身, 天然の, 性を, 生活し

▼ 藝史家~ (5, 0.1%)

1 が彼ら, にとって直観, に対してもまた, に対し思想的贈物, は今日

▼ 藝妓屋~ (5, 0.1%)

1 でもあ, で朝稽古, の主, の晝間, をし

▼ 藝自慢~ (5, 0.1%)

1 が嵩じ, だつたさうで五十, で恐ろしく, の主人, の肩肘

▼ 藝術的良心~ (5, 0.1%)

1 の強い, の無い, は高められ, を始め, を腐蝕

▼ 藝~ (4, 0.1%)

2 やない 1 やありません, や無え

▼ 藝でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばならない, ば面白く

▼ 藝でも~ (4, 0.1%)

1 どうする, 易は, 汎ゆる, 用途から

▼ 藝といふ~ (4, 0.1%)

3 ものは 1 名稱

▼ 藝~ (4, 0.1%)

2 のです, 人で

▼ 藝などは~ (4, 0.1%)

1 はかばかしく出来さうもござりませぬ, 乞胸の, 出來さ, 生涯出

▼ 藝~ (4, 0.1%)

1 學問に, 小手先の, 見るべき固有, 遊藝の

▼ 藝協会~ (4, 0.1%)

1 のよう, の全国大会, の同人, も日本全国

▼ 藝~ (4, 0.1%)

1 が開催, とささやか, の最初, はこの

▼ 藝文類聚~ (4, 0.1%)

2 初學記 1 や初, 古文苑等

▼ 藝~ (4, 0.1%)

1 といふの, に入るべき, に當, に載せられた

▼ 藝者家~ (4, 0.1%)

1 と龜戸, の忰, をし, を出し

▼ 藝術意識~ (4, 0.1%)

1 から自由, で描いた, と衝突, は出

▼ 藝こそ~ (3, 0.1%)

1 あれそ, 工藝の, 民族の

▼ 藝であっ~ (3, 0.1%)

1 て個人的, て美術, て美術家

▼ 藝として~ (3, 0.1%)

1 では, 尊ばれて, 栄える日

▼ 藝にとって~ (3, 0.1%)

1 一大障害である, 本質的であり, 重要な

▼ 藝に対し~ (3, 0.1%)

1 なんらの, 不可思議にも, 考察せね

▼ 藝よりも~ (3, 0.1%)

2 本来の 1 思想よりも

▼ 藝をも~ (3, 0.1%)

2 救う道 1 認めて

▼ 藝一能~ (3, 0.1%)

1 あつて, あるもの, に秀で

▼ 藝~ (3, 0.1%)

1 に中, の工藝, 比較的晩

▼ 藝協団~ (3, 0.1%)

1 は消えた, を結ん, を計画

▼ 藝命様~ (3, 0.1%)

1 に於かれまし, に随, を始め

▼ 藝天女~ (3, 0.1%)

2 の御 1 の像

▼ 藝妓はん~ (3, 0.1%)

1 がおます, がこんな, は新地

▼ 藝學問~ (3, 0.1%)

1 にもたしなみ, の心掛, を植ゆ

▼ 藝~ (3, 0.1%)

1 で外, としてその, の綱渡り

▼ 藝~ (3, 0.1%)

1 とは思えない, は, をやらせ

▼ 藝文志考證~ (3, 0.1%)

1 の方, を書き, 若しくは隋書經籍志考證

▼ 藝無し~ (3, 0.1%)

1 では此, の乞食, の先生

▼ 藝美術~ (3, 0.1%)

1 と相対, に転ぜしむべきである, 即ち見る

▼ 藝美論~ (3, 0.1%)

1 の先駆者, へと進む, を組立てる

▼ 藝者ども~ (3, 0.1%)

1 が互, は珍, をからかふ

▼ 藝者衆~ (3, 0.1%)

1 でなきや, で何ん, のもの

▼ 藝者達~ (3, 0.1%)

1 にやんや, の長崎辯, の長襦袢

▼ 藝自体~ (3, 0.1%)

1 が美術化, ではなく, の意義

▼ 藝舟雙楫~ (3, 0.1%)

1 と云, も阮元, を書い

▼ 藝術味~ (3, 0.1%)

1 が滲み出, なども吹き, を加

▼ 藝術家的~ (3, 0.1%)

1 なもの, なアスピレエション, の見地

▼ 藝術座~ (3, 0.1%)

1 にゐた, の女, の廊下

▼ 藝術感~ (3, 0.1%)

1 であるから, を尚, 及び實感

▼ 藝術活動~ (3, 0.1%)

1 の極度, の缺點, はどんな

▼ 藝術理論~ (3, 0.1%)

1 はあり得ない, は一つ, を中心

▼ 藝術的完成~ (3, 0.1%)

1 に恍惚, の中, の程度

▼ 藝術的生活~ (3, 0.1%)

1 が刻んだ, には, には凡そ

▼ 藝術的部分~ (3, 0.1%)

1 とから成立, とに還元, は下位

▼ 藝~ (3, 0.1%)

2 の臣等 1 の臣

▼ 藝こそは~ (2, 0.0%)

1 国民生活の, 美の

▼ 藝たり~ (2, 0.0%)

1 得ずしたがって, 得ない所

▼ 藝づくし~ (2, 0.0%)

1 まで始まりました, をし

▼ 藝であり~ (2, 0.0%)

1 創作であっ, 第二

▼ 藝としての~ (2, 0.0%)

1 發達や, 美が

▼ 藝としては~ (2, 0.0%)

1 この戀, 傍系に

▼ 藝とに~ (2, 0.0%)

1 容れない性質, 調和が

▼ 藝とを~ (2, 0.0%)

1 取って, 混同し

▼ 藝によ~ (2, 0.0%)

1 つてこの, つて得た

▼ 藝による~ (2, 0.0%)

1 矢の, 美の

▼ 藝に関して~ (2, 0.0%)

1 未だ見るべき, 論述した

▼ 藝~ (2, 0.0%)

2 率て

▼ 藝よりは~ (2, 0.0%)

1 碁の, 角力の

▼ 藝~ (2, 0.0%)

2 と通り

▼ 藝~ (2, 0.0%)

1 き工藝, 體は

▼ 藝嗅味~ (2, 0.0%)

1 となっ, に沈ん

▼ 藝~ (2, 0.0%)

1 に往, の広島

▼ 藝~ (2, 0.0%)

2 志比賣

▼ 藝~ (2, 0.0%)

1 に出, はんだつせ

▼ 藝妓上り~ (2, 0.0%)

1 のお, のくせ

▼ 藝妓奴~ (2, 0.0%)

1 と同じ, と町内

▼ 藝妓殺し~ (2, 0.0%)

1 と手口, の下手人

▼ 藝妓衆~ (2, 0.0%)

1 の線香, や水茶屋

▼ 藝子達~ (2, 0.0%)

1 で, も皆んな次の間

▼ 藝學校~ (2, 0.0%)

1 になつて, にも通

▼ 藝家たる~ (2, 0.0%)

1 よりも一層, より一層

▼ 藝山津見~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 藝州藩~ (2, 0.0%)

1 だけの一つ, なら藝州藩

▼ 藝~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ 藝志比古~ (2, 0.0%)

1 の命, の命二柱

▼ 藝~ (2, 0.0%)

1 に劃然, の上

▼ 藝文志以前~ (2, 0.0%)

1 に其發展, に於

▼ 藝文志以後~ (2, 0.0%)

1 には分類, は段々

▼ 藝文志擧例~ (2, 0.0%)

1 を作り, を書いた

▼ 藝文略・校讐略~ (2, 0.0%)

1 が出, が目録學

▼ 藝新聞~ (2, 0.0%)

1 を読む, を通覧

▼ 藝百般~ (2, 0.0%)

2 の技術

▼ 藝的意義~ (2, 0.0%)

1 から見, に立つ

▼ 藝的美~ (2, 0.0%)

1 において民藝, は少し

▼ 藝美術館~ (2, 0.0%)

1 の設立, を企てる

▼ 藝者たち~ (2, 0.0%)

1 から私, に抱かれ

▼ 藝者上がり~ (2, 0.0%)

1 でも蕊, で若旦那

▼ 藝者吉彌~ (2, 0.0%)

1 と關係, の思ひ

▼ 藝者狂ひな~ (2, 0.0%)

2 さらうとも

▼ 藝者町~ (2, 0.0%)

1 だと, なる本町通

▼ 藝者買~ (2, 0.0%)

1 ひか女郎買, ひを

▼ 藝者連~ (2, 0.0%)

1 にさう持てなかつた, に取り巻かれ

▼ 藝者遊び~ (2, 0.0%)

1 の味, の記憶

▼ 藝苑叢書~ (2, 0.0%)

1 を持参, 本寒檠

▼ 藝~ (2, 0.0%)

1 にて四郡, の三人侍

▼ 藝術中~ (2, 0.0%)

1 に生, の粹

▼ 藝術圖~ (2, 0.0%)

1 の北方山戎之戯, を以て始め

▼ 藝術家達~ (2, 0.0%)

1 であるといふ, の生き生き

▼ 藝術愛好者~ (2, 0.0%)

1 でなければ, の集り

▼ 藝術批評~ (2, 0.0%)

1 が立派, などといふ批評

▼ 藝術教育~ (2, 0.0%)

1 であつ, や天才教育

▼ 藝術新潮~ (2, 0.0%)

1 に寄せた, に掲載

▼ 藝術生活~ (2, 0.0%)

1 が漱石居士, には凡そ

▼ 藝術的作品~ (2, 0.0%)

1 の價値, を創る

▼ 藝術的使命~ (2, 0.0%)

2 を畏敬

▼ 藝術的内容~ (2, 0.0%)

1 が時代とそぐはないものになつたと言, を眞

▼ 藝術的制作~ (2, 0.0%)

1 についてのみいはれる, に從

▼ 藝術的天賦~ (2, 0.0%)

2 に豊か

▼ 藝術的感激~ (2, 0.0%)

1 でなければ, を齎ら

▼ 藝術的洞察~ (2, 0.0%)

2 も乏しい

▼ 藝術的活動~ (2, 0.0%)

1 の裏, を意識

▼ 藝術的素質~ (2, 0.0%)

2 に豊か

▼ 藝術的經驗~ (2, 0.0%)

1 がこ, を以つて

▼ 藝術的表現~ (2, 0.0%)

1 を用い, を與える

▼ 藝術等~ (2, 0.0%)

1 にその, に關

▼ 藝術至上主義者~ (2, 0.0%)

1 の僞, は寧ろ

▼ 藝術運動~ (2, 0.0%)

1 に參加, は藝術

▼ 藝術遺産~ (2, 0.0%)

2 として殘

▼ 藝~ (2, 0.0%)

1 となれ, に及ばれた

▼ 藝趣味~ (2, 0.0%)

1 などに囚われたら, に堕ち

▼ 藝速男~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 藝運動~ (2, 0.0%)

1 の一つ, はある

▼ 藝道樂~ (2, 0.0%)

1 は頗る, を最も

▼ 藝~ (2, 0.0%)

1 に二年, の春山氏

▼1* [374件]

あそびの一つ, 藝ありといふ, 藝あれば舞臺, 藝いづれも愚か, 藝もひやる, 藝かと思つて或, 藝からの離叛では, 藝がよかつた, 藝この二者を, 藝これがその, 藝ごとの味, 藝さえ見失うに, 藝させ八島を, 藝やの名, 藝すぐれし七人の, 藝そこは民衆, 藝その他に分ける, 藝それは無, 藝たるべき本則である, 藝つたはらず文學, 藝でありますが工藝, 藝であるならば工藝的, 藝であろうか, 藝でございますがあの, 藝でしょうか, 藝とか科學とかいふ, 藝とかはともかくも, 藝とが対立する, 藝とこそなるでしょう, 藝とさえ云えるであろう, 藝としてのみ解き得る絵画, 藝なくしては, 藝などと各種の, 藝などとは縁の, 藝などにも關係も, 藝などをおやり, 藝なりその歌女, 藝なんかより以上の, 藝なんて消えちまうもの, 藝にかけても肩を, 藝にこそとて我と握手, 藝について語る積極的理由, 藝にても歌の, 藝にのみ美が, 藝にまつわるすべての, 藝によって喚求される, 藝にわたって彼の, 藝に関し彼の, 藝のみあって, 藝のみが優雅な, 藝ばかりでなく文藝上, 藝ほど美的に, 藝まで一と, 藝もてかくあまた, 藝やら一人芝居やら, 藝ゑて僅に悶, 藝ゑて愛翫した, 藝をこそ工藝中の, 藝一世に秀でた, 藝一術に對, 藝の意義, 藝文言と, 藝人その後柔道家になり, 藝人たちに煽動, 藝人どもの集ふところ, 藝人奢侈僣上の沙汰折, 藝人崩れで聲色, 藝人根性の主張, 藝人武士僧侶あらゆる階級, 藝人武者修行僧侶等であ, 藝人稀には畫師, 藝人等が故郷, 藝人粹人はなかつた, 藝人聲を嗄らし, 藝人達はそれ, 藝人都樂なる者, 藝人附合をしなく, 藝はそれ, 藝作家の友達, 藝個々の僕達, 藝健かな工藝, 藝備偉人伝は蘭軒, 藝傳記などの發展, 藝全般に拡大, 藝兵法に凝つ, 藝其他あらゆる文化, 藝凡て何事も支那, 藝とその間, 藝化學を修めた, 藝十何種を持つ, 藝協会全国協議会が京都, 藝協会全国大会が青森県, 藝協会員一同が滞, 藝及び牧畜の, 藝史上における異例, 藝史中特筆すべきもの, 藝名譽のある, 藝周防長門の八ヵ国, 藝品それは最も, 藝品中から最も, 藝品彼ら自身から直接教え, 藝品日常品で醜い, 藝品的な價, 藝品鋪の前, 藝に相, 藝国広島国泰寺裏門前杉木小路, 藝国豊田郡竹原に遷, 藝を通り過ぎ, 藝多能と觀察, 藝大食の者, 藝即ち藝術, 藝奴はんはみんな友達, 藝好きの客, 藝妓さんをあげ, 藝妓たちが居た, 藝妓ト普通ノ方法, 藝妓大小取交ぜて, 藝妓大小三人幇間一人を伴, 藝妓嫌であるので, 藝妓小富崇高百合の如き, 藝妓島田が揃つて, 藝妓幇間の騷い, 藝妓末社を加, 藝妓殺し石原, 藝妓評判記を募つ, 藝妓連の遊客, 藝娼妓紳士の戀, 藝子さん達でしたよ, 藝子はんでも, 藝子一人だ, 藝子末社を乘, 藝子舞子のやう, 藝に依る, 藝學問人に後, 藝學校兩校學生から車體設計圖案, 藝學門の御, 藝守斉賢である, 藝守重晟が月番, 藝き工藝, 藝迄行く, 藝宮島の市, 藝家自身でもない, 藝小林など見る, 藝展支那赤絵展アイヌ作品展の如き, 藝展朝鮮工藝展沖縄工藝展支那赤絵展アイヌ作品展の如き, 藝展沖縄工藝展支那赤絵展アイヌ作品展の如き, 藝州候にお, 藝州域の繪圖面, 藝州廣島城も見る, 藝州志の纂述, 藝州薩摩は薩摩, 藝州藩主浅野茂長の弟, 藝州辯まる出し, 藝従来向客, 藝自慢の, 藝志美美の命, 藝思想に富み, 藝とには緊密, 藝戸数十毎戸栽菊培養頗精有高丈許枝亦数尺者, 藝指南所で遊戲, 藝政治法律宗教などの領域, 藝文儒術の萌芽, 藝文志これは皆, 藝文志その後六朝までの目録, 藝文志それから四部, 藝文志呂覽等によれ, 藝文志明史の藝文志, 藝文志晉の中經, 藝文志舊唐書經籍志に依る, 藝文校讐二略は目録學, 藝文略のは之, 藝文略・校讐略以來絶えて, 藝文類にある, 藝方面にも造詣, 藝書兵書その他紀行文書詩書など合し, 藝不仕, 藝の催し, 藝會校友會雜誌の編輯, 藝を保っ, 藝歌俳諧にまでたしなみ, 藝正しき工藝健かな, 藝のうち, 藝津瀬に霑, 藝津速瀬をむすび, 藝海珠塵に収, 藝無しどもがもろもろ, 藝玉乘りの, 藝男子にすぐれ, 藝町近くにも一基, 藝當一寸法師の手, 藝的任務にはならぬ, 藝的性質について何, 藝的要素を奪っ, 藝しが, 藝の女, 藝美感は工藝美論, 藝美論入門の書, 藝をよむ, 藝者お仙のこと, 藝者さらひを, 藝者さんと遊んだ, 藝者さん達の間, 藝者はずゐぶん好き, 藝者はつひに, 藝者みたいなしようむないもんになつた體, 藝者七八名の酌, 藝者力士の似, 藝者同志の相互扶助的, 藝者家業こそし, 藝者小房等を呼ん, 藝者幇間になつ, 藝者末社をひきつれ, 藝者歌舞伎役者や幇間たち, 藝者狂ひは, 藝者皆疲労し居眠り, 藝者義太夫語り長唄, 藝者芥川はこの, 藝者踊や役者踊, 藝者雛妓が八人乘, 藝者風の美人, 藝能人のひい, 藝能人待機室みたいな所, 藝能望請令其供奉并置一法堂とある, 藝能等の各種, 藝能精進からいつて, 藝能術數の道, 藝能關係の客, 藝自身の裡, 藝芸書舍というた, 藝苑日渉に國號, 藝苫三七郎の家, 藝藩邸には至密, 藝術さへその, 藝術それは人生, 藝術といへやう, 藝術ニテ練熟スルモ畢竟皆此理性, 藝術一般の傾向, 藝術上人格上未熟を極めたる, 藝術上新主義の母胎, 藝術世界に妥當, 藝術主義を通じてわたくし, 藝術以外の領域, 藝術作品中に心理的考察, 藝術其他のもの, 藝術其物眞理其物の成立, 藝術内に於い, 藝術制作は人, 藝術協會でフランス, 藝術史上より茶番, 藝術同人などの考, 藝術哲學道徳哲學宗教哲學等々について私, 藝術圈内へはひつ, 藝術國にあつ, 藝術團體に加盟, 藝術學問會社經營生産政治になお, 藝術宗教などに於ける, 藝術家かたぎの上, 藝術家ゴーホは自ら生命, 藝術家タルカハ彼等ノ立案スル如ク社會ガ認メテ勞働, 藝術家デアレバアルホド断乎トシテ刎ネツケハシナイデアロウカ, 藝術家久保田君を見くびり, 藝術家小光の神聖, 藝術家氣取りをした, 藝術家氣質が遺, 藝術家生活の半面, 藝術家的本能に導かれ, 藝術家肌の鋭い, 藝術寫眞には何, 藝術寫眞製作と云, 藝術左傾等々三上の神出鬼沒, 藝術度を増す, 藝術心と反響, 藝術情緒の遊戲, 藝術意欲の變遷, 藝術感豐かな文學, 藝術慈相のかげ, 藝術慾とおとろ, 藝術批判の眼識, 藝術批評等には二つ, 藝術文學の類, 藝術暴力等あると, 藝術最盛の時代, 藝術本位の劇評, 藝術樣式の變遷, 藝術氣分が漂つて, 藝術活動そのものをも棄て去, 藝術獨立の主張, 藝術理想を斯く, 藝術的ぢやない, 藝術的上層建築の領域, 藝術的價値以外の全く, 藝術的原理とを同じ, 藝術的品致を備, 藝術的基準である, 藝術的天分をも封じ, 藝術的天才には男性的力, 藝術的宗教的などがある, 藝術的實感を味, 藝術的形式を獲得, 藝術的性格として始めて, 藝術的情調は却, 藝術的情趣と手, 藝術的意味においてもさうである, 藝術的意圖と藝術的野心, 藝術的意識ある吾, 藝術的才能を要する, 藝術的批評が聞き, 藝術的文化の上, 藝術的方面から觀, 藝術的未成品であると, 藝術的條件の具足, 藝術的洞察者があるなら, 藝術的熱情と必至的, 藝術的生涯は實, 藝術的産業だ, 藝術的用語など使つて生意氣, 藝術的眞實の玉座, 藝術的誠實を以つて其姦淫, 藝術的資料の精, 藝術的野心を廢棄, 藝術的鑑賞は熱烈, 藝術的陶醉ともで, 藝術的鬪爭を輕視, 藝術社會政治宗教の六類型, 藝術私の魂, 藝術科學の大法, 藝術科學等の諸, 藝術竹田の孤寂, 藝術精神とを如何, 藝術美に倦みたる, 藝術自体を歪め, 藝術至上の殼, 藝術至上論者は恐らくは, 藝術表現に歌材, 藝術觀そのものが前期, 藝術觀上又は人生觀上非常, 藝術觀上ゲエテに大, 藝術觀人生觀に於, 藝術評價の尺度, 藝術詩の基礎, 藝術詩賦等何物にも附會, 藝術論印刷校正摺を見る, 藝術論印税金を送り来る, 藝術論者である, 藝術論製本成る, 藝術諸共消えに, 藝術趣味の多い, 藝術道の體驗, 藝術鑑賞の心理作用, 藝記者をかね, 藝といふもの, 藝試驗場に知人, 藝論者と云え, 藝諸子に對, 藝諸子詩賦兵書數術方技斯う云, 藝趣味民藝嗅味となっ, 藝遊興の種類中, 藝道三昧なすがた, 藝道修業に心願, 藝道御名譽の方, 藝道戀愛に對, 藝道熱心に精進, 藝の熊野町, 藝郡香美郡長岡郡などにも及び, 藝は, 藝長ぜずして貧乏破産喪家, 藝雜役に從, 藝須發行所人は初め七人, 藝は安, 藝頼千齢西遊来長崎訪余客居喜賦, 藝から云つて, 藝館全体が一つ, 藝館建設のため金十万円, 藝高き趣味を