青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「藏~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

薄く~ ~薄暗い 薄暗い~ 薔薇~ 薪~ 薫~ ~薬 薬~ 藁~ 藍~
藏~
藝~ 藤~ 藤原~ 藤吉郎~ 藩~ 藪~ 藻~ 蘆~ 蘭~ 蘭軒~

「藏~」 3123, 34ppm, 3477位

▼ 藏~ (831, 26.6%)

51 中に 20 中へ 19 顏を 13 中で 12 中の 11 前に, 戸を 9 二階へ, 前の 8 二階に, 方に 7 方を, 鍵は, 鍵を 6 中から, 方から 5 中を, 二階の, 前で, 前へ

4 [13件] やうな, 中には, 中は, 側の, 入口の, 入口は, 前を, 外へ, 庇の, 扉を, 方で, 間に, 間を

3 [13件] 傍に, 土臺下を, 壁の, 家の, 家へ, 心を, 戸は, 戸前の, 戸前を, 方へ, 蔭で, 間の, 頭は

2 [46件] ことか, はうを, まへの, も相好, やうに, 三人が, 下の, 二階から, 傳を, 兄が, 入口に, 入口には, 入唐に, 入唐の, 入寂の, 古文書, 土臺下に, 外から, 大戸を, 家から, 家は, 屋根から, 屋根に, 屋根の, 戸が, 手を, 机の, 板敷の, 枕元の, 法統たるに, 爲めに, 生國, 目に, 窓の, 肩に, 臺石の, 蔭へ, 許に, 鍵が, 間で, 隅に, 隱し, 離屋へ, 頭に, 顏へ, 顏色を

1 [424件] あたりで, あたりも, あたりを, あたり井戸の, あたり裏木戸の, あつた, あるの, いぶきに, うしろや, うち, うちの, うち一番小さく, おとなびた孤獨, お伽噺, お百度石, かはり, からだは, からだを, こころを, ことは, ことを, この模型, これ, これは, ごく奧, さるを, すがた, すこし氣取つたポオズ, その變, ちかごろの, でも彌, ところに, ないところ, なかで, ふるさとは, ものは, やきもち通り, わきには, わびるやう, カギが, ガアゼを, スケツチを, ツイ側ガラクタを, マホメット教國産の, ヴエランダの, 一, 一刀を, 一子大島伸一に, 一方の, 一隊は, 三人, 三階に, 三階にて, 上の, 上足の, 下には, 下四五尺の, 中, 中からも, 中その, 中だ, 中だの, 中でございます, 中です, 中なんかに, 中へは, 中へも, 中も, 主宰し, 乘られた, 九段目と, 二階で, 二階です, 二階は, 二階窓から, 二階窓を, 人寄せに, 今の, 仕業と, 代りに, 住する, 佛教が, 佛教史家, 作だ, 來國俊の, 來朝以來一行禪師だの, 係を, 修復に, 修繕でも, 修覆, 俳諧的生涯は, 側に, 傍へ, 傍へも, 傭人の, 傳に, 傳の, 傾向の, 元氣, 兄への, 兄も, 入口で, 入寂後間もなく, 入院で, 全身には, 八千兩を, 其傍に, 典籍多く, 処の, 処を, 出生または, 分なり, 初心な, 前から, 前には, 前へも, 功を, 南印度から, 南海寄歸傳に, 南海寄歸内法傳や, 友人で, 友人であり, 句を, 周圍は, 命は, 和蘭渡りの, 問うた心持, 國を, 國元で, 土壁を, 土臺下などは, 土臺下の, 土臺石には, 坐る處, 壁だけを, 壁に, 壁には, 壁まで, 壁を, 夏祭の, 外と, 外の, 外を, 外側を, 外母家との, 外鍵も, 多きに, 大唐西域求法高僧傳, 大戸前, 大扉, 大海老錠, 大福帳型, 天寶五載, 奧に, 女お, 女房お, 女房の, 如き其喇嘛教, 妹お, 妾でも, 姿が, 姿を, 娘お, 子分が, 子分の, 宅に, 官, 室の, 室へ, 家では, 家まで, 家も, 密教を, 密談を, 屋根へ, 屋根へは, 屋根瓦を, 師は, 師事した, 帰りの, 帰りを, 庇と, 庇合ひで其處へ, 庇合ひとか, 庇合を, 庇間を, 床下から, 底の, 座敷牢から, 廂間から, 建つたやう, 建てるを, 弘化年間印行の, 弟の, 後から, 後ろ, 後ろに, 後ろへ, 後姿を, 後白河院宸影は, 御出生, 御用聞の, 心に, 心の, 思うには, 思ひも, 息拔きの上から, 悪事を, 惡智慧だらう, 想像した, 想像の, 愛讀する, 懐には, 懐へ, 戸前が, 戸前に, 戸前は, 戸開かれき, 所へ, 扉が, 扉は, 手から, 手が, 手土産の, 持った提灯, 持物には, 收容された, 教化が, 文書に, 文書を, 方には, 時とは, 時代と, 時代の, 時代までは, 普請羨やましき, 暗示的な, 書いたもの, 書である, 書物も, 書目を, 最初の, 本とは, 板戸の, 枕元に, 枕元まで, 梁に, 梯子を, 極度の, 槍は, 樂劇ビルマの, 樂器及び, 標本も, 横に, 横を, 横手に, 横手の, 横腹へ, 死んだの, 段々の, 母の, 毛の, 氣持ちを, 求法高僧傳の, 油断を, 洋畫に, 浪宅を, 海鼠壁は, 湯を, 湯左は, 漆喰の, 父は, 片隅に, 物に, 犬の, 珍本は, 珠玉僞善の, 生れ又は, 生れ故郷の, 生家は, 用事は, 番を, 番人にて, 畫を, 病室から, 病室の, 病室を, 病氣の, 白堊は, 白壁へ, 白状で, 盃を, 相手と, 相談を, 眞似, 眺め, 眼つきを, 眼は, 眼中に, 着物き, 睾丸の, 短刀まで, 石の, 石垣の, 石段の, 硯箱の, 碑文を, 祕密の, 祕密を, 神経を, 種姓は, 穴から, 突き當り, 窓から, 窓が, 窓に, 立つ處, 繼母は, 耳に, 耳にも, 聲を, 肌, 肌が, 肌に, 肖像畫一二點に, 肩越しに, 背を, 胸には, 胸を, 胸倉を, 脇腹へ, 脇腹を, 腑に, 腕を, 腰に, 腰を, 腰張りの, 腰板を, 腹の中では, 膝の, 膳の, 自害は, 臺座の, 臺石に, 茶を, 茶碗には, 蔭に, 薄暗い中, 藝などは, 藝當一寸法師の, 蘭書とで, 蘭本, 虎挾み, 表兄の, 裏とか, 裏に, 裏の, 裏へ, 裏手へ, 裏木戸の, 裾に, 見る庭面, 親仁の, 親方は, 親方を, 言葉には, 言葉の, 許で, 話で, 譯した, 讓受を, 豪勢な, 贔屓を, 足の, 足は, 足を, 身の, 身体を, 身元を, 車に, 軒に, 軒の, 軒下の, 軒下を, 遺言に, 部屋は, 部立にも, 金襴の, 鍵と, 長い鍵, 間にな, 間ろくな, 間三尺ほどの, 間大きな, 間家の, 間闇の, 闇の, 隅々納戸物置天井裏から, 隅から, 隅の, 隅へ, 階上には, 離屋に, 離屋を, 靜物は, 音を, 頃に, 頭には, 頭のうへの, 頭を, 顏と, 顏には, 顏は, 顏も, 顔へ, 顔を, 飜譯と, 首が, 首筋に, 馬に, 驚きやうは, 高風を, 鼻の, 鼻を

▼ 藏~ (608, 19.5%)

5 それを, 自分の 3 人に, 我に, 驚いて

2 [23件] おさわ, きく, さう, さつき五十嵐が, だまつてゐた, まだ帰らない, 一人で, 中, 吊臺, 困つた, 彼の, 慌て, 水月の, 獨り, 眼を, 考へた, 親爺の, 親爺を, 覺えず, 開元, 頭を, 飛騨と, 驚きまして

1 [543件 抜粋] あつけ, あの當時, あまえたやう, ありのままを, あわてて, いちいちはつきり答, いふべき言葉, いまなにもかも, おとなしくし, おどけものらしく, おろか近頃手に, お使い, お札を, お糸, お若, かしこまつ, からだを, きつと, このシヤツ, この親爺, これが, これで, これは, こんな事, さういふ人, さうし, さう呟きつつ, しばしばこの, しよつちうお, そのころ, その大きな叡山, その度, その手, その朝, その老後, それでは以前十風, それでも根氣, それに, そんな事, ぞっと肩, た, ぢつと, つか, つく, どうしてもさう, どうして飯, どうも星野, どう言, どんな人, なつかしい親切, なんだか極り, はじめて罪人, はつと, ひとりで, ふたたび眠つたふり, ふら, ほつと, ほとんど繪筆, まごついて, また, また何となく, また土間, まだ二十足らず, まだ女, まだ笑, まだ笑つて, まだ默つて, まつくろい, まぶしいやう, もういくら掘, もう少しで, もう既にそこ, もう決して書いた, もう萬能, もともと律, もと母屋, やつぱり嫉妬から, よく一人, よもや金, わけも, わざと眞野, アッと, ガタ, キャッと, キヨトキヨトし, グッと, コップを, ソリャこそと, ドアの, ニヤニヤします, ニヤリと, プップと, ベツドから, ベツドに, ベツドの, ベツドのうへに, ベツドへ, ボロ布, ラムプを, 一寸立止まつ, 一寸躊躇, 一日も, 一昨日手紙を, 一番あとの, 一言いはれる, 一週間に, 七日の, 三藏と, 下讀みしかけた, 不思議に, 中天竺刹利王伊舍耶靺摩, 乗掛っ, 乾いた口, 事の, 二た, 二月程, 五十嵐に, 京極から, 京都から, 京都に, 京都へ, 今や既に半分以上, 今宵珍らしく, 今度は, 今朝から, 今獨, 今迄の, 仕事に, 以前の, 以前獨逸語の, 伊豫尋常中學校を, 何かと調べ, 何だか足らぬ, 何だか飜弄, 何んにも, 何処からか, 何処へ, 何心なく, 何處と, 佛教に, 俄に, 保護人に, 俳句も, 俳句其もの, 傍から, 傷寒を, 兄妹の, 全く一つ, 全く月並, 六十幾番といふ, 六月二十五日には, 其五十嵐の, 其俳話に, 其前日十風の, 其夜三人の, 其夜渥美に, 其尼の, 其後姿を, 其手紙を, 其日新聞や, 其暗い, 其繪看板を, 其翌日三角の, 其葉書を, 其足で, 内から, 内心そんなに, 内玄關, 决し, 切褄形の, 初めこそ, 初めて其羽織, 初めて料理屋, 初めは, 別な, 別に俳諧師, 別の, 前後左右を, 加藤や, 北印度迦畢試の, 十三の, 十風に, 十風の, 十風を, 南天竺の, 南天竺將軍米准那の, 博覽會雜記といふ, 印度の, 又この, 又これ, 又口, 又叩く, 又恐る, 又感心, 又是等, 又眞赤, 又聞く, 又驚い, 受けた, 受けて, 受け取つて, 口が, 只學校, 只雜談, 右手に, 同居し, 呟きながら, 呪を, 哀れに, 喉が, 喜ばる, 四五日無沙汰を, 四十を, 四年級迄, 困つたなあと, 困つて, 國許から, 園の, 在所へ, 執拗く聞く, 増田の, 変に, 夏の, 外人の, 多く道觀, 夜の, 大いに困る, 大いに感心, 大いに煩悶, 大きに驚き, 大坂の, 大黒檜は, 奥へ, 女房が, 女郎の, 如何にもし, 妙な, 妻恋坂下にて, 婆羅門種の, 嬉しく思ふ, 子供心に, 孝助が, 室蘭に, 家を, 宿醉の, 寢ぐるしい思ひ, 寢とぼけた, 寧ろ其末路, 寺参りを, 小さいもの, 小さい方, 少しうつとり, 少しも, 少しよわつた, 少し怒気, 少し葉蔭, 少し顏, 少なからず, 尚得意, 尚熱心, 居た, 居らぬか, 岸壁に, 差したる刀, 己の, 布團の, 希臘羅馬の, 帽子を, 幌の, 平氣, 幼少の, 店から, 後へ, 心の, 心付けを, 心地よく人, 心細いやう, 志丈と, 志丈を, 怒つてでも, 怒声で, 怖い事, 思つた, 思はぬ賜物, 思ひ出しつ, 恐る, 恭しくコップ, 悪事の, 意外にも, 愚者だ, 感心する, 慇懃に, 懶惰ものにて, 或る, 或日今出川通り, 或時蓬亭, 戸の, 手拭を, 手早く懐中, 手紙の, 折り疊ん, 抜足し, 拘引された, 持ち惡, 持つて, 指も, 掛茶屋に, 放牧塲迄見送りくれ, 敷地一パイに, 新大橋, 新左衞門, 既に小, 日本に, 日本へも, 昔の, 昨日夫婦連れで, 是迄の, 時々自分, 時々買物, 晝寢は, 暫くボンヤリ, 暫く縁, 暫く默つて其木魚, 曩に, 曲者を, 更に標準, 最前から, 最早かなわじ, 最早足場, 會釋し, 朝から, 朝飯を, 村から, 村の, 村長に, 来たなと, 東山を, 松山に, 柱へ, 格別氣にも, 梅ちやんの, 梨の木の, 梵語は, 棺を, 横に, 横町の, 權六の, 此ま, 此一月許り, 此時初めて, 此牡丹の, 此狹い, 此間から, 此間の, 歸途で, 残念に, 段々宜い, 母屋から, 毒を, 気の, 氣が, 氣を, 水上瀧太郎の, 水月に, 水月を, 決してお, 沸きか, 海へ, 淋しい心持, 源平盛衰記で, 漸く我, 漸く氣, 灌頂國師と, 狼狽する, 狼狽へて, 獨逸文法に, 獨逸語の, 甲乙の, 畑へ, 番傘を, 病人一人を, 盃を, 益, 直ちに増田, 眞赤にな, 眞面目だ, 眠つたふりを, 眠らなかつた, 眼かづらを, 眼が, 瞬きも, 確かに, 磔刑も, 私でございます, 空涙を, 突然叱りつける, 立ちは, 立つて, 立帰る, 立止つた, 第四囘内國勸業博覽會, 筆蹟が, 答へ, 答へて, 答へる, 素直に, 素知らぬふり, 細君の, 終に戸, 練馬から, 羊羹箱の, 美術學校へは, 美術學校時代にも, 義雄と, 聞いた, 聞く, 聲を, 肩で, 育英會寄宿舍の, 胴と, 腰に, 臆面も, 自分で, 自分は, 自動車に, 至つて手輕に, 臺所に, 苛, 若い時分, 苦紛れに, 茶を, 茶店の, 茶碗酒で, 草鞋を, 萩原の, 萬能を, 蒲團を, 薄じ, 蘇生した, 處女作を, 蚊帳の, 血液が, 行かなかつた, 行李に, 行李を, 覆つた糊皿, 見るとも無し, 親爺が, 親爺に, 親爺にとも, 覺えず釣り込まれ, 言つた, 言つたが, 言ふ, 語りはじめた, 謠曲大原御幸の, 豫期しなかつた, 貞元四年, 財布を, 起きあがつた, 起上り新吉の, 足を, 躊躇した, 辭世を, 近くなつた, 返事を, 迦畢試國の, 逆らは, 逆筋斗, 進んで, 運座といふ, 遺書まで, 酔払っては, 醫者は, 金さえ, 金藏で, 鋭鋒が, 長い睫, 開けられました, 間も, 隣村へ, 露伴の, 面白い, 面目を, 頑固に, 頬杖ついた, 頻りと, 題を, 飛び出て, 飛騨の, 飽迄も, 驚き何者, 驚き抜刀, 體中に, 鶴子さんに, 默つて二人の, 默つて居た, 默つて親爺の, 默つて返, 鼻先を

▼ 藏~ (175, 5.6%)

3 あつて, 二た, 聞くと 2 一と, 先へ, 印度から, 家に, 言ふと, 金剛智三藏に, 開元

1 [152件] ありその, ありました, あります, あり部屋, あわた, いやに, おかしいなと, おのれの, おみね, お仕置に, お若一人, きのふ詐欺取, ぎろ, ごとり, さきに, したこと, そのやう, その教師たち, それを, つい近くつて, とって, はしやぎだした, はりに, ひいきだ, スケツチし, ズルリと, ベツドに, ベラベラし, 一朝烏有, 一條下り松に, 三つ額を, 中學校, 主として中, 乘込まれた, 九死一生で, 二三軒ぶつ倒れた, 五印度の, 亡なります, 京都を, 作藏の, 來り, 僕らが, 入唐の, 入唐以前に, 其の著, 初めて女, 十風の, 南北印度交通の, 口移しに, 同じく明るい, 嘘を, 國王派遣の, 土手の, 埋められて, 大乘理趣六波羅蜜, 大唐, 天子の, 女の, 宰領で, 宵から, 將軍米准那の, 居つた三寺, 差して, 己の, 帰ったよう, 帰ると, 店の, 廣州に, 後に, 悲しげ, 懷から, 或時, 抜いたから, 捕まって, 支那に, 支那の, 放蕩を, 景淨と, 景淨と共に, 有りまして, 朝顏の, 来たん, 来や, 枕許に, 棟を, 此の, 此家の, 歩く足, 歸つて來た, 歸る, 死際に, 段々發達, 殺したと, 法外遲く, 注意を, 注意周到翼あら, 活動した, 渡天の, 漸く十風, 無いから, 熱心に, 燒け, 玄關を, 現在何を, 生れたの, 生命までもと, 番小屋に, 真鍮巻の, 矢張り青色の, 硯を, 示寂の, 福島嘉平太殺しを, 立止まる, 笑つた, 系圖を, 綿入, 練馬を, 縛られてから, 繁盛で, 羅好, 聊の, 聞いたら, 聞いて, 肱の, 自分で, 與助の, 草葉の, 袖の, 見にく, 見上げた時, 覗いて, 言ふ, 賭博に, 赤い涎掛け, 起上りちゃんと, 越後屋に, 車中から, 這入つて來, 酔って, 重ねて, 長々印度, 閉つて大膳坊は, 開きました, 雜誌, 頸を, 頻りに蒲團, 頻りに誰, 頼みこんだもの, 駈出して, 驚いて, 高野へ, 魘れる

▼ 藏~ (112, 3.6%)

5 見て 3 連れて, 開けて 2 先に, 導く, 敵と, 見る, 離屋に

1 [91件] あけて, あてに, だまし込んで, ふびんだ, もてあまし小菅, やかせて, やはり押し通す, 不愉快には, 了解出來ぬ, 二度ばかり, 伯父と, 信頼し, 傍へ, 僕を, 出て, 出る時, 刺戟も, 助けて, 勸進した, 受取り縄, 告ぐる人の, 呼んで, 喜ばせた, 壓服した, 好いたらしい人, 好いて, 子供扱ひ, 小菅は, 後に背負つて, 後ろに, 怨むのアそりゃア兄, 悪み返す, 扶けて, 抱いたせゐか, 抱いて, 拵へて, 持つて, 持ぬ, 指したもの, 指すの, 振り返つて, 振返つた懶い, 推ね, 揉んだつて腹, 搜し, 支配する, 改め三百俵有, 救ひたかつた, 書いても, 書く, 書くに, 村端れ, 此処迄, 牽きつけた, 目の, 直した間に合せ, 破つて, 破つて千兩箱, 移した, 經て, 締め忘れること, 縛つてどんな, 縛らせようと, 置いたる農家, 脱出しました, 葡萄酒で, 見まして, 見ると, 見るや, 見上げて, 見下して, 見右, 見舞つた, 見逃がしては, 觀て, 誇つた, 誘つた, 誘ひに, 誰が, 警察へ, 讀んで, 蹶落して, 迎えに, 迎へる, 迷は, 酔わせないと, 開けること, 開けるの, 開け金箱, 頼み此, 驚かしたの

▼ 藏~ (109, 3.5%)

2 なつて, 並んで, 似て, 入つて, 手習を, 挨拶し, 穴が, 逢って, 關する, 隱れ

1 [89件] あるが, おさまつて, おり藁, お酌, かしや, さした, さへ, した, して, しても, するより, せよ飛騨, せる豚, つぐ, なにも, はい, むけた, やり寅藏, コーヒー茶碗を, ハネ返り, 一番近い, 与し悪事, 世帯を, 仕掛けた唐櫃, 似ぬ少し, 何萬兩とも, 傳へ, 入つた者, 入り其の, 入れ又, 出合つて拜し, 別れ帰り行く, 取つて, 取込み山崎家取, 向うへ, 向つて獨, 命じて, 喋べ, 嫁した, 審判を, 封じたの, 少し銭, 就きて, 居ちや, 忍び込みましたが, 忍び込み一度, 忍び込んで, 怨みを, 手を, 手紙を, 扶植した, 押し籠め, 押込めて, 押込め打, 於ける密教, 於ては, 板橋まで, 案内する, 此の, 歸した, 氣の, 添うて, 渡し, 渡しながら, 潜り込んだの, 目禮した, 相違あるまい, 眼を, 突き出す, 米搗を, 納め容易, 紹介した, 續く, 聞きまして, 胸を, 蚊帳を, 見付けられて, 言ひ, 貸して, 迷惑を, 送られて, 送られ出立, 通ふ, 逢ったよ, 遣りましたが, 遣んな, 遮らる, 閉ぢ籠められた, 集まる

▼ 藏~ (96, 3.1%)

5 土藏の 3 云う人, 半次は 2 一緒に, 云う者, 云ふ, 特別の, 申す者, 私と

1 [73件] あるの, いちども, いっちゃ, おなじ美術學校, おなじ身, かう四字, する藏書, ならんで, はじめて言葉, チャンと, 両人に, 二人で, 云うと, 云うので, 云うは, 云う大した, 云う息子, 云う門番, 云う馬方, 云ひ, 仰しゃる大した, 信三郎と, 十分許り, 同じである, 呼び今, 呼び初め, 唐樣の, 塀と, 奧藏の, 將軍米准那, 小菅と, 山岡鐵舟です, 店の, 心中は, 心中を, 志丈と, 快談, 接した少し, 改書し, 時藏の, 母家の, 母屋の, 添わして, 炭小屋とに, 物置が, 物語を, 田中の, 申しました, 申しまして, 申します者, 申すの, 申すは, 申す不調法, 申す旧来, 申す武骨者, 申す男, 相助, 相談致します, 眞野とが, 細君の, 聊の, 藏とは, 藏の, 親戚で, 言うは, 言つた, 言へる, 訊ねて, 通ふも, 鎧板の, 隱居の, 面と, 飛騨とは

▼ 藏~ (60, 1.9%)

1 [60件] お若, それだけは, つづいた, なにやらばつ, ゐる, 一つは, 三十といふ, 中, 乳母も, 五六歩は, 亦お, 亦知らず, 亦醉, 人手に, 僕も, 其以上は, 刀の, 加藤も, 同じく行李, 大概毎晩の, 安心し, 密教には, 少くは, 己惚が, 平氣, 心配し, 感心し, 慌てふためき必死, 打たれて, 招かれた, 掘つて, 散々に, 斬殺し, 是は, 時々俳諧, 暇を, 根が, 次の間に, 水月の, 流されて, 無い, 物置も, 白状し, 皆んな私が, 祕密國である, 笑ひだした, 筆を, 聊かお, 育ち歌右衞門, 自然と, 茶を, 薄気味悪くなり, 藥位買つてやらね, 蘇生の, 言ひ, 身の毛立つ, 遂に其の, 霜を, 飛騨も, 默つて考へ

▼ 藏~ (58, 1.9%)

19 てゐる 6 てゐた 3 てある 2 て又, て居た, て居る, て置く

1 [22件] それに, てあつた, ておけ, てゐ, てゐない, て井中, て其中, て其眼, て去つた, て告げざりし, て居つた, て居ない, て居られる, て文壇一般, て筆頭, て識, ながら神, 一つをば, 三尺妖邪を, 又社會主義, 葉柄も, 血と

▼ 藏~ (52, 1.7%)

3 の處 2 の場所, や軸物, を見た

1 [43件] があつ, があり, が散, といふ, といふやう, といふ議論, とする, などを好む, にはなく, に加, に富ん, のある, の事, の保護, の多き, の富ん, の效力, の整理, の案外, の氣運, の法, の甚だ, の目録, の脊革, の趣味, の集散, はその後展轉, は多く, は無難, は燒, も宅, も間もなく, や刀劍, を五册十册, を借り受ける, を全, を整理, を有せし, を繙き, を調べる, を贈つ, 悉く灰, 甚だ富

▼ 藏から~ (48, 1.5%)

2 先へ, 出て, 金を

1 [42件] この新, そこへ, であつ, パツと, 一番先に, 三階まで, 二十錢借りた, 五月人形を, 何んにも, 兄の, 入唐せられ, 内所で, 出されて, 出して, 出すの, 出す工夫, 出たこと, 出たの, 出たらすぐ, 出ました, 千兩箱を, 取出す鍵, 大きな箱, 家の, 引き出された, 引離し御朱印, 御出し, 御出し申, 御厨子, 槍を, 死骸を, 母屋に, 滑り出して, 父の, 甘露を, 綾野を, 金箱を, 鉛筆を, 離れなかつたん, 顯はれた, 飛出した曲者, 餘計な

▼ 藏~ (48, 1.5%)

6 の臺座 3 を抱い 2 の肌, の臺石, を抱いた

1 [33件] が下, が並ん, が人肌, が坐し, が夜, が毎朝, が踊り出した, だ, だから, でも縛つて行, にばかり氣, に上げた, に目口, のやう, の据, の方, の樣子, の門前, はざつと五六十貫, は巴屋, は急, は昔, は黒木長者, ばかりで, へは裏, へ忍ん, ほどにも思, を口説く, を嗅い, を屋敷内, を抱かせ, を暖め, を釣り上げた

▼ 藏~ (32, 1.0%)

2 入つて, 案内させ

1 [28件] おびき出して, やつて, 入つたこと, 入つた時, 入る人間, 入る時, 入れて, 入れると, 所詣, 打ち解けようと, 押入つて千兩箱を, 案内する, 火の番に, 火を, 目くばせした, 穴を, 續く, 若樣, 行くの, 行つた, 行つてお, 行つて仕事を, 行つて居る, 通ずる生, 通ふ, 運ぶこと, 運ぶ筈, 隱れた

▼ 藏書家~ (30, 1.0%)

3 の中 2 であるが, にし, の手, の間

1 [19件] からはこの, がある, が多, が多く, でしたから, で水火, で熱心, としての本望, と言, に非常, の最盛期, の有, の本, の目録, の系圖, は互に, は却, は單, 多く金吾

▼ 藏さん~ (27, 0.9%)

2 の横

1 [25件] おみねさん, がお出で, がねえ彼, が幽霊, が毎晩, が福島, こんな苦しい, ちょいと, てえお方, てえ人, と, とはお前さま, とは心安い, と云, と斯, にちと, に上げ, に突かれた, の妹娘, の親類, は居ねえ, まだ御札, も然, 先ず一別以来相, 打明けて

▼ 藏~ (26, 0.8%)

3 の右馬吉, の札差 2 へ參詣

1 [18件] で少し, で散々, で非常, と鐘ヶ淵, の以前, の名, の大, の大通, の常陸屋, の通り, の飮屋, へ屆, までつけ, を兩國, 切つての, 喜次郎札差の, 大通の, 須賀橋から

▼ 藏~ (25, 0.8%)

2 [12件] に唯, の上座, の北, の夕, の大, の婢女, の晨朝, の細々, の香殿, は實, は山田寺, は村

1 といふの

▼ 藏つて~ (22, 0.7%)

2 あるの, 置くから

1 [18件] あつた, あると, ある四尺桶, ある祭, ゐなければ, 無斷, 置いた, 置いたえ, 置いたの, 置いた半纏, 置いて, 置かう, 置きました, 置く, 置くこと, 置くの, 置けそんぢ, 置けな

▼ 藏~ (21, 0.7%)

2 おきぬ, つ

1 [17件] しかぎりのことゞも, ず打ち明けよ共に, たり, たりける一二枚, てあつた, てそうして, て失はん, て持ち, て置かなけれ, よまた, よ冥王, られて, られれば, るとき, 入れ, 居たり, 得ば

▼ 藏~ (21, 0.7%)

2 ぶりまで, 不空三藏

1 [17件] 一寸此処へ, 千葉早智子なども, 印度の, 大急ぎで, 太い材木, 將軍米准那の, 己の, 手前は, 林藏寝た, 牟尼室利三藏に, 玄関に, 米准那と, 覩貨羅國の, 誰か門を, 金剛智三藏の, 金剛智三藏不, 飛騨よりも

▼ 藏~ (20, 0.6%)

2 の出版, を讀んだ

1 [16件] がある, が出版, が民間, であるが, と同じ, と名, の中語録相, の校合, は出版, は四角い, は官版, は我國, を世間, を全部, を見た, を見る

▼ 藏する~ (19, 0.6%)

2 ことを

1 [17件] が常, といふ結果, と同一, に堪へざる, のも, ものか, 個體的自我個體的自我に, 元代, 勿れ, 古銅の, 慶長, 所の, 最も古き, 樣に, 爲めの, 爲賊徒は, 視線を

▼ 藏~ (19, 0.6%)

4 ごぜえやす 3 あつた

1 [12件] さすがに, そこには, 一方は, 不空金剛三藏の, 今のが, 入口は, 史學會から, 天保三年七月十六日に, 奉公人は, 栗材らしい, 段々お, 細い手

▼ 藏稻荷~ (18, 0.6%)

2 の前, の門前, へ行つて

1 [12件] から盜ん, で盜まれ, に參詣, の仁三郎殺し, の堂守殺し, の建物, の拜殿, の木連格子, の氏子總代, の鈴, の隣, へ驅

▼ 藏という~ (17, 0.5%)

1 [17件] ものが, 三人を, 奴が, 奴で, 家持町人の, 悪侍, 男が, 男を, 者が, 者だ, 者の, 者ゆえ嬉し, 若党が, 若党の, 若党を, 質屋が, 車夫に

▼ 藏~ (16, 0.5%)

1 [16件] が呼び入れられた, が思案, が黒田家, とが聽, との二人, と同じ, に留められた, に相談, の三家老, は役人, は暇, は涙, は答, は道柏, も井上内記, を連れ

▼ 藏といふ~ (15, 0.5%)

1 [15件] ことに, のが, のだ, のは, ものある, ものです, ものを, 人は, 人を, 出入の, 奴は, 相當野性, 通ひ, 金貸しの, 隣人は

▼ 藏とは~ (14, 0.4%)

1 [14件] なにごとで, 一旦兄弟, 三つもと, 並んだり, 中學校時代からの, 十風の, 友の, 同行に, 或日何處, 歸つて來た, 毎日只ごろ, 表兄弟, 誰も, 金剛智三藏の

▼ 藏~ (12, 0.4%)

2 などに參つて 1 がきざまれ, が一つ, と, の側, は此, は歸途, は鐵砲, を安置, を建立, を本尊

▼ 藏~ (11, 0.4%)

1 [11件] か清松, でせう, といふ恐ろしく, と奧方, に言, は二本差, は有馬, は緊張, は非常, へ二百兩, 蒙古人ガ

▼ 藏され~ (10, 0.3%)

4 てゐる 1 てあつ, てある, てゐた, て居ります, て居る, 竹筒や

▼ 藏~ (9, 0.3%)

1 がさ, が汝, つて八五郎よりは, つて考へ, とお, よ, よく己, 予てお前, 己が

▼ 藏どん~ (9, 0.3%)

1 から出た, が家, が己, の処, の妹娘, は親切, 今に夜, 取押えたなか, 打って

▼ 藏には~ (9, 0.3%)

1 とても聞い, わからぬ話, わから無かつ, 兄の, 各の, 大事な, 小道具まで, 年を, 米十萬七千俵其他に

▼ 藏~ (7, 0.2%)

1 え彼, とお高, 三井鴻池と, 何かの, 兎も, 物置が, 穴藏か

▼ 藏にも~ (7, 0.2%)

1 乳母には, 其の事情, 善無, 師事せられた, 座敷牢にも, 強ふる, 酌を

▼ 藏では~ (6, 0.2%)

1 あるまいか, ございませんか, ないか, なしに, 一寸出來ない, 親方株に

▼ 藏へは~ (6, 0.2%)

2 ひつて 1 ろくな光線, 入れないこと, 手の, 短かい

▼ 藏~ (6, 0.2%)

41 がその, が俑

▼ 藏夫婦~ (6, 0.2%)

1 には孫店, の最初, はしめた, は持ちつけない, は村, は船頭

▼ 藏せられ~ (5, 0.2%)

2 て居ぬ 1 てゐる, て居る, 現今にては

▼ 藏なく~ (5, 0.2%)

1 いへば, お話を, 打あけ, 申候へ, 笑ひかけた

▼ 藏~ (5, 0.2%)

1 からも届け, で何, にて初めて, の家尻, へ忍び入り

▼ 藏せる~ (4, 0.1%)

1 わだつみの, 奈良朝の, 我身を, 父祖が

▼ 藏づくり~ (4, 0.1%)

1 でしたから, の朽ち, の甍, の鐵格子窓

▼ 藏まで~ (4, 0.1%)

1 あるが, 床下天井の, 念入りに, 飛んで

▼ 藏~ (4, 0.1%)

1 が, と云, の好意, は子

▼ 藏~ (4, 0.1%)

1 の夕影, 代議士が, 惟人勝本清一郎の, 惟人氏も

▼ 藏~ (4, 0.1%)

3 なり 1 とわが

▼ 藏書志~ (4, 0.1%)

2 が出 1 を作り, を四卷作

▼ 藏~ (4, 0.1%)

1 でありました, と赤木氏, に多く, の紹介

▼ 藏相模~ (4, 0.1%)

1 で一, で遊ん, の仲間, の思ひ

▼ 藏~ (4, 0.1%)

1 が實利一點張り, と合した, には一眄, より一年先

▼ 藏親分~ (4, 0.1%)

2 の処 1 が住居, の厄介

▼ 藏造り~ (4, 0.1%)

1 にしません, になつ, のやう, の豐田さん

▼ 藏~ (4, 0.1%)

1 といふもの, を扱つた小説, を探し出す, を見出す

▼ 藏さま~ (3, 0.1%)

1 がございます, の三日月眉, までモノ

▼ 藏される~ (3, 0.1%)

2 昌造作の 1 のである

▼ 藏したる~ (3, 0.1%)

1 かを疑ひぬ, 我畫反古を, 葡萄酒も

▼ 藏~ (3, 0.1%)

1 よりも先づ, 花山院家忠以後八十人の, 風吹來り

▼ 藏~ (3, 0.1%)

1 やて, やねえ, や此上

▼ 藏とか~ (3, 0.1%)

1 云いました, 納戸とか, 言ふ

▼ 藏などの~ (3, 0.1%)

1 殘骸が, 氣の, 靈驗を

▼ 藏について~ (3, 0.1%)

2 石段を 1 咸臨丸に

▼ 藏~ (3, 0.1%)

1 の中央, の左, 卷參照

▼ 藏~ (3, 0.1%)

1 が春の屋おぼろ, としても震災以來, の母君

▼ 藏~ (3, 0.1%)

1 があつ, が建て, へと參詣

▼ 藏~ (3, 0.1%)

1 に元弘戰死碑, に集る, の門前

▼ 藏屋敷~ (3, 0.1%)

1 の役人, の役人等, も出

▼ 藏書印~ (3, 0.1%)

1 がし, なども寫し, のある

▼ 藏書目~ (3, 0.1%)

1 が盛, に對, の中

▼ 藏書目録~ (3, 0.1%)

1 などになる, の盛, を作つて

▼ 藏~ (3, 0.1%)

1 が, と云う, へお

▼ 藏殿~ (3, 0.1%)

1 がお前, と悪い, によく

▼ 藏~ (3, 0.1%)

1 は何れ, は斷乎, より豫算編制

▼ 藏菩薩~ (3, 0.1%)

2 と謂 1 か何

▼ 藏~ (3, 0.1%)

1 で床, の内, の部屋

▼ 藏~ (2, 0.1%)

1 みねは, 宅の

▼ 藏これ~ (2, 0.1%)

1 は何, は誰

▼ 藏させたれ~ (2, 0.1%)

2 ば足

▼ 藏した~ (2, 0.1%)

1 一二年前から, 大きい眼

▼ 藏だけは~ (2, 0.1%)

1 殘るだらう, 番人を

▼ 藏って~ (2, 0.1%)

1 あるの, おくという

▼ 藏~ (2, 0.1%)

2 ておいた

▼ 藏つと~ (2, 0.1%)

1 いたらい, くつて

▼ 藏である~ (2, 0.1%)

1 から今日, がかく

▼ 藏とが~ (2, 0.1%)

1 これを, 居る

▼ 藏として~ (2, 0.1%)

1 出品された, 紹介し

▼ 藏などに~ (2, 0.1%)

1 サンスクリツトの, 飯島様の

▼ 藏などは~ (2, 0.1%)

1 つい近世, まだ生れ

▼ 藏なら~ (2, 0.1%)

1 あの玄翁, ばばけつ

▼ 藏はん~ (2, 0.1%)

1 の隱居, は毎

▼ 藏ばかり~ (2, 0.1%)

1 あてに, である

▼ 藏まり~ (2, 0.1%)

1 て, 立てりその

▼ 藏めら~ (2, 0.1%)

1 る, るべしとて

▼ 藏よりは~ (2, 0.1%)

1 先き, 成績が

▼ 藏~ (2, 0.1%)

2 空三藏の

▼ 藏~ (2, 0.1%)

1 は左, は理科

▼ 藏~ (2, 0.1%)

1 助或は, 助櫻井左ヱ門赤井幾右ヱ門一條助

▼ 藏人經光~ (2, 0.1%)

1 が目撃, の日記

▼ 藏其下~ (2, 0.1%)

1 は岡田毅三郎氏藏, は理科

▼ 藏其右~ (2, 0.1%)

1 のもの, は唐澤貞次郎氏藏

▼ 藏前中~ (2, 0.1%)

1 に響かせます, を滅入らせ

▼ 藏~ (2, 0.1%)

1 の周圍, の四方

▼ 藏少将~ (2, 0.1%)

1 の御, を訪うた

▼ 藏座敷~ (2, 0.1%)

1 で私, のうすくら

▼ 藏~ (2, 0.1%)

1 に紅茶, は河岸

▼ 藏手前~ (2, 0.1%)

1 も泥坊, を疑る

▼ 藏書室~ (2, 0.1%)

1 としてその, のありし

▼ 藏~ (2, 0.1%)

1 いきりきつて門口, を出しやりぬ

▼ 藏眠った~ (2, 0.1%)

1 かえ, かなトン

▼ 藏~ (2, 0.1%)

1 に追, の白壁

▼ 藏親子~ (2, 0.1%)

1 に孝行, の荷物

▼ 藏~ (2, 0.1%)

1 に御地藏, を作つた

▼ 藏貴様~ (2, 0.1%)

1 はあの, も萩原様

▼1* [280件]

あのお若, 藏ありてその, 藏いこんで置く, 藏お前先へ入ん, 藏からも支那からも, 藏がかへると, 藏がかへつて來る, 藏これ何処へ行っ, 藏さすがにたじろぎました, 藏さずして告げぬ, 藏さんお前の噂, 藏さん今度呻れば, 藏さん新吉さんが来た, 藏さん此の野郎, 藏さん毎晩お前の所, 藏さん素通りかえ, 藏さん貝殻骨から乳, 藏したれば汝, 藏しなければ承知, 藏じゃアねえか, 藏せざるを見る, 藏せしは誤なり, 藏せられる百四十餘通の, 藏せりとお, 藏それから斯様な, 藏たちと一杯, 藏だの云ふ, 藏つたらどうだ, 藏つた儘になつて, 藏つづきの家, 藏つてるんだ, 藏つて了つたことを感じた, 藏え奴, 藏てえば直, 藏で御座いますが, 藏となつてを, 藏との話を, 藏とも限るまいが, 藏とやらもこんな短刀, 藏とを配しましたが, 藏どんとやら暫く, 藏どん泥坊が入りました, 藏なぞがごちや, 藏などがあること, 藏などでもいづれも, 藏などといふことは, 藏などについてもとかくその, 藏なんかの場合においては, 藏なんかは理想的な, 藏につれ込み隱戸棚, 藏にて栗橋の, 藏にのみ割て, 藏によつて互の, 藏のかも知れないと, 藏のみでなく支那, 藏のみか數代續きし暖簾までも, 藏はけふ退院する, 藏はせて了つた, 藏はにこ, 藏はも少し優しい, 藏はをかしく思つた, 藏はんとこへ行く, 藏はんなほも嫌, 藏ばかりに圍まれて, 藏場所なぞを, 藏ひとりに對, 藏ひ込むには打つ, 藏ひ込んでしまつたアポリネエルの, 藏ことを, 藏ほどの男が, 藏まだか長い, 藏まり其大外無く其小内, 藏て遠く, 藏むとは定め, 藏むるを出し, 藏むる小桶二つとの外, 藏むる所と同じ, 藏む黄金の瓶, 藏め涙を拭, 藏もういいか, 藏やら滅多に, 藏やらに成つて居ました, 藏より以前の, 藏らしく小さい方, 藏てゐる, 藏を以て人の, 藏を通して何等かの, 藏ん所け置いた, 藏コレ善藏何をぐる, 藏シテ其ノ猶, 藏ストナシテ敵味方ノ警戒, 藏ズイと外, 藏ズッと中, 藏て置くだらう, 藏ナマコ壁古風な瓦屋根, 藏密封シタル者, 藏ヶ嶽を仰ぎつ, 藏ヶ嶽湖を壓, 藏一つだけ殘つて, 藏一パイに照らし出した, 藏一人になつた, 藏一人酒を飲ん, 藏一同と右宿寺戸田村寶泉寺, 藏一字呪王經や佛説稱讃如來功徳神呪經, 藏一寸手前の人相, 藏一式となつ, 藏一盃飲ませろよ, 藏一行の所置, 藏三戸前の繩張り, 藏の左, 藏中央亞細亞波斯などの民族, 藏丹誠をし, 藏久三郎親子の反, 藏云升天乘龍役使百神利生之道, 藏阿含, 藏捕へられた, 藏人柳生兵庫小野典膳諸岡一羽その他多くの劍客たち, 藏人樣のお, 藏人頭の下, 藏人高橋忠左衞門小河長五郎金出口には野村右京, 藏となる, 藏今夜行かなければ, 藏今村力三郎の三氏, 藏今村力三郎大石の辯護人, 藏仕方なく風雨, 藏代りの板圍, 藏をぐる, 藏何処へ往く, 藏の二階, 藏允監物も二三度, 藏允監物十太夫に面會, 藏先生の一閲, 藏兩先輩の紹介, 藏兩氏立會の上, 藏に對, 藏其の人で, 藏の品物, 藏て来, 藏前水戸樣御用の煙草問屋, 藏加藤平田をばさん等, 藏し又は, 藏半次は早々, 藏半次職人のこし, 藏原伸二郎君の文, 藏原典から流麗, 藏又は密室の, 藏司稻荷で有名, 藏吉藏はねから, 藏呼んで来い, 藏品搜索を乞, 藏善旡畏等の諸, 藏ではない, 藏には左, 藏國師時方士羅思遠者以術得幸有旨令與不空驗優劣, 藏の家主半兵衞, 藏の墨子, 藏を見, 藏悦奉る, 藏大きに御苦労, 藏夫婦樽川を発し, 藏奧藏などに心, 藏のお, 藏お登世, 藏に, 藏孫喜太郎少年の痛々しい, 藏學者で京都帝, 藏安受合するなよ, 藏家先から借り, 藏宿の船, 藏密教の奧, 藏惚ては, 藏寝たか林藏, 藏尊一躍して, 藏尊鼻も耳, 藏少し膨れ面して, 藏居ないか何処, 藏からお, 藏峰旗良充, 藏の白い, 藏建てた奴あ, 藏弟子で昨夜萬兵衞, 藏五右衞門の, 藏御苦労誰か一緒, 藏念佛の新, 藏持參の業平男, 藏支那日本にも渉, 藏白洲でも, 藏で見, 藏文吉藤治郎多藏, 藏文書の中, 藏文書等である, 藏の如く, 藏疆史料解説, 藏方目付替御座候處, 藏方面蒙古, 藏早く帰ろう, 藏迄しみ, 藏のま, 藏時代の南海印度洋, 藏普請に足場, 藏景次は播磨國高砂, 藏書中今日に至る, 藏書十萬四千卷を盡, 藏書場の位置, 藏書場建設の料, 藏書家所藏の珍本, 藏書家汪士鐘に色々, 藏書志四十卷を作つて, 藏書所が燒, 藏書政策を考へ, 藏書散佚に對, 藏書目清原業忠の本朝書籍目録, 藏最早隠し遂せる事, 藏本当か, 藏の方, 藏次いで不空金剛三藏を, 藏此手紙を高木, 藏殿それは真実, 藏殿御苦労でご, 藏立ノ, 藏炭取を持つ, 藏焦れこむで何でも彼, 藏爺やうやく十兵衞, 藏物資の山, 藏り奧村, 藏獨立ノ交渉中ニ青海四川, 藏玄關と云つて, 藏に登山, 藏王子の話, 藏王山の影, 藏附とは, 藏相助が打っ, 藏相發言を求め, 藏相陸相外相の三相, 藏の愛くるしい, 藏を覚まさねえ, 藏神妙にせい, 藏私市一太郎鈴木重一三氏の外, 藏兒双紙にも, 藏等一行の外一人, 藏等六十人を斬つた, 藏簡單なる三角, 藏米倉小屋その他の建物, 藏納屋の中, 藏經全部を讀んだ, 藏の死後, 藏聊か徳川の, 藏聖教の序, 藏自身はもちろん, 藏與助の二人, 藏若者の名, 藏菊之丞などの似, 藏古カシュミル, 藏藤田の時藏, 藏表啓の中, 藏西山遺事一部, 藏見立てがあり, 藏見紛う方なき, 藏親分さんの処, 藏親子和助萬吉それに下女, 藏論藏五阿含, 藏込み置た古い, 藏逃げる氣か, 藏違って居る, 藏遞兩相の挂冠, 藏酒倉等を灰, 藏酷いぞや今日, 藏金事件を全部八五郎, 藏金銀は不幸, 藏の三山, 藏鍋割荒鈴を赤城, 藏を立ち, 藏開きも濟, 藏見, 藏にも見ゆべけれ, 藏に掛け, 藏鷹野秀雄氏の報, 藏鹽谷判官切腹の場, 藏齋藤彌九郎, 藏龜藏も暇