青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「系~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~粗末 粗末~ 粥~ ~精 精~ ~精神 精神~ 糞~ ~糸 糸~
系~
系統~ 紀~ ~約束 約束~ ~紅 紅~ 紅い~ 紅葉~ 紋~ 納得~

「系~」 1033, 10ppm, 10461位

▼ 系~ (488, 47.2%)

5 言葉で 4 ものが, 人である, 作家が, 皇室を 3 ものと, 組合に

2 [29件] ものであっ, ものである, ものな, カナダ人の, 一種衝動的な, 上に, 人物と, 天文と, 天皇これを, 天皇の, 天皇之を, 家の, 帝位を, 帝室を, 移住民と, 組合の, 色の, 英雄でも, 血を, 言葉の, 詩人も, 語で, 語の, 進化には, 運動状態に, 野心家が, 頁岩だ, 馬を, 鷲鼻を

1 [403件] ある一部, ある系統, ある組合, ある豪族, いろいろの, うちの, お人, お医者同士二人, がっしりした, がっしりと, どこかの, もっと始祖的, ものから, ものそれから, もので, ものとでは, ものとは, ものには, ものは, ような, アサマとが, アメリカ人で, イエマ, イカリ即ち, イデオロギイを, カナダ人香港で, カフェーを, コーヒーが, コーヒーで, ジョボロ少佐を, スイス語を, チャキチャキである, ドイツ哲学に迄も, ナンセンスなき, ハリストス正教会その, パリー女に, フランス人です, フランス人歌劇, プトレマイオス王朝が, プロバビリティの, ボストン人だ, ボヘミヤン, マキノ撮影所くらいしか, ミカドの, メスが, メス犬, メソジスト教会が, モン, ユダヤ財閥が, 一二の, 一峯が, 一族たるに, 一点との, 一種と, 一群の, 三世で, 下に, 与国たる, 世持神の, 世界なんぞに, 世界究竟の, 中から, 中心に, 中心点へ, 主軸が, 乳牛で, 事を, 事務家を, 人々が, 人々に, 人々によって, 人々は, 人が, 人たちだけに, 人であったらしく, 人であります, 人に, 人の, 人は, 人情噺も, 人物であった, 人物として, 人物を, 人間だ, 人間の, 人間を, 仏国女かなり, 仏教と, 仏教の, 仕事は, 代議士八代と, 任意からは, 会社は, 会社や, 住民六十万が, 体系であっ, 作家の, 作家は, 作家中錚, 作家左翼作家を, 催眠剤が, 催眠剤じゃ, 催眠剤だ, 催眠剤の, 催眠剤十五グラムは, 働きには, 働きは, 僧らしく, 全体性は, 全体性を, 公算の, 内部の, 劇場である, 動き出すの, 卜部を, 印度原住民の, 厭世哲学である, 反動組合だった, 反革命的労働者, 古いところ, 各学部, 各峰, 合墓が, 名を, 名前を, 名稱, 周囲に, 哈利発ムイズの, 哲学を, 哲学者の, 哲学者ばかりが, 哲學者なりといふ, 哲理を, 唇音に, 問題に, 噺は, 団流を, 国には, 国内的の, 國であります, 國では, 國民の, 土壤である, 地名が, 地域の, 地質構造史において, 基本動詞の, 墨画あたりから, 変化は, 多い事, 大きな顔, 大山嶺, 大御裔, 大白種で, 大親分, 天皇, 天皇が, 天皇を, 天皇統治す, 女に, 女の, 娘たちだけ, 婦人連の, 嫡子として, 子であった, 存在, 存在が, 存在によっても, 孟子荀子等が, 学に, 學者は, 安定を, 宗教あり, 宣伝と, 容貌は, 寄席に, 寄席へ, 尊族, 少壯, 属将は, 山女魚が, 山女魚と, 山女魚関東系の, 山岳と, 山彙が, 山東省銀行は, 山稜について, 差異が, 市民である, 年増女で, 底面内に, 庭を, 建物のみは, 弟子の, 彗星に, 役目を, 後伏見花園の, 御子たる, 御子だ, 御子では, 御子として, 復興が, 志士が, 急性霍乱で, 悪沢岳, 成分が, 我国体の, 我國體の, 批評家らしい, 技師だった, 支脈に, 改革案は, 政争や, 文化だの, 文化と, 文化との, 文明に, 文明は, 文法で, 文法では, 斥くる, 新聞, 新聞社に, 新聞紙などに, 新馬浪岡, 方へ, 族党は, 映画小屋と, 書家に, 書風である, 書風には, 最南端は, 最大露出赤石山系にも, 有力家の, 有志の, 某会社, 某氏に, 構成法を, 様式は, 樹木では, 機械技工組合の, 檜舞台の, 歌風の, 武士ばかり, 武士衆では, 武将か, 民族, 民族で, 民族である, 民族の, 民族間の, 気に入らぬ点, 水が, 池泉廻遊式であった, 法師南都の, 法律では, 流れか, 浪人らしい, 浪士が, 浪花節の, 浮上がる様, 海上胤平が, 海辺族は, 清水など, 清華大学にも, 溷濁の, 演出家と, 火成岩や, 点者俳句が, 無名作家で, 焼物が, 煽動者が, 物も, 物理学者である, 物部氏次に, 犬には, 獅子頭に, 王の, 王朝の, 珈琲を, 生成, 生成に関して, 生成は, 画伯連政論家文藝批評家等紛然雑然として, 略である, 異民族, 病気に, 病院らしい, 白や, 皇室が, 皇室という, 皇室に対しては, 皇統も, 皇統を, 皇統巍々たる, 皮膚に, 砂岩の, 神と, 神は, 神を, 神様でしょう, 禅家の, 禅寺で, 秀才であり, 空間と, 立てたるところ, 米人である, 米人を, 系それあの, 紅鱒との, 素質を, 組合が, 組合との, 組合には, 組合員を, 組織の, 絵が, 縁すじだった, 縦の, 縮毛に, 織田家の, 美しい山女魚, 美である, 美の, 美は, 美丈夫だった, 美学思想に, 老院長, 者に, 者には, 聖公会が, 聖天子の, 肉屋だ, 舞台女優として, 色であった, 色彩で, 花園天皇などにも, 芸術も, 若い作曲家, 若い娘ドーラ・ディマント, 若い洋画家たち, 英国人である, 英国人の, 英雄大國主の, 菩薩面が, 著しい規則正しさ, 虹鱒や, 血は, 複雑さが, 親の, 言葉かと, 言葉が, 言葉では, 言葉とも, 言葉を, 言語では, 言語に, 言語によって, 言語の, 言語を, 言語比較を, 詩人の, 話さ, 話に, 語である, 語については, 語スラウと, 語彙とかに, 調和が, 論理的頭脳と, 諸侯が, 諸侯の, 諸侯を, 諸球体, 諸豪, 謂なるべし, 譜代大名の, 象徴詩より, 赧ら顔の, 起伏する, 軍人は, 軸の, 連中は, 連峰を, 進化説とともに, 進化論の, 部分に, 配列を, 酒に, 闘士たちが, 障害も, 雑種の, 非理なる, 頁岩の, 頭目の, 頭脳の, 顔が, 風貌だ, 風貌であった, 香水が, 馬だ, 黄道面に, 黄釉であれ

▼ 系~ (54, 5.2%)

3 属して, 屬する, 於て 2 出て, 属すること, 干与し

1 [39件] ぞくするもの, ちかい南方文化, のびて, まとめるよう, 一括し, 伴ふ, 依りて, 入れるなどは, 出たに, 出で, 多かった, 大市姫, 属し江州琵琶湖, 属する, 属するので, 属するもの, 属するグジラット語, 属するマラカラム語, 属する時間, 属する結晶, 属する血管, 属する遊星, 属する部分, 屬した, 影響を, 於ける時空, 正系が, 水を, 活動を, 結びついて, 置いて, 至っては, 至つては, 過ぎない, 配置された, 関係させる, 関係し, 限られて, 静止し

▼ 系~ (52, 5.0%)

2 ひいて, 中心として

1 [48件] あわせて, ことごとく方便, しらべあわよくば, たださば, たもち, つぎ柳島, どういうふう, なして, ひいた者, 乱して, 仔細に, 作ったという, 作り残る主要部分, 先祖以来一人格と, 写し出したもの, 出で, 分けて, 加へても, 唯十七字で, 回避し, 定理や, 容れて, 度外視する, 従えて, 意味させます, 手招きし, 採用する, 描いた噴火山, 方便と, 構成する, 汲んで, 犯せば, 生ずるため, 異にする, 知ろうため, 確信せずし, 秀郷将軍に, 組織する, 絶やそうと, 縦断した, 考えること, 考える時, 聞くこと, 詳に, 語つてゐる, 説くこと, 通過する, 顧慮する

▼ 系~ (52, 5.0%)

3 の隱, を引い 2 のこと, まで立派, を隱

1 [40件] かな, か何, が出, が同じ, が向う, が見付かれ, さがしを, だ, だらう, である筈, ではあるまい, では第, でも持つ, で草摺, とくる, として傳はる所, と寶骨像由來記, には甲斐源氏, にみ, に傳, の卷, の方, の由緒, の餅, は, はあて, は無事, を出し, を出世, を奪, を家中, を引分, を彫物, を持參, を搜, を書い, を背中, を説く, を重んじ, 及び寶骨像

▼ 系~ (36, 3.5%)

2 する説, 目せらる

1 [32件] いえば, されて, すべきであらう, すること, すれば, その種, である, ビザンチン, 久原系とが, 二種の, 京水全, 仏国系とが, 伊藤直系の, 住吉系と, 信ぜられるところ, 全然無関係, 合体する, 命題とを, 天孫民族とは, 平系との, 弟が, 思はれるブロンド, 東日系との, 爲す所に, 玉依, 白系が, 目し, 称えられる剛体体系, 築地座系と, 考えられるという, 藩とは, 見ても

▼ 系~ (35, 3.4%)

1 [35件] あらゆるその他, これより, それ自身一つの, ただある, ちょうどラプラス, とぼけて, もともとそれ, もはや単なる, 一々挙ぐること, 一つの, 一九一四, 一星系で, 三円五十銭以上の, 二つに, 何派に, 全く滅亡, 別にそんな, 彼の, 後者の, 旧しと, 最後の, 東方に, 次の, 永遠の, 求心系を, 決して偶然, 源融の, 現在でも, 皆是なり, 磐州の, 芒の, 西方に, 誰に, 里村兩家の, 鼠がかった

▼ 系~ (23, 2.2%)

2 形成される

1 [21件] あり舊唐書經籍志, そんなに邪魔, ぼつぼつ載っ, よりまし, カテリナ・ディ・メディチの, 何しろ五万, 南兵には, 多く関西, 大いに進出, 宇宙微塵あるいは, 実物試片の, 対立した, 形成せられ得る, 既に当時, 明らかでない, 滅亡し, 生じる, 白くざわざわ, 立派である, 細い糸, 跳梁し

▼ 系~ (10, 1.0%)

1 その伝説, その後間もなく, ジェネラル・ホスピタルと, リガールレコードの, 今は, 参議級の, 張る氣, 播州の, 文法は, 浅黒い皮膚

▼ 系である~ (8, 0.8%)

1 から矢張り名, ことは, といふこと, としてもそれ, と暗示, のに対し, のは, スサノヲの

▼ 系では~ (8, 0.8%)

1 あり得ない先代楠本正敏男, ないが, なくありふれたつまらぬもの, なく反, なく堯舜, 容積を, 東京府が, 無からう

▼ 系との~ (8, 0.8%)

1 両系, 二つであろう, 二氏が, 代表者だ, 区別が, 自己弁解と, 関係についての, 関係を

▼ 系~ (8, 0.8%)

1 であると, でない者, で遠祖, に属しない, の, のすべて, もあり, を生け捕ろう

▼ 系から~ (6, 0.6%)

1 出たもの, 出て, 判断し, 形成された, 臣下に, 馳せ参じたもの

▼ 系として~ (6, 0.6%)

2 永遠の 1 おのずから定, 下野の, 四時間足らずの, 獨身は

▼ 系全体~ (6, 0.6%)

1 にまで複合, にわたる積分, に対してはなはだしく, に対する位置関係, のもの, の或

▼ 系~ (5, 0.5%)

1 というの, という考え, といふ考, のという, ッて

▼ 系という~ (5, 0.5%)

2 ものが 1 ように, わけで, 伝説が

▼ 系に対して~ (5, 0.5%)

1 全く同様, 動いて, 既知の, 日比谷の, 特別の

▼ 系~ (5, 0.5%)

1 あり文學, まさに終らん, 人物も, 南は, 見のがしては

▼ 系民族~ (5, 0.5%)

1 に圧迫, に関係, のなか, の常食, の移住

▼ 系それ~ (4, 0.4%)

1 あの系図さ, に女流作家, に比べ, は島山

▼ 系だの~ (4, 0.4%)

3 正統だ 1 コマ系だ

▼ 系であり~ (4, 0.4%)

1 その後の, 其分派も, 国の, 越後美人の

▼ 系には~ (4, 0.4%)

1 あ, まれな, 全然触れざる, 田

▼ 系に対する~ (4, 0.4%)

1 その方向, のと, 一点の, 刺戟が

▼ 系に関して~ (4, 0.4%)

1 一様な, 与えられて, 棒の, 運動し

▼ 系~ (4, 0.4%)

1 何かと, 徳川系の, 木曾山脈をも, 禅家との

▼ 系~ (4, 0.4%)

1 から出, という名門, とは聞い, の誰か

▼ 系~ (4, 0.4%)

2 をひいた 1 からその, と云

▼ 系たる~ (3, 0.3%)

1 キマイラを, 六方晶系の, 家筋と

▼ 系であっ~ (3, 0.3%)

1 て女学校, て我が, て笹子川

▼ 系でも~ (3, 0.3%)

1 なく又, 平家系でも, 縁故などは

▼ 系とが~ (3, 0.3%)

1 ある, あると, 書き添

▼ 系らしい~ (3, 0.3%)

1 が, 人の, 女奴隷

▼ 系~ (3, 0.3%)

1 で最小, にも所々, に收め得たる

▼ 系~ (3, 0.3%)

1 のチュチ, のデハヅレ, は主として

▼ 系~ (3, 0.3%)

1 とは曰く, は明, を論じ

▼ 系といふ~ (2, 0.2%)

1 わけあ, 評論などを

▼ 系とは~ (2, 0.2%)

1 こんな作家, なんの

▼ 系~ (2, 0.2%)

1 のだ, ので南都

▼ 系に関する~ (2, 0.2%)

1 デカルトの, 知識は

▼ 系を以て~ (2, 0.2%)

1 伝えられたと, 壽阿

▼ 系~ (2, 0.2%)

1 というもの, に関するの

▼ 系作家~ (2, 0.2%)

1 の推理小説そのもの, の進出

▼ 系即ち~ (2, 0.2%)

1 六方晶系とか, 政友系が

▼ 系~ (2, 0.2%)

1 からは望見, へ遊離

▼ 系手術~ (2, 0.2%)

1 が行き届く, を受け

▼ 系~ (2, 0.2%)

1 なり長ずる, を沿討

▼ 系~ (2, 0.2%)

1 な都, に見

▼ 系~ (2, 0.2%)

1 のうち, も家

▼ 系~ (2, 0.2%)

1 せる国体, を努め

▼ 系~ (2, 0.2%)

1 の人, の者

▼ 系~ (2, 0.2%)

1 がある, は即ち

▼1* [116件]

あるいは鵞堂系, 系かと考える, 系かもしれない, 系からもたくさんな, 系じゃないか, 系すなわち深成岩系の, 系その他のもの, 系その他何系というよう, 系たとえばブルンスウィク家もしくは, 系つてゐる或, 系とか等軸晶系, 系とかいう風な, 系とを集めた幾何学書, 系などというものは, 系などをひまひまに, 系なる鉄道の, 系においてもともかくも, 系における周期的変転を, 系について案を, 系にばかり関係が, 系にまで結合, 系によつて, 系によって分かたれた固有, 系によっては尽すこと, 系により意識内容も, 系に対し種々の, 系に関してもまた一つ, 系また星団, 系への変化について, 系より出でし, 系わりにうまかった, 系をさえ用意し, 系をも加へて, 系アメリカ人です, 系カナダ人でシュラー, 系クダラ系シラギ系その他何系というよう, 系シラギ系その他何系というよう, 系ドイツ移民にかまっ, 系一帯の地域, 系主流のおもむく, 系皇統而已, 系亜留然丁, 系人種の祖国, 系住民の性質如何, 系何系の国内的, 系共産党の策謀, 系に行われ, 系別比較法を採用, 系勇猛のピライオス, 系印度人の西蔵語学者, 系商人であった, 系の發達, 系回教徒に依っ, 系図書それは立派, 系国体の大本, 系圖搜しは, 系圖書が何處, 系と連なる, 系外人医師に対して彼, 系多く金もらひ, 系多分ポオランドに, 系ジャズマニア帝国の, 系大名がどう, 系大手筋のキューバ糖, 系妖妃ビアンカ・カペルロの末裔, 系学生のみを戦線, 系官吏並に有産階級, 系小学校では御真影奉安殿, 系工人それがいつも, 系帳式の物, 系に肺, 系意識から起る, 系或はラテン系の, 系政友会は一日一日, 系と体重, 系文士は良識, 系文明が近世, 系新聞九州日報社が政友会万能時代, 系新藤五国光とみ, 系早稲田系赤門系それに女流作家, 系智利人たちの手, 系朝鮮系等のある, 系桓武の末流, 系が瀬戸系工人, 系の性格, 系水津氏である, 系の人々, 系溝挾氏である, 系独逸人ウンテルベルゲル氏が経営, 系生ず系地と, 系皆是なり皆, 系相剋の跡, 系石灰岩との間, 系研究に耽る, 系の建立, 系社民系は現在, 系移民ナバホの郷愁, 系である, 系のある, 系米人黒白混血種さてはヨーロッパ人, 系累書でもわかる, 系累苦事業苦思想苦戀愛苦貧困苦又あらゆる, 系氏族の, 系自身の絶対的, 系要素の百分率, 系試作に臨まれた, 系赤石山脈のそ, 系赤門系それに女流作家, 系は破壊, 系酒場で再会, 系金属例えば亜鉛, 系院展系の画伯連, 系陶器に心, 系随つて水神系の多い, 系順列からでき, 系を携え