青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「薫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

蕎麦~ ~薄 薄~ ~薄い 薄い~ 薄く~ ~薄暗い 薄暗い~ 薔薇~ 薪~
薫~
~薬 薬~ 藁~ 藍~ 藏~ 藝~ 藤~ 藤原~ 藤吉郎~ 藩~

「薫~」 1446, 16ppm, 7210位

▼ 薫~ (469, 32.4%)

13 思った 6 言って 5 言った 4 した, して 3 それを, 夫人の, 宇治の, 帰って, 思い, 思って, 歎息を

2 [32件] いろいろと, こう言った, この人, これが, その人, そばへ, また宇治, 中の, 中宮の, 例の, 兵部卿の, 哀れに, 大姫君, 家に, 山の, 心の, 心一つに, 思うの, 思ったが, 思ったの, 感じた, 感心し, 手品の, 泣いた, 硯を, 笑って, 自身の, 見て, 言うの, 非常に, 頼んだ, 黙って

1 [352件] あけて, あけるの, あちらこちらの, あとで, あの昔語り, あるべからざる夢, いくぶんの, いた, いっしょに, いつまでも, いて, うれしい気, うれしくて, おおげさに, おかしく思った, おさえきれぬもの, おばしま近く通ひつ, おふくろの, おもしろい人, おもしろくも, お尋ねした, お話しに, お話し申した, くわしく申し上げる, こう言っ, こう頼ん, このまま, この家, この時, この機会, この歌, こまごまと, これ以上の, こんなふう, こんな僧たち, させた, させて, さてはそれ, さらに故人, されるの, しいて, しいて内密事, しい香, しきあたりに, したが, しなかったこと, すべり入るよう, するの, すわった, ぜひとも中, そこで, そこへ, そして二条, そのなか, その梅, その横, それであった, それではほんとう, それと, それに, それほど入り, たかき, たよりない, ちょっと手, つとはしり, とうとう小, ときどき小, どこの, どんなにした, なおすぐ, ながめて, なって, なつかしそう, なにげなくその, ならない, のぞいて, はいって, はじめてその, まいった, まじめであった, まずそれ, また別箇, また宮, また新た, また知っ, まだ警官, まわって, みずから悟った, みずから感じ, ものを, よく言い慰め, わが国の, わざわざ艶, ゐないか, ソヴィエット・ロシヤ革命十年祭の, バロンの, 一人で, 一周忌の, 一度は, 一躍日本演劇革新, 不思議な, 与えたの, 世人が, 中へ, 主人がたの, 九月の, 二人の, 二条の, 京の, 京へ, 京を, 人の, 人を, 今夜を, 仮に六条院, 伺いながらも, 何かとお話, 何という, 何時の間にか岸本, 余裕の, 作った, 使いを, 例へば千田君, 侍を, 信を, 優雅な, 元日とは, 先夜の, 八の, 公務の, 出て, 別の, 制して, 前の, 割らせその, 勧めるの, 匂宮が, 単にそれ, 友に, 反省も, 口ずさんでから, 右近と, 同情し, 名刺の, 后の, 告げた, 告白を, 呼び出した, 命じた, 命じて, 四十九日の, 土方与志と共に, 夜も, 失恋に, 女の, 女二の, 女王の, 妻として, 姫君が, 姫君たちの, 姫君の, 姫君へ, 姫宮を, 宇治へ, 宮の, 宮へ, 家へ, 寄って, 尋ねた, 尋ねて, 小さいから, 小初, 小宰相, 少将と, 少年時代には, 山荘へ, 山荘を, 帰った, 帰ってからも, 帰ろうと, 帳台の, 常陸の, 平生よりも, 年少に, 床に, 座を, 弁に, 弾き手の, 従者に, 従者を, 得て, 御堂の, 御所から, 御簾から, 御部屋, 心に, 心を, 心苦しいこと, 忽ち劇壇, 思いがけぬ愛人, 思いこれ, 思いじっと, 思いそれ, 思いひそか, 思いまた, 思い乱れながら, 思い人, 思い他, 思い出して, 思い心, 思い悩むの, 思い手もと, 思い明かした, 思い返して, 思われた, 恐ろしいこと, 恨めしいくちおしい気持ち, 恨めしさ, 悔やまれた, 悟った, 悲しみも, 情人に, 想像する, 感じつつ, 感じの, 感謝せず, 憐れみも, 手紙を, 折って, 招いた, 招じられた, 持たないらしい, 持って, 改築した, 故人の, 教えた, 新婦が, 新年に, 明け暮れこの, 明りの, 昔の, 春咲く, 昨夜の, 最初から, 有名な, 朝に, 期待の, 来たの, 標榜し, 権大納言に, 横に, 歎かれる, 残ること, 残念に, 母宮が, 気の毒に, 水気の, 津軽藩の, 浮舟を, 消息を, 涙ぐまれたこと, 涙ぐんだ, 涙ぐんで, 満足感に, 漸く僧, 濡れて, 無遠慮に, 父方の, 申し上げて, 画家で, 発すること, 相手の, 眼が, 着が, 知りながら, 知り居ずまいを, 結婚も, 縁側から, 繁忙な, 繰り返して, 羞恥を, 翌日の, 老人は, 考えて, 考えるの, 聞いたの, 聞くが, 聞くこと, 肘で, 胸騒ぎを, 腰の, 腰を, 腹這いから, 自身すらも, 自身で, 自身でも, 自身ながら, 自邸に, 自邸へ, 良人として, 苦しい気持ち, 苦痛と, 葬場へ, 蔭に, 蔵人少将などの, 藤侍従の, 行き, 行って, 襖子をさえ, 見せて, 見られたの, 親しく向き合っ, 言い, 言いつけたり, 言いなお, 言いながら, 言い出して, 言い南, 言い月初め, 言い終わりも, 言う, 言ったあと, 言葉を, 訪ねて, 話した, 話して, 話し続けて, 話し続けまた, 話の, 警官が, 負け方の, 贈った, 贈り物を, 身に, 身を, 車で, 車の, 近い二条, 途中から, 通って, 運命が, 遠慮を, 長くは, 阿闍梨を, 階を, 随身を, 隙見した, 隠るべくも, 隠れて, 風の音にも, 馬で, 黒くなっ

▼ 薫~ (245, 16.9%)

4 侍従は, 心は, 言うの 3 ほうから, 家の, 心に, 方から, 言葉を

2 [16件] する暖, ために, ほうからは, ほうで, ような, 一滴の, 供の, 大将は, 手で, 手を, 様子が, 歌である, 肉体に, 花びらに, 領地の, 風を

1 [186件] あるの, ある蝦茶, いい空気, いたの, うちから, かぎりも, きめたこと, こうした生活, こう言う, こちらに, ことが, ことで, ことまでも, ことを, この言葉, しないのに, すぐれたところ, すぐれた人物, するの, する尊い, する花, する金襴, すわり直したこと, そうした用意, たかい麦粉菓子, なお失せやらぬ, なかに, なやましさ, においである, においに, においの, においは, のぞいて, のぞく襖子, はいって, ほうへ, ほうへも, やうな, やまと, ようで, バロンを, 上半身へ, 世界へ, 世話を, 中将も, 中納言だけは, 代りに, 仲介者としての, 佳い湿った, 侍従から, 供に, 出現によ, 力も, 叔父なら, 叔父は, 同車する, 名を, 君が, 君たちに, 地位を, 坐して, 声が, 多く言う, 夜気の, 大将であった, 天才が, 如き秀才, 姿が, 姿の, 姿は, 宇治の, 宮を, 宰相中将が, 家に, 容姿には, 対象に, 小説を, 尽くして, 帰ったあと, 帰って, 幻影を, 弱い消極的, 弾きだした琴, 影は, 後を, 後姿を, 従者たちの, 従者たちは, 従者で, 従者は, 心と, 心には, 心中を, 心持ちに, 志を, 思うこと, 思う日, 思慕の, 悲しみが, 悲しみに, 悲しみは, 情味の, 想像し, 想像にも, 意を, 意向を, 愛を, 愛人であった, 愛人を, 感じて, 慄へて, 憂いを, 所から, 所へは, 所有する, 手の甲を, 手紙が, 手紙であった, 手紙を, 抱ける劇文学, 持つ特殊, 支持者を, 新劇運動の, 最後の, 望むこと, 本心であった, 来たこと, 来たため, 来たと, 此二人を, 歩いて, 気持ちを, 没後内部的対立を, 泣きながら, 漲った紫, 熱心な, 父が, 父親に, 生まれた時, 目には, 立って, 美しい風采, 耳には, 肉体を, 背筋の, 脱いで, 腕へ, 自由劇場の, 自由劇場運動であり, 良い菫, 良い血, 花で, 若い肉体, 薫ずるなか, 蝦茶の, 親しい人, 言葉に, 計らい, 話を, 誘うまま, 誠意が, 議も, 贈ったの, 身から, 身に, 迷惑そうに, 透き影は, 通って, 重なった袖, 面影が, 面影を, 頸と, 顔が, 顔と, 顔を, 願って, 食事は, 香が, 香より, 香を, 高いしゃぼん, 高いの, 高い意地惡, 高い水晶, 高い玉茶, 高い薬

▼ 薫~ (138, 9.5%)

11 言うと 5 した 4 芬と 3 こう言う, する 2 して, する私, はっとして, 今も, 思ったという, 来て, 言ったので, 訪ねて

1 [96件] あけて, あたりに, ある, いたします, いつから, いつとは, いる時, おれば, お居間, お教え, お訪ねし, お逢いする, こう申し上げる, こう言った, この家, こんなにまで, こんなふうに八, しいて近づい, したろう, すっと横, すわると, すーん, ながめて, なつかしいふう, ほかで, ほのめかして, ほんのりと, まいった, よこした, わかったの, 一汐高く, 中宮の, 今は, 今少し, 來た, 先刻引かれ, 出て, 初めて, 口に, 外遊を, 好い, 宇治に, 宇治へ, 客と, 左団次と, 幾度も, 引かれて, 御前の, 思いやって, 思って, 恋をさえ, 想像した, 折り, 改札口を, 時折交代し, 来たあと, 染みたの, 柔で, 歌い出したの, 残つたと, 流れて, 浅草の, 浮舟を, 消えるよう, 深い愛, 深く愛し, 添って, 漾ふ, 熱心に, 物思いに, 相当熱心, 立った, 立って, 縛られて, 芬として, 若君を, 萎れて, 行なって, 行儀正しく, 言ったの, 言って, 言っても, 贈ったの, 追随し, 長く帰っ, 陽炎の, 隙見, 露出の, 青年歌舞伎俳優左団次と共に, 靡くと, 革の, 風の, 颯と散, 颯と来た, 馥郁として, 魔薬とやらを

▼ 薫~ (66, 4.6%)

4 撒く 3 見て

1 [59件] あてに, お誘いに, さまで心, そうした席, た, たきしめた烏帽子, ちょっと周囲, なだめて, ふくんで, ほめて, ほんのりさし, もて一, やはり当時, りっぱだ, 一瞥し, 乗せた, 代表と, 兄と, 先に, 几帳の, 厚遇しよう, 喜んで, 嗅いで, 夫人は, 女は, 女御の, 導いて, 導き馴れた女, 導こうと, 尼は, 帯びて, 御引見, 思わないでも, 抱く場面, 招じた, 放って, 放つ怪物, 案内した, 残して, 深く憐むふうのあるのを, 漂は, 漲らす, 照らして, 生んだこと, 知ったふう, 立てた, 立てる, 籠めて, 聞いて, 自転車に, 良人として, 若い女房, 行かせようという, 見ること, 親しくさせる, 詰るよう, 譲って, 迎えること, 釈放した

▼ 薫~ (47, 3.3%)

1 [47件] お源, こう言った, この望み, さう云って, しいて六, した, その人, なって, にじみ出すほど, まじり, よく似せ, わかって, わかるの, 与えて, 与える話, 伝えた, 伴われて, 勧められて, 包まれた, 半ば黒みたる, 又恍惚, 周囲を, 問うたついで, 大姫君, 好意を, 宇治の, 引きとめられたの, 形あっ, 思われたの, 恨まれても, 打ち明けようか, 持たせること, 昔の, 沈み, 渡した, 満ちた室内, 聞かせた, 見られるとも, 覚えしめた, 親しみを, 言い出されなくて, 託された話, 起こった, 返事を, 随い, 馴れて, 魂は

▼ 薫さん~ (33, 2.3%)

2 という人

1 [31件] からだった, が亡くなった, が住ん, が癪, が私, だけど薫さん, ついて, でした, です, で私, と画家岡田三郎助さん, にその, にだけこの, にとられ, に家督相続, に慰められ, に相続, のところ, のアトリエ, の小説, の手, の癪, はお, は兄さま, は画家, は相, は黙っ, も暗い, や千枝子さん, を伴った, 早くいらし

▼ 薫~ (30, 2.1%)

4 なるもの 2 その夫人

1 [24件] いっしょに, その奥さん, ならずという, ならず所薫, なり所薫, なるよう, はかない関係, もろともに, 一緒に, 二人しか, 云ふ, 土方与志が, 姫君との, 岡崎敬之助と, 心を, 森鴎外は, 気配を, 申談じ, 男女関係まで, 結んで, 結婚を, 聞こえるよう, 言うん, 酔が

▼ 薫~ (25, 1.7%)

1 [25件] するよう, になくにぞ, また泣かれる, 亦招, 低い人間, 何かの, 兄の, 兵部卿の, 冗談に, 冷り, 姫君を, 宇治の, 宇治川に, 宮に, 宮を, 強くは, 思いその, 思い余って, 恋人に, 深し波, 終生アカデミイ, 聞いて, 言った, 途中から, 静かに

▼ 薫~ (23, 1.6%)

2 だつたので

1 [21件] がテーブルスピーチ, がロシア, が大塚教会, が思いきっ, が曾, が訳された, が説明, が采配, が革命十年記念祭, ぐらいのもの, に対し国家, の, のそれ, のなくなった, の令妹, の書いた, の業蹟, の死, の訳, までが帰依, もこの

▼ 薫であった~ (18, 1.2%)

1 [18件] からかり, から不安さ, から伴っ, から冷ややか, から宮, から自分, がいよいよ, がこれ, がこんなに, がさりげ, がしかし, が世間, が効, が思いやり, が見えぬ, が言いよう, ことだけは, のである

▼ 薫には~ (16, 1.1%)

1 [16件] うれしくて, ことに触れ, それが, もったいなくも, 今の, 備わって, 弁の, 思われて, 昔の, 格別すぐれた, 気恥ずかしく, 涙が, 琵琶を, 美しく聞かれた, 見馴れぬこと, 飽き足らぬ恨めしい

▼ 薫~ (14, 1.0%)

3 して 2 すること, せられ土 1 がこういう, するこれ, すると, するは, するもの, せられて, を蒙った

▼ 薫~ (12, 0.8%)

21 が彼, して, せられたる習慣, せられて, という言葉, と申し, に関係, の源, の見方, や

▼ 薫から~ (10, 0.7%)

1 またも, もらった手紙, もらった衣服, 中の, 大形な, 女給の, 姫君が, 手紙の, 聞いて, 贈られた美しい

▼ 薫~ (10, 0.7%)

1 あったの, お言い, 伝達され, 告げに, 報じられたの, 敬意を, 昔の, 渡した, 相手を, 聞こえた

▼ 薫中将~ (10, 0.7%)

1 が姫君たち, が宗教的, が熱情, が自身, の心, の来訪, はかえって, は中納言, は言っ, は長く

▼ 薫ゆる~ (8, 0.6%)

2 野茨の 1 ころ, とにはあらぬ, 和蘭の, 新舘, 物の, 舞姫の

▼ 薫という~ (7, 0.5%)

1 名の, 妓に, 子が, 村長の, 男には, 筆名によって, 遊女に

▼ 薫~ (7, 0.5%)

1 すなわち, でそれ, と同じ, の条下, は蓋し, または零陵香, ヲ和ニ麝香草ト称ルモノニ充ツ

▼ 薫~ (6, 0.4%)

1 であるとも, とは, と云, と百太夫, などともっとも, の徒

▼ 薫~ (5, 0.3%)

1 しい匂, しい草花, しい香気, しき, しくな

▼ 薫しい~ (4, 0.3%)

1 京訛りで, 心操に, 武士が, 酒の

▼ 薫~ (4, 0.3%)

1 て, てお, てはや, て颯と

▼ 薫~ (4, 0.3%)

1 これを, はある, 沢は, 颯と絡わる

▼ 薫とも~ (4, 0.3%)

2 なるよう 1 なり所薫, なれば

▼ 薫先生~ (4, 0.3%)

1 の事, の墓標, の築地小劇場葬, は昭和三年十二月二十五日午後七時

▼ 薫~ (4, 0.3%)

1 と言う, の作品, の途中, は

▼ 薫~ (4, 0.3%)

2 が糸 1 と云っ, や蒸気

▼ 薫~ (3, 0.2%)

2 物の 1 籠めし移り香に

▼ 薫~ (3, 0.2%)

1 てふり, て古り, て朧

▼ 薫である~ (3, 0.2%)

1 から自分, がいよいよしんみり, ことを

▼ 薫などの~ (3, 0.2%)

1 演出や, 築地小劇場運動時代あたりを, 諸氏と

▼ 薫のみ~ (3, 0.2%)

1 して, する者, 聞ゆる

▼ 薫~ (3, 0.2%)

3 がごとく

▼ 薫ゆらす~ (3, 0.2%)

1 とみえた, やうにと, ようにと

▼ 薫ゆらせ~ (3, 0.2%)

2 てゐる 1 てとほる

▼ 薫より~ (3, 0.2%)

1 世の中を, 眉が, 空燻より

▼ 薫大将~ (3, 0.2%)

1 だの浮舟, の出生, の美

▼ 薫蒸し~ (3, 0.2%)

1 て店中, て言, て青い

▼ 薫蒸する~ (3, 0.2%)

2 ところ暑く 1 やうな

▼ 薫からの~ (2, 0.1%)

1 使いが, 手紙だけは

▼ 薫からも~ (2, 0.1%)

1 それに, 匂宮からも

▼ 薫きしめ~ (2, 0.1%)

1 てあった, てある

▼ 薫さえ~ (2, 0.1%)

1 こんなふう, して

▼ 薫しく~ (2, 0.1%)

1 ないこと, ないもの

▼ 薫しみつきたる~ (2, 0.1%)

2 太き円柱

▼ 薫~ (2, 0.1%)

2

▼ 薫つよく~ (2, 0.1%)

2 薫ると

▼ 薫でない~ (2, 0.1%)

1 ことを, ために

▼ 薫とは~ (2, 0.1%)

1 ならないと, なるけれども

▼ 薫とを~ (2, 0.1%)

1 打雑, 比較し

▼ 薫なつかし~ (2, 0.1%)

2 かげ黒き

▼ 薫わし~ (2, 0.1%)

1 い影, い若々しい

▼ 薫~ (2, 0.1%)

1 將とかは, 將の

▼ 薫少年~ (2, 0.1%)

1 との初恋, との小鳥

▼ 薫~ (2, 0.1%)

1 のただよい, のよう

▼ 薫次郎~ (2, 0.1%)

1 から旅費, は郷士

▼ 薫残り~ (2, 0.1%)

2 たり

▼ 薫殿~ (2, 0.1%)

1 といふ處, の原本

▼ 薫~ (2, 0.1%)

1 が据えられた, の上

▼ 薫~ (2, 0.1%)

1 されたる同根, する所

▼ 薫草零陵香~ (2, 0.1%)

1 の条下, を指す

▼ 薫蒸された~ (2, 0.1%)

1 掛香らしい, 脂粉の

▼ 薫~ (2, 0.1%)

1 にしみわたり, はただ

▼ 薫~ (2, 0.1%)

1 するところ, せしめよ

▼ 薫~ (2, 0.1%)

1 となる, 酔えば

▼ 薫陸白檀以上~ (2, 0.1%)

1 合せて, 合わせて

▼ 薫馥郁~ (2, 0.1%)

1 とし, として振

▼ 薫~ (2, 0.1%)

2 かりけり

▼1* [125件]

あらんやうにも, 薫を散らし, 薫いみじきメロデアのに, 薫ヘリオトロウプの, 薫からは四月十日と, 薫きしめた香の, 薫き始め禅宗の, 薫き込めた源氏の, 薫ので, 薫さんあなたがながい, 薫さん遠泳会にはきっと, 薫しき武門の華, 薫しき花を分け, 薫しくありませんですか, 薫しくする事を, 薫しく咲き誇つて居つた, 薫しく聞えている, 薫しけるかも, 薫じ出るものらしい, 薫すなわち薫草を, 薫す専なる白, 薫そのかみも仄めき蒸しぬ, 薫それに市原小次郎, 薫だけでもかいで, 薫だけは残った, 薫つたと思ふ, 薫つたのは橘, 薫つて生つた, 薫つて緑の中, 薫であろうと思っ, 薫ではないの, 薫でもあったが, 薫とか總角の, 薫としてもこれほど, 薫との辛い気持, 薫にだけ打明けた, 薫にて人に, 薫にとって気味の, 薫にとっては不浄な, 薫にばかり好感の, 薫にもあそばされた, 薫はなんでしょう, 薫ばかりも玉に, 薫への好奇心が, 薫の床しく, 薫ほのかにし, 薫ほるさゆり, 薫までの新劇の, 薫てり, 薫夏目漱石の, 薫ゆりぬ, 薫よりも乳色に, 薫りこがるる, 薫わしいものが, 薫贄トシ大夫ハ蘭ヲ, 薫不思議臭の喩, 薫中納言は御, 薫中納言匂宮の若い, 薫以外にだれ, 薫以来のこと, 薫侍従に院, 薫はらむ, 薫儀一条殿姫君御姉妹, 薫其昌の旧, 薫出現の前, 薫博士に対しても特に, 薫君岡野知十君いづれも, 薫君有島生馬君青木繁君田山花袋君それから柳田国男君, 薫土方与志を中心, 薫天風悉くもうこの世, 薫の場, 薫市川左団次共同して, 薫幽かなる樂聲, 薫床しく乗せられたり, 薫強き膏油もて, 薫或は小山祐士へ, 薫抱月の三者, 薫時代からの山本安英, 薫有吉義弥高橋長春常盤の主人岩崎盛太郎, 薫の歯, 薫次郎その他当年の志士派産商業家一般, 薫次郎小泉仁左衛門松坂屋清兵衛大和の豪家村島長兵衛父子, 薫氏並に左團次一座, 薫氏時代に出来た, 薫氏本を送っ, 薫氏等のやう, 薫して, 薫沼波瓊音栗原古城山田耕作岡田三郎助などいふ, 薫津村信夫堀辰雄及び日塔聰, 薫で強, 薫を献じ, 薫濃き葡萄の, 薫せるとき, 薫をたなびかせ, 薫熟せられし個々單立の, 薫申聞候に付, 薫監修の冊誌, 薫神神しくまるで生き, 薫の詞章, 薫した言語, 薫習いたすもの, 薫習ニ依ッテ起ス所, 薫自身は山荘, 薫もない, 薫草ヲジヤカウサウニ充ル古説ハ穏カナラズジヤカウサウハ生ノ時苗葉, 薫蒸されて匂いこぼるる, 薫蒸しようとする, 薫蕕同居の現状, 薫といった感じ, 薫衣香の製法, 薫を蔽い, 薫親子に打ち明け, 薫訳演出の, 薫誉智才信士という, 薫譽沖谷居士である, 薫の氣, 薫辻野久憲保田與重郎伊東靜雄神保光太郎伊藤信吉津村信夫田中克己阪本越郎立原道造などの若い, 薫酒羊肉茶そのほか沢山, 薫を発した, 薫はどんな, 薫醸しようと, 薫めく光, 薫とこそこの, 薫陸香沈香竜脳安息香の液, 薫高き横町なり