青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「薪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

蔵~ 蕎麦~ ~薄 薄~ ~薄い 薄い~ 薄く~ ~薄暗い 薄暗い~ 薔薇~
薪~
薫~ ~薬 薬~ 藁~ 藍~ 藏~ 藝~ 藤~ 藤原~ 藤吉郎~

「薪~」 1879, 20ppm, 5667位

▼ 薪~ (625, 33.3%)

16 割って 11 積んで 9 取って 8 とりに 7 割ったり, 運んで 6 取りに, 採りに, 焚いて 5 くべて, 持って, 集めて 4 たいて, 入れて, 割る音 3 くべると, とって, 割りながら, 割り水を, 割るの, 加えました, 挽いて, 添へ, 積み上げて, 背負って

2 [39件] かかえて, かつぎたる漢おり, くべる事, くべ足すの, こしらえて, せお, つんで, とつて, もって, 二三本投げ込みました, 使うこと, 入れるので, 出しに, 切ったり, 割った, 割らして, 加えて, 加えるの, 加へ, 動かして, 取り出して, 山の, 投げ込みながら, 折りくべながら, 採つて, 掴んで, 炉に, 炉の, 焚きつけて, 焚く煙, 燃やして, 用ひる, 積むの, 置いて, 見つめて, 見据えるよう, 負うて, 負う者, 負ひ

1 [414件] あとで, あらたに, あるだけ, うんと積ん, おいて, おしこんで, お前に, お納めする, かっぱらった, かつぎ水, かまどから, きったり, きらせ炭, ぎしぎし詰めこん, くっつけ灰, くべさせた, くべた, くべたりなど, くべに, くべました, くべるらしい大きい, くべ粟飯, くべ終ると, くべ茶, くべ足したが, くべ足して, くべ足し腰, くべ足すこと, くべ道具番, くべ音, こしかけに, こしらえなければ, こなしそうして, こなして, こは, さし加えるの, しこたま積み載せ, しょった女, すっかりこしらえ, ずらした丈, そえ燈心, そろえて, たいたり, たかないという, たき釜, たくさんに, たくの, たく川蒸気, たく本物, ちらっと見た, つかみ出して, つくったり, つくって, つくつた, つくつたり, つくりまた, つけた馬, つけて, つむとか, つめる必要, つんだ荷馬車, つんだ馬橇, でも投ぐるやう, とったり, とりよせて, とり露, どしどしたきます, どっさり肩, どっさり集め, どんどんくべ, どんどん焚い, なおすため, ならべその, のせ中, ば抱き, ひかせたら少し, ひしと積んだ, ひろいに, ひろって, ぶちこんで, ほとんど全部, ほどきかけたが, またも小, まちて, もち出し, よく見よう, わって, わる音が, イサクに, ストオヴに, ドシドシ投込み, ラサ川端から, ラサ府へ, 一と, 一二荷お婆さんへ, 一把一把積み重ね, 一本づゝくべてゐる, 一本ぶら提げ, 一本手に, 一本抛りつける, 一本持つ, 一杯くべ, 一駄, 三百束ほども, 下に, 下敷に, 並べて, 乾した, 二三本釜に, 二本炉に, 交叉する, 京の, 仕入れる頃, 付ける荷鞍, 伐って, 伐つたり, 伐りに, 伐り出しそれ, 伐り出して, 伐り出す森林, 伐るため, 伐る時, 伐る田, 伐ろして, 作り福岡地方, 作るため, 作る予定, 使い切って, 使う処, 使ったこと, 使った鉱泉, 使つて鑛泉に, 使は, 使用し, 使用する, 倒したほどの, 入れなかったもの, 入れ添えて, 入れ足し, 兼ねて, 兼博勞の, 出して, 切って, 切っては, 切つと, 切り出すこと, 切ること, 割ったか, 割ってなど, 割つたり, 割つて, 割らうと, 割りました, 割りまた, 割り土竈, 割り夜, 割り始めたよう, 割り始めましたが, 割り掛樋, 割り殆, 割り続けて, 割る, 割るぐらい, 割るて, 割るよう, 割る安吉老人, 割る斧, 割る木, 割る男, 割る竈, 割る鉈, 割れ, 加えさせて, 加えずして, 加えたが, 加えたよう, 加えたり, 加えた炉, 加えてから, 加えながら, 加えられて, 加えるたび, 加えるパチパチ, 加へる, 十文字に, 千把山の, 取ったり, 取っては, 取らしめよ, 取らんと, 取りあげて, 取りお, 取りくべながら, 取り出し二, 取り出すこと, 取り込んで, 取り除けた途端, 取上げ吉兵衛, 叩き斬ること, 四五把とり出し, 地上に, 堆く烈々, 売った者, 売って, 売りて, 売る人, 売る者, 大きな汽罐, 奉る式, 奪うと, 小さく割っ, 小さく割ろう, 山と, 山出しし, 山積し, 差し易, 干したり, 床の, 引き出すと, 引くと, 引っ掴んだ, 手に, 打てば, 把って, 投げこむ音, 投げこんだ, 投げつけたが, 投げ入れたり, 投げ入れ室内, 投げ入れ鶏, 投げ出しこだわり, 投げ出す, 投げ込み部屋, 投げ込むよう, 投じその, 投じ油, 投ずること, 投り込まれた, 投込ん, 折ったり, 折つ, 折りくべて, 折りに, 抛り込みながら, 抱えこんで, 抱えて, 抱えとりながら, 抱く人間, 押し込むよう, 担いでは, 拘えて, 拾い集め, 拾い集めたり, 拾ったり, 拾って, 拾っては, 拾つ, 拾つて河原で, 拾ひ, 拾ふ, 拾わんと, 持ち出しそれでも, 持つて, 持て, 振上げ次郎右衛門, 振捨て片手, 挽いてるの, 挽きこれ, 採って, 採つて壁, 採る, 採るとか, 揃へて, 揺り上げ麓, 搬んで, 摘んで, 撥り, 放りこんだワーシカ, 放りこんで, 教室へ, 散り, 新たに, 村外に, 束ねた縄, 束ねて, 束ねるとき, 束ねる料, 架し, 棄てた, 樵りて, 樵り又は, 樵るより, 求めること, 浮かせて, 添えて, 添えられて, 添えること, 湿して, 漁る, 焚いたり, 焚かせると, 焚きつけ用意, 焚きて, 焚き石灰, 焚くよう, 焚く東京, 焚く炉, 焚口の, 焼くが, 焼べろ, 燃した大きい, 燃すん, 燃す連中, 燃やしつくす炉, 燃やし焔, 燃やし続け半月以上, 燃やす, 燃やすため, 燃やすよう, 燃やす大きな, 燃やす炉, 燻べながら, 片っ端から, 片づけて, 用意し, 用意しなけれ, 町へ, 百把あとで, 盗む土民, 着けて, 破る時, 積みあげて, 積みかさねて, 積みこみそうして, 積みたる如く一所, 積みに, 積みはじめたところ, 積み一日, 積み上げそれ, 積み上げた船, 積み中央, 積み大釜, 積み戦うごと, 積み重ねさせた, 積み重ねた小屋, 積み釜下, 積むとて, 積む手伝い, 積んだ一疋, 積んだ而, 積直し, 積重ね其の, 窃んで, 節約し, 組上げて, 継ぎ足した, 縛る繩, 置いたり, 置き並べてるのに, 置く所, 群集に, 背つて牛を, 背に, 背負い段畠, 背負つて宿の, 背負つて歩行い, 背負ふと, 脇に, 自分の, 船に, 草刈籠へ, 落して, 蒐める, 薪納屋へ, 負いて, 負い手, 負うた女, 負ったおじいさん, 負った女, 貰ひ, 買い入れて, 買うほどの, 買わなければ, 買わねえかい, 費消し, 足したの, 足して, 踏まえたまま, 身躰ごと横に, 載せて, 載せ徐ろ, 返して, 追加し, 運びながら, 運び出す仕事, 運ぶとって, 運ぶのに, 運ぶ仕事, 運搬する, 里に, 野原の, 鋸ひきし, 降ろし終, 限って, 集めたり, 集めつつ, 集めに, 集めようとして, 集めること, 集めるの, 雪の下から, 頒けて, 高く積ん, 鬻ぎ母

▼ 薪~ (218, 11.6%)

7 ような 6 山の, 束を 5 やうな, ように, 上に, 山を 4 中に, 火に 3 山が, 山に, 束が, 燃えさしを

2 [17件] ことを, はぜる音, 上へ, 料に, 束に, 濃い煙, 火が, 火を, 炎が, 焔を, 煙が, 缺乏から, 貯えが, 酬恩庵に, 量と, 間に, 音が

1 [125件] あかりと, ある家, いぶったよう, いぶりが, いぶる濃い, うえの, かかる小さな, かげに, かわりに, くすぶって, けむりが, けむりを, ことその, ことなどは, こなしに, たいて, たばと, たばに, たばにつつ, たばは, たばを, ために, どの屑, ない火, なか, はねる音, ぱち, ほかには, まちがいだろう, やうに, ようであった, 一つを, 一尺二三寸の, 一本を, 一束うすい, 上から, 上を, 中へ, 二倍位の, 代りに, 伐り出し時に, 余燼が, 使用などには, 倹約とが, 先を, 処に, 出所を, 切倒し, 半分ばかりの, 南側に, 堅いので, 堆積に, 塚は, 売主は, 大問屋, 太いの, 如きもの, 小口さえ, 小屋が, 少ない所, 少なくなった, 尻を, 山から, 山も, 崩れ落ちる音, 御用聞でも, 払で, 支度を, 方が, 材料にも, 材料も, 束など, 束の間に, 棚へ, 消費も, 消費高は, 濃い黒煙, 火と, 火の, 火の粉と, 火パチパチパチパチ, 火影に, 灰らしい, 炎も, 烟に, 焔が, 焔に, 焚かれた例, 煙とが, 煙など, 煙の, 煙は, 煙や, 煤で, 燃えさしみたいに, 燃えさしを以て, 燃えて, 燃えるストーヴ, 燃える音, 燃える香気, 燃え尽きた頃, 燃え工合, 燃え悪く, 用意も, 用意を, 積んだ間, 積んで, 突然火, 立て挂け, 節約などより, 紅く燃え, 背負いくらべを, 背負ひ, 能や, 蔭へ, 買あさりを, 費えを, 質は, 赤さ, 輩技一時に, 選み, 配給が, 間違いでは, 需用が, 音を

▼ 薪~ (125, 6.7%)

10 山の 3 積んで

2 [12件] あかあかと, あちこちに, いぶって, どうだ, ないから, まだ盛ん, パチパチと, 威勢よく, 家の, 燻って, 盛んに, 見えそれ

1 [88件] あって, あるはず, あれば, かつかと, きわめて高かっ, くべられて, ごろごろと, しかも程よく, しだらなく, たくさんあります, たくさん積ん, たしか十八銭, ちょっと燃えた, つきて, つみあげられかたわら, つみ重ねて, ときどきぱちぱちいっ, ないので, なかなか燃えつかず, ひとりでに崩れちゃった, ぴちぴちと, ぴんぴんと, ぼうぼう燃え, ぼんぼん焚かれ, またゆらゆら, まだ煙, まもなくベッド, ゆるく燃え, 一把も, 一杯に, 一杯積ん, 三把ほど, 二三本おかれ, 五十把ある, 今年は, 何把炭が, 何百束か, 何石とれる, 出來, 切れる着物, 刎ね, 半分焦げ, 売れて, 威勢の, 寂しげに, 少しも, 尽きたと, 尽きて, 幾本も, 往来に, 投げられた, 揺れて, 時折小さい, 暖炉の, 有らば, 濡れて, 焔, 焚きつけて, 無いので, 無くなると, 煖炉の, 煙を, 燃えいぶって, 燃えその, 燃える周囲, 燃え上がり室中, 燃え黒岩万五, 燃やされて, 燻った, 燻つてゐる, 獲られぬ貧乏, 田舎らしく積みあげられ, 百束だ, 眞赤に, 真赤に, 積まれて, 竈の, 置いて, 脂臭く, 落ち葉の, 蓄へ, 足りないと, 運ばれて, 鋸に, 飛ぶ, 飛んだ, 飛んで, 高く積

▼ 薪~ (95, 5.1%)

7 して 5 火を 4 しても 2 した, したという, すると, よりて, 油を

1 [69件] けっまず, こしら, さへとも, されても, したいんで, したところが, したり, した時, しまた, すぎないと, すとて, する, するかという, するが, するくらいの, するつもり, するので, するほど, つかねて, なって, なってる惨め, なる, なるほど, なろうと, のせて, もつかへ, 一本一本根が, 代えて, 代へ, 伏し肝, 伐られて, 伐る, 伐るの, 伐るべき時期, 体を, 使うもの, 切られ家々, 割るの, 加へ, 十二月或は, 半分以上隠れた, 売ると, 夕餉を, 挽いた, 挽かせようと, 新しい炎, 新らしい, 束ねる, 油です, 火薬を, 炭塩などの, 焚くと, 焦れて, 燃えつくという, 用ふる, 盗まれたりなど, 移って, 移るの, 積むよりも, 美しい草, 腰を, 臥して, 臥し胆, 臥す世, 自分の, 足を, 身を, 轉ぜ, 遂に火

▼ 薪左衛門~ (70, 3.7%)

8 の屋敷 2 の娘, の眼, の顔, は有賀又兵衛

1 [54件] が南無妙法蓮華経, が天国, が来栖勘兵衛, が過去, という郷士, として穏, とそれ, と向かいあっ, にかずけよう, にとっては天国, にとっては重大, によって保持, に仇, の一人娘, の口, の場合, の姿, の娘栞, の肩, の膝, の記憶, の頭上, の頭髪, はおち, はそういう, はその, ははじめて, はグッ, は五郎蔵, は傷ましい, は優しい, は呻いた, は呻き, は弱々しく, は手, は握っ, は昔, は栞, は焦心, は狂人, は眠っ, は眼, は碑, は立てない, は考え込んだ, は腰, は都合, ばかりはふたたび, へ据え, もふたたび, も栞, を脅す, を見た, を運び入れた

▼ 薪~ (57, 3.0%)

1 [57件] あるか, おもに常陸, お座敷に, これ火の, すでに全部, ずいぶんたくさん, そこに, その時, ただくすぶる, ちょうど燃え, つねに同じ, なだれの, ねえか, ぼくが, もう使い切らし, もう殆ど, もう運ばれ, やっぱり里人, よく燃え, わが家の, ヤクの, ヤニの, 上方の, 今燃え上れり, 使わなかった, 前にも, 四つの, 夏山の, 夜じゅうまるで, 太きもの, 実際には, 小舎へ, 我国に, 或る, 持つて, 採って, 有りされど, 柱から, 段々殖え, 火を, 炉格の, 点火せられ, 焚いて, 煖炉の, 猟人の, 百姓に, 百把に, 皆この, 皆目かつがれやしねえ, 盛に, 積重ねられて, 耳を, 背丈けほどの, 背負って, 蚊いぶし, 遠慮なく燃えあがった, 間違つて肉体を

▼ 薪~ (48, 2.6%)

2 と乾いた, にする, を切りはじめました, を切り終る, を切断, を叩く, を投げだし, を担い, を燃やした

1 [30件] からのぼる, がありません, が燃えだす, が燻っ, が積まれ, が降った, その火, だけは当日, でもない, で燃やすです, とし, として投ぜられた, ならお, になる, にもならない, の中央, の区別, の区別ぐらゐは御存知, の天, の性, の灰, へ掛けられた, や柴, をしょっ, をとり, をはなれ, を天, を拾, を拾い, を蹴り

▼ 薪~ (38, 2.0%)

2 材木を, 柴を, 炉や, 炭の, 炭や, 炭を

1 [26件] 十能や, 古縄, 引き剥がした樹皮, 御用の, 手斧や, 木の葉を, 枯枝も, 柴に, 水を, 漬物桶などの, 灰が, 炭に, 炭俵が, 炭俵や, 籾殻の, 粗朶を, 紙を, 葡萄酒は, 藁を, 衣類など, 調味料などの, 諸道具, 長い材木, 雑木の, 魚の, 麁朶や

▼ 薪~ (35, 1.9%)

3 で打殺し, で殺し 2 が一梃, を打付ける, を持っ

1 [23件] が今, が姉さん, だか, でお, でお前, で一撃, で七兵衞, で突込み, ならば, のよう, の柄, の與平次奴, の邪魔, は何處の, は大好き, は少し, を叩き附ける, を投つたの, を投つて, を振上げ, を提げ, を搜, を見る

▼ 薪~ (31, 1.6%)

2 藁を

1 [29件] した鎌倉武士, す, する, するため, するを, なし牝鵞, なったもの, なつた, なり御, なり草, なること, なれ, 一緒に, 云ふも, 同じやう, 大釜の, 手頃の, 柴だけ, 水とを, 油とを, 炭の, 炭を, 炭俵とが, 石炭とを, 石炭の, 等しく燃え, 薪との, 見做さん, 食物とが

▼ 薪~ (30, 1.6%)

3 割って

1 [27件] あるともあれ, うんとある, ないが, なくなったと, なくなつた, なく困っ, まあ言わばこの, もう大方, よい加減, よこして, らいの, 何も, 割っといて, 割るべし, 割るまるで, 割れば, 大抵は, 折って, 枯草なども, 炉も, 無論銭, 皆揃っ, 矢張り魚で, 腹立しく, 腹立たしく引窓, 買えれば, 量炭も

▼ 薪小屋~ (30, 1.6%)

6 の中

1 [24件] から一本, から出, から未練, が並ん, だの味噌蔵, にでも引っ, には寝ない, にもどっ, に一人, に抛り込まれ, に縛りつけ, に薪, に逃げ込んだ, に運ん, の内, の夢, の湿, の隅, へ入りこもう, へ出かけ, へ帰っ, へ花子, までさがした, を捜したら

▼ 薪~ (23, 1.2%)

2 たいた飯

1 [21件] なぐること, もって, 心張が, 指を, 楽しく暮らす, 毆つて逃げた, 沸かした湯, 沸かすニッケル, 湯を, 火葬に, 炊いたもの, 炊いた飯, 炙れば, 焚いたの, 煮焚きして, 燃す時分, 組んだようなほッたて小屋, 走って, 部屋中は, 間に合い人生, 飯を

▼ 薪~ (22, 1.2%)

2 の店さき

1 [20件] が一軒, で聞い, なども通い, に捨賣, のおちゃっぴい, のせがれ, のところ, の二階, の亭主五兵衛, の前, の大将, の店前, の御上さん, の松薪, の横町, の露地, はどうしても, までもうもうずっと, も醤油屋, をし

▼ 薪~ (21, 1.1%)

2 の上, の重

1 [17件] のうえ, の中, の所, の転, はやつ, をその, を作っ, を作る, を右, を四個, を投じた, を抱き合せ, を放り出し, を痩せた, を積み上げ, を茫然, を軽々と

▼ 薪兵衛~ (18, 1.0%)

1 [18件] だからそこ, には意味, の口調, はここ, はそれでも, はジロリ, は不器用, は唇, は威猛高, は思わず, は愉快そう, は憎, は気が付かなかった, は物臭さそう, は益々, は面白, は頷いた, も吃驚

▼ 薪でも~ (14, 0.7%)

2 割るよう

1 [12件] なんでも, みんな通帳で, 切るよう, 割って, 割るとき, 割るなら俺, 割ろうと, 残らず馬, 炭でも, 買って, 間の, 食らうな

▼ 薪~ (14, 0.7%)

2 にし

1 [12件] として役立つ, に付近, に赤い, の多く, の豊富, を, をカナギ, を取り, を山, を求むる, を運ばん, 多く集め

▼ 薪左衛門殿~ (9, 0.5%)

2 の屋敷 1 がその, が見ず知らず, で, の姿, の娘栞殿, はここ数年来, も天国

▼ 薪奉行~ (8, 0.4%)

1 だの土木奉行, になった, に引き上げられた, に登用, の頃, は台帳, を仰せつかりました, を勤め

▼ 薪~ (7, 0.4%)

1 か, から伐りだした, としてはむしろ, の検地, へお嬢様, や無数, を持たぬ

▼ 薪雑棒~ (7, 0.4%)

1 で向う脛, で後, で猫, に取り囲まれ, の様, を引っ掴ん, を振廻す

▼ 薪から~ (6, 0.3%)

1 して, 燃え上る焔, 着物に, 立つやわらか, 薪に, 離して

▼ 薪ざつ棒~ (6, 0.3%)

1 でもふりあげね, をふりあげた, をふり上げ, を揮, を見る, を足もと

▼ 薪~ (6, 0.3%)

2 ものと 1 そうです, ぞ放さねえ, もの, よ

▼ 薪~ (6, 0.3%)

2 の上 1 が一対, と掻き寄せた, にぶつかった, のそば

▼ 薪~ (6, 0.3%)

4 の中 1 に手鈎, の薪

▼ 薪作務~ (5, 0.3%)

1 があった, がなんとなく, が始まった, のお触れ, の疲れ

▼ 薪~ (5, 0.3%)

1 からおととい, だの籾蔵, に泊っ, の中, の方

▼ 薪雜棒~ (5, 0.3%)

1 でどやし, でも有れ, の樣, ふられてか, を持つ

▼ 薪ざっぽうを~ (4, 0.2%)

1 叩き付けたの, 持って, 放さずに, 置いて

▼ 薪だけは~ (4, 0.2%)

1 夜が, 有りあまるわ, 豊富に, 鉢の

▼ 薪だの~ (4, 0.2%)

1 大小さまざまの, 松葉の, 火箸だの, 近所の

▼ 薪として~ (4, 0.2%)

1 売り飛ばすよりは, 夜もすがら暖, 燃したり, 運んで

▼ 薪など~ (4, 0.2%)

1 くべて, 吝, 探して, 賣りに

▼ 薪なら~ (4, 0.2%)

1 ば一本一本自由自在, ば東京, 少し位, 薪木っ端なら

▼ 薪割台~ (4, 0.2%)

3 の上 1 ぐらいの大き

▼ 薪問屋~ (4, 0.2%)

1 の息, は中間搾取, は石炭問屋, ばかりをやっ

▼ 薪貪る~ (4, 0.2%)

4 野分かな

▼ 薪では~ (3, 0.2%)

1 あったが, いけない藁火, 北陸一の

▼ 薪などを~ (3, 0.2%)

1 つついて, 積み集めて, 親戚や

▼ 薪にも~ (3, 0.2%)

1 されず成長, 似て, 湯茶の

▼ 薪一本~ (3, 0.2%)

1 からし, だって炭一片, 出て

▼ 薪~ (3, 0.2%)

1 と喰物, と屋根代, を取られた

▼ 薪伐り~ (3, 0.2%)

1 によそれから, の仕事, の方

▼ 薪拾い~ (3, 0.2%)

1 か, の小僧, をやらね

▼ 薪採り~ (3, 0.2%)

1 に登っ, に行き, の事業

▼ 薪~ (3, 0.2%)

1 と棠園, は福島, を見出した

▼ 薪甞胆~ (3, 0.2%)

1 の事件, も何, 其の苦辛

▼ 薪置場~ (3, 0.2%)

1 がある, にし, に腰かけ

▼ 薪部屋~ (3, 0.2%)

1 に残った, の戸, まで連れ

▼ 薪こり~ (2, 0.1%)

1 菜摘み水汲みかくし, 菜摘み水汲み仕へ

▼ 薪~ (2, 0.1%)

2 しらえ

▼ 薪ざッ~ (2, 0.1%)

1 ぽうの, ぽうを

▼ 薪とが~ (2, 0.1%)

1 用意してなく, 積み重ねられ幾缶

▼ 薪との~ (2, 0.1%)

1 不廉, 間の

▼ 薪には~ (2, 0.1%)

1 ほんとに不自由, 幾分けち

▼ 薪ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく物置, で炭

▼ 薪~ (2, 0.1%)

1 油である, 腰を

▼ 薪まで~ (2, 0.1%)

1 おやり, 出して

▼ 薪やの~ (2, 0.1%)

2 お出額

▼ 薪やら~ (2, 0.1%)

1 その中, バケツが

▼ 薪をば~ (2, 0.1%)

1 小脇に, 投入れぬ

▼ 薪出し~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 薪割用~ (2, 0.1%)

1 の古, の斧

▼ 薪太棒~ (2, 0.1%)

1 を振りかぶつ, を軽

▼ 薪屋さん~ (2, 0.1%)

1 にもあり, は年中五時

▼ 薪屋醤油屋~ (2, 0.1%)

2 へ何ん

▼ 薪~ (2, 0.1%)

2 リ心ナラズモ世ヲ

▼ 薪~ (2, 0.1%)

1 をもて暖めつ, を燃す

▼ 薪百把~ (2, 0.1%)

1 払うや, 持って

▼ 薪納豆~ (2, 0.1%)

1 というもの, を添え

▼ 薪翁記~ (2, 0.1%)

1 には, に寛文

▼ 薪買い~ (2, 0.1%)

1 に来, の客

▼ 薪~ (2, 0.1%)

1 の炎, ノ火

▼ 薪雑木~ (2, 0.1%)

1 を引, を長く

▼ 薪~ (2, 0.1%)

1 っぽと, っぽの

▼1* [165件]

おきはシャベル, 薪石炭を, 薪かなんぞじゃア, 薪からは御あい, 薪かりに媼さんは, 薪ぐらいな真価を, 薪こる思ひは今日, 薪へあれ, 薪さえ覚束ない, 薪さしくべ財布, 薪ざっぽうがレールの間, 薪ざっぽうでも手あたり次第に投げつける, 薪ざっぽうで左の腕, 薪ざっぽうなどを持って, 薪ざっぽうのような食麺麭を擁, 薪ざっぽうや麦藁とは違う, 薪ざっぽを一本ずつ持っ, 薪ざつぽうのやうに三井氏の頭, 薪ざつぽうのやうに医者の鼻先, 薪てきた, 薪した山神で, 薪ばが, 薪たらしむることであった, 薪つて薪みんなあの爺さん一人, 薪である筈だった, 薪であるべき事柄が, 薪でしたたかに, 薪ですよ, 薪というのも, 薪といふのが, 薪としては不適当, 薪とはくぬぎ, 薪とりをさせられました, 薪とり隊は山奥, 薪とる里人の, 薪とを引っ張って, 薪んざあんなに, 薪なければすなわち, 薪なぞはすでに山, 薪などが積んで, 薪などと比べ物には, 薪などということばを, 薪などにいたす事, 薪などの置場に, 薪などは買わなければ, 薪ならくれてやる, 薪なり門松なりが, 薪なりが手に, 薪なんかにして, 薪にしかならぬと, 薪にでもするか, 薪のみにて焚きしとき, 薪のみを食らへば, 薪みんなあの爺さん一人, 薪積まぬという, 薪より烟の, 薪よりは容易く切れ, 薪わりをし, 薪をすら突き出さうと, 薪をでも投げるよう, 薪ザッポウくらわして, 薪ストーブの燃えさかる, 薪ストーヴがあっ, 薪トシ玉ヲ石トシ, 薪ニ枕シ艱難漸ク都ニ帰リ着クコトヲ得タリ, 薪ボヤなどの入れ, 薪抱テ夫ニ殉死スルコトヲ天國ニ行ク道ナリト信仰ストモ西藏人蒙, 薪一俵の炭, 薪一片の炭, 薪三把の献上, 薪三本分損するの, 薪丸太を取, 薪事件は何, 薪二把を覚悟, 薪二本と少量, 薪五十六束という記録, 薪代八拾銭を取られました, 薪以外は里方, 薪作りにかかる, 薪作り買物などは増さん, 薪の一小吏, 薪倉炭倉などまで検分, 薪八百石御上納, 薪切りに甚助, 薪切る山の, 薪割る音や, 薪割姿では頑丈, 薪割棒きれを, 薪割様の刃物, 薪割稼業は案外, 薪十年の後, 薪即ちヤクの, 薪取ってくる, 薪取りや木の葉, 薪商人となっ, 薪嘗膽鞍馬山にでもはひつ, 薪四両二分ばかり炭三両二分, 薪四人が定められる, 薪土聞の馬鈴薯, 薪の馬, 薪売り人に, 薪夜更けて寢, 薪奉行村井長門守は免役, 薪小屋整理班に加わっ, 薪小屋食堂用の板敷, 薪尽きなんことの, 薪屋左側に材木屋, 薪屋皆然らざる, 薪屋石炭揚場の間, 薪を箒, 薪山以来恩義に思っ, 薪左衛門親子を苦しめる, 薪干してあり, 薪に殘つて, 薪思はず悚然として, 薪採る翁牛ひく, 薪携帯で唯, 薪明りがまた, 薪木っ端なら木っ端, 薪木とつみこんで, 薪木以外に物, 薪木樵の業, 薪木隊と水汲隊, 薪材迅く燒, 薪松葉の類, 薪があり, 薪など積みあげ, 薪で取引, 薪梅さんどうかお先, 薪樵る鎌倉山の, 薪もの桶, 薪炭俵の積み上げた, 薪焚きてむせべ, 薪後有, 薪焼き草が, 薪燃やして燒, 薪で打たれ, 薪なし馬, 薪狩猟を事, 薪甞胆伊那丸君のお, 薪生活の為, 薪の山, 薪に怪む, 薪積みを始めた, 薪積場の柵, 薪を賄う, 薪などを携, 薪なぞも運びます, 薪納屋へ取り, 薪置小屋は屋根, 薪ひ得て, 薪を急, 薪干魚, 薪許りかと思, 薪買わしゃんせんかいな, 薪の馬, 薪運びに伝平, 薪から馬, 薪雑多な木屑等, 薪雑棒棒千切れで二人, 薪つぽ, 薪雜ツ棒にしか見えやし, 薪雜多な木屑等, 薪雜木の手ぐすね, 薪需要は大いに