青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「精神~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

粂~ ~粉 粉~ 粒~ ~粗末 粗末~ 粥~ ~精 精~ ~精神
精神~
糞~ ~糸 糸~ 系~ 系統~ 紀~ ~約束 約束~ ~紅 紅~

「精神~」 16075, 159ppm, 656位

▼ 精神~ (2903, 18.1%)

32 うちに 28 上に 21 自由を 20 中に 12 力を, 眼を 10 なかに, 美しさ 9 世界に, 肉体 8 健康を 7 よりどころ, 高さ 6 不健康, 作用を, 力が, 力の, 本質は, 活動の, 異状を

5 [13件] うちには, ことだ, 一つの, 一種の, 中には, 内に, 力は, 問題は, 如きもの, 安静を, 平衡を, 方が, 緊張が

4 [26件] ために, 中から, 二つの, 人々が, 低さ, 内部の, 出た山, 動揺は, 危機を, 実在を, 弱さ, 所在を, 持ち方, 提唱と, 明るさ, 本性について, 本質に, 本質を, 活動が, 状態が, 状態に, 真の, 眼に, 緊張を, 表現である, 起るの

3 [43件] あらわれであり, すがた, なかで, はたらきが, はたらきの, もので, 三つの, 世界では, 世界の, 伝統という, 伝統を, 健康の, 働きに, 光が, 内容の, 動きが, 厳粛な, 哲学, 基調を, 安定を, 弛緩を, 影響を, 愉快を, 憂苦を, 成長の, 或る, 持主で, 昂揚に, 本性に, 本性を, 本質と, 状態と, 状態は, 現われとして, 矜り, 確立, 統一を, 美を, 若さ, 訓練と, 象徴である, 過労から, 高揚を

2 [220件] あらわれである, あること, あるところ, ある文学, ことに, ことを, さまざまな, ない文学, ない生活, なかには, はたらきは, はたらきを, ほかに, ほか未だ, まはり, もろもろの, ように, よろこびが, オートマティズムを, コムプレックスの, コンソレイションの, 一張一緩も, 一撃を, 一概念, 上にも, 不死を, 世界が, 世界を, 中で, 中にも, 中の, 中心に, 中枢は, 交換作用である, 人々は, 休まる時, 休息だ, 休日である, 伝統に, 低いもの, 何たるかを, 何物たる, 作用は, 価値が, 修養を, 偏りを, 健全な, 健康といふ, 傾向を, 働きと, 働きの, 元子は, 全部を, 全體, 内奥に, 内攻的傾向を, 内部に, 出現を, 分裂を, 前に, 力づよい高揚を, 力に, 助けと, 助けに, 勇気を, 動揺の, 動揺を, 勝利を, 危機, 原動力を, 反対物である, 哲学は, 唯一の, 問題と, 問題に, 問題を, 困憊と, 困憊を, 国の, 型が, 基調に, 変化を, 変形として, 外に, 女人を, 奴隷と, 娯楽といふ, 存在を, 安静が, 平安を, 強健なる, 弾力を, 形を, 形成に, 微妙な, 必然的な, 恋が, 悪戦苦闘に, 悪戦苦闘を, 悲惨なる, 愛に, 成熟を, 成長を, 所有者であり, 所産である, 抒情には, 持主だ, 持主である, 探究と, 提唱に, 提唱は, 支柱と, 支配である, 改善を, 放浪の, 旺盛な, 昂まる, 書, 最も遠い, 最大の, 最深なる, 有無を, 本性である, 本拠と, 機微に, 欠けたもつとも, 欠けて, 欠乏が, 欠乏や, 欠如の, 正反対物, 正常な, 此の, 歯を, 歴史を, 死が, 沮喪する, 洗礼を, 活, 活動する, 活動を, 流れを, 涵養が, 涵養を, 深さ, 激動に, 激動中に, 火花であります, 無秩序も, 状態から, 独立に, 独立を, 王国の, 現はれ, 現象学, 産物である, 疲労から, 疲労ない, 疲労を, 病気な, 発動に, 発展が, 発展の, 発展は, 発展を, 発揚であっ, 発揚に, 発現として, 発現の, 発達に, 発露で, 発露である, 発露と, 發動である, 發露と, 直接的な, 眞の, 眼で, 研究, 破壊だ, 破産に, 破綻を, 確立は, 籠つた, 精髄で, 糧である, 糧として, 純粋な, 統一が, 緊張とを, 美しいとか, 美と, 習慣性を, 老熟を, 自然な, 自由, 自由の, 興奮絶頂に, 表情として, 衰弱を, 裡に, 訓練を, 誠実さに, 課題に, 諸作用, 諸機能, 諸能力, 象徴は, 貧困を, 輝きを, 部分と, 重要性を, 鋭さ, 面で, 響を, 顕現を, 骨格を, 高低安危に, 高揚が, 高揚という

1 [1938件 抜粋] あらはれであり時代創造的, あらゆる絶対的, あらわれで, あらわれの, ある彼等, ある美, いきいきと, いろいろの, うたである, うらぶれた中年男, おもむろな成長, きめ濃やか, けがでも, ことである, この健全さ, この発見, こもったもの, せいで, そよぎと, たしかであった, ための, つかれ方, つよい活動, どこかの, ないよう, ない奴, なす愛, はたらきと, はたらきもしくは, ばねが, ひとでは, ひろがりを, ほうは, また唯物論的精神, もちぬ, ものである, やうに, ゆとりによって, よりて, わからぬ奴ども, カビが, デモンストレーターとして, ネジや, ポーズにまで, リズムと, リズムや, 一つだ, 一つとしては, 一の, 一方に, 一環を, 一致を, 一部たり, 一部分である, 上からは, 上へ, 下位に, 不具者と, 不安定が, 不滅とは, 不滅を, 不調和に, 世界と, 両翼に, 中央に, 主なる, 主権を, 予感だけは, 井戸が, 交渉, 人々だった, 人々の, 人間生活は, 仕事を, 代表的の, 伝統から, 伝統は, 伴わぬ仕業, 位が, 住所であり, 体系をば, 何ものである, 作用によりて, 作興とは, 作興を, 例に, 保持者の, 修養, 個人的傾向を, 健全さと, 健全を, 健康と, 健康不健康といふ, 健康児として, 側から, 傾向は, 働きかけ即ち, 働きばかり, 優しい花桐, 優秀とを, 元子とが, 先頭に, 光とは, 光気なりと, 入り乱れた騒ぎ, 全機能, 全面に, 具体化せられた, 典型だ, 内から, 内容での, 内容如何に, 内部へ, 内面的連関を, 再現を, 冬は, 分子なれ, 到る処, 創造的な, 力この, 力としては, 力も, 力量が, 努力そのものの, 勇敢な, 動きかたは, 動作なりき, 動揺で, 動脈硬化的症状は, 勝利, 勞作も, 医者も, 卑劣醜, 単純化には, 危機である, 原動力たるべき, 原点は, 反動に, 反射的な, 反映でない, 可能の, 同一なる, 同感の, 向上發展動作の, 周囲を, 味方に, 品位を, 問題が, 問題であり, 問題に関しては, 問題自由意志の, 喜びの, 喪失を以て, 土台は, 圧迫を, 在りどころ, 在り方の, 地盤の, 均衡という, 型の, 堕落を, 境涯に, 変って, 変態を, 変遷すでに, 外套であり, 多様さ自由な, 大きさ, 大戦争, 大進歩, 奥ゆきを, 女性として, 如きも, 妙は, 姿が, 姿は, 娯楽だ, 存する為, 孤高とも, 安らかさや, 安靜を, 定まらぬ女, 実体的な, 宣布, 対立が, 射殺を, 屈伏が, 工夫の, 平衡と, 幼年期において, 幾山河と, 延長, 弛緩が, 弱い男女, 強いもの, 強さ, 強弱と, 強靱さと, 弾性が, 形の, 影に, 役割についての, 後継者だ, 復活を, 微笑である, 必要が, 必要好み, 忠実な, 思考を, 性質と, 恐ろしいこと, 悔恨を, 悲しむべき非, 情熱が, 愈よ, 意味が, 意識性を, 感通に, 態度とは, 慾には, 成育の, 或面, 戸口で, 所有者だ, 所有者でなく, 所産であるべきです, 扉が, 打破は, 抑圧に, 抹殺であった, 拡充と, 持ちよういかん, 持ち主に, 持主でも, 振興を, 探索と, 提唱から, 提唱即ち, 擁護者も, 支えが, 改良に, 放浪に, 政治学という, 故に現実生活, 教化などと, 教育と, 教育も, 整形外科的処置とは, 文化が, 文学が, 文学的発見に, 新しい発現, 方は, 方面のみが, 日常化された, 昂奮と, 昂揚によって, 昇華神経の, 明暗の, 昏迷を, 普及であろう, 暗處, 暢達現実生活の, 更生は, 最も大胆, 最も純粋, 最も辛辣, 最後の, 朦朧状態に, 本体は, 本性は, 本性真理の, 本来は, 本能的な, 本質と共に, 本質の, 果実だ, 柔軟性という, 核の, 根まで, 根本的要素は, 根柢を, 桎梏を, 極めて高貴, 概念的表現である, 構造の, 標的と, 権化だった, 権化な, 欠乏, 欠如せる, 欠如といふ, 欠点に, 欲求によって, 正体は, 歪曲と, 歴史の, 死んだ年長者達, 比較的健全, 永久の, 沈滞が, 沸騰する, 波は, 洞觀である, 活動から, 活動について, 活動諸, 活躍する, 流れでも, 浄らかな, 海の, 涵養に, 涸燥を, 深奥の, 混乱を, 清浄さによって, 港を, 満足に, 溌剌可憐な, 滅したるとき, 潔白は, 火を, 炬火もえいでし, 無秩序との, 照応に, 熱意と, 爆発した, 爽かに, 牢獄から, 特異性を, 状態である, 狡猾を, 独裁が, 王国を, 現われでありその, 現われであること, 現実処理と, 理解に, 甚だ強い, 生きた象徴, 生命力を, 産物たちよ, 由来なり, 異常な, 異状とは, 畸形に, 畸形的な, 疲労せる, 疾み, 病をも, 病的過敏である, 癖から, 発動だ, 発展な, 発揚とかいふ, 発揮は, 発現は, 発育などの, 発芽が, 発達であり, 発達につれて, 発露であった, 発露による, 發現と, 發露を, 皮相性浅薄な, 目のみが, 直接的表現の, 相貌を, 眞に, 真に精神的, 真髄に, 睡眠なり, 研究熱が, 破片を, 硬直を, 確立という, 示すところ, 社会的意義の, 神聖な, 秘奥の, 種々の, 究明が, 空虚を, 窓である, 第一義感なる, 等身大の, 籠つた建物である, 精緻な, 精髄を, 糧に, 系統は, 純潔階級的純潔とまで, 組み立てに関する, 結晶である, 統一で, 統一集注を, 經緯と, 緊張と共に, 緊張高邁さの, 練磨が, 罅裂の, 美しい甦生, 美点を, 習慣への, 老いざること, 者らよ, 肉体に, 肉体は, 肌理の, 胃が, 能動性とが, 腐敗的影響から, 自叙伝を, 自然から, 自由が, 自由とは, 自由に, 自立と, 自覺, 船は, 若い弾力, 苦悶, 苦痛に, 苦難とを, 萌芽の, 落着け方, 虐殺者である, 血統を, 衛生でも, 衞生でも, 表情は, 表現として, 衰えが, 衰弱期に, 裏づけある, 複雜性は, 規則的な, 規格を, 覚醒に, 親和と, 解放という, 解明は, 訓練とは, 訓練等と, 詩人であった, 語が, 調子が, 調節機であった, 諧調と, 諸現象, 變調でない, 象徴たる, 負担は, 貧弱と, 貴族主義が, 赫き, 足どりが, 蹂躪国会軽視の, 軛として, 輝きとしての, 辯證法は, 退化である, 透明な, 造り出したあらゆる, 連絡が, 進歩に, 運動は, 違いの, 遺産を, 重荷が, 量において, 錯乱し, 鍛へ, 鍛錬, 鍛錬めいた, 開発に, 関係だらう, 闘士たる, 陶冶と, 集中の, 雑駁な, 霊魂の, 面について, 革新です, 領地より, 領域の, 頽廃で, 顕揚に, 風俗小説的限度が, 飛躍は, 養いに, 髄に, 高さ個性, 高みに, 高度を, 高揚国体観念の, 高爽, 高貴さを, 魔法の

▼ 精神~ (1794, 11.2%)

63 もって 14 持って 12 発揮し 8 もつて 7 して, 代表する, 失って, 必要と 6 代表し, 統一する 5 持つて, 支配する, 発揮する, 集中する 4 分析しよう, 忘れて, 支配し, 有して, 欠いて, 涵養し, 精神と, 表わして, 鼓吹する, 鼓舞し

3 [27件] そこに, もつもの, 主と, 作興し, 具すること, 刺戟し, 否定し, 否定する, 完全に, 強く教え, 忘れるの, 感じて, 打ち込んで, 抱いて, 指すの, 有する俳句, 無視し, 理解する, 示して, 籠めて, 緊張さし, 見て, 集中し, 養ふ, 養成し, 高調する, 鼓舞する

2 [127件] あきらかに, あらわして, こなれの, こらして, そなえて, たっとび純粋, つつんで, どこに, もろもろの, よく理解, 一つに, 中心に, 中軸と, 享入れる, 代表した, 代表したる, 休める必要, 体得し, 修養する, 傾注し, 僧の, 入れ替へ, 全く見逃した, 具体化した, 凝して, 分析し, 初めて私, 十分に, 呼び起し, 喪失し, 基底に, 夢想家の, 失える, 失つてゐる, 失わないこと, 奉じて, 奪われて, 媒介として, 尊重するなら, 強調する, 形相と, 徹底的に, 忘れたあげく, 忘れては, 意識する, 愛するから, 感ぜずに, 感覚から, 感覺から, 慰めて, 打破する, 指すもの, 捕捉する, 排斥したい, 支持し, 改題し, 教えて, 日本では, 日本の, 昂揚し, 明かに, 明晰に, 有するもの, 有する何人, 有って, 有つ, 殺戮し, 気質し, 求めぬ, 求めるの, 汲まねば, 活溌に, 涵養する, 無視した, 爽快ならしむる, 爽快に, 物質として, 独立せし, 生かして, 生活の, 異にせり, 疲労せしめた, 発揚する, 発揮した, 看過する, 知らないならば, 知らなくては, 破壊し, 破壞, 示すもの, 示せり, 籠めたる, 精神として, 統一し, 繼承した, 考察する, 能く, 腐敗せし, 自由に, 表明せる, 要求し, 要求する, 見るの, 見出す哲学者的, 解して, 語りました, 誤解する, 説いて, 説くの, 説明する, 象徴する, 身に, 過去に, 鎮めて, 開放し, 集注し, 離れて, 領解せざる, 養うこと, 養成する, 高め心を, 高調し, 魂を, 麻痺させる, 黙殺する, 鼓吹し, 鼓吹した

1 [1262件 抜粋] あげて, あらゆる汚穢, いくぶん持っ, いだいて, うえつけられて, うちこまなかったせい, うち建つる, おいて, おし樹, お起こし, くるしめるの, こうしたもの, この牢屋, こめて, ご覧下さい, ささげて, さとるに, さわやかに, しばし向けさせるだろう, すてて, そそいで, そのよう, その底, その血液, たいへん巧み, たたき込み刺撃, つかつて, つかみ練り, つかんだと, つくって, つらぬきその, とおしこの, とらえた自我自意識, とらえようと, とりまとめ希望, どういう所, なすに, になって, はげまし眞, ひそめたすぐれたもの, ひろいつよい外界, ふみつぶしよらしむべ, ほかに, ぼんやりさせる, まず改造, まもったはたらきぶり, まるで模倣, むしばみ笑うにも, めざまし情感, もたせるには, もたなければ, もたらしたの, もち健康, もち日に日に, もったりっぱ, もった彼女たち, もった生活, もってたにも, もってる彼女, もつた男, もつた自然人, もてそんな, もて次ぎの, やわらげそれ, ゆすぶつて, よく映し, よく見る, よび返した, よろこばせるという, わずらわすこと, ノブ子さんに, ムッソリーニも, ヨーロッパの, 一変する, 一新させる, 一貫せね, 一點に, 不具腐敗に, 与えて, 世界的もしくは, 主として自己, 主題と, 事実上維持する, 云い更, 亡し, 交通せしめ, 享受する, 他に, 以って, 休めるので, 伝えたため, 伝えること, 伝える文学作品, 伝へて, 伴なわない, 低俗に, 体した, 体現し, 何も, 作品において, 使っては, 保ちながら, 保つ覚悟, 保持発展させる, 修め人格を, 修養し, 傷ける, 傷つけながら, 傾倒し, 傾注した, 僕たちに, 充分鼓吹し, 入れ換えて, 全く有, 全然喪失, 共通し, 具したえず, 具体化する, 具體に, 再現する, 凝らして, 出來, 別に, 制度の, 刺激し, 創成せん, 加えて, 励ましても, 勉強なさい, 動かすこと, 動られるだろう, 勝手気ままに, 勞した, 十分もたらさなかった, 半ばしか, 反射したる, 反映する, 取り去り自ら, 受けついだジョアン二世, 吐いて, 吐くもの, 吟味すれ, 否定しないだろう, 含むか, 含蓄し, 告げて, 呼び甦え, 咀嚼する, 唱えるという, 唱え出した武田麟太郎氏, 問題に, 善導せず, 喪失した, 嘲っても, 回復し, 困め, 圧する重荷, 圧服し, 圧迫する, 基本として, 堕落させる, 壊してた, 外来の, 多量に, 大抵推知, 天下一般の, 失い神霊, 失うのみ, 失った, 失った自然主義, 失つた, 失つて他の, 失つて形式的な, 失はぬやう, 失ひたるのみ, 失へりとて, 失わないと, 失わない工業, 失わなかった資質, 奇妙な, 奪い取ること, 奪はれつ, 奪われ金, 奮起せしめ, 如何に, 嫌悪し, 存在の, 學生の, 守り育みつ, 守れ, 安んずるの, 安靜に, 実現する, 実質的に, 客観的形象として, 宿して, 寸断され, 専横の, 尊ぶといふ, 尊敬する, 尋ぬる, 導いて, 尽して, 尽し意, 屈服させる, 履きちがえて, 師教と, 平調に, 度外に, 建築家から, 引き浚いそれ, 引立てる書, 引締めるもの, 張り切って, 強いて沈思, 強めるもの, 当人が, 彷徨する, 彼等に, 後世に, 得たるもの, 復活せしめ, 徹底させる, 忘れただ, 忘れないと, 忘れ形式, 忠実に, 思う存分, 思ひやつ, 惑溺せられ, 意味する, 意志の, 感じさせる, 感ずること, 慰安し, 憎むの心, 我社会に, 或は新劇的生命, 所謂, 打ちこんで, 打ち込めた太鼓, 打破せざるべからず, 把持させなけれ, 抑えその, 投じた詩人, 抛つてしま, 押し沈め谷, 抽出し, 拠点として, 拡大するであらう, 持たずひとり, 持たなかつたやう, 持ちこたへて, 持ち來, 持ったもの, 持ってるしるし, 持つあらゆる, 持つよう, 持つ者, 指すから, 指摘する, 振うて, 振起せしめた, 捕捉せ, 捨てられず, 採つて, 採用した, 探究し, 推奨する, 掴むため, 掴んだ, 描出する, 揺ぶるらしかった, 摂取し, 摧き, 擂木, 攝取し, 支えるべき生気, 支那の, 改変する, 救済者を, 教へて, 教訓する, 文化史的或は, 新しい社会, 新しく理解, 日本で, 昂められた, 明日の, 明確に, 映そうと, 普及せしめる, 曲解し, 最もよく實行, 最も明らか, 有してるとの, 有しまた, 有するところ, 有する人, 有する者, 有たぬ, 本当に了解, 本当に理解, 材料に, 柔らげ修養の, 根深く宿した, 格守し, 検討した, 極めたからと, 極悪非道という, 楽しましむる, 構造し, 標準目標として, 樹立し, 欠きがち, 欠乏し, 歌に, 正しく理会, 此の, 歪曲せしめた, 歴史観から, 殺さないよう, 殺戮した, 毒するなにか, 永続する, 求めながらも, 汲み取る者, 汲んで, 没却した, 没却せん, 注いだ努力作品, 注ぎ込んだし, 洞察し得, 活捉されました, 消極的に, 淨化する, 混乱さしたり, 測るが, 溶かし込んで, 澄ますに, 濾過し, 為活す様に, 無情無感覚を, 煩わすこと, 物語って, 狂わせて, 独立せしめざる, 現ずべき理, 現ずる一方, 現出する, 現在の, 理解し, 理解すべきである, 生かさうと, 生かしすぎるが, 生かしまた, 生かすこと, 生み出す遑, 疑って, 疲労れさせ, 発展せし, 発揮しない, 発揮すれ, 発揮出来ない, 発達せしめる, 發見すべきである, 目ざめさ, 目覚す, 看取し, 真に生かす, 眺めて, 知っとるね, 知らずして, 知らないのよ, 知りたくなった, 知りまた, 知ろうと, 研究批判の, 破壊する, 示したの, 社会にも, 私どもは, 私は, 称えないもの, 移し思想, 立て直すため, 笑う権利, 筮竹に, 籠めたれ, 精神の, 紊る, 組み立てる神経系, 組成する, 統一させる, 統一しよう, 継承し, 維持し, 緊張させ, 総動員しなきゃやっ, 練り一身, 織りこんで, 美事に, 考ふれ, 肯けない, 育成する, 能動的たらしめる, 自信自重の, 自殺から, 自身の, 與へんと, 苦しめること, 苦め身体を, 蒐むるなり, 蕩漾させ, 虫食む, 表わすよう, 表現すべき, 表象し, 裏切つて, 裸体に, 襲撃し, 見なければ, 見るには, 見る更に, 見出さなければ, 見抜いて, 見極めようなどと, 規定しよう, 覗ふ, 解しない, 解すること, 言ひ, 討ぬれ, 診て, 認めずに, 語って, 誠の, 誤解し, 説くアジ演説, 説明し得た, 読んで, 課し得る者, 論じるに, 護って, 貫きましょうと, 貫徹致す, 費しまた, 起して, 踏みにじって, 身を, 身體から, 輝かしたの, 辿つて, 述べたもの, 述べること, 追ひ越す, 逆説した, 逗めたる, 逸して, 運命目に, 違へ, 遺却, 酌み得るもの, 酌取, 酔わせアルコール以上, 重んじると, 重んずるものの, 鈍らせるばかり, 銷磨し, 鍛えると, 鎮めようと, 鎮めるこなし, 鎮静ても, 閉じこめるもの, 開発し, 閑却した, 闘つてゐれ, 除いては, 陰性化した, 集めたなら少し, 集中したい, 集注する, 露わす, 静めたらと, 領解した, 顕現し, 養い成る即ち, 養うと, 養って, 養つて呉れる, 養わせる教育, 養成しなけれ, 驅使する, 體得し, 高めたよう, 高めはげまし愛し涙, 高唱し, 高尚の, 高揚せしめ, 高調させ

▼ 精神~ (1288, 8.0%)

65 なもの 25 にも肉体的 20 にも物質的 16 のもの 11 な意味 98 なるもの, な問題, な面 7 なこと, な愛情, な打撃, な要素 6 な, な方面, の苦痛 5 な力, な感動, な美し, な躾, にあの, にも経済的, の方面 4 なめまい, な苦痛, な部分, に向上心, 高さ

3 [25件] であった, など, な仕事, な損害, な救い, な文化, な特質, な能力, な表現, には全く, にもそう, に一つ, に参っ, に圧迫, に堕落, に殺し, に疲労, に眼, に結合, の, の打撃, の糧, の苦悶, の貞操, 諸観念

2 [98件] および肉体的, だという, である, であること, であると, では, という, といわれる, と社会的, なそれ, なつながり, なところ, なの, なる人種, なる意味, な上部構造, な不安, な事柄, な人間, な何, な何物, な動揺, な媚態, な存在, な宝, な強, な形, な影響, な恋愛, な愛好, な慰安, な損失, な日本, な暗示, な深, な独創, な現象, な生, な生き方, な疲労, な病気, な糧, な芸術, な苦しみ, な行動, な表情, な要求, な訓練, な貧し, な陰翳, な高, な高い, にある, にこれ, にその, にそれ, にだ, になっ, になる, にはまだ, には幸福, にひどい, にまた, にも, にもまた, にも一種, にも何物, にも余す, にも完全, にも瑠璃子, にも肉體的, に人, に何物, に健康, に全, に匪賊化, に同値, に孤独, に接する, に敗残, に消耗, に生き, に病的, に癇性, に結びつい, に縁, に退歩, に遊ばず, に道徳的, のこと, の力, の各, の恐怖, の意味, の教育, の最大自由, の片, 快不快

1 [746件 抜粋] かと云え, たるのみ, だの凡そ, だの宿命, ってどういう, であったこと, であって, であっても, でありその, でありまた, であり従って, であるが, であるに, でささげる心, でない, でないから, でなければ, でなさ, でデリケート, で個人的, ということ, といったの, といふ, といふこと, とは笑わせ, ともつかない, と二重, と肉体的, ないい, なその, などで愛し, などのやう, なもろもろ, なゆとり, なる人物, なる方法, なる認識, なんてもの, なデパート, なパトロンみたい, なペダントリー, なマゾヒズム, な一撃, な上品さ, な世界帝国, な両面戦, な事業, な云い方, な交渉, な交通関係, な仙丹神丹, な修練, な個人, な健康, な働き, な内部的苦悶, な出版物, な分子, な剛健, な原因, な友誼, な同様事情, な啓蒙, な喜び, な団結, な地盤, な場合, な売り喰, な夢みる少年, な女子, な好奇心, な嫌悪, な孤独人, な安静, な完成, な尊崇, な崇高さ, な差別, な幸福, な征服, な御, な心配, な思惟, な怪異力, な怯懦, な恢復, な悩み, な情熱, な愛着, な感銘, な態度, な或, な戰, な拠りどころ, な指導者, な援助, な收, な敏感さ, な方, な最も, な束縛, な栄養, な極度, な歴史認識, な残ぎやく行為, な永遠, な汚らわしい, な混乱, な清浄, な準備, な滿足, な澄まし汁みたい, な瀉血, な熱情, な父母, な特徴, な狂い, な現実, な理想境, な生活, な異人, な目標, な真実さ, な矯正法, な破滅, な神, な種類, な第, な純粋, な結合, な綿密, な繋がり, な而, な聯想, な自由主義, な自覚, な若, な苦悩, な融合, な血, な見方, な視界, な調子, な諸, な負担, な財産, な贈りもの, な路地, な遊戯, な運動, な部面, な部類, な野心, な関係, な陶酔, な難関, な食べられも, な高貴, な魅力, にあらゆる, にいえ, にいろいろ, にかへてきた, にか肉体的, にしろ, にじっと, にだって肉体的, につかれ, にでなし, にでも, にどの, になったら, にのみ刺戟, には, にはええ, にはかなり, にはさ, にはそう, にはなほ, にははるか, にはもう, にはわれわれ, にはダンディ, には不, には今, には他, には何, には健康, には僕, には前, には勿論, には国民, には大きな, には完全, には家康, には対等, には導かれ守られる, には屈服, には彼女, には急速, には恐ろしい, には救われる, には敗戦, には本, には東夷, には極度, には殆, には永久, には淋しかっ, には相, には程度, には童貞, には自殺, には親爺, には諸君, には驚天動地, にひとつ, にひねくれ, にふやけた, にまいっ, にまつたく, にもいい, にもいためつけた, にもう, にもこの, にもこれ, にもじつは, にもっとも, にもつねに, にもどう, にもなにか, にもまたは, にも一つ, にも一致, にも丁度, にも互に, にも亡びなけれ, にも何, にも余りに, にも再, にも加奈子, にも助け, にも受けた, にも女, にも完璧, にも少し, にも峯子, にも弱者, にも強く逞しい, にも彼女, にも彼女等, にも恵まれ, にも情, にも意外, にも愛する, にも感情的, にも成長, にも打撃, にも来, にも次第に, にも死, にも決して, にも生き貫い, にも生理的, にも男性, にも畸形不具的, にも疲労消耗, にも疲弊, にも磨く, にも私, にも義理人情, にも肉躰的, にも苦しむ, にも苦難, にも葭, にも蓄積, にも行動的, にも襲いかかっ, にも違います, にも酷く, にも重い, にも野性的頑健さ, にも防衛, にも頽廢, にやられ, にゆたか, により豊か, にわし, にゲリラ化, にサジズム, にジャック, にテンヤワンヤ, にユダヤ, に一個, に一番, に一種, に上位, に不, に不具, に不利, に主要, に云え, に云ってる, に云つて, に何, に何ん, に価値, に偉大, に優越, に優越権, に冷淡, に利用, に創痍, に力, に力づける, に助け慰め, に勇壮, に化粧, に卓越, に又, に反撥, に受ける, に向上, に呼吸, に和らげられたる, に噛み殺し合う, に国民, に多少, に大, に奈落, に妙, に実在, に尊敬, に少なから, に己, に幻想, に弱りきっ, に彷徨, に彼, に征服, に心, に恐し, に悔, に感じた, に慰め, に成り立ちうる, に戦い得る, に打撃, に抵抗, に提携, に旅, に早めた, に様々, に止まらず, に死し, に死ん, に死滅, に殺す, に殺そう, に汚れてる, に治癒, に涸渇, に淋しい, に滅ん, に滿足, に特に, に甚, に生きた, に生きる, に生死一如, に生活, に疲れ果て, に破壊, に神, に私, に窒息, に立派, に純, に老境, に考へられ得なかつた, に耗, に胎児, に腐蝕, に自ら, に自己, に自滅, に苦しむ, に苦しめる, に苦しんだ, に苦悶, に英人, に茶の湯, に蒙った, に虐殺, に血涙, に被害者, に見る, に観, に解放, に言っ, に豊富, に貧しく, に資格, に贅沢, に路頭, に身, に進み, に遅鈍, に重畳, に関係者, に非常, に革命, に高められ, のたより, のな, のにほ, のスゴミ, のマゾヒスト, の世界, の両面, の交際以上, の享楽, の人物, の休養, の余裕, の作用, の修煉, の修養, の偉大さ, の健全さ, の刺激, の勇気, の名前, の問題, の宗教, の家庭, の尿毒症, の幸福, の弛緩, の影響等, の御馳走, の性質, の愛, の成長, の拷問, の新, の時, の権威, の欠陥, の気質, の治療, の準備, の煩悶, の特徴, の特質, の生活経過, の異常, の発達, の相, の筋肉, の精華, の結合, の統一, の美, の美し, の美醜, の自由, の苦労, の苦悩, の虐待, の融合, の衛生, の衝動, の補助訓練, の要素, の言葉, の訓練, の醜い, の風潮, ばかりでなく, また生理上, 不活溌, 両文明, 並びに肉体的存在, 乃至は, 似而非自由, 共働者, 又は物質的, 及び物質的, 及び物質的福祉, 及び物質的苦悶, 大勢力, 快樂, 或は知性的, 或は肉体的, 無反応, 粗漏, 美しさ, 若さ, 貪らん

▼ 精神~ (1106, 6.9%)

10 ある 9 なければ 6 あるの 5 あると, そこに, ないの, 動いて, 彼の, 欠けて 4 ない, 如何に, 日本の, 物質の

3 [16件] あつて, あります, あるという, これを, なかった, 出て, 完全に, 宿って, 彼を, 彼女の, 横溢し, 欠如し, 死んで, 現われて, 錯乱し, 非常に

2 [79件] あって, あつた, あるから, あるとして, あれば, いる, この二時間, こもって, その部分, それの, それを, とどかないので, どこに, ないから, なにかの, みなぎって, わかって, われわれの, 一つの, 一種の, 不合理, 乏しかった, 今日の, 他の, 何である, 信仰が, 働くに, 充実し, 入つて來, 全體, 別の, 問題に, 変わって, 夫, 失われずして, 女の, 存在しなく, 宇宙の, 宿ったならば, 宿り本能, 平常に, 弛緩した, 強く含まれ, 強ければ, 形成せられ, 必要です, 必要な, 意識と, 新に, 朦朧と, 朦朧として, 極めて濃厚, 此無聊に, 残って, 漲って, 漸く大, 燃えて, 爽やかに, 物質を, 特別に, 狂って, 発達し, 籠って, 結合せられ, 緊張した, 織りだす独得, 美徳だ, 習慣的に, 肉体に, 自分の, 自己の, 見える, 解らない, 誤謬に, 身体を, 通俗小説と, 錯乱しちまっ, 閃めい, 阻喪し

1 [829件 抜粋] あったか, あったと, あったの, あなどりの, あの二, あまりに厭世的, あまり鋭敏, あらはれたもの, あらゆるマナリズム, あらゆる男女, ありそこ, ありその, ありながら, ありますからね, ありますならば, ありまたは, あり精神, あり西洋, あるか, あるここ, あるし, あるだろうと, あるといふ, あるに, あるもの, あるわけ, ある生命, あれほど, あんなに衰える, いかなるもの, いかなる意味, いかに発見, いかばかりそこ, いっさいの, いつしか感染, いまだこの, いまだに理解, いま索ね, いわれた時, うやうやしく美, おのずから本来, お留守, かけて, かげを, きっぱり簡明, こういうもの, こういう塀, こうである, ことごとに, この二つ, この屈辱, この時一時, この本棚, この男, この言葉, こもる証拠, これによりて, これや, さわやかな, しばしば天邪鬼, しまって, すくない, すっかり落ちつい, すでに一つ, すでに物質, すなほ, すべて, すみきらないで, そういう疑惑, そっくり元, そのままの, そのまま順境, そのよう, その中, その容貌, その時, その本家本元, その根本, その清い, その独自性, その覇業, その通り, そもそも教養, それな, それらの, そんなに邪魔っけ, ただひとすじ, たまらないの, だれかの, ちがって, つかまれて, つよい生命力, どうやら盛り上っ, どこかに, どこまで, どのよう, どれほど尊い, どんなにそれ, どんなに大切, ないと, ないといふ, ないもの, なくては, なく人民, なく日本的, なまけて, なんらの, にわかに自己, のりとの, はたらいて, はっきりした, はつきりと, ひろく絶え間, ふたたびそこ, ふるい興る, ほとんど等分, ぼうっとする, ますます健全, また開化, まだちっとも身, まちがって, まるでわかっ, みずからを, むらむらと, もうすでに全体的, もう大丈夫, もっと自由, よかれあしかれ今, よく傳, よく統一, より高く深く, よわって, わからなかったの, アメリカの, オランダの, チクリチクリと, トゥルゲーニエフの, ハッキリし, フランスから, ベーコンから, ローマを, 一つに, 一ヵ所に, 一層はつきり, 一度に, 一番肝腎だ, 一般に, 一途に, 一週間の, 不健康に, 不安に, 不安を, 不思議な, 不活溌, 不眞面目, 世界史的立場から, 主である, 主観的なる, 之な, 人々に, 人間を, 人間文化の, 仄見える, 今でも, 今の, 今彼を, 今日においてさえ, 伊豆で, 伝統する, 伸長し, 住民の, 何に, 何も, 何時とは, 何時までも, 俄然として, 保ち切れなくなると, 俳句だ, 傾注した, 働くこと, 働くならば, 充分理解せられ, 先づこ, 先づ演劇の, 入れ換えに, 全民族, 其処から, 其敵国たる, 再び生き生きと, 再生復活する, 出来て, 判らんの, 別々に, 力強く動い, 北畠親房の, 十分強壮暢達な, 却つて相手に, 厳存する, 又そうである, 又僕, 又盛, 反対だ, 取り入れられて, 古来人類文化の, 可能なる, 合一する, 同じくこの, 君たちを, 否定の, 含まれ知識的, 吹き荒れて, 哲學の, 唐律にも, 唱えられて, 單に, 国内に, 圧倒される, 地上に, 地上の, 埃及尖塔みたいに, 基礎で, 基調に, 壊れて, 変に, 変にね, 変わるので, 外国人に, 多少なりとも生き, 大いに必要, 大伽藍造営, 大切だ, 天才的であり, 太陽よりも, 失はれたり, 失われて, 女を, 奴隷に, 好きだつた, 存在し, 存在する, 宇宙とともに, 完全無欠に, 宙に, 実によい, 実に農村, 実は歴史的精神, 実在的に, 実証的な, 客観的な, 宿るという, 寂しい, 實在, 少しずつ, 少し足らない, 左右される, 市井風俗小説を, 平一郎を, 幽霊と, 幾分殘つて, 引き込まれた, 弛んで, 弱められ学徒, 張り切ったよう, 強くあらわれ, 強く働き, 強く働ら, 強く熱意, 強く輝い, 強まり僕, 当面しなけれ, 彼らの, 従って又, 微妙な, 徹底せぬ, 心の, 必ず裏づけられ, 必要である, 忘れられて, 念頭に, 思わず弾, 思想科学其の, 急に, 恋の, 恍惚と, 悲しみで, 情操の, 意匠した, 愚弄され, 慣習の, 慥で, 成立する, 我々の, 或方向, 抑圧され, 抒情詩ならぬ, 押しひしがれて, 持って, 持つ役割, 指の, 描き出した大, 提唱された, 支配出来る, 教科書作製者によって, 教育とか, 文化ならぬ, 文字を, 文学にも, 新しき紳士道, 既にフランシス, 既に自己, 日本人くらい, 日本精神の, 旧の, 昂揚する, 明確に, 時代と共に, 最もハッキリ現われ始めた, 最も旺盛, 最も緊張, 最初の, 有つ, 望んでるもの, 未来の, 村に, 果してそれら, 極めて平民的, 機微の, 欠乏し, 次第に失われ, 次第に敬虔, 此文学の, 歩いて, 歴史的精神である, 死の, 殆ん, 残るというか, 殘つて居ります, 気高いの, 氾濫し, 決して暴, 沈着い, 沈静し, 洗われたよう, 活氣づける, 活溌でない, 活発な, 流れ込んで, 浸ってる無意識的, 消えて, 涵養されなかった, 深くそして, 清水の, 渠の, 湧く波, 溢れて, 滑稽な, 漂って, 潜んで, 澄み切ってるらしかった, 澄み返り神経, 瀰って, 無くして, 無ければ, 無能力である, 無駄な, 然ら, 熱意され, 燃えつきるよう, 爽快に, 物質力の, 物質的文明に, 特性づけられるの, 独り勝手に, 独り立ちの, 現はれ, 現われるが, 現在の, 理解し得ぬ, 甚だよろしい, 生々と, 生まれた, 生れた筈, 生れて, 生涯の, 用心深く試験的, 異っ, 異常である, 異様に, 疲れてるらしい, 疲勞し, 発生し得る, 發揮され, 皆われらの, 盛られて, 盛んであっ, 目覚時計によって, 真直な, 知らぬところ, 確乎たる, 社会と, 社会の, 祕められ, 科学に, 科学専門家の, 稀薄だ, 稀薄だった, 稀薄に, 空虚の, 空襲に, 立ち上らなければ, 第一次大戦, 籠らねば, 糜爛し, 純論理的, 組織的に, 統一から, 統一されよう, 統一する, 絶えず追究, 緊張する, 緊張まった, 缺如し, 美しからう, 美しくひと, 翔り回って, 肉体の, 肉体も, 肉体中に, 背骨を, 能動を, 腐りやがった, 腐敗せる, 臆面も, 自分を, 自己を, 自然と, 自由から, 自由で, 自由と, 自身の, 興奮し, 興奮した, 色界即ち, 芽を, 苦闘から, 茶の湯と, 萌え出たばかりの, 落ついて, 薄く誰, 薄弱である, 衆人の, 衝動的な, 表現され, 表門で, 補ふと, 西洋の, 見られる, 解ったの, 解らないで, 言外に, 言語を, 訓錬, 許さない, 讃へ, 變に, 超自然的啓示, 足りない, 足りないこと, 身体と, 身体に, 身体において, 身體から, 身體に, 身體において, 輝くの, 轉導され, 近代文化の, 追求される, 逃げ出してるの, 通じたの, 違いますだ, 適用せらるべきでない, 郷里の, 野性を, 鈍るもの, 鋭く尖り, 錆びたり, 錯乱せられた, 鎮まって, 鎮静する, 陶冶され, 電波の, 音を, 響いて, 飽まで, 骨身に, 高い尊いという, 高度の, 魂が, 鴎外の

▼ 精神~ (1054, 6.6%)

4 人間の, 作品の, 分裂し, 單に, 少しも, 彼の, 日本の, 肉体の 3 如何なるもの, 実にこの, 物質の, 自己を, 非常に

2 [61件] ありのままに, あるかも, この耐乏的反動精神, これを, しかし自己, その存在, その門, それが, それを, どういふ, どうしても破滅, なく実に, もちろん秩序, シェーラーによって, プラトンの, 一つの, 一である, 一挙に, 不滅である, 今の, 今は, 今日の, 今日われわれの, 何か, 佗と, 余り恵まれ, 僕の, 充分に, 全く子供, 全身に, 勢力の, 即ち, 各人の, 嘘偽によって, 土に, 夙に之, 天の, 実を, 年少の, 形相である, 彼を, 旺盛で, 明らかに, 有限で, 概ねかく, 毫も変ずる, 毫も百年以前, 永遠に, 活溌で, 物質から, 現実へ, 理解する, 科学的精神の, 紛たる, 結婚謝絶と, 苦痛の, 茲に, 衝動の, 見上げたもの, 言葉の, 足において

1 [885件 抜粋] あくまでも尊重, あくまで言語, あったが, あっても, あまりに誠実, あらゆる卑俗, あらゆる種類, ありあまるほど, あるけれ共, あるでしょうが, あるにも, ある程度歪められ, あれ之の, いかに, いささかも, いっそう敏活, いっそう自由, いつのまにか彼自身, いつも純潔, いよいよ歴史, いわゆる宗教, おのれを, かくの, かなり月並, かの国山川, きわめて敏感, こ, ここでも, ことごとく彼, ことに王政復古, この国, この方法, この王, この磽, この道行き, これと, これほど, これまで, さわやかであった, さ迷い歩くこと, しっかりし, すくなくとも本質, すこぶる欠如, すでに実在, すでに死せり, すべての, すべてを, そういうもの, そこから, そこに, そのつど自在, そのままに, そのまま同じくその, その上部構造, その力, その場合, その意識的, その暗示, その狭い, その簡易, そもそも幸福, それに, それらの, それ自体反, そんなに弱い, たがいに, ただそれ, ただ民子, ただ無広, ただ美しい, だから, だらけきり私, ちやんと, つねにつねに偉大, とがり坐居生活, どうなる, どっさり並べられた, どれほどの, どんよりと, ない一つ, なお積極的, なお自, なお静か, なかなか強靭, なるほど, なんらの, はげしく怒り, はっきりそういう, はやれども, ひとり武備の, ひとり軍隊内ばかり, まう少し, ますます清潔, まず足下, また一面, また肉体, まだ強, まつたくなかつた, まつたく不可分的, みな一つです, むなしく私, もう云っただろ, もう殺す, もう滅茶滅茶, もう酔い, もちろん和算, もっと広汎, もっと自由, もとなんら, もはやどこ, もはや既に明かな如く, もはや研究, やがて四海万国, やがて昭和, よいが, よく出, よく判っ, よろしいと, りっぱだ, わからない, わが建國以來, われらと, アンドレ, オリヴィエを, カナヅカイや, ギリシア精神である, コットウの, スタンダアルに, ソ連の, ダルガス植林成功の, フランスより, ミヂンも, ランボオの, ローマから, 一に, 一人の, 一時に, 一樣である, 一般に, 一貫する, 一面においては, 不健全なる, 不十全, 不可解なる, 不滅なり, 世間と, 中, 之を, 二十世紀はじめの, 互いに通い合っ, 亡びるなら亡びるが, 京都くんだりの, 人を, 人民生活の, 今でも, 今なお, 今も, 今やその, 今度欧米を, 今日まで, 今日われわれが, 今日此中に, 今私の, 他の, 代々の, 仮に生滅, 休められ新た, 低俗な, 体躯の, 何と, 何ものか, 何よりも, 何れの, 何故この或, 何物ぞ, 作家同盟の, 併し, 例えば全く, 俄に, 信念と, 個人主義どころか, 個人的な, 健やかである, 健康な, 元は, 元禄期の, 入つて, 全くその, 全く必然, 全く村越友, 全く死滅, 全く鈴慕, 全人類的, 全篇, 其族の, 内容に, 再び群卿, 分らない, 分るけど, 別に一種, 前述の, 動機を, 勤皇思想の, 勿論吾, 十九世紀の, 十分に, 千古不滅であっ, 半ば験温器に, 単に全く児戯的, 単に学問, 単に欧米, 単に科学, 印度の, 危急の, 却って以前, 却つて安靜を, 原始の, 反對, 反民主的, 古くも, 古来日本婦道の, 合理的精神である, 同じで, 同一である, 同君の, 君にも, 否定を, 和算家の, 唯財, 啻に徳川氏, 嘉すべきである, 嘘偽を, 噴火し, 固より, 培われない, 変らぬという, 外交の, 外交的儀礼の, 多くの, 大いに変化, 大なる, 大阪の, 天下者では, 太古の, 失はれた, 失わないどんなに, 失われて, 如何なる場合, 娼婦的な, 子供か, 子供どころか, 存在し, 存外朦朧, 学人を, 宇野浩二の, 安靜と, 宗教上に, 官吏の, 実は宗教改革, 実は論理そのもの, 実証的な, 実験検証の, 實に, 審美的な, 対著作者の, 専門の, 少からず持ち合せ, 少しでも, 尤も日本的現実, 屈従し, 市民社会を, 常にかく, 常に宗教, 常に現世, 常に進歩的, 常態でない, 平和と, 平和を, 弱い, 張りつめた生活, 当時の, 当時文学の, 形式的には, 彼に, 彼らには, 彼らの, 彼自身の, 後世まで, 徐々として, 従来謂われ, 微塵と, 心理学によって, 必ずしも芸術, 必然の, 必然的に, 応用の, 怒りに, 恐らく日本, 恐らく次, 悪い精神, 悪へのみの, 情趣は, 惰性的でこりる, 愈, 意気地なく, 愛の, 感情的である, 感覚を, 我から, 我ら自身の, 所有者未定の, 打破しなけれ, 技術的精神でなく, 抽象的分析の, 持って, 支那の, 支那は, 改進に, 文化は, 文句にも, 文学を, 文学的精神でなく, 文献的認識の, 断末魔まで, 断間なく, 新興芸術の, 日本ファッシズムの, 日毎に, 旺盛な, 明治まで, 昔の, 時として臆病, 時局性, 暴力に, 最もよく, 最後まで, 朦朧として, 未だ一般, 本来広, 東洋にとって, 果して何もかも満足, 果たして運命, 根本は, 極度に, 模倣の, 次の, 次第に時局的, 欧米文化西洋文化の, 正に権力感情, 正に科学的精神, 正に軍人精神, 武道大会に, 死後無意識の, 殆ど完全, 殊に我が, 残って, 民衆の, 永久に, 決してそれ, 決してひるまない, 決して大きな, 決して無意義, 決して穏, 没入し去っ, 法律は, 活きると, 消耗し, 滅するもの, 滅入りくさる一方, 演劇を通しても, 激しくより, 無力である, 無形無, 無感覚だ, 無言に, 無限に, 熾烈な, 父泰英の, 物象の, 物質には, 物質中に, 物質也, 猛然として, 王朝時代の, 現代に, 現代において, 現代人の, 現在周囲に, 現実からの, 現実当面の, 現物としては, 理知的, 甚だ殺伐, 生命という, 生時に, 生活を, 男女同一であっ, 異教の, 疑は, 疲れて, 病気に, 癖にな, 発達史的認識の, 白け渡って, 的確敏捷に, 益々進み, 直ちに実行, 直ちに生命, 相当長い, 真実と, 眠って, 眠つてゐる, 確として, 礼教上から, 社会常識と, 社会的行動の, 神に, 科学の, 科学主義などという, 科学的である, 科学的精神に, 種々の, 空高く, 立派な, 立派に, 第一, 算盤で, 紊れてない, 経済的であった, 統制であります, 緊張し, 総ての, 耗し, 聖アウグスチヌスが, 肉体によって, 肉体を, 脳髄中の, 自らに, 自ら動く, 自ら存する, 自主性を, 自然力の, 自由という, 自由の, 至極鈍感, 船を, 色々な, 芸術の, 若いの, 若返るやう, 荒廃に, 落ちついて, 著述の, 虚名と, 血に, 行きづまりの精神, 衝動に対して, 衰へる, 西欧の, 西洋文化に, 要するに自己, 親切に, 言わないが, 言葉には, 言語の, 詩吟向では, 話の, 誠に明白, 諒解し, 豪壮を, 責任の, 資本主義と共に, 資本主義的で, 身體なし, 軽蔑されるだらう, 近代性という, 近代産業発達の, 近代的施設が, 逆に, 造化に, 過敏な, 遠いと, 遥かに, 重々相, 鋭さの, 鋭ど, 閑人遊民の, 闇の, 陰陽道で, 集中し, 霊魂不滅説より, 非資本主義的, 頓に高揚, 頭に, 頽れた, 飲みたが, 驚いて, 高邁な, 鳴り響いた, 麻痺状態を

▼ 精神~ (932, 5.8%)

40 異状を 27 於て 12 富んで, 異常を 11 異状が 9 於ては 8 影響を 6 或る 5 なって, 基づいて, 於ても, 欠けて, 触れて 4 あるの, 反するもの, 基いて, 渇きの, 異常が, 異状の, 觸れる 3 ある, とつて, よりて, 何か, 依って, 及ぼす影響, 感心しました, 於いて, 至っては

2 [54件] あふれて, したがって, して, たよって, つねに示す, てらして, めぐまれて, もたらすこと, もとづいて, 一つの, 一種の, 何の, 余裕が, 依存する, 充たされて, 動かされて, 動く若い, 包囲される, 反し皇国, 反響を, 同一の, 同化する, 基くもの, 変ぜんと, 外ならざるなり, 外ならない, 富める義人, 対立する, 對し, 就て, 属するもの, 帰する, 影響する, 後れ其手腕, 徹したもの, 悪い影響, 感性的本質と, 感激し, 手綱を, 敬服し, 欠くる, 決定的な, 活きる私, 満ちて, 燃えて, 生きて, 異状ある, 立脚し, 立脚する, 精神が, 老若男女の, 若さ, 見出すこと, 重苦しい暑を

1 [619件 抜粋] あこがれと, あったわけ, あって, あらずして, あらず人間, あり, ありては, ありとさえ, あり精神, あること, あると, ある顔, い, いい刺戟, いくぶん, いたりては, うちこまれて, おし上げられそれ, かうした數百年, かかる抑圧, かなうが, かなう立派, かなったもの, かなって, かりたてられると, かりたてるつもり, きっぱりした, きりこんで, くらべて, こたえたと, この苛烈, こまやかな, さわるところ, したがえられて, したって, したもの, しみ透るもの, しろそういう, しろという, しろやはり, すぐ作用, すこし區別, すり換えられた, そそぎ込む多く, その危険, そむくこと, そむくばかり, それは, ぞくする, ぞくする身辺性, たいし奉り寸毫, たつ文学, たより神風に, つつまれた感じ, つながった動き, つながつて, つながりが, つながる課題, つよい響, とんだ一個, どれだけの, なるの, なるわけ, なんの, のこるもの, のしかかって, のっとり日中関係, はげしくもえたっ, ひかれたの, ひたひたと, ひびく影響, ふたたび消えない, ふれること, ふれるよう, べつな, ほかならずこの, ほかならない, ほかならないこと, ほかならぬ, ほどこして, またねば, また弛み, みちたもの, むかむか憎悪を, もえて, もえ少年団, もたらした効果, もとづく, やしなわれたローマ的, ゆき亘った霊, よったもの, よるならば, わが国の, デジケートする, ヘビの, ロマンティシズムが, 一大電撃を, 一致した, 一般的観念の, 不同が, 不純な, 与えたイタデ, 与えるコンソレイション, 与える種, 与へられた最も, 乏しい人民, 乏しかった, 乏しきが, 乏しく, 云いよう, 些かの, 他ならない, 伴は, 伴へる, 伴わざる肉体的, 似たもの, 何らの, 何を, 作者は, 使役され, 依りて, 依従, 侵入し, 偉大とか, 健康的な, 働きかけること, 優良な, 充され, 充たされた文学, 充ちた勇者, 充ちた取り扱い方, 充ちた組織, 充ち満ちたもの, 先立つ, 入って, 全く反し, 共鳴し, 冥化する, 出たもの, 切りかかって, 別ある, 到達すべき, 刺激され, 刻みつけられたる言語, 則つて服中生, 則り日本的感情, 前進を, 加えた疲労こんぱい, 加えられた暴圧, 加わって, 勇気を, 動かされたから, 動かされ心理学者サレエ, 動かされ断乎, 協う, 即したこと, 即してのみ, 即するもの, 却って媚びた, 参与し, 参与し得る, 及ぶが, 及ぼすもの, 反した医学, 反した教授方法, 反した第, 反すること, 反すると, 反するので, 反するよう, 反する二つ, 反する道, 反せざる限り, 反対か, 反対すべき, 反対出来る, 反抗し, 反抗する, 反映した, 各種の, 合して, 合しない, 合する, 合致する, 合躰する, 同化すべき, 同情する, 向って, 味方し, 味方した, 味方する, 呼びかけるよう, 啓示しない, 喜んで, 在り, 在るの, 基いたこの, 基いた結果転回, 基いた高尚, 基くと, 基く八紘為宇, 基く八紘爲宇, 基く学問, 基く憲法, 基く日本, 基く残滓, 基く筈, 基く論理, 基づく国粋, 基づく最善, 塗りつぶされ単一, 変じアメリカ, 変じドイツ, 変った, 変りは, 変わりが, 変化を, 外ならぬ, 外れたるもの, 多少の, 夢と, 大なる, 大事な, 奏達した, 如何なる生新, 存するという, 宇宙理性にまで, 安心を, 害を, 宿らないで, 富み一切, 富み植福, 富むで, 富むところ, 富む青年諸君, 富んだもの, 富んだ二三, 富んだ兄, 富んだ気概, 富んだ清らか, 富んだ西方, 富んだ農夫, 尊敬を, 尋常でない, 對立する, 導かれた共通, 導かれること, 導こうと, 就いて, 就いても, 属す, 属せしめられること, 屬せしめられる, 帝王の, 帰って, 帰着すべき, 帰着する, 引きずられる, 強いさわやか, 弾力が, 影響し, 影響しない, 従えば, 復帰し, 徹した稀, 徹して, 徹すべきはず, 徹底した, 徹底する, 心から共鳴, 必要である, 応へる, 快樂, 悖ると, 悖る恐れ, 情操し, 感じての, 感ずるところ, 感動し, 感動せざる, 感歎し, 愬える, 愬ふる, 愬へ, 慰安と, 慰藉を, 我を, 抑止される, 押しだされたの, 拠って, 持ち込まれて, 接して, 摂取しよう, 支那は, 支配され, 政治学を, 敗れない民, 文明の, 新しい聲, 新たな, 新旧の, 於ける無意識, 於ける究極, 於ての, 於てのみ, 映つて, 曉通し, 最もふさわしい, 最も富ん, 有害であり, 期待すべきである, 本性上屬する, 本来無, 根ざしこの, 根柢を, 植えつける僧侶, 極めてよく合う, 欠けること, 次ぎて, 止まったの, 殉死する, 残されるもの, 比しその, 比しひとたび, 毫も異常, 水を, 没頭する, 注意する, 洗われ, 浸潤しはじめた, 涙ぐまれる, 深く觸, 添うこと, 添う肉体, 添わぬ教育, 満ちた月日, 満ちみちて, 満ち真に, 溢れたって, 溢れ赤誠, 滲透し, 漆の, 激動を, 無思想, 無意識で, 照らして, 燃えこの, 燃えたった, 燃える彼女, 燃え世界人類, 燃え立ったある, 燃立ち, 特有な, 狂いを, 狂の, 狂気が, 現はれた, 現われたという, 現われて, 現われては, 現代の, 現實, 生きなければ, 生きるものの, 生き全校, 生滅あるべき, 由りて, 異常らしい, 異状などは, 疲労を, 目ざませなかった, 目ざめた, 相反した, 相反する, 相応し, 相応する, 相應, 真に固有, 矛盾する, 確固たる自信, 磨きを, 福沢先生が, 移ろうと, 立ちかえって, 立ちかえること, 立ち返り世界, 立ち還るに当たって, 立った教育, 立って, 立つ, 立つこと, 立つた一つ, 立つもの, 篤かった, 簡略された, 精彩を, 結びついて, 絡み附いて, 絶望した, 続いて, 縄を, 繩を, 置いて, 美を, 耐えるの, 肉体に, 育てられて, 背いて, 背きたくも, 背きません, 背き孝道, 背くとかいふ, 背くのみ, 背馳する, 至つては, 至りては, 苛責を, 薫習し, 蝕まれて, 見出すもの, 見覚め全体主義, 見遁, 覚醒させる, 覺醒の, 解放の, 触れずこの, 触れその, 触れたこと, 触れた思い, 触れた考察, 触れないここ, 触れること, 触れるという, 触接する, 触覚し, 觸れない, 觸接する, 訓練させる, 許せなかった, 訴える真実, 詩を, 調和し, 調和する, 調節を, 負うところ, 負ふこ, 貫かず, 貫かれたもの, 赴いたの, 近いだろう, 近づいて, 近づくこと, 返事を, 追いついては, 追ひやられ, 追われて, 透徹する, 途方も, 通じるもの, 通ずる, 通ずるもの, 遂に近づく, 過ぎないの, 違はむ, 違ひない, 適って, 適ふと, 適合した, 適合する, 還りひたむき, 還れだの, 還れなどといふ, 配合し, 醗酵す, 金蛇銀蛇の, 鈍感な, 閃いて, 関係し, 関係する, 関係なき, 関心を, 關する, 限られなくては, 限るよ, 陽の, 隷属させる, 集中せしめたい, 雲泥の差が, 霊感を, 鞭うつ, 響いて, 順応し得る, 飛躍的進歩を, 食ひ, 駆り立てられて, 鬱積し, 魅せられて, 魅了され, 鼓動せられ, 鼓吹せられた

▼ 精神~ (596, 3.7%)

20 肉体との 10 肉体とを, 肉体の 7 肉体とが 5 形式との, 数学教育, 肉体を 4 技術, 技術との, 物質との, 物質とを, 結びついて, 身體との 3 するもの, なって, 云ふ, 形式とを, 精神との, 肉体と, 肉体とに, 身体との

2 [49件] いうと, される, したの, したもの, すべきかを, それによって, それを, なつて, 一致する, 云っても, 云ふも, 交錯した, 人間の, 他へ, 共通し, 同じよう, 呼ばれるべきもの, 孰方を, 形式から, 形式とが, 感情との, 感覚に, 感覚の, 技術といふ, 技術とを, 方法とを, 日本精神とが, 熱意及び, 物質とに, 生活とを, 由松の, 申すもの, 異る, 相容れないもの, 相距, 相通ずる, 確乎たる, 繊細な, 肉体が, 肉体とで, 肉体に, 自然と, 行動との, 角力を, 調和し, 身体とは, 身體とは, 霊とを, 風貌とを

1 [388件] あくまで真実, いいヒューマニズム, いい伊能, いい千種万様, いい彼, いい得られるであろう, いい浪曼主義, いうか, いえども, いえるかも, いずれをも, いつたやう, いふよりも, いわれるの, いわれるもの, おっしゃる, お悧口, この精神, これが, されて, されようと, される精神, したトルストイ, して, し儒教的, し弟, し東洋的虚無感, すべきであるといふ, するところ, する所, する所謂, する最高価値, そして芸術, その修得, その区別, その実践, その實際, その性, その方法論, その模倣者, その洞察力, その甘, その発見, その発言, その能力, それらを, た, です, なし給え, なすを, なったり, なつた, なりて, なり凝りては, なり果てた, なり死後, なり終, ひきつづいて, ふくざつな仕事を, まるっきり変った, みたであろう, もう一つ, われわれ利用者側の, シラーの, ニュートンとの, ヒューマニズムとは, ヒューマニズムを, フランスの, フランス共和政が, ヤミの, ロマンティシズムの, 一緒に, 一脈合致した, 一脈相通じる, 一致し, 一致しない, 一致すべき, 不可分なる, 不屈不, 不思議な, 不思議に, 不紀律, 世界性を, 世界精神とによる, 世界精神とを, 両ながらこれ, 両方で, 両立し, 両立しない, 主観に, 云うには, 云うの, 云つても, 云は, 云へば, 云わずに, 云われて, 交渉が, 人格の, 人間個人の, 人間的威厳で, 今の, 似通って, 体とを, 作品とに対して, 併せて, 信仰との, 個性との, 健全な, 偶然に, 儒教との, 優れた科学力, 元気とが, 全く同一, 全く異, 公共的な, 其の表現法, 其生活は, 内容を, 円満に, 出家の, 切っても, 切り離して, 判断と, 利己主義を, 制度とが, 剛健な, 剣道方面までの, 創作実践に, 努力とを, 労働その, 勇気と, 勇気との, 勉強との, 動機と, 化し精神, 危險な, 即ち神孫, 取組むてい, 叙事詩的精神との, 叙事詩的精神とは, 叙事詩的精神の, 可なり一致, 同じく今日, 同じく無形, 同一では, 同性質, 同様に, 名づけられる農村労働力, 名の, 君子豹変の, 呼ばれる, 呼ばれるの, 呼ばれるもの, 呼ばれるわけ, 呼ぶこと, 呼ぶべきもの, 呼ぶもの, 呼ぶ人々, 呼ぶ所以, 呼んでも, 命名する, 四囲の, 国体の, 国家的道徳心との, 国語を, 國民の, 基督教の, 堂々の, 堅固な, 外界との, 外貌或は, 大した懸隔, 天真な, 学ぶべき道, 定義し, 実力が, 実績は, 実際の, 客観精神との, 富との, 寛大な, 対立し, 対蹠さるべき, 少年の, 帝国主義戦争, 平和への, 広い知力, 強い自己断定, 形式は, 形式を, 彼の, 彼自身の, 従って, 御事業, 徳操とを, 心とは, 心情の, 心理を, 思うよう也, 思ってるの, 思想という, 思考する, 性格との, 性格の, 恐るべき直観力, 情熱とに関する, 情熱とを, 情熱に関する, 情緒との, 情緒の, 惡とを, 意味とに, 意志との, 意志の, 愛情特に, 感情とは, 感情とを, 感情の, 感覚が, 感覚との, 慈愛それは, 態度とを, 慎慮, 戦闘的性能とは, 技術であり, 技術とが, 技術とは, 技術を, 技術内容と, 抒情詩の, 握手する, 支配権力の, 政策とが, 教養は, 敦みと心ばえとに, 数学, 文化, 文化とを, 文化は, 新開地的趣味とは, 新鮮な, 方法と, 方法とにおいて, 方法との, 方法な, 日本の, 暴君的な, 曖昧な, 更に人, 本質的に, 東洋特に, 格闘し, 様式とが, 機械化とが, 正反対に, 武家の, 歴史的発達法則の, 歴史的精神とを以て, 歴史的認識の, 死を以て, 比べて, 氏の, 気風との, 泰西文化の, 深い愛情, 無頼性と, 物体との, 物体とは, 物質とが, 物質的繁栄の, 物體とは, 牴触する, 特色とは, 独立能力との, 猛然たる, 現代文化現代科学及び, 現代農村青年のみが, 現象と, 理性に, 理解する, 生, 生活とが, 生活とに, 生活の, 生活を, 異なったもの, 病弱な, 直接の, 直接交通しよう, 相並び, 相俟, 相分かつ, 相容れないと, 知性にとって, 確実性とを, 礼節に, 社会主義的精神の, 神經とに, 神經とを, 私たち一般人の, 称して, 称するもの, 称するわけ, 等しく彼, 節操を, 納得し得ない, 細胞の, 組織とを, 結びつけて, 結び付いて, 絶倫の, 繊細なる, 美的趣味と, 習慣の, 考えられる構想力, 考える, 肉体とにしか, 肉体とは, 肉体な, 肉体を通して, 肉體とが, 肉體とに, 肉體との, 肉體とは, 背馳し, 能力の, 自治精神この, 自然, 自然対象に対する, 自由に, 自由の, 芸との, 芸術, 芸術とに, 芸術とによる, 藝術精神とを, 行動とを, 行動は, 行為とが, 行為とにおいてのみ, 行為を, 衝動との, 衝動的な, 衝突する, 表現の, 規定とを, 解しては, 言う, 言うべき至大至重, 言える造兵場, 言ふ, 言語, 言語だけ, 言語との, 詩風に, 読者とを, 論理的精神とが, 豊かな, 走ること, 超国境的親和, 身体とから, 身体とからの, 身体とが, 身体とに, 身體とから, 身體とからの, 身體とが, 輝やく, 近代に, 通じたもの, 通じるところ, 過剰人口とは, 道徳との, 道徳とを, 違うと, 違って, 遠い都会, 部落の, 酔漢としての, 野性そのものの, 野性的氣質, 金銭万能主義との, 電気, 霊性と, 霊性とを, 高い趣味, 高揚した

▼ 精神~ (288, 1.8%)

12 の文明 76 の苦痛 4 に及ぼす, の打撃 3 では, のこと, の事, の偉大さ, の問題, の意味, の生活, の純潔さ, の素質

2 [19件] において永遠, に於, に於ける, の事柄, の休養, の修養, の動揺, の困苦, の放浪, の法則, の独立, の病気, の缺陷, の自然研究者, の話, の諸, の進歩, の過程, より救助

1 [190件] および肉体上, からいうたなら, からみる, から死, から見, から言っ, から言つて, か又は, しきりに一種, だけの不利, での余裕, なぞのいろんな, にあり, にいろ, にその, には非常, にもまた, にも物質上, にも肉体的, にも肉躰上, にも自家, によほど, に一大活気, に一大激変, に保険, に傷害, に及ぼし, に受けた, に多少, に如何なる, に存在, に影響, に応用, に捉え, に於け, に最も, に波動, に無い, に物質世界, に現われ, に異状, に置かずし, に言うべから, に認められた, のある, のすぐれた, のつながり, のなやみ, のまた, のまよわし, のむとんちゃく, のプロレタリヤ, のマキアヴェリズム, のマキアヴエリズム, の一種, の一遊星, の不具者, の不平不満, の不幸, の世話, の二重生活, の交易, の交通, の人格, の仕事, の伝染, の伴侶, の位置, の余裕, の作用, の価値, の保険, の催眠剤, の傾向, の光り, の出来事, の制限, の力, の労作, の効果, の勇者, の動機力, の勝利法, の危機, の原点, の友, の叡智, の同類, の告白, の営養, の地平線, の境遇, の変化, の多く, の夫食, の姦淫, の安, の安心, の宗教, の富, の幸, の幸福, の張合, の徳操, の快楽, の快活, の怠け者, の恋愛, の悪, の悪人, の悲惨, の惨めさ, の懸念, の成年者, の或, の損害, の救, の敗残者, の散歩, の昂上心, の晴雨計, の暗黒, の更新, の条件, の板ばさみ, の植民地, の極めて, の死, の殘酷, の母子, の治療法, の活溌, の淵源, の清潔, の満足, の潔癖家, の為, の煩悶, の父, の片, の犯罪, の状態, の異常, の疾患, の病苦, の癇癖, の発展, の発達, の目標, の矛盾, の砲台, の破綻, の祖先, の秩序, の経過, の結婚, の絡み, の統一, の美, の羞恥, の習慣, の能力, の自己膺懲, の自由, の良心, の苦労, の荷物, の葛藤, の薫陶, の要求, の負担, の貧困, の転化, の運動, の長所, の闇, の難関, の雰囲気, の頑健, の食物, や物質上, よりその, よりも物質的, より妨害, より言, より起す, 及び處世上, 同民族, 実に根本問題, 役立つこと

▼ 精神病院~ (228, 1.4%)

18 へ入院 7 の一室 4 の入院患者, の患者 3 だと, に入院, に収容, の外来室, へ送られた

2 [23件] というもの, に入れ, に入れられ, に変り, のお, の副, の外, の底, の鉄格子, の門, の院長先生, へぶちこめ, へ入れ, へ出かける, へ旅行, へ曲る, へ辰夫, へ送られ, へ電話, をで, を尋ね, を訪問, 建てます

1 [134件] か, からでも来た, から凶悪, から出, から出られた, から抜け出し, から逃げだした, がある, がこわかっ, がつい, が出来上る, である, でそれ, では温浴療法, では電気, で世話, で堂々, で客死, で気違い, で王子君五郎氏, で療養, で見かけた, というの, という名前, とこの, と名, と結核療養所, なぞと申しまし, などいふ所, などに入れられる, なんかに入れられた, なんてあの, にいっ, にいる, にさえ入った, にはいった, にはいる, にはひる, には女, には持続睡眠療法, には深夜, にも同じ, にも行かなけれ, にゐる, に充ち満ち, に入れられた, に入れる, に入院せり, に入院中, に勤務中, に居ります, に担ぎ込まれる, に於, に渡す, に約, に送られし, に送られる, に這入っ, に這入つ, に閉ぢ籠め, のこと, のそれ, のよう, のインチキ治療, のヤッカイ, の三階, の人々, の何より, の公費患者, の受付, の塔, の外側, の定め, の岡埜博士, の手当て, の散歩場, の方, の施療室, の施療患者, の有無, の灰色, の生活, の療法, の監禁室, の看護婦, の精神病者, の訪問記, の診断, の赤茶けた, の錠, の院長, は一つ, は小松川, は治療所, は監置主義, へお世話, へたたき込まれる, へたたき込ん, へとじこめられた, へやって来た, へやつ, へカンキン, へブチ, へブチこんど, へ上りこんだ, へ二, へ京子, へ伴, へ入れられた, へ入れる, へ強制的, へ打ち込まれる, へ拉し去られた, へ終身患者, へ行く, へ行っ, へ行った, へ行つたの, へ逆戻り, へ連れ込んだで, や癩病院, らしい, をつくる, を出, を建設, を引きあげた, を抜け出し, を脱, を脱走, を自力, を開い, を開業, を飛び出し, 覗いて

▼ 精神~ (214, 1.3%)

15 肉体も 5 ない

2 [11件] あるの, そこに, それらの, やはり近代的精神, 不可分的として, 共に太く, 平常と, 徒歩旅行が, 情熱も, 感覚も, 階級的イデオロギイも

1 [172件] あたしには, あったの, あつて, いやだ, いらいらし, おせつかい, およそ納得, お肉体, きょうばかりは, げんなりし, こうして繰り返し, ここらにも, この世に, この實相, こもるわ, これだけの, これなら, せせらいで, その大, その角度, それに, つきつめたところ, つねに動い, ともに勢力, ともに発達, ともに通り抜けよう, ないで, ないという, なくただ, なく人, なく冗官重複, なく好戦的, なく教養, なければ, なしに, ひどく疲れきってる, ひどく痛めつけられ, へったくれも, ほとんど死にかかっ, ほの, ぼんやりとして, また不滅, また冷静, また変化, また物質的, また現存, また発展, まだ精錬, みな罪悪の, めざめて, もって, もはや概ね死体, よほど異状, よわりますから, わかりは, わかるかも, 一つの, 丈夫に, 亦これ, 亦それ, 亦た, 亦元来, 亦外部, 亦影響, 亦本来, 亦社会, 今は, 今日では, 今日今時に, 体質も, 何も, 何らの, 何等の, 作興される, 俺の, 共にやられる, 共に皆二千年以前の, 兵役と, 其処に, 創造的精神も, 加って, 勢力の, 反省的と, 向上し, 周公の, 善行を, 固定した, 國家人民に, 在らざるを, 女だけの, 女給に, 子供の, 安まります, 完全に, 宗教的信仰も, 実に如何なる, 実に荒っぽく, 専らここ, 少しは, 常に穏やか, 幸福も, 引き立ちて, 弱いルナミ, 弱ってる, 弱り果て息絶え絶え, 形体も, 心も, 必要だろう, 思ひの, 感情も, 感覚を通して, 成熟し, 成長の, 或は失する, 手腕も, 押され押されて, 教化の, 昔の, 根本には, 案外薄弱, 権力感によって, 次第に恍惚, 正気だ, 死も, 死んで, 決して自分, 沈滞し, 浪曼主義も, 清らかで, 滅びて, 滅びない事, 漸く, 漸次に, 無始, 熱心に, 物体も, 物質です, 独占し, 現代に, 生れて, 生活も, 疲労果てたらしい, 皆唐律に, 瞳も, 破壊を, 確立し, 神神も, 科学的合理性も, 絶対の, 罪悪の, 老いずそして, 肉身も, 肉躰も, 脆弱で, 自分の, 自由も, 芸術も, 苦しめるよう, 萎えて, 蒼白いよう, 表現も, 要するにこの, 費し今日, 身体も, 道徳も, 違ふ, 遽かに, 野蠻も, 霊性も, 青く粉々, 頑健で, 魂も

▼ 精神生活~ (197, 1.2%)

4 の上 3 のうち, を営む

2 [11件] に対しては解き, の中, の基礎, の方面, の根底, の根本的, の表現, の面, をし, をも含む, を持たない

1 [165件] かも知れない, から借りる, から深い, がこもっ, が充分, が全然, が彼女, が急, が急激, が息, が物的環境, が現に, すなわち書いた, そしてそれ, たましい, であるが, でなければ, ではない, というもの, として把握, との関聯, とはあまり, とはこんな, とはどんな, とは名づけられない, と云う, と何ら, と共にあろう, と別々, と密接, などから醸し出された, などは外界, においてはもう, においては得失, においては聯關そのもの, においてもまったく, においても効力, において最も, について父自身, にとって何物, にとつ, にはそういう, にはなく, には何, にまでふみこむ, によつて病体, に及ぼさなけれ, に及ぼした, に多少, に対する彼, に必要, に於, に於ける, に關, に非常, に食い込ん, に馴れ, のあるいは, のこれ, のほとんど, のみが人間, のみが尊く, のみを尊重, のリーダー, の一部, の人, の停止, の側, の光, の全体, の全部, の内, の内容, の凝り固まり, の向上, の四字, の培養, の変遷, の大, の季節, の實行力, の強敵, の推移, の放棄, の方向, の普通, の根柢, の構造聯關, の機構, の汚れ, の源本的, の特色, の由来, の發達的母體, の目的, の科学, の粛約, の総和以上, の自由, の評価, の説明, の諸, の退, の進化, の遺憾, の部分, の重荷, はいう, はかうし, はすでに, はその, はもはや, は人間, は仏教, は十九世紀, は崩れ, は決して, は漠然と, は現今, は甚だ, は立ち直れず, また物質生活, までも一歩一歩窮地, までも貧しく, までも都会, も在り得ない, も支那人の, やを万人, より発する, をくぐりぬけ, をする, をなし得る, をもつ, をも営み得る, をも肉体生活, を一瞬間, を代表, を充實, を吹き込んだ, を営み, を営ん, を回顧, を塞いでる, を学んだ, を性生活, を感覚生活, を指揮, を新た, を暗示, を朽ちさせ, を植えつけられた, を直に, を等し, を維持, を考へ, を評し, を象徴, を送り得る, を過重評価, を預つ, を飽くまでも, を鼓舞, 乃至知的活動, 殊に知識階級, 迄の一切

▼ 精神~ (193, 1.2%)

4 だけで, に於, の持主, をもっ 2 だよ, の偉大, の強, の欠乏, の貧困

1 [167件] から発した, から自然, がこの, がしつかりし, がふるいたつ, が今にも, が全, が具わっ, が凝り, が参る, が最も, が枯渇, が溢れ, が足らん, が輝い, が鋭く, さえ盛ん, じゃありません, だ, だけが横行, です, ではあっ, ではなく, でほんとう, でもっ, で創造, ということ, というもの, といったもの, といふこと, といふべき, といふ面, とがあったなら, とがこれ, とします, との関係, とはならない, とをめぐ, とを急行列車, とを自然, と公民, と知識, と経済力, などはフランソアーズ, にすっかり, についての自信, には必然物質, には欠け, によって指導, によって運動, によって階級, による明断, に光っ, に全幅的, に動かされ, に富んだ, に慧鶴, に触れ, のあらん, のうち, のすばらしさ, のすべて, のたくましさ, のはりつめ, のはり切った, のみだった, のよう, の上, の十分, の問題, の喪失, の培養, の戯れ, の支持者, の望み, の横溢, の水準, の活溌さ, の消耗, の減退, の潜む, の物質力征服, の発現自身, の神秘, の純粋, の総量, の美し, の薄弱, の薄弱さ, の衰, の衰弱状態, の覚醒, の諸, の躍り, の軟さ, の運動神経, の鍛練, の開発, の限度, の限界, の集中, の音, はそれ, はない, はヒューマニズム, は九十歳, は偉大, は充分, は十方, は強大, は文化, は消耗, は火, への融合, へ向, まで衰え, も, もしくはなおよく, もなく, も多少, も彼, も肉体, も肉体力, も著しく, やそれ, や情熱, や未来, や根強い, や独立心, や身体, をきたえられれ, をこう, をたけだけしく, をふるい起さず, をますます, をもち得ず, をもってる, をもつ, を信じきっ, を借りよう, を偲ばせる, を加え, を失はない, を奪う, を媒介, を引, を感得, を持った, を持つ, を挫, を有, を求める, を発揮, を睨み合せ, を示す, を空っぽ, を窺っ, を築き上げ, を考える, を覚醒, を認め, を込め, を追, を通じて密接, を釈放, を養, 殊に頭脳

▼ 精神状態~ (181, 1.1%)

4 で私, になる 3 にあっ, に陥っ 2 があやしい, ではない, などについて露, には既に, に陥った, の場合, はこれ, を乱さない, を回復

1 [149件] からいえ, から来る, から極力, がいつの間にか, がいよ, がからく, がひどく, がよく, が一世, が下る, が今朝, が何事, が周囲, が問題, が完全, が少し, が平常, が彼, が心もとない, が恢復, が正しい, が気に入っ, が気に入つ, が異常, が目茶苦茶, が私, が胎児, が舊, そして四ヶ月間, だ, だが, である, であろうか, でされ, ではあるまい, ではこれ以上ピアノ, ではなかっ, では生, で伸子, で嘘, となっ, と共に善變, と同じ, なの, なのよ, なら新聞記事, にあった, にいる, において表現, におかれ, にたいして彼, についてなんとも, については大丈夫, について異常, になっ, になった, になつ, になれない, にも冷淡, にも消長, に入った, に対して如何に, に新しい, に於い, に比較, に自分, に驚ろ, のあやしい, のこと, のなか, のまえ, のもう, のもつ, の一半, の上, の中, の人物, の動揺, の回復, の均衡, の基盤, の微妙さ, の拡張, の方, はいかに, はこの, はさ, はその, はちょうど, はどう, はどんな, はま, は不健全, は二三日, は健康, は専門家, は尋常, は平穏, は平衡, は従っ, は心理学, は急, は或, は文化, は活動, は非常, まで更新, まで話し, も全く, も危, も善變, も墨, も常態, も幾分, も御蔭様, も生理, も頗る, や何, や日常生活, をそこ, をも良好, を一挙, を乱す, を僕, を医師, を危, を善變, を快適, を憐ん, を新聞記事, を理解, を疑い, を疑い出した, を疑う, を疑っ, を疑った, を発達, を硬化, を突然, を考えず, を脳質, を自然, を要求, を覚えた, を誘導, を錯, を鑑定, を離脱, 及び身體状態

▼ 精神という~ (146, 0.9%)

20 ものは 12 ような 11 ものが, ものを 7 ものの 6 のは 5 ことが 3 ことは, ことを, のも, ものも, 言葉を, 語の 2 ことに, ものだ, 或る

1 [50件] ことである, ことと, ことの, ことも, その技術, ときその, のかね, のが, のである, ものか, ものこそ, ものであっ, ものです, ものと, ものとは, ものな, ものに, ものについてだって, ものにまで, もんだ, フランス渡来の, モットーに, 一個の, 二つの, 以上生活の, 問題の, 問題も, 四字が, 声さえ, 声は, 奴は, 実体を, 意である, 意味を, 日本農民の, 概念が, 概念自身の, 標語である, 流行言葉が, 特殊性を, 精神では, 表現は, 観念の, 言葉が, 言葉によって, 言葉は, 語が, 語そのものが, 語に, 風に

▼ 精神科学~ (137, 0.9%)

8 の実験 5 の基礎 3 の方法論, の方面, の研究 2 としての哲学, に関する御, に関する研究, の作用, の原則, の原理原則, の基礎科学, の方法, の理論, を修める

1 [95件] がこの, が問題, が心理学, が物質科学, が退治, すなわち道徳学, であり, であるの, でさえこれ, では個性的, では高々, という二つ, という学問, という概念, という言葉, とかいうもの, とかいうよう, とが夫, とに分類, との分類, との区別, との対立, との連鎖, とはその, とはリッケルト等, とを代表, とを夫, とを第, と呼ばれる, と呼ぶ, と称する, と関係, などという, などは云う, においては今後時代, にその, にとってはこの, に存する, に対して試みる, に対するカント的, に対する知識, に就い, に属する, に於, に関する空前, に関係, の, のもの, の一部門, の不可思議, の世界, の中, の先進国, の全体的基礎, の内容, の原理, の名, の基礎理論, の基礎的考察, の大家, の大道, の学理原則, の学理実験材料, の実験そのもの, の対象, の幽霊, の応用, の感ずる, の手品使い, の根本原理, の発達, の研究発表, の立場, の範疇, の観念, の記述, の記述方法, の講義, の進むべき, はいずれ, はそのまま, は一方, は必ず, または歴史, または道徳学, や文化哲学, や文化科学, を代表, を応用, を西洋流, 乃至哲学プロパー, 乃至歴史学, 乃至現象論, 又は諸, 及び政治学学士院

▼ 精神から~ (128, 0.8%)

5 出て 3 して, 出たもの 2 出発し, 出発しない, 取り去られて, 引き出して, 彼は, 肉体へ, 見れば

1 [103件] いっても, いへば, きたよう, この上基礎的勉学, してのみ, すれば, それは, ださうで, だそう, であった, であります, であるかも, でなければ, のがれては, はいって, ほとばしった笑い声, ほとばしり出たもの, また当時流行, わざとつとめ, 不断に, 云うたなら, 云えば, 云って, 云つてそれぞれ地方に, 何物をも, 來る, 信義と, 出たこと, 出たので, 出でて, 出る, 出発する, 切り放された肉慾, 創られるもの, 創り出されたもの, 区別し, 去って, 古代の, 呪言自身の, 器の, 外れて, 大きく二つ, 奪って, 引離してのみ, 当時第一流の, 後に, 心得違うて, 愛国心が, 拭い去られますこと, 拭ひ去られます, 推測する, 断乎として, 日本が, 来て, 来る, 来る宗教的経験, 来る重く苦しい, 汗を, 流れ出たもの, 流出し, 湯気が, 炎を, 現実に, 理解しなけれ, 生まれ出た, 生み出されるもの, 生み出され選び出され一つ, 生れ, 生れた作品, 生れた叫び, 生れねば, 由来した, 発する, 発する暗雲, 発せられる声, 眺むれ, 絶対に, 絶對に, 胚胎し, 自分の, 致して, 苟くも, 見て, 見ても, 見放しに, 觀る, 言っても, 身心を, 農業精神への, 運動という, 道化が, 遠い, 遠いかを, 遠くそれ, 遠く作家の, 遠ざかって, 遠ざかつた道楽, 遠ざかつてゐるやうに, 配給の, 鋭い不安, 隷属させられる, 離れて, 非常に

▼ 精神作用~ (122, 0.8%)

3 によるもの, の妨害, より生ずる

2 [12件] が開始, なり, に関係, のこれ, のなか, の之, までをも最も, より起こる, を促す, を現ずる, を生ずべき, を生ずる

1 [89件] から云う, が, がある, が手, が批評, が熟睡, が百パアセント, が面相, だが, だと, でしょう, ではない, とで例, との講話, とは全く, と云, において多少, において異常, にし, について微妙, になんら, には必ず, によりて起こる, によること, によるの, に及ぼす, に外, に帰せざるべからず, に掛念, に支配, に関せざる, のいかん, のうち, のその, の二種, の問題, の外, の多少, の大いに, の存する, の専制, の差違, の本位, の根元, の根柢, の相, の第, の緊張, の説明, の連続, の関係, はかえって, は一時休止, は先ず, は内外, は情, は意識, は感覚, は死時, は発動機, は腦膸, も古語, よりきたる, より産み出, より発する, をただ, を人間並, を他方, を伴, を分析, を初めて, を取扱, を只, を司どる, を四種, を圧倒, を失いたる, を失う, を徐々に, を承, を持っ, を殺さね, を現出, を発する, を知, を起こす, を起し働かし, を起し出し, 亦皆

▼ 精神~ (100, 0.6%)

6 あつた

2 [11件] あつて, あらねば, しぼりとられては, やって, 一貫し, 悠々実質, 浮浪人と, 生きて, 私は, 精密加工する, 自分の

1 [72件] あつて芸術家精神, あらうと, あり得るのみ, いて, かかるの, かたまって, かって, ここまで, この精神, これこれの, ご奉公, すべて貫かれ, する, その言う, てきぱきと, できて, でも, どうして暮し, なしに, やらなければ, よまれて, イタズラを, エスペラントを, シローテ審問の, ブーンと, プロレタリアートの, 一人突き立つ, 一緒に, 上は, 出世が, 制御できない, 労働し, 又治安, 叫びつづけて, 同時に日本固有, 咲く藤, 国を, 執拗に, 夫婦に, 奮起した, 対立し, 平馬殿に, 幼時から, 意識し, 描いたかも, 描き得ないもの, 敵対し, 文化の, 文學を, 有明荘に, 正しい実践, 死を, 殘る, 活かして, 演じられて, 生きるの, 病気を, 癒せるもの, 目的を, 社会問題を, 精製し直し, 臨んで, 自らも, 表現し, 見ちや, 見るもの, 解されたの, 語を, 読むこと, 貫くこと, 通すん, 集まったの

▼ 精神とは~ (97, 0.6%)

3 何を, 相距 2 他の, 何か, 何ぞや, 何の, 脱税を

1 [81件] およそながら, およそ正反対, およそ見出し得る, およそ遠い, これを, こんなもの, しっかりし, その限り歴史的認識, それ自ら主観的精神を, どういう内容, どんなもの, なにか, なれり, ひどく違った, まずわかります, まるであべこべ, エスプリで, 一応別, 一日も, 一致し, 一致しない, 一致せざる, 乖離的な, 云ひ, 今に, 何かを, 何だろう, 何である, 何な, 何ら分つべき, 何事も, 全く違, 全く関係, 全篇, 凡そ別, 切りは, 判別し, 前に, 勤労に対して, 反対だった, 取りも, 受取りがたい, 合致し, 君自身の, 国語に対する, 大いに性質上, 如何なるもの, 密接の, 常に何等, 恒に, 息も, 日常生活から, 早く云, 最も広い, 果敢ないもの, 根本的に, 止揚され, 歴史的, 決して空しく, 決して食品, 無関係な, 現下に, 目下ずるずる, 相蔽わない, 相通ずる, 矛盾する, 矛盾するで, 知らずに, 科学に, 第三共和政府, 純粹, 縁遠いつまり, 考えない性質, 肉体の, 自尊心の, 自然科学一点張りの, 過去においても, 違う, 違っても, 関係なく, 随所には

▼ 精神~ (72, 0.4%)

2 と物質界, に於ける, の仕事, の偉人

1 [64件] から, が別に, が攪乱, ではまったく, では全く, でも屡, とともに物質界, とに分れる, との間, とを全く, とを別世界視, とを同じ, と違っ, においては西洋, においても清教徒, において二つ, において創造, における物質, には更にもう, にまで浸透, にも通じた, に伸, に出, に対比, に思想界, に活躍, に滲透, に窒息, の, の三字, の事業, の事物, の人たち, の光明, の帰所, の改革, の暗黒, の泥沼, の混亂, の独創, の王, の現象, の種々, の製作品, の貧困, の趣味, の進歩, の遙けさ, はこれ, は物理界, は着実, へ, へ住みつい, もこの, も全く, も同じ, も永年, を, をさえ, をも支配, を回顧, を暗黒, を相手, を研究

▼ 精神~ (71, 0.4%)

3 肉体の 2 情熱の, 技倆より

1 [64件] おのおのの, かういふ表現, その中, その他の, イデーでは, センメツの, ワシントン条約廃棄精神にまで, 人倫の, 人間の, 体力の, 何かには, 作業が, 作業によ, 作業を, 公共的な, 共有や, 冒険的な, 博言学的態度や, 合理精神は, 天真無, 学生の, 官能の, 履歴が, 形儀と, 心には, 心は, 心理でない, 思想そのものは, 思想やを, 性格に, 情感の, 意識は, 感心した, 感情が, 感情の, 感情を, 感覚に, 感覚の, 感覚を, 戦法は, 手口を, 技術学の, 擽ったさ, 方法に, 日本文化の, 樣式を, 温厚さなどに, 潔癖が, 理想については, 理想を, 生活法が, 痒さ, 神経の, 素質から, 肉体が, 肉体は, 肉体を, 舞踏の, 色彩の, 芸術や, 観念の, 軍事的栄誉欲によって, 農村精神作興警察精神の, 霊魂関係の

▼ 精神である~ (69, 0.4%)

5 ことが 3 から 2 ことを, と同時に, と私

1 [55件] か, かが理解, かぎりつねに, かそれとも, かということ, かの, かもわからない, からだ, がその, がそれ, がキリスト教的, が自分, ことの, ことは, このバット, ぞ, ということ, というの, といつ, といひ得るであらう, といふこと, とかと云い出す, とか偉大, とか文化, とか欧米精神, とか考える, とさ, とするなら, とは云え, とは限らない, ともいえます, とも考えられない, と一応, と云っ, と云われる, と共にまた, と心, と思う, と答える, と考へ, と言, などと云い出す, などと云う, のだ, のに, ものは, 事が, 故にすべて倫理感, 故に倫理的観念, 民族協和の, 犠牲の, 狩太農場民の, 茶の湯は, 限りおのずから, 韻律である

▼ 精神との~ (66, 0.4%)

5 間に 2 上に, 苦痛を

1 [57件] あらゆる機能, ために, み結合, 一身同体から, 上下の, 不断の, 両面に, 中には, 二つの, 二方面が, 二者より, 二重性なんかという, 交渉によ, 修養を, 偏見にたいして, 入りくんだ摩擦, 全体に, 内容を, 力で, 力を, 区別が, 区別それによって, 区別も, 合致に, 天賦ゆたかな, 娘である, 対合照応なり, 対比で, 対流であり, 対話が, 將に, 彼は, 所産である, 所謂真面目さという, 殺戮が, 混合的文明を, 渾然たる, 漂流を, 特長の, 現われだ, 疲労の, 相互作用と, 相違は, 矛盾である, 結合が, 結合である, 繋りさ, 美しさ, 美の, 能力は, 見事な, 諸要素, 貞操について, 間には, 関係という, 関係に, 集合を

▼ 精神主義~ (63, 0.4%)

2 だという, による日本精神, の一つ, の方, も最も, を混入

1 [51件] がひろがっ, が常に, が知らず知らず, が顕れ, だと, であること, でなければ, ではあり得なくなっ, ではない, では不可, というの, という共通特色, という形, といふ言葉, とか鍛練主義, として現われる, となっ, とを内容, なるもの, には悖る, によって今日, に一応, に外, に就い, に支配, のハッキリ, の一変種, の体系, の侵略的拡大, の助け, の名, の拡大, の特色, の立場, の論理, はこの, はそこ, はそれ, は中間層市民, は実は, は軍部団, へ又, まつたくユウモア, もあれ, や亜細亜主義, や仏教的儒教的, や神秘主義, を日本アジア主義, を標榜, を通過, 乃至之

▼ 精神そのもの~ (58, 0.4%)

2 が耐乏, において求め, に内在, のうち, のよう, の体, の本体, を形作る

1 [42件] がおのずから, がそこ, がインテリ, が冒涜, が因果, が将, すらまれ, だ, だった, であった, ではない, とその, についてす, についてすなわち, にまで反感, により, に他, に内, に内属, に外, に支持, に支配, に過ぎない, のあぶな, のやう, の一面, の偉大崇高さ, の全く, の初, の喪失, の御, の本質, の活動, の神秘, の諸, の道, は人, は絶対的, も不断相続, をあわせ, を指す, を正しく

▼ 精神にも~ (57, 0.4%)

5 肉体にも

1 [52件] あるいはまた南宋画, あるという, かなうこと, きびしく暗黙, とる外面的定義, ひびいたの, また欠陥, また相当, 一時の, 一致します, 不純良, 乏しい不, 乏しく証明, 予想以上に, 偏さない, 共通し, 勝ち得ただらうか, 勝ち得ただろうか, 反すること, 反するもの, 反対せず, 合致し, 合致する, 同じ有毒, 多忙で, 大きな影響, 大変動, 徐々たる, 徹せぬ, 感じた, 拘らず東亜, 拘らず薨去後, 流れ入って, 深い損傷, 物質にも, 目に, 矛盾する, 礼節が, 種々の, 美しさ, 肉体が, 肉體にも, 自分の, 豫想以上に, 足は, 身体にも, 近い, 近いかと, 通いきて, 通うところ, 通じて, 闇取引が

▼ 精神によって~ (57, 0.4%)

3 貫かれて

1 [54件] この時, この生産物, そうなってる, では, なされたもの, なしたところ, なの, はなばなしく戦っ, もって, アメリカは, エゴイズムの, フツカヨイだ, モディファイされるべき, 一つの, 一人の, 一貫され, 人々の, 人間は, 処理しよう, 動かされて, 取り扱ったもの, 完成された, 富まされて, 対立され, 手術中の, 把握したごとく, 把握する, 拓かれるべきこと, 支持せられ, 教育され, 文化が, 文化と, 新たな, 最後の, 決定される, 治す以外, 深い根柢, 満され, 物質を, 理解しよう, 知覚する, 科学的に, 経験された, 統治せられ, 線画の, 自身も, 行われたという, 該兵器を, 貫かれたひとつ, 貫かれた哲学者, 貫かれねば, 貫かれ無限探求, 身体の, 開かれるという

▼ 精神には~ (56, 0.3%)

2 それが, 仕事と, 文化の

1 [50件] あまり注意, ある疑い, いつも敬服, さう, ただ言葉, なかつた, なんと自分, なんらの, わずらいと, 一座感動せざる, 一時的以上の, 人の, 人間性の, 今にも彼, 何か, 何の, 何等相違, 依存しなくなるであろう, 信頼すべき, 健全で, 全然他人, 利益に, 原罪が, 同感も, 外来の, 張が, 成年者と, 或る, 手を, 有限無限の, 根深くギリシア的, 格別の, 格別變化が, 渇望が, 生に対する, 異様に, 真から, 確実という, 絶対現在の, 縁遠いもの, 耐えないほど, 自然であっ, 薄命を, 薬さ, 誇りと, 誇張が, 豐かな, 逞まし, 非常な, 音楽が

▼ 精神文化~ (51, 0.3%)

2 の嫡男, の面

1 [47件] がある, が精神力, じゃ, という場合, といふ奴, とか国民伝統文化, とを供せられ, と深い, と物質文明, と科学文化, と称し, など, などを真面目, に属する, に於, に貢獻, に転化, のため, の上, の信念, の先頭, の光明世界, の問題, の国, の基礎, の方面, の水準, の独立, の研究所, の研究者, の象徴, の進歩, の部面, は遅々, も初めて, をこの, をし, をも一変, を今日, を妨げる, を数学的, を物質文化, を現金主義, を理想, を生かしうる, を生み出した, を研究

▼ 精神活動~ (46, 0.3%)

2 が盛ん

1 [44件] がいよいよ, がもたらす, が最高潮, が求められ, が連続, が鈍っ, し百思, だという, と云, と宇宙, と知識, にない, によって説明, に見られません, に馴らされ, のその, の一種, の上, の低調さ, の冒険, の快活, の成果, の或, の振幅, の方面, の時期, の有, の目, の美, の諸, の過程, の面, の領域, の高度, はずっとほぼそのまま, は後世, は涙, は熱, は眼, は自己一身上, も活溌, も盛ん, をいきいき, を営む

▼ 精神では~ (42, 0.3%)

7 ない 6 なくて 5 ないか 2 なかった

1 [22件] あったよう, あっても, ありません, ありませんか, ないでしょうか, ないと, ないという, なくなる, なくむしろ, なく肉体, なく肉慾, まだ云, もとよりない, ドイツの, 大事は, 大戦前, 居らぬ, 彼女を, 毒蛾の, 男の子も, 自由詩の, 飛行機へ

▼ 精神分析~ (42, 0.3%)

4 の一部 2 に関聯, に關聯, の理論

1 [32件] か速水さん, が社会, が載ってたろう, と精神科学方面, と言っ, による解悟法, によれ, に似た, に依っ, に基く, に對, の大家, の手法, の方法, の最も, の異臭, の話, はこの, はフロイト主義, はル・ボン, は之, は云う, は何, は個人, は個人心理学的方法, は吾, は無論, をうけつぐ, を持ち出した, を知らない, を試み, 第二

▼ 精神とを~ (41, 0.3%)

1 [41件] あらゆる方法, そうして愈々, たて裂きに, どちらか, まつたうに, もったヴェール, もって, もってた彼, 体得し, 保持せし, 保有致し, 分離し, 動かす源泉, 区別し, 区別した, 区別する, 可能な, 含めたあらゆる, 呪った, 失わないよう, 如何に, 対立させよう, 対立する, 少しでも, 帝国主義に, 打込ませるよう, 挙げて, 文学の, 日本の, 有するルウズヴエルト, 正当に, 注ぎ込むやう, 温存し, 理会する, 組成する, 練ること, 與へる, 見事に, 閉じ籠め, 騒がせるだけの, 高めること

▼ 精神を以て~ (39, 0.2%)

2 教へる

1 [37件] この世界, これを, しても, すれば, その弊, その著しい, その身, では, よく犯罪, インド航路を, 之に, 亂れ潰えた, 事に, 人を, 兒童を, 如何なる艱難, 子女を, 対して, 對し, 幕政の, 思想全般の, 新たなる, 書いたもの, 極めて冒険的, 模倣する, 此の, 生命の, 病人を, 研究せられたく思う, 碁を, 綜合し, 自から, 自ら画策施設したる, 自ら畫策施設したる, 自主的に, 長き時日, 非常時一たび至る

▼ 精神であり~ (37, 0.2%)

2 事実群盗横行し, 其人格である, 咢堂の, 変化を, 武器である, 活動である, 生活の, 道徳も

1 [21件] つまり論理的精神, もはや, 個々の, 創造への, 即ち国粋観念, 国民の, 外より, 完成と, 封建は, 小説の, 彼は, 従って容易, 技術と, 整律する, 文化である, 日本人が, 社会は, 穏和な, 詩という, 順応は, 魂であり

▼ 精神でも~ (35, 0.2%)

3 あった, なければ 2 あるまい, ない, 鉄の

1 [23件] あつた, あり得るわけ, あり科学者, ある, あると, あるところ, あるの, あろう, そのデリケエト, どんな道, ないの, ないよ, ない日本的精神, なかった, なくお松, なくまして, なけりゃこんな, 何でも, 単なる身体, 單なる, 役に立たぬ, 心でも, 狂ひなく

▼ 精神とが~ (35, 0.2%)

2 光つてゐる

1 [33件] ある, きり, なほ明白に, ぴったりしなかった, 一つの, 一定の, 不思議に, 乖離する, 人形と, 今日の, 充分に, 全く同, 合体し, 堅められた, 夫だ, 如何に, 尊重せられず, 日本人によって, 決して相, 清い油, 生活の, 相反する, 矛盾しない, 短時日に, 等しく現代, 結びついて, 自然科学の, 衰えたと, 触れ合つた一瞬間, 過不及無く, 門を, 集まって, 霧中に

▼ 精神~ (35, 0.2%)

10 のである 8 のだ, んだ 2 のか, のよ 1 のだった, ので, のであっ, のです, 単なる工芸美術

▼ 精神~ (35, 0.2%)

4 の中 2 と我々, の一部, の動き, の叙述, は常に

1 [21件] がこの, が探究, と環境史, においてまだ, にとっての一九一四年, にとって意義, のまとまった, のみなおし, の一環, の呻き, の実績, の底石, の意味, の最上, の目標, の記録, はありません, は云う, ほどい, をかえりみれ, を明らか

▼ 精神錯乱~ (34, 0.2%)

3 の結果 2 を起す

1 [29件] か, から出, が自殺, しその, したといふ, したるその, した男, せる者, であり不, で自殺, と云, と今日, と見られるであろう, につくりあげ, のうち, のこと, のせい, のせゐなど, のたわごと, の一時的再発, の歎願, の疑い, の発作, の記録, の過剰電気, をおこす, を培養, を暗示, を見る

▼ 精神~ (32, 0.2%)

42 という, とか行動主義, と云う, と思う

1 [20件] からで, からである, が自然科学, というの, という哲学的観念論, といっ, とか, とか日本的性格, と云っ, と思ひます, と思ふ, と言える, なア, ね, のが, のと, のにこれ, もの敵ふ, よこれゃ, 二つは

▼ 精神修養~ (32, 0.2%)

4 になる 2 のため, の結果

1 [24件] があくる, が漸次, だもの, でも何, と時代, どころかああ, につとめなけれ, のこと, の一助, の上, の何の, の古本, の教科書, の方法, の本, の説法, の講話, もあまり, も八木独仙, やの目的, をもっ, を怠っ, を目的, を積まない

▼ 精神とか~ (31, 0.2%)

2 利慾とか, 国家乃至, 観念とかいう

1 [25件] さう, つまり現象的, または特徴, ジャンルとか, 伝統主義とか, 困苦耐乏の, 国民性とかいう, 大和魂とか, 完全人として, 宗教的情熱とかいう, 心理とか, 心霊とかの, 意識とかいう, 技術文字といふ, 文明からの, 時局とかの, 服従本能とか, 東洋の, 東洋哲學の, 漁色家の, 物質とか, 科学者の, 精進とか, 群集心理とかいう, 霊魂とかいう

▼ 精神によ~ (31, 0.2%)

2 つてのみ

1 [29件] つてでは, つての, つてクリストの, つてホロリと, つて万人共通的に, つて今日まで, つて偸生する, つて冒涜され, つて勇み立ち, つて完成される, つて市井に, つて把握した, つて把握する, つて断乎, つて根掘り, つて此の, つて決定する, つて深い, つて特殊な, つて生き, つて知覺する, つて知識教養とは, つて突き破らない, つて胎出された, つて自己自身の, つて西欧文明の, つて鍛へ, つて隆興すべし, つて鮮やかに

▼ 精神異常~ (31, 0.2%)

6 の素質 2 の徴候

1 [23件] が回復, が著しく, こういつた, だったら諸君, だと, となつ, のいわゆる, のため, の回復, の風, は一日一日, は体質, は子, は日に日に, は脳質, は見分け, は駆, も後者, をきたした, を来し, を来した, を自覚, を起した

▼ 精神内容~ (30, 0.2%)

5 の創造 2 は形式, は豊か, を創造

1 [19件] が何時も, が形式, が現実, で思想, として少なから, と経験, にはあらゆる, には舞台, に於ける, に求めなく, の豊富, の開展, の高, は一日百個, をただちに, をイキナリ象徴, を十分, を盛る, を表現

▼ 精神統一~ (30, 0.2%)

6 の修行 3 の状態 2 に入る, をはかる, を練習

1 [15件] がうまく, が至難, さえ完全, し勞作, というん, とか或は, なの, に入れ, の境, の特別, もない, もまるきり, や長時間, をはかろう, をやる

▼ 精神なる~ (28, 0.2%)

6 ものは 4 ものの 3 ものが, ものも 2 ものを 1 が故に, ことを, ものあり, ものについて, ものにも, ものをも, 事を, 問題は, 形骸のみを, 表現である

▼ 精神といふ~ (27, 0.2%)

9 ものが 5 やうな 4 ものは 2 ものを 1 のである, ものだ, もので, ものの, 場合なんと, 茶碗を, 言葉を

▼ 精神をも~ (27, 0.2%)

1 [27件] あの敷島, これに, さまさせる, しずませた, そこなって, どんなに苦しめる, 一度うちくじき, 一瞬の, 伝えたの, 傳へ, 包括する, 含めて, 喪失した, 天然自然の, 実現し, 形成し, 必ずや大, 意味する, 愛する, 有する, 正しくつたえ, 死せる, 解せざるもの, 説明する, 飛躍させる, 餌食に, 高潔正大に

▼ 精神異常者~ (27, 0.2%)

2 なの

1 [25件] がある, がどうか, が多い, そのままの, だったの, である, であるから, であること, でなければ, ではない, という, としての素質, と見, ならたとえ, ならば, にすぎない, の文学, の昂奮時, はなかっ, はもっとも, は例, は少し, は規則正しい, を測れ, ノ中

▼ 精神鑑定~ (27, 0.2%)

4 をし 3 を行った 2 をした, を申請

1 [16件] がお願い, が出来るでしょう, とは離, にはいつ, のため, の件, の物々しい, の申請, は人間, は別, をする, をやっ, をやつ, を三回, を命ずる, を施し

▼ 精神現象~ (24, 0.1%)

2 を一定

1 [22件] が実に, が獨自, ではない, と一脈相, に持ち込むべき, のうち, の存在, の新しい, の生物的性格, の複雑さ, はそれ, はなんらかの, は三分, は機械的, までこめ, をある, を一義的, を三つ, を分析, を感覺, を整理, 特に意識現象

▼ 精神的生活~ (24, 0.1%)

1 [24件] が向上, とは正に, に対する本能, に恐ろしい, に満足, に近い, に関して彼等, の上, の中心, の勢力, の各, の安定, の所産, の方, の末梢, の眼, の色彩, の裏面, は唯物的変化, は大抵, は滅多, は道徳的属性, も幾分, を代表

▼ 精神への~ (23, 0.1%)

2 共感である, 渇望自我の, 理解は

1 [17件] 一考察, 刺戟要求は, 反撥として, 呼びかけで, 完全な, 復帰という, 復帰は, 悟入も, 愛着にも, 感興が, 翹望の, 蔑視, 譲歩であった, 転向であるらしい, 道も, 還元だ, 鍵だ

▼ 精神能力~ (23, 0.1%)

1 [23件] が学問分類, であった, として, として理解, とは全く, によって正面的, によって知識概念, によって第, によって運ばれる, による分類, に対しては之, に対立, に従って分類, の側, の区別, の所産, は知識, を二つ, を交換, を分ける, を原理, を有効, を蓄積

▼ 精神として~ (22, 0.1%)

2 論ずること

1 [20件] あらわれて, いつも要求, かねて, メフィスト的役割を, 云わば, 初めて私, 取り出されねば, 幕府方の, 強調しよう, 意識し, 把握され, 掴みは, 次第に伝えられ, 浴びること, 用いられるに, 用いられる代り, 發達した, 示されて, 規定し, 認めず過去

▼ 精神において~ (22, 0.1%)

1 [22件] あるやう, あるよう, この数千年, それを, でなく却って, では作家, ヒューマニズムが, 今なお, 低劣な, 何らの, 優れて, 全く異なった, 劣って, 合致を, 実にギリシア的, 帰還し, 既に死ん, 正しくその, 演劇発生史以前です, 理解し得た, 真直に, 老衰した

▼ 精神異状~ (21, 0.1%)

2 で行方不明, の原因, の徴候

1 [15件] がこうして, が治癒ら, さ, だけは永遠, ではなく, と云う, と認められる, にまで出世, によって証明, に相違, の代表的チャムピオン, は自然的, を呈し, を来した, 泣き中気

▼ 精神機能~ (20, 0.1%)

1 [20件] がそれ, が著しく, ことに記憶, というもの, に特殊, のすべて, のゆるぎ, の一部, の上, の中枢, の厳密, の局部的昂進, の未, はその, はやはり, は今や, は十分, をほ, を混亂, 殊に例へば

▼ 精神教育~ (19, 0.1%)

2 で解決

1 [17件] が注目, する気持, で育てられた, にある, にどんな, に裨益, に重大, の問題, の実地演習, の実習, の戦士, の方針, の本質, も知育偏重反対, を加, を引き受け, を授けられ

▼ 精神について~ (18, 0.1%)

2 それが, 見るならば

1 [14件] この根本的, 千鶴子に, 多くの, 大きくわけます, 彼が, 感じられる, 簡単に, 考えよう, 考へた, 自信を, 行つてやらう, 語った珍しい, 語る必要, 長いお談義

▼ 精神世界~ (18, 0.1%)

1 [18件] というなり, に, にあり, における唯物論, における生産階級, における賤民, にはそれ, に国境, に運動, の一部分, の中, の帝王, の歴史, の現実, の生産者たち, を照, を照らす, を美しく

▼ 精神的方面~ (18, 0.1%)

1 [18件] からこの, からの批判, からばかり来た, だけで, でです, ではどんな, でも肉体的方面, との二つ, との二様, にもそう, に向けられ, に対しては余りに, に関した, の栄養, の発達, はあと, より援助, を閑却

▼ 精神~ (18, 0.1%)

4 の医者 3 のお

1 [11件] だつたの, というところ, に収容, の先生, の千谷さん, の棟, の病室, の醫者, へ入院, へ送られ, へ連れ

▼ 精神総動員~ (18, 0.1%)

1 [18件] だ総, である時, という名, といひ, といふ言葉, とか日本的全体主義, と云っ, と称する, の名, の圧力, の声, の大声, の生活刷新, の話, の趣旨, はできる, へと急激, を初め

▼ 精神肉体~ (18, 0.1%)

2 の中

1 [16件] がその, がそのまま, が取り, が睡眠, に充ちた, に恢復, の一致, の両方, の合理的, の捉われ, の蟠り, より磨き出し, を強靱, を薫化, を贏, 共に堪え難き

▼ 精神こそ~ (17, 0.1%)

2 形である, 衰へ

1 [13件] それに, 不都合で, 今の, 帝王的な, 技術的精神と, 新しい団体, 日本が, 最も直接, 玄洋社精神の, 現代の, 百年後に, 衰えたれ形骸, 重大な

▼ 精神科学応用~ (17, 0.1%)

14 の犯罪 1 の手品, の爆弾, の犯罪事件

▼ 精神とに~ (16, 0.1%)

2 於て

1 [14件] ある種々様々, うまれる秘密, むしばまれ認識, 共通する, 分類されなけれ, 加えて, 因るべきは, 在り, 小楠, 感動した, 活動の, 着目すべきである, 負わされて, 關する

▼ 精神に対する~ (15, 0.1%)

1 [15件] この信頼, この社会的強制, めつぶし的金看板に, 刺戟は, 即ちガリレイ風, 外部的影響の, 対抗は, 弾圧は, 教学的精神の, 物質の, 現実の, 疑いとは, 直観的精神として, 自然であり, 自然という

▼ 精神より~ (15, 0.1%)

1 [15件] きたるもの, して, 云ふ, 以上に, 出たこと, 出でしが, 分派したる, 吾人の, 溢れ出づる信念, 肉食しない, 脱線し, 言えば, 設けたるもの, 起こりしを, 述ぶる

▼ 精神分析学~ (15, 0.1%)

1 [15件] だ, で用いる, とあの, というの, とを以て, なぞを研究, にも造詣, の原理, の書物, は大きな, は病気, は社会心理学, や相対性原理, を応用, を高く

▼ 精神文化研究所~ (15, 0.1%)

1 [15件] が出来, というの, という超, なるもの, において学問, にだって紀平正美博士, に大いに, に対する不信, の出店, の感触, は学生, は最近殆, は確か, も実は, を設け

▼ 精神とも~ (14, 0.1%)

1 [14件] にそれ, に健全, に優良, に劣等, に十三四, に平均, に次第に, に申し分, まつたく無縁, よぶべきもの, 云ふべき, 共通する, 必ず結合, 違い伊之助

▼ 精神による~ (14, 0.1%)

2 ものである

1 [12件] ところの, のである, のでなけれ, 以外には, 信仰の, 影響から, 征服ほど, 才能の, 方法の, 確實重厚性の, 童話的創作という, 能率への

▼ 精神~ (14, 0.1%)

8 到何事 1 到して, 到すれば, 到です, 到と, 到なんか, 到の

▼ 精神的打撃~ (14, 0.1%)

3 を受け 2 は実に 1 だった, にも増し, は更に, は言語, もある, も考え, をうけた, を与えしかる, を長引かせない

▼ 精神ある~ (13, 0.1%)

3 ことを 1 が如く, なり而, のは, ものと, を知らざるなり, を要す, 上流の, 人々が, 人物を, 婦人は

▼ 精神~ (13, 0.1%)

2 倫理へ, 又精神 1 じりじりと, ゆく道, カーテンをを, 傾斜し, 抜ける, 殆ん, 行く道, 逆転する, 随分すがりつい

▼ 精神よりも~ (13, 0.1%)

1 [13件] いっそう容易, この, むしろ肉体, ロマンティックに, 一層容易, 双方で, 多くその, 存在上先であった, 形式に, 旺盛な, 法規が, 肉体を, 與へ

▼ 精神勞作~ (13, 0.1%)

1 [13件] の休息, の完全, の行はる, は假令輕微, は弛緩遲鈍, も實, より生じた, をなす, を弛緩, を爲さん, を爲す, を開始, 若くは

▼ 精神的苦痛~ (13, 0.1%)

2 とかいろいろ, を経験 1 とは享楽, にも窺, にも襲, に比べ, に相違, を与え, を与へられる, を救う, 拠りどころ

▼ 精神あり~ (12, 0.1%)

2 とせ 1 てのち肉体, て国, て戦敗, て死後, て自在, との信仰, との論派, とはおぼさずや, の説, 外には

▼ 精神的内容~ (12, 0.1%)

1 [12件] が最奥, が特に, のない, の創造, の故, の深, の熾烈, の精彩, はいくらでも, を与えた, を感じさせる, を持った

▼ 精神的能力~ (12, 0.1%)

1 [12件] が, が文化, が直に, が肉体的条件, が開発, にとつ, のこの, のみが吾, の優秀, の性質, は悉く, を総動員

▼ 精神運動~ (12, 0.1%)

2 の方向 1 が事実, が国家的, でもあっ, とか云っ, にもそれ, の上, の作興, はかかる, は現代, を主眼

▼ 精神すなわち~ (11, 0.1%)

2 霊魂が 1 かんながらの, 国籍や, 愛国心は, 新しい形, 時代の, 種々な, 義務の, 霊魂すなわち, 霊魂の

▼ 精神だけは~ (11, 0.1%)

2 持つて 1 いかなる時, 一番激しい, 大空を, 実に旺盛, 怒りながら, 恐ろしく張りつめ, 決して朽ちぬ, 英雄に, 頗る健全

▼ 精神だの~ (11, 0.1%)

3 困苦欠乏に 2 五十銭を, 本能的な 1 文明だ, 日本的性格などを, 神経の, 自ら嘆い

▼ 精神であった~ (11, 0.1%)

21 からである, がそれ, ことは, しシンクレア, といっ, と云われよう, のである, ものは, 科学的な

▼ 精神でなけれ~ (11, 0.1%)

6 ばならぬ 3 ばならない 2 ばならん

▼ 精神~ (11, 0.1%)

1 [11件] 了解スベシ, 傷クルノミナラズ或, 再現シテ近代化セル者, 喚起シ兄ガ天稟, 抖, 明ニス, 殺ス者トナルヲ以テナリ, 毀損セル諸, 痲痺セシムルニ至ッテスナワチ極, 發揮ス, 知ラザル者ナリ

▼ 精神異状者~ (11, 0.1%)

1 [11件] か何, じみて, じゃろが, でないもの, という書類, としか思われない, となり, と認め, に生れ付い, の氾濫, を抱え

▼ 精神科学的~ (11, 0.1%)

1 [11件] な犯罪手段, に説明, の大, の妖美, の存在, の暗示材料, の犯罪手段, の考察, の見地, の魅力, ノ暗示法

▼ 精神科學~ (11, 0.1%)

2 の對象 1 あるひ, では, と實際科學, と生, において確立, にばかり頼る, の領域, は生, も將來

▼ 精神については~ (10, 0.1%)

1 いろいろな, いろいろの, これは, これを, しかし遙, しかし遥か, 今日方々で, 医者のみ, 後に, 抑

▼ 精神即ち~ (10, 0.1%)

1 世界精神こそ, 内部の, 所謂, 時代の, 未來の, 民族協和の, 神なる, 統一の, 絶對的主體に, 自由の

▼ 精神及び~ (10, 0.1%)

2 神の 1 一般の, 感情の, 物体と, 物質に, 物體と, 組織の, 観念の, 詐欺の

▼ 精神的事業~ (10, 0.1%)

2 の伝統 1 である事, に出金, に従事, の一端, の諸, は如何, を思, を思った

▼ 精神的娯楽~ (10, 0.1%)

1 だ, だの, ですか, で天麩羅, といふこと, としての現代劇, ならもっと, なら天麩羅, を求めなくっ, を求める

▼ 精神的産物~ (10, 0.1%)

1 がたちどころに, たる以上, たる形跡, たる点, である, なるや, なる可, の獲得, は二つ, は四囲

▼ 精神~ (10, 0.1%)

3 と善良 2 と作家的 1 の低, は殆ど, を付け加え, を無, を遺憾

▼ 精神~ (9, 0.1%)

1 それとも乞食, どうか, 一纏り, 何かが, 何かの, 感情かの, 社会意識か, 神経かの, 霊か

▼ 精神だけが~ (9, 0.1%)

1 この仕事, この調和, ひとり知識階級に, ふらふら飛ん, まだ目ざめなかった, よくそれ, 傳はり作られた, 実際には, 自由に

▼ 精神であっ~ (9, 0.1%)

1 たり, てその, てみれ, ても前者, て他, て即ち, て性格中, て日本, て現代的意義

▼ 精神でなく~ (9, 0.1%)

3 てはならぬ 1 かえってシュナイデル, て何ん, て私, 散文的精神である, 科学的精神である, 精神と

▼ 精神としての~ (9, 0.1%)

1 呪術を, 女主人公, 政治常識だ, 民主政治を, 生の, 科学的精神の, 自治の, 芸術至上の, 追求は

▼ 精神なり~ (9, 0.1%)

1 すべて我々の, その講ずる, 体験なり, 何なりに, 心持なりは, 文化の, 由来なりを, 知識なりの, 身体なりを

▼ 精神においては~ (9, 0.1%)

1 このと, そうに, なお一般的, 差は, 幸不幸といふ, 替る所, 生滅する, 科学的と, 終始一貫

▼ 精神にとって~ (9, 0.1%)

1 この一巻, 不健康だ, 先ず第, 別にたいした, 有害である, 有害無益だ, 決して愉快, 現世の, 高まり伸び達しよう

▼ 精神~ (9, 0.1%)

1 で考, にも不滅, に包有, に宇宙, に熏伝, に秘められ, に起こってる, に遺伝, に雑念

▼ 精神作興~ (9, 0.1%)

1 がいつも最も, とか, と云っ, などがその, などというの, の効果, の最も, の為, の類

▼ 精神内部~ (9, 0.1%)

1 に屬, に新た, に於ける, に識域下, の問題, の無意識, の現実, の直接的治療法, を洞視

▼ 精神~ (9, 0.1%)

2 を現 1 が全く, と神秘性, のひらめき, の三つ, は智慧, への拡大, への限り

▼ 精神的危機~ (9, 0.1%)

1 から助け出す, であり易い, と一縷, に佇ん, に瀕, の凡て, は実は, を彼, を経験

▼ 精神からは~ (8, 0.0%)

1 この区別, づすが, 健全な, 変形された, 抜け去つて, 縁の, 遠いもの, 邪道な

▼ 精神さえ~ (8, 0.0%)

1 きよら, しっかりし, すてて, 持たないもの, 朦朧と, 物的な, 確固たら, 鎮まらないうち

▼ 精神なし~ (8, 0.0%)

2 に存する 1 と申すなら, と論ずる, と論ずれ, にはかやう, にはかよう, には殆ど学問

▼ 精神などを~ (8, 0.0%)

2 否定した, 必要と 1 彼らは, 気取って, 説き出したに, 説く必要

▼ 精神にとっては~ (8, 0.0%)

1 呼吸し飲み食し得る, 恐ろしい幻, 手に, 牢獄である, 特に払われた, 狂気であり, 簡素なる, 軽々しく

▼ 精神乃至~ (8, 0.0%)

1 国力の, 意識, 意識にまで, 意識に対して, 意識は, 技術の, 日本的精神の, 観念の

▼ 精神~ (8, 0.0%)

2 するに 1 がおのずから, されて, して, すべしあくまでも, せよ, の流行

▼ 精神~ (8, 0.0%)

71 微を

▼ 精神~ (8, 0.0%)

1 であった, であり戦術家, でそれ, という, というもの, との評, と云つた, らしい気もち

▼ 精神的作用~ (8, 0.0%)

1 があっ, が十分, で矢張一種, として各, なるもの, にかなり, は区別, をつかさどる

▼ 精神的創造~ (8, 0.0%)

1 によつて許容, によつて高貴, の内容, の前, の原動力, の活動, の無限, を勵

▼ 精神的拷問~ (8, 0.0%)

1 であっても, である, ですから, となり, にはならぬ, に等しい, は欠くべからざる, を行い

▼ 精神的教養~ (8, 0.0%)

2 を受けない 1 の余裕, は人間, は形, への欲望, を拒むべきでない, を鍛えあげる

▼ 精神科学者~ (8, 0.0%)

1 が如何, が絶対不可能事, であった, なん, にも似合わない, の痛快深刻, の精神, を兼ねた

▼ 精神とかいう~ (7, 0.0%)

1 ものと, ものは, ものを, 何か, 古くさいもの, 場合に, 奴こそは

▼ 精神などという~ (7, 0.0%)

1 ことは, ものは, ものも, テーマを, 小五月蠅いもの, 流儀から, 漠然たるもの

▼ 精神などは~ (7, 0.0%)

1 あり得ないから, ちっとも必要, どこにも, 何の, 分らんで唯, 吹き飛ばされて, 考へずに

▼ 精神についても~ (7, 0.0%)

2 その半分 1 いかなる病気, そのこと, 同じに, 従来の, 道い得べき

▼ 精神に従って~ (7, 0.0%)

1 ここで, 一元的に, 再びイェルザレム, 勇敢に, 吾, 弁護する, 築かれたる認識論

▼ 精神思想~ (7, 0.0%)

1 の上, の大, の本位, の本源, もまた, を単にそのまま, を維持

▼ 精神意識~ (7, 0.0%)

1 というもの, に立ち帰られる, に立ち帰られるであろう, に立ち帰ります, の実験者, の状態, はどこ

▼ 精神病院長~ (7, 0.0%)

2 の揶揄 1 と思っ, の式場隆三郎博士, はそう, は検診, は鼻梁

▼ 精神的権威~ (7, 0.0%)

1 があった, があり, が示され, といっ, のあった, のみをもっ, の保持

▼ 精神的欠陥~ (7, 0.0%)

1 がある, が誇大, であろう, と頭脳, に対する心理療法, のある, のため

▼ 精神的苦悩~ (7, 0.0%)

1 から弟, から心身疲労, のうち, の原因, の綻び, は実際, もその

▼ 精神的苦悶~ (7, 0.0%)

1 からマルト一人, があつ, が微細, の時期, の著し, を破, を豫想

▼ 精神的要求~ (7, 0.0%)

1 が完全, が潜ん, と同じく, の豊か, より離れ, を充たす, を持った

▼ 精神自身~ (7, 0.0%)

1 が自ら, である筈, ではなく, としては必ずしも, と離れた, に明, は空間

▼ 精神錯亂~ (7, 0.0%)

1 から恢復, して, と見られるであらう, のうち, の最後, の萠芽, を起し

▼ 精神~ (6, 0.0%)

2 ていた, ている 1 てゐる, 詩的精神の

▼ 精神だけ~ (6, 0.0%)

2 では 1 である, でした, で人間, で決して

▼ 精神とで~ (6, 0.0%)

1 なされなければ, 反抗し, 家治の, 感じて, 活かされて, 私の

▼ 精神なき~ (6, 0.0%)

1 がごとく, ゆえなりなどと, 人に, 形式美の, 悪徳, 江戸城空骸の

▼ 精神における~ (6, 0.0%)

1 こういうよう, 一つの, 信神者に, 文人気質の, 新種の, 顕著な

▼ 精神不滅~ (6, 0.0%)

2 の理 1 なりと, のこと, の規則, の論

▼ 精神分析学者~ (6, 0.0%)

1 のいわゆる, の前, の目, の解釈, の説く, は神

▼ 精神分析的~ (6, 0.0%)

21 であるという, なもの, に云, に解釈

▼ 精神形成~ (6, 0.0%)

2 の第 1 の性質, の母胎, の跡, の途上

▼ 精神文明~ (6, 0.0%)

1 が全, が影響, にもよい, の上, の手段, は新

▼ 精神欠陥~ (6, 0.0%)

1 がない, とがあった, に帰し, も補っ, を救う, を精査

▼ 精神的価値~ (6, 0.0%)

1 がなかっ, とにたいする感動, のみを強調, は出, を主張, を忘れる

▼ 精神的活動~ (6, 0.0%)

1 があらゆる, がはげしけれ, にも同様, のこと, の自由, を促す

▼ 精神的貴族主義~ (6, 0.0%)

1 との間, なの, にその, の標語, の部類, 即ち

▼ 精神的革命~ (6, 0.0%)

2 は既に 1 なども多く, の冥, は一変, を行

▼ 精神自体~ (6, 0.0%)

2 が敗北, を不善不逞 1 が精神, の意識性

▼ 精神貴族~ (6, 0.0%)

1 がはじまる, ではない, といふ奴, とは限らない, になれない, はたしかに

▼ 精神過労~ (6, 0.0%)

1 が彼女, で全く, による健康上, に加え, の後, の結果発狂

▼ 精神過程~ (6, 0.0%)

2 の生成 1 の一, の単に, の單, はすべて

▼ 精神その~ (5, 0.0%)

1 リズムの, 思想の, 行動性という, 響が, 願望の

▼ 精神たる~ (5, 0.0%)

1 やしばらく, 人民の, 正義と, 此の, 積極政策の

▼ 精神などと~ (5, 0.0%)

2 云い耐乏 1 いうと, いって, 敢て

▼ 精神においても~ (5, 0.0%)

2 その表情 1 その単化, 性格においても, 若いと

▼ 精神にと~ (5, 0.0%)

4 つては 1 つての

▼ 精神に対して~ (5, 0.0%)

1 さへ, 外界から, 専門家的矮小化に, 思い通りの, 真の

▼ 精神に関する~ (5, 0.0%)

1 一考察, 問題は, 知識が, 研究題目を, 論説を

▼ 精神ほど~ (5, 0.0%)

1 大切な, 大切の, 孤立する, 学問の, 有り難いもの

▼ 精神もしくは~ (5, 0.0%)

1 国民精神が, 性格習慣なぞ, 洗い磨かれ, 生命もしくは, 生命意識なる

▼ 精神をば~ (5, 0.0%)

1 五尺の, 全然働かせまい, 数学を通じて, 自然科学への, 近代産業に

▼ 精神~ (5, 0.0%)

1 にのみある, に交感, に同, に起る, のぽつり

▼ 精神労働~ (5, 0.0%)

1 とが極端, とも称せられる, に従う, をした, を毎日三時間

▼ 精神問題~ (5, 0.0%)

1 だと, に帰着, に關, ばかりでなく, をも根本的

▼ 精神感動~ (5, 0.0%)

1 だね, で手足ひやひや体, の方, ほど人, を起し

▼ 精神気魄~ (5, 0.0%)

1 との作った, に乏しき, の充ち満ちた, は無形, を伝うる

▼ 精神的努力~ (5, 0.0%)

1 が微か, に俟, をはらう, を傾倒, を含める

▼ 精神的快楽~ (5, 0.0%)

1 であるという, というよう, にある, は体育, をゆるがせ

▼ 精神的意義~ (5, 0.0%)

1 がある, がいっそう, が益々, に乏しき, をもつ

▼ 精神的故郷~ (5, 0.0%)

1 とも云うべき, は自然, を去っ, を否定, を求める

▼ 精神的栄養~ (5, 0.0%)

1 がお, として役立つ, として日本, の摂取, を提供

▼ 精神的欲求~ (5, 0.0%)

1 がとまる, としての, に適合, のない, はそれ自身

▼ 精神的畸形~ (5, 0.0%)

1 と名づける, の治療, はこれ, も右, をた

▼ 精神的肉体的~ (5, 0.0%)

1 に常軌, に若い, の健康, の健康保持, の特質

▼ 精神的要素~ (5, 0.0%)

1 が少ない, とならびに, の象徴, は加えられ, をもっ

▼ 精神~ (5, 0.0%)

1 が論者, だけであっ, の解説, を強調, を根本

▼ 精神集注~ (5, 0.0%)

1 とそこ, とはなる, による生成物, の只中, の裡

▼ 精神かも~ (4, 0.0%)

1 しれないし, 知れない, 知れぬ, 知れぬし

▼ 精神こそは~ (4, 0.0%)

1 奈良朝で, 文化を, 真の, 禅門の

▼ 精神する~ (4, 0.0%)

1 あらゆる反, ところは, ものが, 原則は

▼ 精神だけを~ (4, 0.0%)

1 支配者当局が, 特色づける, 知れば, 補うこと

▼ 精神といった~ (4, 0.0%)

3 ような 1 ものを

▼ 精神とでも~ (4, 0.0%)

1 いうべきか, いうべきもの, いうもの, 云うべきもの

▼ 精神とを以て~ (4, 0.0%)

1 かくも, われわれの, 科学的精神の, 貫通する

▼ 精神なく~ (4, 0.0%)

1 して, 人民に, 死後に, 精神は

▼ 精神なら~ (4, 0.0%)

1 そんな態度, ば一般, ば自由, 精神を

▼ 精神なんか~ (4, 0.0%)

1 分りっこないと, 弛んで, 必要と, 持って

▼ 精神にのみ~ (4, 0.0%)

1 偏し, 力を, 大なる, 負ふところ

▼ 精神にまで~ (4, 0.0%)

1 具体化, 抽象し, 立ちもどらなければ, 追いつめられて

▼ 精神のみに~ (4, 0.0%)

1 属し合成体, 属する多く, 屬し, 屬する

▼ 精神まで~ (4, 0.0%)

1 楽観的に, 異常に, 結核に, 腐らせるの

▼ 精神までも~ (4, 0.0%)

1 哀れに, 失って, 硬直し, 遺憾なく

▼ 精神主義的~ (4, 0.0%)

1 であること, な, な社会生活, にでなく

▼ 精神傾向~ (4, 0.0%)

1 の伝統的, をもつ, を他人, を有し

▼ 精神再び~ (4, 0.0%)

1 物質の, 生ずべき理, 生ずると, 起こりて

▼ 精神~ (4, 0.0%)

1 が夫, に対応, はたがい, を通じて初めて

▼ 精神生理学~ (4, 0.0%)

1 というよう, なるもの, の無味乾燥, 同病理学

▼ 精神病理的~ (4, 0.0%)

1 な事実, な感じ, に観察, の階梯

▼ 精神的並~ (4, 0.0%)

3 に肉体的 1 に倫理的

▼ 精神的仕事~ (4, 0.0%)

1 にも社会革命, に従う, に没頭, はか

▼ 精神的修養~ (4, 0.0%)

1 か信仰, などではだめ, に資せられるべき, の道

▼ 精神的堕落~ (4, 0.0%)

2 を顧み 1 も同じ, より救

▼ 精神的幸福~ (4, 0.0%)

1 という事, はあっ, は他, を第

▼ 精神的影響~ (4, 0.0%)

1 の上, をあたへる, を受けた, を受ける

▼ 精神的態度~ (4, 0.0%)

1 とでもいうべき, の如何, の純, は愛情

▼ 精神的教育~ (4, 0.0%)

2 を施した 1 だとか, であろうと

▼ 精神的文明~ (4, 0.0%)

2 に貢献 1 の充実, の砥地

▼ 精神的状態~ (4, 0.0%)

1 が太古, である対照, ではなかろう, の進歩

▼ 精神的生産物~ (4, 0.0%)

1 たる信仰, に外, の生ぜし, の認識

▼ 精神的発達~ (4, 0.0%)

1 に及ぼした, に於, の望み, を遂げ

▼ 精神的結合~ (4, 0.0%)

1 なの, の手段, を破壊, を非常

▼ 精神的雰囲気~ (4, 0.0%)

1 に住み, に住む, を作っ, 或は流行

▼ 精神肉体とも~ (4, 0.0%)

1 にパンク, に平々凡々, に悉く, に溌剌

▼ 精神障礙~ (4, 0.0%)

1 があっ, です, には前駆, をひき起した

▼ 精神集中~ (4, 0.0%)

1 が必要, といっ, の重要, 長く間

▼ 精神この~ (3, 0.0%)

1 二つの, 気持が, 言葉を

▼ 精神これ~ (3, 0.0%)

1 が今日, なり, ほど

▼ 精神~ (3, 0.0%)

2 ういふ 1 へ抛つて顧みない

▼ 精神そのまま~ (3, 0.0%)

1 の思想, の爆発, の行為

▼ 精神それ~ (3, 0.0%)

1 がギリシャ, が大切, を帯びる

▼ 精神それ自身~ (3, 0.0%)

1 が初め, であった, は根本的

▼ 精神だけで~ (3, 0.0%)

1 いくら油絵, もって, 解決しよう

▼ 精神~ (3, 0.0%)

1 やありません, やない, やアこ

▼ 精神であります~ (3, 0.0%)

1 からこの, が, がこれ

▼ 精神でない~ (3, 0.0%)

1 かどう, ということ, 処の

▼ 精神などが~ (3, 0.0%)

2 なんで美徳 1 在るわけ

▼ 精神によっての~ (3, 0.0%)

1 ほか知覚せられない, 自立な, 質問の

▼ 精神によってのみ~ (3, 0.0%)

1 その結果, 可能であった, 建設されね

▼ 精神のみが~ (3, 0.0%)

1 よく描き得る, 思想という, 思想を

▼ 精神のみを~ (3, 0.0%)

2 私と 1 伝えて

▼ 精神ひとたび~ (3, 0.0%)

2 滅するも 1 定まりて

▼ 精神または~ (3, 0.0%)

1 かの攘夷的精神, 国民性とかいう, 国民精神という

▼ 精神ニ於テ~ (3, 0.0%)

3 別ニ法律

▼ 精神不安~ (3, 0.0%)

1 とはげしい, のせい, も船醉

▼ 精神主義者~ (3, 0.0%)

1 が多い, なん, は国粋的

▼ 精神~ (3, 0.0%)

1 のひとつ, をその, を想像

▼ 精神~ (3, 0.0%)

1 世界観の, 界を, 界若しくは

▼ 精神共同体~ (3, 0.0%)

1 での教師, などがある, を育成

▼ 精神分析家~ (3, 0.0%)

1 が病人, の所謂ファザア・コンプレックス, はそんな

▼ 精神哲学~ (3, 0.0%)

1 に較べ, は, を説い

▼ 精神~ (3, 0.0%)

1 に安靜, 眼目を, 良心と

▼ 精神年齢~ (3, 0.0%)

1 について一外国人, のほう, の成長

▼ 精神朦朧~ (3, 0.0%)

1 としてぼんやり, となり, のてい

▼ 精神構造~ (3, 0.0%)

1 に先天的ロザリイ的, の特徴, を探索

▼ 精神爽快~ (3, 0.0%)

3 を覚える

▼ 精神生活者~ (3, 0.0%)

1 としてのそれ, には愛用, の高い

▼ 精神~ (3, 0.0%)

1 とかの治療, とかヒステリイ症, とか脳髄

▼ 精神病理~ (3, 0.0%)

1 の側, の問題, の現象

▼ 精神~ (3, 0.0%)

1 の対応物, の症状, はここ

▼ 精神的交渉~ (3, 0.0%)

1 でもいい, の復活, は漸次

▼ 精神的交通~ (3, 0.0%)

1 のエージェント, の機関, 及びその

▼ 精神的健康~ (3, 0.0%)

1 それから勤労そのもの, を信ずる, を疑ふ

▼ 精神的刺戟~ (3, 0.0%)

1 が体躯, が滓, として小説

▼ 精神的労作~ (3, 0.0%)

1 がある, ともいふべき, よりも劣った

▼ 精神的効果~ (3, 0.0%)

1 までも問題, をも認め, を有する

▼ 精神的向上~ (3, 0.0%)

1 に意, の情熱, の要件

▼ 精神的基調~ (3, 0.0%)

1 とし, としてこれから, をなす

▼ 精神的変化~ (3, 0.0%)

1 が外界, である, の径路

▼ 精神的存在~ (3, 0.0%)

1 の単なる, の知覚, は同胞

▼ 精神的宇宙~ (3, 0.0%)

3 に関する論文

▼ 精神的恋愛~ (3, 0.0%)

1 にとどまった, を高尚, 楽しむ人

▼ 精神的支柱~ (3, 0.0%)

1 から離れ得ない, として重き, の一人

▼ 精神的文化~ (3, 0.0%)

1 の力強い, の種々, は非

▼ 精神的条件~ (3, 0.0%)

1 のすべて, は表示, をさ

▼ 精神的状況~ (3, 0.0%)

2 の性格 1 につき方位

▼ 精神的疲労~ (3, 0.0%)

1 が身体, のため, の事

▼ 精神的破産~ (3, 0.0%)

1 に冷笑, に勝れる, に陥った

▼ 精神的緊張~ (3, 0.0%)

1 から気ばらし, の疲労, を求める

▼ 精神的訓練~ (3, 0.0%)

1 が欠如, と哲學的人生觀, を長い

▼ 精神的貴族~ (3, 0.0%)

1 であると共に, として対立, の部類

▼ 精神的連鎖~ (3, 0.0%)

1 の乏しい, の慥, も愈

▼ 精神的陰影~ (3, 0.0%)

2 の全部 1 が現われ

▼ 精神的類似~ (3, 0.0%)

2 を目立たせる 1 に関するとりとめ

▼ 精神的風景~ (3, 0.0%)

1 が展開, の反映, を展開

▼ 精神的魅力~ (3, 0.0%)

1 に富ん, を生命, を駆使

▼ 精神科学的犯罪~ (3, 0.0%)

1 とその, の好, の研究

▼ 精神総動員的~ (3, 0.0%)

1 では, な全体主義文化論, な精神

▼ 精神薄弱~ (3, 0.0%)

1 と云う, の自己反省, の部類

▼ 精神講座~ (3, 0.0%)

1 が催される, にも科外, を放送

▼ 精神追求~ (3, 0.0%)

2 のテーマ 1 を主題

▼ 精神過敏~ (3, 0.0%)

2 の状態 1 になった

▼ 精神~ (3, 0.0%)

1 においては所謂仏教文化, のみならず, の文化

▼ 精神高揚~ (3, 0.0%)

1 だの魂, でつつんだ, の努力

▼ 精神および~ (2, 0.0%)

1 感覚に対しては, 肉体の

▼ 精神からの~ (2, 0.0%)

1 もので, リャクな

▼ 精神すら~ (2, 0.0%)

1 バラックだ, 達すれば

▼ 精神そういう~ (2, 0.0%)

1 意味での, 理想主義的な

▼ 精神それ自体~ (2, 0.0%)

1 が無い, の投影

▼ 精神だけの~ (2, 0.0%)

1 中に, 飛躍が

▼ 精神だった~ (2, 0.0%)

1 のである, のです

▼ 精神だろう~ (2, 0.0%)

1 からである, が

▼ 精神です~ (2, 0.0%)

1 から, からネ

▼ 精神とかいふ~ (2, 0.0%)

2 ものも

▼ 精神とから~ (2, 0.0%)

1 成って, 成つてゐる

▼ 精神とともに~ (2, 0.0%)

1 存すること, 方向を

▼ 精神とによる~ (2, 0.0%)

1 世界主義これに, 人間能力の

▼ 精神など~ (2, 0.0%)

1 ミジンも, 日本海賊史の

▼ 精神などでは~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 精神などに~ (2, 0.0%)

1 制限される, 要なき

▼ 精神ならびに~ (2, 0.0%)

1 肉体に, 肉体の

▼ 精神なりが~ (2, 0.0%)

1 ある, 出て

▼ 精神により~ (2, 0.0%)

1 どころを, 大なる

▼ 精神に対しても~ (2, 0.0%)

1 同様である, 知覚の

▼ 精神に関しては~ (2, 0.0%)

1 或は神これ, 自分の

▼ 精神のみは~ (2, 0.0%)

1 之に, 我が小

▼ 精神また~ (2, 0.0%)

1 その独立, 現代人の

▼ 精神までが~ (2, 0.0%)

1 変調を, 無線電信同様に

▼ 精神われわれ~ (2, 0.0%)

1 が享, のフランス文明

▼ 精神をだに~ (2, 0.0%)

2 得たらん

▼ 精神~ (2, 0.0%)

1 復活的躍動タル根本義ニ於テ特ニ急務ナリトス, 阻喪スルモノヲ見

▼ 精神ヒューマニズム~ (2, 0.0%)

1 の主張, の生活的

▼ 精神一切~ (2, 0.0%)

2 を挙げ

▼ 精神一般~ (2, 0.0%)

1 が不足, の中

▼ 精神万葉~ (2, 0.0%)

1 の日本的, の精神

▼ 精神上肉体上~ (2, 0.0%)

1 に春, の敗残者

▼ 精神並びに~ (2, 0.0%)

1 その全, その全体

▼ 精神~ (2, 0.0%)

1 が科学的精神, こそ精神

▼ 精神以外~ (2, 0.0%)

1 にない, のどんな

▼ 精神修業~ (2, 0.0%)

1 に唐手, を度外

▼ 精神偏重~ (2, 0.0%)

1 から身, の風

▼ 精神全体~ (2, 0.0%)

1 の絶え間, を一つ

▼ 精神其物~ (2, 0.0%)

1 である真面目, の上

▼ 精神分裂~ (2, 0.0%)

1 というの, の継母

▼ 精神労作~ (2, 0.0%)

1 だから, である

▼ 精神労働力~ (2, 0.0%)

1 が必要, を必要

▼ 精神動向~ (2, 0.0%)

1 が見られた, の代表的

▼ 精神動員計画~ (2, 0.0%)

1 だったの, は実は

▼ 精神化学~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ 精神~ (2, 0.0%)

1 だけにほか, としていかに

▼ 精神史的~ (2, 0.0%)

1 な芸術史, に

▼ 精神吝嗇卑小~ (2, 0.0%)

1 になっ, になり

▼ 精神~ (2, 0.0%)

1 との間, の研究

▼ 精神変調~ (2, 0.0%)

1 が来たらし, が来たらしかった

▼ 精神変質者~ (2, 0.0%)

1 であ, であったから

▼ 精神~ (2, 0.0%)

1 の方面, 及び政治学学士院

▼ 精神~ (2, 0.0%)

2 ほ存するもの

▼ 精神崩壊~ (2, 0.0%)

1 ではもはや, はまさに

▼ 精神常に~ (2, 0.0%)

2 活動し

▼ 精神~ (2, 0.0%)

2 の狂い

▼ 精神方面~ (2, 0.0%)

1 の事, の傷

▼ 精神~ (2, 0.0%)

1 ぞ親子, なり

▼ 精神本当~ (2, 0.0%)

1 の客観的, の思いやり

▼ 精神本来~ (2, 0.0%)

1 の働き, の性

▼ 精神概念~ (2, 0.0%)

1 との対立, はなる

▼ 精神機構~ (2, 0.0%)

1 のふしぎ, はとり

▼ 精神~ (2, 0.0%)

1 である, を暫く

▼ 精神歴史~ (2, 0.0%)

1 の本質, を特に

▼ 精神気力~ (2, 0.0%)

2 の低落

▼ 精神水準~ (2, 0.0%)

1 としては社会的認識, を示す

▼ 精神特に~ (2, 0.0%)

1 ロマン, 唯美主義の

▼ 精神生活上~ (2, 0.0%)

1 の最下級, の葬儀社

▼ 精神生活全体~ (2, 0.0%)

1 に規定, を描きたい

▼ 精神生理学精神病理学精神遺伝学~ (2, 0.0%)

1 なぞいう, なぞというもの

▼ 精神~ (2, 0.0%)

1 態より, 變を

▼ 精神疲労~ (2, 0.0%)

1 して, や何

▼ 精神発展~ (2, 0.0%)

1 の要因, の順

▼ 精神的不安~ (2, 0.0%)

1 に過ぎなかった, の時期

▼ 精神的世界~ (2, 0.0%)

1 にも現われ, の認識

▼ 精神的事物~ (2, 0.0%)

1 と物質的事実, に引き寄せる

▼ 精神的偉大~ (2, 0.0%)

1 を創造, を崇拝

▼ 精神的價値~ (2, 0.0%)

2 の世界

▼ 精神的出版物~ (2, 0.0%)

1 に対する発禁, の奨励

▼ 精神的分野~ (2, 0.0%)

1 に於い, の開拓

▼ 精神的勇気~ (2, 0.0%)

1 を養わずし, を養わなけれ

▼ 精神的勢力~ (2, 0.0%)

1 の歴史運動, の活動開発

▼ 精神的嘔吐物~ (2, 0.0%)

1 に至っ, を静

▼ 精神的国境~ (2, 0.0%)

1 を侵す, を設

▼ 精神的地理~ (2, 0.0%)

1 がある, を知っ

▼ 精神的基礎~ (2, 0.0%)

2 が出来

▼ 精神的契約~ (2, 0.0%)

1 を結ばるる, を結んだ

▼ 精神的奴隷~ (2, 0.0%)

1 だった, に外

▼ 精神的好奇心~ (2, 0.0%)

1 をそなえ, をももっ

▼ 精神的孤立~ (2, 0.0%)

1 の犯される, を見出した

▼ 精神的安定~ (2, 0.0%)

1 は判断, も保たれる

▼ 精神的強壮剤~ (2, 0.0%)

2 を求める

▼ 精神的徳義的身体的~ (2, 0.0%)

2 に大体

▼ 精神的怠惰~ (2, 0.0%)

2 と戦はね

▼ 精神的性格~ (2, 0.0%)

1 に芸術家, を表わす

▼ 精神的愛~ (2, 0.0%)

1 に止まった, の誇張

▼ 精神的感動~ (2, 0.0%)

1 と緊張, を傳

▼ 精神的慰藉~ (2, 0.0%)

2 を感ぜし

▼ 精神的憧憬~ (2, 0.0%)

1 の深い, の煙幕

▼ 精神的所産~ (2, 0.0%)

1 には必ず, までを貪婪

▼ 精神的拠り所~ (2, 0.0%)

1 を求める, 即ち広い

▼ 精神的損害~ (2, 0.0%)

1 に慰藉料, を被

▼ 精神的暴動~ (2, 0.0%)

1 といっ, を起す

▼ 精神的本質~ (2, 0.0%)

1 が清浄, である

▼ 精神的格闘~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ 精神的欲望~ (2, 0.0%)

2 も減じなけれ

▼ 精神的渇望~ (2, 0.0%)

2 だの信念

▼ 精神的準備~ (2, 0.0%)

1 が曲りなり, を与

▼ 精神的煩悶~ (2, 0.0%)

1 がある, を破

▼ 精神的狂乱~ (2, 0.0%)

1 に対抗, に駆り立てる

▼ 精神的現象~ (2, 0.0%)

1 あり, が或は

▼ 精神的生命そのもの~ (2, 0.0%)

2 を無

▼ 精神的生活者~ (2, 0.0%)

1 が心的, であるという

▼ 精神的生産~ (2, 0.0%)

1 が物質的生産, もやはり

▼ 精神的生産力~ (2, 0.0%)

1 には潮, の干潮

▼ 精神的異常~ (2, 0.0%)

1 をかぎだされた, を隠すべきだろう

▼ 精神的発展~ (2, 0.0%)

1 の仲間入り, を遂げる

▼ 精神的社会的自然的~ (2, 0.0%)

1 ないろ, ないろいろ

▼ 精神的素質~ (2, 0.0%)

1 がちがっ, もう少し碎い

▼ 精神的素養~ (2, 0.0%)

1 が少し, の乏しい

▼ 精神的結婚~ (2, 0.0%)

1 やいう, を遂げ

▼ 精神的罪人~ (2, 0.0%)

1 だが, として取扱われる

▼ 精神的聯關~ (2, 0.0%)

1 を現, を解明

▼ 精神的薫陶~ (2, 0.0%)

1 のため, を與

▼ 精神的規律~ (2, 0.0%)

1 だけが必要, は第

▼ 精神的観察~ (2, 0.0%)

1 の下, よりすれ

▼ 精神的解放~ (2, 0.0%)

1 だと, とも云

▼ 精神的貞節論~ (2, 0.0%)

1 に知名, は一座

▼ 精神的貧困~ (2, 0.0%)

1 に対し暗黙, は哀れビン

▼ 精神的貴族社会~ (2, 0.0%)

1 の一員, を呑噬

▼ 精神的趣味~ (2, 0.0%)

1 の修養, を理解

▼ 精神的転換~ (2, 0.0%)

1 が成就, に達する

▼ 精神的近似~ (2, 0.0%)

1 ですっ, とかいうもの

▼ 精神的進化~ (2, 0.0%)

1 という方面, の他

▼ 精神的進歩~ (2, 0.0%)

1 の機縁, はぴたり

▼ 精神的遊戯~ (2, 0.0%)

1 である, らしく思われた

▼ 精神的過程~ (2, 0.0%)

1 を常に, を考察

▼ 精神的遺物~ (2, 0.0%)

1 であろうと, となる

▼ 精神的遺産~ (2, 0.0%)

1 に於い, を前

▼ 精神的部分~ (2, 0.0%)

1 でありながら, ではなく

▼ 精神的闘争~ (2, 0.0%)

2 は一々

▼ 精神的陶酔~ (2, 0.0%)

1 であったと, であるよう

▼ 精神的霊的~ (2, 0.0%)

1 な段階, のもの

▼ 精神的頽廢~ (2, 0.0%)

1 に墮落, を若い

▼ 精神的風景美~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 精神的風貌~ (2, 0.0%)

1 だと, を必要

▼ 精神的飛躍~ (2, 0.0%)

1 の空中, を遂げる

▼ 精神的食糧~ (2, 0.0%)

1 であるという, の一部

▼ 精神的高揚~ (2, 0.0%)

1 の究極, をよろこぶ

▼ 精神科医~ (2, 0.0%)

1 のくせ, の許

▼ 精神科学上~ (2, 0.0%)

1 の真理, の研究価値

▼ 精神科学方面~ (2, 0.0%)

1 に在り, の研究

▼ 精神科学的現象~ (2, 0.0%)

1 の存在, の重なり

▼ 精神科学研究~ (2, 0.0%)

1 のため, の精神

▼ 精神科学論~ (2, 0.0%)

1 はその, 及び文化史等

▼ 精神科病室~ (2, 0.0%)

1 のこと, の四人

▼ 精神科病院~ (2, 0.0%)

1 だけれども, の門

▼ 精神至上~ (2, 0.0%)

2 の美

▼ 精神萌芽説~ (2, 0.0%)

1 の中, を

▼ 精神薄弱児~ (2, 0.0%)

1 でもない, とか精神異常者

▼ 精神行動主義~ (2, 0.0%)

1 に対して示した, の今日

▼ 精神行動主義文学~ (2, 0.0%)

1 という言葉, の討論

▼ 精神規律~ (2, 0.0%)

1 の上, の末

▼ 精神解剖学精神生理学精神病理学精神遺伝学~ (2, 0.0%)

1 なぞいう, なぞというもの

▼ 精神~ (2, 0.0%)

1 科学, 科学から

▼ 精神諸病~ (2, 0.0%)

1 に至, のこれ

▼ 精神転換~ (2, 0.0%)

1 と云っ, 或は脱皮

▼ 精神転換前~ (2, 0.0%)

1 の俺, の自分

▼ 精神逆上~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 精神過多等~ (2, 0.0%)

2 の不自然

▼ 精神道場~ (2, 0.0%)

1 へ行こう, を建てる

▼ 精神遺伝学~ (2, 0.0%)

1 なぞいう, なぞというもの

▼ 精神開展~ (2, 0.0%)

1 の一段階, の側

▼ 精神障碍~ (2, 0.0%)

1 にたいする臨床報告, を発病

▼ 精神雰囲気~ (2, 0.0%)

1 が御, は自由学園独特

▼ 精神革命~ (2, 0.0%)

1 と云い, を主張

▼1* [937件]

精神あらば安く, 精神あるいは知識あるいは, 精神いかんを明らか, 精神いわゆるキリストの, 精神かというので, 精神かとも思われる, 精神かの外部への, 精神からか露伴先生の, 精神からというのみでなく事実彼ら, 精神からばかりでは, 精神からも遊離し, 精神がと云っても, 精神ここにいた, 精神こそが以上の, 精神ことにフランス, 精神こめて一生, 精神これらは既成, 精神さえがややもすれば政治的, 精神さくらんの一種, 精神しかもたない例, 精神じゃございませんか, 精神なは, 精神そこには一羽, 精神それに私は, 精神ぞやと思って, 精神たかく半野生的東洋, 精神ただ徳川累世の, 精神たちよ死者, 精神たれと云, 精神だったらきっと煩悶, 精神だって何だって, 精神だつてこれ, 精神つてものがどう, 精神つまり民族的な, 精神であるまいか, 精神である如く宣伝せられる, 精神でなかったということ, 精神といふもの形體を, 精神とかいうだけのもので, 精神とかを論じてるあたり, 精神としてしか現われない, 精神としてはさうでないので, 精神ととつては, 精神となつて表はれ, 精神とによつて成つたものである, 精神とによってためし験される, 精神とに関して一は, 精神とに関する問題を, 精神とばかり云うこと, 精神とやらもいっかど, 精神どころの段, 精神どんな事を, 精神なぞいうもの, 精神なぞはどうでもよ, 精神などといふ問題も, 精神ならず雪ある, 精神なりとせば, 精神なりはやはり解釈, 精神なりを開発する, 精神なれば外, 精神においてさえ未開に, 精神におけるは灯心の, 精神におけるほどつきつめられたもの, 精神にかへれといふ, 精神にかけかまいなく, 精神にたいする軽蔑とともに, 精神にだけはあくまで信頼, 精神についての原則は, 精神にてありながら, 精神にとっての束縛と, 精神になつて物を, 精神になど変りの, 精神にまではおぼつかないの, 精神に対し個人が, 精神に対しては何の, 精神に関しても彼は, 精神のせゐがある, 精神のみあつて技術これ, 精神のみか肉体までも, 精神のみにもせよ期せずして, 精神のみによりて説明し, 精神はかやうに, 精神はからだ中, 精神はたがのゆるんだ, 精神ばかりでなく引用, 精神ばかりで貫けるもの, 精神ばかりは人間の, 精神ひとたび知覚を失う, 精神へではなく情緒, 精神へはなかなか高まり, 精神へも節制を, 精神までを自慢し, 精神みたいなもの, 精神みづからの, 精神みな荒村老屋の中, 精神やの中から, 精神やも既にほぼ遺憾, 精神黙れ, 精神わが救い主なる, 精神をすら理解せしめる, 精神をとまし同時に, 精神をばかりでなく私, 精神をまで継ぎ得たと, 精神をやはらげ, 精神を通じて現代人の, 精神エスプリと云われる, 精神オーネルの, 精神カットウの, 精神カンテイもやらしたらしい, 精神サクランかもわからぬ, 精神タル平等ノ國民, 精神チカン所フハイ所だと, 精神ト建國歴史ヲ異, 精神ト肉体トノ両方面ニ, 精神築カレタル國家改造, 精神ニヨリテ教育セラレツツアル人々ノ生長ニ待ツノ外ナキヲ以テナリ, 精神ニ對スル非難トシテ輸入サレツツアル内容皆無ノ文化運動, 精神ハムレットの自己, 精神ハ内外人ニヨリテ正義ヲ二ニセザルコトヲ, 精神ピューリタンの信仰, 精神メフィストが私, 精神ヨリ又現代國民思想, 精神ローマンスの夢, 精神ローマ元老院議員らの髯, 精神一冊を堺家, 精神一到何事不成というよう, 精神一度び定まるとき, 精神一種の清教徒的精神, 精神上一大変化, 精神上之を写し, 精神上労作に限られた, 精神上如何に偉大, 精神上彼と彼, 精神上教育の歴史, 精神上活動的な人間, 精神上物質上充実されたもの, 精神上病理上の問題, 精神上社会上に如何なる, 精神上芸術上のこの, 精神統一に, 精神不感性でで, 精神且つ一夫一婦の, 精神世俗の灰汁, 精神方面に, 精神に, 精神主義化し観念化, 精神主義哲学から云っ, 精神主義文學に就, 精神主義日本農本主義更に日本アジア主義, 精神主義的存在論を不, 精神主義的理想を理論, 精神主義的迷妄のご, 精神主義者めが何, 精神主義農本主義日本国民主義アジア主義東洋主義王道主義其他其他に分裂, 精神乱れ思慮衰え一個, 精神事業が畏敬, 精神二つながら違う, 精神云々の意味, 精神交流となっ, 精神人間の心, 精神人類の真, 精神休息の状態, 精神伝承に関してゐる, 精神伝統の関係, 精神体内に遺伝, 精神何すれぞ高く浮び, 精神作業だとでも, 精神作用あれとも是, 精神作用ニ何等カノ変化傷害ヲ与, 精神作興国体明徴思想動員精神動員其の他等々, 精神作興国体観念宣伝はついに, 精神作興大会をば神武天皇祭, 精神作興式の教育観, 精神作興案なるもの, 精神作興派の教育観, 精神作興的教育はその, 精神作興的教育観にその, 精神作興警察精神の高揚, 精神の心境, 精神侮蔑まるで人, 精神侮蔑人間侮蔑残酷無慙なもの, 精神修煉にある, 精神修行をする, 精神修養山への自信等多く, 精神修養式の趣味, 精神修養心神錬磨の名, 精神個性の完成, 精神偏見経験有産階級にたいする猜疑的, 精神健全と思われる, 精神偶然で子供, 精神元気を改造, 精神充満しあたかも, 精神克己根気を基礎, 精神入り頗る聞栄, 精神全幅が其處, 精神全般について述べた, 精神に江戸浮世絵, 精神其の他, 精神其一點に集合, 精神其内容が如何, 精神内奥の陰影, 精神再起の暁, 精神凝って雑念, 精神凝集が起る, 精神凶作地の人々, 精神分子のごとき, 精神分析学者ジョオンスの実験談, 精神分析學だけが科學的方法, 精神分析學的に探究, 精神分析學者なの, 精神分析屋のフロイド, 精神分析法の見解, 精神分析派で思いつめれ, 精神分析理論を思い出さざる, 精神分析術とは抑圧, 精神分裂者であろうと, 精神分離夢遊行人心観破術, 精神刑法の精神, 精神創造力を自ら, 精神においてあくまでも, 精神力以上の程度, 精神力体力を充実, 精神力慧は現象, 精神力肉体力の統一的活動, 精神力道義力によって提携, 精神力量の漸, 精神力魔術的機智を根こそぎ動員, 精神功利的な目標, 精神労働者は声, 精神動員其の他等々, 精神動員運動新生活運動, 精神匪族が残存, 精神医療の方法, 精神協会というもの, 精神危機にある, 精神參加をいふ, 精神ハ世界思想ニ戰ヒテ凱歌ヲ, 精神又は光明の, 精神古典的伝統精神と形式, 精神史それは彼, 精神否定に至った, 精神否定論や祭政一致論, 精神哲学等々の国粋ファッショ哲学, 精神哲学者によって哲学, 精神唯一文士ゾーラに見, 精神問題以外のどこ, 精神喪失として無罪, 精神喪失者とし, 精神器械は残らず, 精神団体が一度, 精神固有の意識性, 精神国民道徳を発火点, 精神国防動員は青少年, 精神圧殺方針に対して堅い, 精神圧迫となった, 精神基準などは無い, 精神堅固に仏教, 精神境裏をうかがう, 精神変態な人, 精神に殊, 精神の一現象, 精神外形上の事物, 精神大いに疲労を, 精神大慈大悲のこころ, 精神失調ですな, 精神奮興してる自分, 精神姿態と性情, 精神学的に意志制止症, 精神安慰法ともいうべき, 精神実現のため, 精神家どもが国家, 精神家宗教家の人々, 精神家自任者の希望, 精神宿業の重い, 精神寧ろ眞實の, 精神崇高な感激, 精神を逐, 精神幾何学であるなんと, 精神引用の精神, 精神弛緩に終る, 精神を離, 精神形態であった, 精神形成史は非常, 精神形象の具体化, 精神従って心も, 精神心思の絶ゑて他物, 精神心理の研究, 精神必ずしもその後の, 精神思想作用の上, 精神思想幹部と下級幹部, 精神思想性質気風を感動薫化, 精神思索理想探求の奥, 精神性現象もしくは観念性形象, 精神恍惚て逃ぐる, 精神情意と其の, 精神盛なりしかど, 精神意思叡知主体性創造性感情習慣性格欲望など複雑, 精神意慾ロマンチツクな詩的感激, 精神愛国心祖国愛国民の真情, 精神感動息子の健康状態, 精神感応がある, 精神感応力だった, 精神感情を日の出, 精神感情そのものはゴーリキイ, 精神感情処世の智慧, 精神感銘であると, 精神態度と認識形式, 精神慶應義塾という団体, 精神ではあります, 精神成りゆき任せの, 精神成長の過程, 精神成長史としての製作, 精神戦ひにひるまぬ, 精神手工業的な村塾道場主義, 精神挌闘史の如き, 精神振興講演会があった, 精神教科書ニシテ即チ軍學研究, 精神教育其他に於, 精神教育国体教育はいつの間にか, 精神亂し, 精神散乱して, 精神敵愾的気象は沸, 精神文化指導階級を責め, 精神文化的な心組み, 精神文化研究所員となり, 精神文化精神上の良心, 精神文明芸術的諸作品, 精神文明輸入の方針, 精神文献の物神崇拝, 精神傾向大に, 精神新しいヒューマニズム反, 精神新たなヒューマニズム, 精神を見出し, 精神既存の秩序, 精神日本固有の精神, 精神日本国体の精神, 精神日本文化日本美術その他あらゆる日本的, 精神早く死滅し, 精神旺盛な今日此頃, 精神昂揚によること, 精神昏濁の結果, 精神昏迷の発作, 精神の道徳, 精神時代の趣味, 精神暗黙のうち, 精神更に加はらず, 精神最も優雅なる, 精神最大の神秘力, 精神と生理状態, 精神朦々として我我, 精神未だ堅固なら, 精神未熟といわん, 精神根本的なもの, 精神などで痛めつけられ, 精神構成をとりあげ, 精神横溢して, 精神機關の實質, 精神檢査者に對, 精神欠カンがある, 精神正しいと思え, 精神殊に明治以来の, 精神なるもの, 精神民衆に対するまじめ, 精神障を, 精神気質のごとし, 精神気魂からで, 精神気魄純然たる当年, 精神氣魄を擴充, 精神江戸趣味と称する, 精神沈欝して, 精神活きて長, 精神活動そのものはどこ, 精神活動以上の不思議さ, 精神活動力の現われ, 精神活動論を中心, 精神活溌なるほとんど, 精神海上に物質, 精神海面の表象, 精神混乱し進退度, 精神清くして, 精神測定学だの心霊学, 精神漸く乱れて, 精神潮流から非常, 精神激動のため, 精神激昂は少し, 精神かにし, 精神爽快剤である, 精神爽快力が全身的, 精神にたいする心, 精神物理学が個別的, 精神物理学的乃至心理学的, 精神物理学者が今, 精神物理學もさう, 精神物理的実在である, 精神物理的対象を指す, 精神物理的立場に立つ, 精神物理的統一であり單, 精神物理的統一体である, 精神物理的統一體である, 精神物質両面ながら獲得, 精神物質共に日, 精神状態自尊心円熟そして晩期, 精神狂乱かね, 精神独特の美, 精神独立の有様, 精神独立戦争を指導, 精神独立自主の精神, 精神王朝精神などと敢, 精神理性へのよび, 精神生きた歴史の, 精神生活そのものが物理的法則, 精神生活それが崩壊, 精神生活一切の思索, 精神生活全般は無論, 精神生活態度のうち, 精神生理に頻りに, 精神生理上の関係, 精神生理学精神病理学から観察診断, 精神生理精神病理心理遺伝なぞいう, 精神界上にあらわれたる, 精神界中に楽地, 精神界裏に日月, 精神界裡の状態, 精神界道徳界に大, 精神異常状態の深, 精神異常者その他人並の分別, 精神異状その他の理由, 精神異状化させて, 精神異状的傾向を持たない, 精神異状者特有の記憶力, 精神疲憊の状態, 精神疾患の遺伝, 精神病理心理遺伝なぞいう, 精神病理現象との間, 精神病理的人物の多い, 精神病理的作品を読んだ, 精神病理的変態心理的側面の探索, 精神病理的研究を発表, 精神病者でした, 精神病院ものかも知れない, 精神病院入院の年, 精神病院内なんのなにがし, 精神病院在住のモンド氏, 精神病院法並びに精神病者看護法改正, 精神病院神経治療じゃ, 精神病院行路病者収容所又ハ街頭, 精神病院裡に飽食暖衣, 精神病院見学記を書く, 精神病院長ジョウジ・スティブンス博士がルウス, 精神病院関係者ならば, 精神症的特徴は無論, 精神発揚の声, 精神発育の階梯, 精神発達のいまだ, 精神發達一般を概觀, 精神的そのものだと, 精神的つながりのみを殘, 精神的アレルギー疾患なの, 精神的エネルギーがない, 精神的カメレオンに対するシャルム, 精神的ジプシイつて言ふんだらう二等待合室, 精神的ヂレンマに陥り, 精神的ナルチスムスである, 精神的ニ人ヲ殺傷スル場合ニハ, 精神的パンをわれわれ, 精神的プロステイチユシヨンだからね, 精神的ポーズに戻る, 精神的マスターベーションを捨てる, 精神的マッサージの生理的効果, 精神的マンネリズムの打破, 精神的モメントになった, 精神的一大勢力, 精神的一存在である, 精神的不具であります, 精神的不具者としか考えられなかった, 精神的不如意のため, 精神的不安定はいよいよ, 精神的不快の背景, 精神的不満が若い, 精神的不義が易々, 精神的中央気象台のよう, 精神的中心といふの, 精神的中枢を突く, 精神的事変であった, 精神的交通機関についてもやはり, 精神的交通関係によって単に, 精神的享受生活のなんど, 精神的人道的には徹頭徹尾, 精神的人間の全体, 精神的人間性というよう, 精神的伝承もあり, 精神的伝染病に自分, 精神的伝統にたいするある程度, 精神的位置といふもの, 精神的低迷の瀬戸際, 精神的作業に転換, 精神的作物は世界共通, 精神的供物でなければ, 精神的保養も必要, 精神的信頼が内面的, 精神的修業の中心, 精神的個性の発揮, 精神的偉人であった, 精神的偉人らを君, 精神的偉大さとを共に, 精神的健康性の向上, 精神的健康法の上, 精神的側面があり, 精神的傾向を彼, 精神的價値等ヲ擧ゲテ遊戲, 精神的元気を犠牲, 精神的入神的のもの, 精神的共同なくし, 精神的内部的な事業, 精神的再生を遂げしめた, 精神的冒険をやめ, 精神的冬眠の状態, 精神的利権の確立, 精神的力が抽象的, 精神的助力である, 精神的労働を目指す, 精神的労働者は災い, 精神的労働者以上に苦しむ, 精神的労苦を引受けた, 精神的動きの方, 精神的動揺の数年, 精神的動搖は頂點, 精神的勞作であるとは, 精神的勞働者ヲシテ, 精神的卑怯さと空疎, 精神的単位であり夫, 精神的印象を左右, 精神的原因により, 精神的原因ハ彼ノ無慾ト其, 精神的反応を呈さず, 精神的反抗の感情, 精神的収穫とし, 精神的受難の恐ろしい, 精神的同族でもある, 精神的呼吸困難を感じさせる, 精神的品位に関する事柄, 精神的商人が却, 精神的問題の何もの, 精神的営養物となる, 精神的嘔吐だ, 精神的囚人かもしくは, 精神的因果の規則, 精神的団体にはいっそう, 精神的圧力の加, 精神的圧迫の時期, 精神的地平の上, 精神的均斉がとれた, 精神的均衡を私, 精神的変質者であろうと, 精神的外貌を跡かた, 精神的多芸多才である, 精神的失緊状態になっ, 精神的契約書を作る, 精神的奴隷たちは, 精神的威力などそれぞれ今日, 精神的娯楽機関で酒, 精神的完成とに向かっ, 精神的実体であると, 精神的宦官は何, 精神的宿題です, 精神的富豪社会と云った, 精神的尊敬を得, 精神的展開に適した, 精神的山岳病と呼ん, 精神的平衡はひどく, 精神的平静がある, 精神的年齢は演技, 精神的廢人になった, 精神的弛緩享楽の過度, 精神的弱点をもつ, 精神的強靱さを持たなけれ, 精神的形而上学の創始者, 精神的影像なり, 精神的彷徨をなす, 精神的復活は実に, 精神的復誦をやっ, 精神的必然との間, 精神的快感を与, 精神的思慕であり生命的憧憬, 精神的怪物である, 精神的怯懦の故, 精神的恋愛肉体的恋愛という古く, 精神的悦楽もあるらしい, 精神的悩みの原因, 精神的悲運の連続, 精神的情況のうち, 精神的愉悦を取りち, 精神的意味を求め, 精神的意識性のもの, 精神的感化力をば彼等, 精神的感応であるから, 精神的感覚情緒感動を示す, 精神的成長の方, 精神的所得としてそう, 精神的所有においてコゼット, 精神的才能の活用法, 精神的打撃甚大で全く, 精神的技倆と才幹, 精神的技術にあっ, 精神的技術的訓練があります, 精神的抵抗と感じた, 精神的抵抗力を発揮, 精神的拠所を, 精神的拷問法としては先ず先ず, 精神的指導権を仏教, 精神的指導者たちは時間性, 精神的接触が行, 精神的接近の試み, 精神的援助しか与える, 精神的摂生法によって自分, 精神的擬態を採る, 精神的擾乱の能力, 精神的改革を図る, 精神的放縦の象徴, 精神的敗残者たるの生涯, 精神的教訓を与うる, 精神的教養以外にはない, 精神的文化的な弱点, 精神的文化的指導者であったの, 精神的文化靈的文明の喚び, 精神的文芸挺身隊も出, 精神的旅行である, 精神的昂揚の最高, 精神的暴力が宣伝病, 精神的暴虐に発し, 精神的有為転変を超越, 精神的本性の現われである, 精神的本質的にすぐれ, 精神的枯渇のさま, 精神的機能のうち, 精神的欝血が僕, 精神的歴史の裡, 精神的段階があまりに, 精神的気流の変化, 精神的決意のうち, 精神的沈潜や詩的, 精神的法悦と文化的向上, 精神的活劇が演じられ, 精神的活動期の中間, 精神的淫蕩に沈湎, 精神的深化や細川忠利, 精神的混乱の今日, 精神的温容を想う, 精神的満足を得る, 精神的滋養を蔵, 精神的激動を受けた, 精神的無力神経衰弱理由も目的, 精神的無能さが恥ずかしく, 精神的煩悶苦惱を根本的, 精神的熱狂を奪われ, 精神的熱量をも放射, 精神的營爲に名づけ, 精神的爆裂弾なり, 精神的物質的に無力, 精神的物質的幸福を無視, 精神的物質的状態は時, 精神的物質的負担を排除, 精神的特徴の一つ一つ, 精神的特異体質である, 精神的特色はもし, 精神的犠牲は大きな, 精神的理性的構造に神秘, 精神的理由がある, 精神的理解これがない, 精神的生命に白刃, 精神的生活物質的生活を形造つて, 精神的生産面だと, 精神的生長を見, 精神的産出にし, 精神的由来をこう, 精神的異常状態に陥る, 精神的畸形児に仕立てあげられる, 精神的疑問の湧き起こった, 精神的疾患を發, 精神的痙攣に過ぎなかつた, 精神的発想創作真理探求美に対する歓喜, 精神的發展にとつ, 精神的監禁を喰ツ, 精神的看護婦と自認, 精神的真摯さや勇壮, 精神的眩暈からしばらく, 精神的破滅はま, 精神的確固性にまで解放, 精神的社会現象をも指し, 精神的神經的に取り, 精神的禁慾主義に陥っ, 精神的福祉とは一つ, 精神的科學に鞍, 精神的秩序の意味, 精神的移行は洋画, 精神的空想だったろう, 精神的空白をみたし, 精神的窒息は最も, 精神的立場がある, 精神的立脚点を定めた, 精神的粉飾も亦, 精神的精力やその, 精神的純潔や真摯, 精神的組織に依つ, 精神的経験を構成, 精神的統一の認識, 精神的絶壁に持ち出したる, 精神的縁故をも見出し得ない, 精神的缺陷を理由, 精神的美醜を発現, 精神的義侠の霊骨, 精神的義務的分子を含ん, 精神的習慣を実, 精神的肉体的欠点を後代, 精神的肉体的素質の総て, 精神的肉体的要素を舞台, 精神的肉體的の私, 精神的背景はアンジョーラ, 精神的能力素質というもの, 精神的脈絡が通じ, 精神的自信を持ち得る, 精神的自叙伝を左右, 精神的自己解放をとなえ, 精神的自我がある, 精神的自殺をなし遂げたる, 精神的自立と教養, 精神的自覚の上, 精神的興奮を求める, 精神的苦しみはない, 精神的苦境にも幾たび, 精神的苦痛傍目には知れぬ, 精神的葛藤のみである, 精神的蓄積がなく, 精神的薄弱を結果, 精神的融合は言葉, 精神的融和をはかる, 精神的血肉とする, 精神的血行を促した, 精神的行動といわれる, 精神的行為と考えられる, 精神的衝撃のため, 精神的表現のため, 精神的要因が歴史的要因, 精神的視角の問題, 精神的覚醒を得た, 精神的親しみももち得なかった, 精神的解剖のうち, 精神的譴責のほか, 精神的豚だと, 精神的貞操が宿り, 精神的貞節の問題, 精神的負傷を家庭医師, 精神的財の予想, 精神的財産が今日, 精神的足場の持てる, 精神的躱避が大きい, 精神的躾をする, 精神的近親相姦にほかならない, 精神的連絡と云う, 精神的進化主義をとるでなけれ, 精神的進物を持つ, 精神的遊資を引出す, 精神的運動又は真剣, 精神的過労が附き, 精神的道場たるべきである, 精神的野心を一同, 精神的銷沈の時期, 精神的錯乱にかられる, 精神的鍛錬のため, 精神的閃めきを, 精神的閉鎖性は今や, 精神的開化の建造, 精神的関係即ち脅迫, 精神的陰翳がない, 精神的隷属との霧, 精神的霊的指標として打ち立て, 精神的霊的要求を充分, 精神的領土を全, 精神的頭脳的生産をし, 精神的風土からの隔絶, 精神的飢餓と当時, 精神的養生ト云ヘルモ亦然, 精神的饑渇の苦痛, 精神的骨格にはまことに, 精神的骨格民族としての強い, 精神的體驗を加, 精神的高みにのぼれ, 精神的高潮に上る, 精神的高調に入っ, 精神的麻痺にかかった, 精神の前, 精神盲目的な狂的, 精神食み相重りわけ, 精神真にぬきさ, 精神知覚というの類, 精神社会と文化, 精神社会歴史などと同じく, 精神社会的人間の意欲, 精神神経作用より製造, 精神も同断, 精神科医井上教授を二人, 精神科学上研究価値の高い, 精神科学専門の吾輩, 精神科学式ドウドウメグリの原則, 精神科学心理学そんなもの, 精神科学界空前の大, 精神科学的方法を導き出す, 精神科学的療法である, 精神科学的経済学の基礎問題, 精神科学的観察の全部, 精神科学等の各, 精神科学者特有のもの, 精神科學歴史科學等の名, 精神科學論がすぐれ, 精神科専門になっ, 精神科教授就任に関する裏面, 精神科行きだと, 精神稀薄ノモノ, 精神一を, 精神である, 精神等々凡そ近世, 精神簡單に言, 精神籠めて働ら, 精神精神とおっしゃる, 精神精神精神とおっしゃる, 精神素質の遺伝, 精神組繊とを考量, 精神組織は高度, 精神結合の單位, 精神統一以外には殆, 精神統一状態に入り, 精神統制に挺身追随, 精神緊張と何とも, 精神総動員その他に政府嘱託, 精神総動員中央連盟が結成, 精神総動員文学論のどれ, 精神総動員的文学論の提唱, 精神総動員運動がおこされた, 精神美感人生的哀感の表現, 精神羸弱者になっ, 精神の一群, 精神耗弱者ではなかっ, 精神肉体両方のあらゆる, 精神肉体中に仏性, 精神胎内の出来事, 精神能力性格其の他, 精神楽人事を, 精神自らこの御, 精神自分自身の生活, 精神自治の伝統, 精神自然の宗教, 精神自由な精神, 精神至上節度というよう, 精神興奮してる自分, 精神若い精神世俗の, 精神若くは精神, 精神苦悩を解決, 精神茫空す熊胆, 精神茶道趣味とは縁, 精神萌芽と申しました, 精神葛藤がすでにもう, 精神薄弱症という病気, 精神薄弱者たるお前, 精神虐殺の犯罪性, 精神行動においてロシア, 精神行動主義一流派の主張, 精神行動主義文学ロマン主義者の間, 精神衛生の見地, 精神衛生上よろしくない, 精神衝動で, 精神衝撃や肉体, 精神表現がたがい, 精神衰えてヒョロヒョロ, 精神衰弱とでもいう, 精神要旨と考える, 精神見る影も, 精神視界拡大の精神, 精神解剖図を持っ, 精神解剖学や精神生理, 精神解剖学以下精神病理学に到る, 精神解剖学精神生理学同病理学, 精神解剖学精神生理学精神病理学から観察診断, 精神ひ換, 精神訓話をした, 精神詳言すれば, 精神誇示の文学, 精神誘導力の為, 精神は人生, 精神読書と云う, 精神論理的精神本当の客観的, 精神論者に讓, 精神論議に際して大森義太郎氏, 精神講座数学自然科学人文科学日本文学外国語外国文学等に大別, 精神の補助手段, 精神趣意を間違わぬ, 精神軽佻浮薄なり自己陶酔, 精神退屈しきってる無, 精神週報の文学的価値, 精神進化をもっ, 精神運動家達のやり方, 精神に正直, 精神選挙権の尊重, 精神遺伝説を信じた, 精神だ相似たる, 精神酷使が倦怠期, 精神鋭敏な決裁能力, 精神錯乱両親の悲痛, 精神鍛練に効力, 精神鑑定係りと呼ばるる, 精神のいかん, 精神闡明のため, 精神陋劣佞奸邪智の曲者, 精神障害を一つ, 精神隷属の精神, 精神注状態, 精神集中ひとつで保たれ, 精神集中作用が完全, 精神集中無念無想の三昧境, 精神集中状態に入る, 精神集合して, 精神集注力である, 精神霊魂をも健全, 精神科学的精神の, 精神面人間の生き甲斐, 精神頭脳面貌歩き方, 精神顛倒が恐しけれ, 精神風俗等は悉く, 精神風景の問題, 精神風采を摸する, 精神飛躍と思う, 精神骨髄には, 精神髓氣の力, 精神高く緊張し, 精神といふもの, 精神魍魎として家, 精神麻痺へのプロテスト, 精神鼓吹によつて