青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「精~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~米友 米国~ 粂~ ~粉 粉~ 粒~ ~粗末 粗末~ 粥~ ~精
精~
~精神 精神~ 糞~ ~糸 糸~ 系~ 系統~ 紀~ ~約束 約束~

「精~」 2030, 20ppm, 5672位

▼ 精~ (305, 15.0%)

67 出して 11 出した 6 だして 4 入れて 3 こめて, だすの, 出しました, 出す

2 [13件] きらした, 入れるの, 出さう, 出し母シンシア, 出すの, 出すので, 出すよう, 出す感心, 変質させ, 完全に, 尚ぶ, 盡し, 説き故

1 [179件] あつめて, いい魄, いれて, うちこむだけ, うちこんで, きらし半行, きらせて, きわめ微, くみて, こめたが, しぼって, すっかり絞りつくし, すり減らして, そそいで, だした, だしてね, だしな, だしなにかと, だしはじめた, だし書, だし麻雀, だすだけ, だすな, だすん, だす同僚, だせば, だそう結婚, つけなくては, つけるため, つけるもの, つける藥, つめても, とり芳野, ば吸い取った, よくし, 一つ見せ, 一喝の, 一週間だけ, 両手に, 付けなくては, 使って, 傾けたろうと, 入れしゆえ, 入れたに, 入れたの, 入れようという, 入れるという, 凝らしかたがた, 凝らして, 凝らすに, 出さうと, 出さずに, 出さず小説, 出させるよう, 出さないでは, 出さないやう, 出さない様子, 出さない話, 出さなければ, 出さねば, 出され米三さん, 出しあって, 出したの, 出したまえ, 出したもの, 出したら, 出したり, 出しては, 出しねえな, 出します, 出しませんから, 出し一方, 出し初め, 出し和歌山, 出し墓参り, 出し夕食後, 出し給, 出し老人, 出し良人, 出し贅沢, 出し金, 出し隙, 出すうんうん, 出すこと, 出すし, 出すだけ, 出すに, 出すね, 出す事, 出す兄, 出す方, 出せ, 出せと, 出せば, 出せ主人, 出そうという, 励まし神, 取り, 受けて, 含める水, 呼び出し飛翔, 和らげるには, 咲かせた, 喰べ, 壓迫する, 宿して, 専に, 尚ば, 尚ばね, 尽かした, 尽かして, 尽くし神, 尽した法水, 尽し力, 張って, 待たれました, 得るに, 思い出して, 惜しむな, 惜むな辛防せよ, 意味する, 意識し, 抜いて, 捕えたつもり, 捜す道, 掌握し, 揉んだは, 描いたベックリン, 提示し, 放出し, 旺んに, 有つ, 本當, 枯らして, 根かぎりに, 極むるによつて, 極めてまた, 標すので, 殫し, 泄しつ, 活かした畫家, 混合した, 玄牝に, 生ずと, 生捕りに, 男性に, 疲らして, 疲らす然し, 白虎と, 知ろうとして, 石糖といえり, 突き放し, 窮め微, 練り慮を, 縛る布, 耗らし, 聟に, 落してしも, 蔵の, 表わし日, 見ずば, 見たといふ, 見るシヱーキスピーア, 見んと, 記し, 詠じたる歌, 説き其他, 説き火, 説き藤, 説き西行桜, 説き遊行柳, 過ごして, 選ったもの, 闘わせば, 限らし, 集めた当時, 集中し, 養ふと, 魄と

▼ 精~ (239, 11.8%)

14 出ますね 12 出るね 11 出て 6 出ますこと, 出るのう 5 でるね, 出るな 4 ないといふ, 出ますな, 出るの, 出るん 3 出ました, 出ます, 出ますねえ, 出ること, 出るぢ, 出るねえ 2 つきて, でるな, ない, 出るよう

1 [138件] あった, あって, あの倍音演奏, ある, あると, あるなら花, あればこそ, いいつけ, いかなる時, いて, うしろに, おそらく読者, かく様々, きれたか, きれて, きれる, こんな比喩, ついたよう, ついて, つきたよう, つきたらしく, つきましたよ, つきますよ, つきるくら, つく, つくっていう, つづくと, つづくもの, でますわ, でます茂助, でるなあ, でるの, でるよう, とびはねるだけの, どうして迷っ, どんな妖気, ないから, ないという, なく胸, なさ, なさそう, ぬけて, のりうつって, まぶたを, めしあがると, もし彼, よくなる, ダイアナが, 一ついます, 一人飛び出し, 一番品位が, 丈夫に, 三月二十二日に, 不思議な, 中に, 人に, 人間男の, 今宵私を, 付かないん, 兎雉等に, 入って, 入りませう, 出た, 出たのね, 出ない, 出なかつたもん, 出なくなった, 出ますと, 出ますなあ, 出ますねェ, 出ますよ, 出ますネ, 出よるなあ, 出るか, 出るじゃ, 出るで, 出るといふ, 出るのね, 出るばかり, 出る事, 出過ぎたよう, 切れたと, 切れたとは, 切れるらしく顔面, 化けたと, 家を, 宿って, 就任し, 尽きちまうぜ, 尽きて, 尽き果てたの, 幹から, 幾週間も, 強いか弱いかは, 強いの, 形を, 御殿の, 悪戯に, 戻って, 抜けたね, 抜けて, 拔け, 接吻し, 新米寡婦方へ, 旭を, 旭日を, 最後まで, 歌って, 残って, 演じたうち, 火精に, 無く成た, 生きて, 病と, 盃を, 盡き, 祟るなら曹操, 笛を, 管絃の, 続かない, 美しいわかい女, 老中の, 脱ける, 臥して, 自ら書し, 舞いながら, 菅茶山を, 蘭軒に, 誰である, 踊り数人, 迷うて, 進んで, 遊びに, 金博士の, 陸奥の, 顕はれた, 馬が, 驚くべき奇蹟

▼ 精~ (193, 9.5%)

12 ように 7 ような 6 やうな 5 美しさ 4 やうに, 出ること, 賞詞を 3 女と 2 ない笑, 世に, 人たちの, 出ないの, 強いもん, 札の, 札を, 繰り出す糸

1 [132件] あの花, ある材木, いたずらに, うったえ, おとろえて, お宮です, かぎりを, かげも, ことを, ごときもの, ごとき南瓜, しむぼるとしてゐるのから, つきたよう, つくもの, つくよう, つく大型, つく物, つぶやいた, ない人, ない声, ない深紅, なさ, ぬけて, ひそめば, むすめ, ようについて, オーレ・ルゲイエぐらい, オーレ・ルゲイエの, カアルの, ユーモアは, 一人か, 一人として, 一句が, 一字の, 一字を, 一語は, 一語を, 一語を以て, 世界へ, 中では, 丸山邸に, 二代に, 人たちです, 付く喰, 仲間に, 作った新製, 信念が, 信念だ, 六男で, 六男正弘は, 出て, 出来損いの, 力ある, 功これを, 印象を, 召状を, 名を, 呪文を, 嗣子に, 嘲笑が, 四妖に, 女あり, 女だ, 女と共に, 女に, 女の, 女は, 妖しき美しさ, 姿が, 子正弘の, 宿りこの, 居処を, 強いの, 悪戯である, 感情が, 手を, 抜けた白茶けた超, 抜け出したよう, 指導ぶりは, 時村上清次郎菅太仲鈴木圭輔北条譲四郎, 未だ老中, 札, 札が, 朱書である, 来訪は, 樣な, 欠乏, 次ぎに, 正体には, 此十六字を, 死は, 気血を, 氣化し, 洒落じゃ, 無く成た, 狐神を, 珠数を, 男と, 男を, 男性一般に, 真玉の, 眼に, 符を, 米と, 紙片, 紙片を, 細工を, 続く限り, 群れ, 臣で, 自画像として, 若者が, 若者で, 蕊, 解綬は, 請罷の, 講義が, 講義は, 足元から, 踊りでも, 踊りは, 辞職の, 迷信を, 違例は, 邸第, 部下である, 香案, 香道と, 髪の, 魅惑かも, 黄英を, 黙劇な

▼ 精一ぱい~ (95, 4.7%)

4 であった, なの 3 だ, で生き, のところ, の声, の言葉 2 だったの, であの, でございます, なら八重田数枝, に努め, に生かされた, に生かす, の事, の仕事, の力

1 [52件] お取次ぎ, だった, であったの, であった自分, である, でいる, です, でそれ以上, で余裕, で駒, にし, にしぼり出す, に優しく, に叫び, に堪え, に大きく, に生き伸び, に生活, に申し上げ, に育て, に見開い, に開い, のいやがらせ, のお願い, のこと, のもの, の作品, の努力, の反抗, の大きな, の大声, の奉公, の強気, の心遣い, の忠告, の正直さ, の知恵, の笑声, の良心的, の芸当, の速度, の音, やっとの, 働いて, 出し切れそう, 口汚なく, 叫んだもの, 大きな聲, 張り切って, 照りかえす花, 遊んで, 遣つて

▼ 精~ (88, 4.3%)

60 根も 2 ない

1 [26件] あるまいし, つきて, つき果てた人, ときどきに, ないから, ないという, なくただ目, なくなっちまうだ, なく其, 力も, 国力の, 姿さえ, 尽きて, 尽き途方, 張も, 張りも, 張合も, 月の, 森の, 気根も, 気魂も, 気魄も, 矢張り少女の, 続く限り, 虎と, 近よれよ

▼ 精~ (67, 3.3%)

2 彼の

1 [65件] ありゃあ, いつの間にか上衣, この満場, これ神なりという, しく論ぜられたれば, しばらく私達, ずっと痩, そのきれい, その中, その戦場, その正体, つぶやいて, ないの, なかった, なかなか人間, また彼, わしの, 一向迎え, 三十分ほども, 丙子の, 丸山より, 主に, 何も, 何れも, 修學の, 六月二十日に, 出せぬ, 千年の, 即ちゾンザイ, 向こうを, 吾が心, 四十九歳で, 地骨皮の, 失望し, 学を, 将に, 尽き眼, 強大で, 形は, 思いの外わるびれた, 所謂加判の, 文化元年に, 曲がった腰, 本當, 此年文政二年十一月二十七日に, 水神の, 水錆江に, 泣き止んだ妖婆, 無言で, 猛犬を, 玉土の, 病と, 病気届を, 痩せた顔, 羊と, 羞し, 老中を, 老人夫婦として, 蘭方を, 蘭方医を, 西丸下より, 覗き込んだ, 詰並で, 野鼠の, 銀の

▼ 精~ (53, 2.6%)

2 一種の, 入り微, 扮し

1 [47件] あらざるなり, あるとも, ござります, し粮, なって, なり得るかも, ほかならぬ, 云ふ, 仕えて, 仕へたもの, 代つて, 代つて弘安本孝経, 代りしかも, 以て, 似て, 何事にも, 侍し, 入らざれば, 取っつかれた美しい, 取り囲まれて, 受け精これ, 召されて, 向って, 吸いついて, 吸いつけられ次第に, 思に, 恐れて, 感じて, 成り代って, 扈随し, 月よりも, 比べると, 特殊な, 益妙なり, 老人は, 考証の, 脅えて, 若い生命, 見立てるならば, 誘導され, 請ふ, 謁した, 譬えねば, 赴けるは, 逢ったの, 遭った人, 鬼よりも

▼ 精~ (49, 2.4%)

2 に對, の存在

1 [45件] がおま, がや, が神, が私, が能動的, だと, であつ, との對立, とも戰, と國土, と見ない, と見る, に動搖, に感じ, に祈る, に誓言, のあやし, の一群, の如く, の時, の歸つて, の活動, の眞菰, の神, の誓約, の間, の間近, の餌, は固, は寧ろ, は意義, は拜みつ, は本, は目, もソロモン, を伴, を創造, を大勢, を屈服, を征服, を感染, を慴伏, を踏み, を逐, 流しの

▼ 精~ (41, 2.0%)

2 する例

1 [39件] いうまで, したの, した遺風, しも, し日, とりどりの, なったの, もう百年近く, よばるる女神, 一日遊ばし, 云うの, 云ひた, 云ふ, 住吉明神一対の, 元からの, 力と, 化した魔力, 夫婦に, 女血の, 忍びやかに, 思わなければ, 性別転換の, 扉を, 日に日に親しみ, 根を, 根気に, 根気を, 氣が, 水魔との, 王子とが, 申すの, 男性に, 知れる, 私と, 空想の, 見え臍から, 見立てた獣, 通ずる, 黙語点頭

▼ 精いつ~ (37, 1.8%)

13 ぱいの 2 ぱいだつた, ぱい腹に

1 [20件] ぱいあたゝかい視線を, ぱいだ, ぱいだつたんだ, ぱいなんだから, ぱいに, ぱいのことができませんしそれではまた, ぱいの力で, ぱいの声で, ぱいの愉快に, ぱいより, ぱい可能な, ぱい大きな, ぱい愛し, ぱい手を, ぱい振り, ぱい率直で, ぱい皮肉を, ぱい自分の, ぱい鍬を, ぱい首を

▼ 精~ (23, 1.1%)

2 の盡

1 [21件] がみなぎつて來, が殘つて, こそ常に, と活氣, に滿, のあふれた, のほとばしりである, の中, の經, は老, みちて, も, よりさき, をもつ, をもて, を失つて, を得, を流し込み, を與, を花, を費

▼ 精~ (20, 1.0%)

2 な兵

1 [18件] が一体, が命, が煙, が馳せ参じ, なかわり, なる懶, な胡夷, に主, に当っ, のみを率い, の大軍, はみな, をひい, をひきつれ, を挙げつくし, を率い, を率いる, 数万殺到し

▼ 精~ (19, 0.9%)

2 でも

1 [17件] あつた, いっぱいに, がすよ, こするとい, この西三百余歩, すでに腰, できた小さな, むずと馬, もはや私, ニクジーと, 三四杯あ, 久しくここ, 先生も, 半人半妖の, 慶忌という, 男松は, 穀城山下に

▼ 精~ (19, 0.9%)

6 の鐘 2 のさ, の壁, の規模 1 かと, に秋, に設け, のつめたき, の檐, の段, の鐘われ

▼ 精~ (18, 0.9%)

2 である

1 [16件] から出, だと, であり精神, とする, なの, なり大國民, に達し得た, は華嚴, まで味, をどこ, をなす, を得た, を捉, を掴ん, を記したる, を選擇

▼ 精~ (17, 0.8%)

4 いそしめ 3 燃えたけれ, 蜿くれ 1 おまへは, 吹き止んで, 消え失せよ, 滝を, 火を, 燃え猛れ, 集まって

▼ 精~ (16, 0.8%)

2 ッぱいの

1 [14件] ッぱいか貴様少し, ッぱいご馳走を, ッぱいその眼で, ッぱいであった, ッぱいな善意だろう, ッぱいな声で, ッぱいな弓勢では, ッぱいな弾力を, ッぱいな憂, ッぱいに, ッぱいを, ッぱい心の, ッぱい賞めて, 御手紙

▼ 精~ (15, 0.7%)

2 ということ

1 [13件] が, がこんどおれ, し間作, といった, といつた, と云つた, と名乗っ, と思っ, と感づきました, と言, な, のと, よ蹴った

▼ 精~ (14, 0.7%)

1 [14件] そしてその, なぞの, なにかの, 何かが, 何ぞの, 何んかに, 其の女瀧, 匂いの, 星月夜の, 梅の, 正体を, 白鳥の, 知らん今, 鬼かと

▼ 精一パイ~ (14, 0.7%)

3 であった

1 [11件] だ, だから, であったが, という, といううらぶれた, という程度, のところ, の希いであった, の言葉, 怠けたがるの, 高くあげた

▼ 精~ (14, 0.7%)

2 はおどろい, を見 1 ためらいながら, とは若人, と化し, のわき, の前, の目, はうつむい, はうつむいた, は力, は水煙

▼ 精~ (14, 0.7%)

4 の袴 2 の紅, 織の 1 か綸子, とは精, なもの, の, の緋, 織で仕立上がり

▼ 精~ (14, 0.7%)

4 して 2 した人 1 が重要, した, したいと, したかを, しない自分, す, せずして, せられよ思ひ盖

▼ 精なる~ (12, 0.6%)

1 [12件] ものには, ものの, ものは, を力めざる, を勉め, を得, を悟り, 人は, 可し, 方より, 農と, 青年は

▼ 精でも~ (11, 0.5%)

1 [11件] あつた, あるかの, あろうか, あろう二本, 妖獣の, 日本の, 棲んで, 構わない, 矢張り年齢を, 蛇吉の, 面白くなけれ

▼ 精~ (11, 0.5%)

1 [11件] かつ典雅, な学風, な指導監督, な注釈書, な解釋, になる, の妙, を極めた, 之を以て, 人情をば, 苦修

▼ 精~ (10, 0.5%)

2 をそそいだ, を吸っ 1 とも謂っつべきなり, の精, を恥, を注ごう, を減らし, を絞る

▼ 精である~ (9, 0.4%)

1 かのよう, とすれ, と自負, と見なし, などと三十三間堂, などと云いふらす, にすぎなかった, カアルわたしは, 老人の

▼ 精~ (8, 0.4%)

1 ばら色の, 山神をさえ, 水の, 海の, 花の, 蛋白質酵素単, 遊びの, 風精を

▼ 精~ (8, 0.4%)

1 ありて, あるもの, あるを, なき俗惡, は頗る, を有し, を認, を賦與

▼ 精~ (7, 0.3%)

1 いだった, いよく, い五十文, い働いて, い女狂い, い彼方此方仕事口, い苦味

▼ 精~ (7, 0.3%)

2 して 1 させ捧術, させ棒術, してを, しなければ, をなす

▼ 精~ (7, 0.3%)

1 が一度, が大勢, が遊び, だと, と遊ばれました, の居る, はもと

▼ 精との~ (6, 0.3%)

1 ささやきで肌ざはりの, 女王と, 密接な, 対話を, 間を, 関係

▼ 精~ (6, 0.3%)

1 とを持つ, の全部, を凝し, を盡, 同じきゆえ, 往いて

▼ 精~ (6, 0.3%)

1 の噴出, の子弟, の有, より成る, を尽し, を集め

▼ 精~ (5, 0.2%)

1 は言, は龜屋, 看るべき遑, 知るを, 通ぜる人

▼ 精だった~ (5, 0.2%)

2 かも知れない 1 か, が, ことを

▼ 精では~ (5, 0.2%)

1 あの虹, ない, ないかしら, ないかと, なくて

▼ 精~ (5, 0.2%)

1 出シタ, 極メ, 蔵シ毒ヲ, 要セザルナク, 要セザルナシ

▼ 精~ (5, 0.2%)

1 であり鈍重, なもの, なる点, な赤絵向付, に十分其間

▼ 精~ (5, 0.2%)

2 なりし閲歴 1 に思ひ, の有, 以外に

▼ 精衛閣下~ (5, 0.2%)

1 が絵, におめにかかる, の応接間, はその, は日本語

▼ 精~ (5, 0.2%)

5 算法

▼ 精~ (5, 0.2%)

1 によって仰ぐ, の力, も熱心, をいたし, を諒する

▼ 精かぎり~ (4, 0.2%)

1 働いて, 働けば, 叫ぶ聲, 撫で廻すという

▼ 精かも~ (4, 0.2%)

2 知れんと 1 知れないな, 知れません

▼ 精だし~ (4, 0.2%)

1 ていた, ている, てお, てはいる

▼ 精とも~ (4, 0.2%)

1 云ひたい, 云ひたい樣な, 見えるそれら, 謂ツて

▼ 精~ (4, 0.2%)

2 ことで 1 のです, んだ

▼ 精には~ (4, 0.2%)

1 けっして今, どうして遇, 何やら腑, 素より植物

▼ 精ノウ~ (4, 0.2%)

1 から精, だ, を他, を移植

▼ 精刻峻急~ (4, 0.2%)

2 の角度 1 に陥る, に陷

▼ 精~ (4, 0.2%)

1 されたる感情, された人, された諧和, とに從つて早晩實

▼ 精女達~ (4, 0.2%)

1 が歌い踊っ, の一人, の主人, も出

▼ 精工舎~ (4, 0.2%)

1 という時計工場, の寮, の裏手, の質素

▼ 精~ (4, 0.2%)

2 を尽し 1 の人, の誠

▼ 精~ (4, 0.2%)

2 して 1 いたしましたるその, って三十人

▼ 精~ (4, 0.2%)

1 な哲理, の四標的, の四箇, 此の

▼ 精~ (4, 0.2%)

1 でございましょうか, というは清らか, というは潔き, に司配

▼ 精~ (4, 0.2%)

2 すべきもの 1 して, す

▼ 精~ (4, 0.2%)

1 の出張所, はまだ, は女ボーイ, へ行つて玉突

▼ 精から~ (3, 0.1%)

1 生まれたもの, 銀の, 頂戴した

▼ 精でございます~ (3, 0.1%)

1 か, もとここに, 貴郎

▼ 精という~ (3, 0.1%)

1 ものが, ように, 成分が

▼ 精なり~ (3, 0.1%)

1 これを, 云云, 数年彼と

▼ 精不精~ (3, 0.1%)

2 に大した 1 とを外

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 の演奏, の稀音家和三郎, を聴く

▼ 精到なる~ (3, 0.1%)

1 天然観察者なる, 彫刻家が, 所以は

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 ともいうべき, なる道徳上, な写生

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 とかへ勤めてる, に触接, の摘出

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 が出, も描き, ヲ緯トシ以テ遂ニ其大成ヲ期シ洵ニ此学必須

▼ 精師長~ (3, 0.1%)

1 のうしろ, はさすが, は盃

▼ 精~ (3, 0.1%)

2 深刻舌端に 1 なる大

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 なるこれ, にし, の依託

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 のリズム, の位, は直に

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 にてこれ, のこと, も

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 がもの, に張り, を堅固

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 とマジノライン, の気, を蔵す

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 で歴史上, なるを以て, なる批評眼

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 その空想, なる新井白石, の人

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 なる尋究, なる研究猛烈, に進め

▼ 精~ (3, 0.1%)

1 その前, のごとし, の精

▼ 精限り根限り~ (3, 0.1%)

1 の味覺, 働いて, 弾いた

▼ 精~ (3, 0.1%)

2 なる語句 1 な貝殻

▼ 精あるいは~ (2, 0.1%)

1 人あるいは, 霧の

▼ 精かと~ (2, 0.1%)

1 思いましたよ, 訝しまれるよう

▼ 精~ (2, 0.1%)

1 人なれ, 者曰く水道の

▼ 精さえ~ (2, 0.1%)

1 一つも, 根さえ

▼ 精さんあなた~ (2, 0.1%)

1 お年齢, は何

▼ 精たち~ (2, 0.1%)

1 が置い, やアヘロオス河

▼ 精だの~ (2, 0.1%)

1 ひきつれて, 火精だ

▼ 精とか~ (2, 0.1%)

1 何んとか, 粋とかいう

▼ 精とが~ (2, 0.1%)

1 向きあって, 神會融合し

▼ 精として~ (2, 0.1%)

1 上出来だった, 馬神コド・ペンを

▼ 精とは~ (2, 0.1%)

1 これだ, 一町ばかり

▼ 精など~ (2, 0.1%)

1 怖くは, 舌に

▼ 精ならざる~ (2, 0.1%)

1 を指し, 時は

▼ 精ならん~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 精にでも~ (2, 0.1%)

1 なったよう, 憑かれたの

▼ 精みたい~ (2, 0.1%)

1 な姿, な娘

▼ 精より~ (2, 0.1%)

1 かも遥かに, 生ずと

▼ 精ニツケルマン~ (2, 0.1%)

1 のお, の独り言

▼ 精一ぱい銅貨~ (2, 0.1%)

2 を投げ飛ばした

▼ 精一等~ (2, 0.1%)

1 の諸氏, もさ

▼ 精~ (2, 0.1%)

2 の精

▼ 精以上~ (2, 0.1%)

1 合せて, 合わせて

▼ 精動運動~ (2, 0.1%)

1 が活気, を必要

▼ 精~ (2, 0.1%)

1 の本拠, 近頃健康

▼ 精心健~ (2, 0.1%)

2 になり

▼ 精~ (2, 0.1%)

1 寧正弘正教正方正, 粋の

▼ 精~ (2, 0.1%)

1 と最, のやう

▼ 精系手術~ (2, 0.1%)

1 が行き届く, を受け

▼ 精~ (2, 0.1%)

1 の背広, の被風

▼ 精美中~ (2, 0.1%)

2 の美

▼ 精苦し~ (2, 0.1%)

1 て八十幾つ, て書

▼ 精蔵氏~ (2, 0.1%)

1 が時折参詣, 同筆者等

▼ 精~ (2, 0.1%)

1 の来り, をし

▼ 精~ (2, 0.1%)

1 なる道徳性, な流動的

▼ 精靈さま~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ 精靈棚~ (2, 0.1%)

1 の眞こ, をし

▼ 精~ (2, 0.1%)

2 を率い

▼ 精~ (2, 0.1%)

1 の宮殿, 現われて

▼1* [280件]

あはれ色も無し, 精あらば後生, 精あるかを知らず, 精あわせて昭, 精いっぱり, 精お前のん, 精かぎり根限り祈りつづけよ, 精かつ詳, 精かなものは, 精けた白米をもらう, 精けるのか, 精これを神, 精さるからに凝りき, 精ざいすなわち用い, 精一派を, 精しからざることよと, 精しからず宿題に, 精じみた風貌を, 精じゃないかと, 精又萎黄病, 精それかあらぬ, 精だけで現世, 精だけに水精, 精だすこと, 精やない, 精った精兵を, 精ふ俗信今, 精でありましたが野原, 精であればこそこれ, 精でございまして, 精ですよ月, 精といった感じが, 精といふやうな, 精とかいふ怖い者, 精とかをひっとらえて, 精とやらが出るん, 精とを比較し, 精と共に永久に, 精ども女神に四行詩, 精なぞを箸で, 精などという噂も, 精などとは似ても, 精などの楽しげ, 精ならざるも, 精ならずして世, 精ならずんば何ぞ, 精ならず論じて盡, 精なれば猟犬, 精なれよろづの調の, 精についていかにも虚妄, 精に関する問いを, 精ほとほと尽きて, 精また天道様が, 精みんつちとの, 精がその, 精り抜いた侍どもでは, 精をも招きよせて, 精アプサラスを妻, 精イッパイだと, 精オリノーネに愛せられ, 精ナク武人徒ラニ壮語大言ヲナスモ田牛行馬ハ痩セ衰ヘテコレヲ戦場ニ駆ルモ, 精ワルドシュラアトの無, 精に従学, 精一つぱいのお扮りなん, 精一ぱいあくせく暮して, 精一ぱいいゝ声で謡つて, 精一ぱいのいたはりと愛情だけをそ, 精一ぱいのことをしてやらうと言つた氣になつ, 精一ぱいやつとのところ, 精一ぱい兄きの注意を惹き起さう, 精一ぱい大声を出し, 精一ぱい心を今, 精一ぱい思い一ぱい瞳をさだめ, 精一ぱい歩き盡くして, 精一ぱい熟く咬み砕い, 精一ぱい私も美しく, 精一ぱい紳士きどりで構えて, 精一ぱい誠実でありミジン, 精一ぱい遙かの海, 精一ガ御尤モダガ御身, 精一パいです, 精一パいに泣出, 精一パイ勘考して, 精一パイ準備しても, 精一パイ蛇行して, 精秤不能量之, 精亀血を啜りまし, 精二幕目が風精, 精人類理想の歸趨, 精伝説と謂, 精充満だ, 精光斗牛を射る, 精が一度, 精再び現わる, 精を尽しきれない, 精冷たきを異, 精出いて人, 精出るなア, 精分明是聖人所作といつ, 精切り一杯根のあらん, 精刻苛佻動もすれ, 精に書かれ, 精勇溌剌当るべくも, 精して, 精で活動, 精勵型のチェエホフ, 精勵型直木三十五などは先づ奔放自在型, 精化して竜馬, 精卒五千を選ん, 精の気, 精の如く, 精君等と国事, 精吾氏に会う, 精を真, 精には往々, 精なる道徳上, 精の化物, 精多く人に, 精多ければすなわち, 精明神も, 精女二人の精霊, 精妖精やさしい精, 精く人, 精嫋々の影, 精なり何と, 精密度なくし, 精寫しある故, 精尽き根疲れ, 精の精, 精山羊形で現, 精嵐気から生れた, 精工堅緻にし, 精工業に巧妙, 精工社の柱時計, 精工舎製だが, 精巫蠱を司る, 精を, 精心活溌始て日本人, 精忠十八歳家を毀つ, 精忠成が行, 精忠無二の長州出兵論, 精忠義憤の人々, 精忠義烈な張巡, 精忠者があります, 精すれば, 精の餘, 精性元素などがたくさん, 精な魚, 精の豊満, 精感謝の精, 精ふる人, 精手幡以下の品物, 精探した上でなけれ, 精探すると驚くべき, 精探せし結果婦人は, 精の騰, 精撫一本云々と御座候, 精撰大成の書, 精撰本に, 精堅実なる, 精敏堅實なる事務的能力, 精整緻密石を描い, 精文堂であったらしい, 精なれば, 精木魅の出で, 精木魅威名を避, 精第一病棟, 精の精, 精の気溢, 精しようと, 精則非, 精極まりて霊, 精極まるとはすなわち, 精極手字の則, 精極的な思いやり, 精構えのない, 精がこないだ, 精様京の光子様, 精次郎夫婦よりも宜しく, 精の精, 精の血液, 精母血を借り, 精は先生, 精気づいてきた, 精気づき心も, 精氣みたいなもの, 精氣五體に充ち, 精氣津液血脈の六者, 精氣轉じて, 精すでに満, 精の精, 精法則の柱, 精の如く, 精涸渇した男, 精測しがたいから, 精測したき事あっ, 精滴地に入り, 精無心の草木, 精熟人物一変なるべくと, 精牛馬形を現, 精物精霊を想像, 精狐怪古家荒房の死鬼愁魂, 精は堅, 精甲日に輝く, 精盛薬館一二を掛売, 精し得るが, 精し一家言, 精神意氣に變, 精神智脳鑑定を要する, 精するは, 精童話の国, 精きて, 精等弩を高楼, 精をかけ, 精納屋に匿, 精純邦儒語録ノ翹楚タリ, 精紡機の上, 精紳状態で一時間, 精綺水という眼薬, 精老樹の精, 精でシットリ, 精如何にも立派, 精興社の活字字形, 精興社主白井赫太郎氏をはじめ, 精である, 精の精, 精芸会社の社長某氏, 精の精, 精苦誦経四十五万言云々常に一虎, 精英于一籠藐茲丈室与天穹窿羹牆如, 精茴香油茴香水を採録, 精の葉, 精草々の精, 精萃抜群の平和主義者, 精蔵両氏が熊本, 精蔵教授これが会長, 精薄児か死刑囚, 精薄児教育の方, 精を以てその, 精衛さつさ, 精衛主席に会う, 精衛海を填, 精衛舎といふ文字, 精補佐また賢良, 精言葉の精, 精詳微密ニシテ遠ク和漢, 精誠に至りては, 精之助, 精にし, 精と敷衍, 精通せる妻木直良氏に, 精達している, 精を飮, 精醇化された精神, 精野鬼を借り, 精釘打ちの突き, 精の如し, 精なれども, 精して, 精閣老たること殆ど七年, 精限り駈けて, 精院長の手, 精であること, 精雪女郎に, 精霊迎えだった, 精靈たちがよい, 精靈樣の茄子, 精靈樣送りは死ん, 精靈舟がただ, 精靈船にはその, 精靈達の國, 精顕氏の, 精したもの, 精と為り, 精馬強兵は北国, 精騎数千を帥, 精のない, 精魅らかの少女, 精麁宜しきを得ず, 精麗そのものであった