青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「薄く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

蔓~ ~蔭 蔭~ ~蔵 蔵~ 蕎麦~ ~薄 薄~ ~薄い 薄い~
薄く~
~薄暗い 薄暗い~ 薔薇~ 薪~ 薫~ ~薬 薬~ 藁~ 藍~ 藏~

「薄く~」 1410, 15ppm, 7380位

▼ 薄くなっ~ (109, 7.7%)

25 ている 6 ていた 5 て来た 3 ており, てきた, て行く 2 たりする, てい, てしまっ, てその, てゆく, て行った

1 [52件] たりまた, たり物忘れ, ていくら, ていや, ていれ, ておまけ, てき, てきました, てきれい, てしかも, てしまい, てしまいに, てしまいます, てしまう, てしまえ, てしまった, てそれ, ては足下, てぼんやり, てみんな, ても熊谷, てアルコール, て両, て乾燥, て二, て判然, て剥げ, て多少, て奥, て日, て最後, て月, て来そう, て来ました, て来る, て柔らか, て機械的機能, て段々に, て消えかかっ, て熱い, て生え際, て眉, て緑, て自分, て藤色みたい, て蛍, て行きました, て見えなくなっ, て赤い, て軒, て追, て顔

▼ 薄く~ (62, 4.4%)

2 ひどく撫で肩, 小さくて, 幅の, 細くて, 血色が

1 [52件] うまく油絵, こんな果報, ちよぼり, とがつたやう, なるに, なんとなくさびしかっ, まづい, ダラットで, フミンに, 丸い枠, 他の, 住めんは, 何んと, 俗人とちつ, 冬の, 十二の, 卑屈で, 却って話, 却て, 国体変革の, 地金が, 大きなウェーファーみたい, 容易に, 寒さ, 小さいフトン, 少しも, 市の, 幅が, 引き締って, 我儘を, 捲いた頭髪, 数が, 敵の, 有るか, 有様は, 極度に, 樂な, 滑か, 滑稽で, 生きて, 目の, 紅くて, 絵の, 胚に, 腦の, 興奮したら, 色らしい, 規則正しい花片, 透明に, 顔全体が, 髯が, 齒並びが

▼ 薄くなった~ (58, 4.1%)

2 ので, ようだ, ような, ように, わけである

1 [48件] かも知れぬ, から海, こうした時, それを, ために, とき代り代りに, とは言え, と申す, ねえ, のだろう, のであろう, ので底, ので頬, のにびっくり, のは, のや, ままで, まま消え去っ, やうで, やうでした, ようで, イガ栗頭と, 丈で, 事を, 亭主が, 四十男が, 地面の, 場合である, 大きな頭, 夫の, 客の, 感じで, 折目を, 揚句は, 瓦斯なら, 男に, 空色の, 者も, 肩や, 胡麻塩の, 薩摩下駄まだ, 言葉を, 躰に, 連中が, 頭と, 頭を, 頭髪に, 額を

▼ 薄く~ (52, 3.7%)

7 つてゐる 5 つてゐた 4 つて來て 2 つて來た, ツた

1 [32件] つたと, つたとにかくそれだけ, つたのさ, つたのを, つた中, つた客の, つた母親の, つた毛を, つた毛髪と, つた繭の, つた血が, つた髪を, つた髮を, つてところどころ, つては, つてぼんやりし, つて健康らしい, つて卵形の, つて參覲者の, つて單に, つて大きな, つて居る, つて川の, つて明るく, つて来た, つて痩せ, つて空を, つて行つた, つて行つた者も, つて行つて間隔が, つて遠海へ, ッた

▼ 薄くなる~ (41, 2.9%)

2 わけである, んだ

1 [37件] かどう, からそのまま, から心配, が深い, ということ, とか道徳, としても被, とともに鷹揚, とは私, とカッ, と云う, と今度, と彼, と思うた, と思った, につれてもう, ので, のである, のに懶い, のを, ばかりです, まで膨れ, ものである, ようで, ような, ように, 事も, 外の, 小さいの, 帯の, 時消え, 月恋の, 棒の, 而し, 訳で, 訳であります, 頃で

▼ 薄く切っ~ (38, 2.7%)

2 てある, てバター, て入れ, て別に, て小松菜

1 [28件] てあった, ておきます, てこともなげに, てその, てその他, てつくった, てみ, てみんな, てコールミート, てパン, てフライ鍋, てベシン皿, てロース, て一晩水, て前, て大根, て干す, て径十五センチ, て暫く, て最初, て林檎一斤, て油, て混ぜる, て溶き, て見, て酢味噌, て野菜, て食べる

▼ 薄く~ (36, 2.6%)

42 ている

1 [30件] たりそれで, たるより, てある, てしかも, てしまった, てその, てそれっきり, てもと考える, ても総領子息, ても長男, て助手, て取る, て取扱, て少し, て幽霊, て昔, て末不幸, て来た, て来り, て消す, て演奏家, て砕け, て稲苗将, て行く, て頬紅, て顕微鏡, はしまい, 樂を, 通商の, 鶏の

▼ 薄くなり~ (34, 2.4%)

2 濃くなり

1 [32件] しかしそれだけ, その内側, つつあった, つつなお, て下, て故郷, はしない, はしなかったろう, ふらふら動く, むしゃくしゃし, レンズの, 全く暗黒, 口髭を, 嘉七は, 大体ま, 存在が, 尾崎氏は, 形が, 次第に面, 歯は, 沈欝の, 澄んで, 牛乳製品販売所の, 皺は, 神社に, 私の, 稀に, 腹は, 自然は, 草山が, 襤褸に, 顔も

▼ 薄く~ (20, 1.4%)

4 をあい 2 をとじ, を瞑じ, を瞑じた, を開い 1 がキョロリ, には強い, は丸く大きい, も細く, をあいた, をつぶっ, を瞑っ, を開いた

▼ 薄く切った~ (19, 1.3%)

2 パンへ

1 [17件] さつまいもが, のに, のは, のへ, のを, ものが, ものとが, ものを, ハムを, パンと, パンを, 冷たい生, 大根と, 牛肉が, 生姜を, 紅いかまぼこ, 肉と

▼ 薄く~ (10, 0.7%)

3 あるが 2 なかった 1 ないので, なかつたらしい, なくそれにまた, なく殊に, なって

▼ 薄く~ (10, 0.7%)

2 寒からず 1 なくさりとて, ならずいや, 塗れるもの, 懸るらし, 濃くも, 紫の, 見えるやう, 見てを

▼ 薄く化粧~ (10, 0.7%)

4 をし 3 して 1 した白い, を施した, を施しました

▼ 薄くする~ (9, 0.6%)

1 からそれ, ことだ, とともにそれ, にただ, は極めて, ものです, ような, わけには, 可らず

▼ 薄くれない~ (9, 0.6%)

1 の二つ, の嘴, の小さな, の木, の線状, の羅衣, の脚, の花びら, 残りくまなき

▼ 薄く笑っ~ (9, 0.6%)

32 ている 1 てお, てそりゃ, て葉子, て見せた

▼ 薄くそして~ (7, 0.5%)

1 それは, 固い感じ, 家には, 消えて, 白い夕暮, 瞬を, 陸産貝の

▼ 薄く曇っ~ (7, 0.5%)

2 ていた 1 て, ていくら, ている, てきらきら, て糠星

▼ 薄く残っ~ (7, 0.5%)

3 ていた 2 ている 1 てい, て俗

▼ 薄く白粉~ (7, 0.5%)

1 さえ付けた, の粉, をし, を刷, を塗っ, を塗り, を掃いた

▼ 薄くとも~ (6, 0.4%)

2 温かければ 1 こめし哀れ, 国家の, 第一, 見えるやう

▼ 薄く光っ~ (6, 0.4%)

2 ていた 1 て弁天堂, て来ました, て空, て見える

▼ 薄く~ (6, 0.4%)

1 がにじんだ, が出, が滲み出, のにじんだ, の滲んだ, をため

▼ 薄く見える~ (6, 0.4%)

1 が刻字, けれどふっくら, のを, やがて一抱, 箇所が, 頃だった

▼ 薄く~ (6, 0.4%)

6 の音

▼ 薄く~ (6, 0.4%)

3 の積 1 が積, が降っ, ふれば

▼ 薄くなつた~ (5, 0.4%)

1 がともかく, けれども, ね, やうで, よ

▼ 薄く小さく~ (5, 0.4%)

2 切って 1 切ったパン, 四角にでも, 疊んだ

▼ 薄く曇った~ (5, 0.4%)

1 中空に, 二月末の, 午後三時過ぎの, 日の, 風の

▼ 薄く笑い~ (5, 0.4%)

1 そして自分, ながら, ながらわざと, ながら私, ながら話しかけた

▼ 薄く霞ん~ (5, 0.4%)

4 でゐる 1 でいる

▼ 薄くかかっ~ (4, 0.3%)

3 ている 1 てきた

▼ 薄くした~ (4, 0.3%)

1 ことは, ためである, ので仲, オークルを

▼ 薄く截っ~ (4, 0.3%)

1 てあり, て売った, て揚げ, て配達

▼ 薄く流れ~ (4, 0.3%)

1 ていた, ている, て来, て行く

▼ 薄く濁っ~ (4, 0.3%)

1 てい, ていました, ている, て末

▼ 薄く白い~ (4, 0.3%)

1 というの, ので窓, ものを, 煙を

▼ 薄く~ (4, 0.3%)

2 ってい 1 った地面, ってるきり

▼ 薄く~ (4, 0.3%)

1 が染まっ, が蒼く, も赤味, 白く細眼長髯

▼ 薄く薄く~ (4, 0.3%)

1 なって, まるで紙, 消えて, 眼を

▼ 薄く~ (4, 0.3%)

1 の糸, の色, を差した, を染め

▼ 薄く陰っ~ (4, 0.3%)

1 てあした, てい, ている, て弱い

▼ 薄く~ (4, 0.3%)

1 に一脈, に汗, の中央, は赤黒く

▼ 薄く~ (4, 0.3%)

1 がひしゃげ, は小さく, は恰も, もツン

▼ 薄くお笑い~ (3, 0.2%)

2 になり 1 になっ

▼ 薄くかつ~ (3, 0.2%)

1 すべてを, 緑がかった, 足形が

▼ 薄くしかも~ (3, 0.2%)

1 一様に, 他の, 大ぶりな

▼ 薄くその~ (3, 0.2%)

1 上肉の, 冷酷, 色赤く

▼ 薄くそれ~ (3, 0.2%)

1 がぴったり, へ牛肉, を無造作

▼ 薄くても~ (3, 0.2%)

1 こんな禍, よくない, 何か

▼ 薄くなつ~ (3, 0.2%)

1 たり少し, ていた, てゆく

▼ 薄くなります~ (3, 0.2%)

1 からよく, ね, よ

▼ 薄く一面~ (3, 0.2%)

1 にねんばり, に広がっ, に水

▼ 薄く~ (3, 0.2%)

1 を流れる, 唇を, 鬚疎らに

▼ 薄く且つ~ (3, 0.2%)

1 全部繩文が, 汚れて, 消えて

▼ 薄く~ (3, 0.2%)

2 ている 1 ていま

▼ 薄く削る~ (3, 0.2%)

2 ということ 1 こと太いよい

▼ 薄く~ (3, 0.2%)

2 て江戸讃美 1 て都会

▼ 薄く~ (3, 0.2%)

1 を触れさし, を開き, を開けた

▼ 薄く~ (3, 0.2%)

1 が溜つて, のたまった, をため

▼ 薄く塗った~ (3, 0.2%)

1 ような, 感心に, 硝子板と

▼ 薄く射す~ (3, 0.2%)

2 ように 1 んです

▼ 薄く汗ばんだ~ (3, 0.2%)

3 桃の

▼ 薄く洩れ~ (3, 0.2%)

2 て来た 1 ている

▼ 薄く~ (3, 0.2%)

1 を染めぬ, を閉じる, を開い

▼ 薄く空一面~ (3, 0.2%)

3 を蔽うた

▼ 薄く色づいた~ (3, 0.2%)

1 ままいずれが, 梅の, 紅葉の

▼ 薄く~ (3, 0.2%)

3 枯れて

▼ 薄く~ (3, 0.2%)

2 も暗く 1 をそぎ

▼ 薄く透い~ (3, 0.2%)

1 て蒼ざめていました, て見えました, て見える

▼ 薄く開け~ (3, 0.2%)

1 ては力, てグーセフ, て動かない

▼ 薄く陰った~ (3, 0.2%)

2 宵で 1 日で

▼ 薄く~ (3, 0.2%)

2 がかけ 1 の中

▼ 薄くこれ~ (2, 0.1%)

2 を養子

▼ 薄くさした~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 薄くされ~ (2, 0.1%)

1 て行く, て雲

▼ 薄くすき~ (2, 0.1%)

2 とほる

▼ 薄くそい~ (2, 0.1%)

1 で三, で水

▼ 薄くそこ~ (2, 0.1%)

1 から綻びる, から谷

▼ 薄くつける~ (2, 0.1%)

1 のだ, のでただ

▼ 薄くては~ (2, 0.1%)

1 不味い, 味が

▼ 薄くない~ (2, 0.1%)

1 と涼し気, 唇それに

▼ 薄くなりたる~ (2, 0.1%)

1 上使僧らしう, 上使僧らしゅう

▼ 薄くなりでも~ (2, 0.1%)

1 したよう, したら可

▼ 薄くぼかし~ (2, 0.1%)

1 てある, て奇異

▼ 薄くやや~ (2, 0.1%)

1 三白眼な, 大きくその

▼ 薄くガラス~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 薄く一瞬~ (2, 0.1%)

2 の後

▼ 薄く丸髷~ (2, 0.1%)

2 も小さく

▼ 薄く五郎兵衛~ (2, 0.1%)

2 に先

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

2 の字

▼ 薄く切り~ (2, 0.1%)

1 これを, それを

▼ 薄く切る~ (2, 0.1%)

1 ことが, 陋習が

▼ 薄く剥がれ~ (2, 0.1%)

1 てしまった, て仕舞

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 とては別に, をつけ

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 は腐, も薄く

▼ 薄く堅い荒い~ (2, 0.1%)

2 木綿の

▼ 薄く塗っ~ (2, 0.1%)

1 ている, てお

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

2 が落ちた

▼ 薄く平たい~ (2, 0.1%)

1 ことを, もの先が

▼ 薄く延ばし~ (2, 0.1%)

1 て丸めた, て更に

▼ 薄く弁護士~ (2, 0.1%)

2 には前途遼遠

▼ 薄く弱く~ (2, 0.1%)

1 いかにも平凡, 風は

▼ 薄く彼等~ (2, 0.1%)

1 の材木細工, は餘

▼ 薄く悲しく~ (2, 0.1%)

2 流れるもの

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 ると, るの

▼ 薄く新しい~ (2, 0.1%)

2 垢が

▼ 薄く曇つて~ (2, 0.1%)

1 ゐるの, 居る星明り

▼ 薄く曇れる~ (2, 0.1%)

1 冷たさ, 硝子の

▼ 薄く染め~ (2, 0.1%)

1 て居るで, て潤った

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 の抜けた, も欠け

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 の色, の音

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

2 ゆるもの

▼ 薄く消え~ (2, 0.1%)

1 てしまう, て行く

▼ 薄く深く~ (2, 0.1%)

1 剃り込んだ其形, 沈潜する

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 を卷い, を巻い

▼ 薄く溶かした~ (2, 0.1%)

1 やうな, よりもっと

▼ 薄く澄ませる~ (2, 0.1%)

2 また寂し

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 して, し出された

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 はれた空, はれて

▼ 薄く現われ~ (2, 0.1%)

1 ていました, て来た

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 も薄し, をひい

▼ 薄く禿げかかっ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 のぼり, 昇ると

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 なるあり, をつけ

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 の色, の袂

▼ 薄く細長い~ (2, 0.1%)

1 板片を, 浅黄の

▼ 薄く緑青~ (2, 0.1%)

2 を塗

▼ 薄く色づい~ (2, 0.1%)

2 てゐます

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 の色, をぼかし

▼ 薄く藝術的洞察~ (2, 0.1%)

2 も乏しい

▼ 薄く見開いた~ (2, 0.1%)

1 眼で, 眼は

▼ 薄く~ (2, 0.1%)

1 は八文三分, は八文三分の

▼ 薄く透け~ (2, 0.1%)

1 てい, てみえ

▼ 薄く酸化鉄~ (2, 0.1%)

2 が沈澱

▼ 薄く鋭い~ (2, 0.1%)

1 幾本かの, 爪を以て

▼ 薄く開い~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て白い

▼ 薄く開かれた~ (2, 0.1%)

1 唇から, 瞼の

▼ 薄く降る~ (2, 0.1%)

1 という, という解釈

▼ 薄く陽炎~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 薄く雪明~ (2, 0.1%)

2 のした

▼ 薄く青い~ (2, 0.1%)

1 眼を, 袖を

▼ 薄く鼠色~ (2, 0.1%)

2 に仄めく

▼1* [516件]

薄くあからめて伏目がち, 薄くあかりつけて, 薄くあけて見る, 薄くあけた切の, 薄くあたかもインキ壺に, 薄くあまゆるわが, 薄くあまつさえ白帝城の, 薄くあまりに肉体と, 薄くあらうとも實, 薄くあらわれる巻雲などは, 薄く化粧し, 薄くおなりになった, 薄くおよそ人の, 薄くお太鼓に結んだ, 薄くやうに, 薄くかかった中を, 薄くかくまで規則正しく, 薄くかすかに立の, 薄くかたまったような, 薄くきこゆ, 薄くきってパン, 薄くきった切り口まで, 薄くきらめくのも, 薄くきり鶏汁酒酢薑蒜などを加え, 薄くきれいに削れる, 薄くくっきりと際立ってる, 薄くくらがりの中, 薄くこう婦人が, 薄くこげるくらいに焼い, 薄くこころぼそくとかく里心, 薄くこの山の端に, 薄くこまかく刻んで, 薄くしないでよく, 薄くしまって出来た, 薄くしめツぽい輪廓, 薄くというはいわく, 薄くすけて見える, 薄くすべきところを, 薄くすべてが薄く, 薄くすんなりとした, 薄くそいだのが, 薄くたたきのばしこれを, 薄くただ田圃ばかりを, 薄くたなびいてい, 薄くたなびいた煙りまたはこれ等一切, 薄くだんだんとかすれ, 薄くちぢれてもじゃもじゃ, 薄くちゃなってない, 薄くちらちらと黄昏, 薄くつけながら言った, 薄くつけようと厚く, 薄くつておのれと身心, 薄くつて深みの有る, 薄くつまらないものに, 薄くつむって考え, 薄くつもってい, 薄くつもった氷の, 薄くはある, 薄くできている, 薄くといた衣を, 薄くとじたままで, 薄くなく厚くない, 薄くなった縮れっ毛の, 薄くなっちまうよ, 薄くなってる顱頂部に, 薄くなびいてる噴煙を, 薄くなられたような, 薄くなりかかった髪を, 薄くなりかけている, 薄くなりかけた捲毛の, 薄くなりにけり菫, 薄くなりまして一方, 薄くなりましたので, 薄くなりもてゆくと見れ, 薄くなり出して隙間, 薄くなり出すとこれら, 薄くなり窶れて凄, 薄くなり過ぎた肥った男が, 薄くなり過ぎるという風, 薄くなるだろうと毎日, 薄くなるであろうと院, 薄くなればなるほど, 薄くにじむ涙を, 薄くにじめる涙にも, 薄くつた大麦製の, 薄くねっとりと肉, 薄くのたくった見っともない, 薄くのみならずそこから, 薄くはがした青貝で, 薄くはがれて延ばされる, 薄くばかりなります, 薄くひとりあるこそ, 薄くひどく蒼いが, 薄くひれ伏すと怺, 薄くひろがっている, 薄くぴったりと吸いつい, 薄くふだん蒼白い痩せた, 薄くほとんどお汁, 薄くほのかだという, 薄くほんのりとし, 薄くぼかされてい, 薄くぼかされたまっ黒な, 薄くぼやけながら明暗, 薄くぼんやりと見え, 薄くまたたまに幽か, 薄くまめつして, 薄くまるで紙の, 薄くまんべんなく載せて, 薄くみぞれして, 薄くむしろ神通道力に, 薄くもう一人の, 薄くもぞりとも, 薄くもちろんはっきりと相, 薄くもっと柔軟に, 薄くよくかつおぶし, 薄くサメざるを得ないで, 薄くセルロイドのごとく, 薄くチラチラと目, 薄くナイフ執るこそ, 薄くモジャモジャと生えかけ, 薄く一様にまく, 薄く一眼盲いて, 薄く一般民衆の生活, 薄く三段に切っ, 薄くへ張っ, 薄く上りつつある, 薄く並べた上に, 薄く並べられてあった, 薄くに替る, 薄く二分位に截っ, 薄く二十人前に截, 薄く二寸四方程の小さい, 薄く五重の塔が, 薄くへて藍緑, 薄く交えて藍緑, 薄くの縁, 薄く流れて, 薄く今や死ぬらん望, 薄く仕事に対する態度, 薄く伊沢氏に寓, 薄く伸ばして鈎素, 薄く低く土煙を, 薄く低迷して, 薄くかにつけ, 薄く作ってしまう, 薄く修行時代には赤貧, 薄く停滞して, 薄くつて, 薄く光つて居る, 薄く光つて滅え去れ, 薄く光り雲は, 薄く光る水二条影も, 薄く染んで, 薄く入れた夏ぶとんの, 薄く内部をう, 薄く円くはげて, 薄く円形をし, 薄く写つてゐた, 薄く冷たき情忘られなく, 薄く冷たく閃めいた, 薄く刀下の鬼, 薄く刃物のよう, 薄く切つたのが塩, 薄く切られたざくと, 薄く切り初めたもんです, 薄く切り取ったものだ, 薄く切れないしクリーム無し, 薄く揃えた頭, 薄く別離の傷心, 薄くき戸棚, 薄く刻ざんで濃い塩水, 薄く削った紙小刀が, 薄く削つた白金の, 薄く削りわさびの, 薄く削取られたような, 薄く剥いて頭, 薄く剥がれる黒い大きな, 薄く剥ぎ金色に, 薄く動いてせせら笑う, 薄く午前十時頃からまた, 薄く印象が淡く, 薄く口惜ゅう覚えて, 薄く各々数年露国に留学, 薄く同情したいにも, 薄く吾が腕の, 薄く宜数種, 薄くも透いた, 薄く地面を覆った, 薄く堅い皮と, 薄く塗つて町風呂へ行く, 薄くして, 薄く塵埃の溜つた過去帳, 薄くをつけ, 薄くにそよがし, 薄く夕日のさし, 薄く多年世情に負, 薄くを抱い, 薄く大きい支那金魚の, 薄く大きく全体に, 薄く契りて末, 薄く姿を現し, 薄く嫉妬の執念, 薄く存在して, 薄く守ることの, 薄く宿っていた, 薄く寒げに見えた, 薄く寧ろ常道または, 薄く小さいのが, 薄く小鬢を掠める, 薄く少しも成長, 薄くが腹, 薄くばされる, 薄くの影, 薄くと岩, 薄く巻き上がっている, 薄く平らに並べる, 薄く靈の, 薄く延ばしたのを, 薄く引きほとんど白脛, 薄く引き締まっているで, 薄く引っこすったよう, 薄く弟子になる, 薄く弱々しかった, 薄く弱々しく漂う四方, 薄く弱い月の, 薄く張ったような, 薄く張つて小鳥が囀, 薄く彫ってしまう, 薄くを動かし, 薄くの石垣, 薄く徐々に円形を, 薄く微笑して, 薄く思わせる程も, 薄く思われ私は, 薄く懐中は無一物, 薄くて居る, 薄く成つたが天守, 薄く成り行く里の, 薄く我儘な私, 薄く或は危急の, 薄くが半開き, 薄く手の甲に流した, 薄く手前へ向っ, 薄く手水鉢に明り, 薄く抱卵は腹, 薄く押してその, 薄く拡散した星雲中, 薄く掛けた友禅の, 薄くはれて, 薄く描写されて, 薄く撒いて又, 薄く擦りへらされています, 薄く散りかかっている, 薄くを襲ねた, 薄く敷いておく, 薄く敷きつめその上, 薄く新派劇ひとり驕って, 薄くが映った, 薄く日本の現状, 薄く早くより他人, 薄くって平らか, 薄く明るい灯の, 薄く映した月の, 薄く映ずるのは, 薄く時乖き, 薄く時代転換の前夜, 薄く晴れしが午後, 薄く暈されてそこ, 薄く暈すように, 薄く暮さるるか着たる, 薄く曇つた中空に一羽, 薄く曇りて見る, 薄く曇りたれば早, 薄く書かれた文字は, 薄く最早胡麻塩に, 薄く望める水色の, 薄く朦朧と映っ, 薄く木立も奥, 薄く木部は鳩尾, 薄く東北諸国は発達, 薄く東洋人はなはだ厚し, 薄く染めた綸子の, 薄く柔かい雲の, 薄く柔らかにむしろ, 薄く桃色に附いた, 薄く梅紅葉せず三月, 薄く拡がりて, 薄く模糊とし, 薄く橋本君の温藉, 薄く機械油が膜, 薄く毎年借財相かさみ難渋, 薄くがあり, 薄くつた, 薄く氷りたる可し, 薄く汚くのって, 薄く決して大男では, 薄く泛びでてゐてこのごろ流行のオイルシルク, 薄くのあと, 薄く洗ったものなど, 薄くが白い, 薄く流しかけて蝋燭, 薄く流した脂の, 薄く流るる小川が, 薄く流れる河の, 薄く浮いた錆が, 薄く浮き上っている, 薄く浸ませて身悶, 薄く消え行く霧の, 薄く涙ぐんでいた, 薄く涙さへ浮んだ, 薄く混ぜた紅の, 薄く清潔な水, 薄く満面紅く童子, 薄く溜つてゐる埃, 薄く溶けた雲を, 薄く滲ませて巻かれ, 薄く滲みて軍鶏, 薄く滲み出たかのごとく, 薄く滿ちた時, 薄くふの, 薄く漲って見える, 薄く漲つて見える, 薄く潤んでいる, 薄く澄むと, 薄く濁った水を, 薄く濃く胞衣の, 薄くのさし, 薄く灰色を帯びた, 薄く炊煙を地, 薄く無地ほどに細い, 薄く焦げていた, 薄く照らされた白衣の, 薄く熱いのを, 薄く熱くそして牛乳, 薄く燃えながら, 薄くが映し, 薄く父上様御慈愛, 薄く狭く重くて眠, 薄くの数珠, 薄く班らに流れ, 薄く琺瑯のかかった, 薄く甘いものも, 薄く生えそろひ, 薄く生えた叢の, 薄く生きて歌うた, 薄く生きることの, 薄く生涯を雲, 薄く男子一生の仕事, 薄く画いた線画が, 薄くにはなる, 薄く病的に赤く, 薄くが付く, 薄く痩せて色艶, 薄く発毛して, 薄く白く覗いて, 薄く白けて淋しく, 薄く白味を帯び, 薄く白雪をいた, 薄くへ置く, 薄くを開き, 薄く目立たないように, 薄く目立たぬほどに白粉, 薄く相成候が, 薄く眉目なぞもはつきり, 薄くつ白い, 薄くてゐた, 薄く瞑じていた, 薄く瞑り耳を, 薄く知者学者はこれ, 薄く短く致しましょう, 薄く短冊形に截っ, 薄く磨り減って銀, 薄く神経質的の点, 薄く禿げかかった頭が, 薄くの眼, 薄く積つた塵埃の上, 薄く積みし雪の, 薄く積もり菜館飯店の, 薄く穏やかになっ, 薄く立ち昇っている, 薄く立木みたいな裸足姿, 薄く笑つてゐた, 薄く篠笹の生えた, 薄くのよう, 薄く籠つて斯の部屋, 薄くが吹い, 薄く粧つたのが眺められる, 薄く紅く青き銀光を, 薄く紅紅と映え, 薄くのよう, 薄く紫陽花の色, 薄く細く長く皮を, 薄く細そりして, 薄く経済的に窮乏, 薄く結び返事を, 薄く絞つて俯向け, 薄く給料等も時々, 薄く綴った書類を, 薄くにかすん, 薄く緑色に濁った, 薄くりつつ, 薄くになっ, 薄く罩めた河上, 薄く美しく色を, 薄く義気も落花, 薄くして, 薄くがやわらか, 薄く痩せて, 薄くの高い, 薄く胡粉を染め, 薄くは痩せ, 薄くが浮い, 薄く脊骨は尖り立ち, 薄くを開いた, 薄くを掛, 薄く臙脂を塗けたよう, 薄く自分の事, 薄く自己の職業, 薄く舐めれば棒, 薄く色づき菊や, 薄く色づく野末を, 薄くをふき, 薄く芽ぐみたるが篠, 薄く苦笑したが, 薄くのし, 薄く茶糸で七宝繋ぎ, 薄く萌黄をぼかした, 薄く落着かぬ, 薄く葺いてあり, 薄く葺いた屋根は, 薄く蒼味を潮, 薄くはれそれ, 薄く蔽う皮の, 薄く蔽われております, 薄く薔薇色を帯び, 薄く藁葺屋根は火薬, 薄く藤色の裾, 薄く血染めになっ, 薄く行い弱くし, 薄く行燈の青い, 薄くの灯, 薄くをつけ, 薄くふてゐるくら, 薄く被さる藍色の, 薄く被衣のよう, 薄くは緊, 薄く見えべい, 薄く見えたる珍しき大, 薄く見えれば見える, 薄く見ゆる限りの, 薄くえてゐる, 薄くか, 薄くに艶, 薄く資質弱く力能, 薄く弱しと, 薄く赤らみたり, 薄く赤らめながら出入り, 薄く赤らんで目, 薄く赧らんだ伸子, 薄く足掛二年明治二十八年私が二十一, 薄く軽く安ッ, 薄く輝き渡つて沖の, 薄く輪切にした, 薄く迷って豊吉, 薄く透きとおるようで, 薄く透明な黄味, 薄く遠近とかい, 薄く釉薬をかけた, 薄く重なり合って映った, 薄くも少い, 薄くを着せた, 薄く鈍くはげて, 薄く銀灰色の靄, 薄くさ一寸五分ほどに, 薄く長く引いた眉, 薄く閉ぢた眼, 薄く開いた唇から, 薄く開きかけた時私は, 薄く降りか, 薄く降雪あり, 薄くにて行か, 薄く取られ小鼻, 薄く階段の欄干, 薄く障子にさした, 薄く隠れ鮮かに, 薄く雀斑のある, 薄く難儀致候に付, 薄く雨脚が掛, 薄くがかかる, 薄くがかかっ, 薄く青みがかったのも, 薄く青髭が生え, 薄く静脈のすい, 薄くは蒼い, 薄く頬骨の張った, 薄くが水頭, 薄くをあからめた, 薄く顔つきもまんま, 薄く顔色にも見事, 薄く食い足りないと言う, 薄くをこがした, 薄くが畸形的, 薄く馬鹿に年, 薄く驚く私を, 薄く高く曇って, 薄くの色, 薄く髪の毛の禿げあ, 薄く鳶色を刷, 薄く黄ばみ農家の, 薄く黄ばんで了つて, 薄く黄ばんだ冬の, 薄く黄色に染つて段々, 薄く黄色い紙の, 薄く黄褐色に彩られ, 薄く黒漆でその, 薄くの跡