青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「薄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~蓋 蓋~ 蓮~ 蔓~ ~蔭 蔭~ ~蔵 蔵~ 蕎麦~ ~薄
薄~
~薄い 薄い~ 薄く~ ~薄暗い 薄暗い~ 薔薇~ 薪~ 薫~ ~薬 薬~

「薄~」 3075, 33ppm, 3533位

▼ 薄気味~ (330, 10.7%)

130 の悪い 43 のわるい 25 が悪く 24 が悪い 12 が悪かっ 6 がわるい, がわるく, の悪, わるかった 5 わるさ 4 がわるかっ, が悪 3 わるい, わるい笑み 2 がよく, の悪かっ, わるいこと, わるいもの, わるい話, わるい野郎

1 [41件] がわる, が悪う, でも悪い, のわるい青い, のわるい黄色い, の悪い偉い, の悪き, の悪く, は悪い, も悪く, わるいこの, わるいほどに, わるいよう, わるいリアリズム, わるい事, わるい人, わるい冷めた, わるい夢, わるい始末, わるい小僧, わるい後味, わるい微笑, わるい怪物ぞろい, わるい感触, わるい暗示, わるい気, わるい眼付, わるい程, わるい笑い, わるい経験, わるい表情, わるい陰鬱さ, わるうて, わるがるよう, わるき博文館使用人, わるくその, わるくなっ, わるく光っ, わるく思い, わるそう, を悪

▼ 薄~ (231, 7.5%)

18 穂が 7 穂の 6 ような 5 穂を 4 ように, 字を, 根を, 穗の 3 上を, 中へ, 字は, 穂に, 葉つ, 葉で, 葉の, 葉を, 葉摺れ, 風

2 [21件] かんざし, ひと束を, やうな, 上へ, 中から, 中に, 中を, 二重腮かわゆ, 今日来, 出湯, 彼方舞台深く, 根に, 根へ, 生い茂った草原, 白い穂, 穂ほとほと, 穗も, 葉にて, 蔭で, 蔭に, 輩多し

1 [107件] あいだに, あかき穂, その部分, ない同等, なかに, なかを, はずれに, ほかには, ゆれた夢, をさして, 丈伸びたれ, 下, 下に, 両側に, 中には, 中にも, 例から, 傍へ, 切疵の, 別は, 原の, 叢の, 叢を, 句としては, 句を, 名を, 地位を, 垣に, 外に, 大波が, 如くに, 底に, 度こそ, 形が, 徒の, 戰げば, 振袖が, 整理上いつまでも, 木兎などを, 木兎亀戸の, 株が, 株に, 根には, 根方へ, 様子から, 毒素を, 毛布に, 海が, 海へ, 現実は, 生ひ, 生まれ付きである, 異なる雲, 白光を, 穂, 穂あはれと, 穂いよよ, 穂か, 穂なども, 穂は, 穂へ, 穂や, 穂影さす, 穂打靡き, 穂日暮まぢかに, 穂根刈りすべく, 穂青い, 穂黄葉した, 穗が, 穗を, 立枯が, 箸の, 簇生し, 簪は, 簪を, 紋を, 絵を, 綿に, 縫模樣の, 繁つてゐる, 美しさ, 群れの, 脱落ちた, 花を, 茎を, 草村が, 葉が, 葉とともに, 葉は, 葉桔梗の, 蔭から, 蔭を, 裳に, 裾には, 野に, 野にな, 野を, 開閉大仰な, 間から, 間に, 間の, 霜は, 露の, 露滋く, 類の, 風に, 高さ

▼ 薄~ (124, 4.0%)

6 眠いよう, 眠くなっ 3 と見え, 曇る低き

2 [11件] かに雲, さざなみ, にしろき, に青く, に顫, 曇りの, 温かく吹い, 眠くなる, 瞑った瞼, 蒼く柳, 覚えに

1 [84件] うすら, かに紅く, がすみ, さみしい日, さむくし, つめたい堅い日かげ, つめたくや, つめたく鈍った, とした, としていました, とぼやけ, と夕靄, と幾つ, と月, と立て, と翳ろっ, と裸体, と見えるだ, と雪, なる青, な早春, に交, に光っ, に射し, に彼, に沁みゆく, に青む, に駱駝, の闇, ひほの, ひ饐, よと宣る, 光る銀, 冷たさ, 寂しい候, 寂しい心持, 寂しい河岸, 寂しくなった, 寂しく十吉, 寂しく見える, 明るい一間, 明るい夢心地, 明るい大気, 明るかった, 明るくなり, 明るく墨繩, 明るく見えます, 映ろふ雲, 時雨れた日, 暗く街道, 曇り純粋, 淋しくなり, 淋しく食事, 甘いやう, 甘いメルヘン気分, 甘い何, 甘い情けなさ, 甘い朝, 甘い涙みたい, 甘い疑問, 甘い誘惑, 甘い陶酔, 甘く熱くなる, 甘く頭, 甘さ, 白く延び, 眠い目, 眠い頭, 笑った, 笑って, 苦く映った, 蒼いに, 蒼いの, 蒼いぶよぶよ, 蒼い一基, 蒼くぱっと, 蒼く光つて, 蒼く見える, 蒼く頬, 赤い明り, 赤く照らされた, 重い荷, 青い冷たい千万, 青き蝗

▼ 薄赤い~ (109, 3.5%)

5 光が 4 色を 3 燈火の, 穂を, 顔を 2 ものを, 光の, 絨氈の, 絹に, 色に, 血を, 電燈の

1 [77件] おぼろ月夜の, その汗, つややかさを, てらてらする, のは, みょうな, むっちりした, ものが, やつが, ようであった, ろなる, ペンキ塗りの, 一点の, 二粒の, 光で, 光は, 其屋の, 凡そ一間, 反射を, 向うの, 咲き乱れた桜, 小さな実, 彼女の, 招き行燈の, 提灯が, 斑点が, 明り, 明りで, 昼顔が, 暗がりの, 朝日の, 木の芽を, 柔皮で, 桂井館の, 洋燈を, 液の, 液体が, 液体を, 溌溂と, 火が, 火の, 火光も, 灯の, 点と, 焔を, 煙の, 燈の, 燈火が, 爪の, 眼瞼白い, 着物の, 砂土の, 穗が, 絨氈に, 絹を, 線が, 縞が, 縦横の, 肉を, 肌の, 色が, 色の, 花は, 葉を, 蕪菁や, 蟻は, 血が, 血潮が, 豚が, 赤坊の, 連銭模様が, 陽が, 雪罌粟などの, 電気の, 頬っ, 頬を, 鳥の

▼ 薄~ (100, 3.3%)

48 ひを 8 ひが, をし 5 をした 3 の影 2 ひしながら, ひながら, をする, を浮べ, を浮べた

1 [18件] が泛, が瞬間, さえ湛え, しつつ, して, しながら, します, で, の唇, ひさ, ひして, ひすら, ひは, ひ眩暈中, ふと耳, をうかべ, をかくし, を唇

▼ 薄黒い~ (97, 3.2%)

4 雲が 2 ものが, 列を, 影が, 影を, 毛が, 汚点が, 空の, 若葉に

1 [77件] から烏凧, のが, ものある, ものと, ものは, ものを, やうな, ような, ザラザラした, ダンダラを, デコボコの, ドアを, ドーナツ面へ, ベラベラした, 三本の, 丸藥の, 倫敦で, 入道は, 北風が, 半円形の, 卵を, 口髭が, 口髭よりも, 唇が, 土の, 室の, 小鳥の, 山の, 山襞の, 島国に, 平打ちの, 悪夢と, 懐中みた, 斑紋は, 斑點が, 暈で, 暈の, 曇りが, 板造りの, 梅干ほどの, 森も, 水の, 油脂の, 泥まぶれの, 洞窟の, 火事の, 点が, 無精髯とが, 煙りが, 煙を, 獣の, 産毛考え深い, 町の, 着物に, 経帷子の, 翼を, 色を, 花の, 落ち窪んだ, 葉, 足の, 野郎に, 金色の, 鎮守の, 隈が, 隈を, 隈取りが, 雛鳥の, 雲の, 雲は, 雲も, 顏で, 顏の, 顔に, 髭を, 鯛とが, 黄色で

▼ 薄黒く~ (89, 2.9%)

4 なって, 汚れて 2 なつて, 見えた

1 [77件] あせた唇, かち, この間に, ごそごそと, した無精, して, てね日, て不気味, て元, なった肌, なった麦稈帽子, なつた, なり唇, なり石地蔵, なる, にじんで, ふちどられた巴旦杏, ふちの, ぼけて, またその, また黄色ッ, もなんぬる, やって来て, ゆっくりと, よごれてる, 三日月形に, 光って, 光るよう, 冴えて, 出来ますし, 古びて, 地ならししたる, 坊主の, 垢附い, 埃が, 墨を, 大地に, 川を, 引き散らされて, 恰も海草, 時代の, 朽ちかけた猫の, 染めて, 水際に, 汚れてること, 池の, 沈んだ色, 沈んで, 沈黙し, 浮いて, 渦巻く煙りを, 潮風に, 濁って, 濁りはじめました, 焼かれて, 燻ぶっ, 生えかかって, 痣の, 白粉などを, 目の, 空の, 空一面を, 窪ませた父, 立ちのぼって, 色つき穂の, 見えその, 見えて, 見えるので, 見えるのみで, 見えるよう, 見ゆる位, 認めら, 變色し, 重なり合って, 陰って, 顔の, 髯の

▼ 薄青い~ (88, 2.9%)

3 脈管が, 色を 2 のや, 焔が, 状袋へ, 空が, 空の, 紗の, 縞の, 色が, 色の, 陰影の

1 [62件] くらい襟脚, つや, なおし, ほん色白の, ぼんやりした, ような, クローバ模様の, セルを, ニス塗の, パラソルは, ペンキの, ペンキ塗だ, ペンキ塗の, ペンキ塗りの, 乾いた苔, 光が, 光で, 光りが, 光を, 唐辛子を, 壁に, 壁の, 夢の, 天鵝絨の, 寝衣, 層を, 布地が, 帛を, 幻燈の, 月の, 死斑が, 汁を, 沈黙である, 洋装を, 渦紋に, 烟が, 煙を, 燐光が, 瓦斯灯の, 眼を, 着つけが, 空, 空から, 空には, 空を, 紙に, 結晶に, 絹で, 肩の, 胡瓜を, 脈管の, 芽が, 若草色の, 袋から, 襟を, 覆輪し, 透明な, 部屋の, 陰影との, 電燈が, 電燈の, 静脈が

▼ 薄~ (82, 2.7%)

4 の袿, の髪 2 の外套, の折紙, の服, の洋傘, の眼鏡, の髪の毛

1 [62件] で殆, で眼, にし, になっ, に咲い, に曳く, に染出した, に草模樣, のお召物, のキッド, のサツクコート, のショオル, のスウェター姿, のセビロ, のドレッシー, のフロック, の一目, の中, の厚, の壁, の壁紙, の夏外套, の夕日, の寝, の小さな, の小袖, の扇子, の折目, の折紙延べ擴げ, の振袖, の春, の晴着, の桃色, の櫛, の毛, の派手, の狩衣, の直衣, の着物, の粗末, の紋着, の紙, の紬, の絹足袋, の絽縮緬, の羽織, の肩掛, の薊, の藤紫, の裳, の褄, の軽快, の金髪, の鉄, の間, の青き, の頭, の髮, の麻, の黒眼鏡, もありましょう, を抱いた

▼ 薄白く~ (78, 2.5%)

6 光って 4 なって 3 こぼれて, 浮かんで, 照らして, 見えた, 見えて 2 暗夜に, 流れて, 淀んで, 見えるばかり, 霧の

1 [43件] きらきらと, じっと垂れ, それが, なった二階, ほのかに, ぼかして, みえる桂子, ポーと, 丸まつて, 仰がれた, 光らせ微風, 光るばかり, 初雪が, 塗って, 夢の, 宗助の, 射して, 庭に, 感じられた, 搖れつ, 暮れかかる, 曇り始めて, 月の, 月光に, 沢村田之助そっくり, 洩れて, 浮いたまま留り木, 消え残って, 漂って, 濁った湯, 灰が, 点いて, 焦け, 煙りたって, 照す, 目を, 見えたやう, 見えるの, 見える能, 見られた, 輝く白堊, 駈け降りて, 鼠ば

▼ 薄赤く~ (66, 2.1%)

4 しながら 2 した, して, ほてらせながら, 射して, 染って, 染まって, 染めて, 興奮させ, 興奮し

1 [44件] うねうねした電燈, さっぱりした, ただ薄, だん, て息, て髪毛, なった, なった二重瞼, なった継子, なって, なってるばかり, なつた顏一面, なつて汗, なりました, なる, なると共に, ふくらんで, ふっくりし, ほてった頬, ほてつた頬, パッと, 他に, 光って, 十字が, 又薄, 吹き返して, 咲いて, 咲き乱れる桜, 地には, 帆を, 店の, 描き出されて, 撮み上げ, 染まつて, 染まりかけて, 染められて, 殘つて空は, 浮葉の, 消えて, 清潔で, 濁って, 爛れたトラホーム, 見えた, 颯と射す

▼ 薄~ (60, 2.0%)

5 片な 2 ぺらでない, ぺらな本を, ぺらの

1 [49件] すらした, すらとさして, すらと化粧, すらと微笑, すらと白い, すらと絵具, すりと, ぺら, ぺらいもの安全剃刀の, ぺらさが無い, ぺらで, ぺらでもない又, ぺらでも今日の, ぺらで氣輕で, ぺらで男の, ぺらなのが段々, ぺらなのを出し入れする, ぺらなものでまだ, ぺらなものとは全く, ぺらなものになる, ぺらなトタン葺だつた, ぺらなヨタリズムが, ぺらなヱゴイストだ, ぺらな一斷面が, ぺらな古, ぺらな字といふ, ぺらな小, ぺらな小さい, ぺらな座蒲団を, ぺらな影絵と, ぺらな感じの, ぺらな本の, ぺらな本も, ぺらな無, ぺらな硝子戸に, ぺらな紙の, ぺらな美術雑誌を, ぺらな而かも, ぺらな色紙や, ぺらな詩集, ぺらな詩集を, ぺらな逆説を, ぺらに, ぺらになつてしまう言葉である, ぽいもの, ペラな, 気味の, 片で, 闇え

▼ 薄明るく~ (52, 1.7%)

15 なって 2 なったかと, なつて, なる, 見える

1 [29件] して, ついて, て青磁色, なったが, なったの, なったん, なってから, なつて來, なりだして, なること, なるそれ, なるまで, もならない, もはやくらやみ, 地ならしが, 外を, 感じた, 感じますが, 死んだよう, 眺める事, 縦にも, 色づけ微風, 行く手の, 見えたので, 見えて, 見えましたそう, 見えます, 見えるの, 見せて

▼ 薄~ (47, 1.5%)

3 そよぐとか 2 生い茂って, 生えて, 靡いて

1 [38件] あります, ありますが, あり資質, ある, あるらしく時々, いとうを, ざわざわと, すみたなびくすがすがし, すらすら地, たんと生い茂っ, ひどく階級, もともと美しい, 一めんに, 主因だった, 何草よりも, 光る鞠, 密生し, 少し気, 幽霊に, 彼等の, 思うぞんぶん, 末の, 枯れて, 樹の, 波を, 生けて, 生まれる瞬間, 生添っ, 畳に, 秋の, 茂って, 茂つて居る, 茂り鳴子, 蔽い被さって, 野山で, 金線あざやかに, 面白く穂, 風に

▼ 薄~ (47, 1.5%)

3 分けて, 持って 2 みせた, 栽える, 無名の

1 [35件] お見せ, がさつかせて, さしたさし物, さなかる, はるかに, ば手に, むやみに, もつて, 一束刈った, 伝つて, 刈りに, 刈り集めて, 卜する信仰, 吹いて, 喜ぶ, 売る声, 差覗きつ, 忍び古代, 恨むならば, 憤つて, 憤らざるを, 折って, 折り取って, 抜けて, 押し分けて, 掛けた後姿, 掻分け, 染め抜いた帯, 異にした, 積んだあるさかい, 自ら強ふる, 薙ぎ倒して, 見るとき軽視, 踏みしだき先, 高樓

▼ 薄紅い~ (47, 1.5%)

3 花が 2 雲の

1 [42件] いろいろの, さうし, のと, のは, サングラスを, タオルも, 光りに, 光沢の, 光沢を, 口元には, 唇は, 帯だ, 幾株かの, 影青い, 掌の, 斑点さえ, 柔らかな, 桜が, 火事の, 灯の, 爪を, 玉の, 玻璃みたいに, 生娘乙女心の, 肉色で, 舌を, 色に, 花罌粟色の, 花群に, 草花の, 萼に, 蓮華に, 薬を, 藥を, 虹の, 血が, 血の, 血色が, 角の, 雲が, 霞が, 鷽の

▼ 薄~ (46, 1.5%)

2 と浮い, と浮んだ, と色

1 [40件] した目の, たるを, とあなた, とある陽炎, とした, とただ, と一人, と光っ, と化, と夏, と女, と廂, と影, と淡い, と湯槽, と火柱, と点つて, と煙, と白く, と立縞, と紅く, と美しい, と蒼い, と蔭, と障子, と雲, と霧, と青い, と靡く, と點つて, 一筋木刀が, 光沢を, 光澤を, 白くなった, 白くなりました, 色を, 路へ, 霜を, 青いつ, 青いつつじ

▼ 薄~ (45, 1.5%)

5 気味の 4 ペラな 3 暗い, 片な

1 [30件] すらわかった, すら刷, すら見える, すら輝き出した, ペらで, ペラさや, ペラに, ペラの, 暗いうち, 暗いので, 暗いん, 暗い家, 暗い建物, 暗い所, 暗い時分, 暗かった, 暗くなっ, 気味が, 気味が悪いなあ, 気味が悪いや, 気味が悪いよう, 気味が悪くなった, 気味も, 気味わるい, 気味悪い坊主, 気味悪くて, 汚なく思わない, 片に, 片の, 穢ない

▼ 薄明るい~ (44, 1.4%)

2 うちに, 中に, 外光に, 日足が

1 [36件] うち抹香臭い, ぢや, とはいい, のに少し, まくら雪洞に, 井下端で, 光が, 内に, 処で, 地平線を, 夕方でした, 夕暮が, 山みちを, 店へ, 往来を, 憂鬱ばかり, 懐中電灯の, 星の, 星空下の, 時でした, 暁の, 殊に多吉, 水路の, 流しに, 空に, 空を, 竈の, 縁の, 縁側へ, 茶の間へ, 蓆の, 金箱の, 門口へ, 雪路を, 露の, 頃でした

▼ 薄白い~ (42, 1.4%)

3 雲が 2 光が, 雪の, 顔を

1 [33件] ともし, のが, のも, ものが, ような, フランスの, 両手が, 優雅な, 光を, 刀身ばかりに, 塵埃に, 山々が, 往来の, 御飯の, 月の, 東雲の, 湖の, 灰と, 灰に, 焔は, 煙りが, 直線を, 眼球を, 穂を, 羽裏を, 色に, 花は, 路の, 道の, 雲の, 雲は, 電燈の, 顏の

▼ 薄ら明り~ (41, 1.3%)

9 の中

1 [32件] がこちら, がその, が玄関, が町, が祖母, だった, でした, です, と雪, に, にきっと, にすかし, にはじめて, にふと, にぼんやり, にや見えんだ, に包まれ, に変, に浮かび上がっ, に浮出し, に障子, のうち, のため, のなか, の射した, の空, の落着, はその, は蝙蝠, を便り, を哀しく美しく, 濁ったまま

▼ 薄あかり~ (40, 1.3%)

7 の中 6 がさし 4 のなか 2 に一目

1 [21件] かがむ童, が右手, が室内, が格子戸, する空窓, で舞台, に, にくっきり, にすらり, に月, に風呂敷包, のなほ顫, の新内, の甲板, の道, をオーロラ, を与へる, を浴び, 弱くあ, 新三郎, 紅きダリヤ

▼ 薄~ (39, 1.3%)

2 も這裏, をチラリ

1 [35件] が感じられます, その現実, その硬軟, だけを見せ, だつた, では若, でまた, で周囲, となり, とを持っ, にすり減れ, によっては悪く, に切り刻んだ, に植込, に鋭敏俊慧, の, のみが分る, の痛ましい, はあたかも, はやむを得ない, は支那流, は条, は粒子, ほどのもの, また両手, も不気味, や柔らか, や肋骨, や葉, をかこっ, を思い浮べた, を感じる, を示し, を継娘, を黄

▼ 薄~ (38, 1.2%)

4 切られた 2 交る, 雀

1 [30件] この邸, そよ風の, なったと, まるまる露, ゆられて, 交って, 伝わって, 伴うゆえん, 似た草, 女郎花が, 思われると, 拔きとめ, 撫でへらされし火桶, 攀じ登りサア, 映って, 月は, 真実に, 線路へ, 置ける白露, 薄くも, 蘭鯉の, 見え萩, 野茨の, 銀月, 隠れた常陸, 靡く故里, 顱巻を, 風が, 飛彈の, 驚く

▼ 薄ら笑い~ (34, 1.1%)

9 をし 3 をした, を洩らした 2 をもらした, を浮べ, を湛え

1 [13件] であった, に似た, に歯, をする, を口辺, を泛, を洩した, を洩しました, を浮かべ, を浮べた, を浮べる, を湛えた, を湛えてる

▼ 薄すらと~ (33, 1.1%)

2 した靄, 見えて

1 [29件] かすんだ生温い, したもの, その白衣, つんだ雪, 二三メートルの, 刷いた, 匐ってる, 化粧を, 埃が, 明けかけて, 映って, 晴れて, 橙色を, 残った物, 流れ出してる次, 浮いて, 消えかかって, 灰を, 灰紫色に, 空気に, 籠って, 紫の, 赧く, 霧こめた, 霧を, 靉い, 黄色に, 黒いもの, 黒ずんで

▼ 薄~ (31, 1.0%)

3 響を 2 と畜生め, 神の

1 [24件] ような, 争闘が, 人です, 人間では, 人間に, 人間の, 冷笑が, 処は, 味の, 彼は, 思想などより, 性格の, 悲劇の, 欠乏が, 沙汰を, 現実として, 甘えと, 社会の, 胸を, 色でなく, 萌黄地の, 表情を, 襦袢の, 顔つきである

▼ 薄~ (27, 0.9%)

2 刈られける日, 銀の

1 [23件] あっても, あろうが, かさは, ぜひも, その蔭, ない, なぞめの, もとよりの, 元来形容詞で, 単にススキ, 各軍師団, 向へ, 大概すぐ, 姑く, 寒し濡れ, 念頭にも, 有るが, 気が, 瑯, 白劍を, 虫の, 言うまでもなく一面, 音物の

▼ 薄青く~ (27, 0.9%)

2 塗つた木製の, 流れて, 澄んで

1 [21件] けむつて, さうし, その髪, また金色, 下りて, 人の, 光って, 反射した, 吹き出して, 堕ちて, 掬ひ取, 揺れて, 染まつたの, 水に, 浮んで, 白昼の, 見えたちょっと, 輝いて, 輝きながら, 透き通るやう, 銀河の

▼ 薄かつ~ (25, 0.8%)

83 たと 2 たが

1 [12件] たかと, たにも, たの, たので, たらしい, たりカストリ, た上, た人々, た幼時, た故, た明治時代, た月

▼ 薄紅く~ (25, 0.8%)

3 霞んで

1 [22件] てちらちら, なった頬, なつて, なりかけて, なりて, にじみ出して, 下唇, 光ったむざんなひきつり疵, 光って, 光りだしたと, 染って, 染つた, 染まった, 洩れて, 濡れて, 照らし出された其顔, 燃えて, 色が, 色づいたの, 艶めかしい, 草が, 透いて

▼ 薄黄色い~ (24, 0.8%)

2 卵を

1 [22件] この煎薬, のが, ものに, ニスで, 光が, 光りで向う, 光りに, 光りの, 光線を, 反映で, 地に, 栗の, 正面入口から, 歯を, 火の, 灯の, 灯影を, 粉を, 色のか, 行燈の, 雲の, 面長な

▼ 薄らあかり~ (21, 0.7%)

2 の, の中

1 [17件] に, にあかあか, におも, にた, にたより, にちる, に吹いてる, に堪へぬ, に泣く, に涙し, に鳴く, のなか, のねこ, のもの, の鴨, をいそしむ, を背

▼ 薄穢い~ (18, 0.6%)

1 [18件] ものだ, よぼよぼの, 二階建の, 半狂人, 服装を, 泡が, 泡の, 泡を, 浅黄の, 田舎者は, 笑い方を, 粘土製の, 老人が, 者の, 荒木の, 豊満な, 身内が, 食物店が

▼ 薄~ (17, 0.6%)

2 ったくて, ったくなって

1 [13件] たくなりじっと, たく圓, ったい体, ったい夜具, ったい座蒲団, ったい掌, ったい枕, ったい痩せ工合, ったい角張ったもの, ったい長方形, ったく寝かされた, ったく血の気, ったく静まり返った

▼ 薄べり~ (16, 0.5%)

4 を敷いた 2 を敷い 1 と浴衣, などを持出した, に紅裏香, の上, の目, へ手, を敷き, を縁, を踏む, 敷いて

▼ 薄~ (15, 0.5%)

1 [15件] きまると, その意義, その風情, なるも, 一連に, 云うもの, 初尾花, 厚とを, 女の童等皆行く, 女郎花と, 封緘した, 為るを以て, 牛, 紫苑を, 言ふべからず

▼ 薄光り~ (15, 0.5%)

5 も黒い 2 のする 1 ながら鱗波, に光る, に包まれ, のし, の影, をあげ, を放っ, 砂を

▼ 薄~ (14, 0.5%)

2 萩が, 萱が, 蘆が 1 刈萱などの, 名も, 吾木香が, 枝豆が, 粟から, 紫苑の, 苅萱や, 蘆を

▼ 薄っす~ (13, 0.4%)

13 らと

▼ 薄ら笑~ (13, 0.4%)

10 ひを 1 ひながら, ひの, をうかべ

▼ 薄~ (11, 0.4%)

2 これには, ひねくれた中年 1 あらう, こしらえた赤い, 傷を, 取廻し大根畠, 薄弱で, 足が, 頭を

▼ 薄~ (11, 0.4%)

2 刈りぬ 1 あかき穂, みんな, 寝て, 尾花も, 畑の, 秋の, 脱落した, 薄に, 蘆も

▼ 薄曇った~ (10, 0.3%)

1 まま日が, 寒い月, 或る, 日とか, 日の, 日中だ, 時であった, 暑い日, 朝停車場まで, 朝菜穂子は

▼ 薄色髪~ (10, 0.3%)

9 の男 1 の方

▼ 薄みどり色~ (9, 0.3%)

2 のほ, の光線, の奇妙 1 になっ, のポプラ, の丘陵

▼ 薄ら明かり~ (9, 0.3%)

2 の中 1 に, に二人, に浮かびあがっ, のうち, の夢, はジャックリーヌ, ほど夏

▼ 薄~ (9, 0.3%)

2 の射した, 寂び寂びしプラチナ 1 って見えた, でそこら, にてらし, に見る, の底

▼ 薄明く~ (9, 0.3%)

2 なって 1 なつて, なり出したのに, 家の, 溢れて, 灯い, 見えるやう, 障子に

▼ 薄蒼く~ (9, 0.3%)

1 さへ, すすけて, なって, 変った, 射して, 暈か, 月の, 月光に, 見えるの

▼ 薄~ (9, 0.3%)

1 さらさらさら, その人, といったそれ, のあでやかさ, のおどり上がった, の方, の来る, はその, をし

▼ 薄~ (8, 0.3%)

2 で建てた, の両神神社 1 では, の祠, の部, ノ両

▼ 薄蒼い~ (8, 0.3%)

1 ガラスの, パイプの, 悚然と, 月の, 灯影の, 縞を, 肉が, 黄昏の

▼ 薄青き~ (8, 0.3%)

2 新聞紙こそ 1 あるは閉せる, シネマの, セルの, 光線の, 路上の, 齒科醫の

▼ 薄あかい~ (7, 0.2%)

1 光を, 割り箸を, 合歓の, 歯茎を, 芙蓉が, 花は, 顔を

▼ 薄から~ (7, 0.2%)

2 しむ 1 ざるを, しめる, しめると共に, だんだん濃密, ねば

▼ 薄らあばた~ (7, 0.2%)

1 が, の一壮者, の顔, までがこの, をみな笑クボ, を姫, を幻

▼ 薄明い~ (7, 0.2%)

1 のに前途, 夜の, 広場を, 春の, 松林を, 林の, 電気が

▼ 薄~ (7, 0.2%)

2 との二種, 赤いの 1 かつた, の顔, 落すな

▼ 薄その~ (6, 0.2%)

2 さわさわ薄, 穂にも, 穂の

▼ 薄である~ (6, 0.2%)

1 から人間, から熬し, から虎, ことを, というところ, と云

▼ 薄ら日~ (6, 0.2%)

1 かい, が硝子, で風, のさしてる, の中, の光

▼ 薄光る~ (6, 0.2%)

2 あたりに 1 あの枯芝生, なり愛, 昼, 路面電車の

▼ 薄曇っ~ (6, 0.2%)

3 ていた 1 てい, ている, てしまった

▼ 薄曇る~ (6, 0.2%)

1 とどこ, と濃藍色, 不斷, 日に, 日は, 燈の

▼ 薄気味わる~ (6, 0.2%)

1 いったらありゃしない, がったり, がったりなど, がってね, がってねアルコール, がって毎日

▼ 薄あかるく~ (5, 0.2%)

1 なったよう, なって, なつたやう, みえるの, 照らされて

▼ 薄みどり~ (5, 0.2%)

1 に吹き渡ります, の優雅, の縞, の色, の芽

▼ 薄ら陽~ (5, 0.2%)

1 があかあか, がかたむきかけた, がななめ, が彼, が河原

▼ 薄~ (5, 0.2%)

1 で眠つた, にくるまつた, の, の中, をまとめる

▼ 薄~ (5, 0.2%)

1 としてはさん, による光, の一枚一枚, の光学的性質, をはさん

▼ 薄明るかっ~ (5, 0.2%)

31 たが, た南

▼ 薄煙り~ (5, 0.2%)

1 がある, が炉, の出, は松, 声色屋の

▼ 薄穢く~ (5, 0.2%)

1 て私, なって, はあった, 極りわるげに, 見せて

▼ 薄~ (5, 0.2%)

1 で作った吊, の鎧, の面頬, の音, はさら

▼ 薄黄色く~ (5, 0.2%)

1 ポカポカした, 光って, 射して, 見えるばかり, 見おろされる頃

▼ 薄~ (4, 0.1%)

1 つたのも, ですもん, 淡彩色の, 白菊か

▼ 薄~ (4, 0.1%)

3 めり 1 めりし

▼ 薄っすり~ (4, 0.1%)

1 とした, と山, と舌, と陽

▼ 薄などの~ (4, 0.1%)

1 業も, 輩だった, 階級は, 青草を

▼ 薄ら明るみ~ (4, 0.1%)

2 の中 1 が湛え, にくらまされ

▼ 薄~ (4, 0.1%)

1 ところの, に会し, もの, ものは

▼ 薄~ (4, 0.1%)

1 だから, ではあるまい, の唐物, の美くし

▼ 薄淋しく~ (4, 0.1%)

2 笑つて居る 1 なつた浪, 笑つてゐる

▼ 薄赤き~ (4, 0.1%)

1 とを対照, 紫なる, 蔓とに, 頭痛病

▼ 薄黄いろい~ (4, 0.1%)

1 光は, 夕日が, 枯萱の, 燈火が

▼ 薄黄いろく~ (4, 0.1%)

1 なって, 屋根の, 見えて, 這つてゐる

▼ 薄きたない~ (3, 0.1%)

1 円葉を, 役者たちが, 白が

▼ 薄くらき~ (3, 0.1%)

2 裏に 1 に迷

▼ 薄くれ~ (3, 0.1%)

3 なゐ

▼ 薄ごろ~ (3, 0.1%)

3

▼ 薄すら~ (3, 0.1%)

1 した影, した霧, 地に

▼ 薄~ (3, 0.1%)

1 という, とか女郎花, と思っ

▼ 薄だの~ (3, 0.1%)

2 細かい花 1 蔦だ

▼ 薄って~ (3, 0.1%)

1 いた墓誌銘, いるので, 愁阻を

▼ 薄ら冷~ (3, 0.1%)

1 い感化院, い晩春, い風

▼ 薄ら影~ (3, 0.1%)

1 がさす, に包まれた, を街

▼ 薄ら日和~ (3, 0.1%)

1 の冬, の日, を感じさせ

▼ 薄ら笑み~ (3, 0.1%)

1 を洩らした, を浮か, を見せた

▼ 薄ら花~ (3, 0.1%)

1 ちるうらら, ほの, 踏む里乙女

▼ 薄ら髯~ (3, 0.1%)

3 のある

▼ 薄光りする~ (3, 0.1%)

1 窓ガラスに, 雨が, 青地の

▼ 薄~ (3, 0.1%)

2 の所 1 と親しく

▼ 薄汚れた~ (3, 0.1%)

1 感傷を, 白い上衣, 鼻先を

▼ 薄淋しい~ (3, 0.1%)

2 心持も 1 顔に

▼ 薄濁った~ (3, 0.1%)

1 大川の, 形の, 水に

▼ 薄甘い~ (3, 0.1%)

1 においを, 匂を, 情緒が

▼ 薄紅梅~ (3, 0.1%)

1 と丹, もう満開, も薄

▼ 薄~ (3, 0.1%)

1 である今に, は可否相半, を好み

▼ 薄蒼白く~ (3, 0.1%)

1 照らした時, 照らして, 燻銀の

▼ 薄あかき~ (2, 0.1%)

1 爪の, 秀は

▼ 薄あかく~ (2, 0.1%)

1 なった, 陽に

▼ 薄あかるい~ (2, 0.1%)

1 のでお, 浪の

▼ 薄おしなべて~ (2, 0.1%)

2 かくて

▼ 薄くれない~ (2, 0.1%)

1 のよわ, 皆それぞれに

▼ 薄けむり~ (2, 0.1%)

1 がどこ, のよう

▼ 薄~ (2, 0.1%)

1 な人体, にぞ見えし

▼ 薄すぎ~ (2, 0.1%)

1 ても病気, ても顔

▼ 薄すぎる~ (2, 0.1%)

1 と聞いた, よりはまだ

▼ 薄ずみ~ (2, 0.1%)

2 で書いた

▼ 薄そう~ (2, 0.1%)

1 なションボリ, な縞縮緬

▼ 薄それ~ (2, 0.1%)

2 に次い

▼ 薄ちやけた~ (2, 0.1%)

2 幽靈

▼ 薄っすらした~ (2, 0.1%)

1 光が, 靄を

▼ 薄とり~ (2, 0.1%)

2 そへ

▼ 薄などを~ (2, 0.1%)

1 さびしい音, 縁側に

▼ 薄なる~ (2, 0.1%)

1 明の, 語氣もて

▼ 薄にごり~ (2, 0.1%)

2 の雪代水

▼ 薄によって~ (2, 0.1%)

1 本の, 武塔天神に

▼ 薄による~ (2, 0.1%)

1 ことと, ものなり

▼ 薄のろい~ (2, 0.1%)

1 ようにも, 毛唐人なんぞに

▼ 薄べにの~ (2, 0.1%)

1 もとほり, 色を

▼ 薄ぼんやり~ (2, 0.1%)

2 霞んで

▼ 薄また~ (2, 0.1%)

2 かがやけり

▼ 薄ら影すみれ~ (2, 0.1%)

2 の花

▼ 薄ら明~ (2, 0.1%)

2 をさしのぞき

▼ 薄ら水~ (2, 0.1%)

2 のる春

▼ 薄ら汗~ (2, 0.1%)

2 おも

▼ 薄ら罅春~ (2, 0.1%)

2 の日

▼ 薄ら覚え~ (2, 0.1%)

1 がある, のある

▼ 薄り立ち~ (2, 0.1%)

2 産女鳥は

▼ 薄~ (2, 0.1%)

1 じて, ぜず

▼ 薄~ (2, 0.1%)

2 の粉

▼ 薄光っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 薄光りし~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 薄刈る~ (2, 0.1%)

2 人も

▼ 薄~ (2, 0.1%)

1 で煮た, にし

▼ 薄~ (2, 0.1%)

1 と小森川, の上流

▼ 薄平たい~ (2, 0.1%)

1 線とが, 風呂敷包みを

▼ 薄~ (2, 0.1%)

1 を以て忝, を以て恭しく

▼ 薄揺り~ (2, 0.1%)

2 かがやけり

▼ 薄明り~ (2, 0.1%)

1 なる月, に住

▼ 薄~ (2, 0.1%)

2 いろに

▼ 薄淋しき~ (2, 0.1%)

2 頃新開の

▼ 薄~ (2, 0.1%)

2 殘な

▼ 薄穂薄~ (2, 0.1%)

2 の今日

▼ 薄笑っ~ (2, 0.1%)

1 ている, てそれ

▼ 薄笑ひと共~ (2, 0.1%)

1 に, に彼等

▼ 薄紅き~ (2, 0.1%)

2 蓮華の

▼ 薄~ (2, 0.1%)

2 のロオヴ

▼ 薄色縮緬~ (2, 0.1%)

1 のお, の紋着

▼ 薄萠黄~ (2, 0.1%)

1 の, の蝉

▼ 薄萠黄色~ (2, 0.1%)

1 お高僧頭巾, のお

▼ 薄萩茶~ (2, 0.1%)

2 の木垣

▼ 薄蒼う~ (2, 0.1%)

1 染るまで, 茶を

▼ 薄~ (2, 0.1%)

1 で知らぬ, をもっ

▼ 薄鈍い~ (2, 0.1%)

1 女に, 流れに

▼ 薄~ (2, 0.1%)

1 で翠, を排し

▼ 薄青い深い~ (2, 0.1%)

2 眼付で

▼ 薄黒い小さい~ (2, 0.1%)

1 ものが, 羽を

▼ 薄黒い長い~ (2, 0.1%)

1 上着を, 梁が

▼ 薄黒き~ (2, 0.1%)

1 が蝶, 石の

▼1* [241件]

あかり背にうけ, 薄あり随て, 薄あるや, 薄あるいは肉薄の, 薄なかぶし, 薄うく埃を, 薄かすめて下りる, 薄かりしがどもおさな, 薄がはの銀の, 薄くらくなつた, 薄けぶり立てり月夜明りに, 薄けれどなき後, 薄さえ垣根の, 薄さびしき所なる, 薄さんに頼んだる, 薄さ夫への勝算歴然, 薄すく切って, 薄すさまじく穂に, 薄すべったい頭で, 薄すべったい青黒い表紙, 薄ずみ色をし, 薄たる秋花の, 薄だけが生えて, 薄だったような, 薄だらけであったが, 薄っすり赤らめた素子が, 薄ったなら学者が, 薄つらぺ, 薄であってこっち, 薄であったことも, 薄であれよ, 薄であろうかと思う, 薄ですね, 薄という評は, 薄といふにし似, 薄とが入り乱れた上, 薄とで兩側の, 薄との三角形を, 薄とぼけるのか, 薄とも蘆とも, 薄とを持って, 薄ろに, 薄なきを得ず, 薄なく愛著を, 薄などどっさり植, 薄などという事は, 薄などにまじって, 薄なども生い茂って, 薄ならざるところ食っ, 薄ならざるべきを知る, 薄ならずというの, 薄なら靡く事を, 薄なりにゆらゆら揺れた, 薄にじむ涙は, 薄にて手を, 薄にや切られ, 薄によるといふこと, 薄に対する或親しみ, 薄はだの寒さ, 薄ばかりも供へ, 薄ひとつらね揺りかが, 薄べに色に, 薄べり一枚の境地, 薄ほのめく風に, 薄まで一々残る, 薄山風にこそ, 薄みっともないぼんやりと, 薄の縞, 薄やみの中, 薄やら禾本科植物の, 薄やらの雑草が, 薄ゆきの三人わらび, 薄よく鉄砲虫退治に, 薄よごれた雪を, 薄より赤き顔, 薄よりはなお素直, 薄よりも穂の, 薄らぎはじむるころ日の光微か, 薄らした雲の, 薄らわらひを, 薄ら光に, 薄ら垢が目, 薄ら埃の掛っ, 薄ら生意気の紳士, 薄ら積っていた, 薄ら笑つて短いスカート, 薄ら茫やりと, 薄ら衣服を裁ちきれ, 薄ら闇しのびに, 薄ら闇盲唖の院, 薄りかかって, 薄り付きますが筒, 薄るる燈火の, 薄を以てす雀, 薄イトテ強談シタガ兄ガ云ウニハ全ク貴様, 薄キ葦ニ似テ紫赤色ナリ, 薄ク乳ト臀部ノ発達ハ不十分, 薄ク色浅シ蒂モ, 薄スギの杉, 薄ミドリというよう, 薄ラシャの地味, 薄のろ, 薄見県門身即楽, 薄不定なので, 薄仁梅の美事, 薄作りながら力, 薄光った入江, 薄冷たい悲しみの, 薄切れのした, 薄刈萱の芽, 薄雁という, 薄割きにされ, 薄半ば剥げたる大, 薄取り取りをそのまま, 薄吹く風に, 薄の, 薄天守の壁, 薄如來の言, 薄恩の, 薄尾羽にあらはれ, 薄を以てする, 薄従って良否を, 薄我が庭に, 薄手負に付, 薄才学の深浅, 薄掻けば, 薄明かりのさしてる, 薄明けの街道, 薄明るく小さい家の, 薄明神中のは黒尾, 薄く, 薄暖かい空気の, 薄村ニテハ両神山ト唱フ皆文字異ニシテ唱ヘハ, 薄村ニテモ山上ニ両神権現両神明神ノ二社ヲ祭レリ, 薄村権現社は小森村, 薄枇杷色で春, 薄気味わるげに見守っ, 薄気味わるわる降りて, 薄汚れたり, 薄深淺の差, 薄湿りせる石階の, 薄濁ってまだ, 薄濁るほどにもなっ, 薄無情の人民, 薄無残の輩, 薄は如何, 薄焼石踏だいに, 薄甘き葛湯なり, 薄甘く暖い, 薄男さまは永い, 薄男子に就きし, 薄異なるなり古, 薄にし, 薄痒い疼きが, 薄白い明みが, 薄白き路, 薄白く寒い風に, 薄白く淡く光って, 薄白く青く冷たき匂ひする, 薄白んだ耳に, 薄眠い顔を, 薄い眉毛, 薄の本地, 薄の王, 薄さの, 薄穢いなまめかしさは, 薄穢き護謨底の, 薄穢くうしろめたい激情しか, 薄穢く丸っこいところから, 薄笑つてゐた, 薄笑つて相手にもしなかつた, 薄笑ひとを浴びせ, 薄も相, 薄のよう, 薄糸萩露のなでしこ, 薄紅い厚ぼったい耳朶には, 薄紅うて白う, 薄紅つけよかな, 薄紅梅涙に濡らす, 薄紅梅色の下着, 薄紅系統に変え, 薄絹絹糸絹打紐その他銀塊薬種等も多く, 薄の山色, 薄縁りを張った, 薄脳膜炎の症状, 薄色一重のぞき浅黄のぶッ裂羽織, 薄色地の散歩着, 薄色煉瓦をはめこん, 薄色綸子の被布, 薄色羽織が流行, 薄色背広の押, 薄色辛口という, 薄色魚子の羽織, 薄苺蕗の類, 薄茂きが中の山, 薄茅なぞの胸, 薄茅原花野を照らす, 薄草々の茂み, 薄草草の茂み, 薄萌黄に包まれた, 薄落ちたり, 薄な二人, 薄の如き, 薄蘭竹などの手本, 薄見楽しむ吾を, 薄赤いわざとらしい口紅の, 薄赤い暗の中, 薄赤い軟かな穗先, 薄赤く生生しく溜つた, 薄赤く遠い彼方に, 薄赤味のさした, 薄の人, 薄過ぎたように, 薄野田の玉川, 薄長者の過, 薄陳紀などの諸, 薄陳闌などという大将, 薄雪草やまたは, 薄ほどの微か, 薄雲厠へ往く, 薄雲太夫の側, 薄を刷, 薄霞山の裾, 薄霞朱鷺色絹に白い, 薄のなか, 薄青いこわい蛇の, 薄青かった, 薄青く幽なもの, 薄青く明るかった, 薄青く遠くまでたなびき渡し, 薄青む午前に, 薄の痩男, 薄の襯衣四枚, 薄黄ばみはた重く, 薄黄色にちらちら, 薄黒い丸い跡が, 薄黒う見ゆるは, 薄黒くつまらなく曇らせる, 薄黒く寒そうだ, 薄黒く細太き蛇が, 薄鼠色の壁