青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蓮~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

著しく~ 著者~ 葡萄~ 葬式~ 蒙~ ~蒲団 蒲団~ 蒼~ ~蓋 蓋~
蓮~
蔓~ ~蔭 蔭~ ~蔵 蔵~ 蕎麦~ ~薄 薄~ ~薄い 薄い~

「蓮~」 2104, 23ppm, 5081位

▼ 蓮~ (646, 30.7%)

55 花の 35 花が 24 花を, 葉の 21 葉に 16 葉を 12 花は, 葉が, 葉は 11 実の 9 茎を 8 花に, 葉で 6 莖を 5 台に, 糸を, 絲は, 花 4 咲いて, 実を, 糸は, 花や, 葉笠を 3 上に, 実, 手を, 根の, 池の, 花さく, 茎が, 葉や

2 [36件] うてなに, ような, ように, 三人に, 中から, 二字が, 台へと, 咲くの, 姿は, 実と, 実も, 巻葉に, 巻葉の, 手が, 方が, 方は, 池へ, 浮葉に, 生えて, 花か, 花であった, 花と, 花のみの, 花瓣を, 花船, 茎の, 莖が, 莟を, 華の, 葉, 葉と, 葉とが, 蕾の, 雨, 頭の, 顔を

1 [257件] あいだに, あけぼの, いう, いう通り, いけるか, いる家, うき葉のらふたげ, うてなとやらの, おばしま君うつくし, かぜ掉の, ことである, ことや, その誓, ために, はな, はなびらの, はなほ, ほかに, ほの, まん, やうに, 一本が, 一枝を, 三人の, 上で, 下に, 下の, 丘の, 中で, 中にて, 中へ, 事ばかり, 今日ある, 他に, 会へ, 光を, 光景が, 前に, 剥げるばかりに, 台が, 台だ, 台と, 台の, 台を, 号は, 向うに, 咲きけれ, 咲きて, 咲きの, 咲く吉祥酔境, 咲く花酔境, 国, 国に関し, 地獄に, 声であり, 大きな花, 太い茎, 女難も, 如き眼, 如く池の, 妖しい夢, 姿へ, 姿を, 字の, 字は, 実いらない, 実これが, 実とか, 実などを, 実なんぞは, 実はいらない, 実は秋, 実は黄蕋, 実みたい, 実一つ, 実型, 家を, 宿を, 巻き葉の, 巻葉が, 幽靈, 張り切った精神, 形で, 後を, 徒と, 徒の, 御遺徳, 心を, 怪誕なる, 憂鬱は, 手や, 折れ葉, 掛図を, 数珠を, 方ともどもこれより, 方とを, 方に, 方を, 方東京も, 書いた最後, 曼陀羅, 月て, 月の, 果の, 枝, 枯茎が, 枯茎しか, 枯茎の, 枯葉が, 根から, 根が, 根などの, 根へ, 根を, 栽培が, 梅干和, 歿した, 母親らしい, 水, 池, 池を, 浮き葉の, 浮き葉は, 浮葉かきわけ, 浮葉が, 浮葉の, 浮葉も, 浮葉を, 浮葉掻き分け, 淤泥に, 清新を, 煮付, 父母は, 片袖, 玉を, 生えた小さな, 生長には, 田, 田の, 画と, 画ばかり, 白い花, 白煮, 白華咲けり, 直弟子では, 眼にも, 研究で, 祖母で, 祖母知性の, 穴から, 立ち上った動機, 笠に, 糸, 糸が, 糸ほど, 縁か, 繊維では, 胡紛が, 腕を, 花から, 花さけり, 花さげ, 花そのものの, 花だ, 花だつた, 花だらけだ, 花で, 花では, 花という, 花とは, 花なんか, 花なんぞ, 花にも, 花によって, 花ばかりの, 花びらが, 花びらの, 花びらは, 花も, 花らしい, 花をも, 花三四本を, 花以外の, 花咲き, 花咲ききつた, 花売る, 花少し, 花弁が, 花弁で, 花弁の, 花弁を, 花影で, 花採り, 花片が, 花片の, 花片一つ落ちる, 花真紅にぞ, 花競馬場の, 花見え, 花開く, 花風間に, 芽が, 芽の, 芽は, 苗根をも, 若葉を, 茂った場所, 茎や, 茎より, 華は, 葉かぶり, 葉ぢや, 葉っぱで, 葉つ, 葉であった, 葉どころで, 葉なぞと, 葉などが, 葉には, 葉にわたる, 葉も, 葉形の, 葉流る, 葉笠とは, 葉笠の, 葉笠以上に, 蕋を, 蕾, 蕾が, 蕾で, 蕾は, 裾を, 詰物, 話, 話を, 足は, 跡を, 輩に, 造花を, 造花人の, 造花生花は, 邪鬼に, 酌を, 野郎と, 釘か, 開花と, 開花に際し, 雨笠かたぶけ, 露, 露の, 青葉の, 音を, 題材から, 顔は, 顔へ, 香のせ, 香を

▼ 蓮~ (249, 11.8%)

9 とお 75 と丹波, の寮 3 の手, はまるで

2 [13件] と萩乃, のたもと, の姿, の心, の横顔, の涙, の顔, はその, はどこ, はびっくり, は壁, は白い, や峰丹波

1 [191件] あっとおどろき, お美夜ちゃん, が, があちこち室内, がいちばん, がいま本郷, がうつむい, がおいで, がかた, がきっと, がこんな, がしとやか, がそう, がちかごろ, がふと, が丹精, が何, が何やら, が大いに, が大声, が尾, が引っ込ん, が横恋暴, が気がついた, が源三郎, このうえ, だ, だから, だけは打ち沈んだ, だったが, づきとして, づきの, である, では, とその, とともにこれ, とは, ともあろう, とも天下, とやらにはまた, とやら申す, と峰丹波, と楽しい, と笑い, と組ん, なら眉ひとつ, にきっと, にした, につめより, にとってはわずか, にとって思いがけない, にはかえって, にはたった, にはつらい, には何もの, には眼, には逃げられる, によって口火, にらむよう, に従って長い, に親しん, に頼まれ, のあでやかさ, のうえ, のうっとり, のお, のおも, のかげ, のからだ, のこと, のひとり言, のみはこれ, のもと, の一味, の一派, の一点張り, の前, の口, の天下, の影, の心中, の必死, の旨, の気持たる, の生活, の眼, の美し, の耳, の舌打ち, の視線, の言葉, の論理, の逃避所, の鋭鋒, の門, の首, はあっけ, はあでやか, はある, はあわて, はいたく, はいったい, はいまさら, はうしろざま, はお, はおもしろく, はさびし, はしょんぼり, はすぐ, はそう, はぞっと, はだいたい, はつと, はどんなに, はなおも, はなるほど, ははじめて, はひとりごと, はふしぎそう, はやつぎばやに, はわが, はギュッ, はギョッ, はゲンナリ, はションボリ, はトン, はヒラリ, はホッ, は一歩一歩, は低, は先, は動じる, は半, は屈託気, は平然たる, は急, は悲しみ, は手, は数名, は斬っ, は柿, は横, は武士道, は浜村屋, は涙, は片手, は癇癪, は眉, は眼, は笑っ, は総身, は縁, は繰り返した, は耳, は腑, は艶, は蒼白い, は裾, は返事, は顔, は顔一杯, は顔色, へ, へキラリ, ほんとに伊賀, もうサッと家, もかの, ももう, も丹波, も何もの, も幾度, も柳生源三郎, や丹波, や萩乃, よりは道場, をお, をお許し, をこの, をつきのけ, をとりかこん, をにらみつけた, をはじめ介抱, を中, を人柱, を射, を見かえりました, を見すえ, を頭, を首謀者, チラリふり, 突如つったちあがった

▼ 蓮太郎~ (170, 8.1%)

6 のこと 4 は丑松 3 と弁護士, の演説, は何, は微笑ん

2 [14件] と自分, のやう, の思想, の精神, の著した, の著述, の身, の身体, の遺骨, の遺骸, の顔, はすこし, は丁寧, は笑つて

1 [120件] が宿, が尋ね, が弁護士, が形見, が手, が残し, が精しい, が細君, が自分, が身, だけに話す, だなんて, といふ人物, といふ先生, としてある, との関係, と一緒, と丑松, と別れた, と別離, には偶然, にまで隠し, にも紹介, に宛てた, に自分, に言, に話さない, に誘はれ, に語り聞かせた, の, のもの, の主義, の二人, の人物, の傍, の右側, の名, の名前, の喜悦, の噂, の妻君, の嬉し, の容体, の宿屋, の平生, の感化, の手, の方, の旅舎, の書いた, の最後, の死, の死体, の注意, の病気, の筆, の細君, の背後, の観察, の言葉, の話, の談話, の跡, は, はしきりに, はそこ, はまた, は一歩先, は不, は今, は何気なく, は其, は其様, は其話, は労働者, は又, は叱る, は嘆息, は嬉し, は尋ねた, は小声, は巻煙草, は師範校, は幾度, は弁護士, は快活, は思出, は感慨, は振返つ, は旅舎, は柱, は湯, は湯気, は箸, は篤志, は細君, は考, は考へた, は聞, は聞い, は聞入れなかつた, は自分, は苦しい, は話し, は貧民, は赤倉, は鞄, ばかりは痛み惜まれ, ばかり斯, への弔意, も一つ受取つて, も丑松, も其一人, も同じ, も妻君, も弁護士, を待合せ, を思出, を知らない, を誘ふ

▼ 蓮~ (157, 7.5%)

5 池のも

2 [12件] いくら叱られ, 何と, 子供の, 強い力, 彼を, 愈色, 牧野が, 牧野に, 牧野の, 花が, 静かに, 顔を

1 [128件] あざけり笑って, あっと, あの賑かな家, いきなり, いきなり両手, いつか大勢の, いつか窓側に, いつか窓際に, いつか長火鉢の, いつまで, くすくす笑い出した, こう想像, ここに, ここへ, この老人, さっきから, じっとその, すぐに, そう呟き, そう尋ね, そこへ, そこを, その刹那, その眼, その穴銭, その言葉, そんな物, だんだんこの, なお芝公園, ふっと月, ほとんどその, ほとんど宵毎, ほぼその, ますます強く, また連戦連勝, まだ漸く二十四五, もうこの, もう一度驚き, やっと足, やぶれ初めて, やむを得ず気, よく人家, 不思議そうに, 不思議に, 不相変, 云いました, 五月雨に, 人の, 人心地が, 今少し, 今年は, 何だかその, 何度と, 冷然と, 勿論造花, 台所へ, 呆気に, 嗽いを, 声が, 夜明前の, 大きな鏡台, 婆さんの, 嬉しそう, 実を, 家へ, 寂しい顔, 寛政八年七月六日に, 少しも, 庭木戸を, 彼に, 彼女の, 彼女自身の, 径一尺余りの, 後に, 怯ず, 息を, 意地の, 慴えた, 懐しい金, 戸の, 房楊枝を, 放さなかった, 既に根, 早速彼, 晩秋の, 本宅を, 極楽に, 櫛を, 死に, 派手な, 浮葉を, 涙を, 無気味な, 犬を, 独り長火鉢の, 田宮の, 男の, 白粉を, 目まいでも, 真夏の, 真盛で, 眼の, 眼を, 私に, 秋に, 空を, 空気中に, 突然手, 翌日の, 考え深, 肥料負けし, 膝の, 自堕落な, 舌が, 艶かしい, 花でも, 花の, 芽を, 苛立たしい眉, 若葉を, 諸佛, 過去帳別本の, 酒臭い, 銭湯に, 雪と共に, 頑張って, 頬杖を, 額ご

▼ 蓮~ (81, 3.8%)

12 は言った 3 が来た, の墓 2 のこと, の言葉, はそこ, はそれ, はますます, は燕児

1 [51件] がつっかかっ, が僕, が入っ, が手, が来, が果して, が歿, が目, が言った, であった, ということ, とそっくり, と申します, と違った, にそっくり, に姉, に感謝, に知らし, のくる, のやき, の帰った, の方, の生んだ, の病気, はいつも, はかなし, はせきこん, はそう, はその, はためいき, はひどく, はまた, は一人, は嚢, は帰っ, は新婦, は李, は桑, は笑っ, は笑った, は聞かなかった, は薬, は走っ, は起っ, は黙々, もこない, もまた, も承知, を窺いた, を見る, を送り出し

▼ 蓮さま~ (71, 3.4%)

3 の寮 2 のお

1 [66件] があっけ, がじっと, がはいっ, が艶, たるところ, だ, だが, だけはどう, でも, というの, というもの, という大, としては, とのあいだ, と丹波, と萩乃, にかぎらず, にちょっと, には見当, によって父娘, のお気に入り, のことば, の一党, の侍女, の心理, の態度, の正体, の白い, の瞳, の行く, の言葉, の輿, の顔, はあせりぬい, はあたふた, はあわて, はうつくしい, はこの, はするりと, はせいいっぱい, はその, はそれ, はそれでも, はスラリ, はチラ, はツ, はホホホホホ, はモウモウ, は人知れず, は何, は司馬, は思わず, は恥, は悠然たる, は泣い, は病夫, へ目礼, も決して, も表面, や代, や萩乃, や萩乃様, をけしかけ, をみつめ, をジロリ, を見おろし

▼ 蓮~ (60, 2.9%)

4 の境内 2 というの, のあの, の別院, へ出かけ

1 [48件] から借りた, から千五百両, が錦町, でございますよ, ではお, で今, で地獄極楽, で興行, といふ寺, と合併, と申す, にございます, には昔, に住職絲山氏, に対し七千五百石, に海禪さん, に違えねえ, のお, のさかり場, の今, の和歌, の寺跡, の山門, の床, の彼, の御堂, の懐, の時, の本堂, の海禪和尚, の海禪坊主, の火事, の留守居, の留守居坊主海禪, の祭, の興行, の藪, は御, は昔, へ参りました, へ来, へ気絶, へ生, へ行っ, へ逃, をさして, を指し, を訪れた

▼ 蓮~ (49, 2.3%)

2 呼んで, 生ずるの, 見ると

1 [43件] いふ, かじる, かぶった蛙, して, たいそう褒め, どう思っ, ひとつ浮け, ほるぬくい, みて, 一株もらつ, 妾に, 待つこと, 愛したこと, 手にて, 持って, 挿して, 捉えた, 掘つて, 掘る, 掘るとや, 掘る泥まみれ泥, 散ず, 斫り, 植え近江鮒, 植ゑたらどうかと思ふ, 植ゑて, 求める興味, 画かせて, 白蓮と, 盛んに, 看に, 眺めた, 確実に, 移し植えようと, 移し植えるの, 細く金, 聴く, 育てたいという, 藝ゑて愛翫した, 見あげて, 見た記憶, 見て, 遠ざけ離室

▼ 蓮~ (46, 2.2%)

5 咲いて 2 来て, 立って

1 [37件] あざやかな, ありますじゃ, お米, こう問い直す, すっかり枯れ, その池, それを, ふと気がつい, やって来ました, 一杯に, 一面に, 仏に, 出て, 勢よく, 口ごもった, 咲きほこり熱帯魚, 多いから, 好きである, 婉然と, 実に美事, 床を, 書き続けて, 朝日に, 本所の, 東京灣の, 枯れて, 水面も, 波木井郷の, 牧野に, 独り坐っ, 生えて, 礼を, 花を, 蕾を, 見事に, 首を, 髪を

▼ 蓮~ (30, 1.4%)

2 ただふたり

1 [28件] あはれな, いいましたが, いって, ペパミントを, 一緒だらう, 丹波が, 丹波は, 丹波を, 二人で, 云う文字, 云う日本人, 云う熱帯種, 云って, 云つて居る, 呼ばれたるもの, 呼ぶもの, 呼れたる, 咲き競つてゐる, 咲ける, 定生との, 峰丹波の, 彩光どおりの, 御一戦, 早稲田の, 法号を, 申す者, 申す若, 蓮の

▼ 蓮~ (24, 1.1%)

3 の開く 2 が咲い, の濡色あかし蟹

1 [17件] がなんで, が小さい, が降っ, が飾っ, とコスモス, など一緒くた, の畑地, の苗, の葉, はほとんど, を三唱, を携えた, を明く, を踏み, を踏ん, を蹈ん, 描くとて

▼ 蓮~ (22, 1.0%)

43 坊の 2 という名前

1 [13件] が二人, が宇都宮, とつけた, と云うた, と号し, に向っ, の名, は, は未明, ひたり, をレンショウ, 坊が, 坊だ

▼ 蓮~ (21, 1.0%)

1 [21件] そそぎて, つきての, 二目の, 人參に, 似たところ, 似ませる客人, 使われて, 坐するなど, 師事し, 成り代り奉って, 比べて, 男の, 痛切な, 結びかへ, 誰, 誰小舟漕来る, 譬える, 近々陸軍, 通ずる階段, 逢ったの, 駄目を

▼ 蓮ッ葉~ (19, 0.9%)

2 な伝法調, に思われる

1 [15件] だった, です, でなく座興, なダンサー, なメロディ, な女達, な芝居口調, にはしらせ, に笑い, に言い, に言っ, の女, むすびに, らしい棄台詞, らしい紫頭巾

▼ 蓮さん~ (17, 0.8%)

2 という人

1 [15件] が急, ていう立派, といっしょ, とは, とは世, とは見えない, なんぞと云っ, に丸髷, に昔, のよう, の所, も峰丹波様, よく見, を呼ん, を日光

▼ 蓮~ (14, 0.7%)

1 [14件] が危う, が天平, である, にのぼっ, にはいのぼる, に胡桃形, のみである, の座, の影, の毛彫, はこれ, はその, を掌, を見る

▼ 蓮~ (11, 0.5%)

1 [11件] この日光, この記念, そこに, またどうか, 伸び切ったまま, 候芋や, 少し考え, 思はず然, 急に, 浮いて, 藻も

▼ 蓮~ (11, 0.5%)

1 [11件] がかの, がない, が導師, が後, すなわち花床, に附着, の形, もしくは蜂, より遠く, より離れ, を振れ

▼ 蓮生坊~ (10, 0.5%)

1 かな, が上方, が二人, とかえ, と言ったあやかりで, に扮, のこころ, の太刀, をレンショウボウ, を髣髴

▼ 蓮~ (10, 0.5%)

3 の中 1 にはまだ, の方, をひっくり返し, を忘れ, を眺め, を見守る, を買い求めた

▼ 蓮玉庵~ (9, 0.4%)

1 だと, といった頃, との真ん中位, と煎餅屋, のモリ, の方, へ引き返した, もなかなか, を出

▼ 蓮には~ (8, 0.4%)

1 すべてが, その剣舞, わからなかった, 一方パセティック, 久しぶりに, 何とも云え, 済まないが, 都会の

▼ 蓮~ (8, 0.4%)

1 唐木くみたる, 多き, 菖蒲の, 蒲などの, 蝦や, 錦魚を, 青蓮, 麥の

▼ 蓮~ (8, 0.4%)

1 が出, この紫数珠, でご, でした, と申す, の心, はどう, もあれ

▼ 蓮~ (8, 0.4%)

1 に至る, に転勤, の付近, の大浪, の町, の荒浪, へと出る, へと越え

▼ 蓮~ (7, 0.3%)

3 ぱに, 葉な 1 葉娘も

▼ 蓮中庵~ (7, 0.3%)

1 でお, ではじめて, では約束通り, で解説, の角座敷, へ行っ, へ連れ

▼ 蓮~ (6, 0.3%)

2 の下 1 などにはさすが, にかほる, のよう, を軽く

▼ 蓮~ (6, 0.3%)

1 が与えた, だけはもう, の引責, は, はその, は彼

▼ 蓮~ (6, 0.3%)

2 と云う 1 である, は明治四十四年, も隨分蓄財, を追っぱらおう

▼ 蓮という~ (5, 0.2%)

1 ものは, 僧が, 召仕いの, 女は, 小女が

▼ 蓮~ (5, 0.2%)

1 という者, と真観, の子, はその, は知家

▼ 蓮積み車~ (5, 0.2%)

5 が廬

▼ 蓮~ (5, 0.2%)

1 とヒトモジ葱, の苗, の葉, も何もかも, を壺

▼ 蓮~ (5, 0.2%)

1 には前後三度, のあたり, の宮, の寺内, の尊圓法親王

▼ 蓮から~ (4, 0.2%)

1 とりあげたこけ猿, とりあげたという, 出る糸, 辷り落ちて

▼ 蓮ちゃん~ (4, 0.2%)

1 がいなくっ, だってそう, の轍, を羨まし

▼ 蓮~ (4, 0.2%)

1 と申し, の命, の如く, はいぶかしく

▼ 蓮~ (4, 0.2%)

1 ということ, の事蹟, の前身, の行為

▼ 蓮香さん~ (4, 0.2%)

1 が帰る, とどっち, は月宮殿, を窺い

▼ 蓮香姉さん~ (4, 0.2%)

1 がまたいらした, にお, は両, を見る

▼ 蓮とやら~ (3, 0.1%)

2 惡業に 1 悪業に

▼ 蓮~ (3, 0.1%)

1 声を, 盃を, 話しかけた

▼ 蓮~ (3, 0.1%)

1 が眺められる, に藤左衛門, の軒

▼ 蓮安楽~ (3, 0.1%)

1 が既に, を庭上, 見仏等

▼ 蓮様丹波~ (3, 0.1%)

2 の一党 1 をはじめ道場

▼ 蓮生山熊谷寺~ (3, 0.1%)

1 に参詣, に詣り, の門前

▼ 蓮~ (3, 0.1%)

1 というもの, と号し, やその他

▼ 蓮~ (3, 0.1%)

1 が二十五匁, のスープ, の料理

▼ 蓮~ (3, 0.1%)

1 が弓矢, は弓, は片肌

▼ 蓮行寺~ (3, 0.1%)

1 という菩提寺, と申します, の摩耶夫人

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 美夜ここでは, 美夜と

▼ 蓮かと~ (2, 0.1%)

1 問うたら芋, 問へ

▼ 蓮きる~ (2, 0.1%)

1 と三寸, 御手

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

2 かば

▼ 蓮じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, ない

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 と云っ, と名乗る

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 うずまって, 秋の

▼ 蓮でも~ (2, 0.1%)

1 ある, 可い

▼ 蓮といふ~ (2, 0.1%)

1 坊さんが, 支那の

▼ 蓮とか~ (2, 0.1%)

1 菖蒲とか, 鯉とか

▼ 蓮ほどの~ (2, 0.1%)

1 偉ら物, 偉物であったなら

▼ 蓮久寺~ (2, 0.1%)

1 とよべる, を出

▼ 蓮信坊~ (2, 0.1%)

1 だよ, は寺社奉行所

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

2 はさやか

▼ 蓮切鼻~ (2, 0.1%)

1 でいる, の人

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 も出, を隋

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

2 禪門の

▼ 蓮大寺~ (2, 0.1%)

2 の本堂

▼ 蓮太郎夫婦~ (2, 0.1%)

1 と一緒, に出

▼ 蓮屁茶居士~ (2, 0.1%)

1 など, などというの

▼ 蓮枯れ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て婆

▼ 蓮様峰丹波~ (2, 0.1%)

1 など以前, の一派

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

2 には敵味方

▼ 蓮法師~ (2, 0.1%)

1 が俄, を悩ました

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

2 秘伝

▼ 蓮港庁~ (2, 0.1%)

1 にはそれぞれ警察官応援, や台東庁

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 で蕎麦, へ寄っ

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 が神通, に助

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 であります, は学問上

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 の服, まどはず

▼ 蓮花伊勢~ (2, 0.1%)

2 のなでしこ

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 をささえ, を注文

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 また単に, を食せしむ

▼ 蓮託生~ (2, 0.1%)

1 の手下, の船

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 だのその他, なぞと云う

▼ 蓮~ (2, 0.1%)

1 という者, 等の

▼ 蓮院北~ (2, 0.1%)

2 は岡崎

▼ 蓮院様~ (2, 0.1%)

1 と云う, の侍医

▼1* [158件]

いきなり黄金の, 蓮ゑて楽し, 蓮うごかす池の, 蓮おんじ薊, 蓮きりに行く, 蓮きんぴらごぼう御飯たべたかった, 蓮ここにあり, 蓮こちらでちょっと, 蓮こちら様でちょっと, 蓮さくや暁, 蓮さま一派の者, 蓮さま何を思った, 蓮さま峰丹波の一党, 蓮さま通りがかった廊下, 蓮すなわちヴィクトリア洋睡蓮パピルスなどを, 蓮だらけだよう, 蓮であると云った, 蓮であろうか或は, 蓮ですから葉, 蓮ではそれを, 蓮といえりし渠, 蓮とは晩香の, 蓮どのの赤誠, 蓮のである, 蓮など山の, 蓮などという当て字を, 蓮などは一種の, 蓮に対する印象が, 蓮ばかり描いて, 蓮んかい, 蓮よりも更に好し, 蓮の女, 蓮をも賞し忍川, 蓮を以てして, 蓮だら十七日, 蓮一人出して, 蓮三位中將維盛年二十七歳壽永三年三月十八日和歌, 蓮上人がこの, 蓮上房尊覚という者, 蓮の宝芯, 蓮丹念なれど, 蓮互に半座, 蓮の魂, 蓮なり何, 蓮信上人忙しくなりだした, 蓮信上人今なん, 蓮信士が入れ, 蓮光といへる僧, 蓮台座の見物人, 蓮同行の輩, 蓮呉茱の六種, 蓮咲かんとす, 蓮咲くあたりを, 蓮唐草の図, 蓮荷葉坐, 蓮城寺についても真野, 蓮城法師との縁起, 蓮の, 蓮を隔てた, 蓮と書し, 蓮多くあり其人, 蓮太郎あたりの思想, 蓮太郎のは哲学, 蓮太郎一人で弁護士, 蓮太郎今は戸板, 蓮太郎先生瀬川丑松より, 蓮太郎弁護士の二人, 蓮太郎斯うして, 蓮太郎氏著定価までも書添, 蓮第一回, 蓮安楽等が東山鹿の谷, 蓮寺伊藤祐晃師の示された, 蓮寺大坂の伝光寺, 蓮尊者に比べ, 蓮尼十七世紀に久しく, 蓮居士謫仙人李太白の素性, 蓮山君や里見謹一君, 蓮を聳, 蓮に帝, 蓮を, 蓮政寺で切腹, 蓮時山室兄将還, 蓮でも外し, 蓮柄香炉常花, 蓮様そこらの呼吸, 蓮様どころでは, 蓮様一党に対してがんばっ, 蓮様一味がその, 蓮様左京の三人, 蓮様母娘の悲しい, 蓮様母子をなぐさめよう, 蓮様胸の思い, 蓮欝金香その他種々の花, 蓮次郎の女, 蓮殿地蔵堂の地, 蓮の方, 蓮法寺謙と云, 蓮法院と記し, 蓮の領袖峰丹波, 蓮港付近の部落, 蓮の中, 蓮無ししかいふ, 蓮照坊は信心決定, 蓮牡丹の如き, 蓮牡丹菊にたとへられし, 蓮もあり, 蓮にはすぎた, 蓮生坊宇都宮頼綱は岳父, 蓮生塩屋入道信生千葉六郎大夫入道法阿渋谷七郎入道道遍頓宮兵衛入道西仏等の面々今, 蓮生觀善さんは高祖, 蓮生門を過ぎ, 蓮生院が三年忌, 蓮生院薫誉智才信士という, 蓮の中, 蓮留紅草もつと, 蓮眞菰河骨或は赤褐黄緑その他樣, 蓮真菰河骨或は赤褐黄緑その他様々, 蓮知坊・行珍坊以下名もない, 蓮社本来無著関, 蓮紅嬢かけ合いの, 蓮絵師の君, 蓮羊羹なぞをおびただしく, 蓮胤さまがけふ, 蓮胤世捨人とは言, 蓮胤外山の庵, 蓮胤日頃の感懐, 蓮胤日頃あこがれ求めて, 蓮自ら法華経を読誦, 蓮ふさがりたり, 蓮臺寺で山桃, 蓮臺寺河内などもい, 蓮船兄こぎかへる, 蓮芋一茎をもらつ, 蓮芋伸びよ唐辛, 蓮芋紫蘇とても豊富, 蓮の賓石, 蓮芯中の宝玉, 蓮花王院方広寺に行く, 蓮花谷に隠棲, 蓮英ら皆河間出身の宦官, 蓮英殺しと云う, 蓮の破る, 蓮見事に勝, 蓮託生死なば, 蓮踏みて物知り顔, 蓮として纔, 蓮弟の, 蓮鈴木氏修して, 蓮開上人の夢, 蓮院富翁大徳清居士と口, 蓮院嵯峨清涼寺坂本来迎寺所蔵のもの, 蓮だとか, 蓮す朝舟人, 蓮であった, 蓮香姉さん十年して, 蓮香姉さん蓮香姉さん十年して, 蓮馨花色のビロード, 蓮黄蓮と彩光どおり