青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蒼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~著 著~ 著しい~ 著しく~ 著者~ 葡萄~ 葬式~ 蒙~ ~蒲団 蒲団~
蒼~
~蓋 蓋~ 蓮~ 蔓~ ~蔭 蔭~ ~蔵 蔵~ 蕎麦~ ~薄

「蒼~」 2438, 26ppm, 4420位

▼ 蒼~ (299, 12.3%)

138 なって 30 なった 11 して 10 なりました 8 なつて 6 なつた 4 なりながら 3 なりて, 変って 2 なったん, なった娘, なった顔, なりながらも, 顔色を

1 [76件] うち睡る, さめた顔, したの, した二人, そめ換えて, なったこと, なったの, なったルパン, なった女, なった女房, なった相手, なった鈴子夫人, なった顔色, なってから, なりたまいぬ, なりぶる, なりましたっけ, なりガタガタ顫, なり唇, なり氷, なり無言, なり目, なり眼, なり胸, なること, なると, なるとともに, なるの, なるよう, ひきつったよう, 一条霧に, 上から, 光って, 入り込んで, 凋れた, 出て, 塗って, 変じて, 変り額, 変わって, 底なしの, 彩り候, 怒った窯, 成った顔色, 成つた, 成つた時此の, 成ッた, 拡がって, 映った物置, 歪んで, 水銹の, 流れるの, 澄み切ったまだ, 澄んで, 炎上した, 立ち上がって, 筋だって, 脚も, 腐つて了, 色づく頃, 艶を, 苔の, 萌黄に, 蚊帳が, 見えたね, 見えたので, 變つて額に, 變る, 輝いて, 透き通って, 透き通つて, 陽が, 頭を, 顕れた, 顫え, 黄色い眼

▼ 蒼~ (248, 10.2%)

101 顔を 10 顏を 6 顔で, 顔に, 顔色を 4 面, 顔の 3 海が, 空に, 面を, 顔

2 [14件] 光が, 暗い碧玉色, 水に, 潮の, 痙攣が, 色を, 野路を, 面の, 頬に, 頬は, 顏の, 顔が, 顔し, 顔には

1 [71件] あっけに, こと, さびが, その顔, のが, のに商人, のは, んです, アグーシャが, シイカの, 一直線の, 不安な, 人の, 何かの, 処であります, 前肢で, 大空緑色の, 太陽の, 小鬼ども, 小鬼共, 山が, 岩も, 常盤木の, 庭の, 彼女の, 慄え, 日陰の, 明い水菓子屋, 柱を, 水が, 水ど, 水底へ, 池の, 流を, 海には, 海水の, 海藻の, 清々しい顔, 潮流と, 激い, 灯が, 私の, 稲妻の, 空の, 空のうへに, 腹を, 色が, 色の, 苦しそう, 草の, 血に, 血管が, 西瓜も, 西瓜を, 道, 酒の, 銀杏の, 限りも, 靜かな, 面が, 面と, 面に, 頭の, 額口からは, 顔いろし, 顔です, 顔と, 顔にな, 顔は, 顔貝殻の, 香が

▼ 蒼ざめた顔~ (134, 5.5%)

32 をし 4 をあげ 3 をした 2 に髪, の上, の色, をいよいよ, を見る

1 [85件] がぽ, がみえた, が一筋二筋, が大, が彼, が死人, が見えた, が顔全体, して, その悲し, で, ではあった, でキッパリ, で半身, で外, で戻, で戻つた, で日々蛇, で貸席, になった, になりました, にはさっと, にはすごい, には興奮, には赤味, にふりかかる, にむっと, に不思議, に侘び, に勝利, に唇, に毛髪, に熱い, に目, に眼, に笑, に笑み, に紅, に緊張, に色気, に血, のなか, はこの世, はどうしても, は清新, や乱れた, をあげた, をうつし, をしかめ, をしかめた, をじっと, をつと, をひきしめ, をふりあげ, をぼんぼり, をぽ, をゆがめ, をサッと, をビリビリ, をブラウン, を一層, を上げ, を上下, を両, を仰ぎ視た, を俯向け, を出した, を半, を少し, を彼女, を月, を水, を白粉, を眞ツ紅, を眺め, を眼, を紅く, を緊張, を見, を見守っ, を見詰めた, を覗く, を酒, を面白, 付して

▼ 蒼黒い~ (127, 5.2%)

5 靄の, 頬の 4 水の 3 偃松の 2 眼の, 穴が, 葉を, 顏に, 顏を, 顔が

1 [98件] お顔, ひたいに, むくんだ顏, 一本の, 両頬, 中に, 兩頬が, 十本の, 口の, 口紅だけ, 周囲を, 土の, 地の, 地を, 夜の, 大きな口, 大きな猿, 女, 女です, 小男の, 少女の, 尖った頤, 山脈の, 岩が, 巌壁に, 巖壁に, 巨大な, 影を, 掌だけの, 棄石の, 森を, 横顔を, 樹木の, 毒煙が, 水が, 水に, 水は, 水穴, 海さ日の, 海は, 海水の, 深淵の, 湖水の, 湖面は, 湖面を, 漏斗死の, 片頬, 男で, 男です, 痩せた脚, 痩せた頬骨, 皮膚で, 皮膚であった, 皮膚の, 皮膚や, 眼で, 石塔尾根が, 硯を, 空に, 空には, 空を, 空気とは, 筋が, 細面口紅は, 緑が, 罪業の, 老杉, 肌を, 背を, 脊を, 色に, 色を, 苔の, 葉の, 藻草が, 蝨を, 道服を, 針葉樹に, 鉄肌から, 鍬崎山は, 陰影が, 雨雲が, 面色の, 頬に, 頬を, 額から, 顏が, 顏つきの, 顏には, 顏色に, 顔で, 顔に, 顔には, 顔を, 顔唇と, 顔色を, 魚が, 魚身を

▼ 蒼ざめて~ (108, 4.4%)

6 来た 4 見えた 3 帰って, 行った, 見える 2 立ちすくんで, 美しい眼, 行くの, 行く顔色, 降る雨

1 [79件] いきなり部屋, うすい瞼, おののいたきり, きょろきょろあたり, こわいこわい顔つき, そうろうと, その刺青, その場, つかの, どきま, ねっとりと, はげしい衝撃, ひきしまった, ひどく兇悪, また赤く, まるで血の気, むくんで, もう何, やさしい目, やにわにドア, ゆがみ彼, ギラギラした, ブルブルふるえ, 丁度酣酔, 乾いて, 低く首, 俯き顔, 凹んだ眼縁, 厚ぼったくめった, 参りまする, 口惜しそう, 叫ばなければ, 吸いかけて, 呟いた, 呼ばれて, 居た頬, 居りますが, 居る, 常にも, 思わず膝, 戦くばかり, 来たの, 来たので, 来たシムソン, 来るの, 歪んだ顔, 死んだやう, 死んだよう, 死んで, 深い憂愁, 澄んで, 現れた, 生きた心地, 相當, 硬ばっ, 硬ばり, 突然の, 窶れて, 立ちすくんだもの, 立って, 細くなり, 細く顫, 聞いて, 腹だちま, 苦しそう, 落つき出した, 行く, 行くに, 行くに従って, 衰えて, 見えたの, 見えるし, 見えるの, 見える久留雅雄, 覗きそう, 言った, 頷いた, 駈けこんで, 黒き髯

▼ 蒼~ (60, 2.5%)

14 を帯び 3 を帯びた 2 がかった水, がさして, の注した, をおびた, を加え

1 [33件] がある, がかかった, がかっ, がかった何ん, がかった幽鬼, がかった手, がかった真佐子, がかった茶, がかった面, がかつ, がかッ, がかツ, が射す, が注し, ざして, だった潮, と陽, のある, のかかった, の勝った, の強い, の甲斐絹, の走った, を増し, を失った, を帯ん, を帶びた, を帶びたり, を帶びた眞珠色, を持った, を持つた, を潮, 走った額

▼ 蒼黒く~ (57, 2.3%)

5 なって 2 でら, 沈んで

1 [48件] そして紫色, そして肌, て碁, て私, て老, て薄, とにかくその, なりその, まだら, 不恰好な, 何万尺ある, 何処よりとも, 光る自動小銃, 冴えた頭上, 凍かん, 凝って, 土気づいた, 大した皺, 巌頭を, 引歪み, 暮れかけ, 歪んで, 淀んだ水, 淀んで, 澱んだ色, 濁つた海, 濁り眼, 焼けるよう, 燻んだ古代人形, 猿の, 痩せこけた婦人, 痩せこけて, 痩せた老人, 痩せた顏, 石垣を, 空に, 窪み窪みからは, 繁って, 耳が, 聳えて, 肥った背, 茂つてゐた, 蒸して, 見えた, 見えました, 見える, 見える水, 針の

▼ 蒼~ (56, 2.3%)

2 いの, しばたたきつつ, なすもの, なす神神, のみ

1 [46件] いからね, いこと, いつたらありやしない, いでしょうから, いといっ, いと言わぬ, いわよ, い世間, い事, い仲, い問題, い者, い質問, かった, からず, がった, がってどう, がられる, が蛛網, が集っ, き人, くした, くって, くて, くなっ, く世話, く付け, く來, く来る, く耳, く鈴, く頼ん, しと, しとも, だ緑金, なり, にこれ, のよう, の羽音, よ, よなどという母, よボーン, を, を一ツ, を一掃, を忘れまい

▼ 蒼褪め~ (39, 1.6%)

7 ていた 3 ている 2 て, て見えた

1 [25件] てい, てしまつ, てはいられ, てよほど, て富五郎, て小首, て居た, て幽霊, て弱々しい, て来た, て殺気, て病身さうに, て顫, て騒ぎ立て, て黄味, ながらぢ, 凄艶, 唇には, 死せる, 烈しい疑惑, 眼が, 眼は, 肉は, 脇の下に, 額口には

▼ 蒼~ (35, 1.4%)

5 を帯び, を帯びた 2 がかつ, を宿し, を帶びた皮膚, 夜ただ

1 [17件] ある灰色, がかつて, が増し, たり, てその, て曇る, て見, どろ, もあり, もいくらか, も好ましく, より最, をおびた, をもった, を加え, を掛けた, 光発し見

▼ 蒼ざめ~ (32, 1.3%)

2 広い白い額

1 [30件] おからだ, かみつくよう, きびしく歯, しっかり握り合せ, その血脈, その顔全体, たりまた, たりオド, たり不安, つきつめた顔, はては身体, ぶる, ぶるぶる震え, キリキリ口, ボリボリ爪, 且つ謙り, 両眼, 切った顔, 動かなくなって, 変るの, 怒りやすく, 打ち伏, 果てて, 次に赧, 疲れはてて, 痛さ, 痩せ細って, 窶れたる姿, 躍気, 重き波

▼ 蒼ざめた~ (31, 1.3%)

6 悲しさ 2 明るさ

1 [23件] おちつかない顔, か細い童ども, 双頬, 小さい女房, 小さな皮肉, 小さな顏, 幽靈, 御顔色, 恐ろしげ, 果敢なさ, 殺されたクレルヴァル, 然し思い詰めた, 痩せ細ったその, 硬い顔, 神々しい顔, 美しい顔, 脹れぼったい顔, 萎びた頬, 虚しいもの, 虚しさ, 赤い色, 重い仮面, 鈍い土色

▼ 蒼~ (29, 1.2%)

2 生ひ, 金との, 面を

1 [23件] いうべき大樹, した具合, した森, した欅, した繁み, した高麗寺山, して, なり二千歳, ふさいで, 云っても, 大木が, 天地を, 樹木が, 繁茂し, 茂った樹, 茂った樹木の間, 茂って, 茂りその, 茂り五号色, 茂れる, 説が, 赤と, 青との

▼ 蒼~ (27, 1.1%)

2 が眼

1 [25件] がうつつ, がはしり, が先, が濃度, だけは妙, で浮き出し, と日光, と見られ, になっ, に充ち亘る, に溶け, に澄ん, は末枯れ, は眼, や雲, よ, より, よ病める, をとおり, を呈した, を移した, を見, を見せます, を驚異, 暗さ

▼ 蒼にな~ (27, 1.1%)

2 つてゐた, つて顫へて

1 [23件] つた彼は, つた彼女は, つて, つてその, つてガタガタふるへる, つてヘタヘタと, つて唯, つて思案に, つて桟も, つて棟を, つて母に, つて母の, つて泣き出しました, つて灰を, つて物を, つて眼に, つて突つ立つ, つて答へる, つて籠が, つて表情筋の, つて身を, つて頬の, ツた

▼ 蒼褪めた~ (25, 1.0%)

3 顔を 2 顔に, 顔落ち窪んだ

1 [18件] がこの, ともし, 他界的の, 光が, 兩手を, 円枝が, 幻が, 彼女の, 氣の, 深夜の, 秋の, 色が, 色で, 長い顔, 顔は, 顔乱れた, 顔色の, 顔色も

▼ 蒼~ (22, 0.9%)

1 [22件] あつた, ぐたりとなって寝, その瞳, な, なんとも言えず, ひどく取乱し, ほとんど生ける, ゐら, 一文字に, 両眼, 富士山より, 小川の, 引きしまって, 手が, 横から, 歪んだ睨みつけるよう, 目も, 瞑目し, 血の気も, 頬は, 頬面は, 顔が

▼ 蒼ざめた頬~ (20, 0.8%)

3 に涙

1 [17件] がぴくぴく, と顎, には薄, に上った, に乱れ, に啜り, に摺り附ける, に散つた, のあたり, の口もと, の痩せ, の皮膚, の色, は未だ, へ疲労性, をサッと, を伝い落ちた

▼ 蒼たる~ (18, 0.7%)

1 [18件] こと芝山内また上野などに, 中に, 大森林, 広原の, 木立の, 林に, 枝葉が, 森に, 森林で, 森林の, 森林を, 楠の, 樹木が, 樹木に, 樹海を, 欅の, 熱帯の, 色を

▼ 蒼夫さん~ (17, 0.7%)

2 に聞いた, の家

1 [13件] が九歳, で大正五年, の所有, の所藏, の知つて, の言, はわたくし, は云, は最後, は此, を白金臺町, を訪う, を訪うた

▼ 蒼~ (16, 0.7%)

2 態を

1 [14件] チモシイ, 大いなるを, 天と, 宗教都市カンデイあり, 少作, 巣窟みたいな, 廣大なる, 林和鳴, 森も, 波うねり大きく, 波かなたなぞへに, 烟が, 空の, 顔が

▼ 蒼かつ~ (12, 0.5%)

72 た顔 1 たが, たこと, たそう

▼ 蒼ざめた顔色~ (12, 0.5%)

2 をし 1 がどこ, だ, と物恐ろしい, に髪, のお, は一層, は家, を等分, を見, 痩せ細った手

▼ 蒼~ (11, 0.5%)

1 [11件] かと怪, かと怪しまれ, かと怪しむ, がひろがっ, に対す, のみ, の間, を凌ぎ, を渡っ, 浸, 見るからに

▼ 蒼~ (11, 0.5%)

7 を見 21 だつた, と遊ぼう

▼ 蒼~ (11, 0.5%)

2 い銃身 1 い女, い岩肌, い影, い皮膚, い空間, い針葉樹, くて, く蒸し, く見える

▼ 蒼ずんだ~ (10, 0.4%)

2 顔で 1 お政, 中に, 光が, 冬の, 女の, 尻尾を, 明るい色, 生え際の

▼ 蒼として~ (9, 0.4%)

1 声あり, 太古の, 居り当時, 幽邃な, 晝尚暗い, 横はる, 秀色掬すべし, 繁つてゐる, 繁茂し

▼ 蒼~ (9, 0.4%)

1 た頬, た顔, て, ていた, て息, て血, て言い叫びました, ながら叫びました, な顎

▼ 蒼~ (9, 0.4%)

2 の名 1 から迎, が溢れた, に落ちた, に颯と, の水, は, は可

▼ 蒼蠅い~ (9, 0.4%)

1 からそれ, から欲しく, なら留守, ほどある, ほどお, ほどであった, ほど眼, ほど頼ん, 程頻

▼ 蒼~ (9, 0.4%)

2 な顔, になっ 1 だつた, ですか, なプラツトフオオム, な姿見, に御成

▼ 蒼~ (8, 0.3%)

1 だ月, でいた, でゐた, で縁側, ぶくれを, 膨れと, 蔵であった, 蔵に

▼ 蒼~ (8, 0.3%)

2 のそく 1 と戴くであらう, に光, に直, よ国原, を天, を我が

▼ 蒼~ (8, 0.3%)

2 を歪める 1 なる若い, にお, のウイツチ, の勇蔵, の青年, はや生き血

▼ 蒼~ (7, 0.3%)

4 ろい 2 ろく 1 ろくなって

▼ 蒼ぶくれ~ (7, 0.3%)

2 のした 1 ている, の婆さん, の男, の顔, 化物じみ

▼ 蒼~ (7, 0.3%)

1 なるなりと, に塗らう, に照らされ, に見え, の光, を帶びたるは, 忽然とし

▼ 蒼醒め~ (7, 0.3%)

1 て, ている, てをりました, て居る, て眼, て純, て話

▼ 蒼ざめた唇~ (6, 0.2%)

1 が歪み, で面, と放心, は口いっぱい, をかん, をゆがめ

▼ 蒼ざめた額~ (6, 0.2%)

1 からは汗, にほつれた, に汗, に玉, は地, をおさえ

▼ 蒼ざめて眼~ (6, 0.2%)

1 がじっと, が坐っ, が猛々しく, だけが異様, をすえ, を真赤

▼ 蒼白め~ (6, 0.2%)

3 た顔 1 た唇, た鏡, た頭

▼ 蒼蠅そう~ (6, 0.2%)

2 にこう 1 であった, にお, に応えた, に掻

▼ 蒼~ (6, 0.2%)

1 が互に, が小鳥, のよう, の置物, を子供, を彼女

▼ 蒼ざめた女~ (5, 0.2%)

2 が立ち 1 の面影, の顔, を紹介

▼ 蒼ざめ眼~ (5, 0.2%)

1 に輝き, のくぼんだ, はくぼみ, は悲愁, をもと

▼ 蒼みの~ (5, 0.2%)

2 さしたうつくしい 1 ある, ある土, ある病人

▼ 蒼~ (5, 0.2%)

4 の火 1 詣に

▼ 蒼海原~ (5, 0.2%)

1 に帆, に描かれ, の, はさ, はささ

▼ 蒼~ (5, 0.2%)

1 として暮れ, に湧くごとく, に館, の大波, の底

▼ 蒼澄んだ~ (5, 0.2%)

1 仄かな, 月光とが, 瓦斯燈が, 綺麗な, 顏に

▼ 蒼~ (5, 0.2%)

2 の間 1 に囲まれ, はこの, は晴れた

▼ 蒼ざめた男~ (4, 0.2%)

2 の顔 1 と自分, はチュイルリ

▼ 蒼ざめた顏~ (4, 0.2%)

1 の上, をし, を襟, を遊ばし

▼ 蒼ざめた馬~ (4, 0.2%)

3 の影 1 を徐

▼ 蒼~ (4, 0.2%)

1 し唇, そういう汝, ね, わあんた

▼ 蒼なる~ (4, 0.2%)

1 と赭, ものをも, 緑樹の, 顏もて

▼ 蒼みがかった~ (4, 0.2%)

1 夢の, 眼球の, 色白の, 金髪を

▼ 蒼~ (4, 0.2%)

2 帯びて 1 兼備し, 食えば

▼ 蒼んで~ (4, 0.2%)

1 いる丈, いる美しい, ゐる丈, ゐる美しい

▼ 蒼~ (4, 0.2%)

1 として昏れる, として海, と暮れ, と暮れた

▼ 蒼~ (4, 0.2%)

1 たる大, たる平原, たる水平線上, の彼方

▼ 蒼白んだ~ (4, 0.2%)

1 険相な, 顔で, 顔に, 顔を

▼ 蒼~ (4, 0.2%)

1 が生え, と夜露, に堕ちぬ, をおび

▼ 蒼~ (4, 0.2%)

2 た顔 1 た痙, るよう

▼ 蒼醒めた~ (4, 0.2%)

2 顔を 1 恐ろしい顔, 顔は

▼ 蒼鬣魚~ (4, 0.2%)

2 の鰭 1 より売手, を見

▼ 蒼~ (4, 0.2%)

2 の啼く 1 が棲む, をつけ

▼ 蒼黄色~ (4, 0.2%)

1 にすべすべ, になり, に変じた, に夕日

▼ 蒼~ (4, 0.2%)

1 い偃松, い染色硝子, い葉, な偃松

▼ 蒼~ (4, 0.2%)

1 のぬし, の頭, を走らす, 注馬八尺以上爲龍

▼ 蒼ざめたかと~ (3, 0.1%)

2 思うと 1 思ふと

▼ 蒼ざめた光~ (3, 0.1%)

1 の帯, の映る, は彼

▼ 蒼ざめた影~ (3, 0.1%)

2 を逃走 1 のよう

▼ 蒼ざめた横顔~ (3, 0.1%)

1 は明らか, をうす暗い, を見せ

▼ 蒼ざめた真剣~ (3, 0.1%)

3 な顔

▼ 蒼ざめた色~ (3, 0.1%)

1 が痩せおとろえた, に見えた, を染め出し

▼ 蒼ざめているのに~ (3, 0.1%)

1 気がついた, 気づいた, 気づいて

▼ 蒼ざめてワナワナ~ (3, 0.1%)

2 と顫 1 とふるえ

▼ 蒼ざめて唇~ (3, 0.1%)

1 がワナワナ, には血の気, を震

▼ 蒼ざめて死~ (3, 0.1%)

1 せるが, に, の色

▼ 蒼ざめながら~ (3, 0.1%)

1 立って, 考えた, 言った

▼ 蒼ざめ額~ (3, 0.1%)

1 から頬, には汗, もすこし

▼ 蒼~ (3, 0.1%)

1 らから, らでは, らの

▼ 蒼なお顔~ (3, 0.1%)

1 でございますよ, で眼, をし

▼ 蒼~ (3, 0.1%)

1 でしかも, となった, の極

▼ 蒼~ (3, 0.1%)

3 の自然

▼ 蒼暗い~ (3, 0.1%)

1 世界に, 光線に, 葉の

▼ 蒼~ (3, 0.1%)

1 と煙草, の煎, を焚き

▼ 蒼~ (3, 0.1%)

1 たる原始的, たる画面, として人

▼ 蒼澄ん~ (3, 0.1%)

2 で見える 1 でいた

▼ 蒼~ (3, 0.1%)

1 い波, い針葉樹林, い鬣

▼ 蒼~ (3, 0.1%)

1 のにがき, の山々, の色

▼ 蒼~ (3, 0.1%)

1 の痕, の老, 乱れ生じ髪

▼ 蒼黄色く~ (3, 0.1%)

1 そして顔, なって, 荒れた二つ

▼ 蒼いも~ (2, 0.1%)

2

▼ 蒼~ (2, 0.1%)

1 のぞきでて, 多し春陽

▼ 蒼ぐろく~ (2, 0.1%)

1 変って, 小さかった

▼ 蒼さ身~ (2, 0.1%)

2 にあび

▼ 蒼ざめがほの耻~ (2, 0.1%)

2 のおも

▼ 蒼ざめたが~ (2, 0.1%)

1 すぐさまその, やがてもう一ぺん

▼ 蒼ざめた一つ~ (2, 0.1%)

2 の顔

▼ 蒼ざめた元気~ (2, 0.1%)

2 のない

▼ 蒼ざめた娘~ (2, 0.1%)

1 が帰っ, はその

▼ 蒼ざめた幽霊~ (2, 0.1%)

1 だ, のよう

▼ 蒼ざめた微笑~ (2, 0.1%)

1 がその, を浮かべた

▼ 蒼ざめた感じ~ (2, 0.1%)

1 であつ, のする

▼ 蒼ざめた時背後~ (2, 0.1%)

2 から

▼ 蒼ざめた瀕死~ (2, 0.1%)

2 の姿

▼ 蒼ざめた皮膚~ (2, 0.1%)

1 が浮び上る, を愛する

▼ 蒼ざめた眼~ (2, 0.1%)

1 に恐怖, をしてる脂ぎった

▼ 蒼ざめた空~ (2, 0.1%)

1 に彼ら, の一片

▼ 蒼ざめた苦笑~ (2, 0.1%)

1 を感ぜざる, を誤魔化し

▼ 蒼ざめた薔薇~ (2, 0.1%)

2 の花

▼ 蒼ざめた表情~ (2, 0.1%)

1 に本能的, の中

▼ 蒼ざめた顔付~ (2, 0.1%)

1 で時に, をし

▼ 蒼ざめていた顔~ (2, 0.1%)

1 が心持, が瞬間

▼ 蒼ざめていて~ (2, 0.1%)

1 いわば人相, ただただそういう

▼ 蒼ざめては~ (2, 0.1%)

1 居らんかの, 居るが

▼ 蒼ざめて承知~ (2, 0.1%)

2 した

▼ 蒼ざめて死人~ (2, 0.1%)

1 のよう, の色

▼ 蒼ざめて生気~ (2, 0.1%)

2 がなかつた

▼ 蒼ざめながらも眼丈~ (2, 0.1%)

2 は益

▼ 蒼ざめ唇~ (2, 0.1%)

1 も紫色, をきっと

▼ 蒼ざめ胸~ (2, 0.1%)

2 が痩せ

▼ 蒼しか~ (2, 0.1%)

2 へるでの

▼ 蒼じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, まるで透通る

▼ 蒼ずん~ (2, 0.1%)

2 で来

▼ 蒼っぽい~ (2, 0.1%)

1 カーテンを通して, 目

▼ 蒼であった~ (2, 0.1%)

1 がしかもなお, がそれ

▼ 蒼ませ~ (2, 0.1%)

1 てゐた, 一つも

▼ 蒼みし~ (2, 0.1%)

2

▼ 蒼みわ~ (2, 0.1%)

1 たった鬢, たり身なり

▼ 蒼み暮れ~ (2, 0.1%)

2 て間

▼ 蒼み絶え~ (2, 0.1%)

2 なむとして

▼ 蒼~ (2, 0.1%)

1 からせ, に翳し

▼ 蒼~ (2, 0.1%)

1 と云, の祖父明了軒

▼ 蒼孔雀~ (2, 0.1%)

1 に變, を

▼ 蒼寒く~ (2, 0.1%)

1 した, 沈む乾雲丸

▼ 蒼~ (2, 0.1%)

1 たる世界, たる海景画

▼ 蒼~ (2, 0.1%)

1 の幽霊, の影

▼ 蒼白み~ (2, 0.1%)

2 唇に

▼ 蒼白ん~ (2, 0.1%)

1 で早, で貴族的

▼ 蒼~ (2, 0.1%)

1 の勝った, を出し

▼ 蒼脹れた~ (2, 0.1%)

1 ような, ようにも

▼ 蒼臭い~ (2, 0.1%)

1 のは, 汗蒸れた

▼ 蒼荘厳~ (2, 0.1%)

2 或は簡素

▼ 蒼雲の上~ (2, 0.1%)

2 に高く

▼ 蒼面白髪~ (2, 0.1%)

1 の三人, の姉妹

▼ 蒼~ (2, 0.1%)

1 が鳥, なんぞの作つた文字

▼ 蒼黄いろい~ (2, 0.1%)

1 中年の, 空の

▼ 蒼黄色い~ (2, 0.1%)

1 何処と, 顔

▼ 蒼~ (2, 0.1%)

1 さは, なる上州群峯

▼ 蒼黒かっ~ (2, 0.1%)

1 た, た俺

▼ 蒼龍窟~ (2, 0.1%)

1 には一夏, を尋ねた

▼1* [503件]

おとした隻頬, 蒼くさい汗蒸れた, 蒼ぐもる緑の空, 蒼ぐらい波の, 蒼ぐろい水あかりの中, 蒼ぐろい滝つぼの水, 蒼ぐろい皮膚を痛々しく, 蒼ぐろい透明のなか, 蒼ぐろい顔をにやりと, 蒼ぐろくしきつて寂かに露, 蒼ぐろく鱗波を掻き立て, 蒼さったら月も, 蒼さめて冷, 蒼さめた唇へ, 蒼さ紅葉のはかな, 蒼ざめかかっていたがそれで一層, 蒼ざめかげんに緊張し眼, 蒼ざめきってしまった色が反動的, 蒼ざめきつた無表情の顔, 蒼ざめさかやきはのび, 蒼ざめさしたり急に赤め, 蒼ざめさして力尽きたよう, 蒼ざめさして席に戻っ, 蒼ざめさせ生際, 蒼ざめさせてさう答へた, 蒼ざめさせ体は慄, 蒼ざめさせ盃の運び, 蒼ざめし貴嬢, 蒼ざめしなやめる魂等は愧, 蒼ざめし汝が面, 蒼ざめたいたいけな顔は可憐想, 蒼ざめたお長は軒下, 蒼ざめたお顔で誰, 蒼ざめたかとおもふともう見, 蒼ざめたかぶりを振った, 蒼ざめたきり呼吸もたえだ, 蒼ざめたこの教師が壁, 蒼ざめたこの現実の然し, 蒼ざめたこめかみに紅梅色の頭痛膏, 蒼ざめたと云っても, 蒼ざめたのか知らなかつた, 蒼ざめたのが友人に背なか, 蒼ざめたのは悪い狐, 蒼ざめたのを見て, 蒼ざめたひたいに太い皺, 蒼ざめたひたいの上に蒼い, 蒼ざめたびつくりしたやう, 蒼ざめたほどのあらゆる心労にもかかわらず, 蒼ざめたままで椅子にかけ, 蒼ざめたもの思わしげ, 蒼ざめたものが感じられた, 蒼ざめたやうに見えその, 蒼ざめたような頬をし, 蒼ざめたり爪をかむ, 蒼ざめたるとを見れば, 蒼ざめたる空想の人形, 蒼ざめたる面を見, 蒼ざめたる顔なりき, 蒼ざめたる首の鐵格, 蒼ざめたれど楽しげ, 蒼ざめたインフェリオリテが大勢乱入, 蒼ざめたオフェリアよ, 蒼ざめたカリギュラ王はその, 蒼ざめたセメントの床, 蒼ざめたバサウリュークの姿, 蒼ざめたバツトでも吸, 蒼ざめたパーヴェル・パーヴロヴィチの顏, 蒼ざめたランプのよう, 蒼ざめた不吉な追憶, 蒼ざめた不安を感じ, 蒼ざめた丑松の顔, 蒼ざめた京山はもはや, 蒼ざめた人と街, 蒼ざめた先輩の頬, 蒼ざめた光沢の鈍い, 蒼ざめた冬の層積雲, 蒼ざめた切迫感が言, 蒼ざめた前の金, 蒼ざめた剥製の人間, 蒼ざめた加野の顔, 蒼ざめた北方路線がまざまざ, 蒼ざめた吉良の顔, 蒼ざめた君の姿, 蒼ざめた品のある, 蒼ざめた唯一語をむなしく, 蒼ざめた四肢が来, 蒼ざめた執政の陰, 蒼ざめた墨の法衣, 蒼ざめた変に落ちつかない, 蒼ざめた多鶴子の顔, 蒼ざめた夜の圧迫, 蒼ざめた天の幼児, 蒼ざめた天竺の赤脚仙, 蒼ざめた太陽が一つ, 蒼ざめた女不思議な事, 蒼ざめた奴の顔, 蒼ざめた姉さまの顔, 蒼ざめた姿が映っ, 蒼ざめた小悪獣そのままだ, 蒼ざめた小生意気な死神, 蒼ざめた小男は第, 蒼ざめた己れの, 蒼ざめた帝大の角帽姿, 蒼ざめた常連の顔, 蒼ざめた幸雄の面長, 蒼ざめた廢道や寺寺, 蒼ざめた形相となっ, 蒼ざめた彼の前額, 蒼ざめた彼女の顔, 蒼ざめた思い出に分かち与えるであろう, 蒼ざめた怪しげな顔つき, 蒼ざめた息子の顔, 蒼ざめた手を出し, 蒼ざめた掌に毒蛇, 蒼ざめた支倉の細君, 蒼ざめた支那の少女, 蒼ざめた旅人たちが二輪荷車, 蒼ざめた日の光, 蒼ざめた日々のさなか, 蒼ざめた日本新劇に多少, 蒼ざめた昂奮が噴きあげる, 蒼ざめた明るみが窓ガラス, 蒼ざめた星が黒い, 蒼ざめた星宿が無性に, 蒼ざめた時は私, 蒼ざめた月を仰ぎ, 蒼ざめた様子も名, 蒼ざめた殻をくっつけ, 蒼ざめた殼をくつ, 蒼ざめた気持ちになっ, 蒼ざめた浄めてから間, 蒼ざめた澄江の顔, 蒼ざめた瓜實顏をあげ, 蒼ざめた男花咲く芝生, 蒼ざめた疲れきつた, 蒼ざめた疾走だけしか感じる, 蒼ざめた痩せっぽちの俺, 蒼ざめた痿黄病的な症状, 蒼ざめた監督の顔, 蒼ざめた相貌から移しかえられた, 蒼ざめた眠りを見護つた, 蒼ざめた瞼の下, 蒼ざめた石でできた, 蒼ざめた科学者はいかにも, 蒼ざめた空気のなか, 蒼ざめた笑へぬ寒, 蒼ざめた紙の如く退屈無限, 蒼ざめた細面で立っ, 蒼ざめた老年が一層, 蒼ざめた者すらある, 蒼ざめた肉体を横, 蒼ざめた背の低い, 蒼ざめた脣には微笑, 蒼ざめた腫瞼の美人, 蒼ざめた腮の下, 蒼ざめた自分の頬, 蒼ざめた花を, 蒼ざめた蓮太郎の顔, 蒼ざめた途端にいきなり, 蒼ざめた遺骸の中, 蒼ざめた鉛色をし, 蒼ざめた鋼鉄人の物思い, 蒼ざめた雪子が白い, 蒼ざめた電光を見守り, 蒼ざめた青年を空想, 蒼ざめた面影を除い, 蒼ざめた顔かたちの整った, 蒼ざめた顔眼はいくらか, 蒼ざめた首を見る, 蒼ざめた髪の毛の蓬, 蒼ざめた魂とがあった, 蒼ざめた魔の皮肉, 蒼ざめた鶴雄の顔, 蒼ざめていき閉じこもってばかり, 蒼ざめていたがそこにはほとんど, 蒼ざめていたがほかは前, 蒼ざめていたがレイモンドは元気, 蒼ざめていたが予期したほど, 蒼ざめていたが元気は左, 蒼ざめていたが坂田は髪, 蒼ざめていたけれど気持よげに, 蒼ざめていたしもっといかつい, 蒼ざめていて力なさそう, 蒼ざめていて血行がとまった, 蒼ざめているが気は確か, 蒼ざめているのがわたしの眼, 蒼ざめているのが人々の注意, 蒼ざめているのだその上, 蒼ざめているのを見て, 蒼ざめているように見えた, 蒼ざめている伸子の手, 蒼ざめている厳与に, 蒼ざめている彼女については常に, 蒼ざめている皮膚の色, 蒼ざめている面が一層, 蒼ざめている顔を見, 蒼ざめており焼跡のたった, 蒼ざめており私たちの間, 蒼ざめてこゝにあるを訝りて, 蒼ざめてしまいまったく心から度胆, 蒼ざめてしまったご婦人がたの手, 蒼ざめてしまった者もある, 蒼ざめてしまってその本, 蒼ざめてしまひ蒸溜人はぎよつとして髪の毛, 蒼ざめてその色を喪う, 蒼ざめてそれが此, 蒼ざめてはいたが何にも知らぬ, 蒼ざめてはいるが頬にウッスラ, 蒼ざめてひざまずく穢らわしい技術, 蒼ざめてひどく面窶れのした, 蒼ざめてぶるぶる震え半ば気, 蒼ざめてみるみる白けて, 蒼ざめてむくんだ頬に白粉, 蒼ざめてもう息が絶え, 蒼ざめてゆきそうな頬一人で思い耽っ, 蒼ざめてゆくではないか吾等は宇宙, 蒼ざめてゆくのに少しも, 蒼ざめてゆく彼女の顔色, 蒼ざめてること彼の白い, 蒼ざめてると思えるへん, 蒼ざめてるのはまだいいとして薄っぺらな胸, 蒼ざめてるはれぼったい顔をひそか, 蒼ざめてゐたが女らしくて, 蒼ざめてゐた顔が心持, 蒼ざめてゐるといふやうな場合反撥は一層, 蒼ざめてゐるのが見えた, 蒼ざめてゐるのだらうと思つた, 蒼ざめてゐるのになな, 蒼ざめてゐるのに氣づいた, 蒼ざめてゐる母の顔, 蒼ざめてをり暁跡のたつた, 蒼ざめてをり私たちの間, 蒼ざめてショースイしきった顔, 蒼ざめてハッチソンに, 蒼ざめてヒョロ高い軍服, 蒼ざめて一行に加わりました, 蒼ざめて両手で肩, 蒼ざめて乱髮振りかかれるなか, 蒼ざめて争つた, 蒼ざめて二の句がつげず, 蒼ざめて人のちがった, 蒼ざめて何んとなく, 蒼ざめて俯向いた, 蒼ざめて健康をでも害し, 蒼ざめて僕が現れる, 蒼ざめて冷くなっ, 蒼ざめて冷やかになり, 蒼ざめて力のない, 蒼ざめて千代田城を退出, 蒼ざめて卒倒しそう, 蒼ざめて卓の上, 蒼ざめて口元に云い, 蒼ざめて哀願した, 蒼ざめて声もない, 蒼ざめて大老掃部畳をける, 蒼ざめて夫半兵衛の拡げた, 蒼ざめて夫半兵衞の擴げた腕, 蒼ざめて学友に言, 蒼ざめて寄宿舎に帰, 蒼ざめて寝台に寝ころん, 蒼ざめて少年のよう, 蒼ざめて彼は永遠, 蒼ざめて彼女は明子, 蒼ざめて心冷なるは, 蒼ざめて忠通の眼, 蒼ざめて急に病身, 蒼ざめて恐怖の色, 蒼ざめて息をつま, 蒼ざめて悚然としたらしく, 蒼ざめて悲しみにゆがん, 蒼ざめて憔悴した骨ばった顔, 蒼ざめて戰くばかり, 蒼ざめて手足をバタバタ, 蒼ざめて月の光, 蒼ざめて杯を執る, 蒼ざめて栄養不良の見本, 蒼ざめて歯を食いしばっ, 蒼ざめて氣むつかしい, 蒼ざめて水にはいる, 蒼ざめて淀川の水面, 蒼ざめて爪をポリポリ, 蒼ざめて片方の腕, 蒼ざめて物蔭に隠れ, 蒼ざめて独り言を云い, 蒼ざめて猫背でその, 蒼ざめて現る, 蒼ざめて病人のよう, 蒼ざめて目を怒らせた, 蒼ざめて省吾の肩, 蒼ざめて真面目臭い, 蒼ざめて秋の木の葉, 蒼ざめて窓の外, 蒼ざめて肉が落ち, 蒼ざめて腕組みをし, 蒼ざめて腫物の痕, 蒼ざめて自分から溜息, 蒼ざめて興奮の余り, 蒼ざめて航路を見失ふた, 蒼ざめて苦痛の様子, 蒼ざめて茫然自失した跡, 蒼ざめて落ちくぼんだ彼, 蒼ざめて藍のよう, 蒼ざめて虚弱だった, 蒼ざめて血の上っ, 蒼ざめて血色悪しき顔, 蒼ざめて行つて今自分, 蒼ざめて裸なる二, 蒼ざめて襤褸外套の背筋, 蒼ざめて西よりのぼる, 蒼ざめて言ふ, 蒼ざめて誰れもが, 蒼ざめて蹲くまっている, 蒼ざめて連っている, 蒼ざめて陰欝にしおれ返っ, 蒼ざめて雀斑の浮い, 蒼ざめて非常に心配事, 蒼ざめて頬の肉, 蒼ざめて顔中にどことなく, 蒼ざめて首をたれた, 蒼ざめて骨まで細く, 蒼ざめて髭さへ, 蒼ざめて鼻の下, 蒼ざめながらあたりを見廻, 蒼ざめながらいうとさきの男, 蒼ざめながらも自尊心に充ち満ちた, 蒼ざめながら彼等をにらん, 蒼ざめながら額にかかる, 蒼ざめはてた顔を見れ, 蒼ざめはてて澄江はわが家, 蒼ざめはてて目のみ光り, 蒼ざめもつつブラブラし, 蒼ざめゆがんだ顔をし, 蒼ざめようともそれは問題, 蒼ざめるのを傲然と眺め, 蒼ざめるほどの恐怖の状態, 蒼ざめるような或る, 蒼ざめる夜が多, 蒼ざめる彼の顔, 蒼ざめる心地がし, 蒼ざめ一言も発しませんでした, 蒼ざめ全身が石, 蒼ざめ双の目, 蒼ざめ奥へひっこみ, 蒼ざめ完全なヒステリイ, 蒼ざめ形のくずれ, 蒼ざめ心に絶望, 蒼ざめ怒りと嫉妬, 蒼ざめ愁しい霧, 蒼ざめ果は狂気, 蒼ざめ果て顔を引, 蒼ざめ死刑の絶望, 蒼ざめ活気のとみに, 蒼ざめ猫背をまるめ, 蒼ざめ異様に硬, 蒼ざめ盃をもつ, 蒼ざめ目の裡, 蒼ざめ窓の外, 蒼ざめ紅の唇白歯, 蒼ざめ而も容儀, 蒼ざめ聲を立て, 蒼ざめ腕を組み, 蒼ざめ身体が疲れ, 蒼ざめ頭を垂れ, 蒼ざめ頽廃して, 蒼ざめ顏のわが, 蒼ざめ顔のわが, 蒼ざめ髪は乱れ, 蒼ざめ髭がなく, 蒼ざめ黒のトリコット製, 蒼ざめ鼻の側, 蒼した胡粉の, 蒼ずまして伸子, 蒼ずませながら素っ気, 蒼ずませだしぬけに斬りかかる, 蒼ずんで冴えたのも, 蒼たらしめて頂きたく, 蒼たる所はない, 蒼だったが凡て, 蒼っしょびれが, 蒼ぽい化粧, 蒼でございますわ, 蒼でしたよ, 蒼でも構わないん, 蒼と共に句作, 蒼どろんだ水, 蒼なさるおがせ, 蒼なと云う行燈, 蒼なひよつとこに, 蒼にでもなって, 蒼ぬめりの水, 蒼ばんだ白い, 蒼びかりの空間をまっしぐら, 蒼みかけて影, 蒼みかけようとする, 蒼みがかってその, 蒼みたるところ堤に, 蒼みですれすれに, 蒼み走った顔を, 蒼む色見れば, 蒼めさせて行, 蒼より白に, 蒼ん蔵である, 蒼白い方, 蒼井君は所謂気, 蒼井雄の, 蒼井雄君鎌倉に西尾正君, 蒼人艸に似, 蒼光って顔, 蒼光る刀身を, 蒼前様の祭礼, 蒼勁精厳を極めた, 蒼取りて一聯, 蒼味七分に土気三分, 蒼が聳え, 蒼州湾に投宿, 蒼弱くうつして, 蒼としてやって来た, 蒼高く翔ける, 蒼暗き裾野から, 蒼曇る背を, 蒼は桜樹, 蒼を見, 蒼林所々に開ける, 蒼染んで何ん, 蒼すべししからずんば, 蒼たる古, 蒼を溶かし, 蒼沈んだ額に, 蒼波漫々たる世界, 蒼波風花雪月望中転春夏秋冬夢裏, 蒼海原沖へ出た, 蒼海原雲湧きのぼりひた迫め, 蒼を区切っ, 蒼深くして, 蒼をすぎ, 蒼の二字, 蒼澄みて白脛, 蒼灰色の美しい, 蒼眠れ谷, 蒼玉のごとし文, 蒼生みな国主, 蒼生子がひとり, 蒼たる輿馬, 蒼皇以て舟, 蒼皇措置を失したる, 蒼皇犬が主人, 蒼となれる, 蒼碧藍を溶いた, 蒼が身, 蒼竜斎膝丸の, 蒼竜池の臥竜橋, 蒼竜雄名海内を風摩, 蒼のネオンサイン, 蒼をおとし, 蒼些の, 蒼老大なるたくみ, 蒼脹れのした, 蒼脹れしてるのに眼, 蒼舎人泰興県道中の詩, 蒼色めたほど, 蒼なる爽, 蒼莨根とありま, 蒼莽曲曲人意の表, 蒼落としてまた, 蒼蠅いもののよう, 蒼蠅くもありじれったく, 蒼蠅さに堪えなくなった, 蒼蠅さいのを我慢, 蒼蠅さうにお礼の口上, 蒼蠅さうに言つた, 蒼蠅さがわりに少なく, 蒼蠅なす神は澄む, 蒼蠅一カ月の間, 蒼蠅賦の好, 蒼褪めきつて下唇が, 蒼褪めし彼方ぞ, 蒼褪めはてた経験の, 蒼褪める頬の, 蒼褪め果てまるで全体, 蒼褪め窶れてはいた, 蒼過ぎた頬も, 蒼の埋め, 蒼に似たるあり, 蒼青色だつたり, 蒼各, 蒼面痩躯の人達, 蒼頡七章爰歴博学七章蒼頡篇凡将篇急就篇, 蒼頡篇凡将篇急就篇, 蒼に流れ, 蒼頭職主でいつも, 蒼の傀儡, 蒼顔万死余云々と書いた, 蒼顔髯濃く歯並, 蒼高堂生の頃, 蒼髯白沙に映じ, 蒼鳶色に今それ, 蒼鷺めにうまく, 蒼より淡紅, 蒼黒いくらやみの中, 蒼黒きをいふ, 蒼黒く小さい紆り, 蒼黒く貧しい灯に, 蒼龍空に舞