青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蒲団~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

葉子~ ~著 著~ 著しい~ 著しく~ 著者~ 葡萄~ 葬式~ 蒙~ ~蒲団
蒲団~
蒼~ ~蓋 蓋~ 蓮~ 蔓~ ~蔭 蔭~ ~蔵 蔵~ 蕎麦~

「蒲団~」 2663, 29ppm, 4073位

▼ 蒲団~ (903, 33.9%)

203 上に 71 中に 49 中で 39 中へ 36 上へ 25 中から 18 うえに, 上で, 下に 13 上から 12 なかに, 外へ, 裾を 10 下から, 外に, 裾の 9 間に 8 なかで 7 上を, 裾に 6 ような, 上には, 下へ 5 なかへ, 上の, 端を, 襟を 4 中には, 中の, 襟に, 間から

3 [11件] ように, 下で, 下の, 下を, 中を, 傍へ, 様な, 横に, 砦の, 綿が, 裾へ

2 [17件] ない寒さ, ない椅子, なかから, やうに, 一枚を, 上げおろし, 上にも, 代わりに, 傍に, 取り附けて, 口が, 後から, 敷いて, 洗濯が, 綿は, 足の, 隙間から

1 [195件] あつさ, うえから, うえで, うえへ, うちから, お, お城, かかった机, かわりに, ことで, ことまで, ことも, ごときもの, ごとき者, ごとく拵えたる基三個本基, したから, したに, しまって, すその, せいかも, そばに, たぐいでなく, たぐいと, ところまで, ない角張った, なかからは, ひとつは, ままで, まわりに, まわりを, まん中に, やうで, よさ, カバー, シーツの, シーツを, 一ツ夜着で, 一ト組くらいは, 一団と, 一方に, 一端を, 一部が, 上, 上おおいに, 上か, 上げ下ろしまで, 上では, 上なぞよりも, 上にじっ, 上につき, 上へでも, 上丁度, 上箱枕と, 下には, 下にまで, 下は, 不潔なる, 両端を, 中, 中だ, 中でも, 中などに, 中にも, 中へも, 中腹這いの, 事については, 事は, 二三枚も, 代ばかり, 代を, 側に, 側の, 傍まで, 元の, 内に, 内より, 前に, 匂いを, 包が, 包みと, 包みは, 厚ぽつたい, 厚みの, 反撥を, 合わせ目, 同じ位置, 向こうの, 唐草の, 四隅を, 塁の, 外から, 外へは, 外へまで, 夜着の, 天鵞絨の, 奇麗な, 奴が, 始末を, 寝台が, 小さい寝息, 屑が, 山々の, 山の, 山へ, 左の, 左角に, 干して, 座に, 後に, 後について, 後へ, 微分積分を, 息のか, 感触, 所まで, 手ざわり用心の, 手入れを, 掛つた二人寝, 損料が, 敷き方, 敷ける間, 敷合わせが, 敷布の, 方なれ, 暖さと, 更紗へ, 枕許に, 柏餅から, 柏餅でも, 柔か味, 模様に, 横から, 横の, 横へ, 気で, 気味悪さ, 汚いこと, 洞穴の, 温みに, 火に, 皮まで, 皮も, 直しよう煙草盆の, 真ん中に, 真中に, 砦に, 破目, 積んで, 穴へ, 端から, 端が, 端に, 端の, 端へ, 糸目が, 紅も, 綱の, 綺麗に, 綿の, 綿を, 綿をか, 縁へ, 縫目を, 置炬燵に, 羽毛で, 腐るまで, 自分で, 花が, 萌黄の, 蔽いを, 行先は, 行列下の, 行方は, 被などに, 裏と, 裏を, 裙に, 裾から, 裾で, 襟から, 襟が, 襟と, 襟当の, 襟深く, 襟首へ, 谷あ, 足場で, 載つて, 近くでした, 重き夜半の, 間へ, 隙から, 面へ, 音, 頭の

▼ 蒲団~ (804, 30.2%)

39 敷いて 30 被って 26 かぶって, 頭から 17 かけて 14 持って 11 出して 8 被つて 7 持つて, 掛けて 6 しいて 5 並べて, 取り出して, 干して, 横に, 蹴って

4 [13件] ひいて, 刎ね, 延べて, 引っかぶっ, 敷いた, 畳んで, 直して, 着て, 被った, 被つた, 送って, 運んで, 重ねて

3 あげて, かぶった, かぶると, はねのけて, 冠って, 取って, 持ち出して, 捲って, 敷きに, 被せて

2 [36件] おくと, かけながら, かついで, かぶせて, すすめて, たたかれ, たたんで, だして, はね除けて, ひっ被って, 一枚ずつ, 中に, 代助, 冠つた, 出そうと, 初め何とも, 又再び深々, 取りに, 延べた, 引きかぶり眼尻, 引き出して, 拵へて, 持ちあげて, 持ち上げるとき, 敷いたり, 敷きて, 柏に, 滑り下りた, 着たまま, 被せられて, 被て, 見ると, 貸して, 運びこんで, 頭の, 顔へ

1 [434件] あけて, あげた, あげたの, あげましょうどう, あたま, あてて, いれて, うず高く, おあてなさい, おさえつけるよう, おしつけられるやう, おしのけたり, おもらひ申したいんで, おろしその, お冠り, お出し, かかえて, かきあげたり, かき上げるよう, かけさせた, かけた, かけた炬燵, かけた置炬燵, かけようかと, かけ小さい, かけ煎餅, かけ直して, かさねて, かつぎ或, かつぎ食器, かづいできた, かぶせたり, かぶったまま, かぶった中学生, かぶり, かぶりて, かぶりながら, かぶり息, かぶり群集, かぶるか, かぶるまえに, かぶれ, かぶれる, かむって, きっちりと, きて, くるんだ真白, こうして置きます, ここに, ころげながら, さがしも, さばく時, しまおうとして, しみ通した血, すこし透かし, すすめた, すすめると, すっぽりと, すつかり取り除けますと, すつぽ, するりと座敷, すゝめた, ずらして, そこへ, そして寝室, そっとぬけで, そっと小さい, そっと胸元, それでも法印, た, たぐりあげた, たたかれて, たたみ押入れに, たたむ, だらりと, つかみ出して, とった, とりのけて, とんとんと, どたばたひい, ならべて, ぬけだすという, のせて, のせようとも, のせること, のべて, のべに, のべようと, はいだ, はいでゆくという, はぐつて, はねた, はねのけくるり, はねのけたので, はねのけ床柱, はねると, ひかせすぐ, ひきかぶるよう, ひきずり上げたと, ひたした, ひッ, べたりと向, まくったり, まくった兄, まくって, まくられても, まくりました, まくると, また出し, まんなかに, めくった, めくって, めくつて, めくられて, めくりかけた, めくりに, めくると, もとの, もぬけの殻に, ズルズルと, ソッと, テレ隠しに, ハギと, パタパタはたい, マサ子の, 一つ枕を, 一寸見た, 一枚しか, 一枚に, 一枚ぬき出し, 一枚ひきずりだし, 一枚借りる, 一枚出し, 一枚減らし, 一枚貸し, 三枚ばかり, 三重に, 上げながら, 上げ様と, 下に, 並べ一つ蚊帳, 乾して, 二つに, 二つ買つた, 二人で, 二枚くれた, 二枚借り, 二枚重ね, 二階へ, 亭主から, 人の, 人夫が, 今年は, 今度は, 仏壇の, 伏せその, 伯父の, 伸べに, 伸べる気, 何の, 何枚も, 作って, 作つて, 作りかえて, 作るほど, 借りて, 側へ, 元の, 入れて, 全部拡げ, 六畳の, 円めた, 再び丁寧, 冠る, 出しかけたが, 出した, 出しに, 出す為, 出て, 分けて, 刎ねた旗二郎見, 刎退けた, 剥いで, 剥ぎとつ, 剥ぎとられて, 包みながら, 匍ひいだし, 十二畳の, 厚くのせ, 厚く入れ, 取つて, 取らうと, 取り込みに, 取出した, 取出して, 取出す, 叩いて, 吹流しの, 呼び出したとしても, 咬み裂き吠えて, 噛みなど, 四つに, 地面へ, 売って, 売るわけ, 売る事, 売店から, 家から, 容赦なく, 宿屋へ, 寒夜, 少しずらかし, 届けて, 展べ, 展べて, 崩した時分, 崩しに, 巻いて, 布いた儘, 布く音, 干すと, 干す時, 広げて, 引いて, 引きかぶったまま, 引きずり出したり, 引きっぱなし, 引き出した, 引き寄せて, 引き被ご, 引ずり出して, 引っかぶり, 引っかぶる, 引ったくった, 引っぱって, 引っぱり出し有合せ, 引っ冠, 引っ被い, 引っ被って, 引っ被ると, 引ツ被, 引出し寝て, 引剥がす, 引被いで, 引被ぎながら格子の, 引被っ, 引被った, 引被る, 弾反され, 往来に, 後から, 恐る恐るかけた, 想像し, 手摺りに, 手際よく, 打ちたたきその, 折って, 抛り出して, 抱えて, 抱へて, 押えて, 押しくずして, 押したよう, 押しのけて, 押しやった, 押しやって, 押し退けて, 押入に, 押入れから, 押出すように, 担ぎ出すところ, 拝借に, 拡げたよう, 括りつけた枕, 拵えて, 持たせて, 持ちながら, 持ち出したり, 持上げて, 持出して, 持出すやら, 指した, 指で, 振って, 掛けた炬燵, 掛けた病院, 掛けると, 掛け直したり, 探しに, 掴み破り畳, 掻きむしって, 掻きむしり意志, 摘まみ上げて, 撥ねのけた, 撲ったよう, 放り出した女房, 敲くこと, 敷いたつて, 敷いたとき, 敷いたまま, 敷いたよう, 敷いた上, 敷いた紫檀, 敷かした, 敷かして, 敷かせた, 敷かせて, 敷かせないで, 敷かせる, 敷きかえたり, 敷きかけた時, 敷きそして, 敷きその, 敷きたり, 敷きちらしごろごろ, 敷きぱなしにして, 敷き夜着, 敷き始める, 敷き尻餠, 敷き終った女中, 敷き藤掛鼠, 敷き被害者, 敷き風邪, 敷くが, 敷くくらいの, 敷こうとも, 敷っぱなして, 敷込ん, 斜かいに, 施して, 明石と, 曳きずり出すと, 楯に, 正しく身体半身, 水に, 沢山かけ, 濡らして, 無理に, 焦がしはじめて, 焼き蚊帳, 片付けて, 片付け毛布, 片寄せて, 用いないで, 用ゐ, 用ゐざりし, 畳まうと, 畳み, 畳みながら, 畳みなど, 畳む手伝い, 直したり, 直し落ちて, 真中へ, 着せかけた, 着せた女, 着せて, 着たの, 着た刀, 着ようと, 程よいところ, 積み重ねその, 積んだ手, 窓の, 窓へ, 立って, 継は, 縁先の, 縁先へ, 縄で, 縫はる, 縫合すべく, 繕って, 置いて, 肩まで, 背負い込ませ長家, 背負わせ追, 胸の, 胸まで, 脊負いださせる, 脱け, 自分の, 荷って, 薄い蒲団, 薦めた, 蚊帳いっぱいに, 被いて, 被けて, 被せた炬燵, 被せられ唸って, 被ったま, 被っても, 被つて午後八時, 被り息, 被ろうと, 裏返した, 裏返して, 覆うて, 見たせゐか, 見てさえ, 見ると共に, 詰めさせ死骸, 貰つて坐つた, 貰ひ, 跳ね退けて, 跳退け, 蹴つた, 蹴りながら, 蹴上げると, 身の, 軽く乗せ, 返して, 退けんか, 造つてやる, 運んだり, 避けつつ, 都合し, 里まで, 重そう, 長火鉢の, 開いて, 防寨の, 隅から, 隅の, 離れたる余, 離れて, 離れないで, 静かに, 頬まで, 頬迄, 頭に, 頭まで, 飲み今年, 高々と

▼ 蒲団~ (259, 9.7%)

15 くるまって 8 もぐり込んで 6 くるまつて, 顔を 4 くるんで, 包んで, 寝て, 手を 3 ついたナフタリン, もぐり込むと, 坐る乞食

2 [18件] しがみついて, して, のびのびと, もぐって, もぐりこんだ, もぐり込みに, 凭れて, 包まって, 包まつて, 包んだ赤ん坊, 坐って, 埋めて, 埋れて, 寝かせて, 寝ころんで, 座を, 背中で, 静脈を

1 [163件] あたかもその, あまり柔らかく, い, うつぶして, おおわれました, お妙, お寝かせし, かくれて, かけた手, かじりつくと, からまって, くるくる捲かれ, くるまったまま, くるまりぜ, くるまるより, くるまれた赤坊, くるまれて, くるんだまま自動車, こぶ巻, こんな力, させた, さっさともぐり込ん, しが, しての, しては, すがって, すわった吉良, すわって, その手, たおれる, なつかしみが, のせそれ, のせて, はいったら寝ないかん, はらばった左膳, ふっくりと, もぐりこもうと, もぐりこんで, もぐり坊や, もぐり込みスズメ, もぐり込む, もぐり込んだ, もぐり込んだが, もぐり込んだの, もぐり込んだ様子, もぐる, もたせかけ眼, チョビ安が蜻蛉の, 一が, 一つの, 一人柏葉餅の, 上るや, 乗って, 乗りて, 乗ると, 乗るとな, 二人は, 仰臥し, 伸び伸びと, 佇ずんだ, 何時までも, 倒れて, 倒れると, 入ってからも, 入れて, 入れる正体不明, 凍るよう, 割りこんで, 包まっ, 包まりて, 包まれたまま, 包まれたやう, 包まれて, 包んだ上, 君が, 吸収され, 団欒を, 坐して, 坐ってる乞食ゃそんなものか, 坐ってる時, 坐らうと, 坐るもん, 坐るん, 埋めた, 埋め祈り感謝, 大きな行李, 大蛇の, 子供達を, 安坐し, 寄添うよう, 寝かされた, 寝かされたまま, 寝かされた後, 寝かされ前後不覚, 寝かされ寝息, 寝かせたまま, 寝た, 寝たいなどと, 寝たの, 寝たま, 寝た爺さん, 寝ることかい, 寝るの, 居直り薄い, 岩田が, 巨大な, 慎太郎が, 戻って, 戻りながら, 抱き合って, 押しあてた, 押し付けて, 押し潰される思い, 据えたよう, 支えて, 敷いて, 暖められて, 替えた少, 柏餅, 横たえて, 横たえましたが, 横たえられても, 横たえると, 横に, 正しい姿勢, 気が付いて, 泥靴の, 添乳する, 潜った, 潜って, 濃く残っ, 燃えついたの, 片手を, 片肘, 白い枕, 眠って, 眠り抱え, 睡らない彼, 碁石なんぞを, 突いて, 籠って, 終夜の, 縮まったありさま, 胸を, 腰を, 腹這いに, 草双紙と, 落ち込んだ胸, 被われた卑弥呼, 被われて, 襟首さむく, 覆われて, 覗いて, 起き上って, 足を, 身を, 載せて, 長く足, 雑魚寝を, 頬杖ついた, 頭を, 顎まで, 風呂敷包みに

▼ 蒲団~ (130, 4.9%)

9 敷いて 4 敷かれて 2 ある, なけりゃ仕様, スタンドの, 山の, 干して, 破れかけ, 置いて

1 [103件] あった, あって, あの人, あまり重く, あるから, あるだけ, あるぢ, あるの, ある取つて, ある執って, いつもじめじめし, いまだにへ, かけて, ころがって, じかにかからない, そのままに, そのまま敷き, たくさんある, たくさん置い, ちゃんと畳ん, ちょこんと置い, つんで, できた, とって, どこかへ, どこに, ない, ないから, ないの, ないのよと, ないン, なく炉, なければ, なまめいて, はげて, はりに, ふくれて, ほしいと, また落ちました, まるで煎餅, もう一つ, もぬけの殻に, ものを, われわれ日本人の, パッと, 一つも, 一枚しか, 一枚ゆき子は, 一畳ずつしか, 一筋くっつい, 三枚入っ, 上下洗面器一個それから, 丸く脹れ, 二つしい, 二枚その, 二枚残ってる, 二枚積み重ね, 今も, 円めて, 冷, 冷い, 出されて, 動いた, 取って, 取りのけられる, 可哀そうだ, 天井に, 寝床と, 差し向いに, 引いて, 張りつめて, 彼の, 掛けて, 掛けられて, 敷かれ床の間, 敷きならべて, 敷き放されて, 昼の, 暗いところ, 濡れて, 無くなり火鉢, 畳んで, 短いから, 短いの, 積み込んで, 積み重ねて, 積んで, 空っぽに, 窓から, 舟の, 蒼味の, 薄いので, 薄かった, 被せられたと, 見えた, 見え誰, 設けて, 遠慮なく秋, 醜悪な, 重くろ, 重ねて, 飛び散り人間, 麻雀卓の

▼ 蒲団~ (86, 3.2%)

2 まるで魚, 僕の, 年が, 私のです

1 [78件] あくまで蒲団, あとから, あなたの, いくらという, いで風邪, いやです, うすくとも, おもしろいです, さつき客に, しいて, しきっぱなしだ, すぐ運ばせる, すでに畳ん, ちゃんといま, どうした, ない, なかつたの, べつたり, ぼろぼろでした, まくりあげて, もう男たち, もう荷造り, もう長らく敷く, もちろん私, もはや一本, 一つでも, 一枚しか, 一枚づつ, 一枚も, 一組で, 三俣蓮華の, 下に, 両側に, 二つに, 二本の, 五枚であった, 体を, 借りたの, 光栄なる, 兵馬に, 其処の, 内に, 厠の, 問はず予が, 好いの, 彼女が, 彼等に, 換えて, 敷かれて, 敷きっぱなし, 敷きぱなしになってあったが, 斜めに, 新聞で, 新規だ, 昨日どてらを, 朝夕出し入れの, 梁に, 棒に, 気味が, 汚れ畳は, 濡れしおたれて, 灰色の, 無くとも, 片寄せられて, 畳の, 病院で, 相変らずふく, 着せられずとか, 私の, 答えなかった, 芝居の, 蓆筵の, 藻抜け, 血で, 親しげ, 誰の, 野村さんので, 防寨の

▼ 蒲団から~ (81, 3.0%)

8 顔を 4 首を 3 出して, 手を 2 畳まで, 脱け, 身を, 身体を, 這い出て, 頭を, 首だけ

1 [49件] すこし身体, そっと顔, ちょっと眼, のぞいて, はね起きました, 上半身を, 両手を, 乗り出した父, 乗り出た父, 乗出した, 乗出して, 乗出し気味, 亀の, 何から, 出ると, 刎ね, 半身を, 囲炉裏の, 女は, 少し乗り出した, 投げ出して, 抜けると, 抜出し月, 持ち上げられないほど, 摺出し, 時々冷や冷や, 洗つた, 浮き上がった, 炬燵櫓を, 片腕を, 畳に, 畳の, 突き出すと, 紫色の, 脱けだし, 膳椀皿小鉢まで, 苦しそう, 覗き出して, 起き上ると, 起き出して, 転げ出して, 辷り降りた, 這いだして, 道場の, 露わに出た, 飛び出ると, 飛び離れた, 飛起きた, 首だけを

▼ 蒲団~ (42, 1.6%)

3 畳も 2 あれば, 引っかつい, 毛布も

1 [33件] あります, あるよと, い, きれいで, さほど苦, たくさんある, ない, なかった, なくまるで, なく床, のべずに, 丈が, 今は, 千枚かさねた, 姿を, 帽子も, 待たず半, 掛一枚きりだった, 掻巻も, 敷かずに, 敷布も, 書物も, 枕も, 柔かに, 水色だった, 水色だつた, 洗ひ, 無いので, 着せられず, 継ぎ足して, 縁側の, 震うばかり, 鶺鴒も

▼ 蒲団~ (40, 1.5%)

3 枕を 2 毛布を

1 [35件] いえと, いへば, お凌ぎ, お煙草盆, その中, また帷, トタン板とで, マサ子の, 一緒に, 下まで, 並べて敷い, 云えば, 五六冊の, 名の, 地面の, 壁土の, 娘の, 小さい枕, 木の, 本箱とを, 机と, 机とで, 枕と, 枕の, 毛布が, 烟草盆あわせ, 称するもの, 竹の, 絹蒲団を, 羽根枕とを, 自炊道具が, 茶の, 行燈は, 衾を, 鉄座との

▼ 蒲団~ (31, 1.2%)

2 枕を

1 [29件] 包みが, 四周の, 夜具を, 家具や, 寝台の, 寝衣, 寝間着の, 小さな枕, 小さな莨盆, 掻巻に, 掻巻や, 敷布を, 書物を, 木枕や, 枕の, 畳の, 着物や, 穴だらけの, 絨氈の, 羽根枕の, 茶の, 荷物が, 藁莚などの, 藁蒲団の, 藁蓆の, 行李を, 襁褓を, 身の, 鏡台の

▼ 蒲団~ (30, 1.1%)

3 もぐり込んで 2 手を, 這入つて

1 [23件] こすりつけるから, どうも畳, もぐりこんで, 乗れ蒲団, 入れて, 向けた, 寝かせて, 小い, 少し垂らした, 差込ん, 座った小, 手足を, 柏餅に, 横顔を, 片足つっこん, 膝を, 落した餡, 蒼白な, 走つて行つて, 足を, 這入って, 這入つたおくみ, 鼻を

▼ 蒲団~ (18, 0.7%)

1 [18件] あったかい御馳走, あつた, いつぱいになるやうな感じ, ござりました, ねて, もだして, 包まれた鰻丼, 包んで, 周囲の, 寝た, 弥島の, 栖方の, 爪で, 相当に, 眠つてゐる, 眼を, 腰が, 重く私

▼ 蒲団部屋~ (8, 0.3%)

1 と終, にある, になっ, の外側, の隣り, へ露八, を窺, を覗き

▼ 蒲団などを~ (6, 0.2%)

1 侑められる, 出して, 少しばかり, 持ち出して, 持つて, 蓋の

▼ 蒲団一枚~ (6, 0.2%)

1 こしらえずに, しかなく, ずつ抱え, で柏餅, に古, 敷いて

▼ 蒲団包み~ (6, 0.2%)

1 と柳行李, にした, やつづら, や莚ぐるみ, を近所, を開く

▼ 蒲団~ (5, 0.2%)

2 ので私, ンか 1 ので肩

▼ 蒲団には~ (5, 0.2%)

2 いって 1 いつて, 枕が, 舞台姿の

▼ 蒲団にも~ (5, 0.2%)

1 ぐりこんださうですが, たれながら, つかえたか, なりますし, 移って

▼ 蒲団らしい~ (5, 0.2%)

2 ものは 1 ものが, 代物を, 薄っぺらな

▼ 蒲団をか~ (5, 0.2%)

4 ぶつて 1 ぶつた

▼ 蒲団~ (5, 0.2%)

1 だけは夕日, のかみさん, の娘, まるで荷物列車, や菓子屋

▼ 蒲団では~ (4, 0.2%)

1 あったが, これから先, どうにもこらえ切れぬ, 中学二年生の

▼ 蒲団まで~ (4, 0.2%)

1 ひいて, もって, 勝手放題に, 男たちが

▼ 蒲団蒸し~ (4, 0.2%)

1 といっ, にあっ, にし, の席

▼ 蒲団~ (3, 0.1%)

2 ぶつて 1 何かを

▼ 蒲団ぐるみ~ (3, 0.1%)

1 に戸板, 抱きかかえながら, 抱きしめた

▼ 蒲団さえ~ (3, 0.1%)

1 あげること, のせればい, 自分で

▼ 蒲団だけは~ (3, 0.1%)

1 今晩荷を, 何といつ, 厚くなく

▼ 蒲団という~ (3, 0.1%)

1 ものは, やつは, 支那人の

▼ 蒲団など~ (3, 0.1%)

1 乾して, 当てて, 自分で

▼ 蒲団なんか~ (3, 0.1%)

1 きて, 敷いてるえな, 要らん

▼ 蒲団やら~ (3, 0.1%)

1 おしめやら, クシヨンやらが, 土やらを

▼ 蒲団~ (3, 0.1%)

1 から取った, は今日, は買わなく

▼ 蒲団干し~ (3, 0.1%)

2 たり須磨 1 たり春の日

▼ 蒲団引き~ (3, 0.1%)

1 あふて, おうて, かぶれば

▼ 蒲団かぶれ~ (2, 0.1%)

2 ば海鼠

▼ 蒲団からは~ (2, 0.1%)

1 ぽかぽかと, 綿が

▼ 蒲団~ (2, 0.1%)

1 へあげる, もぐり込んだえんた顔

▼ 蒲団その~ (2, 0.1%)

2 物を

▼ 蒲団だけ~ (2, 0.1%)

1 さきに, では

▼ 蒲団だの~ (2, 0.1%)

1 膳だの, 長火鉢だ

▼ 蒲団やの~ (2, 0.1%)

1 時代から, 源七といふ

▼ 蒲団をば~ (2, 0.1%)

1 体温にて, 刎ね

▼ 蒲団~ (2, 0.1%)

1 一ツズツ拵エテアッタ友達ガクヤシガッテイツモオマエハ市デハ商人ガハイハイ云ウドウイウ訳ダト云ウカラ右ノ, 積ンデ

▼ 蒲団出し~ (2, 0.1%)

1 てあげる, てある

▼ 蒲団出す~ (2, 0.1%)

2 夜寒かな

▼ 蒲団敷い~ (2, 0.1%)

1 てあげます, て寝ろ

▼ 蒲団~ (2, 0.1%)

1 かく夜, かく夜は

▼ 蒲団長く~ (2, 0.1%)

1 夜も, 夜長く

▼1* [110件]

蒲団かけて昼寝, 蒲団かさねし山駕籠に, 蒲団かたぐ人も乗せ, 蒲団かて手織や, 蒲団かむればハツキリ, 蒲団てや, 蒲団くらいは新しく拵えなけれ, 蒲団ぐらい敷かれるお座敷, 蒲団ぐるみそッと戸板, 蒲団ぐるみ土の下, 蒲団ぐるみ強烈な力, 蒲団しいてアイスクリーム, 蒲団それをさえ充分, 蒲団なあ, 蒲団だけが残されて, 蒲団だけでもと嘆願したら, 蒲団だけを残して, 蒲団って始めて, 蒲団であったので, 蒲団でかくしその, 蒲団でもことごとく綺麗, 蒲団といったような, 蒲団との外形的連想が, 蒲団ともつかない塊, 蒲団とを別別に, 蒲団ながら床から, 蒲団なしでは, 蒲団なぞに眠られたもの, 蒲団なぞの香気が, 蒲団などが燃ゆる, 蒲団などと違って, 蒲団などの燃えやすい, 蒲団などは自分の, 蒲団などまで此方から, 蒲団なども出して, 蒲団なるよ, 蒲団なんかをはいで君, 蒲団になとくるませて, 蒲団になんか坐るん, 蒲団にまで寒かった, 蒲団に対しては気の毒だ, 蒲団のうへに垂れたま, 蒲団ばかりがものものしく干し, 蒲団ひいて寝, 蒲団ひかせてのんびり, 蒲団ふうわりふる郷, 蒲団までが日に, 蒲団までも曲げて, 蒲団みたいなもの, 蒲団もろともにグルグル, 蒲団やなんかと一緒に, 蒲団どこからか, 蒲団より持って, 蒲団よりもふかふかし, 蒲団わきに見なれない, 蒲団わするな, 蒲団をはづれて材木の, 蒲団一つしかない, 蒲団三枚も損, 蒲団の語彙, 蒲団丸げてものおもい居る, 蒲団二三枚の着物, 蒲団付きまたはトウ付き, 蒲団位何なのよ, 蒲団位貰つたつて, 蒲団にでもきまった, 蒲団係りの源二郎爺さん, 蒲団出したやない, 蒲団綿の, 蒲団に向かひ, 蒲団夜具の一組, 蒲団小五十枚中二十枚, 蒲団屋根裏地牢寒さ, 蒲団被り臥し居り, 蒲団を動かし, 蒲団抱巻持出でて, 蒲団持ちながら座, 蒲団捲きにし, 蒲団掻巻に包まれ, 蒲団重ねしに, 蒲団敷きましょうという, 蒲団敷き詰めて角力, 蒲団敷布不用の絨毯等, 蒲団暗いわびしい室碌々言葉も, 蒲団机火鉢鍋七輪バケツ茶椀箸そして米, 蒲団の類, 蒲団柳行李信玄袋鍋釜米とぎ桶, 蒲団毛布寝巻などの類, 蒲団汚い白い着物, 蒲団と申します, 蒲団白木のテーブル, 蒲団を買い, 蒲団て寝たる, 蒲団綿蒲団藁蒲団何にでもきまった, 蒲団にからげ, 蒲団縛りにし, 蒲団膳椀の類, 蒲団くさい毛布, 蒲団にし, 蒲団蔽いはなかっ, 蒲団藁蒲団何にでもきまった, 蒲団行灯の灯, 蒲団衣類を敷き重ね, 蒲団衣類すべて彼女の所有, 蒲団被って居れ, 蒲団襖柱廊下その他片っ端から汚い汚い, 蒲団に引纒, 蒲団の豊饒, 蒲団食器その他をもつ, 蒲団飯釜行李子供そして弱者劣敗者