青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聞え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

而~ ~耳 耳~ 聖~ 聞~ ~聞い 聞い~ ~聞いた 聞いた~ ~聞え
聞え~
~聞えた 聞えた~ ~聞える 聞える~ ~聞かせ 聞かせ~ ~聞き 聞き~ ~聞きました ~聞く

「聞え~」 4168, 43ppm, 2688位

▼ 聞え~ (3262, 78.3%)

516 来た 238 きた 222 来る 204 いた 130 くる 74 來た 62 いる, 來る 53 来るの 52 来ました 47 来て 46 ゐた 32 来るよう 31 きました 30 くるの 28 来たの 25 いたが, ゐる 23 来ます 19 いたの 18 ゐたが 17 来たので 15 来ない, 来ると 14 きたの 13 いるの, きて, 来なかった, 来るので 12 来たから, 来たが, 来たり 11 います 9 きたので, くること, 居た, 居る 8 いたので, いました, きたが, きます, くるよう, それが, 来なかつた, 来ること 7 いるが 6 くると, 参りました

5 [12件] いて, いましたが, くるので, くるもの, まいります, ゐたの, ゐるが, 來て, 來ました, 來ます, 居たの, 来ても

4 [12件] いるので, きたり, くるし, くるでは, くるほど, 來なかつた, 来たもの, 来は, 来ましたが, 来るでは, 来るばかり, 来る声

3 [19件] いますが, いるのに, いるらしい, おります, おる, くるが, くるという, くるやう, こない, まいりました, ゐるの, 参ります, 居りました, 居るが, 居るので, 来るもの, 来るやう, 来るらしい, 私は

2 [82件] ああ犬, あとは, いい, いたこと, いたと, いたはず, いた人, いない, いないの, いないはず, いるか, いるでは, いるに, いるばかり, いるほど, いる時, うつつごころならず, おりますが, おりません, きたし, きても, きましたが, くるかも, くるがや, くる商館, くる時, くる笛, さちよは, それは, ならない, ゐたやう, ゐないの, ゐました, ゐるばかり, 一人の, 上島と, 亂舞の, 二人は, 人々の, 何となくすべて, 何者か, 來ない, 去年の, 参りましたので, 参りません, 参ること, 外面には, 夢中に, 姿の, 左手の, 急に, 我は, 扉が, 提灯の, 来ずには, 来その, 来たと, 来たよ, 来ないの, 来ぬシーン, 来はじめたエジャナイカ, 来るあたり, 来るかも, 来るが, 来るし, 来るその, 来るとは, 来るん, 来る外, 来る方, 来る様, 来る汽笛, 来る笛, 来る筈, 来る裡, 来る話声, 東京に, 水に, 淋しいとも, 車は, 間もなく火光, 雨戸の

1 [717件 抜粋] あたりは, あたり恥し, あるいは思い, いいこと, いず直義, いたかと, いたごうごうと, いたし, いたであろうが, いたのに, いたばかり, いたよう, いたろう, いたミルキ国, いた仄か, いた勇将, いた思想, いた日野城, いた火星兵, いた病人, いた鉄笛, いた陽気, いた電車, いた飛行機, いた高射砲, いった, いても, いないかも, いないわけ, いない間, いなかった, いなくても, いまい, いましたので, いますから, いますのよ, いままで, いやだつた, いらしった, いるかが, いるかと, いるから, いるきり, いるけ, いるけれども, いるし, いるそう, いるそこで, いるぞ, いるため, いるだろうネ, いるところ, いるはず, いるひと, いるもの, いるラジオ, いる三四人, いる割合, いる劉備, いる十兵衛三厳, いる喬家, いる土佐紙, いる士, いる外, いる大正琴, いる宝蔵院, いる春日山, いる昼間, いる書院, いる武勇, いる物, いる笛, いる薬師, いる間, いる陶器, いる高坂弾正昌信, うるさく手, おったので, おりました, おりました物音, おりましょうし, おりまする, おり何, おるよう, おろう, お茂登, かれは, きたから, きたげっそり, きたと, きたほど, きたよう, きたん, きた勇ましい, きた頃, きつつ, きやがて, くるおいて, くるたび, くるだけ, くるだけの, くるだろうが, くるだろうよ, くるとも, くるなどと, くるのに, くるはげしい, くるばかり, くるみたい, くるものの, くるわ, くるクラリネット, くる七面鳥, くる事, くる仕組み, くる単語, くる呼び声, くる尺八, くる折, くる時分, くる朝, くる氣, くる水, くる波止場, くる窓べ, くる聲, くる返電, くる雀, くる音楽, くる騒音, くる麻雀牌, こないという, こないので, こなかつた, この島田, この際, これは, さにこそ, さわさわと, しばらくし, しまう, しまうのよ, じきにウトウトと, ずんと面白う, そこと, その両側, その反感, その時私, その時間, その白い, その返事, それから後, それと, それについての, ぞっとする, たちまち四五人, たっていう, たのもしきは, だんだんはっきりと, つかつかと, つけ奉りける, とんだ処, どうも少し抹香臭い, なぜだ, なほ静かなり, なんだか非常, はっきり鑑別, はなはだ心持, ぱっと風説, まあ巫女, ますね, またしばらく, またぱつたり, まゐりました, みいな, もうそれっきり, もとの, やあと, やがて, やがて其處, ゆきついに, ゆくに, ゆくほどな, よく, わっとばかり, わるけりゃもっと, ゐたけれど, ゐたし, ゐたに, ゐたので, ゐたもの, ゐたらしく, ゐたわ, ゐた女, ゐた湯島, ゐた蝉, ゐた軍歌, ゐた風の音, ゐた鶺鴒, ゐなかつたの, ゐましたから, ゐましたが, ゐるかと, ゐるだけ, ゐるので, ゐるやう, ゐるん, ゐる人達, ゐる学者, ゐる老人, ゐる臼本圭方, ガラリと, サツと, スウッと, ボン, 一つは, 一回聞け, 一方なだらか, 一陣の, 一頭の, 七本目の, 上野の, 不思議にも, 主人の, 乱舞の, 了つたのです, 二三日する, 二人の, 京子の, 人が, 人間の, 今日も, 仕方が, 以来ここには, 以来張飛は, 何だか変, 何とも, 何故東京, 來さうだ, 來るであらう, 例の, 僧等の, 優しい名, 元章はた, 先刻の, 全軍敗色, 其の都度, 内から, 動揺めいた, 北町奉行との, 十太夫が, 参りまして, 参りますので, 双方の, 右手に, 同行の, 周りの, 善く, 喧ましい, 四辺暗く, 困るの, 地上の, 声を, 夜が, 大きな身体, 大勢の, 大原のみ, 大津は, 大熊が, 天地は, 太鼓の, 女の, 如何です, 妙だった, 姿が, 威権を, 寂しくなる, 密, 寺の, 少しむず痒く, 居たけれ共お, 居た市民三万, 居た市民三萬, 居て, 居ました, 居ります, 居りますから, 居るの, 居るばかり, 居る中, 居る小説家, 居る最上, 屋根軒窓庇庭一面に, 山に, 巨大な, 平次の, 庭の, 彼の, 彼は, 彼女は, 彼等は, 心ゆくこと限り, 心太にも, 忽ち梁, 忽ち緑色, 思はず停る行人, 恐るべき彼, 息はずませた, 戸が, 戸を, 折助どもの, 数名の, 敵は, 時々灯, 暫くする, 朝に, 朝日の, 未進, 本当に怖かっ, 本来からの, 来そう, 来たかと, 来たかも, 来たこと, 来たさ, 来たし同時に, 来たすべて, 来たでしょう, 来たでは, 来たら途端, 来たりも, 来たろうが, 来たん, 来た常磐津, 来た幽か, 来た恐ろしい, 来た暗い, 来た海賊ども, 来た蓋, 来た足音, 来た鳥, 来ては, 来ないが, 来ないし, 来ないで, 来なかったので, 来なくなった, 来なければ, 来ぬ, 来ぬな, 来ましたな, 来ましたね, 来ましたので, 来ましたよ, 来ますし, 来ますとも, 来ません, 来やしないか, 来ようもの, 来るかすか, 来るかと, 来るぞ, 来るたび, 来るだけの, 来るだろう, 来るという, 来るところ, 来るのに, 来るはなし声, 来るほどに, 来るや, 来るらしく思われるの, 来るアルト, 来るオルガン, 来るクツシヨン, 来るフーフー, 来るラジオ, 来る一語, 来る不思議, 来る中, 来る事, 来る人声, 来る儘, 来る兄, 来る合奏, 来る呻, 来る夕, 来る大きな, 来る太鼓, 来る小鳥, 来る微か, 来る恋慕流し, 来る戦況, 来る時, 来る時分, 来る書斎, 来る波, 来る活動館, 来る湯, 来る犬, 来る玉突, 来る琴, 来る百舌鳥, 来る縷々, 来る義雄兄, 来る蓄音機, 来る蛙, 来る親子, 来る踊, 来る重病人, 来る鐘, 来る限り, 来る靴音, 来る音, 来る頃, 来る騒がしい, 来八月一日, 来夫, 来酔漢, 機船は, 次第に高く, 此方の, 氷の, 浅利君が, 浸出すか零れる, 消えて, 涙含まるる, 淋しい涙, 清水の, 渇仰の, 無下に, 無意味な, 物あり, 甚だ体裁, 甚だ聞苦しい, 男は, 男女が, 留まぬ, 発育盛の, 白粉の, 百に, 皆一斉に, 矢張下り, 知って, 私が, 秋たけに, 空には, 突然に, 窓の, 立ったが, 竜頭の, 筈を, 紀久子は, 素晴らしい速度, 素足の, 細い杉, 縁の, 老人の, 耳に, 肥った労働者, 胸は, 船中の, 薬を, 蘭麝の, 行く, 行った, 行ったの, 行って, 行燈の, 表の, 襖が, 襖は, 詞としては, 話の, 誰も, 誰よりも, 赤髯奴の, 起つ気配, 路が, 軈てお, 軽い足音, 途切れた, 過ぎた, 遥に, 部屋から, 都じゅうは, 鉉を, 銑吉は, 鎖を, 間もなく一頭, 陽春の, 隆夫の, 青い煙, 静かな, 静である, 響いて, 頭に, 頷いて, 飛だ, 鷲は

▼ 聞えたり~ (80, 1.9%)

14 した 8 する 4 するの 2 して, 女の, 姿が, 西に

1 [46件] この娘たち, しかけた, しが, したが, したで, したでしょう, するきり, すること, するなんて, するには, するので, するもの, するよう, する時, する程, それから又何者, たまに一人, また急, また林, 下駄を, 何か, 例の, 冷かしに, 前に, 又林や, 又返事, 口が, 地方から, 夜の, 小さい鼾, 小屋の, 左に, 後ろに, 急に, 星の, 本当の, 止んだり, 火事の, 猥らな, 男が, 真黒な, 聊かにても, 聞えなくなったり, 踊る姿, 馬が, 馬の

▼ 聞え~ (74, 1.8%)

4 ある 2 あるが, した, しようが, なかった, よくねえ, 如何, 如何と, 如何平に御, 悪い

1 [52件] あった老, あまりよくは, あらあ, あるから, あるからと, あれば, いいが, いいけれど, いかがであり, いかがでしょう, おもしろくない, おもしろくなからう, ござったが, しさうで, しない, しないから, しないし, しないで, しないよう, しない顔, しなかった, しなかったので, しなかった癖, しなかつた, しまいが, しますの, する, するよう, する寄波, せず目のあたり, せぬなに, たいして惡, はばかり, もちろんかんばしく, よいでしょう, よく百姓, よろしくあるまい, 余り下手, 判りもしや, 大した悪い, 如何であろう, 宜かるべき, 宜しからぬ, 宜しく有るまい, 悪いと, 悪い幸い, 悪い然, 悪かろう, 惡いと, 無けれど, 立派だ, 餘り

▼ 聞え~ (53, 1.3%)

6 せぬかと 4 しないかと 3 しない, するが, せぬか 2 しないが, 朽ちぬ世語り, 致しませんので

1 [28件] あって, あるも, いいが, いいよう, いよいよ武士層, おどろしき繃帯巻, かつて河内野, しないけれど, しないの, しないやな, しなかったかと, しなかったの, しなかったん, しまいかと, しませんでした, すまい, すまいかと, せぬかといふ, なかった, まさにここ, よくない, 余りに評判, 悲風ばかり, 有れど, 江湖に, 聞える様, 自分が, 高かった

▼ 聞えては~ (52, 1.2%)

4 来なかった 2 よくない, 大変だ, 天下の, 悪いもの, 来ません

1 [38件] いても, いなかった, かえってこっち, こっちも, こなかった, すまないから, たとい天下, とぎれとぎれては, ならないなんぞといふ, まいりません, もうそうし, わるいという, 一代の, 上洛の, 世の, 世上に, 世上へも, 來ない, 全国的に, 内にじっ, 大きな國辱, 大岡十家の, 弓矢の, 恥しいよう, 悪いと, 折角な, 故主玄徳の, 末代世の, 末代世上の, 来たが, 来なかったが, 此方も, 殿の, 波の, 當家の, 筒井衆の, 頼朝が, 馬の

▼ 聞えても~ (40, 1.0%)

1 [40件] あの女子, いい, いいという, いけねえ, いけまいと, そこまで, その姿, その意味, それと, それは, ともかく口語風, やはり本題, よいの, よろしい, わかるまい, 中, 味方による, 問題化される, 困るし, 外聞が, 容易ならぬ, 平気に, 彼の, 彼は, 恥る, 悪い, 成るべく聞かぬ様, 成るべく聞かぬ樣, 矢張歌が, 知らないふり, 知らんふり, 私が, 耻ずかしい, 聞えなくても, 聞えぬふり, 自分で, 起るところ, 面白うない, 高々地方新聞, 鶴を

▼ 聞え~ (37, 0.9%)

6 あった 5 ある 3 高い 2 あって, よいが

1 [19件] あまりに諸, ありました, あり十軒店, あり拔擢, あり詩文経書, いいから, いいが, いいけど, 味方の, 好いが, 悪い, 悪いが, 悪うご, 高いと, 高いのに, 高かった, 高かつ, 高くなり, 高まった

▼ 聞えそう~ (24, 0.6%)

4 なもの 3 な声

1 [17件] だ, だった, だった四方, だと, で, です, なので, なほど, なもん, な節子, な言い, に成っ, に足, に静か, もありません, もなかっ, 但残惜いま

▼ 聞えそれ~ (24, 0.6%)

2 が次第に, が静まる, と同時に

1 [18件] からまもなく, がきっかけ, がさらに, がだんだん, が大きい, が止む, が自分, が落ちる, が追手, が門前, が靜, とともにトラック, とともに一枚, に交っ, の早馬, は婆, を機, を読む

▼ 聞え~ (24, 0.6%)

1 [24件] ある多賀屋勘兵衞, ある学者, ある根井行親, ある津, ある猛, ある田氏, ある男, ある者, ある高安平四郎, たかい甘糟備中守, ままには, 悪しからぬ, 有る家, 隠れも, 高いお, 高い三斎公, 高い兵部直政どの, 高い大沢治郎左衛門, 高い子爵千, 高い小幡入道日浄, 高い徐晃, 高い水心子, 高い法学士, 高かつ

▼ 聞えやがて~ (17, 0.4%)

2 戸口に, 跫音が

1 [13件] うちしおれた老, それが, ヘリコプターが, 六帖へ, 女中が, 女中の, 妻の, 新井が, 杯盤を, 空地の, 空色の, 築地なる, 馬車の

▼ 聞えその~ (15, 0.4%)

1 [15件] あとには, たびに, へんで, 口が, 声の, 声は, 対策について, 泣き声と, 泣声と, 笑声に, 船は, 長く曳く, 間合に, 障子に, 飛沫が

▼ 聞え~ (12, 0.3%)

2 憚る 1 はばかって, 人に, 利用し, 取った人, 取った山三郎殿, 取りその後, 当代に, 思い父, 憚らぬなら, 気に

▼ 聞え~ (9, 0.2%)

2 うな 1 うだが, うだね, うですね, うでは, うもございません, うもないから, へ有る

▼ 聞え高い~ (9, 0.2%)

1 お梶, 五郎左衛門や, 仙台の, 元興寺の, 前の, 加納屋は, 牟礼主水正にも, 老僧, 者で

▼ 聞えてから~ (7, 0.2%)

1 でいい, 二十分も, 北越信州地方にも, 十五分ぐらい, 暫くする, 神戸信孝以下城兵の, 笠置赤坂の

▼ 聞えながら~ (7, 0.2%)

1 しかも幽, やはり人声, 主人夫婦と, 人も, 実際は, 御留守, 方角が

▼ 聞えまた~ (7, 0.2%)

1 その逃げまどい, その響き, たいは, まもなく総門外, 前田利家の, 右の, 近近と

▼ 聞え~ (7, 0.2%)

3 た頃, ぬ 1 むるなかなか

▼ 聞え高き~ (7, 0.2%)

1 ランドルフ・タリスマン氏迄も, 中村定三郎氏が, 主上をば, 御方なる, 熱海検事と, 田原何某が, 遠藤シモンの

▼ 聞えさうな~ (6, 0.1%)

1 ので手, 声で, 大きな声, 気が, 気なんかが, 静かな

▼ 聞えまもなく~ (6, 0.1%)

2 それが, 彼女の 1 湯気と, 茶の間に

▼ 聞え~ (5, 0.1%)

1 てふけ, て躬恒, も, ること, る一番鷄

▼ 聞え~ (5, 0.1%)

1 て物寂しき, と愚痴, は大木, ひしかど, ほどにすこし

▼ 聞え~ (5, 0.1%)

2 はさらに 1 がはね起き, はやってくる, は低い

▼ 聞え~ (5, 0.1%)

1 の家, の眼, の鼻, は立っ, も思わず

▼ 聞えさうだつ~ (4, 0.1%)

4 た四方

▼ 聞えそして~ (4, 0.1%)

1 すべては, 小枝, 誰じゃ, 風が

▼ 聞えそれから~ (4, 0.1%)

1 たしかに人間, どこかの, ガサガサと, 手を

▼ 聞えてを~ (4, 0.1%)

1 りました, ります, りますわい, り日本

▼ 聞え~ (4, 0.1%)

1 き, ならない, よれば, 上ぐべく上奏の

▼ 聞えやう~ (4, 0.1%)

3 が無い 1 かと耳

▼ 聞えよく~ (4, 0.1%)

1 かざるため, よく正邪, 話して, 透ったの

▼ 聞え~ (4, 0.1%)

1 の用, の跫音次第, の顔, もそう

▼ 聞え同時に~ (4, 0.1%)

1 ヘールゼの, 壁が, 小次郎の, 蟻の

▼ 聞え少し~ (4, 0.1%)

3 は憚 1 遠くには

▼ 聞え~ (4, 0.1%)

1 の住所, の膝, はそのまま, は右

▼ 聞え高く~ (4, 0.1%)

1 老後汚名を, 蔭ながら, 蜀山人の, 雪より

▼ 聞えけれど~ (3, 0.1%)

1 さして貫一, 唯乱暴一途, 唯亂暴一途

▼ 聞えこの~ (3, 0.1%)

1 たび筑前が, 家に, 旧都の

▼ 聞えにも~ (3, 0.1%)

1 おすず, 将来の, 衒気を

▼ 聞え世間~ (3, 0.1%)

2 から范獺子 1 はしんと

▼ 聞え彼女~ (3, 0.1%)

1 の許可, の驕慢, はあわて

▼ 聞え甲斐~ (3, 0.1%)

1 の眼, はもう, は左

▼ 聞え~ (3, 0.1%)

2 を細目 1 の障子

▼ 聞え~ (3, 0.1%)

1 かりける, かりし大和, し死後ラダマントス

▼ 聞え~ (2, 0.0%)

1 婦人が, 御嶽精進にや

▼ 聞えにくい~ (2, 0.0%)

1 のだ, ほど鳴り

▼ 聞えもう~ (2, 0.0%)

1 一つは, 十二時少し

▼ 聞え~ (2, 0.0%)

1 アしない, 鎌倉の

▼ 聞えよう~ (2, 0.0%)

1 にもない, もありません

▼ 聞え~ (2, 0.0%)

2

▼ 聞えジョバンニ~ (2, 0.0%)

2 もカムパネルラ

▼ 聞え上げ~ (2, 0.0%)

2

▼ 聞え初め~ (2, 0.0%)

1 はしない, 又暫く

▼ 聞え~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 聞え~ (2, 0.0%)

1 徳は, 心づかいにも

▼ 聞え微風~ (2, 0.0%)

2 が芦

▼ 聞え或いは~ (2, 0.0%)

1 哭き或いは, 急に

▼ 聞え新八~ (2, 0.0%)

1 は右手, は欠伸

▼ 聞え次の間~ (2, 0.0%)

1 から塩沢丹三郎, で千種

▼ 聞え水面~ (2, 0.0%)

1 が渦巻きだした, のかすか

▼ 聞え~ (2, 0.0%)

1 の水, の色

▼ 聞え~ (2, 0.0%)

1 にも見える, に見え

▼ 聞え~ (2, 0.0%)

1 ひて, へといふ

▼ 聞え表通~ (2, 0.0%)

2 を呼びあるく

▼ 聞え見え~ (2, 0.0%)

2 閃くなか

▼ 聞え遂に~ (2, 0.0%)

1 大平が, 毎年入貢

▼ 聞え頗る~ (2, 0.0%)

2 伯と

▼1* [251件]

聞えあの盲人めが, 聞えある寺の, 聞えいくら眼を, 聞えいたたまらなくなって, 聞えいつかまっしろな鏡, 聞えいつかまつしろな, 聞えいつか大坂の名だたる, 聞えみやが, 聞えお蔭で私, 聞えあッと, 聞えかすかに水, 聞えかなり艶聞にも, 聞えがたくなり又, 聞えがちなもの, 聞えこういう武家の, 聞えこそ来ね, 聞えころあいを計っ, 聞えさうな寂しさで, 聞えさては無事に, 聞えさまざまの奇瑞, 聞えざぶんと下屋の縁側, 聞えしかもこれらの, 聞えすぐ三の, 聞えたりといふ, 聞えだが呼吸に, 聞えだんだんに他, 聞えちゃ悪うございます, 聞えついでうしろから, 聞えついに筑前国へ, 聞えつらむ, 聞えつりおろされた鉄瓶, 聞えてか直に船, 聞えての隣近所の, 聞えてはと佐兵衛は, 聞えでは西からの, 聞えでもするかと, 聞えとたんに火の手を, 聞えと共に和田孫四郎が, 聞えどこか近く, 聞えなおも耳を, 聞えなかなか戻って, 聞えなかッたか, 聞えながらも歳月の, 聞えなにやらがたぴしと, 聞えなほ四方山の物語, 聞えによって瀬戸内の, 聞えに対し厳秘に, 聞ええと悪い, 聞えふと照れ気味で, 聞えいがね, 聞えまたは現に時めき, 聞えまつりしに, 聞えはいと, 聞えむ時は, 聞えもの悲しい讃美歌を, 聞えやがてしいんとなつた, 聞えやがてひっそりと局, 聞えれいのドカンドカンシュウシュウ, 聞えをも憚らず, 聞えカラリと唐紙, 聞えジヨバンニもカムパネルラ, 聞えスナイチカイと唱える, 聞えタイヤの歌, 聞えドアが閉, 聞えハッと思う, 聞えヒューム管がガリガリ, 聞えフランス人の間, 聞えポスポスという喞筒, 聞えヨーロッパから帰っ, 聞え一時は盛, 聞え一臺の乘合馬車, 聞え一隻の汽船, 聞え三味線の音, 聞えではよりより, 聞え上ぐべく雪積る, 聞えゆく水, 聞えに傘紙, 聞え乾燥した浜屋, 聞え二三間いくと, 聞え人家には灯, 聞えはくわう, 聞え仏高力は仁者, 聞え以ての外の事, 聞え何となく物凄く秋, 聞え來これの葦邊, 聞えに士気, 聞え信玄の弟典厩信繁, 聞え候趣大に気に入り, 聞え候間その可笑し, 聞え健康と青春, 聞え先生をおどろかした, 聞え光子がいつの間にか, 聞え軍の, 聞え六郎兵衛が踏みこん, 聞え其儘急にひつそり, 聞え其処に大勢, 聞え剣戟の光, 聞え危険を知らせる, 聞え參らせんずるをば聞かん, 聞えそのつくり置きたる, 聞え又は不浄の, 聞えも物, 聞え古内志摩の審問, 聞え吉事にはさめざめ, 聞え向うの障子, 聞え呼吸の熱, 聞え善吉の泣い, 聞え器械的な回向, 聞えの音, 聞え四人の者, 聞え城下の庶民, 聞えの聖代, 聞え夕べには南蛮寺, 聞えで遊ん, 聞え夙にたかくいまや, 聞え多年の好敵手, 聞えになっ, 聞え大阪の, 聞え大儒の風, 聞え大地はびしびし, 聞え大型のトラック, 聞え大高の陣中, 聞え太刀音が聞え, 聞え夫婦は急, 聞え奥州も半ば蝦夷人, 聞え如何にも支那風の, 聞えの浦, 聞え客間はその, 聞えの者, 聞え将門は喉, 聞え少年はそれ, 聞えの後ろ, 聞えに当る, 聞えの方, 聞え市井点綴土はよく, 聞え幼いさほどやかましく, 聞え座頭の節, 聞え廊下は横ざま, 聞え弁解のよう, 聞え当時の君公, 聞え微かな啜り泣きが, 聞え徳利を持った, 聞え徳次郎は云われる, 聞えはしく, 聞え罵却つて不平, 聞え思わず居直ったの, 聞え愛宕山が地震, 聞え或は浪の, 聞え戸口をあけ, 聞え所謂訛りといふ原則, 聞えが開い, 聞え折々寂と, 聞え振動のない, 聞え捜査課長を初め警視庁, 聞えやら味方, 聞え新聞をひろげ, 聞え新道の路地口, 聞え日比谷の四辻, 聞え易いが少く, 聞え時々フランス語で, 聞え時としては大, 聞え時には便所, 聞え更に耳を, 聞え更になんとなく形式張つてゐる, 聞えが池, 聞え朔郎は窓ぎは, 聞え松籟の音, 聞え柳営の内, 聞え桶屋の軒, 聞えが月, 聞え梯子を上り下り, 聞え棺桶は横, 聞え楼畔の柳, 聞え樹梢には蝉, 聞え樺の木からは雫, 聞え次に食物商人の, 聞え死者の屍, 聞え殊に出羽の, 聞え民家の火, 聞えのせゐか, 聞え氷河を源, 聞えを大浪, 聞え沼津ではた, 聞え奉恐, 聞え渡りしも今, 聞え湖水の面, 聞え火焔が流れ, 聞えかつた, 聞え煙草の火, 聞えも襖, 聞え片方は恐ろしい, 聞え狂い狂い遠くへ消え, 聞え玄四郎は歩速, 聞えふ, 聞え瓦灯口の襖, 聞え甲板がすう, 聞え申候漸く人, 聞え画面で見, 聞え當時の一部, 聞え病室に行き, 聞えが聞き耳, 聞えもない, 聞え石炭殻を一杯, 聞え硬くなった全身, 聞え窓越の裏, 聞え竿は弓, 聞え笑声が流れ, 聞え二の, 聞え細川三斎が招い, 聞え組打ちでもする, 聞え給ふけはひ, 聞え羽田空港の離着, 聞えの丈, 聞えになっ, 聞えはガーン, 聞えを轟かしたる, 聞え興定中太医に補せられた, 聞え花やかな舞台, 聞え花嫁は一門, 聞え荷物の整理, 聞え虫籠の虫, 聞えの飛び交う, 聞えの声, 聞え街道筋とも覚しき, 聞え見物席は一瞬間, 聞え言葉を尽し, 聞え諸君の盛ん, 聞え諸白を燗, 聞えや山, 聞え錆びたトタン, 聞え赤い裾を, 聞え足利有縁の武士, 聞え足音が近づい, 聞え踊り子たちの踊つて, 聞え近くと思え, 聞え部下の示し, 聞え部屋には最初, 聞え部屋住の身の上, 聞えを中心, 聞え銃声も響きます, 聞え鎔鉱炉からは赤く, 聞え長柄や太刀, 聞えもあらず, 聞え附近が灰色, 聞え陣所陣所とおぼしき, 聞え静かな日曜日, 聞えを振る, 聞えのうしろ, 聞え高かったジーン・ハーフッド, 聞え魂げるよう, 聞えに匂い