青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蒙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

葉~ ~葉子 葉子~ ~著 著~ 著しい~ 著しく~ 著者~ 葡萄~ 葬式~
蒙~
~蒲団 蒲団~ 蒼~ ~蓋 蓋~ 蓮~ 蔓~ ~蔭 蔭~ ~蔵

「蒙~」 1154, 12ppm, 8808位

▼ 蒙~ (539, 46.7%)

7 の沙, 時代に, 襲来の 6 時代の 5 の一部 4 の王様, 襲來の, 軍が, 軍の, 退治の 3 に對, のこと, の奥地, の女, の婦人, の方, 来寇の, 犬に, 王の, 襲來といふ

2 [41件] が起つた, と云, と交渉中, と内, に入れ, に居つた, に滯在, に行こう, に近い, の, の一切経, の使者, の大, の大軍, の天子, の太, の字, の山奥, の底ひ, の政府, の時, の王子, の襲来, の軍隊, へ帰られる, 人種の, 地方に, 少年が, 放牧地帯の, 族の, 時代には, 服の, 牛の, 犬だ, 犬の, 犬や, 種に, 種族の, 調伏を, 軍は, 軍まで

1 [375件] かぜ大連を, かぜ星が浦のみ, が亡び, が支那, が興る, だから打, だけでも約, でいつ, でせう, での軍隊生活, では起る, でも日本人, で何, で戦死, という所, とか滿洲人, ときこゆる, とちが, とに分れ, との戦, との関係, と協力, と国境, と広東, と戰爭, と新しい, と東京, と満, なくヘブルウ, にあった, にあり, における敗戦前, にくっついた, にて十種, にとつてお客樣, にと陣どり, には今, には全く, に併呑, に入ら, に入ろう, に出発, に境, に奪われ, に就, に帰る, に満月, に滅, に疑い無し, に行き, に質, に逃れ, に遊んだ, に適すべき, に関する記録, に関係, に關, に限, のいわゆる, のお, のため, のつかい斬りし, のは, のはた, のも, のゴビ砂漠, のジンギスカン料理, のチゲタイ, のドロンノール, のラマ, の下, の中, の主権, の事情, の人文地理, の人間, の侵入, の侵略, の侵逼, の兵, の兵者, の内部, の勢力, の北東部, の博士, の博王領, の原始的生活, の口, の口元, の可, の各地, の命令, の問題, の回, の国境, の國都, の地域, の地形, の地理, の外兵十万, の太祖成吉思汗, の太陽, の奴ら, の如き, の子孫, の定宗, の家屋, の小, の市海拉爾あたり, の徳王, の憲宗, の成吉思汗, の或, の戰爭, の撃退, の支配, の文化, の旗界, の春, の春風, の曠野, の月夜, の朝, の朝ぼらけ, の杜爾伯都部, の某, の欧亜征服, の欧州侵略, の欧洲侵略, の民俗, の汽車, の濃い, の牛, の状態, の玄王, の王, の王族, の王樣, の現時, の生活, の生産, の男, の男女, の町, の畜産事状, の眉, の真相, の碑, の科爾沁部, の空気, の築地一隅, の羊, の習慣, の老, の興安嶺, の船, の船艦, の若い, の襲兵, の西部, の諸王, の譚, の豪族, の軍, の軍船, の遊牧地, の達爾罕王旗下, の鄭家屯, の野小馬, の野小馬一名プルシャワルスキ馬, の野小馬等, の風, の風俗採用, の騎兵, の騎馬, はまだ, はインド, は今, は伽什爾, は内外, は外, は太祖成吉思汗以來四方, は寄せ, は文化, は是, は曠, は無論, は西暦千二百三十四年, へお伴, へやつ, へ使者, へ行かね, へ行く, へ行つた人々, へ行つて, へ這入っ, までつながりうる, までは間違い, まで皇國, まで行っ, まで行った, も喇嘛教, も女眞, や支那方面, よりチャーレス二世, より来れり, より狗, をしっかり, をも日本, を境, を撃退, を横切っ, を發足, を窺, を経, を苦しめ, を行く, を見物, を限る, カザクブルトコーカンドを, カシュミルネパルセイロン緬甸暹羅や, カルカ語の, シナ台湾などと, シベリヤから, ズンガリアの, タングット国および, チベットアンナンシャム等諸国の, チベット日本等の, ニ進出シテ防備ヲ, ハ支那自, ・五原市, 一九四五年, 一件以後の, 並びに西域, 人民が, 人民共和国が, 人種あり, 人種でも, 人種に, 人種にも, 人種系の, 人種系統の, 人種系統を, 今日ゆく, 児陀羅海, 児陀羅海低き, 全史, 八旗の, 再来の, 出京, 勢を, 包の, 印度馬来猶, 及び, 各地と, 各地に, 向です, 地区だ, 地帯に, 地方で, 地方へ, 地方も, 型癡呆です, 型癡呆と, 型癡呆とは, 境, 境まで, 大河之, 大蔵を, 契丹等に関する, 山東地方は, 山東地方を, 嵐という, 帽彼ら怖, 或は滿洲, 教化に, 文化の, 文明と, 新彊, 新疆, 方面から, 方面の, 方面へ, 旅行, 旅行に関する, 族, 族との, 族とは, 族など, 日本等に, 春おぼろならず, 時代で, 時代と, 時代ほど, 時代程, 服等長髪も, 服雑多な, 民族たる, 民族との, 民族は, 民族を, 民族トルコ民族チベット民族などが, 民族ノ, 民族契丹の, 沙漠に, 滿洲の, 滿洲朝鮮中央亞細亞等露西亞に, 滿洲里亞, 牛が, 犬が, 犬と, 犬は, 犬吼ゆ, 狗吠ゆ, 独立なんか, 王, 王だって, 王に, 王は, 王朝, 的, 的な, 皇帝書を, 皺襞に, 砂塵が, 研究に, 種でも, 種との, 種の, 種族であっ, 種族に, 種族よりは, 種独特の, 等の, 系と, 系の, 経と, 艦隊の, 蔵なら, 行記, 襞を, 襲來が, 襲來など, 襲來などが, 襲來を, 襲來以來流行つて來た, 襲來繪詞, 襲来, 襲来が, 襲来に, 襲来に当たって, 襲来に際しては, 襲来を, 討つべし, 訳大蔵も, 調伏の, 諸王の, 軍との, 軍も, 軍隊を, 辺の, 途上の, 通の, 進出ニ押サレテ日本亦, 酋長が, 酒一瓶に, 鍋を, 鐙の, 雪の, 青年貴族と, 馬が, 馬の, 騎兵の, 高原に, 高麗聯合軍の

▼ 蒙古人~ (169, 14.6%)

5 の辮髮 3 の子孫 2 が支那, のやう, の男子, の話, の風, の風俗, は極めて, ばかりで

1 [145件] かと思った, が, がいう, がただ物, がどんな大きな, がまじっ, がもと, がやってきはっ, がペスト, が五六百年, が伝えた, が出, が初め, が北, が南ロシア, が大いなる, が如何なる, が実際, が客, が山奥, が此, が水, が皆, が着ます, が逃げ, その糞, だ, だけで, だけは王公, だつて身分, でしょう, でクーミー, で日本, といへ, とが使用, とも思われない, と万里隔絶, と傳はつ, と同じ, と蒙, などは其の, など沍寒烈風断, なら殺して, にし, には盜人, に至つて前, に親しみ, に限つた譯, のいふ, のこと, のする, のみが帳幕, のもの, の上手, の人情風俗, の住ん, の其, の利益, の右, の土地, の外, の外套, の天幕, の居る, の戰爭時期, の支配, の村, の火, の皮鞋匠, の直, の色, の血, の衣服, の襲來, の証拠, の近親種族, の酒, の間, の顔, の食物, はまるで, はもう, は一人, は一體さき, は之, は今, は他, は何れ, は何處, は冬, は前頭, は否, は困るです, は大抵二枚, は奴隷, は如何なる, は始終, は小さい, は平素, は必ず, は成る, は戰爭, は戰爭中, は日本人, は時々, は暑, は東, は楡, は此クーミー, は毎朝稗, は水, は水戰, は決して, は漢人, は狩り, は現に, は生さぬ, は疾く, は皆二個, は絶えず, は美術家, は船, は蒙, は辮髮, は酷い, は鍵, は陸上, は非常, は頭髮, は食量, は駄目, は黒い, も辮髮, やシナ人, や支那人, や満, や滿洲人, よりずつと前, より以前, をモデル, を見る, 即ち, 及び韃靼人, 大急用, 好く畜

▼ 蒙~ (57, 4.9%)

7 啓い, 啓く 4 ひらいて, 啓いた 2 啓かう, 啓こう

1 [31件] かえりみて, さますため, たすけて, ひらいたこと, ひらいたつもり, ひらくに, 伏し拝んで, 先手の, 制して, 加へたのみ, 呼んだ, 啓かしむるの, 啓かれ, 啓かれる, 啓かんが, 啓かんとて, 啓かんものと, 啓き, 啓きたい, 啓くにつとめた, 啓け, 士卒から, 後陣として, 忘れて, 招いて, 痛嘆し, 笑殺するであらう, 謝し, 道徳的に, 開かれそして, 降すこと

▼ 蒙~ (32, 2.8%)

1 [32件] かの匪賊, さしず, 一軍が, 仕事を, 兵が, 兵に, 名を, 国でなくなり, 変りかたでは, 大河である, 大軍は, 奇略と, 奸計に, 子である, 容体を, 心を, 意見を, 扉が, 手に, 日本人捕虜収容所の, 機転に, 死に万斛, 満洲里, 猛烈な, 病は, 発言は, 策や, 築いたもの, 老胡堂, 計か, 遠い慮り, 遠謀には

▼ 蒙~ (31, 2.7%)

2 自分の

1 [29件] その兵, その前, その間に, それを, ただ顔を, なおこう, なおさら深く, ほんとに病閣, まずこう順, また糜芳, まだ碁盤, むくむくと, やにわに杯, わざわざ城外, 一軍を, 上陸し, 作戦上にも, 再び速, 出て, 怖ろ, 日々五六騎の, 書簡を, 目が, 眼前に, 碁を, 碁盤の, 碁盤を, 過分なる, 鞭を

▼ 蒙古風~ (18, 1.6%)

1 [18件] がすさまじく, が吹い, が太陽, が屋根, が巻き立った, が烈しく, だった, ですよ, といっしょ, と云うべき, に逢, のすさまじく, の名残, の吹き荒ん, の顴骨, の黄いろい, は止まなかつた, 吹きも

▼ 蒙~ (17, 1.5%)

2 急に

1 [15件] きて, それに, 兵とこそ, 呉侯の, 大将と, 楯を, 献策した, 生前に, 病で, 病に, 自分の, 蒙古人, 見えない, 見つけて, 陸口に

▼ 蒙古語~ (15, 1.3%)

2

1 [13件] では人, で出し, で幣束, で訳し, にて興安嶺, に通じ蒙, の, の夏, の山, の研究, は皆無承知, らしい, を習つて

▼ 蒙つて~ (14, 1.2%)

2 ゐた, 逃げて 1 その年, も何, ゐたかを, ゐたといふ, ゐたの, ゐた關係上, 居らぬ山陽, 居りながら, 早く日本, 生きて

▼ 蒙~ (13, 1.1%)

2 を囀る

1 [11件] とか孟子, とか日本外史, などの会読, に是非, の表題, の講釈, の類, は荷, を囀, を蔵, ヲ囀

▼ 蒙古兵~ (11, 1.0%)

1 [11件] が一種, が來, が入, の戰場, はハンガリー, は先鋒, は大抵, は水上, は風雨, よりは強い, を養い

▼ 蒙~ (10, 0.9%)

1 すぎず夏, 会い呂, 会うと, 何か, 出動し, 劣らず周瑜, 向っては, 変じた無知, 計られ関羽, 非ず

▼ 蒙つたの~ (9, 0.8%)

3 である 2 かも知れない 1 ならば, は更に, を不思議, を賀する

▼ 蒙~ (9, 0.8%)

2 甘寧 1 あつて, 一戦を, 事ごとに, 云う訳書中, 戦い現時, 軽忽, 陸遜

▼ 蒙古から~ (9, 0.8%)

1 あまり金が, ふく黄色い, 北支へ, 呼びよせその, 帰ったので, 帰りたての, 支那に, 生きて, 輸入される

▼ 蒙むる~ (5, 0.4%)

2 御恩 1 だろうと, に至った, は知れた

▼ 蒙~ (4, 0.3%)

1 婆さんであっ, 時代に, 誹謗者らに, 追従者らに

▼ 蒙~ (4, 0.3%)

1 にわかに後, よく顔, 亡く, 大いに面目

▼ 蒙~ (4, 0.3%)

2 重恩候而年々御 1 内命候付昨年帰国之, 海容度候

▼ 蒙斎筆談~ (4, 0.3%)

1 とはいかなる, の文, を引い, を見ん

▼ 蒙つた~ (3, 0.3%)

1 と考へね, ほどである, 全被害

▼ 蒙~ (3, 0.3%)

1 お手紙, その席, 降参した

▼ 蒙古刀~ (3, 0.3%)

1 が振ら下がっ, だそう, は

▼ 蒙古史~ (3, 0.3%)

1 に關, のエピソード, の研究

▼ 蒙から~ (2, 0.2%)

1 サハラ沙漠まで, 聞いた

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 とから離れ, とを経験

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 遙け, 遥け

▼ 蒙たる~ (2, 0.2%)

1 に過ぎぬであろう, を笑

▼ 蒙だの~ (2, 0.2%)

2 甘寧

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 夫れで, 難有

▼ 蒙とも~ (2, 0.2%)

1 なること, 云ふ

▼ 蒙むつ~ (2, 0.2%)

1 た者, て恐れ多く

▼ 蒙むら~ (2, 0.2%)

1 う, じと

▼ 蒙むること~ (2, 0.2%)

1 多きも, 多し

▼ 蒙むると云~ (2, 0.2%)

1 ふこと, ふ不都合

▼ 蒙むる者~ (2, 0.2%)

1 も出, を憎む

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 欺瞞や, 甘寧

▼ 蒙代表~ (2, 0.2%)

2 の散

▼ 蒙兵越境事件~ (2, 0.2%)

2 に就い

▼ 蒙古人自身~ (2, 0.2%)

1 でも陸, は危險

▼ 蒙古語科~ (2, 0.2%)

2 の夜学

▼ 蒙古語譯~ (2, 0.2%)

2

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 という言葉, の立場

▼ 蒙御意~ (2, 0.2%)

2

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 の元朝秘史, 或る

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 に境, の遠く

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 と髭髯, を排

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 たる広原, として太古

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 と走, のほか

▼ 蒙~ (2, 0.2%)

1 で英語, は尾長猿

▼ 蒙閣下~ (2, 0.2%)

1 のあと, の病

▼ 蒙頭盪石~ (2, 0.2%)

1 の二将, の二手

▼1* [112件]

ザバイカル区の, 蒙たためし, 蒙すら先生と, 蒙つた事でせう, 蒙つた損害は甚, 蒙つた石田三成が淀君党, 蒙つた験も絶無, 蒙つて他人の言葉, 蒙つて來たの, 蒙つて内務大臣だかに, 蒙つて征討将軍の宮, 蒙つて悟道したといふ, 蒙つて牢屋に這入つ, 蒙つて発現したとは, 蒙つて着物を脱ぎました, 蒙つて菓子師となつ, 蒙つて齟齬を来し, 蒙いるの, 蒙とか呉郡の, 蒙として古調を, 蒙との混合であった, 蒙などという呉将の, 蒙などのために, 蒙には非ざる, 蒙にもこの廉, 蒙へまであるいはソ領中央アジア, 蒙むったこともありますからまたお力, 蒙むったこの傷は新劇, 蒙むって此の武士, 蒙むりたし理屈は捨て, 蒙むりましたそれ故お宅, 蒙むると斯う云, 蒙むるなればその身, 蒙むるのはいずれの階級, 蒙むるのは共同団体の全体, 蒙むるやも計り難い, 蒙むるような事に於, 蒙むるをわが目いかでか, 蒙むる損害を防いだ, 蒙むる社会層が労働者, 蒙むる神の如し, 蒙より十幾歳も, 蒙シ聖高野山ニ候間暫御忍ビアレ某御トモ, 蒙ツテ東照大神君ヲ駿城ニ拝シテ洛陽ニ帰休ス, 蒙ト青島ヨリ加ヘタル恐怖ヲ除去シタル者ナリ, 蒙ムルコトクーパーニ劣ラナイノデアルガ陸子アタリガ密カニ婆サンニ焚キツケタト見エテ, 蒙リ候事モ哉ト一同心痛ナシ右図面ヲ以其県庁, 蒙リ廉価ニ御調製, 蒙リ此一城ヲ御, 蒙リ殆ド吾ガ肝, 蒙ルベキ事ハ譬ヘバ人ノ夕, 蒙を以て国家, 蒙凌統の兵, 蒙匪襲撃の途中, 蒙には發蒙, 蒙古きつての, 蒙古くんだりまで, 蒙古びと駱駝, 蒙古人ガ諸神ト動物トノ生殖行爲, 蒙古人古来馬肉を食い, 蒙古人慣用の手段, 蒙古人朝鮮人乃至台湾, 蒙古人東の朝鮮人, 蒙古人流を試みる, 蒙古人等が鼠牛虎兎, 蒙古人系統の特徴, 蒙古人雨を祷る, 蒙古名を稱, 蒙古名シャダーの音訳, 蒙古来の詩吟, 蒙古甘珠爾に, 蒙古産の庫倫馬, 蒙古称もチベット称, 蒙古西吹きあげて, 蒙古語専攻の学者, 蒙古諸民族の, 蒙古野に去年, 蒙召自京師至焉与余同僚于内班者十年矣, 蒙申候也, 蒙蒙馳せ行って, 蒙囘藏と云, 蒙太史慈などは疾く, 蒙がある, 蒙の近く, 蒙御免書中を以伺上, 蒙を將, 蒙斎筆談謝在杭五雑組, 蒙方面より蒙, 蒙のご, 蒙求世説左伝戦国策老子荘子と云う, 蒙求左伝の一, 蒙求風に類似, 蒙潘璋傅士仁糜芳などに対する憤怒, 蒙潘璋陸遜などを, 蒙の, 蒙爽等は其の, 蒙理物多邇授与賜有随歓美喜比, 蒙寧の, 蒙疆地方への侵入, 蒙な山間僻地, 蒙五陣陸遜, 蒙経験無知の主人, 蒙も大分, 蒙衝五六隻走舸十数艘, 蒙迷固陋な宗教観, 蒙の劉生, 蒙陰県と沂水県, 蒙なり, 蒙頌一名蒙貴, 蒙頭寨と号し, 蒙黄河畔陜西省境をまわっ, 蒙くさかんむり