青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「著~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

落ちる~ ~落着 落着~ ~落葉 落葉~ ~葉 葉~ ~葉子 葉子~ ~著
著~
著しい~ 著しく~ 著者~ 葡萄~ 葬式~ 蒙~ ~蒲団 蒲団~ 蒼~ ~蓋

「著~」 2581, 28ppm, 4185位

▼ 著~ (239, 9.3%)

32 を著 8 の下 75 もなし, を下さい 4 がなく, はもうすつかり, も肌 3 をき, を借り, を盗ん, を著せ

2 [12件] にし, のよう, の上, の人, の柄, の模様, の裾, をぬい, を手, を持っ, を脱ぎ, 貸して

1 [134件] いたく窶れたれ, がない, がなくなった, が一枚五円, が冷, が出来ない, が好き, が有る, が欲しい, が羽織, が茶縮緬, が著, が運ばれ, こういうもの, だつた, だつて, だと, だろう, であつ, でも, でももつ, で汝, で赤い, との間, と同様, と机, と著, と見え, と飾り物, なしで, などを着込ん, なら, なりについてゐる, なりわたくし, なりを縫つて, なん, にする, にすれない, につけ, になっ, には方々, にもいつ, に帯, に手, に繻子, に脱ぎ替る, に襷, に触れ, に赤い, に身, のこと, の中, の主, の兵古帯, の内側, の前, の品質, の幸福, の影, の為, の男, の縫いかけ, の色, の裾飾, の趣味, の金, の音, はどう, はひどく, はみな, はもうすっかり, はよい, はフランネル, は五十円六十円, は出来, は大概, は已に多少, は持っ, は支那服, は汚す, は汚れ腐っ, は魂, ばかりで, まで赤眼, も晴著, も永い, も裂けちぎれ, や帯, や持物, や簪, や葡萄茶, をお, をきた, をこし, をすて, をなほし, をぬいだ, をぬぎすてる, を一枚倹約, を二つ拵, を二人, を借りる, を入れた, を地上, を待っ, を我が身, を所望, を拝見, を持たず, を持つ, を換, を擲げ, を放し, を曲げ込ませ, を汚し, を洗っ, を白い, を盗んだ, を着, を着た, を納めん, を素早く, を署員, を脱い, を脱ぎおろした, を脱ぎつ, を至急, を著せられ, を著換, を買, を買い, を質, を送る, 白い鬘

▼ 著~ (215, 8.3%)

6 いた 5 ゐた, ゐる, 髪を 4 いる, いるの 3 いたが 2 いる燕尾服, ゐたか, ゐたが, ゐたこと, 少女の, 居らうが, 居る, 役所の, 頭には, 鳴く梅雨

1 [163件] あちこちと, あるく人, あるけるだよ, いたと, いたレインコート, いた着物, いた竹逕, いないの, いないよう, いなかった, いました, いましたが, いると, いるので, いるよう, いる一人, いる古い, いる打, いる着物, いる部屋着, うせるの, うたへる, おいで, おいでに, おった某, おなじやう, おりこういう, おりました, おりましたから, おりました赤く, おります衣服, おり髪, お天気, お祝, かくみや, しばしば横暴, しまって, そそけた髪, そのまま小沢, ちょうど今, ちょこちょこと, まだ麦藁, もっと寛ぐ, やろう, よる, わるさ, ゐたえ, ゐただけ, ゐたの, ゐたので, ゐて, ゐること, ゐるの, ゐるやう, ゐるピジヤマ, ゐる人間, ゐる俗世, ゐる刈萱, ゐる羽織, ゐる著, ゐる蒲團, ゐる金色燦然, ゐる青服, ゐる黒い, ハードカラーは, パンを, 一心に糸車, 一等の, 不精らしい, 世尊を, 両膝, 丸一日火の, 今河岸, 他人の, 低音の, 体重が, 候とは, 元氣, 其の裏, 出て, 出ようと, 出るという, 出るの, 出る姿, 出る気, 刀を, 剥げちよろけ, 勿体らしく両手, 半袴, 口髭を, 古文字, 埃の, 塾を, 声こも, 外を, 夜這の, 大きな鞄, 大手を, 威張って, 媼は, 家に, 容易く探り得ただろう, 寝よう, 小刀を, 尻を, 居るだけ, 居るやう, 居るよう, 居流れた, 巨大な, 帯を, 心安げ, 恐しい面, 恬として, 手に, 手拭を, 新しい補充兵, 新年の, 机に, 来たの, 来た上衣, 来て, 案に, 歩いて, 無縁帽を, 物貰に, 生きても, 田遊び, 病あり, 直樣其事, 種々の, 穢れた白足袋, 突っ立った, 突立つた, 競走馬車で, 竹杖を, 笏を, 紅の, 素足に, 縁端で, 老爺弟猾は, 耳被いの, 腰の, 膝から, 臥して, 舟さす, 行くのに, 街を, 袂に, 見ました, 賤しい, 身を, 軽暖, 迅速に, 部屋の, 銀メダルを, 錦の, 長い捩れた, 雜多な, 青葉の, 靴を, 頭巾を, 黒塗の

▼ 著~ (168, 6.5%)

6 てゐた, てゐる 5 ていた, ている 4 た, たの 3 ぬとの, 候とも

2 [12件] く, たやう, たる青摺, て, てその, て置きなさい, ない, 方は, 状は, 給ふ, 赤脚に, 跳躍し

1 [108件] あり, かけた, きに, ここに, さて轎丁, ざりし乎, ざること, ざる處, その両目, その中, たが, たくないと, たとき, たところ, たまちぎ, たまへ, たまま, たもの, たものの, たるが, たるに, たるエウフォリオン, たる物を, たれど, ていた事, ています, ておし込ん, ておの, てお寺, てこの, てちょっと, てやり, てをり, て一日, て上られた, て下さい, て之, て五百引, て五百引石, て出歩かう, て合印, て好い, て宮内, て家, て小声, て居, て居らぬ, て居られる, て店, て度々, て悠々, て托鉢, て政記, て歩く, て海, て湖上, て猟, て玉帯, て現れ, て相手, て腰, て行った, て踊つて, て身構, て返した, て錦, て顧眄, て高, ないだろう, ないやう, なさいよ, ぬの, ぬよう, はじめたが, ば近くモンテ・カッシノ山, まつりき, ようが, ようとして, オーデコロンを, 一茶の, 中つ, 互いに顔, 以て, 冠, 冠蓋前後騎従数十人別に, 同時に一塊, 多少得る, 夜昼の, 奉るだけ, 始めた頃, 彼等より, 得ざるもの, 得る最も, 復活祭と, 所が, 換へる, 方を, 時計の, 来って, 松に, 樣が, 樣も, 疫を, 給ひし, 金が, 金札緋威の, 階段の, 雌は

▼ 著~ (135, 5.2%)

4 中に 3 ように 2 ものと, 中で

1 [124件] うち, お言葉, ことを, この部分, ころあいだった, ごとくなったならば, させる業, それへとか, たぐいに, つかない気分, ないクレオパトラ, ま, ままで, ままである, ままに, ままの, まま例の, まま毘沙門様の, まま降り, やうな, 一念の, 上も, 下着の, 不精確, 中から, 主たる目的, 久しい山村, 事實である, 二三人が, 二島英雄記という, 亡霊が, 人である, 人には, 人の, 仕樣, 代官として, 位地を, 価格, 儘で, 儘に, 光景では, 内に, 再梓, 処申上候, 勅使で, 原理に, 名が, 名でなかったなら, 名を, 国語辞典には, 城へ, 城主小寺の, 城主小寺政職が, 城主小寺政職の, 場合が, 大蛇が, 奴なら, 如くな, 如く著者, 妓右の, 婦人問題という, 学者的訳書に, 官兵衛の, 家を, 家畜史は, 小寺政職から, 小寺政職は, 市の, 平清盛を, 幾十冊を, 後で, 御様子, 徴無き, 性とて, 情を, 感激は, 憑い, 所が, 所を, 抄録に, 抱朴子や, 改版も, 改版を, 方だ, 日も, 日取, 書と, 書灰が, 最後の, 服を, 業には, 業因が, 様に, 歴世略伝に, 演劇史以前に, 火むらから, 版権を, 礼が, 神が, 窟に, 窟戸を, 端に, 筆者などの, 終わりに, 結論の, 翌朝泉州谷川で, 脱文かと, 若干部分を, 落米を, 衣服の, 衣類袴など, 裾を, 襟だの, 記憶が, 誤であらう, 論文が, 豫定, 身著の, 辞句を, 運動が, 運動と, 間二十日を, 青森県通史にも, 類は

▼ 著~ (128, 5.0%)

52 しい 4 し, 僧伽梨と, 物を 3 しく 2 ことを, のは, 春の

1 [55件] きぬの, けれどなほほのか, ことが, ことは, ころもに, しいか, しいがため, しかつ, しきは, しきもの, しきを, しきハムレツトの, しき發達を, しき色彩を, しき趣の, しくちがっ, しけれど, し其希望, し然るに, その三重, ぞかし, たび思はれる, てえと, ということ, と私, にも読書, の, のも, ばかりで, ものが, ものだ, ものでない, ものの外, や, やうな, やうなる, 三尺の, 事が, 人なし, 人の, 十徳という, 女の, 日の, 時節という, 晴著の, 服まで, 物なども, 物の, 秋ごろも, 著物を, 蝦夷人, 衣の, 衣替, 衣服, 袈裟と

▼ 著~ (115, 4.5%)

8 男が 4 人が 2 一人の, 人なども, 人の, 人は, 従僕が

1 [93件] お伽噺の, お兄様, お客で, お転婆の, お露, お額, から, が, きりつ, きりの, ことは, これ等青年団員が, つてを, のが, のや, ほか一度も, まま妻は, 七つばかりの, 上に, 上へ, 二三人の, 二人の, 五十歳位に, 五十近い, 人々の, 人と, 人も, 以外には, 修道士の, 偉丈夫である, 儘である, 八号の, 十二三の, 唯一の, 四十あまりの, 因明が, 土臭い給仕, 堂々たる恰幅, 壮漢が, 女が, 女で, 女などを, 女乞食が, 妖怪を, 子供が, 子供たちの, 将軍が, 小婢, 少年が, 尼達が, 工女らしい, 巨人, 年寄りの, 弘前の, 彼の, 悪党が, 所は, 支那人が, 時紙縒を, 暴れ者を, 柔順な, 母の, 父が, 狼の, 畜生と, 真壁の, 禰宜が, 紫の, 給仕なりが, 羊飼の, 美少年が, 羽織で, 者が, 者の, 肩を, 背の, 背丈の, 腕で, 腕白どもが, 若い人, 若者の, 若者は, 虎の, 警察官が, 貴人が, 貴公子先生からは, 連中だの, 道化役が, 醫者で, 野郎で, 青年とが, 顎髯の, 馬が

▼ 著~ (108, 4.2%)

20 して 10 した 4 す, すの 2 された書籍, し, しそれ, したの, すに, 子ゆゑきびしき

1 [58件] されたの, されて, さんと, したこと, したと, したといふ, したもの, したり, したる, したること也, した字典丈, した抱朴子, した日本訪書志, した詩格, してから, しに, しひいて, しアウグスティヌス, し丁晏孔, し五冊, し優勝劣敗是天理とい, し卑彌呼, し又, し唐, し天上理學, し民, し禽滑釐, すこと, すもの, す前, す專ら居家日用, す所とかいふ, す書物, せし当時, ない, なおもこの, ほとんど世界各国語, みすぼらし, モンパ上著は, 今日の, 低級神話と, 児供の, 内容の, 刻本多き, 取付き易い, 少なからずあった, 平凡に, 日本に, 是まで, 此事を, 比較的限られた, 決して年老, 精妙な, 綿入, 総て嘗て, 軍部や, 野伏の, 高名な

▼ 著るしく~ (105, 4.1%)

4 眼に 3 健康を 2 発達し, 目に

1 [94件] この戯作者的気分, その形式情操, その戯曲, その柱廊, 三代の, 上品に, 上手に, 下降した, 不満の, 世界的に, 世間を, 主観派を, 人の, 何時の, 働らい, 僕の, 元氣, 古代の, 各國勞働者, 商品生産の, 均整を, 増加させた, 増加した, 変化した, 変貌させ, 外へ, 外国の, 多くなった, 大きくなった, 大きくなつた, 大なる, 奇蹟的であっ, 寂しいよう, 廢頽的傾向を, 引立たした, 強い色, 影響を, 後の, 心を, 性急に, 悪くした, 悲観し, 感傷的の, 感情的に, 懸隔さした, 懸隔し, 拡大された, 拡大される, 拡大し, 支那に, 散文的に, 映え変る, 本質に, 欠乏した, 気分的情調的の, 減少した, 減退したらしい, 濃厚であっ, 無関係に, 特殊な, 独逸の, 現る, 異っ, 發展した, 發展せられ, 皆感情的で, 眼について, 繁昌する, 肯定的であり, 自分の, 芸術の, 蒼ざめているように見えた, 表はれ, 詩的空想が, 誇張され, 読書界の, 読書界を, 象徴的に, 貴族主義である, 賑やかに, 贅沢に, 距離の, 退化し, 逆上し, 速力を, 進歩した, 進歩する, 鋭利に, 随喜者を, 集積し, 静観的で, 音樂の, 顰んで, 騰貴し

▼ 著~ (98, 3.8%)

3 覚えて 2 著て, 覺えて

1 [91件] かけるの, きた処女たち, このひと, したそれ, すてて, する枚数, それぞれに, たくさん持っ, つけた, どういう読み方, なすに, ぬいで, ひろげると, また執, まだ読まない, みては, もって, もつて, よむ, 一切離れ, 三部作である, 世に公, 主として和本唐本, 信じた習慣, 公けに, 出版した, 去り繋, 去る様, 参照し, 参照した, 取り出したが, 取り出しためつすがめつそれ, 取出して, 取出すため, 同うし, 執筆中で, 執著, 多く読ん, 得たり, 感じ手, 感ずること, 感ぜずに, 成就する, 把つて閲読加朱せ, 持たしめる女, 持たせるの, 持たないやう, 持ったよう, 持つた, 持つて, 持つよう, 持つ者, 掛けて, 救いだして, 救い出して, 最も屡々引用, 棄つる, 残して, 添刪す, 添削し, 献げて, 生じた, 精読し, 結ぼうと, 絶ち切る無上, 縫って, 繙いた, 脱いぢ, 脱ぎは, 腕に, 著せふだん好き, 著せられたお前, 著た, 著飾つた女の子が, 被けば, 装う態度, 補って, 見て, 見ないの, 覚えること, 記して, 記する, 評して, 読みても, 讀み英文, 讀む方, 貫いて, 超えたる比丘, 透して, 重ねて, 離れ思慮擾亂

▼ 著~ (79, 3.1%)

18 した 14 して 4 された, したの 3 したもの 2 されし路加伝, した人たち, した者

1 [30件] さざるべからず人, されたこと, されたに, されたの, されたもの, された二つ, された大河内氏, された本, された海藻, されんこと, され軍艦, したある, したが, したこと, したエー・コリングウッド・リー氏, した作り話, した前記, した実地踏査, した小さな, した小説中, した年, した文学論, した書物, した社会学, した西洋事情, した鈴木, すを, せる明治三十三年発行, せる西洋番国志, そうと

▼ 著~ (53, 2.1%)

5 なるは 3 である, なもの 2 となる, なる代表者たる, な例, な新

1 [34件] であり竇娥, で無く, なこと, なの, ならず, なるの, なるもの, なる一人, なる一斑, なる事實, なる哲学者, なる形体, なる現象, な事実, な傾向, な境界線, な大著, な放射能, な死斑, な窒息徴候, な色情倒錯, な草本, な証跡, な障害, になっ, に四季, に変化, に証拠立てた, に起らず, に顕, の事実, の酸性反応, の顕象, の顯象

▼ 著~ (47, 1.8%)

32 して, 及んで

1 [40件] いくらかの, かかる, かぎると, ただ陽気そう, なつて, なりこの, なりて, なり其所, なり内藤, なる和泉式部, なる小, もう物案じ, 下袴, 中学部の, 二階へ, 仕え改称, 付悦行飲, 住むには, 入れて, 冠するに, 出て, 可哀, 変って, 外ならない, 存ずる去りながら, 幾分の, 於て, 旅人の, 柳田先生の, 点頭いて, 現はれ, 現はれる, 白雪の, 示されないが, 答えた, 著換へ, 著換へるはり, 見える男, 赴かれるよう, 類似したる

▼ 著なる~ (41, 1.6%)

2 ものである, 相違を

1 [37件] ことを, こと多し, にも拘らず, に拘らず, ものが, ものなかりし, ものなり, ものの, ものを, もの即, をいかん, 一つの, 一例で, 一例である, 一例と, 一例は, 事功を, 二つの, 人は, 奇遇である, 實例に, 實例三ヶ條を, 峻谷あり, 影響を, 彼の, 成功を, 成績を, 抗議を, 民族性は, 現はれ, 相違の, 相違點の, 箇條を, 者三十人を, 術語的理論的表現を, 進出を, 進歩を

▼ 著~ (36, 1.4%)

6 ある 3 深かつ 2 あるならば

1 [25件] あっては, あつた, あつて, あります, ありもつと, あり孫徳謙, あり家集, あるくらい, この酒杯, でき上って, みんな飛ぶ, 一枚欲しい, 可能な, 因と, 最近岩波新書として, 残ると, 沸, 深かった, 立って, 続くの, 背景にな, 芸術の, 見えないと, 遅れたの, 長い間

▼ 著~ (34, 1.3%)

2 ので, 例として, 個性を

1 [28件] おでこと, すべての, ところが, のです, のは, ようで, ような, 事實で, 二人の, 人である, 人と, 人の, 人殺が, 博士の, 影響を, 心を, 応答だった, 手で, 指先きで, 支那人すら, 方かとも, 構えに, 火柱大明神ご, 特徴すでに, 聴官を, 肉体と, 装いを, 陰影である

▼ 著~ (30, 1.2%)

3 して 2 した, し一夜, せられたの, の困難

1 [19件] されかなり, したが, した時, した時代, しない小説, しなければ, しよう, しようと, し先づ二人, し既に, し関五郎, すべき残された問題, すること, する二年前, する前, せられその後スペイン, といえ, の小説, よりも数十年以前

▼ 著する~ (26, 1.0%)

3 のである

1 [23件] くらいのもの, ことなき, ということ, ところが, ところに, とそこ, と思ひます, に及び, に喩, に必要, のは, のを, ものなれ, を待つ, 一心の, 人は, 人を, 心意識, 必要は, 所なく, 所を, 氣色も, 者に

▼ 著ける~ (23, 0.9%)

2 ので, のは

1 [19件] かつらと, が殊に, ことが, ことに, ことにな, と云う, と言, のが, のであろう, のを, もので, ものと, ようにと, 分は, 品で, 綿な, 義で, 血も, 贅澤な

▼ 著~ (21, 0.8%)

1 [21件] なって, なる, みえる物, 云々, 云ふ, 俗称する, 傲慢とが, 名づく, 未知の, 染悪と, 浄念との, 矜持, 署し, 考えら, 見るも, 言われながら, 言われ始めたの, 記し寶暦五年, 認められる, 隠者たちの, 題して

▼ 著わし~ (19, 0.7%)

4 題して 2 たる

1 [13件] あるいは新聞紙, たりき, たる一冊, てその, て以来, て名声, て家名, て広く, て撰択集, て皇国, なお続編, になった, 得る筈

▼ 著~ (18, 0.7%)

1 [18件] いるの, じだらくな, はありません, はある, はございませぬ, 一命を, 一家の, 中朝とは, 只マージナル・ユーティリテー, 建安十年には, 支那人に, 昭和十二年から, 正に生類憐みの令, 死ぬ形, 秀吉の, 蚊帳を, 通俗史家報道員である, 非難し

▼ 著~ (15, 0.6%)

1 [15件] した, ない, ないせかせか, ないであろう, ない処, ない様子, ない裡, なかった, なかつた, ぬと, ぬま, ぬ中, ぬ時, ぬ樣, ふ下著

▼ 著こんだ~ (13, 0.5%)

5 著物 1 おそろしく鼻, この痩形, ソロチンツイの, 一人の, 恐ろしくふとつた男, 梵妻が, 貴顕紳士が, 鼻の

▼ 著~ (13, 0.5%)

1 [13件] して, ふ, へず, へた, へて, へてぐる, へて出, へて火鉢, へる, へるはりあ, へるやう, をし, を皆

▼ 著るしい~ (12, 0.5%)

1 [12件] コントラストを, 二三の, 効果を, 変化や, 性癖の, 損害は, 数で, 武器では, 特色を, 相違が, 興味を, 鼻だ

▼ 著わす~ (12, 0.5%)

1 [12件] ことに, ただ同志, ところ, ところの, ところ今古, ところ巻末に, に及ん, のは, は難く, 一方, 処の, 時も

▼ 著~ (11, 0.4%)

2 して, の高明 1 がかく, したの, すべきは, すること, せずして, の高き, は決して

▼ 著せる~ (10, 0.4%)

1 いまだあらず, か何, がいい, ことは, ために, ので著, は是, も, 一書を, 植物学教科書などを

▼ 著なく~ (9, 0.3%)

1 人を, 十七字の, 実に男性的, 幸に, 建てられて, 福子の, 自由に, 謙讓に, 魂は

▼ 著~ (9, 0.3%)

1 えた爽快, えて再び老婆, えて外国映画, える, えを, え脱ぎ棄てた, え金剛杖, へさせた, へたり帯

▼ 著~ (8, 0.3%)

2 と云 1 とあっ, という, といえる, ともいわれ, とやった, と思う

▼ 著~ (8, 0.3%)

1 からいう, したの, の中, の微妙, はすでに, は詩人, もあるいは, を披瀝

▼ 著訳者~ (8, 0.3%)

2 の悖徳 1 が盛ん, にはロク, の御, は不正不義, は当, を背信

▼ 著いた~ (7, 0.3%)

1 のは, ものと, 処は, 夜は, 時の, 者玉の, 馬の

▼ 著けず~ (7, 0.3%)

1 に真裸, に眺めた, わが思ふ, 上衣も, 中途の, 冴えに, 我が思ふ

▼ 著せず~ (7, 0.3%)

2 主義に 1 相変らず, 眼中の, 罪を, 舎利弗通り願わく, 釈迦仏の

▼ 著には~ (7, 0.3%)

1 その大黒様, そんな風, どこにも, 一冊の, 佛蘭西の, 先き, 相違ない

▼ 著~ (7, 0.3%)

1 てゐた, てゐる, て居た, どんな作品, ば啼く, 更に無韻, 更に理想的

▼ 著~ (7, 0.3%)

3 した 2 して 1 した時, すると

▼ 著~ (7, 0.3%)

1 などの入った, などを取り, へさせ, へたら, へたら君, を一枚質屋, を持っ

▼ 著~ (7, 0.3%)

3 して 1 したからの, した物忌み, するも, せずとも

▼ 著訳書~ (7, 0.3%)

1 が世間, が私, に他人, に古来, の由来, は事実, を売

▼ 著たる~ (6, 0.2%)

1 が白柄, さびしさ, ぶつさき羽織, よりも遥か, 赤合羽, 青年独立党員が

▼ 著~ (6, 0.2%)

1 が老大家, です, の一条, の事, は世間, は真実私一人

▼ 著かえ~ (5, 0.2%)

1 ている, て下, て外出, て打ちくつろいだ, て死せ

▼ 著けて~ (5, 0.2%)

1 いないので, ゐる人, 乃公の, 夷を, 燒きた

▼ 著である~ (5, 0.2%)

1 ことが, ことを, とは學者, ので信頼, 長州の

▼ 著として~ (5, 0.2%)

1 一般に, 伝わって, 學界及び, 誤伝され, 軽視せらるべき

▼ 著なされた~ (5, 0.2%)

5 其夜奈良の

▼ 著のみ~ (5, 0.2%)

5 著の

▼ 著われた~ (5, 0.2%)

1 のは, は安永二年菅専助作, ものあれ, 原色写真が, 著述を

▼ 著~ (5, 0.2%)

1 さ人絹的艷の, な性質, な研究, な詩, の性

▼ 著~ (5, 0.2%)

1 にかかった, にたいして考え, にはなんらかの, のやま, の旅

▼ 著流し~ (5, 0.2%)

1 が常, て手, で学生帽, のじゃらじゃら, の男

▼ 著~ (5, 0.2%)

1 がぐちゃぐちゃ, さきぬ, すでに, の葉, も咲く

▼ 著あり~ (4, 0.2%)

1 て釋典, 余の, 我邦に, 百川君は

▼ 著から~ (4, 0.2%)

1 ふだん著の, 山崎の, 注進が, 重訳し

▼ 著けたり~ (4, 0.2%)

1 する婦人, 花を, 虎の, 頤に

▼ 著たり~ (4, 0.2%)

1 この顔, した貴族, し麻, また中

▼ 著ない~ (4, 0.2%)

1 でそれ, で亡くなりました, やうな, 人も

▼ 著によって~ (4, 0.2%)

1 この事件, 彼は, 悉く一掃, 発表せん

▼ 著~ (4, 0.2%)

2 涙の 1 し復活, それに

▼ 著るき~ (4, 0.2%)

1 いたましき, 一点の, 山路を, 空なる

▼ 著~ (4, 0.2%)

1 からであろう, であつ, で紋服, 多き夜寒

▼ 著けた~ (3, 0.1%)

1 のでは, は昔英国, ばかりの裸体

▼ 著けられ~ (3, 0.1%)

1 さうな御, さうになかつた, そうも

▼ 著しない~ (3, 0.1%)

2 のである 1 ので

▼ 著~ (3, 0.1%)

1 に支那服, に散歩, また裸

▼ 著せざる~ (3, 0.1%)

1 が為, が爲, に喩

▼ 著そう~ (3, 0.1%)

1 にたまに, に考え事, に見えた

▼ 著~ (3, 0.1%)

1 や, るしき変化, るしき變化

▼ 著とを~ (3, 0.1%)

1 もつて, 合して, 言つた

▼ 著なし~ (3, 0.1%)

1 に, に又, に寄っ

▼ 著もの~ (3, 0.1%)

1 でも御, も沈黙, を著

▼ 著~ (3, 0.1%)

1 古道具を, 斯の, 銀杏吹き散る

▼ 著るく~ (3, 0.1%)

1 まず目, ヌッと, 全人類

▼ 著われ~ (3, 0.1%)

1 ざりし人, たる合祀, て来る

▼ 著~ (3, 0.1%)

1 であります, ですが, を茲

▼ 著~ (3, 0.1%)

1 か, へ何人, らしい集落

▼ 著~ (3, 0.1%)

1 はかえってますます, は深い, を去れ

▼ 著替へ~ (3, 0.1%)

1 て床, て立, て鹽

▼ 著~ (3, 0.1%)

1 す, 仕候, 被遊

▼ 著~ (3, 0.1%)

2 を施し 1 される濃度

▼ 著衣始~ (3, 0.1%)

2 の句 1 というの

▼ 著込ん~ (3, 0.1%)

1 で日曜日, で梟, で階段

▼ 著~ (3, 0.1%)

1 したと, するなり, するやいなや

▼ 著ある~ (2, 0.1%)

1 ことなし, 絵も

▼ 著かず~ (2, 0.1%)

1 に却つて途中, 自分で

▼ 著かへ~ (2, 0.1%)

1 させた, た

▼ 著きたる~ (2, 0.1%)

1 ならん, 戸口かな

▼ 著くる~ (2, 0.1%)

1 ことを, 所あり

▼ 著けた紳士~ (2, 0.1%)

1 が両手, が彼

▼ 著けた老人~ (2, 0.1%)

1 が腰, は金髪

▼ 著けられ得ない~ (2, 0.1%)

2 苦しい百姓生活

▼ 著こなし~ (2, 0.1%)

1 がいかにも, て日傘さし

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 ね, を要す

▼ 著すぎる~ (2, 0.1%)

1 気が, 質であった

▼ 著です~ (2, 0.1%)

1 か, 寝坊の

▼ 著とも~ (2, 0.1%)

1 云い又, 云う

▼ 著なけれ~ (2, 0.1%)

1 ばとて碁, ばならないです

▼ 著なりし~ (2, 0.1%)

1 が惜しむべし, ことを

▼ 著について~ (2, 0.1%)

1 そこまで, 批評せられた

▼ 著については~ (2, 0.1%)

1 彼自ら, 私は

▼ 著にて~ (2, 0.1%)

1 あひかはらず, 汝の

▼ 著にも~ (2, 0.1%)

1 また私自身, 詳述し

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 がはづかし, 襯衣を

▼ 著はに~ (2, 0.1%)

1 なりて, 自らを

▼ 著られる~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ 著るしからざる~ (2, 0.1%)

1 に徴すれ, 山間の

▼ 著るしく変っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て参りました

▼ 著るしく現れ~ (2, 0.1%)

1 て居り, て来た

▼ 著るしく目立っ~ (2, 0.1%)

1 て外, て来た

▼ 著るしく違っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 とする, ならんか

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 上御, 処去

▼ 著冷笑~ (2, 0.1%)

2 を校訂

▼ 著出版~ (2, 0.1%)

1 の事, の関係

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 るの, 世英國律語體傳奇集例卷一二〇五

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 が潜ん, し蘭軒

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 されただぶだぶ, されては

▼ 著古し~ (2, 0.1%)

1 てはある, て襟垢

▼ 著史的唯物論~ (2, 0.1%)

1 と印刷, と書かれた

▼ 著姿~ (2, 0.1%)

1 にかり, の艶

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 にし, に後

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 と称する, 大番頭

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 仕たて, 帷子は

▼ 著心地~ (2, 0.1%)

1 がよかつ, のいい

▼ 著換えた~ (2, 0.1%)

1 だけらしい, のだろう

▼ 著~ (2, 0.1%)

2 を收め

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 が研究, としての効用

▼ 著日和下駄~ (2, 0.1%)

1 の中, を校訂

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 之今夕, 程退

▼ 著用為仕度~ (2, 0.1%)

1 奉内, 奉願上候以上

▼ 著眼點~ (2, 0.1%)

1 から藝術, から評價

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 とも言えぬ, は青色

▼ 著譯書~ (2, 0.1%)

1 があつ, がある

▼ 著赤さん~ (2, 0.1%)

1 が, は

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 で出た, も隈取

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 だの食物, の競売

▼ 著飾らされ~ (2, 0.1%)

2 て皆任地

▼ 著~ (2, 0.1%)

1 に至り, らしい様子

▼1* [373件]

あるべきなり窮尽あるべからず, 著あるべくもあらず, 著いたすてを見上げた, 著いたらその年, 著えて死給いき, 著かえる前に, 著かしこくも仙洞御所, 著かせられてゐる, 著かせることか, 著かつた, 著かねばならない, 著かへてしまふ, 著かへなほして, 著かも知れぬと, 著からむことなり, 著からも少しく再, 著くればすなわち, 著けさして, 著けしめ給ふ可, 著けし物を脱ぎ, 著けず古びたチョッキと, 著けたそれより豚, 著けたまま太股の辺, 著けた一人の生徒, 著けた一紳士が大束, 著けた三山の冠, 著けた人が訪問, 著けた儘の若い, 著けた妖怪は朝, 著けた支那古代の服裝, 著けた杪や, 著けた案山子たちと幾分, 著けた樣な黒い, 著けた武士の顔, 著けた武者の顔, 著けた武者一騎大長毛, 著けた男が声, 著けた県の陪審官そつくり, 著けた矢が風, 著けた神農作の初め, 著けた紳士一人を除い, 著けた者或村, 著けた茶の平紐, 著けた荷を途中, 著けた言葉であ, 著けた貴婦人や金絲, 著けた道士達が静か, 著けた鍋取に, 著けた馬が通つて, 著けた駒に悠然と, 著けた鬚深い有力者達, 著けてはゐるが, 著けながら内心びくびく, 著けになつて孃子の, 著けねえん, 著けはすまいかと, 著けむとする, 著けられた場所は, 著けられる肩銃を, 著けりと記し, 著けるならば文学, 著けろと云, 著に優しく, 著こうとし, 著こめることである, 著こんでやつ, 著ざれば風身, 著しめようと試み, 著しめるふりの, 著じるく衰へ, 著じるしく後の, 著すらある, 著するならばそれ, 著せしめ給ふ, 著せぬらしい雀の, 著せらる斯かる, 著せんと欲する, 著その高級神話以下の, 著そのものが私, 著それに古袴, 著たいと思はない, 著たって何, 著たまいよ, 著たらば君, 著たりなどして, 著たれども, 著た働き疲れた群の, 著た痩せて背, 著た見たところ非常に, 著だったは奇態, 著った人でも, 著てか我儘の, 著てと云ふ, 著てという風に, 著てなおれが, 著てれば文句, 著てをつた制帽を, 著であったが今, 著であろうと, 著でないために, 著という形で, 著とかいて, 著とがあり余つて, 著とで新古今, 著とに縛せられて, 著とは罪悪と, 著と共に古書を, 著なかには男の子を, 著ながらうろうろし, 著なきこころ, 著なく固い決意を, 著なく楽しさう, 著などというので, 著などをよむと, 著なら僕のを, 著なり糸瓜の, 著なれども我ら, 著において提議した, 著についての賛辞は, 著になつて引摺られ, 著に対するヤング氏の, 著ぬれば後陣, 著はし末章に曰, 著はじめた頃の, 著はせる古今実物語と, 著はれたる史實が, 著ふるす古ごろも, 著ぶくれの子, 著ぶくれた裘衣を, 著まくほしけれ, 著まして二子, 著また郷土から, 著まだ其の頃, 著まで殆ど外へ, 著て覚らず, 著む日知らずも, 著よと聴いて, 著より引用した, 著よりは危険で, 著らしい顔へ, 著られない歩くことも, 著るごとし女めきたる, 著るしさを, 著るしからんとしてゐる, 著るしくあらわれている, 著るしくちがうところが, 著るしくなって来た, 著るしくなるように, 著るしくみなぎってこうした, 著るしくやせている, 著るしく傷つけられているらしかった, 著るしく出ている, 著るしく加わってゆく, 著るしく含まれたように, 著るしく変わっている, 著るしく変わったものに, 著るしく急き込むやうな, 著るしく感じたのは, 著るしく感ぜられてならなかった, 著るしく減じたのである, 著るしく減ずるに至れり, 著るしく漲り渡つた, 著るしく現われるかもしれぬ, 著るしく窪んでいる, 著るしく窶れ果てたが紛う, 著るしく老けて見え, 著るしく衰えたのが, 著るしく見えたのは, 著るしく起った位空が, 著るしく起つた位空が, 著るだよ, 著るつづりおりに似たる, 著れずにかえって, 著れた詩人の, 著れんとせり, 著れ申さぬかと存じ奉り, 著わさないもの, 著わしディスレリーの周旋, 著わしフレデリック大王を著わしディスレリー, 著わしプライス博士が言及, 著わし二十一歳既に一家, 著わし他に若干, 著わし出版した中, 著わし孔子の, 著わし文を草, 著わし新聞紙を書き, 著わし欧米で巡査, 著わし決闘を挑ん, 著わし盗賊又は乱暴者, 著わし緻密の思想, 著わし諸子百家の学, 著わせし記述, 著わたくしへも十年前御買被下候, 著われない学者の, 著われることの, 著をも取り入れて, 著を以て此の, 著を通じて陥って, 著アリ有爲ノ一海軍將校海中潜行艇, 著カタロオゴデリアンチイキイモヌメンチイデルコラノは大判紙十卷, 著カフカ自身の日記, 著シキ今日ニ於テハ軍人ノ精鋭ト兵器, 著シク或ハ陷穽ヲ作リ, 著シク國民ノ心意行動, 著シク増額セラレタル年金ヲ給付セラルベシ, 著ソヴェト・ロシアの政治機構, 著トキシコロギーとあっ, 著ナラシメ誤ナレバ之, 著ナヴァール女皇への捧呈文付き, 著心ヲ, 著パンを食べる, 著ピストルと自動拳銃, 著ブラヂル文学史を読む, 著マテリアリズムの歴史中, 著宿す, 著一つは洋傘, 著万葉集辞典と言, 著すらりと, 著三国志は桃園, 著上方風の塗柄, 著上野名跡誌には安倍貞任, 著上野国志によるに貞任, 著より採録, 著中学校用フランス文粋中級第二部, 著中明治維新後に起こりし, 著中村憲吉君出迎ふ, 著之上御火葬可, 著乗馬し従者一人, 著亀背上の文字, 著を届け, 著以來毎々聞かされた, 著任してから三日目, 著任後折にふれたる, 著倒れの京, 著に付, 著に至っ, 著入り祟をなさんず, 著入る黄金丸金眸が, 著全集の改版完了, 著八六頁に, 著ふ, 著別府には大正八年夏一たび, 著十八巻をお, 著半ば鎖せる, 著印籠煙草入の類, 著同心の旨, 著唐詩選全釈, 著唐詩選詳説には第, 著と同じ, 著國文學史概論の結末, 著園藝考をよむ, 著を去った, 著墓所集覽で谷中長運寺, 著が見られない, 著夜半入津, 著病院へ, 著女の子は赤い, 著奴袴を穿い, 著定価までも書添, 著実にも聞える, 著家康と直弼, 著寝る時被る, 著小僧奴前触だけが, 著の上, 著崩したりし, 著する筈, 著市中を見物, 著干す縁に, 著幽霊論の七二頁, 著座している, 著廿四日執政を罷め, 著弾距離になる, 著や筒形, 著セバスナワチ前, 著性熔液として火口上, 著悉曇蔵八巻あり, 著想家とか聞く, 著して, 著愛間好学不敢入城都, 著の葉, 著を開け, 著たる本所停車場, 著扁底靴を穿き, 著換えて太鼓腹, 著支那散文考を読む, 著於藝文者皆悉本於田何以上口耳之學也, 著日和下駄その他を校訂, 著日本南画史を読む, 著樵夫, 著明き火を持ち, 著明廿四日には大かた帰宅可, 著時代の拭う, 著晒しの下, 著替えしかもっ, 著來青閣集, 著来って戦うべし, 著柳川屋旅館に投ず, 著業者の場合, 著極まりなく千秋万歳自愛自愛, 著歌麿伝の価値, 著此所は小松柵, 著武具を取り, 著の後, 著沓相副, 著深く情熱も, 著無く執著, 著無造作なお, 著片手に杖, 著物二枚とも著, 著物五枚を抵当, 著物差し押さえされました, 著物掛けに掛っ, 著物著んならん, 著物質と精力, 著成す荊棘林中, 著生命の科學, 著用昨夜清川より借りし, 著用次第もよく, 著番頭は早く, 著當世外道の面, 著発表の由縁, 著して, 著眼鏡手政記刪潤不止, 著矣万物之終始, 著袴を, 著禅師などは殊に, 著を籤引, 著粉黛して, 著本世界國盡全三册明治五年壬申初冬, 著紫繻子の半襟, 著へば侍共, 著縮緬の胴著等, 著翅狸はコルゴ, 著翅狸いずれも優陀摩仙, 著翅狸身と作っ, 著考古日本等と云う, 著脇差を差し, 著するを, 著膨れて, 著船昨夕蟹田村御逗留, 著色寿老人一掛寺僧兆殿司の画ところ, 著色羅漢八体を安置, 著花黄白両種, 著若干を採録, 著菊屋重助宅へ落著, 著遊候, 著西班牙植物図説一と二, 著訳事業中即ち攘夷論全盛, 著訳業者としての無力, 著訳社会の大, 著書, 著譯準綺語にそれ, 著貸間を見, 著跣足で頭, 著を持っ, 著込んだ風来の, 著連れた早乙女が, 著連歌の戻り, 著遠野物語なり, 著附無表情な顏, 著陣翌日同郡萩, 著も佳い, 著頭巾を目深, 著に襟巻, 著な特質, 著顧戀は, 著風景雜記七四頁にも記載, 著飾って楽し, 著飾った女が, 著飾つた女の子が四五人羽子板, 著飾らして出入, 著飾りて馬, 著飾りおってさ