青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「葉子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

落ちた~ ~落ちる 落ちる~ ~落着 落着~ ~落葉 落葉~ ~葉 葉~ ~葉子
葉子~
~著 著~ 著しい~ 著しく~ 著者~ 葡萄~ 葬式~ 蒙~ ~蒲団 蒲団~

「葉子~」 4947, 53ppm, 2177位

▼ 葉子~ (2174, 43.9%)

38 自分の 24 それを 15 そう言っ 14 倉地の 12 心の 10 われにも 9 始めて, 思った 8 今まで 7 そこに, それが, なんという, 何か, 自分で, 顔を, 黙って 6 あわてて, さすがに, そんな事, 倉地が, 倉地に, 庸三の, 自分が 5 すぐに, その時, それに, 岡の, 彼の, 部屋の

4 [16件] いつもの, そうしたまま, そのころ, それには, どうかする, 不思議な, 何が, 倉地と, 子供の, 定子を, 愛子を, 目で, 知って, 言うの, 貞世の, 車の

3 [41件] いたずら者らしく, いつまでも, うなずいた, かっとなっ, ぎょっとし, しとやかに, その瞬間, はっと思った, ふらふらと, ほんとうに, パラソルを, 事務長の, 二人の, 今の, 今度は, 何を, 例の, 倉地から, 古藤に, 岡を, 庸三に, 心ひそかに, 思いきって, 思わずぎょっとし, 急に, 恐ろしさ, 明らかに, 木村の, 木部の, 気がついて, 涙を, 田川夫人の, 目に, 目を, 眉を, 立って, 紙幣の, 胸に, 自分にも, 自分を, 闇の

2 [104件] ある日, いそいそと, いつでも, いらいらし, うつむいて, うんざりした, ぎょっとした, けさの, この上, この男, この言葉, これまでの, さう, しいて自分, しばらくは, すべての, そういい, そういっ, そうは, そう思い, そう思う, そこへ, そのままそこ, その人, その声, その目, その言葉, それで, それをも, ただ一つ, だれに, だれにとも, つやに, つやの, どこまでも, ふと心, また黙った, もう我慢, やがて自分, わけの, タコスケの, 事もなげに, 二人を, 人の, 今さらに, 今までの, 他人事, 何事も, 倉地を, 冷静な, 取っ着きの, 口笛を, 吸い取られるよう, 夢の, 大急ぎで, 妙に, 妹たちを, 小娘の, 少しも, 岡に, 平気で, 彼を, 後ろを, 思いも, 思ったが, 悪事でも, 愛子の, 手紙を, 日頃から, 木村が, 木部が, 枕もとの, 森先生を, 母に, 気が, 気軽そう, 決心した, 珍らしく, 田川夫人が, 畳みかけて, 皮肉な, 目も, 矢も, 確かに, 祈るよう, 窓の, 笑いながら, 笑って, 結局それを, 聞いた, 自分ながら, 自分自身に, 船の, 苦笑し, 葉子で, 見た, 貞世が, 貞世を, 身の, 返事も, 部屋を, 鏡を, 静かに, 頭の

1 [1519件 抜粋] あきれたの, あっと驚かされ, あの短時日, あらかじめこの, あらぬこと, ある時, あわてふためいて, いい潮時, いかにも親しみ, いきなり手, いささかなじり, いたわるよう, いった, いつか森先生に, いつのまにかしくしくと, いつのまにか純, いつも家, いとしさ, いらだちきって, いわれるまま, うれしい事, おずおずと, おどろいた, おぼれた人, おもむろに探り, お前なんか, かかる結果, かけるもの, かっと腹, かねて, がやがやという, きびしく自分, きょとんと, ぎごちない, くるりと, ぐんぐん彼, こうした心, こう小さく, こころに, このごろの, この不可思議, この以前倉地, この奇怪, この恋愛, この案内, この種, これだけ, これらの, こんな心持ち, こんな無自覚, さげすんだ心持ち, さびしい心持ち, さらにすり寄った, さりげなく, しかしいつ, しかしその, しかしなんと, しかりつけるよう, しげしげと岡, しばしば自殺, しばらくまじまじと, しまいには, しみじみ思わされた, しろしろし, しんみりぬすむ, じりじりする, すぐいらいら, すぐそれ, すぐ思いきった, すぐ現実, すぐ腹, すぐ起き, すこし早め, すごすご水菓子, すでにそれ, すばやくその, すばやく目, すり寄って, すわれとさえ, せわしく引っ, そういう人たち, そういったまま, そうした家, そう思いふけり, そう推量, そこで, そこを, そちらに, そっとその, そっと部屋, そのいまいましい, そのころ庸三, そのため, そのむなしい, そのポケットブック, その俤, その前, その収入, その女たち, その学校, その当時, その後で, その悲しい, その日家, その時十九, その最後, その朝横浜, その男, その記事, その近所, その金, その顔, それだけ聞く, それでも少し, それでも船室, それについては, それらの, そわそわと, そんなはなやか, そんな家, そんな響き, ただただ胸, ただ一筋, ただ心の, たちまち船中, たびたび来る, たわいも, だれかが, だんだんと, ちょっとその, ちょっと当惑, ちょっと衝立, つかつかと, とうとうかっとなっ, とうとう正井, とうに感づい, とっさの, とにかく恐ろしい, どうしても自分, どうも麻川荘, どこにも, どの男, どんな人間, なおも息気, なぜにとも, なんとなくじっとし, なんとなく物, なんともいえない, にこやかに, にわかに居直った, はっとし, ひた走りに, ひとみを, ひとり苦しまね, ふだんどおりに, ふとした出来心, ふとまた, ふと右, ふと思い付い, ふと母, ふと海, ふと自分, ふるえ上りました, ほっとため息, ほとんどその, ほほえんで, ぼんやりそこ, ぽっかり彼, ますますいらだった, まず自分, またかと, またそれ, またわれ, また事務長, また妹たち, また自分, まだ夢心地, まだ気, まだ籍, まるで少女, むしろ好感, もうこの, もうそれ, もうたまらなく, もう一度内田, もう一度赤い, もう十, もう息気, もう涙ぐん, もう肩, もう腹, もだえた, もとよりその, やがての, やがて静か, やせた肩, やっぱり美しかっ, ややしばしとつおいつ躊躇, ようやく目, よそよそしく聞い, わが身で, わざと声, わざと木村, わずかな, わっと, われ知らずすがり付く, コンソメの, ゾッとして, デネションの, トランプを, バカバカしくなった, ペンも, 一か月の, 一も, 一人の, 一寸した, 一心に手, 一時ひどく, 一生懸命な, 一目見た, 一等船客の, 一色の, 一面小気味よく, 三丁目の, 下へ, 不安な, 不思議に, 不足がちな, 世人と, 両手で, 久しぶりで, 事ごとに, 二人が, 二度目に, 五十川女史の, 人力車の, 今さら人が, 今日も, 今迄, 他人を, 伝蔵の, 何もかもわかっ, 何事かと, 何故かしげしげとその, 何時の, 俺が, 倉地にも, 倒れて, 停って, 傘を, 先刻から, 全く孤独, 全然別, 六畳に, 再び妻, 冷然として, 出て, 切って, 初めて瑠美子, 別に疑い, 前どおりすすり泣きを, 前よりも, 前後なし, 剣を, 助けを, 北山を, 半ば惘れた, 単に倉地, 危うくその, 叔父に, 受け取った覚え, 口裏を, 古藤を, 右手で, 否定した, 吹き出したいくらい, 呼吸が, 哀切な, 喜びに, 嘔吐を, 困惑した, 地味な, 執拗く通う, 夕刊を, 外国人の, 夢では, 大いそぎ, 大胆不敵にも, 夫人の, 女に, 女将の, 如何にも女の子, 姉さんの, 始終俛, 始終貨幣一枚一枚, 婦人病である, 子供らしい, 学校から, 実際激しい, 容易に, 宿直部屋に, 寝じたくに, 寝床から, 寝衣, 小さく舌打ち, 小河内夫妻と, 少し乗り出した, 少し改まっ, 少し気, 少し空虚, 少し顔, 尻あがり, 山路と, 布巾を, 帰ること, 平気な, 幸いにも, 幻想から, 幾度か, 床の間に, 庭の, 庸三によって, 引き入れられて, 強く押し静め, 当然の, 彼女の, 待ち設けて, 微笑した, 心臓でも, 忘れられない, 忙しく働かし, 念を, 思いがけなく上京, 思いの外元気で, 思い入って, 思うまま, 思って, 思わずぎょっとした, 思わずたじろいだ, 思わずふらふらッ, 思わず呼んだ, 思わず愛子, 思わず片, 思わず裸体, 急いで, 恐れながらも, 恐怖の, 息を, 患者として, 悪戯そうに, 意識こそ, 愛子との, 愛子や, 慎み深い, 戦術家の, 手あぶり, 手提の, 手早く小, 手術の, 抱擁によっての, 指の, 擽ったい得意, 敵意を, 断念し, 新しい発見, 旅館の, 早く早くここ, 明けがた近く少し, 昨夜寝台に, 時々握っ, 時々読ん, 暖かい陽, 更に傷ましく見た, 最後に, 望ましいと, 朝食が, 木村を通して, 本能的に, 果して慈父, 格別な, 楽観し, 機械的に, 歯が, 残り惜しくその, 母と共に, 氏にばかり, 気を, 水菓子を, 決してそれ, 沈黙を, 泣かずには, 泣き声に, 注意した, 海岸の, 涙に, 清潔な, 湯河原の, 激しい笑い, 激しく隣室, 無性に自分, 無言の, 熱海への, 燕の, 片手で, 物好きらしく, 物懶, 狭苦しい寝台, 玉子の, 理不尽にも, 甘えるよう, 生の, 生活に, 申しわけらしくいっ, 画家の, 疑った, 病気を, 病院に, 痛切に, 白琥珀の, 目の下の, 直覚的に, 看護婦の, 眼を, 睨むよう, 知った人, 知らず知らず自分, 社会的には, 神の, 禁断の, 突然失踪, 立ち上がって, 立てた長い, 笑みかまけて, 米国から, 紅くなった, 素直に, 絵島丸の, 絶えず腰部, 縁に, 縫い物を, 美しい懐かしさ, 美容師メイ・ハルミから, 考えるヒマ, 聞かされた, 肉体の, 肩を, 背筋に, 胸の, 腰が, 腹部の, 自分に, 自分一人の, 自動車の, 興ざめ顔, 興奮を, 船へ, 船室に, 良人と, 茫然として, 蒼ざめた真剣な, 術な, 裏切られたと, 襟前を, 見つめれば, 見る見る非常, 視角の, 親しげ, 言ふ, 話して, 警官に, 起きかえるの, 足の, 躍起と, 身もだえも, 身支度し, 軽く身ぶるい, 迷信家の, 途切れ途切れに, 過去の, 酔ったもの, 銀座の, 鋭く倉地, 長い航海, 長椅子に, 闇黒の, 階下に, 隣に, 雷に, 震えを, 頷いたが, 顔には, 飛び上がりそう, 飛退きました, 首を, 驕慢な, 高々と, 麻川氏と, 黒い大きな, 黒繻子の, 黝ずんだ

▼ 葉子~ (1147, 23.2%)

43 心は 28 心を 19 心の 18 顔を 13 目は 12 ほうに, 心に 11 ほうを, 目には 10 手を, 顔は 9 姿を 8 ような, 手に, 目に, 目の, 神経は, 肩に 7 胸は 6 前に, 姿が, 目を, 胸の, 言葉を, 部屋に, 顔に 5 ために, 声は, 所に, 胸を

4 [11件] いう事, いる所, ところへ, 兄の, 声が, 家を, 手は, 部屋を, 頭の, 頭は, 顔には

3 [23件] ことな, する事, ほうから, 前には, 姿は, 家の, 心持ちは, 手の, 方から, 方を, 母が, 母の, 涙は, 目が, 美しさ, 胸に, 言葉に, 身に, 身の, 部屋の, 鋭い神経, 頭を, 鼻を

2 [68件] あいだに, ことで, ことを, そばに, それに, ためにも, ように, 一挙一動を, 上体を, 乗って, 事を, 倉地に対する, 健康は, 全身は, 原稿の, 呼ぶ声, 声の, 姿に, 存在に, 家に, 後ろに, 従兄筋に当たる, 心から, 心には, 心持ちには, 心持ちを, 恋愛の, 感情を, 慰撫を, 手もとには, 手紙が, 方に, 歓心を, 死骸を, 母に, 気分に, 気分は, 父は, 疳癪は, 目から, 目からは, 神経に, 神経を, 立場を, 耳に, 肩を, 自由を, 良人は, 蠱惑に, 行く道, 視線は, 視線を, 言葉が, 言葉には, 言葉の, 記憶に, 話では, 身の上を, 身近に, 近頃の, 過去を, 部屋で, 頭から, 頭に, 頭には, 顔が, 顔も, 顔や

1 [585件 抜粋] あとを, あまりと, あれほどの, いたましい自覚, いつに, いつも黒い, いないの, いること, うわさばかり, かたわらにおいて, かたわらを, かつての, からだから, ことから, ことさらに, ことだ, ことであった, このごろが, この出版, この小禽, こめかみを, しつっこい挑みと, すがり付いた手, すぐ手近, すべき返事, すべての, する事なす事, そばまで, それこそ, それの, ただならぬ姿, たった一人, ためだ, とげとげしい神経, どこにも, なめたすべて, なよやかな, にすり付ける, はいって, ひとみとが, ひとみは, ひとり旅を, ふくふくと, ふところに, ほうへは, まつ毛の, もので, ものである, よしと, オカッパの, コトバ, テーブルの, テーブルへ, デスクの, トイレット, ヒステリーは, ブランコへ, プライドが, ユーカイされた, ユーカイ先が, リボンを, ロマンスを, 上へ, 上陸を, 下宿の, 下心を, 不人情を, 不埒を, 不幸を, 不思議な, 世話に, 中で, 中に, 丸寝姿を, 乗ったブランコ, 乗った別, 乗りなれた, 乙女と, 乱行には, 乳母の, 事だ, 事で, 事件について, 事件に関して, 事件は, 二の腕を, 二階の, 二階を, 五体からは, 五体を, 五官は, 交際が, 今度の, 仕打から, 仕打ちに, 住所さえ, 体の, 体は, 依頼を, 健康が, 健康に, 健康状態を, 傍に, 僻見である, 優しい心, 兄平戸一成の, 充ち足りない気分, 入院の, 全身を, 冷めたい仕打ち, 処置も, 出て, 出ようによっては, 出来心を, 出演料の, 別れた良人, 別れ話も, 前にも, 前へ, 前まで, 力は, 動静を, 勧めで, 匂い, 匂いが, 印象を, 去った反対側, 叔母の, 叔母は, 口から, 口は, 口びるから, 口びるからもれて来た, 口びるはさびしく震え, 口吻から, 口吻でも, 口実な, 口車には, 可愛いい紅唇, 名を, 名優ぶりは, 名刺印刷を, 名前の, 向こう側に, 吾妻下駄の, 周囲に, 周囲には, 命令は, 咽喉の, 咽喉元に, 唇の, 唾液で, 問題に, 喋ったあと, 喜ぶよう, 喰べ, 噂を, 堅い決心, 墨の, 声だった, 声であった, 声な, 声には, 多感な, 大きな目, 契約した, 女学生時代の, 女性の, 好奇の, 好意を, 姉妹の, 姐御, 嬌態に, 子供たちに, 存在を, 定子に対する, 家が, 家で, 家では, 家には, 家も, 家庭すなわち, 容姿に, 容態は, 容態を, 寝台へ, 寝床は, 寝起きの, 将来だった, 小さい時, 小さい胸, 小ちゃい, 希望で, 希望どおり二三箇所刺繍を, 席は, 帰るの, 年頃に, 幻に, 幻を, 幻像, 幻想は, 幻想を, 幼い時, 建前から, 引越しの, 引越しを, 強い個性, 当惑さを, 当惑しきった, 彼に対する, 後ろの, 後姿の, 微笑を, 心が, 心にも, 心持ちに, 心臓は, 怒りに, 思いつきで, 思いなしか, 思いは, 思いを, 思って, 思念は, 性格が, 性格には, 性格の, 性癖として, 恋は, 恵まれた美貌, 悪口を, 悪戯が, 悪戯には, 情熱でも, 情熱の, 情熱を, 惑力に, 想像には, 想像を, 意志は, 意見だった, 愛に, 愛を, 愛人の, 愛嬢の, 愛子に対する, 愛情に, 愛情は, 愛撫にも, 感傷的な, 感情は, 感覚は, 態度で, 態度は, 憎むもの, 憤怒は, 懐中には, 所で, 手で, 手には, 手はも, 手もとに, 手一つで, 手切金うけとり, 手懸りを, 手紙だった, 手術の, 手許に, 批評は, 把持から, 拗ねかた, 持ち物が, 持って, 指先は, 挙動を, 掌は, 控え目な, 描き出した一つ, 支度は, 故郷で, 敵を, 文学に, 文学少女らしい思い過ごし, 断髪に, 新婚の, 新生活, 方の, 方へ, 旅宿で, 日ごろの, 旧友たちに対して, 時代は, 曇りない愛情, 最後の, 服装だけでも, 朝化粧が, 期待は, 末の, 来るの, 枕もとに, 柔かい手, 様子が, 様子に, 横顔に, 欠席した, 歌を, 歯も, 死に対する, 死んだ後, 死体を, 死骸らしい, 母と, 母は, 母波子にと, 母親たちの, 毎日の, 気分には, 気分を, 気持ちが, 気持ちは, 気持にも, 気持を, 汗ばんだ指, 決心は, 泣くの, 注意の, 洋行後には, 消息が, 消息も, 涙を, 淫らな, 激しく泣いた, 瀟洒な, 熱病にも, 父だけは, 物狂おしく笑う, 狂体に, 狂暴な, 猜疑を, 生き方と, 生命であった, 生活においては, 生活の, 用にと, 用を, 町からは, 留守宅の, 異性としての, 疲れた顔, 病室に, 病的な, 病的に, 痔疾の, 痔瘻が, 癖だった, 発作を, 目と, 目も, 目論見に, 相手が, 眉の, 真情を, 眼を, 眼睛の, 眼窓から, 着替えも, 瞳の, 矛盾に, 知覚は, 稚純, 空に, 空の, 立ち姿を, 立ち直った気分, 笑い声も, 笑い顔なんかが, 答えでは, 精神は, 紙入れの, 素振りなどが, 素振りの, 細首を, 紹介につれて, 組んだ脚, 経験から, 絶望的な, 美しい肉体, 義理で, 考えを, 耳の, 耳もとに, 耳を, 肉体は, 肌に, 肩は, 肩越しに, 肺を, 胡散らしい, 脇腹を, 腕まえ, 腕を, 腰の, 膚に, 膝は, 自尊心は, 舌は, 良人では, 良人の, 良人も, 良人戯画家坂本は, 色も, 苦しい立場, 苦心に, 苦手の, 苦痛に, 蒼かった, 蒼白い顔, 虚言を, 蠢めく, 蠱惑力で, 血の, 血脈にまで, 行動に, 行方を, 衣裳まで, 衣類までを, 表情が, 装わした愛子, 見て, 見送りに, 規則正しく楽し, 覚悟は, 親しい友だち, 触覚に, 言うの, 言って, 言伝てを, 言葉すら, 言葉と, 言葉は, 言葉や, 言葉一つごとに, 計画も, 許へ, 註文も, 話しぶりに, 話で, 話とは, 話の, 誇りが, 讃美者である, 質問が, 足から, 足に, 足もとには, 足音が, 身を, 身体は, 躰を, 軟らかい手触り, 近づく気配, 返事も, 迷いやすく, 逍遙を, 過去が, 部屋だった, 部屋にも, 部屋は, 郷里から, 郷里の, 銀の, 鋭い感情, 鋭い眼光, 鋭い視覚, 鎌倉日記に, 鎌倉日記の, 陣立ては, 隠れ場所を, 隠れ家に, 雑誌や, 電報が, 電話の, 頬げたを, 頬に, 頼んだの, 顔, 顔つきを, 顔で, 顔にも, 顔の, 顔色を, 願いは, 首根っこに, 首筋を, 香に, 駈ける度, 髪の毛を, 髪や, 黒い目, 鼻の

▼ 葉子~ (338, 6.8%)

5 帰って 3 戻れば, 自分の

2 [17件] いないと, それを, 一緒に, 云った, 何を, 倉地の, 出て, 古藤を, 庸三の, 彼の, 来て, 来ると, 松川と, 無事に, 田端の, 立って, 緑の

1 [293件] あつらえて, あまり刺々しい, あらかじめそうあらせ, あらん限り, あわてて, いいながら, いかにも寝苦し, いだいて, いだく不思議, いった, いつかその, いつの間にかお, いつまで, いなかったとしても, いなかったら愛子, いなかったり, いなくなったよ, いろいろに, えりぎわを, かけて, かつて結った, このごろ倉地に対して, このドクトル, この侍女, この兄, この次に, この老人, こんなにき, ささげる杯, さらわれたあと, して, しとやかには, しばしば廊下, しばらく身, すぐこの, すすめるまま, すばやく見て取った, せかせかと, せがんだ, そういう人たち, そういっ, そうした落着き場所, そうだ, そこに, そこまで, そのつもり, その処女作, その朝, その言葉, その青年, それに, そんな金, ただの, たよりに, ちゃんとし遂げ, ちゃんと倉地, ちょうどスタジオ入り, ちょこなんと坐っ, ちょっと判じかねた, とうにそれ, どういうふう, どうかし, どうかする, どうしても弁護, どうして小樽くん, どこまでも, どれほど人, どれほど恋, どんな事, どんな行動, なんでも, はいって, はしたない群集, はでな, ひとりで, ひょっこり上っ, ひょっこり目, ひょっとする, ふかく麻川氏, ふらふらと, ふりむいて, まだ下宿, まだ近所, まっ紅, もう一度催促, もし木村, やって来たが, やって来たこと, よりかかって, より多く氏, わざと, アメリカに, ウエイブを, タコスケを, デッキに, パフを, ビイルを, 一枚加わった, 一番奥の, 一色と, 三日の, 三百万円なら, 上から, 上げる上げ, 下宿から, 下宿の, 与えた冷酷, 世間の, 久しぶりで, 久しぶりに, 乗って, 乳の, 二人に, 人の, 人力車で, 人形町あたりの, 今の, 今は, 今朝傘と, 今立っ, 仕出来した, 付いて, 体よく, 何か, 何やら時々くすくすと, 何故あの, 何故か珍, 何気なくこっち, 作って, 例の, 信用し, 倉地から, 倉地が, 倉地と, 倉地との, 倉地に対して, 倉知を, 借りる事, 先刻から, 先生と, 入って, 入れて, 入院の, 再び白雲荘, 写って, 前世からの, 前後を, 半年の, 博士と, 受けた暗々裡, 右側の, 呼びに, 呼ぶと, 命も, 唯本当, 喰いかけて, 固唾を, 夕食を, 大きい声, 女に, 女の, 女中と, 妹と, 姿を, 威勢よく, 客の, 家の, 寄って, 専用の, 少女時代から, 尾い, 岩瀬家に, 工夫した, 帯の, 帰ってから, 帰るに, 床の, 座に, 庸三を, 廊縁の, 強く吸った, 心持顔を, 忘れようと, 忙しそう, 思いがけなく継母, 思い出したよう, 思ったとおり, 思わずアッ, 息気を, 情に, 想像した, 愛くるしい姿, 愛の, 感づける, 慎みの, 戻って, 扉の, 手を, 手術を, 払って, 振り返ったので, 据えた道, 数えきれぬほど, 明日に, 昨日社へ, 時々途轍, 暴風雨を, 書斎に, 朝おそく, 木村の, 木部との, 来たならば, 来てるって, 来ないのに, 来ること, 来客の, 東京に, 次第にこの, 此処には, 死の, 残りおし, 気に, 気を, 洗い浚い一夜泣き, 無事で戻りゃ, 熱海へ, 独り火鉢の, 玄関わきの, 玉子の, 現われた, 理解しない, 生まれてから, 田川博士の, 男の, 病室で, 病室へ, 病気に, 発明した, 目を, 真実接触した, 着が, 私生子を, 秋本と, 秋本に, 米国に, 素直な, 結婚の, 結婚生活の, 絵島丸で, 縁側に, 耳に, 耳を, 聞きとがめて, 自ら所望しました, 自分から, 自然に, 若い女中, 茶を, 葉子の, 薄暗い婦人待合室, 表に, 角の, 言わず語らずの, 誘うので, 貞世に, 貞世を, 足を, 路次口から, 車で, 車内に, 転がるよう, 返事を, 追いついた時, 退院し, 逃げださないの, 逗子に, 逗子へ, 遠く飛び去った, 還るもの, 部屋を, 釣革に, 銀座の, 間三日も, 附図の, 離れて, 音楽学校入学志望で, 顔を, 顫え, 食堂に, 麻川氏を, 黒須に, 黒須を, 鼻の

▼ 葉子~ (310, 6.3%)

9 見た 6 自分の, 見ると 5 見やって 4 見つめて 3 ぬすみ見るよう, 確実に, 襲った, 見やった, 返して

2 [14件] つれて, まともに, 安心させる, 底知れぬ, 理解し, 襲うの, 見たの, 見て, 見入って, 見守って, 訪れて, 詰った, 顧みて, 顧みながら

1 [237件] あしらうかと, いっそう快活, いやが, いらいらさせ, いらいらさせた, いらつかす種, うるさ, おくの, かかえた, かき抱く倉地, かどわかしたという, ぎっと, こう呼ぶ, ここへ, さそって, さらうとは, さらったもの, さらわれた怒り, しいたげるよう, して, しばらく熟視, じっと見, じっと見た, じっと見つめ, すっかり夢心地, すり抜けて, せき止めようと, せき立てた, そう呼ぶ, その場, その姓, その視線, ただ一人まん中, だせと, ちらっと見た, つれだすこと, とらえるまで, とりまいて, なんとかし, にらみつけた, にらみつけながら, にらむよう, ぬすみ見た, ぬすみ見る他, のせた緑, はっきりした, はりこんで, ひどく好い, ほほえました, まじまじと, ますます不快, みつめた, みて, もどかしくさせる, よんで, シッカリと, シッカリ抱いた, 一目に, 三次郎に, 上目で, 下級船員の, 不安に, 乗せたブランコ, 今更咎め, 介添に, 会話から, 作者は, 例の, 倉地から, 倉地は, 全く惨め, 出すよう, 出迎えた女中, 力一杯抱きしめ, 力強く膝, 助けよう, 助けようと, 包みこむよう, 化け者, 半死半生の, 占領しきった, 取りまいて, 取り巻き始めた, 叩き潰すよう, 否応なしに床, 呼ぶ名前, 喜んでは, 大きい肱掛け椅子, 大事そうに, 失望させた, 妻と, 姉と, 子供あしらいに, 寝床の, 尻目に, 尾行しつづけ, 崇拝し, 崕の, 年不, 床の, 引きずって, 形容した, 待って, 心の, 忘れること, 怒らした, 思って, 恨むよりも, 想い出すだけ, 想像し, 懲りさせて, 所望致され, 手に, 手元へ, 扶け, 抱いたと, 抱いた時, 抱きしめたその, 抱きしめて, 抱きすくめて, 抱く手, 抱擁しよう, 指さして, 振り切って, 振り返った, 捜しに, 探して, 援け, 撲りつけた, 操って, 故意に, 救い上げる, 文壇的に, 未練に, 死亡させなけれ, 殺害した, 氏の, 汚らわしい女, 涙ぐました, 深く意趣, 満足させた, 溺愛し, 焼くよう, 照れさせないため, 片意地な, 物足らなく, 物足らなく思わせた, 特別に, 狙つた, 率直に, 理不尽に, 環境の, 男たらし, 畳に, 畳廊下一つを, 病院へ, 監禁同様に, 目がけて, 目ざして, 相手に, 知り恋, 礼讃し, 空に, 突き放すよう, 緑の, 置き去りに, 考えさせるもの, 脅かすため, 脅かすよう, 脅かそうと, 自分まで, 苦しめた, 茶の間に, 落ち着かせるため, 葬ろう, 裏切った岡, 襲い続けて, 襲うもの, 襲うよう, 襲う瞬間, 襲って, 見いだして, 見いだすだろうとばかり, 見かえる事, 見すえながら, 見たが, 見た人, 見つめた, 見つめたまま口, 見つめてばかり, 見つめながら, 見つめ始めたの, 見ないと, 見なおすよう, 見ながら, 見に, 見むき, 見やりつつ, 見やりながら, 見ようと, 見るの, 見る第三者, 見入りながら, 見始めた, 見守った, 見捨てて, 見棄てては, 見直した, 見知って, 見舞うため, 見誤って, 見返した, 見返った, 見送った定子, 覗き見ようとして, 誘い出すの, 誘った, 誘って, 貫いて, 買って, 起こして, 躊躇させた, 身動きも, 迎えに, 返せ, 追い廻して, 追い立てて, 追っかけ廻すん, 連れて, 連れ去るよりは, 連れ生駒, 降した, 非難した, 顧みたが, 駆って, 驚かしも, 高く買

▼ 葉子~ (217, 4.4%)

10 取っては 3 いって, つれられて, 一種の, 手紙を, 渡して, 目を, 膠着し

2 [14件] いわれて, して, しては, 云った, 取って, 向けて, 後ろを, 懐いて, 特有な, 見せなかつた女々しい, 足を, 近づいて, 逼って, 逼る

1 [158件] あこがれおぼれて, あっても, あてたもの, あてて, ある冷めたい, あんなにまで, いいながら, いい聞かせ, いちばん大事な, いった, いわせると, おどおどしい, おぼれきった婆, かかりきって, かじり付いて, きっとそのうち掲載, きびしく答えた, こうささやいた, こう言った, させたに, しゃべりたてられると, すがって, そういわれ, そこまで, たのまれて, ちらりと眼, つらかった, どうしてこんな, なれ親しむの, なろうと, はさほどと, ばつを, ひかされて, ふさわしい相手, ほかの, まくし立てられては, まっしぐらに, やる金, よくわかっ, よく似た, よりそって, ミレンが, 万一の, 不運であった, 与えること, 事務長の, 仕えるよう, 会いに, 会う機会, 会った, 伝わるの, 似合いだ, 似合わずそれ, 促が, 値いしない, 内所で, 冷遇されれ, 初めて物, 利くの, 勧めた, 勧めたこと, 反動的な, 口小言一ついいきらぬ, 向い, 向いて, 向かった, 向かって, 向きなおった, 吸い寄せられて, 味わったよう, 呼ばれて, 天井を, 学校は, 容赦も, 寄り添うばかり, 寝かしつけられて, 帰って, 引き付けられたの, 当てつけるわけ, 心を, 忠実であった, 思わせた, 思わせるよう, 恋人が, 感じさせた, 感づかれて, 感謝した, 手を, 手渡しした, 手渡した, 打ちあけたところ, 打ち明けない秘密, 挨拶も, 振り向かれると, 掩いかぶさっ, 握られて, 揶揄い, 散歩を, 暫時の, 来客が, 残るもの, 比べて, 氏を, 気がついたとしても, 気がついたろう, 注がれて, 注意され, 浴びせかけて, 渡しながら, 渡そうと, 無残にも, 無益な, 照りつける朝, 特別な, 猜疑の, 瑠美子を, 示して, 突きあたらんばかりに, 答えようとしても, 簡単な, 続いて, 背を, 自慢し, 若い相手, 茶の間から, 襲いかかった, 要望しなく, 見えるよう, 見せなかった女々しい, 親しむ様子, 言わせると, 言われたもの, 話しかける, 誓った言葉, 譲って, 譲らないほどの, 貰った小遣, 買って, 贈ること, 贈るため, 起こさせた, 起こさせなかった, 近づいた, 送ったが, 送られた分厚, 送れぬよう, 通らせて, 逢いに, 逢っての, 逢ふ, 逼った, 開封させよう, 関心を, 集めて, 雑言を, 離れて, 面会を, 黙って

▼ 葉子~ (118, 2.4%)

7 それを 2 さすがに

1 [109件] ありふれた文句, いたずららしく, うわさで, きっとなっ, ここに, こだわりは, このごろに, この上, この妹, この従兄, これほど, したと, すっかり気, すでにドア, そう思っ, そのまましばらくは, その朝, その様子, たびたび逃げ出した, だれだろう, ついに三人一緒, はっきりしない, はらはらした, また, また知らず知らず, まだ来, むっくり床, よく心得, 一人には, 一瞬ハッ, 一緒に, 不思議に, 不意を, 主任の, 事務長に, 二三枚そこで, 今にでも, 今まで, 何か, 何かしら気の, 何とは, 何時か, 倉地も, 傍に, 別に独り, 勢いに, 去った, 及ばない素早, 古い昵, 同じだった, 同性の, 同行する, 女々しい様子, 子供たちを, 実はそう, 寝床から, 寝床へ, 少し気持, 少し離れた, 差し控えなければ, 床を, 庸三も, 彼の, 心から激昂, 思いきり冷酷, 思いの, 思わずほほえんだ, 思わず一種, 思わず微笑, 思わず飛び立つ, 息気を, 戻らないし, 時には闖入者, 朗らかに, 本気に, 来て, 格好な, 清川と, 瑠美子と, 瑠美子も, 由子も, 疲れて, 目を, 真実は, 神田の, 立って, 笑いながら, 笑って, 納得の, 胸を, 自分の, 自身の, 若いもの同志, 葉子で, 蒲団の, 行きかけて, 見えなかった, 親しみを, 調子を, 貞世ほどの, 軽い夜食, 部屋に, 降りて, 頬笑み, 頬笑んだ, 頷いたが, 黙ったまままじめ, 黙って, 黙っては

▼ 葉子~ (116, 2.3%)

9 一緒に 2 タコスケが, 一目顔を, 二人きりで, 二人で, 別れるの, 岩矢天狗が, 清川とが, 清川との, 顔を

1 [89件] あのキザ, いい由子, いふのに, こうして一緒, すれすれに, すれ違った, そう違わない, そこまで, そっくりに, ただ二人の, なんの, よく一緒, タコスケだ, タコスケは, タコスケ二人の, ニューフェイス仲間の, ボロタクを, 一緒の, 七時ごろキャバレーの, 争ひ, 事務長との, 二人い, 二重写しに, 交渉の, 人々の, 仲好の, 何やら話し, 侍女の, 倉地との, 倉地とは, 切れてから, 別れてから, 別れなければ, 別れるには, 博士が, 又従兄, 古藤とは, 古藤の, 同じ心, 同じ船, 同じ郷里, 同伴の, 同棲する, 名前を, 呼び捨てにも, 四人で, 大鹿さんの, 好いモダアニスト, 子供たちを, 小糸ミノリが, 少年少女らの, 差向いに, 庸三とが, 引離された揚句, 引離されること, 彼と, 愛子と, 挨拶を, 散歩に, 晩飯を, 最後の, 木部との, 木部とは, 楽しい愛, 水菓子を, 瑠美子との, 瑠美子の, 生活を, 由子が, 由子とが, 由子とを, 申します, 紹介された, 結び付いた, 結婚し, 義公との, 表向き結婚の, 見かわすと, 親しくは, 話して, 話を, 謎の, 貞世とは, 走って, 醜い憂鬱, 鉄馬の, 離れて, 離れないぞ, 黒吉の

▼ 葉子には~ (98, 2.0%)

6 それが 3 取り所の 2 それは, なかった, 少しも, 岡の, 後ろを, 思えた

1 [77件] あきたもう, あり得ない欲望, おもしろくながめやられた, かなり眩しい, けがらわしく思え, さだかに, しごき帯, すがり付くよう, すぐ東京, そういう, そう思えた, そこに, その貴婦人たち, そんな浮, ただまっ黒, ただ崇拝, どこか, ひどく反感, ひどく気, ほとほと見当, まだ娘気, まどろしく見える, もう帰っ, よく知れた, わからないつもり, 不幸な, 今の, 今まで, 仮病を, 何か, 何よりも, 何らの, 倉地も, 内田が, 内臓は, 堪えがたい事, 堪えられないこと, 始終ある, 少しはずみすぎる, 岡が, 強い誘惑, 思いきって, 思いも, 思い出された, 思えなかった, 思えば, 思われた, 想像が, 意外の, 愛らしかった, 愛子の, 憎かった, 或いはその, 手さぐりを, 擡頭しよう, 来ないで, 格別これ, 楽しさ, 殺人者が, 目も, 笑いの, 第一我慢, 絶えて, 義理にも, 自分ながら, 自分の, 船に, 苦手だった, 見て, 見るよう, 親しみの, 読めた, 諧謔まじり, 軽蔑の, 返事が, 運命が, 過去の

▼ 葉子さん~ (78, 1.6%)

3 のお

1 [75件] いないん, おはよう, があの, がここ, がよく, が今晩, が何, が再び, が夏川さん, が女, が悪い, が悪けれ, が戻る, が木村さん, が木部氏, が消えちゃった, が玉子, が誘拐, が護衛, が返される, そのノート, ですよ, という人, という可愛い, とはもう, と岩矢氏, と新聞記者, と木村さん, と結婚, にお目にかかったら, に中途ハンパ, に告白, に心配, に捧げる, に気の毒, に玉子, に甘い, に迷惑, のいる, のいわれる, のお世話, のため, のフビン, の一身, の兄さん, の写真, の前, の問題, の帰宅, の心, の恋, の恋愛関係, の愛人, の戻り, の身, はさすが, は今, は住田, は反対, もずゐ, もタコスケ, もタコスケ氏, も十九日, も御, をよろこばし, をユーカイ, を乗っけ, を探しだし, を脅迫, を苦しめました, を返す, を連れ去った, 信じて, 覚えて, 頼みます木村

▼ 葉子から~ (37, 0.7%)

4 離れて 2 電話が

1 [31件] くだんの, すっかり見離され, その話, またし, また電話, 二三間離れた, 呼出しを, 女将に, 引き離そうと, 待ち望んで, 手を, 持ち出されたもの, 暇を, 白地の, 目を, 破約の, 継子あつかい, 聞かされた, 聞かされると, 血脈を, 見ると, 見れば, 貞世を, 返事が, 遠くなっ, 遠ざからすばかり, 遠のいて, 離れようと, 電報が, 電話で, 預かった手鞄

▼ 葉子との~ (26, 0.5%)

2 関係は

1 [24件] いた事を, こうした関係, ここでの, その時々, 二人に, 交渉に, 会見を, 問題の, 対峙であった, 対話ぶりで, 恋愛が, 恋愛を, 暗闘は, 未来に, 楽しき夢, 気持を, 結婚が, 結婚を, 郷里の, 間に, 間の, 関係にも, 関係も, 関係を

▼ 葉子にも~ (20, 0.4%)

3 意外だった

1 [17件] すすめながら, すっかり文壇, どうしてもその, まるでほか, よく映る, わかって, わかりきって, 何か, 倉地が, 刺戟が, 取った, 庸三にも, 感ぜられた, 老人の, 見当が, 訴え訴えして, 通じるの

▼ 葉子自身~ (20, 0.4%)

1 [20件] がいかにも, がただ, がふりまく, が期待, が母, が知っ, が結局自己, が行き得ない, が証明, そうした苦しい, ですら, なの, にさえ思えない, にも疑われる, のうち, の姿, の実感, の結婚生活, は花模様, を引き寄せた

▼ 葉子~ (19, 0.4%)

6 はなかっ 2 はなく

1 [11件] あつた, さえが危うく, しみじみと, はあった, はあり, はというよう, はない, もなかっ, 姿も, 庸三が, 庸三は

▼ 葉子に対して~ (16, 0.3%)

1 [16件] いだいて, かねてからある, 今さら夫人, 反感を, 嘆願する, 少しの, 復讐の, 怨恨を, 最後の, 溜飲を, 生まれるとからの, 疎々しい態度, 示した作家的傾倒, 装うた仮面, 要求する, 親類一同は

▼ 葉子という~ (13, 0.3%)

2 女は

1 [11件] この作, ものが, ものに, ものを, 一人の, 一女性の, 一箇の, 世にもまれ, 名は, 女性は, 親も

▼ 葉子とは~ (13, 0.3%)

2 なんの

1 [11件] かけ隔たった境界, すでに裏町, 互い互いを, 何の, 全く無関係, 別人の, 女将を, 恋という, 愛着の, 違った人, 顔を

▼ 葉子に対する~ (12, 0.2%)

2 態度は 1 ただ一人の, 乗客の, 仕打ちは, 倉地の, 同情の, 心持ちには, 愛情が, 愛着が, 愛着は, 自分の

▼ 葉子さんあなた~ (6, 0.1%)

1 には美しい, の事, の心, はほんとう, は私, もいよいよ

▼ 葉子への~ (6, 0.1%)

1 あて名も, 優先権という, 前貸し二百万という, 執着が, 思慕であろう, 愛慕と

▼ 葉子としては~ (5, 0.1%)

1 それほどの, 始めて, 思いも, 旅館を, 結句それ

▼ 葉子たち~ (4, 0.1%)

1 と女中, の姿, の結婚, の落ち着いた

▼ 葉子~ (4, 0.1%)

1 とは断言, と彼, ものそんな, よ俺

▼ 葉子にとっては~ (4, 0.1%)

1 それが, 一目で, 戯れの, 長い時間

▼ 葉子より~ (4, 0.1%)

1 先き, 先に, 年こそ, 庸三の

▼ 葉子~ (4, 0.1%)

1 の方, は借りる, は神楽堂, を

▼ 葉子とが~ (3, 0.1%)

1 手を, 近々結婚, 顔を

▼ 葉子とも~ (3, 0.1%)

1 すっかり遠く, に三人, 倉地の

▼ 葉子と共に~ (3, 0.1%)

2 作者も 1 あの面

▼ 葉子なら~ (3, 0.1%)

1 ばなんと, ば三人, 遠くから

▼ 葉子について~ (3, 0.1%)

1 そのころ銀座, つい手術室, 私語きかわすらしかった

▼ 葉子にとって~ (3, 0.1%)

1 そこが, もっとも大切, 彼の

▼ 葉子~ (3, 0.1%)

2 タコスケに 1 小劇場

▼ 葉子~ (3, 0.1%)

1 が立った, でした, は体得

▼ 葉子さん貴女~ (2, 0.0%)

1 が稲村さん, はなんと

▼ 葉子それ~ (2, 0.0%)

1 が満足, を見

▼ 葉子だけは~ (2, 0.0%)

1 たった一人, 春が

▼ 葉子だった~ (2, 0.0%)

1 のだ, のに気

▼ 葉子であっ~ (2, 0.0%)

2 てみれ

▼ 葉子であった~ (2, 0.0%)

1 がこの, 事は

▼ 葉子にすら~ (2, 0.0%)

1 蔑まれながら, 見当が

▼ 葉子にとも~ (2, 0.0%)

1 なくいっ, 愛子にとも

▼ 葉子に対しては~ (2, 0.0%)

1 倉地は, 自分が

▼ 葉子まで~ (2, 0.0%)

1 奪われた美少年, 引き下げるか

▼ 葉子~ (2, 0.0%)

1 に立っ, の人たち

▼ 葉子新吉~ (2, 0.0%)

2 の三人

▼ 葉子~ (2, 0.0%)

1 が西鶴, をつかまえる

▼1* [88件]

葉子あれ程までに自分, 葉子おれが木村以上, 葉子お前決して失望, 葉子からも離れかねて, 葉子がいようなどとは思い, 葉子がくふうし出した新しい, 葉子ぐらいの年配の, 葉子こそ曲者な, 葉子さえさらわれなければ, 葉子さんそれは疑い過ぎ, 葉子さんどこへ行った, 葉子さんわたしはどう, 葉子さん今になっ, 葉子さん今日は廻り道, 葉子さん以外は誰, 葉子さん椅子と茶, 葉子さん用意をし, 葉子さん私は破産, 葉子さん葉子さんが悪けれ, 葉子じゃないけど, 葉子そわそわする, 葉子だけしか知って, 葉子だけには不思議に, 葉子だけを除いて, 葉子だったらその想像, 葉子だろうという気, 葉子ちゃんは, 葉子であったら毛の, 葉子であるかのよう, 葉子であればこそし遂せ, 葉子でないことも, 葉子でなければその, 葉子でも事に, 葉子とて性格的には, 葉子とともに作者有島武郎も, 葉子とを見くらべながら, 葉子とをかたみがわりに, 葉子どのとの婚礼, 葉子のかという, 葉子なしには一刻, 葉子なぞは来, 葉子などとはちがって, 葉子などをやすやすと, 葉子なりしともいひ, 葉子なる名前を, 葉子にだけ挨拶し, 葉子にでも気がつくよう, 葉子にまつわる若者に, 葉子によって庸三に, 葉子に対してまですぐ心, 葉子に対しても素直な, 葉子に関しては捏造だった, 葉子に関する庸三の, 葉子のきげんは, 葉子のみならず現実, 葉子のみを考えて, 葉子はっとする, 葉子はやりどころのない, 葉子ばかりはひたすら骨牌, 葉子よりは年上らしい, 葉子よりも僕の, 葉子と入れちがい, 葉子を通して彼は, 葉子一人のもの, 葉子一家は倉地, 葉子一流の執拗, 葉子上野光子計五名, 葉子事件に絡む, 葉子以外の人, 葉子光子一服の三証人, 葉子同様全身にみなぎる, 葉子んとこ, 葉子をかむ, 葉子夫人が来る, 葉子姉妹や弟たち, 葉子父親がはいっ, 葉子牽制のカモフラジュ, 葉子独りでラロ, 葉子独特の髪, 葉子現われて, 葉子真赤なピラピラ着物, 葉子更え, 葉子自身存分に知りきっ, 葉子葉子と人々, 葉子親子の存在, 葉子達一家は麻川荘, 葉子関西商事株式会社のタイピスト嬢, 葉子附きの同じ