青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「而~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

考え方~ ~考へ 考へ~ ~考へた 考へた~ ~考へる 考へる~ 考察~ ~者 者~
而~
~耳 耳~ 聖~ 聞~ ~聞い 聞い~ ~聞いた 聞いた~ ~聞え 聞え~

「而~」 7280, 75ppm, 1493位

▼ 而~ (3468, 47.6%)

163 てその 104 て彼 85 てこの 81 て其の 59 て後 58 てそれ 46 て又 4443 て此 31 てこれ 30 て閣下 28 て之 26 て今 24 て是 23 て私 22 てまた 20 て我, て此等 19 て彼等 18 て余 17 て今や 16 て更に 15 て斯く 14 て今日, て斯 13 て吾人 11 てそこ, て予 10 て人間, て其, て神 9 て人, て他, て或, て自分 8 てこれら, て伊藤侯, て何, て最後 7 てただ, て世界, て右, て同時に, て母, て若し, て遂に 6 てお, てかく, て一方, て前, て大, て誰, て諸君

5 [14件] てかかる, てその間, て世, て先生, て彼ら, て急, て我々, て政府, て新, て是等, て次に, て汝, て現在, て船

4 [28件] それは, てか, てこ, てさらに, てもう, てわが, てわれ, て不, て二人, て京都, て人生, て侯, て其名望, て別に, て多く, て夢, て如何なる, て宗教, て己, て御, て心, て我が, て既に, て最も, て死, て第, て能, て頭

3 [41件] てかう, て一, て一般, て下, て世人, て両親, て先, て共に, て其中, て其最, て其結果, て再び, て君, て国民, て國民, て外, て大きな, て尤も, て平氏, て当時, て彼女, て後に, て恐ろしい, て我等, て敵, て時, て此事, て民衆, て然, て現に, て甚だ, て異, て眼, て終, て自ら, て自己, て自由, て衆, て諸, て露国, て食

2 [174件] てあの, てあらゆる, てある, てい, ていまや, ておの, てお前, てこう, てこういう, てしみじみ, てすぐ, てすべて, てそれら, てそれ等, てなお, てもし, てわかい, てキリスト, てヤスナヤ・ポリヤナ, て一つ, て一個, て一旦, て万人, て上中二策, て不幸, て中, て主人, て二, て亡びざる, て件, て伊藤侯以上, て伯, て何れ, て何物, て作られた, て全, て其二, て其外, て其尤, て其方法, て其時間, て其晩, て其最初, て其由来, て内閣組織, て冷酷, て凡て, て到頭, て勿論, て十四年, て単に, て友, て叡智, て史, て同日, て周布, て在, て大岡氏, て大隈伯, て天下, て女王, て如何, て姉, て始め, て婦人, て孰, て実, て実に, て実現, て家庭, て寂, て寂しい, て實際, て射, て少し, て帝, て帝室, て帶方郡, て常, て平和, て彼これ, て従来, て復, て復讐, て徳川氏, て忍ぶべく, て思ふ, て思想, て恐る, て愈, て我と, て指導者, て支那, て政治道徳, て文明, て日, て日本, て旧, て明日, て明治, て昔, て星亨, て春, て昨日, て時々, て時として, て時に, て暫く, て本校, て本集, て松方内閣, て松陰, て極めて, て樺太アイヌ, て次ぎ, て正しい, て此の方針, て此後神明, て此目的, て此能衣裳, て此間, て殆, て氣, て水, て求めよ, て法皇, て漸く, て無口, て無味, て物, て特に, て猶, て現, て現時, て理学, て生涯, て田口君, て男子, て白, て相, て真実, て知る, て社会, て福, て福沢君, て立憲内閣, て紅葉, て累々, て繁く, て美術, て耳, て背, て胸, て自然, て自由主義, て自身, て興奮, て若, て英語, て茲, て血, て衆人, て西郷侯, て解散, て言, て詩家, て謹厳, て遠く, て金, て間もなく, て静か, て顧み, て颯と, 私は

1 [1571件 抜粋] いまの, そういう大きな幇匪, それを, てあゝ, ておした, てお祖母さん, てかなたアカイオイ, てかの陰陽思想, てき, てこの間, てこれ向上, てさ, てじい, てそうした, てそはか, てそんな, てたま, てである, てどうしても, てね先生, てはるか沙, てひょいと, てま, てまだ, てもしも, てやっと, てよく, てわれ始, てアカイア族中, てアメリカ, てイロハ, てオグデン氏, てコーニオ, てタヴェルニエー, てチャシ, てトルストイ, てトロイア軍勢, てナタール, てパンセ, てフワース氏, てベアトリーチェ, てマホメット, てミンコーフスキー, てモチイフ, てラ・ルーナ氏, てヱネチア, て一たび早稲田邸, て一人ゆ, て一冊, て一塊一弗はか, て一巻, て一目, て一般登録法, て一週間内, て丁度, て万葉人, て三たび效, て三年, て上下, て下女, て不思議, て世界的, て両, て中奥, て之等, て事, て二三人坊主, て二十八宿, て二重欄干, て井戸, て亦, て人形茶屋, て人文進歩, て人通り, て今にも, て今先, て今平戸, て今後, て今日彼, て今時, て仏壇, て仕舞, て令行, て仮令, て伏せざる, て伝道師そのもの, て何ん, て何時かしら, て何處, て佛蘭西, て侍女, て俊敏, て俺一人, て個性, て倭人百餘國, て健康, て傅習的, て僕, て儒教主義, て元, て光明, て党首, て兩統迭立, て公平, て其イカリオス, て其不和争擾, て其亡, て其伝播, て其儘むつつり, て其全躰, て其分離, て其効験, て其十分, て其噂, て其基線, て其天下, て其家, て其当時僕, て其後任, て其応用, て其採點, て其文学嫌, て其時, て其暗中, て其材料, て其殺人罪, て其湿, て其生, て其相間, て其矮松叢生, て其第二幕, て其美術, て其艇, て其著, て其見聞, て其説, て其赤色, て其述作, て其音, て其麓, て内国, て内面, て冥府, て凄き, て出来上り候原版, て列, て初めて, て前書, て割らない, て勇武神, て動物役者, て勝る, て北方山戎, て医師, て十一間, て十返舎一流, て南, て単純, て厚き, て取る, て受難そのもの, て古今, て句, て可動的グラヒカル・リプレゼンテーション, て史記殷本紀, て右板戸, て各国之, て同家, て名詞, て吾が, て吾軍, て味, て哲学, て善悪, て噫, て四十八年欧洲一般, て四肢, て国境, て国民精神, て在野黨, て域内, て堺兄, て墳墓, て夏, て大きい, て大江山, て天保, て夫, て奇麗, て女子, て女王國, て如何程, て婆さん, て媒妁, て子規氏, て存, て学校, て學問世界, て守備, て宋代, て宗教的思想, て実践躬行底, て室内, て家, て富嶽, て寒気, て専ら, て将軍独り, て小説, て尾, て山県公爵, て山縣内閣, て川俣, て巻頭, て希臘國家, て帶方, て常套, て平氏政府, て平民新聞, て平門, て幸福, て幾百, て店, て廉, て建長二年, て張る, て当時彼, て当面, て彳, て彼等以外, て彼等被害民, て彼自ら, て往復途中, て後これ, て後年明朝, て従来虚説, て復生, て循, て徳川氏以前, て心竊, て忽地, て恋愛, て恩人乃木将軍, て悩みました, て悲哀, て情熱, て愈々, て意舒, て感謝, て慾, て憲政黨内閣, て我ら一行, て我名, て我徳川時代, て戦争, て戰爭等, て扉口, て手足, て拭い, て推論, て援助, て支那神話, て政友會, て教育, て敵手, て文士, て文科, て新しい, て方, て日本服, て日耳曼, て早く, て明治年間, て昨, て時勢, て普通流俗, て暗黒, て最下等, て最早大分, て月々食料, て月面, て朝, て木の本, て木戸, て未知, て本堂, て本論, て材能, て来たる, て東奔西走南, て松下, て果然, て條例中, て概念的知識, て模範的国民, て樹木岸石, て歌, て止む, て正史, て此一時的, て此両野心家, て此事ひとり景勝, て此二枚, て此共通的, て此啓発, て此場合, て此大世界, て此妻子, て此巖, て此後秦始皇, て此所信, て此方法, て此東國地方, て此正式的變式的, て此物語, て此神座, て此種, て此經驗界, て此處, て此観念, て此諸方法, て此鞦韆, て歩む, て歴史的順序, て死すべき, て死刑, て残忍無道, て毒, て水勢衰, て永く, て汚れたる, て汝今彼, て汝高慢, て河靈クサントス, て治療, て注意, て泰衡, て洪大尉, て流れ動き心, て海, て淨土僧禪僧, て深し, て滅亡, て潮, て炉べり, て無上, て無論, て熊襲, て熱意, て父子, て爾, て物質的, て独り, て独立, て猿, て玄関番, て王朝文明, て現代, て球江, て理解, て生, て生活, て画, て當時彼, て疲れた, て痣, て白い, て白石, て百年以来, て皆裸, て盛衰, て目的, て直様戸外, て県庁, て真個, て真情, て真面目, て眼鏡, て瞑想, て矢張, て知識, て研究, て磐, て社會, て神女, て神聖, て祠, て福沢先生, て私達, て程なく, て空, て立上り, て筆乘, て等しく, て粋, て精神状態, て純白色, て細君, て終り, て結婚以外, て絶え, て經驗, て罪, て美禰子, て翁, て習はん, て考え, て聖賢, て胸中, て脚神速, て自, て自ら徳, て自ら辨, て自分ら, て自炊, て自由結婚, て自身亜米利加, て舊事, て艫, て苦悶, て英発光著, て英領, て萬事萬物, て葛城, て薄手, て藝術, て虚心, て蜩, て蝦夷説, て行動主義文学, て表玄関, て襄, て要するに, て見, て親しく, て親族, て角杙, て言論, て記憶力, て訴, て評議司, て詩人, て誓, て説明, て諸侯, て謙遜, て議会そのもの, て豫め斷つて, て貪る, て賓客舎人, て赤兒, て起つ, て越え得べし, て踊そのもの, て車臺, て軍艦, て辛うじて, て農, て近衛公, て逆上, て通風, て遂, て過激派, て道徳, て遠慮, て適, て部衆おのおの青銅, て醫者, て鎌倉以後, て長生, て間, て陛下, て陶器, て雛, て雪江さん, て露國, て非, て韓國當時, て題, て風呂場, て飛躍, て飯綱, て馬, て騾馬, て驚かされた, て高い, て高御座, て魔物, て麒麟, て黄門, なほ苦い, 一般的には, 只之, 唯これ登攀, 夫だけ, 手許が, 斯う, 決して偶然ここ, 糊気の, 羽紅の

▼ 而~ (3184, 43.7%)

64 それが 45 それは 26 此の 21 彼は 19 それを 17 私は 16 之を, 彼の 12 伯は, 閣下は 11 其が, 彼れ, 私の 10 それに 9 之は, 他の, 彼等は 8 彼女は, 自分の 7 これが, 私が, 自分は 6 それらの, 一個の, 之れ, 其間に, 君は

5 [11件] このよう, 之が, 人の, 今の, 今日の, 吾, 或る, 是れ, 氏は, 萱の, 非常に

4 [27件] この二つ, これを, その上, われ, 一定の, 世間彼れ, 今息, 何の, 侯は, 公は, 其の内閣, 其中に, 大事な, 夫が, 尚ほ, 山籠りし, 彼女の, 彼等の, 指一本彼女に, 日本人は, 昔の, 此れ, 此等の, 立派に, 線の, 美しい彼女, 非常な

3 [36件] あの人, この方, これは, これ等の, さうし, そこに, その人, その大, その晩, それと, た, ただの, はっきりと, ブルジョア, 世の, 世を, 二人の, 二人は, 俺は, 其は, 前者は, 君の, 夫, 夫は, 彼が, 日本の, 明らかに, 最後の, 東京から, 東京の, 田舎の, 異った, 相互に, 第一, 純な, 自己を

2 [187件] あなたが, あなたは, ある種, あれは, お泊り, かくの, こ, ここでは, この, この不幸, この場合, この声楽家, この肖像画, これこそが, これと, そうやっ, その, その中, その何れ, その儘, その内, その内容, その同じ句, その婦人, その男, その結果, その血, それには, それによって, なおいけない, なお生き, なほありあまる, ひそかに, もつと, エフィシェントな, クローマー男は, ヂルクは, ドロンとして, モルトケの, モルトケは, 一たび現, 一つの, 一方に, 一方には, 一方は, 一本の, 一種の, 一般に, 一般的な, 一面に, 下手から, 不可欠な, 両者が, 之と, 乱麻を, 人は, 今までの, 伊東男の, 伊藤侯が, 伝説化, 何かの, 何ものよりも, 何処か, 余は, 侯が, 侯の, 偶, 僕の, 僕は, 其の之, 其の外援, 其の心, 其の意思, 其の末路, 其の決して, 其の能, 其一旦, 其中最, 其容易に, 其結果は, 其統率せる, 其語る, 其進退動も, 又孤高, 可なりの, 台湾の, 唯だ, 唯一の, 国の, 坐して, 夏に, 多くの, 多くは, 多量の, 夜は, 大に, 大阪の, 失望した, 子が, 安らかな, 完成し得ぬ, 家の, 山県侯の, 山縣侯の, 岩石であります, 平然として, 彼に, 彼には, 彼等が, 彼等に, 往々地方官, 後に, 必要な, 悪いこと, 所謂る, 文学の, 新らしい, 既に輝き, 日本貴族院は, 日照りに, 星亨氏の, 星氏の, 時を, 時価という, 曾て, 曾禰農相の, 村の, 村人の, 桂子は, 極めて明白, 極めて短命, 極度に, 次第に今日, 正々堂々たる勝敗, 此の内閣は, 此を, 此図に, 此圖に, 此政策は, 此間に, 歴史の, 母は, 江戸の, 池の, 流行の, 浄く美しい, 狂人の, 猶ほ, 猶彼等, 現代貴族の, 現在と, 現在の, 瑠璃子と, 田中氏が, 男は, 的確に, 直接に, 相当高度, 着々と, 短歌にすら, 確かな, 社会の, 私に, 秘密に, 積極的な, 美奈子の, 能く, 自分を, 自分自身も, 自分達の, 自己の, 荘重な, 街の, 西郷侯は, 西郷内相の, 解散は, 身を, 輿論の, 都筑氏及び, 鈍根に, 閣下が, 閣下の, 閣下より, 青年が, 面々華麗なり, 頭の, 馴

1 [2154件 抜粋] ああいふ, あの老人, あり振れた小山, ある観念, いい年, いつもの, いまは, おどろくべき色調, おも, お前の, かうした精霊, かかる段階, かれ等, こうした儀式, こうやっ, このアカデミー, この一片, この二群, この偶然, この卒業生, この同じ分類, この安全行動, この少し, この悠長, この技巧, この文化強調主義, この日本, この滿足, この異, この相違, この祭り, この莫迦げた真似, この質的相違, この道具, この電気説, これ無く, こんな方面, さう, しめやかな, すは, そういう暴力, そうしたこと, そこい, そのある物, そのどの一分間, そのラジオ, その両方, その争い, その人々, その作品, その全体, その区別, その友情, その嗚咽, その大半, その如竹, その小さな哀れ, その恥しい, その態度, その批判的根本思想, その政治経済上, その時, その服罪, その棒, その活動, その滑稽, その片鱗, その現実自体, その痕, その相手, その筆致, その美し, その聲, その衰弱, その詠歌, その赤帽, その運動, その銘々, その領域, それだけの, それまでは, それらを, それ全体が, それ自身の, たがいに, たった四セント, たまらなく美感, ちゃんと快く, つつましい料理, どういう理由, どの程度, どれも, なほその, なほ最後の, ねばり強い把握力, へんに, また此處, まだ仄か, まだ未完, まだ若い, みなその, もしレオ, やや滑稽, よく考へ, より力強く, よろこびと, アイヌすら, エジプト人は, シュトゥンプフの, チヨークで, トルストイの, パラドクシカルな, ヘーゲルは, ユリの, レールを, 一人たり, 一向にこちら, 一年に, 一方においては, 一方森木, 一時間も, 一氣あれ, 一町位の, 一緒に, 一週間ばかり, 万歳の, 三度三度の, 上尾では, 下らないこと, 不二の, 不幸は, 不慮の, 与えられたる水量, 世間から, 両方の, 中味を, 主上の, 之に, 事が, 事も無げに, 事実を, 二山, 二枚三枚と, 云うこと, 亡命の, 亦熟語, 人影一つささず, 人若し, 人間の, 人類とは, 今回に, 今日戯曲を, 仏も, 他方不幸な, 以前よりは, 伯父さんからは, 低い, 何かしら愉快なる, 何でも, 何故女, 余りに大げさ, 余り注意せず, 作者は, 俊成, 俳句が, 倦怠と, 健やかで, 傍観者必ずしも, 僅かに, 優しい偉大, 允子の, 先ず法則, 党代表として, 全然無, 其いざ, 其に, 其の事, 其の室, 其の意義, 其の歿後, 其の総務委員, 其の豪快, 其の風俗, 其れ, 其事実は, 其作戰計畫の, 其出雲人の, 其動か, 其喬木には, 其宗教思想は, 其布局が, 其影響が, 其才を, 其時期は, 其理会の, 其等の, 其道らしき, 内々にという, 内容は, 再ある, 冬祓への, 凝る氣, 凡ては, 出来るだけ, 別々な, 前に, 前言した, 力無く, 労働者達は, 動かす事, 勝負を, 十分に, 千枝子の, 単なる数字的, 単に表現, 危険な, 厳正な, 友人の, 取られし手, 古くさいやう, 史上の, 合理的な, 同じ問題, 同時にウタヽ, 同時に璃寛, 否定の, 味ひ, 唯物論に, 單純なる, 国史の, 土足に, 地方性を, 埋めたて, 壯麗に, 変転自, 夙に歡び迎, 多少場当り, 夜通し電灯, 大した労力, 大切がられ, 大変改, 大畧, 天子様の, 夫を以て, 失恋し, 奥深い陰影, 奸商の, 好一対な, 妙な, 始めから, 存在論的範疇そのものを, 學堂の, 安蘇の, 実と, 実利的な, 実際はさ, 宴席に, 寂しげな, 實は, 封建の, 尊体の, 小金を, 少しも, 尚それ以上, 尚元, 尤もらしい, 屡々不完全, 島人の, 巧に, 師に, 常に現, 平凡に, 幼名を以て, 幽霊の, 幾分速口に, 府県民の, 引込みは, 強い芸術的効果, 強ひ, 形が, 形式的な, 彼女等の, 彼等を, 後の, 後者は, 御良人, 心理的には, 念仏踊りと, 思ひきつて古典的, 恋は, 恰もこの, 悲痛慘憺の, 惨虐的, 意氣は, 愛は, 憐れと, 成年戒に, 我が今日, 我眼を, 或作用, 戮せられ, 手を, 批評家に, 技術的に, 挙用せざりし, 提灯屋菓子屋樽屋大工建具屋鍛冶屋その他ありとあらゆる, 改むるに, 教養の, 数無き, 敵は, 文学を, 文学者の, 文芸の, 新しい感触, 新知識橋本左内, 日々平凡である, 日光の, 日本人が, 日雇いに, 明暗の, 昔と, 昨日の, 時としては, 時代を, 普通以上の, 曙覧飛騨入りから, 更に悪い, 更に高い, 最も人間感情, 最も強力, 最も根本的, 最も重大, 最素朴, 有効な, 服薬を, 未だその, 未だ誰, 本は, 村は, 東京に, 東国では, 根本に, 森木国松に, 極めて手短, 極めて緩く, 極端な, 標高は, 機会ある, 次第に減退, 歌は, 正確に, 此, 此不祥の, 此人は, 此同じ, 此契約には, 此方は, 此村は, 此神が, 此自叙伝の, 武勇抜群で, 歴史に, 死ぬこと, 死体を, 毎年山へ, 毛利の, 気分だけは, 氣の, 決してバラバラに, 沈黙なる, 沢子と, 河内介は, 法概念それ自身に, 活力説は, 海道筋に, 深い人間性, 清光湛寂の, 温い眠り, 溢れて, 澄みきった眼, 無内容, 無為恬淡の, 無限性を, 熱烈な, 物体の, 特に彼, 特殊な, 独り情意に, 猶動物, 猶美し, 獨立發生の, 現に已に一方, 現在鮮かに, 現実的な, 琉球は, 甚だ芸術的, 生命感の, 生温い香り, 田舎者である, 申候通り壱人, 番地さえ, 疲れたらしい様子, 痩腕を, 発達と, 皆一つ, 直ぐ様節にかけて, 直観空間には, 相当デリケエト, 相撲という, 眞面目腐つた, 真昼間妙な, 真面目に, 知らず, 石童の, 社會を, 神の, 神經の, 神語は, 私と, 私如き, 秘密結社である, 空に, 空間直観の, 立候補の, 競争の, 箪笥や, 米国人の, 精神分析に, 純白である, 紛亂相繼ぎて保護政略容易に, 絃の, 結縁の, 綺麗な, 緯度から, 群集の, 老人だ, 耶蘇教徒の, 聴くに, 肺結核という, 脚多く, 自ら民党の, 自分では, 自分にとっては, 自殺か, 自然科学にとっては, 自由党は, 至当な, 良いもの, 芸術とは, 芸術自体は, 荒木, 葦に, 薄暗く続い, 行器に, 被害者の, 要所を, 見方によ, 観念や, 言語といふ, 訴ふる, 詳しく言, 読む度毎, 諸強国, 謹嚴なる, 議會は, 貧乏する, 質素を, 越えなむ, 身なりが, 軽い一役, 辺土の, 近づけば, 近代物理学では, 逃げ場も, 通念には, 進歩や, 運命は, 道徳的自由, 遠いという, 遺棄は, 重い責任, 野性的な, 鋭く澄んだ, 間もなくその, 陸相自身が, 障子を, 雅楽を, 雨盛な, 電話なんぞ, 青蟲の, 面從一變すれ, 革命後十五年目の, 頭が, 額には, 飜て, 飽くまでも赤裸々, 驕ること, 高い認識, 高慢ちきな, 黒の

▼ 而かも~ (206, 2.8%)

4 それが, 此の 3 彼は 2 その情慾, それを, なほ過ちに, 一方に, 之を, 今は, 今日は, 伯は, 傷ましい, 而かも

1 [175件] いよ, かく殺人器, こちらの, この外人, この悲劇, この短時間, これ, これが, これは, これほど, しみじみした, すべて相当の, その不磨, その争点, その事實, その五六分通り, その人, その外國語, その將來, その西南境, その道, それは, それ故にこそ, たとえいのち, どのくらい, なおわたし, なほ寺の, ほんとに癪, また無心無我, まだ小学, まだ遂げない, やり切れない存在, わたしを, ヘクトールの, 一種の, 一種哀調を, 一途に, 一騎の, 三角の, 不可欠の, 久しく解體, 之れ, 二つの, 二頭菰包みに, 人間の, 他に, 何等の, 信者は, 個々の, 公然俗事, 其の妙子, 其の河, 其の湯槽, 其の行, 其の辞, 其処を, 其半徑の, 其平和は, 其悪魔が, 其日記が, 其樂の, 其苦遂に, 初め軽蔑し, 刻々に, 前に, 募集し, 博士である, 危ないもの, 善を, 嚴肅な, 地域の, 堅實な, 大袈裟に, 天地に, 夫を, 如何に, 孟子の, 孤独ならざる, 客への, 寂びて, 小娘の, 尚蒸, 尾參の, 山木の, 岩石に, 年中行事の, 幾人かの, 強張つた四布蒲團, 彼れ, 彼等は, 彼等樂浪の, 復た, 心の, 恒に, 情致當さに, 意は, 意味の, 意異なる, 慎作そっくり, 慷慨歎息し, 懐しい, 我等の, 戰, 所有者の, 手紙の, 技藝に, 敵の, 文化の, 斯うし, 斷えず動く, 日本では, 是の, 是れ, 最も朗, 最も細密, 朝に, 極めて自然, 此, 此征伐は, 此脆弱なる, 此論理的の, 歯が, 毒薬を, 気の, 氣候相異なる, 永久に, 沛然たる, 注進する, 派手やかな, 澄んだ色, 狼の, 献身的な, 猶いふ, 甘じ, 當局の, 登第, 相互の, 真夜中の, 眼新しく, 眼界の, 知性的な, 神は, 私の, 私は, 種々雑多, 粹然として, 紙上一紙一點の, 結末に, 繰り返へす所, 美しいフランス語, 群集の, 肺結核という, 腕力沙汰にまで, 自ら顧みる, 莊麗遂に, 華やかな, 蒋介石は, 西洋の, 要りも, 誰もが, 豪邁間澹の, 貴所十銭傍聴料を, 足跡が, 身なりも, 遂に議会, 重荷肩に, 金屬器の, 金錢其物を以て, 鎌倉時代に, 難解で, 頗る敏活, 風流を, 體勞し, 高價, 鬱陶しい谷

▼ 而~ (57, 0.8%)

10 後に 2 に義盛, 後他人の

1 [43件] とお, とお前, とまた, と何と, と其の, と熱りき, と鉛, と階下, と頭, と風早學士, と黄塵濛々, にこの, にこれ, にその, にクーン, に今, に今御, に今日, に今日幕下将軍, に件, に公家褒賞, に其唇, に吉田潔, に啻に, に奸臣跋扈, に当, に形躯, に彼, に忠常彼, に我が, に我手, に新, に更に, に朝時好色, に為憲, に相, に禹貢, に近年破壊, 後一度, 後京都を, 後大言壮語する, 後大言壯語する, 後透谷は

▼ 而~ (30, 0.4%)

1 [30件] この男, その木, 其の種, 其子孫は, 其缺陷其罪惡の, 前代の, 又, 又王, 古人は, 吸収せざれ, 吾人の, 哉は, 変な, 天に従って, 天下は, 小田夫妻は, 彼は, 我國は, 支那に, 時々は, 桃園の, 此は, 歳計の, 汝いず, 泉は, 白骨は, 私も, 胡虜を, 見れば, 頭が

▼ 而うし~ (28, 0.4%)

42 て其, て其等, て彼

1 [18件] てかれ, てその, てチュウクロス, て三人, て世界, て丘, て他, て受, て堅き, て天下, て対等, て將ヘクト, て我ら, て此又両者, て此日, て猫, て神楽坂, て見る見る

▼ 而~ (17, 0.2%)

2 不宜, 御坐

1 [13件] まだ, 勘定組頭清水半, 又かけ, 右本御, 外間新版物を, 始終相調不, 孔子の, 弊藩頑固, 御許にて, 是非亡父の, 本金貳百兩之場に, 萬國に, 醫師中より

▼ 而~ (14, 0.2%)

2 ども不幸

1 [12件] どもその, ども之, ども仁, ども今や, ども吾人, ども地方, ども方今, ども明澄, ども是, ども生物, ども言語, ども諸

▼ 而シテ~ (6, 0.1%)

1 之レ皆, 之ヲ諫メズンバ, 各, 未ダ備ハラザルヲ思ヒ此ニ, 猶ホ, 眠ル時ハコレヲ枕頭ニ安置ス

▼ 而~ (3, 0.0%)

1 その徳, その政, 民善から

▼ 而~ (3, 0.0%)

1 一致し, 郷党とが, 郷党との

▼ 而~ (3, 0.0%)

1 か様, やうな, 筆に

▼ 而~ (3, 0.0%)

1 尚交戦, 殺スコトヲ否ム, 甘ジテ

▼ 而~ (3, 0.0%)

3 罕の

▼ 而郷党二篇~ (3, 0.0%)

1 との間, を斉魯二篇, を斉魯二篇本

▼ 而かも人~ (2, 0.0%)

1 に甚深, をし

▼ 而~ (2, 0.0%)

1 感ずるばかり, 混乱せられざる

▼ 而シテ彼~ (2, 0.0%)

1 ノぴすとるニ至ツテハ, ノ火

▼ 而シテ鉱業~ (2, 0.0%)

1 ノ益, ノ益々

▼ 而~ (2, 0.0%)

1 またかけ仕, 余程六ヶ敷ク

▼ 而何卒~ (2, 0.0%)

1 御返, 非常回天之

▼ 而前後~ (2, 0.0%)

1 立寄, 立寄一泊

▼ 而年々~ (2, 0.0%)

2 御米百俵宛三季

▼ 而~ (2, 0.0%)

1 病中ながら, 称しも

▼ 而懇願~ (2, 0.0%)

1 いたします, 致します

▼ 而迷惑可~ (2, 0.0%)

2 仕と

▼ 而郷党~ (2, 0.0%)

2 の二篇

▼1* [228件]

おもほゆる, 而かく熱しと, 而かもそは毫も, 而かもなほこの, 而かも後には患者, 而かも所謂論理的な時間, 而かも日が真正面, 而かも氏は主義, 而かも用ひ来つて, 而から頻に, 而さん候妾が父祖, 而しかうした, 而し掘り出した埃まみれな, 而し立って居る, 而すると又, 而などに見える, 而一人の, 而ぬすみかたりハ, 而また一夜御, 而もかの唐土の, 而もかへつて理を, 而もつれて行, 而もとこよは, 而もどつしりと, 而もにこ, 而ものと言, 而ももの, 而もよと言ふ, 而もをかしな, 而郷党が, 而やめ申候, 而ばオーヴァー・シュー, 而アレ御辺, 而ウムといっ, 而カモ蛇苺ノヤウニ土ヲ這ツテ居ルトコロカラヤガテ土針ト呼ンダノデアラウ, 而カモ門戸ヲ爭ハズ, 而シテたんぐすてん, 而シテソノ犯行ノ恐怖, 而シテ一歳ノ中, 而シテ不幸ナル幸ハ中學教育ニ英語ヲ課シ來レル慣習, 而シテ不正トハ其ノ侵害ガ法律上許容セラレヌモノデアルコトヲ意味スル, 而シテ之ヲ同, 而シテ人生寿ヲ享クル能ク幾時ゾ, 而シテ今安クニカ在ル哉, 而シテ余ヤ素ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, 而シテ俗習ナシ鞍鞭鑑諸具ニ至リテハ, 而シテ其ノ主張, 而シテ其全ク一種ノ寄生植物ニシテ年, 而シテ其性ヲ誘クニ善, 而シテ其書タル精ヲ極, 而シテ其責ヤ実ニ政府当局, 而シテ君今亡シ, 而シテ吾ガ高橋子ヲシテ数月, 而シテ園中桜樹躑躅最多ク亦自, 而シテ土人ヨリ分与受ケタル玉蜀黍ノミガ成功シコレニヨツテ僅カニ主食ヲ備, 而シテ土針ハ花モ美クシクシテ人ノ注意, 而シテ外英米獨露悉ク信ヲ傷ケザルモノナク, 而シテ徐ロニ刀ヲ鞘ニ納メテ, 而シテ文士才人ヲシテ長ク魂銷シ腸摧ケシムルモノハ特リ馬嵬ト青塚トニ在リ, 而シテ日本ノ奴隸的臣從ハ, 而シテ日本ガ小農法ノ國情ナルニ考ヘテ, 而シテ是等ノ資本ヨリ利益, 而シテ朝鮮ニハ本植物, 而シテ樹下ニ露牀ヲ設ケ花間ニ氈席ヲ展ベ, 而シテ滋味常ニ牙歯, 而シテ現今本邦ニテ主トシテ用イラルルハみる及ビ, 而シテ現在吾人ノ血液ガ如何ニ多量ニ朝鮮人, 而シテ私有財産ニ限度アリト雖モ聊カモ勤勉ヲ傷ケズ, 而シテ諸君ハ支那ノ労働者, 而シテ賠償ヲ別途, 而シテ超過額ヲ國家ニ納付スルヲ欲セザル目的, 而シテ述本堂集従征百首ニ云フ大青山下, 而シテ金網面ニハ更ニ生芋ヲ入替, 而シテ青栢葉ニ盛テ以テ珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 而シテ驚クベキコトハ彼等ノ中, 而シテ魏ハソノ狗ヲ得, 而シナガラ政治ノ自由經濟, 而テ印度獨立ノ援護, 而テ支那保全主義ヲ堅持スル日本ハ彼トノ衝突ニ於テ, 而テ未來ニ於テ善結果ヲ招キ, 而テ男子的ニ反省シ改過スベシ, 而ハ戦場と申セバ人, 而ハ鬼神と云ハ, 而モ二十世紀ニ至リテ漸ク眞ニ融合統一シタル, 而モ健康ノ根本, 而モ加勢モナク信長ノ出動モナキハ, 而モ彼女ノ義理, 而モ徒ラニ同盟罷業ヲ禁壓セントスルハ, 而モ改造後ノ勞働者ハ眞個其, 而モ敝衣襤褸ナラバ西子モ亦以テ容, 而モ根本原因ハ日本資産家ノ侵略ガ官憲ト相結ビテ彼等, 而モ此ノ故, 而モ父ニ遺棄セラレタル兒童亦同, 而モ痛ムノニ溜ラナイ快感ヲ覚エ出シタ, 而モ終宵阿嬌, 而モ英語思想以上ニ影響ヲ與ヘタル獨乙語ニ, 而モ非常ニ遭遇シタル時國民ノ不安騷亂, 而ヤガテ退城ノ後, 而一つ飛んで, 而一夕御はなしども, 而一度めされ候時病気, 而一統へ御意有, 而一統無怠慢在陣之段神妙之至尚宜, 而七日七夜楽遊然与, 而三次報復濟河焚舟顯存王覇之分且時代亦遠, 而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 而三航蝦夷日誌にしるし, 而上杉有唯是, 而不幸殺牲以賽神霊而則, 而不惑といった, 而不知徒然生涯妻子に勝る, 而不能継其業以其門人直卿為嗣, 而且蘭科御療治, 而久羅下那州多陀用弊流之時, 而予ガ家名ノ続, 而二十年前刊行半成, 而今般御召相応じ去二月中, 而仏蘭西の, 而令聞若君並能員滅亡事給不堪其鬱陶可誅遠州由, 而仲間共一統奉顧上候所願之通, 而か咄, 而傀儡の体, 而元利相揃差上候こそ相, 而免職被仰, 而右之, 而全快仕可, 而出立に付暇乞, 而加藤遠江守様御医師谷村玄, 而動揺致候事強候節嘔吐致甚に至候而者嘔吐, 而十右衞門方へ申越候趣, 而千坂有千坂有而上杉有唯是, 而参ると申軍艦ニ, 而口外致間敷候依而後日, 而右京兆者被役御劒之由禪師兼以存知之間守其役人斬仲章之首, 而呂律倶に存也, 而嘔吐且泄瀉等相煩候而者船中病用相勤候儀難相成者勿論又, 而土蔵其他家々に令乱入, 而副督修業, 而堅禁制申付置候右類之挙動有之者, 而多忙に付, 而如今将相, 而学問だ, 而學者之鹽梅, 而御供に, 而宜しく御伝可, 而見跡, 而小弟の危難, 而少々麻痺仕, 而居候故もはや, 而已取入ろうとすれ, 而布袋村迄夫, 而帰郷爾来簡牘往来, 而常世辺棚引去者, 而幽明無由, 而度々前件之, 而延引如此に御, 而遂寿死祈流, 而と可, 而御山迄行, 而御用有之候共相勤候儀, 而御身沐浴ぎ坐しき, 而心配斗にて気, 而忘れ申候, 而思ひ付おり申候, 而に出勤可, 而悪み候程の, 而成神名宇摩志阿斯訶備比, 而所以異於見存者也, 而手玉玲瓏織, 而手筈いたし置候様, 而手紙参りたり, 而擲廢給又金弓箭流出來, 而教育之三楽也, 而文学之士斥為鄙猥, 而旅行可仕旨, 而早々おさしず下し, 而早鐘を搗百姓大勢集り大宮, 而に述, 而木曾の山水豚児輩感心, 而来ると申舶ハ二舷砲門, 而東湖先生も至極, 而植物学者自ラ図ヲ製スル能ハザル者ハ毎ニ他人, 而此上取続無, 而此節高名の骨接醫師, 而武蔵調伏に功, 而歳旦歳暮不相応なるは, 而永世爾有家留物乎世間之愚人, 而江戸に遊びし, 而池のをなん, 而津軽屋へ頼遣, 而海界乎過而榜行爾, 而瀉藥を用, 而父母爾事毛告良比如明日吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 而物語卑劣ナレトモ勇氣正キ事日本ニ可劣國トモ, 而珍しく歌あり, 而珍蔵乞可申所存に候, 而異人に引合, 而眩暈之気味, 而空爆の厄, 而筆勢生動盈満行界, 而紋太夫を御, 而老目不為死不為而永世爾有家留物乎世間之愚人, 而自由主義には欺, 而茲ニ書ヲ呈ス, 而行けば細徑山, 而西洋船を取り入, 而言葉もとも, 而も罷, 而逗留仕居候, 而邂逅道理ヲ知ルトイヘトモ, 而釣船之得乎良布, 而銀札三貫目月一歩二之利足を加, 而長崎ニニて聞し, 而闇鬱窟哉詔而射通坐即, 而雀躍仕候, 而難儀之人, 而難儀之者も無御, 而難儀致候得共乗船御供被仰, 而難渋之上, 而難題至極と申此上, 而雨天の事申上候, 而露命を繋い, 而静謐僕等本月八日入京, 而頂戴仕度段奉願上候所, 而遣し候こと, 而飛騨国邇翁御許邇在来時汝奈何伝此事不勤, 而養生ノ為, 而高名なる幕府人物勝安房守