青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「葉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

落ち~ ~落ちた 落ちた~ ~落ちる 落ちる~ ~落着 落着~ ~落葉 落葉~ ~葉
葉~
~葉子 葉子~ ~著 著~ 著しい~ 著しく~ 著者~ 葡萄~ 葬式~ 蒙~

「葉~」 13983, 151ppm, 700位

▼ 葉~ (2886, 20.6%)

75 上に 48 間から 45 ように 33 ような, 中に 30 間に 24 かげに 20 御人 18 やうに 15 写真を 14 やうな, 下に, 蔭に 13 色の 12 中から, 色も 11 間を, 露を 10 上で, 影が, 落ちて 9 上を, 形を, 色が, 裏に 8 心は, 落ち尽した 7 上には, 上へ, 名刺を, 色を 6 ない枝, 下を, 中を, 口から, 松の, 枝に, 枯れて, 椎の, 色は, 面に 5 あいだから, なかに, 上にも, 下には, 形が, 美しさ, 色に, 裏を

4 [32件] うつくしさ, うら, かげ, かげから, ことを, ごとく, さきからは, においが, にほひ, 一つ一つが, 中で, 中には, 中の, 中へ, 垂り, 姿を, 家は, 方は, 玉を, 色と, 茂みの, 落ちたあと, 虫を, 間からは, 間には, 陰に, 隙から, 隙間から, 霜に, 青さ, 顔を, 鳴る音

3 [43件] あひだ, うちに, おもて, すれ合う音, そよぐ音, ついたまま, ついて, ない木, 兄は, 先に, 円く束, 前に, 姿が, 姿に, 形に, 形の, 影の, 影も, 心に, 手から, 方を, 松が, 眼に, 神, 紅の, 緑は, 繁みは, 若葉の, 茂みから, 茶屋, 茶屋の, 蔭から, 蔭で, 親子丼を, 身体は, 銀杏の, 露の, 青いま, 面が, 颯々と, 香を, 鳴る, 黄ばんだの

2 [189件] あいだに, あいだを, あさみどり, あつぼつ, あまりない, いちまい, いちめんに, いま照り匂ふ, うえに, うち戦ぎ, おちること, おちるだけ, かがやける見れ, かがよ, かげへ, かげを, ことごとに, ざわめきも, しげみの, すがた, すでにわびしく, すれる音, そよぎ, そよぎと, そよぎも, そよぐ影, そよげども, ために, ちるや, つつじ株さびに, つみて, なかから, においを, ひまびまに, まだ出ない, まわりの, まんなかに, ものを, ようであった, りつぱなカシの, クローヴァの, バスケットを, 一つ一つに, 一つ一つは, 一枚も, 一枚一枚の, 一枚毎に, 上から, 亂れ, 伸びた草, 先が, 光, 光ゆらぎ止みたる, 全体の, 内部の, 写真に, 写真版は, 前には, 半は, 印刷物を, 名を, 向さ, 呉蓙を, 味噌汁と, 地図を, 声も, 変形した, 大きさ, 大きなる, 大なる, 家へ, 家を, 密生した, 小さいの, 巓の, 広いもの, 廣い, 形から, 影, 影とを, 影を, 影交し, 御井の, 御鏡, 心の, 手に, 手紙が, 散るの, 散る神宮外苑, 散る道, 数を, 新緑の, 新聞を, 方に, 星形の, 暗い中, 松を, 枝の, 枯れるの, 様子も, 樗の, 模様を, 歌が, 歌に, 歌は, 死骸の, 氾濫の, 汁を, 浮べるあら, 海の, 深く繁れる, 混んだ所, 滝と, 漂ひとひる, 漬けたの, 煙って, 煮たの, 白い手, 眞菰のみ, 眼には, 窓に, 笥たるを, 粉だ, 紙が, 緑の, 繁きが, 繁みの, 繁みを, 繁るころ, 繁茂, 繊維で, 纖維で, 群, 翠を, 聚落を, 肩から, 背後に, 胸に, 舞地の, 舟を, 色で, 芽が, 茂って, 茂つた木に, 茂みが, 萌, 落ちきつ, 落ちた欅, 落ちた闊葉樹, 落ちつくしたポプラ, 落ちつくした桜, 落ちるの, 葉あ, 葉縁に, 葉越しに, 蓮華を, 蘆, 蘆が, 虫の, 蚊遣の, 行方を, 表を, 表面が, 袋を, 裂けた芭蕉, 裏には, 裏葉入り揉む, 親子を, 車の, 通草すがすがし, 重さ, 重なり, 長くたれ下がった, 間々に, 間の, 陰から, 隙間を, 雨, 雨と, 雫の, 霜, 露と, 露は, 青々と, 青の, 面を, 風に, 高張り, 黄いろくなった

1 [1599件 抜粋] あいだからす, あいだより, あたりを, ありがたさ, ある季節, ある樹, いちはやくやぶれた, いまだ厚き, うすあかり, うちにも, うつ木あり, うれに, おちるおちる, おとなみま, かおりが, かげが, かさ, かすかに, かたまり合った樹冠, がさがさ云う, きざんだ奴, くさみ, ぐあいで電灯の, こぞり出ぬ, ことである, こは, こぼれるの, ころから, ごとき船, ごとく顫, さきさえも, ささやき, さざめきに, さまざま蔓の, さやぐ霜夜を, さわぐ, ざわつく小, しげった中, しげりで隠れて, しずかに, したに, した蔭, しづけさ, しんに, すきま, すなほ, せいばかり, その手, そぼろ丼を, そぼろ親子を, そよぎでも, そよぐそよぐ, そよぐ大名竹, そよげる影, だいぶ少く, ちり初る, ちる葉, ついた小, ついた木瓜, ついてないいじけた小さな, つけ根にも, とぐろを, ところへ, とりどりさまざまな, ない一本, ない小, ない林, ない楊, ない猫柳, なかの, ながい草, なつかしい香り, においに, ねむたげ, はたらきある, ひとつには, ひとりである, ひらひらと, ひろがるやかたすみ, ふちまで, ふりまかれるの, ほうが, まきついた棒, まばゆい残像, まま水面に, まん中へ, むかうから, むらがりに, もつれを, ものや, もみぢ積みこそ, やうにで, やや枯れかかった, ゆめ, ゆるくなびい, よい女郎, ようであり, よな, わきの, アシ, エッチングだ, クローバー, シガレットがは, トンネルを, ヘリに, マツと, 一つづつがその風に, 一つ二つを, 一寸いと, 一条などを, 一枚を, 一片を, 一葉一葉に, 一部を, 上の, 上や, 上茎の, 下つ, 下へでも, 世界には, 中なれ, 中心から, 丸こい, 乱葉の, 乾したの, 事を, 二三枚と, 互に交叉, 仕業か, 伸びない雁来紅, 体へ, 作品は, 作者見ぬ, 傍からは, 僅少ばかりが, 先き, 光と, 光る具合, 光沢の, 其れ, 内部に, 写真その, 写真の, 冠せり, 冷えの, 凛として, 出た樫, 出るやう, 分裂の, 切れはしや, 刺繍を, 剣輪違いの, 動く度, 匂の, 匂も, 単衣, 厚ぼつたい, 厚肉浮彫の, 叢から, 口紅と, 台へ, 吊して, 向うから, 向こうに, 周囲の, 味噌汁を, 和歌を, 喘ぎは, 囁きをも, 団扇, 國の, 地に, 垂れた池, 垣根が, 堕ちた巨木, 声であった, 変化の, 外部に, 多くの, 大きいきざみ, 大きい樹, 大きく生き生き, 大きなイタヤもみぢ, 大型の, 大柄な, 失せたり, 女な, 如き文才, 如くその, 如く容易, 如く相闘わせ, 委任状だ, 姿は, 威圧, 字を, 定食を, 家からは, 家に, 容子を, 寐返り, 寫したもの, 寸法を, 小照を, 少い竹, 尖いも, 尖は, 山を, 已に黄ばん, 幅が, 幾つかの, 床へ, 店に, 弁当持参少時の, 弱い心, 強健さとでも, 形で, 形には, 形状に, 形闊いの, 影は, 径が, 御歌わすれ, 御身で, 御身を, 心を, 恋歌は, 想念を, 愛は, 成長は, 戦ぐは, 扇が, 手であった, 手へ, 手札型の, 抗辯, 持つ気品, 挿絵を, 描き個所, 換らない, 搦んだ, 散った柳, 散りかかった樹, 散りて, 散り行くなべ, 散込むの, 数は, 文章には, 新しい展開, 新緑に, 方が, 方へと, 日の, 早さ, 昔に, 春を, 時は, 暗い茂み, 朝夕風に, 木が, 木の, 木株碧りなる, 本に, 本店には, 本部なる, 束の, 松でも, 松や, 枕を, 枝を, 枯れたの, 枯れはじめた, 柄杓の, 栄の, 根もとに, 梅の, 棘に, 楊樹は, 楓は, 極めて狭い, 様に, 模様で, 樹帯が, 歌に関する, 歌人山上憶良も, 歩くべき日, 殉教者に, 比較的ひろい, 水, 水気が, 汁は, 沁み揺るる柊, 波で, 流れが, 流れ来りし, 浮名たちそめし, 海藻が, 涙は, 淋しさ, 深い陰, 清らかな, 温度は, 湯津真, 溜んまり水, 漬物を, 濃い緑, 濃青, 濡れて, 火の手が, 為めでも, 無い花, 焼ける音, 照りひびく, 煽り, 熱度は, 爪の, 片に, 状は, 玩具の, 現に見る, 生きて, 用語に, 畑に, 痕に, 皮を, 目が, 目印の, 眞ん中に, 眞赤な, 真盛りの, 眼からは, 眼は, 瞼を, 短いもの, 秀歌として, 秘密を, 立てるぞ, 端にまで, 笑い声が, 筆の, 筒葉の, 簇から, 粗い編目, 紅戦ぎ, 紅葉秋の, 紙でした, 紙片を, 細い柿, 細かい椎, 細かさ, 細工で, 経文一巻を, 絨氈, 緑が, 緑で, 緑に, 緑色や, 緑門を, 縁から, 縁には, 縁辺を, 繁ったふとい, 繁った処, 繁みに, 繊維に, 美しいよう, 美観な, 群れの, 翠に, 聲は, 肌には, 胸の, 膝に, 色, 色つやの, 色づくの, 色にも, 色をかへ, 色彩に, 色花の, 艶も, 芦, 芦に, 花が, 芽ぐみ物燻, 若い緑, 茂ったの, 茂った五抱, 茂つた五抱も, 茂みか, 茂み越しに, 茂りの, 茂る木の間, 茎を, 茶壺を, 茶屋へ, 草が, 菊を, 萎ゆるが, 萎れるよう, 落ちこぼれて, 落ちた小, 落ちた柿, 落ちた樹木, 落ちた痕, 落ちた雑樹, 落ちちり, 落ちつくした木, 落ちつくした雑木山, 落ちつくしてる森, 落ちる音, 落ち散った, 落ち盡した, 葉づれにまじり, 葉書の, 葦も, 蒸されたやう, 蒼き鶏冠, 蔓に, 蔭の, 薄い緑, 蘆しか, 蘆多し, 虫は, 蝸牛は, 表が, 表または, 表面の, 衰という, 裁方にまで, 裏からは, 裏だけが, 裏の, 裏面の, 製作時代の, 親子, 解かれるサッサッ, 言動に, 詩人たちでさえも, 語原は, 調子は, 貧しさ, 赤くなった, 跡も, 身には, 身許も, 車が, 軸を, 輝きなんかを, 輸送車は, 近くで, 透間から, 連と, 選択法は, 部屋は, 重なる裏, 鈍く揺れる澱んだ, 錦の, 鏡を, 長い草, 長廊下, 門だ, 間枝の, 阿魔, 陰影には, 隙間からも, 隧道の, 雨を, 雪の, 霜いまは, 露, 露で, 露も, 青々した, 青い光線, 青い色, 青きに, 青き蓮華燈籠, 青むが, 面白い形, 音が, 音より, 頃より, 頼りな, 顔も, 顯れ, 風を, 飜る, 食堂には, 飾蜘蛛手に, 香氣も, 馬じる, 體から, 魚の, 鳴る日, 黄の, 黄ばみたるさま花, 黄もと, 黄色くなっ, 黄金の, 黒ずんだざくろ

▼ 葉~ (1833, 13.1%)

19 つけて 11 ひろげて 9 分けて, 拡げて, 持って, 摘んで, 繁らせて, 落して, 見て 8 垂れて 7 そよがせて, むしって, 出して 6 取って, 採って, 着けて 5 かき分けて, ひるが, 持つて, 洗ふ, 重ねて

4 [13件] くぐって, さんさんと, つけたまま, つんで, のばして, もって, 垂らして, 手に, 煎じて, 煮て, 開いて, 食べて, 鳴らして

3 [33件] かぶせて, かぶって, すかして, すべって, とおして, とって, まばらに, ゆすって, 一枚取っ, 互生し, 動かして, 叩き夾竹桃, 吹く風, 失って, 寒そう, 折って, 振り落して, 掛けて, 日に, 染めて, 残して, 洗って, 浮かべて, 縮めて, 茂らせて, 見せて, 見ると, 買うて, 踏むと, 透して, 頭に, 風に, 鳴らしながら

2 [122件] あしらって, うかべて, おくだし, お京, かき分けなければ, かさねつつ, かさねて, かざしたり, かざして, かすつて赭, かぶりて, きらきらと, さやさやと, さらさらと, しげらしこの, しげらせて, して, すっかり落し, その中, そろえて, たれて, だらりと, ちぎって, ちぎつて, つけた, つけました, つまんで, とつて, とりに, ながめながら, ならべて, ひらひらさせ, ひろげた, ふるい落すと, ふるうた, ふるって, ふるつて, ほめたの, まいて, まき散らした, むしると, もんで, 一度に, 一杯に, 一枚ずつ, 一枚むしっ, 三つづ, 乾かして, 乾して, 五六枚のせ, 交ぜて, 伝って, 伸ばして, 入れた笊, 具えて, 冠せて, 出すの, 動かさない, 取りに, 吊した, 吊して, 吹けるとき, 呑みこんで, 喰って, 地面に, 垂らしたの, 垂れた, 垂れたの, 垂れつ, 大きくした, 巻いて, 帽子代りに, 愛すること, 房, 打つ雨, 打つ露, 投げて, 押し分けて, 拾って, 拾ひ, 振い落して, 捜して, 採りに, 推しますね, 揺かし, 摘みに, 摘んだ, 撒いたよう, 撒き散らして, 敷いた鯛, 束ねて, 枯らして, 枯らそうと, 梢から, 水の上から, 浮けて, 漏斗代りに, 焚いて, 燻して, 燻しては, 着ける, 簇がらせた, 紺碧の, 緑に, 背景に, 落した, 落すと, 落すとき, 落として, 見よ, 見るよう, 連ねて, 重たそう, 降らせました, 集めて, 雨に, 青々と, 頭から, 食って, 食ふ, 食べるの, 黒ませ

1 [1273件 抜粋] あげるこれ, あて繕いながら, あらいざらい, いい匂, いかに強く, いただきて, いっぱいつけた, うけた, うごかして, うつくしくし, うつ霙, うまくとりあはせ, おとしいくつ, おとしつくして, おろそかに, お持たせに, お船, お蚕様, かえして, かきあつめ笊, かけたこの, かざしつつ, かぶった半蔵, からまして, かんで, きざんで, くくりつけた竹, くひつ, くッ, こして, ことごとく枝, こびつかせて, こぼし始め見て, これほどまでに, さした御, さしていう, さすまでに, さやが, ざわざわさせた, しいてかぶれ, しげらし枯れ頽, したそして, した白, した黒い, すこしもらっ, すっかり蝕まれ, すつかり振り, すべる雪, すりつぶして, そうする, そっと菌, そよがせた楊柳, そよがせる若い, たくさんさげ, たくさん葺きこんだ, ただいちめん, たれた枇杷, だいじに, だも, ちぎっては, ちらちらひるがえし, つかれた心もち, つけ, つけその, つけたま, つけた古い, つけた梧桐, つけた編笠, つけてる苔桃類, つけ半分, つけ茎が, つまみ上げて, つめライター, つれて, とりかさし内外, とりのけて, とる, どんより沼, なでて, なめて, ぬらして, のこした細い, のせ香づつみをひらいて香, のぼって, はらうよう, はらはらと, ば食い尽し, ひとつかみむしり取つ, ひろう, ひろげたやう, ひろげた大きな, ひろげ百日紅, びんの, ふっさり垂れて, ふらすの, ふるいおとされて, ふるいおとした明るい, ふるい尽くして, ふるい落した桜, ふるい落して, ふるう今年, ふるった木, ふるつた柳, ふるひ落した裸, ふるわせて, ふんだんに敷い, ほこつてゐる, ほせるなど, まきこみきつくきつく, まねたもの, まねようとは, むくむくと, むして, むしり取っては, むしり棄てて, めくること, もぎ取った, もたむこと, もった立派, もつその, ものかげに, もらった, やけに, やったらね, やること, ゆする南風, ゆらゆらさせ, よくも念入り, よぶと, よろつたまま, わたるばかり, ゑがく油絵われは, オレに, カチカチと, キリキリと, ザット湯煮, チョイと, ヤイトヤキまたは, 一ぱいから, 一方に, 一本抜きとっ, 一枚, 一枚ちぎつた, 一枚むしり, 一枚一枚むしりとっ, 一枚一枚撫で, 一枚舟の, 一枚食うた, 一葉ぬい, 一面に, 三つの, 上へ, 並べる手, 丹念に, 二つ三つ千切った, 二十匁年員の, 二枚つけた, 二筋と, 五枚ほど, 交えて, 交は, 他の, 付けたあの, 伸ばしみずみずしい, 何か, 何枚かずつ, 作ったり, 併せて, 俯せて, 傷めて, 入れたと, 入れたの, 入れるの, 兩國橋で, 写生風に, 凉しい, 凝と, 出し, 出しこの, 出したかと, 出してる公孫樹, 出しまたは, 出し新, 出すだろう, 分ける, 切り放して, 刈り枝, 利かせて, 刻んだこと, 刻んだり, 前髪に, 剥がして, 剪り, 加担者に, 動かしては, 動かすばかり, 匂はせ, 半ば落した, 印に, 取ったって, 取つて, 取りしばらく, 取り出した, 取り捨てるぐらいで, 取る心算, 口説いて, 叩きながら, 吊した店, 吐き出す, 含み散残った柳, 吹かせて, 吹きひるがえして, 吹き棄てて, 吹き溜めた箇所, 吹く風の音, 吹上げたのが, 咬へ, 啄めども, 喘ぎ求めて, 喰はせる, 喰ひ荒す, 喰めば, 嗜み牛羊同然複胃, 噛みつつ, 噛んだ, 囓つてゐる, 四枚横に, 垂らした庭, 垂れた枇杷, 垣根の, 塩漬に, 変はらぬ, 大原の, 失った銀杏, 失はぬ木, 奇麗に, 好きな, 嫌ひ, 容れた袋, 射たという, 小父さんが, 少しばかり, 尖がらせた薊, 展開し終わる, 川の, 差し出した楓, 己れ, 師に, 帶の, 幾枚も, 延ばして, 引, 引き曲げ蚕, 引摺る, 張って, 弾く音, 得て, 御船に, 忌んで, 思い出した, 思ふ存分寝起き, 想起せず, 愛して, 懷に, 我は, 截つた宵, 扇形に, 打って, 打つて, 払いながら, 払い落とした枝先, 折つて棲ん, 折れ込んだ手前, 抜いた, 披い, 抱え起して, 押し揉んだやう, 拂ひ去り, 拡げた大木, 括って, 拾い集めてる彼, 持ち帰り左, 持った名, 持つた芒, 持上げ馬鈴薯, 指した, 振い落した五六本, 振うと, 振った柳, 振ひ落せし如き日, 振り落した木, 振り返つて, 振るって, 捨てて, 捲いて, 掃除し, 採つて, 採りゆでて, 探しに, 掴んだの, 掻きわけながら, 掻き分け茎, 掻き除けると, 掻て, 揉めば, 插み, 換へ, 揺がす時刻, 揺すぶり我が家, 揺るささやか, 搜し, 搾れば, 摘みはじめた, 摘み取りつ, 摘み採られて, 摘むでそれ, 摘むと, 摘取つて食は, 撒きちらす, 撫して, 撫でる, 擦った, 擬し一方, 放すと, 散つて, 散らして, 散らす時雨, 整えかけると, 敷いた床, 數へたり, 日光に, 明かるめ, 映すが, 智海の, 暗示した, 書写し, 有し梢, 有つた樹木, 朝に, 枕に, 枯らしたり, 染め更に, 根気よく, 棄てさりし樹, 模倣したら, 横抱きに, 殘し, 毎日振るい落した, 毟り流れ, 水の, 水面に, 池の, 沢山もっ, 沸かした湯, 泉の, 洗つてゐる, 活けて, 浮べて, 浴びながら, 添えた蓮, 渡りながら, 渡る風の音, 漉して, 漬けた重石, 潜って, 濃く垂れ, 焚くという, 無くして, 煎じ詰めただけの, 煙草代りに, 照らされて, 煮る, 燻べて, 片手の, 玉に, 生じ花, 生ひ茂らせ, 用いたること, 用ふる, 画ける, 畳んで, 發する, 百枚も, 皆鶏が, 目指して, 看そ, 眺めて, 眺め南国的, 着く, 着けた蔓, 短く噛みきっ, 破き捨てると, 碗に, 立てて, 笛の, 笠印に, 簇, 粗なげ, 紫に, 細かく刻ん, 細長く空, 綟り合わせた, 綴った金具, 編んで, 縛り合せて, 縫ひ, 繁らし花, 織った, 纏うて, 纏ふ, 置く, 群がらして, 耳に, 肘ひとつで, 背負いこんで, 舒べ, 芟り去つ, 苛めては, 茂らして, 茂らせ蔦, 萌え立たせたという, 落したので, 落したり, 落した枝垂桜, 落した若い, 落した防風林, 落しつくして, 落し代, 落し落して, 落すより, 落としたまま, 落とした紅葉, 著けたり, 葺いて, 虚空に, 被せかけた笊, 被って, 装いなす, 裏返せば, 褥として, 覆ふやう, 見せると, 見たり, 見つめて, 見ても, 見ました, 見よと, 見上げたので, 見暗く, 見苦しくない, 覚えあくる日, 解くと, 詰めたの, 説明する, 貪るよう, 買ふ, 貼りつけたやう, 贈つた, 越ゆる, 踏み外しながら, 踏んづけて, 軽くつめ, 追い捉えた重太郎, 透いて, 通す十五夜, 運ぶの, 遠慮なく爪, 選んで, 重ねた葡萄棚, 針で, 長々と, 閉づるかも, 除いては, 除去する, 震わせて, 青いまんま, 靡かすと, 頂かせろ, 頤, 顫わせて, 風情も, 食い尽さないでは, 食うが, 食えば, 食っただけ, 食べます, 食べるもの, 食べるん, 食みて, 食料に, 飾り持って, 餌と, 駕籠の, 骨ばかりに, 髪飾りに, 鱗状に, 鳴らした, 鳴らし出すと, 鴨に, 黄色い茱萸

▼ 葉~ (1529, 10.9%)

51 くれに 20 風に 14 くれの 12 落ちて 11 出て 9 散って, 青々と 7 一面に, 光って, 茂って 6 しげって, 落ちる 5 ついて 4 ある, くれ, ざわざわと, 出る, 夕風に, 鳴って

3 [14件] きらきらと, くりに, ちらちらと, ガサガサと, 垂れて, 日に, 火の, 繁って, 自分の, 落ちつくして, 落ちる柿, 重なり合って, 開いて, 黒

2 [111件] あって, あつた, あつて, かさこそと, くつ, くつつい, くるくると, さと, さらさらと, ざわ, しきりなく, ちる, なくて, なく葉, のびて, はらはらと, ばさり, ばらばらと, ひに, ひを, もうこんなに伸びてる, ゆれて, カサカサと, ガサッと, チラチラ光る, パサパサ続く, 一めんに, 一斉に, 一杯に, 一枚ひらひら, 一枚も, 一枚二枚だけ, 主人を, 云った, 人の, 他の, 伸びて, 何うし, 何か, 光を, 出で, 力なく低, 午の, 厚いから, 叢がって, 右の, 埃を, 堅く重, 大きいの, 大凡落ち, 小さく揺すれる, 小判でも, 少しも, 少し動いた, 山の, 川に, 微風に, 手を, 揺れ茎, 搦み合った, 散った, 散りかかって, 日の, 日光の, 枯れて, 枯れると, 残らず白い, 流れて, 浮いて, 現われて, 白い土, 着いて, 短かい, 空から, 空を, 紅くなっ, 紅葉し, 細かい影, 続いて, 緑に, 緑色に, 繁り菩提樹, 肩まで, 舞って, 色づいて, 茎を, 萌え出て, 萎えた, 萎れて, 萠え, 落ちた, 落ちても, 著るしく, 見えて, 見える, 覗いて, 軟く, 雨を, 雪に, 雪の, 電燈の, 静かに, 頭を, 風も, 馬鹿に, 騷いでいる, 鳴つて, 鳴るは, 黄ばんで, 黄色くな, 黒い土

1 [1077件 抜粋] ああいう, あかくなる, あたかも今, あった, ありありと, あります, あるじゃ, あるのにと, あれば, あんなに乾いた, いくらか残っ, いたんで, いちばん綺麗だ, いっぱいについていいかおりがそこら中いっぱい, いつと, いなければ, うごいて, おかしいぞ, おちつくして, おつ, おのずから舞いおりる, お前さんを, お附き申し, かさかさ音, かすかな, かち, かぶさったり, かぶせて, かぶりを, かわいらしい清らか, きざんで, きらきら光り, きれて, き屋, ぎらぎらと, くれがち, くれでは, くれ木, くれ楢, こ, この作, この家, この百姓家, こぼれ落ちた, こんな姿勢, こんもりと, さしこんで, さやぎ, ざわざわいっ, ざわめき乱れて, しおれかけ白, しおれるよう, しきりに落ちる, しげり出して, しなだれかかるヴェランダ, じきに, すきまもなく, すこし, すっかり散り尽くし, すつかり, すべての, すれあって, そこここで, そこにも, その女, その灯, その雨, そよいで, そよぎ御霊鏡, そよふく風, それぞれ意志の, それは, たくさんそれに, ただ笑ってる, だいぶ赤らん, だんだん横, ちぎれて, ちらっとひかった, ちらほらとん, ちるばかりの, ぢつと, つき立てて, てらてらと, でたり, ときどき散っ, とじ込んで, どういう理由, どうも気, ないという, ない点, なかった, なくただ, なくなり欅, なければ, なびき底石, ぬれるごとく見えました, のこって, のびた, のび白い, はえ花, はら, ばら, ぱっとした, ひたと捨てられ, ひとりでにこぼれる, ひらひら絶間, ひろがらずすすき, ぴたぴたと洗われ, ふっさ, ほぐれる, ぼっと燃え上った, まざり合うまでに, ますます萎れ, また揺れる, まだ黄金色, まったく傷められた, ま夏, みえるの, みな日光に, みるみる青あお, みんなしおれ, みんな重なり合っ, むらがり刺すの, もう地面, もう枯れかかっ, もう目立っ, もう赤く, もつれ合って, もろくも, やつて, ゆら, ゆれた, ゆれるほか, よいそこ, りっぱな, ゐなかつたらその, オルガンを, カサと, カヘデの, ガサガサ動い, キャラコさんの, サッと白く, サラサラ, ザワザワ鳴っ, チューリップの, チラリと, ニンニクの, ヒラヒラし, ビクトリア女皇の, ピストルを, プカプカと, 一々緑玉, 一つその, 一つ同じ, 一二尺で, 一定の, 一所ずつ, 一日ごと剥がれ, 一本, 一枚, 一枚引き, 一枚散り込ん, 一枚画面の, 一等だって, 一葉に, 一部分光る, 三つ四つ冬を, 三枚つい, 三枚散った, 下階へ, 並木路の, 丸いの, 乗って, 乾いても, 二つ三つ残っ, 二三枚宛枝の, 二三枚新らしく折れ, 二三葉見え, 二本なら, 云う, 互生し, 交って, 人間の, 今年も, 伸びる, 伸び出しそれ, 何とも云, 何にも, 何万円などと, 使に, 來て, 倒れて, 優しい若衆立, 光りトマト, 入つて, 入れて, 全く違い, 八月の, 再び顏, 凉しい, 出かかって, 出たね, 出だして, 出ると, 出る頃, 出窓際の, 判然と, 刻み昆布に, 剥げ赤土, 動くという, 動物の, 勢好く, 北風に, 千も, 半分むしられ, 去った後, 取りまいて, 叢生し, 古今の, 可愛らしくもう, 合図を, 吐く生温い, 吹き寄せられて, 哀れに, 唐草模様に, 四方に, 土地の, 地の, 地面に, 垂れ暗みたり, 堅い, 声を, 変わったらしくだいぶ, 夕立にでも, 多い, 多くても, 多数に, 夜の, 大きくて, 大きく上, 大変に, 大童で, 天蓋の, 好きである, 姿を, 客間からも, 寄進に, 寒さうに濡, 對生し, 小さい上, 小さく密生, 少しずつ, 少し白い, 少なすぎた, 尽きは, 居るかも, 層, 峰と, 嵐っぽい, 左の, 平に隙間, 幻の, 座敷へ, 廂を, 建物の, 引く潮, 当るよう, 形見の, 微かに, 心付いて, 急に, 慌た, 房, 手から, 投げかけられて, 折々風, 抱き寄せて, 押し合うよう, 振り返つて子供, 挿して, 揃つた時分に, 揉める, 揺れた, 揺れるだけ, 揺れ幹, 撫でて, 擦合うよう, 放出する, 散ったの, 散らないで腐って, 散りこんで, 散りはじめました, 散り出したの, 散り土, 散るよう, 数葉対称的に, 新陳交代, 既に謝, 早春の, 昨日の, 時々落ちる, 時雨に, 暗示され, 最も稲, 朗らかな, 朝日の, 朦朧たる, 木に, 李の, 枝から, 枝上に, 枯れつつ, 枯れ去りて, 枯葉と, 柔, 柵むように夥多しく, 梨に, 歌ふと, 殆ど落ち, 殖え沈丁花, 殘り, 気持よく, 永いなじみ, 汗ばんだ額, 沢庵の, 泣いて, 泥塗みれ, 注連と, 派手作りに, 浮きだして, 浮んで, 海の, 淋しく残っ, 淡緑色, 深くかさなっ, 漸く黒くほそく, 濃かい, 濃く成つて, 濃く色づい, 瀬を, 烟草葉に, 無くて, 無心に, 燦々と, 片端から, 物を, 狭く分裂, 狹い, 珍しくことに, 現われた, 瑞々しい青い匂い, 甚だ細く, 生い出でた, 生えたばかりの, 生の, 生れかわると, 痛く顔, 痛むといつたお品, 白かった, 白く光り, 白く日光, 皆根生, 皆沈黙, 皆落ち切った, 皆金色, 盛んに, 目を, 直感的に, 眞に, 真夏の, 真白に, 真黒に, 眠るころ, 眼に, 知らずに, 石垣の, 破れ赤い, 硬ばつ, 秀て, 秋風に, 突風に, 窓に, 立つて, 立上っ, 竪に, 築地から, 粉の, 紅く黄色く色づい, 累り合っ, 細い影, 絡った, 絶えずざわつい, 網に, 縮れた窪みに, 繁った, 繁つ, 繁つてゐた, 繁つて柱から, 繁ります, 繁る雨, 美しい秋, 美しく簇つて, 群生し, 背に, 腐つた肥料, 膝を, 舟縁に, 良縁を, 芝生の, 芽ぐんで, 若作りに, 茂った大変, 茂つた大, 茂り合いその, 茂り花, 茂るの, 茎から, 茗の, 茶碗に, 草が, 萌出し, 萌出する, 落ちかけて, 落ちたり, 落ちた肩一ヶ所, 落ちるの, 落ちる非常, 落ち始めた, 落ち尽した小, 落ち散つたあと, 落ち散るので, 蒼い冴えた, 蓮の, 薄れて, 薄紅く, 藍の, 蝕ばんだ, 行縢姿で, 褐色に, 見えましょう, 見え別荘の, 見られること, 見違えるばかりに, 角川家の, 触って, 言ふんです, 訊くと, 赤い, 赤くまた, 足りないから, 路上に, 踊りの, 車輪状に, 軟い, 転げ落ちたくらい, 輝き爽, 輪生し, 逃げた, 遠慮なく四方, 重たそう, 重りつつ, 重苦しく茂つて, 金銀の, 鈴川主, 長い葉柄, 開きかけると, 闇の, 附いて, 降りかかる, 際限も, 集まって, 霜枯れて, 露を, 青い卓, 青く出, 青く積まれ, 青く重なり合い, 青びろう, 音も, 頬に, 頭の, 風で, 颯と煽られ, 飛出したの, 食用に, 飾られて, 馬蹄型に, 髪の毛の, 鮮かに, 鮮やかに, 鳴るゆ, 鳴る風, 黄いろに, 黄ばむ, 黄色く枯れた, 黄色に, 黄色の, 黒くなっ, 黒く見え, 黙って

▼ 葉~ (1325, 9.5%)

9 それを 7 落ちて 6 み山, 急に 5 まばらに 4 ぐるぐるに, 心の, 相変らず, 葉柄を, 風に

3 [12件] さう, そこに, その時, 人の, 披針形で, 照りゆらぎ, 自分の, 花後に, 重太郎の, 青くすかし出され, 静かに, 黄色に

2 [88件] いつも椎, うつくしく光りました, お清, きらきらと, くれなゐに, この物語, その一片, その事, その青年, ちり, どうして死んだ, なぜか, まだ大きい, もう疾くに, もう緑, もう黄色く, パチパチ鳴り, マンの, 下の, 之を, 云って, 何と言つて, 何ん, 例の, 冬を, 分裂し, 勝利の, 千住の, 半ば枯る, 卵形で, 叫んだ, 呉葉で, 唯冷笑うのみ, 問うた, 垣根の, 夏の, 天上の, 容易に, 山椒の, 屹と, 布を, 広くて, 延びて, 張り寒菊, 心配した, 必死と, 愈よ, 散り實, 日に, 日の, 暮れやらぬ, 最早朽ちかけ, 朝風に, 本當, 枝に, 枝も, 枯れて, 樅に, 母親と, 気が, 水の, 涙を, 無い, 皆落ち, 皆黄金の, 眼に, 眼を, 矢はり黙っ, 秋に, 緑の, 縮緬の, 花が, 茂って, 落ちしたまゆら, 落ち尽して, 葉お, 蕗の, 見るま, 豊かに, 跨状式, 躍り上って, 重く次第に, 重太郎を, 鈴川主, 霜を, 頭を, 驚いて, 黒し椎の木

1 [1060件 抜粋] ああいう, あたらしい落葉, あの塩風, ありません, あるの, あわてて, いいました, いきいきと, いくら荒筵, いちじるしく現われ, いつか青山の, いまあまりに, いま不意に, いま風に, いろ, うす化粧, うつくしい若葉, おそらく胎盤, おどろきやすい, およそ三年位幹, お孝, かう言つてあと, かう言つて道綱, かしこまつ, かれぬ花, きら, きれの, ぐったりと, こういう形, こう考える, この作者, この病院, この頃めった, これ位の, さうい, ささめ, さながら熱帯産, しおれて, しょうしょうと, しんみりと, すぐに, すこぶる美, すっかりむしりとられ, すっかり落ち, すっかり落ち尽し, すっと横, すでに蒼, すべて宝石の, そういう, そう云っ, そこらに, そのはかない, その一件, その実, その感情, その時かすか, その時其處, その洋傘, その葉, その葉片, その頃, そよとも, それから, た, ただ濡れてる, たべないの, だらりと, だんだんに, ちょっと口, つくづく自分, とても美事, どれほど, ないけれど, ない太陽, なくたくさん, なにもかも打ち明け, なほ臺所に, なめらかな, ばさばさと, ぱたりと, ひしと握りしめ, ひたり, ひとり曇り, ひら, ひろい大様, びっしょりと, ふらふらと, ぺらぺらとして, またいつか目, またすぐ, また何, また可, また目, また賑, まだ出, まだ新芽, まだ私, まだ自分, まだ落果, まだ青々し, まったく落ちつくし, まるで無い, みなカラカラ, みな三出葉であった, みな葉裏を, みんなブリキで, みんな金と, むざんにうらがへしに乱れ, もうそろそろ黄ばみかかり, もうどうする, もう声, もう我慢, もう次, もう裸体, もう黄ばん, もっと変わりまし, もの寂しそう, もみぢし, やがて新, やがて考へまい, やつぱり埃が, ゆたかに, よあけ, ようやく黄ばん, よろこんで, わくわくし, わざと驚いた, わるくない, エオロが, クリイムや, シクシクと, セリに, ダ円形葉肉が, ツバキより, トメバ, ビールを, ベッドに, ボットリと, ユリの, 一人炬燵に, 一向知らない, 一寸首, 一度に, 一旦地上, 一昨年の, 一枚ごとに, 一株から, 一様に, 一葉も, 丁寧に, 三二六貫八〇〇目製糸は, 三百両くれろ, 上の, 下に, 両わきに, 主人を, 乗し掛って, 二つ, 二十五に, 云った, 互生で, 五メートル位の, 亡夫の, 人間の, 今でもは, 今まで, 今度は, 今迄, 仕事も, 佐野松と, 何と, 何を, 何処へ, 何日までも, 余り平たく, 來ず, 便所の, 俄に, 傍へ, 傘も, 僅かに, 兄と, 光沢や, 全く自ら, 全然ない, 六七里四方には, 其が, 其の洋盃, 其量からも, 冬には, 冬月落ち散り, 冷たく露, 凄い程, 出來, 刈取ると, 初めてわが, 初めて手, 初めて見た, 前刻, 前後左右出, 力無げに, 勝手の, 勢を, 十分に, 半ば独言に, 卵白色に, 厚く重なり合い, 去年に, 又驚いた, 受け取り秘密, 口惜そうに, 口笛を, 叩いたらリリーン, 同じ緑, 向うから, 周囲を, 哀れっぽい, 唯ある, 唯無闇, 四枚ずつ, 国とは, 土間へ, 地を, 地中海の, 増大生長し, 墨より, 声を, 夏に, 夕暮その, 多分ヴィクトリア・レジア, 夢から, 夢心地で, 大きく強く広がっ, 大に, 大形で, 大形常緑で, 大秋が, 天つ, 太陽の, 妖しげ, 始めから, 婢と, 嫣然し, 安堵の, 完全に, 宛ら死神, 実際途中, 寒い朝, 實際に, 小き, 小さく焦げ縮れ, 小さな声, 小児の, 小国だ, 小形で, 少しく上, 少しも, 少し息, 居ないお, 岩から, 岩の, 島村から, 川風に, 常磐木で, 幕間から, 年齡の, 幼いころ, 床の, 座敷へ, 庭一面に, 廊下の, 強いそして, 形が, 彼の, 復たこぼるらし, 微に, 微酔機嫌で, 心許ない白っぽさ, 忘れ難い, 忽ち縮み上っ, 思いきり匂, 急いで, 息づき, 息苦しく重なり合った, 悉く色, 悲しくって, 慌て, 慘忍な, 我身に, 戦ぎ立って, 抜足を, 拒みも, 捨てなかったけれど, 揃って, 散って, 散りはてぬ靴磨き, 散るまで, 数寄屋の, 敷き詰めたよう, 斯う, 旅人の, 既に落ち, 日記に, 昔の, 昨夜一と, 普通の, 暗色の, 更に起っ, 替って, 最早毎日, 月の, 有名だ, 本人を, 東京深川生れの, 松女の, 果たして折れ, 枯れその, 枯れない, 枯れ出しながら, 柔らかなれ, 栗の, 根生である, 桃水に, 桜草の, 梯子へ, 楕円形で, 榧に, 橋の, 櫻なるらし, 欅が, 次第につや, 歓ばしげに, 正ちゃんが, 此際何んな, 歩く事, 残らず削ぎ飛び現れた枝, 母親が, 毎朝毎に, 気の, 気軽に, 水に, 水色の, 永久に, 河上から, 泣いて, 泣き声を, 流れくだって, 消えて, 涙の, 淡い巻紙, 清らかな, 湯ぶねの, 漬けて, 漸く頭, 濁った泥, 火よりも, 灰に, 無数の, 無論引返したであろう, 煙草を, 燃えるとき, 片頬外れ, 牡丹の, 犬にも, 狭くて, 猶更にこの, 玉の, 瓜の, 生きんと, 生煮えらしい, 田安家の, 町を, 白い紙, 皆, 皆合歓の, 皆枯れ, 益々悲し, 直径一フィート半で, 直接に, 真剣に, 真赤だ, 眠って, 眠らないので, 睫毛に, 矢はり山中に, 矢張り死ぬ, 砂利の, 社長の, 穴だらけ, 突然に, 笑いながら, 笑ったでは, 笑つて見せた, 答えた, 粘汁質, 精一杯に, 紅葉し, 素足で, 紫苑の, 細かく分裂, 綺麗好きの, 緑と, 緑凉しく燃えさかる, 緑色で, 緯度で, 罵るよう, 美しけれど, 翼撃たれし, 聞かぬ振を, 聲を, 背中に, 腕を, 自分ながら, 舌を, 色々道具, 色づきはじめて, 芋の, 花を, 若い妓, 茂つても, 茎に, 茫然と, 茹られた, 華奢で, 萌黄で, 萼片と, 落ちし李, 落ちつくしそれ, 落ちつくして, 落ちに, 落ち來, 落ち尽くし鈴, 落葉を, 葉と, 葉の, 葉裏まで, 蒼い顔, 蓮の, 藁屋根の, 蘇ったよう, 虚しかるべし, 蟲はむ, 裂けて, 見ぬよう, 覚悟を, 解も, 言ひかけた, 言葉では, 試みに, 調または, 豆の, 賺すよう, 赤くなり, 赤く板屋楓, 走る上野, 越後の, 踊つ, 転げるよう, 輸送車の, 逃げた, 透明を, 遂に一つ, 道具屋の, 遠く幼子, 都會の, 酔って, 醜いこと, 里方の, 重く垂れ, 金色だ, 針の, 鉄錆て, 門に, 間断無く, 隙間が, 雪を, 霎時夢の, 霜の, 青, 青い傘, 青く淀んだ, 青枯れ葉は, 靜かに三十三の, 音を, 頷いた, 顫動しつづける, 飛んで, 食い尽くされるだろうと, 首を, 騷, 高く立ち, 鬢の, 黄いろい寒菊, 黄ばんでは, 黄色くな, 黄色くひらひら, 黒きまで, 黒ずんだまま, 黙したま, 點頭いた

▼ 葉~ (739, 5.3%)

8 なって 6 包んで 5 書いて, 雨の 4 なるの, 冬の, 月の, 水を, 眼を, 言つた

3 [14件] して, しても, とまって, とまれ, ふる雨, もる, 似たり, 包まれて, 巻く, 手を, 日の, 石に, 葉を, 雨さゐ

2 [63件] うつや, きたるとき, くるまって, くるまれて, こびりついて, さして, さまざまの, さらさらと, さらにすずしき, すれて, たまった露, つかまっては, つむ埃, まさる愛人, もたせて, もつたまり日, 今は, 今朝ひびく, 似て, 何か, 先だちて, 出たるらし, 出づるものは葉, 地面を, 夕風の, 夜露の, 思われるの, 散らす, 於て, 日は, 月出で, 朝は, 枝や, 止まって, 消のこる, 濡れし投網, 火を, 玉の, 甚だ多い, 用例が, 盛る, 蔽われて, 被われて, 見入った, 触れた, 走る氷雨, 軽く触れ, 載せて, 遮ぎられて, 金二万円也と, 鈍い鉛色, 隠れて, 集って, 雨が, 雨は, 雪が, 雪の, 霜のみ, 霰が, 露が, 露の, 靡いて, 風を

1 [523件 抜粋] あった, あって, あつい頬, あらし, あり, ありや, ある, あるわけ, ある歌, いうた, いがに, いっぱい埃, いづくより, うずもれて, うんと怨まれた, おちる, おとづるるこそさびしけれ風は, おもう事, おれは, お袖, かいたの, かかって, かかれり, かがやいて, かき消されて, かくれた, かくれて, かくれてた小さな, かけた, かけ補陀洛山, かこまれて, かやつり草に, かわる五月, きら, きらきら射し, くらべると, けぶり, この括れ, こびりつくので, こぼる, こぼれかけて, こぼれ出たの, こまかいむく毛, さうし, さされながら, さして根がけ, さだかには, さはる軽い, さやさやとそ, さわる雪, ざわめく風の音, しとどに, しみ通って, し眼, じつと, すれる音, そ, そう云っ, そそぐ音, その上, その細い, その羽, その青, そむく椿, そよぐ風, そよぐ風の音, たずねかけた, たと, たのんで, たまった水銀, たまって, たまってる水銀よう, たまれ, ちら, ちらちらと, つ, ついたど, つくチューレンジ蜂, つく月, つく青虫, つっかかって, つつまれたる白布, つつまれて, つつみ手拭, つつんだお菓子, つつんだの, つつんだ弁当, つむ雪, つもったの, つもつた雪, つやつやと, つるした人形, てふてふ, とまった轡虫, とまり, とろりと, なった, なったと, なった桑畑, なった足, なっても, なつた, なつて, なりましたの, なり葉, なる東京, なろうと, にてるだろう, にぶく部屋, にるかも, ぬぐいながら, のせて, のぼる花見, はしらせて, はまだこ, ばら, ぱらぱらと, ふと角, ふりそそぐ, ふる雨観, ふわふわと, ぼそぼそと, まじる菫, まじる鮒, また橡, まわる樹液, むかひて, もう露, もえあがり, もえうつりました, もさういふ風, もりに, もる風流, ゆうぜんとはいっ, ゆき後, ゆく, ゆくりなく出逢った, よく似た, よく続発症状, ゐる, サラサラロシア, ザブザブ水を, ハトロン紙敷き, ホルバインの, 一任と, 一分五厘から, 一塊の, 一夜積みたる, 一夜積りし, 一杯擔が, 下りた蜘蛛, 不気味な, 並べて, 乗り移った, 乘せ, 乘つ, 九片ある, 亀井の, 云った, 五更露爾, 今迄, 仔細に, 付いて, 代えられたと, 仮りた, 伝える, 伝って, 似, 似たるやう, 似たタロカイヤ, 似た濶葉, 似てこそ, 何の, 偏寄つて同種の, 先だって株から, 先ち, 先んじて, 先立って, 光沢が, 其れ, 出たるも, 切られて, 刺して, 刻まれて, 劣らぬふるい, 包まぬ場合, 包まれた瓦斯燈, 包み, 包み其竹, 包んだ, 包んだもの, 包んだ砂糖, 包んだ餡入, 卵を, 及びしを, 及んで, 取つて, 古池に, 同情し, 向かって, 向つて, 吹かれ居る, 吹く, 吹く曙, 吹く秋風, 吹く風の音, 味噌を, 唾吐き, 啼く, 囲繞かれ, 固有な, 在ては, 埃が, 埋った島, 埋まって, 基づいて, 塩を, 変って, 変りました, 夕霧が, 夕霧立ち, 多い, 多く既に, 夜の, 夥しき追加, 大きな光線, 大判小判打出の小槌寶珠など, 天響き聲ひ, 妨げられて, 宿るなり, 射して, 對し, 小さな青虫, 小雨ながら, 少しの, 少し傅, 尾鰭の, 層, 山谷の, 岡穗の, 巨艦大砲は, 巻いて, 巻かれた生, 巻かれて, 常し, 幅ひろい, 幾つか, 幾つも, 底耳片なく, 強く照りつけた, 当るから, 当るの, 往生が, 待つばかり, 後を, 得て, 忍びが, 思ふこと, 悲めば, 懲りて, 成る頃, 手の, 打つ水, 投じ葉, 抱かれて, 持って, 持つ神経質, 指を, 掛けて, 掛け合いを, 掛って, 掴み毀された前髪, 揺らぎ, 搦んで, 散りかさ, 散りて, 散る忍冬, 散る桜花ふぶき, 数滴の, 数知れずある, 新葉, 於いて, 於いては, 於ける如くその, 日向雨こそ, 明るく射し, 映じて, 映って, 映る真白, 時々音, 時雨が, 書いた文字, 書いた物, 書いた石神, 有ッ, 木綿かけ, 李は, 杞杓の, 枇杷の, 染めて, 染めても, 染められた毒々しい, 柔らかに, 梅ちれ, 横たへよう, 歌ふ, 止まつた可憐, 止まつた烏, 正法眼蔵涅槃妙心を, 残って, 残つてゐる, 殿作り, 比べたる皆我心, 比べると, 気がつくと, 水が, 沢山な, 沿って, 浮いて, 消えゆく遠き, 消ゆる, 涼しい風, 深夜の, 混る, 添うよう, 渡した, 渡る風, 満ちあふれゐる光, 溜って, 溜まった水粒, 溜る白い, 溢血し, 漲つて, 澄む暁, 濃やけく照る, 濕り, 火が, 無理強いに, 照って, 照り傾くその, 照る日光, 熱心で, 玉ゐる, 玉蜀黍の, 瓦斯燈の, 生ずるか, 生れしばかり, 生色が, 由来する, 留まれ蝶, 當つてその, 病気が, 白い埃, 白い強飯, 白い花, 白き扇, 白く風, 白斑の, 白赤の, 盛った団子, 盛った飯, 盛つた供物と共に, 盛りながら, 盛るという, 盛る式, 目も, 目口の, 矢羽の, 石を, 砕かれたり, 私が, 移って, 積つた山の, 積る, 突進し, 立ちまど, 笑いながら, 筆と, 等等の, 米を, 糸瓜さがり, 統べ幹, 綿入れた, 緑濃く, 縋った蟹, 置いて, 置いてる露, 置かれた露, 置く霜, 置く露, 聞く外, 肖如, 育つと, 至る, 興を, 茜さす, 草履が, 莖に, 菊らしい, 落ちそれから, 落花を, 蔽はれぬ, 薄翅, 虫が, 蜘蛛の, 蜘蛛下りけり, 蝋を, 行きまた, 行き桑, 行き畑, 衣擦れの, 裏門まで, 裹み, 褐色の, 西日射す, 覆い隠されて, 覆われた寂しい, 見えた, 見えて, 見せるの, 見るぞ, 触るあはれ, 触れさ, 触れて, 触れる微風, 觸れ, 言いながら, 言って, 言つ, 託した, 詠まれたところ, 話しかけた, 話して, 識る, 貴ぶ所, 蹴つて, 身を, 載せたこと, 輝かしい日, 辷りちろめく青蜥蜴, 迎えようと, 近よって, 迫った, 通う秋風, 逢いたい, 逢った, 逢って, 違いない, 遮られた向う, 遮られて, 邪魔され, 酒を, 醉へる, 野茨が, 金紙銀紙の, 銭を, 附纏った, 降つた, 降りおける霜, 降りか, 降りける雪, 降り注ぐ光, 陽が, 隠れた, 隠れるきりぎりす, 隱れ, 隱れた, 雀の, 離れて, 雨蕭々と, 雨降り居らし, 雨音が, 雲雀なくなり, 電気が, 電燈の, 霜が, 霰たまれり, 露とも, 露も, 露吹き結ぶ, 露命を, 青い小さな, 面寄する, 韮の, 音を, 頼んだ, 顔を, 風が, 風の, 飛ぶ, 飾られた樹木, 飾られて, 餅を, 首を, 驚いた彼ら, 鬱蒼と, 麦飯それで, 黄色い斑, 黄金か, 黒斑失せず

▼ 葉~ (522, 3.7%)

262 助は 67 助の 33 助殿 23 助が 22 助を 16 助も 11 助と 7 助へ 6 助にとっては, 助には 5 助に 4 助, 助だ 3 助であった 2 助ちょっと, 助で, 助という, 助様, 助贔屓

1 [43件] 助お, 助か, 助から, 助か近う, 助こう, 助これは, 助その, 助そのまま, 助だけ, 助でござる, 助です, 助では, 助とが, 助とは, 助な, 助にとって, 助ばかり, 助ばかりは, 助へそ, 助また, 助まだ, 助め, 助よ, 助より, 助ガッチリ受け, 助トントンと, 助一人, 助一足後へ, 助人間の, 助今年十二の, 助儀, 助内藤駿河守の, 助昔の, 助様が, 助様だ, 助様と, 助殿そ, 助殿に, 助殿には, 助立て, 助自身, 助葉, 大筋

▼ 葉~ (472, 3.4%)

22 ないこと 9 花も, 茎も 7 ない事, 枝も 4 ない, ない噂, 無い事 3 ないの, ない作り事, ない妄想, 幹も, 流石に, 落ちて

2 [28件] あり, ある, いやしい葉, うら淋し, きらきら光った, そろそろ散り始める, ないもの, ない悪口, ない虚構, なき枯枝, なき花, りの, 云った, 伸びて, 延び切つて, 思うさま伸び, 暗く見え風, 無いこと, 無い不埒, 無き菩提樹, 無く花, 百姓屋の, 稲の, 茗荷の, 見える, 長く見詰め, 青く水気, 食切ると

1 [332件] あかき葉鶏頭根刈り, あまり好き, あらうかと, あらそひかねて, あります, あるいは花, あるでは, あれば, いろいろな, うごきはじめるも, うだったよう, うなだれて, うまい, うらがえりました, うるは, おしろいの, おそろしく繁り, かれに, がら, ぐしよ濡れ, ここへは, こんなに大きく, ざくろの, ざわざわと, した, しなびて, しを, じつとして, すっかり散り尽くし, すべて針の, すべて香りの, すらすらと, そこここに, そこへ, そして太郎, その周囲, その姉, その真相, そは, そよがず入江, それといつ, それには, それを, そろそろ枯葉, たくさんに, だいぶ散っ, ちって, ちょいと, ついて, つづいて, とけて, ところどころ破れ, とどまれ, とどめて, どの若芽, ないあくどい記事, ないでたらめ, ないと, ないので, ないま, ないよう, ないよけい, ないヨタ話, ない井深君一流, ない作り話, ない偽り, ない取沙汰, ない嘘, ない嘘の, ない噂さ, ない囈言, ない夢みたい, ない好色, ない幻想, ない思案, ない怨み, ない斯ん, ない新聞屋さん達, ない流言, ない流言蜚語, ない狂女, ない病い, ない話, ない讒言, ない陳述, なお濃い, なかなか萎れず, なかなか食えない, なき, なきこと, なき一本, なき迷信, なく, なくただ, なくなって, なくまた, なく依然, なく春, なければ, なし, なにかの, はぐくみて, ひからびた合歓, ひねびて, ひろがって, ふみにじられて, ふみ分けがたく, ぶるぶるふるい動く, ほごしてから, ほんのちょっと, ほんの少し, またうつくしい, またこの, またこまつた, また家植品, また往々, また静まる, また鮮やか, まだかは, まだ朝, まだ染めやらで, まだ落ちない, まだ霜, まだ露, みなうなだれ眠っ, みんな尖っ, むなし雜草, もうよく塩, もはや落ちつくし, やうやく破れ, やはり花, やぶれ, ゆでれば, ゆらぐ珠, よい雨, シンも, スクリーンの, 一いちかぞえられる, 一つ志賀唐崎の, 一つ都の, 一二枚黒ずん, 一向に乾いた, 一様に, 不思議に, 並べて, 乾いた, 亂れ, 争って, 二三枚飛び吹きちぎられた, 五月の, 交る, 人の, 人間的なる, 今將, 何となく気味, 何とは, 何も, 係り合いが, 俄に, 充分に, 光りしめらひわれのうへに, 入つて來, 入れて, 入れれば, 共に嘆息, 其の眼色, 其の誠, 其處で, 出せば, 出ない, 刃と, 切り捨てられて, 刈り, 剛けれ, 力なげ, 劣らず美しい, 動かず, 動かなかつた, 匂ひもすべてが, 半ばは, 叫び主馬之進, 同然だ, 唇を, 唾の, 地面も, 埃が, 埃で, 夥しく落ち出し, 大きいから, 大きくて, 大きくなっ, 大きく物凄く見えた, 大層芝居気, 大方振り落とし, 大阪が, 夾竹桃の, 好いに, 好い顔, 子供の, 実も, 寒気と, 少しく意外, 少しばかり, 少し縮れ上がっ, 山吹の, 已に枯れ尽し, 常々顔を, 幾ら成長し, 幾枚も, 庭土も, 延びきったころ, 当分暗い, 後から, 後には, 心配し, 我ながら, 挙げて, 揉まれて, 摘めよう, 改めて会釈, 散らさずヒラリ, 散るが, 散れば, 新らしい, 既う, 日々に, 日の, 木の葉も, 杉葉の, 枝には, 枯らされましたが, 枯れて, 枯れはて, 枯れ果てて, 柳の, 根も, 桜の, 極り惡さうに加はりました, 次第に散, 死にました, 殊に綺麗, 殊更に, 残って, 残らず枯れつくし死に尽くさねば, 残りなく, 殘し, 殘つては, 沢山赤ちゃん, 深々と, 溌溂と, 漸く健康, 灯れずぽかぽか, 無いやう, 無い噂, 無い捏造記事, 無い話, 無く愛吉, 瓜も, 生ひぬ, 生一本の, 男の, 痛むこッ, 痛むこツ, 痢病の, 白い葉裏, 白く頽, 皆う, 皆落ちで, 皆葉先を, 皆葉端を, 目を, 窕子の, 笑つた, 笑つて見せた, 紅い紅葉, 紫で, 細かく隙間, 続いて, 緑に, 繁つてゐる, 繁る, 繁ると, 美しい, 美しいが, 美しいし, 翻らず目, 肌膚も, 脆くも, 自分の, 色づく時, 色づく鳥羽, 艶彩の, 花片も, 芽も, 茂って, 茂る, 萎, 落ちつくしたり, 落ちぬ葉, 蔓も, 薄靄, 薄黒く, 裂くと, 裏吹ほどや, 見えずこの, 見えぬこと, 見ず時々, 見よ, 討たれ重太郎, 講中の, 賤しい, 赤い, 赤いぢくも気, 踏み分けがたく, 通りまで, 遁れる, 重なれり, 重太郎と, 鋼鉄の, 間が, 震えるかと, 露に, 青々と, 青い空, 頼母様の, 顫ふ, 鮭も, 黄いろい葉, 黄ばみはじめ市中, 黄ばんで, 黄色く枯れ, 黙って

▼ 葉~ (296, 2.1%)

15 葉の 8 葉が, 葉との 5 なって, 一緒に 3 花との, 葉とが

2 [18件] いえば, おもふも, だにも, ちりに, なつて, なり落ち, なろうよりも, 一しょに, 太陽, 木蘭の, 椰子の, 硝子の, 羊歯とを, 葉と, 葉は, 蓮の, 褐色の, 馬鈴薯とを

1 [213件] あって, あらそひふれる山もと, あるの, あるも, いいどうも, いい花, いう, いうて, いうよりも, いえども, いくらか尖った, いっしょに, いった, いって, いつて, いふ, いへば, いわず揺らめき始めました, いわず頭, うそぶき給, おかしいよう, お千世, お孝, お湯を, かつぎあげる浅薄さ, くるごとく, ことわって, この葉, ごみと, ささやく, し他, すれすれに, すれ合う音, そしてか, そつくりです, そのほおけた, その嫩かい皮, その紅色, ちがって, ちょと, とりあわせて, どちらも, なしたる蔓艸, なりあるいは, なりて, なりました, なり幹, なり果実, なり花, なるあれ, なるの, なるべき芽, なるもの, はちきれそう, ひとしいほどの, ひらき花, ほの, ほる日, まじり合つて斜, まぜて, また真青, まはり, みつ草とを, わかるん, 一所に, 一本の, 一緒にな, 三人し, 主税とが, 主税とは, 二人で, 云いました, 云う名前, 云った女, 云わず花, 交ぜて, 人とが, 似て, 佐野松を, 倶に, 兎の毛を, 入りまじって, 全く切り, 凧が, 到来間もなく, 前からの, 十字形さ, 十字形とで, 十字形な, 原中の, 反対の, 合せて, 吊橋を, 同じく先, 同じく萎み卷き, 同じやうヒラ, 同じよう, 同じ年, 同じ松葉杖, 同じ株, 同形と, 同様に, 名づけるもの, 囁き枝は, 土塊の, 大根とちしやだつた, 太郎は, 婢が, 実とが, 実の, 宣って, 寂しいみそ萩, 対生し, 小さい白い花, 小さい蝸牛, 小さい赤い山もみじ, 小松を, 小枝を, 層, 崩された沼, 常葉とが, 常連の, 幹の, 形は, 徳利と, 思い近付かしめて, 性質の, 懇意に, 成って, 戦い風, 折れまがらない葉, 散りそめたという, 散りそめたといふ, 新しい若葉, 新葉, 旅に, 昆布の, 暫しの, 本当に愛し合おう, 来るかも, 杵太郎を, 松女な, 果実とは, 枝との, 枝の, 枝を, 枯れ始めた草, 枯葉とに, 枯蓬とが, 根と, 根との, 桜の, 楡と, 泣いて, 申しますが, 白い卓クロース, 皮とを, 相映じ, 相映ずる, 砂を, 神灯と, 称す, 稈とが, 稈とを, 稱する, 紅の, 紅色の, 縦に, 羊齒とを, 背向きに, 芋しか, 芋と, 花うる, 花で, 花とは, 花の, 茎と, 茎は, 草どもが, 萌え出づる, 萠え, 葉とから, 葉とで, 葉を, 葛蔓で, 蒼空の, 蔓と, 蕃椒の, 蛭子神社の, 行き違つたの, 見分けが, 言つて三十前後商賣, 訳した, 讀むん, 豆を, 貝多, 赤い実, 連れ立つて, 酒の, 酔いしれて, 重太郎との, 重太郎とは, 重太郎の, 銀六を, 鑛毒の, 雲, 霜で, 青々と, 面を, 顏を, 鮒, 鶏卵の, 齦を

▼ 葉~ (185, 1.3%)

8 あつた 4 切りました 3 屋根を, 飾って 2 おおわれて, おれの, さいぎり, 僅かに, 幾重にも包ん, 編んだ筵, 足や, 食事を

1 [151件] あたりの, あつたらう, あんだ買い出し篭, いっぱいでした, いぶして, いろいろな, うずまって, おもて, かこいを, かざりました, こしらえた大きな, こんなに手, その中, その時季, それが, それは, それまでは, たたき落とそうよ, たてた風呂, つくった小さい, つっ立って, つつんだ強飯, つづくった, なんだか水, のむ, はじかれて, はない, はね返すよう, ひらひらと, ほほ笑みしなやか, まづい, もちぎつて頭に, ピイ, ラッパを, ワラジを, 一つは, 一ぴきの, 一人夕食美味かっ, 一度跨ぐ, 一種は, 一葉を, 丸く塊, 二人のみ, 亜剌比亜模様が, 今一つは, 作ったよう, 作った大きな, 傍え, 光線を, 入口を, 冠や, 出来たという, 出来て, 切ったほど, 切れた唇, 包まれた白い, 包まれて, 包んだ, 包んだ花束, 包んで, 味噌を, 埋まって, 実に純粋, 小屋を, 尻を, 巻いた巻餅, 巻いた物, 巻いて, 布き敷め, 幾度か, 彩り金, 彼女は, 後半のみが, 御飯を, 意味も, 手や, 手触りの, 手足が, 手頸の, 打水を, 括つた, 拭いた, 拭いたり, 拭いながら, 拭うた自, 拭うと, 拭きとって, 掩はれ, 敷きつめられて, 晴れたが, 月は, 朝月夜, 桐の, 梅幸が, 樹蔭を, 此鑛毒の, 淡紅色の, 満たされて, 滿たされた, 火を, 目を, 眼を, 笛を, 笹舟を, 粽を, 終りすべて, 編んだ冠, 編んだ籠, 縫ひ, 膾を, 自らを, 自ら頸を, 自分の, 色取られ, 艶めかしく居崩れ, 芭蕉扇を, 花の, 葺いた土民小舍, 葺いた土民小舎, 葺いた小屋, 葺いた庇, 葺いて, 蝶は, 袋を, 裏が, 覆う木々, 親子食った, 通るの, 造って, 酢を, 鋸き殺す, 鑛毒の, 隠して, 隠れて, 面を, 面白く包ん, 食事ポタアジュうまし, 食事小沢の, 食事川口, 飢えを, 飾つた, 飾つてありました, 飾らないの, 飾られた, 飾られた小さな, 飾られた歓迎門, 飾られた精緻, 飾られる時, 飾られ青, 香を, 黄色い小粒

▼ 葉~ (182, 1.3%)

8 の顏 5 はベツド 4 の兄, の枕元 3 の病室, は飛騨 2 とおなじ, のからだ, のはう, の室, の足, はだまつて, はまだ, は別, は眼, を見

1 [135件] から鉛筆, がおのれ, がさき, がその, がはしやぎ, がスケツチ, がベツド, が放蕩, が笑, であつ, ではなし, とかう, とならん, とはじめて, とはなにごと, とは三つ, とは中學校時代, と小菅, と眞野, と親戚, と飛騨, にせよ, になに, には兄, にむけた, に似, に手, のうち, のおとなびた, のこころ, のこと, のす, のすこし, のその, のちかごろ, のふるさと, のま, のわびる, のガアゼ, のスケツチ, のヴエランダ, の一, の傍, の元, の入院, の國元, の收容, の毛, の氣持ち, の洋畫, の畫, の眞, の眼つき, の肩越し, の言葉, の身元, の頭, はありのまま, はあわて, はいちいち, はいま, はおとなしく, はおどけもの, はからだ, はけふ退院, はこの, はさう呟き, はしばしば, はその, はそれ, ははじめて, ははるか, はひとり, はふたたび, はほとんど, はまた, はまつ, はわざと, はトランプ, はドア, は内心, は右, は園, は夜, は寢, は寢ぐる, は平, は怒つ, は急, は或, は折り, は持つ, は梨の木, は沸き, は洋畫, は海, は眠つたふり, は眠らなかつた, は素知らぬ, は美術學校, は美術學校時代, は聲, は肩, は自動車, は語りはじめた, は起きあが, は起きあがつた, は足, は返事, は長い, は頬杖, へ打ち解けよう, へ目, ほどの男, もういい, もつづいた, もなにやら, も五六歩, も僕, も平, も笑ひだ, も蘇生, も霜, も飛騨, や飛騨, をふびん, をもてあまし, をやはり, を信頼, を僕, を好い, を小菅, を救, を見舞, を誘

▼ 葉~ (161, 1.2%)

5 お葉 4 枝を, 花が, 花を 3 房の, 枝が

2 [14件] 何, 場末に, 実や, 幹は, 既に枯れかかつた, 春の, 枝の, 柿の, 桑の, 樫の, 花や, 茎を, 萱の, 蔓ばかし

1 [110件] いろいろの, おどろかしけん, お前は, くさった木ぎれなどが, そこに, その中, その他の, その女, それに, なぎの, ほおずきなどは, ほこりの, みごとな, よく帰っ, わたしも, わらくずなどの, コスモスの, スパイクの, 一体それは, 何かが, 冬木立, 刎ね, 古事記の, 古事記を, 咲きかたや, 堪忍し, 大根の, 小さな樫, 小蛇, 小鳥を, 山は, 巻髭が, 干からびた木の葉, 幹などと, 形の, 復讐とは, 手入れの, 拭くもの, 木の, 木の葉は, 木立や, 木肌が, 材木の, 果が, 枝に, 枝や, 枝先にのみ, 枯れた小, 枯れのこる葉鶏頭, 柏の葉杉栗楢の, 株の, 桜の, 棒杙や, 棘に, 椰子の, 楢の, 横へ, 欅の, 水だつた, 深い緑, 温室の, 百合の, 眼覚めた, 稈心の, 笹の, 紅い根, 紅い葉, 紅味を, 紅葉や, 紫の, 芋を, 芝生や, 花と, 花なき, 花に, 花の, 花は, 花びらや, 芽や, 茎から, 茎だって, 茎や, 草の, 荒布で, 菜の花ばかり, 落ちた葉, 落ちついて, 蓬熊笹引か, 蓮かと, 蓮の, 蔓と共に, 藁屑が, 藁屑などが, 蝋燭の, 裏葉あれも, 豆などを, 赤い花, 足の, 車百合の, 郵便や, 鉋くずが, 鉋屑に, 雪の下の, 霜の, 霜枯れ前の, 青木の, 青桐の, 青薦, 静かな, 魚の

▼ 葉~ (146, 1.0%)

4 の存在 2 の膝, の鉄槌, は余りに, は眼, をし, を訪問

1 [130件] あったが, あるを, から度々, が一世一代, が一度, が学堂提調, が実行力, が心, が文学, が浪人, が能, であった, である, であると, ではかえって, で青楓氏, といっしょ, との文体, との談論, とはホン, とは偶然私, とは学校時代, とは最も, とは親たち, とも度々, とよりも古く, とを結び付ける, と会見, と女郎屋, と議論, と面会, には出来なかった, にもまた, に力説, に対して彼, に接し, に辛抱, に関する坪内君, に限らず, のあの, のいう如く, のこの間, のため, の一身上, の人物, の仕官, の作中屈指, の再起, の名, の噂, の大人, の如き, の実業, の家, の志ざす, の思想, の思想動揺, の性分, の性質, の手腕, の才能, の持前, の文学, の方, の易簀当時暹羅公使, の最後, の注文通り, の消息, の源流, の熱心, の生涯, の自活, の薫陶, の訳文, の訳筆, の論策研究, の趣味問題, の足蹟, の身分, の重々しい, の面影, の頭, の顔, の風格, の飜訳, の鼓吹, は, はかつて, はこの, はそれ, はマダ部屋住, は二葉亭四迷, は八門遁甲, は冷, は博士, は印度洋, は周囲, は外字新聞, は学校, は実に, は家庭, は小説家型, は居, は山本伯, は常に, は幾分, は強, は文章, は新作, は既に, は日本, は旧人, は洞察, は無知, は舞台監督, は軍事, は運, へ寄る, へ行き, も美妙斎, や鴎外, をも憶, を反省, を憶出, を猿楽町, を百方慰撫, を知る, を聘そう, を訪ね, を説明

▼ 葉~ (104, 0.7%)

6 を返し 5 を白く, を見せ 3 をひるがえし, を飜 2 である, にさがる, にはもう, をひる, を歩い, を翻し, を逆立て

1 [68件] から秋, から蛍, から蝉, から透け, が夜目, が白粉, で一生懸命, で死, で羽虫, などにその, にあか, にい, にかすか, にきらきら, にちらちら, についている, には白毛, には百千鳥, にも黒い, に一ぱい, に一体どうして, に三藐三菩提, に印し, に彼, に戯れ, に毛, に毛虫, に眺める, に笹, に紫色, に芋虫, に這いよった, に隠れ, に隠れる, に黒井君, のざはめきが, のせい, のテントームシ, の上段十三四行, の卵, の毛, の毛蟲, の灰白色, の綿毛, の茎, の莖, の青う明る, へかくれ, へ移り, まで蒸し返され, まで覗い, や若芽, をかえし, をかえした, をちらちら, をひるがえす, を冷, を反す, を波, を洩れた, を洩れる, を潜っ, を見せてる, を見せる, を透し, 全く無, 見せて, 見上げつ

▼ 葉~ (100, 0.7%)

2 から煙, に, になつ, に立ち並ん, に群れ, に隠れ, をとおし

1 [86件] からその, からもう一度, からキラ, からユラ, から一人, から出, から垂, から射す光り, から小さな, から徐々, から来る, から海岸, から物珍, から眼, から若い, から見, から覗い, から赤い, から通行禁止, から隠者, から青い, から高く, で, ではなく, では目白, でカツサカサ, で向, で声, で夏, で旋回, で楽しい, で流れ, で知人同士, で角力, で話されてる, で騒ぐ, にあつ, にいくつ, にうす暗く, にそよい, にとまった, になっ, には名, にまだ薄々, にみんみん蝉, に何やら, に何時も, に咲き, に在る, に夕闇, に学生服, に小さい, に巣, に手, に枕ぎて夢む, に横たわっ, に燈籠, に真黒, に立つ, に紫陽花, に芳つて, に運ばれる, に釣竿, に隠れました, に露わに姿, に頷き合う, のあたり, の濡れ縁, の花, の間, の髪切虫, は川, へうごい, へ隠れる, より覗き, をすっかり, をのぞい, をのぞきます, を二, を樂しみ, を洩れた, を洩れる, を漏れる, を近く, を透き, を通して涼しい

▼ 葉~ (85, 0.6%)

9 ぱの 86 ぱを 4 ぱが, ぱに, 葉を 2 ぱがかれを手招き, ぱで, ぱのお金で, ぱのやうな大きい, ぱのやうな大きな, ぱは

1 [38件] ぱからはじまつてやつぱり此の, ぱがくく, ぱがしなしなとほそくうごいて居る, ぱがひらひらと風に, ぱがゆれてゐる, ぱが向き合ひ, ぱぞ, ぱだけぢやつた, ぱですら, ぱで三人とも, ぱで用に, ぱなんか見た, ぱにつつんだ乱暴な, ぱにぴかぴか光る, ぱのうちにはいるかどうかねえ, ぱのどこかのかげで啼い, ぱのひとつびとつに沁み徹らせ, ぱのやうなものも靴の, ぱのやうな左の, ぱのやうな手の平を, ぱのやうな掌を, ぱのやうな詩集を, ぱの汁の, ぱの目かくし, ぱは安住の, ぱは日が, ぱは風吹き, ぱへ, ぱをかじるのに余念が, ぱをかじる事のみに, ぱをくれるんだからいづれ, ぱをふきちらし, ぱをゆする, ぱを無い, 切り動かない, 葉だ, 葉の, 葉は

▼ 葉ちゃん~ (80, 0.6%)

3 が好き, のこと 2 じゃない, だ, に逢った, の唾, の恐ろしい, の顔, は

1 [60件] が, があたし, がそう, がナゼ, が俺みたい, が来た, しばらくだった, じゃなく, そんな, たらとても, たら変, だけは笑わなかった, だろうか, だ確か, では, とにやにや, と一緒, と呼ん, なら, ならば, なんか忘れた, に, にいえない, にきまっ, にね, に別れん, に惚れとる, に撲られ, に聴い, に訊きたい, に逢う, のふくよか, の事, の住所, の出番, の喰いかけだ, の為, はきらってる, はとても, はね解散, はやっぱり, はわざと, は少し, は真赤, は綺麗, への不思議, も, もういい, もう一度で, もヨ, も一緒, も悪い, をここ, を好き, を張り, を殺っ, を知っ, 似合わない, 怒らないでね, 見てたの

▼ 葉かげ~ (79, 0.6%)

52 にけむつて, に照らふ, に腰

1 [68件] あるおべ, から彼女たち, から彼方, から聞える, から見, から見えた, から隣り, があるお, が二月堂, が足りなくなっ, でころ, でたのしい, で昼寝, で朝子, で歌, にかかり出した, にかくれ, にその, にそれ, につつ込み, には, には漸, にまっ青, によりそっ, にポツチリ, にラム酒, に咲い, に咲き出で, に寝, に小さい, に斷, に瞬目, に紫藤, に置い, に若い, に起き上らなかった, に遊ぶ, に隠れ, に隠れる, に青塗り, の, のしげり, の南洋蔓草, の南瓜, の古い, の土, の小屋, の恐怖, の水面, の泉, の深い, の白い, の私, ふかくうもれ, へスッポリコ, より今日, より蚊, をくぐっ, をせめて, をのぞいた, を白い, を蒸し, を透かし, を透し, 大きく咲きかける, 涼しくわれ獄, 美し, 黒い蝶

▼ 葉から~ (68, 0.5%)

3 葉へ 2 出来て, 葉へと

1 [61件] こぼれる月, さわやかな, す, すぐに, てふてふうまれ, とべば, のぞいて, はらりとこぼれた, まことに同情, もぎとられて, バラバラと, 下の, 下葉, 何か, 出て, 受取った椿, 古今を, 呼ばれて, 堀かへ, 堅く念, 大粒な, 宵やみが, 延びて, 引いて, 成りちょうど, 掃除の, 搖ぎ落ちた, 日に, 来る光, 枝から, 枝へ, 枝枝から, 染料を, 次第に枯れ, 毛虫が, 水烟の, 洩れて, 浅見淵君が, 涼しいゆふぐ, 用心深くわたくし, 眼を, 立つと, 精製した, 義雄等に, 自動車に, 色づき梅桜, 花へ, 茎までが, 莖から, 落ちる雨滴, 葉に, 蒼白いさざめき, 蛾が, 製したもの, 起して, 超出し衆草, 降りかかつた雪, 降ろうが, 露が, 馨ば, 高価な

▼ 葉には~ (68, 0.5%)

2 それは, よく分らない, 多い

1 [62件] あり, いちいち精巧, かすかな, このお客樣, この頂上, これを, こんなこころ, その力, その窕子, それとは, それほどの, そんなこと, ただ二カ処, ちが, はし書は, ほかに, また同じ, まだ小説, キラキラと, スペクトラムの, ヴィタミンが, 一種の, 二枚とも, 今病気, 他の, 全然香いが, 冴えた耳, 初秋の, 卵を, 奇形が, 少い其の, 常に風, 心配に, 放肆な, 敵は, 時おくれ, 書いて, 柄が, 此語を, 毛が, 水が, 海山の, 清君の, 無きかと, 特にソラニン, 珍らしくない, 砂埃が, 竹取, 絶対に, 自分が, 色とりどりの, 葉柄が, 薄霜, 解らない, 赤い花, 赤らみが, 酒の, 針の, 随分ある, 雨の, 霜が, 露が

▼ 葉さん~ (64, 0.5%)

4 がお

2 [11件] お葉さん, が夜中, が父, でなくっては, と杵太郎さん, のこと, の方, の横顔, の長襦袢, は, はどう

1 [38件] から怒られた, が嫌った, が言った, が話した, じゃア, ちょっと, である, でつし, でなくっちゃ, という方, とお, とは主, とは違います, と呼ん, と違う, なら恐れ, にたずね, に出, に嫌われる, に惚れる, に教え, に逢っ, の葛木さん, はまた, は一足, は急, は楽勤め, ばかり縹緻, も私, も豪い, を出された, を助けた, を燒, を疑つた, 即ち蟒, 寒いだろう, 居るかい, 頼むから

▼ 葉掘り~ (60, 0.4%)

4 聞いて 2 色々の

1 [54件] あやめの, いろいろ聞きただした, うるさく聞い, お取調べ, お訊ね, きいて, ききはじめた, きき尋ねましたところ, きくだけで, この料理店, これまでの, さまざま詮索を, しつこく私, それを, に対してつまり味鋺, のあり, のよう, の好き, の詮議, はしなかった, 事実の, 今度の, 何かを, 問い訊し, 国々の, 昔の, 極めて行きます, 結城ひろ子の, 聞いた, 聞いたり, 聞いた僕, 聞かなければ, 聞きたがり私, 聞きたくなったが, 聞きたくは, 聞きはじめるん, 聞きも, 聞き始めた, 訊いた上, 訊いて, 訊きた, 訊きたいからと, 訊きたいの, 訊きただしました, 訊きだした, 訊きだして, 訊きなさるだね, 訊きはじめた, 訊きましたよ, 訊き出すまでは, 詮議しはじめた, 詳しく聞き返し, 鎌を, 頻りに娘

▼ 葉にも~ (56, 0.4%)

3 花にも 2 出て, 同じ丈

1 [49件] あるを, いままで, こすられて, ございます, さすがに, さわらず魚, しきりにすすめ, ついて, とあるは, ほか, また三出葉, 一箇所, 一面の, 之と, 似て, 似るかな, 再び花片, 善き調, 完全な, 小揺ぎ, 少く普通, 幹にも, 心を, 思ひ出された, 手が, 持ち味が, 数が, 暇を, 木綿し, 枝にも, 殘らず, 毛虫つく, 氣持好く, 洩れて, 浦島を, 涙こぼれ, 瓦にも, 細白毛が, 美しい露, 苔にも, 萌黄藍紅麻の, 蛾が, 言えるごとく, 露おかせ, 飮み, 鮮かに, 鳥にも, 黄い, 黄いろい花

▼ 葉~ (51, 0.4%)

5 の男 3 のポケット, を着, を着た 2 の野郎

1 [35件] がいきり立つ, がうなる, がトロッコ, が二大隊, が屍体, が戻っ, で一杯, とメリヤス, にゴム靴, に鳥打帽, のほう, のよう, の一人, の三好, の上, の人, の大男, の工夫, の平吉, の旗, の職工連, の胸, の腕, の袖口, の襟首, はふうん, はむっと, はコート, は辛抱, は黒い, を出し褪め, を真黒, を着る, を着込ん, 半ズボン

▼ 葉~ (39, 0.3%)

3 が孔子

1 [36件] が先師, が得意, が描き貶され, が政道, が横柄, と問答, と孔子, と楚, にとっては臣下, にとってますます, にはどうしても, にもその, に見切り, に逢った, のぺらぺら, の人物, の優柔不断, の家, の竜, の話, はいかにも, はこれ, はしめた, はその, はそれ, はちくりと, はむしろ, はむろん, はもう, は半ば口, は息子, は無造作, は眼玉, は色, は賢者, も気

▼ 葉~ (39, 0.3%)

4 の下

1 [35件] が一本, が暗く, が窓, が芽ぐん, だった, つづき, と家々, などの並んだ, なども見える, にもそろそろ, に蒼, の, のある, のかげ, のしげみ, のしづくに, の上, の下枝, の並木, の並木路, の中, の枝, の糸, の茂み, の葉, の蓑着, の蔭, の闇, の陰, は, は山オコゼ, は雨, や今, を, をかすめ

▼ 葉~ (33, 0.2%)

2 で重い, をお

1 [29件] から赤く, がうるさく, がさらさら, がちかちか, がぬれ, が三つ, が何, が光っ, が萎れ, が雲, きに, きを, でついた, などには昨日, にざら, に一面, に当, に漸, ばかりが無数, へ吹き送っ, へ浮, をさし, をそろえた, を微か, を微風, を汀, を秋風, を立て, を胸

▼ 葉~ (33, 0.2%)

3 との関係 2 との同行, よりも直接

1 [26件] および親戚, がある, とて妾, との交情, との交情旧, との間, と共に帰国, と結婚, なり, にし, に宛て, に対し何となく, に懲りし, に申し送り, に贈りしなれ, に面会, の今, の寓居, の来, の無情, の答礼, はいう, はそも, は時々, への手書, もあらず

▼ 葉~ (31, 0.2%)

2 行く

1 [29件] かけつけ折角, かづらみ, したたる雨, しとと, たびたび鰻, ついた虫, つたわるしずく, のせて, チョッチョッと, 乘せた, 今の, 出て, 包んだ屋根, 包んで, 小銃の, 帰りは, 干した染糸, 我置き, 搦んだ, 灰を, 独楽の, 盛つた茄子へ, 行き珍しく, 親子を, 觸れ, 降りて, 陽が, 食事し, 高い葉

▼ 葉~ (30, 0.2%)

2 のゆらぐ

1 [28件] が微風, で寝とぼけた, で明るく, で絶えず, などを眺め, に, にかくれ, にふる, にほのか, にゆたか, に啄木鳥, に彼女, に懐かしい, に沈ん, に組重, のボックス, の一枚, の落ちる, の蒼々, は淡く, は生, もハッキリ, も鮮やか, を宿し, を洩れる, を浴び, を背中, を辷らせ

▼ 葉という~ (29, 0.2%)

5 女は 2 ものを

1 [22件] ところやっぱり, のと, ものは, 一人の, 名前でした, 哀れな, 女, 女が, 女です, 女と, 女に, 女の, 女を, 女中あれは, 娘とも, 小説家が, 平凡な, 文名嘖々と, 日本の, 物質が, 順序である, 順序に

▼ 葉~ (25, 0.2%)

4 何かを 3 何かに 2

1 [16件] づら日, なにかが, なにかそういった, なんか擔, ぬらした障子紙三, らち置け, 何か, 何かの, 何んかで, 何んかを, 所々が, 知らねども, 色の, 衣か, 露の, 馬糞が

▼ 葉~ (25, 0.2%)

3 の月 2 の面影

1 [20件] と言います, に, にいかに, には二つ三つ, にもゆる, に差, に日, に映る, に晴れた, に枝越, に窺われる, に紅い, に見た, に觸, に試み, に近く, に隣, の日影, の空, は姓

▼ 葉ばかり~ (24, 0.2%)

2 食べて

1 [22件] きらびやかな, ぐみの木は, さまだ, だが, だった, でしたから, でなく後れ咲, では, でも, で伸びて, なる小, もみぢの, 丹念に, 伸びるもの, 何にも, 出来て, 堂々と, 多くて, 揺らいで, 日は, 殘し, 茂って

▼ 葉ほり~ (24, 0.2%)

1 [24件] ききますこと, きくので, して, しはじめる, するの, する執拗さ, その性的刺戟, なお訊きほじった, に詮索, の詮議, はご, もできなかった, 伺ひましたところ, 尋ねた, 尋ねられた, 探り出しその, 聞いて, 聞きたが, 聞くうち, 訊いたが, 訊かれた時, 訊きたがりなさるの, 訊くと, 訊ねた末

▼ 葉~ (23, 0.2%)

3 のを

1 [20件] お葉, かが油絵, から枝, か青い, しかもそれ, ぜ, つた, つて, という, とかあやし, とかいうもの, とは知り, な, なと鉢前, のが, のに霜, よ, わね, 汝は, 清葉とは

▼ 葉との~ (23, 0.2%)

5 間に

1 [18件] あひだ, ことが, すれる音, ときで, 宮殿が, 形から, 様子を, 混った, 視線が, 間から, 間からは, 間の, 間や, 間を, 間を通して, 間柄が, 関係が, 関係だった

▼ 葉微塵~ (23, 0.2%)

32 となっ

1 [18件] でしょうな, といったていた, とくだけ, と砕け去った, と震え上っ, にし, にしてやろうで, になる, に吹きとばし, に崖下, に打ち砕かれました, に砕かれる, に粉砕, に踏みくだかれた, に踏み潰され, に飜弄, の形, の有

▼ 葉でも~ (21, 0.2%)

2 こいて, 安雄さんの

1 [17件] あろうか, いろ, ゆでて, よくまた, わけなしでむしると, 一と, 三杯なんぼ, 優れた歌人, 古今でも, 奢りましょう, 悉ど, 摘んで, 新らしい, 矢張り同じく, 花でも, 踏む心持, 連ねたよう

▼ 葉時代~ (21, 0.2%)

2 に流行, のよう

1 [17件] からそれほど, から存在, と平安朝時代, にはこうした, には実地, の, のもの, のサブシ, の一農家, の人, の人々, の修辞法, の大立物源俊頼, の文学表現, の暢, ほどに変化, や明治時代

▼ 葉~ (20, 0.1%)

10 しに 2 もりに 1 しに大きく黒く, しに屋, しに林間, しの光線で, しの月い, しの月が, もりぞ, もりと

▼ 葉とが~ (20, 0.1%)

1 [20件] おおいかぶさって, からみあって, けんかを, その後を, ひっそりと, ぴん, 一杯き, 似て, 出た, 左右から, 彼の, 搦み合う, 散らばって, 昼も, 疎らに, 立って, 萌出し, 見える, 訳が, 重なり合ったり

▼ 葉とは~ (19, 0.1%)

2 なれ

1 [17件] あまり離れ, この人これ, そこらに, その時分, だいぶ形, だいぶ葉形, どれくらいの, まったく色恋, まるで違った, ややその, 五六人の, 何の, 再び古びた, 天爾波俄の, 水から, 誰だ, 違ふ

▼ 葉一つ~ (18, 0.1%)

3 そよがない 2 でも他家

1 [13件] がさつか無え, の陰翳, はかなくも, を摘み, 出さなければ, 出すの, 動かない不思議, 動きません, 残らずガラ空き, 残らない, 留めぬ塋域, 見えなかった, 貰い受けるよう

▼ 葉巻き~ (18, 0.1%)

2 の煙

1 [16件] がポロッ, にはね, に火, のさき, のたばこ, の吸い, は大, をくゆらし, をくわえ, をのんだ, をふかし, を一箱, を口, を喫, を燻, スパスパソファ

▼ 葉摺れ~ (18, 0.1%)

6 の音 2 がわたし 1 が寂しく, が空中, にうつつ, にりんりん, に消え入る思ひし, のひそめき, の中, の噪音, の憂愁, は空中

▼ 葉~ (18, 0.1%)

4 の下 2 の影

1 [12件] が毛虫だらけ, ですよ, で圍まれ, になつて, になる, には蝉, のころ, の向島土手, の土手, の季節, の頃, を見る

▼ 葉~ (18, 0.1%)

2 からなっ, がある

1 [14件] から製した, があっ, が前述, が巻き重なっ, が拗れる, が綟, が老い, が重なっ, でそれ, と葉片, ねじれて, は茎, をもっ, を以て稈

▼ 葉ばかりの~ (17, 0.1%)

4 ぐみの木は 2 燕子花を

1 [11件] ぐみの木へ, もの果実や, 木を, 茶は, 菖蒲が, 菖蒲の, 菖蒲は, 菖蒲杜若が, 菜蔬も, 鉢や, 鰈が

▼ 葉~ (17, 0.1%)

2 のしげ

1 [15件] があった, がはえ, だったと, だの桂, で囲まれ, には飾燈, の並木, の姿, の梢, の父, の花, の茂み, の蔭, やで, や泉

▼ 葉ざくら~ (16, 0.1%)

3 のかげ 2 となつ, の梢葉, は風 1 がそよい, がひ, となり, のせ, の下, の緑平居, は初々しい

▼ 葉みじん~ (16, 0.1%)

1 [16件] だ, だらう, だろう, とした, にうちくだい, にくだい, にしかり飛ばされ, にしてやろう, になる, にやられ, に叩きつぶし, に吹き飛ばし, に吹ッ, に無くなっ, に見破られ, の目

▼ 葉より~ (16, 0.1%)

1 [16件] つもりて, ともないしという, 上は, 今日まで, 劣りたる者, 才能が, 文学に, 浮葉に, 濃かに, 用なげなれ, 聞く方, 葉へと, 赤き色, 香しという, 馨しい名木, 高く出ずる

▼ 葉女史~ (16, 0.1%)

2 の墓

1 [14件] が取る, との浮名, と紅葉山人, の作中, の書いた, の生活, の短い, の諸, はその, はたしかに, も病葉, を日露戦争後, を知ろう, を訪ねた

▼ 葉~ (16, 0.1%)

2 の漁舟

1 [14件] が掲げ, が異なっ, が鶏, に基づい, に山, のドキドキ, の巨大, の絹, は円い, は広, もナンバンカンゾウ, やら根, をそのまま, を小さい

▼ 葉~ (16, 0.1%)

1 [16件] が迫っ, には闇夜, に当たってその, に毛, に白斑, の中央, の中道, の長, はこの, は心臓形, は楕円形, は白緑色, は長, は黒煤, より転げ落ちます, を布地

▼ 葉~ (15, 0.1%)

4 に火

1 [11件] でも燻らさう, のやう, の烟, の箱, はいつの間にか, は奢だ, めいた茶色, をば窓, を一本, を取上, を腹立たし

▼ 葉と共に~ (14, 0.1%)

1 [14件] まことに可憐, また多く, 一個ずつ, 咲き乱れて, 大分お粗末に, 振り落され, 揺れ青い, 白乳液が, 花茎, 茎上に, 落ちて, 重厚な, 隠れるの, 顔さと

▼ 葉落ち~ (14, 0.1%)

4 て天下 1 がはじまる, て, てと云う, てむら雨, てゆく, て大御, て後, て枯木亭々, 痩せゆく, 花開いて

▼ 葉~ (13, 0.1%)

2 へ寒, やらふ 1 うは, へたべず, へも, へ動, へ小さ, へ徐々に, へ搖ぐばかりで, へ紅う, やぎのひめごとや

▼ 葉~ (13, 0.1%)

2 もの

1 [11件] のであった, びく風, んで, ダンサーの, メロディを, 伝法調から, 伝法調で, 女達の, 彼女の, 物腰物の, 芝居口調に

▼ 葉~ (13, 0.1%)

1 [13件] とて南朝, などにも止つて, にいたる, にも, に二首, に達する, の中, の値, の歌, の連歌作家, は詞書き, や礼儀類典, をあ

▼ 葉とを~ (12, 0.1%)

1 [12件] まぜて, 交互に, 交換し, 凝視した, 出して, 合せて, 持ち上げて, 採りゆでて, 描いたもの, 洩れる日, 臥ながら, 貰いに

▼ 葉などが~ (12, 0.1%)

1 [12件] あり採り物, その鉢, やつて, シットリと, 交つて居る, 却ってわびしく, 散って, 生々と, 穢ならしく散っ, 落ちて, 道に, 風に

▼ 葉などを~ (12, 0.1%)

2 修飾句に, 食べて 1 くべた, くべて, また窓, 水で, 美くしく, 逸早く東京あたり, 鍋に, 食べたから

▼ 葉よりも~ (12, 0.1%)

1 [12件] ないたった, もろくなっ, 一層受動的, 上へ, 二三歳若く, 先に, 動き易い, 明月記よりも, 細く優しくみえた, 色ふかく, 赤し, 露く

▼ 葉天狗~ (12, 0.1%)

1 [12件] かお握りサン, さ, というの, とはアベコベ, にも外道, のジイサン, はうなずい, は意, は窓, は説明, もお握り, を認める

▼ 葉ッパ~ (11, 0.1%)

1 [11件] が一枚, が沈んだ, が浮い, が生じる, でチョイ, に限っ, の下, の裏, を見つけ, を見つけたら, を調べた

▼ 葉~ (11, 0.1%)

1 [11件] 以テ屋根ヲ, 以テ葺ケリ, 対生スルノ状十文字鎗, 揉或ハ乾セバ香気ナシ漢名彙宛詳註, 摘ミ, 摘ミ枝ヲ, 撼動スレバ其気麝香, 落サズ一葉舒ルトキハ則チ一葉蕉ル故, 落スノハ無益ナ, 隔ツ黄, 食シカツ薜茘ヲ

▼ 葉姐さん~ (11, 0.1%)

1 [11件] からの話, から熱海, が世話, そう言った, と一緒, の持ち物, の配慮, はどう, はゐる, は東京, よ

▼ 葉洩れ~ (11, 0.1%)

2 の日影, 日を, 日見 1 の光線, の日, の暑き, 日の, 陽が

▼ 葉~ (11, 0.1%)

1 [11件] にある, にはそんな, に咲, の四誓願, の大, の鳥, はまだ少し, レテ沖, 四誓願の, 抄, 武士道

▼ 葉こそ~ (10, 0.1%)

8 こぼるれ 1 危険だ, 喘げ

▼ 葉~ (10, 0.1%)

2 に影, の中 1 に指入れ象, の一群ごと, の香, をとおし, を薄, を薙ぎ倒し

▼ 葉村氏~ (10, 0.1%)

1 の勤め, の姿, の庸三, の心持, の理解, の筆, の質問, はいなかった, はその, はやがて

▼ 葉~ (10, 0.1%)

1 がいったい, がびっくり, と書いた, のあの, の価値, の荷箱, は確, を呼びとめ, 売りなぞ, 売りの

▼ 葉~ (10, 0.1%)

1 が着い, との界, と枝, にも無論, の中央, はその, はそのまま依然, は心臓状卵形, は狭長, 幅広く基部

▼ 葉~ (10, 0.1%)

2 に細鋸歯 1 がやや, には尖どき, には白い, にむすぶ, にゆるる, に粗, に針状歯, に鋸歯

▼ 葉~ (10, 0.1%)

5 れに 1 のうち, の中, れた晝杜鵑, れの, を持ち

▼ 葉~ (9, 0.1%)

2 ほき木々, もてひろく 1 ぎの, ほし春, 互に深く, 葉, 葉お

▼ 葉ちゃんと~ (9, 0.1%)

2 夫婦に 1 あたしと, 俺とが, 別れなければ, 呼んだの, 喧嘩した, 沁, 遊ぼうったって

▼ 葉といふ~ (9, 0.1%)

3 葉は 1 のが, 凄い年増, 女を, 葉が, 葉の, 飾りが

▼ 葉など~ (9, 0.1%)

2 すべてを 1 でないため, ひかりいでしは, 一つ一つに, 交ぜ加えて, 投げ込んで, 概して細々密接, 見る眼

▼ 葉なみ~ (9, 0.1%)

4 ふるひて 1 がじつに, をそよがせ, をそろえ, を潜りぬけ, 萎びれて

▼ 葉にて~ (9, 0.1%)

1 常にかわりける, 捲いたる煙草, 援けたり, 私のを, 葺かれたりと, 覆ひて, 覆ひ蔦蔓, 鋸かんとて, 鋸き

▼ 葉まで~ (9, 0.1%)

1 きらきらひかり, ことごとく子孫, そんなこと, 日につれて, 深紅に, 添えたもの, 生でも, 飛沫い, 食べて

▼ 葉~ (9, 0.1%)

2 に緑茎 1 から茎, には売薬, には賣, に三縦脈, に日光, の佶屈, の或

▼ 葉~ (9, 0.1%)

3 柏に 1 がし, 五百つ, 檮の, 熊白樹, 篠懸諸, 蕗うつ雨の

▼ 葉~ (9, 0.1%)

3 の定紋 1 が黄金蒔絵, ことに隠されぬ, には長い, の御, の紋どころ燦然, を紋所

▼ 葉うら~ (8, 0.1%)

2 にからびてしまつた 1 から金色, にささくれ, にすくむ, に大きい, に留まった, の色

▼ 葉では~ (8, 0.1%)

2 ありませんのね 1 あったのに, ありません, ございません, ない, なかった, なく其

▼ 葉にとって~ (8, 0.1%)

1 いとわしいもの, そういう近所合壁, たのもしい友, 前途の, 決しておだやか, 知られざる創作方法, 青年同士と, 非常に

▼ 葉へと~ (8, 0.1%)

1 はう油虫, もつれながら, 出る途すがら, 急いで, 登って, 落ちる雫, 飛び下りました, 飛び移りますが

▼ 葉をも~ (8, 0.1%)

1 ふるひ落さんと, 一時に, 戦がせない程, 時々は, 期待せず, 残すこと, 言止め, 譲られた

▼ 葉を以て~ (8, 0.1%)

1 した, せりと, 其家の, 掩はれ, 掩ひ, 畑の, 茶碗の, 隙間なき

▼ 葉~ (8, 0.1%)

6 の神 1 のまみ, の神さ

▼ 葉~ (8, 0.1%)

1 が来, の胴, はそれ, はもう, は吸殻, は淡, は黙っ, ひて

▼ 葉~ (8, 0.1%)

1 から緑色, にばたばた, に位, に出, に垂れ下がっ, に直立, に見え隠れ, に隠見

▼ 葉ごと~ (7, 0.1%)

1 ぐるりと, に光, に水, に黒い, の暗い, まるで飲んだ, 露ありき

▼ 葉とか~ (7, 0.1%)

1 ぶたご, 云う女, 云う奴, 左記右記百錬抄山槐記といった, 木の, 藁とか, 言ひました

▼ 葉などの~ (7, 0.1%)

1 わずか数行, 乾いて, 句が, 当るよう, 形の, 説とは, 輝くさま

▼ 葉なら~ (7, 0.1%)

1 ば, ば霜, みんな青い, む陽の, よく知つて, 僕明日学校へ, 六杯ぐらい

▼ 葉のみ~ (7, 0.1%)

2 だれ 1 だれには, だれを, である, わずかに, 雨に

▼ 葉学者~ (7, 0.1%)

1 からは貴様, が唱うる, になつ, に信ぜられ, のみである, の注意, は麦門冬

▼ 葉~ (7, 0.1%)

2 を刈っ 1 から崩れ, にある, にすくすくと, をフツ, を渡る

▼ 葉~ (7, 0.1%)

2 のお 1 と建具屋, に居る, の弟子, の方, へ行く

▼ 葉掘り聞く~ (7, 0.1%)

1 となる, のは, ものなども, やつだ, ように, んです, 必要は

▼ 葉狂言~ (7, 0.1%)

1 である, というもの, などは能, にも度々, に替っ, は嘉永, をも好んだ

▼ 葉~ (7, 0.1%)

1 とはどんな, にさいた, の姿, を下, を眉, を着たる, を著

▼ 葉~ (7, 0.1%)

1 がじょうぶ, が剛, と睨め, は剛, は軟らかく, もナンバンカンゾウ, 硬く平滑

▼ 葉闊葉~ (7, 0.1%)

3 の混淆樹林 1 の大, の混淆林, の美しい, の見事

▼ 葉さえ~ (6, 0.0%)

1 ちらちら着ける, ないよう, 夢に, 戦がない, 時々拾いあげ, 附けて

▼ 葉ずつ~ (6, 0.0%)

1 他の, 入り第, 着くこと同属, 諸仏七葉御, 静かに, 風に

▼ 葉その~ (6, 0.0%)

1 かげの, 上を, 下に, 根の, 花何と, 葉隱れ

▼ 葉それ~ (6, 0.0%)

1 だけを五月八日, におびえ切っ, も上, よりも粗末, をち, を二つ折り

▼ 葉~ (6, 0.0%)

2 泣きそぼち 1 ひたりつ, や, 散り透きて, 散る

▼ 葉だけ~ (6, 0.0%)

2 では 1 あって, よく柔, 水中の, 置かれて

▼ 葉~ (6, 0.0%)

5 からみつからない 1 葉を

▼ 葉である~ (6, 0.0%)

1 からとても, から松釵, という珍しい, のであった, 眞新しい, 真新しい落葉

▼ 葉です~ (6, 0.0%)

21 かと云う, からそんな, よ達磨さん, わきの

▼ 葉とともに~ (6, 0.0%)

1 しきりに落ちた, 刺が, 合せ煎じ, 蹌踉する, 転がった, 黒く海

▼ 葉ばかりに~ (6, 0.0%)

2 なった, なって 1 なった牡丹, 風の

▼ 葉ぶり~ (6, 0.0%)

1 がむしろ, が一度, の初期, の消え, も惡, も面白く

▼ 葉~ (6, 0.0%)

2 に囁きぬ, を揃 1 が星, を走っ

▼ 葉亭氏~ (6, 0.0%)

1 には露國物, の最初, の第, の言葉, の面影, は身

▼ 葉広山~ (6, 0.0%)

1 で受けた, とか村, の根方, へ担い, へ連れ, まで担い

▼ 葉役人~ (6, 0.0%)

1 たア, の化け手先, の畜生奴, は瞞, や人夫, 下りませい

▼ 葉~ (6, 0.0%)

2 の長 1 の, のかえ, のな, の玉乗

▼ 葉~ (6, 0.0%)

2 には觸, に珠 1 に幾千万, に露

▼ 葉鷄頭~ (6, 0.0%)

1 くれな, でも添, に藁, の火立, の燃える, は籾

▼ 葉~ (6, 0.0%)

2 に冱, に落ち 1 なり, に立ち

▼ 葉~ (5, 0.0%)

4 らを 1 つぎ小松などが

▼ 葉さき~ (5, 0.0%)

1 から大粒, には露, に流れ, をつまみ, を曲げた

▼ 葉~ (5, 0.0%)

4 ゑに 1 ゑの

▼ 葉だけは~ (5, 0.0%)

1 まだ一部分, 仰言, 日本の, 烈しく慄, 青々したしめり

▼ 葉だけを~ (5, 0.0%)

1 とりあつめて, のこして, 瓶洗いの, 白湯の, 見せて

▼ 葉ちやん~ (5, 0.0%)

1 がそれ, だつて, にとつて, の大, はほんとに

▼ 葉ちり~ (5, 0.0%)

2 ぬ日, をる 1 枝は

▼ 葉とで~ (5, 0.0%)

2 以て 1 つくられたアドニス, できて, 周囲を

▼ 葉ども~ (5, 0.0%)

1 がチラチラ, はお, はどう, は一斉, を斬っ

▼ 葉~ (5, 0.0%)

1 いつまでも, おんみの熱を, 二人の, 活着け, 紅葉では

▼ 葉一枚~ (5, 0.0%)

1 ずつ数え, といえ, 持たぬ坊主, 描くこと, 残らず姿

▼ 葉以外~ (5, 0.0%)

2 に一風 1 には食べない, に一派, の歌

▼ 葉切り蟻~ (5, 0.0%)

2 の話 1 が菌, という者, の巣

▼ 葉居升~ (5, 0.0%)

1 が上言, が言, というもの, の上書, の言

▼ 葉~ (5, 0.0%)

2 に走る 1 すなわちアゴ, とは直ちに, も葉縁

▼ 葉~ (5, 0.0%)

2 日も, 陽が 1

▼ 葉~ (5, 0.0%)

5 が日

▼ 葉絵子~ (5, 0.0%)

2 は父 1 の方, はその, は何時

▼ 葉~ (5, 0.0%)

1 がくっきり, がくつ, が少し, にも知れ, を以てする

▼ 葉~ (5, 0.0%)

1 の商売, はそれぞれ, は花, を引い, を送っ

▼ 葉~ (5, 0.0%)

1 で拵, の四角, の罐, の茶壺, を火

▼ 葉~ (5, 0.0%)

1 に足, は露, も次第に, をおとせり, をなめ

▼ 葉~ (5, 0.0%)

1 とその, に走る, はその, も葉底, 及び葉底

▼ 葉からは~ (4, 0.0%)

1 トマトの, 時折雨の, 甘そう, 風も

▼ 葉この~ (4, 0.0%)

1 花のに, 身とて, 身は, 辺には

▼ 葉~ (4, 0.0%)

3 や屋 1 ょきじょきまあ

▼ 葉たる~ (4, 0.0%)

2 を一笑, を歎ずる

▼ 葉だけが~ (4, 0.0%)

1 ちりちり冷風, 枯れ残ってるのみ, 殘ツて, 鳥毛の

▼ 葉だった~ (4, 0.0%)

2 のです 1 けれど, もんで

▼ 葉つき~ (4, 0.0%)

1 あらあらしきに, のま, の実, り僕

▼ 葉であった~ (4, 0.0%)

1 か, ことが, とは云え, のである

▼ 葉であり~ (4, 0.0%)

2 山毛欅の 1 それらに, 死後焼き捨てられる

▼ 葉などに~ (4, 0.0%)

1 それみづか, 卵を, 染まって, 漂うて

▼ 葉などは~ (4, 0.0%)

1 よく摘みました, 断はっ, 隠れて, 雪の

▼ 葉にと~ (4, 0.0%)

2 ほる日 1 つては, まつて

▼ 葉によって~ (4, 0.0%)

1 作られた美観, 夕食を, 孝養された, 目を

▼ 葉ほども~ (4, 0.0%)

1 あるひまわり, ある大きな, 見えぬの, 見られなかった忌々し

▼ 葉~ (4, 0.0%)

2 だいな, ぢんに

▼ 葉ズボン~ (4, 0.0%)

1 という足部保護具, に年中縞, のうえ, の穴

▼ 葉亭自身~ (4, 0.0%)

1 から聴い, でも前田氏, の創作, の失望苦悩

▼ 葉~ (4, 0.0%)

1 などの夢, の世, をし, 或は其以前

▼ 葉~ (4, 0.0%)

2 く風 1 の光はだら, の霜

▼ 葉四葉~ (4, 0.0%)

1 に殿作り, の灯映り, ひらき霜おき, 摘み取ったの

▼ 葉~ (4, 0.0%)

1 のあたり, の地下, の燈籠, を中

▼ 葉姉さん~ (4, 0.0%)

1 に岡惚れ, のでしょう, の家, 酷いこと

▼ 葉掘りする~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 こと, は二度と

▼ 葉掘り訊ねる~ (4, 0.0%)

1 のか, のであった, のでありのまま, のでした

▼ 葉掘り訊問~ (4, 0.0%)

1 されたもん, する, するだろうからね, する癖

▼ 葉~ (4, 0.0%)

2 の音 1 の外, の者

▼ 葉村君~ (4, 0.0%)

1 ならきっと, の呑込み, の感違い, は私

▼ 葉~ (4, 0.0%)

1 と呼ばれてる, に坐し, は曾, へも追い上げね

▼ 葉模様~ (4, 0.0%)

1 の地味, の襖, をさす, を見つめ

▼ 葉~ (4, 0.0%)

1 の内乱, の門下, を称した, を顧みる

▼ 葉石ら~ (4, 0.0%)

1 と共に一団, の冷淡, の助力, の重

▼ 葉~ (4, 0.0%)

1 ができ, がやや, の鬚毛, を欠い

▼ 葉繁み~ (4, 0.0%)

2 の中 1 がレース, のむこう

▼ 葉~ (4, 0.0%)

1 という自分, のいたずら, は, を早く

▼ 葉調~ (4, 0.0%)

1 として受けとられる, なりというこ, によせ, の歌

▼ 葉賀井兼齋~ (4, 0.0%)

1 といふ養, は押入, も力, 大肌脱

▼ 葉迦流~ (4, 0.0%)

1 ではこれ, の跳躍術, は水遁, をお

▼ 葉飾り~ (4, 0.0%)

1 で縁, をそれ, をつけた, をぬいとりした

▼ 葉~ (4, 0.0%)

1 でもつくらん, と云う, も貰おう, を眼

▼ 葉~ (3, 0.0%)

2 ひに 1 すごに

▼ 葉あり~ (3, 0.0%)

1 といふ, 花あり, 蒲鉾あり

▼ 葉いまだ~ (3, 0.0%)

2 青きに 1 秋を

▼ 葉すら~ (3, 0.0%)

1 乱れては, 咀はれ, 捨てがたき

▼ 葉そよぎ~ (3, 0.0%)

2 秋風ぞ 1 の薫ずる

▼ 葉だの~ (3, 0.0%)

2 屋根にも 1 草だの

▼ 葉として~ (3, 0.0%)

1 別の, 木は, 老人主従と

▼ 葉とも~ (3, 0.0%)

1 すれば, に霜, 花とも

▼ 葉とり~ (3, 0.0%)

1 て, て包む, に山

▼ 葉ながら~ (3, 0.0%)

1 くずるる, 撮んだ苺, 散った山葡萄

▼ 葉なぞを~ (3, 0.0%)

1 何の, 採るん, 揺さぶつて

▼ 葉などと~ (3, 0.0%)

1 うたって, 一緒に, 記されて

▼ 葉によ~ (3, 0.0%)

1 つてもうすつかり, つて神を, つて飾られ

▼ 葉ばかりが~ (3, 0.0%)

1 挿さって, 真っ青く, 知って

▼ 葉ひと葉~ (3, 0.0%)

1 に柔らか, は, はいあがって

▼ 葉びろ柏~ (3, 0.0%)

2 は手 1 の繁み

▼ 葉へも~ (3, 0.0%)

1 やがて東京, 折々その, 白く降

▼ 葉べり~ (3, 0.0%)

2 はあかく 1 にむすぶ

▼ 葉ほどの~ (3, 0.0%)

1 大きさ, 小硯, 強か者が

▼ 葉むら~ (3, 0.0%)

1 と日, に, を動かし

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 が女中, っけたん, を呼びにやらしたのでござります

▼ 葉やへ~ (3, 0.0%)

2 行く氣 1 行く気

▼ 葉らしい~ (3, 0.0%)

1 日本紙には, 棄台詞を, 紫頭巾の

▼ 葉をか~ (3, 0.0%)

2 へす秋風 1 ぶつて

▼ 葉~ (3, 0.0%)

3 もない

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 内仏, 変化物ナラント云ヘリ当時余モ葉, 大サ四五尺ナルアリ

▼ 葉二葉~ (3, 0.0%)

2 と散りそめた 1 ずつ静か

▼ 葉以前~ (3, 0.0%)

2 の女性 1 の古調

▼ 葉以来~ (3, 0.0%)

1 の詩, 実朝以来, 新古今以来

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 ともち, を見, を見る

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 りな, り使, り御

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 に一憩, に下車, へいそぐ

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 から太い, は白色, は鮮紅色

▼ 葉掘り尋ね~ (3, 0.0%)

1 その物, ておい, て見る

▼ 葉掘り訊く~ (3, 0.0%)

1 そして子供, ものだ, もんだ

▼ 葉掘り詮議~ (3, 0.0%)

1 した, したところ, すると

▼ 葉散り~ (3, 0.0%)

1 て, てあと, 行く年の

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 の少なく, は二億四五八一万一六六九貫目, を減じ

▼ 葉村一座~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれる, のな, の仕打

▼ 葉~ (3, 0.0%)

2 の紋 1 ちりはてて

▼ 葉~ (3, 0.0%)

2 の山ヂサ 1 とは関係

▼ 葉海綿~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 のよう

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 な下垂, 哀に, 濡れて

▼ 葉石氏~ (3, 0.0%)

1 に向かい, に議, は妾

▼ 葉~ (3, 0.0%)

2 ふるひぬ 1

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 かな, の両端, をつかう

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 が盛り上がっ, の下, の中

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 てありぬ, て暮, 泰等潜渓の

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 が損傷, は氷片, をぐったり

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 がつづかぬ, が後, はくる

▼ 葉青い~ (3, 0.0%)

1 甍の, 茎を, 葉薄黒い

▼ 葉~ (3, 0.0%)

1 といふもの, やを恋うた心, や黄粉握飯

▼ 葉いちまい~ (2, 0.0%)

1 のなぐさめ, の手土産

▼ 葉うち~ (2, 0.0%)

2 たたと

▼ 葉かと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 思われる

▼ 葉からも~ (2, 0.0%)

1 蕾からも, 霜が

▼ 葉さん姐さん~ (2, 0.0%)

1 のい, も來

▼ 葉した~ (2, 0.0%)

1 木が, 樹の

▼ 葉しな~ (2, 0.0%)

2 へて酸き

▼ 葉ずく~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 葉その他~ (2, 0.0%)

1 いろ, の古典

▼ 葉たち~ (2, 0.0%)

1 の手, を見る

▼ 葉たゆ~ (2, 0.0%)

2 げに

▼ 葉だけで~ (2, 0.0%)

1 喰べた事が, 満足した

▼ 葉だろう~ (2, 0.0%)

1 という説, と思う

▼ 葉つつじ~ (2, 0.0%)

2 の霜

▼ 葉づたふ木~ (2, 0.0%)

2 しづくの

▼ 葉であっ~ (2, 0.0%)

1 てその, てよい

▼ 葉でなく~ (2, 0.0%)

1 座興の, 紙本

▼ 葉とかいう~ (2, 0.0%)

1 芸者です, 類の

▼ 葉などから~ (2, 0.0%)

1 して, 暗示を

▼ 葉なども~ (2, 0.0%)

1 交って, 用いるという

▼ 葉ならざる~ (2, 0.0%)

1 にむざと蹂躙, に汝等

▼ 葉なる~ (2, 0.0%)

1 その女中, 物多し

▼ 葉なれ~ (2, 0.0%)

1 どもその他花, ば渡し

▼ 葉にあたる~ (2, 0.0%)

1 日光に, 部分のみが

▼ 葉について~ (2, 0.0%)

1 虫を, 赤い筋

▼ 葉にな~ (2, 0.0%)

1 つた, つてしまつてから

▼ 葉にばかり~ (2, 0.0%)

2 懸るかと

▼ 葉にまで~ (2, 0.0%)

1 心を, 持つて

▼ 葉に対して~ (2, 0.0%)

1 ハッと, 出て

▼ 葉のうへに~ (2, 0.0%)

1 光りて, 赤青白いろいろな

▼ 葉のみを~ (2, 0.0%)

1 望んでも, 見て

▼ 葉はも~ (2, 0.0%)

2 どつて來

▼ 葉ばかりを~ (2, 0.0%)

1 強調した, 当の敵

▼ 葉ひらき~ (2, 0.0%)

1 て雨, 霜おきそめぬ

▼ 葉びと~ (2, 0.0%)

1 の空想, の素朴

▼ 葉ふりおとす~ (2, 0.0%)

2 栗の

▼ 葉ふるひし~ (2, 0.0%)

2 梅が

▼ 葉へは~ (2, 0.0%)

1 いつて, 月が

▼ 葉ほど~ (2, 0.0%)

1 三崎街道の, 細い兩脚

▼ 葉また~ (2, 0.0%)

1 一葉と, 甚だ細小

▼ 葉までが~ (2, 0.0%)

1 光って, 荏原屋敷へ

▼ 葉みたい~ (2, 0.0%)

1 になった, に云い

▼ 葉めで~ (2, 0.0%)

2 て蜀黍

▼ 葉もしくは~ (2, 0.0%)

1 ある草, 花を

▼ 葉もみぢ~ (2, 0.0%)

1 して, の葉

▼ 葉ゆゑこそ香~ (2, 0.0%)

1 も清く, も青く

▼ 葉よりは~ (2, 0.0%)

1 葉へ, 高く立ち

▼ 葉をかへ~ (2, 0.0%)

2 しては

▼ 葉をと~ (2, 0.0%)

1 ぢて, つて

▼ 葉をば~ (2, 0.0%)

1 めいめいで, 土地の

▼ 葉を通して~ (2, 0.0%)

1 絶間なし, 部屋の

▼ 葉シユロラン~ (2, 0.0%)

2 の高き

▼ 葉ッ葉~ (2, 0.0%)

1 のなか, を濡らし

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 似テ, 似テ岐叉

▼ 葉ハ樹ニ~ (2, 0.0%)

2 依テ生ズ

▼ 葉ホリ~ (2, 0.0%)

1 して, し始める

▼ 葉一方~ (2, 0.0%)

1 の車, より風

▼ 葉一本~ (2, 0.0%)

1 でも無断, でも盜

▼ 葉一片~ (2, 0.0%)

1 青んで, 青んでは

▼ 葉三葉~ (2, 0.0%)

1 た, 散りかかる折

▼ 葉三葉朝~ (2, 0.0%)

2 早き風

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 に下垂, のベンチ

▼ 葉並み~ (2, 0.0%)

1 にさんさん, を時おりさやさや

▼ 葉二枚~ (2, 0.0%)

1 でもって覆い, をきりぬい

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 のまま川, の蜜柑

▼ 葉以後~ (2, 0.0%)

1 においてしかも, 或は

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 側栢蔵篋笥中或, 沢蘭

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 にし, のもの

▼ 葉入り~ (2, 0.0%)

2 揉む雪おろし

▼ 葉公孔子~ (2, 0.0%)

1 に語っ, を子路

▼ 葉~ (2, 0.0%)

2 蹤を

▼ 葉十二~ (2, 0.0%)

2 の年

▼ 葉及び~ (2, 0.0%)

1 昆虫の, 蚕糸に

▼ 葉古今~ (2, 0.0%)

1 の時代, の語彙

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 ひするに, をせぬ

▼ 葉問い~ (2, 0.0%)

1 されるもの, するに

▼ 葉字類抄~ (2, 0.0%)

1 には転, に中

▼ 葉巻き煙草~ (2, 0.0%)

1 というへんてこ, を出し

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 きプラタン, なる掌面

▼ 葉廣柏~ (2, 0.0%)

1 に霰, に霰の

▼ 葉形模様~ (2, 0.0%)

1 でつくられ, のあいだ

▼ 葉~ (2, 0.0%)

2 を動かし

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 どう, の函

▼ 葉掘りし~ (2, 0.0%)

1 て尋ね, て私一流

▼ 葉掘り問~ (2, 0.0%)

1 ひかけたが, ひますと

▼ 葉掘り問い質し~ (2, 0.0%)

1 てみる, て為

▼ 葉掘り質問~ (2, 0.0%)

1 したもの, をする

▼ 葉掻き~ (2, 0.0%)

1 よせ, 堀れ

▼ 葉揺り揺り~ (2, 0.0%)

1 てまた, て又

▼ 葉摘みつくしける~ (2, 0.0%)

2 庭に

▼ 葉散りかかる~ (2, 0.0%)

1 墨堤を, 折からの

▼ 葉散り透く~ (2, 0.0%)

2 神無

▼ 葉新た~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 葉旗本~ (2, 0.0%)

1 などが御大層, 行くぞ

▼ 葉早し~ (2, 0.0%)

2 尾を

▼ 葉最も~ (2, 0.0%)

1 揺れて, 闊大に

▼ 葉服姿~ (2, 0.0%)

1 の中野学士, の男

▼ 葉~ (2, 0.0%)

2 早き風

▼ 葉末葉~ (2, 0.0%)

2 立ちまた

▼ 葉村家~ (2, 0.0%)

1 かむっつり, といふ宿

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 が彼女, に離れ

▼ 葉枯れず~ (2, 0.0%)

2 落葉せず

▼ 葉~ (2, 0.0%)

2 の姫

▼ 葉柳浪鏡花等~ (2, 0.0%)

2 の作中

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 の実, の葉

▼ 葉梵本~ (2, 0.0%)

1 がある, と申します

▼ 葉~ (2, 0.0%)

2 の繁み

▼ 葉橄欖冠~ (2, 0.0%)

1 で包ん, にほかならない

▼ 葉櫻見物~ (2, 0.0%)

1 ですね, ですよ

▼ 葉歌人~ (2, 0.0%)

1 のなお, の純情

▼ 葉水松~ (2, 0.0%)

2 の木下闇

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 で色, をたべる

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 が描いた, は一斉

▼ 葉洩り~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 が気温, は空気

▼ 葉漏れ~ (2, 0.0%)

1 の日光, の月光

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 の波, へ浮べよう

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 に立つ, の燃

▼ 葉照り~ (2, 0.0%)

1 の深い, 久しおの

▼ 葉玉蘂~ (2, 0.0%)

2 をはじめ

▼ 葉王朝時代~ (2, 0.0%)

1 の文化, の精神

▼ 葉石古井~ (2, 0.0%)

1 の三氏, の諸氏

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 な舟, の三人

▼ 葉~ (2, 0.0%)

2 之出居神

▼ 葉立つ~ (2, 0.0%)

2 矮檜の

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 を与う, を得意氣

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 が光る, の割合

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 の俤, の葉

▼ 葉細い~ (2, 0.0%)

1 白樺の, 竹やぶ杉柑橘類大島椿の

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 が切花, と共に現れる

▼ 葉緑体~ (2, 0.0%)

1 も細胞膜, をもった

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 が武士, じゃどうにも

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 が厚く, の温

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 の詩人, を泛

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 と末梢, の蕊

▼ 葉~ (2, 0.0%)

2 先生に

▼ 葉茂み~ (2, 0.0%)

1 の中, の片側

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 というの, 付けると

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 の影, を食べ試みた

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 といふの, は天子様

▼ 葉落ちずい~ (2, 0.0%)

2 よいよ

▼ 葉蓮華~ (2, 0.0%)

1 の秘密, の花

▼ 葉蕃椒~ (2, 0.0%)

1 のよう, の佃煮

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 と生ずる, 多し或

▼ 葉見ず~ (2, 0.0%)

2 花見ず

▼ 葉見た~ (2, 0.0%)

1 ことが, やうな

▼ 葉詩人~ (2, 0.0%)

1 の中, は之

▼ 葉越さん~ (2, 0.0%)

1 が見, は綺麗好き

▼ 葉酢姫~ (2, 0.0%)

2 と曰

▼ 葉酢媛命~ (2, 0.0%)

1 が御, が薨去

▼ 葉銀杏~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ 葉~ (2, 0.0%)

1 で拵, の鑵

▼ 葉麦門冬~ (2, 0.0%)

1 とか大葉麦門冬, としてこれ

▼1* [797件]

あかしでいぬ, 葉あたりにもこの, 葉あとで手紙, 葉あはれと見, 葉あはれ法恵の, 葉あらひさては, 葉あるがその, 葉あれも程なく, 葉いく層光る内, 葉いちめんに灰色, 葉うすむらさきの, 葉うつくしからず, 葉うつりを低く, 葉うど抔が多く, 葉おちこませてゐる, 葉おちるわおちる, 葉おもふ, 葉および桑葉製糸を, 葉かがよふ, 葉かがやき久しおの, 葉かきわけて, 葉かけたまは, 葉かげ一輪咲き出した白沈丁花, 葉かげ実がくれ, 葉かげ水際まで石段, 葉かげ濃やかに竹, 葉かげ等にはどうしても, 葉かげ越しにお, 葉かざす窓べにて, 葉かざれる海の, 葉かなんかで軽井沢, 葉かなんかのやうだ, 葉かなんかを押したよう, 葉かぶりちっとも涼し, 葉かれずいづみ, 葉がずつと細かい, 葉がと言おうと, 葉がはツし, 葉がもどつて來, 葉がらみに, 葉がわづかに, 葉がをりを, 葉きいろい葉まっかな, 葉きばみ深夜枕に, 葉きり耘り去つて仕舞, 葉ふ虫, 葉くらゐの, 葉くらいの鮎を, 葉ぐさ月にや花, 葉ぐみととのふ, 葉ぐらいかかって, 葉ぐるみ力まかせに抱き起し, 葉ぐるみ青竹を立て, 葉いとう, 葉こいつなかなか食えない, 葉こしらえてみ, 葉こずゑふとあ, 葉こそは風に, 葉この間もそち, 葉これは何方, 葉ごしの夕月, 葉ごと枝を握った, 葉ごと葉のさき, 葉ごみに風, 葉さえも真似する, 葉ささやき白魚閃き, 葉さわぐ林泉の, 葉さんお前が出, 葉さんお前本気で玉井金五郎, 葉さんこれ以上おれを苦しめ, 葉さんそれが当り前, 葉さんなんすんの, 葉さん何を考え, 葉さん玉井のおかみさん, 葉さん真実だよ, 葉さん確乎返事をお, 葉ざくら友のなさけ, 葉ざくら葉ざくら友のなさけ, 葉ざくら見物という風流人, 葉ざしの日加減, 葉ほたれ, 葉しぐれてきたこやし, 葉しげき下蔭, 葉しげるブラジルの春, 葉しげる湘海岫雲みづほ霜山今更たけし, 葉しましくは, 葉しらむ籬根に, 葉しら蓮絵師の君, 葉しるき土のうへ, 葉しんたり, 葉すこし零れて, 葉すさぶ風の音に, 葉すなわち一四%に, 葉ずえに露, 葉ずきの私, 葉ずくなになつた桜, 葉よ, 葉そうは散らない, 葉そうした木草の, 葉そこには近代的, 葉そっくりの白い, 葉そのものを充実, 葉そよぐ音の, 葉それから六月の, 葉それではそれではお前は, 葉たたきて行く, 葉だけでも私にも, 葉だけも蒼々と, 葉だったらどうします, 葉だって数えられる意識, 葉だ掃いたところへ, 葉だ滲み込んでしまった, 葉ちゃんとこへ行っ, 葉ちゃんシッカリやろうぜ, 葉ちゃん一人に褒められた, 葉ちゃん何か御, 葉ちゃん俺んところ, 葉ちゃん俺ア死んでも, 葉ちゃん僕は葉ちゃん, 葉ちゃん愛ちゃん貞ちゃんと呼ぶ, 葉ちゃん東京に行っ, 葉ちゃん眼鏡をかけ, 葉ちゃん葉ちゃんと呼ん, 葉ちゃん葉ちゃん誤解しないで, 葉ちゃん葉子だよ, 葉ちゃん誤解しないで, 葉ちりそめにけむ, 葉ちるもさびしく, 葉やおき, 葉っきり済んで, 葉ついた櫨の, 葉つきりこれつきりで, 葉つなぎの浴衣, 葉つみませこのすみれ君, 葉つもりて釣る, 葉つ切りそれつ切りで, 葉づれの音, 葉づゝ烈しく靡けた, 葉てらす天つ, 葉てらてらい照り黒瓦今, 葉であったなら勝気な, 葉でしたよ, 葉でない楓の, 葉でない折り笹を, 葉というは女中か, 葉とからしたたり, 葉としか思われない, 葉とっぱれ, 葉とて三枚の, 葉とな別嬪が, 葉とに過ぎずして, 葉とにて織りて, 葉とのがあって, 葉とのみが残った, 葉とばかりの処が, 葉とるづど専売局に, 葉とれないのです, 葉どうしたの, 葉どころでは, 葉どころか巴里製の, 葉ども師の仇, 葉ながらにさしはさみたり, 葉なきが咲く, 葉なく墳墓辺に, 葉なぞが茂って, 葉なぞと他の, 葉なぞの上を, 葉なぞは明るかった, 葉なぞも左右に, 葉などで三角形に, 葉などというものは, 葉などといふ女は, 葉などと共にこれらを, 葉なり花なり, 葉なりとせば, 葉なりとぞ人は, 葉なりとも折りても, 葉なりの形で, 葉なるべし裏に, 葉なんぞ恥知らずの, 葉なんぞもすっかり萎れかえっ, 葉にけはい起り, 葉にすらひざま, 葉にというあたりが, 葉にやすらひ, 葉にわたる夕風すゞしけ, 葉にをり, 葉に対してはある程度の, 葉に対するも猶彼, 葉ぬいてその, 葉ねえさんと島村さん, 葉のかずほど赤坊, 葉のこらず紅葉し, 葉のせゐばかりで, 葉のそよめく, 葉のなびかふ見れ, 葉のばすことやめん, 葉のみは朽つれども, 葉のらふたげにてのどか, 葉のわとエミイの, 葉はいあがっています, 葉はうでてゴマ, 葉はにほひ, 葉はよかつた, 葉はらはらと墓標, 葉はらりと落ちて, 葉はり問いただして, 葉はんに逢い, 葉しでなく晩, 葉ばかりぞ乱れたる, 葉ばかりのや蝦夷菊の, 葉ばらりと散りぬ, 葉ばの, 葉ひとつ動かしません, 葉ひとつかみを取っ, 葉ひとりの天分, 葉ひらに降りし花あはれ, 葉ひらひら舞わせて, 葉ね, 葉へでもちょっくら寄っ, 葉への義理が, 葉ほどに小さく幽か, 葉ほどにもその実景, 葉ほり僕のこと, 葉ほり問ふ, 葉ほり尋ねる私を, 葉ほり探りを入れました, 葉ほり詮議すると, 葉ほり部屋の燈, 葉ぼり訊いてました, 葉ぼり訊きただすのは, 葉まじつてゐる, 葉または索を, 葉まっかな葉, 葉までも頬張る, 葉までを細かに, 葉まばらになり, 葉みなふるえた, 葉みやびをの飲む, 葉むすびに畳, 葉むらがるやうに, 葉むら若い衆よう来て, 葉もぞ散りゆ, 葉もて包み大, 葉もて覆ひたまへ, 葉もどきに, 葉もの花もの, 葉もはや落ちかけて, 葉もれにさえた, 葉もろこしの穂, 葉もろともに静まった, 葉やうやく脱稿, 葉やわづかにも, 葉こぼれて, 葉ゆらぐ陰に, 葉ようなもの, 葉らしく色づいて落ちる, 葉わか楓の木下みち石, 葉わき立ち穗, 葉わさびをふつ, 葉ゑがくところの大音寺前寄りの方, 葉をぞ打ちふるふなるみのり時, 葉をだに價ひせじ, 葉をどつさり炉, 葉をべっべっと, 葉をや渡るらん, 葉をよぢの, 葉アリ小苞ハ緑色卵円形ニシテ外面絨毛, 葉ア掘り聞いて, 葉オニグルミヨリ長大ニシテ核モ亦大, 葉オランダ王となった, 葉ガ飛ンデル君ノ顔, 葉グサとは古, 葉スミレあるいは黄スミレ, 葉チューリップの上, 葉ッぱにとまってた蛙の野郎, 葉ッぱをくわえているところを見ると, 葉ッ子嚥んだれ, 葉ッ葉者が武士, 葉ツ葉ぐれえ, 葉ニハ其例ニ乏シクナイ, 葉ニ盛テ以テ珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 葉細長披針形ニシテ先端, 葉ハ冬ヲ経レバ尽ク紅ナリ, 葉ハ小薊葉ニ似テ岐叉, 葉ハ尽ク皆赤シ, 葉ハ手ノ如ク, 葉ハ蜀葵ヨリモ大尖狭, 葉ハ馬上ノ傘ニ用ベシト云, 葉プツリと摘ん, 葉ホルモンノ五百単位, 葉マキ虫の葉, 葉ミジンに飜弄, 葉モナイ冤罪デアル, 葉モ花ラシキ者モナキ寄生品ヲ見, 葉ヤナギタデニ似テ長ジテ尖鋭, 葉は啄木, 葉一人である, 葉一個と花一個, 葉一把が一厘, 葉一把三銭也新漬, 葉一把三銭野菜もだ, 葉一束棒切の尖, 葉一枚一枚のふち, 葉一枚千圓と呼ばれた, 葉一株拾うた煮て, 葉一株拾つたお汁, 葉一途の時代, 葉七夕の竹, 葉三ツ四ツより行末, 葉三稜に似, 葉にのこり, 葉上僧正御加持, 葉上僧正さまがその, 葉上僧正栄西さまは御, 葉上期だから, 葉耳肝の, 葉両者の間, 葉両面光る柳, 葉丹波屋大和田伊豆屋奴なぞそれぞれ, 葉乾燥室へはいつた, 葉ひら, 葉二億四五八一万一六六九貫目をもって一二二万九五〇八石, 葉二十三歳になつ, 葉二枚玉葱八つ西洋人参八つ入れて, 葉二片三片散りたる後, 葉二百貫目を要する, 葉二百金などというの, 葉二銭半分は煮, 葉五六寸ばかりの赤蕪, 葉亭大黒屋などがある, 葉亭氏露西亞氣質と長谷川氏, 葉亭論のとき, 葉人形とかのうまく, 葉人達の子孫, 葉以後ただ一人たるの名誉, 葉以来一般登山者の使用, 葉に膠着, 葉を見, 葉余さず落葉掃く, 葉使ひは, 葉て見や, 葉借り園長の, 葉催馬楽田楽諸国の地謡, 葉の絵ハガキ, 葉先きが喰みだして, 葉先ひとつ動かさずそれぞれ, 葉先年々立なり, 葉光らぬ時が, 葉光る朝の, 葉の一人, 葉入りまじってさんらん, 葉入れにも用, 葉全部が必要, 葉八方に開く, 葉公子高は竜, 葉公政を問う, 葉公沈諸梁は孔子, 葉を後々, 葉いづれを, 葉で切つて, 葉切りのほか, 葉切る鋏の, 葉初期のごとく, 葉御尋ねなすった, 葉刻聞咎めて, 葉剣輪違いの紋服, 葉動物や人形, 葉勾当年譜逸話集等と共にまとめ, 葉が釈かれ, 葉して, 葉北三といふ人, 葉十二行行十八字乃至二十二字, 葉十六は不満, 葉十六十六だから, 葉十行行二十二字である, 葉半紙に書いた, 葉南田の跋, 葉ほどでなく, 葉即ちペタラ, 葉卷形のサツク, 葉卷烟草形に似, 葉卷煙草を吸, 葉卷煙葉も充分, 葉一葉凋落の, 葉の君子, 葉叢冷え冷えて日, 葉叢生して, 葉叢高茎百重なす浜木綿, 葉古事記などを探求, 葉古今八代集十三代集の和歌, 葉可愛らしい花それは, 葉右四葉などの説, 葉シテ小サシ茎弱シテツルノ如ク直立スルコトアタワズ花五弁ニシテ厚シ内黄ニシテ外赤シ故, 葉同宿水蔭坊天知坊何がしくれ, 葉といふ神, 葉吹きてある, 葉吹き落とされて山, 葉吾妻鏡百錬抄醍醐雑事記歴代皇紀そのほか当時, 葉和歌集十七番めの風雅和歌集, 葉咲くは茶, 葉を歌っ, 葉問題といっしょ, 葉喃語を棄てず, 葉喬木は姫小松, 葉喬木帯の断裂, 葉喬木林の大, 葉四隣を蔽うた, 葉土ほこりに白い, 葉を登る, 葉岩坐, 葉のしずか, 葉塩釜四葉塩釜などと交っ, 葉の朝明, 葉多く簇生ず採り来り, 葉夢得は曉日, 葉大丈夫なの, 葉大小さまざまの木の葉, 葉大方落ちて, 葉大黒屋蕎麦は団子坂, 葉太夫というの, 葉の高島田, 葉姉さん今晩は, 葉姿も頗る, 葉もあつ, 葉婆娑として蔭, 葉子供等の手, 葉守りの神, 葉実に美観を, 葉寄りもねえ, 葉寒く花暖に, 葉対称的に左右, 葉封じてあった, 葉にし, 葉小ク図画ニ宜シカラズ, 葉少く竿多く, 葉少しく霜に, 葉く淋しく, 葉尽しても尽きぬ, 葉屋あたりならアノ上玉, 葉屋さんが何彼と, 葉屋方村上縫子発信人は尊名, 葉屋根の二軒長屋, 葉を一ト, 葉山中の山人, 葉岳蕗が乱咲, 葉岳蕗車百合などが黄, 葉崇拜の嘲, 葉崩しや海川節, 葉の山王神, 葉巻きタバコでした, 葉巻き煙草五サンチームというの, 葉巻き虫が巣, 葉賢次いで, 葉希賢程済となり, 葉希賢等十三人同じく至る, 葉希賢臣が名, 葉入美本, 葉の名, 葉を支, 葉広き夏の, 葉広く茎長く, 葉広げられたるがまだ, 葉は互生, 葉庖丁だろう, 葉の饗宴, 葉廣篠懸諸枝, 葉廣菩提樹の蔭, 葉廣葉しほた, 葉弐把五銭なりこれ, 葉弱い葉氷を, 葉張りかな, 葉張る蘇鉄の, 葉形オホツヅラフヂニ似テ薄ク色, 葉形カードに仕上げ, 葉形花容はその間, 葉役人共めがこの, 葉役者がこうして, 葉後記を書きあげ, 葉先祖七葉などと, 葉微塵姿は消え, 葉志超を総, 葉忽ち枯れ損じたという, 葉恭綽という人, 葉悉く白し, 葉悪魔ぐらいにしか見えなくなっ, 葉ハ五葉秋ニ淡, 葉或は墨染の, 葉が一ふき毎, 葉所載の安貴王, 葉つちよつて來, 葉折れながら葉, 葉折れた茎の, 葉抜いてやるいう, 葉抜きそうな, 葉抜くがよい, 葉ふ奥山, 葉拾いにでも遣られよう, 葉持っている, 葉持参致し誠に, 葉挾みの手の内, 葉挿してそれ, 葉掃きよせて茶, 葉掘して聴く, 葉掘りいじめない方が, 葉掘りされることは, 葉掘りたずねてみ, 葉掘りたずねた上倭文子達に, 葉掘り問いただすことを, 葉掘り問うのは, 葉掘り問われるま, 葉掘り嫌なこと, 葉掘り尋ねたら彼は, 葉掘り尋ねましたから紅矢, 葉掘り尋ねますとやっと, 葉掘り尋ねる問などは, 葉掘り探究する者, 葉掘り研究する余裕, 葉掘り聞こうとした, 葉掘り訊ねてから初めて, 葉掘り追窮しては, 葉掘訊き糺してゐる, 葉插絵が二十一枚, 葉揺り煽る燃えうつるべみ, 葉と云, 葉摘みたむ, 葉摘み取ったのを, 葉摩れや又, 葉摺れしてさらさら, 葉の音, 葉擧つて上焦通ぜずと, 葉擬寶珠など名, 葉際の, 葉数枚を引きちぎ, 葉敷田泥謂之淤蔭, 葉が鉄扉, 葉文学王朝文学岡倉天心の業績, 葉に簾, 葉断つ遼東の, 葉らしい葉七夕, 葉新しくは後, 葉旗本貧乏御家人のその, 葉既に落ちつくしたれど, 葉ざしに, 葉日記もおく, 葉昌熾に據, 葉明らかに見せ, 葉あを, 葉懸羽客衣, 葉時としてはまとまった, 葉時代ニハモハヤ野生状ヲナシテ居ツタモノデアラウ, 葉時代交通路の推定, 葉曇った空の, 葉曰く令夫人で可, 葉曲りくねつた松の, 葉朝宗不愆于歳, 葉朝露夕電古人すでにい, 葉木の根に水, 葉未だ悉く黄ならざる, 葉村家旅館の第, 葉の酒屋, 葉条片に切った, 葉へ吹, 葉松植ゑつらねし土墻, 葉松石は同じ, 葉松石王漆園などいう, 葉枇杷の葉, 葉果茎一として食卓, 葉枝のを取っ, 葉るる色, 葉枯れた後に, 葉枯れたる樹下の, 葉枯れ葉と共にまた, 葉枯木の閃く, 葉に似, 葉染みにけり, 葉染浴衣は高々, 葉染浴衣地のこれ, 葉に附く, 葉柳時をり, 葉柳震慄きつさ, 葉の枝, 葉までスッカリ, 葉桔梗の花, 葉桜楓地面に山吹, 葉が此頃, 葉楊牛馮宋史なり, 葉か, 葉槙ふゆの日, 葉槿垣熟した稲, 葉樹上の彼等, 葉櫻時分になる, 葉櫻花吹雪毛蟲そんな風物, 葉歌人全般という訣, 葉甫, 葉武士なの, 葉殊に佳し, 葉残りませんけれどそれでも, 葉毎葉毎に露, 葉毎行の文字, 葉気分にはいれ, 葉を砕く, 葉沈む清水かな, 葉沢山の鮨, 葉洋袴の隠し, 葉と言, 葉津軽越中守は牡丹丸, 葉洩る入日を, 葉の近藤さん, 葉流る時雨零り, 葉流れて少女, 葉浪人を八面, 葉海賊奴御乗船, 葉消炭色の中, 葉添附のこと, 葉漬かありますよこれ, 葉漬けして, 葉漸く氤, 葉為塵梅未開非君誰肯顧蒿莱, 葉無き木立が, 葉うは, 葉煎じたを立, 葉煙りのあがる, 葉に空, 葉ゆる神無月, 葉片下に稈, 葉片状の雲母片麻岩, 葉だの買, 葉狂言一類の能楽, 葉と, 葉玉勇などの名, 葉玉簪花の如し, 葉玉蜀黍の葉, 葉王朝の精神, 葉甚だ大に, 葉甚佳なり, 葉田瓊入媛と曰, 葉も春, 葉畝目地白覆輪の万年青, 葉療法の機械, 葉発送の通知, 葉白き庭の, 葉の種子, 葉的常套を脱し, 葉的要素が沢山, 葉盛りには鬱青, 葉触れて, 葉相これでは生命, 葉真紅の花, 葉知らぬ母に, 葉石久米堆氏, 葉石古井らの諸氏, 葉石新井稲垣の諸氏, 葉石等志士の運動, 葉硬い枝美しい, 葉神田川へ却売り, 葉秋ニ淡緑花, 葉科松木膚科瓜樹科蟻塔科蔓菜科岩菜科花葱科などの様, 葉穿りして, 葉窒素を蒐むる荳, 葉立ちの陰, 葉に当っ, 葉を吹く, 葉笠以上に恰好, 葉に結わいつけ, 葉等多く落ちる, 葉の底, 葉簇生ス深緑色ナリ採リ貯, 葉のこと, 葉籠りをした, 葉をこし, 葉粥近来の御馳走, 葉精神と私たち一般人, 葉紅く燃えぬ褪す時, 葉紅梅桜藤山吹岩躑躅などを主, 葉純白の花弁, 葉細工のやなぎ, 葉紹鈞の, 葉絞りを鼻, 葉緑粒は毎日, 葉編輯当時は皇后, 葉縁枯白するにより, 葉繊枝の間, 葉繊枝雑絳嚢とある, 葉繊維叢蔓芽棘すべてが互いに, 葉の仲買いも, 葉を持ち, 葉群れの蔭, 葉ゆる陽, 葉自身もこれ, 葉臭くなつたの, 葉ぶ, 葉舒ルトキハ則チ一葉蕉ル故ニ, 葉舞い落ちて彼, 葉だ, 葉芝居はへらへら, 葉花共にやや, 葉に包まれた, 葉茄子など油, 葉茎葉脈等を明, 葉茗荷にとどまる, 葉茶壺やあり, 葉草付くると, 葉荻花瑟瑟の秋, 葉荻花秋は瑟, 葉荻花秋瑟瑟などと云う, 葉尽すが, 葉落ちる秋あれ, 葉落ち枝折れたる枯木, 葉落ち石榴花ひらく, 葉落葉の紛然, 葉蒟蒻紅生姜鯣鰯など一銭天婦羅, 葉に似, 葉蓮眞菰河骨或は赤褐黄緑その他樣, 葉蓮真菰河骨或は赤褐黄緑その他様々, 葉蓮華ニ似テ仏, 葉蕉ル故ニ, 葉黒い葉, 葉藏のかはり, 葉藏ひとりに對, 葉新蝶大形鹿子, 葉は防がれた, 葉には美しい, 葉裂けはじめてゐる, 葉裏帯紫色の厚い, 葉裏長屋の屋根, 葉製糸を配当, 葉褐色の鳳梨, 葉要素を持つた, 葉見えてゐる, 葉見るかげも, 葉触れにつれ, 葉記者で不遇, 葉詞花千載新古今, 葉詩人大伴家持は詠ん, 葉読む間に, 葉調歌人によつて, 葉の葉, 葉貧しげなる, 葉みぬ, 葉赤い實の, 葉越色は抜ける, 葉越葉末に船頭, 葉よりは葉, 葉輝く桂の, 葉に到達, 葉迦流忍術の目的, 葉迦良門の開いた, 葉迷爾といふ河, 葉逃げるのだ, 葉通常濃紫色のひらべったい, 葉ぐる風の, 葉を困らせた, 葉達摩だが, 葉達磨などこの, 葉選りの内職, 葉を貫いた, 葉に浸し食せしむ, 葉重く垂れかかる, 葉野郎どもを投げ飛ばした, 葉釣る人腰な, 葉鉄落しの灰, 葉の銃弾, 葉の如し, 葉の太矢, 葉鑑賞万葉集は尊い, 葉門中の食通, 葉開けば其人無事也, 葉開ケバ即チ其人存シ凋バ, 葉間ヨリ一寸程, 葉き睡蓮, 葉隱武士といつてもよから, 葉集中の秀歌, 葉集卷九神祇部にあり, 葉集詞花集にはサビシ, 葉集風雅集などの歌, 葉という者, 葉電燈と瓦斯, 葉青々としかも, 葉青き黄の, 葉青くひろがり朴, 葉青年はちょっと, 葉青肴は鱸, 葉左思所思, 葉領置と書きこんである, 葉頭葉底に走る, 葉飛ばして見, 葉飾られていた, 葉という興業もの, 葉えてかつえ, 葉鷄頭は種にとるべく, 葉黄ろい花, 葉黄色の葉, 葉黄色い葉青い, 葉黄落の暁, 葉黄蓮など山, 葉黒き枝の