青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「箱~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

答え~ ~答えた 答えた~ ~答えました ~答える 答える~ 策~ 管~ 箪笥~ ~箱
箱~
箱根~ ~箸 箸~ ~節 節~ 節子~ ~範囲 範囲~ 範疇~ 篇~

「箱~」 9333, 93ppm, 1191位

▼ 箱~ (2612, 28.0%)

336 中に 135 中から 123 中へ 107 中の 105 上に 104 ような 95 中には 89 蓋を 58 中で 50 なかに 45 ように 39 中を 38 ふたを 37 やうな 28 前に 17 底に 15 蓋に 12 なかから 11 ふたが, 上の, 中が, 蓋が 10 なかの, 中は, 様な, 紐を, 蓋の 9 ことを, なかには, 底へ, 方へ 8 ところへ, なかへ, 上には, 底から 7 そばに, なかで, なかを, やうに, 下に 6 ま, 上で, 上へ, 前で, 大きさ 5 内に, 包みを, 外に, 底を, 葢を, 隅に

4 [12件] かげに, ふたに, 上から, 中では, 前へ, 方を, 横に, 蓋は, 蔭に, 裏に, 錠を, 間から

3 [39件] うえに, うちに, かげから, ことばかり, そとへ, ふちに, ほうへ, ようで, 一つを, 上や, 上を, 並んで, 中, 中からは, 中まで, 側に, 傍に, 傍へ, 内部を, 周囲に, 外から, 外へ, 奥に, 封を, 左右に, 底で, 底には, 所へ, 数を, 方に, 机に, 板に, 棧が, 横腹に, 秘密が, 蓋へ, 蓋や, 鍵は, 鍵を

2 [82件] うしろから, かげの, ことだ, ことな, ことなんか, ことは, ことも, てっぺんに, なかみ, ふたの, ふたは, わきに, 一つは, 下の, 下へ, 並んだ処, 中その, 中です, 中などを, 中にも, 中のは, 中へと, 中や, 京人形を, 側へ, 傍らに, 内ばかり, 内へ, 内側を, 内部の, 前には, 前の, 匂いを, 埃を, 場合は, 塵を, 壊れたの, 外の, 外側に, 外国煙草が, 奥の, 如く乙姫, 小さいの, 小さな六神丸, 山が, 山を, 底は, 底や, 引出の, 形を, 扉を, 持運び木片, 指紋の, 方から, 方は, 板の, 板を, 様に, 樣な, 正面には, 物語に, 状に, 白布が, 目方を, 眞珠の, 積んで, 穴から, 穴へ, 米櫃や, 縁に, 置いて, 蓋には, 蓋も, 行方も, 表面の, 観音開きには, 足は, 金を, 銀紙に, 間に, 隅には, 黄金を

1 [593件 抜粋] あいたの, あいたのに, あけられたの, あっちの, ある入り口, ある物, うえで, うえを, うしろに, うしろを, うずめて, うちで, うちへ, うちより, うらなみた, おおいの, おそろしい秘密, お婆さんとで, お払いもの, かぎを, かげを, からくりは, かわりに, ききめは, くぎを, くつがえるの, ぐるりで, こと, ことが, ことだけは, ことであったろう, ことに, こなた薬研, こはれ, こわれが, ごとき思い, ごとき物, ごとき部屋, ごとくある, ごとく蛇, しまつ, すみで, せまい自分, そとには, その中, そばで, たくさんある, たなに, ぢや, ついた荷馬車, つくの, つつみと, つぶるる, つみかさねを, ときと, ところで, とどろきとを, どの側, どの抽出, ないの, なかである, なかでした, なかにを, なかのと, なかへでも, なかも, ならんだせまい, ならんだ台, ねじを, はいって, はしに, ひきだしから, ひきだしの, ひもを, びた銭でも, ふた, ふただ, ふたでも, ふちへ, ふちを, ほうに, ほうには, ほかに, ほかには, ほか何も, まえが, ままくれ, ままじゅんに, まま二人に, まま汽船の, まま重ね, まわりが, まわりを, まんなかの, まん中に, もとの, やうだ, やうで, ようです, わかるまで, を一つ買つて來, アルミニウムが, カバンを, カラクリを, カルモチンを, ガタンと, ガラスが, ガラスの, ガラスは, ガラスを, キャラメルを, タバコを, デザインや, トラップへ, トランプの, ドアに, ハガキ入れ, バネを, ベッドを, マッチに, マッチを, レッテルの, 一つから, 一つが, 一つだった, 一つに, 一つ一つは, 一と, 一には, 一側面を, 一所から, 一方は, 一部に, 三人は, 上であった, 上なんかで, 上において, 上にかけて, 上まで, 上りつめた, 上下を, 上下左右を, 上書が, 下あたりでも, 下から, 下が, 下じきに, 下で, 下を, 下敷に, 下敷にな, 両側の, 両端に, 並んだ棚, 中いや, 中からす, 中からほどの, 中からも, 中ご存じな, 中でしか, 中でなく, 中での, 中でも, 中と, 中なんぞに, 中において, 中にて, 中にでも, 中になんか, 中へなんか, 中より, 中味や, 中央が, 中央へ, 中身が, 主が, 主人が, 予約註文だけは, 予約註文を, 事は, 事を, 二倍くらいも, 人形として, 人形の, 仕事は, 仕度で, 仕末, 代で, 代りに, 代用に, 位置へ, 例の, 倉荷証券で, 倒に, 側には, 側を, 側面を, 傍には, 傍まで, 傍を, 入口の, 入口を, 兵糧を, 内から, 内と, 内は, 内側であった, 内容を, 内張りの, 内部が, 内部で, 内部での, 内部に, 内部は, 冷めたかったせい, 出て, 出所である, 切取つた処, 前を, 前後に, 前後両面に, 前後左右に, 前扉, 前面に, 割長屋松葉ぼたん唐辛子に, 助けに, 包を, 包んで, 包紙であった, 半以上, 半分ほど, 半分ほどしか, 半分ほどに, 半分以上が, 口か, 口が, 口の, 口は, 口へ, 口を, 古いのに, 古びかげんと, 合せ目を, 向うに, 周囲を, 在処さえ, 在所が, 在所ばかり, 垂を, 場合でも, 壁の, 壊れが, 外で, 外を, 外壁を, 多かった, 大きなの, 天井は, 天井を, 奥へ, 奧まつた, 女が, 如き上, 如き庭下駄, 如くに, 如く心力, 婆やが, 婆やは, 孔を, 字を, 存在を, 実験が, 家賃を, 密訴状の, 密閉が, 寝所を, 封じものも, 小さい穴, 小刀の, 尽くる, 屋根の, 山の, 岬と, 崎, 巣は, 左から, 左側の, 差入口を, 布を, 床に, 底の, 底へでも, 底板ばかりを, 店へ, 座を, 引っ込む仕掛け, 引出しを, 形から, 形が, 形壺火入れの, 後に, 後ろへ, 後側を, 後部の, 恰好が, 悲しむべき話, 感じだ, 戸を, 戸口も, 所有者であった, 抽き, 抽斗から, 拳銃を, 持ち主であった, 持参の, 持參金の, 指紋と, 掃除に, 掃除を, 揺れ加減でも, 收入, 故智に, 散らばった竹, 数が, 数は, 整理に, 文字も, 文字を, 方だけ, 方には, 方へも, 旅は, 書付から, 書物を, 最も板, 本當, 机の, 板が, 板には, 板張り一枚を, 棚の, 棚を, 椅子に, 構造にも, 様だらう, 様式は, 樣だらう, 横の, 横へ, 横側を, 残飯にも, 汽車は, 洋菓子の, 浴槽を, 海図を, 消息を, 澱んだ水, 火鉢に, 煙草が, 煙草と, 煙草を, 燃えさしや, 片側に, 片隅の, 獲物を, 玉子の, 玉葱の, 用意が, 番してる, 番号を, 白砂糖を, 白絹を, 真上十メートルばかりの, 真中に, 着物に, 短く切った, 短冊じゃ, 砲弾が, 破れた切ツ端, 破片こんな, 破片を, 硝子が, 硝子にあたり, 硝子蓋を, 祭壇が, 穴に, 穴の, 空は, 空洞の, 窓の, 立って, 竹の, 箱書きの, 紐に, 紐も, 紫の, 結構壮麗, 絵の, 総目録, 縁へ, 縁や, 縄を, 缶詰と, 職人が, 肌には, 肌を, 脇に, 脇差坤竜, 脇腹を, 腹を, 舞台の, 色どりです, 色や, 花加留多を, 荷物を, 菊慈童と, 菓子を, 葉巻を, 葭簀の, 蓋か, 蓋さえ, 蓋で, 蓋でも, 蓋などに, 蓋によって, 蓋ばかりの, 蓋まで, 蓋独楽薄い, 蔭で, 蔭なんかに, 蔭には, 薪を, 藥品が, 行列も, 行列整, 衝立の, 衣裳を, 表には, 表皮へ, 表面に, 表面は, 表面一杯に, 袋や, 裂目から, 裏側に, 裏側の, 裏側へ, 裡へ, 要処, 見えるほとり, 見返しの, 角で, 角は, 角を, 記号とが, 設計を, 詰まって, 詰めは, 話では, 調べが, 謎, 貝細工上から, 贈物を, 車, 軽さ, 返歌を, 運搬にも, 運搬を, 道具が, 部屋が, 郵税に, 配達を, 重さ, 金の, 金も, 金具の, 銭を, 錠前を, 鍵とでは, 鍵の, 鏡は, 長さ, 間の, 隅から, 隅で, 隅にも, 隅の, 隣では, 雛形とも, 面の, 面影を, 頂きには, 類が, 類ひ, 類まで, 類他は, 風呂敷包が, 風呂敷包みを, 飾リボンの, 髢まで

▼ 箱~ (2264, 24.3%)

72 持って 37 あけて 29 出して 25 もって 23 開けて 21 抱えて, 持つて 18 置いて 15 かついで, さげて, 肩に, 開いて 14 かかえて 11 下げて, 取り出して, 背負って 10 出した, 取り出した, 手に 9 ひっくり返したよう, 持ち出して, 見て 8 取って, 小脇に, 担いで 7 あけると 6 下ろして, 手にとって, 抱へて, 提げて, 運んで 5 おいて, とりだして, もつて, 並べたよう, 作って, 出しその, 叩いて, 横に, 背おっ, 風呂敷に

4 [18件] いくつか, だして, とりだしました, とり出して, ねらって, ひっくりかえしたよう, もういちど手, ポケットから, ポケットに, 取りだして, 捧げて, 枕に, 肩から, 自分の, 負って, 買って, 鉄の, 首に

3 [44件] あけた, あけようと, おろして, しょって, じっと見つめ, とりに, のぞいて, ひっかきまわして, ひったくって, ひろげて, ぶらさげて, ぶら下げて, 並べて, 前に, 包んだの, 取り上げた, 取り出しました, 受け取った, 台に, 大事そうに, 引き寄せて, 手摺の, 抱いて, 持たせて, 指さして, 捜して, 探して, 渡して, 発見した, 積んで, 肩にかけて, 背に, 胸の, 落して, 見ながら, 見ると, 覗いて, 覗くと, 車に, 選んで, 重ねて, 開いた, 開くと, 集めて

2 [146件] あけたり, あけるの, いっぱい積ん, おが, おろしました, かきまわして, けんどん, こしらえて, こっちへ, ささげて, さらって, しまひながら, しらべて, すてて, せおって, そこへ, そっとあけ, そつと, それに, だいじそう, つかんだの, つかんで, つくつて, つけて, とうとうトラ十, とって, とられて, とり出した, とんとんと, のせた将棋盤, のせて, のせる空所, のぞくの, ひつくりかへ, ひつくり返したやう, ひらいて, ひッ, ふところへ, ぶちまけたよう, ぶちまけて, まづ舟, もとめに, やった, わきに, わしづかみ, コジ開け, ゴソゴソ取り出します, テーブルの, トントンと, ポンと, 一つずつ, 一つ唐櫃の, 一ツずつ, 両手で, 両手に, 借りて, 傾けて, 僧に, 元の, 入れて, 内職に, 冷して, 出しました, 出すと, 出る顔, 利用し, 包んで, 卓子の, 取った, 取つたが, 取つて, 取り上げて, 取り出すと, 取り除けて, 取出し事務室, 受取って, 受取りながら, 右の, 四つばかり, 壊して, 娘が, 子供の, 室の, 山の, 左の, 差し出して, 引き出した, 引っくり返したよう, 引繰り返した, 懐の, 投げて, 投げ捨てて, 抱え経木, 拵えて, 拾って, 持ち上げて, 持ち出づ, 持出した, 指しました, 指差し, 指差した, 据えて, 搜し, 書物と, 枕もとに, 柵の, 横から, 樹の, 水に, 汽車の, 渡し躯, 渡すと, 片付けた方, 片付けて, 片手に, 畳んで, 眺めて, 納屋の, 置いたり, 置きました, 置けば, 耳に, 背中へ, 背負うて, 膝で, 膝に, 膝の, 製造する, 見しに, 見つけて, 見つけました, 見つめて, 見つめます, 車の, 載せれば, 造って, 造ること, 邪魔に, 開く, 開くわけ, 開けました, 開けると, 開けるの, 鞄に, 顎で, 飴屋さんに

1 [1247件 抜粋] あがり口, あけたこと, あけたら, あけた神主, あけなくとも, あけなに, あけるなり, あけるまえぜひ, あける時間, あけ中, あげて, あさって, あずけて, あたしに, あなたの, いくつと, いぢつて, いろいろと, うけとると, うしろの, うずめて, うちポケットから, うやうやしく捧げ, おきその, おしやると, おっぽりだして, おろさせた, お久, お開きに, かえに, かかえると, かかえ片手, かきまわしながら, かくして, かけて, かって, かついだ男, かつぎだしたり, かぶせると, がたがたさせ, きいた, くれたから, こしら, こしらえねば, こじ開けたとき, このままここ, この帯, こもで, こわすの, ござ, さがした, さぐって, さげながら, さげ辿って, さし出した, さすの, して, しまいにいっ, しめた, しょい日, すこし動かし, すっかり掻き, すみの, せおったスパイ, そっと開い, そのままかつい, そのまま私, その九郎右衛門, その色男, たいせつな, たたきながら, たたく娘, たのんだよ, だかせて, ちぎつて居處, ちょっと見せ, つかいわけて, つかみその, つかんだ手首, つくらせて, つくり白布, つくるネーリング工場, つくろひて, つっこんで, つつんだ風呂敷包み, つみ上げた横, つるして, つんで, といて, とても滝之助, とびだすよう, とりあげたが, とりあげると, とりだすと, とりのける時, とり出し相手, どうした, ながめて, にらみつけて, のせた蒔絵, のぞいた, のぞき込みました, はこばせしおしお, はこんだと, はこんで, ばったり下, ひきずって, ひきつけにが, ひき出した, ひざに, ひっかかえ, ひっくり返して, ひっさげて, ひょいと頭上, ひらかずに, ひらくかぎ, ひらくと, ひらけと, ふせました, ふところに, ふりあげた, ぶちまけたほど, ぶらさげ室内, ぶら提げ靴みがきみたい, ほりだして, ほり出すの, またポケット, みせて, みつめそして, みんなで, もぎ取りそれ, もちて, もとの, ゆすぶって, ゆずって, よく見る, わけて, わたして, わって, カンカラと, ガチャガチャ云わせ, スーツに, タウルに, テエブルの, ハンカチーフと, パンドーラに, ブラ下げた, ポケットへ, 一たび鼻に, 一つまぶし, 一つ届け, 一つ滅茶, 一つ貰い受け, 一つ馬丁に, 一ドルで, 一寸振っ, 一日私に, 一生の, 丁寧に, 三つとりだし, 三重に, 下げたその, 下げながら, 下して, 下し腰かけて, 下へ, 不覚にも, 丘の, 並べたり, 並べた台, 並べた様, 久代さんは, 乘せた, 乾草で, 二つづつ重ねた, 二つ三つお, 二つ執りだし, 二度まで, 五十個発見しました, 五十駄積みの, 今一度取出し, 仕事着の, 伸子の, 佐々の, 何気なく鼻, 作った大工さん, 作りました, 作るの, 使うより, 使者の, 価貴く, 側に, 催促に, 兄き, 入れる戸口, 六つ七つ持っ, 其の後山田徳兵衛君, 出させて, 出しに, 出せと, 出て, 切りますから, 加えると, 動かして, 包み紙, 包むと, 包んだ布, 十五人で, 卓の, 卸して, 反転さして, 取りあげました, 取りおろして, 取りだした, 取りに, 取りよせ三人がかり, 取り下ろして, 取り出しその, 取り出し中, 取り卸した, 取り降して, 取ると, 取出しそれ, 取出したが, 取出しました, 取出し幾度, 受けとって, 受け取って, 受取ったの, 受取っても, 受取り龍, 古ながし, 台所より, 命婦は, 四つ並べた, 土に, 地に, 地下室の, 埋めて, 執りだした, 墨で, 売った失敗, 太守に, 奪ろう, 女房に, 子供目蒐けて, 実費で, 寄せ集めて, 寺男に, 小ツル, 小腋, 川の, 左右から, 差し上げて, 差し出したところ, 差出して, 差出しました, 平げて, 年に, 床に, 床几として, 廻すという, 弁の, 引きずり出して, 引き上げた, 引き出すよう, 引き寄せ乍ら, 引っさらっ, 引つくり, 引ッかつい, 引出しから, 引繰返し, 張る, 強制的に, 彼らは, 徳市に, 思いださせるとは, 恭しく古, 恭一の, 愉快に, 懐へ, 戴きましょうか, 戻し脱げた靴, 手を, 手早く懐中, 打ちこわすの, 打破つてみました, 投げつけた, 投げ出さしめた, 投げ出したよう, 投じたこと, 抛り出して, 抱いたまま, 抱えた禹徳淳, 抱えなおして, 抱きすくめるよう, 抱へ, 押えて, 押して, 担いだまま, 担うもの, 担ぎ出すばかり, 担ぎ景気, 担へる, 拡げるには, 拵えその, 拾い上げると, 持たした, 持ちあげその, 持ちけ, 持ちだして, 持ち出しこれ, 持ち出したり, 持ち同じく, 持ち詩, 持った, 持った僕, 持った手首, 持ってること, 持つたキリスト, 持つ理髪人, 持出したところ, 持参し, 指さしながら, 指で, 振廻して, 捜出し, 捨てて, 据え付けたが, 掛くるを, 探しに, 探そうと, 探りあてたの, 控え銀, 掲げて, 掴んだから, 提げながら, 揺すり上げた, 揺る風, 携えたり, 携へたり, 擔ひ, 放したの, 敷き詰めた床, 日傭人足の, 明智の, 書いたこと, 月子は, 机の, 枕の, 棒の, 椅子の, 検めると, 検査した, 橇に, 次から, 此方へ, 残して, 毀つに, 毎日持っ, 波の, 洗ったり, 流しに, 浮かせたよう, 添え急行切符, 渡した, 渡し屑籠, 溢るる, 火の, 焦れったそう, 父の, 片づけるよう, 片付けるころ, 片山氏は, 物珍しさうに手, 用意し, 画家然, 白の, 盗みおったな, 盗みだしても, 盗み返し離れ, 盗んで, 目八分に, 相当重, 眺めては, 矢庭に, 示して, 私の, 積み前, 積み重ねながら, 積んだ荷車, 積んだ馬車, 窓の, 立てて, 竹蔵の, 第二, 素子に, 細かく裂き, 結いつけて, 經机に, 縁さきに, 縁の, 縛つた紐だ, 縫子と, 置きこの, 置きその, 置きまして, 置き新田取り立て, 翌る, 背中に, 背負い箱, 背負った娘さん, 背負つて碗を, 背負ひ, 胸先き, 脊中に, 脚に, 腕いっぱい運ん, 腰へ, 膝へ, 自らの, 臼の, 舟板の, 若い人たち, 荷ひ, 落としまして, 葉子の, 處分する, 表に, 裏が, 襲うた, 覆して, 見おろして, 見せた, 見せて, 見せ我々, 見たが, 見つけた, 見つけると, 見つめました, 見と, 見る度, 見上げますが, 見付けました, 見張るよう, 見西行, 覗いたって, 覗きまわったりなど, 覗く, 詰め替えて, 誰かが, 調べられるという, 貰った, 買い取りさらに, 買った, 貼つて, 賣たと, 購い得られるだけの, 贈らる, 足許に, 蹴つて, 蹴飛ばしたと, 軽々とささげ, 載せて, 輝や, 追ひかけ, 通って, 造る手段そのもの, 運ぶかけ声, 適当な, 邸の, 重そう, 銅板に, 閉したよう, 開いた兎, 開きどこ, 開き壷, 開くこと, 開くの, 開けさせようと, 開けたら内, 開けつめもの, 開けなかったらどう, 開けろ, 開こうと, 隅の, 隠して, 雪之, 預かって, 預けた粋, 預ったこと, 頸に, 頸にかけての, 風呂敷包に, 飛び出して, 飯櫃に, 首にかけて, 鬱金の, 鳩がは, 鼻に

▼ 箱~ (899, 9.6%)

106 入れて 19 入って 17 納めて 15 手を 14 腰を 10 入れられて 9 いれて 7 しまって, 詰めて 6 眼を 5 おさめて, つめて, なって, 腰かけて 4 して, ついて, 入れたまま, 入れる, 向って, 目を, 紫いろの 3 しまつて, 何が, 入つて, 入て, 入る, 入れた, 入れると, 収めて, 水を, 穴を

2 [37件] いるもの, いれたの, いれ餌, かくれて, かけて, しまう, つけて, 一杯に, 乗って, 仕掛けが, 仕掛けた綱, 似て, 入ったお, 入つた百本入, 入れたの, 入れたもの, 入れること, 収められて, 地下の, 壺が, 描かれて, 放り込んで, 書いて, 水が, 粟を, 納まって, 納まつ, 納めすこしく, 納めたの, 納められて, 納る, 纏めて, 詰めた砂利, 近づいて, 這入つて, 顔を, 鼻先を

1 [537件 抜粋] あった一等, あつた, あり程よき, いくつもの, いたっては, いちども, いっぱいに, いる, いれこしかけて, いれそれから, いれたまると, いれないで, いれられて, いろんなおもちゃ, おさめてから, おさめられただちに, おさめられた遺骨, おちょこを, おとなしくは, お元, お入れし, かえして, かかった, かかった男, かたく錠, ぎっしり詰まっ, ぎつしりとつめられたまゝ長い長い, ぎつしり並べ, こしかけたまま, こしかけて, この一埒, この貝, これが, こんがらかった松, さわりそう, さわる手首, ざっと二百名, ざつと二百名からの, しがみついて, したいたづら, したの, したもの, しても, しばりつけあるいは, しまいこまれたり, しまいこみながら, しまいこんだ, しまいこんだ石, しまい店, しました, しまったもの, しまってから, しまわれた伸子, しまわれて, しようと, すぎなかった, すててなかったら家, するん, そこから, それは, そんな種々, ただ一人, たつた八種, ちがいない, ちやら, ちょっと注意, つ, ついてるセメント, つかまって, つかまつて, つきそって, つけられた飾り, つたわって, つまづい, つめこみ石, つめた, つめるよう, つめる大きな, つめ込んで, とぐろ卷く, とじこめられたの, とじ込められる数羽, とまった, とまって, とまらせさえ, どうやら豚, どんな色, なさっちゃ, なったり, なった私, なった自動的, なってるが, なつたちふだ, なりや, なり藝名, なるため, なる前, のぼって, のりこんだ周囲, のると, はいったお, はいったきれい, はいったもの, はいった六十ピストル, はいった物, はいった経文, はいった菓子, はいった香水, はいり鬱金, はられて, ふかしたての, ふたを, ふと気がついた, ぶつつけた, ほうりこまれて, ぼっと燃えついた, まとめて, もたれかかったまま, もって, よせかけ片づけ終るの, よりかかりながら, われわれの, エア先生に, カサリという, ガラス繊維の, キンタマ火鉢を, サンドウィッチと, シーボルト着用の, ストンと, ハガネの, バケツが, パンや, ピッタリ入っ, ピンで, ベッコウバチを, ボチボチと, ポリモス錠と, ルナアルの, 一ぱい詰まつ, 一二枚の, 一八と, 一匹づつ這入, 一寸立派, 一杯で, 一杯並べ, 一杯詰めた, 一杯集まつた, 一枚の, 丁度具合, 三百年前の, 三脚を, 上りそれ, 下駄を, 両手を, 並べたまま, 並べて, 並べるの, 並んで, 乗せて, 乗つて昇降, 乗りこんだ, 乗り合したの, 乗客も, 乘りかへ, 乳を, 二三十銭の, 五つも, 仏具を, 仔が, 仕舞い込むと, 仕舞うの, 仕舞って, 付いて, 似たの, 似たもの, 似たるが, 似たストーヴ, 似た網, 住みし小, 何か, 何ばいかの, 佛具を, 作られその, 例えること, 倚りかかっ, 倚りかかり, 充満し, 入ったまま, 入ったもの, 入ったよう, 入ったサン・メード・レイズン, 入った人形, 入った刀, 入った南京砂, 入った卵, 入った双眼鏡, 入った尺取虫, 入った武者人形, 入った油土, 入った漆喰, 入った菓子箱, 入った蓄音機, 入った藤娘, 入った鏡, 入っては, 入つた三十センチメートル, 入つた器物, 入つた鏡, 入つた鶏卵, 入らぬこと, 入ると, 入れ, 入れさせて, 入れその, 入れたお玉, 入れたま, 入れたまま紙取り, 入れたまると, 入れたよう, 入れたメザマシ時計, 入れた儘, 入れた切餅, 入れた土耳古石, 入れた大学生, 入れた巻き物, 入れた感じ, 入れた木彫り, 入れた物, 入れた白い, 入れた竹, 入れた純金製, 入れた紙包, 入れてね, 入れと, 入れとくよう, 入れながら, 入れふくさ, 入れようと, 入れられその, 入れられそれ, 入れられたその, 入れられた彫像みたい, 入れられた文代さん, 入れられるの, 入れられれば, 入れられ大切, 入れられ更に, 入れる事, 入れる風, 入れヴェランダ, 入れ今一つ, 入れ仏, 入れ坂口君, 入れ壁, 入れ家廟中, 入れ底, 入れ或は, 入れ箱, 入れ置きたるを, 入れ鄭重, 入れ障子, 入念な, 六匹の, 凭れて, 包まれて, 十ぐらいの, 十二貫目ずつ, 十人ぐらいは, 収まって, 収まりもう, 収まる蚊帳, 収めたところ, 収めに, 収められた, 収められた大きな, 収められてから, 収め麺, 取りすがった, 古本を, 古風な, 合トンビの, 向かい前, 吶喊する, 呼吸を, 嘴を, 四角いお盆, 変わるの, 夢の, 大きに興味, 容れて, 密閉し, 対いただ, 封じた上, 封じて, 小石や, 小銭の, 小鳥と共に, 就職の, 川手氏自身の, 当って, 役者の, 従ふ, 御無沙汰を, 御飯ぎっしり, 感じた, 扇の, 手が, 手でも, 手紙を, 手鈎を, 打ち付けねば, 投げこまれて, 投げこまれながら, 投げつけたこと, 投げ入れるに, 投げ込むの, 投げ込んで, 投ずること, 投入した, 投入する, 投込ん, 抽斗を, 捨てた, 捨てました, 掛けて, 掛物が, 掴みかかって, 揃えて, 描いて, 握飯を, 收めて, 文字を, 新聞紙を, 日の丸の, 日本の, 映ると, 書かれたこと, 書物の, 有ける, 木屑の, 本を, 朱を, 棒を, 樹木や, 残されそれ, 母が, 比ぶれ, 気づくと, 気を, 気附か, 油を, 泥を, 浅香の, 添えられて, 添へて, 湿土, 湿気を, 澤山載, 火が, 玉子を, 瑠璃の, 生きゐる人, 用いたこと, 用いられた好み, 男名前の, 畫かれ, 畳んで, 発見された, 白墨で, 百パーセントまで, 百文と, 目と, 真鍮の, 磨き上げた道具, 祠り封ぜられ, 秘めその, 移して, 移しながら, 移しました, 突込んであります, 窓を, 立って, 立てて, 立てながら, 竹の, 簡単な, 紅白の, 納ひ込ん, 納まったブローチ, 納まった軸物, 納めそれ, 納めた二個, 納めた雄, 納めてから, 納めふと, 納めました, 納めようと, 納められた, 納められてるみごと, 納められ洞窟, 納めること, 納めるに, 納め力, 納め数年間放置, 納め更に, 納め私, 納れ, 紫色の, 結ばれて, 結びつけたもの, 綺麗に, 縄を, 繩で, 腑に, 腰かけさせた, 腰かけた彼, 腰かけちろちろ燃える石炭, 腰かけ一同, 腰かけ焚火, 至りては, 至るまでの, 若い男女, 茶色表紙の, 草履を, 草履袋で, 萠黄の, 落ちる時人生, 蓋を, 蔵めて, 藁を, 蘇枋の, 製品を, 要心深くフタ, 見む日さ, 見入つてゐた, 見出した, 見当を, 覺え, 触つて, 触れた拍子, 詰めたの, 詰めた本, 詰めた桃, 詰めた眠剤, 詰めるところ, 詰める仕事, 詰め自, 詰め込まれて, 詰め込んで, 誇大に, 貼った画, 貼つた一枚, 貼つて, 贓品を, 赤坊を, 赤毛布を, 蹴つまずいて, 躓くと, 転化させ, 軸木が, 軽焼の, 載せその, 近づいた, 近づいたかかと, 近付いて, 這入ったまま, 這入った拳銃, 這入って, 過ぎません, 重ねて, 金若干を, 金貨を, 銀貨を, 銅貨を, 銭を, 錠を, 閉じ込めて, 閉ぢこめられた, 陳列され, 隠されて, 雪を, 青酸の, 革の, 順序正しく, 頬杖を, 頭を, 額を, 風呂敷を, 飛びこんで, 食べ残しの, 食べ荒した銀紙, 飯と, 飼つてあつ, 飼はれ, 高壓電流, 魔法が, 魚の, 鯛などの, 鶏卵を, 鼻さし入れつ

▼ 箱~ (563, 6.0%)

23 置いて 17 あって 16 出て 12 おいて 11 ある 8 あった 6 あります 5 並んで 4 ありました, あるの, いくつも, 出た, 積んで, 立って 3 あったので, あつた, 一つある, 目に, 置かれて

2 [25件] ありすべて, おかれて, ここに, この現実, ついて, ない, なければ, ならんで, はいって, ブックエンドの, 一つ, 一つあった, 三つばかり, 三つ馬に, 傾いて, 入って, 列べて, 大きくて, 大事そうに, 棚の, 積み上げて, 積み重ねて, 落ちて, 軌道の, 送られて

1 [376件] あがり口, あそこに, あったが, あったとして, あったなら江戸図, あつたら, あつて, あつて紙, あの儘庭, あまりに重かっ, あらわれた, ありおしゃれ, ありこれ, ありし其中ニ, ありその, ありますがな, ありますよ, あります中, ありません, あり中, あり子供連れ, あるあれ, あるか, あるから, あるきり, あるでしょうあれ, あると, あるん, ある二重式陳列箱, いくつか, いけないん, いちじ, いつか姿を, いつ何処, うすだ, うずまって, うずめて, うまいぐあいにまわりだした, おさめて, おどるよう, おみやげ太, おれの, お席, お母さんの, お祖母さま, お茶なぞの, かわって, がらがらずどんと, くくりつけて, くしや, くせものな, くちを, ぐんぐん重く, この三原山, この場合, こわれて, ございます, ごたごたと, さか, さがって, さも貴重品, しまって, しまつて, じかに心棒, すなわち, ずっしりと, ずらっと, ずらりと天井近く, そのとき不思議, そのよう, その円周, その多く, そろそろと, たくさんおい, だいぶ重, ちゃんともと, つくりつけて, つくれないし, つく時刻, つづいて, つみ重なって, つみ重ねられて, とう, とても重く, とどきました, とんがり長屋, どうした, どうしてこの, どうして重い, どっさりあった, どっさりつみ重ねられ, どのへん, どれにも, どん, ないよ, なかったら, なかつたの, にじの, のこって, のせて, のって, ひつくりかへ, びくとも, ぶつかって, ぶらりと下る, まず目, またひとり, また小さい, まだ博覧会, まっすぐに, めりめりと, もうあたし, もし一時, やっとの, やぶけて, よほど気に入った, わたされた, ウラジオから, キレイだ, ゴトンゴトンと, スーッと, タクサンあった, タシカに, タマに, バタンと, バラバラに, ビリビリと, ピッタリと, メリ, ユラユラと, リボンに, 一つおい, 一つちょこなんと, 一つでは, 一つどう, 一つのっ, 一つ中から, 一つ入っ, 一つ十円以上も, 一つ壁には, 一つ私の, 一つ立つ, 一つ行灯が, 一つ行燈が, 一つ送りとどけられた, 一ツある, 一列に, 一杯に, 一磅も, 丁度両, 七八円である, 三つと, 三ツばかり, 三個ある, 三四輛連結し, 三箇隠し, 上向きに, 下で, 並べて, 二つ, 二つに, 二つひょいと, 二つ三つころがっ, 二つ三つそこらに, 二つ並ぶ, 二つ乃至, 二つ出, 二つ引出し, 二つ落ち, 二個あらわれた, 二個乗っ, 二重に, 五つ六つ入っ, 五つ六つ積み重ね, 何かの, 何処に, 何十階の, 余りに目近, 信二の, 倉庫の, 元単なる, 入つた, 入口に, 写真を, 出したまま, 出たそう, 出たので, 出なければ, 出る, 出るかっ, 出るって, 出入りする, 到着し, 動いて, 動かされて, 動きだしたので, 十五六その, 十六千両箱が, 十行李も, 半ばこわれ, 半ば赤錆び, 即ち桝, 取出される, 四つほど, 四ツ行儀よく, 土まみれに, 土嚢がわりに, 堂であり, 壊れたまま, 大きい, 大へん, 大金という, 失礼とも, 奥深く積み重ね, 存在する, 宇野さんの, 宙に, 家ごとに, 寝室から, 小さく据, 小学校の, 届いたのよ, 届きました, 山の, 山積みし, 差し出され続いて, 布の, 幾つか, 幾つも, 幾個か, 幾個と, 幾通りにも, 床から, 床の間に, 彼の, 彼らによって, 往来において, 悪い方, 悪魔の, 成り立った, 投出されてる傍, 抛り出して, 持ち出されたそれに, 持って, 持てないと, 据て, 探される時, 控えて, 控へて, 換って, 換つて立派な, 揺れた, 数えきれないほど, 数段に, 斜に, 新橋の, 日向に, 日本人の, 明けたくなりました, 時々届いた, 更に私, 月光で, 有りそれ, 有りますから, 有り二重三重, 有る方一尺, 来たん, 柄杓で, 柳営へ, 桐で, 棚に, 森林の, 横に, 橇いっぱいに, 残って, 毀れると, 沢山あったやろ, 沢山積重ね, 油で, 浮いて, 浮び上り白骨, 海の, 消えうせた事, 添えて, 減って, 無事で, 無数に, 爆破するであろう, 物の, 物を, 珍しいと, 現れて, 現れると, 現われた, 現われました, 生ある, 生き物に, 申訳だけに, 番台に, 発見され, 白木である, 皆宝の, 目の, 直ぐ格子戸, 眠り病の, 眼に, 石崖の, 稜線を, 積まれました, 積まれる, 積みならべて, 積んであります, 空に, 竝んで, 竪に, 笑ひでも, 粉々に, 粉薬水薬を, 納戸から, 紛失し, 素の, 置かれそれ, 置かれた題, 置かれむき出し, 胸の, 腋の下から, 腰掛とも, 膝から, 自分たちの, 自由落下を, 船の, 荒縄で, 萌黄の, 落ちた音, 落ちまして, 蓋を, 西の, 見あたらないの, 見えた, 見える, 見えるから, 見えんと, 變つて居た, 贈られた, 走って, 蹴とばされて, 車の, 軋ると, 軽く, 軽くなった, 軽そう, 載せて, 載つて, 轟々と通り過ぎ, 辷って, 這入って, 運びこまれて, 運命を, 配給され, 重くなっ, 重って, 釣り下げられて, 錠前付きの, 鎧櫃に, 開いたかと, 開いて, 開かれた, 開く, 限なく尊い, 障子を, 隠して, 電燈も, 頑丈な, 飛び出しました, 駕籠から, 鼠入らずの

▼ 箱~ (318, 3.4%)

2 [19件] つくれるもの, どこに, ふところへ, テーブルの, 人間の, 何處へ, 塗が, 彼の, 御覧の, 微塵に, 机の, 枕もとに, 桐の, 正面の, 空っぽに, 空つ, 納屋の, 綺麗に, 音を

1 [280件] あくまでまもっ, あげられませんよ, あてはずれか, ありません, あるの, いちいち解かれた, いったいどんな, いつか細引の, いつのまにか賢吉君, うちまで, うるさいのね, おもからむ, お寺の, お絹, かげも, からりと, かれの, がんこに, きっと買う, くだけて, ぐんぐん重く, ここへ, この通り, これでございます, ころがされた, こわれて, さっきから, すうと, すぐひっくりかえる, すぐ沈ん, すぐ軽く, すぐ近く, すごく大きな, ぜんぶからっぽでした, ぜんぶで, そういう不具, そこから, そこに, そのまん中, その場, その町, その辺, その邊, それが, それに, そればかり, ちゃんとここ, ちゃんとそこ, ちゃんともと, ちゃんとテーブル, ちゃんと押え, ついにさがしあてる, つぎから, つまり社であり, とうとうこわれ, とっくに盗まれ, とっくに賢吉君, とんでもない, どうした, どうしても動かない, どこへ, どっかへ, どれくらいの, どんどん流れ, どんなこと, なんだ, なんだか知っ, ばかに, ひっくりかえりこわれて, ひつくりか, ひどすぎます, ひらかれけり, びくともしません, ぴかぴかする, ぶじに, ほかの, ほとんど空っぽ, ほんとに何, またこの, まだこれ, まったく覚え, まるで大, まるで風, もう三日, もって, もはやかれ, やっぱりもと, やはり重い, よほど大切, わけも, わしが, ゴム風船が, スーツの, トラ十の, ハリー, パリで, ホテルに, マッチの, 一年中神社仏閣の, 一昨日ここに, 一間四方くらいの, 七月四日の, 三日おきに, 上まで, 上品で, 下に, 中, 中の, 中国兵の, 二つでした, 二つとも, 互にがた, 互にがたがたぶっつかりました, 五十個出, 人形箱であった, 今にもバラ, 今夜一晩過ごした, 他の, 住職の, 何か, 何だいソレア, 何の, 何んの, 何処から, 何処に, 何度も, 何處に, 保の, 信盛の, 偽物でした, 元どおり, 元の, 光だった, 八フィート四方で, 出来の, 前の, 匂いが, 十五でした, 午後の, 名人の, 君が, 吸って, 四方とも, 四時間ばかり, 埃を, 堂の, 塔の, 壁に, 外から, 大きい長方形, 大事そうに, 大切に, 天狗と, 太い真田紐, 娘の, 宝蔵へ, 小さいが, 小さな輿, 少し大きい, 少し弱すぎ, 屋根を, 川の, 川原崎権十郎の, 巨大な, 常例の, 幾度も, 床格子の, 底が, 引き上げられるよう, 当時の, 御側用人, 思ひの, 悪い箱, 悪ものに, 我々が, 我国の, 投げこんだ処, 抽斗に, 拾えるよう, 持って, 持てないし, 支出し, 数丈も, 既う, 日本人が, 明らかに, 昔の, 暗い廊下, 最もローマ宗と国教宗, 月世界に, 木で, 本箱と, 本船に, 杉では, 柄の, 柾の, 棄てて, 棚の, 横側から, 横側を, 機上に, 正方形で, 沢山あるでしょう, 波に, 洗わずに, 浅い長方形, 港の, 溢れるほどに, 潰れ上包, 炊事場の, 無論投げ出され, 燐寸一本さえ, 男を, 異常な, 白い布, 白磁の, 相当の, 真物だ, 砕けて, 破りあけられて, 碍子を, 祖母が, 私が, 私たちの, 私の, 秘密の, 空っぽ八五郎は, 空で, 空に, 空高く, 窓と, 答えたの, 籠に, 紐を, 結えられて, 絶えず内部, 締めて, 締物なし, 縁の, 置いて, 能楽の, 膳の, 自分一人の, 至るところ, 船に, 薬に, 蝶蝶の, 見て, 評定所五手掛の, 買って, 質屋に, 軸が, 軽かった, 送って, 違って, 違つて居る, 遠くから, 部屋から, 都合三個, 酔興に, 重いです, 鉄では, 鉄板で, 銀か, 銭を, 鎧櫃ほど, 長さ十五センチ, 長方形で, 長椅子の, 長生不老の, 開いた, 開けて, 階上の, 雨露に, 電池の, 非常に, 風の, 高い所, 黒檀でしょう, 黙って

▼ 箱から~ (280, 3.0%)

13 出して 7 出て 3 出しては, 取り出されて, 取り出して, 銭を, 雛を

2 [11件] とびだして, とり出して, 一万円出した, 一二冊の, 取りだして, 取出して, 昔の, 煙草を, 芥箱へ, 葉巻を, 香を

1 [223件] あめを, おせい, おりた, お化けが, お父さんの, お開き成さい, お靴, かけ水少量, くすねること, ころがり落ちました, したたるビードロ, すべての, それを, だして, だったと, つり銭を, でた男, でて, ときどき玩具, とりだした蕃山, とりのけられて, とり出した, ぬけだして, ぬけ出して, はいだして, ぶちまけて, ぶら下って, まけ出された樣, やがて夜具, わたしの, わたしは, アスピリン錠剤を, カロリン米を, キルクの, ソッと, ダイナマイトを, チョコレートを, チヨークの, トラックの, トルコの, パレットを, ラジオが, 一つずつ, 一と, 一尺に, 一文二文盗みやが, 一本その, 一本つまみ出し, 一本づつ出し, 一本とり出し, 一本の, 一本抜き出し, 一箇取って, 一銭二銭の, 一銭銅貨を, 万能散, 下の, 下り箱, 下駄を, 両切, 二匹の, 二粒位ずつ, 五拾円紙幣を, 人形を, 今飛び出た, 伝之助の, 何か, 何と美しく, 傳之, 僕が, 兩切り煙草を, 八十年前または, 出されたらすぐ, 出された生贄, 出され棚, 出した, 出したその, 出したとしても, 出し立ての, 出すさ, 出すと, 出すの, 出すや, 出せば, 出たりは, 出ながら, 出ようと, 出るおみ, 出るだろう, 分けて, 切手を, 別の, 制帽を, 匕首を, 厨子扉の, 又髪の毛, 取って, 取りだし手のひら, 取り出された四ツ, 取り出したその, 取り出したの, 取り出しましたの, 取出したの, 取出したばかりの, 取出した懸物, 取出した銀, 古いぼろ, 合鍵を, 吸ひさしの, 四方へ, 四角い飯, 壺を, 外に, 夜通し微妙, 大場家御, 大場家御墨付紛失の, 小刀を, 小銭を, 少しばかりの, 巻タバコを, 市郎は, 引き離した, 御紋付き, 手馴れた鑿, 抜かれたの, 拔かれた, 拾って, 持って, 撮み出して, 放り出したま, 料紙インキ壺の, 新しいスリッパ, 新しい下駄, 新しい奴, 暗号書を, 書簡紙と, 木炭を, 椰子の, 櫛を, 気を, 氷の, 油菓子を, 涎を, 溢れて, 溢れ出たから, 火薬の, 現れたの, 現われ出た大, 生えて, 発する異, 盗んで, 目も, 直治の, 碗皿銚子杯箸などを, 種子を, 突然壮士風, 立ちあがるならそれはじぶん, 立ち上った, 立ち上ったものの, 管が, 籠を, 米と, 糸を, 糸房の, 細いマキモヤ, 細い紫繻子, 絞りばなし, 絵具を, 繰り出したよう, 耕介が, 背嚢寝台藁布団などを, 背革に, 胴巻ぐるみソックリここに, 脇差を, 脱出し, 舞いあがって, 草履を, 荷作りまで, 莨の, 菓子を, 落ちて, 葉巻タバコを, 薪を, 薬を, 蛇を, 衣裳を, 見つけたもの, 見出した, 覗いてでも, 解きほぐした, 赤味を, 赤鬼の, 足を, 跳ね出した三毛猫, 転がり出したもの, 逃げ出したこれら, 逃げ出す場面, 這い出したよう, 道化人形が, 鈴の, 銀貨白銅とりまぜ, 鋸屑を, 鑿と, 長い柄, 長い煙管, 長い綱, 開けたまま強飯みたい, 降りて, 集めて, 離れた, 青い砂, 靴を, 音の, 飛びあがった, 飛び出した, 飛び出したよう, 飛び出して, 飛び出す怪物, 飛び降りた, 食品を, 餌を, 香の, 黄色い粉

▼ 箱~ (174, 1.9%)

16 入れて 12 手を 4 入れた

2 [14件] いれて, しまいながら, しまって, スケッチ板を, 並べて, 入って, 入れかえて, 入れたり, 入れられて, 入れるの, 収められて, 投げ入れて, 耳を, 詰めて

1 [114件] うつされる, おさめまた, おひねり, お宝を, お金を, がっちりと, この上書, これを, ころ, さしこんで, さらえこむ, しまいこんで, しまった, しまわしたの, ちょっと寄りかかった, ちょっと顎, つめて, ぶちこんで, ほうりこむ, ほうりこむこと, ほうりこんで, シクラメンの, ジロリ鋭い, チャラチャラと, ニユームの, 一本抛り込ん, 一杯に, 乗せて, 乗り込むと, 伝わる車輪, 伸ばして, 何か, 何かの, 元通り返し, 入ずに, 入た, 入った, 入るとき, 入れたこと, 入れたって, 入れたでは, 入れたもの, 入れた儘, 入れなければ, 入れますが, 入れられたり, 入れること, 入れるわけ, 入れれば, 剪って, 唾ばかり, 大切に, 宛名を, 容れた, 寝られるよう, 差上げた二十円, 後頭部を, 怪しむよう, 戻しべつ, 戻し非常, 戻って, 戻りそのまま, 投げこみ悠々, 投り込む, 抛り込んで, 押しこんで, 押し込みました, 押し込んで, 拾い込み拾い込みしたの, 持って, 捨てた, 昨日まで, 活きた犠牲, 溜って, 爪立てたって, 物を, 眼を, 移し返し始める, 空色天鵝絨の, 納まった京人形, 納めた, 納めて, 納めましたこと, 納め布呂敷, 納め熨斗, 紙を, 細い護謨, 絶間も, 肱を, 自分の, 色んなネクタイ, 蓋を, 蔵う, 蔵って, 藁し, 藁を, 詰めおわる, 詰めた経験, 詰め込んだ空車, 走り寄り矢庭に, 載せて, 近づくと, 返さうと, 這入る, 還った, 金を, 雑草を, 雪舟の, 静かに, 願書を, 飛び込むや, 飛歩いて, 飛鳥の, 鼻を

▼ 箱~ (153, 1.6%)

5 一緒に

2 [11件] いえば, なって, イーゼルを, トランクを, 云うの, 同じよう, 大胴巻, 巨鋸屑と, 着物を, 緋毛氈を, 美しい鳩

1 [126件] あとで, いいすりこぎ, いい出したの, いうのに, いっしょに, いった, いって, いわれるほど, おなじだ, おもちゃの, くず箱とが, しよう, すがすがしい呼び声, する, すれば, せば, その底, それからなに, つぎはぎの細工を, なった, なった後, なりこの, なる, なるが, ひとしくキチン, ふるい鉄なべ, まじって, まだ使わない, イスと, ケラシンカ, スケッチ板の, ドロップの, パイプ, フロックとを, ブリキの, マッチとを, マッチは, ライターを, 一しょに, 一枚の, 一箇の, 三脚几を, 下げて, 両方へ, 中箱とを, 乳鉢天秤等と共に, 二人の, 二日角力を, 云うもの, 云ふ, 位牌を, 便器とを, 信仰との, 入口に, 剃刀と, 包み紙や, 化して, 半兵衛の, 取り箸, 号す, 合乘で, 同じきれである, 同じこと, 同じに, 同じ物, 向ひ, 呼ばれて, 器械体操の, 墨の, 尾世川自身の, 帽子を, 彼が, 思って, 思ふが, 悟らず, 手拭とを, 手拭を, 持はやされ, 掛物を, 擬して, 敷島は, 文箱とどめ, 書物を, 机と, 来たもん, 林檎を, 柿色の, 樽とを, 樽を, 樽ペンキの, 水晶の, 油紙などを, 海鼠形の, 焜爐とだけ, 熟柿の, 燐寸とを, 物の本二三册と, 瓜二つの, 申すこと, 盥とを, 籠の, 糸を, 綱を, 編物の, 舞台とを, 菰で, 蓋とに, 蝋燭とを, 衣箱の, 袋も, 覚しきもの, 言い凝り, 言ひました, 言へば, 訪問者名簿が, 違う形, 鈴と, 銅箱との, 鋏と, 長煙管, 鞄と, 風呂敷を, 首かざりの, 鳩を, 麻袋を, 黒塗の

▼ 箱~ (123, 1.3%)

4 袋が 3 何かを 2 さんは, 包帯や, 筵を, 蓋から, 袋などの, 袋は

1 [104件] あきびんなどが, あるいは手垢, かばんで, が, こうもり傘などが, ごみ箱を, さんから, さんと, そこら頂戴した, その他が, その他の, その囲, それに, たんすや, なにかで, ぼろ切れや, まだとき, カンヅメなどが, トランクを, ナップ, バケツの, パレットや, フォーアピークなどよりも, レイションや, 二箱の, 人形など, 六十箱は, 其他を, 包が, 包みの, 包みを, 包やを, 包を, 包紙や, 卓子などが, 卓子や, 原稿を, 古い新聞, 古手紙が, 古机, 品物の, 哺乳壜から, 塗り駕籠の, 壺めいた, 家じゅういっぱいでした, 家中いっぱいでした, 小さな飾り花, 布片を, 引出の, 弾薬箱は, 急須の, 戸棚や, 抽斗の, 新聞紙の, 時鳥, 普請小屋の, 木箱が, 机の, 果物籠などを, 樽の, 樽や, 歯磨の, 毒瓶や, 河岸に, 火事場用の, 火箸を, 目の, 破れた麦わら帽子, 籠や, 糸の, 糸目錢などを, 紙に, 紙箱には, 絵葉書の, 縄が, 缶や, 罐が, 罐や, 聖像の, 色紙が, 茶盆が, 菰包みが, 葡萄酒の, 薬の, 藁で, 藁包が, 行李の, 袋の, 袋や, 袋を, 設備が, 財布をも, 金蒔絵や, 金襴で, 鍵や, 鑵入れ箱の, 長刀などを, 雑多な, 香具その他聖祭用の, 骨壷が, 鬢だ, 鬼足袋の, 鳥籠や, 齒磨の

▼ 箱には~ (119, 1.3%)

13 いって 3 何が 2 いつて, おみくじ, すごいもの, 善蔵の, 彼の, 柿や, 鼬の

1 [89件] あいつの, ある有名, いったり, いってる風呂敷, いつた鋏, いつも二つ, かわいいお嬢さん, かわいらしい天使, きっともっと大きい, この工場, それが, そんなもの, だれが, ところどころに, どのよう, どんな書物, ないの, なるほどアオリドメ, なんとも書い, ひつて, ひろ子の, もう一本, アンペラを, ダイナマイトと, ボッタと, マッチが, マッチを, ヴィクターの, 一回か, 一疋の, 三百件に, 世界一の, 両横側, 五六種の, 五百両入っ, 五百兩入つて居た, 人が, 何にも, 何んな, 保君の, 入れて, 六つの, 内側に, 切手が, 南京ねずみが, 同じく喜捨, 和蘭国王より, 娘の, 客が, 履物も, 帆村が, 幾種類かの, 恐らくむかし, 折り畳みの, 擦った痕跡, 敷物が, 是非書い, 未だ沢山あった, 柄の, 洋書が, 煎茶の, 煎餅や, 煮つけたもの, 白い紙, 真珠の, 眼も, 硯が, 秋風が, 秘密の, 空気を, 立派な, 自分の, 芥が, 蛇が, 蜂の, 衣服の, 角が, 貧乏神が, 酒の, 銭箱と, 錠が, 風が, 食物が, 飯粒は, 飴も, 駱駝の, 高い階級, 黒で, 鼻っ

▼ 箱~ (89, 1.0%)

3 その蓋, ふせて 2 こしらえた大きい

1 [81件] あつた, いいん, ぎっしり蓋, この四種, ささせたといふ, さへ, すっかり部屋, せうね, そのお, その内, その内側, その底, ちょうど五重, つくった郵便箱, どうして開く, どこにも, はござりませぬ, はて何, わくを, シベリアが, 一両も, 三色版の, 上方が, 両方の, 中に, 事を, 二千箱とどいた, 二合五勺入りと, 人形を, 他には, 入りましたもの, 出来て, 別に汁入, 前の, 前面は, 労働者達は, 十字に, 厳重に, 地方によって, 埋められて, 大切な, 大抵の, 大骨折りで, 完全に, 小豆が, 幾らに, 廊下か, 持ちあるき嵩張りも, 挙人老爺が, 有る, 板の, 横に, 殴り殺されたの, 消防夫の, 済まないっていう, 火を, 火打箱の, 熱帯魚が, 燒印も, 硝子の, 私は, 積んで, 竹串が, 箱が, 箱ぐるみ貰っ, 紅い紐, 組みたてた書棚, 老中の, 胸を, 蓋を, 見かけに, 覗いて, 足りると, 身体が, 車輪なんぞは, 造ったの, 造った茶碗入れ, 重いの, 金具こそ, 雀が, 黒幕を

▼ 箱~ (85, 0.9%)

3 あれば 2 入って, 筆も, 見えて

1 [76件] あっただろう, あったろうがな, あります, ありませんでした, ありギツチヤン, ある, あわてて, いつかあらまし空に, うっすらと, おいて, おなじでない, さまで黒く, しめつけられて, そっちへ, それは, そろつて, たまには, ついて, つみだして, ないこと, なにひとつ名残を, ひっそりと, もう見えなくなっ, もはやそこ, ラシイヌから, 一つある, 中から, 乘つた, 今は, 何も, 作らせると, 使用された, 傘も, 入れて, 八箱も, 取り敢えずに, 可哀そうだ, 可懐し, 吸ひ, 壊れて, 外へ, 大きいが, 大事だ, 大方腐っ, 大部分, 安心ならず, 差し上げませんよ, 或いは埃, 戸棚の, 手品の, 手首も, 打つ日, 持つて, 有る袋, 札で, 材料を, 沢山出来, 煤けた儘稀, 燃しますか, 特別なら, 箱なら, 箱の, 縄も, 置いて, 荷物も, 見えなかった, 見つからなかった, 通い筒も, 運ばれて, 運び出されて, 開けたよう, 隅の, 雪隠も, 風呂敷も, 飲ませれば, 鼓も

▼ 箱~ (71, 0.8%)

6 を曳い 5 の中 4 を引い 3 の屋根 2 のなか, の上, の後, を引いた

1 [45件] から幾個, から顔, から飛び降りる, が下水道, が元, が動い, が玄関, が諸所, で上, で無数, にうずくまっ, になっ, にはもと, に乗った, に會つて, のあと, のこと, のふた, のよこ, のタキシ, の座席, の穴, の覗き穴, の通る, はちょっと, ははいった, へとびこめ, もどこ, や手車, をえらい, をそのまま, をひい, をひいた, をや少し, を傍, を四五人, を庭, を押しつづけ, を押す, を数人, を曲道, を牽く, を置い, を覗いた, を走らせ

▼ 箱~ (58, 0.6%)

7 娘の 6 娘が 4 娘で 3 にし, になっ, 娘だ 2 の餌, 娘だった, 娘と

1 [26件] さんか, だらう, には相違, のまま, のまま茶, の京人形, の人形, の唐墨, の学用品, の屍蝋, の新刊書, の洋菓子, の羊羹, の薫, や壽, 三円三十銭だった, 娘ぐらいに, 娘とは, 娘は, 娘や, 娘を, 娘荒い, 娘貰つた, 白粉二つストロベリー口唇棒だけ, 美人を, 蝋燭か

▼ 箱~ (47, 0.5%)

6 のが 32 とか胸, なの中, ね, のは, よ, よ全たく

1 [26件] から中, から他, から安心, か教科書, か鉄瓶, がこれ, がな, こんな箱, とかいす, とかがゴチャゴチャ, とかそういう, とか大きな, とか道具, としてもそれ, とカナダ, と一万円, と思っ, と思った, と感触, な, のといふ, のを, よ大切, カンナ, ネ, 金は

▼ 箱火鉢~ (47, 0.5%)

5 の向う 4 の傍 3 の前 2 で茶, と小さい, のそば, の縁

1 [27件] が出, との間, と同じ, には文火, には新しい, には炎, に倚, に安, に寄せた, に湯沸し, に紙屑, に艶, のところ, の向側, の所, の抽斗, の蒲団, の銅壺, をど, を中, を前, を客, を引き寄せ, を引張り寄せ, を控え, を真中, を置き棄てた

▼ 箱自動車~ (34, 0.4%)

5 の上 3 のうしろ, の中

1 [23件] ががたがた, がその, が出, が待っ, が曇り空, が穴, であった, でそのまま, で出掛けました, で帰し, にした, に飛び込ん, のうえ, のほう, の後, の方, の跡, はその, は動き出し, は志免刑事, は沙漠, をすっとばし, を雇っ

▼ 箱などを~ (26, 0.3%)

2 持って

1 [24件] いくつかずつ, かついで, その鞄, とどけて, にわかな, 作る者, 取出して, 女房が, 幾つか, 拵えて, 持たせて, 指して, 探し出して, 無造作に, 照し, 片づけて, 特に華麗, 硝子戸の, 積み込み始めた, 肩から, 製し元結, 見た, 送り届けて, 造るの

▼ 箱みたい~ (25, 0.3%)

9 なもの

1 [16件] じゃない, なところ, なもん, なセロ, なタキシ, なディヴァン, な二重, な人家, な家, な工場, な感じ, な枕, な糊, にいつも, に不透明, に重々しく

▼ 箱~ (25, 0.3%)

1 [25件] から下田, から帰った, でも印刷所, で降参, と相, においてプーチヤチン, において差出され, にも常住, に三隻, に來, に出奔, に居る, に拠っ, に留まつ, に脱走, に至り, の両, の五稜郭開城, の戦争, の旧, の籠城, の賊, は翌年三月, へ行, より退い

▼ 箱~ (24, 0.3%)

2 何かで

1 [22件] あるいは小さな, なんかに, インク, 七箱ある, 三箱な, 二箱が, 五箱ばかりの, 何か, 何かが, 何かの, 何かへ, 何かを, 何にかを, 何んか, 分らず多分, 燭臺が, 盥の, 知れないもの, 空壜へ, 籠に, 葉巻煙草の, 郊外へ

▼ 箱~ (24, 0.3%)

1 [24件] がそっと, が帰っ, が芸者, が言う, じゃねえぞっ, だの中, でも一人, に何, に時々, に聞く, に送られ, のやう, のパッチ, の事女中, の松さん, はすぐ, は誰, へと云, もてんてこまい, も気, らしい男, を八方, を走らせた, を顧み

▼ 箱とを~ (23, 0.2%)

2 持って

1 [21件] かかえて, さげて, すり換え, そこに, そっと胸, つりさげ, ぶら下げて, もって来た, ガタつかせ, 作りどさくさ, 兩肩から, 六人で, 取りのけさせられた, 取出し伊賀亮, 各受章者, 名越の, 小脇に, 直ぐ見つけ出した, 置くの, 袂に, 運んで

▼ 箱~ (22, 0.2%)

1 [22件] が散らかっ, が置い, で中, に沢庵四, の中, の引出, の御飯, の類, はあった, や椀, をしまう, をひきよせ, を三方, を使い, を出しそろえ, を出し置き, を前, を据ゑて小量, を膝, を蹴飛ばした, を運ん, を隅ッこ

▼ 箱でも~ (20, 0.2%)

1 [20件] あるし, あろう, あろううずたかい, ないらしい, なんでも, みんな持っ, みんな横の, もらったよう, ミヤゲに, 作って, 兇器と, 凍え死, 印籠でも, 埋めて, 想像する, 眺めるよう, 窺って, 載せた棚, 開けるやう, 風呂敷包みでも

▼ 箱だの~ (19, 0.2%)

2 ビール箱だの

1 [17件] もらいました, ダイナマイトの, 唐櫃だ, 壜だの, 女の子が, 新聞包み, 火打石だ, 炭俵だの, 白樺の, 石炭を, 罐だ, 色々ある, 袋だ, 金ものづくりの, 鉛筆だの, 鋏までくすねて, 鎧びつだの何の

▼ 箱~ (19, 0.2%)

2 になつ

1 [17件] がマウント・モウリス, が行き悩ん, だ, だった, で出入り口, で多分, で後部, のクライスラー, のシボレー, のナッシュ, の水槽, の水泳船, の自動車, の計器, をお, をした, を一つ一つ虱潰し

▼ 箱一つ~ (18, 0.2%)

2 の重

1 [16件] かつて肌身, すら嚴, でき上がるには, でもなかなか, で殿中引廻, について一枚, には唐本, にも絡まれ, はたしかに, を宮, を貰, 残った, 置いて, 背負いだしたとか, 見えなかつた, 造るの

▼ 箱という~ (17, 0.2%)

4 のは

1 [13件] ものが, ものを, ような, 処に, 塵芥箱を, 声は, 奴は, 将軍吉宗の, 小さな板囲い, 物を, 箱が, 言葉は, 題で

▼ 箱などが~ (17, 0.2%)

1 [17件] あったその, あり支那, きちんと置かれ, ごたごたと, その目的, ぷかりぷかり浮い, ゴタゴタと, 三つ四つすみに, 備へて, 出ましたが, 取り散らかされて, 山と, 所嫌わず放り出された, 椽端から, 片隅に, 置いて, 飾られて

▼ 箱~ (15, 0.2%)

3 のである, のです, んだ 2 のだ 1 のであった, ので火, のよ, んざあ苦も

▼ 箱先生~ (15, 0.2%)

2 のそば, も

1 [11件] があわて, といふん, と呼ん, のすぐ, の処, の前, はそれ, は云, は怒っ, も今度, も目

▼ 箱~ (13, 0.1%)

2 のもの

1 [11件] なり, の乾式計量器, の包み, の小, の波, の紙鳶, の網, の胴乱, の自動車, の輕便寫眞器, の馬車

▼ 箱です~ (12, 0.1%)

521 からどんな, がこれ, そしてそれ, ってお母さま, つて

▼ 箱にも~ (11, 0.1%)

2 たれて 1 およぶと, それは, たくさんな, どこかで, ガランスは, 似て, 及ばず風, 屡々用, 途方も

▼ 箱~ (11, 0.1%)

3 にし, になった 1 があり, が寄っ, で上, にする, になっ

▼ 箱ごと~ (10, 0.1%)

1 では十貫目, に明記, ピンと, 上げます, 傾けて, 抱えて, 持って, 持ってると, 持つて, 掘られた穴

▼ 箱やら~ (10, 0.1%)

1 クリイニングから, 一升ビンやら, 六尺棒帳簿世帯道具の, 掛軸やら, 楽器やら, 相当に, 糠袋やら, 金屏風やら, 風呂敷を, 馬やら

▼ 箱~ (10, 0.1%)

7 の家 1 が殺され, なんぞがそれ, の留守番

▼ 箱~ (10, 0.1%)

3 の中 1 が一艘, でみすぼらしい, ね, のやう, のよう, や簀, を一寸二寸

▼ 箱買っ~ (10, 0.1%)

1 ていろいろ, てくれ, てくれるん, てそうして, てみた, てよ, て来た, て来る, て芳子, て貰いました

▼ 箱だけ~ (9, 0.1%)

2 です 1 だった, では, 入らず, 家に, 持つて, 樅で, 残って

▼ 箱では~ (9, 0.1%)

1 ある, あるまいかと, いかんぞ, ないもの, ない先夜其処, なかった, なくて, なく実は, 鳩も

▼ 箱包み~ (9, 0.1%)

1 ならハイロ, は, はなんだい, をいそい, をかかえ, を室内, を後生大事, を抱え, を置い

▼ 箱~ (9, 0.1%)

2 という子供 1 ぐらいのもの, ではない, の二子, は五郎時致, は十一, は思った, は無類

▼ 箱とが~ (8, 0.1%)

2 あった 1 パリーの, 上に, 台所から, 横町を, 狼藉に, 重なり合って

▼ 箱など~ (8, 0.1%)

1 あたふたと, そこらに, それは, もって, 店に, 当時としては, 持参した, 散らかつて

▼ 箱などに~ (8, 0.1%)

1 よい技, 埋れたローラ, 変化し, 新聞を, 添えて, 用事が, 納められた珍しい, 金泥で

▼ 箱らしい~ (8, 0.1%)

2 四角な 1 ぜ, ものが, ものすら, ものは, 立体との, 箱を

▼ 箱をも~ (8, 0.1%)

1 お設, お設け, ながめて, のし半日, 三井家に, 成可く, 窺いて, 開けて

▼ 箱梯子~ (8, 0.1%)

2 を登った 1 になっ, も伏見屋, を上った, を上ろう, を登っ, を降りかけた

▼ 箱~ (8, 0.1%)

1 には蓋, の如く, はすぐ, を前後左右, を取り出し, を取り出した, を重, を高い

▼ 箱である~ (7, 0.1%)

1 か更に, がこれ, が殊, が箱, し家毎, 余は, 客や

▼ 箱より~ (7, 0.1%)

1 いくらか, 下では, 出します, 原稿用紙を, 恐る, 立ち出でし, 重く色

▼ 箱持っ~ (7, 0.1%)

1 ていったら, てやっ, てゆく, て早く, て来た, て来る, て遥々

▼ 箱登羅~ (7, 0.1%)

1 が答, であつ, に聞いた, の巫子, は團七, は扇雀, は自分

▼ 箱ぐらい~ (6, 0.1%)

1 ついて, ならおれ, なり, なんとか都合, 小さいよう, 重味を

▼ 箱だけが~ (6, 0.1%)

1 あそこの, あって, いつまでも, ふたりの, スポットライトを, 燃え尽きて

▼ 箱との~ (6, 0.1%)

1 名を, 対面は, 通路に, 過剰は, 間には, 隙間から

▼ 箱なども~ (6, 0.1%)

1 あつた, やかましく言っ, 皆美術的, 転がって, 陳列し, 飾って

▼ 箱について~ (6, 0.1%)

1 いくらという, 一万二千円の, 件の, 東京よりも, 物語が, 相談し合った

▼ 箱ほど~ (6, 0.1%)

1 いただくわ, ためしに, な八ツ, な箱, 届いて, 詰めれば

▼ 箱~ (6, 0.1%)

2 に仕舞い置かれた 1 に蔵す, に露出, の一方, の各

▼ 箱~ (6, 0.1%)

1 と同時に, をかかえ, をほどいた, を糸, を背負っ, を解いた

▼ 箱~ (6, 0.1%)

1 が安次, でそれ, で好かろ, に納め, の口, を叩い

▼ 箱~ (6, 0.1%)

1 すら危なげ, をのぼっ, を上がっ, を上っ, を上らん, を降り

▼ 箱番所~ (6, 0.1%)

1 には絹羽織菖蒲皮, に控, の前, の者共, を取, を置き

▼ 箱じゃ~ (5, 0.1%)

2 ないか 1 ないの, なかった, なかったん

▼ 箱その~ (5, 0.1%)

2 中の 1 ほかには, 中に, 引渡しが

▼ 箱だけは~ (5, 0.1%)

1 そういった青年, ほんもの, 娘にも, 慥かに, 扉が

▼ 箱だけを~ (5, 0.1%)

1 おいて, のこして, 丁寧に, 庭に, 携げ山路を

▼ 箱であった~ (5, 0.1%)

1 からし, がところどころ, が真に, との説, のだ

▼ 箱などは~ (5, 0.1%)

1 さしづめ散りかかつた, しらべなかったの, みんな床の, もう打っ, 解り切った必要品

▼ 箱なんか~ (5, 0.1%)

1 たくわえて, どうだって, どこにも, 覗いたり, 覗いて

▼ 箱にゃ~ (5, 0.1%)

5 あ十五人

▼ 箱ほどの~ (5, 0.1%)

2 大きさ 1 丸い石, 大きなもの, 店を

▼ 箱まで~ (5, 0.1%)

1 持ち出した以上, 持って, 持出して, 血眼に, 開いて

▼ 箱一個~ (5, 0.1%)

1 あり小棚, なんて間抜けめ, にさえ是, まんいちの, をかんづめ

▼ 箱二つ~ (5, 0.1%)

1 が仲間入り, が砂, つないだよう, に仕切つて, ほどの大

▼ 箱~ (5, 0.1%)

1 のオカズ, の殻, をおしいただく, をまるで, を食

▼ 箱~ (5, 0.1%)

2 の手, の音 1 から附木

▼ 箱買う~ (5, 0.1%)

2 と私 1 て行った, ように, 人も

▼ 箱あり~ (4, 0.0%)

1 その上, て緑色, や吉原, 銭箱あれ

▼ 箱~ (4, 0.0%)

1 土産に, 手箱唐櫃その他の, 硯洗髪器櫛の, 表より

▼ 箱なぞを~ (4, 0.0%)

1 そこへ, 持ち出して, 肩に, 調べて

▼ 箱なんかに~ (4, 0.0%)

2 しな 1 入れたん, 目を

▼ 箱にでも~ (4, 0.0%)

1 はいって, ブチ込まれ, 入れて, 納めて

▼ 箱持ち~ (4, 0.0%)

2 の男 1 の国公, の端くれ

▼ 箱~ (4, 0.0%)

2 つた 1 はう, ふにも

▼ 箱雪車~ (4, 0.0%)

1 というもの, とモンペ, に送られ, の厄介

▼ 箱あけ~ (3, 0.0%)

1 ている, てやる, て云々

▼ 箱いくつ~ (3, 0.0%)

1 あるん, 這入って, 這入つて

▼ 箱かと~ (3, 0.0%)

1 思ったに, 思われる位, 私は

▼ 箱くらいの~ (3, 0.0%)

1 大きさ, 紙へ, 車を

▼ 箱ぐらいの~ (3, 0.0%)

2 大きさ 1 やつ一つあれ

▼ 箱ぐるみ~ (3, 0.0%)

1 そっくり持っ, 叩き落されては, 貰って

▼ 箱さえ~ (3, 0.0%)

1 すえて, だせば, 持って

▼ 箱ずつ~ (3, 0.0%)

1 くれた, 行きわたる訳, 買わして

▼ 箱せこ~ (3, 0.0%)

1 かと思ふ, などを持たせ, の垂れ

▼ 箱その他~ (3, 0.0%)

1 をつくる, を一杯, を仕舞う

▼ 箱でさえ~ (3, 0.0%)

1 これだけ, ドイツで, 約十円

▼ 箱とか~ (3, 0.0%)

1 ごとへ, そのほか, 切手などを

▼ 箱とは~ (3, 0.0%)

1 いったいなん, 前後三回に, 神田神保町の

▼ 箱と共に~ (3, 0.0%)

1 もち行き, 机の, 袱紗に

▼ 箱などの~ (3, 0.0%)

1 前に, 贈物を, 金具が

▼ 箱なら~ (3, 0.0%)

1 往來へ, 往来へ, 花も

▼ 箱なんて~ (3, 0.0%)

1 おれは, ものは, 此方に

▼ 箱にな~ (3, 0.0%)

1 つてその, つてゐます, つて居り

▼ 箱はり~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 箱ばかり~ (3, 0.0%)

1 入れて, 狙ったこと, 買った

▼ 箱ひとつ~ (3, 0.0%)

1 だった, は担わせ, もなく

▼ 箱やらを~ (3, 0.0%)

2 取除けた跡 1 此の

▼ 箱よりも~ (3, 0.0%)

1 もっと大きい, 被害者の, 軽くフッ

▼ 箱ん中~ (3, 0.0%)

1 にや何, の巾着, の豆電燈

▼ 箱一杯~ (3, 0.0%)

1 つまって, につかまえ込んだ, の真珠

▼ 箱弁当~ (3, 0.0%)

1 でも食べ, の飯, を娘さん

▼ 箱~ (3, 0.0%)

1 があっ, が歩き出す, の中

▼ 箱~ (3, 0.0%)

1 からお祓い, といっ, には雁

▼ 箱~ (3, 0.0%)

1 が赭土, でも拵え, を引い

▼ 箱~ (3, 0.0%)

2 という所 1 へ尋ね

▼ 箱~ (3, 0.0%)

2 でありました 1 を一つ

▼ 箱胴乱~ (3, 0.0%)

1 に仕, をかけ, をかけた

▼ 箱部屋~ (3, 0.0%)

1 と荒土, などでもちょうど, の隅

▼ 箱あれ~ (2, 0.0%)

1 ばいい, ば必ず

▼ 箱いっぱい~ (2, 0.0%)

1 によこたわっ, に投げ込まれ

▼ 箱からは~ (2, 0.0%)

1 これまた, 黒い水

▼ 箱ぐざと~ (2, 0.0%)

2 踏み貫く五寸釘

▼ 箱ぐる~ (2, 0.0%)

1 まを, ま金比羅

▼ 箱こそ~ (2, 0.0%)

2 負うては

▼ 箱これ~ (2, 0.0%)

1 だけが入っ, は潮水

▼ 箱こんな~ (2, 0.0%)

2 物が

▼ 箱せしめる~ (2, 0.0%)

2 にはこんな

▼ 箱だった~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 箱だって~ (2, 0.0%)

1 なかなか手, 大きなお世話

▼ 箱づめ~ (2, 0.0%)

1 の助勢, の黄金

▼ 箱でした~ (2, 0.0%)

1 からそうして, がその

▼ 箱でなく~ (2, 0.0%)

1 台所の, 竹で

▼ 箱といった~ (2, 0.0%)

1 のは, ほうが

▼ 箱として~ (2, 0.0%)

1 使用される, 響きわたるの

▼ 箱とり~ (2, 0.0%)

2 て居ず

▼ 箱などと~ (2, 0.0%)

1 ごつちや, 相列ん

▼ 箱なんぞは~ (2, 0.0%)

2 置いて

▼ 箱にて~ (2, 0.0%)

1 中に, 之を

▼ 箱にまで~ (2, 0.0%)

1 ニス繪が, 納めて

▼ 箱にを~ (2, 0.0%)

1 さまつて, さめてから

▼ 箱~ (2, 0.0%)

1 あの箱, この箱

▼ 箱のみ~ (2, 0.0%)

1 つくすとか, では

▼ 箱ばかりの~ (2, 0.0%)

1 サントリーが, 漢文の

▼ 箱へと~ (2, 0.0%)

1 放り込んで, 近づいた

▼ 箱ほども~ (2, 0.0%)

1 ない小さい家, なくて

▼ 箱まくら~ (2, 0.0%)

1 が置かれ, なぞというもの

▼ 箱また~ (2, 0.0%)

1 団扇の, 鞦韆

▼ 箱までも~ (2, 0.0%)

1 具へて, 列べて

▼ 箱みた~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ 箱やう~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 箱~ (2, 0.0%)

1 シバリマシタ, 持ッテ這入

▼ 箱丁と~ (2, 0.0%)

1 でもいえ, 合乗りし

▼ 箱~ (2, 0.0%)

1 の喜平, の札

▼ 箱三拾両~ (2, 0.0%)

1 だとさ, なんて魂消た

▼ 箱三箱~ (2, 0.0%)

1 差し出す手つき, 持って

▼ 箱~ (2, 0.0%)

1 だって持っ, はかたみよ

▼ 箱~ (2, 0.0%)

1 が五銭, は売り手

▼ 箱~ (2, 0.0%)

1 の大き, は持つ

▼ 箱全体~ (2, 0.0%)

2 の環

▼ 箱十二貫目入り~ (2, 0.0%)

1 の分, 合せて

▼ 箱即ち~ (2, 0.0%)

1 ヒバチで, ヒバチを

▼ 箱取り~ (2, 0.0%)

1 と仕入れ, にまっすぐ

▼ 箱同様~ (2, 0.0%)

1 と見, の板

▼ 箱型トラック~ (2, 0.0%)

1 が置い, の中

▼ 箱型自動車~ (2, 0.0%)

1 だった, の中

▼ 箱外箱~ (2, 0.0%)

2 御袋

▼ 箱宝石~ (2, 0.0%)

1 の箱, を充たした

▼ 箱寿司~ (2, 0.0%)

1 が握り, は上方

▼ 箱帽子~ (2, 0.0%)

2 から服

▼ 箱~ (2, 0.0%)

1 が多く, の二階屋

▼ 箱~ (2, 0.0%)

2 袋など

▼ 箱戸樋~ (2, 0.0%)

1 が連つて, は溪流

▼ 箱才槌墨壺矩尺利器~ (2, 0.0%)

1 のな, の無

▼ 箱抜け~ (2, 0.0%)

1 の模型, は出来ない

▼ 箱~ (2, 0.0%)

2 のごとく

▼ 箱~ (2, 0.0%)

1 のもの, の箱

▼ 箱~ (2, 0.0%)

2 の数仕事

▼ 箱王丸~ (2, 0.0%)

1 が箱根権現, に出会い

▼ 箱程の~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 次の間に

▼ 箱~ (2, 0.0%)

1 の完全, の積ん

▼ 箱~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ 箱簡単~ (2, 0.0%)

1 な絵, に掛った

▼ 箱落し~ (2, 0.0%)

2 と手早く

▼ 箱詰屍体事件~ (2, 0.0%)

1 のあらまし, のその

▼ 箱諸共~ (2, 0.0%)

1 に打砕いた, に打砕く

▼ 箱貰う~ (2, 0.0%)

2 ことに

▼ 箱車二台従業員~ (2, 0.0%)

2 は主人

▼ 箱輿~ (2, 0.0%)

1 で続々, へ歩み寄った

▼ 箱造り~ (2, 0.0%)

1 の技, の生簀

▼ 箱預けた~ (2, 0.0%)

2 ほかは

▼ 箱館府~ (2, 0.0%)

1 へ着船, 御平治

▼1* [453件]

あいつを貸し, 箱あき籠あまた車の, 箱あけると何回分, 箱あってこれ, 箱あまりも溜つて, 箱あるを見付け, 箱あるいは西洋料理店で, 箱ゑのいも, 箱いくらという奴, 箱いずれも煙草用の, 箱いっぱい金貨をつめた, 箱いつぱいにぶらさがつた首くくりの, 箱いまどこにある, 箱うしろに太刀持, 箱えもん竹日がさ, 箱おとしを設, 箱お送りするよう, 箱かなんか持って, 箱かなんぞのように, 箱かもしれないという, 箱からもお化けが, 箱かを買溜めする, 箱がきのある, 箱がたのテーブル, 箱がちやんと, 箱がばたんとはねかえり, 箱くらゐは, 箱ぐらいは持って, 箱ぐらいを盗み出しそれ, 箱ぐるみ一個のキャラメル, 箱ぐるみ川の中, 箱ぐるみ搗摧きながら, 箱こうとにらんだ, 箱ごと台所に持っ, 箱ごと壺をところ天屋, 箱ごと帆村の手, 箱ごと眼の前, 箱ごと自分の自由, 箱片足踏込ん, 箱さえも埋まるかと, 箱さげて自足袋, 箱さびくちた古い, 箱さまざまの形, 箱しか見つかりませんでした, 箱じゃあねえかこれが, 箱ずりと, 箱すら持ち込むこと, 箱ずらりと並んで, 箱そのものが子供ら, 箱その他外国の物, 箱それを担い, 箱それから今度は, 箱ただ箱のこと, 箱だけじゃなしに, 箱だけはと言って, 箱だし汁のいれ, 箱だらけでした, 箱だろうと考えた, 箱や, 箱ってなあに, 箱っていうのは, 箱つまった小説を, 箱つまり出入口が, 箱つめるにも角, 箱づつ吸つてゐた, 箱づめが一箱一厘即ち十箱一銭, 箱づめにかゝりふるへる手, 箱づめにしたものを東京へ注文, 箱づめにしておくり出すその, 箱づめになっていたのは人形ではなく, 箱づめになってどこかへつれさられる, 箱づめやコモづつみの荷物がゴロゴロ, 箱であって抽斗, 箱であろうが到底, 箱でございますよ, 箱でなければお慰み, 箱でふくらんだ鉄の, 箱で御座いましたけに, 箱といふ方が, 箱とうでて, 箱とかいうもので, 箱とかに入れ紙, 箱とかを仕舞い失くし, 箱としか思われなかった, 箱とでもいうの, 箱とどいたから一々, 箱ともそうな, 箱とやらを一と, 箱ながらお持ち, 箱なしの一方, 箱なぞいうもの, 箱などといういかがわしいもの, 箱などにはひと眼, 箱なり糸巻なりの, 箱なりと云う, 箱なりに彼女にとっての, 箱なりへ投り込ん, 箱なるものが, 箱なんかにくらいこんで, 箱なんぞへ入れて, 箱なんぞを室外へ, 箱なんどがバラバラ, 箱にあたる音が, 箱にかけてぱつととりのけました, 箱にしか過ぎなかった, 箱につき拾円儲け, 箱にねぢこん, 箱ぬきで我慢, 箱ねこの箱, 箱のうへには獅子の, 箱のぞきなさいななど, 箱のという仰々しいこと, 箱はじぶんの勉強部屋, 箱はては小さな箸, 箱ばかりが整然と並べられ, 箱ひっくり返してみりゃ, 箱ひとつ肩にかつい, 箱ほとんど全部の, 箱ほんまに買う, 箱までが見物人席と, 箱までといっても, 箱までは思いも, 箱てえ, 箱もろともおばけ, 箱もろ共投り出されて, 箱やなんぞにぶつ附, 箱やらが仰向いたり, 箱やろわて, 箱やを起こして, 箱つやつやと, 箱箱, 箱らしく垢拔けの, 箱らしく思はれる形の, 箱わずか二元という, 箱をというて, 箱をは旅路の, 箱をばかぐらと, 箱アルコールの罎, 箱アルコール漬の大きな, 箱ウ引転返した中, 箱カラにした, 箱カンヴァス灰皿大きな口, 箱カンヴァス額縁凡てが貧しい, 箱グリの意, 箱肩衣マデ着テ行ッタ故, 箱ニイレテ空色ノリボンデソノ箱ヲシバリマシタ, 箱中ニ, 箱パイプなどの並んだ, 箱パン二個ゼリーそれからヤカン, 箱フレームの作用, 箱ペロリと食べ, 箱ペンいれに, 箱ポケットの中, 箱ローソクの燃えかけ, 箱と毒ヶ森, 箱一つこれは陸奥, 箱一つ斧一梃を持っ, 箱一つ桜の縫い, 箱一ぱいの書物, 箱一ツ朱の爪折傘, 箱一ツ爪折傘には黒天鵞絨, 箱一ツ虎皮の鞍, 箱一パイに投げ込まれた, 箱一万五千円であること, 箱一個グリップ一個小鞄二個, 箱一個私より冬次郎様, 箱一具衣裳箱一つを宮, 箱一厘即ち十箱一銭, 箱一本をぬい, 箱一本道具曳馬無しに従え, 箱一留五十哥より, 箱一豆炭一ふとん包, 箱一銭で百, 箱丁小刻みに歩い, 箱丁殺しの花井於梅, 箱三つ引き出し三味線, 箱三つ角のある, 箱三円とはむしろ, 箱三十嬰児の服, 箱上げ板薪雑多な木屑等, 箱上げ板薪雜多な木屑等, 箱下げの十時過ぎ, 箱両手にブラ, 箱に鱒箱, 箱に收, 箱九箇を一棚, 箱乱れ箱香壺の箱, 箱二つアメリカの旗, 箱二ツ引馬一疋長柄草履取合羽等にて數寄屋橋内町奉行, 箱二ツ手代とも四人傘持草履取合羽籠兩掛茶辨當等なり引續, 箱二ツ是も同, 箱二ツ簑箱一ツ爪折傘には黒天鵞絨, 箱二個の荷, 箱二十本入のシガレット, 箱二吋ほどの獣脂蝋燭, 箱二荷であった, 箱五つ六つとにかく昔, 箱五円の煙草, 箱五円五十銭のわり, 箱五十貫目の煙硝箱, 箱五貫目もある, 箱仕事もしますまい, 箱仕掛の小さな, 箱付きかどうか, 箱代並びに荷造り費, 箱代用になつ, 箱以来の美濃守, 箱以来盛んにこの, 箱伊勢より播磨, 箱位箱をあけ, 箱低い茶色の, 箱借りて行く, 箱光る悲しみ, 箱入れられたのである, 箱入物がならん, 箱兩手にブラ, 箱六個経本入男女名取中, 箱出して細君, 箱出而常世辺棚引去者, 箱分喜捨するよ, 箱分捕賊徒一人生捕有之候趣, 箱包み荷につめ, 箱化粧品のレッテル, 箱十円であるちゅうんでがすよ, 箱十片半の, 箱十銭だった, 箱千箱こうと, 箱南蛮人の丸木船模型, 箱単位でがす, 箱及びあやつり芝居, 箱取り出で, 箱取出して手, 箱口紅のかすか, 箱只今伊吹山麓を通過, 箱各種の衣服, 箱吸い取り紙真珠貝を, 箱吸つてしまつ, 箱呉れたそれだけの, 箱啖呵の小, 箱四つを置い, 箱四ダースに附き, 箱四千八百鑵に附き, 箱型ベッドのけん, 箱型自動車十三号の中, 箱にて礼, 箱女の, 箱が過ぎ, 箱宛買いに来, 箱宝石入りのブローチ, 箱の中, 箱にはまた, 箱對箱草履取引馬鞍覆は, 箱口径の, 箱小出しにし, 箱小屋の外, 箱小舎を置い, 箱小道具を投げつけます, 箱少し若い方, 箱届いてゐる, 箱のごとく, 箱山水のながらふる, 箱差し出す手つきしおらし, 箱帆布と索, 箱を覗く, 箱の戯れ, 箱張りだ, 箱弾きながら, 箱形のもしばしば, 箱形寫眞器少し寫眞, 箱恋人に買, 箱れもと, 箱戦争中は防空壕, 箱投げて, 箱の家来, 箱持参いたして, 箱持背後へ寄せ, 箱挑灯を先, 箱掻き上げの, 箱へお, 箱携えて小走り, 箱数千枚の富札, 箱が多く, 箱新聞古手紙毛糸の黒坊人形, 箱新聞紙等が目, 箱日本陶器の化粧道具, 箱時計が六時, 箱曳網その他及び人, 箱の床, 箱材料の松板, 箱杯曲物など皆, 箱を著, 箱を材料, 箱である, 箱桟敷にはいった, 箱に曲げ, 箱桶板なんぞが走, 箱梯子そこへ両, 箱梯子竈等に至る, 箱を置いた, 箱に代えられた, 箱次にトランクそれから, 箱法被などが雑然と, 箱泥深いその地面, 箱洋燈がボンヤリ, 箱海藻の模様, 箱湯呑鏡台つづらそこらに紋, 箱漂える箱海藻の, 箱瀕死の息, 箱無しでそこ, 箱煙管を長く, 箱燈寵の薄, 箱燐寸を抱え込ん, 箱片手に草楊枝, 箱物椀のよう, 箱のもの, 箱子輪珠数などが, 箱王冠などからは虹, 箱王朝の勤め, 箱用意して, 箱用捨箱としよう, 箱用材として売り込む, 箱画板などいささか, 箱へ直ぐ, 箱百円よ, 箱的別棟アリその二階, 箱盗み出して行きました, 箱み出して, 箱にある, 箱看板の目, 箱着無事だった, 箱砕けた茶ダンス木の, 箱など色々, 箱硯箱などごたごた, 箱祝いの酒, 箱積まれ他の, 箱空缶等何でも水, 箱笊乾燥中の穀物, 箱などにもしばしば, 箱箱ただ箱のこと, 箱簡單に掛つた繩, 箱籠等も見られる, 箱に袋紐, 箱紫きの化粧紐を掛乘物, 箱経巻の包み, 箱緑色の土, 箱に缶詰, 箱置きて地, 箱羽織ひも私達はどう, 箱耳盥そんなよう, 箱の主人, 箱胡瓜ナスを貰っ, 箱腕環の箱, 箱膳一反の晒木綿, 箱自動車ごと僕に貸し, 箱自動車一九三六の運転手芳木, 箱舘奉行たりし, 箱舟屋を訪れた, 箱芝居である, 箱茶碗花活盆鬱金の切, 箱菓子を入れたる, 箱葛籠の出し入れ, 箱行器など見物, 箱行燈へカチカチ, 箱表紙見返し扉及び奥附, 箱装飾布リボンそれらをすべて彼, 箱製造を始める, 箱西洋の有名, 箱見えなくなっている, 箱見たような, 箱見たいなもので, 箱詰同様な駕, 箱貝細工の一輪挿, 箱ひたる丈, 箱貰って持っ, 箱貰ったとする, 箱貰つてゐた, 箱貳ツ何も紫きの化粧紐, 箱買い自分の, 箱買い入れていました, 箱買い求め新橋駅に, 箱買うたのにうち, 箱買ったる花漬衣脱ぎかえ, 箱買つてさうし, 箱買つて一つを子供, 箱買わされることに, 箱貼り軸木運び庭掃は, 箱賣ろか, 箱車みたいになっ, 箱車塵芥捨て場, 箱車用日覆などと違, 箱転がり落ち蓋開く, 箱開け布帛, 箱近く御遣ひ成されし, 箱の銀, 箱送って来た, 箱送つてよこした, 箱送るように, 箱通い筒など友釣, 箱造って向う, 箱造り荷拵えなどがうまかっ, 箱進ぜよう仏壇へ, 箱運送店からお送り申, 箱過去帳または応量器, 箱道具の亂, 箱金箱を茣蓙, 箱釘密柑を持つ, 箱鉄串に至る, 箱の箱, 箱鋏装飾用の寒暖計, 箱鎧櫃等に春画, 箱鑵づめを入れた, 箱長柄の傘, 箱階子をトントン, 箱階段でとりはずし, 箱隠れの事由, 箱集めただけで, 箱雪車もろとも川, 箱の中, 箱それに何, 箱の上, 箱頭巾袖無脱いで, 箱類以下胴乱の如き, 箱がふきだしたら, 箱風呂敷を手, 箱風琴の一曲, 箱食えるか食える, 箱飲んでも死ね, 箱飲んだそうです, 箱飼育が流行っ, 箱も損金, 箱館下田の内一港, 箱館下田長崎三港をロシヤ船, 箱館出兵を命じた, 箱館奉行へ呈出, 箱館奉行經由のプーチヤチン, 箱館府戦争有之賊徒敗走, 箱館府知事清水谷公考は武揚等, 箱館府知事清水谷公考前日より青森口総督兼任, 箱館戦争為御褒美, 箱館戦史及榎本武揚伝の詳細, 箱館残り御人数帰著, 箱館港に戦つた日, 箱館湊より出帆, 箱館琉球にも港, 箱館行以前日本品の賣, 箱館表俄之引揚, 箱館表出兵被為, 箱館討手被為, 箱館開港の豫約, 箱香水箱新聞古手紙毛糸の黒坊人形, 箱騒ぎを起した, 箱高く捧げたる, 箱鮨詰というの