青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「萬~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子 菓子~ 菜~ 華~ 華やか~ 萩~
萬~
~落 落~ ~落し 落し~ ~落した 落した~ ~落ち 落ち~ ~落ちた 落ちた~

「萬~」 3726, 40ppm, 2891位

▼ 萬~ (358, 9.6%)

14 とお 8 の子分 6 と清吉, は少し 4 とその, の手, の言, は子分, も清吉 3 の子分達, はその, はそれ, はもう, は先, は斯, は自分

2 [24件] お神樂, がわざ, が子分, が平次, でした, と一緒, と八五郎, と相談, の前, の子分共, の舌, の苦りきつた, の言葉, はこの, はそれでも, はひどく, はニヤリ, は勝ち誇つた, は妙, は屹, は此處, は苦々しく, は頑として, や清吉

1 [235件] が, がお, がかう, がその, がたまり兼ね, が一, が一度, が乘出, が仲, が何, が取り, が噛みつき, が指, が挑戰, が案内, が死骸, が燒跡, が盜賊, が與力堀江又五郎, が見込違ひと言, が話し, が貰, が越後屋, が銀張り, が隣, でさ, です, ではまるで, で四十男, といふ, といふ顏, ともあらう, とガラツ八, と二人, と何と, と別れ, と子分, と平次, と爭, と約束, と錢形平次, ならそんな, にはそれ, には逆ら, にもわかつ, にも内, にも解き兼ねた, にやり込められました, に主人妹お松, に全部, に取, に取縋る, に呼ん, に報告, に對, に平次, に手柄, に擧げられた, に案内, に疑はれた, に睨まれる, に縛られ, に縛られました, に續, に義理, に脅かされた, に訊く, に讓つて, に賣つた, に逢, のお, のところ, のやう, のわめき立てる, のニヤリ, の側, の傳言, の先, の出る, の判斷, の十手, の厭, の困惑, の導くま, の小, の張り, の後, の後ろ姿, の得意, の指した, の指圖, の探索, の樣子, の氣休め, の渡した, の片腕, の申入れ, の皮肉, の縛つた, の老獪さ, の腰, の苦い, の苦笑, の苦虫, の袖, の誇らし, の調べた, の謎, の間拔けさ, の鼻, は, はあまり, はいかにも, はうさん, はお勝手, はこれ, はさすが, はすつかり好い, はそんな, はなほ, はまさに, はまさに宜, はようやく, はイヤ, は一句, は一番先, は中年者, は乘, は乘出, は事件, は二, は今にも, は何ん, は併, は信じ, は全く, は八五郎, は六疊, は冷たい, は到頭, は動かぬ, は十手, は唾, は四方, は四角, は土饅頭, は夢中, は大, は大きく, は存分, は容赦, は小, は庭, は待つてた, は得意, は得意さ, は心得, は心持ち肩, は思ひ, は意地惡, は憤然, は懷紙, は我が, は我慢, は抗議, は指さす, は擽, は早く, は明かな, は時, は横, は横合, は檢屍, は氣むづかしく, は清吉, は漸く, は照れ隱, は煮えこぼれる, は物, は猪, は甚だ, は疊, は相, は立ち竦みました, は紛々, は老巧, は考, は肩, は苦々しい, は血眼, は言ひきつて自棄, は言ひたい, は言ひたい放題, は諦め兼ねた, は近頃, は野心, は錢形平次, は際限, は顏色, は默, は默つて了, までもびつくり, まで顏, もいくらか, もこ, もこの, もこんな, もさすが, も何時, も其處, も到頭, も平次, も惡, も手代, も暫く, も暫らく, も此上女, も錢形平次, も間, も鬼, やお, を中心, を向う, を呼出しました, を始め, を母屋, を現場, を縁側, を見る, を誘ひました, を顧みました, 何よりその, 大張りきり, 最も慇懃, 萎れきつて

▼ 萬~ (211, 5.7%)

18 と云, の金 8 掛けて 4 の方 3 のもの, の純益

2 [11件] かで落札, だつて, であつ, とした, にも匹敵, にも當, の借金, の價, の國債, を出し, 掛ければ

1 [135件] あるから, か, かかつ, かせめて, からの價, かをひそか, か二萬圓, が三萬圓, が千萬圓, きづきあげるよりも, くれとか, こんな馬鹿, しか來, したなど, だけが六十億圓, であ, であるが, ではどうしても, でも千萬圓, でも孰方, でも音樂, で人民, で出, で買つた, で餘, といふこと, といふ値段, といふ品物, とかで太政官, となつて一億七千萬圓, と時, と書い, と見, と計上, と開墾, など, なり, にし, になる, にも相, にも通用, に上りました, に上る, に減つて, に減る, に減額, に膨れ, に近い, に達する, に達せざる, のお, のどちら, のダイヤ, の上, の不足, の中, の値踏み, の償金, の公債, の利子, の國立劇場建築費, の外債募集, の大, の寄附金, の幾分, の抵當, の指輪, の整理緊縮, の木, の減額, の物, の節減, の節約額, の茶入, の蓄財, の親, の財産, の財産家, の貸, の費用, の遊金, の開き, はありますまい, はする, ははいる, は三年經, は今日, は入手, は十六億貳百萬圓, は鷺宮, ばかりの金, また別口貳萬圓, もあれ, もする, も七百萬圓, も建築費, も金, よりか千萬圓, よりもまだ, を以て賣, を使用, を借りる, を増加, を寄附, を年, を引出す, を投じ, を掛け, を新, を毎年消費, を積む, を貸, を費さずし, を贈らる, ヲ所有シ得ルノミナリ, ヲ投ジテ, ヲ投ジテ猫眼石ヲ買ッテヤルナンテ事件ガアッタラ, ヲ有, ヲ貯蓄シタル結果ヨリ, 出して, 出せとか, 出せば, 取れる許, 合せて, 多く餘分, 守るの, 掛けたが, 掛けなければ, 掛けましたら宜しい, 掛けると, 掛ると, 掛る其外田畑宅地立木容易, 程しかなかつた, 程節約, 賭けたら下

▼ 萬~ (183, 4.9%)

5 人を 3 人間を, 富を

2 [15件] ことを, ブルジユワだ, 二人の, 人は, 人口を, 億の, 兵を, 大軍を, 字を, 神, 神共に, 襟を, 貴い女性, 部屋の, 金を

1 [142件] えみしが, おちか, ことであった, もの賑かに, ブルジユワ, マルコ, マルコ樣, 不可思議に, 事と, 事を, 人が, 人たちの, 人で, 人に, 人の, 人をか, 人各々が, 人民は, 人間に, 人間の, 仇を, 位では, 位の, 住民が, 侵入軍を, 全人口, 兵に, 内元金千五百萬を, 凶惡を, 利益は, 利足を, 勞働者によ, 協力員を, 危難を, 口邊には, 同胞誰か, 名は, 味方を, 呼吸崇高なる, 品だ, 唐船も, 在家方に, 外には, 大御軍, 大軍に, 天使にも, 妖悉に, 婦人に, 官吏によ, 富より, 富致す, 巨艦あり, 市民の, 市民は, 市民を, 弱く美しき青年, 御勢, 徳の, 心を, 恨をば, 戰ひ, 手の, 指の, 敵を, 數は, 方に, 昆蟲が, 星の, 某町, 欺罔の, 歳, 死骸は, 死骸を, 民心を, 民衆を, 活動の, 浪人が, 漢人が, 火箭を, 火粉の, 無名の, 無辜の, 燭光, 父, 物に, 物の, 物質に, 物音の, 物音を, 犧牲者が, 瓦斯の, 生命と, 生命を, 知識の, 研究を, 神の, 神を, 神天の, 神等議り, 神蕃息せし, 神諸, 端金の, 純益を, 罪人に, 群集は, 羽ばたきの, 耻らひ, 聲を, 聲落葉の, 英國人が, 蚊軍, 螢が, 螢烏賊の, 衆を, 被造物, 襟髮に, 言葉に, 言葉にも, 言葉を, 話である, 話なれ, 讀者に, 財産が, 貴族の, 身代十萬に, 身持が, 軍なりとも, 軍勢が, 軍勢を, 部下を, 部屋から, 都市だ, 都府に, 醜惡, 金では, 金の, 鍵に, 青年が, 顏には, 顏を, 饒舌には, 鳥の

▼ 萬~ (157, 4.2%)

23 の金 6 とも知れぬ, の隱 5 の身代 4 といふ身上, の大金 3 といふ大金, といふ金

2 [14件] が物, で以, といふ大, とかの金, にもなる, のもの, の大, の小判, の行方, の黄金, もあつ, もする, や五萬兩, 掛けて

1 [75件] あつた, あるとか, かな, かの金, からの出費, からの金, が五萬兩, だ, である此七百萬兩, では引合, で政府, で濟, で百五十貫, で聟, で買, で賣つたら, で賣れ, とあの, といふ分限, といふ夜光石, といふ寳, といふ重, とかの黄金, とか五萬兩, とやらの夜光石, と溜め込み, と積んだ, と言, と轉げ, どうかしたら, などと申す, なんて金, にのぼつ, にはなる, にも上る, のうち, の仕事, の半分, の大判小判, の大願, の嫁, の富, の實, の寳, の寶搜, の方, の棒引, の物, の現金, の蘭, の謎, の身上, の運動者, の遺産, の金銀, はあるだらう, は何處, は動かないらしく, は唯今, は夢, は大丈夫, もあるだらう, も公平, も持出し, も木, を以て人民, を散じ, を盜, を盜むといふ大願, 即ち今, 掛けたら七百五十萬兩, 掛けた甲, 見付かりや, 近いもの, 近い金

▼ 萬~ (145, 3.9%)

16 のこと, の事 13 の時 12 の場合 4 どうかした 2 その徳利, ですよ, の僥倖, の用意, の間違, を僥倖

1 [72件] あのお, あの女, あの頭, おすゑ, お召捕, お妾, お富, お役所, お靜さん, かかる場合, かくし置き, かといふ懸念, かの教授さま達, この中, この事, この女, その兄哥, その御, それでもまだ, そんなこと, そんな人間, だよ, といふ, と氣, なんてこと, にもきちんと, にも十二, にも心得, にも無事, にも生き, にも私, にも私共, に備, に答, に間違, の, のおと, のため, の倖進, の反省, の塲合, の守備, の時俺達, の用心, の蘇生, の詐欺, の誤解, の運, の過, の過ち, の際, またこの, も學友, も酌みとらで, よければ, を報, を思ふ, を期し, を補足, を豫期, 其の連中, 小染, 御令孃, 御運, 旨く行かない, 本當, 死んだとしても, 無政府主義者, 立入り過ぎた事, 見つけられでも, 解すべからざるもの, 逃げられちや

▼ 萬兵衞~ (145, 3.9%)

6 を殺した 4 の死骸 3 の顏 2 が可愛, の妾, の死んだ, の死體, の甥, の腰, はあの

1 [118件] からもよく, があべこべ, があんな, が七顛八倒, が中毒騷ぎ, が今朝人手, が他, が呑んだ, が場所, が夜鷹, が孫, が寢卷, が手鹽, が振り返つた, が死ね, が死ん, が死んだ, が死際, が水死人, が自分, が裝束, が顏負け, だ, といふの, とその, との仲, とは血, と一緒, と仲, と仲違, と喧嘩, にも調法, に代, に別條, に我慢, に最後, に案内, に疑ひ, に繩, に逢つて, に金, に頼ん, の亡くなつた, の仲, の口, の口やかまし, の家, の小言, の幼, の幼友達, の店, の弟, の後妻, の忿怒, の怨, の溺愛, の眉宇, の知らぬ, の秘藏弟子, の罠, の自信, の苦々しい, の血縁, の表情, の袂, の部屋, の非業, の頸筋, の養子, は, はうんと, はお, はお萩, はせ, はその, はそれでも, はまた, はやかましい, は一, は不自由さ, は五十四, は五十過ぎ, は今朝, は佐太郎, は充分, は姪, は年甲斐, は後ろ, は息, は悲し, は散々, は殺され, は氣, は深く暗い, は父, は町人乍ら, は直ぐ, は胸, は腰, は自分, は苦し, は辯解, は近頃あまり, は通人, は違, は酒, は酒道樂, は間, は額, は鬼, は龍閑橋, も佐太郎, も八五郎, を下手人, を殺し, を殺したかつた, を殺し兼ねない, を殺す

▼ 萬~ (132, 3.5%)

3 はじつに, 心得て 2 に就い, の世話, は天意, は實, は私, よろしくお

1 [114件] あの通り, おたのま, お竹, お頼み, がさうだ, がもうすでに, がやむ, がわかる, が不自由, が君, が大きい, が此, が此調子, が歸着, が消極的, が混亂, が終つて, が足りる, が過去, が金銭上, が面白く, その方, てきぱきと, とは行くまい, におくれ, にかけて清潔, につけ, につけ敵愾心, につけ父, にまさつ, にもどかしく, に不如意, に不平的, に入り, に圖, に嬉しき, に就, に御, に心, に才, に於, に気, に生々, の取り, の周旋, の引繼, の本, の樣子, の相談, の終り, の結構, の落着, の觀察施設, の説明, はおれ, はその, はただ, はもう, は上首尾, は休, は何, は夜, は安全, は左樣幸運, は巧み, は常無し, は彼, は推し, は此松山常五郎, は汝, は番頭, は破竹, は終り, は胸, は豫想以上, やり通した, よきやう, よく釣り合つてらア, をいたし, をしり, をその, を主宰, を伯母, を先生, を决定せん, を取りしきっ, を取り仕, を呑込, を定, を平次, を引受け, を投げ出し, を抛つ, を爲, を理解, を知つて, を解決, を語る, を遣, を間, を頼む, 不取締, 休するのみ, 休する譯, 其の方, 取計, 宜しく頼む, 届いて, 御内分, 思ふまま, 手緩き感, 打ちあけて, 決めるの, 終れりである

▼ 萬~ (127, 3.4%)

10 の靈長 4 の中

2 [13件] にその, の先, の悲し, の生々的威力, の生長, は皆神, を, を動かす, を沒却, を生み出す, を見る, を視る, を造り

1 [87件] うるは, がそれ, が備, が凋落, が同一, との間, と遊ぶ, にまさり, にまさる, に一切萬物, に勝つ, に卓越, に及ぶ, に就, に愛, に活力, に生, に眤さ, に超, に通じ, に靈, に靡, の, のうち, の一, の上, の主, の僕, の創造がた, の善萬物, の存在, の安寧秩序, の底, の描かれ, の擾, の救濟, の枯死, の氣, の然, の理想, の生滅長, の生育, の當, の盡, の眞, の福, の種, の讃美, の起原, の造主, の間, の靈, はその, はそれ, は凡, は地震, は形, は流る, は滅び, は皆, は皆その間, は皆完全, を創造, を包含, を包容, を己, を師, を廻らす, を引込む, を愛す, を構成, を温め, を照らす, を生育, を神, を美, を育つる, を裁き, を見, を貯藏, を足らはす, を限り給, を領す, を齊, 各, 悉く無常, 悉く相

▼ 萬~ (90, 2.4%)

4 に一人, に共通 2 あつた, が餓死, の, の目

1 [74件] からの參詣者, が文學書, が萬人同一, が萬人敢行, すぐれし美色, その多, それから高麗, で支那, といふ大軍, といふ血縁, と云, と數, と聞け, と雖, にすぐれ, にとつ, になる, にわめかれし, に一つ, に一人くら, に上つた, に向かない, に嫌, に幸福, に見せ, に達し, のその, のため, のひとしく, の中, の人間, の同感, の命, の外國避難者, の大衆, の心, の愛情, の曾, の欺かざる, の毒, の火, の爲め, の生涯中希有絶, の空想, の等しく, の糞, の羨み, の羨む, の老人中, の自由, の血縁, の行き, の行く, の視線一身, の部下, の長, の間切, の靈, は生, は皆平等, ばかりになるです, も居るだろう, を一人, を失つた, を愛し, を殺し, を率, を磔刑, を移住, を立たし, を論じよう, ヲ養フベキ, 悉く違つた顏, 羨みの

▼ 萬七親分~ (89, 2.4%)

6 が乘 5 に縛られ 3 がお, が乘出 2 がやつ, が變, ですよ, の鼻, は, は力松, は言

1 [58件] かお, から町方, が, がいきなり, がさう, が一度, が三度, が乘込, が來, が先刻昌平橋, が内儀さん, が出し, が子分, が宗次郎, が燕女, が背負呉服屋, が通り, が金次, が飛び付く, が飛ん, が馳, この自害, だつて繩張り違ひで, だよ, でもこいつ, と張り合, と渡り, に, にあ, にさら, にも見せ, にも頼み, に取上げられた, に散々嫌がらせ, に朝, に縛らせなかつた, に見せた, に言, に話し, のところ, の仕事振り, の縛つた, の繩張り, の繩目, の言, の鑑定違ひで, の髷, はお, はお松, は何處, は向島中, は大, は鬼, もさ, もそれ, ももう, や清吉, を口説

▼ 萬~ (53, 1.4%)

32 と二人, のほう

1 [46件] いった, がいった, がおどけた, がそそくさ, がとんちんかん, がアタフタ表, が一生懸命, が低く, が切火, が急, ごごめん, だったの, ではない, という名, と小勇, にあつ, のいう, のどじ, のほか, の喜び悲しみ, の怒る, の曾我部山岡二氏, の涙, の肩, の背, の記者, の身体, の野郎, は, はいた, はいった, はおよそ, はもうカンカン, はドタリバタン, は台所, は師匠, は泣きだし, も汗, やがて面目, をありったけ, をはじめ弟子たち, を表, を連れ, を顧み, 分ったかい, 忘れて

▼ 萬~ (47, 1.3%)

8 一つも 4 一つの

1 [35件] ひどく同情, ひどく彈, 一つその, 一つ八五郎が, 一つ奪, 一つ無事に, 一つ處刑に, 一つ間違ひ, 一つ間違ひなく仕組んだ, 一もと思つて吾等は, 上るといふ, 乘り, 事缺けて, 充たず有名, 及び召し上せられ, 古柱, 囁いたお, 存ずるなり, 對し, 延して, 思ふ, 感じた, 懸想し, 拔目の, 指圖を, 控へ, 罪は, 葛根湯を, 見付けられて, 近い町, 通ずるもの, 逢つたと, 達したといふ, 遠慮した, 附き纒つて

▼ 萬~ (41, 1.1%)

5 の後 2 を經

1 [34件] あるか, あるひ, か先, この窟, とかいふ間, とか言, と云, など入, なるも, にいたる, にし, に相, に近い, の古い, の將來, の情, の日附, の昔, の歴史, の生命, の舊國, の間, もの長い, もへた, も倦ん, も千萬年, も呼吸, も昔, も生きる, も經つて, をもつ, を暮らす, を通して不, 生きながら

▼ 萬~ (41, 1.1%)

2 の先, の時代, を持つ

1 [35件] でしかも, でない限り, でなく天子, ではいけない, ではない, では繁り, で其の, で内地品, と信じ, と考へられた, と考へる, なりとは斷, なる絶對者, の主義, の威權, の峯, の教師, の背, の脊, も皆, や鳶口, をとつ, をぶつり, を取る, を執, を執つた, を忘れ, を擔, を擔い, を杖, を棄てた, を置い, を肩, を誇り, ノ藥品ナキニ係ラズ政治學ニ參政權

▼ 萬~ (37, 1.0%)

5 の長城 3 の地, の波濤, の異境 2 の徳利, 同風

1 [19件] といふぢ, などの色繪, の外, の旅, の此帝國軍艦, の沖, の波上, の海外, の無地, の異邦, の白い, の絶域, の距離, の長堤, の雲煙, の鵬, はなれる, もかけはなれた, 未歸人

▼ 萬~ (35, 0.9%)

2 の顏

1 [33件] から引出せる, から訊き出せる, がお, が下手人, が無, が道行, が預け, が馬鹿, といふ野郎, と一緒, と夜逃げ, と市太郎, と親しく, と言, と變, などにまで騙されました, の外, の後, の男, の繩, は, はお, はその, は來, は小田原, は平次, は悉く, は意氣地, は暫らく, は泣き出し, は胴顫, や市太郎, を待つ

▼ 萬といふ~ (33, 0.9%)

4 金を 2 のは, 女は

1 [25件] お金が, ことに, のと, のを, 一寸良い, 人々が, 人夫を, 十七の, 大身代, 女が, 小さな鳥ども, 數に, 數字にも, 數字を, 神を, 美しいの, 群衆の, 血液の, 讀者層が, 身上で, 身上の, 身上を, 金が, 高いお金, 鳥の

▼ 萬~ (33, 0.9%)

2 なか

1 [31件] あまりその, お前に, さう, せ, その時, ゾツと, ヅケヅケと, ペラペラと, 一寸誤魔化し, 二十四五の, 人に, 其處へ, 冗談見たい, 十九, 國を, 大阪長堀に, 姪の, 平次と, 平次に, 後の, 愛想の, 昨夜此處へは, 有つた, 此家に, 氣が, 泣き度い, 簡單に, 自分の, 若くて, 親の, 農民と

▼ 萬~ (32, 0.9%)

4 の大名 2 の御, を與

1 [24件] からの舊, くらいの不足, だらうが, とか増收, と戰, の先祖, の加賀樣, の城下, の大, の大藩, の政治, の格式, の浦, の稻, の采地, の雄藩, ほど南支那, も劍菱, を世襲, を十四萬四千餘石, を召, を領したる, 元, 買えば

▼ 萬~ (29, 0.8%)

3 申さねば 2 ある筈, 云う数

1 [22件] いふ級の, きくと, する所, それつ, 一緒に, 世界に, 云は, 云ふ, 云ふも, 來ちやいか物喰ひで大, 喧嘩を, 後に奴, 數へ, 無駄を, 用意し, 知れ無い車, 綜合された, 纒まつた, 聞くとずつと, 親しくな, 言つても, 註せられ陸中

▼ 萬~ (26, 0.7%)

2 さう言

1 [24件] だらしが, 一あの, 一つの, 一と, 一に, 一にも, 一の, 一もと旅亭の, 一芥川が, 中なる, 休んで, 動かさなかつたと, 土藏の, 嫌ひだつたのか, 岡崎屋の, 手傳つてくれ, 昨夜お湯へ, 昨夜外へ, 案内し, 物持ちで, 皆同じ, 知らせて, 行つたばかりに, 非業に

▼ 萬さん~ (26, 0.7%)

1 [26件] がいらつ, がそれ, が何ん, が先, が出かけた, が大, が惡, が飛び出した, が驅, と, と一緒, と來, と喧嘩, と話し込ん, などはひどく, に向い, に比べる, に逢, のもの, のよう, の二人, の燒餅, の簪, はそれ, は亡くなつたお, も來

▼ 萬三郎~ (25, 0.7%)

2 の羽織

1 [23件] があの, がわざ, が下手人, が五兩, が許された, と人知れず, なら五兩, に疑ひ, に相違, の口, の心持, の手, の手落ち, の持物, の袖, はあの, は三十七, は不, は大, は小判, は平次, は羽織, を擧げた

▼ 萬法藏院~ (24, 0.6%)

2 [12件] に唯, の上座, の北, の夕, の大, の婢女, の晨朝, の細々, の香殿, は實, は山田寺, は村

▼ 萬~ (24, 0.6%)

2 の世話

1 [22件] および娘, から二人, が人間, すっかり私ども, に渉つて, の仕度, の凖備, の手配, の準備, の相談, の胸, の調辨等, の費用, は, はどなた, は才智, まが, を取, 取仕切つて, 役立つもの, 痒いところ, 立働いて

▼ 萬~ (21, 0.6%)

2 呼んで

1 [19件] どうすれ, はるかに, もつて, 唐沢氏が, 坑殺した, 嫌つてどうしても, 引き殘二千五百萬, 引くと, 怨む者, 殺したこの, 率ゐ, 率ゐた, 自分の, 要すと, 詭計を, 超え彼地, 越える通信, 越え彼國, 鑄造させ

▼ 萬兩分限~ (20, 0.5%)

3 と言 2 の一人

1 [15件] にでもならう, のする, の地主, の大, の娘, の支配人, の榮華, の甲州屋萬兵衞, の相, の箱入り娘, の萬三郎, の藤屋, の身上, の金貸し, は最期

▼ 萬~ (19, 0.5%)

1 [19件] え被爲對, に普及, に比類, に被, に輝, のプロレタリヤ團結, の交際, の仰ぎ見た, の勞働者, の圖, の棟梁天皇寶, の民主的, の海軍社會, の統御, の衣冠, は, よりこの, より來, を置く

▼ 萬~ (19, 0.5%)

1 [19件] が始まる, が濟, なく包まれた暗黒, なく數, なく立ち働かせるやう, なく驅, のお寺, の内, の声, の念仏, の講中, ほどお, もくり返す, も稱, をやつ, を稱, を繰返す, 同じ方向, 繰返して

▼ 萬~ (17, 0.5%)

1 [17件] あり, が許可, といふ大地, とし, となく, ともしれぬ, にし, に近い, に達せり, の件, の地面, の構内, の沖あたり, はどう, ほど, ほどが天鹽, 今に空地

▼ 萬~ (16, 0.4%)

2 もので, 事だ

1 [12件] のが, のは, ものばかり, ヌカリ切つて拙, 伜だ, 奴で, 愚痴や, 放火魔を, 此交通機關に, 水に, 話そこに, 話である

▼ 萬年青~ (16, 0.4%)

3 の變種, の鉢 1 が生ずる, で千兩二千兩, なるもの, にも得, に手, の葉, も煙管, や檜, を置い, を育てた

▼ 萬朝報~ (16, 0.4%)

1 [16件] がカルタ會, で私, にでる, に冷かし, に悪銭, に最も, に留まる, に限らず, の三行広告, の佛蘭西小説, の厄介, の寶探, の編集局長松井柏軒氏, の記者, は當時, 第一面

▼ 萬~ (16, 0.4%)

2

1 [14件] あらゆる物, が緑色, に應酬, に生, の子, の密語, の目, の終極, は皆一種, は聲, を全く, を網羅, を説明, 消えてた

▼ 萬~ (15, 0.4%)

1 [15件] か, が此家, で御座いますが, といふこと, と訊ね, の女房, の妾, の家, の言葉, の豪勢, の身, の驚きやう, はどんな, を呼ん, を縛らせよう

▼ 萬二千餘里~ (14, 0.4%)

2 といふ大, と計上 1 とある, とし, となす, と云, と記されたれ, なるに, なるもの, の中, は必ずしも, よりこの

▼ 萬~ (14, 0.4%)

2 とし, の望み 1 が興味, が觀, にかはり, に及ぶ, に孝弟, に會得, に齎す, をとらふる, を一國, を保育

▼ 萬~ (12, 0.3%)

11 の一 1 の地圖

▼ 萬~ (12, 0.3%)

3 不易の 1 に亙れる, の狸, の雪, の霄, 一理, 不朽の, 御禮參, 燒の, 神奇悉在陳腐中天不能舍鶯花而別爲春

▼ 萬~ (12, 0.3%)

1 [12件] あかく山, に蹤, のた, は振廻せない, は此處, は霜, ふりたて, をかざし, を打, を振, を振廻し, を振込ん

▼ 萬~ (12, 0.3%)

4 の茶入 2 の價 1 にもなろう, の値, の前, を積ん, を貪つた, 尚ほ

▼ 萬~ (11, 0.3%)

31 と萬念, と詩人, にリズム, の上, の次第, を幽邃, を支配, 還金

▼ 萬~ (10, 0.3%)

1 が文, が申しあげます, であ, によつて代表, に仰せられまし, に詔, の家, は太, は序文, 謹みかしこ

▼ 萬圓以上~ (10, 0.3%)

2 になるでせう 1 が物, にも相, のもの, の仕事, の利息, の資産, ノ富ハ國有タルベキガ, ノ生産業ガ國營タルベキ爲ニ起ル疑惑ハ事業家

▼ 萬~ (10, 0.3%)

2 の野暮 1 の古, の古い, の單衣, の地味, の小袖, の袷, の裾, の鰻

▼ 萬~ (9, 0.2%)

1 あれば, さう言, さう言つて, それに, ゐる, ゐるけれど, 來ました, 十兩近く持つ, 猫又法印も

▼ 萬七兄哥~ (9, 0.2%)

1 が念入り, とは違ふから, と張り合, にも判らない, にも清吉, に樂, の顏, もう下手人, も縛られた

▼ 萬二千石~ (9, 0.2%)

3 の大名 1 がもろに, でも大名, のお家, の小堀家, の領主小堀和泉守樣, は三月經

▼ 萬象名義~ (9, 0.2%)

6 と云 1 とあります, に關, は字

▼ 萬世橋~ (8, 0.2%)

1 から講武所, から電車, でしたが, にもあらず, に來, の停車場, の袂, へ參

▼ 萬六千圓~ (8, 0.2%)

1 で何程, となります, となる, と云, の國庫及地方, の收, の木, を失つた

▼ 萬千百圓~ (8, 0.2%)

2 で拂, の國庫收入 1 である一萬千三百町, で此兩人, の所, の金

▼ 萬七千石~ (7, 0.2%)

2 の大名 1 と釣, の大, の家中, を沒收, を賭けた

▼ 萬世一系~ (7, 0.2%)

1 であるといふ, として永遠, の國, の我國體, の皇室, の皇統, 之皇統而已

▼ 萬五千圓~ (7, 0.2%)

2 で買つた馬 1 で賣り込まう, といふ値段, として他, とすれ, の鰊糟

▼ 萬~ (7, 0.2%)

1 という以前, という爺, の世話, の伜, の伜萬吉, は御, より他

▼ 萬年筆~ (7, 0.2%)

1 さしあげます, とかを金, の鞘, をほし, を使用, を持つ, 賣りでも

▼ 萬~ (7, 0.2%)

2 のこと 1 の事, の些細, の問題總, の手段, の煩瑣

▼ 萬~ (7, 0.2%)

1 と袂, に比類, のさきがけ, の融和, をし, を敵, 各その

▼ 萬~ (7, 0.2%)

1 ですから, に及ぶ, の士卒, の士子此一試場, の工業都市, りはござりましょうが, り買入れて

▼ 萬七百餘里~ (6, 0.2%)

1 とある, となる, と知られたれ, は我が, を差し引き, を算

▼ 萬~ (6, 0.2%)

1 ならず, の光, の塵, の氣, の谷, 全く當

▼ 萬~ (6, 0.2%)

1 に感謝, のあたり, の光, の後, までもと, 之法戒

▼ 萬五千兩~ (6, 0.2%)

1 ですか, でないとは, に眼, の隱, も隱, を以て排水器

▼ 萬~ (6, 0.2%)

1 と一位, な兵, の小, の數, の數字, の計算

▼ 萬~ (6, 0.2%)

1 あるが, でありましよう, である, でその, の事變, の景色

▼ 萬圓餘~ (6, 0.2%)

1 であ, であつ, となる, になつ, に上る, りであ

▼ 萬年前~ (6, 0.2%)

1 であるか, には斯, にも近い, の話, より今日, 第三紀

▼ 萬年橋~ (6, 0.2%)

2 を渡り 1 に似, より下流, を渡る, 即ち小名木川

▼ 萬~ (6, 0.2%)

3 に對 1 に過, を國都咸陽, を算する

▼ 萬朝報社~ (6, 0.2%)

1 でも黒岩社長, に入, に入社, の記者, の非, へ転じ

▼ 萬無量~ (6, 0.2%)

1 だが, でも處女, と言つた姿, の御, の思慕, の歎

▼ 萬~ (6, 0.2%)

1 が聊か, で實, と青物町, になつ, ばかりある, も濫伐

▼ 萬~ (6, 0.2%)

1 の雄, よりも深い, を弄, を費し, を費した, を開陳

▼ 萬長者~ (6, 0.2%)

1 でもなん, と同じ, になる, の妾, の後嗣, もしくは未來

▼ 萬~ (5, 0.1%)

1 三萬臺分押せ, 二百萬, 民彌, 知りませぬが, 裏梯子の

▼ 萬~ (5, 0.1%)

1 何の, 名の, 故ら, 殊に女子, 蜀の

▼ 萬とも~ (5, 0.1%)

2 數の 1 數へ, 知られぬ人これ, 知られぬ惡蟲

▼ 萬~ (5, 0.1%)

1 三拾萬や, 五拾萬の, 五萬ぢや, 十萬の, 猛護

▼ 萬~ (5, 0.1%)

1 にも膨らませた, の利益, の暴騰, の進化, も有難い

▼ 萬分一~ (5, 0.1%)

4 の地圖 1 をもあえて

▼ 萬年床~ (5, 0.1%)

1 が筵, に潜り込みました, の枕許, はハネ, をあわて

▼ 萬~ (5, 0.1%)

1 が湧き起る, が起る, こめて, こもごもで, の間

▼ 萬~ (5, 0.1%)

2 の凉味 1 の不平, の涙, の黄金

▼ 萬~ (5, 0.1%)

1 するとも, を侵し, を嘗められた, を經, 迫る時彼

▼ 萬~ (5, 0.1%)

2 にあまる 1 の中, の旗本, は關東武士

▼ 萬ドル~ (4, 0.1%)

1 の紙幣, の補助, の金, を借りる

▼ 萬以上~ (4, 0.1%)

1 に達し, の人, の大衆, を數

▼ 萬億土~ (4, 0.1%)

1 だと, などといふ取留め, の西, は極

▼ 萬圓くら~ (4, 0.1%)

1 ゐするダイヤ, ゐならお, ゐに, ゐの

▼ 萬圓位~ (4, 0.1%)

1 ならば, につく, の兌換劵, は確

▼ 萬~ (4, 0.1%)

1 に及ん, に達せし, の高山, もの高

▼ 萬年屋~ (4, 0.1%)

1 から使, だ, で落ち, に着いた

▼ 萬斯同~ (4, 0.1%)

1 が中心, が明史編纂, は記憶, や徐乾學

▼ 萬暦年間~ (4, 0.1%)

1 に出, に支那政府, に焦, に袁黄

▼ 萬~ (4, 0.1%)

1 では, の形容, 有り得ないこと, 溜めて

▼ 萬~ (4, 0.1%)

1 と咲かせたい, の火, の花, の花霞

▼ 萬物發展~ (4, 0.1%)

2 の淵源 1 の本源, の根本活力

▼ 萬~ (4, 0.1%)

1 の, の聖なる, を福, ノ

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 から打ち, と思はる, なあ

▼ 萬なる~ (3, 0.1%)

1 に相違, 儒教の, 御利益加はりて

▼ 萬マルク~ (3, 0.1%)

1 であつ, の利子, を毎年五個

▼ 萬一それ~ (3, 0.1%)

1 が假病, が紛失, を盜

▼ 萬一僕~ (3, 0.1%)

1 があと, が例, が生き

▼ 萬一私~ (3, 0.1%)

1 が, が死んだら, の申す

▼ 萬一自分~ (3, 0.1%)

1 がこんな, が男, の素姓

▼ 萬七はさ~ (3, 0.1%)

2 う言つて 1 う言

▼ 萬七千八百九十九枚~ (3, 0.1%)

1 といふ統計, の葉書, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 萬三千石~ (3, 0.1%)

1 の一家中, の家, の龜井樣

▼ 萬二十萬~ (3, 0.1%)

1 ではいかぬ, の富, の端金

▼ 萬二千人~ (3, 0.1%)

1 とぞ聞えし, の患者, は欺かれた

▼ 萬五千~ (3, 0.1%)

1 か二萬, に滿, の同志ら

▼ 萬五千號~ (3, 0.1%)

3 のお

▼ 萬六千~ (3, 0.1%)

2 の人口中 1 坐を

▼ 萬六千七百八十九枚~ (3, 0.1%)

1 が舞い込む, と算出, の選擧權要求書

▼ 萬千三百町~ (3, 0.1%)

1 のもの, の地面, の官林

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 いつ果, とかを八萬遍, を吐い

▼ 萬右衞門~ (3, 0.1%)

1 が兩刀, と申す, と言つた時代

▼ 萬吾さん~ (3, 0.1%)

1 とを誘つて, と石井柏亭さん, のお

▼ 萬吾君~ (3, 0.1%)

1 と一緒, の画室, も英国料理

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 の心, は又, をし

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 きばみ落つ, の崩, の底

▼ 萬年町~ (3, 0.1%)

1 とか鮫ヶ橋, の呼名今, の竹屋

▼ 萬延元年~ (3, 0.1%)

1 か文久一, の出生, の項

▼ 萬朝報記者~ (3, 0.1%)

1 となり, にし, になつて

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 の杭, もにょき, 即座に

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 で麻の葉, な木々, の變化

▼ 萬~ (3, 0.1%)

2 を出 1 に一生

▼ 萬~ (3, 0.1%)

2 を呼ぶ 1 を半

▼ 萬温泉~ (3, 0.1%)

1 がある, の事, へ廻らう

▼ 萬物皆~ (3, 0.1%)

1 そのあるごとくなる, 同じ程度, 悉く一面

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 それから又, の闇, もウヂャウヂャ

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 とは違つたにぎやか, の古着, を著

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 の聲, も代々日本, を統御

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 とはケチ, のうち一つくら, 積み重ねたつて

▼ 萬能主義~ (3, 0.1%)

1 にし, に依, を迎合

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 のコスト, も押せ, を作つたら

▼ 萬臺分~ (3, 0.1%)

1 も押せるなら, を一度, 押せば

▼ 萬華鏡~ (3, 0.1%)

1 のなか, のよう, の樣

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 がすすみ出, というの, はこの

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 があらう, を冒し, を排し

▼ 萬~ (3, 0.1%)

2 の間 1 の中

▼ 萬~ (3, 0.1%)

1 といはれ, はレツシング, を一つ

▼ 萬から~ (2, 0.1%)

1 自分の, 訊き出せること

▼ 萬それ~ (2, 0.1%)

1 に續, へ直れ

▼ 萬であります~ (2, 0.1%)

1 から都合十四萬, が其内

▼ 萬です~ (2, 0.1%)

1 が, よ

▼ 萬では~ (2, 0.1%)

1 あるが, いかぬと

▼ 萬という~ (2, 0.1%)

1 都市を, 金が

▼ 萬とか~ (2, 0.1%)

1 千とかいふ, 言つて見

▼ 萬にて~ (2, 0.1%)

1 可なりと, 總て

▼ 萬にも~ (2, 0.1%)

1 相談せず, 贈物に

▼ 萬メートル~ (2, 0.1%)

1 の上空, の高空

▼ 萬ルーブル~ (2, 0.1%)

1 の手形, の金

▼ 萬一これ~ (2, 0.1%)

1 が伍助, が謀叛

▼ 萬一さん~ (2, 0.1%)

1 が陸軍, の二の舞い

▼ 萬一井戸~ (2, 0.1%)

2 へでも懸られ

▼ 萬一人~ (2, 0.1%)

1 に見とがめられ, を殺し

▼ 萬一千百圓~ (2, 0.1%)

1 の國庫收入, の金

▼ 萬一千石~ (2, 0.1%)

1 の領主, の領主植村土佐守

▼ 萬一彼~ (2, 0.1%)

1 が入, が文藝

▼ 萬一斯~ (2, 0.1%)

1 かる事, る事

▼ 萬一自害~ (2, 0.1%)

1 するやう, と知れ

▼ 萬一間違~ (2, 0.1%)

2 ひが

▼ 萬一露見~ (2, 0.1%)

2 した時

▼ 萬七千人~ (2, 0.1%)

1 といふおびただしい, の人命

▼ 萬七續~ (2, 0.1%)

2 いて

▼ 萬三千~ (2, 0.1%)

1 のお, の古い

▼ 萬三千三百三十三體~ (2, 0.1%)

1 あると, の觀音樣

▼ 萬三千人~ (2, 0.1%)

1 がひし, の首

▼ 萬三千圓以上~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 萬三千尺~ (2, 0.1%)

1 なりき依て, にもあまる

▼ 萬九千町歩~ (2, 0.1%)

1 しかも渡良瀬川沿岸三郡, の内一萬三千町背負

▼ 萬亀子夫人~ (2, 0.1%)

1 が熱心, が遊び

▼ 萬事上役~ (2, 0.1%)

1 に任し, の言葉

▼ 萬事上首尾~ (2, 0.1%)

1 といふ意味, 忍んで

▼ 萬事控~ (2, 0.1%)

2 へ目

▼ 萬事此~ (2, 0.1%)

1 の如し, の樣

▼ 萬事無事~ (2, 0.1%)

1 に納まりませう, に納まる

▼ 萬事萬物~ (2, 0.1%)

1 の然, の當

▼ 萬事萬端~ (2, 0.1%)

1 まが, 痒いところ

▼ 萬事落着~ (2, 0.1%)

1 か最初, した後

▼ 萬二千里~ (2, 0.1%)

1 去其西北界, 在會稽

▼ 萬五千七百九十九枚~ (2, 0.1%)

1 だ, の年始状

▼ 萬五千人~ (2, 0.1%)

1 ほどの死者, をし

▼ 萬五千石~ (2, 0.1%)

1 の城主, を領

▼ 萬人以上~ (2, 0.1%)

1 の田地, を期待

▼ 萬人何十萬人~ (2, 0.1%)

1 といふ血縁, の血縁

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 の峯頭, の谷

▼ 萬何千兩~ (2, 0.1%)

1 いづれは, の小判

▼ 萬何千卷~ (2, 0.1%)

1 の書物, は實物

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 にはしのぎ, は天下一

▼ 萬八千坪~ (2, 0.1%)

1 の中, の御

▼ 萬六千本~ (2, 0.1%)

1 の臼, を植へた

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 に達せず, の書中

▼ 萬右衞門樣~ (2, 0.1%)

1 が取, が田島屋

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 と一緒, に笑

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 の基, の首

▼ 萬四千八百三十人~ (2, 0.1%)

1 のこの, の女

▼ 萬圓以下~ (2, 0.1%)

1 ノ株券, ノ私有財産

▼ 萬圓借金~ (2, 0.1%)

1 をし, をした

▼ 萬圓拂~ (2, 0.1%)

1 ふて河, わなけれ

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 と松壽軒, などもどう

▼ 萬已む~ (2, 0.1%)

1 を得ざる, を得ません

▼ 萬幡豐秋津師比~ (2, 0.1%)

2 賣の

▼ 萬年ぐらゐ前~ (2, 0.1%)

1 にできた, のくるみ

▼ 萬幾千幾百幾十幾年~ (2, 0.1%)

1 だか, より通例概算

▼ 萬延文久頃~ (2, 0.1%)

1 からしばしば, の五ヶ國條

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 の金鍬, 下さると

▼ 萬~ (2, 0.1%)

2 悉く蕭條

▼ 萬有引力~ (2, 0.1%)

1 とは違う, の公式

▼ 萬有科學~ (2, 0.1%)

1 の權威國ドイツ皇帝陛下, 大會第八十五回

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 も衆議院, を記録

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 といふの, の跡也今

▼ 萬民翼贊~ (2, 0.1%)

1 の原理, の皇道

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 の數, の黄金

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 であ, なるも

▼ 萬理想~ (2, 0.1%)

1 はおろか萬哲學系, を踏み付け

▼ 萬町歩~ (2, 0.1%)

1 とかを開墾, ばかり着手中の

▼ 萬疊敷~ (2, 0.1%)

1 とでも云つて, とでも言

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 の大金, を要すべく

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 か知れぬ, ぞ

▼ 萬粒二十萬粒~ (2, 0.1%)

1 とはケチ, 積み重ねたつて

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 と數, の白い

▼ 萬荒物~ (2, 0.1%)

2 から酢醤油石油莨

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 の多き, をお

▼ 萬里君~ (2, 0.1%)

1 の抗議, の抗議別項

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 にも達した, を擲つ

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 の響, はためき人類

▼ 萬~ (2, 0.1%)

1 の計, の馬

▼ 萬餘卷~ (2, 0.1%)

1 の大部, を藏

▼1* [670件]

ああ當來の, 萬いち念頭にきざし, 萬かの愛讀者に, 萬からの人間が, 萬ざら知らん顏, 萬しかゐなかつた, 萬その他近所の衆, 萬それからシレジアといふ, 萬たらわぬこ, 萬ちやん知らない, 萬やない, 萬の吉善, 萬づ世の皇統, 萬づ串談のやう, 萬づ代守るぞ, 萬づ四方つ神, 萬づ汝の勝手, 萬づ物みな新らしい芽生え, 萬でないとなる, 萬として之を, 萬などがまあつぶだつた, 萬などに逢ひました, 萬などもその最適例, 萬なりと云ふ, 萬はかの行く, 萬ばかりの某の, 萬ひかへ目, 萬行くこと, 萬ほどの都市で, 萬よりぐつと綺麗だ, 萬をと諸願, 萬をば連ね得は, 萬を以て數ふ, 萬アールに亙つ, 萬クローネ即ち現在, 萬グライハドウニカナルガソレ以上ハ目下ノトコロ工合ガ悪イ, 萬ヘクタールに上る, 萬マークを要した, 萬ルピーの節約, 萬ヴォルトの高電壓電源, 萬一あなたがいらし, 萬一お前が勝つたら, 萬一お母さんが聞き, 萬一お里歸りの, 萬一そう云うこと, 萬一不幸にし, 萬一中に間違, 萬一事有るの, 萬一事實だと, 萬一二人が一緒, 萬一人手に掛つて, 萬一人樣に見られ, 萬一人殺しの片棒, 萬一今度の樣, 萬一來ようなら直さま, 萬一俺の母親, 萬一先方が自分, 萬一公儀御耳, 萬一創作でなかつたに, 萬一動脈ヲ傷ツケルヨウナコトガアッタラ大変, 萬一千之助を突き落した, 萬一千九百六十六人を有せり, 萬一千刀などといふ記録, 萬一千回の記録, 萬一危急の時, 萬一叔父上が御, 萬一右衞門佐に逆, 萬一右衞門佐殿配所へ遣される, 萬一向面白からず, 萬一呼賣の, 萬一城彈三郎と生命, 萬一夜中に客, 萬一失敗せむか侯, 萬一失策ると, 萬一嫁の身の上, 萬一家賃を拂, 萬一宿がない, 萬一岡つ引, 萬一幕府に藩, 萬一彼女ニ疑ワ, 萬一患らつたとしても俺, 萬一惡い人, 萬一惡者が忍び込ん, 萬一感服せずば, 萬一戒壇院や二月堂, 萬一手前の名前, 萬一手落があ, 萬一敢て此, 萬一敵に見出され, 萬一新墓から千兩箱, 萬一暴力に訴, 萬一枚を待っ, 萬一樺太に於ける, 萬一此の如き, 萬一此私が寢, 萬一此藥が毒藥, 萬一死骸の口中, 萬一殺しとわかつ, 萬一氣が付い, 萬一氣球が空中, 萬一混雜等有之候節は通詞人, 萬一漂流者があり, 萬一父母に從順, 萬一犯罪取調べに際して子, 萬一犯罪者が取調中, 萬一生還せる場合, 萬一町内の若い, 萬一目的が遂げられた, 萬一眞當の下手人, 萬一矛盾するもの, 萬一突き落された繼娘, 萬一筋違ひの, 萬一耳の中, 萬一自由詩の詩壇, 萬一舟から岸, 萬一若君御誕生, 萬一萬一ですよ, 萬一落ち散りも, 萬一蛋白質だとしても, 萬一血に染んだ, 萬一表沙汰になつて, 萬一見立て違ひなら此坊主首, 萬一覺られると, 萬一謀叛人に荷擔, 萬一跡取りが出, 萬一身に覺, 萬一車代を渡す, 萬一返り討ちになつて, 萬一逢はれぬとでも, 萬一運ガナカッタトコロデ何ヲ惜シガルコトガアルンダ, 萬一醫師にか, 萬一金を返す, 萬一間違ひと言ふもの, 萬一非業に相, 萬一顏に傷, 萬一高木銀次郎が私, 萬七たるもの先輩風, 萬七といつた意地の惡, 萬七はさとつたこと, 萬七はしきりといきり立つ, 萬七八千武田勢の倍, 萬七千五百七十二人の多, 萬七千俵其他に豆, 萬七千坪に過ぎず, 萬七懸命の搜索, 萬七清吉に引立てられ, 萬七親分こちとら, 萬七親分ぢや埒, 萬三千三百三十三人の, 萬三千二百六十九卷といふ卷數, 萬三千二百十町歩放牧區域七十二區各區, 萬三千二百町歩放牧區域七十二區各區, 萬三千日草市盂蘭盆会も瞬間, 萬三千町歩以上の田地, 萬三千町背負込んで, 萬三千石牧野備後守の家中, 萬三千餘人を徴, 萬三博士は日本製, 萬三氏と余, 萬三男萬吉の三人, 萬三郎馴染の藝妓奴, 萬世一系連綿たること, 萬世不易の形, 萬世太平の國是, 萬世界の大地, 萬世軒の表, 萬になろう, 萬中庸を尚, 萬乃至七萬に, 萬之子てふ, 萬の太宗, 萬九千六百餘棟田畑の荒された, 萬九千噸の巡洋艦, 萬九千餘卷なれど, 萬九百九十五億二千一百六十二萬五千七百七十六人だといふ, 萬九百八十一町村といふもの, 萬亀子といっ, 萬事うち合せようとの, 萬事おのづから, 萬事それからの事, 萬事やつてくれた, 萬事エウゲニイフエオドロヰチの言, 萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 萬事世話をし, 萬事主人がいたします, 萬事休矣です覺悟, 萬事例外あり, 萬事俺達の運動, 萬事内輪に勤める, 萬事叔父さんの方, 萬事取締つて行くこと, 萬事合點が行, 萬事呑込んで, 萬事器用で剃刀, 萬事圓滑に行く, 萬事天意のま, 萬事女將に周旋, 萬事好都合に運ぶ, 萬事小作りに出, 萬事己が呑み込んだ, 萬事形付いた上, 萬事手筈は整つて, 萬事拔かりの, 萬事整つたが此心, 萬事昔の周公, 萬事春三郎に頼る, 萬事此二先輩に依, 萬事殿樣が呑込, 萬事母親に面倒, 萬事母親讓りに, 萬事氣に入りませぬ, 萬事濟んだの, 萬事皆然り, 萬事盡きて, 萬事私が那, 萬事終つてゐた, 萬事自分の世話, 萬事萬物すべてが無意味, 萬事萬行に就, 萬事落着ぢやない, 萬事規模の小さい, 萬事解決します, 萬事間違のない, 萬事駒吉の方, 萬二三千人少き時, 萬二千三百あまりなむありける, 萬二千人重傷者四千四百人家や船, 萬二千册とも見, 萬二千四百十六石の大名, 萬二千町歩にもわたる, 萬二千石小堀家の危急, 萬二千石永代安堵の御, 萬二千頌として一家, 萬二千餘尺の絶頂, 萬二千餘里男子無大小, 萬二百萬といふ讀者層, 萬五六千もある, 萬五六千回この記録, 萬五千七百七十六人だといふ, 萬五千九十九枚で毎日, 萬五千囘此れを, 萬五千尺の高, 萬五千本と稱, 萬五千浬を飛び歩いた, 萬五千町以上の地面, 萬五千百圓の收入, 萬五千足らずの漸, 萬五千里の長途, 萬五千餘町に上り, 萬五郎の瀧, 萬人おなじかるべきを, 萬人中誰か能, 萬人共通の言葉, 萬人同一の志, 萬人敢行しうるもの, 萬人日本四千五百萬人の曾, 萬人此處に積ん, 萬人環視の中, 萬人自由の社會, 萬人長といふ風, 萬はた何, 萬今さらに, 萬位のも一位の, 萬何千哩の空, 萬何千圓デアル, 萬作以上の三人, 萬作雑賀虎山田三十郎山本主殿助, 萬供養を重, 萬侶誠惶誠恐頓首頓首, 萬俵餘の高, 萬あるを, 萬億兆の差別, 萬億張の密羅繁網, 萬といふ大金, 萬元年鎭西八郎が運, 萬生すつかり草津伊香保, 萬を期したい, 萬兩くらゐ現金, 萬兩それを取返さう, 萬兩づつ兩度の差加金, 萬兩也右借用候事しかじ, 萬兩五萬兩どうかしたら, 萬兩他物之に副, 萬兩以上も持つ, 萬兩位で出, 萬兩借用ありしほど, 萬兩出て見る, 萬兩分限伊丹屋駒次郎の嫁, 萬兩分限越後屋佐兵衞の跡, 萬兩分限長崎屋の土藏, 萬兩地所家作は二三十ヶ所, 萬兩息子の半次郎, 萬兩手繰り出すの, 萬兩搜させようなんて, 萬兩斯樣な譯, 萬兩殘る之, 萬兩盜む大願は成就, 萬兩築地の倉屋敷, 萬兩藪柑子さては南天, 萬兩許りの, 萬兩近くもあつ, 萬兩銀五千萬兩他物之に副, 萬の大広間, 萬八千の毛穴, 萬八千七百餘時間を經, 萬八千二百六十餘日間四十三萬八千七百餘時間を經, 萬八千今漸減少, 萬八千兩邪魔になる, 萬八千八百八十人と御, 萬八千刀とか中, 萬八千尺碧林瑤草瓊樓玉闕烟霧の裏, 萬八千石の城主, 萬八千載であるなどと, 萬八百秒に割當, 萬六千兩の黄金, 萬六千册と覺, 萬六千圓九萬六千圓で何程, 萬六千圓六百五十萬圓合せて, 萬六千圓此外まだ埼玉縣, 萬六千年を要す, 萬六千日は八月, 萬六千石ぐらゐなものでその上, 萬六波羅樣をまねび, 萬六百四十四の號舍鱗, 萬六百餘里に過ぎず, 萬はあり, 萬兵衞がちよつかい, 萬兵衞さんには敵, 萬兵衞土藏の修, 萬兵衞夫婦は翌, 萬兵衞手代の吉三郎, 萬兵衞瓶の封印, 萬兵衞老人の手, 萬兵衞自慢の躾, 萬兵衞親爺奴突いて, 萬其俗殺人強盜及姦皆死盜者計贓酬物, 萬内外の資本, 萬円相渡すべきもの, 萬出すといふこと, 萬を超え, 萬別裝飾からみ, 萬を出し, 萬助さんお前さんにも永, 萬助どんか来たら, 萬助どん余計なこと, 萬助どん外の訳, 萬還らずとかや, 萬する可笑し, 萬十七年には三男萬吉, 萬千三百町之は表, 萬千三百町此代價が何程, 萬千百圓四千圓一萬五千百圓の收入, 萬博士および船山曄智君, 萬叔母さんを怖がつ, 萬口一調に日支, 萬口一齊に歎賞, 萬句二萬句を吐い, 萬向島の三, 萬君安達峯一郎君等あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, 萬吾和田三造外二人の日本人, 萬吾石井柏亭両君と一緒, 萬の彼方, 萬哲學系を容れ, 萬噸以上の炭量, 萬噸水準下のを合, 萬噸級の歐洲航路船舶, 萬噸餘りの, 萬の足音, 萬四千俵の豫算, 萬四千偈他日如何擧示人, 萬四千八百二十八人女は廿九億九萬四千八百三十人, 萬四千卷を盡, 萬四千石の御, 萬四千餘石に改め, 萬四百マイルとなせり, 萬國信號はある, 萬國共通のもの, 萬國博覽曾にも陳列, 萬國博覽會が開かれました, 萬國史の一, 萬國平和會議仲裁裁判或る, 萬國的聯合は自由合意, 萬國音表文字さへ聲音, 萬國頌徳天樞の八字, 萬圓これを癩, 萬圓それがどうしても, 萬圓つて權利金がいる, 萬圓づつ伐り出す割, 萬圓づつ與へて死ぬ, 萬圓づゝを拂, 萬圓ダッタラ日本ヘ持ッテ来レバ倍以上ニナルデショウ, 萬圓トシテ小地主ト小作人トノ存立, 萬圓ハソノ金ノ一部ナノデアル, 萬圓ホド助ケテモラエマイカ, 萬圓一ヶ年の釀造高六千石, 萬圓一年に掛けれ, 萬圓三十萬圓と時, 萬圓九萬六千圓六百五十萬圓合せて, 萬圓也と胸, 萬圓二十萬圓の金, 萬圓二十萬圓三十萬圓と時, 萬圓伐採期間四十五箇年間一年に一萬圓づつ, 萬圓位物價の比例, 萬圓使つて今の谷中村丈, 萬圓借財をし, 萬圓元利共に償却, 萬圓六十八萬圓九萬六千圓六百五十萬圓合せて, 萬圓其四十八萬兩も公平, 萬圓内外の金, 萬圓加へて四十八萬圓, 萬圓北海道に斯, 萬圓十錢づゝなら九百萬圓これを癩, 萬圓完全に整, 萬圓宛の金, 萬圓宛修繕費が必要, 萬圓年々十萬圓の費用, 萬圓強經濟状態や通用價値, 萬圓拂つて買取つたら自分, 萬圓掛け放しでは, 萬圓掛つて居るそれで, 萬圓支出する此金額, 萬圓札をさ, 萬圓百萬圓が千萬圓, 萬圓經濟力は五千萬圓, 萬圓維持費の三萬圓, 萬圓許りに, 萬圓貰はなく, 萬圓餘朝鮮及臺灣等の分, 萬圓鮭鱒の方, 萬坪あたりの起伏, 萬の観客, 萬の中, 萬塔中の陀羅尼, 萬境踏來似隔生, 萬壑怪を競ふ, 萬壽堂で, 萬壽年中の大, 萬の燈明, 萬悉く發, 萬を筆, 萬字炭山へも行つて, 萬安楼にて一枝会下ざら, 萬宛注込んで, 萬客嘗る遊女, 萬客屏息して, 萬客聲を呑み, 萬に對, 萬さながら灰燼, 萬封度を超, 萬だ, 萬山くらゐ積み重ねると, 萬の奧, 萬の橋ぎはで, 萬の尺度, 萬の書, 萬市民の讀書眼, 萬幡姫兒の二つ, 萬年一六六萬年七六六萬年八六六萬年等となり, 萬年七六六萬年八六六萬年等となり, 萬年人生れ繼ぎて築きて, 萬年八六六萬年等となり, 萬年博士が専門局長, 萬年娘が駈落した, 萬年後に斯, 萬年正月元日の日附, 萬年澤柳政太郎などであ, 萬年町山伏町新谷町あたりを塒, 萬年等となり, 萬年經りましき, 萬年艸に收録, 萬年近くも前, 萬年青しげれる磯, 萬幾らあると, 萬幾千ボルトの三相交流, 萬幾千卷の書目, 萬延元年アメリカへ日本使節, 萬延元年二十歳では, 萬延元年以後の事蹟, 萬延元年以後日本で最初, 萬延元年増永文治發行の, 萬延元年櫻田の變, 萬のたてひき, 萬に近い, 萬弗援助を得, 萬繰合せ下さいまして, 萬である, 萬と一, 萬恨千悔も間, 萬し女色, 萬感一時に胸, 萬感胸に迫つて, 萬のフヰルム, 萬態一卷に道中, 萬戸寂然たり, 萬戸明の隆慶時代, 萬承知して, 萬数千の大兵, 萬數千トンもある, 萬數萬ノ私有財産, 萬日々の賽錢祈祷料, 萬滅す, 萬より清雍正時代, 萬暦四十八年かの, 萬暦四十四年に至る, 萬暦年間天主教が支那, 萬更不適當のもの, 萬更刀の持ち, 萬更見込みのない, 萬有引力論や光, 萬朝うしろを向いた, 萬朝たちがまめまめしく, 萬朝のにし, 萬朝はじめ弟子たちが湯, 萬朝報社員でありました, 萬朝報紙上で論じた, 萬朝火打石の代り, 萬朝記者じみたところ, 萬朝身体中を怒り, 萬木城の麓, 萬木皆各勢, 萬枝潤ひ龍姿雷聲白雲, 萬なるを, 萬の鐵砲, 萬梃位の鐵砲, 萬の神經, 萬のアメリカ行絹糸, 萬に登り, 萬樣限りなき人事, 萬樹霜を閲し, 萬を親しく, 萬機公論に決すべし, 萬機總て侯, 萬次お前のやう, 萬次風情と親しく, 萬止むを得ぬ, 萬正直のこと, 萬此時漸く氣, 萬死投荒十二年とある, 萬の時, 萬殺しの證據, 萬民乃有居后稷, 萬民共通の罪惡, 萬治三年へかけ, 萬泡億泡を湧き, 萬燈横町の提灯, 萬物すべてが無意味, 萬物すべて神であり唯一信心, 萬物みな蟄す, 萬物其基よりし, 萬物凡て整ふり折りめ, 萬物創造の後, 萬物流轉と斷, 萬物生育する自然, 萬物皆恆に活動, 萬物盡く内, 萬物秋となり, 萬物調和しはじめて, 萬物陰を負, 萬物養へる大地, 萬状殆んど, 萬珠堂の瀬戸, 萬理想所謂分析の理論, 萬てえ, 萬町以上の中, 萬の一藥, 萬白竜天に朝する, 萬百億萬と世界, 萬百貨店の前, 萬目すべてぴたりと, 萬の魚鱗, 萬石勝手にいたせ, 萬石南部大膳大夫樣は向, 萬石宋代には約, 萬神達は天安河原, 萬高く, 萬皆冷, 萬立方米の程度, 萬端兵部が指図, 萬端利章一成内藏允, 萬端姫樣といはれる, 萬端手落なく致させます, 萬端旦那樣の持ち, 萬端濟んでしまつて, 萬端濟んだ後, 萬端私が立換, 萬端身に引, 萬筋どころの單衣, 萬策盡きた姿, 萬籟寂たる午前, 萬紅ホンとに君, 萬紅身を飾る, 萬緑叢中一點の紅, 萬での流血, 萬義聲感激方欲大擧, 萬聖祭には衆人, 萬聖節降誕祭やがて新年, 萬能人間に對, 萬能力を有, 萬能國の脅威, 萬能性を帶びたものが宇宙, 萬能的な考へ方, 萬能膏の貝, 萬の敬意, 萬臺製造する原, 萬般也先有御所的之役人云々, 萬般雜事には長尾君, 萬之艶秋山千葉之彩時額田王以歌判之歌, 萬華楼に登りし, 萬萬吉の三人, 萬藏妾のお, 萬蛇頭のメデウサ, 萬の口數, 萬の自分, 萬衆一時に歡賞, 萬に就, 萬角形についてある, 萬象おのづから, 萬象皆一氣で一氣百變, 萬の堆肥, 萬足らずにしかならない, 萬の家, 萬軒後馳せの, 萬ない事, 萬に達する, 萬逸君その人, 萬遍なく汚して, 萬遍其思想や穩健, 萬遍唱へつづけ, 萬遺漏無き注視, 萬部近くなると, 萬の美觀, 萬里さんから寄越した, 萬里先生彼の人, 萬里北を被, 萬里四方の摩天樓, 萬里支那の染付, 萬里此處三十里の隔て, 萬里泊舟天草洋といふ詩, 萬里燒の徳利, 萬里竹友藻風の諸氏, 萬里餘海灣の上, 萬の北洋, 萬の重石, 萬鉄五郎氏の絵, 萬を握, 萬長者フオン・シイドウ男爵へ繋, 萬隱居扶持月々おこして, 萬雷一時に落つる, 萬面紅葉の丸山, 萬の水の上, 萬あつた, 萬願成就で樂, 萬風流の道, 萬の, 萬餘人に達した, 萬餘名の提燈行列, 萬餘圓の大, 萬餘戸自女王國以北, 萬餘戸今の薩摩, 萬餘戸南至邪馬臺國女王之所都, 萬餘戸東行至不彌, 萬餘町の廣さ, 萬餘騎と號, 萬餘騎一門の存亡, 萬餘騎餘五將軍の遺, 萬騎今日は西海, 萬でも億鳥, 萬の燭, 萬龍はんとお, 萬龍靜江など