青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「華やか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子 菓子~ 菜~ 華~
華やか~
萩~ 萬~ ~落 落~ ~落し 落し~ ~落した 落した~ ~落ち 落ち~

「華やか~」 1028, 11ppm, 9768位

▼ 華やか~ (650, 63.2%)

5 ものに, 笑い声が 4 灯の, 生活を, 笑ひ, 電燈の, 青春の 3 微笑を, 時代の, 笑い声も, 色が, 衣の

2 [59件] ことは, さ, もので, ものは, もの込み入りし, 一切の, 人気は, 何物をも, 光が, 光景が, 初夏の, 動作や, 化粧も, 古風な, 声で, 夕陽の, 夜の, 夢の, 大きい幕, 奏楽が, 婦人持の, 客間を, 宴を, 容子や, 巷の, 幸運が, 微笑で, 拍手と共に, 拍手に, 文化の, 日でした, 明るい室, 昼の, 毒草の, 江戸の, 海と, 濃藍, 燈火が, 燈火の, 特長を, 町の, 空気が, 空気の, 空気を, 童貞を, 絃歌の, 群の, 色の, 色彩が, 色彩で, 艶美な, 表情が, 表情に, 語に, 過去を, 道を, 銀座の, 馬賊の, 騒ぎを

1 [487件] いわゆる, お側女様の, お嫁入り, お慰, お葬式, お鳥追, ここちに, こという, ことが, ことでも, ことと, ことの, さうし, ざわめきの, そして詩人肌, その晩, その空気, その色, たのしいあり, てきぱきした, ところが, ところで, ところは, ところも, にぎやかな, のが, のと, のは, のを, はずだった, ふうを, まぼろし, もっと濃厚, ものかも, ものが, ものだった, ものだつた, ものであろう, ものを, やうでありまし, ようで, よく響く, よそおいを, アマリリスの, イギリス絨毯を, エプロンを, ガラスの, クッションが, スカートを, スポットライトに, チョコレートの, デモを, ナイトドレスの, バンドマンの, パゴラの, パラソル, パラソルが, フィナーレまで, プランが, マフラーの, メリンス羽織を, メロディの, モダーンな, モンパルナスの, ラヴ, ルイ十四世代の, ロウマンスの, ヴァーチュオーゾの, 一つの, 一夜です, 一画へ, 一種の, 一群, 一群黄母衣隊などの, 一行が, 世界の, 世界を, 世評を, 主役が, 主役は, 二つの, 交情を, 交際の, 交際は, 人が, 人の, 人通りは, 人間の, 今の, 仕事にのみ, 仲間や, 伊達女たちと, 会話は, 俊才の, 俳優生活の, 催しでも, 儀式を, 光とが, 光を, 光景は, 光景を, 具足に, 円天井の, 処女の, 刺戟の, 刺戟を, 力づよいものとなるであらう, 力とを, 勇ましい最期, 勇ましい身構, 匂いが, 匂を, 十四日の, 半襟の, 友禅ちりめんと, 双六の, 口輪を, 合唱が, 名とか, 周囲の, 味の, 唇の, 唐代の, 唐草と, 商店の, 喜ばしいお祝い, 喫茶店の, 圧迫, 圧迫で, 場面に, 壇が, 声, 声が, 声艶や, 夕で, 夕暮の, 夕栄の, 外交官夫人みたいな, 外国を, 大学時代を, 大町人, 太陽だ, 奏楽に, 奔放な, 女たちの, 女の, 女性に, 好奇心が, 姿から, 姿に, 姿は, 姿を, 姿勢に, 娘さんから, 娯しい, 婚儀が, 婚礼の, 婚禮が, 存在で, 存在では, 存在とは, 宝塚出演は, 宴の, 宴会料理としては, 宴席には, 宴席を, 家が, 家族の, 宿屋の, 小布団, 小春樹は, 少女の, 山の, 島田に, 嵐を, 巧緻な, 布に, 帯の, 帽子を, 幕を, 年齢よりは, 幸福と, 幾分エロチック, 序幕を, 底に, 店さきの, 店の, 店先に, 座敷着の, 座蒲団が, 建物から, 引幕を, 彩り, 彩色が, 影が, 影の, 役割である, 彼女の, 彼方の, 御酒宴, 心持ちでは, 忙しさ, 思い出を, 恋の, 恋人と, 恋愛として, 悪運も, 悲しみの, 想像も, 感じを, 態度で, 或はとんでも, 戦陣にでも, 戰蹟を, 抒情詩の, 振袖の, 振袖姿一人の, 散歩, 文化が, 文壇に, 文字を, 文藝界の, 方へ, 方面においても, 旅であったろう, 旅装の, 日が, 日を, 日本娘の, 明るい場面, 明るい感じ, 明るい楽, 明るい面白い刺戟, 昔を, 映画や, 春の, 時代, 時代それから, 時代だ, 時代で, 時代に, 時代には, 時代は, 時代をも, 時期では, 晝を, 暮しは, 暮春の, 最も多彩, 有り様を, 服を, 服装の, 服装を, 朝の, 朝日を, 朝陽が, 期待にじっ, 東京に, 柔かい明るさ, 桃色が, 棧敷席に, 極彩色な, 楽しいもの, 楽しい笑声, 榮華の, 樂しい, 機会を, 櫛笄で, 歌舞と, 武力, 武勲を, 武者の, 死を, 母衣を, 気分だ, 気分を, 気持が, 気色に, 波は, 波を, 洋傘の, 洋装と, 洋館に, 活動と, 活躍ぶりを, 浴客達に, 海外への, 海岸であろう, 海岸に, 海岸線から, 海辺の, 淫らな, 混雑も, 渦が, 演奏家でない, 火口原の, 灯が, 灯と, 灯火とが, 燈光が, 燈火や, 燎火や, 燭や, 燭台の, 牡丹燈籠が, 特等席に, 王冠の, 生活, 生活と, 生活の, 生涯は, 生甲斐を, 病気専門の, 登場の, 眺めで, 眼醒し, 着物が, 着物だけが, 着物や, 着物を, 知識人たらしめた, 社交や, 社交界で, 社交界に, 社会を, 祇園の, 祝言の, 祭りの, 祭礼は, 秋も, 空気に, 空気は, 空氣を, 空色の, 笑いが, 笑いであった, 笑いと, 笑いの, 笑い声に, 笑い声の, 笑い声ばかりが, 笑い声一つなく, 笑声が, 笑声に, 笑声を, 笑顔に, 笑顔を, 第一期西洋活字文化, 第四楽章, 筆論であった, 節会で, 簪冠を, 紅の, 紅を, 紅炎から, 素朴であり, 紫色に, 結婚そんな, 結婚を, 結果を, 絨氈の, 絵の, 緑と, 縅の, 縞の, 織物の, 置物に, 美くしいものに, 美しい音楽, 美しい音樂, 美しさ, 者だ, 職場の, 胸着を, 脚光を, 腰を, 臙脂の, 自由境である, 舞台の, 舞台へ, 舞台面が, 舞楽の, 舞樂の, 舞踏会が, 舞踏会の, 色と, 色とては, 色ばかりで, 色を, 色取りや, 色彩でなく, 色彩に対しては, 色彩感も, 色彩調度が, 芝居だの, 芝居気さえ, 花屋の, 花束に, 芸術も, 若々しいもの, 若い時代, 若い艶, 若入道, 茵蒔絵の, 草色に, 荘厳さは, 葬式を, 虹色の, 血色を, 行事の, 行列が, 行動を, 街で, 街を, 衣服を, 衣装とで, 衣裳を, 装いで, 装いを, 装飾を, 裏庭一帯の, 裾を, 観世物に, 記念祭が, 話題と, 語りぐさに, 調子の, 貴公子連の, 贅沢な, 赤地錦の, 趣が, 踊りの, 踊子達が, 踴躍に, 身構を, 車を, 軍功は, 軍馬の, 辺りの, 近代娘の, 遊びを, 過去の, 道具噺いまだかつて, 都に, 都会とを, 都会の, 酒宴の, 酒楽の, 野望の, 銀座で, 銀座街の, 錦紗縮緬の, 錦繍の, 錦衣を, 鍋島絨毯が, 鎧を, 鎧甲を, 長い袂, 門は, 開花の, 闊葉樹の, 陽気な, 雰囲気の, 雲の, 電気の, 電燈が, 青年だったらしい, 青春だ, 面会では, 面白い, 音の, 音楽の, 音楽は, 響だけを, 頁と, 顏の, 顔は, 顔色に, 風が, 食堂へ, 食慾の, 饗宴, 騒ぎが, 騒音と, 魅力は, 黄いろい帯, 點景の

▼ 華やか~ (230, 22.4%)

11 して 4 なって 3 なった, 笑った 2 世間の, 化粧を, 暮して, 水郷の, 笑つた, 見せて, 輝いて

1 [195件] あまりに麗, いとおおどか, うら, おほほ, おほらかに, きこえた, くらして, けばけばしくアクセント, さびしき秋, したが, しつらえて, すること, する必要, する為, そうぞうしくなにか, その一隅, その人気, なった東京, なやましい管絃楽, なりそう, なりましたが, なります, なり人々, なり景気, なり見違えて, なり過ぎた今, なる, なる不思議, にっと笑っ, はしゃいで, ひたと天子, ひらいた脣, ひらかれた席上, ひるがえる下着, もうはじまりだした, やって, やるが, グルリグルリと, デビューした, ブラ下つて居る, 下座が, 世に, 人々を, 人を, 今宵を, 写真を, 切り合おうという, 動くとも, 化粧し, 千木の, 去來, 名を, 咲いて, 咲き崩れます, 哀れ深き, 喜び勇んで, 囃子で, 四方を, 執り行われた, 夕日は, 失敗する, 女王の, 婚儀を, 寂び澄ました声, 射して, 射し込む日光, 川風に, 巡礼衆が, 巣立ったころ, 幟が, 座を, 座敷に, 張りたいと, 彩って, 彩ど, 彩どる, 彩られたその, 彩色濃く, 彼女の, 彼等の, 微笑みかけそして, 想わせたもの, 愚問を, 感じられた, 感じること, 戲れ, 扮装った, 披露を, 振舞ったから, 描かれて, 散るだけ, 整えて, 新聞に, 日光室から, 昂ぶっ, 昂ぶつ, 明るく物思い, 昔の, 映しいでたる, 映して, 暮らして, 東京から, 染められた, 染め來, 栄えその, 栄えて, 母は, 永遠に, 沁み込んで, 波立ちはじめて, 注して, 派手に, 流れ木の間, 浮いたの, 浮き立った, 浮上り, 渦巻くジャズ, 湿やかな, 潔く, 澄徹した, 火花と, 灯って, 灯り艶, 点いて, 煙つてゐる, 照らされて, 照らしこの, 照らしだす日, 照り耀い, 珍らしい, 番組も, 発揮された, 着飾った人々, 着飾った女, 着飾りそれぞれ, 瞬いて, 祝って, 私は, 笑いさざめい, 笑いながら, 笑う, 笑う声, 笑う女, 笑って, 笑ひ崩れた, 網代多賀を, 群りよった, 聞えるので, 肩肌脱ぎの, 色づいた午後, 艶めいた, 若き陛下, 虎松を, 装い供ひとり, 装い従者, 装うた姉, 装った多, 装った富豪, 装って, 装は, 見えて, 見えました, 見える, 見えること, 見えるという, 見える事業, 見える平安朝時代, 見られたが, 記憶し, 誇りかに, 語られて, 語り伝へられるマストリリ, 賑わって, 赤いスウェーター, 赤ん坊を, 趣向を, 踊つてゐる, 身を, 輝いては, 輝くこと, 輝くすると, 輝く光, 輝やき, 迎えて, 野を, 降つて網代, 隠退させる, 飾った本堂, 飾って, 飾られて, 飾りつけて, 飾り立てた店, 飾り立てて, 魚河岸の, 鳴り響いて

▼ 華やか~ (37, 3.6%)

2 あつた

1 [35件] あつた青年時代, いつも御, ござりましょう, さへ, その中, はありません, はない, はなかっ, はなく, また多, 万物が, 亢奮し, 享楽地的気分が, 人の, 太陽が, 強気で, 憑しい, 明るい, 明るいこと, 楽しくあれ, 毛並は, 活気に, 浮, 甘美な, 確かに, 神々しい, 積極的で, 立派な, 結構で, 良い, 親しみの, 遊惰な, 面白い話, 騒々しかった, 魅力に

▼ 華やかなりし~ (26, 2.5%)

4 頃の 2 当時の

1 [20件] ある春, ころを通じて, ころ巨富を, そのかみの, 中世騎士の, 僕には, 新聞社の, 昔を, 昔日の, 時代であった, 時代である, 時代に, 時代の, 頃この, 頃とは, 頃なら, 頃には, 頃は, 頃嘘か, 頃法螺丸の

▼ 華やかなる~ (22, 2.1%)

1 [22件] おんおぼえ, この獸, なかから, ものを, ものをば, 一谷, 世情涙出ずるほど, 交互聯關は, 場面だ, 奸雄だった, 姿を, 思想を, 日に, 曙の, 栄花的謳歌の, 氈をや, 浮世の, 生活を, 群衆の, 英雄も, 袖を, 讃美を

▼ 華やかだった~ (7, 0.7%)

1 ころには, その時代, だけに今, だけに余計, には違い, のである, 会員達も

▼ 華やかにも~ (6, 0.6%)

1 また頼もしく, 寂しい背光, 慇懃に, 沈痛を, 痛ましい性的争闘, 賑わしい

▼ 華やかである~ (5, 0.5%)

1 かそれ, が建設的, とともに大覚寺統, などという人材, 高原の

▼ 華やかでない~ (5, 0.5%)

1 が多分, それだ, なあ, のは, 代りに

▼ 華やかであった~ (4, 0.4%)

1 夕栄の, 時の, 時代が, 生活を

▼ 華やかでも~ (4, 0.4%)

1 あったろう, あり劇場, あり宣伝, 明るくも

▼ 華やか~ (3, 0.3%)

1 が洛陽, つた時代は, つた盛名に

▼ 華やか~ (3, 0.3%)

1 事ばかりを, 如くである, 笑みひろご

▼ 華やかしい~ (2, 0.2%)

1 御裁き, 期待を

▼ 華やかそう~ (2, 0.2%)

1 で却って, に見え

▼ 華やかとも~ (2, 0.2%)

1 いいよう, 思えない男女

▼ 華やかなるべき~ (2, 0.2%)

1 当節に, 文芸復興の

▼1* [18件]

華やかてゆく, 華やかだったらしくペンキは, 華やかでいらっしゃるのに一体, 華やかですが技巧, 華やかで気に入って心, 華やかで無いことは, 華やかなあけくれで内外, 華やかなうるはし, 華やかながら実体の, 華やかなこしらえ大勢並ん, 華やかなさざめきかくてぞ, 華やかなしかも寂しい, 華やかならず浮つかず重過ぎず, 華やかな光りと光り, 華やかな思ひ出が, 華やかな色めいた空気の, 華やかにと殿長政を, 華やか立つた一家の