青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「華~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

荷~ ~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子 菓子~ 菜~
華~
華やか~ 萩~ 萬~ ~落 落~ ~落し 落し~ ~落した 落した~ ~落ち

「華~」 2018, 22ppm, 5279位

▼ 華~ (215, 10.7%)

5 ように 3 ような, 場合は

2 [18件] いまだ開けざる, かざしは, ために, 写真を, 地を, 夢に, 戦争の, 戦争起る, 末路を, 極みの, 町の, 白と, 研究も, 研究を, 花が, 花を, 蘆も, 風

1 [168件] あたりの, うつるとき, かげ, ごとき時代, ごとし身体, ごと飜へ, しまらくかがやき, その昔, ため畦に, ときありて, ところへ, なかから, なかを, はてで, はてと, ひらいた, めぐりあったが, やうに, わかさ, インバネスの, 一丘に, 下, 世相が, 中に, 中の, 代表的な, 仲間の, 何と, 作品が, 作品は, 作品を, 作風を, 倉屋敷で, 元禄繁昌の, 入江を, 八名であった, 共通した, 写実的態度を, 写実的方法が, 写生態度を, 写真は, 写真集である, 処へ, 出るよう, 列を, 前に, 十六は, 協議協同による, 博学多才である, 友に, 名ある, 名を, 味方では, 咲く園, 咲く日, 咲乱れ奢侈, 地の, 地古より, 地燈光絃歌と共に, 地野らとか, 堀を, 場合適当でないだらう, 壮観と, 夏の, 夢は, 夢早や, 大光演, 大株, 大群は, 大群落, 如くに, 如く時に, 子かな, 家を, 小なる, 巴里の, 巷に, 市街が, 師匠を, 弟子を, 御儀, 御合戦, 意だ, 慶積みまし, 戦争いよいよ, 戦争が, 描くもの, 摸写図を, 支那料理食っ, 支那食それから, 方が, 方にばかし, 日ごろの, 明らかに, 春に, 春雨と, 春雨双面という, 桃の, 森の, 極みだにも, 様な, 模写図は, 気を, 水なりき歌う, 河口で, 津に, 津を, 流かと, 浄土に, 浦まで, 海に, 海には, 海住吉の, 消えた心地, 潔い生涯, 煥發が, 爲に, 版下が, 特性づけが, 現在の, 現実的な, 生成の, 用を, 用意なども, 発する度数, 白いの, 白花が, 眞つ, 研究が, 研究などは, 研究の, 研究史については, 研究家が, 程度が, 程度を, 結晶は, 絵は, 絵画勉強は, 腹は, 花片が, 若葉に, 街を, 袖を, 裡面の, 褐に, 観察に, 観察は, 記念物である, 詩人に, 諸氏が, 護符を, 象徴的方法と, 邸へ, 部, 都である, 都へと, 都文化の, 里の, 開けるが, 雪の, 面で, 頃も, 顕微鏡写真を, 香は, 香を, 驟雨の, 髪を, 髪碧光の

▼ 華~ (125, 6.2%)

3 咲かせて 2 ちらして, 採る人, 散し, 散らして, 眺めて, 観察した, 開いたの

1 [108件] あざやかに, あしらいついで, あしらひ, あらはせるなるべし, うばい, おとし, おのれたちの, ささげたのに, して, しめしまた, ずぼん, そえ味, ちらした, ちらし槍, つらね土製, とばし見事, なくして, なさらうと, ひらいた, ほこる面かげ, まじえた, もじって, もたせようと, ルス嬢が, 一度に, 三世の, 上げて, 与えた譲歩, 両手に, 交えること四十余合, 作りそして, 偲ばせる絹物, 偶然に, 傾け盡, 加えれば, 去り実に, 吐く故, 呼んだ, 咀う, 咲かせたかった, 咲かせなければ, 咲かせようと, 嘗め盡す, 夢みる青春, 失つた, 完全に, 宗とせし, 尚び, 師と, 思出し, 手向けるでも, 手向る, 批難し, 拈じ, 持たせて, 持ったじゃ, 振ふが, 捧げ右手, 採る, 描いて, 描写し, 支へて, 散らし始めて, 散らすに, 斥け実, 極めたと, 極めて居る, 水銀に, 求め夏, 消して, 無残にも, 産して, 産ンで, 画学生と, 発したよう, 盛りかへ, 盡した, 研究した, 示したら官爵, 稼ぎ場, 空裏に, 競ひ, 競へり, 経て, 織りなした名園, 聚めて, 複式の, 襲つた小, 観察し, 誇つた, 誇つた太閤, 誇つた菱屋, 誇つて, 譲ったも, 變ぜんと, 貪つて, 賜わって, 輝かしたあの, 逐うて, 開かせ給うたの, 顕微鏡写真に, 顧みず百姓, 風にも, 飾って, 飾る美しい, 飾ろうと, 髣髴の, 鬪は

▼ 華~ (112, 5.6%)

4 に入れ揚げ, のお 3 の話, の首

2 [20件] が死んだ, が自害, が馬喰町, だ, で明治, といふの, になれ, に入れあげ, に成る, に現, のこと, の元服姿, の先代, の客, の眸, の道中, はどう, は短刀, や役者, を請出し

1 [58件] からの使い, からの使ひで, が上草履, が中屋, が仕込, が可哀想さ, が後, が後追, が昨夜主人貫三郎, が浮ばれねえ, が牢, が見つけ, が見付け, が貴方, だし, だと, であ, ですか, というの, と來, と書い, と生れ, なの, なんかは豪勢, になる, に惚れ, に馴染ん, ね, のゥ歳, のポーズ, の内儀, の噂, の學, の笑い, の胸, の色模様, の色模樣, の衣裳, の見物, の誰袖, の隠し子, の隱, の顏, の顔, はい, はいいあん, はこ, は灯, も全く, も新造, や牢番, より歳, をしょっ引い, をしよつ引い, を観音様, を觀音樣, 入山形, 摺れが

▼ 華かな~ (65, 3.2%)

2 世界が

1 [63件] また闇黒, もつと, ものでし, ものと, ものに, クリスマスの, ネオンの, 一戦を, 七月の, 事実を通じて, 光を, 光景を, 別世界の, 劇場に, 加留多の, 夕暮が, 大きな花, 姿が, 姿を, 婚礼で, 存在だった, 官僚であり, 宴席の, 巷へ, 座布団と, 心を, 性格を, 感じに, 手仕事だった, 拍手と, 明りだけが, 景色が, 曲線を, 樂しい, 歌留多の, 残照が, 気球は, 王朝という, 瓦斯の, 生活を, 甲に, 空気が, 笑声も, 耀いた未来, 脚光を, 興奮した, 色は, 色彩が, 色白い, 芝居の, 花を, 花見小袖の, 菓子売の, 衣装を, 詩歌管絃の, 談笑の, 豐かな, 近代風景を, 都会の, 酒場を, 雰囲気にばかり, 青春を, 高笑で

▼ 華~ (57, 2.8%)

2 上に, 永え

1 [53件] この少年たち, これを, しぼみて, すでに第, その二疋, それっきり萎ん, それに, どうなった, なく何ん, ふさふさ風, まだ仕事, われに, シンボリストであり, 一朝で, 世人の, 人殺し文学である, 人間の, 今十巻の, 何も, 何れの, 博士の, 咲かせて, 夜光虫の, 夢か, 天下の, 少しも, 山の, 後世の, 御辭退申, 揺, 晉の, 植弟君に, 殆ど彼, 泡沫の, 淫肆に, 清く鮮, 火華を, 独り妾が, 猟犬を, 用事の, 盡き, 繁昌しよう, 考えた, 般若に, 蓮華の, 覺めたれ, 象徴主義者で, 鏘, 開いた, 開けつる, 雨の, 雷孔章の, 黄河の

▼ 華~ (55, 2.7%)

6 の信如 5 の和尚さん 4 の藤本 2 か長吉, では簪, とやりたかつた, のもの, の坊さま, の大和尚身代, の奴, の庭先, の御新造, はまだ

1 [20件] でお, ではもうすぐ, というの, という古刹, といふお寺, といふ寺, にいた, に往き, のお, のお寺, の住職, の和尚ぢ, の富士, の石段, の納所, の門, の門前, の関係, はどれほど, は何

▼ 華~ (50, 2.5%)

7 といふ作家 3 の, はその 2 のもの, の人気, の場合, もまた

1 [29件] といふ人物, といへ, にせよ, にとつて, には過去, にもつとも, に対する世間的見方, の一般的人気, の人, の作, の作品, の作品批評, の佳, の本質, の猿, の第, の精神, は, はその後者, はどう, は五雲, は五雲門, は決して, は猿, は結構, へ一つ, もその, らしいよ, を評し

▼ 華~ (46, 2.3%)

2 の術, の顔

1 [42件] から貰った, がくれ, がはるばる, という医者, とやらどう, に診, に贈った, の, のいる, のところ, の両手, の五禽図, の力, の医術, の名, の家, の手, の災難, の言, の額, は, はあらためて, はちょっと, はふかく, は到着, は嘆息, は天下, は成敗, は手, は留守, は瘡, は眉, は答え, は脈, は自信, は薬嚢, は関羽, をお召, を伴っ, を呼べ, を洛陽, を連れ

▼ 華~ (41, 2.0%)

3 できる 2 ついて, 先師の

1 [34件] ある, いった, こたえた, ところどころに, なんだい, ふたたび南宋, 先師に, 入って, 初々しいセル, 口づけの, 向日葵の, 咲き匂う, 咲くの, 噴いた, 対象の, 小さく完成, 忘られず, 散った, 文章を, 枯木にも, 淮安を, 潜んで, 澱んで, 理解できない, 発しるの, 真黄色, 突然自分, 自分自身で, 蜥蜴あるいは, 質よりも, 開いたの, 開き, 降りしきって, 飛び散るであろうと

▼ 華~ (41, 2.0%)

3 なって 2 いって, いふべき盛儀

1 [34件] いい晩年, いうべき詩書礼楽, いえば, いえよう, いはれて, しめしける, ちるごとき御, みだれちり, 二人きりで, 云う名, 京都とを, 円き葉, 名乗つて旅先に, 呼ぶ蘭, 咲き出でたる, 咲く一千九百三十七年, 唄われる小, 散った殊勲者, 散りたいなン, 散るなン, 散るの, 文, 永遠の, 游狎と, 為すに, 珍車の, 發ける, 結んだの, 結婚する, 色と, 花喰鳥の, 衰頽とを, 議論し, 賞される

▼ 華~ (40, 2.0%)

2 して

1 [38件] ある, からみあらゆる, すぎない, せよこの, せよこれら, せよその, つつまれた菩提樹, なかずいつもいつも, なってからは, はずさして, 下り立売堀, 交って, 住んで, 光を, 出て, 執着が, 声量で, 客居す, 小鳥の, 憧れて, 憬て, 於ては, 未練の, 置く露, 自分を, 至っては, 葉の, 見える, 誇らんずる輩, 誇りさ, 近い曹洞, 通うでしょうおやじ, 逢って, 遊びしところ, 酔うて, 醉ひ, 香ある, 香なき

▼ 華~ (40, 2.0%)

11 の瀧 2 の大, の瀑布

1 [25件] にと, に屈する, に敬意, に汚穢い, に近く, の休茶屋, の壯觀, の景, の極致, の色彩, の近く, の雄大, の龍象, は男性美, は遠望, は高, へ飛び込みたい, も五郎兵衞老人, も持つ, やなんかの瀧, より大きな, をえらぶ如き下らぬ, を十分, を擇, 飛び込くら

▼ 華~ (36, 1.8%)

2 の下, の傍, を潜った

1 [30件] ありて, かず, から右, があった, が浮かばれぬ, が立っ, と背比べ, に燃え移っ, に燃え移り, のあなた, のある, のかたわら, のした, の上半, の倉屋敷, の処, の前, の方, の西, の近く, は一面, は其上方, をそびやかし, を出, を寄進, を建て, を潜っ, を潜り, を画い, 長い石階

▼ 華~ (32, 1.6%)

4 な姿

1 [28件] で掌, で溜息, で聡明, とはいい, なからだ, なる形成, な両, な半, な団扇, な将校, な少し, な撫肩, な書体, な浴衣, な煙管, な羊歯, な美女たち, な胴体, な腕, な装飾, な銀煙管, な青年, な青春, な顔, な飾り, な骨, に態度, に組み合

▼ 華~ (32, 1.6%)

3 の首, は 2 を打取っ

1 [24件] か, から五千, が首, だ, と出会っ, に会っ, に笑われ, のため, の万夫不当, の姿, の知る, はいずれ, はこれ, はなお, は再拝, は悠々, は自身馬, は飛ぶ, ほどな, やある, を打つ, を斬ち取った, を討つ, 討たれたり

▼ 華洋行~ (22, 1.1%)

6 の娘 2 の大

1 [14件] がどんな, といひます, といふの, と云, に通勤, の主人, の主人井元安吉, の主人陳彩, の前, の受附, の宿直室, の店, の營業成績, へ通勤

▼ 華~ (19, 0.9%)

2 なりし頃, なる東京

1 [15件] さとでも, だった, だった時代, であった, であります, でまた, なぐさめか, なりし一九三五年, なりし時代, なるには, なるべき残照, なるを, なる粧, なる電燈, 白き

▼ 華事変~ (19, 0.9%)

3 の最中

1 [16件] から次, がおこり, がはじまつた, が始まつた, が最高潮, のこと, のはじめごろ, の始, の始まつ, の当時出征, の戦争, の直後, の起った, の間中, もますます, をもっ

▼ 華~ (18, 0.9%)

16 媽は 1 媽が, 媽も

▼ 華かに~ (17, 0.8%)

2 なったり, 過ぎるなら仕える心

1 [13件] されたこと, して, ポシャルか, 一段は, 不健全に, 夕の, 外から, 着飾り先, 笑ひあひ, 見える風, 謳われてる無血革命そのもの, 賑かで, 輝かしい楽旅

▼ 華~ (16, 0.8%)

2 なモスリン

1 [14件] がお, すぎるよう, だったので, であるの, である美和子, なシャルムーズ, な商売, な女王, な生活ぶり, な着物, な縮緬, には見えね, に抜手, やかなところ

▼ 華雲殿~ (16, 0.8%)

2 の内

1 [14件] から典医寮, がある, このかた, では, に招い, のただ中, のらちゃくちゃない騒動, の件, の屋, の廻廊, の御, の棟木, の真ン中, の闇

▼ 華~ (15, 0.7%)

1 [15件] から買った, が横, では真珠, と呼ん, と岩城さん, に七日程留錫, に行った, の主人, の店, の店先, の節, の顔, はいかにも, は眉, を疑っ

▼ 華頂氏~ (15, 0.7%)

1 [15件] がひきとり, がもっと, が思索, が新聞記者, が離婚届, についてはこの, に対する謝罪, に近い, の心, の決意, の立場, はあの, はその, は思索, は裏切っ

▼ 華~ (13, 0.6%)

1 [13件] かがやかしい世界, ものであった, やかな音, 世界が, 世界に, 夢に, 夫人の, 時即ち, 水色の, 私の, 美を, 色彩や, 趣の

▼ 華~ (13, 0.6%)

1 [13件] あれば, もう十六歳, 咲かさな, 実も, 弱らされた, 支那から, 施けず, 洋食の, 目覚ましい色, 羨むに, 見ましたが, 遂に本当, 鶴の

▼ 華~ (13, 0.6%)

1 [13件] が了解, にある, に云った, の口, の応待, の顔, はすねた, はやっと, は当惑, は振り返っ, は診察, は返事, を見直した

▼ 華~ (13, 0.6%)

2 の寄宿舎

1 [11件] にも此, の信仰, の出身地, の名, の寝床, の賃銀, は余所, は労働, は約, やハッパ, を収容

▼ 華盛頓~ (13, 0.6%)

3 の子孫 1 ってどんな, であ, に伺うた, の大使, の市街, の方, の議事堂, は皆さん, へ態, を通っ

▼ 華~ (13, 0.6%)

1 [13件] から五鳳楼, では当時此処, にて, に参じ, に至る, に詰め, のうち, のそば, の一角, の営, の外, の王必, を訪うた

▼ 華香氏~ (12, 0.6%)

2 は番頭 1 の許, の話, は坐禅, は大, は蟷螂, は静か, は鼻毛, もまんざら, を動かす, を訪ね

▼ 華かさ~ (11, 0.5%)

1 [11件] があっ, が更に, に於, に欺かれ, に興奮, はなお, はなく, は一層, は残つて, も去る, よりも渋

▼ 華門院~ (11, 0.5%)

2 のお 1 にいた, に雑仕, の内, の局, の御築, の雑仕, の高築, またみかどの随身, を逃げ出した

▼ 華~ (10, 0.5%)

2 六つ七つづつ 1 ぎがあつたであらう, ぎとうつる青春の, チングルマなどと, 京などという, 印度素馨の, 泉州と, 都の, 香煙の

▼ 華~ (10, 0.5%)

1 といひ, と書いた, と白く, にかくれ, の店, の旦那, の裏口, の養女, へも出入り, を宿

▼ 華~ (9, 0.4%)

5 の弁 1 の疆界, の衝突, の衝突免, の説

▼ 華~ (9, 0.4%)

1 から入っ, だった, なん, になっ, にも行われた, に細工, のある, の外, を撮影

▼ 華として~ (8, 0.4%)

2 咲き出ること 1 ござるが, たくさんの, 仰がれて, 廟行鎮の, 敬意を, 語る真実

▼ 華~ (8, 0.4%)

1 が現れる, に伴われ, の去った, の看視, の肩, は一礼, は長い, をさし招き

▼ 華岡医師~ (7, 0.3%)

1 から, に寄せ掛け, に帰られる, に色々, の顔, への乙女, をまとも

▼ 華~ (7, 0.3%)

1 にかかる, の令, の夜, の寧輯, の旅館, へきた, を出発

▼ 華なる~ (6, 0.3%)

2 都会の 1 佳作を, 君が, 夜景, 物語の

▼ 華クラブ~ (6, 0.3%)

1 がよし, の前庭, の支那料理, へ支那料理食, へ食, や天仙閣の

▼ 華容道~ (6, 0.3%)

1 とは近辺, にとってかならず, へかかっ, へ落ちず, へ逃げ, へ馳せ向った

▼ 華山の神~ (6, 0.3%)

1 から頼ん, が南岳, で泰山, へ献上, へ約束, を祭り

▼ 華~ (6, 0.3%)

2 がし 1 がある, は邦, を書く, を書添

▼ 華~ (6, 0.3%)

1 というもの, にお, にはさらに, に伝え, に大, を当分

▼ 華~ (5, 0.2%)

1 が, が悪, という, とそのまま, のという

▼ 華~ (5, 0.2%)

1 あつた, 工手間も, 支那料理を, 染めあげたばかりと, 私が

▼ 華とも~ (5, 0.2%)

1 なり, 仰がるる, 気品の, 無憂華樹, 見え海も

▼ 華~ (5, 0.2%)

1 出るまでに, 着くと, 行く, 通う舟, 食事に

▼ 華~ (5, 0.2%)

2 としては最も 1 というの, として世界最初, を収め

▼ 華~ (5, 0.2%)

1 の弊, の毒, をあら, を作り, を作る

▼ 華文妙辞~ (5, 0.2%)

1 にのみ失したる, のみにては文芸, の罪, を弄ぶ, を退け

▼ 華武者~ (5, 0.2%)

2 祝え 1 じゃった, とが遠祖, と華武者

▼ 華研究~ (5, 0.2%)

3 の歴史 1 の大, の最初

▼ 華~ (5, 0.2%)

1 な手, な指先, な肉体, な装い, に見える

▼ 華という~ (4, 0.2%)

1 人の, 名で, 名を, 雅号の

▼ 華といふ~ (4, 0.2%)

1 ことを, 男が, 言葉が, 言葉に

▼ 華二人展~ (4, 0.2%)

1 でもよく, のとき, は老, ほど私

▼ 華土地株式会社~ (4, 0.2%)

1 の社長, の社長室, の老獪, を訪れ

▼ 華堂さん~ (4, 0.2%)

1 から聞いた, から鳩, とも話し合った, と岩城さん

▼ 華堂主人~ (4, 0.2%)

1 だ, と岩城文子, は何, は少し

▼ 華~ (4, 0.2%)

1 などは何れ, には風筆, の作品, の場合

▼ 華~ (4, 0.2%)

1 とおした紙, もまだ, をあける, をだす

▼ 華~ (4, 0.2%)

2 仙の 1 仙なり, 栓は

▼ 華表木~ (4, 0.2%)

1 が千年, の精, を伐っ, を取り

▼ 華~ (4, 0.2%)

1 すなわち中国, を使用, を知らない, を解せざるべく

▼ 華あたり~ (3, 0.1%)

1 にその, よりも參詣, を一人加

▼ 華ある~ (3, 0.1%)

2 歴史の 1 ものとも

▼ 華かで~ (3, 0.1%)

1 あつた, 人気が, 町人に

▼ 華から~ (3, 0.1%)

1 やって来て, 中国へ, 四国への

▼ 華では~ (3, 0.1%)

1 ある, 住吉神社京では, 無くて

▼ 華とを~ (3, 0.1%)

1 上げて, 極めた提議, 組み合して

▼ 華両国~ (3, 0.1%)

1 の間, は現に, を分断

▼ 華事變~ (3, 0.1%)

1 が勃發, だのに, の始まった

▼ 華~ (3, 0.1%)

1 という意味, の儀, の吉日

▼ 華咲き~ (3, 0.1%)

2 盛るその 1 満つまさしく

▼ 華嚴宗~ (3, 0.1%)

1 が日本, らしくも, を始め

▼ 華~ (3, 0.1%)

1 であ, で祝勝会, の桟橋

▼ 華~ (3, 0.1%)

1 とか誇, と誇, に歸

▼ 華工会社~ (3, 0.1%)

1 では予等, の藤山一雄さん, の諸君

▼ 華工頭~ (3, 0.1%)

1 に食料, の助手, の勢力

▼ 華~ (3, 0.1%)

1 の花, は紫, や提灯

▼ 華~ (3, 0.1%)

1 で見た, という家, に登りし

▼ 華殿~ (3, 0.1%)

1 にもルウブル, にも三四幅, の瀑布図

▼ 華盛頓会議~ (3, 0.1%)

1 がない, と軍備制限, と軍備縮限

▼ 華~ (3, 0.1%)

2 のお 1 にはいろんな

▼ 華~ (3, 0.1%)

1 があった, である, は祭り

▼ 華表神~ (3, 0.1%)

1 が呼び止め, とは墓, の問い

▼ 華越え~ (3, 0.1%)

1 のあたり, へも追手, を抜け

▼ 華~ (3, 0.1%)

1 のなか, のよう, の樣

▼ 華門前~ (3, 0.1%)

1 において毘沙門経, に毘沙門経, の泥々

▼ 華雄軍~ (3, 0.1%)

1 はその, は長い, 崩れたり

▼ 華~ (3, 0.1%)

1 などという一流画家, に火, の四人

▼ 華魁衆~ (3, 0.1%)

1 とて此処, とて此處, の手紙

▼ 華魁鴨~ (3, 0.1%)

1 の姿, は嘴, をうつ

▼ 華かでは~ (2, 0.1%)

1 あるが, なかつたが

▼ 華さき~ (2, 0.1%)

1 わたる大, 波うたふ

▼ 華さくよう~ (2, 0.1%)

2 に同時に

▼ 華じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, 天華

▼ 華~ (2, 0.1%)

2 咲きたる

▼ 華たる~ (2, 0.1%)

2 一切の

▼ 華である~ (2, 0.1%)

1 かといふこと, かも知れぬ

▼ 華でも~ (2, 0.1%)

1 あつた, 近頃は

▼ 華との~ (2, 0.1%)

1 おそろしくくそ, 結婚の

▼ 華とは~ (2, 0.1%)

1 これであろう, 穀物の

▼ 華などの~ (2, 0.1%)

1 白い花, 花が

▼ 華なれ~ (2, 0.1%)

1 どそれ, ど輝き

▼ 華には~ (2, 0.1%)

1 及びませぬが, 疑義を

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 去リ, 見テ右手

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 まはり, よ

▼ 華事変中~ (2, 0.1%)

1 から太平洋戦争中, に中国

▼ 華亭はん~ (2, 0.1%)

1 はな遅, もあい風

▼ 華佗巷~ (2, 0.1%)

1 は片町, 之温知薬室

▼ 華倶楽部~ (2, 0.1%)

1 へ, へ小林富佐雄氏

▼ 華印刷~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 がその, が志士的

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 のいのち, の戯曲

▼ 華土地会社~ (2, 0.1%)

1 といふの, の営利

▼ 華士族~ (2, 0.1%)

1 の子, も平民

▼ 華~ (2, 0.1%)

2 似涙

▼ 華奴蘇奴國~ (2, 0.1%)

2 次有鬼國

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 に関羽, の道

▼ 華寺さま~ (2, 0.1%)

2 の若旦那

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 が博士論文, のやう

▼ 華山荘~ (2, 0.1%)

1 に寓, を訪

▼ 華岡先生~ (2, 0.1%)

1 がいらっした, じゃなく

▼ 華己紫抜他~ (2, 0.1%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 華市井~ (2, 0.1%)

2 之囂塵

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 との二ヶ所, を根拠

▼ 華想曲~ (2, 0.1%)

1 をひく, をテナー

▼ 華戦争~ (2, 0.1%)

1 が起ってる, と題し

▼ 華文化~ (2, 0.1%)

1 が婦女子, では極めて

▼ 華朝報社~ (2, 0.1%)

1 ではキューバ糖, の主筆

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 ありて, とをもたらさぬ

▼ 華楊自身~ (2, 0.1%)

1 が野趣的, の実力発揮

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 とも無, の

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 にこの, の女

▼ 華~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 華玉川~ (2, 0.1%)

1 がにやにや, は支那人

▼ 華王院~ (2, 0.1%)

1 に住, の方

▼ 華盛頓府~ (2, 0.1%)

1 に達する, を始め各州

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 があり, に聴

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 に盛れる, の花吐息

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 の公達, の旧記

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 な陶酔, の服飾

▼ 華英通語~ (2, 0.1%)

1 と云う, はこの

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 の産地, は茶山

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 だ, ばかりを尊重

▼ 華見れ~ (2, 0.1%)

2 ばおの

▼ 華門院様~ (2, 0.1%)

1 へお詫び, へもお願い

▼ 華開耶姫~ (2, 0.1%)

2 と号

▼ 華~ (2, 0.1%)

2 の戦さ

▼ 華院日野殿東~ (2, 0.1%)

2 は花山院殿

▼ 華陰山~ (2, 0.1%)

2 の山

▼ 華頂博信氏~ (2, 0.1%)

1 の手記, は事

▼ 華頂家~ (2, 0.1%)

1 に戻っ, の離婚

▼ 華頂閑院両氏~ (2, 0.1%)

1 の処置, の良識

▼ 華~ (2, 0.1%)

1 になら, にならつ

▼ 華香洞~ (2, 0.1%)

1 に奔, の礎

▼ 華魁ちよい~ (2, 0.1%)

2 と御覧

▼ 華魁ぢ~ (2, 0.1%)

1 やねえ, やア

▼ 華麗しき~ (2, 0.1%)

1 事あたかも, 賭博室

▼1* [343件]

あなた如き人, 華いろの流れ, 華かなものを絶っ, 華かなようでもあります, 華かな中に或, 華かな人たちばかりであった, 華かな時だすな, 華かな欧州航路の巨船, 華かな生の眼, 華かな色を浮出し, 華かにも物寂しい焔, 華かの如く平和, 華と悦び, 華さきまどかにも, 華さき夏に茂り, 華さくやうに, 華さながらに, 華すでに改まりて, 華そのほかの, 華それはつねに, 華だったんだ, 華だの素心蘭だの, 華ちゃん今着て, 華であり敵に対する, 華とかなんとか云いました, 華とが一緒にな, 華としてはよろしいが, 華とぞ生ふ, 華とでもして, 華とともにこの目録, 華とに持って, 華ともして信玄公, 華とやらもどうやらここ, 華と共に女軍として, 華なせば, 華なぞを都として, 華などがそれであっ, 華などというと, 華ならず粗に, 華にぞあくがれ, 華にばかり魅せられて, 華に対する概念が, 華はなみならぬもの, 華ひそかに実現, 華ひらいたかと思う, 華ふる極楽の, 華へのあこがれに, 華へより白檀の, 華ほどの画壇的な, 華また戦は, 華または文花と, 華みたいなもの, 華るという, 華やぎを見せず, 華よと世間を, 華よりわたくしへの, 華よりも後に, 華らんと欲する, 華をば誰か, 華をもそよそよ吹いた, 華を以て壇内に, 華ガ無事ニ一夜ヲ人ニ保護サレテ居タコトヲ知ル, 華ダス・ゲマイネ理解できないの, 華ダンスホールに一年, 華ヂレツト・ホテル裝飾電燈輝く溜間, 華現暫娯目, 華三十日の旅寢, 華三里の内, 華上人の白椿, 華民族に, 華中学へ通っ, 華中学小学校は浅草橋, 華主, 華乱墜するよう, 華ぶさ胸, 華事変以来太平洋戦争にかけて大方十年近く, 華事変以来輸出は急激, 華事変前頃まで所謂土手, 華事変太平洋戦争それから戦後, 華事変太平洋戦争敗戦飢餓の期間, 華事変当初までつ, 華亭県の市中, 華会中止の不面目, 華の輩, 華ではなかつたらう, 華偃松などが西, 華麗の, 華元帥はその, 華先生足下は国家, 華光寺に昔禅師, 華光来趁我臨行奪下一金磚, 華光燦爛たる一室, 華入学試験同じ日, 華南の, 華其の他の, 華出帆同廿六夕上, 華則拝之, 華勝曼華が透, 華すること, 華十年の遺物, 華卅八属駒馳筆硯仍慚立策遅, 華に饗, 華南京小桜などで越後, 華となっ, 華古河以下大小炭鉱のあり, 華吉原以外は夷, 華同好棊博, 華けり, 華咲いてこ, 華咲くような, 華嚴瀧の名, 華嚴經からとつ, 華嚴行願には火, 華嚴音義と云, 華囃子が谷, 華国ハ眠レル獅子ナリト言ヒナサレ覚醒, 華という閨秀画家, 華と云, 華園氏のもと, 華堂自身かあるいは, 華堤さんに話したら, 華堤氏を盟主, 華などの商賈, 華士族処分の議論, 華士族達の中, 華が年少拙劣, 華声君も小, 華声奈美野一郎吉井俊郎丸山章治福地悟郎東喜代駒山野一郎に私, 華夏正聲也と嘆美, 華と消え, 華天保山沖へ著, 華天分精進においては靈山子, 華夫等に交っ, 華夷勢力消長のこと, 華が無線電話, 華如等をし, 華であ, 華もまた, 華と云う, 華容山の裡, 華容山麓から峰, 華の妙香, 華寺のをつ, 華寿に躋, 華小岩鏡などが多い, 華尾先生も此, 華尾君と競争, 華尾高楠だ子, 華尾高楠先生なんかも法律万能, 華屋宗玉大姉はその, 華屋朱門に召され, 華の突角, 華の滝, 華の滝壺, 華工数に差, 華工株式会社を訪うた, 華師匠その不思議, 華平和条約がありまする, 華平安の二, 華府会議の第, 華はここ, 華に宿り, 華弾雨亦何驚, 華として登場, 華の影, 華御座は届申候哉, 華微笑の本尊, 華徳街の百○参号, 華徳路の万歳館, 華悧悧たる眼, 華成果の暁, 華手造りな姿, 華拈香などの厳か, 華りて, 華放鳥贄の羊, 華文家はま, 華文彩句を苦吟, 華文是なり, 華文紅錦の道服, 華文蒔絵の手筥, 華文雅の士, 華新挙杯先祝天皇寿不背真為日本民, 華新約聖書戦争と平和, 華の描いた, 華明彩六合の内, 華時代である, 華曼花紅うつけ, 華で荘重, 華を展, 華林園で説法, 華果山の金, 華にかかり, 華今輔ら, 華柳丸君と連夜楽屋, 華柳先々代柳枝先代助六先代今輔, 華桃李の若し, 華の妍, 華楊再認識の手懸り, 華楊批評には一応, 華楊氏の第, 華楊評の一断片, 華樹ト翻ヘス因果経ニ云ハク二月八日ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, 華の果, 華欽字を子魚, 華殿美食の生, 華の友国, 華民國が建設, 華水子と刻, 華水子文化八年辛未閏二月十四日, 華の大, 華洋行つていへば, 華に遍満, 華浜荻という新, 華深く閉ざして, 華深山塩竈などの高山植物, 華へ相, 華為り必ず好, 華として大道, 華のきらめき, 華燦然として海, 華燦爛心を慰むる, 華父督が孔父, 華の如き, 華王院境内の池辺, 華に高く, 華生羽たまたま肩, 華発越筆をとれ, 華白馬千鳥なども皆, 華の一本差, 華盛東にあり, 華盛頓州のある, 華盛頓市のWI, 華盛頓電報で移民法案, 華眞經冲虚眞經などと稱, 華真経を枕, 華のアラ, 華石空揮如意撃碎於其前羅再三取, 華研究史の詳しい, 華研究者として歴史上, 華礼拝誦経心しずかに称名, 華に居り, 華神泉といつた, 華秀麗集本朝無題詩, 華秋さんなどが大作, 華窓附近にも及んだ, 華として知られ, 華を壞, 華節以上に出, 華とか華代子, 華紅さんが他, 華は吾少時, 華紋織の小袖, 華紗廠そういったビルディング, 華の言, 華綱右衛門の家, 華として単純, 華繁昌についての紹介, 華な衣絵さん, 華美しかった自分, 華美好でその, 華美貌を讃える, 華老人は言, 華聖頓に落付, 華聚等終に朝陽門, 華の眠り, 華胄左衽と憤慨, 華胄界自體, 華臨別詩以為贈, 華咲く池, 華草書院の出版, 華草書館にて出版, 華荘舎へ僕, 華華佗の輩, 華の干, 華蓋其に結び下げた, 華蔵世界の音楽師, 華蛋粉の外交員, 華は繪, 華衆等を率い, 華の灯り, 華を着く, 華表側で切り仆, 華表柱にとまつ, 華表柱頭千載の後, 華表立ちたり, 華表際に鵠立, 華褪せずして, 華西に向, 華観ヲ立テ飛閣ヲ西城ニ連ヌ, 華としては批評, 華豊年の兆, 華という山中, 華越えして北国街道, 華趣味を解する, 華の机, 華足付きであった, 華踊向島上野九段神田本郷の寄席, 華車づくりで上背, 華車作りな定子, 華車造りの青年, 華辞妙文の人生, 華の陳司空, 華鎌倉の楽園, 華門中華門雨花台等の戦跡, 華門城頭高く日章旗, 華門突入決死隊の一人, 華門院基子の侍女, 華生悟信女, 華には連邦, 華陀字は元化, 華附近の激戦, 華降りて姉, 華院清阿妙浄善大姉三回忌仏事献立控, 華陰県をすぐる, 華の噂, 華雄将軍であった, 華雅麗に庠序, 華にも出, 華雪氏のお父さん, 華雲殿全体の空間, 華やか, 華靡駢儷對偶の文體, 華靴雪に鳴り, 華頂女学院に於ける, 華頂山文庫の蔵本, 華頂山霞に迷う, 華頭窓に掛っ, 華風俗畫卷の題目, 華飾的な此等, 華く, 華香さん澤田撫松さんなど御, 華高根菫当薬竜胆, 華魁上がりの妾, 華魁何をそんなに, 華魁傾城よりもえらい, 華魁繪豐國國貞等の役者, 華魁草に似た, 華魁草水邊に相, 華魁豆の如し, 華魁買の恰好, 華鯨音なく梅, 華で寺, 華麝香草羊脂魚膠雷丸油疱瘡で死んだ