青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「菊池~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

草鞋~ 荒~ 荘~ ~荷 荷~ ~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊 菊~
菊池~
~菓子 菓子~ 菜~ 華~ 華やか~ 萩~ 萬~ ~落 落~ ~落し

「菊池~」 1091, 12ppm, 9282位

▼ 菊池~ (154, 14.1%)

106 のところ 4 が, の作品, は 3 の文学 2 である, のテーマ小説, の小説, の戯曲, はその, も文壇

1 [111件] かの, からは何, からもらった, から片岡, から阪中正夫, がこしかけ, がなかば, が劇作, が広く, が弱気, が戦争, が書い, が死んだ, が運転手, が陥った, だ, だの短篇小説, であつ, であり三上於莵吉, でも一定不変, という一個, とか真山青果, とはさまざま, と一しょ, と共に僕, と大臣, と雖, と顏, などもその, など同, なり, にせよ, にその, によってかかれた, によれ, に救済, に話し, のかつぎ出した, のこの, のこれら, のした, のす, のそれ, のひろし, のやう, のよう, のテエマ, の中學生みたい, の主題, の五人の, の代表作, の例, の処女作, の半, の場合, の外, の如き, の娘, の封建的, の感想, の歴史的素材, の海容, の為, の現実主義, の短篇小説, の縮図, の葬式, の見解, の言った, の説, の郷里, の骨格, はこの, はそう, はそれぞれ東京大学文科, は一言, は今日女, は信じ, は偉い, は前記, は午前三時, は大正九年朝日新聞, は専ら, は小説, は文学的出発, は明治四十三年夏, は昭和, は歴史的題材, は殊に, は無駄, は異彩, は直木, は自身, は芥川, は芥川龍之介, は芸術家, は英国文学, は通俗小説, も人なれ, も作家, や中村武羅夫, や久米正雄, や倉田百三, や私, や長谷川伸文学, らしく天上的, をあげる, をはじめ, を先頭, を好き, 著す所

▼ 菊池~ (99, 9.1%)

3 の眼, は両手, は兩手

2 [31件] から四人目, が, が何故か, が初めて, が怎, が毎日アノ山の上, が盃, が私, が脚色, が電車, であつ, と調和, に就い, の住ん, の声, はまた, はヤヲラ立ち上つて, は何時, は力, は卒直, は又, は吃る, は呟く, は大, は失敗, は普通, は矢張, は私, を密接, を思出, を見た

1 [28件] から電話, が他人, が傲慢, が大いに, が大菩薩峠, とはその, などは学校, にし, に代るべき, に於, に脚色, の作品, の感情, の顏, の顔, はトゥール, は人, は今度歸, は何処, は屡々, は聡明, は贅沢, は贅澤, もあの, も略, や芥川さん, をおひゃらかし, を担ぎ廻っ

▼ 菊池~ (98, 9.0%)

63 の説 2 にきいた, のとこ, の俊寛, の傑作, の場合, の挨拶, 吾が妻

1 [75件] からは家, がくれる, がさういふ, がやつぱり地方出身, が加藤雄策氏, が参加, が島, が提出, が書い, が見てる, が露伴翁ぐらゐな年齡, では, との大人振り, との立ち場, とは一度, とは全く, とも大, と同, と梅玉氏, などはまだなかなか, などみんな, にもいわれた, に会, に会っ, に幾ぶん加担, に置き手紙, に自叙伝, に見, のいつも, のさい, のす, の一面, の三周忌, の主, の人格, の作品, の劇, の名, の境地, の娘さん, の宛名, の家, の家庭, の手腕, の持ち, の死後, の生涯, の講演, の逆, の通俗小説, の過去, の金看板, はあり得ない, はこれ, はすべて, はひそか, はまた, は一ばん, は今度大向う, は小説執筆中, は帝国大学数学教授, は急, は文學者, は百歩, は言下, への義理, ほどの後光, も亦, も居られた, や小山内氏, をお, をそれ, を知る, を私, を訪れる

▼ 菊池~ (76, 7.0%)

14 助が 10 助の, 助は 64 助という, 助も, 助を 3 助と, 助に 2 助や, 助鼻かけ

1 [14件] 助あの, 助いつのまにか, 助おなじ, 助から, 助さえ, 助さまの, 助だ, 助であった, 助では, 助とか, 助とが, 助どのたちと, 助京都へ, 助配下

▼ 菊池~ (74, 6.8%)

2 小説は, 自宅に

1 [70件] すがた, ために, も入れ, ように, テーマ小説が, デリケートな, 一党にて, 一家は, 一族が, 一族一門中初めから, 一族重臣も, 主な, 主題山本の, 人々に, 作品の, 侍臣に, 党, 党へ, 内を, 分析的の, 前途も, 力量は, 向うを, 場合彼の, 境涯が, 大衆文学には, 天分としては, 嬉しがる, 子供と, 学殖が, 実験と, 家へ, 家来であった, 小説の, 小説も, 小説を, 小説作法を, 常識性の, 庄にて, 所へ, 手を, 放心を, 方から, 方が, 歴史小説, 歴史物と, 死ぬ四, 死期が, 気質と, 求めに, 為に, 理智的な, 生活態度の, 由です, 留守宅に, 礼讚, 考へる或は, 自宅で, 芸術に関しては, 落人宮崎太郎兵衛が, 補佐役, 許可を, 説に, 諸豪, 軍功を, 速達, 降参した, 麾下に, 麾下へ, 黒木城の

▼ 菊池寛氏~ (65, 6.0%)

62 が言った

1 [57件] から頼まれ, が, がかつて, がべつ, がぼく, が其, が失明傷痍軍人, が文藝春秋社連, が新劇協会, が東日, が歴史小説, が銀座, だつたかと, だと, とあたし, といふ有難い, と三木武吉氏, と共有, と比較的, と直木三十五氏, と私, と連立っ, なんかよく, に, にも同じ, に全然, に初めて, に芝居, に話し, のうち, のもの, のやう, のよう, のオチ, のダス・ゲマイネ, の主宰, の勘, の啓吉物語, の家庭, の小説, の東京, の真似大笑い, の筆, の腰, の説, の賞, は, はこの, はテーマ, は日本, は某所, へもわが, ほど一目瞭然, もそん, や里見, をはじめ手近, 書いて

▼ 菊池さん~ (60, 5.5%)

2 が, て方, の小説, はその

1 [52件] がいらし, がかたはら, が在る, が女, が序文, が死んだ, が畫, が笑つて言, とはもたなかつた, と私, には人間, に引, に心がけ, に接し, に相談, に話した, のなか, のもの, のインタビュー, の一面, の兄さん, の味覺とき, の在る, の心裡, の持ち味, の數學, の片鱗, の現実的, の眞, の真珠夫人, の經濟的才能, の繪, の與, の逸話, の遺骸, はいま, はこのごろ自分, はさう, はどつ, はふ, は人間好き, は何時, は漠, は眞實, は稀, は芸術的把握, へ私, ほど云, も大学, を菊池さん, を評し, を間接

▼ 菊池~ (31, 2.8%)

1 [31件] あきらめられるであらう, い, いつか両手の, この二人, この時分, そういう勇敢, その編輯, その頃, やるぞ, ショオの, 世に, 二人の, 人間の, 今度は, 何を, 何處か, 文藝春秋社の, 止むを, 生き方が, 町会議員に, 留守で, 眉を, 石川の, 立派な, 芸術に, 苦笑し, 英文学山本は, 身代限りを, 軍資金を, 軒先の, 飽きるかも

▼ 菊池技師~ (24, 2.2%)

1 [24件] が数日前, が滝口坑, というの, に電話, の態度, の顔, はしかし, はひと通り係長, は別室, は力, は動かなかった, は困った, は少し, は抜け上った, は排気管, は炭車, は熊狩り, は真面目, は苦笑, は落着, は魂消た, もまた, も来, を呼び出し

▼ 菊池~ (20, 1.8%)

3 それを

1 [17件] こっちの, ときどきそんな, となりの, ほろびてから, 世に, 人間の, 今朝送つ, 作家として, 兄貴らしい, 先月の, 大正十四年に, 戯曲を, 数人の, 文学の, 新思潮, 自身の, 興文社から

▼ 菊池~ (16, 1.5%)

1 [16件] がつかい出した, がまた, としてこれ, とはその後, とはまったく, と結んだ, と阿蘇, のほか, のよう, の位置, は九州豪族中, は健在, へ秘勅, もどうやら, や阿蘇一族, を待っ

▼ 菊池先生~ (15, 1.4%)

1 [15件] がうち, がきいてた, がついて行かれる, がまたいろいろ, が一人, が文部省, にお, に会, の下, の憶, の秘書佐藤女史, はみんな除ら, は春, や佐々木さん, を前

▼ 菊池~ (12, 1.1%)

1 [12件] なら一日, 一しょに, 久米と, 久米とが, 佐佐木が, 外を, 山本とは, 或問題, 私とも, 長崎へ, 隔つてゐる, 雑談を

▼ 菊池博士~ (11, 1.0%)

1 [11件] が大学, と同時に, のごとき, の好意, の希望, は和算史, は学士院, は脳溢血, へ問い合せ, もその, を訪う

▼ 菊池~ (11, 1.0%)

1 [11件] ではくり, では接戦, のうごき, のやぶれ, の兵, の大軍, の皮肉, の若党, の進軍, の阿蘇, を五万騎

▼ 菊池武時~ (11, 1.0%)

1 [11件] が探題北條英時, が賊将, だけでなく, にはべつに, の子, の挙兵, の首, は, は嫡子, は憤然, は逆臣北条探題

▼ 菊池~ (10, 0.9%)

1 がはや, に攻めおとされ, のうしろ, のため, の猛威, はすでに, は二, は博多, は自重, は行く

▼ 菊池契月氏~ (10, 0.9%)

1 が化物, こそ真個, その人, といふ既に, の作品, の画, の評判がい, の顔, はさ, を指し

▼ 菊池~ (10, 0.9%)

1 が滅亡, だった, でのお通夜, に奉公, に母君, に磯貝平太左衛門武行, のうち, の下風, の家来, の門

▼ 菊池武敏~ (10, 0.9%)

1 が今朝, だった, の弟武光, の若い, は, はさっそく, はその, は国境, は浜, を主力

▼ 菊池~ (9, 0.8%)

2 酷似てる 1 たのまれて, 与ふべし, 慰められたり, 相談した, 自分の, 送つた, 那須温泉の

▼ 菊池五山~ (6, 0.5%)

1 が米庵, の叙, は, はかう, は壽, は西駿

▼ 菊池~ (5, 0.5%)

2 入れた 1 助けるやう, 担ぐ者共, 要に

▼ 菊池君夫妻~ (5, 0.5%)

1 が旅行, が見えた, はトゥール, を訪ねる, を送り出し

▼ 菊池大麓先生~ (5, 0.5%)

2 などそれ 1 と矢田部先生, と藤沢利喜太郎先生, の推挙

▼ 菊池寛先生~ (5, 0.5%)

1 などは愛用, に初めて, の筆蹟, ひょっくりお, より手紙

▼ 菊池寛君~ (5, 0.5%)

1 と会見, に依頼, に脚色, の, のエノクアーデン

▼ 菊池教授~ (5, 0.5%)

1 が二人三脚, が晩餐, に紹介, の小さい, の所

▼ 菊池的人生觀~ (5, 0.5%)

1 といふの, なるもの, の晩年, は菊池的處世法, また處世

▼ 菊池~ (5, 0.5%)

1 が設定, とでもいふ, の第, をいただかず, をうけた

▼ 菊池とは~ (4, 0.4%)

1 かうして, かつてこの, まつたく違つた形, 手を

▼ 菊池~ (4, 0.4%)

2 て云, て男

▼ 菊池兼治~ (4, 0.4%)

2 と云, と謂

▼ 菊池大麓博士~ (4, 0.4%)

1 がそういう, が英文, にこの, は帝国学士院

▼ 菊池容斎~ (4, 0.4%)

1 の描いた, の高弟, は寺納豆, や渡辺崋山

▼ 菊池寛さん~ (4, 0.4%)

1 が, があれ, にほめられる, の代表

▼ 菊池幽芳氏~ (4, 0.4%)

1 が欧州今日, とたいへんよく, の, の實弟

▼ 菊池武重~ (4, 0.4%)

1 の実戦, の弟, はその, を肥後

▼ 菊池~ (3, 0.3%)

1 久米なんどは, 久米も, 佐佐木などが

▼ 菊池~ (3, 0.3%)

21 阿を

▼ 菊池幽芳~ (3, 0.3%)

1 などもう, は, はハガード

▼ 菊池武吉~ (3, 0.3%)

1 などと共に新田, などもいた, には気

▼ 菊池阿蘇~ (3, 0.3%)

1 の両, の協同者, 少弐

▼ 菊池から~ (2, 0.2%)

1 委嘱された, 弟の

▼ 菊池です~ (2, 0.2%)

2

▼ 菊池なぞ~ (2, 0.2%)

1 ではない, は勿論

▼ 菊池~ (2, 0.2%)

1 ありのままの, 放漫的な

▼ 菊池三渓~ (2, 0.2%)

1 の, を贔負

▼ 菊池両氏~ (2, 0.2%)

1 の俊寛, の新作

▼ 菊池久米~ (2, 0.2%)

1 なる一群, の四家

▼ 菊池四国~ (2, 0.2%)

2 の土居得能

▼ 菊池大麓氏~ (2, 0.2%)

1 が文部大臣, が枢密顧問官

▼ 菊池寛その他~ (2, 0.2%)

1 の人々, の文学者

▼ 菊池寛久米正雄~ (2, 0.2%)

1 そして久保田万太郎, というよう

▼ 菊池寛山本實彦佐藤春夫~ (2, 0.2%)

2 と考へ

▼ 菊池寛山本有三~ (2, 0.2%)

1 という作家, は今日

▼ 菊池寛氏並~ (2, 0.2%)

1 に山本有三氏, に畑中蓼坡氏

▼ 菊池寛等~ (2, 0.2%)

1 いろ, が大衆小説

▼ 菊池~ (2, 0.2%)

1 という今年四十三四, とて当時耶蘇教伝道師

▼ 菊池~ (2, 0.2%)

1 である, を大量

▼ 菊池~ (2, 0.2%)

1 ではない, のもの

▼ 菊池父子~ (2, 0.2%)

1 がこれ, は愕然

▼ 菊池越智氏~ (2, 0.2%)

2 のこと

▼ 菊池~ (2, 0.2%)

1 に不利, のうしろ

▼1* [130件]

菊池これと婚, 菊池のみと, 菊池さまはあと, 菊池さん自身はうごかない, 菊池だましいの本領, 菊池という旗本の, 菊池といふ人, 菊池とか云ふ, 菊池とが袂を, 菊池との間を, 菊池なんどの一族, 菊池には菊池の, 菊池にも奉納するであらう, 菊池ばかりである, 菊池より七八つ年下で, 菊池らしいなあ, 菊池一党だけだった, 菊池一族の三百騎, 菊池一類は, 菊池三溪も亦, 菊池三溪翁依田百川君の二氏, 菊池三郎頼隆になりすまし, 菊池久恵さんのところ, 菊池久米岡本中村氏等と劇作家協会, 菊池五山大窪天民との交, 菊池五山石野雲嶺がある, 菊池仁康君の所謂東京, 菊池以下の宮方, 菊池先生藤沢桓夫吉本の林正之助, 菊池党ほかになかっ, 菊池党三百人はことごとく, 菊池党以上の勲功, 菊池入道の子, 菊池千本槍が使用, 菊池同族会なるもの, 菊池名和の如く, 菊池へとどけられ, 菊池令史が, 菊池大佛吉川なんぞという人々, 菊池大麓及び大学教授藤沢利喜太郎編纂, 菊池大麓博士織田萬博士および船山曄智君, 菊池大麓寺尾寿藤沢利喜太郎等のごとき, 菊池太助さまとおっしゃる, 菊池夫人菊池教授の小さい, 菊池夫婦や菊池, 菊池契月といふ作家, 菊池容斎幸野楳嶺渡辺省亭を加, 菊池容斎葛飾北斎の風, 菊池容齋描く所, 菊池容齋先生と柴田是眞先生, 菊池容齋門下の逸足, 菊池寛あたりのとこ, 菊池寛さん山本有三氏は現代, 菊池寛その他ブルジョア作家のうま, 菊池寛のと, 菊池寛中村武羅夫等の人々, 菊池寛久米正雄中村武羅夫等であり中心的, 菊池寛久米正雄山本有三岡栄一郎成瀬正一松岡譲江口渙等も学校友だち, 菊池寛久米正雄植村宋一中山太陽堂社長などと築地, 菊池寛久米正雄横光利一片岡鉄兵などの諸氏, 菊池寛久米正雄氏等の間, 菊池寛久米正雄等の作家たち, 菊池寛二段の飛香, 菊池寛五段廣津和郎七段川崎備寛六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 菊池寛以下蒲田の女優連, 菊池寛以後の現代劇, 菊池寛佐藤春夫加藤武雄僕この十五人, 菊池寛個人の資格, 菊池寛山本有三久米正雄武者小路実篤久保田万太郎の五人, 菊池寛式に経済上生計上, 菊池寛杉山平助の諸氏, 菊池寛氏令嬢と藤沢閑二君, 菊池寛氏等を数, 菊池寛社長の企業的才能, 菊池寛自身である, 菊池寛芥川とかたくさん, 菊池寛谷崎潤一郎その他の作家たち, 菊池寛賞受賞のこと, 菊池寛里見谷崎芥川みな新進作家のよう, 菊池山本のドラマツルギイ, 菊池山本久米といふやう, 菊池が朝, 菊池平戸日田三窪らへ宛てた, 菊池幽芳なぞの, 菊池弥之助という老人, 菊池征伐にあたらね, 菊池慎太郎が果して, 菊池成瀬自分の五人, 菊池攻略と他, 菊池教中大橋訥庵兄弟がおり, 菊池文学が愛された, 菊池之丞, 菊池松浦などの党, 菊池武光に追われ, 菊池武光等之に従い興国, 菊池武夫栗塚省吾木下広次土方寧の諸君, 菊池武夫氏である, 菊池武敏阿蘇の大, 菊池武時子息の三郎頼隆, 菊池武雄などの勧める, 菊池氏なみの逆説論者, 菊池氏以下皆元気なので, 菊池氏何によりてこれ, 菊池氏流に貞操, 菊池氏紹介の宮口保険女史, 菊池氏華やかなりし頃, 菊池沼間福沢佐藤藤田中村の諸氏, 菊池源吾氏からの報告, 菊池甚一という人, 菊池用達組販売部という紫, 菊池だって鈴木総裁, 菊池的處世法に實, 菊池神社を中心, 菊池箕作矢田部外山の諸, 菊池結城瓜生諸氏においてこれ, 菊池肥後守が脱走, 菊池自身はやらず, 菊池芥川二人の亡友, 菊池菊蔵という者, 菊池親子とこの, 菊池謙二郎秋山真之その他二三の人, 菊池豊島らと共に文学的, 菊池の大琳寺, 菊池郡山門郷なるべしと, 菊池郡隈府という山, 菊池郡隈府町がその, 菊池野菊八木錠一鈴木菱花の徒, 菊池阿蘇どれほどな, 菊池隆直筑前の原田種直, 菊池龜三郎という独法科