青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「老人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

習~ ~習慣 習慣~ ~翻訳 翻訳~ ~翼 翼~ 老~ 老い~ ~老人
老人~
老女~ ~老婆 老婆~ 老母~ ~考 考~ ~考え 考え~ ~考えた 考えた~

「老人~」 14418, 149ppm, 709位

▼ 老人~ (4336, 30.1%)

78 云った 38 それを 27 言った 26 私の, 笑った 22 手を 21 自分の 20 首を 19 眼を 18 急に, 笑いながら, 説明した 16 うなずいた 15 そういっ, 答えた, 顔を 13 笑って 12 黙って 11 例の 10 ここで, 静かに 9 彼を, 頭を 8 いいました, すぐに, 叫んだ, 目を, 眉を, 言いました 7 そこで, タバコを, 口を, 声を, 気が, 答えました, 膝を, 自分で 6 これを, それから, それに, わたしに, 彼の, 返辞を

5 [14件] いつもの, こんなこと, しずかに, そう言っ, その日, それには, どうした, 又笑った, 妙な, 娘の, 得意に, 死んで, 若者の, 苦しそう

4 [26件] いった, さう, そこに, それが, そんなこと, にやにや笑っ, ひと息ついた, びっくりし, ほほえんだ, まじめに, また笑った, わたしの, 何か, 何の, 何を, 元気よく, 先に, 家に, 岸本の, 思い出したよう, 早くも, 独りで, 私と, 私に, 訊いた, 驚いて

3 [75件] あたりを, あっけに, いよいよ落ちつい, かすかに, こう云っ, こう言っ, ここまで, しばらく考え, その上, そばに, それらの, どこへ, なかなかの, ひと息つい, びっくりした, へんな, また笑っ, まっさおに, 丁寧に, 両手を, 云う, 何にも, 何者だろう, 厳かに, 右の, 吃驚した, 呼吸を, 喜んで, 喬生が, 女に, 娘に, 子供の, 実在の, 左手に, 微笑を, 懐中から, 手に, 手も, 持って, 斯う, 明智の, 更にこんな, 更に説明, 村の, 気を, 涙に, 狼狽し, 白髯を, 皺だらけの, 着物を, 私が, 笑い出した, 老人らしく, 老婆の, 耳を, 肩を, 腰から, 腰を, 腹を, 自分から, 自分が, 自分も, 苦笑いを, 言って, 説明し, 起って, 身を, 部屋の, 陳君の, 非常に, 頭から, 額を, 鶴子が, 黙ったまま, 鼻を

2 [242件] あらい息, いそいで, いって, いつか彼の, いつまでも, いつも事務室, いま死ぬる, うなずいて, おだやかに, かう言つて, からだに, くすぐったそう, こういった, こう云う, こう云った, こう語った, こう説明, こころよく受け合い, こつこつと, このとき急, この日, さすがに, さっきの, しかたなく, しきり, しばらく眼, じきに, そう呟い, そのまま船室, その技手, その晩, その言葉, それまで, たいてい眼, だまって, ちょっと考えた, つづけて, どこから, なか, にこにこし, にこにこ笑い, にやにやと, ひどく喜ん, ふところから, またし, また云った, また嘆息, また彼, また話し出した, まるで相手, まるで青年, もう七十位, もう何事, もう起き, やかましい音, やっぱりニコニコし, やつと, よろよろと, わたしを, カラカラと, カンテラの, クリストフの, テントの, ニヤリと, プンプンし, ホッと, ポケットから, 一人の, 一息ついた, 一目見た, 一言も, 三人を, 三吉に, 三度杜子春の, 不気味に, 二人を, 二度も, 二百メートルも, 云いました, 云うの, 亡妻の, 人の, 人を, 今の, 今夜は, 今度は, 今病床に, 伏せて, 低い声, 低声, 何も, 何時か, 僕の, 冷然と, 初めから, 別の, 割合に, 勝平の, 十字架を, 南の, 南向きの, 南天の, 即座に, 又こんな, 口から, 口の, 古い書棚, 同じよう, 呟いて, 呟くよう, 命じた, 唇を, 唯一突にて, 喚いた, 喚きたてた, 喚き続けた, 喬生を, 声の, 声も, 大きな声, 大友君の, 大声で, 大男の, 太息, 失望した, 奥の, 女房の, 姿を, 娘を, 孫を, 客の, 室の, 寝床から, 寧ろ傲然, 審し, 少年の, 帽子を, 廿日市町に, 彼が, 彼に, 彼女の, 彼等の, 後ろを, 心の, 怖れ, 思った, 恍惚と, 悠々と, 悦んで, 悲鳴を, 感に, 感慨を, 憮然として, 或はそれ, 手の甲で, 挨拶も, 新らしい, 春生の, 暗然として, 暫く何事, 暫く考え, 最後に, 机の, 杜子春に, 杜子春の, 松女を, 柔和な, 格子の, 楽器を, 正三, 歩き出した, 気味の, 洋服を, 涙を, 焚火の, 焦生, 煙管を, 煙草を, 片々の, 片手を, 物に, 特徴の, 狸の, 王の, 痩せて, 目に, 直ちにまた, 真青に, 真面目な, 真面目に, 眠って, 眼で, 眼に, 眼の, 眼鏡の, 石垣の, 確かに, 私を, 積極的に, 立ち上って, 立ち上つて, 立って, 笑う, 笑ひ, 筮竹を, 続けた, 縁側に, 老人で, 老人として, 考え込んで, 耳が, 胸の, 膝の, 自身に, 舟べりや, 若い者, 苦笑を, 茶碗を, 莞爾と, 血を, 見向きも, 評した, 話しつづけた, 話しつづける, 語った, 起きて, 身体の, 身体を, 身動きも, 近所の, 長い杖, 長い間, 雨の, 額に, 顔の, 馬車の, 駈上り, 驚いたよう, 驢馬の, 髯を, 鰥暮しの, 鶴の

1 [2847件 抜粋] ああは, あきれ返り口, あたま, あまりの, あるか, あわて, いい人, いかにも物静か, いきりたって, いたずらに, いったいどんな, いつのまにか二個, いつも二倍, いつも徳, いながらにしてその, いまだにその, いよいよ気, いわれるまま, うなずく, うろたえて, おさえた手, おだやかな, おもむろに自分, お坊主, お茶を, お雪ちゃんの, かえって昔, かっとした, かの怪人物, かんがえ深く, きっと見出した, きゅうに, ぎらぎら光る, けげんそうな, こうも, こう申します, こしかけたまま, このこと, この口, この宿, この時, この田丸, この頃, これまた, こんな風, ご尊父様, さきの, さっと白髯, さもこそといった, さらに一昔前, ざぶざぶざぶと鉱石の, しきりに取り静め, しばしば金魚鉢, しばらく私, しみじみと, じっと椋の木, じわじわと, すぐ出, すこしばかり, すこぶる難儀, すっかり言いきれなかった, すべてこの, せっかちに, そういう儀礼, そう叫び, そう苦笑, そこでさも, そこの, そのあいだ, そのとおり, そのまま三人, そのローソク, その以上, その切ッ, その名前, その家, その庭, その心配, その曲, その獨身時代, その算当, その苦い, その連想, その陰, それから庭, それつ, それ以上口を, そんなけぶり, そんな行届いた, ただ, ただもう, たって勧めた, たとへ, たゆまずその, だんだん小声, ちょっとみんな, ちょっと笑った, ちょっと首, ぢつ, つぶやいた, てれくさそう, とことこ歩み去った, とりあえず二遍, どうしたでしょう, どうする, どう見, どこにも, どんな風采, なお暖炉, なかなか変わった, なかなか贅沢, なだめるやう, なにごとも, なほ癪に, なんでも, なんらかの口実, にわかに教師口調, はげ頭を, ぱっと足元, ひとりごとの, ひどく屈託, ひどく窮屈, びく, ふたたびメス, ふとそれ, ぶっきらぼうに, へとへとに, ほろりと, ぽろりと, ますます心, また, またそれ, またわら草履, また互に, また思い出した, また桐, また語りつづけました, まだたくさん田舎, まだ判らない, まだ解せず, まったく足, まるで和尚, みんなこう, むしろ早く, もういなかった, もうすでに呪, もう一足, もう任務, もう己, もう門口, もとは, もと内地の, もはやこの, やがて口, やたらに, やっぱり低い, やはりそれ, やり出した, ようよう起き上がっ, よく話, わが子を, わたしさえ, われながら, アリョーシャの, ガツクリ首を, ギターを, コーヒーでは, ジョリクールを, スリッパを, タバコの, ドウモこの, ニヤニヤ笑い, パイプを, フィーユ・デュ・カルヴェール街の, プイと, ペエテルよりも, ムッと, ユラユラと, ワザと, 一つには, 一代の, 一向そんな, 一向閉口, 一年間あの, 一日じゅう陽の, 一旦引っ込んだ, 一生懸命に, 七十七の, 三人の, 三段の, 上衣を, 不在だつた, 不幸, 不精, 並んで, 主人役に, 乾いた咳, 二三度辞つて見た, 二人連れの, 二日隔き, 云ったもの, 五ツの, 五百之進とは, 京橋小田原町五郎兵衛店という, 人形が, 今こんな, 今も, 今斯ん, 仕方が, 仰天した, 伯父で, 体重が, 何もかも分っ, 何んだって, 何人である, 何故こう脆く, 何者な, 保養に, 倒れた瞬間, 側へ, 僕等を, 先が, 光井金之助という, 全く一生, 全国において, 其お, 其柔和な, 再び勧めよう, 再び湯, 冷かすやう, 凄じ, 切れの, 初対面の, 別段に, 前から, 力強く受け, 勿論あわせ, 北鳴, 十歳ぐらゐの私を, 半信半疑の, 南京靴の, 博学な, 厳かな, 又うなずいた, 又休息, 取り上げた, 口癖に, 古代インドの, 可哀そうです, 吉田迄, 同郷の, 君子の, 呟いた, 呼んだ, 品ある, 唇まで, 商売柄だけに, 喚くやう, 嗄が, 囁いた, 四輪車を, 国の, 地に, 坐つて, 堤の, 声さえも, 変り者だった, 多分縁, 夜業を, 大あばれ, 大きな壺, 大友君を, 大工で, 天使の, 太い奴, 奥に, 女中に, 威張れないが, 子へ, 孔生に, 宇都宮から, 実戦に, 家へ, 家作の, 宿泊地の, 寝台から, 寺内氏に対して, 小さな茶碗, 小林君の, 小鉄, 少きに, 少し前, 少年たちが, 屈めた項, 屹と, 左右の, 巴旦杏を, 常にそう言う, 平手で, 平然と御前, 年中お, 年齢だ, 幾何喫っても, 床柱の, 庭に, 弱い魂, 弾傷が, 彼よりも, 彼女相手に, 徐々に窮乏, 御覧の, 微笑をさえ, 心痛の, 志米須という, 念を, 思い出だけで, 思わずという, 怪しいと, 恐ろしくて, 恨むよう, 息を, 悪酔ひ, 悼ましそう, 愛蘭北海岸ゴルウェーの, 慈父の, 憂わしげに, 憤然として, 我々に, 或旱, 戸を, 手が, 手文庫の, 打ちくつろいで, 抱えるよう, 指ばかり, 捜し損なって, 政府より, 教へ, 文吉が, 新刊書を, 日ごろの, 旨いこと, 明かに, 映画に, 時々かうした, 暖炉に, 暫くの, 曇よりと, 更に詳しく, 最初私に, 朝早く, 末席から, 本気に, 来る度, 枕を, 柱時計を, 案外平気, 森閑と, 極りわるげに, 横を, 機嫌が, 欝陶し, 歎息ちつ, 此家の, 歩き去らうと, 死に, 死後の, 毎日日暮れの, 毒舌を, 気づかわしそう, 気違いで, 汚れた縞, 沢の, 注意しました, 涎の, 深く眉, 湯気を, 漕ぎながら, 火鉢の, 無意味な, 焼けついた鉄砲, 煙草が, 燠の, 牛丸少年の, 物を, 狎れたよう, 独語の, 獣肉を, 珍らしく, 甘味も, 生命にかけて, 田舎には, 留守で, 疲労れた, 病人の, 発句を, 白壁の, 皮も, 目が, 直に谷中, 相手を, 看守たちが, 眠る時, 知つたで, 石原治三郎, 祖国の, 神経質の, 私は, 程遠からぬ, 空々寂々の, 突出し, 突然怒号, 竈場の, 立ち上った, 立ち止つた, 立止っ, 笑い乍ら見物, 笑みつづけて, 答えて, 箒を, 精魂限り鼓を, 紙幣を, 細工は, 続けざまに, 縁側へ, 羊の, 老を, 老人同士娘は, 考えた, 聞いて, 肯いて, 背筋を, 腎臓を, 膳に対して, 自ら亡霊では, 自分ひとりで, 自称八十八才赤い, 興業的の, 舞台の, 色話にだけ, 若い記者, 苦の, 茅野雄の, 荷を, 落葉の, 薄いどてら, 薬の, 表座敷の, 裕福な, 西南の, 見返りも, 言いながら, 言下に, 訊くの, 詮索しなかった, 話を, 誇らしそう, 語り次いだ, 説きました, 調子づいて, 負け嫌ひな気性の, 賢い狡猾, 起き上り, 足手纏いと, 身体じゅうを, 車輪の, 軽く嘲ら笑った, 辞退する, 近代戦争の, 返事の, 通行人らに, 道庵先生の, 遠慮勝に, 都から, 酒杯を, 酷く喜ん, 重くつよく言った, 金と, 金庫を, 金魚が, 鋭い痛ましい笑い, 長い箸, 門跡様へでも, 附添では, 階段を, 隠退される, 離れの, 青年に, 面白がっ, 頓に返事, 頭の, 額の, 顔色を, 飛びかかって, 首傾け, 馬蠅の, 骨, 鮮人に, 黄金メダルを, 黙つて二歩三歩後退り

▼ 老人~ (3063, 21.2%)

53 顔を 51 声が 40 ように 23 前に 22 姿は 21 ような 20 顔が 18 ことを, 顔に 17 姿を 16 姿が 15 手を, 方へ, 顔は 14 ところへ 13 手に, 方は, 言葉を, 話を 12 ために, 方を, 眼は 11 口から, 声は, 家へ, 籠って 9 やうに, 前へ, 方が, 話に, 話は 8 言葉に 7 ほうへ, 名は, 声で, 姿に, 家の, 家を, 左の, 死骸を, 言葉は 6 あとに, 姿も, 家に, 心は, 方から, 方で, 胸に, 講義の, 足は, 顔の

5 [20件] ことも, そばに, ほうが, 右の, 声であった, 後に, 心には, 心を, 最後の, 死骸が, 目は, 真似を, 眼が, 眼に, 眼の, 膝の, 許へ, 話が, 面を, 顔には

4 [27件] いうこと, すがた, ほうは, 仕事を, 体を, 何の, 傍に, 前で, 前を, 声の, 姿で, 家は, 後から, 心の, 手から, 持って, 方に, 様子を, 正体を, 死骸の, 肩を, 言葉が, 言葉の, 足の, 部屋から, 顏には, 顏を

3 [51件] あとを, いうには, おかげで, くせに, まわりに, やうな, 乞食が, 事を, 住んで, 侍が, 健康を, 側へ, 口に, 声です, 好意を, 影を, 後を, 心に, 意見を, 手で, 手へ, 挙動を, 案内で, 様に, 機嫌を, 死体を, 注意を, 生命を, 甥の, 癖に, 目に, 相手を, 眼には, 耳に, 肩へ, 胸は, 胸を, 腕に, 詞を, 話では, 話の, 説明を, 趣味に, 足もとに, 足を, 部屋に, 部屋の, 部屋へ, 頭の, 顏は, 食物

2 [188件] あとについて, あること, いうと, いったとおり, いびきの, うしろから, うしろに, うちには, お墓, からだに, からだは, くせで, ことが, ことです, ことな, ことは, ことばが, すみかに, そばへ, ためには, はうの, ひしがれた胸, ひそかな, ひとの, ぶるぶる顫, ほかに, まえに, むかし話を, もとへ, ようすを, レンズを, 一人が, 一人の, 一人は, 三十何年を, 上に, 不思議な, 不気味な, 中には, 事で, 云う事, 亡骸を, 仲に, 倒れて, 側から, 傍へ, 傍を, 元へ, 冷水だ, 出る幕, 別荘番は, 前には, 博士が, 口を, 口真似を, 召使が, 周囲に, 命を, 咳払が, 咽を, 唇から, 問いに, 喜太郎は, 四角な, 坐って, 声に, 声を, 変装だった, 変装を, 大きな身体, 大工が, 如くに, 妻の, 妾に, 姿にも, 客が, 室に, 室へ, 家で, 家には, 尋ね方, 居間へ, 年は, 店先に, 後について, 後へ, 後姿を, 恋で, 恥辱に, 愚痴と, 態度が, 戒めも, 所に, 所へ, 手が, 手の, 手品師が, 手許を, 招待で, 播いた南瓜, 方も, 日に, 早く死に, 書かれるもの, 枕もとで, 樣子を, 歌うた歌, 歌の, 歯の, 死が, 死は, 死体が, 死体の, 死体は, 死骸に, 殺されたの, 永い生涯, 漁師が, 独りぐらしらしく, 生活目標と, 畠打ちを, 畠打を, 病気は, 癖は, 白髪頭が, 眼にも, 眼を, 私が, 立って, 答えが, 答えは, 答えを, 精気の, 繰言, 義眼を, 考えを, 耳の, 耳へ, 肩に, 肩の, 背中に, 背中を, 背後に, 胸の, 腕前を, 腰から, 腰へ, 膝に, 若い時, 蒼い顔, 行方が, 袖を, 裸体ほど, 言うこと, 言ったこと, 言葉通り夕日に, 言葉通り黙然と, 許を, 詞に従って, 話, 語るところ, 誰々なる, 談話を, 豪健な, 財産は, 足だ, 足に, 足音が, 身には, 身体を, 遺言状を, 部屋は, 重傷者顔と, 静かな, 面には, 頭から, 頭に, 額には, 額を, 顏が, 顔, 顔へ, 顔も, 顔色は, 顔色や, 食物を, 骨折で, 鼻の

1 [1660件 抜粋] あいだに, あったこと, あの苦心, あるお家, ある家庭, いい話し相手, いうとおり, いう言葉, いった一言, いつこく, いふこと, いわゆるオウルド・ビリイ, うしろ影を, うちに, おせつかい, おめきき, お手もと, お談義であります, かえ, かすかな, からだへ, くせにと, こうした症状, ことだった, ことなんか, ことばで, ことばひとつの, ことをな, この主義, これも, ごとく, さしずで, さんさんたる, しゃべって, しわがれ声, すぐあと, するま, する通り, せっかくの, そのあたり, その言葉, それに, たしなみでも, ためとも, つぎの, つまらないの, ときには, ところには, なかに, のどが, はうが, はなしぶりや, は武田家再興, びっくりした, へだてない態度, ほかの, まがう方, まどろんで, ものとか, やうな枯れ, やること, ようすが, ようで, ようなしわがれ, よろこびかた, わめき声, アントニイ・スタンデンも, イメージを, キラキラ光る, グチとは, セミョーンと, ピリピリふるえる, ベンチに, ポケットが, ヨカ, 一人を, 一人子は, 一味の, 一家の, 一徹とでも, 一生の, 上京等と, 上衣の, 下士を, 下宿へも, 不審な, 不注意を, 不覚であった, 世話の, 両側に, 中にさえ, 久木男爵だけは, 乗る車, 予期に, 事, 事は, 云うが, 云った通り, 云ひ, 亡骸に, 人俵も, 人懷し, 人達は, 介抱によって, 仕事は, 他に, 代理格で, 令息であり, 仲間には, 伴を, 住まいでこぜ, 住居近くの, 体は, 何よりの, 作り声を, 使に, 侍でありました, 保護者だ, 俺だ, 候補者くらいには, 倹約な, 側には, 傍の, 傳記を, 僂麻質斯性睾丸炎の, 僻み根性という, 先刻よりの, 八方にらみ, 兵卒が, 冗談を, 冠られた, 冷水とやら, 凄い眼, 出るべき場合, 出鱈目が, 切られて, 初対面の, 刹那の, 前の, 前生を, 力で, 助けを, 動静を, 半身だけは, 危険を, 原口は, 友情も, 取りつく島, 取越し苦労, 口癖で, 口許近く, 句, 可哀そうな, 右へ, 名前は, 呶鳴り声, 呼びかけた言葉, 命令だ, 唄った子守唄, 唇の, 商売も, 喉ぶ, 嗄れた大, 嘱託が, 噂を, 回りには, 圧迫の, 坐つて, 墓が, 声である, 声などを, 売卜乞食, 変死事件も, 外に, 多い目, 夢に, 夥間です, 天使の, 太い書体, 夫婦であった, 奇妙な, 女です, 好みで, 如き人物, 如く醜くく, 妻である, 姪で, 姿取り諸, 娘でない, 婆さん灯を, 子である, 子供らしい, 存在が, 宅では, 守銭奴が, 定家の, 客に, 家から, 家であっ, 家令が, 容態が, 宿つた夜は, 寂寥を, 寝台の, 寝言だ, 小さい体, 小さな顏, 小言を, 居る方, 居間の, 屍体が, 山津主であった, 岩窟へ, 巡礼に, 左側には, 巾着から, 帳場まで, 幅の, 年祝とか, 幻想では, 幽靈, 店へ, 引きずるよう, 強かさのせゐ, 役に立つこと, 役人は, 待って, 後ろ姿が, 後姿は, 得意は, 微笑だった, 心中に, 心境に, 心理や, 必要を, 忠兵衞で, 思うよう, 思想と, 怨みが, 恋を, 息がか, 息子さんが, 息子亡くなり, 悲鳴みたいに, 意に, 意志を, 意見としては, 意見枉げ, 愚痴として, 愛撫に, 感慨も, 態度その他の, 態度を, 懇意な, 或る, 手じ, 手には, 手は, 手や, 手品師は, 手紙には, 打ちあけ話, 扶養は, 押して, 拳に, 指さすところ, 指は, 指図通りその他の, 振舞いも, 捜索を, 推挙で, 提案に対して, 放つた嘆声, 敏い目, 教訓を, 数々を, 断末魔の, 方です, 旅立った後, 日でした, 旧宅にも, 易者が, 時まで, 智恵才覚と, 曲がった腰, 書斎に, 服を, 期待を, 末弟に, 本氣, 枕元に, 柄杓が, 柩の, 案内として, 椅子は, 楽器の, 様子が, 横死が, 檢査官の, 正体, 正面へ, 歯が, 死によって, 死亡率が, 死骸, 歿後わたしは, 残骸と, 殺される前, 毒殺を, 気に入るだろう, 気ままな, 気持ちなんか, 気持を, 気質を, 江藤が, 没い, 泥棒は, 泳ぎ方である, 浮浪者を, 添い方, 温和なる, 炯眼に, 無神論者が, 焦点を, 熱心な, 爲めに, 牢番が, 物凄い死顔, 物語るところ, 犬は, 猶衰えなかった, 理想な, 生き生きと, 生理学者は, 甥という, 用人とが, 申候其訳は, 男女が, 畠打ちの, 病室近くに, 癖である, 発意で, 白髪は, 白髯を, 皮膚に, 皺枯れた, 目が, 目を, 直接の, 真意が, 眠って, 眼, 眼つきと, 眼前へ, 眼鏡に, 瞼の, 知識慾が, 砂糖壺に, 神々しい声, 神主さんの, 神輿を, 秘密の, 突然上京, 窮状を, 立ち場は, 笑いが, 笑い顔を, 第一, 管理者が, 籠もっ, 素姓を, 細君は, 紹介で, 絞殺死体が, 綽名は, 織ったふとん地, 繰り言の, 群がら燻り出した線香, 義眼が, 習慣でありました, 考えは, 耳へは, 聲は, 肩から, 背に, 背を, 背後には, 胸には, 脈を, 腎臓を, 腕の, 腕を, 腰元と, 膝自身が, 自分が, 自殺する, 致命的な, 舌鋒は, 芸術である, 苦力であった, 茶話では, 葬儀が, 蒐集室へ, 蔵書も, 血に, 行った方, 行動を, 術を, 衣服を, 袂を, 褐色の, 見たの, 見込みでは, 視野の, 親戚であろう, 解釋で, 言うとおり弥生, 言った安宅先生退職, 言った通り, 言ひ聞かした, 言動を, 言葉では, 言葉には, 言質を, 訓戒などに, 許しを, 証しに, 詩, 話しっぷり, 話しに, 話声が, 語る処, 誠実親切な, 説は, 説明は, 説通りわずか, 課する刑罰, 講師が, 護衛らしかった, 負惜しみの, 貧しい住居, 資産という, 質素な, 足からは, 足先を, 足音の, 蹣跚たる, 身の, 身を, 身体は, 軍歌を, 返答を, 追想談に, 逞しく広い背, 過労から, 道具屋が, 遠慮がちな, 遺産で, 遺言通り徳川の, 部屋には, 都合からばかり, 重い重い心, 鉄の, 鋼鉄の, 鍬が, 長い白髭, 長屋に, 閑技骨董芸術として, 隠した巨額, 隠者かと, 雪の, 青年には, 非常識でなけれ, 面は, 音曲を, 頑固が, 頑愚を, 頬へ, 頭で, 頭には, 頭上高く白い, 頭髪を, 頻りに愛惜, 顔から, 顔であった, 顫えて, 食事は, 食物に, 養子と, 餌食にすら, 首が, 首で, 首に, 驚き一方, 骨董店も, 髪の, 魂の, 魔法, 魔物を, 鼻を

▼ 老人~ (1973, 13.7%)

24 あった 19 出て 15 云った 13 来て, 立って 11 それを 10 自分の 9 いた, 住んで, 言った 8 はいって, 私の 7 ある, 私を, 自分で 6 いて, 何か, 入って, 首を 5 いる, そこへ, 彼の, 杖を, 歩いて, 腰を

4 [12件] あったが, あつた, すぐうしろ, ゐた, 口を, 坐って, 声を, 死んで, 私に, 笑いながら, 説明し, 顔を

3 [22件] あって, あの老人, あらわれて, ありました, いった, いって, ここへ, しずかに, そこの, 不意に, 云う, 例の, 大きな声, 帰って, 持って, 早朝から, 昔の, 死ねば, 知って, 見て, 訪ねて, 話しかけた

2 [115件] あつて, あらわれました, あります, あると, いいますと, いたが, いたの, いつに, いること, いると, いろ, うずくまって, からだを, こう云った, ここまで, すぐに, ずっと乗っ, そこで, そばから, それに, それは, そんなこと, たずねて, たった一人, どこからか, ひとなみな, むかしの, やって, やって来た, ニヤニヤ笑い, 一人で, 一人やって来た, 一気に銃口, 丁寧に, 事務室の, 事実はたして, 云ふ, 今日の, 何を, 何処の, 來て, 元気に, 先に, 再びここ, 几に, 前に, 前へ, 十八歳で, 喚いた, 喚きたてた, 土曜日に, 壮い, 変な, 大平家, 太い三尺, 如何に, 姿を, 寄って, 居る, 山羊鬚を, 左の, 年甲斐も, 彼に, 彼らに, 彼を, 彼等の, 後ろから, 心の, 急に, 或は手紙, 或る, 手を, 挨拶に, 提灯を, 書た, 最後に, 杖に, 死ぬと, 死んだ, 気づいて, 水棹を, 焚火を, 焼死し, 煙管を, 現れて, 現われた, 目を, 直ぐに, 直接に, 立つて, 答えた, 義政公を, 腰かけて, 臨終の, 自殺する, 舟を, 舳先を, 若い者, 蛙の, 親切に, 言って, 言つた, 訊いた, 謹厳に, 返事を, 這入って, 連れの, 遭難した, 釣を, 隣家の, 青年の, 静かに, 音楽堂へ, 顏を, 黙って

1 [1406件 抜粋] ああいう, あきれたよう, あったもの, あづき, あの晩綴じ紙, あらうか, ありまして, あり少年少女, あるとの, ある時, あんなにやすやすと, いいたかったこと, いい気持, いかにもさう, いかに狡猾, いくと, いくら捜し, いたという, いちばんえらい, いつか私に, いつたこと, いつも遊び, いなければ, いまして, いやに, いるに, いるばかり, いろいろ質問, うなった, おいおい泣き, おどろいたの, おらるること, おりたすぐ, おれば, お信, お嬢様の, お札を, お膳, かうしたこと, かく愛惜, からかいながら, かれ独特, がたんと, きて, くる, くれる一時間四仙, こうゆう, ここで, こちらへ, このたび死病, このトリック, この上, この夏, この森閑, この部屋, これだけの, こんなこと, さうい, さきに, しきりにさばけた, しつこくいう, しばしば子どもたち, しょんぼり立っ, じっとこちら, すぐ近所, すやすや眠っ, せきを, せつせと, そういっ, そう云った, そこだけ, そしてひ, そっと藁莚, そのじつ, その世間, その前, その店, その死期, その皺, その胸中, それほど私, それ迄, ただ一人隅っこの, たった一人下宿, たびたび用いる, だんだん多く, ちょこちょこ出, つかまったこと, つくった透明人間, とつぜん口, とぼ, どうした, どうしても帰さない, どこへでも, どんなに心配, なくなったり, なにか言っ, にこにこし, にやにや笑い, のぞく, はじめて口, ひとりきちんと, ひとりで, ひどく私, ひょこひょこ歩い, ふいに, ふたりひとりは, ふるえる手, ぶつぶつと, ほったらかして, ぼくの, ぽつぽつ歩き出した, またいった, また両手, まだよく目, まだ口, まだ目, まっ青な, みんなの, もうこんな, もう若旦那, もし傍, もどって, やき始めた, やってこようとは, やっと穴, やつて, やはりわたし, やはり多い, ゆったりと, よくうつります, よく知っ, わざわざ人形, われわれの, ゐては, ゐると, イスに, オドオドし, ゴシック式の, スッポリ体を, チャンチャンコを, テーブルに, ドニェープルの, ニヤニヤと, ブラック, ポツリと, モヒ中毒で, ロールヘンに, 一人あった, 一人おっ, 一人の, 一人また, 一人やはり, 一人坐っ, 一人暮しを, 一人残つてゐる, 一人眠っ, 一人立っ, 一人食っ, 一役買つてでたい, 一杯始めた, 一生の, 一行の, 一週間ほど, 三人も, 三升五合余りを, 上がって, 上品で, 不思議に, 与一を, 両手に, 中食の, 主唱で, 乗って, 乗組んで, 乾した椎茸, 二つ目の, 二人で, 二人の, 二人を, 二人高砂の, 二間あまりの, 云い出した, 云って, 五六人寄つて来, 五銭白銅一枚と, 交って, 今この, 今夜は, 今朝からの, 付近の, 以前は, 伴野での, 低く云った, 体の, 何かしら塔の, 何の, 何ヶ月振りかで, 何者かに, 余計に, 來る, 促した, 俯向けに, 倭文子さんに, 傍へ, 僅かに, 儒者ふうの, 兄殺しを, 先刻からの, 入つて, 八代公との, 其処に, 内から, 冷たくなっ, 出かけるなんて, 出た, 出ても, 出来上る, 前を, 勇退し, 午前中に, 卓に, 卓上の, 単に合掌, 去ったあと, 又改めて, 又超然居士, 反問した, 受けて, 口癖の, 叫んだの, 叱るよう, 合点する, 名主役を, 吐息を, 君江と, 呟いた, 呟いて, 呻くと, 哄笑した, 唯一人すわっ, 唱えると, 善光寺へ, 喚いたもの, 四五名のんきそうに, 四十代ただ, 図らずも, 園卉種子の, 地面を, 墓に, 声まで, 外の, 多い学生サラリマン, 多くコーヒー, 多数の, 夢中に, 大きな跫音, 大声で, 大層心, 大平氏宅の, 失神しかけ, 好きだ, 好意を, 子供の, 季の, 宇津といふ, 実はイワノフ博士, 宣示した, 宿を, 寝呆け, 射的屋へ, 小薙刀, 小首を, 尖ン, 尻込みした, 居を, 屏風の, 山川家の, 工夫辛労日頃の, 左門に, 己に, 帰つ, 帰り道に, 平伏したに, 年下の, 幾人かの, 店から, 庭前の, 引き受けて, 引擦り込む, 弾いて, 往来で, 後に, 得月へ, 御當家, 徳川時代以来の, 応接室へ, 念佛を, 思いも, 思ひ, 恐怖し, 悄然として, 悲しそう, 愈々で, 感ずる暗黙, 憎くなり, 懸念した, 或日, 扉口に, 手紙で, 扱った塩酸モルヒネ, 担がれたまま, 持ちこんで, 持ち切りという, 指導主事として, 振り向いても, 掛けて, 描いたもの, 放置されてる, 教へて, 數人線路に, 既に承知, 日射病に, 日本人としては, 早いので, 昂然と, 昨夜の, 暗い心, 書いたの, 書を, 朗らかに, 木魚を, 机の, 杖にも, 来たこと, 来てから, 来るその, 来合せて, 東巖子を, 果たしてそんな, 某日物置, 桑の, 極めて怖, 横たわって, 横臥って, 橋掛りへ, 正しいお, 此儘死ん, 死にかけてるの, 死に際に, 死んだこと, 死んだ妾時代, 死んでも, 殆ど狂する, 殊に頑固, 段の, 殺されたその, 殺される日, 毎日牛乳を, 気に, 気を, 水野という, 池田森の, 沈めて, 河原に, 法王の, 注釈を, 消えてから, 深川まで, 満足し, 滑るよう, 澄江に, 無かつ, 焦茶色の, 煙草盆を, 爐ばた, 父との, 片手に, 特に大蔵大臣, 狆の, 独り言を, 猿若町一丁目の, 玄関へ, 珈琲の, 現われる, 生きて, 生命を, 産まれた, 男泣きに, 留守を, 病気に, 痩せた腰, 登城した, 白の, 盃を, 目に, 真面目に, 眠ってる小さな, 着て, 矢代に, 硝子蓋を, 神隠しに, 私は, 秘密を, 穩かな, 空想的の, 突然立ち留っ, 立ちあがったよう, 立ちます, 競技選手を, 笑いだした, 笑ひ, 箱から, 築山の, 粛然と, 紙硯を, 紫檀の, 緑いろ, 縁側へ, 罪を, 羽織袴で, 老後の, 聖徳太子の, 聞きつけて, 股を, 背中を, 腕に, 膝頭を, 自分を, 自席に, 自腹を, 舞臺にかけ, 艫を, 花嫁を, 若い妻, 若しや, 茶の, 萎びたコスモス, 蓮を, 藪を, 血を, 衰弱しきっ, 西の, 見えた, 見せて, 見張して, 親方の, 言うと, 言ったよう, 詠んだと, 話したの, 話すには, 語れるその, 誰かと, 議事堂の, 負かされること, 賊の, 赤子を, 起きては, 足輕で, 身から, 身一つ長らえ, 車窓に, 軽くなみ, 迎へに, 追いついて, 逃げだすと, 通って, 逝去った, 道者杖を, 適して, 部落の, 酒を, 重々しく髯だらけ, 金に, 金吾へまで, 鉞を, 鋏を, 鐘を, 長い朗読, 長崎辺りの, 門の, 闇の, 陸軍大尉である, 集めて, 電話帳を, 青年に, 青年作家たる, 革の, 頷いて, 頻りに捜し, 風呂敷包を, 食物を, 飲んで, 馬の, 騒ぎ出すの, 高々と, 鬼の, 黄色い声, 黙読し

▼ 老人~ (756, 5.2%)

22 なって 8 して 6 向って, 手を, 相違ない, 逢って 5 似て, 向かって, 変装し, 就いて 4 なると, 何か, 就て, 案内され, 至るまで

3 [14件] きくと, なってから, なつて, 別れて, 変って, 変装した, 子供だ, 聞いて, 見立てたもの, 言った, 訊いた, 話しかけた, 逢った, 頼んで

2 [44件] あっては, しては, ちがいありません, なつた, なりかけて, なりきって, なりすました非凡, なるの, なるまで, ばけて, むかって, ピストルを, 代って, 会った, 会った時, 似合わぬ足, 免じて, 出逢った, 別れた, 別れを, 化けた二十面相, 化けた四十面相, 化けて, 化けました, 呼ばれて, 對する, 席を, 従って, 怪我を, 挨拶した, 捉まった, 教えられて, 書いて, 縛りあげられぬけ出すこと, 見ら, 訊いて, 話して, 近づいて, 近づくと, 近寄って, 返事を, 逢に, 運ばれる水飴, 違いない

1 [532件 抜粋] あいつと, あうの, あえり, あずけて, あったの, あって, あつて, あて, あやまったの, あらずして, ありがち, ある小心さ, いいました, いくら笑われ, いたい目, いたる迄, いちばん信用され, いった, いって, いつの間にか, いて, おじゃります, おそろしく丁寧, お上から, お教, お早うと, お目, お目にかかり度, お眼, お祝いを, お茶を, お逢, お逢い, お願, かかせては, かかっては, かぎを, かまわずその, からかうなんざ, きまつて, くらべてはずつと, くわで, こう話しました, ここで, ここまで, このチョビ安, こんな事, こんな新鮮, ございます, ござります, さう, さした, さしはさまれて, さし示されたところ, さはつ, したやう, したよう, しても, すがりつくよう, すぎないが, すっかり懐い, する碾臼, せきたてられて, せよまるで, せよ青年, そういった, そうである, そう言っ, そう言われる, そそがれて, そっくりだ, そのままな, その喜び, その持っ, その毒薬, その釣狐, それとなく戒められ, それを, たいへんに, たすけられながら, たずねた, たずねて, たずねなくては, たのまれて, だまされたかと, だん, ちかづきに, ちがいない, ちやほやした, ついて行くほか, つかまった, つかみかかろうと, つづいては, つれられて, つれられ春木, つれられ時々, でございますかな, とつて, とどけるもの, とびかかって, とびついて, ともなわれて, とりかかるの, とりかこまれながら, とんでもない, どうしても気の毒, どこからとも, なさるん, なった, なったかと, なったが, なったという, なったの, なったよう, なったらば, なった御, なってからも, なっても, ならなければ, なりかかっても, なりは, なり切って, なり千穂子, なり大, なり相当, なり老人, なるとこ, なるほど, なるまでの, なるやも, なる頃, なれば, ぱったり出逢った, まかしたきり, まかして, まけたの, まけないで, また皇海, むしゃぶりついた様, めぐりあい黄金メダル, もう其の, ものを, もろく負ける, ゆき逢, わかれを, わけて, わけを, わたくしの, エイッと, ニーナの, ピストルで, ライスプデンなんぞを, 一ね, 一度面会させ, 一本すすめる, 一条を, 一杯の, 一杯喰わされた, 一礼した, 一粒種の, 一言をも, 一顧さえ, 下されたので, 不快を, 不親切な, 与えたであろうかも, 与える物, 世話に, 了解める, 事の, 二度目の, 云う, 云うべきこと, 云った, 人並みの, 今まで, 今日の, 今水神様の, 代ったと, 代わって, 会い事情, 会い絵, 会うこと, 会えば, 会ったらね, 会って, 会つたという, 会つた時の, 会釈した, 伝えて, 伝えると, 伴れられ, 伴われて, 伺って, 似たつやつや, 似てると, 似合わず血色, 似気, 何とも云, 促されて, 先生は, 先立つて, 共通な, 其父と, 其高, 出あうの, 出した, 出会いたいこと, 出会うこと, 出会した, 出会すまでは, 出会ったこと, 出会わないこと, 分らせること, 切株を, 別状の, 到るまで, 劣る訳, 助けて, 助けを, 化かされたらしい, 化けいま, 化けさせわざと, 化けたぼく, 化けたポーデル博士, 化けること, 化けるなど, 千田是也氏が, 危険である, 取って, 取られて, 受け出される方, 叩きつけたことば, 同じよう, 同感し, 向い, 向かいて, 向けられたらしかった, 向っては, 向っても, 向つて云, 告白した, 呼びかけられて, 呼止められました, 命じた, 問いた, 問いました, 問い訊, 問うた, 喜ばれる聡明, 嚇されて, 囁いて, 売って, 売りこみたがった, 変わって, 変装させ, 多かつ, 大変な, 奨めた, 姿を, 娘の, 嫌われないの, 子供の, 子供を, 孝養を, 安心させる, 安心した, 寄り添ったまま, 対って, 対つて何か, 対面し, 尋ねると, 對し, 對したら, 導かれた私, 導かれて, 差し上げようとか, 幕末時代の, 引きずられてでも, 引き合わされ老人, 弟を, 弱点を, 彼は, 往き逢った, 往き違った, 後を, 従うより, 従おう, 従来一言たりとも, 御馳走に, 心配さした, 心配さしたつ, 心配を, 思いとどまるよう, 思われた, 怪我させた, 恩こそ, 愛情を, 感謝した, 感謝する, 慥かめてから, 慰藉を, 憫れみ, 成るかと, 戻して, 手渡した, 打ち明けら, 打って, 払わせたの, 托して, 投げかけて, 投げつけました, 抱かれて, 抱きすくめられて, 押しつけて, 招かれ備後黄葉山廉塾, 招かれ得月, 持たして, 指導を, 挨拶も, 挨拶を, 接近する, 揮毫し, 支えられて, 教えられた時機, 教えられること, 教へ, 教わった人猿ども, 教育される, 敬服する, 敵う, 断わられるから, 斯様な, 早朝叩き起され, 暇を, 會や, 森の, 構って, 止めること, 歸國を, 死骸の, 水の, 注いで, 注射する, 注射を, 注意された, 注意を, 浜の, 液体空気の, 渡した, 渡す事, 渡そうと, 滿腔の, 為って, 無言の, 無限に, 熊の, 物足りなかつた, 現れた品位, 現われし幽霊, 用の, 発見した, 目を, 相談した, 相談無用と, 相違ご, 相違なかっ, 着せて, 知らせるの, 知られるよう, 知りあいは, 短剣を, 碌な, 礼を, 祟られて, 秋吉警部それから, 突き当って, 突っかえされて, 竿を, 筆者を, 紛れも, 素性を, 紹介され, 紹介した, 組みついて, 続いて, 続き内陣, 綿々と, 縄ばしごを, 罪を, 老婆は, 耳を, 聞いた, 聞いたこと, 聞いたは, 聞いても, 聞きました, 聲を, 脳震盪を, 自分の, 自由を, 花を, 若い者, 茶坊主の, 葬いを, 行き逢, 行儀正しく, 行逢うた, 行逢った, 袖を, 装弾した, 見えさせるあの, 見えそうして, 見えた, 見えたが, 見えると, 見えるの, 見え淋しかっ, 見せたら矢張一滴, 見せて, 見せてるの, 見つけられて, 見られては, 見られないよう, 見るよう, 見張られて, 見放されては, 見聞した, 見返えられましょうとは, 解るべきもの, 言いつけた, 言い伝えられて, 言はれ, 言ひ懸け, 訊ねた, 訊ねようと, 記念として, 話されるには, 話しかける時, 話した, 話したという, 話した事, 話の, 誓わせられたその, 誘はれて, 誘われて, 誤解され, 説明した, 謀って, 負けて, 負ぶさり足, 責任でも, 貴様も, 身を, 軽く会釈, 返って, 返却した, 返答を, 述懐した, 追いついて, 追い付いて, 逐電させる, 通有な, 逢いさえ, 逢いたくなって, 逢い死者, 逢い赤魚, 逢うと, 逢うの, 逢ったらどれ, 逢った時, 逢つた, 逢つたのが, 逢つて先祖の, 逢つて見る, 逢ふ, 逢わして, 遇いあるいは, 運命の, 過ぎなかった, 過ぎませんでした, 配給の, 金を, 鍔元を, 鏡なし, 鑑定し, 限って, 限る, 随い, 随行し, 集まる周囲, 面会すれ, 鞭で, 頼みたいこと, 頼んだの, 飛びつくと, 飽きが, 驚く, 高利の, 髪の毛を

▼ 老人~ (675, 4.7%)

15 相手に 12 見た 10 連れて 8 見て 6 見ると, 訪問する 5 たずねると, つかまえて, 助けて 4 たずねて, にらみつけて, 伴れ, 殺して

3 [11件] して, 前に, 囲繞し, 殺すん, 知って, 見かけました, 見つめて, 訪ねて, 赤坂の, 迎へに, 驚かして

2 [35件] いつまでも, ここへ, たずねた, ながめて, はじめとして, もって, スケールの, 信じて, 先頭に, 入れて, 半殺しの, 呼びました, 呼んで, 囲んで, 尊敬し, 尊敬する, 尋ねること, 引入れました, 応接室に, 怒らして, 慰めて, 抱えて, 捕まえて, 殺した奴, 眺め, 紹介した, 自分の, 見つけた, 見つめました, 見ました, 見やりました, 親しげ, 譽めて, 退治て, 閣下

1 [484件] あざむいて, あざ笑つたが, あの偉大, あわれみいたわるさま, いじめつけるの, いじめて, いたはり, いたわりながら, いたわるよう, うかがって, うちまかす, うながしたの, うながして, うるさく思い, おいかけます, おいたはり, おからかい, おこらせたの, おさ, おしやるよう, おめおめと, おもひだ, おりから, お前弄る, お宅, お手前達は, お求め, お用, お町, かこんで, からかって, くくりつけて, くみふせて, ここに, この世における, この国, ころがして, こわがって, こわがらなくなりました, こわがりませんでした, こんなにうれし, こんな状態, ご存知で, さがした時, さして, さらって, しかりつけるどころか, しきりにはげまし, してか, じっと眺め, じっと見た, じろりと見やっ, そうした盛り場, そこまで, そして彼女, その幅広い, それほどまでに, それを, そんなに怖, そんなに硫黄狂人, たすけて, たずねようとして, たずねるの, だまらせた黙らなければ, だれが, つかまえた時, つかまえると, つかまへて, つかまへても, つきのけて, つれて, つれもどる, てこずらせた, とらえて, どうぞ泊め, なおも熱心, ながめ笑いながら, なぐさめました, なぐさめ手, なぜ背負っ, なぜ背負つて火, なだめねば, なやませては, なんでも, のさばらして, のせて, ののしり立ち退くこと, はじめ四人の, はじめ屋敷に, ひいてはたいへんだ, ひきもどそうと, ひったてて, ひとり知っ, ひどく穩, びっくりさせる, ふり向いて, ふり返った, へこましたの, ますます豪い, まもろうでは, みすぼらしいとも, みたら誰, みて, むしろ憐れ, もつて, やり過ごすと, よろこばせました, わずらわすなどとは, わたしに, わやに, モデルに, 一人つれ, 一番あやしい, 一瞬此上も, 一體と, 三人の, 三吉に, 三鞭酒で, 上へ, 上り框へ, 不幸に, 不断に, 世話し, 両腕, 中に, 中心と, 中心として, 久し振りで, 乗せ, 亡きもの, 京師方における, 今の, 代わりに, 仮親に, 仰ぎながら, 何者だ, 使に, 信じるさ, 傷つけまいとの, 元の, 元気づけたの, 先に, 先生とか, 冷遇する, 凝と, 初めゾッとして, 初め三人の, 初め召使ばかり, 初め召使達も, 刺した刃物, 前後不覚に, 功徳と, 助けました, 助けようと, 助けるの, 助けるのに, 労って, 労る, 厄介払いする, 反って, 収容し, 口説き落さうと, 可愛がって, 合点が, 吊りあげて, 君なら, 呑んでしまつたか, 呼ばうと, 呼び寄せるといふ, 呼び止めた, 呼び迎えその, 呼ぶに, 呼ぶ声, 呼ぼうという, 呼んだ, 哂笑ひ出される, 哈爾賓から, 喜ばすだけの, 喜ばせたり, 喜ばせるの, 嚇すと, 四階の, 因業で, 地面から, 大川の, 大臣として, 女中奉公に, 好んだ, 始め皆彼の, 家の, 寝かせました, 寺内氏は, 封じ込んで, 射抜いたと, 射撃し, 導きつつ, 導者として, 川に, 帰した, 庇うよう, 廊下へ, 廣い, 弄うもの, 引き上げた, 引き出せるん, 引き包んだ, 引き取って, 引っぱり込み光広, 引渡しに, 待たせて, 後に, 得てから, 心から敬愛, 心の, 心配し, 念入に, 念入りに, 怒らせて, 思い出させるよう, 思い出したほど, 思い起こさした, 思はせたの, 思ひ出しそれでは, 怪しむ念, 恭しく見上げた, 悲しませるの, 想像し, 想像せしめる, 愛さなければ, 愛して, 慰めるいちばん, 慰めるといふ, 慰める言葉, 憐れむよう, 懐しく思い出す, 手術台に, 打ち取っても, 打ち殺した殺人犯人, 抱きおこした, 抱きおこして, 抱き起こして, 抱介え, 押し伏せたまま, 押し込んだ時, 拉れ, 拘引した, 拘留し, 拙者は, 招きました, 拝むやう, 拾いあげた男, 拾って, 持つ胸, 指さした, 指さして, 指さしました, 指導しなけれ, 振り返りました, 振返った, 振返って, 捉へてからに, 捕えたの, 捕へて, 捕らえませねば, 捨てたお母さん, 捨てに, 探しあるいた時, 探しに, 掻きのけて, 描きました, 援助し, 救おうとして, 救って, 救助に, 敬いまことに, 敬い労ったの, 敬い弟子, 敬うべし, 敬う念, 敬愛し, 数人知っ, 斃した, 斬った瞬間, 斬り殺し奧, 斬るなっ, 旅客の, 旅館に, 最も好き, 最後に, 月夜七晩雨戸の, 本気に, 東京みたない, 東国造という, 案内に, 棄てる習俗, 棄殺した, 極めました, 欺ます, 正当に, 殺さないで, 殺さねば, 殺されたスティーフン, 殺しかねま, 殺しその, 殺したって, 殺したと, 殺したもの, 殺したる目的, 殺したろう, 殺した後, 殺した藻西, 殺しながら, 殺し其家, 殺し其疑い, 殺し昨年, 殺すこと, 殺せしも, 殺せば, 殺害した, 殺害する, 毎日の, 気に, 気の毒だ, 求ぎたまひき, 洞窟へ, 海岸へ, 激昂さした, 煽てあげること, 燃え立たせたの, 特別に, 犒い私たち, 犯人と, 狙いうったの, 狙って, 甚太夫と, 生かすこと, 甦らせる手, 用いられ子供, 畏れた, 畫いた, 疎かに, 疏外せざる, 疑つた事, 疲れさせて, 登場させる, 目つけた, 真犯人でない, 眺めた, 眺めながら, 眼につき, 睨みつけた, 睨めつけながら, 瞻って, 知つてゐた, 知らなかったん, 知らぬ者, 碾いて, 祝して, 神様の, 突く時, 窓ぎわに, 窮民布施の, 笑うなんて, 筆頭に, 策略にかけて, 糺問し, 納めた棺, 紹介され, 紹介しよう, 組みしいて, 絶滅し, 締め殺したっけのう, 縁も, 縛りあげこれ, 老人らしくする, 聘して, 背景に, 背負って, 背負つ, 胡散さうに, 腰の, 自宅へ, 良人に, 若返らせるよう, 蘇生へ, 虐めるもの, 表書院, 表象した, 見あげた, 見おろして, 見かえった, 見かけた, 見かけなかったかと, 見かけは, 見せつけられて, 見たが, 見たの, 見たやう, 見たら誰, 見た時, 見た最初, 見つめたが, 見つめながら, 見て取った, 見やって, 見る, 見ること, 見れば, 見上げた, 見上げて, 見付けたの, 見付け出して, 見出した, 見出すこと, 見出すの, 見守った, 見守って, 見懐し, 見知って, 見立てる事, 見詰めたが, 見詰めること, 見詰めると, 見詰め乍ら, 見送った, 見送るばかり, 親の, 観察し, 観察した, 観察する, 言ふ, 訪うた, 訪う積り, 訪ねるの, 訪ねる初対面, 訪ねる即座, 訪ねる家, 訪ねる気, 訪ね借りたい妙青寺, 訪ね海老塚, 訪問した, 許しそう, 診察した, 診察する, 診察に, 証人に, 試したの, 認めたのち, 誘いまた, 語らって, 調べると, 謂わば, 警戒させ, 責め, 賞賜したてふ, 贔屓に, 赤, 起すまいと, 転々し, 轢くより, 迎える仕度, 追い立て城門, 追従け, 送り出してから, 送り返させて, 連れ込めば, 遇し, 遠方の, 遣戸の, 選んで, 部屋の, 里へ, 鎗玉の, 集めては, 離れて, 露骨に, 靴で, 頭に, 頼まうよ, 頼まう子供達, 顧みた, 首領に, 驚かしたの, 高手小手に

▼ 老人~ (480, 3.3%)

14 一緒に 7 老婆は 6 いっしょに, なって 5 少年と 4 なつて, 並んで, 子供の, 若い男, 話して, 青年の, 顔を 3 いうほど, いえば, それに, 二人で, 子供と, 子供とを, 子供は, 言つても

2 [26件] いっても, これで, その孫, その息子, なつた, 一人の, 一頭の, 二人の, 井野老人とが, 別れて, 同じよう, 子供が, 子供を, 小坊主が, 少年とは, 巫女の, 彼女は, 懇意に, 手を, 春木牛丸の, 病人を, 若いの, 若い者, 青年とが, 青年とは, 馬の

1 [338件] あいさつを, あれば, いうが, いうほどな, いっしょな, いって, いつしよ, いわれる年齢, おそくまで, おっしゃる方, お倉さん, お幾, お幾はし, お延, ここを, この十内老人, ごく自然, さして, されたこと, しっくり調子, すりかわった, そのなか, その人, その他にも, その侍, その侍童, その孫たち, その少年, その後顔馴染みに, その息子さん, その故郷, その部下, ただ二人きりで, たのしそう, ちょっと顔, つれだって, なったが, なのるあの, なりついに, なり指環, なり死病, なんだか怪しげ, はやく別れる, ふきだしたくなるよう, ほこりっぽい, まるで下戸, みえるひとり, むかい合った, むかい合って, もう一人, もっとも親しく, ゆっくり材木, よく仲よく遊んだ, よたよた行く, わかれた, わしの, わずかな, わたしが, わたしと, わたしの, わたしは, アガータに, ダンス洋畫に, テーブルを, ハンナと, マツチ, モニカ嬢さ, ローリイが, ワイトマン税関吏の, 一しょに, 一生寂しく, 三十位の, 三十前後の, 三吉は, 上背も, 上野の, 下女の, 不具者と, 世間話を, 中年の, 中年中年と, 主人とに, 主水正, 二少年とを, 云うと, 云うもの, 云う印象, 云う感じ, 云う特徴, 云う者, 云ったもの, 云った方, 云って, 云っても, 五百之進とは, 今回の, 他の, 仲好しに, 会った時, 会つたのは, 会見する, 併せて, 供の, 個人的な, 倭文子さんが, 入り代り, 入代り, 再会を, 分れた車夫, 刑事とが, 別れた, 別れた氏, 別れぬ, 別れ様と, 利口そうな, 加代子さんの, 十三歳の, 十二三に, 千浪が, 千賀子殿とは, 参弐とだけが, 取り次いだ看護婦, 取組み合いでも, 受取らる, 号した, 同じく西向き, 同じ人間, 同じ大尉, 同じ姓名, 同席し, 同年或は, 同時に飛び越えよう, 同様に, 同町内, 向かい合った場合, 向かい合って, 向きあつ, 商人体の, 問答を, 四人が, 四十歳に, 型通りに, 報道された, 壮い, 大友少年とは, 大岡越前守の, 大店の, 奥田孫太夫の, 女で, 女猿廻しとが, 女達だけ, 姉さんと, 娘が, 娘との, 娘とは, 婦人と, 子どもの, 子供, 子供つきりです, 子供で, 子供とが, 子供とがぞ, 子供とは, 子供排斥, 孫は, 孫娘の, 安兵衛の, 安兵衞の, 客の, 家へ, 家族へ, 対して, 対座した, 対抗する, 対照した, 対談した, 小娘に, 小娘ばかりが, 小竹との, 小聲, 少年が, 少年との, 少年の, 少年は, 尾を, 尾藤内記の, 左京の, 左京路之, 市田青年と, 幼い子供, 幼い弟, 幼い者, 弟の, 彼女とが, 心やすく, 心易く, 忠左衛門は, 忠直卿とは, 思いこませて, 思いこんで, 思い怺, 思うて, 思えぬ早, 思ったの, 思われない活溌さ, 思われぬほど, 思われる, 懇意の, 戦い進取, 折重なって, 操縦士が, 故人の, 日本といふ, 春に, 昼も, 書生とが, 来たらわれわれ, 松本の, 柳生藩の, 森の, 極って, 構っては, 正直者を, 正雪とは, 死につつ, 母親の, 決めても, 泰二君とは, 湯田の, 瀬下屋といふ, 犬たちが, 王子とは, 王子の, 瓜二つでは, 田草取とを, 由良婆さまを, 申しましても, 男たちは, 痩せた若い, 百姓男とに, 目を, 眼を, 知合ひ, 碁を, 神山教師の, 福仙平泉の, 福助それに, 私とは, 秋吉警部が, 秋吉警部の, 立ち別れ, 立ち話を, 立話し, 立話する, 立話を, 童子の, 第二, 筒袖を, 約束し, 約束通りに, 終生仲, 結婚した, 美女, 美少年と, 老博士, 老婆だ, 老婆であった, 老婆の, 老婆へ, 老嬢との, 老嬢とは, 老馬, 考へて, 腹の中の, 自分とが, 自分外に, 色娘の, 若々しい生命, 若い婦人, 若い手代, 若い未亡人, 若い美しい女, 若い美しい娘, 若い鷹匠, 若者が, 若者とが, 若者は, 行き会った, 袋を, 見えた庭, 見えた庭掃, 見て, 見るの, 見込を, 親しくし, 親しくなり, 親よりも, 言へば, 話しあうよう, 話したかったし, 話しを, 話し込んで, 話すこれ, 話を, 説文の, 警部の, 貞夫との, 路の, 近頃両国, 近頃兩國, 通って, 通つて來た, 逢わなかったかね, 連れだって, 連れ立ち角隠し, 連絡が, 道連れに, 那美さんと, 金太郎君とも, 鈴子夫人の, 鉄人, 関係の, 隣の, 青年と, 青年という, 青年とで, 青年との, 青年マイケルは, 青年出で, 面会を, 頬ずりし, 額を, 顔馴染に, 飛田とは, 飲んだそして, 飴細工それが, 高倉に, 黒羅紗の

▼ 老人~ (327, 2.3%)

7 あった, ある, 子供も 4 青年も 3 いれば, それを, 笑いながら, 笑った, 若い者, 若者も

2 [12件] あったが, あれば, うつくしく, そうだ, その後歯齦から, またこれ程, またなかなか, 同じ事, 女童児も, 浦島さんも, 腰を, 顔を

1 [260件] あきらめて, あつた, あまりの, ありました, あり十一歳, あり青年, あるそう, あるの, ある切齒, いくらか, いささか意外, いた, いたが, いたし, いたっていい, いっしょに, いっしょについて, いつの間にか岩窟, いでやと, いないけど, いながら, いる, うなずいた, うれしゅうお, おもしろい寒い温かいあゝあゝあゝ, お前に, お嫌い, お達者, かなり夜, こうあらわせ, ここに, ここへ, このあそび, このうえ娘, このごろは, この少年, この席, この時, この輪, これを, こわがって, さすがに, さっき自分の, しっきり, すくなくない, そこから, そこだけは, その一員, その侍童, その店, その物音, その第, その越前守, そばから, それに, そんな荷, たしかにこの, たしかに何, たちまちそれ, たぶんわたし, だまって, つづきながら, つりこまれて, としよりでは, ともにまったくりっぱ, とんと駄目, ない, なくなって, なるほどこの, にこにこし, のそのそと, ひしめきあつ, ひとりでに事務, びっくりし, ほっとした, ほんとは, まじって, また人, また嘆息, また小児, また弥之助, また種々, また自分, また長ずる, また頂上, また頽齢, まとって, めいめいの, めずらしく仕事, めっきり年取っ, もうこの世, もう帰つ, もはや七十, やっとわかった, やはりかの, やはりその, やはり盗賊, ようやく忘れん, ようやく疲れ, よく一緒, よく老, わけなくその, ニヤリと, ハハハハと, ポケットに, ロスコー氏も, 一ペンに, 一二年此の, 不覚を, 両眼, 中には, 中村座の, 二人あっ, 二人の, 云った, 亡霊に, 京師方の, 今は, 今日は, 以前の, 以前は, 何人かいた, 何萬と, 余り多く, 僕たちに, 僕等を, 兄さんも, 兄弟も, 八十八歳生間流の, 共に探照灯, 出て, 初めてつぐん, 初めは, 博士も, 双眼鏡の, 取る年, 口を, 同意に, 喜助少年も, 嘆息した, 外に, 多少てこずった, 天国の, 天衣無縫の, 女も, 娘や, 子も, 安心し, 寐入ばな, 寝台から, 小児も, 小八, 小林少年も, 少しずつ, 少しまいった, 少なくない, 少なく無, 少年も, 少年探偵団の, 居て, 幽霊船には, 庄三郎も, 強い口, 彼女の, 従属的人物である, 御一同, 御承知, 心を, 心得て, 思ひ懸けないので, 思出した, 悲しい悲しい身の上ばなし, 悲鳴を, 打解けて, 教へと, 新聞の, 昂ぶって, 昔脱獄を, 時々見廻っ, 書いて, 未だ曾, 来て, 来れば, 松女の, 枯れた高粱, 歩みを, 死なれたさうな, 死んだ, 殷勤に, 気の, 決して無事, 沈痛な, 泣いた若い, 流石に, 涙を, 淺薄で, 源吾の, 煙草入の, 父と, 生きては, 生前には, 男泣に, 白鉢巻を, 知って, 知らないと, 知らないよう, 石見守が, 磯貝の, 私が, 私の, 立ち去り嬢, 立つ, 立派に, 童も, 童児も, 笑い出した, 笑って, 等しく金切声, 紙銭の, 細川繁も, 終には, 結構だ, 老人百十三まで, 老婆へ, 肯いた, 胸もとに, 腹を, 膝を, 自分の, 自業自得だ, 若いの, 若いもの, 若い人々, 若くなった, 若しくは算盤, 行けば, 衣服を, 見えなかった, 話が, 話し始める, 語り合つてゐた, 読んで, 誰も, 調子よく, 負けずに, 負けは, 起きて, 足を, 軽蔑の, 辨當や, 送り來, 遂に任した, 道具屋は, 陳君も, 雑って, 飢じ, 首を, 驚いたよう, 黒羅紗の, 黙って

▼ 老人~ (222, 1.5%)

11 あつた 5 ござります 3 あつて, それは, 一人は 2 それ以前も, ふだんは, べらぼうに, 弥助, 日あたりの, 立居振舞に, 腰も

1 [183件] あさ, あのフランス人, あられますのでな, いかにも家老, いかにも時勢はずれ, いかにも清々, いくらか人, いつも山本勘介入, いつも玄関, いつも若い, いつも藜, いながら, おれに, お芳, きわめて小柄, ここから, ことし六十七に, この時, ござりました, さすがに, さっきから, しまいには, すこしく耳, すっかり背中, すらそれ, せう, そのころ七十いくつ, その隣り, つまりお婆さん, できるだけ長時間ダンス, なかに若い, なア, にこにこわらっ, ひとつまみほどの, ひどい西國訛, ほぼ百姓, まだ老, まっ黒な, みょうな, もう一人, もう五年間, もう百歳, もとよりいわゆる, もとより彼女, やはりにこにこ, ケダルナート・チャタルジーという, サモア料理, シーンと, ヒョロリと, 一代で, 一八〇六年以来ディーニュの, 七十余歳に, 万事を, 丈は, 丈夫な, 三藏は, 不随の, 二人とも, 井上八段の, 今日は, 仏勤めに, 伯父は, 何か, 何の, 何を, 何處が, 供が, 倒れて, 健康が, 元来が, 先代の, 兵役を, 利には, 十幾年とか, 半面に, 去年和田垣博士と, 号令の, 呆れられ笑われるの, 大玄和尚, 夫婦とも, 孫子は, 室の, 家族と, 寝衣, 小造りながら, 少々時代, 少しでも, 屆か, 届かぬ事, 左の, 市会議員で, 庭木の, 弾丸で, 当時大正四年に, 彼女の, 忠実一点張りの, 恐ろしいほどの, 成程, 折目の, 指頭画の, 教会の, 教服を, 数学の, 明治の, 時代に, 朱鑠を, 柔弱だ, 植物学者で, 機嫌が, 歯は, 気ばかりは, 氣ばかり, 沖釣りが, 灰色の, 父に, 物慾の, 疲れ切って, 白い髯, 白髪頭で, 白髯を, 眼の, 着物の, 矢代は, 矢張釣竿を, 神主で, 禿げた頭顱, 税務署長村長などを, 立派な, 算盤には, 精力絶倫と, 羊羹色に, 老人の, 聾の, 背の, 胡麻鹽頭の, 胴服を, 腰の, 腰は, 自分の, 自分獨りで, 自分達の, 茶を, 落着きの, 薄い顎鬚, 藩の, 裕福に, 西洋へなんか, 詐欺取, 説く所, 誰とでも, 貧乏人を, 貴族と, 身に, 部屋の, 酒が, 酒に, 酒の, 酒も, 酔えば, 醜男だ, 醫者と, 里見屋の, 金より, 鉤鼻の, 隠居を, 雪国の, 霜降りの, 青いリボン, 青年は, 青年を, 非常な, 鞣革の, 頭の, 頸に, 顔だけは, 顔つきにも, 顔つきは, 食扶持の, 高梨に, 髪は, 鯨で, 鶴吉の, 黒い髪

▼ 老人たち~ (147, 1.0%)

3 の話, は 2 の心, の心柄, の眼, は口, は矢代

1 [131件] からケガヅ, がお, がすぐ, がみな急, がわたし, がパンドーラ, が二言目, が五六人額, が例, が列, が勉學, が古い, が唇, が子, が恋し, が最も, が私, が答, が肝煎, が茣蓙, が言っ, が語り, が遺した, すでにかや, だけが残った, であった, であつ, でいずれ, でいつも, と望月, と茶, につれられ, にて試むる, にとってそれ, にとって安心, には何, には自分たち, にもすぐぴーんと, にも多少, に云い聞かせた, に取り囲まれ, に告げ, に売りつける, に対して一種尊敬, に注意, に背, に逢っ, に首きり, のあいだ, のいま, のする, のつつましく, のつとめである, のやう, の中心, の丹精, の予言, の仲間, の何パーセント, の口, の多く, の天命, の姿, の御, の愁え, の手伝っ, の日常, の来た, の残した, の気に入る, の生命, の良い, の記憶, の軽い, の酒, の間, の集り, の魂, はあれ, はいづれ, はこの, はご, はそこ, はそんな, はだい, はのぼせない, ははつきり, はみんな焼香, はもつ, はもはや, はハンス, はフキ, は一層, は伝へ, は何時, は僕, は北岸, は台, は呟い, は寺井焼, は彼, は心配, は恐らく, は戦場, は戸口, は手紙, は死んでしまつ, は爐傍, は矢代一家, は腕, は艫, は袴, は話, は雪洲, は鷺, へといっ, まで交じっ, もしきりに, もその後, も出, も封建時代, も思わず, も留守, も舌, も誰一人, をあつめ, をよびとめた, を想い出し, を紹介, を見まわした, 大いに叱りけれ

▼ 老人から~ (108, 0.7%)

3 聞いた話 2 渡された黄金メダル, 目を, 結婚問題に

1 [99件] いつか淡路島一帯を, いろいろの, うけた恥辱, うばったピストル, きかされたところ, こつそり, この不思議, こんな話, さずけられたもの, すぐに, その事, その姿絵, それに, たいへん歓迎, たびたびこれ, ちしや, とっちめて, はなすこと, ぼつぼつ着席, もらった天神様, やさしくながめられ, ゆずられそして, ゆずられた黄金メダル, イエズスの, ステッキを, ストーヴの, トマト苗を, 云ひ聞かされる, 伝え聞けば, 伝授された, 何を, 侠な, 俊亮に, 倉庫を, 借金を, 偶然貰った, 出る, 出るん, 十郎左の, 可愛がられ清書, 叱られたところ, 吉の, 問われるとき, 墓に, 大体の, 女子供まで, 少年少女に, 怒鳴られて, 戴いたもの, 手を, 手紙が, 教えられました, 教えられること, 教わりました, 春木少年の, 本草の, 来た, 槍が, 橋本へ, 歌手だ, 止められたほど, 歩き去り, 江戸時代の, 煙管を, 片山の, 田沼先生を通じて, 畠より, 百円受取っ, 直接に, 真面目に, 眼を, 稽古した, 精神の, 老人を, 老婢を, 聞いた, 聞いたが, 聞いたの, 聞かされたこと, 聞き知った為, 聞くところ, 聴かされた, 聴かされた江戸ものがたり, 背を, 自分の, 見ると, 言葉を, 話しかけて, 話して, 貰い受け, 農業について, 迎へが, 遺贈された, 金を, 金子三円を, 離れそうして, 離れなかった, 預つて, 黄金メダルの

▼ 老人~ (108, 0.7%)

2 がたくさん, がまだ, が言つて, と一緒, の仕事, の追憶談, は定めし

1 [94件] から聞いた, があつ, があの, があんな, がこの, がやって来た, がよく, が二つ返事, が二三人, が五六人, が偶然集つた折, が型通り, が寝つかれぬ, が寢, が小田原評定, が朝, が澤山, が自分, が言, だけの家庭, で十五マイル, とのいきさつ, とも親しい, と勝彌, と相談, と青年達, ならば, にとって好もしい, にも心配, に取, に本能的, に申傳, に路, のところ, のはいる, のみで三十年以前, の孫, の少年, の方, の殘, の比較, の気, の氣, の田舎縞, の衰え, の話し, の話柄, の通弊, の部屋, はうどん, はかう, はぎくりと, はくわしく, はこんな, はすっかり, はそう, はまた, はやめた, はやや, はよくよく, は両手, は二三竿, は二十年目, は其儘ブラジル, は又, は各々, は大きく, は小川, は常によく, は彼, は心から, は念仏, は忽ち, は最早, は朝, は林, は死ん, は花牌, は薄暗い, は訳, は逃げ延びただろう, ばかりでした, までが捕物帖, までその, まで滿洲行き, もその, も一散, も少し, も言いました, らしいの, を, を何時, を喰ひつかん, を待つた

▼ 老人~ (106, 0.7%)

4 子供を 3 子供の 2 女は, 女子供, 子供や, 子供等まで, 若いもの, 青年が

1 [87件] いくらかの, かみさんたちの, その他の, または最初いや, また宿, めくらが, ハイカラや, ヤンチャな, 七家の, 久米之, 乳の, 今の, 他の, 側に, 切髪の, 半老人, 周囲の, 多くの, 夫と, 女が, 女がつつ, 女たちは, 女たちを, 女の, 女子どもは, 女子供の, 女子供は, 女童たちの, 女達に, 女達は, 妻子を, 婆さんが, 婦人が, 婦人や, 子どもの, 子どもらが, 子供あるいは, 子供が, 子供たちの, 子供なぞに, 子供に, 子供には, 子供まで, 子供までが, 子供も, 子供等にも, 子供達には, 学校の, 家人を, 審判者や, 小児や, 少年なら, 少年探偵団さては, 幼児たちの, 弟に, 御池十郎左衛門らの, 春木少年が, 書生達が, 歯齦が, 母や, 母親にとって, 父とともに, 牛丸平太郎から, 現代に, 男の子の, 病人が, 病弱者への, 白衣を, 睨まれて, 童児には, 老婆の, 老婆男の子や, 老婦人ら, 腕組みし, 船に, 若い人, 若い女, 若い者, 若い衆たちは, 親族達は, 貧民を, 軍人の, 透明怪人の, 隠居や, 雇人の, 青柳などの, 黙りこんで

▼ 老人夫婦~ (103, 0.7%)

2 がひとつ, が住ん, が内, に紹介, の外, の家, はお, は十日間, は私

1 [85件] から十五歳位, が, があり, がある, がいる, がこっち, がこんな, がやっ, がロシア, が代っ, が倅, が出, が小, が殺された, が毎日米, が留守, が私, が自ら, が荒物屋, が遠く, さえ知らぬ, だけの医者, だと, であった, であれば, で上り口, といっしょ, として現われ, とその, とは縁, と其ころ十六七, と赤ん坊, なんかそり, にその, に仲人, に使, に別, に取, に引合わされた, に断られた, のまれびと, の住ん, の侘び住居, の傍, の前, の善良さ深切さ, の室, の寝, の小さな, の死骸, の気に入る, の炬燵, の無, の物堅い, の身, の養女格, は, はけっして, はまったく, は内心, は声, は客, は悲惨, は旦那様, は暮, は最初不承知, は本当に, は極端, は残念そう, は若, は落ちつく, は頻り, ばかりと聞いた, ばかりの陰気, もあり, もちょっと, も當, や乳, をそれとなく, をはじめ, を出, を真実, を置き, を訪問, 黒い面紗

▼ 老人には~ (88, 0.6%)

4 老人の 3 私は 2 それが, テニスは, 一人の, 定而迷惑可, 暮しに, 理解できない, 理解できまい, 老人相応の

1 [65件] いかよう, こたえるの, この意味, ござらぬて, すこし辟易, そういう職人, その時, それだけの, それを, そんな世話, だいぶ喘い, だれも, ちょっと待っ, つらかった, どことなく冒し, ならぬ, はっきりと, まだ話, わかって, フォーシュルヴァン氏とか, 一年も, 主人が, 今日が, 会わなかつたという, 何となく嬉しき, 何よりさ, 候わずや, 先妻にも, 出来ない, 分らなかったろう如く, 加福の, 厚く謝, 合点が, 噛み切れませんから, 子供は, 寿米を, 平賀先生でございます, 従い老, 慰安を, 所用が, 最も好い, 末っ子に, 此意味が, 泣き出しそう, 漢詩的風情が, 瀬木福松という, 無慈悲に, 無理です, 玉江さんの, 珍しい肺結核, 目も, 相違無い, 私の, 竹の, 答えず三谷, 米その他の, 美しい娘, 聞き取れないこと, 至極わかり, 藩用の, 解るまいかと, 足が, 通じないかも, 過去を, 面白いと

▼ 老人~ (86, 0.6%)

5 と思っ 4 ということ 2 がこれ, がまだ, で可, と云う, と少年時代, な, ね, よ, 老人だ

1 [59件] かお互い, からお, からその, からだ, からで, からという, からといっ, からといつ, からと言つて, からやっぱり, から世話, から夢中, から屋敷, から楽屋, から流されるだろう, から無論, から要領, から話, か若い, がどんな, がろくな, が一面, が中国人, が余程, が大きな, が東北教授会, が矍鑠, が腰, が辣腕, しこの間, し二十, そうだ, つたのです, つた何の, つた様だ, つた樣だ, つた酒好きで, て, といい合っ, といふ考, とお, とおっしゃいます, とかの片, とか蕨とりの帰り, とした, とはどうしても, とばかり思っ, と上機嫌, と主張, と分った, と告げたら, と思い込ん, と書かれ, と言う, なと感じた, なんて名ばかり, のが, ナ, 実際家

▼ 老人とは~ (49, 0.3%)

2 全然無関係

1 [47件] いえぬながら, いえダルトン, いえ声, いえ岩, いえ百戦, いつも小さな, きわめて自然, たがいに, ちとおかしい, どうしても思えない, べつの, また異なった, まったく縁, まるきり関係, 一味徒党という, 久しい以前, 今夜初めて, 仲善く, 似ても, 似も, 何者であろう, 反対に, 女給に, 少年時代久三が, 平常からの, 思って, 思はれない程, 思はれない速, 思へぬこの, 思へぬほど, 思われないほど, 思われぬ元気, 思われません, 日頃から, 服装に, 朝寝が, 江戸以来の, 紫の, 芝居での, 見えなかった, 見えぬが, 言うものの, 言えないけれど, 道端の, 違つた見る, 酒場, 頭を

▼ 老人らしい~ (47, 0.3%)

5 声が 4 声で 2 のが, 忿怒の

1 [34件] いびきを, がその, きちようめんな, ものである, 一応の, 事を, 人の, 侍が, 克明な, 其の様, 口吻, 吉良の, 咳を, 声であった, 声は, 声音である, 好奇の, 平気さで, 後頭部を, 所が, 接続詞を, 汚点も, 渋面が, 物の, 男の, 眼付で, 笑い半分に, 筋を, 聲が, 調子で, 謙遜さは, 顏が, 髪ぐらいは, 鳥打帽を

▼ 老人では~ (44, 0.3%)

6 あったが 5 あるが, ない 4 ある 2 ありません, ないか, なかった

1 [18件] あった, あつた, あり且つ, あるまい, あろうが, とてもお, ないかと, ないの, ないのに, ない変装, なかつた, なくつまり, なくて, なく本物, なさそう, 何分頼みます, 心像の, 有りません随分

▼ 老人である~ (42, 0.3%)

4 ことを 2 が今

1 [36件] かのよう, からこれ, からそう, からという, からとうとう, からどんな, から泣い, から猫万どんと, が, がわが, が依然, が客, が検事, が淡紅, が若い, が資格, が運動, ことは, だけ, ということ, というほか, とともにごく, とのこと, ともまた, と日本一太郎, に違い, のみならず, のも, のを, 事は, 可きであった, 司祭の, 樣に, 監視長の, 私には, 自分の

▼ 老人にも~ (42, 0.3%)

2 及ぼして, 青年にも

1 [38件] あのまま, あれそれ相応, お心, このよう, しばらく逢う, じぶん, その訳, どうか御, ならず病人, なりその, なんとも, 三浦老人にも, 人猿にも, 似合わない感傷的, 同情し, 外套を, 好色の, 容易く登れる, 少年にも, 御馳走を, 愛されるし, 拘らず眠って, 救いであり, 日が, 明日伝え, 楽しみが, 深く感謝, 稀には, 芸人としての, 若人にも, 若者にも, 親しげ, 訊いた, 誠意を, 逢いたくなった, 逢われましたかな, 連れは, 馬にも

▼ 老人~ (39, 0.3%)

2 の中

1 [37件] からイヤ, から危, がせいぜい, が口, が着, が與, が集まっ, が集まつ, である耕作, でさえ全く, でそれ, なかなか面白い, にどんな, にむかつ, に嘱托, に対して生命, に訊ねた, の内, の愛情, の放蕩話, の真似, はかね, はこれ, はびっくり, はむしろ, はもう, は南畫, は多く, は矢庭, は私, は英吉利, は賢い, は首, も岡島八十左衛門, も集まっ, を憤慨, 全然惚れ込ん

▼ 老人という~ (32, 0.2%)

8 ものは 4 のは 2 のが, わけで

1 [16件] のこそ, ひとは, ものも, んだ, 代表的田舎者が, 奴は, 存在を, 年こそ, 幽霊などは, 感じが, 感じだった, 歳でも, 神主様の, 老人は, 者じゃ, 訳で

▼ 老人~ (29, 0.2%)

2 向って, 眼を, 近寄って

1 [23件] おくる弦, くわしく告げました, 云った, 令状を, 匙を, 囁いた, 声を, 宛てた手紙, 差上げて, 床几を, 御下問, 御気扱, 手渡した, 気づいたの, 渡して, 眼で, 禍を, 突きだして, 葛卷が, 賄賂に, 贈ったの, 追いすがってでも, 酬いたもの

▼ 老人です~ (28, 0.2%)

32 から目ざとい, が吾妻屋

1 [21件] かえ, から冬, がかうした, がその, がそれ, が何ん, が力, が商人, が四十, が慶, が正面, が田舍名主, が界隈, が界隈切つて, が異様, が身體, が輕, が道樂者, が醜く, ので老い先, よ小さい

▼ 老人であった~ (27, 0.2%)

1 [27件] から, から打つ, がこれ, がさすが, がしかし, がしずか, がそれでも, がもう, がガリガリ, がスッポリ頭巾, が一本, が今度, が他, が其処, が大いなる, が平生, が或, が気だて, が無類, が若い, この老人, し一方, その老人, と泣い, のだ, のでそうして, 父が

▼ 老人でも~ (24, 0.2%)

2 若者でも

1 [22件] ありのぼせ者, あります, ある, あるならば, ないわたし, まだわし, やがて来る, 一度剣, 亡い, 借りて, 同じ人間, 変りは, 子供でも, 家の, 小供, 少し違う, 心易く, 扱いようじゃ, 男である, 胸に, 若者に, 連れて

▼ 老人との~ (23, 0.2%)

5 間に

1 [18件] ことで, なかに, ほかに, 会見は, 問答を, 四人で, 四人であった, 四人暮しであった, 旧交ぶりを, 約束から, 話は, 距離を, 間にあって, 間は, 間へ, 間柄は, 関係を, 隔りは

▼ 老人~ (23, 0.2%)

1 [23件] が互, が彼等, が無くなっ, が皆, である, とは異, と一つ, と一時四十分熱海驛發臨時列車, と訳し, にあっ, の勢, の生活, の言葉, はもう, は一先自分, は圍爐裏, は念佛, は悉皆, は棚, は皆夫, は自分, は色, は赤い

▼ 老人~ (21, 0.1%)

4 のか 2 のだ, のです

1 [13件] のかい, のであった, のである, のでございました, のでございます, のでそのまま, ので精, のにひどく, のを, んだ, んです, んでなに, んの

▼ 老人とが~ (18, 0.1%)

1 [18件] いた, こう話し, この館, それに, それらを, ハッハッと, 何か, 同じ危險状態, 夜の, 待ちうけ, 日向で, 波多野邸で, 生活した, 紋付袴で, 草に, 警官に, 集つて心霊学の, 頻りに稿料

▼ 老人一人~ (18, 0.1%)

3 は妻

1 [15件] ありて, が生きのこった, しかいない, だけはやはり, だと, ですから, で故障, にきかせる, に向, の姪, の若, は老, を想像, を相手, 残った

▼ 老人とも~ (17, 0.1%)

2 若者とも, 見えない元気

1 [13件] いう, つかぬ人影, 何時頃よりか, 区別が, 子供とも, 思えぬ敏捷さ, 思えぬ鋭い, 思われないほど, 思われぬはや, 懇意に, 見えない足早, 見えなかったが, 言えぬその

▼ 老人らしく~ (17, 0.1%)

2 もない

1 [15件] て女性, て巧い, もなく, 佐和子は, 佶屈な, 冬山で, 咳を, 年相應の, 無能力者は, 熟っ, 相手が, 眩しそう, 私は, 腰を, 貧乏人は

▼ 老人自身~ (16, 0.1%)

1 [16件] がなんで, が書き残した, が着る, であったの, にすら聞かせたい, によって考案, に匡正, のひと, の運命, はその, は迚, は都合, もけんめい, もそれ, も亦, も言った

▼ 老人だった~ (15, 0.1%)

1 [15件] かね, が, がいま, がその, がとりわけ, がなお, が何, が秘密, ということ, のです, のでもうすこし, ので僕, ので打明ける, ので経費, よどうも

▼ 老人~ (14, 0.1%)

1 [14件] さもなければ以前, それが, どっちか, 不良学生か, 主婦かが, 偉丈夫に, 又は瀕死, 坊主に, 女か, 子供か, 子供の, 疲れた者, 老人の, 若者か

▼ 老人ども~ (14, 0.1%)

1 [14件] がいささか, がやかましく, が想像, が考へる, にいっ, に就い, に申しつけ, に面, のこと, の云う, はそれ, は常に, へ云った, もまるで

▼ 老人なら~ (14, 0.1%)

2 僕は, 去年の 1 あのむこう, たいていの, とうてい活かし, とほう, ば老人, 京都から, 今との, 偽善が, 南無阿彌陀佛, 老人に

▼ 老人じみた~ (13, 0.1%)

3 考へを 1 ことを, ものに, 信玄袋を, 心持に, 心持を, 感じを, 手が, 投げやりな, 調子で, 顔付である

▼ 老人ばかり~ (13, 0.1%)

1 [13件] しずかで, でした, でその, でなく彼, でヨタ, で淋しかろ, で若い, で集ってるもの, なの, なので, なのに, なら最初, 揃って

▼ 老人その~ (12, 0.1%)

1 [12件] お流れを, 亡き後は, 人であった, 人に, 人の, 前を, 娘婿の, 孫の, 狐の, 背後から, 金を, 顔を

▼ 老人などが~ (12, 0.1%)

1 [12件] あるか, おどけまじり, その一つ, ひたすらに, ぼつぼつ花, らちも, 健康な, 多い, 寄つて集つて北畠准后の, 悴の, 時に抜け, 飄として

▼ 老人にとっては~ (12, 0.1%)

1 [12件] この疑問, じつにねがっ, それは, それ以外に, ワリの, 一種の, 子よりも, 往々快い, 映画の, 木という, 雪に, 風の

▼ 老人に対して~ (12, 0.1%)

1 [12件] 何も, 口を, 尤も先方, 憐憫の, 抱くべき人間らしい, 抱く暖かい, 新しい問題, 済まないよう, 猛烈な, 示した愛情, 覚え始めた, 親しみの

▼ 老人子供~ (12, 0.1%)

1 [12件] あわれなる人々, などは先, の一人, の多い, の寝, の手, の連れ, は五勺, は家, を扶, を連れた, 残らず召し捕る振遠

▼ 老人とを~ (11, 0.1%)

1 [11件] おろしダルメイダたち, かわりばんこに, かわるがわる見比べ, ほのかに, よく見分け, 並べて, 乗せたる一輌, 先に, 収容し, 混同し, 誤認し

▼ 老人などは~ (11, 0.1%)

2 花茣蓙を 1 そういう役目, みな根来粉河槇尾などの, 感謝状を, 昔を, 有るが, 渋団扇を, 疲労の, 置き去りに, 金の

▼ 老人よりも~ (11, 0.1%)

2 分別あり 1 その土地, たしかに二倍, むしろ人生, ロープの, 利巧です, 多い訳, 寧ろ常に青年, 私は, 酒瓶を

▼ 老人でした~ (9, 0.1%)

2 が私 1 から, がその, がちょうど, が平次, が服, が皆, ので盗人たち

▼ 老人とか~ (9, 0.1%)

1 ですから, まだ先, ヒステリーの, 児童とかの, 医者とか, 商人とか, 或は子供, 病人とかに, 閑人とか

▼ 老人にとって~ (9, 0.1%)

1 それ以上何が, たえ難い, どんな役目, なんであった, 一人という, 凡そ不思議, 有益である, 現代風俗が, 素直で

▼ 老人~ (9, 0.1%)

1 が懇, にとってはこの, にとって仕合わせ, のこと, はその, は唇, は多く, よりもいっそう, を墓穴

▼ 老人~ (9, 0.1%)

1 じゃ, のホルモン剤, の空襲下, の長, はクリゴト, は大した, は始終, は若者, を私

▼ 老人~ (9, 0.1%)

2 は記憶 1 が物欲, が相続争い, に聴い, に還り, の合点, の美点, は相続

▼ 老人こそ~ (8, 0.1%)

1 あぶない短気, ほんものの, フィリップ殿下と, 二十面相の, 享和文化文政の, 先生かも, 魔法使いです, 鵞湖仙人だ

▼ 老人だけに~ (8, 0.1%)

1 それが, ただ一人寒, 当らず触らず, 怒れも, 比較的に, 特別な, 自分の, 袖の

▼ 老人でない~ (8, 0.1%)

3 限りは 1 その苦痛, と云った, と合わない, と見, のであった

▼ 老人などの~ (8, 0.1%)

1 いうこと, しばしば口, 中には, 十七名で, 思惑を, 無い家, 発起に, 非常に

▼ 老人二人~ (8, 0.1%)

3 の面やう 1 が私, では, の話し声, を心配, を郷里

▼ 老人だけは~ (7, 0.0%)

1 どうしてもつかまえなけれ, べつな, 予知し, 反対した, 太平である, 彼の, 手錠を

▼ 老人として~ (7, 0.0%)

2 生きたと 1 堂々ともし, 安宿に, 左近将監様や, 有名な, 此の

▼ 老人と共に~ (7, 0.0%)

1 人々に, 出で, 博多に, 宿の, 微笑する, 語りあった弥之助, 駈けだして

▼ 老人などを~ (7, 0.0%)

1 あれへ, この席, よく見る, 入れ百五十人, 寄せつけない, 掴まえて, 追いかけて

▼ 老人について~ (7, 0.0%)

1 それを, なら, ゆき曳い, 一曲がりする, 何か, 知って, 自ら矜り

▼ 老人に対する~ (7, 0.0%)

1 世評は, 周囲の, 好意が, 彼の, 憎悪が, 批評を, 沈重なる

▼ 老人までが~ (7, 0.0%)

2 確か自分を 1 うって, おおぜ, その連れ, 今夜は, 頓狂な

▼ 老人同士~ (7, 0.0%)

1 がいつ, である, であるから, で四國, で柔かい, で組ん, は酒

▼ 老人夫妻~ (7, 0.0%)

1 がすっかり, だけのよう, と書生, の漫遊客, はその, は二階, も遠き

▼ 老人~ (7, 0.0%)

1 だけで, と来た, の方, はその, までがいや, も若い, を罵倒

▼ 老人臭く~ (7, 0.0%)

1 こんな事, ていけない, てごみごみ, て色, なって, 自制心ばかりが, 色が

▼ 老人この~ (6, 0.0%)

2 老人が 1 ときだけは, 上様の, 件に関して, 杯を

▼ 老人さえ~ (6, 0.0%)

1 いた, こう云っ, つけて, やはり船ば, よければ, 真底我折っ

▼ 老人じゃ~ (6, 0.0%)

2 ないか 1 ありませんか, ない, ア塚原卜伝ぐらいの, 喰い足りねえと

▼ 老人としては~ (6, 0.0%)

1 あまりに軽率, たった一年, 叔父の, 当然の, 朝っぱらから, 珍らしい

▼ 老人なる~ (6, 0.0%)

2 が故に 1 が如く, こと判明せり, は即ち, 関守は

▼ 老人のみ~ (6, 0.0%)

2 では 1 だと, であった, でなく友松, 食ふ

▼ 老人より~ (6, 0.0%)

1 それとなく申しふくめられまし, なほさら辛抱づよくはない, 先にから, 授けられたる切図, 教えられた清明心極, 罪が

▼ 老人をも~ (6, 0.0%)

1 かかる洋館, かほどな, こめて, 嫌って, 訊ねて, 読者に

▼ 老人諸君~ (6, 0.0%)

1 がつまり, とは少し, と違っ, の宴会, は自分, も私

▼ 老人あり~ (5, 0.0%)

1 て止むれ, と聞き, 娘あり, 振りかえり, 誰か

▼ 老人からも~ (5, 0.0%)

1 きびしい文面, どうした, 何かの, 同じよう, 聴きましたが

▼ 老人だの~ (5, 0.0%)

1 子供だ, 小供, 町人だの, 紅葉山へ, 黄金メダルだ

▼ 老人であっ~ (5, 0.0%)

1 たりする, てそうして, てまた, て故, て村

▼ 老人であり~ (5, 0.0%)

2 一人は 1 ひどく酔っ払っ, 後に, 文五郎は

▼ 老人でさえ~ (5, 0.0%)

1 いよいよ出家, ダンス熱に, 内外の, 歯がゆがっ, 経験した

▼ 老人とともに~ (5, 0.0%)

1 クリストフが, 中空に, 庭の, 表へ, 階下の

▼ 老人ながら~ (5, 0.0%)

1 まだまだあの, 戸ヶ崎熊太郎それから, 背丈の, 鋭いことばつき, 颯爽たる

▼ 老人などに~ (5, 0.0%)

1 かまわず勝手, たまに, 問ひたれ, 答えた, 自動車で

▼ 老人によって~ (5, 0.0%)

1 具体的に, 堅く口止め, 宇宙の, 為されたこと, 身を

▼ 老人ひとり~ (5, 0.0%)

1 で切り盛り, のはず, の言葉, を相手, 居るだけ

▼ 老人への~ (5, 0.0%)

1 よき執, 一椀の, 厭味三校を, 好奇心ばかり, 贈り物と

▼ 老人みたい~ (5, 0.0%)

2 に見える 1 な感じ, な風貌, にすぐ

▼ 老人よりは~ (5, 0.0%)

1 がっしりした, みな若い, 勿論印籠, 少年に, 老人の

▼ 老人らしくない~ (5, 0.0%)

2 声が 1 その体格, 激越な, 粗暴率直豪放無邪気といった

▼ 老人くさい~ (4, 0.0%)

1 と思ふ, のは, ような坐り, 木です

▼ 老人~ (4, 0.0%)

1 へやはり, へよけれ, へゐなけれ, へ真底我折つて噂仕合

▼ 老人じみ~ (4, 0.0%)

1 てき, て見える, て面白かっ, 五ツも

▼ 老人そう~ (4, 0.0%)

1 では, はさせない, 一言ひと言切っ, 年上の

▼ 老人それ~ (4, 0.0%)

2 に小僧 1 に学校, も鬱陶しい

▼ 老人だけ~ (4, 0.0%)

1 だ, だった, であった, であるし

▼ 老人といふ~ (4, 0.0%)

2 ものは 1 のは, 僧の

▼ 老人とに~ (4, 0.0%)

1 お詫びし, 感謝する, 邂逅した, 養われて

▼ 老人など~ (4, 0.0%)

1 おれの, その芸, たまにみなさん, 撃ちません

▼ 老人なども~ (4, 0.0%)

1 あった, わっし, キリシタンであった, 貧乏閑なし

▼ 老人に対しては~ (4, 0.0%)

1 なんらの, 安慰, 尊敬を, 常になすべき

▼ 老人はと~ (4, 0.0%)

2 見ると 1 くいらしくしゃべりつづけるの, ほうも

▼ 老人まで~ (4, 0.0%)

1 一緒に, 年齢の, 極めて眞面目, 殺さなくても

▼ 老人めいた~ (4, 0.0%)

1 グチが, 心の, 気持ちに, 胡麻白の

▼ 老人~ (4, 0.0%)

1 から五十余年前, は弱, までのところ, も存在せり

▼ 老人~ (4, 0.0%)

1 か用事, か過去, でもする, をなされます

▼ 老人崇拝~ (4, 0.0%)

2 の弊, の田舎者

▼ 老人文学~ (4, 0.0%)

2 でないこと 1 と言つたの, なぞと簡単

▼ 老人~ (4, 0.0%)

1 からよく, ではカナル線, で居た, の一人

▼ 老人あなた~ (3, 0.0%)

1 こそどうか, は二十面相, は以前

▼ 老人あの~ (3, 0.0%)

1 当時, 方なら, 気の

▼ 老人~ (3, 0.0%)

1 つかれであろう駕, 別れ致します, 得意の

▼ 老人かと~ (3, 0.0%)

1 云うなり, 思えば, 思われるが

▼ 老人かも~ (3, 0.0%)

1 しれないと, 知れない, 知れないわね

▼ 老人からの~ (3, 0.0%)

1 お礼を, 委託金を, 申し込みでありました

▼ 老人これ~ (3, 0.0%)

1 は野幇間, を携え, を聞く

▼ 老人~ (3, 0.0%)

1 恩を, 老人, 老人ッ

▼ 老人しか~ (3, 0.0%)

2 見なかったが 1 覚えて

▼ 老人そち~ (3, 0.0%)

3 のけに

▼ 老人そんな~ (3, 0.0%)

1 事で, 事は, 卑しい弁才坊

▼ 老人だけには~ (3, 0.0%)

1 そう言葉, 内密で, 打明けて

▼ 老人だけの~ (3, 0.0%)

2 話で 1 友達だ

▼ 老人でなく~ (3, 0.0%)

1 とも此心持, とも病人, とも見とれる

▼ 老人なき~ (3, 0.0%)

2 家なれ 1 家の

▼ 老人にでも~ (3, 0.0%)

1 とっくりと, めぐり逢ったよう, 訊ねたら二子山

▼ 老人にな~ (3, 0.0%)

1 つたもう, つても, つて病気にな

▼ 老人にまで~ (3, 0.0%)

1 嫉妬なさる, 射撃, 衰弱させ

▼ 老人はに~ (3, 0.0%)

1 こ, やっと微笑, やり笑って

▼ 老人へは~ (3, 0.0%)

1 猪口を, 葉巻を, 追い着けません

▼ 老人~ (3, 0.0%)

1 彼は, 早く行っ, 青年よ

▼ 老人アンリ・アラキ~ (3, 0.0%)

1 という存在, と老人, と親分

▼ 老人ブラン~ (3, 0.0%)

1 が小声, の言つた事, はこれ

▼ 老人レッド~ (3, 0.0%)

1 から盛ん, の身体, は命ぜられる

▼ 老人仲間~ (3, 0.0%)

1 がいた, が落ち, では今

▼ 老人同志~ (3, 0.0%)

1 が興奮, のよう, の間

▼ 老人小児~ (3, 0.0%)

1 といえ, を殺い, を看病

▼ 老人染み~ (3, 0.0%)

2 てもゐる 1 て見える

▼ 老人殺し~ (3, 0.0%)

1 のニュース, の疑, 畑柳夫人の

▼ 老人~ (3, 0.0%)

1 が狂った, でもちがった, をつけ給え

▼ 老人特有~ (3, 0.0%)

1 なきか, な老い, の汚

▼ 老人病學~ (3, 0.0%)

1 なる醫學, の對象, は富者

▼ 老人相応~ (3, 0.0%)

2 のオモチャ 1 に待遇

▼ 老人自分~ (3, 0.0%)

1 じゃまだ, の身体, は見た

▼ 老人臭い~ (3, 0.0%)

1 口調に, 引っ込み思案な, 顔に

▼ 老人~ (3, 0.0%)

1 か下等, が感服, をばなんとか

▼ 老人連中~ (3, 0.0%)

1 と来た, はいっしょ, はクリストフ

▼ 老人いずれ~ (2, 0.0%)

2 春には

▼ 老人いっかな~ (2, 0.0%)

1 手放そうとは, 退かない

▼ 老人からは~ (2, 0.0%)

1 引出せさ, 此事件を

▼ 老人がと~ (2, 0.0%)

1 ぼとぼと歩い, 一応は

▼ 老人ことに~ (2, 0.0%)

1 おぢ, 女の

▼ 老人すら~ (2, 0.0%)

1 この装い, 試に

▼ 老人その他~ (2, 0.0%)

1 の人, の話

▼ 老人たった~ (2, 0.0%)

1 ひとりな, 二人しか

▼ 老人だけが~ (2, 0.0%)

1 残されました, 見なかった

▼ 老人だって~ (2, 0.0%)

1 富田さんも, 屈せずには

▼ 老人だつた~ (2, 0.0%)

1 が女子, が後者

▼ 老人であれ~ (2, 0.0%)

1 ばある, 子供であれ

▼ 老人でございます~ (2, 0.0%)

1 からお, からそれ

▼ 老人でなかった~ (2, 0.0%)

1 が蠣浜橋, としたら

▼ 老人でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば女子供, ば興趣

▼ 老人といった~ (2, 0.0%)

1 ふうにしか, 印象を

▼ 老人とても~ (2, 0.0%)

1 こうして雑魚寝, 酒の

▼ 老人とはにても~ (2, 0.0%)

1 につかないひとり, につかぬシャン

▼ 老人などと~ (2, 0.0%)

1 いいはること, 話しなど

▼ 老人などには~ (2, 0.0%)

1 寄りつけない所, 興味を

▼ 老人においてすらも~ (2, 0.0%)

1 洋映画の, 進駐軍の

▼ 老人にたいして~ (2, 0.0%)

1 いかなる愛情, ひそかな

▼ 老人にだけ~ (2, 0.0%)

1 意味の, 飲ませた

▼ 老人にと~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 老人によ~ (2, 0.0%)

1 つて判明した, つて為された

▼ 老人に対しても~ (2, 0.0%)

1 この典, 妾に対しても

▼ 老人のての~ (2, 0.0%)

1 ひら, ひらにも

▼ 老人はさ~ (2, 0.0%)

1 こそあらめ, のみに恐れない

▼ 老人はちよ~ (2, 0.0%)

1 つと舌, つと顎

▼ 老人ばかりが~ (2, 0.0%)

1 こんな叱, 何十人も

▼ 老人ぶる~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことは

▼ 老人みた~ (2, 0.0%)

1 ようだ, ような

▼ 老人もう~ (2, 0.0%)

1 一倍腰を, 九十以上の

▼ 老人もが~ (2, 0.0%)

1 そうである, ツかりした

▼ 老人やってる~ (2, 0.0%)

1 なとはぶしつけ, なと叫び

▼ 老人をと~ (2, 0.0%)

1 ぼとぼと河岸づたいに, 思って

▼ 老人オファレル~ (2, 0.0%)

1 が家, はその

▼ 老人ホーム~ (2, 0.0%)

1 にい, にいる

▼ 老人一名~ (2, 0.0%)

1 と見る, 雇いたいが

▼ 老人一家~ (2, 0.0%)

1 と知り合い, を慘殺

▼ 老人中年~ (2, 0.0%)

2 まで毎度野諸村

▼ 老人~ (2, 0.0%)

1 事くれぐれ, 意匠

▼ 老人仲仕~ (2, 0.0%)

1 が, も新之助

▼ 老人優遇~ (2, 0.0%)

1 の意, の社會保障

▼ 老人取引所~ (2, 0.0%)

2 の業

▼ 老人~ (2, 0.0%)

1 の肉料理, の雑談

▼ 老人女子供ら~ (2, 0.0%)

1 が侵入, の家族

▼ 老人女子供達~ (2, 0.0%)

2 の十人

▼ 老人姿~ (2, 0.0%)

1 ですが, の二十面相

▼ 老人子供大抵~ (2, 0.0%)

2 の病人

▼ 老人~ (2, 0.0%)

1 の裏口, を訪問

▼ 老人実に~ (2, 0.0%)

1 もようこそ, 達者な

▼ 老人幼い~ (2, 0.0%)

1 加藤二郎さん川越の, 者を

▼ 老人心魂~ (2, 0.0%)

1 に徹し, に徹しまし

▼ 老人~ (2, 0.0%)

1 に桶, のない

▼ 老人扱い~ (2, 0.0%)

1 をされ, をした

▼ 老人~ (2, 0.0%)

1 にかまはず, にかまはず勝手

▼ 老人支配人~ (2, 0.0%)

2 の民五郎

▼ 老人染みた~ (2, 0.0%)

1 稚拙さに, 道楽に

▼ 老人相手~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の妾

▼ 老人紳士~ (2, 0.0%)

1 があった, は誰

▼ 老人老い~ (2, 0.0%)

2 衰えたこの

▼ 老人老女~ (2, 0.0%)

1 がおのおの, の覚え

▼ 老人老婆~ (2, 0.0%)

1 の後, の背後姿

▼ 老人~ (2, 0.0%)

1 がむず痒う, がスウーッ

▼ 老人自ら~ (2, 0.0%)

1 が大いに, が書きし如く

▼ 老人若い~ (2, 0.0%)

1 の御, 時に

▼ 老人訪問~ (2, 0.0%)

1 の第, の約束

▼ 老人趣味的文学~ (2, 0.0%)

2 を否定

▼ 老人醫學~ (2, 0.0%)

1 の發達, は考えもの

▼ 老人雑話~ (2, 0.0%)

1 には遊女, に見える

▼ 老人霰小紋~ (2, 0.0%)

2 の裃

▼ 老人~ (2, 0.0%)

2 に霜

▼1* [475件]

老人あって幻妙, 老人あつかひをされる, 老人あらゆる人々が, 老人ありしを白石, 老人あり招きて食, 老人ある家では, 老人あれの手口, 老人いいかげんになさい, 老人いかがです, 老人いじめの設備, 老人いつもの癖, 老人いぶかしく思ひしか, 老人いらぬ過役, 老人いわくあれ聞きたまえ人, 老人うかうかと通りかかる, 老人うなずいていた, 老人うまく僕等を, 老人お互い心配だな, 老人かつら大福助, 老人かなわぬまでもと, 老人かに邪魔され, 老人からとくいの, 老人がね義太夫を, 老人がのツそりと, 老人がはひつて, 老人がをります, 老人きっと高大之進へ, 老人ぎらいな負けん気をあらわし, 老人ここへこい, 老人こちらかな, 老人ささやきしは, 老人さぞ落胆され, 老人さっきまでの苦労, 老人さてどんな名案, 老人さまへは歓之事難有存候, 老人しづかに其中, 老人しなびた日焼けの, 老人しばらく眼を, 老人じみてるといっ, 老人じゃったが, 老人すっかりよろこびそわそわ, 老人せっかくの睡り, 老人そっくりじゃない, 老人そのままの姿, 老人それではご存知で, 老人や, 老人たいへんな役目, 老人ただの風呂番, 老人たちコラムやモリイシャ, 老人たち五六名を従, 老人たるや肉喰, 老人だいぶ前から, 老人だったでしょうか, 老人だらうとそんなふうに, 老人だれをお呼び, 老人ちゃんちゃんこの袖, 老人ちょうどすれちがったこの, 老人ぢやつたら死ぬほどの, 老人って奴が, 老人つえの用意, 老人つまり二十面相がその, 老人つるつるの赤茶けた, 老人つるりと唾に, 老人づれ背負商人青服を着た, 老人であったではない, 老人であったら召抱えもしまい, 老人でありますから旅行, 老人であろう二階笠の, 老人であろう入り乱れている, 老人でございましたが将軍家, 老人でござるかな私, 老人でさえも雑誌や, 老人でなくなった人が, 老人といふばかりでなく至つて金, 老人とおもはれる, 老人とかいうのが, 老人とかの側に, 老人としか思われなかった彼, 老人とっぷり墨汁を, 老人とで和めすかした, 老人とでも云えば, 老人とばかり思って, 老人どうしました, 老人どうしてあんたは, 老人どこにいる, 老人どころかまだ三十歳, 老人なかなか味を, 老人ながらも僕の, 老人なぞが休息する, 老人なぞの顔と, 老人などで壮者は, 老人などとは思われない, 老人などとも同じ単位, 老人などよりはもっともっとびっくり, 老人なみに早く, 老人なら見おぼえがあるだろう, 老人なりに対するその家族, 老人なれば奥曲輪, 老人なんかただの, 老人なんかがいるの, 老人なんぞはいらぬ取越苦労, 老人なんぞに持って, 老人なんぞにはどんなに好い, 老人なんていふもの, 老人なんと返事を, 老人においてもまたしかりで, 老人にこにこ笑って, 老人にすらも及ばない, 老人にたいする感謝の, 老人にて京都在の, 老人にとってもそれを, 老人にわかに狼狽し, 老人に対しことさら親切, 老人に対するの責任たるを, 老人に関する限り私への, 老人ので三番目が, 老人のばかりを狙って, 老人のみが次の, 老人のみにあらずと, 老人のみは始終にこにこ, 老人のみを以て組織された, 老人のよぼけ足で, 老人のりちぎ者, 老人はうら枯を摘んだ, 老人はさえざった, 老人はじつと考, 老人はじぶんでとり, 老人はぞろ, 老人はつつ立つたまま, 老人はぶきみに笑いました, 老人ばかりは彼は, 老人ひそかに思っ, 老人ひどく窶れたのう, 老人ふうになっ, 老人ふたりの徐かな話し声, 老人ぶっている, 老人ぶつてゐる, 老人へつつぬけなの, 老人へと成長し, 老人ほど滑稽に, 老人ほどの方術家にも, 老人ほらを吹く, 老人まさにその駕籠, 老人また出かけて, 老人または盲者の, 老人まだそんなこと, 老人までも舞って, 老人むきですな, 老人むつとした, 老人の激怒, 老人めいておしまい, 老人めいた枯れた字体には, 老人めく因循姑息な, 老人もかの女も, 老人もとどりたれたる小, 老人もと深川冬木町に住, 老人やっている, 老人やら水汲み, 老人やらが寄つて集つていろ, 老人ゆうべのエジプトたばこ, 老人ゆえ安心は安心, 老人ゆえ相手になすった, 老人ゆるしてください, 老人らしくする日本人の, 老人らしくほがらかな, 老人らしく似つこらしい打扮, 老人らしく思われるのが, 老人私に, 老人をば巡査五人し, 老人アリ常ニ衆ニシタガッテ法, 老人アンドレア・バルヂピエロの別荘, 老人オースチン儀にご, 老人ガヨモヤ大久保公デハ有ルマイ, 老人ガ教エテクレタガ世ノ中, 老人ガ注射ヲオ受ケニナルト云ウナラ今回ハソレダケノ準備ヲシテ取リカヽルカラ, 老人キトクの電報, 老人グッとつまった, 老人グルックに化粧, 老人スッカリうち明けて, 老人スックとたちあがった, 老人スリッパはいた, 老人チョコチョコと隅, 老人ッ助太刀申すぞ, 老人デアルコトヲ自分ミズカラモ認メテイルニ違イナイトソウ思ッテ世間ガ安心シテイルトコロガ附ケ目デアル, 老人デイラッシャルノデ牽引法ソノ他手数ノカヽル面倒, 老人若イ者トハ, 老人彼は, 老人取ッ掴マッテオ相手, 老人ニイスはかしこかっ, 老人ニコラ博士はちゃんと, 老人ニハ知ラセテ置イタ方ガ都合ノイヽコトガアルノダカラソレナラ少シデモ, 老人ニユウと禿顱, 老人ノコトデスカラ多少ノ, 老人ノコトデスカラソノ御辛抱ガ辛イト, 老人ハチョットシェパードガ足元ニ絡ミ着イタヾケデ転ンデ大, 老人ハ私ノコノ美シイ足, 老人ミールポア司教と同じ, 老人メクことが非常, 老人ヤヲら振り返りつ, 老人ルカの話, 老人ロシアの農民風, 老人ローリイそれからブルック氏, 老人騙シニカヽッテタンダ, 老人ヴェール氏はナポレオン, 老人一度にそこ, 老人一言も発しない, 老人万朝の中内, 老人万能で眼前, 老人三十二歳の時, 老人上様拝領の葵, 老人下らなく話しかけて, 老人下り來りお茶, 老人不具癈疾または有位者, 老人不快そうに横, 老人中老若い男, 老人中藝術學問會社經營生産政治になお, 老人が側, 老人主従と連れ立っ, 老人久しぶりじゃのう, 老人亀背なん, 老人二三に嘱托者, 老人二人婦人一人半子供十人半が平常, 老人二年の福原, 老人井戸のそば, 老人人違いでござる, 老人今日は中, 老人仏壇の前, 老人以外にはない, 老人以外古物保存にはなん, 老人会って話し, 老人会弥重陽明日御催, 老人会等を設け, 老人何んとやら姿, 老人何処まで発展, 老人余りの嬉し, 老人てその, 老人の気作, 老人信者とをつれ, 老人にも若い, 老人の近づく, 老人優勢國になる, 老人兄弟を慰め, 老人先ごろも行, 老人先年その娘, 老人六名青年十九名婦人七名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 老人其の隣りなる釣り手, 老人其他とりどりに盛装, 老人其処にいた, 老人冷酒をのみナムナムナム, 老人処理法として極上, 老人初め軍人となり, 老人到底逃げ終せること, 老人医道の心得, 老人危篤なの, 老人即ち人生に, 老人又の名素人探偵の南市太郎老人, 老人又は先生と, 老人をきわめて, 老人古武士のよう, 老人古田君それから僕, 老人同士娘は娘同士, 老人のある, 老人向きのは先日, 老人向き女人向きなどにはかえって, 老人の如き, 老人唯今の心地, 老人善人とはいう, 老人喫驚りして, 老人団長でもそう, 老人土民の老爺, 老人城中では常に, 老人塚本堅造は若い, 老人壮二君をはじめ, 老人壮年青年少年とそれ, 老人壮者にまけない, 老人声音は物やわらか, 老人狼狽を, 老人大きな手を, 老人大して賢さ, 老人大原家とは同格, 老人大家たちの中, 老人大岡家のどういう, 老人大阪で大, 老人天草の諸方, 老人夫妻下枝さんツボ平夫妻, 老人夫婦きりで頗る, 老人夫婦ぎりで暮らし, 老人夫婦のと前, 老人夫婦まことの伜, 老人夫婦之が又, 老人夫婦六十を越し, 老人女子供は勿論, 老人女子供以外の町内, 老人女子子供は一層, 老人好い気に, 老人好きな好々爺, 老人好み若人好み, 老人と共に, 老人婦女子ばかりで, 老人嫌いがこの, 老人子どもを抱え, 老人子供たちが日本列島, 老人孤獨でし, 老人安心して, 老人安里の比屋, 老人や茶人, 老人客ジッと抱き合った, 老人将軍さまのお, 老人小畑山城入道は病ん, 老人小野寺間瀬の人々, 老人少きに還ら, 老人居士ともいふべき, 老人崇拜の田舍者, 老人き, 老人市太郎といふの, 老人市女笠の女, 老人年五十二一個の少年, 老人年齢に似合わず, 老人を出, 老人弥助は四十前後, 老人はどうやら, 老人という側, 老人は田舎医者, 老人得意の葡萄栽培, 老人足が, 老人御歌に續ぎて歌, 老人思い残すところ一つも, 老人思う所存が, 老人思わず知らずべたりと, 老人性鬱血でしょう, 老人悠々として歩い, 老人惣菜の岡田, 老人愚痴多き哉, 老人に堪えた, 老人慷慨家政治家宗教家達は我文明, 老人戸田安吉は事件, 老人手当は現在, 老人手当夕食代これは所帯持ち, 老人技師風の人たち, 老人拙者に話, 老人振りに主人, 老人教育の必要, 老人羅三郎が, 老人既婚の人たち, 老人早くその上, 老人早速に半紙, 老人昼間息せいて, 老人最もよく知れり, 老人之此人, 老人有り青藜の, 老人未だ帰らず我, 老人を指し, 老人来りぬれば家内, 老人来リ御伝授, 老人来庵た, 老人来庵四方山話一時間あまりついで神保夫妻来庵, 老人来訪彼もまた, 老人枯れ木のよう, 老人楠正位という人, 老人楽屋中に響き渡る, 老人正月いっぱい大阪で稼い, 老人武家は編笠, 老人武蔵がのめのめ, 老人した後考, 老人に老女, 老人殊勝であると, 老人殿宮内の無心, 老人母親などを見る, 老人毛女童児毛之我願心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 老人気質あれこれと進まぬ, 老人気質明日ともいはず直ぐ, 老人池田森ら多勢走り込んで, 老人河田翁は柳原仕込み, 老人流石に可, 老人浩一郎をねめ廻し, 老人という若者, 老人無口で無愛想, 老人無論正面を, 老人煮え湯をのまされた, 老人猿若町三座表飾の事, 老人りで, 老人珍しいのう, 老人生命に掛け, 老人生垣の外, 老人甲斐もなく, 老人申訳ありません, 老人疊屋の吉さん, 老人疎開といふこと, 老人と言, 老人病人を負った, 老人病弱者にても若し, 老人痴呆じゃない, 老人白衣に勲章, 老人百十三まで年齢, 老人なの, 老人的高慢心をなくし, 老人皇子さまのお召, 老人七に, 老人直ぐ種取的の, 老人県会議員選挙の依頼状, 老人石見は武道一偏, 老人確かに覚え, 老人祖父十二人力金足などと称, 老人神屏風を作っ, 老人から皮肉られ, 老人とでも称すべき, 老人舵の, 老人伐りに, 老人等子供を扱っ, 老人へて曰く, 老人箪笥も長持, 老人築城掛御免内願に付容体書, 老人の万筋, 老人義足の少年, 老人老女若者娘子供もいれ, 老人聞えず常に, 老人を見れ, 老人腰掛に弁当, 老人腹這いになっ, 老人臙脂屋其方に取っ, 老人臭いじじむさい容貌を, 老人臭いガニ股の歩み, 老人のなか, 老人若しその奇術奇, 老人草津といふところ, 老人藤波金三郎には斯ん, 老人虐待である, 老人行火に凭, 老人てはならない, 老人見たような, 老人見掛けに寄らず, 老人見物の中, 老人計りの棲家, 老人論じていう女, 老人謀殺法を制定, 老人謹直な青年, 老人谷大八とともに源三郎側近, 老人貴下は大, 老人貴所の様, 老人赤い顔色角刈りに, 老人赤穂の廻し者, 老人踊りを踊つて, 老人の置き, 老人車夫めに何と, 老人転倒せまい事, 老人近頃病床にある, 老人述懐の比喩歌, 老人退隠の習俗, 老人遂に女房の, 老人過分に存じ申す, 老人遙かに目に止め, 老人遠慮は無用, 老人遠慮なく御芳志, 老人遮ってでもお, 老人配下の忍び, 老人酒一杯で寝る, 老人里見十左衛門が云った, 老人釣竿を投出してぬ, 老人長い間の, 老人階級の仲間入り, 老人隠居の風習, 老人青年女房娘子供等部落民の朝鮮人, 老人青年子供それぞれの年齢, 老人青年禿頭半白の髯, 老人須藤南翠饗庭竹の舎, 老人頑としてどうしても承知しない, 老人頻りに甘粕を, 老人顧みて笑, 老人飄々乎たる善良, 老人食物の泣き言, 老人落つるを, 老人かな色, 老人黄色のかたびら, 老人低く体, 老人ABCの秘密結社