青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「荷物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

草~ 草原~ 草履~ 草木~ 草鞋~ 荒~ 荘~ ~荷 荷~ ~荷物
荷物~
莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子 菓子~ 菜~ 華~ 華やか~ 萩~

「荷物~」 3938, 43ppm, 2735位

▼ 荷物~ (1826, 46.4%)

67 持って 40 背負って 29 運んで 21 積んで 19 まとめて, 置いて 18 持つて 16 取りに 15 もって 13 おろして 12 かついで, つけて, 卸して 10 枕に, 見せて 9 取って, 肩に 8 とりに, 二つに, 纏めて 7 片づけて, 預けて 6 ぶらさげて, 下して, 提げて, 整理し, 見て, 運び出して, 運ぶの 5 のせて, 捨てて, 纒めて, 調べて

4 [13件] おいて, かかえて, かつがせて, しょって, もつて, 下げて, 受取りに, 手に, 抱えて, 渡して, 満載し, 解いて, 運ぶと

3 [32件] あけて, うけとって, こしらえて, さげて, そこに, そこへ, つけた馬, とったと, とって, どしんと, まとめた, ゆっくり網棚, 一人で, 下に, 両手に, 先に, 其処へ, 分けて, 受取って, 引きずって, 抛り出して, 担いで, 持たせて, 持ち込んで, 提げながら, 積んだ, 積んだ車, 負って, 運ばせて, 運び入れて, 開けて, 首に

2 [83件] あづけ, おろした, お前の, かたづけて, せおって, たのむ, つけた車, つんだ車, つんで, どこへ, はこぶため, はこべ, はこんで, ひつか, ほうり出して, まとめながら, まとめると, みちの, ブラさげ, 一つ, 一度に, 上げて, 下ろして, 下ろしました, 下ろすと, 二度に, 任せて, 入れて, 入れる大きな, 其処に, 出して, 卸し羊, 取りまとめて, 取纏めて, 受け取った, 受取ると, 地に, 地上へ, 大八車に, 守って, 平岡の, 引っ浚っ, 引摺り廻っ, 持ち出すこと, 持ったこと, 持ったり, 振分けに, 携えて, 携げて, 攫って, 整理しよう, 残して, 渡した, 満載した, 片付けて, 片附け, 積み込む時間, 背中から, 背中に, 背負っては, 背負はせ, 背負わせ自分, 自分の, 見ると, 解きに, 調べた時, 調べましたが, 調べると, 負うて, 送ると, 送出す, 運ばせるため, 運びながら, 運び出しました, 運ぶこと, 運ぶ人, 運ぶ馬, 運んだ, 運んだ運送屋, 運搬する, 部屋に, 間に, 頭の

1 [1081件 抜粋] あけたらすっかり, あげおろしするため, あずけて, あたふたスーツ, あまり永く, ある場所, いちいちまた, いれた, うけとった広, おきますよ, おたのみします, おろされお, おろしおまえ, おろした乗客, おろし始めた, おろすと, おろそう, おんぶさせられた, お分けなすっ, お渡し, お貰, お預り, かかえた男, かき集めて, かけ手, かつが, かつぎ上げた時, かつぎ込むこと, かつぎ通し, くくりあと, くくるひも, こ, ここへ, こちらへ, ことごとく巻上げ, この朸, この泥, さげた人, さげた老若男女, さげてる手, しかとくくりつけ, しまいきれなくなって, しめて, しょいこんだ形, しょったらしく薬, しよつたらしく, しよひこんで, しらべて, じろじろと, すこしまとめ, すっかり二人, すっかり外, すつかり, そうたやすく, そのまま抛っ, それぞれヤクに, たくさんしょっ, たずさえ一体, だいなし, つくつて, つけた大きな, つけ合羽, つけ百人, つみここ, つみこんで, つむこと, つめこみ目張り, つめたり, つんだり, といたり, とつて, とりかたがた米, とりださうと, とりながら, とりまとめの, とりよせるよう, どうした, どこかへ, どっかり庭, ならべ立てて, ねらって, のせた馬車, のせると, のせる箱車, はじめの, ひき纏めて, ひっぱって, ひとまとめに, ひと纏め, ひろげて, ひツ, ぶらさげられないという, ほごして, ほとんど遺失, ほどきに, まきあげられてから, まき上げて, またしょっ, また一, まとめさせた, まとめその, まとめたり, まとめに, まとめハイ, まとめ上げる, まとめ山, まとめ雑居室, みんな一時に, みんな落とし, もたせて, もちこんで, もちだす手伝い, もった人波, もつたま, もつの, もとの, やすやすと, ゆすぶりあげて, ゆつくり, よく纒め, よりによってここ, わたくしが, ウンと, カリンポンまで, ゴソ, タタキ上げれ, チヨイと, トランクの, ドスンと, フダーヤと, プラットホームに, ヤありがたう, ヤクに, 一つ殘らず, 一ぱい載せ, 一ツ一ツ運ぶ, 一旦構内, 一杯つけ, 一杯積んだ, 一見し, 一通り集め, 丁寧に, 三四台の, 三貫目ずつ, 上げ座, 上り端の, 下させた, 下し初め, 下ろし自分ひとり, 下ろすとも, 両方から, 主に, 乗せた白鮫号, 乗せた馬, 乗せ一列, 乱すの, 乱雑に, 二ツも, 二階へ, 人づてに, 人力車四台に, 今解き始めた, 付け出さなかったらお前たち, 代って, 作って, 保護し, 倉地さんの, 入れそれ, 入れたり, 入れるトランク, 入口に, 全部ひっくるめ, 全部部屋へ, 其儘自分の, 出させました, 出しちゃ, 出すなんて, 出す番, 出そう, 分け合い道中, 前へ, 動かし虚弱, 動かす方法, 包み出すと, 包むもの, 半分持つ, 卯平の, 卸しますと, 卸し此所, 卸す音, 卸せば, 又竹川, 取られるくらいは, 取り上げ詰って, 取り出した, 取り直して, 取る工夫, 取出すと, 取調べたが, 取集め堂門, 受け取ったとき, 受け取りに, 受取つた時の, 受取つて先に, 受取りその, 受取る, 吊し揚げて, 向うへ, 向ふ, 四つ持ち, 囲んで, 売って, 売り払ってでも, 大きな荷造り, 大和から, 天幕の, 失ったと, 奪いもどした, 奪い返して, 奪う手段, 奪ろう, 始末し, 始末する, 婚家へ, 安川さん村山さんの, 家まで, 宿へ, 尊重した, 小荷物に, 少しのけ, 少し運ん, 屋外まで, 岩屋に, 岸まで, 川上機関大尉の, 左右に, 差押えしめ国中, 床脇に, 引いてるの, 引きとる, 引きまとめそのうち, 引き取って, 引き揚げて, 引く獣, 引っ掛けられて, 引担い, 強奪した, 待つため, 後先に, 忘れちゃ, 怪しまれずに, 手伝って, 手車で, 打っちゃって, 托し自分, 扱ふ, 投げこんで, 投げ下して, 投げ込み犬屋, 投込み, 披くに忙しく, 抱えた私, 抱え込んで, 押し上げる手伝い, 担いだまま, 担いだ蟻, 担がせた, 担がせられたから, 担ぎ込んだ所, 担ぐ人夫, 拡げて, 拾い集めて, 持たして, 持たせる雑役, 持たないで, 持ちだす手段, 持ちまして, 持ち上げ廣場, 持ち出したもの, 持ち出す時, 持ち席, 持ち込んだ, 持ち運ぶ必要, 持った人物, 持った旅姿, 持った疲れた旅客, 持ってて, 持ってるん, 持つた者, 持つの, 持出すさえ, 指して, 指し示し何, 振分, 掛け婦人, 探す途端, 掻き集めて, 提げと, 揚げるの, 揺り上げ揺り上げ従いて, 搦げて, 搬び出す, 搬入した, 支度しなけれ, 政吉と, 整えては, 斜に, 方付に, 明るい縁先, 書生風の, 東京の, 案内者に, 棒に, 森宗匠に, 検めて, 検査させ, 検査する, 横取りした, 橋桁の, 残し身軽, 気に, 水から, 汽船へ, 汽車に, 沢山積ん, 流すまいとして, 海岸の, 渡したおぼえは, 渡すこと, 滿載し, 片づけなど, 片づけ年寄り, 片付けようと, 片付ける世話, 片付け勘定, 片付に, 片着けおりまする, 片附け出した, 玄関へ, 男に, 町内の, 発送する, 皆が, 皆良人と, 盗まれたの, 盗むの, 盗んで, 直すと, 眺め何, 石の, 秤に, 移して, 積みこの, 積みこむ後, 積みて, 積み入るる人々, 積み出したと, 積み又は, 積み毎時, 積み載せて, 積み込んだ荷馬車, 積む自動車, 積んだ二, 積んだ大八車, 積んだ自動荷車, 積んだ舟, 積んだ荷牛, 積んだ馬, 積込んで, 納めなにがし, 細曳に, 総員で, 縁台の, 纏めた上, 纏め車, 纒め会計を, 置いたうしろ, 置いたまま, 置いた所, 置き, 置き残したが, 置き笠, 置き頂上, 肩にかけて, 背中へ, 背負いました, 背負い込んだ具合, 背負い電車, 背負うた草鞋脚絆, 背負う木, 背負ったため, 背負ったまま, 背負ったり, 背負った人々, 背負った男, 背負ってる人々, 背負つたままぶらぶら, 背負つてくれた, 背負つてまだ, 背負つて來た, 背負つて汗だくだく, 背負ひ直し, 背負わす山羊, 脇へ, 脊負って, 脊負つてまだ, 脊負て, 腕車に, 自分で, 自転車に, 舟へ, 草原に, 荷いで, 荷って, 薄暗い家, 虹ヶ浜から, 表へ, 見たいが, 見ただけ, 見に, 見ること, 見送って, 親戚へ, 解きませうみんな坊, 解き整理, 解き食事, 託すれ, 誰か, 調べさ, 調べさせました, 調べたん, 調べるため, 調べれば, 調べ毛皮, 負いたる十数名, 負ったよう, 負はせ, 負わせて, 負わせ自分, 貸す世話, 赤帽に, 足もとに, 路ばた, 蹴込へ, 車に, 載け, 載せて, 輕くしようと, 送った列車, 送と, 送りだしても, 送り出したの, 送り第, 送る, 通して, 通運会社に, 造って, 造りながら, 造り直して, 運ばして, 運びこんだの, 運びだすあと, 運びだそうと, 運びに, 運び入れると, 運び出した, 運び出したまま, 運び出すなんて, 運び出す水, 運び去って, 運び移して, 運び込む故, 運び込んで, 運ぶにも, 運ぶ事, 運ぶ女, 運ぶ手傳, 運んだ日, 運んだ酒屋, 運搬した, 運送しなけれ, 道ばたへ, 郷里に, 配達先へ, 銀行の, 開くと, 附けるところ, 陸に, 陸揚し, 集めに, 預かった礼, 預ける, 預け入れてさえ, 預け浴衣, 預り所へ, 頼みますよ, 頼んだいうこと, 飯倉一丁目の, 駅へ, 骨を

▼ 荷物~ (569, 14.4%)

29 中から 27 中に 18 ように 14 上に 13 中へ 11 整理を, 番を 8 世話を, 間に 6 やうに 5 上へ, 始末を 4 ことを, 中には, 検査が 3 ことや, なかへ, 下に, 中にも, 山, 整理に, 整理やら, 発送を, 置いて, 調べが

2 [43件] あの紙箱, ある部屋, うえに, かげに, ことで, ことも, しまつ, そばに, なかから, なかに, ほかに, ような, 一部として, 一部を, 七ツ道具を, 上から, 上で, 中の, 中より, 中を, 側へ, 内容を, 到着を, 包みは, 大部分, 山で, 山を, 幾分を, 底に, 散らかって, 整理など, 整理も, 方は, 方へ, 検査も, 疎開を, 着いた様子, 積み重ねて, 縄目を, 蔭に, 重さ, 重量を, 間から

1 [286件] あったの, あとに, あひだ, あまりを, あること, うえで, うしろには, うしろの, うちから, うちからか, うちもっとも, うばい合い, おかげで, おくれるの, おもさま, お手伝いに, かき集め生れた家, かげから, かぶせに, かるい時, くるの, ことその他し, ことだ, ことなどを, ことに, ことは, ごとく乗合自動車, ごろごろし, しょいづめでございましたよ, すべてだ, すべてを, せいとんなど, せいとん当番は, たぐいは, つもりで, でこぼこや, ところへ, ないこと, ないの, ない体, ない物, なかで, なかを, ひもを, ふろしき包みを, ふわけ, ままでは, まわりで, まわりには, みこむやうら, やうな, ゆとう, ようだ, わきに, ゴチャゴチャした, スーツを, ハンデキャップが, 一ツの, 一時預け所へ, 一番底から, 一部が, 一部分を, 上げ下ろしを, 上にも, 上を, 下から, 下で, 下の, 世話など, 世話やら, 丘, 中からは, 中も, 中味の, 中置所に, 中身という, 事な, 仕度を, 仕末, 付けて, 付け出しを, 代お佛候得バ, 仮の, 何んである, 保管を, 側から, 側に, 側へも, 傍に, 傍へ, 先を, 先触れを, 全部である, 内に, 内容が, 内容に, 内容について, 内容は, 処を, 出し入れに, 出し入れは, 出て, 出入が, 出入を, 分担を, 分配や, 分量を, 勝つた講義, 包みを, 包み紙に, 包み紙らしい, 包み紙を, 包を, 半分か, 半分を, 取扱いだ, 取散らされてる新, 取片, 取片付けなどを, 取調べも, 取調べやら, 取調べやらで, 受け渡しに, 受取れる, 吊繩, 名札を, 四個や, 回漕やら, 埃を, 多きさえ, 多少が, 大半を, 奪い合いを, 始末でも, 始末など, 始末については, 始末には, 安否それから, 宰領や, 審査が, 審査に, 封を, 小さい球, 小さな提革鞄, 小カバン, 少いのに, 少い方, 届け先を, 届先を, 山が, 山だった, 山と, 山に, 山の, 山人の, 差押えが, 幾分およそ, 底の, 底へ, 延着, 延着途中の, 張番を, 悲鳴の, 所に, 所へ, 手伝い, 手伝いを, 手拵を, 扱いまで, 持ちこまれる露路, 持ち運びその他に, 持ち運びを, 持主の, 持主を, 揚卸に, 揚陸に, 搬上する, 搬入を, 支度なんか, 支配などを, 散らかつ, 散らばった中, 数字も, 整理いまだ, 整理が, 整理と, 整理なんて, 整理は, 整理衣服毛布索帆布などを, 整頓に, 方が, 方づけ, 明細書に, 束の, 検査は, 検査を, 検閲が, 横から, 渡すべきもの, 爲に, 片っ, 片づけが, 片づけさ, 片づけは, 片づけやら, 片一方が, 片付が, 片附け, 用意され, 用意と, 番に, 異様さにも, 疎開やら, 発送が, 白木綿の, 監督を, 目方が, 相談を, 着く迄, 破れたる, 積まれるの, 積みおろしのべんりだけから, 積み下し, 積み具合い, 積み込みの, 積んで, 積入れが, 積込みが, 竝外れ, 筐までが, 箱を, 継立ては, 継立てを, 緒を, 置きどころ, 置場に, 置場所に, 群れが, 荷造りが, 莫大な, 蔭へ, 行く先は, 覚え書, 託送, 話を, 話汽車の, 調べは, 貫目にまで, 貫目にも, 貫目は, 貫目を, 貫目御, 質と, 車を, 追跡だ, 送り先の, 送り先は, 送先, 連中は, 運搬の, 運搬も, 運搬を, 運送が, 過半を, 重いこと, 重いばかり, 重みの, 重みも, 重みを, 重味で, 重圧に, 重量としては, 重量とを, 間で, 間へ, 関税の, 關税の, 陸あげ, 隅に, 隙間から, 集散地, 順を, 預け場所にと, 風呂敷で, 馬の, 馬車を

▼ 荷物~ (367, 9.3%)

5 後から 3 預けて

2 [22件] いやだ, こちらへ, これだけで, ごめんだ, すつかり, そのままに, それだけか, どうした, まったく調和, みんな渡し, 一頭の, 何か, 僕が, 彼れ, 急ぐん, 息子の, 持って, 無事に, 継ぎ立てる, 草の, 通運便にて, 馬に

1 [315件] あとで, あの道, ありがたくない, あれだけで, あれに, いいから, いくらでも, いったいなん, いづれ家, えらく大きく, おばあさん持っ, おろか自分自身の, お調べ, ぐちゃぐちゃに, こいつに, こぎゃんとばかしこ, ここに, このま, このまま, このまま自動車, この兄弟, この通り馬, これだ, これだけ, さうでも, しかし駅, しだいに重, すぐに, すっかりととのえられ, すっかり荷作り, すつかり送られた, すべて一燈園に, すべて馬の背で, ずり落ちて, そこに, そこへ, そっくり置い, そのままで, そのまま殘つて, その一人分, その上, その夜ひそか, その官吏, その準備, それぞれの, それぞれ問屋預けという, それだけです, それだけな, たしかにカルカッタ, たちまち奥広間, たとえ官, できて, とにかく到着, とんでもない, どういう都合, どうかと, どうしたい, どうしてある, どうして動く, どうする, どうなさる, どこです, どこへ, どこまで, どんなかと, どんなに鳴るだろう, ない, ないの, なか, なかつた, なかなかやってこない, なくて, なし身軽, なるべく軽く, なんです, なんの, のせて, ふた包み, ほとんど書物, ほとんど発送, ほどいて, ほぼ乾い, まとめて, みなキャンヌに, みんな水の, みんな見た, もういくら, もうすっかり片付い, もう余り運べなかった, もう先, もう発送, もう馬車, もちろん荷持, もとよりこの, やつと, やはりヤク, やはり止めよう, やはり税肉, よこせと, わたしが, ザツと, ステーションに, チスパニーという, デンマアク語と, トボガンに, トランク一つきりだった, トランク一つに, パリと, パリーに, フロシキに, ベルンで, ボンベイの, ラタークの, 一切そのまま, 一切中畑さんの, 一切合財ひつくるめ, 一切御, 一切拵え, 一時あずけ, 一貫五百匁ばかり, 三個だ, 下のは, 不平を, 世界中似, 両掛け, 両花道, 中, 二三日中に, 二回に, 二階から, 人々に, 今の, 今夜の, 今日は, 付き添いの, 会社の, 何だ, 何だい, 何れで, 何時でも, 倉庫の, 僕から, 儀禮上税關の, 先回しに, 先方から, 兎に, 入らない, 全く二疋, 全く失くなっ, 全部アンカレージで, 全部一台の, 全部出し, 全部整頓した, 其田の, 出せませんそう, 出来る丈簡単, 別の, 前には, 勿論一行諸君, 北海道に, 十三荷が, 友人に, 取り片づけの, 受けとつ, 古い箪笥一つ, 各自分担し, 各車の, 同じやう, 同藩, 名古屋の, 君から, 四階まで, 外に, 夜半過ぎに, 大かた盗まれ, 大そう, 大へん, 大分軽く, 大型の, 大小九個あ, 大抵通運, 大橋から, 大部分人夫, 天和堂で, 安全に, 家の, 宿, 宿屋に, 寝る時, 寢る, 寳來館の, 寺男の, 小さいの, 小さなドーランひとつ, 少いほど, 少くなつ, 少ない, 尽く駄馬, 岩の上において, 布団一枚と, 幾日ぐらい, 店頭に, 式の, 当分おぬ, 影も, 彼等が, 後からとして, 後で宿屋, 後閑氏の, 必ず運ん, 思わず跳ねあがっ, 悉く停車場, 悉く向う, 悉く福田氏, 悉皆この, 戸外に, 持たないし, 持ちますよ, 持つて, 支那鞄に, 日に, 明日にでも, 書籍だけ, 来たかい, 来て, 林町へ, 棚へでも, 次の, 此だけ, 此處へ, 残らず出させたが, 段々持ち重り, 殿下の, 毎日動い, 毎日送り出し, 民間では, 水から, 江戸から, 決して多い, 決して落ちる, 沢山お, 浪士ら各自に, 浮いて, 浮きあがって, 渡した東京, 濡れないよう, 焦げたところ, 玄関の, 玄関脇の, 琉球の, 田中に, 男の, 皆んな調べ, 皆ヤクに, 皆一行の, 皆去っ, 皆天井に, 皆天幕の, 皆帝国ホテルに, 皆箱詰で, 皆蔵へ, 皆運ん, 皮の, 盗人に, 直に荷船, 着かないし, 砂に, 確に, 禁物だ, 私の, 積まれ, 突っ張って, 紛失等これ無き, 置棄て, 羊二疋に, 背中に, 背負って, 背負つ, 背負つて居た, 自分で, 自己が, 船と, 荷物仕事は, 荷車に, 葛籠に, 表へ, 袋の, 親類へ, 観測所に, 読本と, 誰かに, 象や, 貴方の, 近辺一帯の, 送れないこと, 途中大切に, 運ばれた, 運びませんから, 運び出すな, 運んで, 運賃前払東海道三島駅前, 運送店の, 道路に, 量の, 間違いなくついたでしょう, 関所で, 雷門の, 預かって, 預けるから, 馬から, 馬ばかり, 馬三疋に, 馬力三台で, 馴れた人達, 駅止めで

▼ 荷物~ (273, 6.9%)

6 置いて 3 あった, あって, 着くと

2 [13件] ありますから, あるわよ, あるん, あれば, つぎつぎと, 來てから, 届いた, 来て, 来るの, 着いて, 積んで, 荷に, 重い

1 [232件] あすこに, あっては, あっても, あとから, あらかた片づいた, ありますが, ありますで, ありバランス, ある, あるから, あるなら後, あるの, あるもん, あるわけ, ある上, ある以上, ある筈, ある訳, あんまり重, いちど持ちこまれ, いっぱいのせ, いつかかび, いつの間にか無くなっ, いつぱいつまつてゐるのでね, いつぱいね, いやな, いろいろあった, うらめしげ, うるさかったり, おいて, おそろしく嵩張っ, おもい, お客様な, がさがさと, きたんだって, きた黙壺君, ころがって, ころがり近所, こんなに早く, ごく普通, ごたついたなか, さっぱり来ない, じかに背なか, ずれさ, そっと運び込まれた, そのまま置かれ, たくさんつんであります, つくこと, できて, できれば, とどいて, とどきましたが, どうにかなっ, どっさりあった, ないから, ない衣裳, なかなか来ない, なくな, なければ, なにかいいました, のこる, のせられた, はこびこまれて, はこびこまれ部屋, ひどく込合っ, ふうがわりな, ふえちまつて, ぶらつと, ほとんどなかっ, まだ其儘, まだ殘つて, まだ着かない, まだ開けられず, もてるかい, ようやくまた, わんさと, ゴロゴロし, フエた, フエルから, 一つ限で, 一ツ, 一柳に, 一車来まし, 三個今日リオデジャネイロへ, 上ったの, 下りつづいて, 不調和に, 並んで, 二つに, 二つばかり, 二個運び出された, 二十三個で, 今し方着いた, 休むこと, 余って, 來て, 來る, 先に, 入り切らぬので, 入れて, 全部競売に, 出さえ, 出て, 出入りの, 出来ました, 動いて, 厄介だ, 厭な, 取りちらかされて, 取り散らして, 取散されて, 右往左往する, 問屋の, 図抜けて, 土間に, 変な, 多くなった, 多過ぎる, 大きいもの, 大事だ, 大八車二台に, 大切だ, 大変だ, 失くなったの, 失われて, 奈々子の, 容積の, 小児よりは, 少し多い, 少し心配, 少なすぎます, 届きました, 山と, 山の, 己が, 幸ひ, 往来に, 御覧の, 急に, 戦争の, 抛り込んで, 括り付けて, 揺られながら, 支える, 散乱し, 旅慣れない, 早く着くなら, 昨夜深谷氏と, 有りますと, 有りやんして, 有るならお, 未だ荷造り, 来たでしょう, 来たフトン, 来た森さん, 来てから, 東京へ, 棄てて, 棚や, 横に, 次々と, 次第に多く, 殖え押入れも, 水びたしに, 沢山に, 沢山入れ, 湿って, 濡れて, 濡れんやう, 無い負担, 無え何より, 焼けました, 物を, 玄関や, 畳も, 発送される, 皆置かれ, 皆配達, 相違致す, 着いた, 着いたからと, 着かん事, 着きました, 石か, 私のだ, 税関に, 積まれて, 積みこまれた, 積めるから, 空へ, 紛失した, 紛失も, 紛失致しまし, 繩で, 脊負えません, 自分へ, 著いたり, 見えない, 豊富な, 赤い夜具, 跳ねころがり二人, 身にも, 軽いから, 載つて, 輕い, 返されたの, 迚も, 送られた, 這入るので, 通ったが, 運ばれたの, 運ばれて, 運びきれないから, 運びこまれた, 運び出されたの, 運び返されて, 部屋の, 重いから, 重いという, 重いのに, 重くて, 重くなっ, 重味, 重過ぎる, 降されるの, 集まつて, 非常に, 頓に輕, 香港から, 馬で, 馬車の, 駄馬の

▼ 荷物~ (124, 3.1%)

6 何も 3 見えなかったの 2 たんかいやと, ないの, ないらしかった, 投げ出して, 持って

1 [105件] あげ申候, あした早速, あとのより, あらうし, あらましかたづき, あるか, あるもん, いい加減, いつか物置き, うんと積ん, おちつけて, お母さまと, がんじがらめな, きれいに, しやんと, すっかり焼かれ, すつかり焼かれ, すつかり積みこまれました, そのうち着くだらう, そのうち着くだろう, そのま, そのままだ, そのままで, その埃, その目方, その陰翳, つくつて, どこへか, ないし, なかつたやう, なくつれ, なく丸裸體, なく折々, なければ, のせたまま, のせて, ひと纏め, ほとんど焼い, まだ手, まだ自家, まとめて, もたずに, よく片付かない, ウント軽く, 一処に, 一切合切この, 一緒に, 上げる, 下りは, 乗り換えの, 人も, 他所へ, 以前より, 何にも, 何もかも火の, 先に, 先回しに, 全部無事で届きました, 出ては, 包みが, 取寄せられぬなり, 品川で, 多いから, 多いこと, 大部分, 大部分整理, 天和堂主人の, 少いん, 少くない, 届いた, 引きあげられないこと, 待つて, 態, 懐中に, 所持の, 抛り出して, 持たず成るべく身軽, 持たせて, 持たないし, 既に別, 早く出し, 未着, 欲しければ, 沢山持っ, 無えよう, 無しお, 無論吾儕の, 片付いて, 片付かず新しい, 片付くまいが, 皆んが, 皆んな見せ, 着くだろうと, 税関も, 積んで, 置いて, 聊か障り, 自然と, 見えなかつたの, 見かけほどは, 車の, 途中で, 飛行場行の, 飛行機に, 驛へ

▼ 荷物~ (106, 2.7%)

8 手を 7 なって 5 して 2 かけて, しては, ちちうは, 凭れて, 押しつぶされて, 火が, 目を

1 [72件] あつた, おちるので, かける携帯天幕, さわること, した, したまま, した商品, しちゃあ, すっかりな, すれても, そえて, ちちうが, なった, なったです, ならないよう, ならぬもの, なりさ, なりそう, なる, なるから, なるだけ, なるだけの, なるので, なるべき毛布蕨, なる傘, なる物, べたべた貼られる, また手, まとめて, もたれかかって, もちろんこんな, ゴッタ返した, 付けるやら, 何か, 作ってから, 倚りかかっ, 入れられた物, 凭つか, 化けて, 半分もたれかかる, 名前を, 家を, 寝そべりかかって, 思われるよう, 感じない日, 成らない物, 成ると, 挾んで, 掛けて, 木札が, 本の, 松山藩と, 死の, 気を, 海水着がは, 漠然とした, 相違ない, 眼を, 突当ったところ, 箪笥の, 納めて, 紛らわして, 紛れて, 縛り附けて, 耐へる, 腕も, 腰かけて, 落下傘を, 蕗の, 表現される, 見とれて, 造って

▼ 荷物~ (95, 2.4%)

20 一緒に 4 いっしょに 2 いっても, 一しよ, 一所に

1 [65件] いう, いえば, いっては, いつちや何一ツ出来, かよわい女子供許, がんりきが, きては, この供, この少し, しながら, それに, なりました, なる, ひろ子の, みせかけて, むかい合って, スキーを, チェッキが, 一処に, 一緒の, 上衣を, 二十余人の, 二千二百人ほどの, 云えば, 云ったら大きい, 云っても, 五十銭玉六つくれる, 人が, 人の, 人夫の, 人手が, 人間が, 人間を, 別々に, 子供と, 子供を, 尊者に, 少しばかりの, 引換えに, 心得て, 怒りと, 思って, 杖と, 東京駅とでは, 案内を, 槍とを, 洋傘とを, 澤山の, 爪折笠との, 皮外套を, 称して, 背との, 自分の, 自分を, 草鞋とを, 衝突し, 袋へ, 見せかけたの, 見せかけるため, 見做, 言っては, 言へば, 車室の, 違って, 金時と共に

▼ 荷物~ (29, 0.7%)

2 大きいカバン

1 [27件] この家, たくさんな, な, なにかは, トランクが, 不用な, 人が, 人を, 何かの, 全身を, 包みは, 商品は, 女子供, 子どもを, 家族の, 寝台の, 帯を, 従僕たちで, 手廻りの, 旅客を, 笠を, 老人に, 自動車も, 莚ぐるみに, 蒲団が, 衣服を, 見馴れた古道具

▼ 荷物~ (26, 0.7%)

2 あつた, 散らかして

1 [22件] おまけに, ごつた返し, たまらねえ, どれが, なかなかその, もって, よろめきながら, 一ぱいに, 乗って, 体を, 北国筋から, 塞がつて, 大きす, 混雑を, 溢れて, 皮を, 砕けそう, 能率的に, 警官に, 重うご, 釣出し細君, 飯を

▼ 荷物だけ~ (22, 0.6%)

2 先に, 持って

1 [18件] おろして, なら運んでも, のせて, 乗せて, 先へ, 取って, 持たせて, 林町へ, 田舎へ, 疎開の, 直接ウチへ, 積んで, 纒めて, 造って, 運んで, 運送屋に, 預かつて, 駅へ

▼ 荷物~ (18, 0.5%)

1 [18件] から八十松, かわからない, がこの, がこれ, ぞ, つて焼く, とか家畜みたい, とずつとゆ, と仕方, と叫ん, と思つて, と油単, と父, なと思っ, ねえ金, の, のを, よ

▼ 荷物でも~ (18, 0.5%)

1 [18件] かついで, かなりの, ずんずん御, ないが, ぶらさげた気取り, まとめるつもり, 扱うよう, 持って, 書籍でも, 無いより, 皆無と, 積むと, 背中が, 背負つている, 負って, 運ぶかの, 運ぶやう, 運送品でも

▼ 荷物~ (15, 0.4%)

3 手を 2 かけた黄いろ 1 いれて, どんどんもえ移っ, よろよろ歩い, 入れて, 入れる, 噛り附い, 押しつけられて, 火の, 縛りつけた煎餅, 載せられて

▼ 荷物から~ (11, 0.3%)

2 縁の 1 これだけの, 体温計を, 先に, 出たの, 手を, 木剣を, 盜み出した, 真田紐を, 脇差から

▼ 荷物として~ (10, 0.3%)

1 あるいはツーロン徒刑場, はこんで, 先づ輕い, 動く荷物, 山を, 感ぜられるよう, 投げ出すこれら私, 携へて, 木材通用の, 託したの

▼ 荷物とを~ (10, 0.3%)

1 じろりと見やっ, 容れ得るもの, 手に, 押し頂いて, 携えて, 残して, 見て取って, 車二臺に, 載せた飛行機, 運ぶのに

▼ 荷物などを~ (10, 0.3%)

1 作る自分, 停車場の, 入れるよう, 動かし運ぶ音, 取り纏めて, 彼の, 片付ける者, 移しました, 見せるの, 調べましたが

▼ 荷物~ (10, 0.3%)

2 だから 1 から三菱, では第, になれ, に乗っかっ, に乘つて, に化, は通ずる, やぽっぽ蒸汽

▼ 荷物まで~ (9, 0.2%)

1 しょって, すっかり遣っちまえ, そっくりそこ, 併し, 少なくし, 担いで, 拵えて, 探しましたが, 自分の

▼ 荷物という~ (8, 0.2%)

3 のは 1 のも, のを, 荷物の, 荷物は, 食品を

▼ 荷物だけは~ (7, 0.2%)

1 あまり他人, ちやんと, どうにか私, 八丈島の, 底から, 御免蒙ります, 預けて

▼ 荷物です~ (7, 0.2%)

31 から歩く, けどぶらさげ, ね, よ

▼ 荷物と共に~ (7, 0.2%)

1 両国の, 引き移って, 父に, 独り離れ, 逃げだした, 馬から, 馬に

▼ 荷物~ (7, 0.2%)

3 んです 2 んだ 1 のだ, ので荘司

▼ 荷物には~ (7, 0.2%)

1 さすがの, どれにも, ならない, また銘々, 何にも, 白墨で, 紙櫛石けん手拭肌着足袋白米五合マツチぐらゐな物が

▼ 荷物自動車~ (7, 0.2%)

1 がやって来た, が来た, が通る, でお, と十人, にのせ, を調べ

▼ 荷物だけでも~ (6, 0.2%)

2 ここへ 1 二十一荷も, 何とかなる, 受け取りに, 頼みませう

▼ 荷物なんか~ (6, 0.2%)

1 さらわれるからと, はじめは, 何にも, 何んだ, 何一つ有らしない, 構うもの

▼ 荷物にも~ (6, 0.2%)

1 たれたまま, たれて, なるまい, やはり敵, 福澤と, 限度が

▼ 荷物~ (5, 0.1%)

1 あの女, それとも糧秣, ついで仕事, づいて, 何か

▼ 荷物だけを~ (5, 0.1%)

1 一つ出し, 室の, 持って, 熊谷の, 運ばせ三人

▼ 荷物列車~ (5, 0.1%)

1 が光り, が通る, にまで溢れ, のよう, の一臺

▼ 荷物だって~ (4, 0.1%)

1 あるわ, そのままに, 沢山じゃ, 焼くの

▼ 荷物である~ (4, 0.1%)

1 から素姓, ということ, 今日の, 熊の

▼ 荷物なども~ (4, 0.1%)

1 そのままに, 容易に, 最初の, 蘆屋に

▼ 荷物やら~ (4, 0.1%)

1 切符やら, 引越の, 梱やらが, 着物やらを

▼ 荷物~ (4, 0.1%)

1 が八百トン, は艀, を千トン, を積みこむ

▼ 荷物~ (4, 0.1%)

1 に造っ, の小さな, の船倉, の鞍

▼ 荷物~ (4, 0.1%)

1 があっ, があつ, の中, はどの

▼ 荷物運搬~ (4, 0.1%)

1 の交渉, の便, の土人, の采配

▼ 荷物部屋~ (4, 0.1%)

1 で開けられ, の奥, へ這入っ, らしい室

▼ 荷物じゃ~ (3, 0.1%)

2 ないん 1 火の車に

▼ 荷物って~ (3, 0.1%)

1 とこかな, どこに, 是れ

▼ 荷物では~ (3, 0.1%)

1 ございませんでしたね, ないこと, 油単を

▼ 荷物といふは~ (3, 0.1%)

3 大八

▼ 荷物なぞは~ (3, 0.1%)

1 なくぶらりと, 一時留め置く, 片隅の

▼ 荷物など~ (3, 0.1%)

1 まとめはじめた, ア持たしません, 皆な

▼ 荷物なら~ (3, 0.1%)

1 あの地方, いつでも, 私によりも

▼ 荷物について~ (3, 0.1%)

1 兄は, 年寄に, 西から

▼ 荷物みたい~ (3, 0.1%)

1 なも, な地上, に担い

▼ 荷物一つ~ (3, 0.1%)

1 動かないからね, 流しても, 無い

▼ 荷物~ (3, 0.1%)

21 でもなかっ

▼ 荷物検査~ (3, 0.1%)

1 のため, はいつも, は無事

▼ 荷物片手~ (3, 0.1%)

3

▼ 荷物さえ~ (2, 0.1%)

1 すっかり運ん, なけりゃ何とか

▼ 荷物~ (2, 0.1%)

1 てもや, とかなけりゃ

▼ 荷物だろう~ (2, 0.1%)

1 と云っ, と思われる

▼ 荷物つくり~ (2, 0.1%)

1 に来た, をし

▼ 荷物といふ~ (2, 0.1%)

1 小さい竹行李, 荷物は

▼ 荷物ときたら~ (2, 0.1%)

1 ろくろく眼, 何ともいえず

▼ 荷物とても~ (2, 0.1%)

1 なく極めて, 無く極めて

▼ 荷物とともに~ (2, 0.1%)

1 ごたついて, 病身らしい

▼ 荷物との~ (2, 0.1%)

1 つながったもの, 目印に

▼ 荷物とは~ (2, 0.1%)

1 この広漠, ちがって

▼ 荷物とも~ (2, 0.1%)

1 判定の, 思われない

▼ 荷物なし~ (2, 0.1%)

1 で旅行, の新造

▼ 荷物なぞ~ (2, 0.1%)

1 持つにも, 置いて

▼ 荷物なぞを~ (2, 0.1%)

1 片付ける音, 鞍に

▼ 荷物などは~ (2, 0.1%)

1 そのまま残し, 自身で

▼ 荷物なり~ (2, 0.1%)

2 人なりを

▼ 荷物なんかが~ (2, 0.1%)

1 邪魔じゃ, 邪魔ぢや

▼ 荷物ばかりを~ (2, 0.1%)

1 積んで, 背負され

▼ 荷物もっ~ (2, 0.1%)

1 てきた, てゆく

▼ 荷物やらの~ (2, 0.1%)

2 貨車三輛と

▼ 荷物やらを~ (2, 0.1%)

1 田辺の, 解き暫時逗留

▼ 荷物らしい~ (2, 0.1%)

1 ものを, 物も

▼ 荷物をと~ (2, 0.1%)

1 きはじめました, 云った

▼ 荷物をも~ (2, 0.1%)

1 やの, 持つて

▼ 荷物~ (2, 0.1%)

1 ごだ, 中へ

▼ 荷物全部~ (2, 0.1%)

1 を楽々, を焼失

▼ 荷物~ (2, 0.1%)

1 に獅, へ身軽

▼ 荷物持たされ~ (2, 0.1%)

2 て正三

▼ 荷物~ (2, 0.1%)

1 から真田紐, の上

▼ 荷物置い~ (2, 0.1%)

1 てきたがら, で来たがら

▼ 荷物運搬人~ (2, 0.1%)

1 が一, が現われ

▼1* [170件]

荷物あけたらスの, 荷物あずかってくれる, 荷物あらための, 荷物ある寺の, 荷物あればこそである, 荷物あんのになあ此, 荷物うけとるのそれは, 荷物持ちやしょう, 荷物お願いします, 荷物かいがいしい装い, 荷物かつぎをやつてこんな, 荷物かつぎやら宿屋, 荷物からも一つも, 荷物がはいつた, 荷物ぐるみ背負って, 荷物ぐるみプラットフォームへ投, 荷物ぐるみ水の中, 荷物こしらえてワー, 荷物これは八升, 荷物こんだけ, 荷物ごところげ込んで, 荷物ごと仰向けにひっくり返る, 荷物へなけれ, 荷物しかありません, 荷物しまひ終りて花, 荷物しょい込みなお炊出し, 荷物しらべをした, 荷物それからお書き, 荷物たちは自分, 荷物だけが財産や, 荷物だつたことか, 荷物だらけの人間, 荷物ちょっとお鷹匠, 荷物つまり原稿と, 荷物であったので退屈, 荷物であるべしということ, 荷物であるらしい柳行李が, 荷物でさえ今たのんだら, 荷物でしたかなんだか, 荷物でないのは, 荷物でなくっても此, 荷物といつては美しい, 荷物とか遺留物品を, 荷物としてはその荷嵩, 荷物とては初めから, 荷物とに押されて, 荷物とりによりクラマール, 荷物とりまとめの用向, 荷物どうやら片づけ出かけて, 荷物どころの騒ぎ, 荷物ながらオイ遣せ, 荷物などが漂流し, 荷物などの取片付けを, 荷物なりとかつぎて, 荷物なりはまた濡れ, 荷物なるものに, 荷物なんかを抱えて, 荷物なんぞを担ぎ込むの, 荷物なんて変だ, 荷物なんどはすこしも, 荷物な持つて参りやした, 荷物にでもなったよう, 荷物になつて來た, 荷物に対しやはり幾分, 荷物はほど経て, 荷物ばかりが多かった, 荷物ひとつ無え, 荷物への保持力なかなか, 荷物までは普通の, 荷物までも入院させる, 荷物もろとも逃げ, 荷物やなんかみんな持った, 荷物より先に, 荷物よりもつまらないもん, 荷物わたくし一人にその, 荷物をどつかりおろして, 荷物をはすかひ, 荷物をば乘降口に, 荷物皆失, 荷物ハ人足ガ越シタガ水上ニ四人並ンデ水ヲヨケテ通シタガ, 荷物一切は先, 荷物一切車に積ん, 荷物一荷は百荷, 荷物七貫目である, 荷物上げ下げ用のエレヴェーター, 荷物並びにテント等すべての, 荷物人足五十二人赤陣羽織を着た, 荷物仕事は仕事, 荷物仕分に候わで, 荷物以下改出すもの, 荷物以外に何, 荷物係りの手, 荷物が持つ, 荷物入れにしのびこん, 荷物全部紛失山の倉庫, 荷物其他嵩張り候もの, 荷物列車踏切の南, 荷物割合羽函嶺の夜路, 荷物包みでいっぱい, 荷物十一貫目を荷, 荷物半分負うて, 荷物取扱場に押し合ってる, 荷物同様な取扱い, 荷物同様新宅に運搬, 荷物問屋のこと, 荷物堆くつみたる上, 荷物多くなり時に, 荷物大体まとめて, 荷物専用になり, 荷物専門に使われ, 荷物造な, 荷物屍体などが一つ, 荷物の方, 荷物にさげ, 荷物手廻り支度して, 荷物押領しその, 荷物へにか, 荷物持ちか馬方, 荷物持ちまっしゅか, 荷物持ってニューグランド, 荷物持つてあげよう, 荷物搬出や避難, 荷物散乱するを, 荷物整理をつづけた, 荷物曳ける駄馬水車場の, 荷物材木通用帳御年貢皆済目録, 荷物検査所の中, 荷物が大きな, 荷物武男がもと, 荷物残らずこれへ, 荷物汽船が香港, 荷物沢山な旅, 荷物消毒室へ送ります, 荷物濡れた東に, 荷物炭一千トン積込ミ荷役ハ本日頂戴致シタル金員ノ代償トシテ, 荷物炭二七〇〇トンを徹宵, 荷物炭荷役の場合, 荷物片付の指揮, 荷物片付け洋服着て, 荷物疎開のため, 荷物相違致せば, 荷物破損なし, 荷物積込などもすみ, 荷物にて雇い, 荷物の板, 荷物繼ぎ送り往還通り宿に相, 荷物纏まつてるかい, 荷物置きの小, 荷物美々しいお輿, 荷物脊負うて立, 荷物働車一台とで, 荷物自転車に乗っ, 荷物草鞋杖笠など両手, 荷物きたる戸口, 荷物見るものが, 荷物調べが始まる, 荷物藩の, 荷物貫目の掟, 荷物身体の工合, 荷物送り状の書き替え, 荷物運びなどを手伝つて, 荷物運びだしに加勢, 荷物運搬人たちがいよいよ, 荷物運搬用にもなる, 荷物運搬車が凍った, 荷物運送まで荷主, 荷物酒屋で酒, 荷物電車がすさまじい, 荷物預けて置いた, 荷物預り所で脊中