青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「翼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

翁~ 翌年~ 翌日~ 翌朝~ 習~ ~習慣 習慣~ ~翻訳 翻訳~ ~翼
翼~
老~ 老い~ ~老人 老人~ 老女~ ~老婆 老婆~ 老母~ ~考 考~

「翼~」 2242, 23ppm, 4991位

▼ 翼~ (796, 35.5%)

43 ひろげて 27 拡げて 10 休めて 9 やすめて, 伸して 8 張って 5 持って, 搏って

4 [11件] たたんで, のばして, はって, ひらきて, 伸べて, 動かして, 左右に, 振って, 揃えて, 搏った, 翻して

3 [13件] そろえて, つけて, ひろげたよう, 並べて, 乱して, 休めた, 切って, 収めて, 垂れて, 広げて, 持った天使, 擴げて, 添えて

2 [44件] おさめて, なして, ばたばたさせる, ひらめかしながら, ひるが, ひるがえして, もった大きな, もって, もつて, やすめた, 休めたるに, 傷めて, 刻んで, 帆に, 延して, 張りて, 張りひろげて, 張れるが, 張ろうと, 想わせるよう, 手よりに, 折られて, 抜かれた七面鳥, 拡げた, 拡げた白孔雀, 持つて, 振るよう, 掻込んだ, 搏ち, 有しない, 束縛する, 焼かれとうとう, 羽ばたいて, 背に, 触れるよう, 負ひたる, 返して, 長く開いた, 閉じる, 開いて, 飜し, 驅り, 鳴すの, 黄いろに

1 [509件 抜粋] あおって, あぐれ, あまりはげしく, いためた燕, うごかしエンジン, うしろの, うちくだいて, うちひたし, うちもがれて, おさめた灰色, おさめ片足, おられて, おろして, かえし広い, かえすと, かさねて, かたむけました, かたむけると, かって, かの河口, かれの, きりりと立てた, くだかれて, くっつけて, ぐんぐんひろげ, こぼれたよう, さめて, しずめて, した真白, して, しなわせて, すくめて, すこしも, すぼめあと, すぼめ一直線, すれすれに, そえて, そなえたる怪物, そなえた小さな, そびやかせて, そらせ青い青い, そろへて, た, たかめおの, たたいて, たたんだ幾群, たたんだ森, たどって, たを, だいじそう, ちぢめて, ちょっと抓ん, ちらと, つくろって, つけた美しい, つけ春, つけ空, つけ金髪, つなぎ止める例, つらねて, とられた小鳥同様, とりつけては, なくした孤独, なした, のしきって, のして, のばし芸術, のばし藝術, のばすので, のばす徳川家, のぶ, のべて, はこぶを, はたき心から, はたはたと, はためかいて, はためかし, はなれた爆弾, はねぶとんに, はやしたよう, ばたつかせながら, ばたばたさせ, ばたばたし, ばたばたやった, ばたばた羽ばたく, ば何處に, ぱたぱたやってその水たまりで, ぱツと, ひくく地, ひくひくと, ひたし喉, ひらいて, ひらき我等, ひるがえしながら, ひるがへしかの, ひろくひろげ, ひろぐる自然, ひろげかけた一例, ひろげきと, ひろげさせない, ひろげその, ひろげた, ひろげたの, ひろげたまま, ひろげたもの, ひろげたやう, ひろげたること, ひろげた太い, ひろげた蛾, ひろげた観世音, ひろげた観世音菩薩, ひろげた金瞳, ひろげた雉子, ひろげた鳳凰, ひろげないから, ひろげましたので, ひろげようとして, ひろげる, ひろげるごと, ひろげるだけ, ひろげ悠々, ひろげ易, ひろげ脱線, ふくらませたその, ふるはせながら, ふるひ, ぶっつけて, ぶらぶらに, ほしいまま, まっすぐに, まわしいま, もうひと息, もがれたよう, もがれて, もがれ手足, もち目, もったの, もった木片, もつた雲, もてさらに, もてる神, もてる若, やすめた水車, やすめながら, やすめるひま, ゆるくし, ゆるやかに, トルストイの, ハタハタと, バカバカ, バンクさせ, ビリビリ逸りたつ, マールの, ユーレイの, ロイテン東方に, ロータリー除雪車の, 一はたきさせ, 一寸抓ん, 一文字に, 上げる, 下に, 下方に, 与えこの, 与えた, 与えて, 与えよと, 与える, 与えるの, 与える神秘モーロー, 与へ, 与へた, 両方へ, 両方燃立つ, 並べた, 並べたよう, 並べて行く, 並行に, 中央の, 交した比翼連理, 交は, 交わしたるごとく腕, 交叉させ, 人間の, 休めさして, 休めた蒼い蒼い, 休めに, 休めました, 休めようと, 休められた遺跡, 休めるため, 休めると, 休める岸近く, 休め顔, 伸させて, 伸さんもの, 伸した陽, 伸した鳥, 伸ばしあるいは, 伸ばしき, 伸ばして, 伸ばしはじめました, 伸ばす, 伸ばすの, 伸ぶる, 伸べし處, 伸べた鷲, 伸べひろげて, 伸べるわけ, 体に, 作ったと, 作って, 作りて, 供給した, 保護する, 借したれども, 借り高く, 備えた猛禽, 傷つけられたよろよろ, 働かせて, 光らせたぬれ燕, 具えたの, 凋めるやう, 出しこれ, 分かって, 切られて, 切りて, 刎て, 刻々に, 剪んで, 力なく, 励まして, 動かさないで, 動かし, 動かしたり, 動かしまた, 動かし進むと, 占有しよう, 反して, 収むるごとく, 収めること, 取りつけて, 取りはずした機体, 叩いて, 叩く風, 合せ鼻, 吹捲りぬ, 咥え, 噛みて, 圧しのべて, 垂れた, 大きくひろげなけれ, 太陽の, 失ったけれども, 失った天使, 奮う状, 奮えば, 奮ふ, 嫉みませうや, 少し傷つけました, 左に, 差し伸したい, 帆と, 広げながら, 広やかに, 廣げて, 延し黙々, 延ばしたくなったよう, 建て増さなければ, 廻すは, 弓に, 引き抜いた, 引緊めた, 弱められクルクル, 張った, 張ったまま, 張ったよう, 張った超重, 張つて隊長の, 張つて飛ん, 張らしめた, 張りきって, 張りたるが, 張り拡げて, 張り瓦屋板, 張り自由, 張るが, 形どり, 得て, 得るは, 得姿, 御覽, 微塵も, 悠々と, 慄した, 憩う, 憩めて, 或は足, 扇の, 扇子の, 手に, 打ちふって, 打ったこと, 払うだけの, 抑へ, 投げて, 折った, 折った小鳥, 折った飛行機, 折られたよう, 抜いて, 拡げきつて空騒ぎ, 拡げたま, 拡げたまま格子, 拡げたよう, 拡げたるが, 拡げたる大鳥二つ, 拡げた形, 拡げた椿, 拡げた見事, 拡げた鶴, 拡げつ, 拡げられる, 拡げること, 拡げると, 拡げる白鳥座, 拡げ彼等, 拡げ火, 拡げ頭, 持たない限り, 持たぬ日常主義者, 持ち黒鉄, 持ったもの, 持った快活, 持った魔, 持つたガルダ, 持つたセラフ, 持つた大鳥, 持つであろうと, 持つ鳥, 振つて, 振は, 振ひて, 振ひ權夫, 振ふ隙, 振り振り見えはじめ, 振り立てた, 振るところ, 授け自分, 掠めて, 掻窘め, 揃え同じく, 揮い湖水, 揮って, 揮ふ, 搏たせ, 搏つてすさまじい, 搦ませあい, 搦まれて, 撃つが, 撓めて, 撫でも, 撫で洞庭, 擴げ限界の, 支えて, 支へ, 放たじ, 放ちて, 放って, 斬って, 旋回し, 日の, 有する蜥蜴類, 朝の, 櫂に, 欠いたので, 欺くほどの, 歛めて, 止めて, 比べた形, 水平に, 水底に, 法衣の, 波に, 流れるもの, 海陸の, 添うが, 添えたと, 添えたよう, 添えるの, 添へ, 激しく働かせ, 濡らした雀たち, 濡らし眼鏡, 無気味に, 焦がし青年, 焦し, 煽られて, 煽る, 煽ると, 片鬢, 特徴として, 生じ空, 生やしたの, 生やしたよう, 生やしたロケット, 生やした場合, 生やした小さな, 畳んだまま, 畳んで, 疑ひし, 疾つく, 痛めたので, 盲目的に, 眼の, 碎かれた小鳥, 私の, 空に, 突き通して, 算んで, 紅雀も, 納めて, 納めぬので, 納め鳴く虫, 組んで, 組んでという, 緇衣と, 締めつけて, 縛られて, 縦横に, 縫って, 縫つてあの, 縮めて, 縮めるべき冬, 縮め首, 羽叩きし, 羽搏き, 羽摶いた, 翻す凄まじ, 翻す戦ひや, 聯ね, 脂の, 腰の, 自分の, 與へる, 花に, 落して, 落ちる火, 薔薇色の, 虚空に, 蝉の, 裂きそれ, 裏返して, 見ますると, 見よ, 見るが, 見受けたの, 見送って, 見送つた, 解いた, 触れたと, 誇って, 買ったのねえ, 貸しあまつさえ, 貸して, 蹈んで, 身につけ, 輝かして, 輝かしながら, 迂回包囲する, 遮ること, 重く賞, 重ねたよう, 金色に, 閃し, 開いた, 開いたよう, 開かぬで人, 開きて, 開くまでも, 開くよう, 開く風情, 険しき一本, 雷鳴の, 頼む雛, 顫は, 顫はせ, 顫わせて, 風の, 飜す, 馳せて, 骨ごとポリ, 鳴し, 鳴したり, 鳴して, 鳴らした, 鳴らして, 鳴らせ朝霜, 鼓し怖, 鼓するの, 鼓ち

▼ 翼~ (474, 21.1%)

29 ように 22 ある馬 20 下に 18 やうに 14 ような 7 上に, 生へた 6 生えたうつくしい, 生えた馬, 音が 5 音の, 音を 4 下へ 3 ある竜, かげに, 生えた靴, 端に, 色の, 裏を, 長さ, 陣形を

2 [29件] ある商標, ついて, はえて, ひろがるだけ, やう, やうな, 下から, 下を, 中に, 力が, 力の, 工合を, 影は, 影を, 日興コンツェルン, 模型を, 生えたもの, 生えたスリッパ, 端の, 粉末が, 色は, 色を, 間に, 音, 音は, 音も, 音や, 風切りの, 鳥を

1 [243件] あいだに, あおりを, あるわけ, あるゼブラ, ある不死, ある動物, ある大きな, ある天使, ある天使たち, ある斑馬, ある木虱, ある獅子, ある白馬, ある見知らぬ, ある青い, ある馬ペガッサス, ある駿馬, いかばかり薄き, いろが, うごきにも, うしろに, うちに, うら滑車, かげを, かげ支柱, かたちを, ごとく両方, ごとく広げしかもそれでも, ごとく搏, ごとく汝, ごとく飜, さきを, すきとおるほどの, その噪ぎと, ついた短靴みたい, ついた砂時計, ついた間隙, つけね, つづくかぎり, ところだけは, ない一つ, ない以上, ない飛行機, なかに, はえたもの, はえた頭, はしる音, はへた, ひらきを, ひろくひらかれし, ふたりに, ほかの, むらさきに, ものだった, もの多く, ゆがんだ木兎, ようで, ミネルヴァの, 一つは, 一搏に, 一番早い, 一羽の, 一階に, 丈一間半も, 上から, 上も, 上下に, 上下へ, 上奏文であった, 下で, 下といふ, 下にて, 下の, 下敷にな, 両将, 中で, 中心, 九倍から, 人々, 作られた頃, 備えを, 傷ついたの, 優劣は, 兀鷹だ, 先が, 先で, 先を, 光が, 光を, 入口に, 冴え寂び極まる, 出張りにつれて, 前なる, 前べりだの, 前面に, 力さえ, 動かし具合, 動かし工合, 包囲は, 卑怯を, 取り合せの, 合わせめ, 呼吸と, 啄木鳥は, 回転を, 地階に, 外人に, 大きい黒い鳥, 大きさ, 如きであつ, 如き煌々, 如く両, 如く動きて, 如く喜び, 如く搏, 姿が, 尖が, 尖端に, 己が, 常夏, 平和が, 平衡均勢を, 幻覚を, 引く所, 弟で, 弱い蚊, 強い若, 形は, 形や, 影, 影に, 影笹を, 後を, 情熱の, 戸を, 抑揚に, 折れたモダン娘, 折れた一羽, 折れた飛行機, 折れた鳥, 拡がりに, 拡大を, 揺る, 揺るるの, 操縦索が, 擴がる, 敵である, 方が, 方に, 方向を, 日興コンツェルンが, 時々ど, 柔かい白色, 根へ, 桃色細毛, 棟が, 死神が, 毒を, 水の, 水禽以外湖面に, 水面を, 無い詩人さ, 燕や, 狩衣し, 甌北詩話には, 生えた, 生えたよう, 生えたイタズラッ子, 生えた人物, 生えた姉さん, 生えた姿, 生えた怪物, 生えた杖, 生えた美しい, 生えた者, 生えて, 生へた姉さん, 生ゆる, 白い海鳥, 白い燕, 目は, 目潰黒く, 直径が, 短きを, 破れた大鳥, 空氣を, 竜, 端裏へ, 義形が, 羽では, 羽ばたきの, 羽ばたきも, 羽ばたきを, 羽を, 羽根ペンも, 肩を, 胚芽の, 自由を, 色, 色が, 色艶も, 芸人, 著者玄迪の, 虫も, 蚊が, 蛾が, 表面から, 袖も, 計略, 記憶の, 記載は, 説に, 説は, 調わざるもの, 輝きそして, 運動, 重さ, 金箔が, 鈍い大きな, 長い一群, 長い偵察飛行機, 長い鳥, 関節を, 關節を, 陣を, 陣即ち, 陣形です, 陰に, 難ずる所, 雲を, 青い怪しく美しい鳥, 音し, 音に, 音よりも, 風に, 風の, 風を, 骨を, 骨骼の, 鳥と, 鳥の, 鳥は, 龍

▼ 翼~ (175, 7.8%)

13 生えて 4 あって

2 [15件] ある, あるの, あるので, あるわけ, ついて, ないから, ないの, なければ, ぬれます, ぶらぶらに, 一つ見えはじめた, 利かなくなる, 崖の, 目の, 電光の

1 [128件] あった, あったか, あったに, あったら自分, あった方, あつて, ありその, ありそれ等, ありました, ありまた, あり階下, あるから, あるなら飛んで, ある天使, いつのまにやら無くなっ, いつまでも, かくされて, きらきらと, こう速, ここから, この帝都, こわれかかってると, しきりに羽, すなわち人情, ずっと野, つかれて, どんな事, ない, ないつて云, なくて, なんの, ぬれるに, はり出して, ばさばさ鳴る, ひらひらし, ふるえて, ほしい, ほしいという, まさに開い, みえて, みえ声, めちゃめちゃだ, めらめらと, よく利かない, ウワーッと, バサッと, パァラーで, ユラユラと, 三つ後に, 三枚, 中央から, 伸び瞬時, 何かの, 光って, 兩岸の, 六枚つい, 其間から, 垂れて, 増築され, 夕陽を, 夜の, 大きなくも, 奪われたよう, 好だ, 孔子の, 完備する, 完成しまし, 少しく発達, 少し離れた, 山の, 左右に, 心配だった, 急に, 感ぜら, 拡がり始めた, 斜に, 斜めの, 日本中へ, 時々キラリキラリと, 晃, 木の葉を, 未だ暁, 根もとから, 根元から, 水の, 汗ばんだ私達, 消え失せ落下傘, 漾う, 焔に, 焼ける, 生えたかと, 生えたかの, 生えたの, 生えたやう, 生えたよう, 生えた緡束, 生えちゃあ, 生え伸びたよう, 生え揃うてから, 生じたも, 生へ, 白く光っ, 砕けたり, 破れて, 破れるとき, 私の, 肩の, 背で, 自分の, 萎縮し, 落ちて, 藍で, 蝎と, 見えた, 見下せた, 重り合って, 鈍って, 銀色に, 錐状を, 開いて, 開くの, 間もなくあなた, 陽を, 隠れたと, 風の, 飛翔の, 馬煙を, 高尾山の

▼ 翼~ (141, 6.3%)

7 乗って 5 して 3 なって 2 のって, 似たり, 似た小さな, 衝突し, 金剛石を

1 [116件] あおりたおされた, あざやかに, あたるところ, ある広間, うけて, かくれた竹童, そめだされた蛇の目, だきこまれた雛鳥, つき刺さった, なったら十羽, なつて, のせて, はたきのめされさうだつ, ひそんで, ひらき五行, ぶつかりました, みる色彩, よろめき, わかれて, ハタかれ, 一本ずつ, 乗せて, 乗せられた夜, 乗っても, 乗ってよ, 乗つて, 乗らないでは, 乗りて, 乗ること, 乘り, 代用し, 似たりき, 似て, 低し富士, 保持せね, 俺を, 備え立て, 入れて, 凝集した, 力もなく厨子, 受ける風圧, 叩かれた水煙, 叩きつけるの, 召したりとも, 吸いついた, 吹いて, 呑まれて, 啓司は, 嘴を, 垂, 夏の, 大きく描かれた, 射して, 少しも, 展開された, 嵐は, 慈しまれ身, 成つて星の, 成るの, 戯れながら, 手を, 打たれて, 抱かれた弥生, 抱かれて, 抱き如何に, 接吻を, 掻い抱き脚, 擬し鳥, 擴げて, 支へ, 散開し, 此ふ, 気が, 波を, 泥が, 照空灯が, 煽られて, 爪の, 異ならず雪案螢燈, 疲れ見えて, 稍ほ, 縫いひらひら, 羽搏って, 羽音を, 肩を, 胸は, 胸先きで撫でられ, 舞ったり, 蔽はれ, 薄い燐光, 藍と, 藍鼠の, 血が, 覆われて, 見立てし吟, 見立てたの, 触れる水量, 跨がり気随気儘, 跳ね飛ばされる, 跳ね飛ばしでも, 載せて, 載せられて, 近接最, 連って, 開いて, 陣を, 陣立てした, 陽の, 陽を, 霜降る, 頬を, 颯という, 飛沫を, 駕し, 黒と, 鼻の

▼ 翼~ (86, 3.8%)

2 また忽ち, もう一度僕, 広い畑, 震へる

1 [78件] あたかも蜘蛛, あっても, いかに拡が, いくたび, かくしてほとんど, かくれたるべしと, かく信じ, かなり小町, きらきらと, さらに自分, しばられて, すべてアルミで, そこの, そこへ, そのため, その踵, ただ意味, ちゃんと暗い, ちやんと, ついに汽船ブルー, どこまでも, どんどん彼, はやきも, ひどい羽ばたき, ひろく頸, まだ決して落ち, みあたらない, もちろんあと, ららかし錐揉む, ろばろに, ウラジーミル大公時代親戚とか, 与えなかったであろう, 乱れた, 仁木弾正の, 傷ついて, 勿論前, 又聳, 右から, 司馬懿の, 四辺を, 大蝙蝠, 尖の, 巴里の, 常に彰子, 廊下で, 張りて, 忽ち斂まり, 折れたん, 折れて, 搖かさで, 新造しなく, 日に, 普通操縦索で, 朱鷺色の, 次第に小さく弱く, 次第に次第に上, 次第に退化, 歴史の, 残念がっ, 白くふわふわ, 眼だらけです, 破れて, 碧緑色を, 福音の, 空気の, 美しく輝き, 膠で, 自由なれ, 自由自然の, 虹の, 遠くアツシリア, 銀色に, 震える, 魏収を, 鷲に, 黄金にて, 黄金の, 黒き灰

▼ 翼ある~ (52, 2.3%)

13 言句を 3 馬の 2 言句互に

1 [34件] その矢, によりて鳥, に因み, もの, ものらしい, もの先んじ, 上は, 唯一の, 子房が, 御身なれ, 栄光である, 獅子の, 獅子をも, 由を, 神を, 空の, 竜の, 美しいもの, 美少年の, 聲, 色が, 花と, 蛇, 蛇あり, 蛇と, 蛇樹から, 言句放ち, 記事も, 身に, 飛揚の, 飛翔の, 香通り去りぬ, 馬し, 馬に

▼ 翼~ (50, 2.2%)

4 あつた 2 私の, 頭にも

1 [42件] あらうか, おおいあらゆる, その細い, ちょっと払っ, なでるやう, はげしく水面, は相手, ひっかけた枝, もっともっと翔けよう, バサと, バタバタと, 地面を, 大空を, 女の, 妻ノブ子を, 彼の, 撫づるかとはら, 日の, 日光を, 森林へ, 横腹を, 水の, 渾身の, 真白な, 私たちの, 群蝶を, 自分の, 舞ひ, 舵取り嘴で, 荒々しく打ち, 蔽うて, 覆うて, 覆はうと, 角燈の, 野原を, 頭を, 風を, 飛ぶ素地, 飛んで, 飛んでるのに, 飾った帽子, 飾つた帽子が

▼ 翼~ (50, 2.2%)

3 なって 2 尾の

1 [45件] おなじやう, したので, すると, するらしい, せる, それを, なつて, またあなた, みゆるに, 一処に, 他方の, 体とを, 利爪あり, 力強い心, 化すの, 同じ律, 尻とを, 尾とが, 尾との, 山羊の, 感情昂揚の, 戰ふ, 操縦桿に, 機翼とが, 真鍮の, 紫色の, 翔りし黒雲, 翼との, 翼とを, 胴とに, 脚あり, 舵器が, 舵器とを, 華奢な, 虎の, 蛇の, 触手, 触角とを, 言われて, 足とで, 足とを, 鉄柵で, 電光の, 頼んだ奴, 馬忠を

▼ 翼~ (37, 1.7%)

4 たわに 3 支へ 2 癒えて, 輝いて

1 [26件] この声, この村, これへ, ない僕等, なく戦うべき, また声, 何もかもすっかり真紅, 動かさず極めて, 口嘴も, 坊主に, 城の, 失せたよう, 居合わせて, 弱って, 息めず太夫, 悠々たる, 持たぬ, 捨てなましや, 油が, 生えて, 薄青い, 見えて, 見えないし, 車掛りの, 輕げに, 飛ぶこと

▼ 翼~ (10, 0.4%)

2 けれどもそれ, まことに大 1 かそれとも, と云った, と云つて, のが, 小主公, 軍艦だ

▼ 翼なく~ (10, 0.4%)

6 して 2 嘴なく 1 ても飛ぶ, 鱗なく

▼ 翼から~ (9, 0.4%)

1 または地, パッパッと, 出て, 有毒な, 粉々と, 翼へと, 胴胴から, 銀の, 青白いロケット

▼ 翼には~ (9, 0.4%)

1 それぞれ大きな, たかれて, 坤の, 夕凪の, 日の丸の, 本当の, 火の, 疲労を, 道徳感は

▼ 翼~ (9, 0.4%)

1 でのうのう, になんぞと仰し, のしかも, のマリヤ・スィソエヴナ, の一郭ごと, の二階, の国民公会, へ帰る, へ無理やり

▼ 翼でも~ (8, 0.4%)

1 あるもの, ないかぎり, はえて, ひろげたよう, やられて, 生えたよう, 生えて, 蛇形でも

▼ 翼にも~ (7, 0.3%)

1 くまなく, すぐ参れ, のる, 情けを, 櫛にも, 由り着々, 触れないぜ

▼ 翼として~ (6, 0.3%)

2 狂ひ飛び 1 第一, 翌日ふたたび, 胡蝶の, 論理的に

▼ 翼~ (6, 0.3%)

1 アシカの, 尾羽根, 窓硝子などに, 背中に, 角を, 足を

▼ 翼あり~ (5, 0.2%)

1 て火, て空中, といひ, といふ, と言わず

▼ 翼ぐるめひき~ (5, 0.2%)

4 裂かれたらしい音 1 裂いたらしい音

▼ 翼なき~ (5, 0.2%)

1 天才であった, 族人も, 神馬ペガソスを, 身の, 身を

▼ 翼よりも~ (5, 0.2%)

5 美しいが

▼ 翼~ (5, 0.2%)

1 が思い知らせ, と仰っし, と申す, に対して抵抗, の後裔

▼ 翼~ (5, 0.2%)

1 に跋, の影写, は乾隆癸, は千金方, を作つた

▼ 翼~ (5, 0.2%)

1 だったもん, と白, なんかひきずっ, のほう, のソワレ

▼ 翼~ (5, 0.2%)

1 して, し在野, の原理, の大, の皇道

▼ 翼あら~ (4, 0.2%)

1 ばお, ば知らぬ, ば飛ん, むか空

▼ 翼さえ~ (4, 0.2%)

1 あらばか, ありゃなん, おのずから短く, 伸ばして

▼ 翼~ (4, 0.2%)

2 かけて 1 こう告げ, 泥棒が

▼ 翼といふ~ (3, 0.1%)

1 曲の, 有名な, 男は

▼ 翼とは~ (3, 0.1%)

1 初めから, 東都に, 白く直線的

▼ 翼とを~ (3, 0.1%)

1 持つた小鳥, 見た時, 重ね合って

▼ 翼と共に~ (3, 0.1%)

2 でも翼 1 矢の

▼ 翼なし~ (3, 0.1%)

2 にでも想像 1

▼ 翼を以て~ (3, 0.1%)

1 一人の, 激しく愛ちやん, 蔽うて

▼ 翼徳張飛~ (3, 0.1%)

1 という人間, という豪傑, は何

▼ 翼~ (3, 0.1%)

2 つもの 1 つと斉

▼ 翼あっ~ (2, 0.1%)

1 て, て飛び得た

▼ 翼かと~ (2, 0.1%)

1 思う波, 早や

▼ 翼~ (2, 0.1%)

1 また虫様, 種々の

▼ 翼~ (2, 0.1%)

1 のよう, を鳴らし

▼ 翼~ (2, 0.1%)

1 て, をれし

▼ 翼~ (2, 0.1%)

2 へぬ

▼ 翼だけ~ (2, 0.1%)

1 ばさ, 弾に

▼ 翼だけは~ (2, 0.1%)

2 扇の

▼ 翼とが~ (2, 0.1%)

1 スレスレに, 救援に

▼ 翼などが~ (2, 0.1%)

1 手具脛ひい, 早鼓

▼ 翼などの~ (2, 0.1%)

1 伏兵に, 鮮かに

▼ 翼なども~ (2, 0.1%)

1 急に, 遁走を

▼ 翼にでも~ (2, 0.1%)

1 あおられたかの, 乗せられたよう

▼ 翼にな~ (2, 0.1%)

1 つて彎曲し, つて湾を

▼ 翼~ (2, 0.1%)

2 たきを

▼ 翼ばかり~ (2, 0.1%)

2 苦しさうに

▼ 翼ふる~ (2, 0.1%)

2 千鳥この

▼ 翼より~ (2, 0.1%)

1 なり左翼中央, 響を

▼ 翼らしい~ (2, 0.1%)

2 模様を

▼ 翼をかへ~ (2, 0.1%)

1 さねど, して

▼ 翼~ (2, 0.1%)

1 にその, の数冊

▼ 翼~ (2, 0.1%)

2 を炙

▼ 翼全体~ (2, 0.1%)

1 がひどい, に拡がる

▼ 翼~ (2, 0.1%)

2 には限らない

▼ 翼山羊~ (2, 0.1%)

2 の蹄

▼ 翼広き~ (2, 0.1%)

2 がゆたか

▼ 翼~ (2, 0.1%)

1 のやう, をもった

▼ 翼欲し~ (2, 0.1%)

2

▼ 翼~ (2, 0.1%)

1 として天, として峙ッ

▼ 翼王平~ (2, 0.1%)

2 の二手

▼ 翼生えた~ (2, 0.1%)

1 若い極醜女, 馬の

▼ 翼~ (2, 0.1%)

1 のうち, をお

▼ 翼~ (2, 0.1%)

1 の帯, の帶

▼ 翼音高~ (2, 0.1%)

2 に埋

▼ 翼~ (2, 0.1%)

1 を孕ん, 弱く

▼ 翼飛行具~ (2, 0.1%)

1 がゆらゆら, に向っ

▼1* [159件]

あの帯が, 翼あれども栩, 翼いでたりげにかく, 翼うちふるひ, 翼うらやみ大空を, 翼ほいなる, 翼およそ一間余りも, 翼蓮歩の, 翼かろしあを, 翼がとつくに, 翼きる己が, 翼は, 翼くらいの大きさ, 翼けて出づ, 翼こそまだ延び, 翼こそはまことに現代, 翼こちらの端, 翼これにふさ, 翼さきの瑠璃色, 翼さばきもあざやか, 翼さんの顏, 翼し奉ることに, 翼するどき若鷹, 翼すれすれの高度, 翼ただ海を指しぬ, 翼だけがはつきりと, 翼つけし独楽の, 翼であり立派な, 翼である第一, 翼でない翼蹼でない, 翼では一はたきである, 翼というものだった, 翼としては確かに, 翼とで腰掛の, 翼とのあいだを, 翼とを以て人間を, 翼のかしら, 翼ない身は, 翼なければ, 翼などさえも皆自らそれと, 翼ならシベリヤまで, 翼なりこれに, 翼にあたってのこる四人, 翼にかけて細い細い絹絲, 翼にすらその静けさ, 翼にて二たび三たび水を, 翼によつて妄想のみが, 翼のけはひ, 翼はから鳴りを, 翼はららぎぬはたはた, 翼ひびかし歩を, 翼ひらかれ足かろき, 翼ひろげたるが如き, 翼へと駈けめぐり階段, 翼ほどだった, 翼ほどもありません, 翼また伸びず, 翼まで生えて, 翼みたいな影, 翼みんたに拡げ, 翼もて人の, 翼やら嘴などの, 翼しばしや, 翼をかへす淺間山, 翼をがくりと, 翼をなどと書きましてね, 翼をば誰にも, 翼ク可キ者ノ我国ニ欠損シテ而シテ, 翼ナク飛行スルモノソノ堪ラヌ負荷, 翼一人だと, 翼一尺閃く風, 翼一帯にはクロパトキン大将, 翼下方の白き, 翼五百里なるを, 翼伸し立つ, 翼に於ける, 翼を竭, 翼博士に於ける, 翼同じからず, 翼をはじめ姉崎, 翼呉懿には趙雲, 翼と建て, 翼の小さい, 翼は伯恭, 翼の欄間, 翼として日夜, 翼広げたる大きさ, 翼張嶷呉懿なども一人一人枕頭, 翼張嶷馬忠などもそれぞれ命, 翼張苞などの働き, 翼の峯, 翼形カラーをつけ, 翼役目重大な駅長, 翼従甚だ盛ん, 翼徳彼等の時代, 翼成してゐる, 翼ものう, 翼打襲ねたる, 翼折伏した状, 翼け折る, 翼撃たれし鳥に, 翼收めて虚空, 翼收めてこらへてをる, 翼政会といふ単一政事結社, 翼も血, 翼暖む小春の空, 翼有翼を特徴, 翼有難き仕合わせに, 翼朝風に傾く, 翼とし, 翼不逝, 翼比塚も, 翼毳蒲坂圓の増讀韓非子, 翼が私, 翼水底の青い, 翼深き願ひ, 翼と云う, 翼犬鬚龍等を編, 翼のそば, 翼ひたり, 翼的危険としての破綻, 翼的逸脱への危険, 翼真鍮の爪, 翼瞬間に畳ん, 翼の窓, 翼を裂く, 翼べギリシャ, 翼からと黄いろ, 翼の國, 翼紅き莢, 翼緊めに遭えり, 翼羨ましく秋の, 翼の長, 翼羽搏つ疾風, 翼肢竜こそはさすが, 翼をはなる, 翼たるそれ, 翼薄黄色にちらちら, 翼蜥蜴の譚, 翼裂けて天女, 翼見るがごとく, 翼でない蹼, 翼に借り, 翼輝く虹を, 翼造顔師一人御贄五十舁, 翼金色の弓, 翼のうろこ, 翼の骨, 翼を拂つて錦葉, 翼非常の妖異, 翼面荷重がきい, 翼飛行から滑翔飛行機, 翼飜然と母親, 翼の保護色, 翼鰓虫となる, 翼は斯く, 翼鳥雲水流車輪陰陽三十六変の陣形さまざま, 翼のとさか, 翼鷲羽岳の南腹