青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「荒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

茶屋~ 茶店~ ~茶碗 茶碗~ ~草 草~ 草原~ 草履~ 草木~ 草鞋~
荒~
荘~ ~荷 荷~ ~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子

「荒~」 1611, 17ppm, 6555位

▼ 荒~ (89, 5.5%)

5 ぽいこと 4 ぽい 3 ぽいな, ぽい事, ぽい男, ぽい調子, ぽくて, ぽさ 2 ぽい言葉, ぽい運動, ぽくなり, ぽく襟

1 [54件] ぺえことして, ぽいかたくな, ぽいところが, ぽいながらも, ぽいの, ぽいやう, ぽいアンダーライン, ぽいカンバス, ぽい人, ぽい人殺し, ぽい人足, ぽい人間, ぽい仕事位, ぽい仕業, ぽい兄, ぽい六郎, ぽい六郎叔父さん, ぽい勇氣, ぽい味氣, ぽい大きな, ぽい奴ら, ぽい岩山, ぽい感じ, ぽい料理, ぽい方, ぽい日本, ぽい浪人, ぽい爪先, ぽい癖, ぽい石英安山岩, ぽい碌, ぽい空想, ぽい聲, ぽい船, ぽい話し方, ぽい話ぢ, ぽい踊り, ぽい道具, ぽくさせ, ぽくならう, ぽくなりました, ぽくなります, ぽくなる, ぽくドア, ぽく二分, ぽく出, ぽく出来, ぽく唯, ぽく引つ, ぽく振舞つて, ぽく格子戸, ぽく透け, ぽく響きました, ぽく飲ん

▼ 荒~ (63, 3.9%)

11 とした 3 たるもの 2 たる国, たる孤島, たる淋し, たる絶海, たる風物

1 [39件] たるありさ, たるさま, たる冬, たる周囲, たる境, たる孤独, たる山野, たる岩山, たる島, たる感じ, たる晩冬, たる有, たる水田, たる沙漠, たる海, たる砂浜, たる神秘的, たる趣き, たる郊外, たる頽廃, たる風景, たる黒い, という二字, とし, としたおもむき, として人生, として陰欝, と謂ツ, に坐し, のあり, のほとり, の城あと, の山, の感, の気, の気味, の氣, の海, を湛え

▼ 荒~ (51, 3.2%)

2 で括った, で縛, のやう

1 [45件] がうんと, がぷつりと, が十文字, が彼, が手, が斜, であしらつてそこ, であつ, でおしめ, でくくった, でくくりあげ, でくくりつけられ, でぐる, でさげ, で吊られ, で括られた, で束, で束ね, で棺, で縛られた, で縛り上げられました, で背負つて, で腹, で賀奈女, と絡み, など極めて, なんかで縛つて, にくくられ, に南瓜, に食, のごとく, の先, の切れ, の帯, の手綱, の暗示, の輪, をぐっと, をぐる, をしめて, をひきずった, を堅繩, を屍, を廻し, を引つ

▼ 荒~ (50, 3.1%)

2 が武装都市, のやう, のよう, の爪, の餌食, 第一中隊

1 [38件] かな, が, がつながれ, が一群, が忽然と, が敵, が爆弾, が羽繕い, が襲いかかろう, だ, だッ, とかいう言葉, となつ, と戦っ, になる, にはかなわない, には襲わるる, に似たる, に化, に化ける, に成ろう, のツバサ, の一人, の嘴, の大丈夫, の巣, の最期, の母, の風, は軍, は陣, は風, も青天, を専念, を描いた, 第一号, 第一号機, 翔けり風迷

▼ 荒~ (48, 3.0%)

2 やはら, るる室

1 [44件] から総, がいかにもまざまざ, が加わる, が目立っ, が神経, しむ, その中, その眼, だ, である, では張りあう, で悪化, とはちがう, ともかく体, と情緒, と感じられ, と気, などはどんな, などは持たぬ, なの, にきめ, にもまれ, に今日, に当惑, に痛められず, に苦笑, はその, は肺病, ば仏罰覿面, ぶもの, ぶ風, までそっくり, みて, や作者, よ, をしのい, をそれなり, をふくん, を夜ごと, を思わせ, を感じさせられた, を極めた, を肌, を艇長

▼ 荒~ (48, 3.0%)

6 にある 4 の方 3 の下宿 2 の亀惣様, の禰宜, の禰宜松下千里

1 [29件] から, からのもの, からも中, からやって来た, から登っ, から赤坂, には村社諏訪分社, には風, に止め, の, のはずれ, のもの, の仏眼寺, の出はずれ, の村社諏訪分社, の東, の百姓, の禰宜さま, の裏, の裏手, の裏通り, の部落, の鎭守, は光岳寺, は馬籠, へ出た, へ馳, や峠, や新寺小路附近

▼ 荒~ (40, 2.5%)

5 に因 4 の跡 3 して 2 した田舍, すれば, を極めて

1 [22件] されたあと, したの, したる, したる事實, した土地, した堂内, した墓地, した有, し住民, せるさま也, せる一寺院, とその後, に歸, のあと, の二つ也, の前, の地, の姿, の氣分, もかう, れて, 及び土質

▼ 荒るる~ (28, 1.7%)

3 がまま 2 にまかせ

1 [23件] ごと, すさまじい冬, ため, といえ, と見え, に任せ, も, アカイアの, アレースの, アレース誡めて, 天上の, 戰鬪の, 時微かに, 河溢れ, 海の, 海を, 爭鬪の, 獅子の, 禍を, 雪の, 風と, 風に, 騒音の

▼ 荒~ (26, 1.6%)

4 の如き 2 のやう

1 [20件] が一頭, が暴れ出し, が答える, だ, だの役者, だ荒熊, であり唐人飴, でいけず, でございの, でございッ, とかモモンガア, にむしり付く, に代っ, に取っ, の哮り狂っ, の持っ, の様, の芸, を忌避, 生きて

▼ 荒~ (25, 1.6%)

1 [25件] か, がひたむき, がビシッ, が何, が討たれたらしい, だったの, ととなえ, とやらちょっと, と姿, と申す, にもあらぬ, に出会っ, のあざ, の大言, の影, の忍, の脚もと, の跫音, はなお, は息, は燕, は高野街道, もすっかり, を打, を斬りすて

▼ 荒漠たる~ (25, 1.6%)

2 洋室の

1 [23件] アラビヤ砂漠の, カムパニアの, サハラの, 原野, 原野に, 四辺の, 土地の, 地方に, 地表が, 平原を, 平沙, 沙漠を, 泥炭地の, 溶岩の, 焼け跡を, 燒野原は, 秋の, 草原を, 虚無の, 野が, 風土の, 風景を, 風物の

▼ 荒玉梟帥~ (25, 1.6%)

2 だ, であった, の小屋

1 [19件] という猛者, といえ, とやらは満足, と云う, などへやれる, にもそういう, に妻, の乞い, の嫁, の家, は, はつかつか, は冷やか, は姫, は振り返り, は牛, は立ち去ろう, は頷いた, を先頭

▼ 荒さん~ (23, 1.4%)

4 で私 2 でゐる, で荒さん

1 [15件] だカフエー, だ山際, だ幹, だ気持ち, だ顔, でひどく, でますよ, でゐ, で来た, で来る, で甘い, で眼, で行く, で見えた, で青く

▼ 荒~ (23, 1.4%)

3 くれ男 2 立って, 荒らしく

1 [16件] き振舞, くれた右, くれた大きな, くれた武士, くれた水夫, くれた浪人者, くれた神たち, くれな武者ども, くれ武士, けく, だってからだ, だってくる, だて, だてて, 立たせるのみ, 荒らしい手つき

▼ 荒~ (23, 1.4%)

2 をひしいだ, を挫

1 [19件] だった生命, では人, な老, にも月花, の戦国武将たち, も挫ぐというやり方, をなだめ, をひしい, をひしがれた, をひしぎました, をひしぐ, を取られ, を奪, を御輿, を折, を抜かれ, を挫い, を挫ぐという, を軽んぜられ

▼ 荒~ (22, 1.4%)

2 であると, は先鋒

1 [18件] が更に, だと, に玉, のやすらう, の為, の神魂び, の話, の身, は, は悪, もそれ, をうけついだ, を尊う, を常に, を意味, を持つ, を祀る, 兼ねそなわる健全

▼ 荒~ (20, 1.2%)

2 がどんな, の歯ぎしり, の確信, は, は予定通り, は元来何事, は思想犯, は私, は非常 1 はほんと, はほんとに

▼ 荒~ (17, 1.1%)

2 中に

1 [15件] ありさ, うちに, たびごとに, ガチャ鉄も, 一さわぎ, 二山は, 動乱から, 名残なるべし, 地に, 小萩露を, 旗, 末季を, 珍産として, 許, 郷が

▼ 荒~ (17, 1.1%)

1 [17件] が草, だ和尚, では鼠棚, で住職, で過す, に五六日, に交つて民家, に堂守坊主, の, の中, の壁, の奥, の小僧, の床, の庫裡, の柱, の裏

▼ 荒~ (17, 1.1%)

2 の上, をかけた, を敷い

1 [11件] が五十枚, が手, が積み重ね, の片端, は遠い, も忘れ, を敷いた, を敷かせ, を敷きつめ, を着せ, を踏み

▼ 荒~ (16, 1.0%)

1 [16件] ぽいことば, ぽいぞ, ぽい声, ぽい所, ぽい方, ぽい気分, ぽい浜言葉, ぽい真似, ぽい風, ぽく, ぽくなっ, ぽくなった, ぽく引っ, ぽく拳固, ぽく殺気立っ, ぽく繩

▼ 荒~ (15, 0.9%)

2 の上, を敷い, を敷く 1 で巻い, に包み, に巻い, に巻かれ, をかぶせ, を巻い, を敷いた, を敷きつ, を蔽いかけ

▼ 荒鷲爆撃機~ (15, 0.9%)

1 [15件] が強い, が攻め, に向っ, に狙われ, の中, の方, は昭和遊撃隊, は翼, は見る見る近づい, は黒雲, をこしらえた, をのせ, 第一号, 第一号ニ乗リ, 第五号

▼ 荒~ (14, 0.9%)

4 なく叱つ 2 なく引立て 1 あとの, づり, づりのやうではあるが流動する, とるぞ, ないこと, なくなり地ひびきたてたて山, なく叱っ, 切った体

▼ 荒彫り~ (14, 0.9%)

1 [14件] が済んだ, それから小作り, ではあった, とすれ, と仕上げ, のまま, のよう, の砂岩石, の鬼神仮面みたい, は自分, をする, を一, を見, を見せ

▼ 荒次郎~ (14, 0.9%)

1 [14件] がわたし, と大谷門蔵, にナポレオン, の二人, の如き, の遺子福蔵, はその後会, は珍型, は間, やこうした, をはじめ一族, を攻めた, を襲名, 死す五十八歳

▼ 荒正人~ (14, 0.9%)

2 と挨拶, の, はすぐ, や平野謙 1 だ, だの私, とヒロポン, と俄, は怖, や平田次三郎

▼ 荒くれた~ (13, 0.8%)

1 [13件] イヤな, 世帯たまには, 世界の, 伝説が, 子供の, 彼等の, 毛脛の, 猪が, 男が, 男と, 神に, 遊蕩を, 髪粗野な

▼ 荒模様~ (13, 0.8%)

2 になった

1 [11件] が気, であった天候, であった空, となった, なる空, になっ, になり, に気, の夕暮, の日々, 寂しいこと

▼ 荒~ (13, 0.8%)

4 とした 1 とし, としきっ, とした思ひ, として何, として何とも, なあたり, の美意識圏, を化し, 多しという

▼ 荒~ (13, 0.8%)

2 のなか, の中 1 がぼ, が或は, にもまれ流れ, のよう, の哮りどよめく, の渦巻く, は大, は帆村探偵, も

▼ 荒~ (12, 0.7%)

4 の牀 2 の上 1 で無造作, の儘, の囲い, の床, を打ちつけ, を打ちつけた

▼ 荒むしろ~ (11, 0.7%)

2 を敷き 1 が三四枚, と腰, につつんだ, のよう, の上, の壁, の片すみ, を掻きわけ, 水桶柄杓血穴を

▼ 荒~ (11, 0.7%)

2 には欠くべからざる 1 に古い, に敷きたる, に見るべき, のすぐ, の中, の穂草, の穗草, の飛石, は直

▼ 荒~ (11, 0.7%)

3 の牛 2 の木彫 1 が本当に, で本当に, のでろ, の小さい, をし, を非常

▼ 荒~ (11, 0.7%)

2 の大連 1 という一人, の田虫, の胴, の身体, の頭, の首, は背, は黙っ, 不弥

▼ 荒野原~ (11, 0.7%)

1 [11件] だと, で井戸, で噛み合い, で行け, のまま, の中, の闇, はこの, へ来ました, を剰, を横切っ

▼ 荒~ (10, 0.6%)

2 破つて 1 包ね, 呑む女, 帯びた次, 睥睨する, 破つたもの, 破りて, 蓆の, 見渡すの

▼ 荒格子~ (10, 0.6%)

1 がすっかり, に三間土間, の中, の前, の外, の窓, へ飛び込ん, をあけ, をき, を戸

▼ 荒えびす~ (9, 0.6%)

1 でも虎狼, で高丸, のこと, の兄弟, は残らず滅び, もふるえ上がっ, も総崩れ, を平らげ, を征伐

▼ 荒~ (9, 0.6%)

1 が前後左右, が娘, が朝廷, が無気味, と名, のい, の胸, の集まり, もおなじ

▼ 荒~ (9, 0.6%)

3 の上 2 を布い 1 が一枚, で荷造り, のよう, を敷い

▼ 荒けずり~ (8, 0.5%)

1 から仕上げ, のベンチ, の仕事, の松板, の板, の荷物箱, の重, の長い

▼ 荒~ (8, 0.5%)

1 だと, とはおよそ, とより思えない, のさや, のよ, の夜半, の狭, の神

▼ 荒~ (8, 0.5%)

2 の壁 1 だの谷, と素人, に限らず, の一生, も谷, を投げつけました

▼ 荒~ (8, 0.5%)

1 と切石, に対していた, の中, の間, をずしずし, を践む, を間, 立ちぬ

▼ 荒~ (7, 0.4%)

1 とてふう, は縮, は織上げし, ふたたび驚き, を着, を見返っ, 即ち木

▼ 荒~ (7, 0.4%)

1 でがん, に仕上げよう, の代表, も思い合わされ, らしい恰好, を拝見, を無数

▼ 荒~ (7, 0.4%)

1 が狂いだし, に乗る, のやう, の背, らしい, を城戸, を持つ

▼ 荒~ (6, 0.4%)

1 ことした, ことも, びすだけのことはあって一度戦を, びすをもついでに攻め殺し, 事も, 渡世を

▼ 荒~ (6, 0.4%)

1 ていう, て云いました, て咎め立て, て太刀, て聞いた, るよう

▼ 荒~ (6, 0.4%)

1 ふるった, 属へ, 屬へ, 布き李典, 震い彼, 駢ぶ

▼ 荒ら家~ (6, 0.4%)

1 でまで云々, に捨て置かれ, に逼塞, のどこ, の戸, へお客

▼ 荒ナワ~ (6, 0.4%)

1 だのはき, でしばりつけ, でガンジガラメ, にも血, をまい, を車輪

▼ 荒~ (6, 0.4%)

2 の中 1 で二間, に不, に来ず, へ帰っ

▼ 荒もの屋~ (5, 0.3%)

5 の婆さん

▼ 荒らく~ (5, 0.3%)

1 しながら, たゆむ隙, ちゃ, なる, 掴んだ

▼ 荒ら屋~ (5, 0.3%)

1 がある, だ頓, で物思い, へおい, へ駈けこむ

▼ 荒~ (5, 0.3%)

1 の不器用, の仏像, の木材, の相貌, 部だ

▼ 荒果てた~ (5, 0.3%)

1 が書院づくり, もんぢや, 土塀が, 畑を, 自分の

▼ 荒~ (5, 0.3%)

2 な格子 1 な皮膚, の格子, の編笠

▼ 荒草深い~ (5, 0.3%)

5 山裾の

▼ 荒~ (5, 0.3%)

1 という五郎, と記紀万葉, の水音, の鋭, もまた

▼ 荒かせぎ~ (4, 0.2%)

1 そんなもの, の浪人者, は与太郎, をしなくなった

▼ 荒かつ~ (4, 0.2%)

1 た, たが, たしそれ, たせゐも

▼ 荒けずりで~ (4, 0.2%)

1 すさまじいす, ロマンチックな, 大まかで, 彫りが

▼ 荒そう~ (4, 0.2%)

1 ですし, な皮膚, な野馬, に思われ

▼ 荒~ (4, 0.2%)

1 一徹な, 九州武士の, 女だった, 軽い背負い

▼ 荒~ (4, 0.2%)

1 がある, でも諸, には外泊, を持っ

▼ 荒~ (4, 0.2%)

2 の重い 1 があちこち, の丘

▼ 荒果て~ (4, 0.2%)

1 たる庭, て住む, て残っ, て老松

▼ 荒~ (4, 0.2%)

1 が鬼, を凌い, を犯し, を蹴り

▼ 荒芽山~ (4, 0.2%)

1 である, と迂廻し, の音音, を落ちる

▼ 荒~ (4, 0.2%)

3 して 1 の中

▼ 荒すぎる~ (3, 0.2%)

1 との言い分, もの, 長着姿で

▼ 荒~ (3, 0.2%)

2 味が 1 冷酷で

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 云ふ, 口ずさむも, 申しまして

▼ 荒らい~ (3, 0.2%)

1 だ, だ息, 惨い人間

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 ぽい人, ぽく, ぽく脚

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 がある, のよう, の草

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 のおじいさん, の伯父さん, の旦那

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 をつけた, を用いる, を盛っ

▼ 荒増し~ (3, 0.2%)

1 に整えり, 引き去って, 記して

▼ 荒廃れ~ (3, 0.2%)

1 ていた, て一軒家, て見えた

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 として人気, として見えざる, として見えず

▼ 荒~ (3, 0.2%)

3 者の

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 の見当, は閲覧人, 出来たと

▼ 荒~ (3, 0.2%)

2 のシャツ 1 のパトラッシュ

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 が出る, の大将, の振舞

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 に仔山羊, に出, の方

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 ふの, ふ嵐, ふ海

▼ 荒狂う~ (3, 0.2%)

1 大熊, 新海を, 波濤の

▼ 荒狂っ~ (3, 0.2%)

3 ている

▼ 荒~ (3, 0.2%)

2 は冷たい 1 の雨

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 などぼつ, に入れ, に身がら

▼ 荒編笠~ (3, 0.2%)

1 の人影, の若い, を眉

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 がやれる, ではなく, なの

▼ 荒道具~ (3, 0.2%)

2 が得意 1 を用いざる

▼ 荒~ (3, 0.2%)

1 がその, だよ, のなか

▼ 荒鷲町~ (3, 0.2%)

1 というの, の阿片窟, へ行く

▼ 荒けずりな~ (2, 0.1%)

1 その建物, 性格を

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 もが一枚, もに巻い

▼ 荒さびた~ (2, 0.1%)

1 心に, 気持ちの

▼ 荒さめ~ (2, 0.1%)

2 吹き荒

▼ 荒さめ嵐~ (2, 0.1%)

2 よ吹雪

▼ 荒ぽく~ (2, 0.1%)

1 ない代り尖鋭, 調子を

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 じい叫び声を, じい気を

▼ 荒まし~ (2, 0.1%)

1 は先刻, を語った

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 あれは, せずあら

▼ 荒らい事~ (2, 0.1%)

2 を言つて

▼ 荒らしく~ (2, 0.1%)

1 その機嫌, 杖を

▼ 荒らら~ (2, 0.1%)

1 かな膚, かに

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 とも, ともを

▼ 荒るれ~ (2, 0.1%)

1 ども心, ど益荒男

▼ 荒ッポイ生活~ (2, 0.1%)

2 に疲れ

▼ 荒ミタマ~ (2, 0.1%)

1 あるいはヘルプ紳士, だろうと

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 の御, の魂

▼ 荒乳山~ (2, 0.1%)

1 にもあった, を越え

▼ 荒凉寂寞~ (2, 0.1%)

1 たると, たる自分

▼ 荒助桂太郎~ (2, 0.1%)

2 の三氏

▼ 荒君ら~ (2, 0.1%)

1 が考え, が考へ

▼ 荒君平野君~ (2, 0.1%)

2 ばかりで

▼ 荒君平野君ら~ (2, 0.1%)

2 はどうも

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 はこゑうちあげて, も肝

▼ 荒~ (2, 0.1%)

2 の白布

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 と連日, な世

▼ 荒寒凄~ (2, 0.1%)

2 涼なる

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 たる沙漠, の景

▼ 荒小屋~ (2, 0.1%)

1 ですが, に発見

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 の上, を

▼ 荒掴み~ (2, 0.1%)

1 にし, に己

▼ 荒暦六合~ (2, 0.1%)

2 そのほか江次第二合

▼ 荒模樣~ (2, 0.1%)

1 になつて行, の暗い

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 で梳き直す, を入れ

▼ 荒次郎義光~ (2, 0.1%)

1 と申す, の奥方

▼ 荒正人氏~ (2, 0.1%)

1 の文筆活動, の逸脱

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 でざっと, の毛すじあと

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 の相, 剣の

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 が真冬, と名乗った

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 と云い, の事

▼ 荒狂つて~ (2, 0.1%)

1 ゐるばかり, ゐる海

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 だろう, を踏み殺した

▼ 荒獅子~ (2, 0.1%)

1 か, のごとく

▼ 荒玉水道草~ (2, 0.1%)

2 ふかし音

▼ 荒男ども~ (2, 0.1%)

1 がお, で危険

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 を剥がれ, を引

▼ 荒稽古~ (2, 0.1%)

1 だけだ, ならこの

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 る時, る虐政パレルモ

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 かけた雲の上, を着

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 を取りひしがれる, を拔

▼ 荒苑蝉~ (2, 0.1%)

1 鳴いて, 鳴又

▼ 荒~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 へのせ, を敷いた

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 たる有様, たる黒部

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 の香, をこぼした

▼ 荒象園~ (2, 0.1%)

1 の鬼門, の鬼門彼処

▼ 荒過ぎる~ (2, 0.1%)

1 つて大家さんから, ようだった

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 のところ, を掘る

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 の松林, の聚落

▼ 荒雄ら~ (2, 0.1%)

2 が行き

▼ 荒雄等~ (2, 0.1%)

1 の去つた, の肉体

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 が入っ, に這わん

▼ 荒~ (2, 0.1%)

1 であり釣上げて, も三つ尾

▼ 荒鷲爆撃隊~ (2, 0.1%)

1 は負けません, を撃退

▼ 荒鷲隊~ (2, 0.1%)

1 が勇姿, は敗れた

▼1* [282件]

おこしもせね, 荒かせぎしている, 荒かせぎしたのでござった, 荒かべ藁莚一壺の, 荒かりし浪の, 荒出ます, 荒がねを小さな鞴, 荒ぎもをうばってやろうと決心したの, 荒までそば, 荒けずりした新らしい, 荒けた光景はもう, 荒けた姿をし, 荒けた急峻な岩峰, 荒けた有様を呈し, 荒けた東の風, 荒けた話をし, 荒けねえのう, 荒けの空とぶ, 荒こなしをする, 荒ころしをし, 荒さそれよりも第, 荒さびし山河の, 荒さび情に溺れ, 荒さみかたが, 荒さッちゃ無え, 荒さ事々のむずかし, 荒しまはつて, 荒せるはローマ皇帝等, 荒畠藁葺屋根と, 荒たきままに荒, 荒ただ商利の, 荒たる館の花妻, 荒からで, 荒っ削りにし, 荒づくりの矢竹, 荒とうは, 荒でなかつたのかも, 荒とか刺とか, 荒なるものの, 荒びなゆきそ, 荒まじきものでしょう, 荒みきつた感じだけれども, 荒みきつた野蛮な声, 荒みとなって, 荒むしろ二三枚をひき出し, 荒むしろ二枚の一室, 荒ものの如くふる, 荒ものうどんありと, 荒やいでほとんど, 荒らい仕事をし, 荒らい弁慶縞でがらり, 荒らい感触によって絶えず, 荒らい毛の毛布, 荒らい石壁によせかけた, 荒らく磯打つ浪, 荒らびや生活の推移, 荒ららぐるをお, 荒ららげて叫んだ, 荒ら壁の部落, 荒ら屋中の荒ら屋, 荒ら石の壁, 荒ら語は胸, 荒ら駒の躍る, 荒イヌどもが一匹, 荒カセギをやらなくなった, 荒クレどもに追っ立てられ, 荒ス微塵ノ, 荒ス猪鹿野狐等ノ悪, 荒ス者ハ斬, 荒ッポさと飽きッ, 荒ッポイ返事でおまけ, 荒ブ地を十年, 荒ムシロをしいた, 荒ラス微塵ノ, 荒也夫成天地之大功者, 荒の山中, 荒二郎合同の歌舞伎劇, 荒五郎と云っ, 荒五郎入道はげん竹, 荒人神のうつし, 荒その時代, 荒作りの鉄瓶, 荒使いをし, 荒侍汝ら一人を討ち取れず, 荒修業です, 荒働きによく, 荒働きしたことない, 荒公卿での, 荒兵乱の相, 荒たる救, 荒凉ふくとも葛の葉, 荒凉寂漠たる島, 荒凉寂寥たる此, 荒凉徴発すべき人夫, 荒凉慘澹寧ろ耳, 荒凉索莫がくり返され, 荒凉索莫わたしは遠い, 荒凉闇く寒く物すごき日, 荒出し抑えても, 荒を刃渡し, 荒切りにし, 荒の者, 荒剣一風江府の剣界, 荒に推挙, 荒助氏の息, 荒助農商務は平田東助, 荒匂い斬り手, 荒十二年とある, 荒の利益, 荒噛みでのみこみ, 荒四郎東田行蔵らの人たち, 荒坊一人の方, 荒坊主岸破と, 荒を作りかえる, 荒塗りのよう, 荒増し織物が出, 荒でありが, 荒の奇襲, 荒大名ではない, 荒大名鬼柴田勝家がいる, 荒大将に対して立った, 荒太郎多見, 荒太郎仙昇多見, 荒し懶惰, 荒が出, 荒寺思いのほか, 荒の鉾, 荒小姓の福島市松, 荒小田をかへでの枝, 荒山中に海, 荒山伏のいのる, 荒山原来硫黄気, 荒岩亀之助が常陸山, 荒岩大砲鬼ヶ谷鬼龍山谷の音, 荒岩負け源氏山負く, 荒川岸の泥土, 荒巻き鮭の一片一片, 荒市老はぶっきらぼう, 荒年続きで苦しんだ, 荒広介という部長, 荒広介刑事が来合し, 荒だ, 荒廢ぶりによって目下, 荒廻った天狗様を, 荒廻るとばらばら, 荒径雨過滑緑苔, 荒御霊と称し, 荒を遍歴, 荒心迫來將攻之時出鹽盈珠而令溺, 荒忽人気はその, 荒暴恣の, 荒な気, 荒の死鬼愁魂, 荒手結真手結, 荒神等を, 荒する機械, 荒挽きして四年間, 荒頗る難治, 荒方工事の報告, 荒方片就き麥蒔, 荒旗本脇坂甚内平野三十郎加藤虎之助の三人, 荒日和に宮, 荒の所為, 荒の地, 荒木村英久留島義太等のご, 荒放紅, 荒村老屋の中, 荒板づくりの仮, 荒板張りの籠, 荒板製に白墨, 荒柳美談ではない, 荒し父兄, 荒を披, 荒模様雨や雪, 荒次郎ニて中, 荒次郎出京ニて此刀, 荒次郎合同の歌舞伎劇, 荒次郎式の長い, 荒次郎義澄は旅装, 荒正人その他の人々, 荒正人本多秋五などといふ評論家, 荒正人氏たちの論説, 荒武夫の雄心, 荒武雄の心, 荒歯櫛で解きそろえ, 荒を厭う, 荒気大将佐々成政の菅笠三蓋, 荒氣味で吹, 荒河戸辨が女, 荒え匂い, 荒波山の崩, 荒であるから, 荒涼んだ乱塔場で, 荒の岩, 荒湿地でまったく, 荒準備しましたが, 荒の岩, 荒漠千里の大, 荒漠無限の平原, 荒で, 荒漢三人車を宙, 荒漢等山狗かとばかり痩せ, 荒瀧山ちよつとよい, 荒の水, 荒炭和炭の名, 荒為事をし, 荒をぞもとめける, 荒煙落日の間, 荒熊どもを一煽り, 荒熊病院に入院, 荒熊達はもうこんなに, 荒の山, 荒はまた, 荒をやる, 荒獅子男之助, 荒の春, 荒玉梟帥奴ほんとの姫, 荒玉梟帥自身受け取りに参っ, 荒田老という怪奇, 荒町みつや横手, 荒町与良町と続いた, 荒町峠村ではごく, 荒の上, 荒療法だつたが, 荒の感, 荒亦燬, 荒目昆布のごとき, 荒破屋同然の二階, 荒を掛けた, 荒神崎という崎頭, 荒稽古一つ受けられん奴, 荒なり, 荒のよう, 荒素膚の, 荒の青竹矢来, 荒組みの青竹矢来, 荒締めゃ身の毒, 荒の被りもの, 荒編みの物, 荒なる仏国生, 荒羅紗を入れ, 荒羽波岐神社北秋田の七座神社森吉神社等, 荒臺夢ならず, 荒の匂, 荒芳徳氏を戴く, 荒との三地点, 荒芽山畔日将に, 荒芽山畔路叉を成す, 荒茫ただ一色の雪, 荒草斷碑の中, 荒や粗末, 荒として見えるべき, 荒を一人, 荒の束, 荒蝦夷の住んだ, 荒血山とはいう, 荒見当を立てる, 荒責めはおいら, 荒を見廻る, 荒かすり, 荒の仁王尊, 荒なる愛情, 荒遊びに慣れ, 荒道場と云われた, 荒に身, 荒を赤城, 荒として僧衆, 荒払いザックリのぶ, 荒陵一帯の村, 荒形, 荒に埋まった, 荒に在り, 荒の果, 荒なる小河内村, 荒駒三百三十頭を献上, 荒魂和魂雙つながら, 荒魂奇魂幸魂術魂の五, 荒をひい, 荒の暁, 荒鷲久保編隊長の感嘆, 荒鷲憤然と, 荒鷲最後の攻撃