青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「草木~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

茶~ 茶の間~ 茶屋~ 茶店~ ~茶碗 茶碗~ ~草 草~ 草原~ 草履~
草木~
草鞋~ 荒~ 荘~ ~荷 荷~ ~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊 菊~

「草木~」 1131, 12ppm, 8987位

▼ 草木~ (354, 31.3%)

7 根を 6 葉を 5 上に, 葉が 4 葉は 3 そよぎにも, 中に, 新芽を, 色は, 花といふ, 花を, 葉に, 風に

2 [28件] ことを, なかから, なかで, なかに, ような, 勢衰へ, 名を, 嗜好者は, 好きな, 如きも, 密生した, 實を, 形を, 枯れたの, 栄枯は, 栄枯盛衰を, 精かも, 緑は, 緑色が, 美しさ, 色が, 色の, 色も, 花は, 葉も, 葉末に, 陰影の, 魂を

1 [247件] あいだに, あるもの, ある土, ある限り, いろも, うちを, うち二キロないし, ことが, ことの, ごとくならしめば, ごとく靡き伏して, すくや, そよぎに, それの, たぐいを, たたずまいに, たたずまいを, ともしいこと, ない所, ない驛, なびくよう, なびく姿, なほその, はげしく動揺, はじめに, みずみずしい姿, みどりの, みのる香り, ものを, もゆる, アヤも, 一日の, 一生は, 上には, 上にも, 上の, 上へ, 世界に, 中の, 中を, 事を, 伸びるの, 値を, 健康を, 元なる, 先駆者という, 再生が, 写生図も, 写生図や, 凋れた, 凋落と共に, 凋落は, 凡てに対して, 前へ, 勢いが, 勢に, 匂いが, 反発力を, 叫びとも, 名称を, 吐く息, 呻吟と, 呼吸する, 呼吸とともに, 和行の, 善惡は, 囁きは, 土の, 塚を, 外に, 多い方, 多い築山, 多くは, 大観を, 奇しき形相, 奥に, 如きかをり, 如き剽悍無残, 如く教育, 如く禽獸, 如し, 姿と, 姿よ, 威厳と, 嫩葉新芽及び, 学問さらり, 実物に, 家に, 少ない都会, 幹を, 形虫の, 彩水の, 影によ, 影は, 心をさえ, 性質として, 愛好家に, 感じまでが, 感じを, 手入れの, 抱く所, 採集に, 散りぼふが, 新しさ, 日光を, 春陽に, 時代を, 有為転変は, 本然の, 枝葉と, 枝葉などを, 枝葉に, 枯れて, 栄を, 根, 根が, 根の, 根や, 植込みや, 様子を, 正しさ, 氣あり, 決意であり, 活きかえるよう, 活力は, 海を, 深いあいだ, 深い坪庭, 深い急, 滴までも, 濃く繁った, 特性を, 王, 生々と, 生々を, 生えないの, 生えよう筈, 生えるところ, 生き出づるごとく, 生命そのものの, 生命の, 生命霊魂と共に, 生気は, 生活の, 生長の, 発芽する, 發花抽芽の, 皮である, 盛な, 真の, 眠りに, 神語を, 祭祀に, 私語に, 種は, 種を, 種子これを, 種子の, 種類などで, 種類は, 精じゃ, 精との, 精に, 緑の, 繁った谷間, 繁みなどが, 繁ろうと, 繁茂する, 繁茂せる, 繁茂は, 美の, 美を, 肥料に, 肥料には, 色あんなに, 色さへ, 色などは, 色などを, 色や, 色彩が, 色艶も, 色褪せた匂い, 花が, 花だ, 花に, 花の, 花就中メーフラワーの, 花色も, 花若く, 花葉から, 芳しき香, 芳しさ, 芽が, 芽などを, 芽に対する, 芽ばえ花さく春だ, 芽も, 芽や, 芽立つと, 苗も, 若芽の, 茂った加賀屋敷, 茂った城跡, 茂って, 茂つた山腹を, 茂みは, 茂れる, 茂生せるあり, 荒された模様, 萌え出さぬ春, 萌生する, 萎えたやう, 葉つ, 葉といふ, 葉にて, 葉にも, 葉の, 葉のみを, 葉をも, 葉末には, 蔭に, 蕾を, 薫しき花を, 身に, 重々しき重なり, 長茂を, 雨に, 霊さえ, 露が, 露の, 露は, 露を, 音にも, 頂きを, 類も, 風貌は, 香などが, 香の, 香みち, 香を, 髄の, 體内に, 魂と, 魂の, 魂は, 魂をば, 黒つ

▼ 草木~ (115, 10.2%)

3 本尊と, 無駄に 2 伐り野, 保護する, 分けましても, 切りたおすの, 愛して

1 [99件] あつめなど, うるおす雨, うるほし, かじり申して, かわいがる人間, して, た, たづさへて見舞, ながめ引窓, なぎたおして, なつかしみに, なびかせ捲き吹きつけ魂, はじめとして, もって, もつた人たち, 両手に, 伏せしめた, 伐開き, 伸び育てる大切, 使用した, 倒して, 分けても, 刈り全貌, 原料と, 友として, 友に, 吹きなでて, 喰ひ, 喰ふ, 喰べ, 存すること, 室内に, 尽くして, 形造り人間と, 徒らに, 心の, 思わせるよう, 愛する限り, 愛すれば, 成し日月闇風, 折るやう, 押しわけ密林, 描きながら, 揺がす伏兵, 攀じ蝙蝠, 材料として, 枯らしまた, 栽え, 植えた中, 植えて, 治すその, 沾すに, 消耗し, 満載した, 濡らして, 濡らす淋しい, 烈しく揺ッ, 無心に, 焼き或いは, 照す日, 照らして, 生めり何ぞ, 目印と, 直させたりなど, 相手に, 結んで, 繁く植え込み, 聯想した, 肥やして, 育てるよう, 育成する, 胸で, 舐めて, 製紙の, 襲ふ, 見ず立山, 見て, 見よと, 見ると, 見るとも, 見る以上, 見れば, 見廻した, 見直す, 觀る, 觀察し, 説いたの, 識っては, 載て, 醒して, 雪囲いに, 靡かす力, 靡かす我, 鞭ち, 響かせなんとなく, 食い尽す, 食ひません, 養い牛馬, 鳥獣を

▼ 草木~ (100, 8.8%)

4 好きであった 2 あるに, ことごとく慄, しげって, ものを, 好きで, 枯れて, 植えられて, 生えて

1 [80件] あって, あり祈らるるよう, ある, あるの, あるもの, ある限り, いっぱい茂っ, いわんと, けしきばんで, こんなに好き, しげり高原, どんなところ, なかったなら, ひとを, みて, むらむらに, めらめらと, ゆくてを, よく描かれ, よろこぶだらうに, よろこぶだらう田植, 一番の, 一面に, 今まで, 伸びて, 冬枯れはてた, 凋まないから, 出て, 単純な, 叢生し, 可愛くなり, 在るところ, 夜半を, 大いなる役目, 大きくなる, 太陽の, 好きであっ, 好きな, 宇宙の, 密生する, 復活る, 忘れられよう, 思うまま, 急に, 懶い眠から醒め, 枯死し, 栄えお参り, 死んだ様, 洗われて, 漆黒の, 炭に, 物を, 生い茂るが, 生え出すを, 生え込むを, 生きて, 生れるの, 生んだこと, 生長する, 疲れおとろ, 皆枯れ, 知つた時どれ程, 緑に, 縱横に, 繁茂した, 美しくそれ, 美しく其, 自分を, 花を, 芳香を, 茂って, 茂つてゐた, 茂つて居る, 茂り栄えるの, 茂り虫, 葉裏を, 蘇返りました, 赤く地, 足を, 風に

▼ 草木~ (91, 8.0%)

3 眠る丑 2 やつと, 人も, 婦人も, 枯れる, 眠るという, 野も

1 [76件] あるという, あるとの, あれば, うっとり聞き惚れる, うつとりと, かうなると, こぞって国, さかんに, しおれ勝, そだてます, ないこの世, ないよう, ない裸体, なく埋, なびきその, なびくべき天皇旗, なびく勢い, ねむる丑みつ頃鏡川橋, ねむる真夜なか, のびのびと, はえで, ふき捲い, ほとほと枯れ死ぬ, みな朱に, やかましい泣き声, やっと蘇った, やはり, 世に, 人間も, 凍って, 南北を, 同じ宇宙, 同じ趣味, 同様です, 土も, 天も, 心ある, 心痛むらし, 懐かぬ裸山, 掻き苛まれつけて, 昆虫類も, 枯れて, 枯れる概, 枯れ果てて, 枯れ見る限り荒涼, 植えやう, 水を, 深沈と, 混虫類も, 濡れて, 焚物として, 生えぬという, 皆悉く, 眠りに, 眠ると, 眠るというくらい, 眠る一時, 眠る丑三, 眠る丑三時, 眠る丑満, 眠る真夜中, 眠れるほどの, 眼に, 総て此神が, 繁茂し, 芽生えから, 蒸されるよう, 虫も, 言問う, 霊ある, 青み渡り風, 青白く煙る, 靡いて, 靡くあんな, 靡くと, 鳥も

▼ 草木~ (85, 7.5%)

3 人間の 2 どんな変化, なべて, みんな泥水を, 草木で

1 [74件] いよ, ことごとく浄光, これによって, しつとり, しづかに, すべて眠っ, そこに, その初発, その枝葉, その根, たたずんだまま, てんでにがやがや言い出し, どうある, どよめき立ちました, なかりけり御, なく, なんらの, はえぬ, みな新, みんな丈夫に, よみがえって, 人物と, 依然として美しく, 倒れ穀物, 其の開花抽芽, 凡てが, 動物と, 勿論, 只だ, 叫ぶの, 台湾南部に, 土と, 堆く積まれた, 快げ, 數, 明らかに, 時期を, 更に慌てた, 果実が, 枯れつくし満目蕭条, 枯れて, 枯れ落ち, 枯死し, 歌う, 正直に, 気運により, 水面の, 永遠の, 深く埋れ, 炎上し, 無残に, 然ら, 焼跡に, 生き物で, 生長を, 皆それぞれに, 皆玄斎が, 皆生命の, 皆白髮に, 皆聲を, 硝子箱の, 私に, 私の, 肥料に, 自然に, 茂れり, 見られませんわ, 遠く遙, 雨露の, 雫の, 青々と, 音なく, 馬の, 黙って

▼ 草木~ (59, 5.2%)

6 至るまで 4 愛を 2 いこひ野, 到るまでも

1 [45件] おおわれて, おけるが, かけて, くわしい人, さわると, して, しても, しろ生物, そそぐ音, その欲望, なるの, まみれて, やるの, よっかかり夜, 一生懸命に, 他人の, 依附, 到るまで, 化する, 向かい心神, 向けて, 寒中の, 対して, 当る風あたり, 心をよ, 恥ずる行為, 挟まれて, 於て, 施す肥料, 気持を, 水を, 深く埋もれ, 濕ひ, 燃えうつって, 現れる四季, 生れ換, 異らず, 至っては, 至るまでが, 至るまでの, 草木の, 譬うれ, 遮られ乍, 関心を, 限らず地上

▼ 草木~ (26, 2.3%)

2 ならん日, なるべき力, 石土を

1 [20件] いえども, いわず総て, この広大, この風景, ちがって, なると, ゆめと, 人とを, 何ぞ擇ばん, 其命を, 同じく朽ち, 同様わが, 呼吸を, 平野と, 幾多の, 建物とが, 情死し, 海と, 語って, 風雨と

▼ 草木~ (18, 1.6%)

2 景色や

1 [16件] その風, 人種が, 動物の, 土や, 地面から, 小鳥などと, 布を, 建築から, 建築物は, 昆虫の, 炎熱の, 石ころの, 石を, 蔦蘿を, 道を, 鳥やを

▼ 草木~ (10, 0.9%)

2 これを, 養いたいという 1 いつさい, 云えば, 掩うてゐた, 競爭し, 覆われて, 食えるもの

▼ 草木にも~ (7, 0.6%)

1 あらじと, 吾, 強く育てられ, 慰められ兼ねて, 生命は, 眼が, 花は

▼ 草木禽獣~ (7, 0.6%)

1 と同様, どんな小さな物, に親ん, のいのち, の精, の類, まで少し

▼ 草木には~ (6, 0.5%)

1 その性, どこか, やはり日除, 恐死病, 異常な, 責任が

▼ 草木と共に~ (5, 0.4%)

1 また己, 暮して, 毛艶が, 生活する, 靡きし關八州

▼ 草木~ (5, 0.4%)

1 分ケ嶮岨, 図説シテ以テ日新ノ, 曲尽シ詳説ヲ, 栽蒔シテ他日, 輸スルトキハ皆之

▼ 草木花卉~ (5, 0.4%)

1 に対するの, のこと, の如き, の模様, を配列

▼ 草木とは~ (4, 0.4%)

2 黒潮の 1 ちが, 何の

▼ 草木に対して~ (4, 0.4%)

1 わり合ひ, 自然の, 著しく無, 訴を

▼ 草木染め~ (4, 0.4%)

1 が展観, で化学染料, の手織り木綿, の織物

▼ 草木花鳥~ (4, 0.4%)

2 の類 1 の色彩, の開落往来

▼ 草木から~ (3, 0.3%)

1 取ること, 得ました, 立ち昇る

▼ 草木なき~ (3, 0.3%)

1 孤岩立つ, 島あり, 裸体山なり

▼ 草木ばかり~ (3, 0.3%)

1 ぢや, でなく人間, では

▼ 草木まで~ (3, 0.3%)

1 みな一系の, われを, 焼けいぶって

▼ 草木国土~ (3, 0.3%)

3 悉皆成仏

▼ 草木~ (3, 0.3%)

2 なもの 1 にしか見えない

▼ 草木鳥獣~ (3, 0.3%)

2 など染めつけたる 1 のたぐい

▼ 草木あるいは~ (2, 0.2%)

1 動植物と, 石の

▼ 草木でも~ (2, 0.2%)

1 其の花, 笛の

▼ 草木という~ (2, 0.2%)

1 ような, 草木は

▼ 草木として~ (2, 0.2%)

1 生き山川, 用ひらる

▼ 草木とともに~ (2, 0.2%)

1 朽ちて, 朽て

▼ 草木なし~ (2, 0.2%)

1 にはいられない, にはゐられない

▼ 草木などは~ (2, 0.2%)

1 あまりの, 一本も

▼ 草木までも~ (2, 0.2%)

1 ここに, 成佛といふ

▼ 草木より~ (2, 0.2%)

1 其思想は, 蟲豸に

▼ 草木土石~ (2, 0.2%)

1 の性質, の集合

▼ 草木山河~ (2, 0.2%)

1 に関した, はこれ

▼ 草木岩石~ (2, 0.2%)

1 の配置, も物

▼ 草木悉皆~ (2, 0.2%)

1 成佛と, 朕の

▼ 草木深し~ (2, 0.2%)

1 というわけ, 此夜阿

▼ 草木瓦石~ (2, 0.2%)

1 という, を執る

▼ 草木禽獸~ (2, 0.2%)

1 に及ぼすなり, に對

▼ 草木~ (2, 0.2%)

1 のあらゆる, の森羅万象

▼ 草木繁茂枝~ (2, 0.2%)

2 や葉

▼ 草木茂生~ (2, 0.2%)

1 し浜頭, するも

▼ 草木茂盛行~ (2, 0.2%)

2 不見

▼ 草木~ (2, 0.2%)

2 も鶏

▼ 草木~ (2, 0.2%)

2 に有情

▼1* [157件]

草木あらゆる存在に, 草木あれば必ず, 草木いちいちその趣, 草木いやが上, 草木うたたあ荒涼, 草木おい茂って, 草木およそ中国の, 草木からも恍惚たる, 草木ここらの水, 草木こそはなるほど人間, 草木ことごとく真怪, 草木この時に, 草木これに産, 草木さえ植える事, 草木さえもその力, 草木すなわちわが袖褸, 草木そして土石虫魚, 草木そのま, 草木その他天然界の森羅万象, 草木たちがてんでに, 草木たる可く, 草木だけででも気に入った享楽, 草木だけの世界だった, 草木でありますし, 草木でさえ思い遣るよう, 草木でなければ自分自身, 草木とかの有様について, 草木とても各, 草木との間に, 草木とも思える, 草木とを描いただけ, 草木どもが数, 草木なく道には, 草木などにも含まれて, 草木などの細かなる, 草木なみだという, 草木ならば豊後梅, 草木なり鳥獣に, 草木なりといわばだれ, 草木なる芍薬に, 草木なんど菊塢翁の昔, 草木においても知覚の, 草木についてはもう倦, 草木にてかしこに, 草木にのみ春は, 草木に対しては素人である, 草木に対する程の, 草木に関するもので, 草木のけはひ, 草木のさやぎにも, 草木のみを喰ふとき, 草木のやはらかな, 草木ばかりになるこの, 草木夕がたに, 草木への愛, 草木ほどなつかしきもの, 草木ほどにも威勢よく, 草木までが耳を, 草木みな寝に, 草木みな兵と化, 草木みな寢にし, 草木みな血に嘯く, 草木もて数軒の, 草木よりも五寸位ほかは, 草木を通して平原の, 草木ニ至テハ随在之, 草木博覧ヲ, 草木一つとして生きた, 草木一切成仏といひ, 草木万葉の草木なんど, 草木も連なり, 草木人体機械何が何ん, 草木人身に関する妖怪, 草木人類鳥獣の属, 草木仏事をさえづる事, 草木以上のもの, 草木以外即ち普通食物, 草木保命の霊薬, 草木全部戦争の渦中, 草木典九八に武城縣志, 草木冬青土地膏腴水多陸, 草木凋落せずただ, 草木即ち生の, 草木又は動物の, 草木及び地上の, 草木各自の體, 草木土四種あり, 草木土産等の記事, 草木塔続篇及酒についての覚書, 草木少しも生ぜず, 草木の主人, 草木山川の言葉, 草木山川白皚々見渡す限り雪, 草木往時の水脈, 草木しく絳色, 草木悉く旋轉する, 草木から養われた, 草木日月星辰四時花鳥の環境, 草木のご, 草木昆虫の感覚, 草木昆虫人体でさえもそれ, 草木昆虫禽獣から放散, 草木昆蟲禽獸から放散, 草木果実花などの形, 草木森々たる峠路, 草木森羅万象の生育, 草木池都会ごみ溜ビルディングの窓, 草木涼しげに生, 草木渺莽たる中, 草木漸く萠生し, 草木瓦礫より色, 草木ひたりと, 草木生セサル程, 草木生成に及ぶ, 草木がある, 草木発生し水泉迸出, 草木的オモカゲがはなれない, 草木皆具佛生といつ, 草木皆無のあり, 草木皆神也とした, 草木眠っている, 草木砂泥の類, 草木禽獣幽鬼火や水, 草木禽獣得意の世界, 草木禽獣虫魚にうつし, 草木禽獣虫魚天文地理の諸, 草木禽獣魚介の類, 草木稟性の差, 草木等我人の体外, 草木絶無ただ硝石, 草木絶無焼後の地, 草木に茂りたる, 草木繁りて路, 草木繁茂せるカプリ, 草木羽状深裂, 草木から生長, 草木花樹を植, 草木花物品すべてのもの, 草木草木でなければ, 草木萌動す, 草木蘇生す, 草木虫魚とともに喜び, 草木という山中, 草木貢賦土色山脈水脈五服四至等の事項, 草木の精製品, 草木金石珠玉点介鳥獣古銭古器物, 草木青く風快く, 草木靡き騒ぐ中より, 草木でも表わす, 草木にあたれ, 草木風景なぞよりも遥か, 草木風月の中, 草木風物は信濃附近, 草木風雨に靡く, 草木風雨山河互に連帯関係, 草木魚虫等の腐敗, 草木鳥虫の小さな