青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「草~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

茫然~ 茲~ ~茶 茶~ 茶の間~ 茶屋~ 茶店~ ~茶碗 茶碗~ ~草
草~
草原~ 草履~ 草木~ 草鞋~ 荒~ 荘~ ~荷 荷~ ~荷物 荷物~

「草~」 12585, 136ppm, 786位

▼ 草~ (4055, 32.2%)

347 上に 244 中に 80 中を 78 葉の 77 中へ 76 上へ 72 中から 63 葉を 59 上を 43 なかに 41 間に 39 葉に 38 花が 37 ように 35 上で, 葉が 26 中で 24 花, 花の, 花を 23 実の 2221 やうに 20 間を 19 中には, 実を 18 実が 17 生えて 16 中の, 芽が 15 葉つ, 間から 13 なかを, ような, 穂を, 茎を, 葉も 12 うえに, 名を, 葉や 11 葉, 葉は, 露を 10 なかから, 花に, 葉で 9 上の, 種を, 花は 8 上, 底に, 庵を, 穂に, 芽の, 茂みの, 露の

7 [13件] うつくしさ, なかの, 実も, 汁を, 穂の, 花咲きぬ, 芽, 芽を, 葉と, 露が, 青さ, 香が, 香の

6 [12件] あいだに, ために, 上から, 下に, 名も, 実で, 実や, 白い花, 緑が, 色も, 葉末に, 露

5 [16件] そよぎでも, なかへ, 上には, 中にも, 匂ひ, 庵に, 影も, 影を, 彼方に, 海を, 種子を, 立ち枯れた, 色を, 茂みに, 香に, 香りが

4 [28件] あいだを, あるところ, ことを, 上にも, 中, 匂いが, 名, 名の, 名は, 實, 庵の, 径を, 生えた空地, 生えては, 種は, 穗に, 色, 花や, 芽は, 芽も, 芽や, 茂みから, 蔭に, 野を, 間の, 露に, 露や, 香を

3 [57件] あいだから, あるばかり, ある所, かげ, しげみに, しげみへ, なか, なかで, においが, にほひ, はえた土, はえて, ぼうぼうと, やうな, 丘に, 丘の, 原の, 奥に, 実すわれ, 実だらけ, 実と, 實を, 崖に, 意, 斜面を, 春を, 枯れて, 武蔵の, 波が, 波を, 満地, 生えた処, 種類が, 種類を, 穂, 穂が, 繁茂する, 色にも, 花など, 花などを, 花も, 芽だらけ, 芽に, 芽立ちが, 茎が, 茎の, 茎や, 落つるより, 葉から, 葉先が, 道, 野末を, 鉢を, 間にも, 雨, 雪とけたれ, 香

2 [172件] あひだ, あること, いきれが, いきれと, いほりの, かげに, こぼれを, そよぎを, そよげば, ところどころに, ないの, なかには, ぬれ色, はつかに, はつ花も, へに, まへに, みどりを, やうだ, よれよれに, イレーエノペー神聖の, 一もとを, 上なる, 上において, 上や, 下の, 中まで, 事は, 作者に, 倒れて, 円莢に, 動くの, 匂い, 匂いとが, 匂いを, 匂が, 区別が, 原で, 原であった, 原に, 原馬, 名が, 名であっ, 名と, 名に, 名までも, 執着を, 堤を, 塩漬の, 塵を, 夢, 如, 如くに, 実がく, 実つけ, 実党, 家が, 家に, 宿, 寝床に, 實知らない, 小さい花, 小さな茎, 少しかたまっ, 屋, 屋根を, 崖の, 庵, 庵とは, 庵は, 庵も, 影は, 意であろう, 感覚にも, 戦闘が, 方が, 木片を, 束を, 条下に, 枯るる, 根元に, 根方に, 根株は, 歌, 毒, 汁が, 汁に, 汁の, 波, 波の, 海に, 海は, 消ぬべき, 液を, 淡き淡き乳黄色, 深いところ, 深きに, 混った, 漢名は, 火を, 灰が, 灰を, 片葉, 状を, 生えたの, 生えた原, 生えた土手, 生えた所, 生えた河原, 生えた石垣, 生ひ茂る, 種子が, 積んで, 穗の, 端を以て, 緑は, 緑も, 繁った中, 繁るに, 群落が, 背丈に, 色と, 色に, 色の, 色は, 花で, 花である, 花と, 花にも, 花木の, 芽生えを, 茂った井戸, 茂って, 茂つてゐる, 茫々と, 菴は, 葉ずれでない, 葉でも, 葉などに, 葉には, 葉にも, 葉より, 葉末を, 蓬も, 蔓, 蔓が, 蔓に, 蔓の, 蔭で, 衾にも, 裏に, 話を, 譜を, 赤いの, 跋扈を, 踏み倒された跡, 道を, 野に, 鉢が, 露と, 露も, 青々と, 類は, 香と, 香ながれ, 香は, 香も, 香り, 香嗅げ, 駒を, 高さ, 黄に

1 [1255件 抜粋] あいだで, あいより, あなたは, ありわれ, ある辺, いきれさえ, いきれの, いつと, いつ道を, いよいよしづか, いんきで, うごいて, うちには, おい茂った, おほ, かおりの, かき葉, かげで, かげろひて, かぶと, かれがれ, くきの, くしゃくしゃもつれた, ことである, ことなど, こんなにたまり, ごとく人, ごみを, さきつ, さらさらと, しげった中, しげった空き地, しげみの, しげりがち, しげりやう, しげるや, したかげに, しなやかな, しょんぼりした, すきとおった白い, すぐ覗く, すゞし, そして枯れ, そばの, そよぎが, そよぐ, そよぐにも, たくさんある, たけ, たねほどの, つやつやしい, つゆけきにか, ところばかり, どこに, なかだ, なかにて, なかま, なくなった地面, におう微風, にほ, はうから, はえしげった, はえたじめん, はえた丘陵, はえた平たい, はえた所, はえた石段, はえてる小さな, は灰色, ひそやかに, ふかくも, ほかには, ぼうぼうとは, まことにうつくし, まばらに, まわりで, みどりと, むしられても, むらさきに, めばえの, もえいづる心, ものと, やうです, やうにが, ゆかりも, ゆるぐの, ようでした, ような烟る, よしあしも, オシタシと, ツイツイと, パイプを, 一, 一つである, 一名も, 一杯に, 一種である, 一籠も, 一葉だけも, 一葉を, 丈は, 三者を, 三角形を, 上です, 上なりき, 上にでも, 上のは, 上また, 上半, 上樹の, 上砂の, 下や, 下葉, 丘へ, 両側に, 中からは, 中だけで, 中でなくなっ, 中では, 中などには, 中なる, 中にでも, 中は, 中へも, 中より, 中歓喜の, 乳剤の, 事を, 二つ三つ, 二子来り, 代りに, 伸びの, 伸び初めて, 低山木, 価なにほど, 傾斜を, 先を, 入った雑炊, 全体重, 写真と, 切れっ, 列, 前に, 効験ある, 動きが, 匂いなどは, 匂いの, 匂を, 千駄, 卸問屋と, 原, 原とや, 原を, 原今まで, 友人と, 叢生は, 可哀, 名でありましょう, 名という, 名としては, 名にも, 名やさし, 名形通草の, 吸殼を, 咲いて, 咲きみだれる国境, 咲く川原, 品若干を, 図が, 土堤の, 地下茎なども, 地方名も, 垣根を, 場合でさえも, 変化である, 外には, 多い所, 大きいこと, 大地を, 大風呂敷包, 奇怪さ, 奥から, 如きは, 如くたちまち, 如く伏して, 如く目, 姿などを, 嫩芽も, 実がまびれ, 実こそは, 実つい, 実である, 実でも, 実とを, 実にこうした, 実にまみれた, 実はふくらみき, 実は外套, 実は生まれ, 実は飲料水タンク, 実みんな, 実払, 実集め, 家根には, 寛永通寶に, 實すつる, 實にも, 實黨と, 小屋にも, 小輪, 小道を, 尖, 尖を, 山だ, 山でした, 山を, 岡にも, 嵐に, 差別は, 平地である, 幹の, 床, 床の, 庭, 庭や, 庵から, 庵でも, 庵には, 形からと, 影が, 影もを, 彼方此方から, 径も, 思ひしな, 息液よ, 意味に, 感想, 戦ぎに, 戸ざし, 戸の, 所も, 手入れは, 持ちまえの, 掛けが, 支那名すなわち, 敷かれた岸辺, 斑に, 斜面である, 新妻の, 方言だ, 日だまりに, 日蔭の, 昔の, 春と, 書体訳も, 有るが, 木も, 本名は, 松林, 枕の, 枝を, 枝葉が, 枯る, 枯れたつがうへに, 枯れた利根川, 枯れた崖, 枯れまさり, 枯葉が, 株を, 根本から, 森の, 楽屋に, 橋, 橋の, 止まずも, 毒に, 毛氈の, 氷屋で, 汁よ, 波から, 波窪地また, 浪に, 海にも, 海原の, 深々と, 深い渓ば, 深みを, 淺處に, 滋って, 漂って, 濃紫, 火は, 無節操, 煎汁, 爲に, 犢ほどの, 生い出, 生い茂った堤, 生い茂って, 生えかたや, 生えたり, 生えた井戸端, 生えた勾配, 生えた土地, 生えた場所, 生えた崖, 生えた急斜面, 生えた砂地, 生えた緩, 生えないよう, 生えない水汀, 生えるところ, 生えるべきところ, 生え茂った空地, 生が, 生ひ, 生ふところ, 生へた所, 生乱れた, 生命も, 生茂った崖, 田で, 異名が, 白露が, 盛り上つた, 石菖の, 秋雨に, 種かや, 種だの, 種ばかり, 種子に, 種子までも, 種蒔き, 穂とな, 穂は, 穗, 穗でも, 空地には, 箱を, 糸に, 紅葉に, 細かいその, 細径へ, 絲は, 続きを, 綿が, 緑の, 縛を, 繁った堤, 繁みを, 繁茂した, 繁茂に, 美しきを, 美しく咲きこぼれた, 群落, 背に, 臥床に, 臭いや, 臭気を, 色ある, 色が, 色彩青は, 花から, 花こそ, 花さき, 花しばらく, 花と共に, 花によ, 花もて, 花信頼心の, 花咲きみだれ, 花咲ぬ, 花房が, 花手に, 花活けに, 花畑と, 花空色の, 花蝶の, 花過ぎに, 芳ばしさ, 芽いそがしい, 芽などより, 芽めくらの, 芽乞食が, 芽木々の, 芽木の実草の, 芽歩きつづける, 芽生は, 芽釣瓶縄を, 苗であった, 若芽の, 若葉の, 茂きが中に, 茂ったやぶに, 茂った土手, 茂った塹壕, 茂った沢地, 茂った空地沢山, 茂った貸, 茂つた原つ, 茂みご, 茂りし間, 茂りに, 茂り葉, 茂る野道, 茂山たひら, 茎で, 茎も, 茎葉や, 草ずれよりも, 荒るる, 萌えて, 萌え出づるなし, 葉か, 葉かげで, 葉しるき, 葉だ, 葉っぱも, 葉な, 葉などを, 葉にと, 葉ばかり, 葉ひとつかみを, 葉もしくは, 葉よりも, 葉一枚残らず, 葉木の根に, 葉染浴衣は, 葉活, 葉蔭で, 葉蔭には, 葉越しに, 蒸さるるごとく色, 蔓って, 蔓は, 蔭から, 薫りを, 薬効とが, 藤袴である, 虫ねに, 蛍の, 衾から, 裏で, 複雑さに, 褥へ, 訳者二葉亭は, 話からでも, 豊富な, 赤い実, 起伏の, 路の, 身と, 這入ったの, 連なった穂先, 道に, 道よ, 野にも, 野島の, 金看板と, 鉢に, 長けた妻, 門よお, 間では, 間などを, 間には, 間樹の, 陰から, 陰影から, 隻葉の, 離, 霜ば, 霜枯れるよう, 露さへ, 露は, 青, 青々として, 青いもの, 青い河原, 青さよはだしで, 青めば, 靡き寝, 面影な, 音或は, 頭が, 頭を, 類ひ, 風が, 食べ方, 香い, 香いを, 香や, 香りから, 香りも, 香り濃い, 香油を, 香高く, 高原を, 髭殺ぎけり, 鳴る中, 黄い

▼ 草~ (1544, 12.3%)

44 分けて 24 刈って 18 食って 17 取って, 食べて 16 踏んで 14 とって 13 分けても 12 わけて 11 たべて, 見て 10 とる, 喰って, 藉き 9 むしって, 食んで 8 藉い 7 刈つ, 敷いて 6 むしりながら, 取ったり, 喰べ, 摘んで, 踏む音 5 刈りに, 刈る, 持って, 掻き分けて, 枕に, 蹴って, 食つ

4 [13件] かき分けて, かくれたり, こいで, しいて, むしったり, むしつて, 取つて, 喰み, 掴んで, 苅りに, 見ても, 蹈み, 除る

3 [16件] さえ神, とつて, ふみわけて, もって, 刈つてゐる, 口に, 嘗めて, 抜いて, 撫でて, 染めて, 渡りはじめもう, 褥に, 見つけて, 食いながら, 食いに, 食ふ

2 [89件] あつめて, かつぎ, さらさらと, ざわざわ分け, しいて一服, たくさんに, たよりに, ついばむ, とつたり, とりつ, とりつつ, とりに, とるの, どしどし踏み, ないで, なでて, ぬいて, はんで, ふんで, むしつた, むしる, わけ枝, ステッキで, 人間の, 入れて, 分けながら, 分け瓦, 刈りました, 刈ること, 刈れ, 取りに, 喰べて, 喰わせて, 喰わせに, 喰わせるため, 喰んで, 引き抜いて, 征伐する, 折って, 押しわけて, 押し分けて, 持つて, 採って, 採つて女, 描いて, 揚げたもの, 散らした薄, 枕が, 植えて, 沢山喰っ, 活けて, 焼いて, 焼く, 焼く匂, 煎じて, 煮て, 生やして, 眺めて, 積んで, 結んで, 絶やすと, 聞いて, 背一ぱいに, 自暴に, 苅って, 苅り撥, 苅るには, 茵と, 薙ぎ倒して, 薙ぐよう, 行く, 見ると, 見る度, 観る, 起しました, 踏みつつ, 踏み分けて, 踏むと, 踏む跫音, 踏んだ, 退治せね, 除らう, 除ろうよ, 食うと, 食うよう, 食ひ, 食べさせて, 食べ食べ移って, 飼え

1 [934件 抜粋] あさる羊, あはれと, あらそいはむ, いざ結び, いつくしんだり, いとは, いわずに, うごかす微風, うんと喰らつた犢牛, おおって, お切り, お言だい, かいだり, かきよせながら, かきわけながら, かき分けながら, かぎながら, かって, かみ, かみしこと, かりはじめた, がさがさいわせ, くう美しい獣, くってるよう, くわえたり, けって, こつそり, ころげま, ごそごそ踏み分ける, さか, さがしに, さして居た, さやさやと, ざわつかせた, しいて坐る, しいて食べた, しきりにかい, しげらせて, しょって, すこしばかり, すっかり刈っちまう, ずしずしと, そのまま根, その中, そめて, たった一本, たばねて, たべたくつ, たべながら, たべるとき, たれや, ついて, つかみ樹, つかんだと, つぎつぎに, つける風, つみ蓄えて, つむ道草, とどめずさまよう犬, とりみそ汁, とるせなか, とれば, どっちが, どんどんお, なぎ倒しかつて, なぎ倒す木枯し, なぜオキナグサ, なびかし雷, ぬかずに, ぬき捨て大, のこすに, のぼった, のりながら, はなれしとき, はやし, はらいはらいして, ひいてるの, ひとにぎり持っ, ふいた, ふたたび踏みます, ふみしだいて, ふみわけふみわけすみからすみ, ふみわけ蛇いちご, ふむその, ぶら下げて, またぐ, まるめて, みつめる, みて, むしってから, むしりながらでも, むしりまた, むしり出した, むしり岩, むしり甚平一つ, むしり鳥, むしれば, むちうでむしつてゐた, もがいて, もじゃもじゃはやし, もて作れる物故, もらって, やらねば, やると, ゆでたり, より分けて, よろしと, わける音, わけ香, わたって, わたりぬ, イヌタデと, オトノサンヨモギまた, ガサガサさせた, キンギンソウという, コブナグサに, コンボという, ササヤケと, ザワザワいわせ, ジャック, チンチロ花鹿児島で, ツギナ, トゥルクナーという, ニギャナと, ネコンピンと, ネバリブツフツは, ヒョロヒョロし, マンガレと, ヨッパライと, 一二尺抽い, 一時に, 一本一本金色に, 一杯に, 一番よろこん, 三枝九葉草という, 不用意に, 与えると, 交ぜて, 人から, 伐って, 伝つて次第に, 伸ばして, 何と呼ん, 作つた水田も, 作る処, 使って, 俗を, 倒に, 借用すれ, 入れた麻袋, 出して, 分けお, 分けたの, 分けてでも, 分けると, 分ける心持, 分け大勢, 分け枝, 分け石, 分け近寄る人, 切払い手, 刈ったり, 刈ってた若い, 刈ってるの, 刈つてしまつては, 刈つてを, 刈つて来, 刈らせて, 刈り, 刈りおえ新, 刈りつくせ, 刈りつめられ火, 刈りなど, 刈りますよ, 刈り取って, 刈り枝, 刈り焚火, 刈り草, 刈るが, 刈るべき鎌, 刈ろとて, 列べて, 別けて, 削って, 剥ぎ取る, 割り羊, 創り上げしかも, 動物に, 十二本抜い, 又ファルス精神, 取つた, 取らしたらいい, 取りながら, 取り稲, 取るの, 取る私, 取る農民, 口うつし, 口へ, 叩いたり, 右手で, 同時に棄てた, 吹いてる, 吹き, 吹く風, 呑気そうに, 味へる, 咲かせて, 哀憐する, 唾棄した, 啣へ, 喰いに, 喰い石, 喰つた, 喰て, 喰ひ飽き, 喰べながら, 喰み続ける, 喰わして, 喰わずギシ, 喰わせますには, 喰わなくなったから, 嗅いで, 嘗めつつ, 嘗めると, 噛みしに, 噛み血, 噛むの, 噛む秋, 噛んだ, 四角くむしっ, 圧え, 垂らして, 執るに, 墓所には, 売るです, 外に, 女が, 妹に, 宿として, 小さい声, 山と, 左に, 布いた坐るところ, 干したり, 床に, 庭に, 弄って, 引きぬいて, 引き抜きその, 彩ど, 彼の, 得ざりしこと, 必ず用いる, 思い出して, 急いで, 意識し, 手で, 手に, 手入れし, 打って, 打つ滴, 打つ雨, 打て蛇, 払つて秋葉の, 投げこみ一歩一歩, 投げ初めた, 投げ始めた, 折り敷いて, 折ると, 抜きながら, 抜き肥料, 抜く, 押し伏せて, 押し込むと, 抽い, 拉いで, 拔い, 拾うため, 持った手, 指に, 捜さなけりゃならん, 捜すほう, 掃いて, 掘り返した坑, 掘るため, 掛け渡す小家, 採りにおい, 採ると, 掴めば, 掻き分けたり, 掻き分ける音, 掻くだけ, 掻分け, 描き一事一物, 握つて, 揺がして, 損ずる故, 摘みそれ, 摘みて, 摘みとり布, 摘みにと, 摘み摘み, 摘む子, 摺った薄色, 攫んだなり川, 教えられた, 敷いたまま, 敷かずに, 敷きて, 敷き土, 敷くには, 暗誦した, 望んで, 朱に, 束ねた馬, 枯らししまったので, 栽培し, 植えるの, 植え花, 植え込んだ次に, 植んと, 橋筏と, 歩みしだく跫音, 毟って, 毟れ馬鈴薯, 沒し, 泥だらけに, 活けるちしや, 活ける露草, 流るる中, 浸すよう, 渡り日, 漉いて, 潛つて路と, 濡らす小雨, 焼きたてた, 焼くにおい, 焼くの, 焼く煙, 熱愛した, 片手に, 献じたと, 生じやすかっ, 生ぜしめ後これ, 生やさずに, 生やした土手, 生やす, 産しない, 用いること, 用うる, 男郎花と, 発見した, 白銀の, 盗人の, 目の, 眺めわたした, 着けときゃあわけなしだ, 知つてゐます, 磨潰し胸に, 示して, 種子蒔き, 積み重ねたよう, 積んでは, 窓の, 紙に, 組み合せた紋章, 結ぶとか, 結んだか, 編みたる物抔, 編むので, 編んだ物, 織りて, 纏うて, 罠に, 置くと, 習ひける, 聞いたか, 聴いて, 腹の, 自分で, 舂いて, 舐めて, 舐めながら, 芟りました, 苅つた趾の, 苅らずに, 苅らせ池, 苅る, 苅る事, 茂らして, 茵に, 草鞋を, 荷う, 葺いた新屋, 蒔き菜種, 蓄積し, 蔽い隠して, 薙いで, 薙ぎはらつてるところ馬が, 薙ぎ倒す, 薙ぐに, 薙倒す, 藉いた, 行く事, 見この, 見せだした瓦礫, 見た, 見たり, 見つけ早速, 見ながら, 見ようと, 見るたびごと, 見るのに, 見れば, 観よ石, 記した所, 詠じた, 試み種まき培こと, 認めて, 負い込んだら災難, 負うた馬, 貢すとの, 買って, 賣る涼し, 趁うて, 越後の, 踏まず生物, 踏みしだき近寄って, 踏みつけた, 踏みて, 踏みにじりそっぽ, 踏みわけたあと, 踏みわけ河原, 踏み分けながら, 踏み分ける足, 踏み分け蜘蛛, 踏み折り踏み折り進んで, 踏み荒した上, 踏み走らせあそばすでしょう, 踏むの, 踏めば, 踏付けるよう, 蹂躙せ, 蹂躪し, 追う獣, 透くの, 這い風, 運んで, 選ぶわけ, 野島が, 野田の, 金糸雀の, 鏡草または, 間に, 附けて, 除くよりも, 除つて掃除し, 隔て, 隣から, 集めて, 集め根, 雪深く, 霊草と, 青く縁, 頂きますよ, 頬張って, 飛ばし沼地, 食い尽して, 食い頭痛, 食うから, 食うだろう, 食うという, 食う意, 食う時, 食えば, 食し西瓜, 食った, 食ってる惣領, 食つてゐます, 食つて居り, 食はせ, 食べさせに, 食べたり, 食べましたから, 食べること, 食べるもの, 食べれば, 食ませたまま, 食みたり, 食み木の実, 食む, 食らうから, 食わぬ用意, 食品屋から, 飼い兵, 飼って, 飼わせまた, 飾る花, 養って

▼ 草~ (841, 6.7%)

53 生えて 13 茂って 12 咲いて 11 茫々と 9 ある, 一面に, 芽を 8 はえて 7 あって, くれに 6 くれの 5 しげって, 一めんに, 繁って, 青々と 4 あるの, ぼうぼうと, 一杯に, 萠え, 蓬, 風に 3 あった, あれば, いちめんに, からだを, それ来た, バラッと, 伸びて, 出て, 好いじゃ, 非常に

2 [62件] あつて, あると, あるという, いちめん生え, いっぱいはえ, きれいに, くれ拳, そこに, たくさんある, なければ, のびて, はえしげって, ぼう, また死ん, まっ白な, みな一斉に, やたらに, 一かたまり, 一夜の, 丈の, 人の, 人間を, 傾いた屋根, 南の, 咲いたり, 地上に, 垣根の, 多い, 延び放題, 春の, 枯れはじめ水霜, 深い, 深く茂っ, 減るの, 生い茂って, 生えたの, 生えたり, 生える, 生えると, 生えるまで, 生え伸びて, 生え夕餉, 生え易い, 生え茂って, 生ひ, 生へ, 癪に, 皆靡く, 私の, 繁茂し, 花を, 茫々として, 萌えて, 血を, 血留に, 見えた, 見られる, 見苦しく生えた, 身の, 青あおと, 青い, 青く光っ

1 [499件] あちこち千切れ, あちらこちら水に, あったこと, あったので, あまりに嚴格, あらくなっ, ありそこ, ありました, ありましたが, ありますから, あるから, あるが, あるきり, あるけ, あるつもり, あるでしょうあれ, あるとは, あるほう, あるん, あるんで, あれはてた, あんなにたくさん, いい, いかにもヴァレリイ, いきのこって, いちばん美しい, いちめんで, いっぱいはびこる, いつか桃色の, いつごろ花を, いつと, いや高く, いろいろな, うごきます, うずもれて, うへに, お見舞い, かうだ, かなりに, かの美しき, からからに, かれんな, かわいらしい花, きゃアッ, ぎっしりは, ぎっしり生えた, くつきりと, くれ, くれて, くれで, くれなる上, くれ木の葉, くれ蜻蛉, くれ麗玉, くんくん匂っ, ことしの, こないだから, この上, さいて, さざなみのように風, さながら炎, さやさやと, さわぐ, ざわざわと, しおらしい美しい花, しげるばかり, しめって, しょうこと, しを, すがれるよう, すこしすり切れ, すっぺりと, すでにもえ, そうとう踏みにじられ, その上, その生命, その虚構, そよいだ, そよぎ防火線, そよぐ小鳥, そんな品物, たおれて, たくさんしげっ, たくさん生え, たけ高く, たとえ破け, だらけ出して, ちょいちょいある, ちよいと, ちよつ, ちら, ちらほらと, ぢき, ついて, ところどころ生え, とても好い, とても風流, どうだらう, どこに, どこまでも, どのよう, ないので, なかに君, ながくのび, なくっても, なくて, なんとなく春めい, なんぼでも, にわかに声, ぬれるなあ, ぬれ自分ら, のこって, のびる, のび草, はえ出る, はえ小さな, はたして不, ひどいから, ふるつて, ぶらさ, ほうけて, ほうれんさ, ほかほかし, ほとんど土, ぼうぼうしげった, ぼうぼうに, ぼつ, まじつた土堤, まじつて生え, また振つ, まばらに, みじかいところ, みないっせいに, もう芽吹い, もう萌え, もてはやされたこと, やはり自分たち, やわらかに, ゆくてを, ゆれて, よい寝床, よくしげる, よく有つた, よく萠, ウンと, グラグラと, ゴチャゴチャ生え, サヤサヤと, ザラ, ザワザワと, シャッキリおっ立つ, フタリシズカである, ボウボウと, ユラユラ動い, 一ぱい頭を, 一パイ生え, 一本も, 一本石の, 一本芽を, 一杯茂つて, 一筋に, 丁寧に, 万遍なく, 丈を, 丈高く, 三鉢ほど, 上へ, 不思議に, 久しく注意, 乏しい場所, 二三本そばに, 二十五匁で, 云ひける, 人に, 人間の, 今日も, 仰山である, 伸びその, 伸び薊, 何だかふ, 何処にも, 何時の間にかなく, 余計あります, 倒れて, 光る地, 入って, 八重むぐらに生いしげり, 其の手, 再生した, 出る, 分れて, 刈って, 刈り込まれそこ, 刈拂はれ, 剥げて, 動き物音, 動くので, 十六束置かれ, 却て, 厚さ一尺, 又さうな, 可笑, 吹き過ぎる風, 咲いたため, 咲き續, 咲く, 咲くとは, 喰つ附い, 四本ヘナヘナし, 在ったら持って, 地に, 地中に, 地面に, 埋めて, 塵埃を, 変つてゐる, 変に, 夏の, 夕風に, 多いから, 多く入, 多く生え, 多く生へて, 大きくなっ, 大きく揺れる, 大分あっ, 太陽の, 奇麗だ, 好い, 好いぢ, 好いの, 好いや, 娘の, 室内から, 容易に, 寒くて, 対う, 小さな獣, 少しくあっちこっち, 少しばかり, 少し生え, 屍に, 左右から, 帰りに, 幅二尺高, 延びたね, 延びて, 延びるとは, 微動し, 悪いからね, 悪いの, 戦ぐまた, 所々に, 手向けられて, 折れ敷いて, 抜かれ枯枝, 抜き取られて, 振り返って, 描かれて, 揺いで, 揺らいで, 数か, 数本に, 敷かれ枯れて, 斑に, 日に, 昔の, 春霞の, 暑いといつて, 木曾の, 林や, 枯れいつも, 枯れて, 枯れるばかり, 枯れる時分, 枯れ枯れに, 枯柴で, 柊の, 染まる, 染料に, 柔く, 横に, 歩く度, 殆ど土を, 残って, 毛氈を, 気持悪く, 水を, 沢山あります, 沢山咲い, 沢山生え, 浜辺から, 浮世の, 海からの, 海辺を, 涙の, 深いから, 深いので, 深くて, 深くなった, 深く生え, 深く繁っ, 漆喰の, 澤山ありました, 濡れて, 無うなっ, 燃えて, 燃えるか, 物寂び, 狐色の, 狼を, 甘い薫り, 甘く匂う, 生い繁っ, 生い茂つて, 生えか, 生えそう, 生えその, 生えた, 生えたうち, 生えたこれ, 生えたと, 生えたなり, 生えたまま, 生えた谷地, 生えところどころ, 生えぬの, 生えます, 生えようとして, 生えるだけ, 生えるだらう, 生えるだろう, 生えるであろう, 生えるばかり, 生えるばっかり, 生えるやう, 生え土, 生え得よう若し, 生え放題, 生え星あかり, 生え木の葉, 生え瓦屋根, 生へた, 生へる, 生長を, 疳に, 白い着物, 皆なつかしい, 目に, 目も, 真に迫っ, 真紅に, 短くなっ, 短く伸び, 石コロの, 砂から, 砂を, 磯五の, 神人と, 私に, 稀な, 稚子, 積みあげられた, 空と, 箸を, 紐の, 紫っぽいあかい, 絨氈の, 綺麗な, 綾なして, 緑のけ, 縫いとりした, 繁くなる, 繁げつてしまつ, 繁っては, 繁つてゐた, 繁つて居り, 繁りますと, 繁茂する, 羊の, 群れて, 群を, 老いて, 胸に, 腐つて所謂, 自分に対する, 自然に, 良いや, 良い町内, 花咲い, 花瓶一ぱい盛りあげ, 芽ぐみました, 芽ぐみ紫色, 芽ばえて, 芽ぶいて, 芽吹き鴉, 苅られたから, 苅り取られ小径, 苔の, 若干あった, 茂つてゐる, 茂つて作物の, 茂つて曠野と, 茂りたいだけ, 茂りまた, 茂り土, 茂り木, 茂り植込み, 茂り紫, 茂るの, 荒れて, 菁, 萌えそして, 萌えだし枠, 萌えるころ, 萌える頃, 萌えんと, 萌え出して, 萌え出し流れ, 萌え出た細い, 萌え出て, 萌え出る嫁菜, 萎れると, 萠えて, 葉の, 蒼みかけよう, 蔓る, 藁が, 虚構吐きだった, 虫の, 蛮種として, 裏町の, 覆い隠ししかも, 見えだした, 見えて, 見える, 見えれば, 見つかつ, 見度ん, 言ったとか, 足の, 踏にじられ, 踏みしだかれて, 踏みつけられた, 蹈みつけられ, 蹈みにじられ, 軟かそう, 透明に, 這ひ, 通れなくしたまんま, 道しるべの, 違うの, 邦之助の, 野卑に, 野原一面に, 野菊交り, 野菜の, 野薔薇の, 長く伸びましょう, 長じた, 開けて, 限りなく生え, 随分高く, 障子を, 離, 霜雪の, 青い芽, 青い黄金, 青うて, 青う浮出し, 青かった, 青くて, 青くならない, 青白い茎, 青青と, 靡いて, 面白い, 面白かつ, 頭まで, 頻りに搖れ靡い, 頼んだ通り, 飛, 飛ぶ, 食み出し其上, 騒いだ, 高い穂, 高くし, 高くのび, 高く伸び, 高く生え, 高く茂っ, 高く高く茂つて, 鳴った, 鳴ったと, 鳴る, 黄色い花, 黄色く湿っ, 黄色の, 黄色を

▼ 草~ (724, 5.8%)

17 新草 8 埋もれて 7 かくれて, して, なって, 腰を, 隠れて 6 落ちて 5 足を 4 おおわれて, なつて, 坐って, 害はれ, 寝て, 手を, 投げました, 置く露 3 かくれた, すわつて, すわり飯, まじって, 似て, 倒れて, 埋れて, 居て, 日の, 縋って

2 [49件] あてて, こすり付けて, すわる, そつと, ちがいない, つかまって, てふてふが, とまるな, とりついて, なりますやう, なる, ふして, まじつて, ポタリポタリと, 下りて, 似た花, 依ると, 倒れた女乞食, 倒れ伏, 光るの, 取って, 坐して, 坐りぬ, 埋まって, 寝ころんで, 寢ころび居し, 座って, 捨てて, 掩はれた, 攻められます, 攻められる, 敷きました, 木に, 火を, 甘露の, 生を, 秋は, 落ちました, 落ち草, 蔽はれた, 親しむ, 身を, 隠して, 隠れた, 隱る, 隱れ, 雨ふる, 風が, 鼻を

1 [493件] あぐらを, あたって, あとから, あはれ気に, あふれたり, あらわれ坂, ありせば, ある夕立, いう北畠顕家, いろどられ春, うずもれた不破, うずもれた低い, うずもれた急, うずもれて, うずもれようとも, うずもれ大きな, うづもれうれしい石, うもれた古祠, うらまれて, おおわれたなだらか, おおわれた小, おおわれた洞穴, おおわれた防空ごう, おく露, おけるが, おしつけられて, おしつけられなにか, おちて, おどろいて, おろして, おろし自分, かかる泉, かくして, かくれし暑, かくれた古代, かくれた穴, かげを, かこまれた池, からだを, からみついて, かわる色素, きづかつたの, きれぎれ, くくりつけて, くちびる触れ, くらいついて, くるまりながら, こぼれた, こぼれた血潮, こぼれる, ころぶして, ごろりと横, さける花, さし夫, さす雨夜, されては, され明日, さわった, さわって, しがみついた, した, したあげく, したがう, したがえば, したこと, した無名, しつかりつかまつて, しみ入る様, しみ黄昏方, しや, しろ鳥, すがすがしく色, すがって, すがっては, すがりついたり, すがりながら, すてて, すは, すべって, するとかいう, すわれば, せい, せば, せんと, そちから, そまりて, たぶらかす狐, ちなんで, つかまった, つかまったまま, つくば, つくよう, つく花見疲れ, つけた双, つまづき, でさえ, とまった, とまったかとも, とまって, とられながら, とりし吾妹子あはれ, とりつく力, とる, なげわたる小川, なさった事, なされる, なすりました, なったこと, なったと, なったの, なったので, なったらしいが, なったり, なってるの, なつたらい, なりて, なりとも, なりました, なり汝, なること, なること請合, なるじゃろう, なるに, なるほどの, なるよう, ねころびながら, ねころび何とか, ねむれり, のまれて, のめつた狂人, はきら, はって, ひかれて, ひっ絡んで, ひつかけ, ひとしく海ほおずき, ひとつ引きうけ, ふしたその, ふし豆, ふらついて, ふりそ, ふるれば, ふる雨, ふんどしか, ほのめいた時, ほひさやけき, ほふ風さ, まかさう, まかして, まっ黒に, まつわりながら, まなこ置き, むかって, むしろを, もう少し奥, もと求め, もと老眼, ものを, やつるる, ゆら, よると, よろよろと, クグの, ブドウに, ペンを, 一々必ず名, 一々歌及俳句, 乗って, 乾いた血, 亂る, 亂れた, 交じりたる木賊, 交つて咲い, 仆れた, 今年の, 付与した, 付与せられ, 代へ, 仰臥した, 伏しか, 伏したる一人, 伏して, 伏しぬ, 伏し山河, 伏し木, 伏し隠れ, 伏す両, 伏の, 似せたもの, 似た馬藺, 倒れました, 入りゆくに, 入る, 入ると, 入るとは, 入るはて, 入るべしとて, 入れたる論林羅山文集, 兼吉気の毒がり, 円くなっ, 冷たき汗, 凝りて, 出て, 出会う, 出会うと, 出会ふ, 出逢う, 出逢ったとき, 刀を, 刈り芥, 劫か, 匍い, 匍ひ, 匿れ, 半ば埋められた, 取つきずー, 取り巻かれた二つ, 名をのみ, 吐いて, 向って, 含まれて, 含んで, 咲いたの, 咲いた姫薊, 咲くさ, 咲く一茎, 咲く黄ろ, 噴きつけた, 地べたに, 坐し鳥語, 坐つた, 坐つて, 坐りながら, 坐り印籠, 坐り直した, 坐れば, 坐わっ, 埋まり, 埋まる空井戸, 埋めたなり, 埋められて, 埋もれおのずから, 埋もれしらむ, 埋もれたの, 埋もれたれば, 埋もれ木の根, 埋もれ田, 埋もれ空, 埋るるが, 埋れかけた二つ, 埋れた溝, 埋没し, 変ったり, 外来の, 夜ごと更ける, 太脛の, 如かざるべ, 姿横に, 子の日の, 存じ奉ります, 安房上総が, 宿かり, 宿を, 寄す, 寄する, 寄せた歌, 寝ころびて, 寝ころぶ, 寝ころべ, 寝ころべ草, 寝ころんだり, 寝そべつて, 寝たければ, 寝たまま, 寝よ, 寝る, 寝水, 寝転んで, 小雨が, 屋根切り組みし, 屍骸を, 巨人の, 布いて, 座りました, 延びてから, 引摺る, 影が, 従つたら, 御聞き, 心かたむけ, 怨みでも, 悪る, 愛想を, 憩う思い, 憩つた背後に, 托し候, 抄出し, 投げた, 投げだした櫛巻, 投げだせば, 投げ出されて, 投げ出して, 折り行く月見草, 抜身を, 抱かれて, 指環を, 挨拶する, 捨てたる竹婦人, 掩われ, 搦めるの, 搦んで, 摺れる音, 擦つけ擦つけて, 攫り, 支いて, 支えて, 放ちけり, 放ち袴, 放つた火, 散って, 散つた眞珠, 斑紋を, 日光が, 映した, 映ったでね, 春雨の, 晩の, 暖かに, 曰く人間が, 曲げて, 曳きつつ, 書き留めて, 月, 朗かに, 朝露しとど湿った, 木瓜に, 来たという, 来て, 枕し露, 染めたり, 棄てし西瓜, 棄てたる芋, 横り, 横坐りに, 欺瞞され, 歌よき, 残る, 比べて, 気が付いて, 水さえ, 水は, 水を, 江戸家猫八木下華声が, 沈む日, 泣く, 流さねど, 流れて, 流れる美しい, 浮上つて傍に, 消えて, 涵され, 深く頭, 渇して, 渚なみの, 溜って, 滑った刹那, 滑って, 滑り石, 濡れつつ, 火焔を, 煽つて, 犬の, 現れた生命, 生えて, 生える, 生れし身, 生れて, 甲を, 男女, 痛めつけられて, 発見する, 白い顏, 真実性が, 眠るが, 眼を, 睡り樹, 私に, 秋の, 移しぬ恥い, 移った, 立って, 立つかに, 立つて, 籠る百千, 素足を, 結ひ, 結んだ露, 絡まり腐りゆき, 縋りながら, 縋れる真白き, 置いて, 置く魚, 胡坐した, 胡座した, 脚を, 腹這っ, 臥し石, 臥す野陣, 臥て, 至るまで, 至る迄, 興も, 舞扇を, 花が, 花の, 花咲く, 若宮前で, 荒れて, 莚シテ, 落た女, 落ち, 落ちた, 落命する, 葺かれた自分, 蔽れた, 蔽われたところ, 蔽われた小道, 蔽われた赤土, 蔽われた障壁, 蔽われ緑, 薄雲, 藁ぬりこめ, 蟋蟀の, 行くって, 被はれた, 被われた地, 褪せたれども, 見える, 見え黄いろ, 見る情熱, 親しみたいと, 親しみを, 触れずに, 触れるとき, 触れ木, 觸る, 言いはじめた, 言ったり, 記録の, 譬えても, 負わすだけの, 赤い, 赤き茨, 踏みかかり茂, 蹲って, 躓くの, 身体を, 輝くばかりに, 逢ふ, 遊ぶ小, 過ぎない本, 遥々と, 酔ったかの, 附いて, 降る, 陽炎を, 隠れた古, 隠れる, 隠れるに, 隠れ茂み, 隠れ草, 隠れ追, 隠れ追えば, 雑って, 雨ふり, 霊異ある, 露が, 露である, 露の, 露を, 青い花, 青く光る, 頸を, 頸窪を, 風なく, 風ふきわたる, 飛んだが, 飽きて, 香いが, 馳せた, 鳴く虫, 黄色き魚, 鼻筋の

▼ 草~ (522, 4.1%)

5 らの, 枯れて 4 ざわざわ木の葉は, らに, 一面に, 浮いて, 風に 3 こまごまと, らで, 生えて, 鎌の

2 [29件] いいました, いつか地の, かんばしくあたたかです, きらきら光り, そのまわり, つぶやいて, とり飼, どうにか綺麗, なんだ, みどりの, みながら, らを, 中国の, 俗に, 冬は, 太陽の, 少しも, 春に, 猛烈に, 生長猛烈でも, 皆ロシヤの, 眼を, 草で, 萌えなむ, 萎み水, 香りぬ, 高く伸び, 鳥の, 黄いろに

1 [422件] あえて染料, あたかもその, あたたかに, あったが, あっても, あの高い, あはれ深けれ, あまり多く, あらたに, ありッたけ, あるの, あるめ, いくらでもある, いくら振, いくら食っ, いつも群集, いまだかつて知られざる, うつくしいが, うつくしい枯れ, うれしさ, おまえさんが, おろかや, お化粧, かえって明く, かけまわるにも, きっと刈った, きれいに, こういう病気, こういわれる, こうして玄鶯院, こおどりを, ことごとく金糸線綉, この世に, この世の, この戦い, これに, さかんに, さっき花を, さやぎ, さんざんに, ざわざわ波に, しげって, しげる, しげるが, しげるま, しげるまま, しなじな, しんしんと, すっかり穂, すっかり色づいた, すでに露, すなわち山菅, すべて種によりて, すべて血に, するどくとが, そうな, そう茂っ, そこを, そのうち, その人影, その名, その子, その肩あたり, それで, それでも又頭, そんなに丈, そんなに悲しい, たいてい乾かし, たしかに倒れ, ただあ, たとえ風, たわいないこと, たんまり人, だんだん短く, だんだん荒く, だんだん青, ちょいと, ついさつきエミル, ついそこ, つい明治二十三年, ところどころ色づい, どうしても友だち, どうして翁草, どこも, どれでも, どんな草, ないで, ないと, ないといふ, なびき木, ならぶるも, なんでございましょう, はたしてりっぱ, はるかに, びしよ, ふは, ふまずとも, ふみに, ふわりと, ほこりを, ほとんど枯れ, ほんた, ほんとに気持, まことに短く, まさをに, ますますひどく, まだ朝露, まだ濕つて, まだ生え揃わない, まだ若い, まばらに, まぶしい光, みぎわにゆくと葦, みじかかった, みなひとしく, みな両手を, みな朝の, みな葉緑素を, みな風雨に, みんなうつくしい, みんな柔かで, もうすつかり終るの, もうみんな, もう不愉快, もう彼女ら, やがてすべて, やさしく, やはり椿, よしそれ, よほどの, われわれには, アカネの, キツネノボタン科に, クチビルバナ科, チシマラッキョウエゾヨツバシオガマホソバオンタデリシリソウなどで, チョウセンガリヤスと, ヂギタリス, 一々人, 一名薫草で, 一度植える, 一本も, 一本立ちに, 一目見, 一茎草であっ, 丈け, 丈高く, 三角点の, 下品であっ, 下萌, 不思議な, 丘陵地に, 中等に, 乾いて, 二人の, 二番刈りの, 亡霊の, 人の, 人間に, 今を, 今日は, 他にも, 伏す, 伸びずに, 伸びたいだけ, 伸びるもの, 伸び放題, 何か, 何かの, 何んだ, 何処も, 俄かに, 倒れ伏して, 倒れ岩石, 倹約した, 偃す, 僅かな, 元来勁い草, 元来北米の, 光りました, 光り跳ねあがる, 光を, 全く知らず, 兵の, 内地人の, 内心大いに, 冬が, 出ねえから, 出来ない, 刈りはらはねば, 刈り取られた, 刎ね, 刻々に, 前記の, 勝手すぎる, 北緯何度の, 十分に, 千駄, 南方の, 古藁, 可愛いな, 合祀で, 同じくらいに, 同じ色, 君が, 咲くが, 唯考へ, 善行なり, 喰み, 固より, 土手の, 垂れ木々, 墻を, 壺に, 夕べに, 夜露から, 大きくなったでしょう, 大きく而, 大同小異で, 大抵は, 奇形化され, 始はく, 姿を, 嫩く, 宋の, 家を, 家畜に, 寒いと, 小川の, 少ない方, 尽きんと, 山に, 山羊より, 山野に, 岸を, 嵐に, 巨きく, 常緑で, 平気でありました, 年月の, 幾十日も, 弘法麦じゃ, 当山の, 彼の, 彼女の, 微風に, 必ずその, 忌嫌に, 思ひに, 思想も, 悉くやさし, 感じも, 戀, 抜かれるらしく曲りくねつた小径, 抜ききれないほど, 押して, 措いて, 摘みも, 支那と, 敷き倒されたまま, 方言に, 既に羊, 日の, 日本と, 日本には, 日本の, 早くも, 早く秋, 早生と, 昔から, 昔し, 昔の, 昔江戸の, 昼間は, 普通に, 暖かく春, 月夜, 朝に, 木は, 枯れそこ, 枯れつつ, 枯れゆく秋, 枯れ木に, 柔かに, 柔らかい呼吸, 柔らか向, 格子を, 極めて普通, 様々色を, 横ざまに, 止めて, 此の, 毎夜降る, 毒草で, 毒草である, 気息を, 水の, 海外文芸消息を, 深けれども, 淵の, 淺黄色に, 満ちて, 溢れる緑, 濃く菫, 濃紫に, 火の, 火を, 無神経に, 燃え兵舎, 特に附き, 珠を, 生えない, 生えるがま, 生え放題, 生え花, 生じて, 生ひ, 生ふべくある, 生ふべく見ゆる, 病殆ど癒え, 白也, 白猫の, 百円や, 皆かれはて, 皆がら哀れとぞ, 皆がら憐れとぞ, 皆そよ風に, 皆色も, 目を, 直接に, 真ッ直ぐ, 眼子菜, 知つ, 短くって, 短くなっ, 石の, 砂まじり, 磯の, 私たちの, 空より, 窓に, 笹に, 籠の, 素晴らしい黄いろい花, 絵の, 絶えて, 緑か, 緑に, 群がって, 腰の, 腹薬として, 自分の, 自生と, 花ざかり, 芽を, 苅らずに, 茂って, 茂つても, 茎の, 茎は, 茎を, 茵貯えれ, 草として, 草なり, 草を, 草自身の, 莎草などとも, 莖肥え, 菫と, 萌え, 萌えたち, 萌え木, 萎えて, 萎えます, 萎れて, 葉裏を, 蓋し零陵香, 蓐の, 蔓を, 薙がれ崖, 薙倒され, 蛮草であろう, 血に, 見たこと, 見つからなかった, 親しい記憶, 詳らかならぬ, 貰ッた, 赤い炎, 路を, 踏みにじられ田, 踏み荒されて, 踏み躙られて, 身を, 軽すぎ, 近所の, 通常家の, 逞しい意欲, 野原いちめんに, 隠し雨は, 雌雄異, 霜が, 露に, 青い, 青く, 青くかきつばた, 青くし, 青木の, 靡きぬ我, 靡きぬ手, 食えるが, 飯沼慾斎の, 香が, 香ひ, 驚いて, 高かった, 高くなった, 高山植物では, 麝香の, 黄な, 黄ばみ木の実, 黄色に, 黙って

▼ 草~ (434, 3.4%)

70 木も 9 ある, ない 7 生えて, 花も 3 木の葉も, 樹も, 生えない

2 [23件] あれば, しずかに, しづかに, たべさせず縄, てらてらと, とりました, なく花, なし, やぶも, ようの, わたしも, 両方から, 乾く, 多い, 山も, 恐れて, 末枯れて, 水も, 深いのに, 短く少い, 石も, 芽を, 蛙も

1 [277件] あった, あったから, あはれとや, あはれ廢屋の, あり, あります上, ありません, あり木, あり馬, あるし, あるだらう, あるのに, あるまいと, あろうに, いくらも, いちめんに, いつの間にかなく, いまでは, いま蕾なり, うちでは, うちふるへ, おいたたぬゴツゴツ, おひたれ, かれぬと, かれの, かれゆくこう, きのこも, くだらない独りよがり, ことごとく自然, このあたり, これで, さうですね, しげるまま, しっとりと, しんしん, しんとして, じっと黙り込みました, じょうぶである, すでに青々, ぜんぜん生え, そうであった, そのま, そのまま咲い, その一つ一つ, その光, その後は, その思ひ, その自由豊美, そよりとも, それぞれの, それを, たくさんに, たべずに, たべれば, ちょっと聞いた, つかって, つぼみました, つまなくに, とらねば, とること, ないが, ないこと, ないこの, ないので, ないのに, ないやう, ない岩壁, ない広い寂しい平野, ない痩尾根, ない荒涼たる, ない薄闇, なお魅力, なかった, なくいかにも, なくいつの間にか, なくそこ, なくなって, なくなつ, なく水, なく萩, なく路, なければ, なびけとばかり, ぬくめり, ねむり木, のびる私, はえて, ふわふわらしい, ほうけて, ぼうぼう繁っ, まあだ掻きやしねえ, まじつて, また白い, まだら, まっ黒その, まるで枯れ, みなくすんだ, みな敵兵と, みんなおなじく, みんなお辞儀を, みんなそのまま, めったに, もはや単なる, やっぱり木々, ゆるがぬ日, ゆれ笹, よい平凡, ろくに生えぬ, わが恋, アカシヤの, ガランスに, メチャメチャに, 一先ず取り, 一本ない, 一緒に, 上手に, 与へず縛ぎ, 乾燥いで, 人も, 人間も, 今日で, 何にも, 何も, 倒さず岸, 偶には, 処々矢間に, 分けて, 刈っねば, 刈つてあつ, 刈らいで放つたらかし, 刈りましょう水, 刈るし, 刈るの, 刈れない, 別になかっ, 動く, 千草も, 可憐な, 吟詠の, 吸いて, 咲いた, 咲いて, 喰い尽して, 土も, 地も, 墓石も, 変って, 変つてゐない, 夏は, 大地は, 小さな木, 小石も, 少しばかり, 尾花も, 庭先きの地などに, 弥生の, 彼の, 得られなかった, 思うよう, 思ふやう, 悪い人間, 愛らしき垂髫, 感じなかった, 懷しきかも, 成長し得ない, 手入らずに, 掻き畑, 数あるらしい, 整理され, 敷き倒されたに, 昆虫も, 明らかに, 春に, 春先青草を, 更に土, 朝は, 木の, 末枯に, 林も, 枯れいたずらに, 枯れて, 枯れはて, 枯れはてて, 枯れよう早く, 枯れ土, 枯れ果つる, 枯れ果てて, 柔かった, 根には, 樹木も, 気に, 沢山断り, 沢山生え, 湖辺の, 濡らさず裾, 灼くるに, 無いまるで, 無し, 燃ゆる, 燒ける, 燬きつく, 玉蜀黍も, 生えず花, 生えては, 生えないが, 生えない全く, 生えない土地, 生えない泥土, 生えぬ岩, 生えぬ荒地, 生えまいと, 生えること, 生え殊に, 生え込み得ない焼け土, 用なき, 畳の, 白くなる, 皆その, 皆悉く, 目ざわりに, 眞直ぐに, 碌, 私も, 空の, 空も, 結局大した, 繕われだした, 美しい私, 育てず生, 花咲く, 芽も, 苔まで, 苔も, 茂っては, 茗荷も, 茫々障子の, 莠も, 萌え河北, 萌え立って, 萠ゆらん, 蓬, 虫も, 融解され, 血が, 血でない, 血に, 見えず家, 見えないの, 見ぬ吹雪, 見分けが, 見当らんぢ, 見當らんぢ, 言草も, 赤黒く染まっ, 身を, 迂濶, 遠き街, 野菜も, 長いこと, 除らなかっ, 隨つて短く, 雨が, 雲の, 雲も, 露に, 露を, 青い金剛石花, 青青と, 青黝く, 静かな, 靡くばかりの, 食える, 食べますが, 香に, 馬の, 黄色く花, 黒ずみくすぶつた都會

▼ 草~ (293, 2.3%)

26 木の 23 木が 15 木を 13 木や 7 木は 5 木に, 花を 4 いろいろな, 木の根を, 花の, 花や 3 土や, 灌木が

2 [12件] 一本の, 不思議な, 木と, 木も, 樹で, 水たまりに, 石に, 穂の, 竹の, 花に, 虫や, 黒い林

1 [153件] あしが, うす気味, おしろい花を, からす麦, しのや, そういう無数, そこここの, そこに, そとを, たんぽぽの, たんぽぽや, つる草は, ま, または赤紫色, まの, ま草葉みどり, みそはぎやが, わらで, ゑぐがぽつ, カンナの, ガヴロールや, サツマ芋の, タンポポは, ペテロの, マンザニタと, ラツパ草が, ロベリアなどは, 人参を, 人間大事の, 兵どもが, 兵者どもの, 兵馬の, 其他の, 周囲の, 土の, 土ばかり, 土を, 土木に, 墻の, 夜に, 孔雀歯朶が, 小供, 小枝, 小藪の, 山や, 建物は, 日の, 日光黄菅珍車が, 昆虫に対する, 昆虫ばかりの, 木々の, 木さえが, 木であった, 木とのみ, 木とは, 木の実は, 木の根もとに, 木の芽が, 木の葉が, 木の葉は, 木の間に, 木ばかりを, 木までも, 木同様へし折っ, 木日光自分が, 杉に, 松やにの, 松虫草の, 林が, 枝を, 柔い, 森や, 植物も, 樟樹を, 樹に, 樹の, 水が, 沼や, 灌木で, 灌木などには, 灌木の, 熊笹隠れに, 燕子花小川の, 畑が, 白山小, 矮小な, 石でさえ, 石にあたって, 石や, 石を, 石垣の, 破れた蓮, 禾本沙草両, 稲穂を, 穀物を, 空の, 竹を, 笹に, 糠水などにも, 羊皮紙に, 美しい紫, 腐った木の葉, 腐つた木の葉, 芒が, 花が, 花なら, 苔が, 苔などの, 苔の, 苔を, 苗木の, 苫茅が, 草藤の, 菅では, 落葉に, 落葉や, 落葉を, 葉の, 蓬に, 蔓が, 蔓には, 薄荷の, 薄荷や, 薔薇や, 藤や, 虫みたいな, 虫取菫の, 蠅取, 裏白金梅を, 谷いっぱいに, 財貨も, 足に, 邪魔な, 野の, 野島ヶ崎は, 野生の, 野菜では, 野葡萄が, 野黍の, 雑木が, 雑木の, 雑草が, 雪の, 青い木の葉, 風と, 餅に, 魚の, 鳥の, 鳥や, 鳩豆草や, 黒き烏, 黒穂草や, 鼠尾草であり

▼ 草~ (233, 1.9%)

10 なって 7 いって 4 ならばや, 一緒に, 呼んで, 木と 3 あって, いっしょに, 土の, 書いて

2 [11件] いへども, して, なったもの, なつて, なる, 云ふ, 作物の, 合戦である, 花が, 花とを, 雖も

1 [166件] あるが, いいわっ, いうては, いうに, いえど, いえば, いったとの, いつしよ, いふと, いろいろある, いろいろな, いわず石, いわず若芽, いわず葉, おのれ一人と, おもって, お寺の, これだけは, し一方, し命, し給, そうでない, そっと残し, それに, たんぽぽを, ちょろはげ, とうもろこしが, どうしてこうちゃんとわかれ, なく青くなっ, なったが, なったと, なったので, なった位, なっては, なつた, なります, なり木, なり木の葉, なり蹄, なるだけ, なるであらう, なるであろう, なるに, なるほか, にくにくしい草, みだれあひ, やぶばかり, よぶよう, よぶ植物, よんで, クグツ袋と, ハマナスが, 一しょに, 一体に, 一所くた, 三度繰り返し, 云うのよ, 云えば, 云って, 云へば, 人, 似て, 併存し, 偃松と, 偃松とを, 偶人を, 光り陽炎, 切石と, 切石の, 別く, 動物の, 同じく取扱わね, 同じもの, 同じよう, 名づけられた草, 呼ぶ, 呼んだでも, 土と, 土とを, 土以外に, 地靄に, 堀と, 変りは, 夢とを, 大よろこびです, 大原の, 好天気, 小さな魚, 山とを, 岩の, 平にうっすらと, 強い日光, 形は, 影と, 思いつめて, 思つて居る, 思ひ寢, 択ぶ処, 映らふ, 書いつけしは, 木とで, 木の, 木の間を, 未だ見ぬ, 梅干と, 楡の, 極まれば, 様々な, 横なまる, 樹木の, 水と, 湿分, 灌木の, 火薬を, 石ばかり, 石鹸の, 砂糖を, 神社だけ, 私との, 称える仕末, 称え香水蘭, 童女の, 競争し, 笹の, 粟粒の, 紫蘇の, 羊と, 花と, 花とに, 花の, 苔と, 苔とが, 若草とを, 茫々した, 茶色の, 草との, 草を, 菫の, 萠え, 葉ばかり, 蘆との, 虫さえ, 虫さへ, 虫と, 血とが, 行だ, 行の, 見える花, 言いますけれども, 言はず, 言はれた, 言ふ, 言へば, 言わせるよう, 豆粒ほど, 違つて自然に, 野菊とを, 金の, 金色の, 雨の, 雲を, 露とで, 食べられない草, 魚, 鳥の, 黄撫子を

▼ 草~ (232, 1.8%)

69 の中 4 の上, の方, の間 3 があり, には虫, のところ, の陰 2 に打, のなか, の下, の風

1 [131件] からがさっと, からとび出, からは生温い, からコソコソ, からピョン, から一匹, から兎, から前, から岩, から感じられた, から拾い出した, から泉, から生, から百メートル, から真っ白い, から眼, から腰, から逃げ出し, から飛出す, から黄腹, があっ, があった, があつ, がある, がガサガサ, が沢山, が潰され, が砂, つづきですが, であったが, ですだき出すだろう, では蟋蟀, でガサ, で充分, で私, で鳴い, という眼鏡蛇, といわず, とのある, と下水, と同じ, と黒っぽい, なんで, に, にいる, にしゅく, にすだく, にすら特有, にそそがれ, にどっかり, になつて, にはところどころ, には秋草, には鈴虫, にまた, にまで下りたち, にもはいっ, に下り, に倒れ, に入れた, に千魂塚, に埋もるる, に寝そべり, に息, に掩, に棲む, に殺され, に没し, に眼, に腰, に落ち, に落とした, に足, に足痕, に近寄っ, に隠れ, に顎, のあたり, のあちこち, のうち, のかげ, のゆれる, のアパッシュ, の夕, の奥, の底, の径, の暗がり, の木立, の緑, の草, の葉波, の襞, の露, はシーン, は高く, へどっかり, へは何ん, へ呼びあつめた, へ抛出し, へ森, へ移っ, へ踏み込ん, へ鉄砲, も海, も繁茂, やらあちこち, や下生, や畑, よりけたたましき, をかき分け, をがさがさ, をすぎた, をたたき, をなし, をもった, をやつ, をわけ, を分け, を分ける, を匍, を手探り, を拓い, を杖, を白く, を磯べりづたいに君, を薙ぐ, を見た, を見まわした, を覗きこん, を覗く

▼ 草~ (112, 0.9%)

4 それは 3 せう, 作った小さな 2 これは, 一ぱいそれに, 印度に, 天鵞絨の, 患者の, 拭いて

1 [90件] あんだむしろ, かくれた大きな, こすった, このわか葉, この茎, ござりました, さぞ農夫, すると, その他美しい, その体, その間に, それからという, それ故にまた, てふてふの, どんな人, ふいたこと, ふきながら, ふちどられた小川, みがかれ, キク科に, ススキを, ムラサキ科の, 中国の, 今日は, 何かの, 作った人形, 作った薬, 作った馬, 作った鳥籠, 作られたたとえば, 傾いて, 八巻を, 其の黄色い, 冷めたい, 出来た虫, 刈る人, 匕首の, 名も, 四重大事五切紙之, 地の, 埋まった, 塵が, 実は丸く, 家畜を, 寝そべる, 寝床を, 患者を, 日本国中諸所の, 早くから我国, 末代までの, 束ねたの, 模様花壇が, 歓楽や, 此だけの, 気に, 治ッち, 溪間に, 独生あるいは, 現わし, 皆茸に, 眼を, 祭祀に, 私の, 編んだ山岡頭巾, 編んだ笠, 編んだ蓑, 織った敷物, 腹を, 自ら続, 花が, 草体センジュギクよりは, 落葉を, 葉が, 葺いた小屋, 蒸れの, 蔽うた, 蔽はれ, 蔽はれた, 蔽われた柔, 蔽われて, 被いカラー, 見えなかったの, 見えぬわ, 見かけの, 辺どり, 酢を, 野馬群住する, 防げる所, 飛んでも, 養われた胎内

▼ 草心尼~ (81, 0.6%)

8 と覚一 32 は女

1 [68件] がそれ, が呼びとめ, が心, が降り, だの, であったかと, と, といいまする, というの, といえ, とお告げ, とさりげ, とはいわなかった, とやらがつき添う, とを彼, と申され, などの安否, なら頼って, にはふと, にはやはり, には心, にもそれ, にも覚一, に似, のいる, のことば端, のことば遣い, のそば, の姉, の姿, の弁明, の母子, の清楚, の眼, の若い, の返事, の顔, はあらたまっ, はいわれない, はかたく, はついに, はとうに, はひしと, はびッくり, はやがて, は何事, は口, は唇, は後で, は心ならずも, は旅, は立っ, は筆, は聞きとれた, は肌, は花籠, は血, までがあの, もここ, も今, も元成, も子, も覚一, も足, や仲時, や覚一, を坐らせ, を見る

▼ 草~ (77, 0.6%)

9 の心 3 の住居 2 はその, は自分, を見凝

1 [59件] がはじめて, がまた, が一緒, が出会, が尋ねる, が屍体, が目, が訪ね, が階下, が障子, と別れた, と忍, にも同道, に言, の代り, の妻, の存在, の家, の新居, の日毎, の朦朧, の歩く, の気, の目, の眠つたやう, の答, の耳, の胸, の苦汁, の苦痛, の袂, の頭, はいましめる, はそれら, はちら, はとある, はひかれる, はまた, は全て, は唸り, は大森海岸, は心, は思ひつづけた, は思ふ, は悦ばし, は暗闇, は朦朧, は棄てる, は浮かない, は湯槽, は用件, は立ち上, は立ち上る, は腹, は話, へ宛て, も亦, よりも五つ年少, を呼んだ

▼ 草にも~ (71, 0.6%)

3 木にも 2 それ相応の, 心を, 沢庵にも, 色々ある, 花にも, 風が

1 [56件] あった, あらゆるもの, ありましょう, いわれたが, うんと金, こぼれた, さわらずさし, しつとり, しんせつで, せよ植物質, その色, なさんか, なったよう, なって, ならなくなったほどに, ならぬ, ぱらりと散つ, ほたる, やるせがねえ, わけて, 一匹の, 人にも, 人間の, 仄かな, 付かぬという, 伏そう, 似た宵, 似た小さい, 光と, 厳粛に, 小鳥にも, 師と, 幾つか, 感慨は, 慰められること, 懐かしい記憶, 戦争の, 措いて, 日を, 朝, 樹にも, 残って, 物を, 畠にも, 石にも, 綺麗な, 置かれて, 美しく見える, 色々の, 花が, 花咲く, 茶いろ, 蓼の, 血らしい, 霞にも, 飽く頃

▼ 草履取~ (67, 0.5%)

3 の身の上 2 の孝助, の端, をし, をつれ

1 [56件] から上げられ, が一足先, が奥, が女たち, が弁当, が御門, が説明, が附い, だけだった, であつ, であるとき, でさえ欲し, でさえ随分ツン, ではない, でも家来, といっ, といったよう, となっ, となれ, とはお, と提灯持兼帯, などから士分, など出陣, なら身分, につけ, になりきり, になれ, には惜しい, に召使, に成りきる, のみを留め, の中間, の外, の孝助め, の寅蔵, の末, の職, の職分, の藤吉郎, の軽い, の類, は, はお, はし, は三名, は小野治郎右衛門, は当然, まで一行八人, まで悉く, や中間, や馬丁, をした, を加え, を勤め, を勤めあげたら, を連れる

▼ 草~ (64, 0.5%)

43 んご 2 という, とか竹, のだ, のよりも, のを

1 [47件] え, からこれ, からそう, からともいっ, からと云っ, から五分, から水中, から花, か得体, か灌木, か知っ, か知つて, がおいら, が一寸, が彼等, が此處, が甘露甘露, が異存, そうで, その部分, つたウツグサとかいふ, つていふ, と, といっ, とは言わない, と信じ切っ, と思います, と思った, と言, な, なんぞと云, ね, ねえ, ねこりゃ, のが, のと, のの, よ家, よ戀, よ草, わ, 其中庵の, 嫉妬深い, 子, 小夜菊師匠に, 明日は, 絶対に

▼ 草~ (64, 0.5%)

2 はそれ, は黙っ

1 [60件] がいつ, がまとめ, が画筆, が移っ, だった, だったと, であった, でよぶ, という先生, とはまるで, と云, と号, にさえ斬っ, にはなかっ, にはよう, に嫁いだ, に近づい, のみで, の勤王論, の太い, の如き, の家, の旧居白石山房, の母, の気持, の瑞白, の生れた, の白石山房, の眼, の耳, の蘭, の門人たち, の高足, はぎょ, はさっき, はした, はすぐ, はといえ, はひどい, はふと, は一家, は一方, は不眠不休, は今, は全身, は十歳, は完全, は怒り, は欣, は江戸, は眼, は胸, は脱藩, は見, は貧乏, は足利, は路傍, は飛ん, へぶつけられた, へ泣い

▼ 草ユリ子~ (54, 0.4%)

3 の行方 2 の不可思議, の正体, はその

1 [45件] から取次電話, から植え付けられた, がそれ, がまた, が何, が十時, が私, が自殺, が言い立て, が開業, だったから, という名前, とが全然, と同, と名, と申します, と自称, と言う, なる名称, に一杯, に対する疑い, に就い, に関する小生, に関する新, に頭, のペン字, の創作, の可憐, の奴, の姿, の御, の怪手腕, の純真無邪気, の自殺屍体, の虚構, の被害者, の言葉, の黒幕, はこの世, は彼女独特, は白鷹氏, は鼻血, をこの, を仲介, を玩具

▼ 草~ (52, 0.4%)

7 ている 3 てこれ, て郵送 2 てもっ, てゐる, 終りて

1 [33件] てこの, てしばしば, てそくざ, てみた, てみたい, てライプニッツ哲学, て三田文学, て之, て保守中正論派, て大いに, て天下, て奉った, て將, て彼, て後日, て批評, て新, て新聞社, て既に, て武勇, て水火刀封, て火山風景, て筆, て答, て答えける, て自由論派, て警視総監, て送り, て里人, て雑誌, て黎明, ながら寧ろ, をれ

▼ 草~ (51, 0.4%)

2 とで少し, るから, る所

1 [45件] が脱, が酷く, た, たから, たれども, たろうから, だらうから, ている, てしまふ, てでもいる, ては退く, てます, て宿, て居りました, て居るだろう, て思弁力, て来る, て烏, て虎, でしょうから, でしょうまア, でせう, という形, と酒, なさいまして, なすったでしょう, にもお, の骨折損, はする, はてたるその, ぶれて, もす, もすっかり, も交っ, も出た, るぜ, るという, るもの, を休めたい, を休めました, を喞, を忘れ, を母, 休めに, 休めの

▼ 草でも~ (47, 0.4%)

3 むしって, 木でも 2 花咲く, 食って

1 [37件] あったら取って, あらうけど, いいって, いわば私, どうしてこんな, ないでしょうから, むしろうと, よろしいある, 五十銭ぐらいには, 何んで, 分けて, 刈つてきれいに, 取ったらどう, 取つたら何, 取れ, 喜んで, 喰べながら, 土地を, 家でも, 平地の, 拭きます, 採集してる, 探すやう, 摘みながら, 樹でも, 気に, 眼に, 繁らかして, 美しい花, 苅るよう, 萎ましそう, 萱草でも, 蔑んで, 薙ぐやう, 釣れるの, 頭の, 食べるかしら

▼ 草には~ (46, 0.4%)

3 夜露が, 露が 2 何を, 萎枯れた

1 [36件] けむりの, しっとり露, しないよう, ならない, ならなくとも, なる, なるし, もう夕露, もう水霜, 世間並の, 何と, 使の, 刈りは, 別にこれ, 友だちが, 古の, 右の, 夕闇が, 姿も, 弱ったが, 怪しくも, 敵う, 朝から, 狐, 穂が, 縁遠い學生々活, 花が, 花を, 蕗の薹も, 薄苺蕗の, 見えぬ風, 重く露, 露目には, 頓着なし, 香気が, 黄ばんだ葉

▼ 草から~ (44, 0.3%)

5 草へ 2 見れば, 高い木

1 [35件] あがる地息, いろんな虫, てふてふが, とれるという, とんぼが, ぴよんと赤蛙, むッくり起っ, キハツ性の, 一疋の, 上へ, 乾いたむっと, 人声の, 出て, 半身を, 取るという, 採った強い, 採取した, 握りしめる人, 木へ, 来る涼風, 滴り落つる水玉, 燃え立った, 空へ, 立ち上った, 筍のびあがる, 考へても, 聞いたよ, 草の, 蒸溜し, 製した麻薬, 起ちかけた, 追はれ, 陽炎がの, 顏を, 鳥が

▼ 草~ (42, 0.3%)

2 寝ようかな, 掴まって, 腰を, 草が

1 [34件] おどろくほど, お経, ころがった, ごろりと横, てふてふ, とった, とびついて, とりつかせて, べつたり, もぐったの, 下りて, 伸びた草, 伸びる草, 倒して, 元旦の, 入れたくなるの, 向かい火を, 吹かれて, 寝た, 射し掛けて, 小さな片足, 放つ, 横坐りに, 橙や, 沈むという, 泣き伏した, 眼を, 脚を, 腹ん, 荷物を, 跪き湖水, 跳びこまんず身, 鎌首が, 音を

▼ 草~ (35, 0.3%)

10 原に 3 原を

1 [22件] ぱの, ぱのあき地に, ぱのやうに露を, ぱの千切れた, ぱは, ぱらがあるのだそこに, ぱらですか家なんか, ぱらで螢が, ぱらと畑の, ぱらに, ぱらに家が, ぱらのすみっこにおしつけられたようになって, ぱらは, 原から, 原が, 原だ, 原で, 原は, 原へ, 原へも, 葉が, 葉に

▼ 草という~ (32, 0.3%)

3 のは, のも 2 のが, 草は

1 [22件] だね, のじゃ, のだ, のを, ものである, ものは, 以上に, 名が, 名の, 名は, 字の, 意であろう, 意味で, 意味であったらしい, 新名を, 新属新科, 者が, 草燃え出さない, 言わば今日, 雑草が, 類の, 風な

▼ 草した~ (31, 0.2%)

6 のである 4 事が 3 のは

1 [18件] が一方, が今, が議会, この落魄, ので, のであった, のを, までである, もので, ものである, 天体の, 広告文, 後山崎楽堂氏の, 時同一の, 時既に, 次第である, 歎願書を, 詩文にも

▼ 草茫々~ (31, 0.2%)

4 とした 2 たる武蔵野

1 [25件] たる一隅, たる中, たる化物屋敷, たる原っぱ, たる原野中, たる安倍野, たる山, たる庭園, たる碓井峠, たる空き地, たる空閑地, たる荒地, とし, としてゐたらしい, として一望限り, として樹木, として無住寺, と明, と生え, と目, の中, の堤防, の庭, の瓦礫, の野原

▼ 草では~ (30, 0.2%)

9 ないが 3 あるが, 無いが 2 ない

1 [13件] ありません, ありませんか, ないけれど, ないけれども, なかった, なかったろうか, なかろうか, なく溪流, なく蔓, 一方からは, 無論ない, 種子の, 菫が

▼ 草~ (30, 0.2%)

2 に籠っ, を三たび, を出

1 [24件] から起たね, にあり, にかえりみたまい, に抱い, に於い, に會, に立ちもどっ, に腰, に閑, のうち, の剣, の君子, の地, へよく, もお, をまもっ, をむすび, を三度, を敲い, を敲き, を結び, を結ん, を訪う, を訪問

▼ 草~ (29, 0.2%)

6 の中 2 の原

1 [21件] があつ, がちらつと, と林, と水辺, になつて残つて, には朝露, にも涼しい, に埋められ, に鳴きたて, のところ, の上, の底, の方, の繁り, の間, の陰, ばかりの上, へ往, も何, をわけ, を通っ

▼ 草土手~ (27, 0.2%)

2 である, に, も月夜, や月

1 [19件] か墓地, で鳴く, とその, にかう, にこういう, に添つて, に腰掛け, に身, のところ, の上, の処, の反射, の小高い, の曼珠沙華, の間, の雑草, を吹く, を枕, を踏ん

▼ 草ぼうぼう~ (26, 0.2%)

4 の原っぱ 3 の廃園

1 [19件] だでのう, とした, としてある, としてこの, として荒れる, と生えてる, と茂った, に違い, のおばけ, のしま, のばけ, のひろい, の塹濠, の広っぱ, の焼けあと, の空地面, の間, や畑, 組です

▼ 草ばかり~ (25, 0.2%)

3 では 2

1 [20件] だった, だ誰, である草, でただ, でなくいろいろ, でなくお節, でなく水, で見え, で遮るもの, 伸びて, 喰って, 夜昼繁茂する, 家ばかり, 拾って, 生い茂った秋, 生い茂って, 生えた広い, 生えて, 繁ったさびしい, 茂った上

▼ 草~ (25, 0.2%)

3 が静か 2 をつかん

1 [20件] との底, と風, にいっぱい, に呆け, のいい, のかげ, のかなた雲, のけぶり, のやう, のよう, の影さ, はかがやく, は一面波, は去年の, は波だち, もゆれ, やい, やひかりの, をかきわけ, を見る

▼ 草~ (25, 0.2%)

1 [25件] がある, が一棟, でこの, という寺子屋, にし, には老婆, に佳名, に訪れ, に辿り着き, に遊び, の仕事, の先生, の村夫子, の横丁, の生活, の紅い, の翁これ, は実に, は村, は雀, へも子供, へ持っ, も其の, を営み, を挟む

▼ 草である~ (23, 0.2%)

2 かの問題, から蒔き

1 [19件] からそれで, からもとより, から金銀草, がこれ, がそれ, が今, が吃水, が松, ことを, この偃地性, という事, といえる, とは言わん, ので昔, ばかりでなく, まだ穂, ゆえに, ガンピと, フジバカマの

▼ 草枯れ~ (22, 0.2%)

52 て狐, のした

1 [13件] てほんに, てゐる, て家, て矢, て馬, にけり, の籬, の這う, の野末, 木葉も, 柴を, 馬は, 黄みこの

▼ 草~ (22, 0.2%)

14 の家 2 のいきれたがやさず, の草 1 に隠れ, のほう, の低み, の堤

▼ 草雙紙~ (22, 0.2%)

1 [22件] が數多そこ, が欲しく, でないと, でも御覧, と坊主, のなか, のやう, の名, の繪, の表紙, の類, はかの, は置場所, を受取, を懐中, を懷中, を持ち出し, を読ん, を讀ん, を讀んだ, を貸した, を返し

▼ 草~ (21, 0.2%)

6 原に 2 ぱがひらひらする, 場へは

1 [11件] ぱ, ぱへでも廻つて青い, ぱもあることだらうから奥さんの, ぱらが踏台かなどの, ぱらにあるやうなわたしの家にも, 原の, 場の, 場へ, 葉なぞを, 葉や, 葉をよ

▼ 草とも~ (20, 0.2%)

2 菫とも

1 [18件] いうから, いって, いわれるすなわち, なりまた, 分らぬ狼藉, 同化し, 呼んで, 思われない, 思われなく房, 木とも, 木の, 残された, 知らざりき, 称えまた, 言って, 言つて, 言ひます, 谷間の

▼ 草~ (20, 0.2%)

3 助は, 助を 2

1 [12件] に雜, 介, 助が, 助さんてば, 助さんでござんした, 助に, 助の, 助や, 助よ, 助居候の, 日斜共可消, 神ありとあらゆる

▼ 草さん~ (18, 0.1%)

1 [18件] が万一, が夜中, が細工, が紹介, とは, とドンナお話, と尋ね求める, と持ち切り, と言う, に, に限っ, のよう, の月経来潮, の言う, の話, はかなり, はトテモ横暴, は繰り返し

▼ 草ぶき~ (18, 0.1%)

3 の屋根, 屋根の

1 [12件] になった, のひくい, の小屋, の建物, もあり, 多く中, 小屋に, 小屋の, 小舎に, 屋の, 屋根が, 屋根や

▼ 草一木~ (18, 0.1%)

2 さえ写す, を写し

1 [14件] ことごとく生き生きと, と同じ, について語る, にも何かと, の奇, の細, の裡, も, も日常生活, も生え, をも床, を机上, を生じない, を画き

▼ 草~ (18, 0.1%)

2 に入る

1 [16件] からぽ, すなわち蛇, にあっ, に反る, に呻い, に生じ, に蛙, に起こる, に避ける, に野生, の声, の石, の聲, わずかに, を行く, 既に蟲聲

▼ 草~ (17, 0.1%)

11 やない 4 やね 2 やありません

▼ 草ッ原~ (17, 0.1%)

2 に出た

1 [15件] が見えます, でころがっ, で子, に死骸, に連れ出した, に集まった, のかげ, の雑草, はどうも, へ円く, へ集まっ, へ集まった, や畦, を見れ, を踏みつけ

▼ 草~ (17, 0.1%)

2 が斜め, にて

1 [13件] から転げ落ちた, がぼんやり, と勢い, に来, に沿っ, に自立会, に萩, の一部, の蔭, を田螺, を親し, 来る声, 来る夜

▼ 草まじり~ (16, 0.1%)

7 生ひ 1 おもしろき野, にはらはら, に新, 新草生, 朝露を, 生ふべくなれる, 生ふべく見ゆる, 生ふる, 鶯の

▼ 草ブドウ~ (16, 0.1%)

2 の実, の根, はたべ 1 が発見, と名, は十六人, は宝島, をたべさせ, をたべだし, をたべはじめ, をほおばっ, を伝馬船いっぱい, を十粒

▼ 草~ (16, 0.1%)

2 の樹

1 [14件] に比すべからず, のしげる, の多い, の影, の息づかい, の間, もその, を, をしる, を分け, を掻き分け攀じ登った, を日, を着た, 映城雲

▼ 草一本~ (15, 0.1%)

5 もない 2 生えて 1 ありゃア不意, だって生え, ないという, にも気, のそよぎ, の緑, もなく, も生え

▼ 草田氏~ (15, 0.1%)

2 の家, は僕

1 [11件] がきょう, が僕, くらいのお, にさえ教える, の手許, はおとなしく, は夫人, は恥, は語った, も覚悟, をはじめ

▼ 草角力~ (15, 0.1%)

4 の大 3 の大関 2 の関取, の關取 1 じゃねえ, で横綱, に出る, の横綱

▼ 草だの~ (14, 0.1%)

2 木だ, 木だの 1 それから, ゴミだの, 何でも, 又は大きい, 朝顔だ, 百日草だの, 花だ, 藁だ, 虫の, 香の

▼ 草とは~ (14, 0.1%)

1 [14件] その外観, なれるなり, チョウセンガリヤス, 一層その, 別の, 四段の, 如何なる物, 彼女の, 我らの, 珍しい名前, 申すなり, 舟を, 違いますここの, 違ひます

▼ 草~ (14, 0.1%)

3 のである, んだ 2 のだ, ンか 1 のか, のでしょう, んだろう, んです

▼ 草などが~ (14, 0.1%)

3 生えて

1 [11件] うら枯れて, かえってたん, ちらほら眼, ポツポツ見え出した, 一杯に, 僅に, 咲いて, 密生し, 思うさまに, 深く繁つて, 見えるしかし

▼ 草をも~ (14, 0.1%)

2 妨げず

1 [12件] はらひ心, 光りに, 共にあはれん, 容赦しなかった, 愛護し, 燦く, 生ぜずまことに, 神は, 野に, 食まず薫物, 飼って, 麥をも

▼ 草小屋~ (14, 0.1%)

2 の中, は柾屋 1 からだんだん, が立っ, で商い, には案, に焦慮, のなか, の神窓, は今にも, を出た, を立てはじめた

▼ 草紅葉~ (14, 0.1%)

2 しぬと, まだ温く 1 が午後, して, すと, のうつくし, のよ, の広い, の色, は好き, わけても蓼, をみ

▼ 草だらけ~ (13, 0.1%)

6 である 1 だつて, でお寺, でどこ, で誰, なわが家, になっ, の道

▼ 草など~ (13, 0.1%)

1 [13件] いろいろな, おしや, して, とりどりに, 一つも, 塵塚へ, 帝国極北の, 引きのけやう, 栽ゑんは, 生えて, 皆野生す, 素人目にも, 親分が

▼ 草として~ (12, 0.1%)

1 [12件] よく人家, よろこんで, 世の, 使用する, 尊まれ, 当山万年草に, 栽えられ, 植物は, 能く, 舞ふ, 見たとき, 許では

▼ 草との~ (12, 0.1%)

1 [12件] がれに, こんがらかった内, 中を, 作用な, 区別が, 因縁は, 清新さを, 舞の, 見別, 連りで, 関係の, 関係は

▼ 草より~ (12, 0.1%)

2 出でて 1 いでて, またはじめ, 出て, 出で, 外喰わなかった, 少し低き, 星より, 月の, 立つ風, 高く空

▼ 草土社~ (12, 0.1%)

1 [12件] が成立, ではありません, といふもの, となった, となる, になつ, には加わらなかった, にゐなかつたなら, のつながり, の後期, の殆, は大正四年

▼ 草~ (12, 0.1%)

2 の軒 1 がぼつ, がぽ, のかくれ, の中, の側, の媼, の木下友三郎君, は, 古り堀, 葺きの

▼ 草心尼母子~ (12, 0.1%)

2 の姿 1 が他, でさえも豊川, とはおなじ, と供, の前, の四人, の素姓, もまいります, も不知哉丸, を客殿

▼ 草~ (12, 0.1%)

1 [12件] が一番, が瞬間ギョッ, である, に返盃, のところ, のもてなす, の物好き, はかね, はハッ, は自然, も一日見張り, も聞き終っ

▼ 草~ (12, 0.1%)

1 [12件] しげき塚, にぬれ, にゴロリ, に濡れた, に虫, のよう, の光る, の如くん, はおびただしく, はみんな, は足, もほし

▼ 草~ (11, 0.1%)

1 [11件] これは, それすらも, 交りたるらし, 倒木の, 分りません物, 幻の, 日を, 木か, 木かと, 知つてゐた, 知らないつ

▼ 草などを~ (11, 0.1%)

1 [11件] つかんで, むしった, 同類と, 急に, 採つて, 流して, 眺めながら, 簡素に, 縦横にかけ, 見つめて, 見る時分

▼ 草~ (11, 0.1%)

1 [11件] では焚火, では霧, と呼ばれ, に来た, に行く, に遊びたる, のお, の焚火, の築地垣, を捨て, を覗い

▼ 草疲れ~ (11, 0.1%)

1 [11件] その宿, てしまいました, てしまつたの, てはゐた, て了, て出る, て寝台車, て眠っ, て第一声, て諦め, 果てて

▼ 草~ (11, 0.1%)

7 ゆる 1 の川通り, や大地, ゆる丘, ゆる道

▼ 草であっ~ (10, 0.1%)

2 てその 1 てあの, てこれ, てそして, てそれ, てもそれからまた, て我国, て水草, て通常人里

▼ 草のみ~ (10, 0.1%)

2 満々と 1 おい出で, しげる草原, だれ咲, では, 生じて, 生ひ, 生ひ茂りたれ, 茂って

▼ 草まで~ (10, 0.1%)

1 こ, むしゃむしゃやれる, よくむしらせ, 冬枯れの, 抜かれます, 掘つて來, 朕に, 焼くな, 続くの, 総て秋蕭々と

▼ 草光保治~ (10, 0.1%)

1 が訪れ, にはよく, に眼, の内部, の部隊, はいろいろ, はなお, は戦時中, は時々, は細川

▼ 草刈る~ (10, 0.1%)

1 すべは, や草, わらべの, 事を, 場所も, 小子, 手ども, 手を, 音が, 音に

▼ 草~ (10, 0.1%)

3 をつくる 1 をつくり, を与ふ, を待ちし, を明星, を春陽堂, を渡す, を需め

▼ 草~ (10, 0.1%)

1 だ, と呼ん, のうつくし, の光る, やぐみ, や桜, を三種類, を好む, を見た, 赤きを

▼ 草~ (10, 0.1%)

1 となっ, と異なる, にさまたげられ, の乱, の智恵, の襲撃, の長, はすぐ, を相手, を討っ

▼ 草です~ (9, 0.1%)

32 がね 1 か, からとても, が恐らく, が針金

▼ 草とか~ (9, 0.1%)

1 いろいろな, ごまめ菊とか, 幽霊花とかいう, 木が, 木とかを, 歌に, 空気などの, 言う小娘, 言った

▼ 草人形~ (9, 0.1%)

2 の信仰 1 が河童, である, との聯想, との間, の変化, を担ぎ, を送つ

▼ 草~ (9, 0.1%)

1 であった, として開かれず, と五人, に平気, に縛られ, へ来, をた, を存する, を行く

▼ 草いろ~ (8, 0.1%)

2 の鎧扉 1 の夢, の女, の帷, の火, の長上衣, や欝黄

▼ 草からは~ (8, 0.1%)

2 もう雫, 雫が 1 かげろうが, しずくが, もうしずく, 蒸れるよう

▼ 草ぼこり~ (8, 0.1%)

1 およそ傷, と一緒, に葭簀, のうち, や土, を空, を立っ, を立て

▼ 草~ (8, 0.1%)

1 で生命, にひろげる, に坐, に堕, に座し, の女, の昼食, の朝餉

▼ 草~ (8, 0.1%)

1 が片, の類, をかついだ, をひっかけ, を片寄せる, を背負った, を腕, 負うて

▼ 草艸紙~ (8, 0.1%)

1 に出, の中, の事, の平, の美人, の見, ばっかり見, を持つ

▼ 草~ (8, 0.1%)

2 の方 1 があった, があつ, の入口, は行つて, をわけ, を急い

▼ 草かげ~ (7, 0.1%)

1 から閃, にあり, にまで, に嫋々, に散らばった, に鳴く, の鬼灯

▼ 草~ (7, 0.1%)

3 づに 2 づと土糞焚きつぐ 1 さ, ふことも

▼ 草~ (7, 0.1%)

2 もり夜, もるかけろ探すと 1 めや, もり家, もり暗し

▼ 草~ (7, 0.1%)

2 へ思ひうらがれ 1 うした, へ, へおの, へも怖気, へ枯れた

▼ 草といふ~ (7, 0.1%)

1 のが, ものは, 花のみ, 草です, 草の, 草木といふ, 藥を

▼ 草とる~ (7, 0.1%)

1 かなかな, したしさ, だけの地べた, 一人には, 大きな睾丸, 汗やらん, 萩の

▼ 草とを~ (7, 0.1%)

1 ずらりとうゑさせました, のせた三宝, 僧人たちの, 戴いた儘載つて, 手に, 摘んで, 調合し

▼ 草などの~ (7, 0.1%)

1 いわゆる丹波路, ひ弱い夏花, ほかに, 名が, 如, 手入れを, 生えた狭い

▼ 草などは~ (7, 0.1%)

2 定めしお, 後から 1 今漸く, 大抵は, 説明の

▼ 草なり~ (7, 0.1%)

1 これら皆寸にも, 株なりを, 生えてでも, 草は, 虫なり, 虫は, 野も

▼ 草ひばり~ (7, 0.1%)

2 の声 1 と教えられ, の, のうた, の唄, は籠

▼ 草びら~ (7, 0.1%)

1 に, に山風, の胸, は唯わびしら, は終り, は靜, や

▼ 草ふかく~ (7, 0.1%)

1 おどりあがつたよ, ここに, とも平和, 木の実の, 自動車乗り捨て, 蛇に, 韮が

▼ 草むす~ (7, 0.1%)

21 屍お, 屍ゆかむとぞおもふ, 屍大, 生品の, 軒の

▼ 草~ (7, 0.1%)

1 わがうれひ, 亜剌比亜草だ, 柿よ, 楢の, 毛皮よ, 花よ, 靡けよ

▼ 草わかば~ (7, 0.1%)

2 の新しき, の淡 1 のかげ, の傷み, 踏めば

▼ 草~ (7, 0.1%)

1 くると, と荒れた, の岩場, の岩庇, の岩棚, の混, は濡れた

▼ 草~ (7, 0.1%)

1 が煙っ, につつまれ, りと, りに, りを, を払っ, を揚げ

▼ 草~ (7, 0.1%)

1 のききめ, のため, の冷た, らしいが, をつかった, を傷口, を飲ん

▼ 草~ (7, 0.1%)

2 の茂み 1 が青い, の中, の実, の穂波, はその

▼ 草だけ~ (6, 0.0%)

1 であるそれで, で現実的, はしゅろの, 取る雑草, 喰わして, 積んで

▼ 草とが~ (6, 0.0%)

1 ひとつに, 咲き乱れ花陰, 茂って, 見える, 陽炎の, 青々と

▼ 草なら~ (6, 0.0%)

1 ば含羞草, ば布, ば誘う, ん尺素往来に, 下も, 内の

▼ 草やつ~ (6, 0.0%)

2 はものども, はもの共, わものども

▼ 草一塊~ (6, 0.0%)

6 の石

▼ 草~ (6, 0.0%)

1 となり, の下, の猛者, の詩人, やまだ, を四分の一哩

▼ 草~ (6, 0.0%)

3 あり 1 に憩, に留まりぬ, に至れ

▼ 草~ (6, 0.0%)

1 をあるき, をあるき廻った, をたどり, を志す, を通っ, を通った

▼ 草心尼さま~ (6, 0.0%)

1 からお, がお越し, が東宮, のたっての, もおいでられ, も御

▼ 草林寺~ (6, 0.0%)

1 で解剖, におられる, の本堂, へでむい, へ妹, へ行っ

▼ 草~ (6, 0.0%)

1 が一組, こそ看護婦秋草, と千田, はどこ, はもんぺをはいてわしといっしょに, は裏

▼ 草~ (6, 0.0%)

3 の蔭 2 の虫 1 の一螢

▼ 草萌え~ (6, 0.0%)

1 が匂っ, て, て鼠, で青み渡っ, を楽しみ, 頃の

▼ 草あやめ~ (5, 0.0%)

1 が生え, の外, の真盛り, の色, も知らぬ

▼ 草ある~ (5, 0.0%)

1 が故に, ところに, を見, 処に, 限り食ふと

▼ 草さえ~ (5, 0.0%)

1 あると, 受けて, 枯れたこと, 残って, 菜さえ

▼ 草じゃ~ (5, 0.0%)

2 ないが 1 あるまいし, これは, ないか

▼ 草って~ (5, 0.0%)

1 奴は, 草が, 言いましょうあれ, 言うの, 言う娘

▼ 草とに~ (5, 0.0%)

1 ほとんど全身, 似たるが, 掩はれ, 掩われ, 新しい汗

▼ 草なども~ (5, 0.0%)

1 ある, すでに青く, 今では, 少しきれい, 綺麗に

▼ 草また~ (5, 0.0%)

1 卵草の, 御輿草と, 数え草, 美女谷へ, 草の

▼ 草または~ (5, 0.0%)

1 カガミソウという, チロリンと, 狐花と, 零陵香という, 鼠草色も

▼ 草よりも~ (5, 0.0%)

1 ヘリコン山の, 一す, 一すじの, 先に, 高く手

▼ 草~ (5, 0.0%)

1 和ニ麝香草ト称ルモノニ充ツ未, 当ツ, 得ル此ニ写シ更ニ他人, 枯ラス, 焼テ以テ神

▼ 草地続き~ (5, 0.0%)

1 で二, で偃松, で所々, で白山, なので

▼ 草採り~ (5, 0.0%)

2 の男 1 に行った, も稀, をする

▼ 草摺り~ (5, 0.0%)

1 が一枚, は千, は私, をよろっ, 旗差物幕の

▼ 草木の間~ (5, 0.0%)

1 で相当, にほ, に常に, に誇つた, に起る

▼ 草~ (5, 0.0%)

1 がよく, が佳い, はタンポポ, は少し, を成す

▼ 草苅り~ (5, 0.0%)

1 に往, に往つて, の子, をし, 路普請の

▼ 草~ (5, 0.0%)

3 ゆる 1 えるあちら, え小鳥

▼ 草~ (5, 0.0%)

1 するどく黒く地, でしんしん, に金属性, の兎, の安努

▼ 草隠れ~ (5, 0.0%)

1 で足許, になった, に茎, の当身, の蛇

▼ 草~ (4, 0.0%)

1 ほじくり返して, 山へ, 有っても, 生やして

▼ 草かと~ (4, 0.0%)

1 思う, 思ふ, 思われるのに, 見えたもの

▼ 草この~ (4, 0.0%)

2 木は 1 山と, 花にも

▼ 草ごみ~ (4, 0.0%)

2 に荒く, に鋤き

▼ 草その~ (4, 0.0%)

1 密生の, 樹を, 花びらの, 葉かげより

▼ 草~ (4, 0.0%)

3 ばが 1 あ少し

▼ 草だけが~ (4, 0.0%)

1 人の, 地面に, 踏まれて, 頭を

▼ 草ども~ (4, 0.0%)

1 が小波, は刎, も恐れおののい, 生茂りて

▼ 草なんて~ (4, 0.0%)

1 ものは, 云うもの, 汚いもの, 面白くも

▼ 草ばかりが~ (4, 0.0%)

1 はびころうと, ズンズンと, 日を, 生い茂って

▼ 草ばかりの~ (4, 0.0%)

1 かなたの, まんなかに, 一つの, 不毛の

▼ 草まくら旅~ (4, 0.0%)

2 にしあれ, のありき

▼ 草みたい~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 によろけ, に濡れ

▼ 草を以て~ (4, 0.0%)

1 その毒, 四囲を, 測面, 護岸と

▼ 草一把~ (4, 0.0%)

1 の上, の土, を儲け, を構え

▼ 草団子~ (4, 0.0%)

1 のまわり縁, を喰いてえ, を献上, を馳走

▼ 草多き~ (4, 0.0%)

1 ところは, ところを, に及ぶ, 斜面を

▼ 草~ (4, 0.0%)

2 は風吹きぬけ 1 が暖, にものおも

▼ 草摘み~ (4, 0.0%)

1 などから帰つて, に, にでも出た, をし

▼ 草模様~ (4, 0.0%)

2 に実物剥製 1 のネクタイ, を銀摺り

▼ 草片附げ~ (4, 0.0%)

2 で来る, べ

▼ 草~ (4, 0.0%)

1 と見られた, なの, に咲いた, を飛ん

▼ 草稿本~ (4, 0.0%)

1 と云, には此, に依, を自筆

▼ 草~ (4, 0.0%)

1 があります, が咲い, にし, の材料

▼ 草~ (4, 0.0%)

2 に落し 1 にむなしく, に隠れ

▼ 草訣辨疑~ (4, 0.0%)

2 を写す 1 をうつす, を臨写

▼ 草~ (4, 0.0%)

1 ばかりは枯野, へ出る, も見えずしげり, を分け

▼ 草~ (4, 0.0%)

21 に真っ赤, に隠れ

▼ 草~ (4, 0.0%)

1 なる薫草, の茎, の薫草零陵香, を集め

▼ 草うる~ (3, 0.0%)

2 はしき岸 1 はしく茂りあひ

▼ 草かく~ (3, 0.0%)

1 て乾く, て生, は書き留め

▼ 草かも~ (3, 0.0%)

1 しれぬと, しれませんが, 知れんが

▼ 草くだもの~ (3, 0.0%)

21 の償

▼ 草こそ~ (3, 0.0%)

1 君が, 我々の, 青むなれ

▼ 草こそは~ (3, 0.0%)

1 一茎三花を, 私に, 苅りに

▼ 草これ~ (3, 0.0%)

1 が今生, は吾が, も面白く

▼ 草すなわち~ (3, 0.0%)

1 コウオウソウも, ワングルまたは, 小麦藁

▼ 草ずり~ (3, 0.0%)

2 をつけ 1 太刀の

▼ 草その他~ (3, 0.0%)

1 の雑草, 本当に自然, 深い山

▼ 草たち~ (3, 0.0%)

1 の股ぐら, はほんとう, をかはいさう

▼ 草だけは~ (3, 0.0%)

1 いや心, 刈つ, 常にも

▼ 草だった~ (3, 0.0%)

1 かね, からかも知れない, のです

▼ 草とでも~ (3, 0.0%)

1 いうの, 名を, 言ひた

▼ 草ながら~ (3, 0.0%)

1 おそろしく異様奇怪, 私も, 芹は

▼ 草なく~ (3, 0.0%)

1 ただ残雪, ば小松, 一線の

▼ 草なれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ばこそ薬, ばにや矢車

▼ 草なんか~ (3, 0.0%)

1 ちっともありがたく, 一人前以上だ, 誰が

▼ 草~ (3, 0.0%)

2 なの 1 な白く

▼ 草ひき~ (3, 0.0%)

1 むすびやすらひて, 結ぶ山の下かげ, 草刈り庭掃除で

▼ 草ふかき~ (3, 0.0%)

1 切りそぎ, 村里なれ, 水城飛び越え立つ

▼ 草ほこり~ (3, 0.0%)

1 のたかった, を立て, 掻く修道士ふたり

▼ 草ぼう~ (3, 0.0%)

1 きさ, きで落ち葉, きも

▼ 草まばら~ (3, 0.0%)

2 にやがて 1 な赤土

▼ 草もみぢ~ (3, 0.0%)

2 耀く薄 1 濃き

▼ 草わな~ (3, 0.0%)

1 をこ, をみんな, を運動場

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 は穂, は穗, も四谷

▼ 草全体~ (3, 0.0%)

1 が緑色, が胸, を初めて

▼ 草刈ってる~ (3, 0.0%)

2 がら弁当持っ 1

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 にこもる, のふくら, の傍

▼ 草少なき~ (3, 0.0%)

1 に及ぶ, 故老人の, 畑も

▼ 草~ (3, 0.0%)

2 にふらふら 1

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 といふ木, の髄, の髓

▼ 草楊枝~ (3, 0.0%)

1 のやう, の折れた, を使

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 から意味, のうち, をあわれん

▼ 草~ (3, 0.0%)

2 のけむり 1 のみほの

▼ 草田さん~ (3, 0.0%)

1 がとても, も後悔, も閉口

▼ 草田惣兵衛氏~ (3, 0.0%)

1 からはその間, である, の夫人

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 の個人展覽會, をどれ, を作れる

▼ 草看護婦~ (3, 0.0%)

1 から聞いた, に対する疑い, をソッ

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 の由来, は先月三日谷中村破壊三年, をく

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 なの, なる四邊, にし

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 とする, とともに朽ちた, のよう

▼ 草~ (3, 0.0%)

2 の枯涸 1 と云

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 に埋め, の埋, を去らね

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 が鳴きしきつ, とよび, 鳴きて

▼ 草越え~ (3, 0.0%)

1 の途, をさし, 以後の

▼ 草野原~ (3, 0.0%)

1 である, で土地, におびただしく

▼ 草~ (3, 0.0%)

2 に荷 1 を開い

▼ 草集め~ (3, 0.0%)

3 て仕舞がら

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 が白く, にぼかされ, はかかる

▼ 草青む~ (3, 0.0%)

1 といったすさまじさ, ところよい, 土手の

▼ 草~ (3, 0.0%)

1 といふ人, の家, の蔵書整理

▼ 草あり~ (2, 0.0%)

1 さして風情, 某の

▼ 草あるいは~ (2, 0.0%)

1 花ある, 鳥あるいは

▼ 草いちご~ (2, 0.0%)

1 の実, の汁

▼ 草いらふ~ (2, 0.0%)

2 手に

▼ 草かき分け~ (2, 0.0%)

1 て來, て来る

▼ 草かけ~ (2, 0.0%)

2 て埋め

▼ 草かげろふ~ (2, 0.0%)

1 はすがり居り, は飛び

▼ 草ことに~ (2, 0.0%)

1 栃の, 根茎に

▼ 草こんなに~ (2, 0.0%)

2 たまり

▼ 草ごと~ (2, 0.0%)

1 に三, に天

▼ 草さん姫草さん~ (2, 0.0%)

1 と尋ね求める, と持ち切り

▼ 草しげる~ (2, 0.0%)

2 そこは

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 や, らみ

▼ 草すべて~ (2, 0.0%)

1 が朱, この翁

▼ 草すら~ (2, 0.0%)

1 懐しく在りし, 無いといふ

▼ 草だけを~ (2, 0.0%)

1 いかに気, 丸呑みに

▼ 草だに~ (2, 0.0%)

1 ない焦熱, 生ひず

▼ 草だらけみんな~ (2, 0.0%)

1 咲いて, 咲いてる

▼ 草つむ~ (2, 0.0%)

1 少女, 山の上

▼ 草であり~ (2, 0.0%)

1 小鳥であり, 百里香や

▼ 草であろう~ (2, 0.0%)

1 という事, と私

▼ 草でさえ~ (2, 0.0%)

1 立枯れする, 自分の

▼ 草でない~ (2, 0.0%)

2 ので仕舞

▼ 草といった~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 方が

▼ 草とかいう~ (2, 0.0%)

1 のだ, 忌な

▼ 草としては~ (2, 0.0%)

1 小まし, 絶好の

▼ 草と共に~ (2, 0.0%)

1 刻成せられた, 足へ

▼ 草なか~ (2, 0.0%)

2 に放し

▼ 草なき~ (2, 0.0%)

1 岸, 赤地へ

▼ 草なぞも~ (2, 0.0%)

1 あります, おそろしくの

▼ 草などと~ (2, 0.0%)

1 云う活版本, 申す植物

▼ 草にて~ (2, 0.0%)

1 火繩の, 蓑を

▼ 草にとって~ (2, 0.0%)

1 どんなに長い, 舞うこと

▼ 草にとり~ (2, 0.0%)

2 食みつくづく

▼ 草にもか~ (2, 0.0%)

2 へらずに

▼ 草によって~ (2, 0.0%)

1 始めてほんとう, 邦之助が

▼ 草に対する~ (2, 0.0%)

1 かうした親, 親しみは

▼ 草のかず~ (2, 0.0%)

1 にせめて, らで

▼ 草はいちめん~ (2, 0.0%)

2 波だち別当

▼ 草はと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 問へば

▼ 草はな~ (2, 0.0%)

1 こぬかぐさ, この草

▼ 草ばっかり~ (2, 0.0%)

1 だろう, 仰山繁って

▼ 草ふかい~ (2, 0.0%)

1 丘を, 水底の

▼ 草ほど~ (2, 0.0%)

1 人を, 増刷いたしました

▼ 草まくら~ (2, 0.0%)

1 の数, をかしき

▼ 草まこと~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 草まじる~ (2, 0.0%)

1 様が, 様の

▼ 草まだ~ (2, 0.0%)

2 やはら

▼ 草みどり~ (2, 0.0%)

1 する, なる陸上

▼ 草みな恙~ (2, 0.0%)

2 なく生長

▼ 草むしろ~ (2, 0.0%)

1 しづかに, ねなむ

▼ 草もみじ~ (2, 0.0%)

1 がそこら, にだらし

▼ 草やら~ (2, 0.0%)

1 影で, 露の

▼ 草やを~ (2, 0.0%)

1 愍わり愛する, 蒔きました

▼ 草らしい~ (2, 0.0%)

1 草は, 草も

▼ 草わかば色鉛筆~ (2, 0.0%)

2 の赤き

▼ 草をと~ (2, 0.0%)

1 つて片づけ, つて生の

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 とこに, なかに

▼ 草ん中~ (2, 0.0%)

1 あドンドン, に転げさせ

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 分けて, 取って

▼ 草イキレ~ (2, 0.0%)

1 と木蔭, に噎せかえり

▼ 草カオヨバナカオ花貌花容花~ (2, 0.0%)

2 可保婆奈

▼ 草ツ原~ (2, 0.0%)

2 で呑気

▼ 草一名馬藺~ (2, 0.0%)

2 と記し

▼ 草一名馬藺子等~ (2, 0.0%)

2 と書き

▼ 草一日~ (2, 0.0%)

2 に千頭

▼ 草一木一石~ (2, 0.0%)

1 にも追憶, の細緻

▼ 草一本泉ひとつ~ (2, 0.0%)

2 ないのに

▼ 草一本満足~ (2, 0.0%)

2 には見えぬ

▼ 草一枚~ (2, 0.0%)

1 にはまだ, の葉

▼ 草一石~ (2, 0.0%)

1 のやう, を止めず

▼ 草一花~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 に附き合っ, を上演

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 のみを見し, を見わたす

▼ 草丘氏~ (2, 0.0%)

1 と大智勝観氏, もまた

▼ 草之進~ (2, 0.0%)

1 といふヤツトウ, を夜逃げさし

▼ 草二三十圓ナマコ三四十圓ぐらゐの收入~ (2, 0.0%)

2 を以つて

▼ 草二輪~ (2, 0.0%)

2 咲くの

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 にも利用, の木

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 の下, を買受けた

▼ 草入り水晶~ (2, 0.0%)

1 などと云っ, などの置き物

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 の手, をかつい

▼ 草~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 草千里~ (2, 0.0%)

1 から乗っ, というところ

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 が春風, にし

▼ 草取る~ (2, 0.0%)

1 人の, 時の

▼ 草吉さん~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 である事, はない

▼ 草商人~ (2, 0.0%)

2 の仮

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 ひに, み

▼ 草土堤~ (2, 0.0%)

1 に, の遠く

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 などひとしく, の陳賢寫意

▼ 草堤ひとり~ (2, 0.0%)

2 は行かず

▼ 草堤夕かげ~ (2, 0.0%)

2 永し誰

▼ 草堤子ら~ (2, 0.0%)

2 と歩きてこちご

▼ 草堤空梅雨ひさし子ら~ (2, 0.0%)

2 と行き

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 にある, を離れ

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 が毎朝, は小野さん

▼ 草少し~ (2, 0.0%)

2 屋根さかぶせろ

▼ 草少なく~ (2, 0.0%)

1 手軽なる, 至って手

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 にて, 自祝招待会

▼ 草~ (2, 0.0%)

2 の一種

▼ 草履取一人~ (2, 0.0%)

1 をつれ, を連れ

▼ 草山の口明け~ (2, 0.0%)

1 の季節, の日

▼ 草崖薄~ (2, 0.0%)

2 その穂

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 ならば, になっ

▼ 草廬三顧~ (2, 0.0%)

1 の時, は獻帝

▼ 草心尼さま母子~ (2, 0.0%)

1 も羅刹谷, をどこぞ

▼ 草或は~ (2, 0.0%)

1 曙の, 松樹の

▼ 草摘む~ (2, 0.0%)

1 も山, 子ところ

▼ 草木の実~ (2, 0.0%)

1 と若葉, や食用

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 をしょった, を背負う

▼ 草~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 草枯れる~ (2, 0.0%)

1 水音, 秋の

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 の上, の取りのけ

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 がいくつ, を円く

▼ 草清水~ (2, 0.0%)

1 がありましょう, の音

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 地, 地雛飛欲越籬籬高堕三四

▼ 草漉紙~ (2, 0.0%)

1 でした, はそれぞれ

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 に其の如何なる, に取扱

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 ひて, ひに

▼ 草生地~ (2, 0.0%)

1 にこの, を隔て

▼ 草田の~ (2, 0.0%)

1 かはづ昼, かはづ晝

▼ 草田夫人~ (2, 0.0%)

1 からの招待状, から僕

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 の内側, を枕

▼ 草疲れてる~ (2, 0.0%)

1 からとこ, から早寝

▼ 草疲れる~ (2, 0.0%)

1 から, けい古だった

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 を営んだ, 諸子守

▼ 草盧あした~ (2, 0.0%)

1 のぬ, はぬ

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 といふ雅号, の上

▼ 草石蟇~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 草秣場~ (2, 0.0%)

2 の焼ける

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 の穂, の穗

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 だつたの, の区域

▼ 草繁き~ (2, 0.0%)

1 中を, 山いくつある

▼ 草臥もうけ~ (2, 0.0%)

1 に成る, をした

▼ 草臥儲け~ (2, 0.0%)

1 だ, に終る

▼ 草臥足~ (2, 0.0%)

1 で後, を休める

▼ 草自身~ (2, 0.0%)

1 の感覚, の色

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 つぽい, も形

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 の上, を出

▼ 草苅る~ (2, 0.0%)

1 事を, 夜の

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 み, みひたち

▼ 草茂み行き~ (2, 0.0%)

1 なづみ, なづみ骨箱

▼ 草茂り~ (2, 0.0%)

2 四つ葉の

▼ 草茂る~ (2, 0.0%)

1 盆地, 郊外を

▼ 草茫茫~ (2, 0.0%)

1 たる廃屋, の野原

▼ 草~ (2, 0.0%)

2 き小屋

▼ 草茸小屋~ (2, 0.0%)

1 が, も

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 と茫々, は戀

▼ 草莢竹桃~ (2, 0.0%)

1 の根, の花

▼ 草菴樹下~ (2, 0.0%)

1 であっても, にてもあれ

▼ 草葛蕗の薹~ (2, 0.0%)

2 ややややに

▼ 草~ (2, 0.0%)

2 に棄て

▼ 草蒸し~ (2, 0.0%)

2 交通の

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 の蒜, を服しました

▼ 草蜻蛉~ (2, 0.0%)

1 がたべる, と云

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 が好き, と化し

▼ 草見れ~ (2, 0.0%)

2

▼ 草~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 がハコベ属, が厚く

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 のめぐりなる, を刺し

▼ 草郡桜村~ (2, 0.0%)

1 などという人, などといふ人

▼ 草野球~ (2, 0.0%)

1 のタマ, を見る

▼ 草零陵香~ (2, 0.0%)

1 の条下, を指す

▼ 草霞み~ (2, 0.0%)

2 水に

▼ 草青く~ (2, 0.0%)

1 寝ころぶに, 見渡すかぎり蒼茫

▼ 草青み~ (2, 0.0%)

1 たりと笠打, たりと笠打敷

▼ 草青み目黒~ (2, 0.0%)

2 は政岡

▼ 草鞋穿~ (2, 0.0%)

1 という異様, といふ服装

▼ 草風氏~ (2, 0.0%)

1 が船酔い, が話し

▼ 草食み~ (2, 0.0%)

2 にけり

▼ 草香流柔術~ (2, 0.0%)

1 の奥儀, の逆

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 にも同じ, に到る

▼ 草~ (2, 0.0%)

1 などには往々さ, などは或

▼ 草高く~ (2, 0.0%)

1 おい茂り, して

▼ 草高山~ (2, 0.0%)

2 の虫取菫

▼1* [729件]

あしに結ば, 草あぜに立てた, 草あたしに惚れた, 草ッぱい曼珠沙華という, 草いちはつ狐の行灯, 草いちめんの花, 草いっぽん夢, 草いやな草, 草いや石ではありません, 草づ高く, 草うすきゆかりを, 草うず高く積める, 草うつぼ草, 草うらがれん初めなれ, 草墓を, 草おいらん草の濃き, 草おしわけてくる, 草かげろふか何, 草かすかににほふ, 草かなんかでかくれて, 草かやつり草ろくな草, 草かりにでも, 草かれて尾花, 草がきを見る, 草がちつとも, 草がはえあつ, 草きんぽうげ, 草くじやく草, 草くれなゐ, 草ぐみの実, 草ぐらいしか咲いて, 草ふこのごろ, 草こういうものも, 草ここが苦労, 草ここかしこ光射かへす, 草ことにし, 草ことごとく自分の, 草ごと土を掘り取, 草さえも思い悩んで, 草さかりて, 草さても其中庵, 草さまざまの色, 草さも毒が, 草され文中苔城松子雁の, 草されたという話, 草さんお前さんはなぜ, 草しかけてあつ, 草しかけたのは, 草しげき夏野に, 草しげり書斎の, 草しづかにし, 草しとど露めきて, 草しのぶの下, 草しばしば見え返魂招仙, 草しぼり隈どり, 草じきたりす, 草じゃあないが, 草すきまなく, 草する所なる, 草ずれよりも低かっ, 草せずして節, 草みの死骸を, 草そしり草と, 草そよぐ彼方の, 草そよ吹く風すら, 草それから食パンだ, 草ゆするる, 草ぞと戯れたまひ, 草たぬき藻杉藻など一面, 草たべに, 草たらんよりは, 草たらいうて薬草, 草たるやエゾニワトコ, 草だけにおいそれと直ぐ, 草だっていい, 草だにもなくおそらく, 草だのへ色々な, 草だら一つなく, 草だらうが先達, 草だらけ埃だらけ黴だらけだつた, 草だろうと思っ, 草ゅう小娘は, 草ついでに今, 草つくづくとお, 草つのぐみ渡る沢辺には, 草つひにかわき, 草つみに行こう, 草であったことが, 草でありましたが私, 草でございますからね, 草でさえも力強く生き, 草でしかないこと, 草でなく石でなく, 草でなければならない, 草でもが皆創られた, 草といへり爾者此草当山, 草というはその波, 草といふのぢや, 草といふやはらかみの, 草とても無い私達, 草とで忽ち速成, 草とともに春の, 草とについてこれ以上おしゃべりを, 草とばかりも言へ, 草とりかぶと, 草とりどりに枯れ, 草どうぞ嫁菜に, 草どくだみは, 草どころでなくわざと, 草どなり笛ふく家と琴, 草どの葉にも, 草なおも生長し, 草ながき里, 草ながし松も, 草なし満潮どき, 草なぞがどんなに今, 草なぞには成らないやう, 草なぞを用いて, 草なたをり, 草なでしこパンジイよもぎ, 草などからヒヤシンスアネモネチウリツプシクラメンスヰートピイ, 草などで家を, 草などというヒメムカシヨモギと共に, 草などといふいたづら, 草などに開口させよう, 草などよりもっともっと微妙, 草なほはびこらざれば, 草ならぬものも, 草なら見てゐ, 草なりと言に, 草なる写本に, 草なんかの前に, 草なんぞ馬に, 草なんぼでもある, 草な刈りそね, 草な手折りそ, 草にかと問へば, 草にさえも配慮が, 草にしかすぎない, 草にだって神経が, 草について流るるが, 草につき関心を, 草にても三品とりわが, 草にとこれなる, 草によこたはる胸, 草によっては八分通りの, 草にをりふし, 草に対していた方, 草に関する記事を, 草のうへで日向ぼこし, 草のうへに夕焼雲に, 草のくびのやうに, 草のそよ, 草のみがもえて, 草のみに蔽はれた, 草はいぢけて, 草はかな小草, 草はけづれども絶えぬもの, 草はしゅろにききました, 草はじめて青し, 草はちよつと見たる, 草はつ春の姉娘, 草はなたち花もほのぼの, 草ははぐまれて, 草はみのつて, 草はむ牧の, 草はめる三千の, 草はらのむこうには, 草ばかしだつて云, 草ばかりか漆の, 草ばかりな武蔵野の, 草ばかりになって, 草ばつかりの, 草ばなの露に, 草ひとつひとつがあらためて, 草ふきし軒端に, 草ふき屋根の小屋, 草ふふめば恋し, 草ふみて, 草ほか見えない小, 草ほどにも眼を, 草ぼこり蹴だてて, 草っけにし, 草まくら夜ふす猪, 草まくら旅ごこちして, 草まじつて生える, 草ますます長じ, 草までが春待ち顔の, 草までも血に, 草みたような, 草みちを通行, 草みどり色した大きな, 草みな枯れ伏して, 草みな死に枯れた, 草みな魏兵と化し, 草むさず常にもがもな, 草むしっている, 草もう古くなった, 草もえて万物, 草もっと普通に, 草もつと優しい, 草もにほふなり, 草もみぢ秋のきり, 草もめッきりと, 草ゆえに私, 草よなれもゆかし, 草よろよろとして風, 草らしきもの亦, 草ろくな草は, 草わかば黄なる小犬, 草われなれやしたに, 草をでもたべるよう, 草をまで照らして, 草をやはらかに地, 草アネモネヒヤシンス山吹薔薇金雀児チユーリツプ花菱草シヤスターデージー松葉菊王不留行, 草アンゴラの生れ, 草エビスグスリは夷薬, 草キャベツなぞ, 草コマツナギ等が咲い, 草シヤスターデージー松葉菊王不留行, 草ズリの下, 草ダンブリ草の名, 草ッ葉がとれない, 草ト云紅黄草二種アル故ト云ハ, 草ト名ク他薊, 草ト称ルモノニ充ツ未的切ナラズ麝香草ハ生ニテ動揺スレバ香気アリ乾セバ香気ナシ漢名麝草, 草ナリ種類同ジカラズ, 草ニシテ全形エウラクゴケニ似テ葉背ニ数点, 草葉ノカゲヘイラツシヤイ, 草パントポンアドソルピン腸詰め卓上電気その他いろいろ, 草ボーキの上等三本, 草ボーボーで田舎, 草ムジナモの写生図, 草ムラが急, 草ユリ子一人の働き, 草ユリ子諸共に何処, 草ヲジヤカウサウニ充ル古説ハ穏カナラズジヤカウサウハ生ノ時苗葉, 草ン中に倒れ, 草一すじのた, 草一つだになかりき, 草一個の虫, 草一叢樹立一畝出さえすれ, 草一峯は樹林, 草一木往時の思ひ, 草一本石ころ一つないよう, 草一本石ひとつの位置, 草一朶の花, 草一条も生えません, 草一礫といへ共, 草一花谷地にさき, 草一茎も生え, 草一莖土のひと, 草一面後は焦, 草丁子草薄荷などあり, 草丁字草五形華鬘草の類, 草万年草金徽草吉祥草といへり爾者此草当山, 草三溝呂木の幸吉, 草謹愼の, 草不自知, 草科の, 草中撫子の花, 草中腹の梅鉢草, 草が大神, 草乏しきより魚, 草ふ, 草也大正震災前まで東海道線平塚駅付近, 草乾燥した大通り, 草も姫草, 草二幕腹案成る, 草二種アル故ト云ハ, 草五形華鬘草の類, 草のおばしま, 草は不安, 草付けると止まる, 草以来の祖先達, 草の小, 草に現, 草倉幸生両山, 草倉銅山が小野組, 草假名は心ゆく, 草傳辭説事或蹲, 草模様の, 草入りのうち, 草全く漢種の, 草八つ手それぞれ特有な美, 草に懐しい, 草其他や壬二集, 草に留まっ, 草冊子か何, 草冊子風なもの, 草分けて犬, 草切りの腕, 草刈っさ行かね, 草刈らす桑畑に, 草刈るがらな, 草初夏の瞳, 草のよう, 草削りに出, 草動き来る, 草動物では虫, 草ふが, 草医秋成を流行らせ, 草千島桔梗白山小桜, 草千日草天竺牡丹と各々手, 草卉之身何ぞ是, 草去年の, 草即ち小さい露草, 草又の名は飛燕草, 草取ったけや, 草叢火焔の臠, 草叢草叢から岩, 草叢裡の窮措大翁, 草合して三十銭, 草合せのしかた, 草合歓の花, 草合歡の, 草が是非, 草和名フジナまた, 草問屋の大蔵, 草問答があつ, 草喰む牝馬其中のある, 草喰わぬ馬, 草噛むときに, 草四番草まで続く, 草四郎君だ, 草四郎自称青年政事家で某, 草土社以前には当時矢張り銀座, 草土社成立彼之れ, 草土社諸般の面倒, 草坪春草御舟などがすぐ, 草に線香, 草の春, 草堤來る聲, 草売り女と, 草は涼し, 草夏雪草等が咲い, 草にふむ, 草多くあり, 草多く手重のところ, 草多く手重き畑は, 草にとりあつめ, 草夥しく生ひ出で, 草大木は人, 草天竺牡丹昼照草丁子草薄荷などあり, 草夾竹桃の花, 草奇委卉の風雨, 草奇木異様の諸, 草奇異の香木, 草奈井比売という諏訪, 草奔一介の身, 草如意草などの名, 草如来である, 草妨礙あらば, 草姿は見る, 草嫁菜大なずな, 草孔雀草黄蜀葵女郎花男郎花秋海棠水引鶏頭葉鶏頭白粉鳳仙花紫苑萩芒日まわり姫日まわり夏菊と秋, 草字体が酷似, 草生す, 草宝剣草如意草などの名, 草宣会と命名, 草宿をも待たず, 草富貴の家, 草だった, 草寿の後, 草露明らみぬ, 草小さく咲きて, 草小豆草蓬蛇ぐさ人参草嫁菜大なずな, 草尽くる時, 草の上, 草履取一人小荷駄二人の軍役, 草履取一人槍持一人があと, 草履取二人とを抱, 草履取大小二人手代一人まあざっとこれ, 草履取木下藤吉郎の人相, 草履取槍持御用箱なんどがバラバラ, 草履突かけて, 草履鳴して, 草山芋などを蒔きつけ, 草岩桔梗四葉塩釜など一面, 草岩梅などは他物, 草にも尾, 草のいろ, 草川人間犬電信柱なん, 草巧ニ景致ヲ成ス, 草を持ち出し, 草年々緑なる春ごと, 草庇いまも山家, 草床涙を我, 草店月初冷, 草廬何の楽むところぞ, 草引く手ににほふ, 草引鍬でこの, 草影樹影花影が池, 草えらびて, 草に聳え, 草に生, 草復活の問題, 草心尼たちの影, 草心尼正成の妻, 草として久しく, 草を知らず, 草れの, 草悔いても嘆い, 草悔しそうな, 草愛着の情, 草の軒下, 草手間十日分でねえが, 草折れた灌木, 草抜けばよる, 草抜萃に依れ, 草押し分けられた灌木目を, 草押込みて煎じつめ, 草く人, 草掘りてゐる, 草をもつ, 草掻きの熊手, 草掻きであってその, 草に出し, 草摘みし今日の, 草摺れにだぶだぶ, 草敦盛草って言いましょう, 草斷碑の中, 草旅籠にその, 草にとくる, 草日蓮といわれる, 草から薬, 草から夏, 草暮春の花, 草書きで今朝, 草書体交りの, 草月夜かな, 草月見草おいらん草孔雀草黄蜀葵女郎花男郎花秋海棠水引鶏頭葉鶏頭白粉鳳仙花紫苑萩芒日まわり姫日まわり夏菊と秋, 草朝鮮朝顔などの種子, 草木の葉石野火の煙, 草木雲蝶蟻そして私, 草本来の名, 草朱唇緑眉いずれが花, 草朽樹などにこそあるべき, 草束ねの島田, 草松花その他は力強く, 草松葉菊などの紅い, 草きれなどを, 草枯れし荒野に, 草の左, 草柘植を少し, 草栂桜岩髭千島竜胆など生, 草根木實より採りたる, 草根木菓を採っ, 草の毛, 草棘すべて甘棠, 草や秣草桶, 草楚詞唐律を為り, 草の支柱, 草模樣を染めたる, 草樹異類の禽獸一, 草樽形の花, 草さした木の葉, 草欝乎として開き, 草母子草あゝこれ, 草の薄い, 草毛莨鈴蘭愼の足りない, 草の若い, 草毟りをした, 草民ずれが何, 草水邊に相, 草の無名, 草沢中に棄, 草河口を回っ, 草油これもありったけ, 草れて, 草泉石のえ, 草浜ニ生ル也茎ノ百重アルナリ, 草浦島草おいらん草の濃き, 草しがないので, 草深くなりますな, 草深み取りても, 草深山茴香大葉黄菫高根薔薇姫石楠四葉塩竈高根撫子深山沙参白根人参真柏, 草深山金梅トウヤク竜胆岩梅姫鍬形苔桃などが多い, 草深山金梅岩梅白馬黄者白山一華深山塩竈などの高山植物, 草き所, 草温泉からの登り, 草温泉あたりに雪割草, 草湿った地面から, 草の木等, 草かにし, 草濡れて, 草無き野かな, 草焼きの火, 草燃え出さないものは, 草牡丹は柳蒲公英, 草ばかりそれ, 草牽牛花及瞿麦である, 草犬ぢやらし, 草狩谷先生之居, 草猩々袴鷺菅などがあり, 草花なし, 草のうち象, 草玉簪花日光黄菅が非常, 草珍車虫取菫などが新, 草珪草虫藻なぞいう, 草生い茂り兵舎は, 草生えて牛, 草生ずる土手も, 草生ぜず麻黄の, 草生茂りて午後, 草田の面に乾した, 草田夫妻をばか, 草田杜太郎の変名, 草田畠からはいろいろ, 草田舎の国民学校訓導, 草の茶, 草たという, 草疲れきってしまった, 草疲れきったように, 草疲れた者に, 草疲れた出ると又, 草疲れなかったと非常, 草白き石鹸の, 草白む溝の, 草白山一華白馬千鳥なども皆, 草白花を点ずる, 草百日草鳳仙花其他梅から柿梨茱萸, 草皆陰惨な存在, 草盗まれて萱, 草盛りの紅葵, 草直ちに門戸に, 草相交り茄子, 草相撲取草などを急, 草矢車草等の巨大, 草夏猶, 草短くて, 草石等の神, 草石蚕のよう, 草磔柱の真下, 草祖草野姫またの名野槌と見え, 草祖葺野姫を生む, 草の許せる, 草神功皇后征韓の船中秣, 草神楽の稽古, 草神楽阿佐ヶ谷囃子のお, 草祠祠を抱いた, 草にとって眼, 草はお, 草秋海棠おしろいの花, 草秋海棠齒朶など, 草稾後一回にて完結, 草穂はいちめん風で波立つ, 草積みて香まさ, 草を耘除, 草空地にぶらんこ, 草も, 草立てこめる気分の, 草立ナリ此ニ説ク形状ハ高野ノ万年グサ物理小識, 草竜珠といい, 草の漫画, 草箭頭草宝剣草如意草などの名, 草箱根歯朶という説, 草にしろく, 草を炊い, 草紅く小さく咲きそめぬみ, 草紅花満園春, 草紅葉升麻其他三五の名, 草紫羅欄花罌粟の花, 草紫茉莉の色々, 草のルコンストリユクシヨン, 草絡み落葉の, 草綿など少しく, 草綿糸の環, 草緑樹の山野, 草緑象王廻る処落花紅, 草編み袋に, 草にした, 草の単, 草繁茂し微, 草のガウン, 草織り出だしたる, 草織出したる長椅子に, 草羊脂魚膠雷丸油疱瘡で死んだ, 草翁草オンファロオド粉粧が足りない, 草肥え泉甘し, 草臙脂菜の別名, 草臥たんべえな, 草臥びれると, 草臥二人で岡, 草臥休をする, 草臥様で, 草臥私も草臥, 草臥足ゆえお茶でも呑ん, 草ラ春色, 草舎解散の辞, 草を流れすぎ, 草艸紙興味を味, 草芙蓉とも言っ, 草芝居といふの, 草芝石芝肉芝の諸, 草の名, 草る地, 草芳しき柔らかな, 草苅り葺き宿れりし兎道の, 草苔桃粘り芒蘭, 草などは下陰, 草苗也今名めはじき, 草苺ほのかに朝, 草苺採りにきた, 草苺洗ひもてれば, 草き岸, 草の茂み, 草茅命僕誅幾日経営畢徙居入秋初, 草茅葺不合尊の御陵, 草茫々山を見通し, 草のみ時, 草草むらの中, 草草草と茫々, 草の生えた, 草莞爾に我と, 草莱いたずらに茂っ, 草莱甚だ辟, 草菖蒲といふなり, 草菜繁茂し何ぞ, 草の花, 草に於, 草菴主人は今日, 草萋時花壓谷高臺望處柳, 草萌え出づる春を, 草萌頃のむしむし, 草萌黄は難波, 草といふ, 草萬代恒志の諸氏, 草萱萩桔梗女郎花の若芽, 草落梅集の四卷, 草といえ, 草葡萄のくすんだ, 草蒸す頂に, 草蒸れの高い, 草蓬蛇ぐさ人参草嫁菜大なずな, 草蓬蛇苺あけびの蔓, 草をわたし, 草薄荷などあり, 草をしい, 草薬草の珍しき, 草をも亦, 草を用い, 草の花, 草藤ほたるぶくろ, 草藤金線草紫茉莉の色々, 草藪岸には空色, 草を敲い, 草に似た, 草の悲むを, 草虫取菫雪割草の産地, 草虫帖の一つ, 草虫水虫の如く, 草虫琳琅の声, 草と化し, 草を, 草螢草鴨跖草なぞ云っ, 草まじりで丁寧, 草に染め, 草を凝し, 草を突かけ, 草西洋大葉子は吾子, 草ゆなり, 草見たように, 草見たいに撓む, 草見まもりてあり, 草角力くらゐは, 草角力ぢやね, 草讃めたたへ, 草が半分許, 草豊かであった, 草ひて, 草負い牛の, 草賊どもを相手, 草は謹ん, 草はせ, 草足たんだもの, 草散らした双, 草踏みしだき庭伝い忍びよったる盛遠は, 草踏む音し, 草踏んで踊る, 草蹈みわたる, 草躑躅アスタースヰートピーアイリス鈴蘭金魚草アネモネヒヤシンス山吹薔薇金雀児チユーリツプ花菱草シヤスターデージー松葉菊王不留行, 草車百合千島桔梗などが現われ, 草に削り掛け, 草残雪, 草速やかに長, 草正一位紀氏栗栖大神, 草酸漿が何時も, 草草まじり, 草金徽草吉祥草といへり爾者此草当山, 草鉢植一とかかれ, 草長き南國, 草長く生い, 草門鼓楼五重の塔など甲州, 草りに, 草の病骨, 草れ, 草雁來紅をその, 草雙紙黄表紙それから洒落本, 草雲自身もそれ, 草に埋め, 草露貫珠に見, 草青き小路の, 草鞋擦のした, 草頂上近くの松虫草, 草を埋, 草は涼し, 草風ぐさなどは私, 草風画伯の海, 草食い浅間の, 草食いいた馬が, 草食う際鶺鴒その, 草食べて, 草食むと赤馬, 草飼い身には, 草香りて唯, 草馥郁たり, 草骨夫妻には子供, 草根毛莨雲間毛莨などは, 草高野山大師の御, 草鴨跖草なぞ云っ, 草鷺草露にぬれ, 草鹿砥宣隆という人, 草なるを, 草黄碧紫紅入り乱れて, 草黄花駒爪姫鍬形などの高山植物, 草黄蜀葵サルビヤなどが盛りで, 草黄蜀葵女郎花男郎花秋海棠水引鶏頭葉鶏頭白粉鳳仙花紫苑萩芒日まわり姫日まわり夏菊と秋, 草黒百合などの咲い