青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「翁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~義務 義務~ ~義理 義理~ 義雄~ ~羽 羽~ ~羽織 羽織~ ~翁
翁~
翌年~ 翌日~ 翌朝~ 習~ ~習慣 習慣~ ~翻訳 翻訳~ ~翼 翼~

「翁~」 5042, 52ppm, 2220位

▼ 翁~ (1503, 29.8%)

1413 前に 9 顔を 8 心は 7 家に 6 やうな, 処へ, 姿は, 家の, 許に, 面の 5 ために, ような, 事を, 生涯を, 門下の

4 [13件] ところへ, ように, 上に, 乗って, 名は, 唄, 姿を, 家を, 手に, 眼に, 言に, 言ひ, 顔が

3 [25件] 名を, 墓に, 声は, 如きは, 姿が, 子孫を, 家は, 心に, 忌, 手を, 手記に, 方から, 書を, 歌に, 発生, 胸に, 臨終の, 行脚の, 製作の, 許へ, 話に, 身の, 逸話は, 遺徳の, 門を

2 [87件] あとを, お稽古, とこへ, もどき, 一つの, 主張は, 事業は, 人格が, 人格を, 作物は, 信望一代を, 偉大な, 偉大なる, 像が, 像を, 前で, 副演出, 句で, 句である, 句です, 墓前に, 声と, 女大学, 室と, 家へ, 家庭を, 容態の, 川柳は, 弟, 後を, 心の, 性格を, 態度が, 所へ, 所説は, 故郷を, 文の, 方で, 日記を, 時代に, 晩年に, 書いたもの, 書に, 机の, 枕頭に, 様子を, 歌が, 歿後は, 歿後翁の, 洗礼を, 為に, 為事を, 生涯に, 生涯は, 真面目が, 真面目を, 眼の, 眼は, 研究が, 稽古の, 終生の, 網打ちの, 耳に, 胸を, 自筆の, 舞台で, 芸風を, 苦心が, 衣鉢を, 言を, 訃を, 詞に, 詩, 話, 話では, 話を, 返辞を, 逸話を, 遺跡を, 部屋で, 門下でも, 門下に, 霊位を, 霊前に, 頭の, 顔は, 駕籠を

1 [1090件 抜粋] あの漆黒, あの行脚掟, いうが, いったごとく, いふ, いまださめ切らぬ, うしろに, うわさは, お墓, お蔭で, かく一木一草みな奧多摩そのもの, きょときょとした, ことで, ことどもを, ことばには, ことも, この披露, この極楽浄土, この答, この譬喩, これほどの, ごとき素意大略, した論難, すでに認められた, そしてかの, つつましや, ところで, となりに, はじめて言われた, は時間的, ふる郷, みまかり給, もとへ, もどきなる, ものまで, やうに, ようなまことの, アクビは, デツサン二百余点と, ノンセンス振りと, ブル趣味が, ホテの, 一代記を, 一家は, 一生が, 一生の, 一節を, 三十余年を, 上京問題に, 不遇なる, 世事ばなしと, 両眼, 中に, 乱に, 事をば, 事業が, 事業的功績は, 云った山, 亡き後は, 人格の, 人生哲学事業哲学であり, 介抱に, 令嗣今, 令息であっ, 企業熱もしくは, 伝は, 伝授を, 伝記及び, 伝説を, 住家に, 作にか, 作中に, 作品は, 作物を, 佳句, 侍従役を, 係医として, 信頼に, 俳諧であった, 俳諧の, 偉大, 偉大さ崇高さは, 側に, 傑作に対して, 像, 像の, 先代の, 全集中, 八十八賀能の, 写真と, 処を, 出した碁笥, 出精が, 刑罰論, 別荘が, 前講を, 劇の, 劇を, 功績の, 医学は, 半面に, 卜う, 原作と, 及び難い, 双肩に, 口から, 古今集遠, 古池の, 句, 句としては, 句に, 句を, 句碑と, 句集で, 右に, 右手を, 名高い句碑, 呪詞や, 命を, 咄でも, 唇頭を, 嗅覚は, 嗜好は, 噂を, 土産話である, 型について, 場合の, 墓の, 墓を, 墓誌を, 壮なる, 声に, 声母屋の, 外に, 多くの, 夢魂常に, 大きな体, 大津絵に関する, 大膽, 天狗煙草である, 夫人が, 夫人の, 女で, 好意ある進め, 好意には, 如きも, 如き名人, 如く最も, 姓名を, 姻戚関係を, 姿に, 娘さんらしい, 娘なりき, 娘衣を, 子か, 子其頃五十餘の, 子敬太郎, 存命中翁の, 学識の, 宅を, 実の, 実力を, 宮廷三代に, 家から, 家へは, 家人以外の, 容子を, 容貌には, 寂びたひたい, 寝息ばかりが, 尊さ, 小傳, 居室は, 居間に, 山占い通りいささか, 崇拝者であった, 川柳に, 師匠喜多能静氏, 幣束神体説は, 年譜を, 庭の, 弔詞の, 引くところ, 弟で, 弟子で, 弟子として, 弟子の, 形容も, 形態の, 影が, 影黒く, 役を, 後までも, 後嗣梅津謙助氏の, 後姿を, 後見で, 御用を, 微笑と共に, 徹底した, 心, 心も, 心丹に, 心用意を, 心配りであったろう, 怒鳴り声, 性格から, 性格面貌を, 恐ろしさ, 息の, 悪戯か, 悲劇, 情, 意は, 意中が, 意義が, 愛婿前記野中到, 愛嬢で, 愛美心と, 感懐は, 態度に, 慶応義塾は, 憤慨は, 戯れ給, 戯曲だ, 戯曲にも, 戯曲等に, 所爲に, 所説の, 所謂物の, 手ふるひし, 手紙が, 手紙も, 手記等によって, 批評家が, 担架姿が, 持つ一つ, 指導の, 指端の, 描いたクレオパトラ, 撫育の, 支那人と, 支配下に, 故郷に, 故郷栢山村を, 教え子である, 教へに, 教授を, 文など, 文中に, 文芸を, 斯道に対する, 新しい詩集, 方からは, 日記若い, 旧宅跡に, 旧邸, 是正を, 時代は, 晩年について, 晩年は, 曰く, 書いて, 書きのこしたもの, 書斎と, 書画帖に, 書翰によって, 最も嫌う, 最近の, 末子で, 末期の, 本分を, 本家で, 本懐であった, 本来性の, 机に対し, 来ると, 東京風景画は, 果報は, 柔和な, 案内で, 梅雀図黙庵の, 楽しみの, 様に, 機嫌が, 歌, 歌は, 歌や, 歴史劇リチャード三世の, 死後と, 死後には, 歿後に, 歿後一度上京し, 歿後師を, 比翼塚建設の, 気に入って, 気色が, 気象は, 活動に, 清廉無慾と, 満足を, 漁り舟も, 漢文の, 灌水は, 為た, 無敵の, 熱心さに, 爪の, 爲ん, 牛込に, 物語で, 特徴は, 独語, 理想の, 生まれた国東半島, 生涯, 生涯中の, 用意し, 画も, 画像の, 留守を, 疲労の, 病臥後門下の, 発生から, 白髪は, 皮肉も, 目に, 目的を, 直弟子にて, 直訴には, 直門という, 相談に, 眞白な, 真情が, 真白な, 真面目は, 真骨頂を, 眠って, 眼を, 眼中には, 眼鑑でも, 知人どもの, 短所から, 研究した, 研究を, 示すもの, 祖父である, 神経に, 神聖を, 秘蔵の, 稽古を, 稽古腰の, 立像を, 端書が, 笠の, 筆なれ, 筆力また, 答えすこぶる, 簫に, 精神が, 系統である, 素性素質に, 細君の, 紹介で, 終生を通じて, 絶筆であった, 縁戚の, 翻訳に, 老大納言, 考えるよう, 考へに, 聖徳を, 聲です, 聲を, 肩を, 背後の, 胸には, 胸像を, 能楽師としての, 腹に, 膝の, 臨終に, 自作で, 自動車に, 自叙伝の, 自画像だ, 至純至誠の, 至芸に, 舞台に, 舞台姿が, 舟の, 芳兵衛と, 芸風が, 苦手が, 茶の, 茶会で, 落語集, 著譯準綺語, 藝は, 行動には, 行者が, 行脚掟として, 衣服を, 裁断によって, 製作に, 製作其他の, 製陶遊戯を, 見えたの, 見つけ出して, 規模遠大まことに, 解するところ疑い, 言い知れぬ平民的, 言さらに, 言ふたことが, 言われた様, 言葉が, 言葉に, 言葉は, 訃報が, 訓み, 訓言が, 記憶力なんか, 訪客を, 許の, 詞が, 詠んだ句, 詩に, 話の, 語り, 語りは, 語る事実, 説かれるよう, 説と, 説の, 説を, 説明によ, 談話が, 談話中に, 論理学が, 謙徳と, 講義などにも, 謡には, 謡振りの, 賞讃が, 赭ら顏は, 足つきは, 足もとに, 足踏の, 跡を, 身体の, 近著, 追善能が, 逸事を, 逸話と, 遊歩するあり, 過去の, 道楽を, 選評に, 遺徳を, 遺書が, 遺言により, 遺訓は, 遺風を, 部屋では, 釣竿を, 銅像に, 鑑定を, 長所から, 長歌には, 門へ, 門下で, 門下同様の, 門下当, 門人で, 門人の, 閑居吟である, 随筆集たる, 隣室の, 雄心は, 非戰論, 面のうへ, 面痩目に, 頤まで, 頭脳の, 額が, 額や, 顏を, 顔も, 顔色は, 類いでは, 風景版画に関する, 風格と, 風貌には, 養女と, 馬琴が, 駕籠だった, 騎馬の, 驥尾に, 高弟だ, 鶯亭金升さんも, 鼻に

▼ 翁~ (1212, 24.0%)

8 これを 7 それを, 眼を 6 自分の 5 手を, 書生の 4 しかたなし, びっくりし, 急に

3 [13件] こう云っ, しかたなく, それから, ニコニコと, 何か, 何も, 始めて, 官吏侮辱罪で, 日本の, 此の, 目を, 螺の, 顔を

2 [64件] あわてて, うなずいた, この悲しみ, この時, この時代, これに, こんなこと, そういっ, そこで, その時, それに, なくなられましたが, ランプを, 一度は, 一番の, 両手で, 亦曾, 人を, 例の, 出て, 古体今体を, 右の, 声を, 娘の, 安心し, 家の, 小紐, 少しも, 山へ, 山陽よりも, 庭の, 後から, 志野の, 恰も日蓮宗徒, 悉く之, 我を, 普通の, 最後の, 歴史家に, 毎夜の, 消極的に, 滅多に, 火の, 猛烈なる, 現代の, 相変らず, 眼鏡を, 私の, 笑いながら, 笑った, 筆を, 筆者を, 簑を, 腰を, 自身で, 自身に, 見向きも, 言った, 言下に, 身体を, 迷信の, 非常に, 頭を, 黙って

1 [995件 抜粋] あいてを, あとが, あり合せの, いかにも平然と, いって, いつの間にか逃げゆきけん, いつも白足袋, いつも路地, いまにもそれ, いろ, うつむきて, うろうろする, おどろき喜んで, お菊, かしこまつ, がたがたと, きょうこそ, こういう間, こうした旅人, こうはいった, こう云い, こう答えた, こう言い, ここに, こっちを, この主人, この前後, この塚, この山, この茂み, この諫止, これが, これは, これも, これらの, こんな意味, さっきと, さとすよう, さながらに, さびしげに, さんざん徳さん, しかたなくあがった, しばらく考えた, じっとし, じろじろ河田翁, すぐに, すぐ曲り角, すごすごと, ずかずかと, そうした気, そう心, そのころ, そのと, その九十幾年, その伯父, その古事記伝, その天数, その小さい, その序, その日, その枕もと, その次, その痛んだ, その総代, その著, その詞, その辺り, その電燈, その頃, そもそもの, それではあの, それ以来全く, たしかに越前守, ただ呟いた, ただ書生, たゆまふ事, ちゃんと知っ, ちょっと意地, ついに秋山図, つれづれであった, ときどきひょんな, とめたが, どうも我家, どの村, にこにこした, はたと手, ひどく気軽, ふと我家, ふり向いて, また山, また引き止めた, また眦, また言った, まだ思い出せない, まったく罪, みな自分の, むくと, もうろく頭巾を, もう僧, もう奇怪, もう頭, もっともの, もと靜岡, やがて膝, やはりだまっ, やはり壺, やむを得ずこの, ゆるやかに, よく知つて, りきみました, わが子の, わたくしなどより, わたしの, アシライの, クラレンス公爵の, ゴロリと, ジロリジロリと, タッタ一言, ヒョロヒョロと, フッと, マジマジと, ヨネ, ワナワナと, 一ぱいきげんで盛んに, 一両の, 一冊の, 一刹那体を, 一合入の, 一層ニコニコし出した, 一度だ, 一日歩い, 一生懸命に, 一種の, 一軒の, 丁寧に, 七十七歳で, 万彦に, 三種類あります, 上京する, 下賤, 不思議そうに, 与板の, 両手を, 中, 中へ, 主人に, 久しくキトウス, 九州の, 二つの, 二人を, 二箇条の, 二階の, 云うとおり, 云われぬ恐怖, 五十両の, 五節句や, 亦雄略紀, 人並を, 人間が, 今は, 今一応, 今日も, 今朝巴里へ, 仕方なし, 代るがわるに, 以前の, 何かの, 何となく焦慮, 何んと, 何人か, 何時か, 保与, 傍から, 僕等の, 元の, 元日から, 元来疎慢, 先づ直訴状依頼の, 先生の, 入って, 入口の, 全く着, 其を, 其出版を, 其弟子の, 其翁舞の, 其致仕後の, 内の, 再び奥, 再び望多, 冷やかに, 凡人であるまい, 分って, 初めて意味, 別に咎めなかった, 別室に, 前記の, 十五両で, 十月十五日八十三歳の, 半紙十帖ばかりに, 単に稽古, 厚くもてなし, 又, 友人伊勢崎君の, 口の, 台の, 合点が, 同時に重い, 呆れた, 呪いという, 呼吸を, 唖か, 喜ばしげ, 嘗て議会, 嘲笑って, 四十七歳の, 四月六日東京出立同, 回教の, 固より, 国許の, 在福, 地謡座の, 坐中, 基督教界の, 堪られなくなって, 壁といふ, 夕の, 多くある, 多忙だ, 夢みるごときまなざし, 大いに驚き, 大仰に, 大正七年その, 大老人, 天成の, 太郎虫米搗虫の, 女を, 妻との, 始終一行, 姐御, 委細を, 娘や, 子供の, 字音仮, 実に神聖, 寂しかった, 富裕の, 寒そう, 寢る, 小さい床の間, 小さい煙管, 小乗に, 小舟を, 小走りに, 少し背, 少年時代に, 山々を, 山を, 岡田と, 島かとも, 己を, 市内櫛田神社, 帯の, 幕末の, 平気で, 平生極めて, 庁堂へ, 庭前を, 廓内にて, 当麻の, 役宅に, 徐に話し出した, 得意らしく, 微笑みながら, 心から打ち解けた, 心身の, 忠一が, 忠蔵を, 忿怒の, 怖れ, 思って, 思わず主人, 思わず頭, 恐ご, 息を, 悠々と, 惚, 意気組さえ, 感ずべき好き智慧, 感泣し, 憂げ, 憲一の, 我手の, 戰爭の, 手に, 手引をも, 折柄処用で, 拾って, 挨拶を, 掌を, 携えた杖, 支那人で, 教唆の, 文人として, 文麻呂から, 新しい翻訳書, 旅の, 既に其新作許, 既に聖者, 日影が, 日本書紀通釈において, 旧友から, 早くから幾分此点, 早速懐中, 明治初期の, 昔の, 春の山で, 時には, 晶子が, 暗いうち, 暫く身, 更に, 更に次, 書生が, 最初志野陶土発見を, 月の, 朝餉を, 東京の, 東奔西走した, 枕頭に, 柿の木金助の, 桐田という, 極めて叮嚀懇切, 横臥した, 次いで三日, 此処に, 此方に, 武帝の, 死なない中, 毎朝未明, 民藝品の, 気にいった, 水涕も, 江戸までも, 決して怒り, 決して自分一人, 河野久の, 泣いて, 洛陽の, 消えゆく煙, 涙を, 深い沈默, 深く悲しむ, 湿り気を, 漢学者に, 澄まして, 烈しく下知, 焦つよう, 煙草一本すいおわった, 父に, 片唾, 物をも, 物影を, 狼狽て, 珍らしく, 甚だしく憤る, 由平の, 男女の, 画集を, 疑った, 病人を, 白い大きな, 白く笑った, 皇紀二千六百年記念として, 盃二三杯這入る, 目あての, 直ぐに, 直接撮影塲に, 相撲場の, 真に吾が, 真赤に, 真面目の, 眦に, 眼が, 知って, 知らん顔を, 硬軟兼備の, 神主さんでございます, 私と, 立ち上り奥の, 立寄って, 端然と大, 笑声を, 筆者に, 答えた, 筮竹によって, 簡単に, 精しく故, 紀州日高で, 素気なく, 終生を, 結婚を, 網打ちに, 総義歯, 翁の, 老いて, 老病の, 老齢の, 耳そばだて, 耳元で, 聞いて, 聴覚型の, 肩の, 能楽装束附の, 腕を, 腹痛み, 膝頭の, 自ら信ずる, 自分で, 自分も, 自筆の, 自髯, 興味を, 興奮に, 舞台に, 若い時代, 若者を, 苦笑を, 菓子野葡萄玉蜀黍何くれと, 蒐集家としても, 薄情な, 藤堂伯, 虎が, 蝎に, 行きづまってしまったので, 行燈の, 袂から, 西国の, 見ないふり, 親不知, 角扣紐ど, 訊く, 詐術見はれ, 語られた, 説明を, 謙遜な, 豊雄に, 貫一の, 赤格子の, 起きると, 超然として, 越後の, 足ずりを, 蹌, 軒先の, 軽い悪寒, 農作を, 近づくと, 返事の, 述懐した, 迷惑し, 送つて, 造化の, 過日来足痛で, 遠い昔, 邪慳に, 酒を, 重い曲, 野菊の, 金銭本能主義の, 鎌倉建長寺内で, 鐘の, 長知公の, 長髪の, 間もなく議員, 関係の, 随分新聞紙, 障子の, 障子口に, 隨分新聞紙の, 雨戸を, 震い震いそれ, 青年に, 青竹の, 非番の, 面會に, 頑として肯, 頑張って, 頭なりに, 顔色を, 飛び上る, 飫肥の, 飯田町家元稽古場に, 餌に, 驚いた, 髭を, 鴎外とは, 鷹を, 黄いろい紙, 黙して

▼ 翁~ (498, 9.9%)

5 出て 4 如何に 3 上を, 前に, 書いて

2 [22件] あった, ある, わたくしを, 中心にな, 云う, 云うと, 云った, 伎倆の, 住んで, 何か, 家の, 影は, 戸前に, 所持の, 病気に, 突然に, 立って, 筆者に, 自分の, 見て, 覗いて, 進歩党を

1 [436件] あがって, あまりにも, ある年の暮れ, あわただしく様子, いかにその, いかに苦心, いくら中風, いくら苦心, いつもの, いつも激越, いろいろな, うかと言い出し, うらやましかつ, お家重代の, かう熱心, かく滑らか, かずかずの, かつてこの, こうした能静氏, ここに, ここまで, この図, この曾良, この木の下, この港, この詩, この辺, これら日本の, ご機嫌, さう言つて, さっき方この, しばらく傍, すきであった, すぐ応じた, そう感ずる, そっとささやく, その大, その後から, その時京都, その算書蒐集, その頃, そんな事, どうかし, どこからか, なくなるすこし, なぜか, なんと言う, はじめて気, はじめて言い出した, ふたふた, ふとこんな, ふと前, ぶらっと, また云う, みるところ, やかたの, やって来る, よくこの, イクラ教え, エリザベス女, クロという, コンナに, ソッと, パチパチと, ムックリ頭, 一人で, 一人や, 一人座り込む, 一人見える, 一切を, 一夏土用の, 一所懸命に, 一時私淑し, 一生に, 一目見たら, 一美校生を, 一身を, 丈夫の, 三代目菊五郎の, 三十までしか, 上に, 上には, 上海に, 世に在る, 中心と, 丸い鉄火鉢, 久しぶりで, 久兵衛に, 久松家の, 乘りだし, 九十二歳明治四十一年から, 事蹟も, 二十四歳の, 二百里足らずの, 二重に, 云うので, 亡くなってから, 人と, 人に, 人を, 人魚を, 今不要意に, 今住ん, 今少しく, 代りに, 仰ぐと, 伊井蓉峰君に, 何, 何も, 何処からとも, 例の, 俄に, 傍に, 僕の, 入りちがって, 入り三番叟, 入牢説云々は, 八十の, 八釜しく云う, 公なりと, 六角の, 其のかし山, 冒険の, 凡人普通に, 出たとは, 出ないまだ, 出来ますが, 初春を, 前へ, 前年駿州田代川の, 勝手に, 十九歳の, 十歳ばかりの, 半折, 卓上の, 卓見を, 南天の, 博多北船の, 去つて二, 参上する, 又弁当箱, 取りあつかった取材, 叡山に, 口を, 古帽子, 叱る, 同じく住ん, 同じく石, 同志數人と共に, 名古屋の, 呆然眺め上げる, 呼ぶと, 和算書の, 和風長寿楽を, 唱えて, 問いには, 啓蒙家だった, 喜は, 四十や, 囲炉裏の, 土佐の, 坐って, 声を, 大和めぐり, 大声で, 天秤棒の, 天鑑和尚を, 女の, 始て, 始めて, 婆ァ, 嫌って, 子なりと, 学者としての, 安心立命を, 官吏侮辱罪に, 富の, 寝床の, 寸時も, 将軍大政返上の, 将軍夫妻殉死の, 小声で, 小学校の, 小説大菩薩峠の, 小豆雑煮, 少き時, 少し澁つて, 居る, 山寺にて, 島に, 川上と, 席を, 帳場で, 年來の, 年来の, 幼い私, 建立の, 張氏の, 張盤を, 当初民権を, 当局中に, 役に, 後向, 後年條野採菊翁に, 後援し, 得意だ, 徳川文化愛慕の, 心の, 心今, 心絃の, 忽然口を, 怪しげな, 怪しむと, 恐れられて, 恐ろしさ, 恭しく訪問, 息子に, 悪者に, 意地悪く, 慶応年間京都に, 懐に, 懲役二十年の, 我々に, 我浮世絵の, 或る, 所有され, 手に, 手は, 手を, 手中の, 手庇し, 手快く, 手紙でも, 投げたらしいメス, 持って, 指摘せられた, 挺身し, 描いた所, 支那料理の, 政治運動に, 教へて, 教育し, 斗満を, 斯う, 新しい東京, 新年に, 日の, 日本式の, 日置黙仙と, 明治初年の, 明治四十三年華族会館で, 晩年の, 晴れの, 智恵を, 暴風模様の, 曲舞とも, 書きのこしたもの, 曾て, 曾孫の, 最初に, 最初仁清ふうを, 最古式を, 有体な, 木村八段と, 本人の, 本家として, 机の, 来た, 来て, 来てるので, 東京名所絵にも, 松島に, 果物で, 栄達名聞を, 校正の, 植えたという, 検めみると, 横額に, 歌うたキトウス山, 歌を, 此に, 此二十七日から, 武蔵野の, 歩いて, 死の, 死んだかよ, 死んだら, 死んで, 死んでから, 死去した, 歿前かなりの, 殺人狂じみた, 毎々残念, 毎日繰り返された, 気の毒にも, 水寨に, 水洟たらし, 汚いちゃぶ台, 河野が, 注意行届いたる, 浅草寺の, 深夜灯下に, 満腔の, 滑稽な, 漁に, 牧場記事の, 物見から, 物見窓から, 特に愛し, 独断的に, 猿楽の, 獄裡生活の, 玄洋社を, 現われもう, 琴を, 生きて, 生前屡, 田原坂の, 田楽の, 男女混合の, 留めようと, 疑われた万葉十, 癇癪を, 発見された, 発見した, 発音どおりに, 百歳の, 目堰網で, 直訴の, 眼早く, 祖先伝来の, 神仙の, 神歌を, 福慈岳の, 福慈神に, 私に, 私の, 稽古中に, 立ち帰って, 立上っ, 立寄って, 立迎へて, 端座し, 竹の, 笙歌を, 筆の, 筆を, 答えて, 箆と, 箱の, 細心の, 紹介状を, 絶えず此, 老後而かも, 考えた通り, 肩を, 胡麻塩の, 能静氏から, 能静氏の, 脂の, 脚本作家たる, 腕拱いた, 腹を, 自ら手を, 自ら教育し, 自分で, 自分とはずつと, 自慢の, 自然科学の, 自筆の, 致しまする, 舞った, 花屋久治郎の, 芸道保存の, 若いころ, 苦心, 茶杓の, 茶道に, 草の, 草図に, 菩提寺は, 萎えな, 薬に, 薬を, 薬籠を, 藩公長知侯に, 虎に, 虚脱した, 西国の, 見えた, 見つけた小さい, 見つけて, 見込みの, 言つた, 言を, 訪ねて, 許に, 許へ, 許や, 語られたこと, 読みの, 読売新聞で, 読売新聞社を, 謹んで答えた, 財産を, 走らせて, 超特級, 超自然的, 足跡も, 車上に, 転写した, 辞して, 返事を, 迹をと, 途方も, 逝いてから, 運動団の, 邸址から, 部将たちに, 重病に, 金沢の, 鉱毒地の, 銀婚式を, 門には, 開國論者たる, 雇傭の, 露國を, 露西亞の, 頽齢に, 顔を, 食事の, 首を, 馬の, 駕籠に, 驚くの, 鶏に

▼ 翁~ (230, 4.6%)

3 して, 師事し

2 [14件] この事, なって, よく似, 伴はん, 向って, 尾し, 自分の, 見送られて, 跟い, 身を, 送って, 逢う, 非ず, 顔を

1 [196件] あっては, あらずして, あり, いう, いひかけられました, いわすれば, うけたの, お別れ, かかっては, これから佐喜, こんなこと, してさえ, しても, すすめると, すなわち句, すゝめられ, すゝめる, そっくりの, そつくりの, その話, ちが, つきて, とりては, なったり, なってから, なり弟猾, はめづら, ふる郷, みせたところ, むかっては, よく舞台, よると, わかれ侍りし時扇, オーケストラの, サボタージュ呪咀の, ドメニカドメニカと, 一夜の, 乗り移って, 亀の, 予約し, 今会い, 会し就きて, 会ひたいと, 会釈した, 伴うて, 伴はれ, 似て, 似合わぬ事, 位を, 何か, 何も, 依怙ひいき, 候, 僅に, 共進会場を, 再び蒼白い, 再嫁した, 出演の, 出逢った, 別れて, 別れを, 前夜の, 勧めた, 化けて, 匿われて, 取って, 取て, 取り入って, 取做, 吉例に, 同情され, 呈する為, 呼びつけられたこと, 問うて, 喜ばれた時, 噎返る, 塗り付ける云い草, 声を, 如何に, 孟子の, 学ばれました, 学んで, 學ぶこと, 寄せたるもの, 尋ねると, 對し, 小出しの, 就いて, 師克という, 引かれて, 張氏の, 従えば, 従くか, 御命令, 御用召が, 復す, 忠告した, 悪印象, 愛せられたの, 感激しました, 感謝の, 手伝って, 托して, 扮したるなるべし, 承知させ, 抜刀で, 抱えられて, 拘泥せず, 招かれその, 招かれて, 招かれ帝国劇塲, 挑みかかる歌, 捧ぐるもの, 接した直後, 接近した, 数多い誤つた, 早くから認められ, 智慧を, 暇を, 書いて, 書き送った, 會ひ, 末の, 気がつかなかったもの, 気に入ったと, 注意せられ, 渡した, 渡しまた, 献上する, 画いて, 白旗を, 私淑し, 笑顔を, 答ふ, 絡んで, 統一せられた, 縄打っ, 聞きあわせると, 聞く翁, 聞こえぬ位, 聴いて, 背後から, 臥猪の, 至つては, 與へ, 見えなかった, 見つけたという, 触れて, 言ひける, 言ふと, 訊いた, 訊ねて, 記述の, 訴えた通り, 訴へる, 話を, 話候え, 話術の, 認めて, 語ったところ, 語らしめよ, 語らせて, 談る, 請いて, 謡の, 譲ったという, 質して, 贈つた, 赤い頭巾, 跳り超えよ, 近く精神に, 近く而し, 近づき度々, 返らしめよ, 迫る程, 送りたるは, 逢いました, 逢った, 逢ったの, 逢つたところが, 過ぎたるは, 遭へる, 邂逅す, 金の, 陪し, 随い, 随伴し, 面したとき, 面会する, 面会を, 面會し, 面識なく, 音頭を, 頭を, 頼んで, 黄一峯の

▼ 翁~ (212, 4.2%)

12 して 3 伴れ

2 [13件] 召されて, 対手に, 尋ねて, 崇拝する, 見おろした, 見た, 見たり, 見て, 訪うて, 訪ひ, 訪れて, 訪問し, 迎へ

1 [171件] おどして, おもんじ黒尉, かたらい頓に, ご信用, しまひ, じつと, すすめて, それと, たずねた, たのみ其一二, つかまえて, どこでも, にらみつけて, はじめかぐ, はじめ四人の, はじめ帝その他の, はじめ皆我を, はじめ篤胤没後の, はじめ藤原相之助浜田廉宗形直蔵という, ばらすからさ, まごつかせた譯, わずらわして, シェフィールドの, 一介の, 上へ, 中心に, 主人公と, 住吉明神と, 使いは, 促して, 信じる, 健康な, 先生先生と, 先頭にどや, 入れて, 全面的に, 八重が, 出した象牙, 初めヂツケンスや, 前に, 勤めます時, 千駄木町の, 取巻いて, 取巻くそんな, 召捕って, 呼ばうの, 呼び出して, 呼ぼうと, 呼んだ, 呼寄せて, 喪つて直系本格川柳の, 地下に, 外し逃げ, 好きに, 妾は, 始め薩摩隼人なる, 家の, 家へ, 尋ねると, 屋敷の, 平凡人なりと, 引き合, 引っかけて, 引合に, 強制的に, 当時の, 徳と, 忘れえんや, 思はする, 思ひ出したが, 思ふ時, 恨む気, 想像し, 感傷せしめた, 懐う, 招きたること, 振りは, 推さ, 推挙した, 掴まえ禅学, 擁して, 救つたのは, 書いて, 本所の, 本郷に, 案内し, 横たえ二本, 毎日演つたと, 気取って, 求めんには, 渋谷の, 滅却したる, 演ずるに, 演ずる役者, 煩わすつもり, 煩わせて, 父親の, 獲つ, 田舎の, 疲らすの, 相手に, 眼に, 瞞かんと, 知って, 知つたのは, 研究し, 研究する, 神聖視し, 祭る, 祭るため, 祭れるもの, 祭れる報徳神社, 突くよう, 約束し, 聘して, 苦しめた, 苦しめたかを, 苦るしめる, 英国シエフイールドの, 茶店の, 落さうと, 落選させた, 表へ, 見たという, 見た人, 見つけると, 見ても, 見る, 見るの便, 見捨てる姫, 見舞いそれ, 見舞ひ, 見込んで, 見送つて家路, 記念する, 訪ねたこと, 訪ねようと, 訪はう, 訪はむ, 訪ふ, 訪へ, 訪れたま, 訪問した, 詰責する, 語らうと, 語るため, 語るならば, 説き落とさすつもり, 説くに, 読む, 読んだが, 誰も, 課長に, 誹謗した, 諫止し, 買収する, 走らせ彼, 起訴した, 迎えて, 返して, 追いかけて, 送った, 連れて, 除くの外, 頭目として, 頼って, 顧て, 顧みて, 駆り会桑, 驚かしたの, 驚かせたもの

▼ 翁~ (155, 3.1%)

5 媼も 2 それに, 人物に, 即ち其, 誘ふ田植

1 [142件] あいかわらず網, あまりの, あやしき藥草, ある, いう, いはれしと, いられましたが, かいて, ここだ, この世に, この人物, この六角家領内, この点, この言い伝え, こんな家, さう言, すぐ後, すぐ駕籠, その一人, その初め, その席, その後から, その時分, その熱心, その自家窯何回, たしかに生死, ただ苦笑, ちと酷い, つづいて, どんなにお, のりだして, はたや, ほとほと言, ほほゑみぬ, またひどく, また一英雄たる, また声, また強いて, もう提, やはり, やはり小杉氏, やはり金春, ややおなじ, よく知っ, よばれて, インド人らしい, ケイ女史も, 一夢の, 一寸考え, 一読した, 三月の, 三浦の, 上二段活用であった, 不思議に, 久しくこの, 亦そんな, 亦たね, 亦不言, 亦能静氏, 亦諷刺, 他の, 何か, 例によって, 元は, 具合の, 出て, 分った分ったもう, 初孫の, 初春に, 匙を, 千代造氏輔導役の, 卑しくない, 口さがない人たち, 同じく足, 喜んだらしい, 困り抜いて, 声を, 天主の, 夫人には, 奈良原翁も, 女房の, 妻も, 姫も, 姫を, 婆も, 子ゆえに, 子女の, 寝床から, 将門の, 少し安心, 己の, 師事し, 師範学校の, 年を, 引きずられるよう, 弟の, 弟子も, 往々女人, 心安う見参, 必たしむ, 思わず声, 息子に, 意外だ, 我を, 手の, 探して, 摺り寄っ, 既に古事記伝, 日本の, 本居, 来会された, 来合わせて, 東国へ, 武蔵先生の, 気の毒だった, 氣違ひ, 満足いたしました, 漸く気, 熱心な, 猿きちと, 病人と, 白い眉, 知らなかつたほど, 磁石に, 社會の, 純化は, 続いて, 老齢已に, 考へて, 能一番, 脇方, 葬儀に, 蕪村化し, 褒めちぎって, 警告切なりき, 近頃は, 近頃大分耄けて, 那珂川で, 雨を, 非常な, 顔を, 飛んだ濡衣

▼ 翁~ (154, 3.1%)

2 並んで, 二人で, 前後し, 千賀子と, 号した, 嫗とは, 嫗の, 小八, 署名し, 藪八の

1 [134件] いい俺, いうと, いえるにも, いふ者が, おもいの, かの女, それより, なつた, なりけるやう, なり一方, なり果てたまま, ひそかに, また牛乳屋, まるきり無関係, やさしき花, わたくしとが, わたくしとの, わたくしとは, デフォーは, ヴェラスケスです, 一緒に, 一緒には, 三番叟, 三番叟との, 並び推された当時, 云う者, 云ふ, 交る, 交を, 余と, 余等三人川音を, 僕との, 僕とは, 僕等とを, 内助の, 出かけ候, 刑部老人と, 千枝太郎は, 去年江戸から, 古い知合, 号し, 吉田博士との, 同じく江稼圃, 同じよう, 同じ蚊帳, 同伴で, 同時の, 同様に, 同様の, 同行にて, 同郷の, 名乗った阿呆, 名乗る僧, 呼ばれこの, 呼ばれて, 呼ばれる近松門左衛門, 呼ぶ, 呼んで, 境を, 天人との, 天幕訪問の, 夫人から, 夫人との, 姥と, 娘とが, 娘とも, 娘とを, 娘子等の, 婢が, 媼と, 媼は, 媼へ, 嫗と, 嫗に, 嫗は, 子と, 子孫と, 対座し, 対等に, 対面した, 少年とが, 山男との, 岡鬼太郎君と, 帝とに, 彼とは, 彼の, 御慶かな, 応待し, 我とのみ, 戯れあう子ら, 打語らい, 推されるの, 政変を, 政府との, 政變を, 敬宇先生とは, 新聞社の, 早川弥左衛門両所と, 書いて, 書たり, 東西に, 染革師の, 歌麿と, 此春その, 特別に, 画論を, 直接話を, 眼と, 知ったとき, 知つた, 私とを, 私の, 私は, 称し王, 空穂の, 竹との, 義平太父子の, 自称し, 菊池氏との, 藪八という, 西銀座万茶亭に, 見ゆ, 見ゆるとも, 言って, 語つた, 語る者, 諮って, 識合いに, 酷似で, 醍醐弦四郎とが, 間違う位, 雑談を, 雖も, 顔見あわせ

▼ 翁~ (69, 1.4%)

13 小左衞門 4 の主人 3 の身上 2 が立つ, の家業回復, の家督, の店, の店中, の支配人孫六, の裏, へ, 小左衞門殿

1 [31件] で何, という薬種屋, といふ化粧品店, に入, に向, に奉公, に着いた, に身, のお勝手, の内儀, の商, の商売, の奉公人, の妾, の手代, の暖簾, の身寄り, の養, はす, はすっかり, はツンボ, は又, は番頭, へ引返さう, へ引返す, へ手傳, へ行っ, へ行つて, を横, を繼, 小左衞門樣

▼ 翁から~ (37, 0.7%)

2 それを

1 [35件] よろしくと, わらわれて, 一封の, 一度も, 何か, 何なり, 其雑著出版の, 割当てられたもの, 叱られて, 叱られるので, 叱られる位, 基督教と, 天幕へ, 慶正, 承ったの, 拝領した, 散々褒めちぎっ, 更科源蔵氏採集, 本所相生町二丁目の, 枕を, 此処が, 民藝館建設の, 火を, 獲物の, 現に聞いた, 直筆の, 筆札の, 習ったに, 聞いたこの, 聞いた話, 聴かされた古, 能楽の, 詳細な, 請われて, 賞められた

▼ 翁には~ (34, 0.7%)

2 それは

1 [32件] この子, しかし愚童, すぐそれ, すまないが, それが, なかった, なんとし, なんと言っ, ひとまず父, もう何, もどきが, 一度も, 主人が, 今一つの, 元来立志伝, 先手を, 別にそんな, 十年ほど, 吾人, 咄嗟に, 多少癇, 女性的に, 心なし, 意外であった, 最初から, 物足りないもの, 珍らしかった, 翁・人長, 見事な, 解らないらしい, 辱知も, 面白いと

▼ 翁自身~ (30, 0.6%)

1 [30件] がひどく, が二十年, が執筆, が式台, が扉, が政治, が旅行, が明らか, が書いた, が駕籠, すぐ出, すら医者, にも宿楓橋, に出頭, に對, に進み望ん, のモットー, の人間, の勉強, の工夫, の思想, の性格, の詩, の語る, の過激, はマンドレーク, は勿論, も, も始めて, も笑った

▼ 翁~ (27, 0.5%)

2 の宅

1 [25件] か己, が自ら, です, とは別, と云う, に其の, に相, に話す, の家, の書面, の爺さん, の紹介, の老爺, の話, はわな, はアッ, は同じく, は委細承知, は年寄, は早く, は藜, は逢っ, も恥, も手伝っ, も薄気味悪く

▼ 翁という~ (18, 0.4%)

2 のが, 異人が

1 [14件] これも, のは, 下に, 人は, 人も, 名前くらいは, 有名な, 気分で, 男が, 知人が, 老人が, 老人の, 者だ, 詩僧に

▼ 翁~ (18, 0.4%)

2 の甥

1 [16件] が十一代将軍, が大いに, が奨励, が御, が禁裡, が老中, につれられ, のなされた, の天下, の寛政改革, の幕政改革, の書室銘, はそれ, は言, は酒間梅, は顔

▼ 翁~ (18, 0.4%)

2

1 [16件] からお, からの使者, からの命令, からの紹介状, がまた, が俺ら, が相手, だ, にこの, には一方, には飛騨, にも合わす, の御, の豪奢, も決して, やあなた様

▼ 翁といふ~ (13, 0.3%)

2 男が

1 [11件] のさ, 事に, 人が, 人だ, 人の, 人を, 名で, 尤もらしい, 新樂府, 氣分で, 老人の

▼ 翁~ (12, 0.2%)

1 [12件] 乙女の, 古川柳, 姥の, 婢も, 媼も, 碧梧桐君の, 羅馬法王の, 荒物屋の, 西行法師なんかも, 風流を, 鹿子木員信博士と, 鹿子木員信博士の

▼ 翁~ (12, 0.2%)

1 [12件] が完全, として残され, と称する, にしろ, の女, の季節, の正しい, の翻訳, は真面目, も見よう, や今日, を看ん

▼ 翁どの~ (11, 0.2%)

1 [11件] がお, とここ, にも来診, の申し立て, の行方, の隣家, へ誓った, も手, を待っ, を迎え, 自身あの

▼ 翁~ (11, 0.2%)

1 [11件] が存, が安貞二年, が当初, について言っ, の原形, の古, は助かった, は奥書き, や伝宸翰本, を校訂, を転写

▼ 翁にも~ (10, 0.2%)

1 上京し, 吁昭和改元以降の, 弦四郎にも, 意外であった, 此番にも, 私にも, 自信は, 莫大の, 通じたもの, 默つて建てたう

▼ 翁さん~ (9, 0.2%)

2 や姨さん 1 から悉く, から話, が僕, が知らせた, であったらこの, というお, を恨ん

▼ 翁~ (9, 0.2%)

1 ありて, が蹲っ, の事, の二人, の人形, の対立, の消息, は今や, も婦

▼ 翁とは~ (8, 0.2%)

2 何の 1 いかにも山人, ズンズン先へ, 一身同体, 何らの, 思われない, 時代が

▼ 翁などの~ (8, 0.2%)

2 事歴を 1 よろこびさ, 原型として, 奔走尽力が, 好意によって, 暦法相違説すなわち, 研究に

▼ 翁に対して~ (8, 0.2%)

1 かう為, 不平の, 久しぶりに, 今一つ黒尉が, 他流とは, 数々不快の, 田主, 逢いたいの

▼ 翁より~ (8, 0.2%)

1 一間遅れ, 十幾歳も, 承わっ, 採集, 更科源蔵氏採集, 相伝した, 筆者聞書, 贈られたるは

▼ 翁一人~ (8, 0.2%)

2 では 1 ありしのみ, がその, であるから, でなく高砂, の功績, を相手

▼ 翁~ (8, 0.2%)

3 の妻 1 であらう, と書, の興奮, の誤らしい, 妻は

▼ 翁格子~ (8, 0.2%)

2 の帯 1 と紺, の丸帯, の伊達巻, の博多, の籬, の襖

▼ 翁さん姨さん~ (7, 0.1%)

2 の頼 1 には一目会つて段々, に迫られ, の事, の意, を始めお前

▼ 翁~ (7, 0.1%)

4 あつた 1 この人, この頃医者あて, 一人は

▼ 翁との~ (7, 0.1%)

2 江が 1 後を, 気焔あたるべからざる, 話は, 関係から, 附合は

▼ 翁堂勇齋~ (7, 0.1%)

1 とある, という人相, という人相見, と記し, のところ, の処, は萩原新三郎

▼ 翁~ (7, 0.1%)

2 の供養 1 が見える, のあたり, のよく, の一つ, を建てる

▼ 翁である~ (6, 0.1%)

1 か, がため, が此, ことを, と私, 一面の

▼ 翁では~ (6, 0.1%)

1 あったが, あるが, ないこと, ないので, 男の, 男女の

▼ 翁一流~ (6, 0.1%)

1 の下, の信念, の天邪鬼, の式, の慎重, の謙虚

▼ 翁~ (6, 0.1%)

1 から出た, と結びつい, の人物, の詠歌, を演芸種目, を舞

▼ 翁門下~ (6, 0.1%)

1 で云われ, の一人, の地頭格山本毎氏, の家々, の頑固, の高足

▼ 翁その~ (5, 0.1%)

1 ころの, 人であろう, 人な, 人の, 人も

▼ 翁でも~ (5, 0.1%)

1 おれの, なかった, ユーゴーでも, 役人は, 連れて

▼ 翁とも~ (5, 0.1%)

1 ある人, 互いに往年, 名づくべき, 號した, 見るべき人

▼ 翁なども~ (5, 0.1%)

1 一時この, 勉強が, 句に, 決して最初, 深い注意

▼ 翁に対する~ (5, 0.1%)

1 不平を, 憐愍も, 扶助は, 神能の, 黒尉即

▼ 翁舞台~ (5, 0.1%)

1 が実現, とも, の様式, よ, を実現

▼ 翁あり~ (4, 0.1%)

1 けりの, て己, て昔, て牛

▼ 翁からの~ (4, 0.1%)

1 依頼で, 依頼も, 手紙に, 注文で

▼ 翁さま~ (4, 0.1%)

2 を乗せ 1 のお, をお

▼ 翁であった~ (4, 0.1%)

1 から, がメス, とやら, のだ

▼ 翁とか~ (4, 0.1%)

1 牧野叟とか, 牧野叟とかと, 良寛とかいふ, 野霜の

▼ 翁とが~ (4, 0.1%)

1 この時到着, 今しめやかに, 渡り初めを, 長閑そうに

▼ 翁と共に~ (4, 0.1%)

1 この娘, 万茶亭に, 出て, 招がれ梅之助の

▼ 翁など~ (4, 0.1%)

1 あれほどの, その系流, ぞろぞろつながっ, 日本アルプスや

▼ 翁などは~ (4, 0.1%)

2 口碑的豪傑である 1 すきである, 純に

▼ 翁~ (4, 0.1%)

1 声を, 持ちかける, 移らう, 聞こえて

▼ 翁また~ (4, 0.1%)

1 かつてこの, 来る, 私の, 若返り二術士

▼ 翁よりも~ (4, 0.1%)

1 一まわりも, 段ちが, 貴重な, 高齢であった

▼ 翁~ (4, 0.1%)

1 が政柄, に近侍, の歌, の養母清照院

▼ 翁~ (4, 0.1%)

1 に如かず, のでは, は今日, を思い出す

▼ 翁堂勇斎~ (4, 0.1%)

2 の家 1 と云う, に知らし

▼ 翁~ (4, 0.1%)

1 しばらく今, ふ, 学ぶ事, 心づかひせずと

▼ 翁ぐさ~ (3, 0.1%)

1 の花, 愛しきもの, 踏むこの

▼ 翁こそ~ (3, 0.1%)

2 帰り来ましぬ 1 實は

▼ 翁これ~ (3, 0.1%)

1 は盲馬, を値踏み, を続

▼ 翁さび~ (3, 0.1%)

1 たる, たる咲まひ, て見られる

▼ 翁~ (3, 0.1%)

1 とか叟, な, のと

▼ 翁であり~ (3, 0.1%)

1 一人は, 又変じ, 西鶴は

▼ 翁においては~ (3, 0.1%)

1 そのすべて, 刑部屋敷の, 如何にも不

▼ 翁にて~ (3, 0.1%)

2 ダンテの 1 言ひ

▼ 翁ほどの~ (3, 0.1%)

1 人が, 人物を, 名政治家

▼ 翁をも~ (3, 0.1%)

2 泣かすら 1 加えて

▼ 翁全集~ (3, 0.1%)

1 があった, や母上, を買った

▼ 翁媼二人~ (3, 0.1%)

2 は一時江戸 1 の中

▼ 翁時代~ (3, 0.1%)

2 の江戸 1 を去つ

▼ 翁~ (3, 0.1%)

3

▼ 翁記念劇場~ (3, 0.1%)

1 の上, の建設, はいつも

▼ 翁あたり~ (2, 0.0%)

1 が開こう, の弁証法

▼ 翁だけが~ (2, 0.0%)

1 二人或は, 立ち止まって

▼ 翁だった~ (2, 0.0%)

1 という, 由である

▼ 翁だの~ (2, 0.0%)

1 大和屋文魚だの, 水野越前だの

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 や, やよ

▼ 翁とて~ (2, 0.0%)

1 わびやは, 貴き兎

▼ 翁とを~ (2, 0.0%)

1 奉じて, 載せて

▼ 翁などが~ (2, 0.0%)

1 二三人坐っ, 隣の

▼ 翁などと~ (2, 0.0%)

1 くらべれば, 称して

▼ 翁なれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ無一物, ば力足らず絶えだえ

▼ 翁について~ (2, 0.0%)

1 語る, 金春と

▼ 翁にと~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 翁にとって~ (2, 0.0%)

1 汽車が, 非常な

▼ 翁によ~ (2, 0.0%)

1 つてなされ, つて與へられた

▼ 翁~ (2, 0.0%)

2 目ざめは

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 そちは, それか

▼ 翁よき~ (2, 0.0%)

2 嫗と

▼ 翁よりは~ (2, 0.0%)

1 上野君に, 早間で

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 にし, の句碑

▼ 翁を以て~ (2, 0.0%)

1 す, 明治に

▼ 翁を通じて~ (2, 0.0%)

1 地主に, 特別に

▼ 翁一派~ (2, 0.0%)

1 の研究以外, の豪胆

▼ 翁三世~ (2, 0.0%)

1 が平和会議, の時代

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 冷泉家之, 志乃空成往乎将

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 一英雄, 自疎

▼ 翁夫婦~ (2, 0.0%)

1 が羽衣, はまた

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 に事えた, の顔色

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 にてもよろし, に投函

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 の野口英世記念館, へ曲がっ

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 自慢の, 話

▼ 翁政治上~ (2, 0.0%)

2 の同輩

▼ 翁曰く天下~ (2, 0.0%)

1 の絶勝, の諸

▼ 翁曰これ~ (2, 0.0%)

1 こそ発句, 卑しき心

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 たりてやんごとなき, 給いたり

▼ 翁歿後~ (2, 0.0%)

1 の事, の福岡

▼ 翁~ (2, 0.0%)

2 の寂びたる

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 でも演, をこぼつ

▼ 翁碧梧桐君ら~ (2, 0.0%)

1 と会合, と共に余

▼ 翁程の~ (2, 0.0%)

1 大家の, 芸力と

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 がある, を宮廷

▼ 翁紀念劇場~ (2, 0.0%)

2 の高い

▼ 翁自伝~ (2, 0.0%)

2 と題し

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 には, に寛文

▼ 翁訪問~ (2, 0.0%)

2 を果し

▼ 翁諭し~ (2, 0.0%)

2 て曰く

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 の国学的社会説, を見た

▼ 翁遺稿~ (2, 0.0%)

2 の序

▼ 翁~ (2, 0.0%)

1 の大能, の御

▼ 翁鶉飼~ (2, 0.0%)

2 ひひめ

▼1* [382件]

ありけりという調子, 翁いつも元気で, 翁いわくこれも櫛, 翁うつし世の, 翁お前はあの, 翁お気に入りの仲居, 翁かくは教, 翁かつて八百屋が, 翁かと思われるほどの, 翁からも同じ話, 翁ぐさあかき手にとり土, 翁ぐさかと触れて, 翁ぐさ地にぞあかく, 翁ぐらい人を, 翁ぐらゐな年齡まで生き, 翁ふもひるいする, 翁この田辺に, 翁へ同心, 翁さけびていふ, 翁さびた風情である, 翁さび人な咎めそ, 翁さらに語を, 翁さんみたいな人, 翁て御, 翁しばし黙せよ千鳥, 翁しま國の, 翁じゃいつまでも, 翁すっかり面喰らった, 翁すらその古事記伝, 翁そつくりの顔, 翁その間に一種, 翁ただ恥じ入るのみ, 翁ただ一人なり, 翁ただ何者をか秘めい, 翁たちが心配, 翁たる者進んで, 翁つぶやける, 翁であったらおそらく理, 翁でありましてもどき, 翁でございますが貴下, 翁でござるか, 翁でなくてはとても, 翁として穏に, 翁としてはそのままに, 翁とても大岡どのの, 翁となせり, 翁とに及べり, 翁とのみとてその大意, 翁とばかりでは, 翁とまでなったと, 翁どのきょうは一つ, 翁のであります, 翁なぞ新聞紙上に書かれる, 翁などへ通路も, 翁などをめどに, 翁なほまことにかしこ, 翁なら留守中の, 翁なりきその衣, 翁なる神人に, 翁において生かされ輝かされて, 翁においても諒承されたい, 翁における南淵書や, 翁にさえじっと見, 翁にぞ蚊帳つり草を, 翁にだけはそれこそ, 翁にともないて, 翁になつて歿する, 翁によってはじめて知った, 翁にをしつべし悪しく, 翁に対してすらも直接もしくは, 翁に従って私たちは, 翁のみでは, 翁のみが二百何十年も, 翁のみを撰み, 翁はかように強権, 翁はから火を, 翁はじめ余等一同かわる, 翁はじめ諸君にお礼, 翁はとぼとぼと辿っ, 翁はやにはに椅子, 翁はやはり立上って, 翁ばかりなり君, 翁ばかりじゃない大平翁, 翁ひとり居て, 翁ひとり天を楽む, 翁びしまみの煤ばみ, 翁びたる声にて額づく, 翁びた水松の木, 翁ぶりから分化, 翁への恩返し小間使いとして, 翁へもひと言お, 翁ほど偉大で, 翁ほどには得意ならず, 翁まさに子供にか, 翁まず口を, 翁または荏野老人とも, 翁まで居あはせた程, 翁みずからも充分了解, 翁はお前, 翁もはやしいて相手に, 翁らしいという, 翁わしの腰, 翁ゐたるをみ, 翁をだに見ざりき, 翁をとぶらったの, 翁コーの, 翁旧黒田藩喜多流, 翁ハノホは西班牙, 翁ハ先日土佐ニ行老侯ニ謁し候所, 翁呼ビ, 翁一ぷくつけて, 翁一世や前, 翁一人物案じ顔に大空, 翁一人立出づるがその油差, 翁一門の俳諧, 翁一類の山人, 翁七代目松本幸四郎の父, 翁万歳というよう, 翁は多年此処, 翁三世機に乗じ, 翁三十四歳の寶龍院, 翁上田秋成は京都南禅寺内, 翁求甚解翁等が, 翁不相見十余年於此, 翁並びに其息の, 翁中風の事, 翁のやう, 翁と入れ違え, 翁乃ち河神の舅さま, 翁九十一歳にて身まかりぬ, 翁乱山落日を呑み, 翁了寿居士御夫婦, 翁事松平越中守を, 翁二人あり, 翁二十前後だつたらう, 翁云々は中, 翁に車夫, 翁人間に斯般, 翁以上に出た, 翁以下の墓, 翁以下尋常文人の手, 翁以下当年五歳の鶴子, 翁以下諸君の署名, 翁以下駅逓の人々, 翁以外の千代造氏, 翁以来の世界的戯曲家, 翁以来ゆかりの色, 翁伊藤圭介先生があった, 翁がある, 翁伝藤陰舎遺稿を参酌, 翁佐久間象山と旧交, 翁何人ぞ野夫, 翁余徳此地猶存, 翁余等夫妻草鞋ばき, 翁余等夫妻鶴子も新之助君, 翁ではなく, 翁依田百川君の二氏, 翁倉黒森の山々, 翁に小さく, 翁圻注本に, 翁全集喜甚賦詩謝之, 翁公定信を老公, 翁公山形の鷹山公等, 翁公松平越中守定信の執政, 翁六十三歳の時, 翁六十三歳厳州に在り, 翁六十九歳の作, 翁六十五歳より七十六歳, 翁六十四歳の時, 翁六十歳の時, 翁其儘だと, 翁たり好事家, 翁凡兆に告, 翁對面の, 翁剛力の肩, 翁剣花坊翁の作品, 翁劇俳優として恐らく, 翁勝安房山岡鉄太郎の諸氏, 翁して, 翁医師では天岸静里氏, 翁十巻といふもの, 翁千村民部奈良井主水, 翁南方何萬何千哩の空, 翁去来へ此句, 翁又は先生の, 翁及び翁の, 翁及余を招ぐ, 翁双紙などに記され, 翁収沢居士とつけられた, 翁叟爺などの字, 翁伴児孫去, 翁同様答えもしない, 翁元助天保御, 翁のまま, 翁唯人ならば, 翁商客舳艫相連ナリテ殆ンド水ナキガ如シ蓋シ天下第一, 翁四十二歳の時, 翁四年前手術の甲斐, 翁垂示の詩, 翁髪塔本堂の, 翁堂先生がよく, 翁堂勇齋先生は貴方様, 翁塀和山僧といふ人, 翁塚伏見屋の二階, 翁居士は, 翁大徳清居士と口, 翁夫人は, 翁夫妻の思ひ, 翁好きの人, 翁如証大居士, 翁妻病死之悔, 翁始め幾多の君主, 翁媼共に健やか, 翁媼図の縫, 翁ののどのど, 翁嫗姿の原意, 翁字典の原稿, 翁字彙がある, 翁を事, 翁宇治黄檗の鉄淵禅師, 翁宗樹居士のやさし, 翁宝暦六年の, 翁実は褒美は, 翁の富松, 翁家富枩に似たる, 翁寂びた事を, 翁左衞門樣とは, 翁小家に来られ, 翁小竹の門人, 翁屋主人が薬品, 翁屋内外一切の事, 翁山岡鐡舟などと東奔西走心胆, 翁崇拝家であったが, 翁従容として宣, 翁心得てま, 翁心血の結晶, 翁必ずしも之を, 翁愛用の銘酒酔心, 翁感ずるところが, 翁成立の暗示, 翁或は其変形した, 翁所住の寺, 翁をふり, 翁才気元天性, 翁持ち前の一つ, 翁持寄りと聞い, 翁指図職人某々作とならざる, 翁故郷塚伊賀越の敵討, 翁斡旋の帝劇興行, 翁既に二杯目を, 翁に其間, 翁日實居士である, 翁旧宅庭前に於, 翁明治二十六年の, 翁に於, 翁に六十七, 翁晩年の作, 翁曰くうまい, 翁曰く何事にも変通, 翁曰く十句の時, 翁曰く校正行届きたること感心也, 翁曰く野猪の叢中, 翁曰く飯を喰, 翁曰俳諧世に三合, 翁曰盆を釈教, 翁曰詩の事, 翁曰貫之の好める, 翁最初の製陶目的, 翁月頃の苦しき, 翁有松柏後彫之質云, 翁望蜀生玄川子との四人連, 翁未だ壮年の, 翁本牧青山など素人茶人, 翁東籬の記, 翁松かげにかんざら, 翁松島に遊び, 翁格子のをと笑い, 翁格子薄紫の裏, 翁桃青といふ人, 翁森養竹者二人非同行, 翁を取っ, 翁様ゆえいずれ菖蒲, 翁様娘は中肉, 翁様御存じでございましょ, 翁此返辞に其事, 翁死す七十三歳, 翁死去の電報, 翁殿よりの紹介状, 翁の庶子, 翁氏榊原姓藤原名忠寛, 翁水練に達したる, 翁がおとなしき, 翁派雪荷派本心派道怡派の六派, 翁烏帽子狩衣で私ども, 翁熟視して, 翁父子及び門下, 翁ひく童, 翁独り高挙超脱夐然として俗流, 翁独特のつつしまや, 翁在らば, 翁り高, 翁の笑顔, 翁生前の手記, 翁生存之日, 翁生平実に坦坦, 翁甲論乙伯この頭, 翁の彼, 翁町二丁目の大島, 翁画像の賛, 翁画詠柿本大人像師岡正胤主恵贈, 翁當年かの家, 翁の床, 翁病歿の時, 翁発句集鑑賞その気品, 翁發起して, 翁白川老侯は, 翁百世の後, 翁百話の中, 翁直ちに髯を, 翁眼前にあらん, 翁碧梧桐君などがいた, 翁碩寿翁物をこぼつ, 翁神楽月よ, 翁神楽月角を吹く, 翁神樂月よ, 翁神樂月角を吹く, 翁禅師を開基, 翁立ちたり, 翁立伝当収先生此詩於賛中, 翁童驢馬に至る, 翁筆者に語り, 翁篤胤の孫, 翁索麪は長き, 翁経営の夜学校, 翁老叟の字, 翁老子の前, 翁肉筆の歌集, 翁肖像といふ掛軸, 翁自ら帝王の権威, 翁自ら瓶取り出して, 翁自在の身, 翁自筆の原本, 翁良寛和尚に対しては申訳, 翁良椿居士と云, 翁を飛躍, 翁かりしころ猟, 翁若き時は, 翁葛玄に度人經, 翁葬送に付, 翁蚤歳継先人之志, 翁行脚の頃伊賀越, 翁詩話と題する, 翁誕生記念演劇あるを, 翁語山色有無中と, 翁ならば, 翁賀茂眞淵が居た, 翁近松は劇作, 翁逃げかくれする者, 翁通称は唯, 翁訪余与, 翁謫の, 翁遠島中常に村童, 翁遷化の年深川, 翁遺蹟めぐり, 翁酒樽の歌, 翁里人の深切, 翁長崎に往き, 翁門下一統の名物, 翁関藤立介政方の単, 翁家とは, 翁雄鶏を飼う, 翁あり日夜, 翁静かに身, 翁を安置, 翁餞別という背景, 翁馳せ出で, 翁驚歎して, 翁鬚武者狐しほふき等々, 翁は無, 翁麦飯学者之説, 翁麿あたりの工夫, 翁黙庵雪舟雪村あたりの東山時代