青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「茶店~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~英語 英語~ 英雄~ 茂~ 茫然~ 茲~ ~茶 茶~ 茶の間~ 茶屋~
茶店~
~茶碗 茶碗~ ~草 草~ 草原~ 草履~ 草木~ 草鞋~ 荒~ 荘~

「茶店~」 1157, 12ppm, 8784位

▼ 茶店~ (480, 41.5%)

11 婆さんは 8 前を 7 亭主が 6 中へ, 二階を, 前で, 女は, 床几に 5 前に, 前の, 奥へ, 女房の

4 [11件] ような, 中に, 主人は, 前には, 前へ, 女に, 女の, 女房は, 娘に, 爺さんは, 老爺は

3 [14件] おやじは, かみさんが, 主人の, 奧へ, 女房が, 娘と, 娘は, 婆さんが, 婆さんに, 方へ, 老婆が, 老婆は, 老爺の, 裏から

2 [34件] あること, おかみさん, お嬶, まえを, まへの, をばさん, 中から, 中には, 中の, 亭主は, 前, 外で, 外へ, 女で, 女を, 娘の, 婆さんの, 婆さんを, 媼さんは, 屋台に, 床の間で, 床へ, 床几の, 方から, 椅子に, 横にも, 横を, 神さんが, 老人が, 老女の, 老婆に, 老婆の, 老婆子儂を, 軒下に

1 [250件] あたりから, あつたらしい, あるの, うしろには, うちの, うわさも, えん, おかみさんに, おじさん本陣に, おやじから, おやじが, おやじだ, お主婦さん, お爺さんに, かど, かみさんに, ことゆえ夜に, ことを, さまの, すぐ前, そとへ, そばの, ですか, ところまで, ないところ, なかに, はばかりを借り, ばあさんに, ほうに, ほとりに, まえの, ものも, ものを, やうな, オヤジこれも, オヤジの, オヤジサンは, ハチといふ, 一つに, 一室を, 一番奥久しい, 一番奧久しい, 一軒を, 一部が, 一間に, 一隅に, 上には, 上り框の, 下が, 世帯を, 中で, 中での, 中より, 中婆さんを, 主人が, 主人に, 主人を, 主人公が, 主人公それを, 主人公に, 主人幸衛門の, 主婦に, 二軒に, 二階で, 亭主から, 人たちさへ, 人たちの, 人たちは, 人たちも, 人に, 人も, 仕舞いかけて, 側に, 傍には, 傍へ, 入口に, 入口へ, 入口近く, 六歳の, 内から, 内や, 内外を, 出来事という, 別ピンさん, 前だった, 前だつた, 前まで, 前をよけて, 卓で, 収入も, 古ぼけた登山記念帖, 召使いは, 周圍に, 嚊と, 図その他が, 図政信の, 在る所, 外見を, 大きな部屋, 夫婦が, 奥から, 奥で, 奥に, 奥の, 奥を, 奧に, 奧を, 女お, 女どもである, 女など, 女の子は, 女ばかり, 女中に, 女中の, 女主人, 女房であった, 女房に, 女房も, 姉さんに, 姐さんが, 娘, 娘お, 娘が, 娘さんに, 娘だって, 娘も, 娘相手に, 娘窶れ, 娼家の, 婆さんから, 婆さんたちは, 婆さんと, 婆さんという, 婆さんへ, 婆さん相手が, 婆にも, 婆も, 婆アは, 媼さんの, 嬶さんが, 嬶さんと, 嬶さんは, 客から, 小さいに, 小さな二階, 小娘は, 屋根が, 屋根を, 床下だらう, 床下に, 床下へ, 床几で, 床几は, 床几を, 店先あたりで, 店先に, 店頭に, 座敷に, 手桶の, 支配人を, 斜め裏が, 斜裏が, 新姐, 方の, 旅人も, 柳老に, 棚に, 棚も, 横から, 横の, 横へ, 毛布が, 浅いひさし, 爺, 爺が, 爺さんとは, 爺さんも, 牀几の, 片隅には, 甘酒の, 男に, 礼讃等も, 神さんも, 空家が, 窓から, 窓からは, 端へ, 紅き灯, 縁などに, 縁に, 縁台に, 縁端には, 縁臺で, 縁臺に, 美少年の, 老人とは, 老婆たちの, 老婆と, 老婦語れり, 老爺から, 老爺も, 老爺を, 老爺老婆は, 者, 者が, 者手数を, 者茶店の, 背戸で, 背戸に, 脇の, 腰掛で, 腰掛に, 腰掛一つ新調する, 若いおかみさん, 若い女房, 若き女房, 茶やら, 葭簀の, 薄暗い隅, 藁屋根が, 藁屋根を, 表の, 表戸, 表構へを, 表通に, 裏で, 裏には, 裏は, 裏口に, 裏口へ, 裏手は, 親仁の, 親父は, 親爺が, 談古, 趣が, 路を, 軒へ, 辺には, 近所でなくっ, 附近まで, 隅で, 隅の, 隙間を, 隣の, 隣りが, 離れを, 離室へ, 離屋から, 骸骨も

▼ 茶店~ (152, 13.1%)

12 腰を 8 休んで 5 休むと 3 休んだ, 入って, 出て 2 一人静に, 一休みし, 向って, 憩ひ, 案内する, 立寄った, 足を, 達す

1 [102件] あぐら, あり, ありし時雨, いこひ, いた人々, いた客たち, いる十五, いろ, うしろ向きの, お客でも, この紳士, しただけの, たどりつき蕎麦数椀, たのんで, とまったこと, なければ, のこのこはいっ, はいった, ひとり置い, やすみゆっくり, やや遠い, ゐた時, ゐて, ゐなかつた, 一軒ずつ, 七八人の, 七十ばかりに, 乘込んで, 二十ぐらいの, 休す, 休む, 休息し, 休息した, 入った, 入つて酒, 入りて, 入るなり, 出入する, 到着し, 午餐を, 向つて, 啓之助の, 坐つたり, 大事な, 奉公し, 女を, 寄った, 寄つてそこにも, 小さな, 小休す, 就いて, 居たの, 居るので, 居合せた野武士てい, 御立寄に, 息んだ上, 憩いました, 憩うた, 憩うて, 憩つた時裏に, 憩ふ, 憩ふと, 憩へば, 手を, 持つて, 擔ぎ込みました, 新聞紙の, 来たり, 柿を, 根を, 歸つて來た, 歸つて行く, 残して, 殺到し, 汽車を, 泊って, 留まつて, 着いて, 立ち寄る氣, 立寄りお, 立札が, 腰かけて, 至て, 至るまで, 茶を, 落ついた我々, 葡萄棚が, 行つて一杯ひつかけ, 辿着くと, 這入って, 這入りは, 降りると, 隱し, 集って, 集まつたの, 離れたのに, 雪崩れ込み, 青い, 頼んだ, 頼んで, 飛びこんで, 魚売の

▼ 茶店~ (105, 9.1%)

2 人を, 休んだ, 出して, 大福餅を, 小田原土産の, 草鞋を, 車を

1 [91件] いっぷくし, うで, うどんを, おでんを, お茶を, お菓子を, この女房, すぐ目, ずっと寝込ん, そなた, ひと休みしよう, ひと休みその, また麦酒, ゆっくり休息, ウデ卵子食っ, サイダーを, バスを, 一合十四文の, 一服した, 一軒は, 中食を, 二合ずつ, 休むと, 休もうじゃ, 休んだとき, 休んだの, 休んで, 休んでるうち, 僕たちは, 写真版だの, 出した肴, 別れの, 取り上げられて, 名物の, 吹きさらしの, 図らずも, 多勢芸者や, 大人たちは, 小休み, 小憩した, 少し休ん, 山中湖ホテルに, 峠で, 弁当を, 待ち構えて, 待って, 待つと, 待機焼鳥を, 憩うて, 或は宿, 支度津田の, 早川鮎之, 昼飯を, 暫く休ん, 朝食を, 柏餅を, 榮螺の, 此の, 涼みながら, 率直に, 白湯一碗すする, 知合いの, 私が, 私は, 私も, 稍く, 竜之, 筆や, 筋の, 羊羹食い, 聞いた, 聞いた五十鈴川, 聞いて, 聞きましたが, 聞きましたよ, 聞きましたら小篠, 聞くと, 茶を, 袖無しを, 見かけた武士, 見せびらかして, 話しを, 道を, 酒を, 顔を, 食ふ, 食べた鰯, 食事を, 飢餓の, 馬を, 麦酒を

▼ 茶店~ (84, 7.3%)

13 ある 10 あった 7 あつた 6 あつて 5 あって 3 並んで 2 一軒ある, 出て

1 [36件] あったが, あったの, あつて二階, ありその, あります, あります一休み, あり右手, あるくらい, あるだろう, あるな, あるの, ある樣子, ズラリと, 一張, 一軒, 一軒あ, 一軒あつ, 一軒ありました, 一軒なら, 一軒田畝の, 一軒色の, 三軒なら, 二三軒並ん, 出来て, 参道に, 唯一軒の, 女の子を, 幾層もの, 戸棚の, 時々曲り角, 相接し, 立ち並んで, 繁昌し過ぎる, 見えて, 角店として, 軒を

▼ 茶店~ (76, 6.6%)

6 出た, 出て 5 出ると 2 出して, 開いた

1 [55件] あけさせて, あとに, おごるなんて, こしらえた, さして, さし覗いて, たたき起こして, たたんでから, のぞいた, ひらくからには, やって, やつて, 一軒見つけ出し, 五兩といふ, 出し片, 出る, 出立しました, 境内へ, 守って, 守る身, 実現せず, 建てるとき, 得て, 持たせて, 構へ, 止めて, 止めてても, 歩きだした, 満した, 発つて, 立ちぎわ, 立ち出, 立ち出でると, 立った, 立つた, 続けて, 見張りました, 見込み, 覗き込んで, 訪れた際, 訪れる旅, 設けて, 賑は, 辭し, 辭す, 通り抜けようと, 遠卷, 選んで, 醜悪と, 開いたの, 開いて, 開き夜, 離れて, 離れると, 預ります商売冥利

▼ 茶店~ (66, 5.7%)

3 はいって, 休んで, 入って, 腰を 2 はいると

1 [52件] あがった, いらっしゃって, はいった, よった, よると, ズイと, 三時の, 下りて, 中食の, 乱入しました, 休むと, 休むの, 休んだ, 休んだ時, 入った, 入つて茶, 入つて行, 入来った, 出て, 呼ばれて, 寄つて休ん, 寄つて持參の, 寄る事, 導かれたが, 帰って, 引入れて, 急いだ, 戻って, 押入れられた商人, 放火する, 来たが, 来て, 来ると, 着いた, 移して, 立ち寄ったもの, 立寄った, 聞いた, 腰かけて, 草臥れた足, 行かうか, 行きました, 行つてお, 行つて無駄話を, 路を, 這入り屋外, 連れて, 連れ込んで, 顔を, 飄然と, 駆寄る, 駈けもどり彼女

▼ 茶店~ (24, 2.1%)

2 猶ほ

1 [22件] かなり混ん, この外れ, その道, その頃江戸の, ないで, ないでしょうか, やはりその, よしましょう, 何事も, 司令部の, 少しく勾配, 店を, 戸を, 戸締りが, 最早店, 皆ひしひし, 見はらしが, 謂はば, 農家風の, 鉄道の, 閉まって, 閑散の

▼ 茶店から~ (18, 1.6%)

2 出て, 十丁程

1 [14件] ここへ, ご苦労さまに, しきりに江戸江戸, じッ, まだ二十間, 一人の, 七町しか, 引張り寄せた早瀬, 望まれる遠い, 此処へ, 眼を, 萱原が, 貰つたのは, 駈け出して

▼ 茶店には~ (17, 1.5%)

7 いって 2 運動場が 1 いるの, お通, どこにも, ビールも, 二人の, 仇な, 松平伊豆守の, 繪描き

▼ 茶店~ (11, 1.0%)

1 [11件] あった, あって, あらかた閉まっ, さびれて, た, とじて, なければ, 余が, 各地方, 店を, 馴染と

▼ 茶店では~ (10, 0.9%)

1 まだ小, まだ小児たち, まだ戸, もうしきりに客, ストオヴを, 一ぱいの, 昼間は, 絵はがきを, 茶を, 頑強に

▼ 茶店まで~ (9, 0.8%)

2 立ち腐れ 1 家から, 引返して, 戻つて, 来た時そこ, 来て, 牛乳を, 送つた

▼ 茶店~ (8, 0.7%)

1 いって, いっても, いつたやう, 書て, 漫才が, 田樂屋と, 茶店の, 萱との

▼ 茶店でも~ (7, 0.6%)

1 出して, 取合いませんでした, 売つて, 女共が, 泰軒が, 盗み旅籠屋, 近所でも

▼ 茶店にも~ (5, 0.4%)

1 とんびという, もう縁台, 休まなかった, 早天から, 父祖數代の

▼ 茶店~ (4, 0.3%)

1 か, か別荘, が, つたのだ

▼ 茶店など~ (4, 0.3%)

1 であろうか, 入り混んで, 立ち並ぶ間, 設け太閤自ら家康

▼ 茶店~ (4, 0.3%)

1 お茶召せ, 昔そのまま, 蜀黍の, 食い物屋が

▼ 茶店~ (4, 0.3%)

3 の家 1 の藁屋

▼ 茶店にて~ (3, 0.3%)

1 吉田大夫に, 待月却而逢雨てか, 野猪の

▼ 茶店~ (3, 0.3%)

1 お通, でもてあそん, で日

▼ 茶店その他盛り場~ (2, 0.2%)

2 の寄進

▼ 茶店という~ (2, 0.2%)

1 のが, ものは

▼ 茶店などの~ (2, 0.2%)

1 あつた, 出て

▼ 茶店へは~ (2, 0.2%)

1 いつて, 寄る機会

▼ 茶店へも~ (2, 0.2%)

1 出るよう, 十二三人濡鼠の

▼ 茶店みたい~ (2, 0.2%)

1 なところ, なもの

▼1* [51件]

茶店ありて二十軒茶屋, 茶店いたずらにあれ, 茶店何かで, 茶店からの牛乳を, 茶店からは大声に, 茶店ぐらゐはあるだらうと言へばありますあります, 茶店けんどん安倍川餅茶碗酒などが, 茶店さえ立つの, 茶店だけで暮しが, 茶店だったが一高, 茶店やありません, 茶店でありまして昔, 茶店での話声が, 茶店とか人家中, 茶店としても使用された, 茶店とはいえ唯, 茶店ながらも利得は, 茶店などが小さな内地人部落, 茶店などに幾たびか, 茶店などは起き出て, 茶店なども出て, 茶店なんかがひろがって, 茶店における会合は, 茶店によつて昼飯を, 茶店までは追付いて, 茶店もとぢたり, 茶店やら賣店, 茶店より茶菓子などもて, 茶店らしい軒へ, 茶店らしきものは, 茶店をと思うのに, 茶店異ラズ, 茶店一戸あり, 茶店三味線や笛, 茶店の方, 茶店の者, 茶店中村屋に至, 茶店はあるだらう, 茶店には観光バス, 茶店又はその附近, 茶店名物芋団子やら焼鳥, 茶店となっ, 茶店娘お金とお, 茶店宿屋數軒あり冬季, 茶店幾層楼夜深猶, 茶店旅宿などにても極, 茶店を並べ, 茶店を並べ, 茶店はこんだ, 茶店食店すこぶる多し, 茶店飯屋旅籠と折