青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「茶の間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

英~ 英国~ ~英語 英語~ 英雄~ 茂~ 茫然~ 茲~ ~茶 茶~
茶の間~
茶屋~ 茶店~ ~茶碗 茶碗~ ~草 草~ 草原~ 草履~ 草木~ 草鞋~

「茶の間~」 1560, 17ppm, 6756位

▼ 茶の間~ (425, 27.2%)

29 方へ 15 長火鉢の 13 方に, 火鉢の 9 方で 8 方を 5 入口に, 六畳に, 隅に, 障子を 4 押入の, 方から, 片隅に, 畳の, 真中に, 縁側に, 襖を, 隅の 3 ほうで, 前に, 前の, 柱に, 柱の, 箪笥の, 長火鉢を, 障子に, 電燈の

2 [38件] そとの, なかを, タンスを, チャブ台を, 中央に, 仏壇に, 先の, 入口まで, 六畳と, 前を, 卓上に, 四畳半と, 外に, 外の, 奥の, 妻の, 広いところ, 時計を, 様子を, 火鉢を, 灯の, 用箪笥の, 畳を, 縁に, 縁側の, 縁先に, 膳に, 茶だんすの, 茶箪笥の, 行燈の, 言い争い, 長火鉢に, 隅で, 障子の, 電気の, 電気を, 電氣を, 食卓に

1 [183件] えんさきで, おかあさんの, おかみさんに, ごたごたした, さかいに, その縁側, たたずまいは, たたみも, たなの, つきあたり, ほうからは, ほうは, ほうへ, ほうへは, まんなかに, まん中に, まん中には, めくり暦, ものらしい, も一つ奥, やりとりに, タンスの, チヤブ台を, ボン, ラジオの, ランプが, ランプの, 一つところに, 一室きりで, 一方に, 一部を, 一隅に, 一隅へ, 上り框の, 中には, 中へ, 中を, 二人の, 人であり, 仏壇の, 付近に, 代りに, 体裁を, 光景を, 入口の, 六畳が, 六畳で, 六畳狭い, 六疊へ, 内緒暖簾の, 写真いかが, 前へ, 前まで, 前桐, 北手に, 古い時計, 古い長火鉢, 台の, 台所の, 向こうが, 唐紙の, 喬之, 四方に, 四方には, 四畳半で, 囲炉裡には, 境に, 境の, 壁が, 壁の, 壁を, 夕飯が, 大きな古代青銅, 大振りな, 大火燵, 奧の, 姉と, 容子を, 席に, 床に, 床には, 座蒲団の, 庭を, 廊下の, 廊下を, 往復は, 御用にても, 悪く暗い戸棚, 戸を, 戸棚の, 戸棚を, 押入れへ, 掃除を, 敷居ぎはに, 敷居に, 方と, 方には, 方へと, 方面へ, 時計が, 時計の, 晩の, 暗闇を, 暮方を, 机で, 板の間の, 板戸を, 板縁で, 柱時計が, 椽側あたりで, 様子だの, 横の, 横を, 横座に, 次が, 次ぎに, 次で, 次の, 正面に, 正面私の, 水彩画の, 洋燈も, 涼しい広縁, 火鉢から, 火鉢に, 灯を, 炬燵へ, 爐ば, 片すみで, 用箪笥に, 畳新しく, 白い小, 白洲へ, 百合子それで, 真上に, 私の, 空気を, 窓の, 窓ぶち, 端に, 笠は, 縁には, 縁を, 縁伝いに, 縁側から, 縁側と, 縁側を, 縁先きで, 自分の, 茶箪笥を, 菊が, 蒸暑さ, 行灯の, 裏へ, 襖が, 襦子窓から, 評判の, 話が, 話し声が, 話題に, 話題も, 踏石に, 鏡の, 長椅子に, 長火, 長火鉢にも, 長火鉢のよ, 長火鉢も, 陰気くさい, 障子は, 隣りに, 隣りの, 集まりの, 雑談の, 雨の, 雰囲気が, 電灯の, 電燈に, 電話機に, 青年が, 顔が, 顔という, 餉台の

▼ 茶の間~ (292, 18.7%)

11 坐って 8 出て 7 集まって 5 いて, なって, 集って 4 入って, 戻って, 顔を 3 いた, すわって, 入ると, 坐りこんで, 待って, 来た, 行くと, 通した

2 [13件] かかって, たった一人, 一人で, 坐り込んで, 居ると, 帰った, 帰って, 引かれて, 立って, 行った, 行つて同宿の, 通った, 集まる子供ら

1 [189件] あがると, あったが, ありましたね, ある, あるの, いた妻, いた座椅子, いた恭一たち, いた細君, いた辰代, いなければ, いる, いるお, いるとばかり, いる事, いる妻, いる末子, いる母, おいたの, おき折々, お入り, お茶が, かけもどった, きき馴れない男, きて, こまこました, ごろごろし, して, しめやかな, しようかしら, じっと坐ってる, じっと尻, すえて, すわった, そのま, だれも, つづく座敷, つれて, どつかり, なつて, ねて, ふみこんで, ぼんやり坐っ, ぼんやり待たせられた, みこしを, みんな集まっ, むかって, やっと出た, ゐた, ゐたいま, ゐたやう, ゐた晴代がち, ゐた老, ゐる母, カーテンを, パンと, 一つ火鉢を, 一寸手帳を, 上らうとも, 上りこんで, 上り込んで, 下りて, 人に, 仕事を, 仮りに, 來て, 入ったら私, 入つて, 入つて來, 入りしに, 入り日記帳, 入る, 八ツ橋の, 出さない樣, 出た, 別の, 到来物の, 向って, 呼ばれても, 坐ったなり, 坐ったまま, 坐った二人, 坐り込んだ, 坐ると, 坐るの, 堆く積まれ, 大きな収穫, 姿を, 家の, 寄ったよう, 寄って, 寛いで, 寝て, 寝るの, 導いて, 居た, 居たらやはり, 居た細君, 居ない, 居りました, 居りましたが, 居る宿, 居残り映画, 屈み込んだ, 帰ったお, 帰った人々, 帰っても, 帰ると, 広田先生が, 引下り, 引返して, 引返すはずみ, 強い酒, 当てたの, 往く, 御出掛, 忍び込んだ, 成り座敷, 或夜蚊帳, 戻ってから, 戻りながら, 戻ると, 手帖を, 招かれて, 招じ入れた, 据える, 据ゑられた長火鉢だの, 掛かって, 控えて, 揃うまで, 放り出されるよう, 放り出して, 来ての, 栄さんが, 案内された, 案内し, 母と, 注意を, 涼し過ぎた, 火を, 灯が, 燈火煌々と, 燦然と, 片手枕で, 物を, 独りとり残された, 現はれ, 筒抜けだ, 置いて, 置きご, 聞える七時, 落着く, 行き四月三十日, 行ったらウラウラ, 行って, 行つた, 行つて夙くに, 見かけた, 話して, 走り入った, 跨つて, 身動きも, 近いその, 近き六尺, 近頃始めた, 退いた, 逃げました, 這入って, 這入つて, 這入つて行, 通された, 通って, 通りそれから, 通る, 運んで, 長くなっ, 長火鉢が, 閉じこもり, 集った時, 集つたとき, 集つてる, 集まったらしく話し声, 頑張って, 風呂貰いの, 飛び込んだ, 飾ること, 首を, 駆け込んで, 鼠が

▼ 茶の間~ (255, 16.3%)

14 出て, 来て 8 はいって 7 入って, 顔を 6 戻って, 行って 5 入ると, 来ると, 行くと 3 おりて, 入った, 帰った, 帰って, 茶を, 行った, 這入って, 通った, 集って

2 [13件] きて, ひき返して, 上がって, 上って, 出た, 出ると, 案内し, 案内した, 踏み込んで, 這入つて, 通された, 降りて, 飛込んで

1 [125件] あが, あがって, あがる, いって, おいで, おもち, ころげこむと, さっさとはいっ, さつさとは, しょんぼりと, つかつか這入っ, つかつか這入り込む, つれて, つれ出して, どつかりと坐つた, はいると, はいるの, やつて, ゆくと, ドッカと, ヌッと, ラジオを, 上つて来た, 上り込んで, 下りて, 下る, 並べて, 乱入し, 二人は, 來る, 入ったよう, 入った頃, 入つて, 入つて行, 入らつして, 入る仕切り, 出たが, 出ようと, 出御に, 出掛けて, 取って返した, 呼びつけて, 呼んで, 坐った, 坐らせて, 坐り込んで, 嫌はれ, 寝たが, 寝て, 導いた, 導びいていった, 帰ったが, 帰つた, 帰りかけると, 帰ると, 庄太を, 座り込みました, 廻る, 引き下がって, 引き下がる, 引き取った, 引き返した, 引き返して, 引き返そうと, 引っ張って, 引張って, 引退つてお茶を, 急いで, 戻った, 戻ったが, 戻った時, 戻つて, 戻ると, 持ち出した時, 時計を, 来る資格, 滿が, 立って, 立つ, 素直棒立ちに, 背を, 膝を, 茶菓子などを, 行かずに, 行きました, 行きます, 行き奧さん, 行き酒, 行く間, 行こう, 行こうと, 行つた, 行つて飯を, 袖子を, 見に, 走って, 足を, 追って, 逃げこもった, 逃げた, 逃げ帰ると, 逃げ込む, 這入った, 這入つた, 這入る, 通されると, 通しました, 通ったが, 通つた, 通りぴったり, 通り抜けた, 通り茶の間, 通るうち, 通る細君, 連込むと, 遁げた, 遊びに, 酒席を, 響く, 飛び出し奇妙, 飛び込むと, 食べに, 食膳を, 駆け込むと, 駈け込んで

▼ 茶の間~ (192, 12.3%)

5 何か 4 新聞を 3 お茶を, 母と, 聞いて, 針仕事を, 食事を

2 [11件] お酒たくさん, テレビを, 世間話を, 早い午飯, 朝飯を, 祖母と, 糸車を, 胡坐を, 自分の, 話を, 長火鉢の

1 [146件] あの聲, あの足, あめ玉がわりに, いつまでも, いろいろな, うちはを, おとうさんだけ, おとといそうであった, おばあさんの, お母様の, お秋, お芳夫婦, お裁縫, お酒, お針を, かいて, しきりに話し, しゆんしゆんと, そのままの, そのハガキ, それが, そんなよう, たった一人裁縫, ちょっとお茶, とりあえず一杯, ひとりで, まだおき, よく細君, よむもの, よんで, わたしは, オソノの, パンを, マッチ函へ, 一人だけ, 一人は, 一盃飲めよ, 三人の, 不乱次な, 不自由な, 主人の, 久三に, 二三度島谷に, 仏壇を, 会社の, 伯父や, 信者のを, 六疊敷の, 助手の, 千重子と, 和尚さんと, 坐って, 壁の, 夏蜜柑など, 夕刊を, 夕飯中らしく, 外套を, 大きな声, 大チヤホヤ, 奧は, 女中の, 女房お, 婦女新聞の, 子供たちと, 子供達と, 宜しければ, 家の, 家事の, 家族し, 家族と, 家族一同と, 寝て, 寝ようそして, 寝付いたらしい妻, 小綺麗に, 少し躊躇, 座敷の, 彼の, 御飯を, 徳利を, 忙しそう, 恒雄は, 日記を, 昼の, 昼寝を, 時々何, 暫く愚図, 暫く母, 書いたり, 書物を, 朝茶を, 来客の, 武田は, 濡れた八ツ手, 瀬戸物の, 火鉢を, 炬燵に, 煙草を, 煙草話に, 熊野写真屋氏が, 父と, 片方に, 狹い, 畳も, 盛に, 監視つきの, 相對, 祖父と, 神棚長火鉢茶箪笥といった, 私は, 笑いこけて, 笑ってる女連, 紅茶を, 縫物を, 置時計が, 老婢に, 耳を, 良人は, 若い賑, 茶の間の, 茶を, 落ち合った時, 衆が, 行きあふ学生, 見つけて, 親しいもてなし, 話しこんで, 話しこんでるだけ, 話して, 話してると, 話し声が, 話でも, 賑やかに, 赤ん坊は, 起こるの, 都新聞の, 酒を, 長い煙管, 長火鉢で, 長火鉢を, 障子を, 食べた, 食卓を, 飯を, 飲ませろの, 養父と

▼ 茶の間~ (73, 4.7%)

10 出て 4 通って 3 通ると 2 ぬけて, 出た, 去って, 覗きながら, 覗くと

1 [46件] かたづけて, ちょっと賑わした, ぬけ台所, のぞいたお初, のぞいて, のぞきながら, はさんで, 仕切る障子, 出ると, 建て直す清三郎, 心地よげ, 抜けて, 抜けようと, 抜ける時, 抜け様, 横ぎって斜めに, 横ぎつて座敷の, 横ッ飛び, 歩き回るなぞ, 歩き回るほどに, 済まして, 爪先で, 眼早く, 立って, 立つお金さん, 立つて, 見つつ, 見廻す, 見廻わ, 覗いたら御, 覗いて, 覗きに, 越して, 踊って, 通つた時やつぱり我家と, 通つて便所に, 通つて行かね, 通らずには, 通り抜けた縁側, 通り抜けて, 通り玄関, 通り越して, 離れずこの, 離れて, 飛び出したこと, 駈けて

▼ 茶の間から~ (68, 4.4%)

5 出て 3 座敷を 2 大きな声, 始めて, 母に, 首を

1 [52件] いつも見える, お勝手に, きこえた, きこえるかん高い, でて, ほんのりと, パースを, フヂエが, 一同耳を, 中田夫人と, 主人の, 主婦の, 今井田は, 入り口の, 出た婦, 勝手へ, 又縁側, 台所の, 台所へ, 呶鳴つた, 呼んだ, 呼んで, 喬之, 大勢の, 奥さんが, 妻君が, 始まって, 姿を, 客間中, 座敷にかけての, 座敷へ, 庭へ, 廻り縁に, 持って, 掃き出したごみ, 新聞を, 植込と, 樫の, 母と共に, 父と, 直ぐ道路, 立って, 聞えて, 茶を, 見えるという, 言葉を, 足音を, 逃げ出して, 通うよう, 飛んで, 駈けつけて, 鼻の

▼ 茶の間には~ (58, 3.7%)

6 いって 2 一尺二寸位の, 誰も

1 [48件] あかあかと, いつか古い, いつか明るく, おとうさんと, お延, お灸, お芳, さっきの, さわやかな, すがた, その障子, まだ女将, もうあか, もうあかあかと, もう夏, もう掘, やはり姉, ペンが, 主人も, 乾うどんが, 今度は, 半裸体, 古い柱時計, 喜多村, 奥山が, 妙に, 嫂が, 寝床が, 新一が, 末子が, 柱時計の, 母君が, 淀んだ赤, 火鉢が, 皿や, 粗未, 細君次の間には, 綺麗な, 置場が, 老婆と, 茶碗や, 茶道具一式が, 菊龍と, 行一の, 通さず先, 長火鉢の, 電灯が, 電燈の

▼ 茶の間~ (28, 1.8%)

2 台所の, 見えて

1 [24件] いっても, おぼしい方, この座敷, それぞれ夜着に, 両用の, 並んだ座敷, 云ったよう, 八畳の, 六畳の, 厨の, 台所と, 四畳半の, 女中部屋, 客間とは, 居間との, 庖厨の, 店の, 座敷, 座敷と, 続いた六畳, 若い人たち, 表の, 隣り合って, 風呂場の

▼ 茶の間~ (17, 1.1%)

1 [17件] いつもの, いつも時計, おひささん, しんと, しんとして, その光, ひと目に, むろん台所, もう薄暗い, ストーヴで, 不断の, 勿論文化竈, 台所に, 台所の, 弟弟子の, 牛乳, 真くら

▼ 茶の間では~ (16, 1.0%)

1 [16件] しんとして, すッ, その日午過ぎ, まだ政子, 上向きに, 妹の, 小包を, 川村が, 母が, 清が, 無駄話し, 父の, 祖母が, 笑ひ話し, 細君が, 銅壺が

▼ 茶の間~ (12, 0.8%)

2 あつて, 六畳座敷が 1 あって, ある, 六畳座敷六畳書斎が, 六畳間お勝手が, 反故の, 有りまして, 漏る玄關, 白けたの

▼ 茶の間~ (10, 0.6%)

2 框も 1 あった, ある, い, この際, 伸子の, 共に外, 見えなくなり白皚々, 見ずに

▼ 茶の間~ (10, 0.6%)

1 他の, 台所にまで, 台所にも, 台所湯殿の, 寝室が, 床の間づき, 店の, 庭先を, 書院の, 納戸に

▼ 茶の間との~ (9, 0.6%)

2 境に 1 兼用の, 境更紗の, 敷居際に, 間の, 間は, 間を, 隔ての

▼ 茶の間らしい~ (7, 0.4%)

2 ところに 1 中の間の, 六畳の, 処へ, 部屋との, 部屋へ

▼ 茶の間へは~ (5, 0.3%)

2 ひつて 1 いつて, ひると, 上ったものの

▼ 茶の間でも~ (4, 0.3%)

1 あかるい電燈, その部屋, 其部屋でも, 特別応接室でも

▼ 茶の間とは~ (4, 0.3%)

1 カギの, 反対の, 壁一と, 言っても

▼ 茶の間まで~ (4, 0.3%)

1 一息に, 持ち出して, 響いて, 飯櫃を

▼ 茶の間より~ (4, 0.3%)

2 見し 1 かそこの, 洋間の

▼ 茶の間あたり~ (3, 0.2%)

1 でする, へ入る, へ来た

▼ 茶の間からは~ (3, 0.2%)

3 女達の

▼ 茶の間での~ (3, 0.2%)

1 いつもの, 話し声が, 話の

▼ 茶の間からの~ (2, 0.1%)

1 余光で, 灯が

▼ 茶の間である~ (2, 0.1%)

1 が妻, が正面

▼ 茶の間といふか~ (2, 0.1%)

2 そちらには

▼ 茶の間にか~ (2, 0.1%)

2 へると

▼ 茶の間にも~ (2, 0.1%)

1 はたきの, 強烈な

▼ 茶の間へも~ (2, 0.1%)

1 寝かされず父, 附けるため

▼ 茶の間仏間~ (2, 0.1%)

2 などで片側

▼ 茶の間~ (2, 0.1%)

1 に聞いた, に聞く

▼1* [42件]

茶の間お嬢さんの部屋, 茶の間さもなければお嬢さん, 茶の間かで光代の, 茶の間かと思う左, 茶の間のに其日, 茶の間だけ済ましてから, 茶の間でうつたうしく髪を, 茶の間でなんかして, 茶の間という感よろしから, 茶の間といった四畳半の, 茶の間といふ小さな作り, 茶の間とかにいた姉, 茶の間とも座敷とも, 茶の間とを兼ねたよう, 茶の間のでしょう, 茶の間などに主としてそういう, 茶の間なり長火鉢これに, 茶の間にとって二人は, 茶の間になツて, 茶の間のけはひ, 茶の間のちやぶだい, 茶の間への廊下續き, 茶の間までのあいだには, 茶の間めいた処に, 茶の間らしい寛いだ意気な, 茶の間今日の行くべき, 茶の間入り口まで白い, 茶の間八疊の座敷, 茶の間兼寝室であつ, 茶の間兼用になっ, 茶の間兼食堂に二階, 茶の間十畳の書院, 茶の間から若い, 茶の間女中部屋を焼き, 茶の間女店員たちの室, 茶の間子供女中の五間, 茶の間寝室御居間, 茶の間座敷納戸女中部屋の五間, 茶の間御物縫いの女, 茶の間程の面積に, 茶の間話し声はそこ, 茶の間で伯母さん