青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「疵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

疑っ~ ~疑問 疑問~ 疑惑~ ~疲れ 疲れ~ ~疲れた 疲れた~ ~疲労 疲労~
疵~
~病 病~ ~病人 病人~ 病室~ ~病気 病気~ ~病院 病院~ ~痕

「疵~」 1119, 10ppm, 10299位

▼ 疵~ (202, 18.1%)

7 つけて 4 付けられて, 負って 3 つけたり 2 うけて, こしらえて, つけたの, つけられて, つけるの, 付けるよう, 掻きむしり掻きむしり僕, 見て, 負は

1 [166件] あらためたいと, あらためる, いたはる, うくべきに, うけたという, えぐるよう, おつけする, おつつみしよう, お付けなさる, お医者様, かくし一種, くわしく檢, こしら, こしらえましたよ, こしらえ草いきれ, さつきの, するまでも, その豊艶, つけず松, つけた, つけただけ, つけただけさ, つけたところ, つけちゃ, つけては, つけても, つけないよう, つけぬ, つけます, つけますか, つけまたも, つけようと, つけられこの, つける, つけるとは, つけるな, つけるよう, つける憂い, とりのぞける天使, どう見ます, またいくらでも, ゑぐるやうなもので殘酷な, 交ふる, 人に, 付けて, 付けては, 付けまいとして, 付けました, 付けられた, 付けられ此, 付けるなどとは, 付けるやう, 付ける了簡, 付け他, 付け其身も, 付け情死せん, 付け隻, 付たれ, 付られし, 付候と, 付剩さへ, 作つたり, 入れられた人間, 冴えやかに, 受けたかも, 受けただけ, 受けた一人, 受けた上, 受けた時, 受けた総髪, 受けて, 受けては, 受けながら, 受けぬれば, 受けるまで, 受ければ, 受け乍ら, 受け切死, 受たれ, 塗り潰すため, 嫌うどころか, 巻いて, 怖がる眼, 恐れたり, 愈々凄, 我に, 扞くに意ある, 抑えざま, 押えた紅, 押え血眼, 拵へ, 持って, 持つ脛, 指すこと, 掌で, 探し出すの, 撫でながら, 改め手負, 救ふべく, 有ってる男, 検めて, 殆どそれ, 残したの, 氣に, 求むる底, 求めて, 求めなば, 求めるという, 求めるも, 求めるやう, 求めるよう, 治しあなた, 治して, 治めて, 洗った清水, 洗って, 洗へといふ, 煩い帰国後, 留むる力争的の, 療治いたし, 癒しに, 癒せることオウィディウス, 發見けた, 突きとめられ二三年分, 索むるが, 緋目高だ, 縫ったの, 縫って, 舐る, 蒙ったこと, 蒙る輩数, 被る, 被るの者凡そ九百八十八人, 被る軍士等, 見てから, 見るたび, 見出さぬか, 触られるよう, 許されて, 請其後働く, 請夫より, 證據に, 負うて, 負った, 負ひ, 負ひし, 負ひたれ, 負ひつ, 負ふ, 負わずうまく, 負わせて, 負わせるよう, 重ぬべし, 附けたら私, 附けちや, 附けて, 附けては, 附けにや, 附けねえよう, 附けめ, 附けようと, 附けるぐれえだア, 附られ, 隠して, 頭の, 養はむ

▼ 疵~ (172, 15.4%)

4 つく 3 ある, もとで, 付く

2 [13件] あった, あると, あるとか, あるの, つかずに, つくという, ない, 付いては, 付かないとも, 付くそれ, 付くと, 出來, 附いて

1 [133件] あざやかに, あったで, あったの, あって, あっても, ありえ, ありますな, あります緋目高一疋, あり見たところ, あるか, あるから, あるそつちの無疵の, あるため, あるに, あるのに, あるばかりに, ある何, ある政, ある有様, ある色, あれば, あんまり軽い, いくつも, いくらも, いたみだすので, いつどこ, いつぱい, うずくたんび, うまく癒着, ございまして, ございますか, すっかり癒着, そう言っ, それでも安心, たらたら生血, ついたよう, ついたろうじゃ, ついて, つかず製紙機械, つかないよう, つきました, つきます私, つき乙, つくこと, つくとそツ, つくの, つく惜しい, つく砂利, つこうという, できました, できること, でき激しい, どんなに大きい, ないと, なかつたならば, なかなか恢復, なけれア, ひろがるので, ポツツリ見える, 一昨日や, 二つ在る, 二条つい, 付いたの, 付かないで, 付かないとは, 付きましょうし, 付き介抱, 付き易い, 付くという, 付く人気, 付べし, 再発し, 出来たから, 出来たって, 出来たと, 出来たの, 出来たらどうも, 出来て, 出来てるの, 出来ました, 出来ましたこんなに, 出来ましたらう, 出来ると, 口を, 四カ所, 因で, 御座るゆゑ人呼, 愈え, 所きらわずつけられ, 所望じゃ, 斜めに, 斯の, 有って, 有りますか, 有りますなれども, 有りますよ, 有ると, 有るよ, 有之, 案外深い, 氣に, 治らぬやう, 無くっちゃ, 現在の, 痛い, 痛い昨夜, 痛み出したかも, 痛む, 痛む方, 癒りきらず, 目印に, 目立った, 直ぐに, 石と共に, 窃と, 絶えないとでも, 絶えなかった, 絶えんほど, 羽の, 腐って, 膿んで, 見える其疵, 邪魔とは, 重いので, 附いたから, 附いたや, 附きましては, 附きまする, 附き易い, 附くという, 附く事, 顔へ, 高臺

▼ 疵~ (115, 10.3%)

9 あとが 6 あるの 3 つかないよう, つかぬやう, 痕は

2 [13件] あとを, ございます猿, ねえの, 一つや, 加減である, 手当を, 珊五郎と, 痕が, 痛みが, 痛みを, 療治を, 絶間も, 跡も

1 [65件] あとには, あとは, あとも, あること, ある人, ある片, ある真珠, ある者, ある顔, こさじと, ことが, ために, ついた時, つかぬうち, つかんよう, つくよう, ないに, ないの, なほつた鵞鳥にも, もとにて, ようにも, わかり次第, 上, 下に, 事を, 付いた者, 付かぬよう, 付た, 個所まで, 入つた梨, 具合も, 因縁は, 基で, 如くし, 少い研究が, 工合も, 憾みなき, 手当てなどを, 手当てを, 手当にでも, 方で, 早乙女主水之, 有程, 痕, 痕について, 痕も, 痕一ヶ所又, 痕相見, 痛いので, 痛み, 痛みには, 痛みは, 痛み烈しく, 痛苦劇しく, 療治も, 癒る, 経過が, 経過の, 絶えない人, 義なれ, 血が, 附ことならず, 難等の, 養生に, 黒血を

▼ 疵~ (87, 7.8%)

3 を押え 2 の, へつけたら, を縫う

1 [78件] からは怨めし, から呼吸, から悪血, から毒血, から流れ出た, から流れ出る, から真紅, から考える, から逆, がいよいよ, が光悦, が惨たらしく, が白く, が膿ん, だけが万力, だけはいた, であつ, でありそこ, なぞを癒す, にあて, には虻, には血, に刺し込んだ, に砂, のすっかり, のない, のよう, の合い, の合ひも, の悉皆, の手当, の模様, の癒, の膏薬, の血, は乾きぬ, は大丈夫, は水夫長, は膿, は血, ばかりでなく, ひらけども, へつけ, へどういう, へよく, へ応急, へ手, へ細菌, へ膿, も大抵, も大方癒着, も日, も癒え, も稍平癒, よくつげ, よりし流る, よりし流れ出, よりはだくだく, を, をあらためた, をあらためる, をおさえた, をふさぎ, をグッ, を吸った, を咬んだ, を嘴, を幾重にも, を気, を洗っ, を洗わせ, を眺め, を確か, を縛れ, を縫, を縫いつくろう, を縫わせ, を解い

▼ 疵~ (78, 7.0%)

2 その時, やはり槍, 右の, 浅かろう, 癒えかけた

1 [68件] あらはでも, いえて, いかが, うけずしばし, おまへん, お葉, すでにまったく癒え, その烏帽子, たいした事, ついたが, つかぬ, つきは, つけません, どうせかくれません, どんなに治つて, ないか, なかった, なかなか治りませんでした, なくまだ, もう宜い, やがて痊, ゆうべの, 人目を, 人相を, 何うし, 何人に, 僅かばかり, 刃物でなく, 刻んで, 口を, 困りもの, 大したこと, 大切なり, 大食に, 如何樣, 小指の, 少しだ, 少なら, 左ななめに, 左の, 我が投げつけし, 數ヶ所ご, 日に, 暑さ, 死んでから, 氷の, 浅からう, 浅手で, 消えない, 深いかな, 深いもの, 無いと, 無し水, 猶さら半月, 生を, 疵だ, 疵よりも, 痛む, 癒えたので, 癒えても, 皆浅手じゃ, 脇差の, 負へども, 逃げようと, 重かりし, 間違いも, 間違ひもなく, 頸にだけ

▼ 疵~ (53, 4.7%)

2 つかで五十年, ないところ, 處

1 [47件] あって, ありません, ありませんね, いつの間にか水鬢, うけずあ, ついて, つかず此處, つかないだろうという, つかねえん, つけんの, ないの, ないよう, ない卵, ない玉, なかった, なくただ, なくなん, なく中央, なく生き, なく肩, ぼかさずどんな, まだ癒えず, 付かず簡単, 何も, 其の時, 処々に, 切り傷も, 刺青も, 塗り薬など, 多い, 大したこと, 大方癒た, 少しずつ, 少し痛む, 幸い浅い, 打忘れ, 有りますが, 無かつ, 癒え眼, 癒り, 見えない, 見落さずと, 負わないから, 附いたこと, 附いて, 附かずに, 魂の

▼ 疵~ (38, 3.4%)

7 して 2 惱み

1 [29件] しても, つけるくらい, つける位, なったと, なつて, ならない, ならぬこと, なること, なるさあ, ひと供養, よく似, 入り蟲, 刃切れという, 小さな赤蟻, 惱む豪勇の, 惱める, 施しぬ, 有效, 栗毛の, 無慚, 狼藉の, 玉だ, 相成し, 血止めの, 袂草を, 遂に弱る, 遊ばして, 過ぎなかった, 顫えて

▼ 疵だらけ~ (37, 3.3%)

4 にし 3 になっ 2 だから, になります, になる, の人間たち

1 [22件] だ, だが, だと, だわ, であること, です, でところマンダラ, でみじめ, で丁度, で処々鉛筆, で夜露, で文字通り満身創痍, なの, にした, にせず, になつて, に成つて漸, の卓, の奴, の姿, の背筋, の連中

▼ 疵~ (18, 1.6%)

1 [18件] あり然, いうて, いふて, いわば疵, ほこられん, ピタリと, 云い榊原, 云えば, 云った, 云何樣一癖有べき, 変りは, 珍しい対面, 申しますの, 申しますると, 疼きが, 言はれ, 頤の, 顎の

▼ 疵~ (14, 1.3%)

1 [14件] からお前, が, がこの, がそれ, が男, が至る, が賞美, そしていかにも, つて親方は, という説明, と無遠慮, な, よ, ッて

▼ 疵でも~ (13, 1.2%)

2 あれば

1 [11件] あらこんなに, つけるん, なく薄, よく癒着, 付けて, 付けられようもの, 付けると, 出来ましては, 無いん, 着けられちゃ, 神經を

▼ 疵~ (12, 1.1%)

1 [12件] の手當致, の痛み, は, は如何, へ指, へ脂薬, を手当, を探った, を摩り, を改め, を浸し, を養生

▼ 疵持つ~ (12, 1.1%)

2 彼は, 身に, 身の 1 ふたりは, 脛であろう, 脛でございまする, 足に, 足の, 身と

▼ 疵あと~ (10, 0.9%)

1 が残っ, が眼, が颯と, だ, でも残っ, と寸分, に塗り込みました, はすぐ, は綺麗, も見いだされなかった

▼ 疵~ (10, 0.9%)

1 あつた, いつでも, ござりましょう, ふるえあがるん, 一つでも, 床下から, 手桶を, 早くも, 鍛え上げて, 顫へ

▼ 疵には~ (8, 0.7%)

1 すれど, ならない, ならねど, よい, 似たれども, 大毒, 強い私, 成るまいもの

▼ 疵もつ~ (8, 0.7%)

2 彼は, 足の 1 奴の, 文字友は, 足は, 足オヽお前の

▼ 疵らしい~ (8, 0.7%)

2 痕も 1 ものが, ものは, ものも, 疵も, 痕は, 跡は

▼ 疵である~ (6, 0.5%)

2 が眉 1 かよ, が大, といふこと, と知ったら

▼ 疵にて~ (5, 0.4%)

31 働き不自由, 首は

▼ 疵一つ~ (5, 0.4%)

1 しないで, ない, 受けないこと, 負わずに, 負わず天秤棒

▼ 疵~ (5, 0.4%)

1 たること, と言ッ, の故, は遂に, を感ずる

▼ 疵~ (4, 0.4%)

3 けむ 1 けども直様

▼ 疵つくる~ (4, 0.4%)

1 ことも, ことを, を嫌う, 者なく

▼ 疵では~ (4, 0.4%)

2 ない 1 あるが, ない突い

▼ 疵~ (4, 0.4%)

2 赤銅色の 1 ひびが, 苦みは

▼ 疵より~ (4, 0.4%)

1 出づる, 流れづる淨血, 溢れくる, 溢れ出づ

▼ 疵あれ~ (3, 0.3%)

2 ども亦 1 ど見えず

▼ 疵から~ (3, 0.3%)

1 どす黒い血, 癒える事, 血が

▼ 疵なき~ (3, 0.3%)

2 ものあらん 1 にあらず

▼ 疵~ (3, 0.3%)

1 何か, 手当しよう, 頭陀の

▼ 疵多し~ (3, 0.3%)

3

▼ 疵~ (3, 0.3%)

1 はぬ, ひて, ひ尚

▼ 疵~ (3, 0.3%)

1 が残され, である, に不気味

▼ 疵養生~ (3, 0.3%)

2 をし 1 致させ候處江戸表

▼ 疵ある~ (2, 0.2%)

1 に付其時, は天譴

▼ 疵うけ~ (2, 0.2%)

1 て其陣中, 乍ら勇猛の

▼ 疵かは~ (2, 0.2%)

1 つかん, つかん草

▼ 疵だけで~ (2, 0.2%)

1 他殺と, 済んだの

▼ 疵ついた~ (2, 0.2%)

1 体を, 軍士を

▼ 疵つけ~ (2, 0.2%)

1 て, て地

▼ 疵つけた~ (2, 0.2%)

1 といふこと, ものを

▼ 疵つけられた~ (2, 0.2%)

1 のを, ように

▼ 疵つける~ (2, 0.2%)

1 とでも, 我が

▼ 疵であろう~ (2, 0.2%)

1 がな, と思っ

▼ 疵でない~ (2, 0.2%)

1 ことを, と見た

▼ 疵など~ (2, 0.2%)

1 償ふ, 殊に斬られ

▼ 疵などは~ (2, 0.2%)

1 御ざら, 見たくても

▼ 疵なら~ (2, 0.2%)

1 大在りで御座います, 弱い舞妓

▼ 疵なり~ (2, 0.2%)

2 粗暴矯激に

▼ 疵にも~ (2, 0.2%)

1 悩み易い, 進んで

▼ 疵まで~ (2, 0.2%)

1 出来しや, 附けて

▼ 疵みたい~ (2, 0.2%)

2 に浮きあがっ

▼ 疵もの~ (2, 0.2%)

2 やしみつき

▼ 疵一つ我~ (2, 0.2%)

2 れも

▼ 疵持ちゃ~ (2, 0.2%)

1 笹原を, 笹原走る

▼ 疵治る~ (2, 0.2%)

1 ころには, 頃には

▼ 疵~ (2, 0.2%)

1 がある, として指

▼ 疵~ (2, 0.2%)

1 は御座らね, を證據

▼ 疵鎗疵~ (2, 0.2%)

1 が四ヶ処, なぞの手負い

▼ 疵頸筋~ (2, 0.2%)

2 の突疵

▼1* [107件]

あらせじとの心配大方, 疵あり金十數圓にて, 疵ありありと鎧, 疵ありしやと尋ね, 疵いやし激烈の, 疵うけず耳に, 疵うつけて不具, 疵または横たわった, 疵かが分かる, 疵かくしに米, 疵かと云うと, 疵からは血が, 疵がなほると, 疵へその, 疵ている, 疵じゃ此の間も, 疵だったけれども気, 疵だって左様だ, 疵だらけ手足の爪, 疵つき走る山の上, 疵つきしアガメムノーン民の, 疵つくものも, 疵つくるおそれあるをや, 疵つけないように, 疵つけられし敵將は, 疵つけられるから厚い, 疵つけ徒長を防ぐ, 疵つけ骨に觸, 疵でしたが幸次郎, 疵で御座いますけれどかしこい, 疵というのは, 疵といふことなり乃ちアイヌ, 疵とてほこられん, 疵とても付たことも無し錢三文でも, 疵とは少く心當, 疵とも思はれた, 疵とんだ六段目じゃあねえかな, 疵なかった, 疵なかりせば何, 疵なく万世の, 疵なしに行, 疵なほ痛く惱むため跛行, 疵なりしなり, 疵なれど瘠形, 疵になつて, 疵はさほどの事, 疵ばかり見えて, 疵ひとつない上品, 疵ほんとにもう疼痛は, 疵までが左右に, 疵ゆゑ重く耐, 疵よりもそこから, 疵をば負いなされたか, 疵ハ六十日計り致し能, 疵ハ浅手なれども, 疵コノ地上デ, 疵一ヶ所兩手の指, 疵一ヶ所咽へ突込, 疵一ヶ所脊より腹, 疵一門のつら, 疵三ヶ處頭上より頬, 疵二ヶ所其脇に傘さ一本捨これ, 疵二三ヶ所背中右の脇腹, 疵くる事, 疵付し者なら, 疵付候儀有之段相聞, 疵付候樣下女菊に申付, 疵付候段不届至極, 疵付候節篤と樣子, 疵付剩さへ不義, 疵付情死と云, 疵付有共其疵口の不審さ, 疵でもない, 疵供養にと寄進者, 疵は長く, 疵の雲山, 疵入りの肩衝, 疵にばかり気, 疵十七ヶ所に達した, 疵疵を, 疵口惜くて, 疵べる, 疵弾丸痕の残つた鎧櫃, 疵所是なく咽, 疵所等迄相違, 疵所脊より腹, 疵ゆ, 疵へてすごすご, 疵押えたりし, 疵つかれは, 疵持足思いなしで敷居, 疵持身なれば, 疵捨置きがたいは, 疵探しの皮肉家, 疵殆ど両脚を, 疵なしの, 疵穴霰の, 疵瑕交出するという, 疵癒え楞伽平定後獲た, 疵を指, 疵縫うた処が, 疵だの離, 疵でも買, 疵處其外證據はなき, 疵鍵裂弾疵焼穴, 疵附けぬように, 疵亦然