青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「茲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

苦痛~ ~苦笑 苦笑~ 英~ 英国~ ~英語 英語~ 英雄~ 茂~ 茫然~
茲~
~茶 茶~ 茶の間~ 茶屋~ 茶店~ ~茶碗 茶碗~ ~草 草~ 草原~

「茲~」 1889, 20ppm, 5638位

▼ 茲~ (1183, 62.6%)

39 於て 12 於ては 11 一つの 10 於てか 9 始めて 8 一の, 至りて 7 ある, 之を, 横たわる 6 至って 5 一個の, 於いて, 書いて, 此の, 注意すべき, 紹介する 4 あるの, いらつし, 何を, 喋々する, 存す, 注意しなけれ, 至れば

3 [17件] あるもの, それを, 一種の, 不思議な, 二人の, 云ふ, 人々は, 在りと, 存するの, 私の, 私は, 言明致します, 記して, 説明する, 諸君に, 述ぶる, 附記し

2 [61件] あり, ありと, して, まだ問題, 一例を, 一先づ擱筆する, 一切の, 一大事件が, 二個の, 云いたいの, 云うの, 云うまでも, 云わず, 出て, 初めてその, 判然と, 到って, 到りて, 叙説する, 吾, 問題と, 問題に, 在る, 多くいふ, 大なる, 大隈伯を, 少しく述べ, 尽きて, 彼の, 御列席, 必要な, 我が歌興, 採用された, 掲出する, 政治的喜劇の, 新たに, 於ても, 来て, 概念と, 横たわって, 氣の, 海に, 淵源する, 生物学が, 秀子の, 私が, 科学論が, 空間の, 第二, 築地の, 考へなければ, 自分の, 至りては, 至り吾人, 言ふ, 謹で, 足掛八年故郷へ, 重ねて, 長居する, 霎時五年前の, 面白い事

1 [828件 抜粋] あった, あらざれば, あらずして, ありまた, あり愛, あり殺するも, あるから, あること, あるとしても, いう上層階級, いう平等, いう祖国, いたって, いたると, いて, いふ, いふや, いらしった, いらっしたの, いらっしゃるじゃ, いらっしゃる方, いらつしたの, いる気, お大師さま, お飯, こ, この書, この衝動, これら新, ごく偏狭, その一つ, その位置, その原理上, その始末, その必然性, その数個, その百分の一, その若干, その集約点, ただ一つ, ちょっと名前, なければ, はかの, はじめて利害關係, はっきり云っ, またこづみといふ方言, また一, また助兵衛, また照る, やあ泥絵具なんて, われ醫の, ゐて, ウロウロ鏡, ザッと, ジュギュルタ更めて, ミシガン州初まっ, リッケルトの, 一々取り立て, 一つと, 一つ二つ擧げ, 一つ先生を, 一つ忠告したい, 一つ普通の, 一つ残された, 一つ殘念な, 一つ笑かしい, 一つ考へね, 一ツお話しなけれ, 一大决心を, 一寸註を, 一應短歌作者諸君に, 一生の, 一生を, 一種のと, 一般的に, 一葛藤が, 一言断っ, 一言記し, 一轉機を, 一首を, 万葉集を, 三十年東京は, 三度鯨波を, 三百年間優勝者の, 下野国安蘇郡飛駒村に, 不景氣, 不朽の, 両説, 中歳, 主として私情的, 乃ち人類なる, 予の, 予め其大躰, 事実と, 事業を, 事物の, 二人あり, 二度と再び土, 二百円ばかり, 云う心境, 云う標準, 云う生きるという, 五年また, 今宇宙の, 今更説明を, 仏教特有の, 付記し, 代数的或いは, 任意とは, 低俗プラグマチックの, 住んだの, 住居する, 何う, 何ともいえない, 作品の, 作者が, 來られし, 例えば日常的学問, 例外の, 倒れても, 偶然なる, 傷つきはてて, 働いて, 僕の, 僕らの, 先験性, 全く不可解, 全く実力, 全く絶ゆ, 全文を, 全都, 其の全文, 其の決定的, 其れ, 其初一念を, 其文を, 其本源を, 内容という, 再びくり返す, 再びパリス, 再び俺, 再び是非, 写生し, 出自が, 分類学の, 初めてこの, 初めて二千米以上, 初めて目, 初めて科学的認識, 別に云う, 到つて, 到りては, 前以, 副官府大, 力説せざる, 動亂を, 動機と, 十有余年其の, 十歳の, 南洋民族の, 厳存し, 又た, 反省し, 収めたの, 収められてるもの, 収め其後, 取立てて, 可笑しい事, 可能である, 君を, 告白を, 咲かず実は, 問わず個々, 問題にな, 固い基礎, 國債を, 在った, 在らずや, 在ります, 在るの, 坊主と, 堅實なる, 外國から, 大略借用すれ, 天女現われ, 天然神話の, 夫婦餅を, 奧といふ, 女子の, 妻と, 威力を, 子供研究社創刊の, 存ず, 存在した, 存在判断は, 学問は, 學問は, 宇宙は, 完成を, 客観的な, 宣告し, 富士浅間大明神なる, 小生有志, 少しく之, 少しく書い, 少しく注意, 少しく述べん, 少し省略, 尚一個, 居たの, 居ついて, 居て, 居られたとは, 居られる郡視学さん, 居るか, 居れだありやの, 居ろと, 居を, 展開される, 差勇と, 市を, 年を, 幸福の, 引用する, 弱し病, 強固なる, 形而上学と, 彼れ, 彼女自身, 待つて, 御斷, 御話し, 御話します, 微妙なる, 必然である, 必要である, 忍んで, 応用する, 思い起こす必要, 性格概念の, 怯え戰, 意, 感ずる所, 感謝します, 憶い起こすべきである, 成り立つこと, 成り立つの, 或神, 抜出して, 持ち出すの, 指摘される, 挙げしのみ, 挙げたる二つ, 挙げたる最後, 挿みます, 捷利を, 掲ぐることの, 掲ぐる支那人の, 掲ぐる論文は, 掲げて, 掲げられては, 掲げること, 提供した, 提出したい, 換言すれ, 支那の, 支配制度の, 改めて滿腔, 改めて説く, 改めて述べる, 教材の, 文学的扮飾という, 文藝の, 断るまでも, 斯かる, 新しい女, 新住宅, 方法概念の, 於ける存在, 旅費が, 日本の, 日本古史神話の, 日本文化の, 明かに, 明治天皇の, 昔の, 是を, 是非共白又は, 普通の, 曲中の, 曲率が, 更に又, 書いたの, 書き連ねた丈, 書くこと, 書く物, 書こうと, 最初の, 有ったかと, 服從の, 本官は, 本篇, 来りし者, 来るの, 東京市会議長の, 枯野の, 椽大の, 概念の, 機縁を, 止ること, 正誤す, 歴劫不思議な, 母の, 氣付いた, 求めるの, 法廷の, 法律の, 注意しなく, 洗った草鞋, 洪水説話の, 浮いて, 淡路の, 渙釈したらしい, 測定と, 滯在し, 漸く, 漸く終り, 澤山な, 濠太拉利亜土人の, 煩を, 熟せず, 物語ったところ, 特に注意, 特に述べ, 特筆すべき, 犯人は, 独力以て, 猶といふ, 猿の, 現はれ, 現実内容から, 琉球の, 生れる, 産殿の, 申し添, 申し述べる必要, 申上げぬ, 申述べ, 申述べた, 留られよと, 疑問の, 発した, 発表し, 登場し, 登用される, 發展し, 發見すべし, 直ぐさま交互作用, 省く, 眞摯に, 真似し出し, 真壁掃部助と, 着物が, 短篇文学の, 確定的な, 示す, 神という, 神の, 神祕を, 秀子が, 秋葉神が, 科学的世界と, 秩父の, 稍高等な, 空気の, 空間意識は, 立ち入, 立つて, 第一回空襲, 第九歌集中, 第四階級, 精密厳正なる, 紹介した, 紹介すれ, 絮説を, 緑葉が, 緩急二様の, 繰り返へす必要, 繰返へすこと, 纏めたもの, 群が, 群そのものの, 翻刻した, 考慮すべき, 聊か従来, 聊か述べ, 肚の, 胚胎する, 自己の, 自己批判が, 自然弁証法の, 自然科学に, 至った理由, 至って行長等明, 至つて人格も, 至つて優越者の, 至つて六つの, 至つて自分は, 至りしなり而, 至り候, 至るの, 至る者, 致すこと, 若干の, 苦労あれ, 蒲團を, 藝術の, 行はる, 補入, 要求され, 要約すれ, 見えるの, 見られるの, 見られる私, 見るやう, 見出された思惟, 見出されるかの, 見出したであろう, 見逃すこと, 覚悟の, 角そのものと, 言いたいこと, 言うの, 言う芯, 言は, 言及し, 記し度, 記す, 記憶の, 記載する, 訳出した, 試みられし, 詮索する, 詳かに, 詳しい説明, 詳しく説明, 詳細に, 詳説する, 誌した, 認めないと, 認識論的範疇の, 語らんと, 説明し, 説明したい, 論ずるまでも, 論ぜず神話的説明, 諸子を, 謹しんで, 謹んで, 讀書と, 谷まったな, 贅する, 贅言を, 起れりといふ, 起因する, 踏み止まらねば, 輕率なる, 輿論を, 返辞を, 述べし説話, 述べたる意識的, 述べます, 述べるにも, 述べる必要, 逃げ込んで, 透察は, 這ふ, 運び来って, 適用すれ, 適當なる, 野営した, 金が, 銘記し, 開けること, 附言し, 附記す, 随分心, 際限ない, 隠して, 集めた, 集られたビジテリアン諸氏中, 集合概念という, 非性格的概念, 面倒な, 面白いと, 面白き談, 順序として, 顔を, 顧られる, 飢死に

▼ 茲~ (197, 10.4%)

4 問題に, 私は 2 お話しに, 中断し, 助けても, 古い記憶, 報酬を, 聴かせて, 読者に, 雨さへ

1 [173件] いう自我, お前さんに, お浦, かの小説家, こういうこと, この告白, この小説, その見知らぬ男, ちょっと呆れ返り, ちよつと, にやりと笑顔, はからずも蜂須賀巡査, また一言お断り, ものずき, イワン・イワーノ, イワン・フョードロ, カントに, グリゴーリイ・グリゴーリエ, シェリングの, チェレ, ロマンティークや, ヴィンケルマン, 一つ我身に, 一体ひな, 一寸と, 一寸天下, 一寸序で, 一寸断つ, 一寸芸術, 一寸註釈を, 一寸話が, 一寸話は, 一寸返っ, 一応読者, 一言すれ, 一言に, 一言申しあげ, 三人の, 三拾や, 下手で, 不忍, 世界観とは, 争うには, 争ったとて, 二つの, 二重体を, 云いたいの, 云うジャーナリズム化, 云う丈, 云う所, 云って, 今社会学, 代表的な, 会って, 何うし, 何が, 何がなし附加, 何も, 何を, 作用する, 保護の, 僕に, 優越なる, 全く役目, 全く秀子, 其の旨, 典型と, 初めてその, 単なる経済的, 又観音経, 叔母さんは, 君は, 吾, 告げて, 問えば, 問題は, 因果とか, 声を, 外へ, 多く読まれる, 多少結論, 大な, 如何に私, 嬉しい顔色, 小生は, 少しばかり, 少し云っ, 少し許, 差し当りの, 己が, 平均性, 平岡の, 廃めさせ, 彼は, 彼女はじつ, 彼等が, 彼自身は, 御礼を, 心理的に, 恩を, 悪魔は, 情ある, 情けある, 我輩が, 或は君, 持って, 捕縛する, 政治的に, 方法と, 明らかに, 是非とも, 暫く時間, 暮し三月, 更に今一つ, 月評の, 次に取り上げよう, 止めて, 歴史的原理の, 死んだなら俺自身, 死骸検査の, 殺すぞと, 泌, 注意すべき, 漸く海, 熟く考え, 燐燧を, 物の本に, 物質という, 特に皆さん, 特に論理, 用いようと, 疲れやすめ, 直に異分予, 相談を, 社会学と, 社会的諸, 私の, 筆を, 簡単に, 終って, 終つてゐる, 終りを, 統計解析という, 縁談の, 繰り返せば, 考えて, 腐らして, 若し約束, 若兄, 茲では, 見られる多, 見出されたこの, 許して, 証明を, 語を, 説明する, 謂ふ, 講演を, 警官は, 貴女と, 貴方に, 買つて了へば, 買收と, 述べなければ, 述べるまでも, 逃亡を, 重要な, 金が, 開かれる事, 附加へ, 電報を, 面白い証拠, 高輪田に

▼ 茲には~ (87, 4.6%)

3 唯その 2 云うまい, 冗説せぬ, 略して, 略すること, 省くこと, 省略する

1 [72件] あったこと, この物語, これを, しばらく, すでに無意識的, その恒存性, その方面, その詳説, ただ一つ, ない何, まだ何, 一々之, 一言だけ, 主として神事, 二重性の, 何の, 來たる, 便宜上自分, 先を, 其のお, 其の輪郭, 割愛しなけれ, 只だ, 只序論, 唯一般的, 唯少しくその, 唯張籠, 唯目睹, 唯説話界中興味, 問題が, 單に, 始皇帝と, 学問の, 専ら天然物素話神, 専ら東洋, 少くとも, 幸い余の, 引用すまい, 引用せぬ, 後に, 恐らく何, 意識形態論としての, 早や, 更に末期, 東京から, 案内者の, 極めて大体, 殆ん, 汗と, 決して一定, 深い哲學的議論, 無頼の, 略す, 略する, 異様なる, 目覚ましい精神, 省略しよう, 紹介すまい, 繰り返へすまい, 纔に, 肩を, 著者等の, 蜘蛛らしい, 見えぬでは, 親迎, 言えない, 言はず唯だ, 言ふまい, 説いて, 説くまい, 説明せぬ, 説明を

▼ 茲では~ (68, 3.6%)

2 存在が

1 [66件] そういうこと, そういう二人, そういう最高, その史實, ただこの, ひどく背高のっぽ, まず生物連続, もはや正直, サブシと, 一つの, 一切しない, 不可能であるであろう, 主なる, 事物が, 二に, 云は, 云わず満, 云わない, 以前から, 併し, 其の事, 制約者, 単に衝動, 却って自我, 卵生に, 又生気論, 取上げないこと, 只茫漠, 唯博洽の, 唯物論が, 問題でない, 問題では, 喉の, 單に, 夫に, 如何なる点, 専門家だけが, 常識一般が, 必竟本場の, 意識が, 或る, 措いて, 文学的表示としての, 明治初年井上博士に, 最も平凡, 森主, 歴史的感覚, 理性が, 略するが, 白状し, 省こう, 真理の, 真理性の, 社会によって, 繰り返すまい, 自然の, 自然哲学という, 與へられた, 要素の, 論理と, 貧窮と, 身を以て, 重大な, 釣れるかも, 長くなる, 関係が

▼ 茲~ (67, 3.5%)

9 来て 3 来たの 2 おいで, 這入って

1 [51件] お出しなさい, お呼びなすっ, お浦, 一々記す, 來た, 倒れて, 入って, 入っては, 入れたに, 入れて, 出して, 出て, 出ろ, 呼ぶなら何, 坐りましょうよ, 寄越したの, 寝ますよ, 廻って, 持つて, 故, 来たという, 来たとは, 来た様, 来た硝燈, 来ぬと, 来りゃ彼奴, 来るの, 来るまで, 来るもの, 来るより, 来る事, 来る旅費, 来る時, 此の, 登って, 眠つて終へば, 着いた筈, 秀子を, 立ち寄り此, 置いた者, 聚つて仕舞つた, 落したかと, 見兼ねて, 返したの, 返ったの, 這入った戸口, 連れて, 連れられて, 遊びに, 遊歩に, 開いて

▼ 茲まで~ (41, 2.2%)

7 来ると 2 聴いたとき美奈子, 話したとき, 迷ひ

1 [28件] きて, はまり込んで, 云うと, 云って, 云ふと, 出て, 到達しない, 引きずられて, 来いと, 来て, 来ても, 決定する, 流れて, 漕ぎ着けて, 漕ぎ附けたのに, 漕ぎ附けて, 考え来るとき, 聞いて, 行き著, 話が, 話したもの, 説き來つて, 述べて, 進まなければ, 運んで, 高く上っ, 黙って, 黙つて

▼ 茲~ (29, 1.5%)

2 何も, 猶だ, 静かです

1 [23件] まだ帰らぬ, まア村, マア村の, 一ト合戦致し退かで, 五六畳かと, 余程地, 停車場では, 公羊傳を, 前の, 単身上月城へ, 右は, 己の, 徃反する, 日本国だけに, 未だ此の世, 死んだ後, 瀬戸内海で, 病院の, 私の, 穢い素性, 穴倉である, 穴倉の, 貴方が

▼ 茲~ (29, 1.5%)

4 お閉め 2 去られるの, 開けて

1 [21件] 先途と, 出掛けた, 去った頓, 去ってから, 去る決心, 城中へ, 抜けたが, 斯う, 本丸へ, 立ち去らねば, 立ち去りましょう, 立ち去りますから, 立ち去り直ぐ, 立ち去る前, 立って, 立とうと, 脱け, 脱けたに, 解釈し, 通しませんと, 通ったの

▼ 茲にも~ (24, 1.3%)

2 俺の

1 [22件] すぐ問題, その意味, たわわに, また二十年前, また氏, イタリーの, 亦性格, 亦柔ら, 人あり, 伝わって, 古い疲れた, 因果律が, 多くの, 官僚教育者たちの, 幾多の, 廊下の, 形式主義の, 現われるの, 矛盾が, 確か秀子, 種々の, 表現されずし

▼ 茲でも~ (23, 1.2%)

2 亦吾

1 [21件] これだけの, はっきり説明, ボオドレエルは, 亦イデオロギー, 亦カント, 亦人々, 亦完全表現, 亦情意, 亦歴史, 亦知識社会学, 亦空間表象, 亦見るべきである, 亦論理自身, 復苦しまぎれに, 矢っ, 空間の, 繰返し想起, 荷物を, 赫子に, 饒舌を, 鱸が

▼ 茲~ (22, 1.2%)

4 事だ

1 [18件] ことだ, ことである, アパートあちらの, 主人は, 事か, 区別は, 地に, 垢をも, 境に, 夏遽に, 家で, 實景を, 思案が, 息子は, 海で, 病房の, 盟に, 芋屋は

▼ 茲から~ (19, 1.0%)

3 出て

1 [16件] その余儀なき, ならば, 何所へ, 先は, 出現する, 出発した, 北し, 四五町の, 来たの, 来る, 来るの, 発生する, 直ぐに, 眺望すれ, 見えるの, 這入つたもの

▼ 茲~ (17, 0.9%)

2 尾崎君の

1 [15件] 世に云う, 余程奮発努力, 先生の, 即ちミステリイ, 即ち室, 即ち老女輪田, 学者の, 彼の, 手古奈の, 死人の, 痴情の, 目科の, 私の, 聊か私, 親にも

▼ 茲にて~ (4, 0.2%)

1 又馬車, 弁当を, 明白なれ, 目科と共に

▼ 茲ばかり~ (4, 0.2%)

2 では, 一寸人間

▼ 茲~ (4, 0.2%)

1 一方ならず荒れ, 厭な, 戸が, 血を

▼ 茲ぞと~ (3, 0.2%)

1 云う風, 思い, 思って

▼ 茲までは~ (3, 0.2%)

2 届いて 1 私の

▼ 茲より~ (3, 0.2%)

1 奥には, 本所停車場までの, 爲ては

▼ 茲からは~ (2, 0.1%)

2 見えない泉水

▼ 茲~ (2, 0.1%)

1 よとて大, 禍變じ

▼ 茲でなさる~ (2, 0.1%)

2 なんてあんまり

▼ 茲においてか~ (2, 0.1%)

1 寿山子の, 摸倣に

▼ 茲にこそ~ (2, 0.1%)

1 氏の, 湛ふるなれ

▼ 茲~ (2, 0.1%)

1 之ヲ表彰ス, 満三年ニシテ

▼ 茲暫く~ (2, 0.1%)

1 の間俺, は西洋物

▼1* [48件]

からと思はれたあたり, 茲からも重ねて, 茲きりの物, 茲こそはと燐燧を, 茲この頃ひどく, 茲じゃどうもお話, 茲彼と, 茲やどうも, 茲でもというのは, 茲など同じく各, 茲ならば先ず, 茲にだけあるわけ, 茲にても我等を, 茲にまで至った事, 茲にもかと四辺を, 茲へは来ませんよ, 茲へも或は最初京都, 茲ほど退屈は, 茲までになるには, 茲が先ず, 茲を以て殷賑の, 茲ニテ御筆, 茲ニ六年ニナリヌ又天皇, 茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, 茲ニ叙スレバ即曰ク松葉楼, 茲ニ国際学友会ヲ組織シテ, 茲ニ掲グル例外的不幸ヲ除キテ無用ナル立法ナリトス, 茲ニ日本化シ更ニ近代化シ世界化シテ來ルベキ第二, 茲ニ書ヲ呈ス, 茲ニ止ダ其十分ノ三ヲ録シ以テ山林高隠, 茲ニ青海四川甘肅, 茲如シ, 茲ハ嘉永六年六月九日米ノ水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ, 茲三ヶ月間一度も風呂, 茲二三ヶ月いくら手紙, 茲二十四になった, 茲十七歳横浜で有名, 茲十三になる, 茲十九になる, 茲十八歳だけれども, 茲十年ほどの間, 茲四つになる, 茲四月某日なり遺, 茲大正六年に東大久保, 茲天保丙申秋九月十日賢嗣朴甫設宴召集蓋終其先志也余亦与, 茲昭和八年の春, 茲開け給へ, 茲鸞鳳辞荊棘烏鳶如有