青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「義~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

美濃~ 美術~ ~群 群~ ~群れ 群れ~ 群衆~ ~群集 群集~ ~義
義~
~義務 義務~ ~義理 義理~ 義雄~ ~羽 羽~ ~羽織 羽織~ ~翁

「義~」 3954, 41ppm, 2835位

▼ 義~ (474, 12.0%)

12 見て 9 もって 5 して, 含んで 4 した, 唱えて, 唱道し, 慕う者, 結んで 3 一に, 拡めて, 持つて, 示して, 立てて

2 [28件] すてて, まもる, まもるなどとは, むすんで, 伸ぶる, 何と, 分化した, 分化する, 含蓄せる, 天下に, 存し, 学ばねば, 守って, 慕ふ, 持つたもの, 持つの, 捨てて, 施して, 明らかに, 標榜として, 沒, 知って, 知らない男, 知る獣, 経て, 結ぶこと, 自慢に, 見ては

1 [352件] あふぎ, あやまつたもの, いずれも, いふが, うけて, うしない以, おつくし, おもうて, おもんじ天下, お忘れ, お救い, かける所存, かりて, きわめた剣腕, ここに, このよう, ささげんと, さして, させますかと, さとりうべきを, さとるを, さまざまの, さらに次, したり, したろう逢ったら謝罪, した事, しめす, すてよとの, すること, する者, せむずるならむと, たずねた, たてて, たてとおすこと, つくさせて, つくしあらゆる, つらぬいた本懐, とうとび世間, となえともに, とらえた結果, とる, なさざるよう, なし奉るべし, なす, なすって, なす様, はつきり見せた, ひろめたま, ふるって, まず求め, まねて, まもるという, まもるといふ, まもる小, むすび君臣, むすび弟, むすんだる燕人, むすんだ劉玄徳, むすんだ男ども, もつて, やり卅二年, よくよく心得, わかり易く民衆, 主と, 主に, 主張し, 主張した, 交わして, 人の, 仰せられては, 伝えた, 作つて詳しい, 俗釋に, 信奉し, 修め霊界, 傍え, 備えて, 先に, 先鋒に, 免職し, 全うし, 全くす, 兼ねたるもの, 出す音, 助たる, 取り, 取りて, 取り仁, 取り俯仰天地, 取る所, 取る者, 同くす, 同じうし, 含ませたる, 含ませたる逍遙子, 含みたれば, 含む語根, 含んだ物部, 唱えた者, 唱えても, 唱えながら, 唱えんが, 唱え和親交易, 唱え民, 唱え社会, 唱え衆, 問いかけて, 問ふ, 喩り, 嚴禁する, 固め兇器等, 固執する, 変えるくらい, 大将として, 失い外, 失ふこと, 奏する事, 奪はれた, 好めば, 妨ぐべからず, 妨ぐるの, 妨げざれば, 始め墳墓, 存するもの, 学びます, 宇内に, 守て, 守り父兄, 守り理, 守り生涯, 守ること, 守るべし, 守るもの, 完うなされたら, 定メ, 宣言し, 害するを, 尊び仁政, 尊び名分, 尊ぶこと, 尽くすこと, 尽すこと, 工藝においても, 師匠に, 廃し, 弁えて, 弁ずるが, 弁へ, 引き城下, 得たる人, 心に, 心得ない野人, 忘れがち, 忘れて, 忘れるよう, 忘れ果てながら, 恢復する, 悟りえざるに, 悟りその, 悪んで, 想って, 感ずる様, 感謝を以て, 懇願致します, 成さず, 成すこと, 戴いたので, 拵えること, 持ち具, 持つた語, 持つ樣, 捨て, 捨てなかった者, 捨てられようか, 授かって, 排斥し, 推定すべき, 救ふ, 教える宗教家, 教ふる, 教へる, 斯迄重大之, 施しさらに, 施しそれ, 施し次いで, 施し術文, 旅行し, 旨と, 曲げさせようと, 曲解敷衍し, 有す, 有すること, 有するもの, 有する名詞, 有する語, 期待する, 果し公儀, 棄てて, 欠いた私, 欠いて, 此木に, 殿の, 決め得るに, 治むるに, 混同する, 溯源する, 為さざるよう, 無みし, 獲得せる, 生きがいに, 生じ遂に, 申し継ける間, 申し行ふため, 異にす, 疑っては, 発揮した, 盟って, 目前に, 相解度念願, 知つてゐる, 知て, 知らず恩, 知らず書, 知らな過ぎるなどと, 知らぬ, 知らぬ忘恩, 知らんと, 知り詩書, 知るの, 知るわが, 知る大将, 研究する, 碎いて, 示し得るわけ, 示すの, 示すもの, 示すを, 私たちに, 窮めようと, 窺い得た形跡, 立つること, 立つるに, 立て, 立てたの, 立てたよう, 立てること, 立てるにも, 立てんと, 立て給, 米友が, 精励し, 約して, 約す侠徒, 約束した, 細かに, 結びたまえ, 結びて, 結び海賊, 結び父, 結び親, 結んだ兄, 結んだ兄弟, 結んだ林冲, 結んだ状, 統べ而, 絶つもの, 総べ一切, 練り言葉, 置かなければ, 習う, 考えて, 考へると, 荀子は, 著は, 蒐めな, 蒐める, 蔑に, 藏し, 血に, 行い以, 行うため, 行う者, 行ふ, 行合, 表したるなり, 表して, 表わすに, 裂こうと, 製し沒理想, 見かけるなり, 見れば, 見殺しに, 解かん, 解さざるか, 解して, 解すること, 解する者, 解せねば, 解決し, 言ひ出す, 言上しけれ, 記したもの, 証するもの地上, 試みる, 誓いそれに, 語りあるいは, 誤りて, 説いて, 説かれても, 説きたりと, 説き奮起, 説き聖餐, 説き聞かされて, 読みつ, 読むなり, 論じて, 論ずるもの, 論ぜず其の, 論ぜば, 謗るは, 講じて, 講じ大, 講ずること十遍, 證する, 識らず, 識認す, 讀んだの, 貫いて, 踏むか, 踏襲する, 身に, 軽くせ, 述べて, 述べんと, 逞しゅうせしめざるべからず, 進めて, 道を, 達して, 遣わした事, 遣わしましたが, 遣わし折節, 遺經, 釈いて, 重しと, 重んじ情誼, 重んずる謙信, 開くこと, 闡明する, 附けると, 離れた換言, 離れては, 非と

▼ 義~ (327, 8.3%)

30 して 6 於て 5 於ける認識論, 用ゐ 4 なつて 3 付御, 依って, 御座候, 感じて, 解して

2 [16件] あらざれば, いたが, とらわれて, なるかと, なれば, 勇む平次殿, 勇む親分, 厚く情, 堅い豪傑肌, 従ふ, 從ひ, 欠ける, 用いたもの, 落ちる, 解釋する, 饑ゑ渇く

1 [230件] あつくお, あつく仁, あらず, あらずかへ, うごかされる事, かなって, こだわって, こだわらず助かって, ござります, さしつかえるワケ, そむいては, そむくよう, それだけ合致, たが, たすけられかつまた, ついたの, つながると, とつて, とらわれず忠孝, とらわれないで, とらわれ主従骨肉, とるべきでは, なったの, なって, なつた, なりて, なります, なるから, なると, のぞんでは, はさまれて, ばったり会った, ほかならない, むすばれた大小, やって, よつて, よつて側近たる, よりて, ゐた折, 一説を, 不思議なる, 与します, 主に, 付き有志, 付出入に, 付委細の, 付町稼ぎ, 代え法に, 似て, 使はる, 使ひ分けなけれ, 使ふこ, 依っての, 依つて, 依て, 係る理想, 候, 候えば, 候ところ近来輦轂の, 候故, 倣い結んで, 傾いたの, 傾いて, 入りましたが, 分ち用ゐる, 則った広大, 則り壇上, 勇みし源三位, 勇みすぎる風情, 勇みやすい, 勇み仇, 勇むカウ, 勇む江戸町民, 勇む男, 勇んだかどによって, 勇んで, 厚いの, 厚い方, 厚く侠, 厚く武技, 及ばず候, 及ぼさず自, 反く, 反す, 取らる, 取られ沒, 取り日本武尊, 叶ふらしい, 合は, 固いところ, 固く慎重, 基くと, 堅く情, 堕するであろう, 堕落した, 外ならぬ, 多く用ゐられる, 失するもの, 孝に, 富み信, 富み決して, 富むこと, 富む人間, 富んだ返事, 就て, 就ては, 帰着する, 引用した, 強いは, 強い数々, 強い男, 当面すれ, 従いて, 御坐, 御座候得共右等之, 御座候得共最早, 御座候所内外餘程御, 御座候本書は, 御座候間兼て, 徹した判断, 悖り利, 悩まさるるに当たり, 悩まされんこと, 惑って, 感じる性情, 感ずれば, 感心し, 戻るもの, 戻れり, 拠って, 拠りて, 捉わる, 撞着せり, 據り, 於いても, 於けるよう, 於ける傳道者, 於ける政治事項, 於ける課題, 極められるの, 欠けるよう, 歩むの生涯, 歩めるの, 死した人々, 死する者, 殉ずる烈々, 深く根ざし, 渇く者, 溯ぼったらそれほど, 滞る有れば, 熱し愛, 片寄せて, 理解する, 生きられるもの, 生きる仲間同志, 用いてないこと, 用いられたの, 用いられたもの, 用いられて, 用いられる様, 用うる, 用うれ, 用ひたる, 用ゐた, 相當, 相違なし, 神秘主義の, 縁なき, 考えられて, 考へたの, 考へられて, 背き信, 背く, 背くにより, 背くもの, 臨んでは, 至り候ては, 落ちて, 行けば, 解くべきに, 解された, 解しいわゆる, 解したが, 解し又は, 解すべく候, 解すべし, 解するとき, 解するを, 解する人, 解すれば, 解す可, 解せしを, 解せられる, 解せられ村中寄合, 解釈され, 解釈した, 解釋し, 解釋せらる, 触れた社会, 触れて, 触れるよう, 訓する, 訴えるす, 詮義を, 説いて, 説けば, 説ける, 趣味の, 転じて, 転ぜられる, 近いとも, 近いもの, 近し粋, 近づき己, 近づく理由, 送り出さうと, 通ずるから, 通ずるを以て, 進む所, 逸る君, 過ぎない, 過し其後台北, 違ふ, 違へ, 關係なき, 限りたる, 集まる鉄石, 非ず, 頼り守り難き, 驚いたその

▼ 義~ (261, 6.6%)

15 ために 4 ためには, 孤児を

2 [12件] ように, わかみぬま, スパや, 一つと, 中に, 中國國民黨イタリアの, 主旨は, 兄と, 字が, 杯は, 杯を, 體を

1 [214件] あつた, あること, あるむすめ, ある事, ある所, いる一殿, えんで, お堅い, が八七五・〇〇〇弗, ことだ, ことは, これ善なる, ごとき, ごとき小国, ご時勢, ためでは, ための, ため仁人の, ため呂布を, ため青州へ, ところへ, ないほど, ない人間, ない商人, ない言, なかるべきや, ひとつを, ものぢや, やしき, アントワアプや, ウェッテレンという, オスタンドへ, サルトン博士が, ジョルヂ・エックー等の, スパ, ブラッセルか, マルビキユーリ銷麗の, ロオダンバツクが, 一字を, 上から, 上単に, 上当, 上穢多と, 世の中まさか, 世界は, 中には, 中國のみ, 中國は, 事であっ, 人々である, 人が, 人に, 人間にても, 付く人間, 仲間では, 位置より, 体を, 何たるかを, 何たるを, 余光と, 作品を, 作家マアテルランク, 侍, 信奉者は, 備えへ, 兄として, 兄弟この, 兄弟と, 兄弟とも, 兄弟に, 冕を, 出來やうは, 分化に, 勅下り候時は, 勝利を, 区別が, 十九世紀の, 友として, 叔母村上氏齡七十にも, 叔母村上氏齢七十にも, 古語或は, 同うし, 名, 名に, 名を, 名高い大寺, 君が, 味方であっ, 問題だ, 問題に, 喜曲悲曲にて, 嘉会なり, 固い男, 固定という, 国にて, 国は, 国を, 国境へ, 堅いもの, 堅さ, 境を, 外に, 大小では, 大小によって, 如きは, 如きも, 如き偉大, 妻劉氏の, 嫡男, 子供達僕等の, 字を, 孤児に, 学問を, 守って, 安達峰一郎大使が, 完全なる, 定まるところ, 定席播重の, 宝石商人の, 家に, 富貴に, 尽なりと, 巡査にも, 帝紀の, 廃れた今, 弟だの, 弟として, 弟石秀を, 性に, 怨敵の, 意味での, 戦線へ, 所へ, 所謂フアンドシエクルの, 手勢に, 排撃第, 教を, 数々を, 敷衍を, 文學評論の, 方が, 日本人の, 明らかに, 是非を, 望氣の, 本である, 本質に, 権経に, 段々, 民族主義は, 民族民権民生の, 永久局外中立を, 沙汰は, 波斯語なり, 源泉と, 為に, 爲に, 爲には, 猛勢, 理を, 琉球古語の, 生きみ魂, 発達は, 百遍も, 盃を, 研究を, 礼式に, 神と, 神に対して, 秘義である, 種かくの, 經也と, 罪に, 罪を, 考へ, 者は, 自動車が, 自動車は, 舞台と, 若い作家, 観念が, 解析を, 解決に, 解釈にも, 解釈を, 言は, 言語の, 訓の, 許婚の, 話に, 誓いが, 誓いを, 語そして, 語意では, 語根, 語自, 説で, 踏襲者です, 身代を, 連発で, 進出と, 運転手は, 道こ, 道に, 野づら, 鉄とて, 長い副詞句, 雑誌に, 青年詩人が, 餘光と, 首府の, 首府ブラッセルは, 首都ブラッセルから, 體であり

▼ 義~ (149, 3.8%)

5 あつた 4 は, はない 3 はなく 2 あらう, な然し, はなかろう, は無く, 普通に

1 [123件] あたかも我邦俗, あつたらしい, あつて, あらうか, あらうと, あらねば, うねは, うふぢ, こっちの, この場, この材, この杭, したがってこの, すぢゃあ, すなわち日出処, その変わり, その花, それが, それは, にひなめ, はあるまい, はまったく, はやはり, はタマモカリハム, は云, は同一群, は御, は必ずしも, は決して, は真枚, は第, は脱字説, ひとり呉の, ふゆ, また勝処, まを, もって, もとは, もとわ, もと土蜘蛛, をちの動詞化, カイチまたは, ケダシ・キミカトと, シヴァ神の, チセイコロカムイは, ナハ・タテズシテと, ナルングルという, 三輪山の, 人の, 余り旨い, 俗を, 僕を, 全く毛無, 全体の, 八十と, 動物を, 口だ, 古来この, 唯徒ら, 土器を, 境の, 大きなロマン, 大体において, 大阪の, 婚姻を, 字に, 家に, 寛元, 寺家から, 屋外に, 山から, 己に, 常に崇高, 後の, 御座り, 恩返しを, 恰も我邦俗, 惑星は, 愛ずる意では, 態の, 手強うする, 數は, 新奇の, 早く這入, 普通民の, 本居翁, 桜に, 梵語等も, 橋ぐゎぁ, 毛なし, 毛無と, 江戸ッ子捕, 浮浪民の, 港の, 為遂げる, 牌の, 特にこの, 独逸兵の, 猴と, 生きる好漢, 田楽は, 甲賀衆と, 畢竟花, 畢竟葉, 異族たる, 疲れ果てた後, 空想上の, 第一義の, 紹介した, 義の, 羽前境の, 老懸, 茅花を, 衆生の, 西班牙人が, 観せつけられた所為, 詞章の, 諸動物, 謂は, 進行が, 酒田地方の, 顔淵の, 食物に

▼ 義~ (144, 3.6%)

4 するに 3 すべきか, せらるる世界 2 いう, いえば, す, せらるる神, なる, 愛と, 聖と, 解して, 言ふ

1 [116件] いいました, いうが, いうと, いえ情, されたが, したに, し之, し古事記, し往々, し或, し昼間, し睡眠中, すと, すべきである, する, すること, すると, するのみ, するのみにて, するや, する時, する説, する鉄心, すれば, せよ, せらる, せらるるは, せらるる時代, せらるる生活, せらるる美, せられず我, せられた時代, せられて, せられるという, せられる国, せり, です, なしたの, なしたるのみ, なし逍遙子, なすで, なりしもの, なり社会, なり若し, はなつて, よび信, 三あり, 不實義, 不義が, 主権在民の, 云う字, 云えば, 人の, 仁の, 併せられて, 侠と, 侠の, 刺謬する, 友情の, 同じく生産霊, 同様である, 名分の, 大義とが, 天下に, 奉存候, 存じ候う, 存候, 式典との, 心得あるべからん, 忠誠を, 思いその, 情けと, 情とが, 慈悲方便もて, 戦の, 改まりて, 智を, 有ります去らば, 望み, 望みを, 沐浴に関する, 法とを, 法の, 爲さず, 理趣とを, 直を, 相通ずる, 礼においては, 礼知の, 称するに, 箇条箇条を, 美の, 考へて, 考へるの, 自分の, 薩摩征伐の, 西班牙から, 見えるが, 見えるね, 見るは, 観音経を, 解し阿羅漢, 解すべきもの, 解すべくそれ, 解すれば, 解せられる, 解釈され, 言うなり, 記されましたが, 記したり, 証明, 詩経の, 變じ, 逕庭ある, 道とに, 飢馬草を

▼ 義~ (141, 3.6%)

113 が笑っ, の前, の眼, の言葉, を睨みつけ 2 がその, が叫んだ, が頷いた, に聞いた, の庵室, の方, はじっと, はそう, は脣, を見た

1 [95件] からこう, がいる, がこの, がそう, が万事後, が云った, が凝視め, が出, が南玉, が土鍋, が声, が小太郎, が手当, が牧, が猿, が現れ, が現れたなら, が笑った, が箒, が聞いた, が背後, が襖, ぐらい, じゃ, だ, だから, だという, ってずく入, って坊さん, って坊主, というの, という坊主, とに対する注意, と仰せられる, と戦う, と申す, なるもの, に, にいった, にお, には自分, に参らされ, に念じ, に斬りつけ, に渡す, に近い, に降伏, のいった, のおる, のこう, のこと, のため, のほか, の出現, の声, の姿, の寝息, の後姿, の心, の手, の指図, の柔らか, の立去っ, の背後, はいっ, はこう, はこともなげに, はすぐ, は南玉, は朗, は次の間, は汚い, は炉, は牧, は眉, は立, は綱手, は草, は金包, は頷い, は頷いた, は首, へ, へお, へつい, へ微笑, へ斬りつけた, へ斬り込んだ, をじっと, を怨む, を教えたなら, を牧, を眺め, を見守った, を討ち洩らした

▼ 義~ (124, 3.1%)

11 の子 3 の三男 2 が六条, と清盛, の心, の愛人, は, も, や一族

1 [96件] がいる, がわざと, が先, が名古屋, が在世, が平家, が庇っ, が彼女, が末子, が殺した, が父, が率先, が誅せられた, ではない, といい, という, という人, とのあいだ, とは和, とも源家, と名のり, と生した, などはお, にうけ, につかえ, にとっては嫡男義平, にどこ, には大いに, には悪, にもまた, に代っ, に似, に向っ, に弓, に愛され, の, のいたした, のまわり, の一族, の一語, の五七忌, の五七日, の仇, の代, の伯父, の兜, の八男, の奥方, の子供, の孤立, の寵, の廟, の想い女, の愚, の新, の方, の旧臣たち, の末子, の第, の紛れない, の胤, の跡, の轍, の遺子, の遺臣たち, の首, の髑髏, はしばし, は中央, は得意, は憮然, は敗れ, は為朝, は胆, は自分, は負け, は都, は非, は頼朝, へ協力, もこの, もへい, も大した, や兄, や家人, や悪, や新院, よりおくれ, をうつつ, をさえ射落とせ, をし, をのけた, をのぞく, をはじめ, を始め一門, を捨て

▼ 義~ (121, 3.1%)

3 思へども 2 利の, 則ち, 殆ど世界

1 [112件] あっても, あつた, あり得ないものの, ある, あるが, ある意味, いかに苦しく, おんぼう仕, かがやくなり, かたい, ここでは, ここに, この日, さうであ, して, すっかりお株, するが, そのご, たいそうな, ない, ない但し, はなはだ明白, もう七十, やかましいもの, 一群の, 一轉し, 三卷より, 上述中禅寺の, 世上一流被為有御座候通疱瘡はしか諸, 主従である, 京中にも, 人の, 仏教に, 仏蘭西と, 何某々の, 侍に, 個人として, 個人の, 傍に, 免かれず, 千家でした, 即ち君臣, 即ち是, 友人たちと, 古伝の, 合図の, 君臣だ, 君臣であっ, 君臣に, 單に, 堅くお, 堅く主, 塾生等が, 大分変つて来る, 大概かく, 奇妙な, 如何樣危急, 委細書面相認先日元, 学究の, 官より, 家来の, 尊きわが, 当所に, 彼らの, 彼を, 後に, 御免蒙る, 必ずしも証明, 快楽であろう, 思いがけない現出, 思ひがけ, 患者が, 手兵を, 承知致しました, 断たなかった, 新院, 既に松下氏, 明なり, 有る, 東洋的先覺孫文によ, 枝葉の, 此迄諸家にても, 死んでも, 無之候得共, 然る, 物に, 理論の, 甫刑を以て, 甲斐の, 皆ハルトマンが, 相難知義, 神明を, 答えました, 総蝦夷地, 義だ, 義である, 聡き者, 自ら別である, 自分の, 舊來格別御恩顧の, 芸術的である, 菊池という, 蔵せられて, 蛇身人首の, 角凝, 諸書, 赫やくなり, 邑国の, 重し, 重し名分, 面白い, 黙許の

▼ 義~ (104, 2.6%)

7 の落武者 4 の戦争 2 がいった, くずれの, に加わった, の墓, の戦死者

1 [83件] から分捕った, か何, か分りません, があまりに, がひとり, が叫んだ, が最も, が立, が立て籠っ, が謀反, であった, であったかれは, であろうと, で上野, で死んだ, とあだ名, といふ, とのあいだ, と八百屋お七, と名のり, と白虎隊, などいう, なんかじゃございません, に加はる志, に加わっ, に加わる, に加勢, に同情, に知らしたら, に突如, に見つからぬ, に関係, に馳せ加わった, のあいだ, のお, のこと, の一人, の一人石原治三郎, の一部, の乱, の人々, の反抗, の同情者, の大, の屯所, の戦, の戦い, の戦士, の戦闘, の揚合, の敗れた, の敗れる, の敗兵数名, の時, の本営, の残党等, の生っ白い, の目, の碑, の第, の者, の致命傷, の負けいくさ, はかんかん, はきっと, はこう, はすっかり, はふりかえった, はまけ, はまたもや, は弁舌, は快, は拍手喝采, は無残, は立ちあがっ, は立ちあがった, は苦戦奮闘, は誰, は頭, へ入った, をやらう, を打っちゃっ, を攻撃

▼ 義~ (95, 2.4%)

4 あつた, あるの 2 あつたらしい, ある, あると, どこに, ないと

1 [77件] あったの, あったもの, あつたらしくも, ありその, あります, あるから, あるが, あるとは, あるもの, あるやう, ある事, ある位, ある印度, ある様, あろうとも, かの基督, この戒名, さらに私, して, その匿, どうなる, ないここ, やられた, ハシタ無き, 亡くなった今, 伴ふと, 元である, 出る時, 出発しました, 分らぬと, 加はつて, 半端者すなわち, 厚いところ, 反対にな, 可憐そうだって, 叶ひ過ぎ, 含まれて, 固くて, 堅い, 報じた一説, 御座りまし, 忘れられた物, 指を, 斬られ平治, 更に私, 有って, 有るの, 来て, 来る, 梁の, 横つてゐる, 欠けるわけ, 決定されなく, 潜んで, 父を, 生じて, 盛んに, 窺は, 立ちません, 立つまい, 立ない, 第一, 籔内と, 籠ります, 結婚した, 結果として, 行はれ, 見ゆる樣, 解決されなけれ, 言外に, 訊問に, 語と, 贔屓で, 追求され, 重き也, 頭の, 饌なる

▼ 義~ (74, 1.9%)

2 の家来

1 [72件] から三代め, から祖, がそ, がつい, がなんにも, が不思議, が前, が埋めた, が奥州征伐, が征討, が時, が清原武衡, が短刀, が羽州鎮護, が貞任, が足, が鎮守府将軍, が陸奥守, が馬, が龍頭, このかた密接, たるもの, であります, でもその, と名のり, などの武将, に, にくわしく, になつい, に似, に向かっ, に吾, に命, に射させました, に授与, のほんとう, の二人, の姿, の徳, の方, の正嫡, の母衣, の詠歌, の軍旗, は, はいつも, はおとうさん, はこれ, はそこら, はその, はそれ, はたった, はまた, はまっ, はりっぱ, は上方, は仰せ, は兵法, は前九年, は子供, は宜しい, は家来たち, は後ろ, は敵, は清原氏, は笑っ, は身方, もいかにも, も自己, や義経, をやはり, を殺し

▼ 義~ (47, 1.2%)

3 と東京 2 の世, の胤

1 [40件] あり後に, かなん, が, が老, が葉ちゃん, だった, であつ, であり僧, であるから, と, とがまるで, ときたら梯子, との奇怪, と一緒, なんかと比べ, なんかに負け, に手討, に結びつけ, の亢奮, の住みし, の側女中, の大, の居間, の庶子, の心, の湊川, の猶, の生意気, の英斷, はどう, は不意, は同じ, は日本, は隱居, もそんな, も不審気, も仙次, を水戸, を祀れる, 御遺訓

▼ 義~ (42, 1.1%)

3 情も 2 またその, 合点致し

1 [35件] あったそう, あまり過ぎたるは, ありまた, あるの, あるべしと, うすいに, うるさがっ, これまでと, したもの, ずたずたに, そのベルト, それに, ない, なく美, ねえ男, もう昔, 出て, 出来不, 出来可, 困りきって, 女の, 恩も, 持つて, 有るの, 朝議で, 果たせずおまけ, 欠けて, 父子の, 禮も, 立つまい, 節も, 解らず, 過患, 道理も, 遣り度

▼ 義ちゃん~ (41, 1.0%)

5 がいいました 3 や武ちゃん 2 は敏ちゃん

1 [31件] が, がお父さん, がずっと, がそう, がのぞきました, がまた, が帰っ, が真っ黒, すこしかし, と敏ちゃん, どうかした, なの, にききました, の大事, は, はいい, はいいました, はすすめました, ははじめて, はもはや, はわめきました, は早く, は泣き出し, は砂鉄, は立派, は考え, は自分, もうれし, も大きく, も駆け出し, やとめ子さん

▼ 義である~ (39, 1.0%)

2 と解する

1 [37件] かどう, かは簡単, から, からそう, から意味, から顯義, か其, が, がしかし, がその, が日韓共, が鎌倉時代, ことは, こと日本の, そうだ, そうな, だから全, だから獻立書, とかまたは, とは如何, とみ, と云, と云えないだろう, と人, と思ひます, と断定, と解せ, と解せられる, などと唱うる, に相違, のは, や否や, 事は, 支那は, 當時佛教の, 直である, 第一義的の

▼ 義~ (38, 1.0%)

7 なもの 2 に決定, のもの, の愛

1 [25件] だ, であり甲句, でなくまた, でなく答解, では, で可逆, で面白く, な且つ, な唯一, な因果関係, な形態, な方面, な条件, な進歩的, にきまる, にし, にただ, になり, には指定, に予報, に定まるべし, に指定, に確定, に起る, に連結

▼ 義から~ (31, 0.8%)

6 出て 2 転じて

1 [23件] お出迎い, こうしてお, さうし, ざるものにも, コオリと, 云うと, 云へば, 出たと, 出たの, 出た名称, 出で, 出発せなけれ, 出立した, 取った名称, 右馬介あてに, 始めて, 宛てたの, 申せば, 神の, 筆を, 考へて, 起ったという, 遠のいて

▼ 義~ (31, 0.8%)

1 [31件] が, が代, が代官, が時, が母, が重忠, こそ御剣, でなくその, と兄弟力, にやぶれ, に則ろう, に笑われまい, のため, のふたり, の代官, の命令一下京都, の態度, の手, の死ぬ, は偉い, は御剣, は朝廷, は殆儔稀, は筏, ひとりぽつんと家, へたずねた, もその, も又, も同一, を回護, を討たん

▼ 義~ (27, 0.7%)

1 [27件] が溶け消え, というの, という人物, とその, なる者, にもそむい, にも増し, の一子豊麻呂, の今朝, の子, の手勢, の陣, の領下, はみずから, はもいちど一室, は俄, は加え, は子, は家来, は寄手, は折る, は派手, は肥った, は自身, へ, も時, を訪ね

▼ 義~ (26, 0.7%)

1 [26件] がある, が兄, が血, と靜, と頼朝, などの時代, など英雄豪傑, に從, に從つて奧州, に惜福, の二人, の仕事, の兵粮丸, の女性, の如き, の姿, の旗, の腰越状, はち, はどこ, は非業, もまた, や蒸汽船, を使つたノンセンス, を祭る, を追

▼ 義~ (25, 0.6%)

2 の教員, の生徒

1 [21件] で町, と云っ, においては生徒, に入れ, に附属, の人, の側, の塾主, の専任, の慾, の方, の矢野文雄, の鮫島理学士, は相, は解散, へ教師, も見た, を出た, を創め, を設立, 次第に繁昌扨四月

▼ 義~ (22, 0.6%)

1 [22件] から年頭, がうしろ, じゃ, で, ではござらぬ, と共に登城, にその, にとって有難迷惑, にはいちいちハラハラ, の方, の身, はいくら元, はその, はひとり, は今日, は唇, は激しい, は青く, ひの, をうながしました, 古義通, 実尭

▼ 義~ (21, 0.5%)

1 [21件] が同じ, が旅, が西, だ, と前後, と原信好, などだ, になんと, の上洛, はその, は一日, は京大坂, は伊勢, は北, は北伊那, もその, をはじめ, を出し, を初めて, を平田鉄胤, を見た

▼ 義~ (20, 0.5%)

1 [20件] からゆうべ, から恐, から或, がこうして, が廻り路, が草加屋伊兵衛, ぞ, つたらしい, といわれ, としてある, とも言, と云, と先達, と己, と考えつきました, と解せられる, と解せん, と説かれた, なんて, ね

▼ 義なり~ (20, 0.5%)

2 といふ, と歴史家, 云々

1 [14件] しなり特に, しに, といは, といはむ, とおも, として遂に, とする, と解釈, と言い, と証し, 一は, 内地に, 女を, 形而上論上所見の

▼ 義~ (20, 0.5%)

2 の将来

1 [18件] から四代目, が家康, が武勲, が気, との関係, などと団結, などの味方, にし, のため, のよう, の器量, はこの, はその, をつれ, を一喝, を一挙, ガ立ッテイテ先生トハ同座同席ハ弟子ガシナカッタ外, 次に蒲冠者範頼

▼ 義~ (20, 0.5%)

1 [20件] がここ, が云う, が何, が居る, なぜ返事, に遠慮, のレオポール三世, の創建, の大切, の所, の方, はあんまり, は出たけれ, は宿, は心, は西八條殿, は走り出, を最愛, 少しも, 早くかえれ

▼ 義~ (20, 0.5%)

2 の士

1 [18件] からたちどころに, がご, が血, その御苦労, だけで, と侠骨, と忠, などはいかが, なる吾人, なんぞ風雲, の同志十三名, の男ども, の維新改革先達, の者, の豪傑, の輩, をふるい, ヲ苦シマセルノミ

▼ 義~ (19, 0.5%)

3 のだ 2 のです

1 [14件] ことを, さそうに, のである, ので婚礼, のにむしゃ, もので, 事を, 国を, 少し違う, 従兄弟の, 悪魔どもの, 愛情の, 教えを, 解釈では

▼ 義ちやん~ (17, 0.4%)

1 [17件] がいつも, が林檎一つ, と三人, と僕, と奧さん, には食べる, に今度, に呶鳴, に呼びつけられる, に文藝春秋, に明朝僕, の畫, の畫架, の顏, はつづけ, は自分, を文藝春秋

▼ 義~ (17, 0.4%)

1 [17件] がいいました, がききました, が叫びました, であります, の命令, の奴, の父親, の頭, はいいました, はおどろい, はこう, はなんだか, はぼんやり, は以前, は心配, は手, は拾う

▼ 義において~ (16, 0.4%)

1 [16件] 一致すべからざる, 不可なる, 何等の, 兄弟の, 出来ぬと, 当然しかるべき, 忍びません, 情において, 欠くる, 欠けるし, 父に, 牴触しない, 異なるなし, 自分が, 見殺しは, 許すべからざること

▼ 義によって~ (16, 0.4%)

1 [16件] せっかく逐電, わしも, 判断し, 助力する, 助太刀いたす, 助太刀してやった, 助太刀ッ, 奮いたった, 御腹, 慕蓉閣下を, 栄三郎は, 然諾し, 立ち義, 解決しよう, 試合申す, 起った戦い

▼ 義~ (16, 0.4%)

2 に名, の血

1 [12件] ができた, が思い出される, につく, にむすばれた, に加わっ, に連判, の会, の連判, を以て三国志, を結ばない, を結び, を結べ

▼ 義~ (16, 0.4%)

3 の亭

1 [13件] がこう, がひきわけ, が会津, が設けた, が重ね, に目, のやしき, の意見, は大勢, は菅六, も, をつれ, を中心

▼ 義として~ (15, 0.4%)

2 その法, 竹の

1 [11件] これを, その日, ゐる, 一思想起これ, 僕は, 外来威力を, 尊重した, 情として, 祝の, 自己の, 退けられた

▼ 義を以て~ (15, 0.4%)

1 [15件] しこれ, したるもの, して, しても, し一切, せむとするについても, タヲヤメに, 其不義を, 合する, 守りと, 特に, 神嘗と, 精霊と, 語れば, 道教の

▼ 義~ (15, 0.4%)

1 [15件] あえてその, がこれ, がつい, が仔細, が心得た, が紙片, じゃない, だおうここ, と一所, の来る, は夕立, は左, は掌, は景気, 続いて

▼ 義平太~ (15, 0.4%)

2

1 [13件] か勘蔵, がのみこん, です, とは論争, には見覚え, の机, の腕, はその, はもう, は身ぶるい, ももう, も一ぷく, も三友

▼ 義~ (14, 0.4%)

32 さとを, さを 1 くされること, くして, さである, さは, てはと前の, て冬, とする

▼ 義という~ (14, 0.4%)

1 [14件] ことに, ことを, のも, ものか, ものが, ものだった, ものは, ような, 人に, 人の, 政府の, 精神は, 者が, 鎧を

▼ 義~ (14, 0.4%)

1 [14件] てふ, となる, にまで落ち, に南下, に親しい, に集中, の商人, の市街, の方, の材木, の統軍亭, へ走り, までいくら, まで直行

▼ 義にて~ (13, 0.3%)

1 [13件] この男女, すなわち仏, 一は, 元理, 其れ, 恐れ尊める, 手配不, 日本書紀神代巻に, 時運とは, 東方の, 称へ, 譬へば砲術, 迚も

▼ 義にも~ (13, 0.3%)

1 [13件] いへり, からませて, とれた, なつた, なる, 取れやすき, 同じよう, 御座なく, 情にも, 用ゐられ, 解せられことに, 説くごとく心, 非ず

▼ 義~ (13, 0.3%)

1 [13件] に命じた, の士大浦孫六等二十余人, の外, の妻, の絶望, はすでに, はその, は困惑, は百方陳弁, は直ちに, は這般, も外交官, 両名

▼ 義なる~ (12, 0.3%)

2 ことを 1 かを知らざる, が故に, ことは, も又, や知るべ, イエスキリスト, 事これによりて, 可く, 日本人を, 神の

▼ 義には~ (12, 0.3%)

2 強くて 1 あらず, まだ前, まだ本願寺, 力めたが, 勇めり, 取つて, 哭かない, 強いが, 東猿末虎長広照玉と, 無御座

▼ 義寧坊~ (12, 0.3%)

2 に在, に大秦寺, の大秦寺, の波斯胡寺 1 と云, に在る, の北, の舊址

▼ 義~ (12, 0.3%)

2 と不義者 1 ありや, が何故, たる事, だ, で十七, と個人主義者, に患難, に臨む, の神経スイジャク, をのしちまえ

▼ 義~ (11, 0.3%)

2 の芸術 1 がまだ, に会う, の軍, は廿二年ごろ, は旗本菊池家, は本郷, は漢学, もつづき, を見舞

▼ 義~ (11, 0.3%)

1 [11件] がちょ, が不思議, たちまち悪病, のこと, の乞, の姿, の近侍, はその, は弘治二年, は法華寺, を殺し

▼ 義ある~ (10, 0.3%)

1 ことは, ことを, に非, のみ, は普通, カを, 事が, 可から, 文字を, 日出処と

▼ 義とは~ (10, 0.3%)

1 ああやりきれない, いえませぬ, この鳩, どんなもの, 云っても, 人々その, 何ぞや, 存じられませぬむしろ, 義とは, 違つた

▼ 義なく~ (10, 0.3%)

1 うつむいたまま, されるの, して, その手, てありし, 勇なき, 叔母の, 満足し, 節なく, 赤露に

▼ 義~ (10, 0.3%)

1 という言葉, といえ, なり, なる函数, における相違, に外, の混同, は問題, も明らか, を有っ

▼ 義淨三藏~ (10, 0.3%)

1 が印度, が長々, の作, の入寂後, の南海寄歸傳, の南海寄歸内法傳, の大, の求法高僧傳, はもともと, も密教

▼ 義であり~ (9, 0.2%)

2 忠であり 1 この場合, その他も, それが, 多念, 富士山は, 急激に, 而も

▼ 義~ (9, 0.2%)

1 から十円, というの, に劉皇叔, の会員四名, の会場, の小, の結成, の重立ち, へ遭難

▼ 義~ (9, 0.2%)

1 が二男也, が方, が私宅, にち, の奉行, の眼前, 同弟九郎右衛門尉胤義等, 大きに呆れ, 殊に結構す

▼ 義村さま~ (9, 0.2%)

1 がこの, がまたも, の御, はお, はなんと, は平伏, は御, ほどの名門, を藤

▼ 義~ (9, 0.2%)

1 が一族, といい, という男, の一子, の作, の子, の甥, の甥伊東アンシオ, はその

▼ 義~ (9, 0.2%)

1 があり, だけがいなかった, となっ, との問題, と弟, へ, を送り, を鎌倉, ヲ源頼朝ニ

▼ 義あり~ (8, 0.2%)

1 て作者, て外國, 勇ある, 恍惚が, 易字は, 民間地名学あり, 若し心, 齡に

▼ 義でも~ (8, 0.2%)

3 遣は 1 ない, また岡田正美氏, 又は老子荘子, 右と, 無抵抗主義では

▼ 義より~ (8, 0.2%)

3 轉じ 1 して, 一轉再轉三轉し, 出で, 名を, 来たる者

▼ 義朝様~ (8, 0.2%)

2 のご 1 が御前様, にはお, のお, の旧臣ども, の血, の遺子三人

▼ 義~ (8, 0.2%)

1 がはじまり, が協調, が貫ら, だという, と楽天説, にど, は無論, 致しまじハ

▼ 義であろう~ (7, 0.2%)

2 と思う 1 か, と思われる, と申す, と解する, などと説い

▼ 義といふ~ (7, 0.2%)

2 ものを 1 ものが, やうな, 本は, 様な, 鯉の

▼ 義とか~ (7, 0.2%)

1 云ふ如き, 何とかいふ, 劉先などという, 外交手腕じゃ, 情とかいう, 節とかいう, 誰かの

▼ 義なら~ (7, 0.2%)

1 ばただ, ば内的要求, ば卿雲見え候節代筆, ば鳴る, むとは紀伊續風土記八一の, んと, んを

▼ 義伝公~ (7, 0.2%)

1 であの, の奥方, の御, の梅, は左右, を徳川家, を怖

▼ 義~ (7, 0.2%)

2 そして一慶さま, などと嘲弄 1 の詠じた, の詩三句, を敲き

▼ 義~ (7, 0.2%)

1 が唐, の入寂, の入寂後, の所謂愚人, の翻譯, は自, も密教

▼ 義~ (7, 0.2%)

1 とは經書, と内, と呼ばれ, のごとく, のふ, の根底, を以て主

▼ 義観さん~ (7, 0.2%)

1 がまあまあ, がもう, が貴, でないと, のところ, は山, 云うて

▼ 義さん~ (6, 0.2%)

1 が生まれた, という人, という年, とやらが御, と菊地氏, は少し

▼ 義しき者~ (6, 0.2%)

1 に患難, の強, の悲境, の賢, はその, は禍

▼ 義においては~ (6, 0.2%)

1 いかに弁護, お味方, どうあろう, 厘毛の, 取りも, 救世の

▼ 義~ (6, 0.2%)

1 トメノ等の, 以テ公権ヲ犯ス者ニシテ固, 咎ム勿レ, 固クスルタメノ趣旨ニテ, 欺ク, 結ンダ仲デアルガ身ハ不肖ニシテ時マタ利アラズイタズラニ君ノ

▼ 義以下~ (6, 0.2%)

2 のブチコワシ的説明 1 だ, には出ない, の性愛, の愛

▼ 義~ (6, 0.2%)

1 が流派外, などになる, のごとき, の塾, の天才, は関流中

▼ 義~ (6, 0.2%)

1 と云う, もつれて, も一所, も人々, も身, 仏閉等のが

▼ 義左衛門~ (6, 0.2%)

1 がふと, が帰っ, の家, はようやく, も病歿, 同組同心

▼ 義淵僧正~ (6, 0.2%)

6 の弟子

▼ 義~ (6, 0.2%)

1 である, に名, に血誓, に連判, の第, をも発見

▼ 義~ (6, 0.2%)

1 が作つた歌, と範実, の悪戯ぢ, はその, や範, よりも見下げ果てた

▼ 義非道~ (6, 0.2%)

1 な役人, の事, の親, をもっ, を働い, を慚愧

▼ 義あれ~ (5, 0.1%)

4 ばなり 1 ばまたしたがって

▼ 義~ (5, 0.1%)

1 いつくなどに, それとも手, 知らぬが, 知らねど, 知りませんが

▼ 義について~ (5, 0.1%)

2 深く悟る 1 おきかせください, これまでに, 知らんと

▼ 義~ (5, 0.1%)

1 が御家騒動, が所領, が酒色, の兒小姓森田圖書十四歳, の父家親

▼ 義~ (5, 0.1%)

2 の連盟 1 の中心, の間, は皆踴躍

▼ 義~ (5, 0.1%)

1 心配不被, 心配無, 授与の, 見ゆるし, 許容の

▼ 義~ (5, 0.1%)

2 一日想観に, 一日想觀に 1 二回は

▼ 義~ (4, 0.1%)

1 事の, 家を, 者にも, 者の

▼ 義とを~ (4, 0.1%)

1 どうしよう, 併せ説き仁, 求めよしからば, 混同し

▼ 義なれ~ (4, 0.1%)

1 ども其音, ばアンチピリ, ば一州, ば涅槃

▼ 義~ (4, 0.1%)

1 到底道學先生, 忠誠は, 新民主主義, 私情を

▼ 義~ (4, 0.1%)

1 取リ武家特ニ, 取ル, 非ス, 非ラズ

▼ 義~ (4, 0.1%)

4 前縁

▼ 義~ (4, 0.1%)

21 と高橋栄君, の話

▼ 義家公~ (4, 0.1%)

1 それから御, にはこの, にも奥州征伐, もまた

▼ 義庵老師~ (4, 0.1%)

1 から禅, が最初, であ, を慰める

▼ 義~ (4, 0.1%)

1 について修業, に就, のため天智帝, は天智天皇

▼ 義~ (4, 0.1%)

1 が見えました, が隠岐, は塩冶, をたよっ

▼ 義~ (4, 0.1%)

1 すぐつて此城, たらん, の名, を篤く

▼ 義~ (4, 0.1%)

1 になお, には信濃國, に解し, の解説

▼ 義~ (4, 0.1%)

1 す, で何, とす, をする

▼ 義~ (4, 0.1%)

1 などの百数十家, の子, は信長, 篠塚伊賀守川波新

▼ 義~ (4, 0.1%)

1 の, の家臣, は此, も日頃三成

▼ 義かと~ (3, 0.1%)

1 心得まするので, 思はれぬでも, 思ふ

▼ 義これ~ (3, 0.1%)

1 に従った, より生ず, をむちうち

▼ 義~ (3, 0.1%)

3 出あひし物

▼ 義した~ (3, 0.1%)

2 のである 1 十三ヶ条といふ

▼ 義する~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことには, と聞き

▼ 義たる~ (3, 0.1%)

1 に止まらず, の道, 人格に

▼ 義でない~ (3, 0.1%)

1 こととは, ということ, までも必ずしも

▼ 義でなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ば彼等

▼ 義との~ (3, 0.1%)

1 さだかならざりし, 兩面を, 関係は

▼ 義とも~ (3, 0.1%)

1 またマルキシズム, マルキシズムとも, 連關し

▼ 義なき~ (3, 0.1%)

1 に似, を致さしむ, 金策に

▼ 義なけれ~ (3, 0.1%)

1 ばアカ, ば乱, ば盗

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 来る途中, 発って, 行く軍隊

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 から云っ, から云つて, の新説

▼ 義公光圀~ (3, 0.1%)

1 が致仕, の世, は元

▼ 義即ち~ (3, 0.1%)

1 手ん, 文化の, 氣なりとしては

▼ 義~ (3, 0.1%)

2 不須究其文字 1 をとれ

▼ 義~ (3, 0.1%)

2 と云う 1 の連中

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 に神, は王, を建て

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 の為, へ行幸, を起し

▼ 義~ (3, 0.1%)

2 に於ける如く 1 にあり

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 く行, などが抜きつれ, また近侍

▼ 義明白~ (3, 0.1%)

1 いささかも, であつ, である

▼ 義時さま~ (3, 0.1%)

1 が非常, の実直, を御前

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 の如き, の智山派, の説

▼ 義浄三蔵~ (3, 0.1%)

1 とかいう人, の書いた, もそういう

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 などが附随, の二大将, の二将

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 之は, 之前文の, 御座候猶

▼ 義王御前~ (3, 0.1%)

1 と云う, の御, を出

▼ 義眞言宗~ (3, 0.1%)

1 では權田雷斧大僧正, の檀徒, 大學

▼ 義神呪経~ (3, 0.1%)

1 の中, の吸血伝説, の図書番号

▼ 義神道~ (3, 0.1%)

1 に到らね, を探求, 或は

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 に燃え, に生涯, の兄弟たち

▼ 義観僧都~ (3, 0.1%)

1 あるのみ, がある, を訪ねました

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 が憤然, が罵る, どのは

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 と義統, は信長, を那古屋

▼ 義~ (3, 0.1%)

1 と, も尊良親王, やその

▼ 義えん金~ (2, 0.1%)

1 を得る, を集めました

▼ 義かも~ (2, 0.1%)

1 しれぬ, 知れぬ

▼ 義からの~ (2, 0.1%)

2 文字では

▼ 義からは~ (2, 0.1%)

1 もう何, 尊氏の

▼ 義しい~ (2, 0.1%)

1 のだ, 烈しい憤怒

▼ 義しかる~ (2, 0.1%)

2 べけん

▼ 義しき~ (2, 0.1%)

1 ものとい, を求め

▼ 義しくする~ (2, 0.1%)

1 ことは, ものである

▼ 義すなわち~ (2, 0.1%)

1 つみあつめるという, 民族の

▼ 義だった~ (2, 0.1%)

1 が今, と思われる

▼ 義であっ~ (2, 0.1%)

1 て, て我が国

▼ 義であった~ (2, 0.1%)

1 かもしれませぬ, ことは

▼ 義ない~ (2, 0.1%)

1 が学, 用事が

▼ 義などの~ (2, 0.1%)

1 奔突し, 様に

▼ 義に関する~ (2, 0.1%)

1 もので, 人間の

▼ 義もっ~ (2, 0.1%)

1 て文明, て解すべし

▼ 義よりも~ (2, 0.1%)

1 堅い, 稍広い

▼ 義をも~ (2, 0.1%)

1 含む, 含む事

▼ 義をもって~ (2, 0.1%)

1 お答え申した, 上と

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 拘拘于字句, 敢有弐心也

▼ 義世流~ (2, 0.1%)

1 の剣道, の達人

▼ 義乃君臣情兼父子~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 義作さん~ (2, 0.1%)

1 おおいちょい, どうしたら

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 といっ, 及び常平

▼ 義劣等怯奴~ (2, 0.1%)

2 である国賊

▼ 義十三観~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 義十三觀~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 義又は~ (2, 0.1%)

1 殺賊, 賢人の

▼ 義~ (2, 0.1%)

2 の粟

▼ 義国王~ (2, 0.1%)

1 が皇后, の御

▼ 義如何~ (2, 0.1%)

1 ぞ菅公, に高く

▼ 義婦人~ (2, 0.1%)

1 がこの, と一緒

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 などもある, のわすれ

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 あるのみ, などである

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 の, の詩

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 と称し, 老慈師

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 に仕え, に叛

▼ 義廉潔正直~ (2, 0.1%)

1 など記し, は公徳

▼ 義従兄~ (2, 0.1%)

1 が見舞, の医者

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 はすぐ, ははっ

▼ 義文句~ (2, 0.1%)

1 とあり, 各十巻

▼ 義時政子~ (2, 0.1%)

1 の二人, の熟知

▼ 義朝どの~ (2, 0.1%)

1 にな, の御曹子

▼ 義朝一族~ (2, 0.1%)

1 の後始末, は敗れ

▼ 義朝父子~ (2, 0.1%)

1 が匿, などみな去就

▼ 義植将軍~ (2, 0.1%)

1 に昵近, を奉じ

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 にはげまされ, に感じた

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 はただ, は今

▼ 義犬伝説~ (2, 0.1%)

1 にはおよそ, の一形式

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 の健男, の鹽井健男

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 の紛擾, の綾之助

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 と禹, なりと云う

▼ 義知らず~ (2, 0.1%)

1 なのよ, の客

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 が島津義久, は宗麟

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 に通ぜん, の如き

▼ 義~ (2, 0.1%)

2 は初手

▼ 義等博士~ (2, 0.1%)

1 の労働科学, を所長

▼ 義経堂~ (2, 0.1%)

1 がある, をん

▼ 義者二人~ (2, 0.1%)

1 ありされど, ありといふ

▼ 義胆忠魂~ (2, 0.1%)

1 に一碗, の働き

▼ 義~ (2, 0.1%)

2 に痞

▼ 義至極~ (2, 0.1%)

1 なりそれ等, なり夫等

▼ 義~ (2, 0.1%)

2 の幅

▼ 義血侠血~ (2, 0.1%)

1 に富む, の物語

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 のウヰスキー, のウヰスキー瓶

▼ 義解し~ (2, 0.1%)

2 て講ずべからず

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 である, であろうと

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 だの小林千代子, は中央

▼ 義隊士~ (2, 0.1%)

1 だつた校長先生, も一方

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 の二人, の作

▼ 義~ (2, 0.1%)

1 が重い, に關係

▼1* [491件]

あいつら親子を思い出す, 義あって, 義あら嬉しや, 義あらバ早く来り, 義ありたとひ, 義あるなされかたかと, 義あるべからずと, 義うつりつらん, 義かとも云いますが, 義からも夜ッぴて諜し, 義きする勿れ, 義きよう心で, 義ぐらいだろう, 義ぐらいがむやみに, 義こそこそ框へ, 義この度江戸表へ, 義これらの武士, 義されている, 義しからざること生ずる, 義しき事のため, 義しき人の顏, 義しき子のこと, 義しくされている, 義しく生きた多くの, 義しく生きるならば常に, 義すらあつた, 義せなければならないであろう, 義せるを浦戸紋三郎, 義その中に, 義その他の国, 義たらずして永生, 義たり得ぬを, 義たる所にデモクラシー, 義だけで成り立ったと, 義だけに満足し, 義だけは残つて居た, 義だそうな, 義だの何だ, 義だろうとする, 義ちゃんたちといっしょ, 義ちゃんとめ子さんたちのかわいらしい, 義ちょうど支那で, 義ってえ半チク野郎, 義であるならばムレ, 義であるらしく見えるが彖傳, 義でくだすというの, 義でしてつまり, 義ででもあろう, 義でなかったことだけは, 義でなかつた事は, 義でのみ解するなら私達, 義でまつろふの用語例, 義としての技術の, 義とともに後刻登州奉行所へも, 義とのみ見る時人, 義とやらでも, 義ながら永の, 義なくされてしまふ, 義なくせられて開放地, 義なくせられしによる, 義なしとて夫, 義など言ふも, 義などと専門的には, 義などはだから此処, 義なり去るほどにその, 義なるべき事は, 義なるべければ, 義なるべしなど思ひぬ, 義なんぞせずと, 義にかはるべきや, 義については和算家は, 義によってなんて言葉が, 義によっては恩愛を, 義による韻文の, 義に従って縦説横説した, 義に関しては大略御, 義のみでは, 義のみと解しては, 義のみにあらず, 義はじめ兄弟たちは残らずつかまっ, 義ばかりでなく史実上, 義ばかりこそおもからめ, 義へも幕下の, 義また以て, 義みたいな気兼ね, 義やの使つた例と, 義よりはある意味, 義らしくトウシを, 義わざと問題を, 義アントワアプのKCN, 義他州ニモ同名アリ, 義ガ哲學的根據ヲ缺如シタル民本主義トナリテ輸入サレツツアル, 義しナリ, 義トスルヨリコノ宗徒ハ自ラ称シテ, 義トハ人ノ自, 義ナカチオホエと訓, 義ナミュウルの要塞, 義ナレバ不尽不時等ノ仮名ヲ用フルモ, 義ニモ非ラズ, 義ニ於ケル如クナラズ朝鮮全部ヲ掩有スルニ實力, 義ハ人民ニ於テハ甚ダ貴重ニシテ暴政ヲ行ハントスル者, 義ハ要用を被, 義ルーマニア等ほど大きな, 義一應被仰出は御座候, 義万事お上にまかせ, 義三民主義の連発, 義不義口の先, 義不義正邪黒白の判断, 義なる者, 義である, 義塚, 義云々とある, 義井上幸次郎その他数氏未だほとんど無名, 義享保之戌年棟附御帖, 義享保十二未年棟付御改帳に見懸, 義曰大櫛岡其大人踐跡長, 義今更辞退も難, 義候, 義以外何処の国, 義以後ほ, 義政府の, 義伊藤博文大隈重信などの各, 義会員二人にて剛力, 義を毒殺せい, 義伝公以来たとえいかなる, 義伝公以来歴代の太守, 義伝公当時南には天草, 義伝公毒害のこと, 義伝公泰平の豪傑, 義伝授と聴い, 義伝様以来破れぬお家, 義伝毒害の宿怨, 義は我国, 義伯さんも来る, 義何卒御覽被成下, 義何方の穢多, 義作さんここに, 義作さん可加減におし, 義作一名にやり, 義作君はたった今, 義作大童で汗, 義作貸しねえ, 義作金子慎吾二君来る, 義俊母子を近江三河一万石, 義修先生高嶺秀夫先生私が上野, 義倉等備荒の用意, 義停止の起請文, 義元子氏真を留守, 義兄貴のうらみ, 義先代より当, 義先生でなかなか, 義入狩野又九郎, 義兩方の碩學, 義公みたいになまっ白い, 義公以来尊王を以て一個, 義公以来連綿として続いた, 義公使が北京郊外, 義公時代である, 義公様以来夙に尊王, 義公武公烈公のよう, 義公烈公以来東湖先生以下農を以て国本, 義公父子を離間, 義公臥龍梅と命名, 義共に土中に, 義其後色々の事情, 義其等から科白劇化, 義とともに朝幕, 義の杯, 義別段書面相認可指上候, 義有りて, 義北方所傳は發智論, 義十人十義百人百義千人千義で義, 義千人千義で義, 義卑劣口にする, 義博士なども常連, 義は事業, 義卿身を致せし, 義の抱, 義及び用語例の, 義義兩方の, 義古学に疎い, 義でありますから, 義訓, 義君来訪一の珍瓜, 義と掏摸, 義は棒使い, 義問答の方式, 義四十二年八月江州に大, 義団社会を覚醒, 義国内に侵入, 義国民一致の実相, 義国王陛下並びに皇后陛下, 義坊やあっちのお, 義坊やおまえと二人, 義城氏は新聞紙, 義を持つ, 義基公よりずんと, 義堅い気質でございまし, 義は弘前, 義堯其子義弘之に副, 義堯義弘は敗走せり, 義塾三田に移る, 義塾出張の講堂, 義塾同社の士, 義塾唯一の資産, 義多年日本歴史地理学会の経営, 義大会で柳吉, 義大使夫人に請われ, 義を照らす, 義太等のご, 義失政などの忌憚, 義妓王妓女と仏御前, 義妥当の優策, 義妥當の優策, 義姫子にあらず, 義安右が自分, 義安寺へ参拝, 義定かならず今一, 義定中央が義安, 義定光長も, 義定工藤景光同じく小次郎, 義なんかとつけた, 義家の子義国から出, 義家以来東国土豪の棟梁, 義家任満ちて, 義家奥州征伐等の言葉, 義家奥州攻めの帰る, 義家戦捷の御礼, 義家時代の兵法, 義家為義義朝という, 義家父子前後十二年の苦闘, 義家義経などが描い, 義家陣営の址, 義寂默と牟尼, 義の墓, 義寧元年の條, 義ならず, 義の竹馬抄, 義尊王なるを, 義少年の次郎松, 義尽くるの, 義居士明治二十一年十二月二日と書し, 義山公の法要, 義山毘沙門縁起来迎寺所蔵十界図の条, 義山雑纂を写す, 義峨少佐なども集つて, 義崩れ我儘なる, 義州越しにシナ, 義州間を往復, 義左衛門包実が母, 義左衛門堀井儀三郎入門す, 義左衛門様のお, 義を追, 義平太勘蔵なども堅く, 義平治その婿団七九郎兵衛, 義庵先生は市, 義廉大槻修二小澤圭二郎久保吉人の諸氏, 義廉節を重んじ, 義然として, 義という巡査, 義弥高橋長春常盤の主人岩崎盛太郎, 義が似た, 義律伯麦馬里遜は, 義に沒却理想, 義後者は, 義と為す, 義従弟同士で普通, 義旧自由党, 義必ず時に随ふ, 義惠君のやう, 義に発した, 義慶世説注李善文選注王逸楚辭注高誘呂氏春秋注, 義我國冢田虎も全く, 義我慾に感染, 義戒行清潔特閑禁呪とあり, 義或いは死刑囚の, 義房太田資時長島鷲太郎小川平吉竹内平吉信岡雄四郎今村力三郎中鉢美明黒須龍太郎戸口茂里平岡万次郎斎藤次郎高橋四郎小林茂八大島染之助, 義所出と注し, 義起り外國人, 義を御, 義摂理の妙趣, 義も臆病, 義政府が其購入, 義政治は民意, 義敦ほか三浦石堂仁木畠山などから老臣今川範国, 義敦小田野直武は日本洋画, 義に愛され, 義文学を紹介, 義文學を紹介, 義文明ならそこ, 義詩人の, 義是以稽留境内不即相, 義時人を欺く, 義時代にふさわしから, 義時父子が後鳥羽上皇, 義普魯西各國, 義智自身は副使, 義暁両氏本船に来, 義とかなんとか, 義之候間, 義の關係, 義朝一人でございますが, 義朝一行が落武者, 義朝公の伯父君, 義朝対清盛の武力, 義朝様始めその後縁につながる, 義朝殿とのあいだ, 義朝為朝などの面, 義朝義平そのほか, 義本望これに過ぎず, 義村さま結城の三郎朝光さま, 義村之を申す, 義村政所の前, 義村盛時之を奉行, 義を酌みかわし, 義をいま, 義を経, 義の明応何年, 義植義澄の代, 義へ祈っ, 義様子聞合せ可, 義大禮, 義正しく袴を, 義の条, 義死憤死等の心理, 義母君は滝, 義氏いちばん末子の竹万丸, 義氏以来同じ領地, 義氏名越は近, 義氏堀口美濃守江田額田烏山羽川里見岩松武田などの宗徒, 義氏赤松貞範なども帰国, 義秘訳の, 義浄法師の, 義淨業に志す, 義深く尊敬される, 義後義方, 義淵僧正坐像のよう, 義清か則清か正確な判定, 義清国丁抹西班牙仏蘭西希臘伊太利ルクセンブルグ墨西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 義済みし後珠運思い切っ, 義滿以後武家の制度確立, 義滿將軍の時代應永年中觀世觀阿, 義漁荘と号, 義三人衆の, 義無い用向の, 義無くお前も, 義無味無文無句, 義煩惱の賊, 義では豊国, 義独立新聞の紙上, 義の塚, 義に与らざり, 義王その後に別に, 義王その後何か変った, 義王威などという荊州, 義王義女仏閉等の, 義王義女と云う, 義王館にかえっ, 義珍先生を始, 義の切子硝子, 義申し談じ仕るべく, 義界五厘問題大紛糾, 義略解等の主要, 義百人百義千人千義で義, 義的変化は多少, 義的工作に吸収, 義的批評家等や彼等, 義的普遍的なもの, 義的生活であらう, 義ととなえ, 義盛時兼の合力, 義盟以来ほとんど全訳的, 義盟以来関羽が常に, 義発して, 義県庁迄はまだ, 義眞歸國之上同年十月朝鮮之譯官使對話仕候刻, 義のひきいる, 義真君が我輩, 義真言宗の寺, 義破廉恥諸罪, 義仮与, 義神稲をくまし, 義神誌に載せ, 義福義寿義宝なんかとつけた, 義私情を捨て, 義秦王の御, 義移竹几圭也有の徒, 義立ちてしかして, 義立てをし, 義竜それを無念, 義竜自ら濃州, 義が出, 義等それから式場隆三郎, 義等氏でさえ, 義節度といふもの, 義に曰く, 義初厚伯, 義篤父忠琢成器長兄章斎義方の名, 義精純邦儒語録ノ翹楚タリ, 義のうえ, 義から講義, 義経なくとも, 義経山と呼ばれ, 義經對面を書きました, 義經範頼にも碌, 義經辨慶を誰, 義經那須與一等で綺麗, 義經頼家實朝を初め, 義綱田上正氏などの降, 義あり, 義義朝という, 義義朝父子などみな去就, 義考弁樋口氏等もさ, 義して, 義而代天子巡狩也故曰外台, 義聲感激方欲大擧, 義匹儔稀なり, 義肝要に御座候, 義胆忠魂一代に鳴らした, 義胆鉄のごとき, 義脩君が首席, 義とは主, 義臣朱舜水先生の客死, 義致し候故, 義と稱, 義舍義食の制, 義苗さんが浜松, 義の権化, 義である, 義行なわるれば則, 義観さん一人で手ずから, 義観和尚から五両, 義観様いろいろと, 義解せざるあれば直ちに, 義解説比較例証等を用い, 義に貞治四年祇園御霊会, 義訳したものである, 義の場合, 義誠に以て, 義論ハ此処ニて双方士官, 義論中ニ於て何, 義論致候ヘバ航海者の集り候処ニ, 義論長崎ニて仕, 義講ぜざること六百余年近時に, 義證此大空摧壞一切魔也とせられた, 義に疑, 義を誘っ, 義豊義尭義弘義頼義康の九代, 義を神, 義財箱にちやら, 義質問係という, 義質字は孺礼, 義路教授その他の諸氏, 義辰殿の許, 義近代の大手筆, 義近年兎角放縦, 義も嶮岨通行, 義通君の談, 義通君来訪ついで桝田啓三郎君, 義造氏の, 義道理の消長, 義であるか, 義里街に因む, 義陽新野のもの, 義隊らとは成るべく, 義隊一件を脚色, 義隊一件江戸中は引っ, 義隊以来の思い出, 義隊君の期待, 義隊士日下部欽之丞二十四五の絵, 義隊式の兵隊, 義隊白河口越後口会津となっ, 義隊的な一部, 義隊討伐会津討伐と息, 義隊騒ぎに籠城, 義随分異つた名, 義隱信等の文字, 義静衢州霊耀寺僧法載竇州開, 義非道ことには重代, 義非道事ごとに加わる, 義須比智は砂泥, 義頼義康の九代, 義顯云泰衡非指朝敵, 義に仆, 義饕餮の神職, 義髄それに原信好なぞ, 義髄清内路の原信好, 義高氏の知る, 義と正義, 義の記, 義- よしわし