青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「英~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~苦労 苦労~ ~苦心 苦心~ 苦悩~ 苦悶~ ~苦痛 苦痛~ ~苦笑 苦笑~
英~
英国~ ~英語 英語~ 英雄~ 茂~ 茫然~ 茲~ ~茶 茶~ 茶の間~

「英~」 3549, 38ppm, 3033位

▼ 英吉利~ (263, 7.4%)

5 の軍艦 4 のある, の如き, の詩人 3 の政治家, の有名, の男

2 [17件] から北海, に四人, に旅, の国旗, の大, の婦人, の学校, の方, の総, の老, の自然派, の船, の農夫, は勿論, へ渡る, も亦, より帰朝

1 [203件] いふたら東京, から何, から和蘭, から来遊, から渡海, から行つて革命当時, から迎船, か仏蘭西, がいや, がそれ, がどうして, が幾ら, が従来, が煙草, が默つて, たるゆえん, だ, だか, だの, です, ですからね, での羅典区, では, ではその, ではそれでは, ではない, では一尾, では古く, では外国人, では早, では狗, では通商局, でもどこ, でも独逸, でシユウ・クリイム, で上村大将, で學校, で教育, で裸, で見る, という国, とでは可, との距離, と丁抹, と云う, と亜米利加, と同, と書く, と英吉利, と英吉利人, と露西亜, なり亜米利加, に, にあらずや, にい, におけるあなた方, には名高い, には徴兵令, には有名, にも俄羅斯, にも炬燵, にスペンサア, にダヴヰツド・ヒユウム, にヂヨーヂ・モーランド, に入り, に十二人, に向, に定住, に帰化, に於, に於ける, に正宗氏, に渡っ, に渡り, に落ち延びよう, に行つて其状態, に還らせ, の, のお伽話, のお婆さんたち, のお蔭, のこと, のそして, のにおい, のほう, のやう, のウイスラア, のウエール, のクィイン・アレキサンドラ, のグラスゴウ, のシェレー, のシェークスピア, のシエレー, のシドニー, のシモンズ, のヂスレエリイ, のナイス, のビフステーク, のホテル, のマクスミユラー, のマノール・ランド, のリード, のロラード, の一般國民, の事, の事情, の人, の作家, の俳優, の兵営, の古代演劇史, の名, の名優ヘンリー・アーヴィング, の国土, の土, の在所, の外交官, の外舶, の女優ラングトリ夫人, の宰相ジスレーリ, の小, の彼, の思想界, の戯曲家, の探偵作家, の提供, の政府, の政策, の文人, の断崖, の昔, の昔しの話, の景色, の最も, の東洋學者マツクフエラー, の極めて, の水兵, の永田君, の消印, の演劇, の特命全権公使サア・ルサアフォオド・オルコック, の特命全権公使サア・ルサアフォオド・オルコツク, の王子, の王子入城謁見, の王様, の田舎おやじ, の画壇, の病院, の皿, の砲艦, の社会, の紳士, の紳士さん, の老人夫婦, の若, の評者, の語, の貨物船, の貴族, の野菜, の陸軍大尉, の雑誌, の領事館, はお前, はその, はという, はどう, はみんな, は丁度, は九十何億, は亜米利加, は国力豊饒, は大, は山川, は彼, は持つ, は曇っ, は血, は野暮, へさえ行ったら, へ行く, ほど秩序, また獨逸, まで牧野等, まで足, めいた葵, もまた, も丁度, も独乙, や亜米利加, や露西亞, よ, を中心, を出る, を切, を好かない, を愛する, を歴訪, を相手, を知り, を見る, 瘠せた意地, 織である

▼ 英~ (183, 5.2%)

5 逃亡 4 ことを, 事蹟を 3 字を, 軍艦が, 軍艦に 2 体を, 姿が, 字も, 家に, 手に, 方へ, 科学思想は, 顔を

1 [145件] いる楼上, うちの, うち本邦の, からだに, ことが, ことで, その邸, とこから, ところへ, ともがらには, アルフレッド大王は, アンドリューラングと, インドおよび, インドを, クリスティー米の, サグデン, シエクスピールや, バイロンの, バークレイや, ピツトの, フィールディング米の, ヘルシェル, モリスンの, ラスキンが, リンコルンシャーで, 一友人に, 乱の, 二人は, 二人も, 二千トン級にたいする, 二国軍によって, 五男直吉が, 人民に, 会, 会で, 会と, 似而非道義, 作中に, 保養地ボーンマスでの, 傍に, 傍へ, 公使から, 公使は, 六男末吉が, 初孫である, 原文に, 友人達, 同盟軍, 名を, 問題が, 回錦図巻と, 国交断絶も, 地名, 声に, 声望は, 外交が, 外舅小林総右衛門が, 女である, 女淳, 如きあるも, 姉妹を, 姿は, 姿を, 娯楽雑誌を, 子弟も, 学術は, 家と, 家との, 家の, 家へ, 将兵を, 小生産者, 彼阿, 徒を, 態度積極的と, 戦ひに, 戦争またぞろ, 描く群青, 改革は, 政府あり, 政府より, 新嘉坡, 新聞と, 方だ, 旗艦の, 旗艦は, 書物を, 有機体, 業は, 楼閣山水の, 模倣であった, 次男盤次郎が, 武士的風格が, 涙紫竹を, 物が, 王子に, 王子入城に, 生えた旧い, 由, 異民族統治法, 白い笑顔, 眉が, 瞼は, 絵なんぞに, 繍房へ, 背後に, 胴は, 臥牀へ, 船が, 薬籠持ちと, 蘇生した, 蠢動を, 行く手を, 言薬は, 計画を, 許へ, 許可を, 註寳慶の, 詞を, 読本を, 諸邦, 豊麗な, 財界にも, 質よく, 軍艦は, 軍艦水夫両人酔て, 途に, 運んで, 道具である, 遠い自邸, 銀行間を, 鋒先を, 長女である, 長男が, 間の, 露における, 革命の, 頃佛教の, 頭に, 頭の, 頭へ, 顔, 首飾や, 高弟であっ, 鼻孔の

▼ 英~ (172, 4.8%)

15 及びウェイルズ 6 における人口 5 の人口, の労働者 4 の如き, の貧民法 3 とフランス, よりも遥か 2 で見られる, に起った, のそれ, の一切, の同じ, の土地, の羊毛工業, の農民, は確か, 及び蘇格蘭

1 [107件] からの緩慢, からチャグレス, から輸入, が依然, が後者, だったら開墾, ではおそらく, ではこの, では人口, では全然, では出生, では労働, では周知, では四分の一, では平均比率, では犁, では脱漏, では馬, で一時白痴院, で二百万, との比較, との相違, との間, とスコットランド, と同, と同一, と同様, においては結婚, においては農業, におけるよりも著しく低かっ, における平均寿命, における結婚, における結婚年齢, にその, にとって幸福, にはあらゆる, にはこれ, には人口, にやってきた, に帰る, に最近, に遥か, に関し最近発表, に関する一章, に関する記述, のある, のそれほど, のサクソン諸王, の主たる, の人口増加, の他, の価格騰貴, の全, の出生, の制度, の労働階級, の労賃, の北アメリカ植民地, の半ば以上, の各, の商工業, の商業主義, の商業階級, の国債, の土壌, の多数, の大, の如きで, の富, の庶民, の教区税, の旗, の普通日傭労働, の村落, の植民地, の社会状態, の穀物市場, の耕作者, の能力, の表, の言語学者, の貧民, の貧民税, の都市, の馬, はその, はアメリカ, はエリザベス, はヨオロッパ, は今後百年間, は同じ, は富, は小麦粉, は最も, は特に, は現在, は疑い, への移住, ほど多額, ほど貧民, やスペイン, や外国, よりも都市, より大きい, をし, をはじめて, を発っ

▼ 英~ (158, 4.5%)

2 が最近時支那, でビアヅレエイ等, に割讓, の, の埃及, の如き, の學者, の老

1 [142件] あるのみ, から新造軍艦, から權力, が支那, が歐洲大陸, が異, ではこの, でも少から, でも此節, で受取, で最も, で犬, で相知つた神山君, としてその, との境界問題, と伊太利, と戰, と支那, と政治的關係, と比肩, と神, にての人間派詩人, にまで流行, にもや, にも開港, にシベリア, に二年滯留, に來, に加擔, に在り, に提出, に於, に歸つて, に渡り, に生れたらまし, に留學中牛津, に脱走, に行つた途中和蘭, に赴き, に起り, に遊び歸朝以來, に遊學, に1箇年間, のため, のアイルランド, のウイリアムソン, のウエリントン, のオーコンネル, のカ翁, のクローマー男, のケムブリッヂ, のゴルドン夫人, のスタイン博士, のステント, のバース, のパウリー, のペトリー教授, のホルム, のロバート, のロベルト, のワイリ, のワルポール, の一宣教師, の一富豪, の不正, の九歳, の使節, の俗謠, の保護權, の倫敦市場, の優勝位地, の先帝, の先帝陛下, の公使, の十點, の古諺, の古風, の名, の名相ロペルトピール, の國是, の國王, の埃及保護, の外務省, の大家フハラデー, の好意, の婦人, の宣教師, の富豪モーズレー, の將校, の小, の手, の手先, の支那, の支配, の政策, の旗, の東洋, の某, の某大, の法, の法制上, の法理, の法理學, の渾名, の物理學者, の理想, の畫家詩人ロセチ, の社會主義者ブラッチフォード, の統一, の經濟, の總理大臣, の脱, の行政者, の製品, の議會, の軍艦, の郵便船, の面目, の高等文官試驗科目中, はこの, はさうでない, はホーマー, は何時も, は既に, は結局, は蘭人, へついた, へ入る, へ歸ら, よりも早く, を, を先頭, を支配, ノ保護, ノ植民政策, ノ自, ヲ活カセシ者, ヲ破, ヲ第, 又實ニ其, 現内閣, 第二位

▼ 英~ (137, 3.9%)

2 が一人廊下, が運動, だと, の手, の教師, の豪

1 [125件] ありやと, いかに強情, から受けた, から同行, が, がかほど, がその, がブア, が乗船, が先, が印度, が印度地方大洋諸島, が常に, が建てた, が手, が手軽, が描い, が木戸, が此處, が獨逸, が私, が若し, が薩摩湾, が遺伝的, が金鷲, が馬, であったか, であったが, であつ, でありながら, でないこと, でなくとも, ではない, でもグーダル, でウェストン, で英領印度駐屯軍, との談判, と合戦, と同等, と話し, と談判松木, などおよそ, なら謝恩, なりと誇, にきびしく, にし, には都合, にもこんな, によってなされた, に及ばざる, に取つ, に取り, に対しては同様, に教えやった, に知られ, の, のいわゆる, のため, のイーストレーキ氏, のエスペラント, のカアタア, のキャプテン, のドクトル, のホーム, のリチャードソン, のリチヤードソン, のワーグマン, の一患者, の利益, の刻薄, の勝れた, の右, の大僧正, の女, の娘, の宿所護國寺, の度量, の性, の挙動, の支配, の政策, の旦那, の書いた, の水先案内, の海軍的思想, の理想, の管下, の経営, の背肉, の自治能力, の船長, の見物, の言葉, の記者二人, の誇れる, の説き, の諺, の講談師兼落語家快楽亭ブラック, の遠大, の風習, は, はいない, はかくし, は今, は何処, は公徳, は冷笑, は初, は只, は家, は彼ら, は後, は自国, は英国, は英語, は頭巾猴, よりも成功, らしいのに, らしい徹底的個人主義, をこの, をし, を斬っ, を殺した, ヲ直, ヲ見

▼ 英~ (105, 3.0%)

3 笑って 2 いった, それに, にっと笑っ, 元の, 嫂に, 答えました, 馬の

1 [88件] いよいよ帰らぬ, きっと夕方, しまいに年, すでに馬, そう言っ, そこで, そこへ, その時楼, その老婆, その金, どうしてもこなかった, どうやっ, びっくりした, また他, もう家, もちろん広く, やがてその, ようやく一命, わが耳, スペイン政府の, セルカークソ連は, 一役で, 一羽の, 一足と, 三十一歳二世瑞仙は, 二世瑞仙と, 二人の, 二十七歳で, 二言三言いっ, 五十歳で, 享和元年十六歳で, 仏は, 仕方なし, 俯向いた, 傍の, 僕に, 八日に, 兵を, 十七歳で, 商賈の, 固くそれ, 土で, 坐って, 城中の, 大国の, 大工を, 婢を, 嫂の, 嫂を, 家に, 家を, 強いて, 微かに, 急いで, 恐れ入って, 慌てて, 憎んでも, 承知し, 文化八年二十六歳に, 旧に, 明治四十四年に, 時と, 月の, 朝まで, 朝早く, 本庄の, 歎き悲しん, 母に, 泣声にな, 海軍の, 漫然これを, 点頭いた, 牛渚の, 町医者として, 矜み, 知らせを, 確かに, 笑うばかり, 笑つてゐる, 耳まで, 膝を, 蘇生した, 言った, 詩から, 車の, 逃げまどう兵, 金を, 驚いて

▼ 英~ (88, 2.5%)

3 が之, の如き, の学者 2 の探偵小説

1 [77件] から売りつけられた, だけだ, であるから, ではポー, でも又, で素晴らしい, とを混同, と戦端, などという思想, においても恐らく, に対する宣戦布告, に於, に最も, に走り, のそれ, のストライキ, の世界一流, の世論, の人, の作品, の偽善的男子, の傑作, の傭兵, の兩市場, の勢力圏内, の叢書類, の外務省, の対支文化事業, の小学読本, の小説, の小説中, の帝国主義, の帝國主義, の後, の悪, の折衷, の探偵小説界, の放送局, の政治書, の教育方針, の文化戦争, の文壇, の文明思想, の新, の新刊書, の新聞, の新聞雑誌, の方, の旅客, の気風, の法律, の生徒, の短篇探偵小説集, の研究, の立前, の自由独立, の著名, の読書界, の諸, の諸大, の資本主義国家, の軍艦, の高圧外交, の高級官吏, は全体主義, をも嫌悪, を初め歐羅巴, を圧する, を弁じる, を風靡, ノ自由主義ガ, ヲ見, 両国民, 其の他, 及び仏蘭西, 殊に米国, 諸國

▼ 英吉利人~ (85, 2.4%)

2 の, の古い, は, は気

1 [77件] あり, が, が二人, が云った, が大きい, が毎朝, が灰色兎, が肩, が英吉利, が解る, さえ紋附, だけだ, だろう, であり独逸人, である, でエドモンド, とが大, との間, と仲よし, と少し, と結婚, なりしよ, なりと打, にし, に使, のあの, のからくり, のこと, のなか, のみであった, のやつ, のヘアネット工場, の一家族, の一部, の中, の事, の住みし, の住める, の侍醫, の公司, の刻薄, の大, の好きそう, の客間, の室僕, の恩恵, の手先, の旦那さん, の示し, の道徳律, の醫師, はいずく, はこういう, はやたら, は今年, は倫敦, は往航, は最後, は此地, は疑い深く, は肩, は詩, はSKI, ほど心, もう一人, も二十七, も来, も細君, も餘, やめりけ, らしい男, らしい老人, らしい自制的, らしく無言, をはじめ独身, を始め, を視

▼ 英國人~ (54, 1.5%)

4 が支那 2 で支那學, の方, は何等

1 [44件] が三億, が其國, が恰, が指し, が支那文, が支那語, が確か, が神經衰弱, が立つ, だと, でもない, で初期, とが柱, と爭つて, にて宣教師, には餘, によつて, に對, に繋がれ, のゴーランド, の中, の實際的, の少年, の性質, の意地, の或, の所有, の手, の支那, の機關銃, の獨言, の考, の諺, の長所, はつか, は公然, は言, や協同者, や我, や有名, よりも遙, を中心, を罰したい, 若くは

▼ 英文学~ (54, 1.5%)

4 を研究 2 にいた, に通じ, の講義, をやった, を専攻

1 [40件] かどう, だか, であったそう, という専門, としてとった, と仏文学, と社会学, などひもとかれる, などをやっ, にある, における批評, における評論, には, にはある, に異彩, に精しい, に興味, に関する著述, ね英国, のほか, のクラシック, の予備知識, の仕事, の先生, の卒業生, の古典, の古本, の師, の教師, の教授みたい, の研究, の社会観, の講師, はしばらく, もその, をひもとく, をやっ, を利用, を教わった, を論ずる

▼ 英~ (51, 1.4%)

3 両語

1 [48件] からも, が我国, が戦後, といい, とシナ, と多少, と独伊, と競争, にとってそういう, にも暫く, に傾き, に多大, に援助, に於, に見られない, のそれ, のライプニツ, の乱暴, の二大派, の人, の優秀, の公使位, の勢力, の博識連, の古い奥ゆかしい, の好事家中浮世絵, の帝国主義政府, の感情, の所領, の文芸, の聡明, の聯合艦隊, の花, の評論家, の詩, の語, の軍艦, の輸入, の連合軍, の間, は勿論, は比較級構造, は種々, へ奪, よりも著しく, を追いぬきかけ, 両国民, 入らず

▼ 英~ (47, 1.3%)

4 を読む 2 を読み, を飜讀

1 [39件] が並ん, が六かしく, でも質, で経済, なら澤山, にこの, にも適用, に就き, のあらゆる, の不審, の助, の自由, の質問, の難文, は何, は読めん, は随分, ばかりを買, ばかり勉強, も少し, をお, をよく, を二冊, を借り, を同じ, を和蘭, を和蘭語, を学ぶ, を学ん, を教えさせ, を教える, を照らし, を習う, を解する, を読まなく, を読まね, を讀みたい, を辛苦, を閲し

▼ 英帝国~ (40, 1.1%)

1 [40件] がインド聯邦, が平和, が東洋方面, が莫大, が遠慮, であり小売店, というよび, というブロック, とはいろいろ, ともある, と称し, なの, においてもまた, に入った, に於, のよう, の南, の名誉, の国辱問題, の対支策謀, の崩壊史, の恥, の態度, の憤激, の最後, の機械, の海上交通網, の領土, の鼎, は, はあらん, はもう, はわが, は世界中, は東洋, は疑い, もいよいよ, よりも重く, をし, を護る

▼ 英ちゃん~ (32, 0.9%)

4 がいいました 2 はいいました

1 [26件] あんまり良ちゃん, うまくお, がボール, が同意, が学校, が持っ, が笑いました, とで片づける, に釣り, のいちばん上, のお, のお供, の上, の大, の後, の機嫌, はいっ, はききました, はさ, は不思議そう, は強い, は石, は釣りざおの糸, は駆け出しました, や義雄さん, をはげましました

▼ 英~ (32, 0.9%)

1 [32件] がロンドン, が載, され獨逸語, した事, した時, し倫敦, せられその, せられたもの, であらう, である, で讀み直し, で讀み直す, で題し, とともにノルトン, とをちや, とランゲ氏, と五十歩, と出, に基づきし, のゲーテ全集, の參考, の方, の頁數, は更に, は解らない, は間々, も左右, を企てた, を使用, を借, を手, を試みられな

▼ 英博物館~ (31, 0.9%)

5 の図書館 2 で読んだ, にだってない

1 [22件] から遠く, が專ら古代, それからルーヴル, だけは毎日, でこの, で諸, にあった, にけっして, にでも納めなけれ, にエジプト, に一人, に世界最古, に在, に寄付, に届きし, に秘蔵, に肩, の仏像整理中, の宗教部長, へ寄附, をうろつく, を擧げなけれ

▼ 英~ (31, 0.9%)

72 のオヂュシュウス

1 [22件] でも年, といえ, に, に敵し, に汝遙, のアイア, のアキリュウス, のサルペードーン, のチュウヂュース, のヂオクレース, のヂオメーデース, のネスト, のヘクトール, のユウリュピュロス, の子ら, の將ヘクト, の心, の槍, は百千人, も心, も涙, 之気象

▼ 英領インド~ (31, 0.9%)

4 とチベット 2 に臨む, の方

1 [23件] から輸入, である, です, でその, ではどんな, との国境, との戦争以来, と絶つ, には悪魔, に入る, に対してのみならず, に対し悪, に接し, に臨ん, の下, の事, の土人, の大, の末路, の道路, は征服, を賛嘆, 及びその

▼ 英~ (29, 0.8%)

2 はいって

1 [27件] いった, いって, うろたえて, きっと来るだろう, それを, サラブレットの, 人でない, 使命を, 元の, 夫舜に, 尋ねた, 小鳥の, 往事を, 敗走の, 旧約が, 来た, 榻の, 死んで, 眠そう, 縊れて, 自記の, 茶菓を, 言った, 身じまいを, 頑として応じない, 飛びのいた反動, 麻雀を

▼ 英~ (29, 0.8%)

2 知らした

1 [27件] ありカレイ, その意, なろうじゃ, 代つて錦橋, 似て, 入り仏, 出て, 囁いた, 変って, 好意を, 宛てた書面, 宛てて, 宣戦す, 宣戦を, 招かる, 新婦は, 没取せられる, 皆伝した, 知らせた, 聴くよう, 見せて, 言いつけて, 詩を, 起されて, 転換し, 逢うよう, 遇うこと

▼ 英~ (28, 0.8%)

2 して, 自分の

1 [24件] いよいよ深く, じろりと見ました, なぐさめに, ひどく可愛がった, やるの, 下へ, 伴って, 促したが, 呼びに, 失ひ続いて, 尽して, 徳として, 悪ん, 敵だ, 止めて, 派遣した, 片はし, 見つけて, 見て, 識つてゐ, 貫く, 追っぱらおうなど, 集め咀嚼, 高位高官の

▼ 英同盟~ (28, 0.8%)

2 によつて, の如き, の締結, は益々

1 [20件] して, だって何, と大学, に関する重要書類紛失事件, のお代り, のせい, のよう, の今日, の勇士達, の好誼, の意識, の時, の軍隊, も気, をやつ, を廃棄, を結ん, を締結, を鞏固, ヲ存立セシメザル者ナリ

▼ 英領インド政府~ (28, 0.8%)

1 [28件] からネパール, から貰えるです, がうまい, がチベット, がチベット国, が半分, です, とチベット, と合戦, に対するところ, に知れた, に納まる, のため, の下, の依頼, の兵士, の命令, の感情, の教唆, の注意, の遣り, の長官, の防御, はその, はチベット国, は今, は最も, は特に

▼ 英~ (25, 0.7%)

2 云う芸者

1 [23件] いっしょに, いって, いつた, 三英とは, 三郎に, 云うも, 佛との, 同盟し, 妥協などは, 対質した, 戦って, 改む, 改めたの, 称し終に, 称す, 程硯秋との, 紀伊の, 結婚す, 自分の, 英独との, 華燭の典を, 親しくなり, 親善に

▼ 英蘭銀行~ (25, 0.7%)

2 の紙幣

1 [23件] から出, がお前, が所持人, が東洋, が正金支払, で得られ, にいたる, により行われる, による銀行券, に貯蔵, のちかく, のもの, の五十磅紙幣二十枚, の八本, の利下げ, の報告書, の正面, の証券型, の通貨, は引続き, へいっ, を中軸, を右手

▼ 英~ (22, 0.6%)

2 やオランダ領

1 [20件] だが, です, でその, ではない, となり, となる, になった, になりまし, に成つて, のシッキム人, のシンガポール, のセイロン島等, の印度, の香港, はみな東洋, へ行つて, をすぎる, ピッケルン島, ヲ直視スル時, 至る所

▼ 英吉利語~ (20, 0.6%)

2 の勉強, の教師, を勉強

1 [14件] あり, に伊太利語, に手, の如し, の教科書, の本, の訳読, の辞書, をしゃべる, を使った, を始め, を教え, を教える, 程範囲

▼ 英~ (19, 0.5%)

2 が私, が紹介, とほか, と一緒, と友達, と矢田津世子, の友達, も京大生, も東京 1 の務め

▼ 英~ (18, 0.5%)

2 の方

1 [16件] から陸, があらはれ, がうろつい, がその, が薩摩, と三隻, と戦争, によって舵機, に乗込みたき, に投ず, の攻撃事件, の眼, の砲弾, の襲撃, までが長崎, 来る夫

▼ 英米人~ (17, 0.5%)

1 [17件] がこぞって, が兄弟, で西洋史, にとつて, に親しみ, に親炙, の, のやう, の人, の前, の夏帽子, の祖先たち, の読本, はよく, は笑話, をそのまま, ノ持續セントスル國際的特權ノタメニ宣傳サレツツアル平和主義

▼ 英さん~ (15, 0.4%)

1 [15件] がお先に, が寄宿舎, といふ男, とおっしゃっ, と同棲, のおみおつけ, の妹, の教, の間違い, はなぜ, は多喜, は如何にも, は車ぢ, もどうして, を置き去り

▼ 英国民~ (15, 0.4%)

2 が当時君主, の仏語

1 [11件] が偽善者, の大, の於, の注意, の理想, の頭, の顧問, は決して, よりも遥, を, を羽

▼ 英~ (14, 0.4%)

2 がゆうべ

1 [12件] がひどく, がゆくえ不明, が住職, であった, というの, によく, に化けた, の姿, の身, はこの, は今年四十一歳, は根岸

▼ 英~ (14, 0.4%)

2 へ帰った

1 [12件] から出, から追放, だなどと, だね, では給費, では落第, に寝起し, の塾生, の生徒, へ帰っ, を出, を出た

▼ 英政府~ (14, 0.4%)

1 [14件] が多年, が特に, に間接賠償, のため, の外交, の奴隷, の官吏, の常套手段, の懐柔策, の施設, の誹謗, の離間政策, も譲っ, を厭

▼ 英~ (14, 0.4%)

2 です

1 [12件] があの, がやがて, が仕, が奇怪, でした, と二人, と呼ばれた, の矢場, はついと, も同じその, 悲しい別れ, 鞠躬如として

▼ 英~ (13, 0.4%)

1 [13件] ある政治家, が亦, で神代, に乏しく, の庭男, はよく, を下, を以て全, を振, を施さね, を施し得る如き, を行, を賞揚

▼ 英~ (13, 0.4%)

1 [13件] の二人, の作中, の口絵, の筆意, の美しい, の美人一枚絵中稀, は一筆庵可候, は北斎, は嘉永元年, は筆, は遂に, また英二, や国貞

▼ 英という~ (12, 0.3%)

2 事に 1 のです, 二人の, 十五六歳の, 号で, 号をもって, 大将に, 女である, 民権時代の, 者が, 駒彫り師の

▼ 英~ (12, 0.3%)

2 の侍女 1 が去る, に, のこと, の懐, の眼, はすぐ, はそれ, は余り, は寛之助, は袖

▼ 英~ (12, 0.3%)

1 [12件] か, が見物, によって武器, に乗た, に会す, に入った, の参ル, の往復日数, の往復路, へも米蘭両船, 再び浦賀湾, 大サ順動丸

▼ 英~ (12, 0.3%)

2 の抜萃 1 が原文, で記された, に, のごとく, の歴史, をよまされる, を作る, を思はせる, を探し出し, を翻訳

▼ 英作文~ (11, 0.3%)

1 [11件] といふ, といふの, とか外国, にも取りとめ, の不, の宿題, も出来上らず, をやっ, を一二行, を作る, を教え

▼ 英吉利旦那~ (11, 0.3%)

1 [11件] からの拝領物, に荒らされ切っ, の, のことば, のすばらしい, のもと, の市場, の文字, の服装, の着古し, は和蘭

▼ 英本国~ (11, 0.3%)

1 [11件] から派遣, ではもう, では一八九〇年, では帆船トン数, とインド, に召還, に於, の空, へ移し植えられる, へ通達, をお

▼ 英租界~ (11, 0.3%)

1 [11件] だけの規律, との間, などは隅, に向い, のタラチ・ハウス・ホテル, の大, の方, の最も, の繁華, はご, を黄浦河

▼ 英~ (10, 0.3%)

1 といふ人, と逢っ, に会, に逢, の紹介, も来る, 来りつく, 来り初, 来り又, 来り色々

▼ 英~ (10, 0.3%)

1 がそれ, としてはすでに, に遊ん, の外國語, の如く, の影響, の艦隊, はさ, は強硬, ノ二國獨兒格

▼ 英~ (10, 0.3%)

4 の, のアキルリュウス 1 のアキリュウス, のパトロクロスの

▼ 英~ (10, 0.3%)

1 などを遥か, に似たる, の価値, の全盛時代, の制作, の板画, は慶応三年八十一歳, は文化初年鳥居清長歿, は晩年, は狩野派

▼ 英~ (10, 0.3%)

2 の間 1 との二冊, には地震, の山登り, の感染, の書物, はドーヴァ海峡, 両語版, 探中

▼ 英京ロンドン~ (9, 0.3%)

1 さして凱旋, で手, とリバプール, にてなつかしき, に入った, に来, へ向け, へ着く, より米国ニューヨーク

▼ 英百科全書~ (9, 0.3%)

1 にもない, に執筆, のドノ巻, の暗記筆記, の棚, をそつくり貸し, を引っくり返せ, を抱え下し, を買っ

▼ 英~ (9, 0.3%)

2 諸國 1 があっ, があります, のトルコ分割, の争地, の協約, の間, 及び支那日本

▼ 英~ (9, 0.3%)

1 が迎えられ, に心から, の冥福, の泥, は倏忽, むなしく筑波山下, も怨み, を埋めた, 未だ葬われない

▼ 英仏独~ (8, 0.2%)

2 の文学者 1 で呼び合いました, のいわゆる, の三科, の学者, の文学科, の書物

▼ 英公使~ (8, 0.2%)

1 に依頼, のさやあて, のところ, の云振り, の盡力, はじつに, は威嚇, オールコック

▼ 英吉利文芸~ (8, 0.2%)

2 を軽視 1 に親しん, の峯, は必ずしも, を等閑, を紹介, を顧みない

▼ 英戦争~ (8, 0.2%)

2 の第 1 がわれら, の大陸封鎖, の機, はいろいろ, はその, を書き上げる

▼ 英~ (8, 0.2%)

1 だね, などの想違ひな, の前, の懸, の戦争, は何, は少し, を阿

▼ 英~ (7, 0.2%)

1 二三年は, 判らんと, 流石に, 漢法医の, 豪の, 隨分蓄財し, 食卓に

▼ 英吉利風~ (7, 0.2%)

1 で手, のフロック, の帆, の澄んだ, の礼儀, の絵, の頬髯

▼ 英文學~ (7, 0.2%)

1 に造詣, の書物, の研究, も學校, や獨逸文學, を修め, ヲ教授シ日本ニ關スル著述頗ル

▼ 英譯本~ (7, 0.2%)

1 が丸善, と異, の餘白, また菅茶山, をとり出し, を思ひ出した, 貸與

▼ 英領印度~ (7, 0.2%)

1 あり, と称せられ, においてしかり, において組織, の南端, の南部, の西境

▼ 英~ (6, 0.2%)

1 に高し, の現在文部大臣鎌田栄吉君, の皇太子さま, は始終, 写し取った古, 聴きに

▼ 英仏語~ (6, 0.2%)

1 がどちら, であるが, にする, に熟達, は公認用語, を以てする

▼ 英公使パークス~ (6, 0.2%)

1 によって, の入知恵, の敗退, の腕くらべ, の高圧的, の鼻

▼ 英~ (6, 0.2%)

1 と印度兵, のため, の弱, の次, を怖, を迎え討つ

▼ 英~ (6, 0.2%)

1 と仰い, ならん, なりと, の, の認める, 及び水戸中学出身

▼ 英学校~ (6, 0.2%)

1 から大学予備門, と云, に居り, に英学, の教頭, の職

▼ 英文学史~ (6, 0.2%)

1 というもの, と文学評論, なんかああ, の受持, の臨時試験, の講義

▼ 英本土~ (6, 0.2%)

1 がドイツ, なり近東, に戻りたい, まで逃げれ, を指呼, を捨て

▼ 英海軍~ (6, 0.2%)

1 でつかう, と僅少, と協力, のあいだ, の猛, は昔

▼ 英米両国~ (6, 0.2%)

1 にては富, の原子方面, の同, の旅行者, の間, 互に兵端

▼ 英米仏~ (6, 0.2%)

2 の自由過激論者 1 などの諸, にとどめ, の又, の思想

▼ 英艦隊~ (6, 0.2%)

1 が例, に拿捕, の撃滅, の長崎, より無電, を一挙

▼ 英~ (5, 0.1%)

1 にい, に去らん, に去れり, の, のバッキンガム宮

▼ 英~ (5, 0.1%)

1 がいう, は常に, は猟, は風上, もおどろいた

▼ 英吉利紳士~ (5, 0.1%)

1 である一事, とあめりか, に私, の燕尾服, の頭

▼ 英文字~ (5, 0.1%)

1 がつかわれ, が書き, で書いた, のスタムプ, は今

▼ 英~ (5, 0.1%)

1 がかく, が日支協約, といっ, に逢いました, の手紙

▼ 英濠間~ (5, 0.1%)

1 の最速汽船, の汽船航路, を往復, を無, を結ぶ

▼ 英~ (5, 0.1%)

2 で美術骨董 1 が出, が竹, を適材適処

▼ 英独仏~ (5, 0.1%)

1 などの科学国, の三ヶ国語, の三国語, の三箇国語, の兵士ら

▼ 英蘭人~ (5, 0.1%)

1 が移住, で充ち満ちるであろう, となる, にはお伽話, は部屋

▼ 英~ (5, 0.1%)

1 で払っ, にすれ, に換算, のボイコット, のポンド

▼ 英~ (5, 0.1%)

1 ありき, なり, に及び, の版図, をもっ

▼ 英靈集~ (5, 0.1%)

1 と云, には二百七十五, の事, の序文, は殘缺

▼ 英~ (4, 0.1%)

1 て再, て来た, ロンドンで, 王宮辺を

▼ 英とは~ (4, 0.1%)

2 気付かざりしならん 1 大声を, 汝かっ

▼ 英両国~ (4, 0.1%)

1 の今日, の国語, は仏, を除きたる

▼ 英京倫敦~ (4, 0.1%)

1 が大, に届いた, に開かれたる, を出た

▼ 英仏その他~ (4, 0.1%)

2 の国々 1 で政党, を現に

▼ 英仏両国~ (4, 0.1%)

1 に近く, の政府, の望み, は中立

▼ 英仏人~ (4, 0.1%)

1 が新, のとなえる, の剣幕, の遊び

▼ 英仏等~ (4, 0.1%)

1 の一二流店, の文, の盲虫, わずか二

▼ 英仏軍~ (4, 0.1%)

1 と独軍, の有力, は多数, を中断

▼ 英吉利国~ (4, 0.1%)

1 と似, にも優り, に和親, の紳士

▼ 英吉利海峡~ (4, 0.1%)

2 を渡った 1 を越え, を越した

▼ 英大使~ (4, 0.1%)

1 でしたが, としてロンドン, の, もうろうろ

▼ 英幕危機~ (4, 0.1%)

1 が高潮, に備え, を巧み, を脱した

▼ 英~ (4, 0.1%)

1 が満ち充ち, なりし, をこんな, 某多年

▼ 英~ (4, 0.1%)

1 の, はのろ, は長崎史研究者, を訪ねる

▼ 英~ (4, 0.1%)

1 の詩歌, の譯詩, 及び日本, 露其の

▼ 英獨協商~ (4, 0.1%)

1 の原則, の如き, の成立, ヲ日英協商トシテ支那ニ臨ム時

▼ 英百合子~ (4, 0.1%)

2 に似 1 がい, の家

▼ 英~ (4, 0.1%)

1 であったかの, の漢字校正係, へつめ切り, を退い

▼ 英蘭対訳~ (4, 0.1%)

4 の字書

▼ 英陳横~ (4, 0.1%)

1 などの輩, の二将, は顔, を逃がす

▼ 英~ (4, 0.1%)

1 といつた, と呼應, を欽, 我が邦

▼ 英~ (3, 0.1%)

2 ねはあ 1 のが

▼ 英には~ (3, 0.1%)

1 どうして来る, もう賛成, 帰るべき家

▼ 英一辺倒~ (3, 0.1%)

1 から向米一辺倒, が鋭角的, でその

▼ 英上人~ (3, 0.1%)

1 から寄せられた, で現に, のやう

▼ 英仏両派~ (3, 0.1%)

1 の競争, の論陣, の間

▼ 英仏租界~ (3, 0.1%)

1 といふ厄介, の人口, を昼

▼ 英仏露~ (3, 0.1%)

1 など諸, に学びたい, は立場

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 だけでなく, に文學, の

▼ 英博覧会~ (3, 0.1%)

1 から引続き, に遣つ, の跡

▼ 英吉利婦人~ (3, 0.1%)

1 に逢う, のナース, の色蒼ざめて心冷

▼ 英吉利文学~ (3, 0.1%)

1 のリリシズム, を専攻, を目標

▼ 英吉利生れ~ (3, 0.1%)

1 の偉人, の婦人, の農夫

▼ 英吉利訳~ (3, 0.1%)

1 だけ読ん, によつたの, によりながらダンテ

▼ 英國博物館~ (3, 0.1%)

1 に引き取るべし, に移すべし, に轉交

▼ 英國憲法~ (3, 0.1%)

1 の眞相, は世界無比, を説く

▼ 英國流~ (3, 0.1%)

1 にかるく, の自尊自大心, の責任論

▼ 英堂和尚~ (3, 0.1%)

1 が南都西大寺, と相識, の老

▼ 英学術協会~ (3, 0.1%)

1 が開かれた, に出席中, に提出

▼ 英學塾~ (3, 0.1%)

1 と云つて, の寄宿舍, を出る

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 の方, の諱, 命じて

▼ 英宗清~ (3, 0.1%)

3 大居士

▼ 英官辺~ (3, 0.1%)

1 からの圧迫, の厭, の神経

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 と祖父直々, に訊いた, はそれ

▼ 英居士~ (3, 0.1%)

1 である, という, と歿年月日

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 がはじまっ, のはじまる, もそんなに

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 と田中館博士, も米教, を紹介

▼ 英教中将~ (3, 0.1%)

1 である, と田中館博士, にはいろいろ

▼ 英文典~ (3, 0.1%)

1 など英語研究, の上, を復習

▼ 英文学者~ (3, 0.1%)

1 で入社, としての真面目, の中野好夫

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 が別々, の利害, の各国語

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 があえなく, が全然, を自滅

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 です, に東京法学院, を学ぶ

▼ 英独両国~ (3, 0.1%)

1 で面目, の葛藤, はすでに

▼ 英独協商~ (3, 0.1%)

1 の原則, の如き, の成立

▼ 英獨露~ (3, 0.1%)

1 であります, の如き, 諸國

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 と云, と称した, の家

▼ 英百科辞典~ (3, 0.1%)

1 による, のロシア, 又はニューインタナショナル

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 だと, なデモクラシー, な科学

▼ 英米仏露~ (3, 0.1%)

2 をひきくるめ 1 の諸

▼ 英米探偵小説~ (3, 0.1%)

1 にとりあつかわれた, の傑作, の舊道

▼ 英米独仏~ (3, 0.1%)

1 の四ヶ国, の大, の諸国

▼ 英~ (3, 0.1%)

1 の広沢, の菊本, の菊本氏

▼ 英蘭銀行券~ (3, 0.1%)

1 で支払わしめられるであろう, とのいずれ, を法貨

▼ 英~ (3, 0.1%)

2 の浦 1 の山

▼ 英辞書~ (3, 0.1%)

1 で, をあけ, を入る

▼ 英運動~ (3, 0.1%)

1 が中国人, ではなくっ, に加入

▼ 英領植民地~ (3, 0.1%)

1 などへは寄港, のシンガポーア, のシンガポール

▼ 英あり~ (2, 0.1%)

2 とすれ

▼ 英から~ (2, 0.1%)

1 急に, 組織部会への

▼ 英した~ (2, 0.1%)

1 が全く, 時老

▼ 英ちやん~ (2, 0.1%)

1 こそまだ, にお

▼ 英ちやんさ~ (2, 0.1%)

2 へ丈夫

▼ 英っていう~ (2, 0.1%)

1 彫り師に, 彫り師を

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 あらうか, まだ十一

▼ 英との~ (2, 0.1%)

1 事蹟は, 交を

▼ 英にも~ (2, 0.1%)

1 前から, 学ぶべきところ

▼ 英~ (2, 0.1%)

2 の緩衝地帯

▼ 英ソ両国~ (2, 0.1%)

1 の対日軍事同盟, の精鋭軍団

▼ 英三夫妻~ (2, 0.1%)

1 の移った, は内心

▼ 英亜両国~ (2, 0.1%)

1 においてその, の交換教授

▼ 英亜諸国~ (2, 0.1%)

1 の有様とわ, はこれ

▼ 英京政府~ (2, 0.1%)

2 を助け

▼ 英京竜動~ (2, 0.1%)

1 に学ばしめぬ, に遊ぶ

▼ 英人達~ (2, 0.1%)

1 はにわかに, は云う

▼ 英仏独伊~ (2, 0.1%)

1 の四箇国語, の文芸

▼ 英仏独語~ (2, 0.1%)

1 で出版, をよく

▼ 英仏独露~ (2, 0.1%)

1 の諸, の軍艦

▼ 英仏米諸国~ (2, 0.1%)

1 の一流, の軍艦

▼ 英伊戦争~ (2, 0.1%)

1 にまで展開, を喰い止め

▼ 英佛側~ (2, 0.1%)

1 の出方一つ, は戰爭状態

▼ 英佛獨~ (2, 0.1%)

1 に三年間私, の文字

▼ 英佛系統~ (2, 0.1%)

2 の哲學

▼ 英佛艦隊~ (2, 0.1%)

1 と中立地帶, の勢力範圍

▼ 英~ (2, 0.1%)

2 純行

▼ 英倫はさ~ (2, 0.1%)

2 のみこの

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 な人物, の資質

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 にあらぬ, 且つ雄弁家

▼ 英先生~ (2, 0.1%)

1 があいにく, の許

▼ 英吉利ホテル~ (2, 0.1%)

1 に泊つて, の夫人

▼ 英吉利人等~ (2, 0.1%)

1 に劣らなかった, に劣らなかつた

▼ 英吉利仏蘭西~ (2, 0.1%)

1 などの小国, の状態

▼ 英吉利兵~ (2, 0.1%)

1 などは斃, は麦酒壜

▼ 英吉利名~ (2, 0.1%)

1 で通っ, のアンソニー

▼ 英吉利文学史~ (2, 0.1%)

2 をひろげ

▼ 英吉利料理~ (2, 0.1%)

1 だから, を食い分ける

▼ 英吉利等~ (2, 0.1%)

1 あるのみ, は星界

▼ 英吉利製~ (2, 0.1%)

1 のヰスキイ, の尤物

▼ 英吉利語文学~ (2, 0.1%)

1 が流行, はシヨオ

▼ 英吉利語訳~ (2, 0.1%)

1 のイバネス, の大陸文学

▼ 英吉利貨物船~ (2, 0.1%)

1 の編成隊, を傭船

▼ 英和尚~ (2, 0.1%)

1 と昔ばなし, の点ずる

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 から公領事館, をし

▼ 英善直~ (2, 0.1%)

1 の京水, を出す

▼ 英善直母~ (2, 0.1%)

2 は家女

▼ 英國武士道~ (2, 0.1%)

1 の一班, の精髓

▼ 英國海軍~ (2, 0.1%)

1 ヲ, ヲ撃破シ得ベキ日本及日本

▼ 英國牛津~ (2, 0.1%)

2 大學

▼ 英國的~ (2, 0.1%)

1 なり, なりきと

▼ 英國製品~ (2, 0.1%)

1 のボイコツト, をボイコツト

▼ 英國進歩黨~ (2, 0.1%)

1 に於ける, の主義

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 だつて, は僕

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 を始めた, を攻めつる

▼ 英居士五十一歳初代瑞仙長男~ (2, 0.1%)

2 実玄俊信卿男

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 が出, にも劣らない

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 が印度皇帝, にイギリス

▼ 英平吉~ (2, 0.1%)

1 の死, の死んだ

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 となし, よりも仏式

▼ 英惇徳~ (2, 0.1%)

2 の二人物

▼ 英抗争~ (2, 0.1%)

1 の幕, はいう

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 だけはよく, は問題

▼ 英文化~ (2, 0.1%)

1 に影響, をわが国

▼ 英文学専攻~ (2, 0.1%)

1 の卒業生, の士

▼ 英文学研究~ (2, 0.1%)

1 の業績, も又

▼ 英文學科~ (2, 0.1%)

1 といふやう, の講義

▼ 英文學者~ (2, 0.1%)

1 であつ, の由

▼ 英文學者中~ (2, 0.1%)

1 で最もよく, にあ

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 が眉, の人間

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 の勃々たる, は全身

▼ 英法派~ (2, 0.1%)

1 は法学院, は第

▼ 英漢数~ (2, 0.1%)

1 です, に国語簿記何ん

▼ 英漢數教授~ (2, 0.1%)

1 といふこと, の利目

▼ 英烈竜王~ (2, 0.1%)

2 の生日

▼ 英独人~ (2, 0.1%)

1 が世界, も其等

▼ 英独戦争~ (2, 0.1%)

1 で明らか, の進行

▼ 英独開戦~ (2, 0.1%)

1 の三年前, の直前

▼ 英獨語~ (2, 0.1%)

1 にも幾度, に長

▼ 英王戴冠式~ (2, 0.1%)

1 および赤道祭, を祝する

▼ 英~ (2, 0.1%)

2 の死んだ

▼ 英男らしく~ (2, 0.1%)

1 安楽椅子により, 自分救われた

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 という土地, の変化

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 して, し今日

▼ 英百科事典~ (2, 0.1%)

1 にも引用, の新版

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 およびドイツ皇帝, へ御

▼ 英祖王~ (2, 0.1%)

1 の時建立, の陵

▼ 英禅師~ (2, 0.1%)

2 を崇福寺

▼ 英空海軍~ (2, 0.1%)

1 の手, の部隊

▼ 英米仏蘭四国~ (2, 0.1%)

1 の連合艦隊, を相手

▼ 英米側~ (2, 0.1%)

1 にとっ, に立つ

▼ 英米汽船競争~ (2, 0.1%)

1 が北大西洋, を通じてますます

▼ 英米独仏その他~ (2, 0.1%)

1 の諸, の諸国

▼ 英米的~ (2, 0.1%)

1 な帝国主義, な帝國主義

▼ 英米的思想~ (2, 0.1%)

2 の排撃

▼ 英米競争~ (2, 0.1%)

1 の場所, を通じて著しい

▼ 英統一主義~ (2, 0.1%)

2 に傾い

▼ 英習字~ (2, 0.1%)

1 とか手先, を何となく

▼ 英船浦賀湾~ (2, 0.1%)

1 に入る, に入れり

▼ 英蘭労働者~ (2, 0.1%)

1 ではなく, と同じ

▼ 英詩人野口米次郎氏~ (2, 0.1%)

1 の頭, も住めり

▼ 英諾威人ケント族~ (2, 0.1%)

2 の仏伊人

▼ 英貨一ポンド~ (2, 0.1%)

1 が千マルク以上, はおよそ

▼ 英賀城~ (2, 0.1%)

1 に三木通秋, の三木通秋

▼ 英辭書~ (2, 0.1%)

1 の注, の注解

▼ 英通語~ (2, 0.1%)

1 と云う, はこの

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 にその, の危機

▼ 英~ (2, 0.1%)

1 に對, は肉體

▼ 英領中央亜~ (2, 0.1%)

2 非利加土人篇

▼ 英領加奈陀~ (2, 0.1%)

1 との競争状態, の缶詰業

▼1* [721件]

いたしました際は, 英英韓の, 英さん今日はお出かけ, 英さん北野丸を見, 英せらるるがこの, 英だけの名では, 英だろうと思った, 英ちゃんと一緒に, 英ちゃん誠さん年ちゃんたちが集まっ, 英やない, 英ものです, 英であることに, 英であろう妙齢の, 英といふ老翁の, 英とで四時すぎ迄, 英などに際しては気象状態に, 英ならではやらぬやう, 英なり荷蘭なり, 英にわたってラディカルズの, 英ばかりを乗せて, 英ぼこがそのよう, 英より成る, 英ら皆河間出身の宦官, 英れたる風を, 英スエと入れ, 英スエ子と自分, 英スエ子二人急行で帰京, 英スエ子成田にお礼, 英スエ子私市次郎出磬山, 英ソ三国が各, 英ソ三国外相のモスクワ会談, 英ソ両国間の協定, 英ソ双方とも監視者, 英ソ秘密会談についてとくに, 英ソ軍事同盟の一等, 英チャイナおよびソ連, 英チヤンを御, 英ニユウ・フオレストの大, 英ニ至リ漸ク以テ日耳曼地方ニ至リシハ, 英ネルの赤い, 英小兒ヨリ, 英マイル半から四英マイル, 英マイル時代に依っ, 英ローマ兵士がイケニ種, 英生ム, 英一世にあら, 英一斤です, 英一派の後勁たる, 英一蝶はかく, 英という人, 英三十三歳の時, 英三十五歳の時, 英三十八歳の時, 英三十四歳の時, 英文で, 英両国以外でも間もなく, 英両国政府のあいだ, 英両所が待っ, 英中土宜法竜僧正, 英中得も知れぬ, 英中筆者はとくに, 英中親交したロバート, 英中高名のある, 英久留島義太等のご, 英九年の間, 英了位しか話せる, 英了君の努力, 英了塩入亀輔来訪帰りにマルヤ, 英二人だ, 英二十九歳の時, 英二十八歳の時, 英二十四歳常は寛政六年生, 英于一籠藐茲丈室与天穹窿羹牆如, 英の人民, 英亜両国協同で海底潜水爬行, 英亜開版の歴史地理誌数書, 英京ろんどん, 英京ロンドン客中にわかに思い立ち, 英京ロンバード街に行き, 英京水と号, 英京龍動に遊ぶ, 英人たちはびっくり, 英人らはこの, 英人リンゼイから十二万ドル, 英人二人がこちら, 英人二十人を加え, 英人二名が張り番, 英人医師であるから, 英人差戻方, 英人建築技師ディグスビイの設計, 英人曰くローマ宗と国教宗の別, 英人的にし, 英人種のみである, 英人経営のこの, 英に送つた, 英仏その他文明国の急進派婦人, 英仏ロシアの勢力, 英仏交も琉球, 英仏人民に向かっ, 英仏代表イーデンラバールの肖像, 英仏伊その他十ヶ国からイプセン研究者イプセン役者, 英仏伊日の四国, 英仏伊日蘭波蘭和蘭加奈陀諾威等の国人, 英仏伊独等の青年男女, 英仏会話の頁, 英仏合同一大毛織物会社, 英仏同前だ, 英仏名ドラゴンはギリシア, 英仏地中海艦隊の援助, 英仏埃及の三語, 英仏学伝習所が横浜, 英仏日支の国語がち, 英仏日耳曼の語学, 英仏派はひとりのこらず, 英仏流の憲法, 英仏独なんでもござれだ, 英仏独三国語の解説, 英仏独伊希臘羅甸の書物, 英仏独伊露の現代語, 英仏独墺露の五強国, 英仏独米の四個国, 英仏独蘭の稀覯書肆, 英仏独諸国の新聞, 英仏相手の戦い, 英仏米等の外国軍艦, 英仏米蘭四国公使に面接, 英仏臭味を帯びない, 英仏蘭米四ヶ国から幕府, 英仏語ともに未, 英仏贔屓でしかも, 英仏連合軍の中, 英仏間には十一月三日, 英仏露三国が協約, 英仏露伊葡諸国の人民, 英仏露洪米瑞の探検家, 英仏露等の公使, 英仏魯等の諸国, 英条約の, 英伊二艘ともゴオル, 英伊等の美學者四十餘人, 英佛二國より海軍, 英佛同盟軍の北京侵入, 英佛同盟軍侵入の際, 英佛和獨西葡等の諸, 英佛獨伊を廻り, 英佛獨露白伊等各國, 英佛獨露艦の敬禮, 英佛等の例, 英佛米伊の四國, 英佛語にも長, 英佛露のみで, 英佛露獨我劣らじと, 英侵寇の評定, 英保氏立宇自加支興等によつて齎ら, 英倫役満東帰由法国之馬賽口登舟遇日本井上甫水兄, 英に対しドイツ, 英現はる, 英兩國ガ海上ニ見ユルノ日ナリ, 英兩國ハ中立的關係ニ立ツ能ハズシテ彼ノ從屬的現状, 英兩國語の間, 英公使パアクスをよろこばせた, 英公使モットレイが国務長官フイシュ, 英公使米公使と云う, 英公使館に出掛け, 英六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 英兵ニ敗ラレツツ幾年ヲ經過シタル後, 英兵上海を抜き, 英兵衛となつ, 英に則り, 英といふ苺畑出来候為め産出過多加, 英の家, 英動詞を誤解, 英化一色の時代, 英十八歳の時, 英十六であつ, 英十米十仏五独六日三などという類い, 英十米十仏六独八日三で長期, 英協同して, 英協商トシテ支那ニ臨ム時明治大帝ハ何ノ爲メニ日露, 英協約にも決定的, 英南海辺十五年前旧遊地再来重見亦因縁, 英単一千語をやっ, 英博物館わきに本部, 英博物館パリのルーヴル博物館, 英博物館人類学部長たるリード男, 英博物館図書館にかよわせ, 英博物館所蔵ニムロッドの浮彫, 英印連絡空路によりアフガニスタン, 英印間を乗切った, 英危機の第, 英又可, 英三人独露各, 英合同の植民地, 英吉利のは遥か, 英吉利ふうの破風, 英吉利カブレして, 英吉利ロンドンのしかも, 英吉利中で自分, 英吉利人つて奴は大, 英吉利人のか, 英吉利人ひとりなのに, 英吉利人ひとり山賊に撃ち殺されし, 英吉利人みたいになりかけ, 英吉利人ホルムスが, 英吉利人一族を率, 英吉利人以外にはなかろう, 英吉利仕込のパテント付, 英吉利仕込みと違います, 英吉利佛蘭察等共同樣之御答, 英吉利佛蘭西に樂, 英吉利佛蘭西獨逸等音に名高き, 英吉利倶楽部になっ, 英吉利側のロイド・ジヨウジ氏, 英吉利公園を散歩, 英吉利刈の新式, 英吉利古今の文士戲曲, 英吉利国王より支那国帝, 英吉利奥様を強姦, 英吉利女なんかがそのまま, 英吉利好きの男, 英吉利委員とはともに, 英吉利宣教師ヘンリイ・タウンゼンド氏はこの間, 英吉利巡洋艦の事, 英吉利巻と呼んだ, 英吉利式の頭, 英吉利征服に材, 英吉利文藝復興期に多く, 英吉利日本対語ローマ字百人一首和蘭語訳付など外, 英吉利沿岸の白く, 英吉利法政治學經濟學經濟史の外, 英吉利海峽を後, 英吉利海軍の快走艇, 英吉利独逸墺太利仏蘭西露西亜伊太利西班牙亜米利加瑞典諾威などから来る, 英吉利王の罪, 英吉利留学の三年間, 英吉利的な特長, 英吉利直輸入の婦人煙草, 英吉利種の大, 英吉利競馬の大, 英吉利船にて海峡, 英吉利行の兵卒, 英吉利西婦人のミセス, 英吉利西風の背広, 英吉利語獨逸語と方々, 英吉利語講演会をやつ, 英吉利讀にされた, 英吉利貴族といった場外れ, 英吉利趣味ですか, 英吉利軍艦に談判, 英吉利露西亜等の群小作家, 英吉利領事館や正金銀行, 英吉利騒動につらなっ, 英同盟国旗の上, 英同盟廃棄数年後になっ, 英同盟援務的契約などいう, 英同盟軍とセリ, 英呉傑は真, 英呉傑等軍六十万を合し, 英の間, 英哲許多相集未曾有之盛事, 英商人の手, 英商船の傭船, 英商船撃沈はその, 英商館はジャーディン・マヂソン, 英單語を會話, 英嘉伊東昌春林民五郎黒羽源治木村嘉吉中村勘蔵山田武岡馨が出廷, 英四十一歳の時, 英四十七歳であつ, 英四十九歳であつ, 英四十二歳であつ, 英四十五歳であつ, 英四十八歳であつ, 英四十六歳であつ, 英四十四歳であつ, 英四十歳の時, 英と一緒, 英国交関係は南北戦争, 英国民性を脱却, 英国民諸君および全, 英国男皆ちゃんとした, 英国貨四磅づつ払つて, 英国際の紛争, 英國ウエールズ・アベリストウエルス大學, 英國ガ早ク已ニ支那, 英國ガ一時的全勝將軍タルガ爲ニ瞬時雌伏スルニ過ギズ, 英國ガ印度ヲ牛馬視シテ己, 英國ケムブリッヂの言語心理學者オグデン, 英國テームス河口の造船所, 英國テームス造船所で竣成, 英國デヴォン州ホルスヲーシーの寺, 英國ト自耳義, 英國トノ衝突ハ日英同盟ヲ存立セシメザル者ナリ, 英國ト絶對的ニ兩立セザルガ故ニ實ニ, 英國ト青島ヲ根據トセル獨逸トガ, 英國ニ取リテ, 英國ニ對シテ軍國的組織ヲ放棄シ得ザリシ所以, 英國ハ全世界ニ, 英國ハ日本ヲ外ニシテ支那ニ恐ルベキ實力, 英國バースの羅馬, 英國フランスドイツイタリースペインデンマークギリシアトルコ等があり, 英國リスター研究所に於, 英國中に使者, 英國人ガ支那人ヲ亡國民タラシメタル阿片輸入ト, 英國人所有の工場, 英國人民を代表, 英國人私はそいつ, 英國以外の列強, 英國何者そ獨逸何者そ佛國何者そ露國米國何者そ苟も雄, 英國使節の譯官, 英國保守黨の首領, 英國倫敦でちら, 英國公使館裏通りのさ, 英國内にて之, 英國勞働階級の状態, 英國史傳家エワルド曾て其の, 英國史希臘史羅馬史近世史哲學及び倫理學等, 英國大使のお, 英國大使ヘンダーソン氏がベルリン, 英國大使館前の櫻, 英國婦人がある, 英國政治家の風, 英國政黨内閣の妙處, 英國文壇に初めて, 英國最大詩人の一, 英國機で, 英國汽船アシニア號がドイツ, 英國海軍兵學校の入, 英國獨國大使別館いづれも, 英國百年の政黨歴史, 英國紳士の典型, 英國總領事兼外交事務官たるに過ぎざりき, 英國繪入雜誌, 英國艦隊ヲ本, 英國艦隊全部ヲ本, 英國製でシイ・テツサア四・五鏡玉, 英國語が甚だ, 英國議會の, 英國近刊のある, 英國郵便船に救, 英國風の憲政, 英國駐在の帝國公使, 英土耳古大使, 英壹番と云われ, 英外相ラッセル伯にたいしてアラバマ号, 英辞典, 英大会に我が, 英大使館では彼, 英に劣る, 英夷封豕長蛇東洋を侵略, 英夷阿片交易のこと, 英奥田啓市の諸氏, 英女子の渇仰, 英女学校というの, 英女皇の署名入り, 英の間種, 英婦人の名, 英学会でマコーレー, 英学会国漢文研究所日本大学などを転々, 英学士会員だったモリノー男, 英学士会員ブーランゼー方で見た, 英学士会員ブーランゼー氏に話す, 英学士会員プーランゼーは, 英学校英華学校文武館三校の教職, 英学派の教授, 英学生の間, 英學塾同窓會で津田先生, 英學會にも學び, 英學界の呪詛, 英宗師は禅僧中まれ, 英宗時代に貴, 英へは之, 英対アフガニスタンの関係, 英対照の字引, 英対訳辞典の編纂, 英寿江子さん達を御飯, 英對譯辭書をもとむれ, 英少佐エリク・ヘンダスンだから, 英山ら皆これに倣, 英山歌麿の類, 英山渓斎英泉の二人, 英山渓斎英泉鳥居清峰らは不幸, 英山等の華魁繪, 英山英泉あたりの末流, 英であった, 英の大学, 英帆船は米, 英帝ヘンリー第五世, 英帝国主義の一大敵国, 英帝国盛んなりし時代, 英帝国航空もフランス, 英帝國を意味, 英帝國其者ヲ組合視シ會社視シテ悉ク社會契約説ニ基ク立法ナラザルナシ, 英帝皇后ご同列, 英帝退位と蒋介石監禁, 英の危機, 英幕講和が極秘裡, 英幕関係は急速, 英平吉携来一本即旧, 英弗塔は天, 英強硬対外膨脹の線, 英悉くその風靡, 英憤激はその, 英持久戦争に捧げた, 英探偵小説の古典, 英の先生, 英支事情を捕え, 英支貿易の数字, 英数自然研究の簡単, 英文学史いずれも大事, 英文学専門の留学生, 英文学山本は独文学, 英文学思想の漸く, 英文学書すら読め, 英文学研究中病気に罹り, 英文学評論の変化, 英文學出身のもの, 英文學會に出席, 英文學研究にどれ, 英文豪チョーサーの言, 英日両国の間, 英日本人およそ七, 英日関係危しとの, 英日露の条約, 英昌等の看板, 英時はじめ塩田桜田大仏名越などいずれ, 英國で, 英本国六千万の人民, 英本国政府の中止命令, 英本土上陸作戦の誤植, 英杜戦争その他いろいろの, 英よこれ, 英の中華料理, 英がペコペコ, 英此年十九歳であつ, 英殺しと云う, 英氏北条祐賢氏などとしばしば, 英氏通称は平吉, 英氣弛むること勿れ, 英氣滿たさ, 英氣颯爽として滿座皆, 英氣養へ酒, 英泉あたりの末流, 英泉北斎其他の漫画本, 英泉鳥居清峰らは不幸, 英法学者では元田肇君, 英法眼だと, 英法眼奥御医師, 英洲殖民地時代そのままという, 英の合理主義, 英海峡の水, 英海軍中第一, 英海軍駆逐機隊の無電交信, 英清戦争に際して清国敗北, 英の文法, 英漢数学の塾舎, 英漢数教授という看板, 英漢數學の教場, 英漢譯に和譯, 英濠往復飛行に使用, 英濠支の三点, 英灯台局の最初, 英を使用, 英為替二志三片であったの, 英照皇太后の御, 英照皇太后宮にお, 英照皇太后陛下の御, 英特派員も, 英独あたりでも同様, 英独ソなどのいわゆる, 英独フランドル諸国人その水, 英独両国語で同時に, 英独二国なること, 英独仏その他いずれの国, 英独仏以西等の諸国雷応, 英独仏伊西の各国語, 英独仏日これらの四ヶ国, 英独仏露エスギリシアラテン其の他, 英独仏露伊西以外和蘭瑞西波蘭瑞典那威澳太利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 英独仏露支の五ヶ国語, 英独仏露敵味方各国の人民, 英独仏露米伊等の何れ, 英独伊等の劇壇, 英独伊米仏などあらゆる, 英独名を取る, 英独留学中の二年間, 英独語は勿論, 英独露伊西日の六ヵ国, 英独露墺スエーデンなどと結んだ, 英獨人は吾人, 英獨佛等の字引き, 英獨佛露墺伊の各, 英獨協商ハ香港ヲ根據トセル英國ト青島, 英獨譯では, 英獨露伊西等の諸, 英へ向け, 英王アーサー物語にいづ, 英王ウィリアム三世は氏, 英王ウイリアム四世も棄て, 英産品を買え, 英町尺を持っ, 英発光著や斯, 英発秀鋭なる, 英白軍および仏, 英百合子君らがいた, 英百科事彙を開い, 英百科字典の堆積, 英的忠告も手伝っ, 英的空気が濃厚, 英皇エドワード陛下は今度新た, 英皇太后メアリー陛下の御, 英皇子のお, 英皇帝エドワアド七世の肖像画, 英皇戴冠式を奉迎, 英盆川のほとり, 英ね九月十日, 英祖王陵の左右, 英だね, 英秘密会談のあり, 英空軍と海底超人, 英立居士と申候, 英童子は直, 英は西, 英微月竹籠烟, 英米その他に於ける, 英米その他諸国の子供, 英米ともに文学, 英米アングロサクソン系の作家, 英米ガ傭兵制度ヲ日本ニ強ヒタルハ何タル迷妄ゾ, 英米クリッパーの競争, 英米クリッパー戦は完全, 英米ハ只海上封鎖ニヨリテ食料ト軍需品トヲ遮, 英米三国の資本, 英米両国争端を開く, 英米両国政府の間, 英米二大資本主義国, 英米二国は独逸, 英米二國で資金, 英米人自身が英文, 英米人風の云, 英米仏人混合の一座, 英米仏伊印独支八ヵ国の少年, 英米仏独露日墺伊八カ国の出兵, 英米仏蘭四カ国の聯合艦隊, 英米仏蘭四国連合艦隊の来襲, 英米伊露等の各国, 英米会社は自国, 英米依存の現状, 英米傑作の水準, 英米児童の間, 英米共に金利, 英米其他の諸, 英米危機が到来, 英米史を特に, 英米哲学を本位, 英米問題がどう, 英米国交の危機, 英米委員の面前, 英米学者の代議政体論, 英米客が寄り付く, 英米帆船の競争時代, 英米帝国主義間の増艦競争, 英米戦争を開か, 英米文学中妖婆を描き, 英米日の教授達, 英米法の, 英米流の人生観, 英米海運戦および市場戦, 英米煙草だわ, 英米煙草会社日華紗廠そういったビルディング, 英米独仏いずれの先進国, 英米独仏人だそう, 英米独仏等のごとき, 英米独特の不合理, 英米独等のごとき, 英米独領事の三頭政治, 英米獨露悉ク信ヲ傷ケザルモノナク, 英米短篇探偵小説の吟味, 英米等の諸, 英米緊張をもたらす, 英米訳が出版, 英米資本の導入, 英米軍の人たち, 英米長篇探偵小説の八割, 英米関係の悪化, 英米霸を稱, 英結婚手続きの相違, 英盟が, 英綿の荷役, 英緊張はすこし, 英義氏がまだ, 英翁甲論乙伯この頭, 英習字菊さし寄せて, 英帝国の, 英膳どのと拙者, 英膳先生御来客, 英膳言葉もござりませぬ, 英自身の伝統的問題, 英の工場, 英舎市が谷工場, 英船モナ号に搭, 英船モリソン号江戸に入らん, 英船仏山号に移り, 英船内で開始, 英船御国ニ来るよ, 英船渡來の報, 英船長サリスの, 英船魯船の來航, 英艦エクセター号の艦側, 英艦テイマア号が武装, 英艦一隻が独艦三隻, 英艦入港せりと, 英艦四隻仏艦三隻米艦一隻蘭艦一隻都合九隻の艦隊, 英艦応接の儀, 英艦撃退のこと, 英艦防禦のため大樹, 英艦隊撃滅作戦の書類, 英艦露兵西又東大陸風雲日将急, 英に塗られる, 英草紙になり, 英菖葉映窓紗, 英薩戦争で英艦隊, 英薩接近はその, 英となる, 英蘭そのものが問題, 英蘭フランススウェーデンロシアプロシア及びアメリカ, 英蘭公使いよいよ来たる, 英蘭北部地方のある, 英蘭南部の労働者, 英蘭土の僧, 英蘭土地主が所領地図, 英蘭学の学習, 英蘭対訳発音付の辞書一部二冊物, 英蘭市場の変動, 英蘭東北岸に沿い, 英蘭流の貧民税賦課制度, 英蘭特有の利害, 英蘭生れの男, 英蘭等よりも遲, 英蘭西岸の名港リバプール, 英蘭貧民法が論ぜられ, 英蘭貧民法のより大, 英蘭銀行その他すべての債務者, 英蘭銀行三角州につき当った, 英蘭銀行兌換停止中における貨幣価値, 英蘭銀行支店で預金帳, 英虞郡があり, 英証大姉と云つて, 英詩集を取り出し, 英ですが, 英誉清熏大禅定尼秀吉此の後室, 英論文の中次, 英警備区域内のそれ, 英譯者として又, 英譯2を刊行, 英議会に伝統化, 英豪メネラウス自ら來る其兄, 英豪勇武のああ, 英豪艦隊に負わされ, 英貨一〇〇万ポンド公債で正式, 英貨一片は日本, 英貨一磅の相場, 英貨百万ポンドの借金, 英貿易に都合, 英の城, 英の為, 英賢孔明も一代, 英を持っ, 英赤十字班が英国, 英がかえって, 英辞典を持っ, 英辞書一部を所持, 英近海の海運, 英遊記を借り, 英の或, 英濁醪吾已飽, 英の妻, 英開戦を知り, 英開戦以来わが金博士, 英開戰ハ已ニ論議時代ニ非ザルナリ, 英関係のけわしい, 英関係上にも殿下, 英関西では吉益東洞, 英雄偉傑の姿, 英雄志を抱い, 英到所可, 英で反間, 英露二国にロイド・ジョオジ, 英露仏など各国, 英露仏独のあらゆる, 英露仏等の諸国, 英露幾多の列強, 英露独など出来る, 英露独西伊墺匈の諸国, 英露等の諸国, 英の字引き, 英領アフリカ植民地においてもまた, 英領インド国の事情, 英領インド政府不注意であったならば, 英領エジプトが今春独立, 英領オーストラリア産小鳥の剥製, 英領ギヤナのアラワク人, 英領ケニアの守備隊, 英領コロンビアのタクル人, 英領スーダンと白領コンゴ, 英領ボルネオの首府サンダカン, 英領中阿非, 英領事から長崎家老, 英領事モリソンの案, 英領北婆能および巫来半島宗教俚俗, 英領南アフリカ喜望峰の近く, 英領印度人ニ非ラズ, 英領印度駐屯軍附きの, 英領埃及においてしかり, 英領東インドの産, 英領植民地英語を在, 英風一世を掩, 英風景乏磐戈, 英風颯々逆浪岩に碎くる, 英骨忠臣義胆の輩, 英魂毅魄を埋めしめ, 英麿へ宛て