青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「群れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~美しく 美しく~ ~美人 美人~ 美奈子~ 美濃~ 美術~ ~群 群~ ~群れ
群れ~
群衆~ ~群集 群集~ ~義 義~ ~義務 義務~ ~義理 義理~ 義雄~

「群れ~」 1868, 19ppm, 5929位

▼ 群れ~ (352, 18.8%)

5 ある, 廬へ

2 [15件] あった, ありました, いた, うごいて, さかんに, たくさんに, 不規則な, 列を, 動くよう, 左と, 彼の, 来る, 見える, 集まって, 飛んで

1 [312件] あすの, あたかも野犬, あったと, あって, あつて, あとから, あらわな, あります, ありダンテ, あるいは今, あるいは壁, あるいは芒原, いく組と, いたらしい, いっせいに土下座, いっぱいいる, いっぱいに, いっぺんに死ん, いて, いとも美しく, いる, いろんな口實, おどりながら, おののき縮まって, おのれの, おびただしい灯, お座所の, けたたましい叫び, ここに, ここにも, ここへ, こっちの, この時, この木曾街道, ごちゃごちゃひと, さえずって, さわぎ出したのに, しきりにクラブ, しなしな, しばしばその, すごいいたずら, すっかり葉, ずっと奥地, ずっと野, そこから, そこに, そこにも, そっと露台, その中, その前庭, その皮膚, そらを, ぞろぞろと, たかって, たくさん集まっ, ただ一抹, ときどきに, とたんに土煙, どこかへ, なぜその, なにしろ物々しく, なんだかさわい, のどかな, はいって, はうよう, ふもとの, べったり壁, まずそれ, まっ白な, まる一年, むらむらと, やたらに, よく鉢植ゑ, アカーキイ・アカーキエウィッチには, ウジャウジャし, クラブから, サーチライトの, ゾロゾロと, タールを, ニンフの, パッと, ブロンドの, 一と, 一ツ目橋の, 一匹も, 一時に, 一生懸命に, 丈高い, 上野東叡山に, 下田から, 並んで, 乱れて, 二つの, 二三人土間には, 二人の, 今吸いこまれる, 今日の, 低く飛ん, 何百人と, 例によって, 兀然と, 先おととしの, 先刻見た, 先頭に, 入りこんで, 入り浸つたま, 入り込んで, 共同的の, 出没する, 刺さって, 刺子の, 前庭を, 動くまで, 動物性への, 南信濃から, 右往左往に, 向島へ, 命に, 唸って, 啼いて, 啼き叫んで, 噪が, 四方の, 夕方もう, 夕方家に, 夕陽を, 多かった, 大ぜ, 大波の, 大洋の, 天井から, 天然痘の, 奥さま生き, 女の, 女学生も, 官憲の, 家々の, 寝ころんで, 小うるさかった, 尾を, 屋敷じゅうに, 山と, 山峡の, 山路の, 岸に, 幾つも, 幾万と, 庭木戸から, 引っ切り, 弱い聲, 彷徨し, 彼方の, 往っ, 後から, 心の, 急に, 恐怖心を, 悲鳴を, 懸るよう, 戯れるに, 扇なりに, 押し寄せて, 揺れつつ, 斬り付けて, 時々この, 時には, 暴風の, 最初から, 村に, 村の, 束子で, 来て, 来ると, 来るの, 松明などを, 枝を, 柱や, 柳の, 桜の, 横行する, 歩いて, 死骸の, 毎日三四回激しく, 水槽の, 沈んで, 河原に, 河原まで, 泊まりあわせて, 波の, 波間に, 泳ぐよう, 活き活きした, 浅草の, 浪人の, 浮かび流れて, 海底の, 涸れ涸れな, 混乱し渦巻いた, 渦巻いて, 溢れ返って, 漁猟の, 澄みきった青空, 無我夢中に, 燧石から, 牧場から, 特に声, 獅子の, 現われこちら, 現われた, 白く長い翼, 盛んに, 目の下へ, 目まぐるしいほどに, 相当に, 真黒に, 確かに, 社火行列の, 神前に, 私の, 秋蒔き, 空しげ, 突端の, 笑ひ, 築土, 紅い舌, 続く, 締る, 美濃方面から, 羽ばたいて, 老女の, 職場の, 肩を, 腰鎖の, 自動車の, 自然と, 興行し, 舗道の, 舞ひさがり, 船と, 茸の, 荒々しい渦, 藁小屋を, 蜂を, 蝗を, 行き来した, 街道に, 袋を, 襲せ, 襲って, 見えた, 見えて, 見え彼, 見つかった, 見る間, 親方に, 谷間に, 貼りついて, 賑やかに, 赤, 赤く割られた, 走り出して, 走る, 路いっぱいに, 跳ねて, 輝く大きな, 辻に, 近所の, 迷いさまよっ, 逆さまに, 逆光で, 途切れては, 這いながら, 這って, 通った, 通ったあと, 通りか, 通過する, 連った, 遊んで, 遠くなる, 遽に, 酒の, 鉄格子の, 錆びついた歯, 鍋に, 鐘楼をめぐって, 長柄の, 門の, 門外で, 闇に, 降りて, 集中し, 雲の, 青海原に, 順次に, 頭を, 顔を, 風の, 飛びたつ羽風, 飛び立つ音, 飛び違って, 飛ぶ音, 飛んでる澄みわたった空気, 馬の, 馬車の, 駆けまわって, 駈け寄つた, 骸骨の, 高く啼い, 鮮やかに, 黒い背, 黒蟻の

▼ 群れ~ (272, 14.6%)

62 なして 14 離れて 7 眺めて 4 ながめて, 見て 3 作って, 割って 2 つくって, つれて, ながめながら, はなれて, 崩して, 成して, 眼で, 追うよう

1 [159件] あさる, あとに, いくつにも, うちだすもの, かぎつけた狐, くずした, くずして, これは, さしおいて, さらに増加, して, そっちと, そっと走りぬけ, そのままに, その壮麗, その赤裸, つくづくと, つれた寺院, である, でた, とめて, とりかこんだ, ながめた, なしその, なしたの, なした村民, なしみな曹操, なし中, なし刃, なし怪獣ベヘモス, なし群れ, なし雌, なし雨, なす, はなれた千住あたり, ふりむいて, もって, る見れば, わけて, チラと, 一人離れ, 一匹毎に, 世に放っ, 乱して, 人の, 今は, 作りあげて, 作り単独, 分けて, 分けなか, 前から, 取り扱ったと, 囲む, 外来の, 大きくする, 奪って, 守る番犬, 富士川の, 導く女王, 導く盲目確実, 山の, 岸めがけ, 崩した, 巻き包んで, 彼の, 彼方へ, 待ちあわせて, 思い浮べた, 思わせる将士, 恐れさせるベートーヴェン, 想像し, 成し, 成しその間, 成す, 成すは, 房の, 扶け, 投げつける, 抜けて, 押しひらい, 押し流した, 振り向いて, 捨てて, 描くこと, 放ちはなち, 散り散りに, 映じて, 暗き影, 曳いた牧, 本當, 朱貴朱富李逵の, 構成し, 模糊として, 気長く, 狩り集めること, 率いてる新聞社長, 理屈も, 生ませたならば, 監督する, 目がけて, 相手に, 眺めつづけた, 眺めるの, 睨んだが, 笑わした, 胸で, 脅かした多く, 脆弱と, 荒れ地を, 補ふ, 襲ったの, 見あげながら, 見おろしたと, 見かけたとき, 見かけたので, 見かけて, 見かけるの, 見すえそれ, 見せたシーン, 見たの, 見たり, 見つめたまま, 見つめて, 見るごと, 見るだろう, 見ると, 見るにつけ, 見わたして, 見十字架上, 見失った安, 見渡した, 見渡しながら, 見物に, 見送った, 覗いて, 解き放ち彼女, 解き草むら, 誇らかに, 跳ねのけて, 蹴ちらしながら, 追いかけて, 追いながら, 追い回しながら, 追い回すの, 追い廻しながら, 追って走った, 追払う元気, 造って, 連れて, 避けて, 鉢の, 鎮撫する, 陸の, 集めさらに, 離れたと, 風景の, 養う土人, 高く低く呼び集め, 鬼に

▼ 群れ~ (266, 14.2%)

31 いた 22 いる 13 いるの 7 いて 4 遊んで, 飛んで 3 いる方, ゐた, 来た

2 [18件] いたの, いたり, いるし, こもれり, とうとう蛆, ゐて, ゐるの, 一せいに, 丹頂の, 來た, 來る, 咲いて, 居た, 居る, 巣を, 花ひらく, 通って, 還りゐに

1 [140件] あるひは, い, いたかれら, いたみやこ鳥, いたアメリカ, いた人々, いた多く, いた大昔, いた観衆, いた鴉, いよう, いること, いるという, いるとんぼ組, いるよう, いる一郭, いる人々, いる南天, いる図柄, いる子供たち, いる微細, いる時, いる気, いる港, いる湿地, いる縁側, いる群集, いる船人足, いる藤兵衛, いる虻, いる野良犬, いる魚紋, いれば, おるです, きた, きて, きました, くる異性, くる船蟲, さえずりかわし, その大きな啼聲, その辺, はやくから, ひたすら群れ, ふふめり, べちゃくちゃ云っ, ゆらゆらに, わいわい騒い, ゐたが, ゐた連中, ゐる, ゐるらしい猿, ゐる外, ゐる目高, ゐる群集, ゐる鳩, ムクムクと, 一日ぢゆう鳴い, 中, 丸くとん, 乞食よりも, 乳母車を, 亦若, 人夫や, 働く, 出る, 刈る秣千草眞熊手, 動かずに, 唸りを, 声を, 少し横, 居さうに, 居るので, 居る光景, 居れば, 岸へ, 待ち焦れ, 戦ふ, 指さすも, 旅行く, 暮夜碑をめぐって, 曇った空, 来て, 来る, 水に, 水を, 水鳥が, 沖を, 沙漠や, 泊て, 泳ぐ, 海上を, 渡りついた, 瀧を, 物洗ふ, 特に子供たち, 現われる鼠, 生きたかりける冬, 生鰯, 男性的な, 畝に, 白, 白い鍵, 白きは, 白く化粧, 目か, 目に, 笑いさざめく, 笑んで, 繁り繁み, 美観を, 興が, 芒の, 花つけぬらし, 薄暑かな, 行きぬ, 行く, 行くさま, 行くなれ, 行く子供達, 行つたら, 襲って, 走って, 走りくるを, 走り出す, 輝くばかり, 輪に, 迅し, 通った, 通りすぎて, 遊んでは, 都会の, 集りか, 飛び, 飛びめぐって, 飛び回って, 飛ぶあ, 飛ぶのんびり, 飛ぶよう, 飾られた花笠

▼ 群れ~ (249, 13.3%)

29 中に 27 ように 14 中から 8 なかに 7 中で 6 やうに 4 ような, 中へ 3 うちへ 2 あいだを, うちから, うちに, うちには, ほうへ, 上に, 中には, 熊蜂の, 真中に, 間に

1 [127件] あいだに, あちらこちらで, あとから, ある所, うえ高く, うしろから, うしろ姿が, うちでは, おしや, おらぶ, かたへ, ことであっ, ごときその, ごとく, ごとくおしよせて, ごとく波動, ごとく逃げ去って, たえま, ために, どの人にも, なかで, ほうを, まるく並ん, みちて, ようである, ようには, ズット向うの, 一つが, 一つの, 一人であった, 一部分と, 両翼と, 中からは, 中だった, 中では, 中でも, 中にこそ, 中にも, 中ほどで, 中を, 人々が, 人に, 人家は, 人影が, 人数は, 人達と, 人間が, 人馬が, 会話に, 僧兵が, 写真から, 力と, 動きが, 向こうルール街や, 味方に, 唸, 塲所に, 多くは, 女房たちが, 如くこうして, 如く真っ黒, 妖怪で, 嬉戯せる, 子供等に, 客を, 家並を, 小蝿, 少女が, 山吹が, 川を, 市民は, 影が, 影は, 影も, 往来する, 往来に, 後を, 後方から, 意見の, 数が, 数も, 活動を, 游ぐの, 牧人に, 特徴が, 王と, 生活が, 白い羽, 真似も, 眼を, 移動する, 空気も, 羊あり, 老民, 老臣や, 者に, 背が, 腕が, 舞踏, 若鮎が, 蔭で, 蟻行列の, 血泥に, 行列が, 被害民が, 裡を, 襲撃は, 観客あり, 角へ, 訪客が, 踊りの, 近くに, 迹に, 遊泳する, 重々しい姿, 銀の, 鎮る, 間から, 間を, 隅ッこで, 雁が, 集まった席, 集らぬ家, 露路や, 香具師かと, 騎馬が, 鳩が

▼ 群れ~ (164, 8.8%)

5 小石を 2 一度に

1 [157件] あまり多く, ありませんでした, いつまでも, いつもの, いつも見る, いまも, いよいよ旅, おしまひだ, かれに対して, こころ得, ことごとくこの, ことごとく相, この二人, この冷たい, この木賃長屋, この間を, この頃, これに対して, こんなにみじめ, さっと分れた, さながら枯葉, さんざんの, しばらく黙っ, しり眼は, じっとし, すさまじい武者声, そこに, そぞろに, そびえた梢, ただ貪欲, たちまち走っ, だんだん多く, どこの, どこへ, のぼる途, ぱっとちった, ひっきりなしに新手, ひとしきり多く, また吠え出し, また急ぎだした, まだ土地, まだ庭, まだ戻っ, まるで蛇, みな空中へ, みるま, もう丸い, もう命, やがて合戦, やがて空しく, ゆうべの, わたしたちの, クローバーや, ゴロゴロ啼き, チューブの, メリー号と, 一人残らず飛び上がらん, 一列に, 一室の, 一新講とか, 一般に, 下で, 事の, 二つに, 二三人幾組にも, 京都の, 今日の, 信徒の, 傲然として, 公明聡慧一世に, 六波羅勢と, 円形の, 冥府の, 刻一刻に, 動くとも, 十人ばかりが, 原の, 呼べども, 喧嘩に, 夏でなけれ, 夜々の, 大堰堤, 大川と, 奥州街道を, 女の, 存した, 学校に, 店口から, 当然な, 彼の, 思い思いの, 急に, 悠長であった, 悲鳴と, 悲鳴を, 愚衆の, 感謝の, 或る, 手配りし, 敗旗を, 昼でも, 昼も, 時々に, 月光を, 未明に, 本流へ, 来た, 東京の, 板敷きの, 梢を, 武門という, 殆ど全部, 民家の, 沖の, 河原に, 河岸に, 波を, 火の, 無くて, 片品川へ, 牧場の, 犬の, 狭い壁, 生籬から, 白磁の, 皆おなじ, 石垣に, 突然吠える, 自分の, 芝生に, 若い衆は, 荒川の, 菩提樹の, 行く人, 裏門を, 見る見る疎ら, 誰也行燈の, 豆つぶみたいに, 賑って, 足並揃え, 跡を, 踵を, 近寄って, 逃げ散ッ, 通らなくなりそれ, 通行を, 道いっぱいに, 道を, 遠く眺め, 鈎先に, 鉄砲を, 隣り村, 韮崎を, 頭上の, 餓死し, 騒然として, 驚きの

▼ 群れ~ (152, 8.1%)

10 まじって 6 なって 5 投じて 3 交って, 入って, 囲まれて 2 まぎれて, まじりながら, 交じって, 入るの, 加えて, 加わった, 包囲され, 属する者, 落ちて, 身を

1 [102件] うち対って, かこまれて, かこまれながら, けりとどろきくらき, けり曠野, けるかも, ございました, じっと注い, つけられたあの, とりかえされたか, なった小鳥, なつて, はいった, はいったが, ひどい逆襲, まぎれ込んで, まじつたオクサーナ, まじりいそいそ, まじり南, むかって, めぐり会うと, 一トたまり, 交つて小川に, 交わって, 伍し, 似た幾組, 入ったもの, 入りことに, 入り交じって, 入ること, 分かれて, 加わって, 包まれて, 包囲された, 取りまかれて, 取り囲まれた時, 取り巻かれた鳩, 取り巻かれて, 向かって, 向けて, 国境を, 堕するの, 売り渡して, 変わったり, 外ならなかった, 娘たちも, 対って, 對し, 巻いて, 帰って, 帰ろうとして, 平次は, 幾度か, 怪しまれながら, 悩まされて, 悪党が, 投げこみその, 投じたの, 投じようかと, 投じようと, 掻き荒された血, 攫われたやら, 支那将校が, 染まないと, 混った, 熱湯を, 物好きな, 狼藉を, 生きいま, 疲れ果てた人々, 目を, 眺め入った, 突かれて, 突如大声, 突然それ, 立ち交じってるクリストフ, 紛れこんで, 耳を, 背を, 脅かされたせい, 舁かれて, 落ちそして, 落ちた, 落ち果てて, 行き合うたらそち達, 見えて, 見える, 親しまれ好んで, 貴い集中, 近づいて, 近づくころ, 近づくと, 追いかけられて, 追いついた, 追いつめられて, 追ひつく, 追われながら, 追ッ, 酔って, 離れた孤雁, 鞭を, 食いあらされるの

▼ 群れから~ (43, 2.3%)

5 離れて 4 少し離れ 2 遠く離れた, 離れた

1 [30件] およそ三十歩, こういっ, ざっと千五, すかんと, はぐれた迷い雁, はすかい, テラ銭の, ライオンと, 二三尺も, 今度の, 出た, 出て, 分化した, 十吉は, 去りその, 奇異な, 岡田四郎兵衛友治を, 弥次馬が, 救って, 目に, 相生座の, 群れへ, 群れへと, 脱れ, 脱出し, 起こった, 身を, 門内へ, 離れ職人風, 食いのこりの

▼ 群れ~ (41, 2.2%)

1 [41件] あった, ある, あるでしょう, いずれも, いた, いちように, いろいろだ, お内儀さんたち, だんだんに, ない, なかった, なく時々, ぱっと羽音, また再び, まだ続い, まだ豆, まったく行方, 一つでなく, 人里くさい, 仄かに, 号令で, 同じ時刻, 同様に, 啼き声, 多く混つて, 妖怪の, 姿を, 宝蔵院衆の, 少し躊躇, 峡間から, 幾千疋と, 急に, 日に, 止まった, 目に, 見たが, 見失いどこ, 足を, 車も, 通る, 離散した

▼ 群れ~ (30, 1.6%)

2 なって, 一緒に

1 [26件] いつしよ, おおかみ, そっくりに, その号外, である, なり二つ, なり居りたる, まじって, みてか, 一つに, 云ふ, 何十人も, 出あったが, 同じよう, 引き返す群れ, 御用提灯だ, 戦って, 数知れなかった, 日頃から, 群れとが, 苦しむ者, 行き違った, 衝突した, 途中で, 題する古, 鱒の

▼ 群れ~ (30, 1.6%)

2 向って, 眼を

1 [26件] いいつけた, おそいかかって, おどりかかった, しずしずと, はいって, まぎれこんで, むかって, 交じった, 交じって, 入つて, 入れると, 向いその, 向けたが, 呼びかけて, 唄って, 寄って, 弓を, 戻って, 投じるだろうなんて, 抛りつけた, 拳を, 斬りこんだ, 武蔵は, 粋な, 躍り入り賊, 駈け入ると

▼ 群れには~ (17, 0.9%)

4 いって

1 [13件] こうした不運, ないもの, よそながら拝, 問題に, 大きな鱒, 女の, 家族連れも, 旅廻りの, 昼間道づれと, 牙を, 眼も, 親雀, 趙雲を

▼ 群れ~ (12, 0.6%)

1 [12件] あつた, この山, その後に, たいへんでございまする, できるもの, 二つ売れた, 仲よく生活, 充たされて, 写山楼差し, 埋められて, 女は, 朝夕霞立つ

▼ 群れでは~ (10, 0.5%)

2 ない 1 ある, あるまいかとの, ないが, ないと, なかった, なくある, なくて, なく近く

▼ 群れ~ (8, 0.4%)

1 また一方, 僧衣の, 嫉視中傷の, 病人などが, 砲車の, 迷へる, 雑多な, 魚の群が

▼ 群れにも~ (6, 0.3%)

1 いやな, すっかりはいり, はいって, 交つて刃ものの, 入つて, 入りたもう

▼ 群れずつ~ (5, 0.3%)

1 かたまったまま, ぱっぱっと四散し, 訊問した, 闇に, 飛び立ち四散

▼ 群れつつ~ (4, 0.2%)

1 はたらいて, 薄い袖, 離れつつ, 黙む雑木

▼ 群れとが~ (4, 0.2%)

1 今朝までの, 原中で, 姿を, 打ち合った

▼ 群れ~ (4, 0.2%)

1 のだ, のであった, のである, のに花吹雪

▼ 群れみたい~ (4, 0.2%)

1 である, な本能, に乱闘, に連れ立った

▼ 群れ~ (4, 0.2%)

1 て以前, ふてゐます, へること, まつて

▼ 群れ飛ぶ~ (4, 0.2%)

1 なべに, も見える, 大西洋の, 港の

▼ 群れ飛ん~ (4, 0.2%)

3 でいる 1 でゐる

▼ 群れ~ (3, 0.2%)

1 へる, 或いは渡り仲間, 木の葉の

▼ 群れ~ (3, 0.2%)

1 が果して, と睨ん, 火の

▼ 群れだの~ (3, 0.2%)

1 涯しない, 軍馬だの, 鶏車と

▼ 群れであっ~ (3, 0.2%)

1 て先頭, て彼ら, て水

▼ 群れである~ (3, 0.2%)

1 がこの, が笠, ように

▼ 群れという~ (3, 0.2%)

1 のは, のを, ものは

▼ 群れにでも~ (3, 0.2%)

1 落ちるしか, 襲われれば, 身を

▼ 群れへと~ (3, 0.2%)

1 かわされて, 堕ちて, 身を

▼ 群れまでが~ (3, 0.2%)

1 まるで画中, 加わって, 後退りする

▼ 群れより~ (3, 0.2%)

1 迅く, 離れて, 離散せぬ

▼ 群れ~ (3, 0.2%)

2 が風 1 のよう

▼ 群れからは~ (2, 0.1%)

1 全く没交渉, 鼓の

▼ 群れさえ~ (2, 0.1%)

1 ある, いたほど

▼ 群れしか~ (2, 0.1%)

1 君は, 見えなかった

▼ 群れその~ (2, 0.1%)

1 中に, 物の

▼ 群れてかがよ~ (2, 0.1%)

2 ふしろき花朴

▼ 群れては~ (2, 0.1%)

1 いたものの, 坂を

▼ 群れとは~ (2, 0.1%)

1 まるで別, 見えなかった

▼ 群れとも~ (2, 0.1%)

1 なく廻って, 見るべくも

▼ 群れなども~ (2, 0.1%)

1 南蛮風な, 往来し

▼ 群れなどを~ (2, 0.1%)

1 むさぼるよう, 珍しそう

▼ 群れのみ~ (2, 0.1%)

1 で自由, 昨日に

▼ 群れまた~ (2, 0.1%)

2 一群れと

▼ 群れまで~ (2, 0.1%)

1 木の間を, 謡って

▼ 群れよる~ (2, 0.1%)

1 街角に, 鮪の

▼ 群れ~ (2, 0.1%)

1 り, る

▼ 群れ~ (2, 0.1%)

1 ふ, ふる浜木綿

▼ 群れ集う~ (2, 0.1%)

1 だけそれだけ, 上野の

▼ 群れ集っ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 群れ集つて~ (2, 0.1%)

1 ゐる場所, ゐる気配

▼1* [112件]

群れあそぶ廣い, 群れあつまって唸る, 群れあつまりて撲, 群れあるいは夕方の, 群れおのれどうした, 群れかが死に, 群れかなんぞのように, 群れかになって, 群れかの人間が, 群れかもしれないね, 群れきわ立ちてゆかしゅう, 群れこそ見えないが, 群れこっちにひとかたまり, 群れこもりつつ, 群れきて, 群れさえも従えて, 群れそれは長く, 群れたくさんな馬筏, 群れたたずんでいる, 群れたり隧道の, 群れたる如き旗の, 群れだけがあった, 群れだけでも百八十匹馬方百八十人にも, 群れだったが今, 群れだったろうつまり, 群れだろうと存じます, 群れつつを生簀の, 群れてこそ我は, 群れてもの言ひか, 群れてをれば, 群れであったことを, 群れでも気の, 群れといふやうに, 群れとしてこれを, 群れとともに駆け去る頭, 群れとのにらみあいは, 群れとを見比べて, 群れとんでいる, 群れと共に太平洋を, 群れながらこれからの, 群れながれたり, 群れなどぞくぞく見られ出し, 群れについて歩いた, 群れにまで足もとを, 群れによって歌われること, 群れのぼりつつ, 群れ多量の, 群れへも戯れた, 群れゆききしもし五月雨降り, 群れ白鷺この, 群れよりもいっそうしたしい, 群れらしいのが, 群れゐふくまれて, 群れゐるさまは, 群れゐ遊べど寄り寄り, 群れれるよし御, 群れ乱れた夥しい禽, 群れ争う都会の, 群れが皆, 群れてきた, 群れ動く工女の, 群れ啼く疎林の, 群れ土人舟に到る, 群れ夕闇の中, 群れ尻振り踊りをし, 群れ居たるによく, 群れ居るなどは, 群れ工合を見, 群れ弾薬箱を運ぶ, 群れは昔二十七年前, 群れ往なば, 群れ後れてゆく, 群れ志士やごろつき, 群れ歩いてゐた, 群れ浅い水底で, 群れの出来事, 群れ渦巻き霰は, 群れ湿りを食い, 群れ熱情のマリユス, 群れなき王国, 群れ秋空に色づきかかっ, 群れ立ち軋り音, 群れがあつ, 群れみの, 群れ茨組こそ飛天夜叉, 群れなば, 群れ行かうとする, 群れ襲って来る, 群れ見えて来たでしょう, 群れ評壇を構成, 群れ起り外に吠え継ぎ, 群れ軒下に一, 群れをなし, 群れ近郷の農夫たち, 群れ遊びむかしに近い, 群れ遊び豚が路傍, 群れ遊ぶ様や, 群れ遠く南洋の, 群れ郊外の早苗田, 群れ集まりではいられない, 群れ集まるのを, 群れ集りて汽車汽船人力車, 群れ離れ寝たり, 群れ静まっている, 群れ頻りに家内の, 群れ飛び来いづこよりとなく, 群れ飛んでる広茫, 群れ飢民の群れ, 群れ飽くことなく, 群れですから, 群れ鳴いている, 群れのよう