青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「苦痛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

苦しみ~ ~苦しん 苦しん~ ~苦労 苦労~ ~苦心 苦心~ 苦悩~ 苦悶~ ~苦痛
苦痛~
~苦笑 苦笑~ 英~ 英国~ ~英語 英語~ 英雄~ 茂~ 茫然~ 茲~

「苦痛~」 3826, 41ppm, 2806位

▼ 苦痛~ (1059, 27.7%)

22 感じた, 感じて 20 忍んで 9 こらえて 7 嘗めて, 感ずるの, 訴へ 6 もって, 与えた, 与えること, 與へ, 覚えた 5 与えて, 受けなければ, 忍ばねば, 忍びて, 想像し, 苦痛と, 訴えて

4 [11件] おぼえた, 味わって, 増すばかり, 忘れて, 怺え, 感じる, 感ずること, 感ぜずには, 覺え, 軽くする, 逃れるため

3 [19件] して, 与えるかという, 与えるよう, 味わ, 忍びながら, 忍んでも, 忘れるため, 感じない, 感じながら, 感じなければ, 感ずる, 感ずる事, 感覚する, 感覺する, 持って, 経験した, 耐えて, 與へる, 訴へて

2 [72件] おびた表情, さけるべきでは, しのんで, しばしば味, その利かぬ, へらす他, まぬがれるため, もたらすもの, もたらす方, 与えたの, 与えるの, 与えるもの, 与へて, 低いうめき声, 体験した, 何か, 傍観する, 免るる, 助りたい, 受けた, 受けて, 受けようと, 味って, 味は, 堪えながら, 堪えるに, 堪えるよう, 堪へて, 多くし, 少なくし, 彼は, 忍ぶは, 忍んだ, 忘れさせるため, 思い出した, 感じては, 感じなかった, 感じなくなつ, 感じました, 感じるとしても, 感じ不幸, 感ぜずに, 感ぜねば, 抱いて, 眺めて, 知って, 知らぬいや, 知り初めた長吉, 知るもの, 精神に, 考えると, 與ふる, 苦痛で, 薄らげるの, 薄らげるもの, 補って, 見せること, 覚えて, 覚えない様, 覚える, 覚えるの, 覚せざる, 訴へる, 認めた, 語った, 誰と, 讀者に, 軽蔑し, 輕蔑し, 長くする, 除くため, 頭の

1 [655件 抜粋] あきらめさせて, あじわって, あたえたの, あたえること, あたかも足, いかに急場, いたしたくございません, いたずらに, いつか本当に, いやが, うけなければ, うったえ二回目, おぎなって, おして一篇, おびた眩惑, おもて, お装ひな, かいて, かけたか, かもす蜜, きれいさっぱり, この人々, こらうること, こらえいささか, こらえた, こらえながら, こらえるところ, ごまかしたり, さして緩, さするも, させたくねえで, した, したつて言ふよ, しのばなければ, します, じっと堪え, すくなくする, すくはう, すると, する重い, そういうふう, そっと眺め, そのまま掴み出し, その人間, それに, たえなければ, ぢつと, ともなわぬこと, とり煩わされたくないもの, どうしても取り去る, どこにも, どれだけ, ながめて, なくする, なして, なすに, なめさせないでも, なめたろうと, なめて, なめなくては, なめねば, にない夢中, のがれる事, のりこして, のり越えて, はげしく訴えず, ひた隠しに, ほとんど忘れた, まぎらかす手段, まぎらす事, ますだけ, まともに, みせた小さな, もたらしたあの, もたらし思想, もった人々, もみほぐそうとして, やわらげようと, やわらげるため, やわらげる香油, やわらげ一日, よく知り, よけいに, よりよく知ってる, より直接痛切, よろこぶよう, わざと見せつける, ジイッと, ハッキリ味わわね, フロレンスに, 一と, 一刻でも, 一度でも, 一秒でも, 万吉じっと, 与えさせられること, 与えたか, 与えたならば, 与えたので, 与えないこと, 与えなかったの, 与えに, 与えるけれども, 与えるだろうと, 与えるでしょう, 与えるとは, 与えるに, 与える別離, 与える場合, 与えれば, 与え然し, 与へた, 与へること, 与へる場合, 与へる母, 与へれば, 世間に, 乗り切って, 予想しなけれ, 五日七日に, 交じえて, 今から, 今になつ, 今更の, 伝えて, 伴い悲しみ, 伴うある, 伴うから, 伴うもの, 伴う死, 伴ったぼんやり, 伴はずに, 伴ひ, 伴ふ, 体験させ, 何とも思わない, 何なぐさめ, 作ること, 信じて, 信ずる, 傍で, 克服した, 免る, 免れること, 免れる最上, 免れる良い, 免れん為, 共にし, 共に嘗め, 具体的に, 冒すため, 処分した, 分かちに, 分けた人, 分ち社会的不平, 分つもの, 分担する, 加えるだけ, 加えるの, 助かりたいと, 医すべく昔馴染, 千年だけ, 半分助け様なんて, 去ること, 去る為め, 双の, 収め逸者, 受くる, 受くれ, 受けた時, 受けながら, 受けました, 受けやう, 受けるよう, 受け乍ら, 受け容れその, 叫んでるもの, 同伴者文学は, 同時に感じた, 含んだ残忍, 味う, 味った, 味ったら, 味わいかえして, 味わいつくして, 味わうかの, 味わおうでは, 味わせて, 味わった, 呼んで, 和ぐる下剤, 和げん, 和らげずには, 和らげて, 哀れと, 唇だけで, 喚び起しながら, 嘗めさせたの, 嘗めさせて, 嘗めたから, 嘗めつくして, 嘗めること, 圧倒する, 堪えたな, 堪える恐い, 堪え忍ばされたあと, 堪え忍ばねば, 堪え忍んで, 堪へ忍んで, 増させること, 増して, 増すに, 多く覚え, 天城先生に, 夫人は, 完全に, 察したならば, 察したのに, 察する, 察すること, 尊氏は, 山を, 己が, 己は, 帯びて, 延ばしたの, 弄ぶ, 引受けて, 強く感じた, 強ひられ, 当事者等に, 彼の, 彼女は, 待つよう, 忍ばざるを, 忍ばないで, 忍び, 忍びしが, 忍び得る人, 忍び忍びて, 忍び忘却, 忍ぶといふ, 忍ぶところ, 忍ぶもの, 忍んだ儘死, 忍んだ後, 忍受し, 忍耐し, 忘れうっとり, 忘れさして, 忘れさせて, 忘れさせるもの, 忘れしめるの, 忘れた, 忘れたらしい調子, 忘れたゲエテ, 忘れては, 忘れると, 忘れるとか, 忘れるほどの, 忘れる為, 忘れ去らしめん, 忘却さし, 快楽として, 念う, 念と, 怖れる, 思い矢代, 思うと, 思えば, 思ひ出す程, 恐れて, 恨んでは, 想い出しながら, 想ひ遣り, 想像力で, 愛する面影, 感じ, 感じさせなかった, 感じさせるいろ, 感じさせ赤面, 感じずには, 感じその, 感じたと, 感じたの, 感じたる状, 感じた訳, 感じないうち, 感じないの, 感じないやう, 感じないわけ, 感じない女, 感じない筈, 感じない訳, 感じなかつた, 感じますので, 感じるやう, 感じるよう, 感じる子, 感じ出した, 感じ初めたの, 感ずるくらいの, 感ずるだろう, 感ずるだろうと, 感ずるところ, 感ずるもの, 感ずるやう, 感ずる事柄, 感ずる媒, 感ずる為, 感ずる男, 感ずる迄に, 感ぜさせるの, 感ぜさせるやう, 感ぜしむるがよし, 感ぜしめよう, 感知し, 感覚し, 慰めるもの, 慰め若返らす力, 慰め霰, 懺悔した, 我慢し, 打開しよう, 払います, 抑へ, 押えて, 押しこらえて, 押し切りつとめて, 押へる, 持ち前の, 授けるの, 授けるので, 救うため, 救うもの, 救って, 救ふべく, 救わんが, 斥す, 早めに, 映す瞳, 最初たった, 柔げる, 楽しむよりかも, 正直に, 気づかうよう, 永久に, 求めるもの, 求める爲め, 汝に, 湛へ, 煤まみれな, 照す, 片づけて, 現じ, 現わす, 甘んじても, 甞めた, 甞めて, 甞めなけれ, 目睹し, 省くもの, 看て, 眼前に, 知つてゐる, 知らない, 知らないで, 知らないの, 知らぬ顔で, 知り初め, 知る身, 社会的にも, 神のみ, 私に, 秒ごとに, 笑い消しながら, 籠の, 精神的に, 紛らさんと, 紛らすため, 経なければ, 経由し, 経験し, 經験した, 經驗し, 続けた後, 罪人に, 考えて, 考えるならば, 考へたならなまなか, 考察し得る, 耐えながら, 耐へる, 背負は, 胸に, 脱したく思うの, 脱して, 脱離, 腐蝕させる, 自分に, 自由主義は, 與へて, 苦痛として, 苦痛とも, 蒙らないよう, 蔵するもの, 薄らげて, 蘇らせさ, 表す時, 複雑に, 見せるため, 見まいと, 見世物に, 見出すやう, 見守つて, 見拔, 覚えさせるの, 覚えしなり, 覚えたが, 覚えたであろうし, 覚えたの, 覚えないの, 覚えなかったはず, 覚えはじめたの, 覚えるので, 覚える次第, 覚ゆる, 覚悟し, 覺える, 解決する役に立たない, 言って, 訴えそして, 訴えた, 訴えたいと, 訴えたら済生会, 訴えたり, 訴えた手紙, 訴えつつ, 訴えない, 訴えなかったと, 訴えに, 訴えるうめき声, 訴えるの, 訴えるので, 訴える真価, 訴え始めたので, 訴え始める時間, 誇りと, 誘ひさ, 語ってから, 語りて, 読者に, 豊世も, 負ふ, 貴嬢, 買って, 買つてゐる, 賭けた面, 賭けた面付, 賭けて, 起すもの, 超えた喜び, 超えるよろこび, 身に, 身の, 軽くした, 軽めで, 軽んずると, 軽減し, 軽減しよう, 軽蔑なさる, 輕ん, 輕蔑する, 迅速に, 述べたるもの, 逃げるため, 逃れられないもの, 逃れるだけでも, 逃れるべく余, 逃れ度い, 造り出すの, 連想する, 避けたく思うこと, 重ぬる, 重ねしか, 重ねて, 重ねるの, 鎮めて, 鎮める為, 長引かせるの, 長火鉢に, 閲し尽して, 除いた苦痛, 除きこの, 除くの, 隠すこと, 面白がる, 額の, 顧みて, 魂に

▼ 苦痛~ (471, 12.3%)

38 ために 13 中に 12 色を 10 色が 8 声を 5 うちに, 為に, 表情が, 表情を 4 中から, 叫びを 3 ないよう, ように, 中で, 表情も

2 [37件] あまり失神し, ためであろう, ようで, より大いなる, 何物たる, 前に, 原因をば, 叫び声が, 呻きを, 唸声, 妖魔に, 姿を, 少ないこと, 底から, 底でも, 影も, 後に, 感じに, 感じを, 感覚が, 感覚を, 感覺を, 方が, 時間の, 時間を, 様子で, 深さ, 為めに, 種と, 脱けた産婦, 色, 色は, 色も, 表情に, 遣り所, 郷涙の, 重さ

1 [276件] あいだにさえ, あとさえ, あとと, あとは, あまりにその, あまりぽかんと, あまり昏睡に, あらわれと, あること, あるはず, あるもの, ある患者, いまだ疼ずい, うすらぐ思ひが, うちには, うちにも, うめき声とともに, おい目の, かげも, きわみです, ことで, ことであった, ことは, しずくに, すえに, ただ中において, ためじいんと, ためである, ためにのみ, ためらしかった, ため恐ろしく, つぶやきを, どん底までは, ないとき, ない死に, ない限り, なかから, なかで, なかでも, なかへ, はいり込みうる割目, はげしいとき, はなはだしかりし, ほかには, ほかは, ほかほとんど, まりあ, もっとも激しい, もとに, やうな, やや去った, ゆえに, ようであった, ような, 一つだつた, 一つで, 一つであった, 一つでした, 一つを, 一端なりとも, 三四時間を, 上に, 上の, 下に, 不満を, 世の中を, 中にとり, 中には, 中にも, 中心或は, 事で, 事実が, 五分が, 体なき, 余り母の, 余り深い, 余り真実を, 保護者な, 億分の一をも, 克服について, 全部を, 分らぬ限り, 切なさ, 切れ目切れ目に, 刺戟を, 前ぶれであった, 印象を, 原因と, 原因に, 去ったあと, 去ること, 反対だ, 口實を, 叫びは, 叫び声の, 呻きでは, 呼吸を, 唸り声の, 問題, 問題だ, 嘆息の, 地獄に, 地獄へと, 塊に, 塊を, 境を, 声, 声が, 声で, 声であったろう, 声は, 声絞らする, 多いいろんな, 多い労役, 多い学校生活, 多い手術, 多い経過, 多い設備, 多くなった, 大部分, 太息, 太極に, 如くに, 少い手軽, 幾分が, 幾分を, 底に, 底の, 底を, 度が, 度も, 度合いが, 度合いとか, 弾機の, 影, 影が, 後には, 心理は, 必然な, 忘却や, 忘却よ, 念は, 思ひ出, 恐れ頑迷な, 息切れは, 想像に, 意識界に, 感じ, 感じが, 感じで, 感じでさえ, 感に, 感の, 感情は, 感情容易に, 感覚ある, 感覚から, 感覚と, 感覚によって, 感覚も, 感覺から, 感覺によ, 数々が, 方は, 方を, 方面が, 日陰の, 時だ, 時には, 暗きこゑまじり, 暗示を, 最もはげしい, 本を, 果の, 果を, 極と, 極の, 極度に, 極点で, 極点である, 極点において, 様に, 様子でした, 歳月を, 気休めにも, 海に, 涙に, 深刻な, 減退暗室中の, 激浪や, 為にか, 為最, 烈しいモーラリスト, 焔に, 焔を, 無くな, 無意味, 無感覚の, 物語である, 犠牲が, 犠牲にな, 現實的體得, 理想は, 甘美に, 甚しい, 甚しきに, 生涯でありましょう, 病気の, 痕跡さえ, 痕迹さえ, 皺が, 真相を, 眼からきゃ, 瞬間である, 矢は, 石山氏の, 社会的原因を, 程度が, 程度の, 種で, 種でありました, 種である, 種なれ, 種類が, 窮極まで, 第一, 筈な, 終りと, 経験から, 絶える隙, 絶叫を, 絶頂に, 緊張によって, 署名を, 翳も, 聲が, 聲は, 自己麻醉劑, 自覚だけ, 自覚丈明らかで, 落ち来る, 表出が, 表情で, 表情であった, 表情でした, 表情と, 表情として, 表情よろしく, 表情をも, 表現でしか, 表現に, 裏側に, 要因に, 覊束を, 観念に, 解決の, 記憶を, 訴えが, 試錬を, 谷である, 跡は, 身を, 連続であっ, 連続のみに, 重みが, 重荷に, 重荷を, 量とは, 長い号泣, 間を, 顏の, 顔の, 顔を, 顔色を, 餘なる, 骨休めである

▼ 苦痛~ (412, 10.8%)

11 なって 10 なった 6 身を 4 して, なる, 歪んで 3 なつて, 感じた, 感じて, 沈んだの, 相違ない, 顔を

2 [20件] たえかねて, なつた, なり出した, なるの, なるもの, 堪えかねて, 堪える力, 堪へなかつた, 変ずるもの, 對し, 思った, 思って, 悶えて, 歪み無残, 歪む頬, 相違なかっ, 耐えて, 襲れ, 類似する, 驚いた

1 [315件] あえがせた, あふれて, あらずやと, あれ困窮, おそわれた, お思い, かえる失業生活, かんじられるの, こっそりくすくす笑っ, こらえて, ござります, さいなまれつつ, さらに別, されながら, しいたげられ悪意, したほど, しびれた, すぎなくなつ, すべてうち任せた, せめられた, それほど強い, たえかねたと, たえないよう, たえようと, たえられないで, たへずして, たへず飛び揚り, ちがいない, とうとう堪えられなくなった, ともなう陶酔的快楽, とらえられて, なつてる, なやむに, なやむの, なやむ俺, ならない程度, なり, なりかけて, なりだして, なり出したので, なり失業者, なるか, なること, なるという, なるなどと, なれた人たち, なれば, はさほどの, ひきゆがんで, ひとしい花びら, ふたたび体, ほかならなかった, ほほゑむ, まぎれて, まけたこと, まさるもの, みたされて, みちたきょう, みちた争い, みちた二週間, みちた労苦, みちた思ひが, みちた暗闇, みちた発病当時, みちた精神状態, みちみちた, みつるの, もがいた姿, もがくさま, もだえながら, もはや堪えられなくなっ, やっとたえ, ゆがむ顔, ゆがめて, よりて, ドーブレクの, 一時われを, 一生付きまとわれ, 乘じ, 会うもの, 伴う悲哀, 似た美し, 似た表情, 似た顔つき, 似て, 何故気づかなかつた, 何時突き崩される, 依って, 価する一歩一歩, 係らず運命, 健康を, 充ちた忘失, 充ちた老人, 充ちて, 克ちきれなくなって, 克ち四囲, 入ったよう, 入つたやう, 全く昏倒, 全生活, 共鳴を, 出來, 到底堪える, 到底堪へる, 加えて, 勝てないで, 包まれて, 反らして, 叫び勝者, 同情し, 同情する, 吐息も, 向って, 吾身の, 呻く刹那, 呻く声, 呼吸を, 唸って, 喘いで, 噛まれに, 噛み附いたと, 囚へ, 堪えかねたの, 堪えかねたよう, 堪えがたい, 堪えがたく身命旦夕, 堪えざりけん, 堪えざるごとくなりし, 堪えざる身悶, 堪えて, 堪えないから, 堪えないで, 堪えない境遇, 堪えなかった, 堪えながら, 堪えなくなった, 堪えぬは, 堪えぬもの, 堪えぬらしく泣くの, 堪えられなかつた, 堪えられなくなって, 堪え切れなくなったので, 堪え得るか, 堪え得ると, 堪え得るもの, 堪え得る便法, 堪え忍ぼうと, 堪へかねて, 堪へが, 堪へず, 堪へず俺, 堪へず宗門, 堪へたと, 堪へて, 堪へないで, 堪へながら, 堪へられなかつた, 堪へられぬ自分, 堪へられるか, 堪へること, 堪へ兼ねここかしこ, 堪へ切れなくな, 堪へ得ること, 堪られさ, 堪ヘずし, 報ゆる, 壓しつぶされ, 変ろうと, 多くの, 多少の, 存じます, 富んで, 少しも, 就て, 引吊つてクワツと, 得堪へずし, 心から残り, 思うか, 思うに, 思われた, 思われます, 思われまた, 息づかいを, 息づきながら, 悩まされそして, 悩まされつづけた岸本, 悩むが, 悩んだ, 悩んで, 悶々と, 悶えながら, 悶えるの, 感じその, 感じます, 感じやすい, 感じられた, 感じるの, 感じるほど, 感じるん, 感じ不安, 感ずる, 感ずるの, 我れ, 打たれた, 打ちかつよう, 打ちひしがれて, 打ち克とうという, 打ち勝つだけの, 抵抗し, 接すると, 攻められるの, 攻められ防がん, 曲って, 正面から, 歪む姿態, 歪む顔, 歪めて, 歪められたま, 歪められた表情, 歪められて, 歪んだ半面, 歪んだ小さい, 歪んだ顏, 比べては, 比べれば, 気が, 水の, 沈酔した, 法王は, 泣きながら, 洗練され, 流しの, 浸りながら, 深く同情, 満たされた行動, 満ちた激情的転々, 満ちた震揺, 満ちた頭部, 満ちた魅惑, 満ちて, 満ち乍ら, 激しく抗争, 烈しく悩まされ, 焚かれながら, 煽られて, 狂うが, 狂ったよう, 狂って, 甘えて, 疲れた怪我人, 痙攣する, 瘠せた蒼白い, 直面した, 眠る, 等しい表情, 等しかつ, 絞る叫喚, 絶する焔, 続いた, 縛られて, 翻弄され, 耐えかねたの, 耐えかねるよう, 耐えつつも, 耐えなければ, 耐えぬよう, 耐えぬ声, 耐えられず魂, 耐えられないで, 耐えられない気, 耐え得なくなってから, 耐え薄く, 耐え難くなった, 耐へ, 耽りたいと, 自覚され, 至りては, 苛まれたが, 苛まれて, 苦き涙, 苦しめられて, 襲われた, 襲われたよう, 襲われて, 見舞はれ, 負け宿命, 責めさいなまれた, 起き出でては, 越えて, 近い感じ, 近い或, 近い疲労, 近き訴え, 追いまくられる喘ぎが, 追ひま, 追われて, 逡巡し, 逢うの, 逢ふ, 進入せし, 過ぎないじゃ, 過ぎないと, 過ぎない事, 過ぐるもの, 過して, 違ない, 違なかっ, 酔ったよう, 閉口し, 陥らざるを, 陥入れて, 震いし如く揺れ, 青くなっ, 青ざめた顔, 響いて

▼ 苦痛~ (248, 6.5%)

4 刻まれて 3 あった, あっても, ある, あるの, 多い

2 [13件] あれば, 其努力の, 多いの, 多く平和, 多く愛情, 幾分か, 彼の, 潜んで, 私の, 私を, 経験されるであろう, 薄らぐ根太, 襲って

1 [203件] あったの, あったり, あつた, あつて, あの大きな肉体, ありついに, ありますが, あり又, あり得るもの, あるから, あるだけじゃ, あるだろうか, あると, あるところ, あるに, あるのみ, あるまま, あるもの, あるよう, ある丈ぢ, ある樣, いくらか弛ん, うすらいでからも, おこった, かえってはっきり心, かすかに, きざまれた, この年齢, この退屈, こみあげる怒り, こもって, しだいにエクスタシイ, じかに胸, すくない, そう云う, その時卒然, その苦痛, そろそろ這, どんなに大きな, どんなもの, ないから, ないこと, ないであろう, なかった, なかったらしい, なくって, なくなった, なければ, なんであろう, はじまつて, ひそむ時, ぴたりと, ふたたび彼, まさるの, ましてレオ, まじるので, ますます増大, また押し寄せ, まだ終らぬ, まともに, みちあふれ, もどって, やわらげられるもの, よく肥った, よく肥つた顏, よほど薄らい, より大きい, わかるかね, わかるので, わかる若い, わしの, ゴーリキイの, 一しよ, 一つ多, 一分毎に, 一層こたえる, 一番強く, 一行だけ, 下から, 人々を, 人間の, 今から, 今までの, 今平一郎の, 今甦っ, 伴う, 伴うの, 伴うよう, 伴って, 伴つてほんとうに, 体じゅうから, 何である, 何の, 來る, 傷の, 僕の, 免れるなら百本, 全く取れ, 全く無益, 全然判らない, 全身に, 其処から, 其時卒然として, 劇しく, 加はれ, 加わり八時九時, 加わると共に, 加わるわけ, 勝っては, 単なる個人, 去りあの, 去るとともに, 反射せぬ, 咽喉から, 在るわけ, 堪えがたくなんと, 堪えられるもの, 増した, 増せば, 多かつ, 大きいよう, 大きかった, 大きくなった, 娘へ, 子を, 実は僕, 少いの, 少しずつ, 少し減じる, 少し続く, 少なく且つ, 少許, 屡, 嵩じて, 己達に, 彼は, 彼を, 彼女たちを, 待ち伏せて, 後から, 復た起っ, 心臓に, 快樂, 恐ろしい死ね, 情愛の, 懸って, 我々を, 描かれた事, 救ひだとでも, 映つて, 最もつらい, 有るの, 来たと, 果し無く続くもの, 止むはず, 殘つてゐた, 比較的柔げ, 注射で, 浮んだ, 消えた, 減るという, 湧いた, 湧き上って, 激しいの, 無かったなら, 無くなって, 無くなつた, 現はれた, 現れて, 現われて, 理解された, 生々しいので, 生じ気分, 生活に, 甦ります, 病気から, 皆裏書き, 直接自分を, 矢張是方に, 私には, 絶えず心, 続くかという, 胸から, 胸に, 自分に, 自分の, 苦痛でなくなっ, 苦痛に, 蔽いかぶさって, 薄らいで, 薄らぎ傷, 薄らぐもの, 訴えられた, 起って, 起る, 身を, 軽くなる, 酔いの, 重たい重たい家がくづれかゝつたやうに僕, 重なれば, 長いついに, 餘ほど, 鮮やかに

▼ 苦痛~ (246, 6.4%)

3 増すばかり, 少しも

2 [12件] あっても, ありませんよ, こんな虚しい, ないが, 人を, 人生を, 何時もの, 心骨に, 比較的に, 滅多に, 私に, 自分の

1 [216件] あたかも足, あらず, あらゆる分別, ありませんが, あるが, あるまい, いかばかり, いかばかりであろう, いかばかりなり, いくらでも忍耐, いくら私, いっそう大きな, いっそう烈しい, いっそう甚, いつかぬぐう, いつも私, いふまでも, おほいな, かなり強かっ, けっして享楽, けっして許す, ここから, この野原, これより, こんなに急, ごく僅か, ごまかされると, しだいにはげしく, しばらく措き, すぐ取れた, すこしも洩れず, そこから, そこに, そのとき, それだけに, ただ彼女, たちどころに解放, だれに, つまり各自, とても自分, どうでも, どこにも, ない, ないと, なかった, なかったろうと, なかつたの, なかろうと, なくなって, なくなるの, はっきりした, ひどかった, ほとんどなくなりました, ほとんど読者, まさに過ぎ去ろう, ますます激し, またむなしく, むしろそれ以上, もう峠, もう彼, もう自分, よほど極度, 一層深い, 一日で, 一旦心, 一時の, 一段と深まる, 七ツの, 不眠症にか, 並大抵な, 主我の, 云ふべく, 今では, 今尚, 仕事の, 伴つて居, 伸子を, 何んであった, 余りありません, 余程軽め, 保田と, 個人的な, 僅かに, 僕には, 僕を, 充分同情, 兎角免れ得ぬ, 全く本人, 共通である, 勝るのみ, 却つて輕からむ, 去らない, 同じであっ, 呪いを, 單に, 固より, 地獄の, 堪え得られない程度, 増して, 変らないという, 多いわけ, 多分残るでしょう, 大きいという, 大きかった, 大きくなり, 大分薄らぎました, 大半は, 天妃惱せり, 奇妙な, 女ども子供どもには, 如何ばかり, 如何ばかりぞと, 如何やう, 始まった, 存在しない, 存在する, 存外切, 実直なる, 実際ひどかっ, 容易な, 富を, 察して, 屡々英子, 層一層苦痛, 庸三の, 強きアカイア, 当然どうにかなされるべき, 彼が, 彼女たちの, 徹底的に, 必ずしも彼等, 忍ばなければ, 忍んでも, 忘れたやう, 忘れられて, 思いやられる, 思想を, 恐らく言語, 恐れた, 恐ろしく, 恰も足, 悪で, 感じて, 感じないし, 感情の, 慰められない, 我が病, 持って, 日に, 日本全国に, 日毎に, 明瞭な, 最後に, 有るが, 果していかばかりであろう, 極めて激しい, 歸する, 永遠です, 求めずして, 決してこの世, 決してなみ大抵, 決して坐視, 決して少々の, 泣けば, 深い, 深いもの, 減じない, 漸くに, 無い, 無いが, 無いの, 無くなるだろう, 無論鈍痛, 熱の, 甘い苦痛, 甚烈な, 生を, 療治し, 益募り, 目的地の, 短い時間, 私が, 私共にとって, 種々な, 空から, 精神に, 精神の, 素晴しい, 経て, 絶間ない, 続きしかも, 美である, 耐えがたい, 職業が, 胆に, 脳頂に, 自分が, 自然が, 若槻如き, 苦痛だ, 苦痛と, 街と, 親としての, 言語に, 訴えれば, 読者の, 誰も, 身に, 身を, 身体の, 過ぎ去って, 過去の, 醜い下, 金の, 間違った資本制度, 頂点に

▼ 苦痛~ (237, 6.2%)

5 するところ, なって 4 する所 3 するよう, なる, 恥辱を, 悲哀と

2 [19件] いえば, いふよりは, する刎銭, その苦痛, たたかって, なった, なるの, やがてぶて, 不安と, 云つては, 嫌悪とは, 怨恨とを, 恐怖が, 恐怖とを, 感ずるよう, 感ずる時, 犠牲を, 羞辱とに, 闘って

1 [173件] あふれ出る或, あらゆる窮迫, いうべからざるいたましき, お秀, きまりわる, しいて自分, して, しまた, し毒, する事さ, する五木, する戦ひに, する犠牲的精神, せぬこと, その不滅, その忌避, それから死, たたかいの, である, どうして自分, なった御, なつた, ならない, なり更に, なるでしょう, なると, なるにも, まったく同じ, 一緒に, 不安とが, 不幸に, 不快とに, 不快との, 不快を, 不愉快とは, 不愉快とを, 云い殊, 云うこと, 云うの, 云うよう, 云はんばかりに, 云ふ, 云わねば, 侮蔑を, 侮辱とを, 修練を, 倒れて, 共通の, 其の希望, 内心の, 凌辱との, 努力と, 努力の, 動揺とを, 動揺は, 反抗が, 同時にばかげた, 同樣, 困惑は, 困難とに, 報われぬ愛, 変らなかつた, 好奇と, 実際問題, 害悪を, 家の, 家庭の, 寒気と, 屈辱との, 屈辱とを, 希望とを, 希望に, 幕吏から, 応報とを, 快感の, 快楽が, 快楽との, 快樂, 思うよう, 思う事, 思われるならお, 恋の, 恐ろしさ, 恐怖で, 恐怖との, 恐怖なし, 恐怖に, 恥辱で, 悩みを, 悲しみとに, 悲しみの, 悲しみを, 悲とを, 悲劇を, 悲哀が, 悲哀とが, 悲哀との, 悲哀の, 情慾の, 惨ましさ, 感じないらしいの, 感じなくなること, 感じる場合, 感ずるやう, 慰藉とを, 憤怒とで, 憤怒に, 憤怒の, 懊悩とが, 戦いを, 戦う自分, 戦った時代, 戦った末, 戦って, 戦ひ苦痛, 抗議とには, 抵抗と, 敗北と, 断腸の, 期待との, 次第に平衡, 歓喜との, 歡喜とを, 死と, 死ぬほどの, 流血とに, 涙と, 混乱によ, 混合した, 災厄と, 災厄とを, 煩悶と, 熱火の, 理性勇気などは, 疑問とは, 疑惑とが, 疑惑に, 疲労とで, 疲労との, 疲労とを, 疲労に, 疲労の, 精神も, 罪悪とに, 置き変えるだけじゃ, 羞辱とにも, 自負と, 自責と, 良心に対して, 良心の, 芳子の, 衰弱との, 見えて, 覚えるの, 觀じ, 誘惑とに, 負担とは, 赤面と, 辛苦の, 迫害と, 途中人目を, 運命の, 醜さ, 重なり墓, 長い悲しい淋しい生活, 間接に, 闘いつ, 闘いながら, 闘ひつづけ, 闘わねば, 面倒である, 面倒または, 黙って

▼ 苦痛~ (120, 3.1%)

4 ない, 知らずに 3 感じなかった 2 ありません, なく死ん, 喜びも, 屈辱も, 感じない, 感じないで, 感じ得ない, 感ぜずに, 感ぜられなかった様, 殆ん

1 [89件] あった, あつた, あり煩悶, ある, あるであろう, あるには, しかしまだまだ, しのげます, しのびがたく, それが, それ自身漸く, ですがそれ, ないかの, ないから, ないの, なかった, なかったら, なくたつた, なくなる私, なくまず, なくやわらかい布団, なく両手, なく動く, なく徐々に, なく心, なく極めて, なく逝ったらしい, なく静か, なければ, なさそう, なしに, ほとんど見えない, やはり忍耐, わすれ, わすれて, 一倍酷い, 与えません, 中, 二人で, 亦娯楽, 亦聖母, 伴つてとう, 何も, 倉田百三氏の, 傷口の, 傷害も, 取り除ける手段, 同時におぼえ, 呉国の, 味は, 問題に, 多い, 失敗も, 如何なる罪悪, 娘には, 寂寥も, 忍べるの, 快楽も, 快樂, 恐怖も, 悲しみも, 惜しんでは, 感じないという, 感じなくて, 感じなくなったよう, 感じること, 感ぜざるが, 感ぜず約, 感ぜず静か, 慟哭も, 昔語りに, 有之, 来ずに, 歓びも, 無いらしい, 無くなって, 無さそう, 猛烈な, 生死の, 痛みも, 皆消え, 薄らいで, 見得, 解剖する, 訴えず最も, 訴へ, 評議の, 認められなかった時, 遥かに

▼ 苦痛~ (119, 3.1%)

8 のだ, のである 6 のは 5 んです 3 ことは, のであった 2 ものである, ものは, んだ, 生活が, 表情を

1 [76件] くらい山, ことが, ことだ, ことで, ことであっ, ことであった, ことである, ことに, ことには, ことばかり, ことも, ことを, そうで, たちだった, だけで, ので, のでありまし, のでした, のです, ので普通, ので清掃課長, のよ, のを, ほどだった, ほど切迫, ものだったでしょう, ものです, ものに, もの犠牲を, やうな, やうに, んざあ覚悟の, んださうです, んでもう, ロシア遠征を, 一句, 一夜で, 不安がは, 事で, 事は, 事実で, 位みっともなく, 先生という, 典型的な, 冬は, 十分間だった, 姿勢に, 床屋は, 心持に, 心配という, 思出であったであろう, 恐の, 悪いこと, 感情まだ, 日は, 時刻は, 時期を, 時間が, 沈黙に, 点は, 生活の, 生涯の, 益々暗澹, 眼つきで, 緊張が, 考えを, 舞台とでも, 表情が, 足跡を, 辛抱でも, 部分を, 酸性の, 重勞働, 長時間の, 顔を, 食糧問題にも

▼ 苦痛~ (109, 2.8%)

27 あつた 8 はない 4 はなかっ 3 ならない 2 あつたの, あらう, 苦痛で

1 [61件] あつたり, あつて, あッた, いたむ頭, うるさいの, おしまげられず, さえもあった, すらこの, たまらない, たまりません, たまりませんでした, ならなかった, なりません, はあった, はありません, はあるまい, はなかつた, はなく, はなくなった, みたします, むしろ道端, やがて世界, やりきれない, ゆがんだ顔, 不利だ, 人の, 何かに, 何時も電車, 俺は, 典膳と, 咳入りそれから, 哭くの, 堅たくなった, 堪えられなかったから, 堪えられません, 堪え切れないの, 堪へられなかつたから, 堪らなかつたの, 大決意, 少しでも, 屈辱だ, 引ん, 彼の, 彼女は, 得恋の, 恐ろしくって, 歩くこと, 殆ど社會に, 済むよう, 無いこと, 籐の, 紛らすやう, 紛らすよう, 腹這いに, 自分の, 購う女, 赤くなっ, 身を, 頭が, 顔が, 顔中を

▼ 苦痛~ (54, 1.4%)

2 煩悶や

1 [52件] なやみ, インフレの, 不便には, 不便を, 不安と, 不幸の, 人間感情の, 何かは, 受難を, 喜悦や, 困難に, 困難を, 失望や, 奇怪に, 希望を, 幻影やを, 快楽の, 怒りが, 悦びの, 悦びを, 悲哀が, 悲哀によって, 悲哀の, 悲哀や, 悲哀をも, 悲嘆を, 悲慘, 惨忍性, 惨烈の, 憂鬱を, 懊悩を, 歓びを, 死に対する, 死に對, 死を, 混乱や, 満足や, 滅亡から, 焦慮, 煩悶が, 煩悶の, 疑惑やの, 私の, 罵詈を, 肉体上の, 自然淘汰の, 良人への, 苦悶について, 苦悶の, 迷惑を, 醜悪や, 面目の

▼ 苦痛から~ (41, 1.1%)

2 逃れるため

1 [39件] これを, すくわれた, その苦痛, のが, まぬがれたいばかり, 何の, 促されて, 出て, 出発し, 同時に逃れよう, 囘避しよう, 回避しよう, 奮ひ起てない, 拔け, 救い出して, 救はれ, 救われたも, 救われる筈, 最好きもの, 来て, 生れる, 発したやう, 翌年逃げ出し, 職を, 脱れ, 脱れたい, 脱れる, 脱却し, 興行上で, 蘇つて来る, 論ずれば, 逃れたかったかが, 逃れようとの, 逃れるだけの, 逃れるの, 逃れる事, 遁れさせよう, 遁れんが為めに, 齒を

▼ 苦痛~ (39, 1.0%)

2 か分別, がそれ, けれどもマダム, し平岡君, ということ, ね, よ

1 [25件] から, からだ, からであった, から可愛く, から巡査, がなんと, が勝手, し妻子, たまらない, つたで, つたのです, というの, というわけ, とは考えませんでした, とも考えました, と云, と云っ, と云つて, と思う, と思うであろう, と想像, と申しました, な白々しい, わ, 気が

▼ 苦痛である~ (32, 0.8%)

2 に相違

1 [30件] かしれぬ, かどう, かは恐らく, から唯, かわかりません, か知れなかった, が此苦痛, が漁師町, けれども或, ことが, ことを, し一方, という, という定義, ところの, とされ, としたら, と云う, に拘らず, のが, のでせいぜい, ので結局, のを, ばかりでなく, よりもむしろ, 事を, 場合も, 独居の, 生命も, 者喧噪の

▼ 苦痛でも~ (23, 0.6%)

3 あった 2 あるまい

1 [18件] あつた, あります, ありません, あり重荷, しのばなければ, ただ最低度, ない, ないので, なかった, なかつたが, なく悲しさ, なければ, 忍ぶもん, 懸念でも, 無かった, 煩悩でも, 直接に, 辛抱しよう

▼ 苦痛にも~ (23, 0.6%)

2 劣らないほどの

1 [21件] かかわらず彼, なって, ならなかった, まして深い, 似た自責, 何にも, 匹敵するであらう, 匹敵するであろう, 堪えきれぬ虫, 堪えきれる自信, 忍耐し, 思はれなかつた, 感じなかった, 感じます, 歓喜にも, 窺はれない, 立ち向, 耐えた, 耐え得る, 襲はれた, 魅力が

▼ 苦痛をも~ (23, 0.6%)

1 [23件] この胸, その差別, ツと, 与えたの, 亦愛し得る, 享楽する, 免れしむる, 全く失っ, 利得をも, 力強きもの, 受けて, 嘗めなければ, 堪え得る自分, 愛着すべき, 感じて, 感じない, 感じないで, 押し通して, 甞めなけれ, 知って, 知らぬ冥界, 誘はぬは, 迎えて

▼ 苦痛とは~ (22, 0.6%)

2 別にこの, 思わなかった

1 [18件] そもそも何, ならず未来, なんの, まるで本質, 一つの, 享楽できる, 何か, 何ものな, 何程の, 全くひどかっ, 単なる神経刺戟, 思はれない, 思わないが, 思わぬが, 思われない, 感じられなかった, 比較に, 申されない

▼ 苦痛とを~ (20, 0.5%)

2 感じて, 長吉は

1 [16件] しみじみ感じ, ともに經驗, 作品化し, 共にする, 半ば忘れ, 忍ばねば, 想像し, 感じさせるであらう, 感じた, 感じたらう, 描いて, 提供し, 整理し, 知りながら, 經過し, 耐えて

▼ 苦痛であった~ (17, 0.4%)

2 のだ, のだろう, のである

1 [11件] からだ, から医者, がさまざま, がその, が今, が多少, ことを, には違い, に違, に違い, よ

▼ 苦痛という~ (16, 0.4%)

4 ものは 2 ものが, ものを 1 ものなし, ものも, ような, 意識さえ, 感情によって, 感覚の, 経験は, 苦痛を

▼ 苦痛には~ (16, 0.4%)

2 感じない

1 [14件] かかわりない, ならないので, なるまいと, へこたれも, まるで慣れ, パビナールなどが, 堪えがたい奴, 堪えられなかった, 堪えられるとは, 感じないらしかった, 極度に, 相違ない, 至って弱い, 限界が

▼ 苦痛だった~ (14, 0.4%)

2 のだ

1 [12件] が上界, にちがい, にもかかわらず, のである, のであろう, のでお昼, のです, のですぐ, ので相談, のは, んです, 多くの

▼ 苦痛とも~ (13, 0.3%)

2 なるので, 憤怒とも 1 しない, 弁別し, 形容の, 思いません, 思はないが, 思わなかった, 感ぜぬだけ, 歓喜とも, 言えない気持

▼ 苦痛なし~ (11, 0.3%)

2 に彼 1 では, にこれ, に主, に姪, に絵具, に職業, に自分, に行った, に逃れ避ける

▼ 苦痛より~ (11, 0.3%)

2 辛う御座います 1 側に, 先の日汝が, 免かれしめ, 外に, 未だ増し, 脱するあたわざるか, 脱するを, 起こる感情, 遥かに

▼ 苦痛であり~ (10, 0.3%)

1 また国家社会, 又寒い, 失恋の, 寂寞であり, 山の, 恐怖で, 悲しみである, 朝日も, 物足りなさ, 破綻の

▼ 苦痛よりも~ (9, 0.2%)

2 むしろ足 1 いっそう内部的, その悩み, 一党の, 一層内部的, 仕事と, 痛く心, 阿難

▼ 苦痛であろう~ (8, 0.2%)

1 か, しかし親, ぞ, ともその, と云う, と察せられる, と思われる, と明石

▼ 苦痛では~ (8, 0.2%)

3 ない 2 なかった 1 ありませんでした, あるが, ないが

▼ 苦痛及び~ (8, 0.2%)

4 これに 2 緊張の 1 快楽の, 快樂

▼ 苦痛です~ (7, 0.2%)

2 からね 1 から失礼, けどかうし, けれどしかし, スーッと, 閉口な

▼ 苦痛とが~ (7, 0.2%)

1 あるの, お心, なかったら, 刺の, 彼の, 血の, 表れて

▼ 苦痛として~ (7, 0.2%)

1 これを, それを, 感ずる, 感ずるところ, 男性の, 眺めて, 表現する

▼ 苦痛そのもの~ (6, 0.2%)

1 が洩らした, にたいする洞察力, の生きた, はやまらない, は窮民, は避け

▼ 苦痛といふ~ (6, 0.2%)

1 ことは, ものが, ものは, よりむしろ拷問, わけで, 苦痛を

▼ 苦痛とで~ (6, 0.2%)

1 何とも云え, 半分気を, 慄へて, 紅く成つた, 顏が, 麻痺し

▼ 苦痛との~ (6, 0.2%)

1 ある処, おぼろげな, ために, 云ふ, 堅忍美し, 幾層を通じて

▼ 苦痛によって~ (6, 0.2%)

1 いくらか賢く, ようやく保留, 修道の, 塙江漢は, 裏付けられる, 鍛え上げられた一民族

▼ 苦痛じゃ~ (5, 0.1%)

1 ありませんか, ありませんでした, ただよしなに, ないですか, なくなるよ

▼ 苦痛であっ~ (5, 0.1%)

2 てこの 1 てしかも, てしたがって, てそして

▼ 苦痛に対して~ (5, 0.1%)

2 永久愛情の 1 ならされて, 感謝しない, 鋭く痛み

▼ 苦痛に対する~ (5, 0.1%)

1 一つの, 不安と, 恨みを, 武器を, 覚悟も

▼ 苦痛を以て~ (5, 0.1%)

2 自分を 1 御身に, 推して, 考察しました

▼ 苦痛その~ (4, 0.1%)

1 努力そして, 友の, 苦痛から, 身に

▼ 苦痛だの~ (4, 0.1%)

1 それに対する, 其れ, 困難だ, 屈託の

▼ 苦痛とか~ (4, 0.1%)

2 いろいろの 1 名の, 快楽とかの

▼ 苦痛なく~ (4, 0.1%)

1 あの家, その夜, 死なして, 生きて

▼ 苦痛にな~ (4, 0.1%)

2 つてしまつてゐた, つて來た

▼ 苦痛ばかり~ (4, 0.1%)

2 では 1 であった, でなくときには

▼ 苦痛~ (4, 0.1%)

2 苦痛へ 1 氷の, 闇の

▼ 苦痛を通して~ (4, 0.1%)

2 死ばかり 1 内臓機関に, 秘かに

▼ 苦痛ある~ (3, 0.1%)

1 か, を知り, 疾患若しくは

▼ 苦痛~ (3, 0.1%)

1 あなや, 否かと, 退屈の

▼ 苦痛さえも~ (3, 0.1%)

1 なし公爵婦人, 無いもの, 熱愛する

▼ 苦痛だけが~ (3, 0.1%)

1 あるのみ, 意識を, 残つて大袈裟な

▼ 苦痛だけを~ (3, 0.1%)

1 償うよう, 生涯に, 許して

▼ 苦痛でない~ (3, 0.1%)

1 けれど一間, はずは, ような

▼ 苦痛とに~ (3, 0.1%)

1 堪えられなくなったの, 変ずる直接, 骨髄を

▼ 苦痛と共に~ (3, 0.1%)

1 発した, 發した, 精神的苦痛にも

▼ 苦痛など~ (3, 0.1%)

1 こまかに, てんで考え, 口にも

▼ 苦痛などを~ (3, 0.1%)

1 判断する, 問題に, 考えも

▼ 苦痛なら~ (3, 0.1%)

1 そしてそれ, ばその, 戦争は

▼ 苦痛なる~ (3, 0.1%)

1 ものを, 人間生活の, 生活の

▼ 苦痛について~ (3, 0.1%)

1 ここに, せめてそれ, 一種の

▼ 苦痛~ (3, 0.1%)

1 他ノ, 受クルヲ以テ自, 迯ルルタメニ先ヅ第

▼ 苦痛不快~ (3, 0.1%)

1 たること, と認めざる, を覚うべき

▼ 苦痛あり~ (2, 0.1%)

1 てより, て而

▼ 苦痛こそ~ (2, 0.1%)

2 まことの

▼ 苦痛こそは~ (2, 0.1%)

1 全く世界人口, 道徳的な

▼ 苦痛~ (2, 0.1%)

1 ういふ, へ殆

▼ 苦痛さえ~ (2, 0.1%)

1 どうにか免れる, 聯想し得なかった

▼ 苦痛する~ (2, 0.1%)

1 時である, 自分の

▼ 苦痛そういう~ (2, 0.1%)

1 ものは, ものを

▼ 苦痛そして~ (2, 0.1%)

1 千の, 怖れ

▼ 苦痛だけ~ (2, 0.1%)

1 だ, であった

▼ 苦痛であったろう~ (2, 0.1%)

1 と察せられる, と想像

▼ 苦痛でなく~ (2, 0.1%)

1 てなん, 犬の

▼ 苦痛でなくなっ~ (2, 0.1%)

1 てかえって, てくる

▼ 苦痛としてのみ~ (2, 0.1%)

2 感じる人間

▼ 苦痛とともに~ (2, 0.1%)

1 かね, 誤謬の

▼ 苦痛どころ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 苦痛なれ~ (2, 0.1%)

1 ども夢中, ばなり

▼ 苦痛において~ (2, 0.1%)

1 同価, 謙遜に

▼ 苦痛にて~ (2, 0.1%)

2 彼の

▼ 苦痛によ~ (2, 0.1%)

1 つて生命の, つて遽かに

▼ 苦痛に対しても~ (2, 0.1%)

1 尚生きよう, 然り

▼ 苦痛のみ~ (2, 0.1%)

1 でした, なの

▼ 苦痛ばかりを~ (2, 0.1%)

1 意識し, 感じて

▼ 苦痛への~ (2, 0.1%)

1 掘り下げ, 無同情

▼ 苦痛やら~ (2, 0.1%)

2 不平やら

▼ 苦痛らしい~ (2, 0.1%)

1 ものが, 顔を

▼ 苦痛をさえ~ (2, 0.1%)

1 感じた, 感じなかった

▼ 苦痛をば~ (2, 0.1%)

1 あたかもそれ, 恰もそれ

▼ 苦痛一時~ (2, 0.1%)

2 に逼

▼ 苦痛不愉快~ (2, 0.1%)

1 を忘却, を日一日

▼ 苦痛全く~ (2, 0.1%)

1 去って, 痊え

▼ 苦痛多き~ (2, 0.1%)

1 生活を, 生活消耗を

▼ 苦痛悲哀~ (2, 0.1%)

1 を思ひ, を痲痺

▼ 苦痛暗黒~ (2, 0.1%)

2

▼ 苦痛~ (2, 0.1%)

1 って暫く, つて暫く

▼ 苦痛激しく~ (2, 0.1%)

1 去る神女, 茫然と

▼ 苦痛~ (2, 0.1%)

1 と照らし合わせ, の表出

▼ 苦痛等々~ (2, 0.1%)

1 の感覚, の感覺

▼ 苦痛~ (2, 0.1%)

2 の疼痛

▼ 苦痛芸人社会~ (2, 0.1%)

2 の交際

▼ 苦痛若く~ (2, 0.1%)

1 は他, は恐怖

▼1* [154件]

苦痛あの悲哀時子が, 苦痛あるいは悲哀に, 苦痛いうべくもあらざれ, 苦痛お前の煩悶, 苦痛かも知れない, 苦痛がも早や, 苦痛くらい生き生きと, 苦痛に声, 苦痛こういう事は, 苦痛この上ありません, 苦痛ござるなら一応拙者, 苦痛すくなくなりしに, 苦痛そうな表情, 苦痛その他の感じ, 苦痛朱にく, 苦痛たること申す, 苦痛だけですむが, 苦痛だけでも除いて, 苦痛だったらしく平次と, 苦痛だつたら今度は, 苦痛だろうと言う, 苦痛やない, 苦痛つてそんなこと, 苦痛つまり上役との, 苦痛でありまして労働争議, 苦痛であるべき寂寥も, 苦痛であるらしかつた, 苦痛でございましょうがしばらく, 苦痛でございますから, 苦痛でしたがお母さん, 苦痛でしたら明日も, 苦痛でなくなる迄彼, 苦痛でなく過して行ける, 苦痛でなければならぬ, 苦痛で疲れている, 苦痛といつてもい, 苦痛とかに対して素人的に, 苦痛とだけは知つてゐる, 苦痛とでは親と, 苦痛となせり彼, 苦痛とに対してあまり同情, 苦痛とのみは見ない, 苦痛とまではならなかった, 苦痛ない往生を, 苦痛なき生は, 苦痛などと云うこと, 苦痛などは要するに自分自身, 苦痛などもこれによって, 苦痛なら止めたのだ, 苦痛なら死んだら好いでしょう, 苦痛なり悲しみなりの, 苦痛なんて他愛ない, 苦痛にたいするむごたらしい軽侮, 苦痛にばかり出会うの, 苦痛にまでなって, 苦痛にまでの有頂天それは, 苦痛によつて私, 苦痛によるものとか, 苦痛に対し心臓を, 苦痛に対しては同情しない, 苦痛ねむれずまことにとり乱し, 苦痛のみが人間を, 苦痛のみを与えられた戦争孤児, 苦痛はやはらぎ, 苦痛はよな人の, 苦痛ばかりがあるやう, 苦痛へと化した, 苦痛または恐怖の, 苦痛まてつくりだしたこの人, 苦痛までも嘗めて, 苦痛やは忘れて, 苦痛やる方なかっ, 苦痛よりは最後の, 苦痛らしかったから私, 苦痛らしく時々ヒョイ, 苦痛わが胸に, 苦痛わしの心, 苦痛わたしの貧乏, 苦痛ハソノ場デ即座ニ, 苦痛ハナイトイウモノノ何トナク気味ガ悪イ, 苦痛ヨリモ絶体デアル, 苦痛一杯でも怒り, 苦痛可知への, 苦痛不名誉汚辱卑劣賤しい譲歩, 苦痛不安とがはっきり, 苦痛不幸の道, 苦痛不正にたいする反抗, 苦痛不眠涙煩悶恐怖絶望それらのもの, 苦痛主義を本尊, 苦痛事業に対する煩悩, 苦痛以上のもの, 苦痛以外にはすべて, 苦痛で醒める, 苦痛余り劇しくし, 苦痛傍目には知れぬ, 苦痛もの, 苦痛切なさはがゆ, 苦痛可哀そうだったという, 苦痛同じ悲哀同じ, 苦痛同情すべし, 苦痛和げて重き, 苦痛困難と闘おう, 苦痛困難失敗の繰返し, 苦痛堪え難いこの, 苦痛堪え難きほどであった, 苦痛シ, 苦痛多く速足し, 苦痛寂寥失望を味, 苦痛少き借金の, 苦痛少く借金を, 苦痛少しく息むと, 苦痛屈辱と堪へ得ぬ, 苦痛を切, 苦痛の涙, 苦痛後悔午後の夥しい, 苦痛心配は厭いである, 苦痛忍耐の経験, 苦痛失望その他の, 苦痛を帯び, 苦痛恥辱の感, 苦痛悟性正直卑陋愚昧なん, 苦痛悲しみそういうもの, 苦痛の上, 苦痛を払い除けよう, 苦痛惡戰慄強ひられた, 苦痛憤怒不安或は未来, 苦痛拠りどころな, 苦痛数多の犠牲, 苦痛時期再び至らず, 苦痛最初はいたっ, 苦痛極まるもの, 苦痛此処に在り, 苦痛死後の先, 苦痛深い現代青年の, 苦痛深刻を極めた, 苦痛混乱に曝され, 苦痛渠自らはその他日, 苦痛火焔にあぶられる, 苦痛無意味を体験, 苦痛煩悶号泣麻痺剤僅かに一条, 苦痛ゆるよう, 苦痛然せる, 苦痛病気や不幸, 苦痛發見された悲哀, 苦痛窮乏広汎な荒廃, 苦痛美學だけにも觸, 苦痛致させ非分の, 苦痛薄らぎ食欲復する, 苦痛を切り声, 苦痛ぜられ, 苦痛適当な言葉, 苦痛錯綜した印象, 苦痛飢え渇き等々の, 苦痛飢ゑ渇き等々